• 2016-02-29【2/29 本日引け後に発表の好材料銘柄を紹介】

     
    発表された好決算、業績修正銘柄
    SBSHD<2384> 今期7%増益、
    また2期ぶり32円で復配する方針。
    
    三浦印<7920> 今期経常75%上方修正。
    業績好調に伴い未定だった配当を2期
    ぶりに復配する方針(4円実施)
    
    ピックアップ
    SBSHD<2384> 終値733円
    (前日比+44円+6.39%)
    15年12月期連結経常利益が前期比58.2%増の57.7億円に拡大し
    従来予想の49億円を上回って着地。
    16年12月期も前期比7.4%増の62億円に伸びる見通し。
    同時に前期の期末一括配当を見送り、同時に2期ぶり32円で復
    配する方針。
    株価は底値をつけた感があり、本日終値は25日移動平均線
    (747円)手前まで戻している。
    明日は決算が好感される見通し。25日線を回復となれば、
    いっそう底打ち感が強まるところ。
    
    
    その他の材料株を紹介
    ブイキューブ<3681>の子会社システクアイ<2345>が
    ブイキューブ <3681>配信専用スタジオ「Studio Octo
    (スタジオ オクト)」を利用し、企業内教育に必要な
    オンデマンド学習コンテンツ制作サービスの提供を開始。
    
    サンマルク<3395> 今期配当を4円増額修正。(58円⇒62円)
    
    リミックス <3825>ビットコインをはじめとする仮想通貨
    交換所を運営する子会社を設立。
    
    小野薬<4528> オプジーボで追加承認取得。
    
    カーボン<5302>ドイツのKornmeyer Carbon-Group 社と業務提携
    
    明電舎<6508> 未定だった今期配当1円増配。(前期7円⇒8円)
    
    小林洋行<8742> 未定だった今期配当2.5円実施
    
    自社株買い実施を発表。
    日東電<6988>、
    フージャース<3284>、
    ビックカメラ<3048>、
    テイカ<4027>、
    ファンコミ<2461>。
    
    
     ピックアップ銘柄などのより詳しい見通しや詳細を
     Glove Bamboo会員様には配信。 
    その他にも株式情報が盛りだくさん。 
    ご入会、心よりお待ちしております。 
    
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-29【本日動いた注目株を紹介】

    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め15銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    S アイロムG<2372>、一時Sソリトン<3040>、
    S ネットイヤー<3622>、S オプティム<3694>、
    S リミックス<3825>、S サイバーコム<3852>、
    一時S アンジェス<4563>、S フォーカス<4662>、
    S サイジニア<6031>、S アクトコール<6064>、
    一時S アライドアキ<6081>、S 太洋工業<6663>、
    S 平山<7781>、S 日本通信<9424>、
    S 日本テレホン<9425>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    S FFRI<3692>。
    
    ピックアップ。
    オプティム<3694> 終値4880円(S高)
    後場14:00にKDDI<9433>と共同でスマートフォンや
    タブレットだけではなく、4G LTEケータイを管理可能と
    するセキュリティープラットフォームを開発したと発表。
    それを好感した買いが入りS高まで上昇した。
    テクニカル的にも移動平均線チャートでは、
    直近上値おおさえられた75日線(4374円)を回復し、
    200日線(4672円)も回復。
    日足一目均衡表の雲(4340円)抜けと、
    本格上昇に期待のかかる形となっている。
    
    アライドアキ<6081> 終値741円(一時S高)
    先週末までの直近の株価は200日移動平均線(622円)どころ
    でもみあいとなっていた。
    同線での底堅さが確認されたことから大幅に続伸。
    本日は一時S高まで上昇幅を拡げた。
    その後も高値圏維持。短期はもちろんのこと、
    200日線を回復したことで中長期的にも上昇トレンド転換と
    期待がかかる。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    ゲンキー<2772> 25日発表の2月度月次売上高の結果を好感
    した買いが継続し大幅続伸。
    
