• 2018-01-24【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 神田通機<1992>、
    S YSフード<3358>、
    S ブレインP<3655>、
    S ショーケース<3909>、
    S 大村紙業<3953>、
    一時S 新川<6274>、
    一時S ABホテル<6565>、
    一時S インプレス<9479>、
    S 両毛システム<9691>。
    
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ニチバン<4218> 大幅続伸。
    終値3380円(前日比+380円+12.66%)
    昨年来高値更新。
    25日移動平均線(3085円)回復。
    
    ケネディクス<4321> 大幅続伸。
    終値742円(前日比+27円+3.77%)
    日足一目均衡表の雲(上限723円)突破。
    
    サカイ引越<9039> 大幅反発。
    終値6120円(前日比+310円+5.33%)
    日足一目均衡表の雲(上限6105円)突破。
    
    ピックアップ
    ミルボン<4919> 大幅上昇。
    終値3900円(前日比+195円+5.26%)
    国内大手証券が新規カバレッジを開始したことなどから株価は大
    幅上昇。
    移動平均チャートにおいて、上値抵抗と意識されていた25日線
    (3805円)を回復して上振れ。
    また、日足一目均衡表においても雲上限(3921円)を一時は上回る
    場面があり、その水準で本日の取引を終えた。
    目先、明確にこの雲を上抜けて、一段高へと期待がかるところ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-24【東京市場概況】

    日経平均は4日ぶり反落(183円安) 円高に加えて決算期待薄れ売
    り優勢
    
    為替ドル/円が円高方向にあったことなどが重しとなり、朝方から
    売り優勢の展開となった。
    また、決算を発表した安川電<6506>などが弱い反応となっていた
    ことも、ここまでの楽観ムードを冷やす材料となった。
    日経平均は節目24000円を上回る水準で下げ渋る動きにあったもの
    の維持出来ず、前場終値時点で24000円を割れていた。
    (前場終値は23989.08円(135.07円安))
    後場、今後発表される企業決算への期待が薄れて、主力株の多く
    が一段安、日経平均はの下げ幅は一時、200円を超える場面も見ら
    れた。
    終盤にかけてはやや下げ渋ったものの、戻りは限定された。
    
    日経平均終値は-183.37円の23940.78円。
    
    東証1部の出来高は15億2356万株、
    売買代金は2兆9404億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり961銘柄、値下がり989銘柄、
    変わらず113銘柄。
    
    業種別では値上がりが13業種、値下がりが20業種。
    値上がりは不動産、電気・ガス、海運など。
    値下がりトップは電気機器、銀行、機械。
    
    前日(23日)に発表された安川電<6506>の決算内容は悪くなかっ
    た。
    ただ、株価が高い水準にあったなか、サプライズ感に欠けて、
    決算を受けての初期反応は売り優勢となった。
    その流れから、週末に決算が予定されているファナック<6954>
    も売られる展開に。
    また、米系証券による格下げが伝えられたソニー<6758>も弱い
    値動きとなった。
    これらのことなどがあり、日経平均は軟調な展開、節目24000
    円を維持出来なかった。
    とはいえ、チャート面では、5日移動平均線(23890円)や日足一
    目均衡表の転換線(23858円)な下値サポートに控えている。
    初期反応こそさえなかったが安川電<6506>、決算内容自体は悪
    くなく、明日以降は底堅く推移、切り返してくるとも考えられ
    るだろう。
    新興市場は堅調な展開。ジャスダックは4日続伸で新高値更新、
    マザーズも3日続伸して11年5ヶ月ぶり高値を付けた。
    後場に売りに押される場面もあったが底堅く、物色意欲の強さ
    が目立った。
    いっとき、新興市場を中心とした中小型株物色の展開が続きそ
    う。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-24【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は4日ぶり反落(135円安) 節目24000円維持出来ず
    
    前日の米株市場が高安まちまちとなっていたなか、為替ドル/円が
    円高方向にあったことなどが重しとなり売りが先行した。
    日経平均は節目24000円を割らず下げ渋っていたものの、維持出来
    ず割り込み、前場の取引を終えた。
    決算を発表した安川電<6506>などがが弱い反応となっており、押
    し目買い意欲が限定的、じり安基調にある。
    
    日経平均前場終値は-135.07円の23989.08円。
    
    東証1部の出来高は7億2908万株、
    売買代金は1兆4160億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり932銘柄、値下がり1003銘柄、
    変わらず127銘柄。
    
    業種別では値上がりが17業種、値下がりが16業種。
    値上がりは不動産、海運、バルブ・紙など。
    値下がりは電気機器、銀行、ガラス・土石など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均はが軟調な展開にあるなか、資金は新興市場に向かって
    いる。
    マザーズ、ジャスダックともに前場の取引をプラス圏で終えてお
    り堅調だ。
    後場のその流れを引き継ぎ、新興市場を中心とした中小型株へ、
    買いは向かう見通し。
    日経平均も節目24000円を割れており、為替ドル/円が円高基調にあ
    ることなどが重しだが、下値に5日移動平均線(23900円)をサポー
    トに控えて、いっていの底型さを示す見通し。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
お気軽にお問い合わせください
  • お申込み
  • お問い合わせ
電話番号