    先週末26日に発表した自社株買い実施を好感。
    JCRファーマ<4552>、日産自動車<7201>。
    
    日新製鋼<5413> 国内大手証券がレーティング引き上げ。
    
    
    ピックアップ
    ゲンキー<2772> 終値3505円
    (前日比+365円+11.62%)
    先週末に続き2月度月次売上高の結果を好感。
    3日大幅続伸となった。
    出来高も増加傾向にあり良好。
    本日、75日移動平均線(3542円)を回復。
    目先、日足一目均衡表の雲上限(3880円)までの上昇が
    見込まれる。さらに雲抜けとなれば、中長期的な上昇も
    期待されるところ。
    
    
     ピックアップ銘柄などのより詳しい見通しや詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-29【東京市場概況】

    日経平均は反落161円安 買い先行も下げに転換 中国株安などが重しに
    
    朝方こそ買いが先行し日経平均は一時276円高まで上昇、
    16400円半ばまで値を伸ばした。
    しかし、その後は中国株安やドル/円の円安一服感などを
    重しに上げ幅を縮小して前場を引けると後場には下げに
    転換。下げ幅を拡大する展開となり、16000円近くまで
    値を下げ本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は-161.65円の16026.76円。
    
    東証1部の出来高は24億9281万株、
    売買代金は2兆5944億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり545銘柄、値下がり1294銘柄、
    変わらず102銘柄。
    
    業種別では値上がりが2業種、値下がりが31業種。
    値上がりは情報・通信、輸送用機器のみ。
    値下がりトップは石油・石炭、空運、陸運。
    
    今日の日経平均がプラスで引けることが出来ていれば、
    今年初の3日続伸となっていた。
    先週に週ベースで今年初の続伸となった流れのなか3日
    続伸となっていれば市場心理的にも上昇に向かいやすか
    っただろう。
    結果は朝方に買い先行も25日移動平均線(16499円)に上
    値をおさえられ失速、節目16000円水準まで値を下げた。
    目先、25日線が抵抗線として強く意識される展開となり
    引け味は非常に悪い。
    今晩の欧米株がよほど堅調に推移、日本時間中に円安
    一服感の出たドル/円が再度円安に振れるなど好材料が
    無い限り、下への圧力が強まりそうにある。
    本日の終値水準16000円どころでの底堅さを期待したい
    ところではあるが割れれば売り優勢に傾きやすい。
    日経平均は早くも今週の正念場をむかえている。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-29【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は3日続伸66円高 一時276円高も その後は伸び悩み
    
    日経平均は朝方から続伸でスタート124円高で寄り付いた。
    一時は276円高まで上昇し16400台半ばまで上昇する場面も
    あった。
    しかし、その後は伸び悩む展開。
    上海株が下落して始まったことや円安に傾いていたドル/円
    が一服したことなどが重しとなった。
    
    前場日経平均終値は+66.82円の16255.23円。
    
    東証1部の出来高は10億5074万株、
    売買代金は1兆2億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1327銘柄、値下がり499銘柄、
    変わらず114銘柄。
    
    業種別では値上がりが19業種、値下がりが14業種。
    値上がりトップは転送用機器、情報・通信、非鉄金属。
    値下がりトップは空運、石油・石炭、不動産など。
    
    
    後場の見通し
    
    前場の日経平均は一時16400円を超えるも16500円手前で
    失速。25日移動平均線(16508円)の水準でもあり、上値
    抵抗として意識されている。
    一方で下値を支えているのが5日移動平均線(16119円)。
    それらの間でもみあいのなか、先週の24日安値15753円か
    ら安値は切り上げ傾向と雰囲気として悪くないところ。
    ただ、こう着感の強く、新興市場の中小型株にシフトし
    やすいと考えられる。
    中小型で出遅れ感の強い銘柄などに物色は向かいそうだ。
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-29【東京市場見通し】

    買い先行 米株はまちまちもドル/円が米経済指標受け円安に振れ好感
    
    先週末の海外株は欧州が上昇も米株がまちまち。
    米株は10-12月期のGDP改定値の良好な結果を
    好感するも早期利上げへの警戒が高まり失速した。
    為替ドル/円は同じく米経済指標の発表を受け円安方向、
    114円台をうかがう動きとなっている。
    日本株はドル/円が円安に振れていることを好感し買いが
    先行する見通し。
    CME225先物は16315円(大証日中終値比+55円)。
    日経平均はこの水準を意識した寄り付きが予想される。
    (前日日経平均終値16188.41円)
    取引開始後もドル/円が落ち着いた動き、円安方向に
    進むようなら、上げ幅を拡大する流れ。
    25日移動平均線(16505円)を試す展開が予想される。
    ただ、それ以上の上値追いは週末に米雇用統計のほか、
    今週は経済指標の発表を多々控えることから様子姿勢
    となりやすいだろう。
    
    本日の日経平均予想レンジは16100-16500円
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り1750万株 買い1560万株
    差し引き190株の売り越し
    
    
    為替市場
    
    ドル/円が113円台半ば。
    (先週末26日東京市場終値112.87円)
    
    ユーロ/円が124円台前半。
    (先週末26日東京市場終値124.82円)
    
    
    先週末26日の米株市場概況
    
    まちまち。ハイテク株中心のNASDAQは上昇。
    NYダウ、S&P500は小幅に反落。
    発表された経済指標米10-12月GDP改定値の結果が
    季節調整済みで前期比1.0%増(市場予想平均0.4%増)と
    予想を上回ったこと受け、NYダウは買いが先行し一時は
    100ドル近く上昇する場面があった。
    しかし、原油価格が下落したことや米1月個人消費支出
    が前月比+0.5%と予想の+0.3%を上回ったこで、追加
    利上げが早まるのではとの見方が下げ要因となった。
    NYダウ終値は-57.32の16639.97、
    NASDAQは+8.27の4590.47、
    S&P500は-3.65の1948.05。
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-02-26【本日引け後に発表の好材料銘柄を紹介】

    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    DyDo<2590> 今期経常13%増益へ。
    
    ココカラF<3098>今期経常18%上方修正。
    
    その他の材料株を紹介
    リョーサン<8140> 配当大幅増額修正。
    (年間配当90円⇒140円)
    
    エンジャパン<4849>が株式分割発表。
    
    フォーカス<4662> 東証1部へ指定替え
    
    自社株買い実施を発表。
    フジオフード<2752>
    HUG<3676>
    JCRファ<4552>
    山一電機<6941>
    群馬銀<8334>
    北国銀<8363>
    MGホーム <8891>
    
    ピックアップ
    フジオフード<2752> 終値2141円
    (前日比+41円+1.95%)
    自社株買いを発表。
    上限35万株(上限900百万円)
    (発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合3.56%)
    取得期間は3/14~12/13。株価は2日続伸。
    直近の上値抵抗25日移動平均線(2135円)を回復。
    底入れ感が強まってきており、目先戻しを試す展開を期待。
    
    JCRファ<4552> 終値2183円
    (前日比+100円+4.80%)
    自社株買いを発表。
    上限40万株(上限10億円)
    (発行済株式数(自己株式を除く)に対する割合1.25%)
    取得期間は2/29~8/31。
    株価は今日まで4日続伸。
    週明けは本日一時回復した25日移動平均線(2190円)を
    再度回復となれば値を底打ち感が強まるところ。
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-26【本日動いた注目株を紹介】

    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    S ULSグルプ<3798>、Sアクロディア<3823>、
    S はてな<3930>、S ニックス<4243>、
    S サイジニア<一時S ホロン<7748>、
    一時S セルシード<S セブン工業<7896>、
    S マネパG<8732>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=一時S=一時ストップ高)
    S FFRI<3692>、一時S マイネット<3928>。
    
    ピックアップ。
    アクロディア<3823> 終値339円(S高)
    昨日25日の取引終了後にスマホ向けゲームの配信を発表。
    業績への寄与を期待し買われストップ高。
    本日の上昇により株価は25日移動平均線(311円)を回復
    となり底入れ感が強まった。
    週明けは75日移動平均線(376円)回復から上値の伸ばす
    展開が期待される。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    十八銀<8396>が10%超えの大幅高。
    ふくおかFG<8354>と経営統合を
    目指すための基本合意書を締結。
    
    自社株買いを好感し堅調
    日本ゼオン<4205>、SMK<6798>。
    
    目標株価、レーティング引き上げを
    好感し堅調。
    JT<2914>、博報堂DY<2433>。
    
    ピックアップ
    JT<2914> 終値4589円
    (前日比+108円+2.41%)
    昨日25日にUBS証券が目標株価を引き上げ。
    (4880円⇒5300円)
    2日続けて2%超えの上昇となり堅調に推移。
    終盤に日経平均ふくめ全体相場が弱含みのなかでも
    値を保っており、週明けも堅調な展開が期待される。
    
    博報堂DY<2433> 終値1314円
    (前日比+25円+1.94%)
    昨日25日に三菱UFJMS証券がレーティング、
    目標株価を引き上げ。(1150円⇒1320円)。
    3日続伸で75日移動平均線(1286円)回復。
    日足一目均衡表の雲抜け(1258円)。
    週足一目均衡表でも雲抜け(1283円)。
    週明けも引き続き堅調な展開が期待される。
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-26【東京市場概況と来週の見通し】

    日経平均は小幅続伸48円高 一時332円高も上げ幅縮小
    
    朝方は米株高や円安進行を好感し買いが先行。
    日経平均は一時332円高となり16500円に迫る場面もあった。
    ただ、その後は上値の重い展開。
    週末要因やG20財務相・中央銀行総裁会議を控えるなか
    様子見ムードが強まると終盤に上げ幅を縮小。
    日経平均は48円高と終値では小幅な上昇にとどまった。
    
    日経平均終値は+48.07円の16188.41円。
    
    東証1部の出来高は21億6312万株、
    売買代金は2兆1117億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1002銘柄、値下がり830銘柄、
    変わらず109銘柄。
    
    業種別では値上がりが23 業種、値下がりが10 業種。
    値上がりトップは小売、電気・ガス、食料品。
    値下がりトップはゴム製品、ガラス・土石製品など。
    
    
    来週の見通し
    日経平均は今年初めて週ベースで続伸となった。
    底入れ感は強まってきておりいっときより下値不安は
    和らいできている。
    ただ、本日は一時16500円迫るも失速、
    上値の重さも改めて意識される展開となった。
    引き続き日経平均は15800-16300円レンジ相場から
    抜け切れていない。
    週明けはG20を受けた相場展開。
    その後も月初めとあり週末の米雇用統計を含め注目指標の
    発表が多々控える。
    それらを受けての為替相場の動向。
    また、引き続き不透明感の根強い原油相場の動向などに
    振らされる展開が続きそうだ。
    テクニカル的には本日上値をおさえられた25日移動平均線
    (16536円)を上抜ければ16900-17100円辺りまでは出来高が
    薄く上昇しやすい。17000円辺りまで戻す可能性はある。
    一方で上値の重さが意識されれば2番底を探る展開が
    想定される。
    
    来週の日経平均予想レンジは15500-17000円。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-26【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続伸192円高 欧米株高や円安を好感
    
    朝方から欧米株高やドル/円が113円台へ円安に振れた
    ことなどを好感し買いが先行。
    日経平均は171円高の続伸で寄り付くと一時は300円超えの
    上げ幅となり16472.50円、節目16500円に迫った。
    ただ、その水準では利益確定売りに押され、
    16300円台で前場の取引を終えている。
    
    前場日経平均終値は+192.63円の16332.97円。
    
    東証1部の出来高は10億9719万株、
    売買代金は9882億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1221銘柄、値下がり586銘柄、
    変わらず133銘柄。
    業種別では値上がりが29業種、値下がりが4業種。
    値上がりトップは鉄鋼、小売り、電気機器など。
    値下がりトップはゴム製品、卸売、ガラス・土石、石油・石炭。
    
    
    後場の見通し
    
    前場日経平均は2/1高値17905円と2/12安値14865円の
    半値戻しの水準16385円を上抜け、25日移動平均線
    (16542円)の水準でもある16500円に迫った。
    しかし、その水準では上値重く前場終値は直近の
    レンジ相場の上値16300円台まで値を落とした。
    レンジ相場を完全には抜け切れていない状況だ。
    後場は週末要因やG20見極めなどでトレンドが出にく
    いところではあるが16400円台で終えるようなら
    来週に向け期待が高まる。
    
  • 2016-02-26【東京市場見通し】

    欧米株高に原油高、加えて円安 外部環境を好感し買い先行
    
    昨日の欧米株がそろって上昇。NY原油先物も連日で急伸。
    為替ドル/円も112円台後半で推移し円安方向。
    直近の悪材料に好転の兆しが見られてきた。
    当然、本日の日本株は買いが先行する見通しだ。
    ところがCME225先物は16230円(大証日中終値比+100円)。
    外部環境の改善のわりに物足りない。
    最近の日本株は連動性が薄れていたが昨日の上海総合
    指数は大幅下落となっており、改めて動向が注目され
    る可能性がある。
    基本的には昨日の欧米株高や円安を好感する流れで、
    日経平均は買い先行。
    その後、週末要因、G20前でもあり直近のレンジ相場の
    上値16300円で上値の重い展開。
    ドル/円が円安方向、中国上海総合指数が落ち着いた動き
    となれば上値を試し、16500円をうかがう可能性もあり。
    
    本日の日経平均予想レンジは16000-16500円
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り3040万株 買い1530万株
    差し引き1510株の売り越し
    
    
    為替市場
    
    ドル/円が112円台後半。
    (25東京市場終値112.23円)
    
    ユーロ/円が124円台前半。
    (25日東京市場終値123.63円)
    
    
    25日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって続伸。
    欧州株高や発表された米1月耐久財受注が
    前月比+4.9%と予想の+2.5%を大きく上
    回る結果となり好感。
    また、午後になってNY原油が急騰したこ
    とも上昇を後押した。
    NYダウ終値は+212.30の16697.29、
    NASDAQは+39.60の4582.21、
    S&P500は+21.90の1951.7。
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-02-25【本日引け後に発表の好材料銘柄を紹介】

    発表された好決算、業績修正銘柄
    本日該当銘柄無し
    
    
    その他の材料株を紹介
    自社株買い実施発表の久世<2708>、トシンG<2761>、
    ゼオン<4205>、マイスター<4695>、総合メデカル<4775>、
    SMK<6798>、新家工<7305>、ノダ<7879>、興研<7963>、
    山梨銀<8360>、あかつきFG<8737>、ラ・アトレ<8885>、
    モリト<9837>。
    
    パナソニック<6752> 配当集修正発表。
    (未定だった今期配当6円増配24円)
    
    中村超硬<6166> 配当集修正発表。
    (今期配当を10円(前期は無配))
    
    ダイハツデ<6023>配当集修正発表。
    (3月期の期末一括配当を8円→15円)
    
    ピックアップ
    パナソニック<6752> 終値927.7円
    (前日比+57.5円+6.61%)
    未定だった今期配当を6円増配24円へ。
    株価は本日6.61%の大幅反発。
    増配発表により明日も続伸、堅調な展開に期待がかかる。
    目先の上値抵抗は25日移動平均線(971円)など。
    同線回復となれば底打ち感が強まる。
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-25【本日動いた注目株を紹介】

    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め13銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    一時S SJI<2315>、S ファマライズ<2796>、
    S ULSグルプ<3798>、一時S フィスコ<3807>、
    一時S ODK<3839>、S データセク<3905>、
    一時S ぱど<4833>、S サイジニア<6031>、
    S GMOメディ<6180>、S ホロン<7748>、
    S ウィズ<7835>、S マネパG<8732>、
    S ロジコム<8938>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    S マイネット<3928>
    
    ピックアップ。
    SJI<2315> 終値105円(一時S)
    本日、一時S高の上昇。
    直近の移動平均線チャート25日線(76円)水準での
    もみあいから上放れ。
    S高を付けてからはやや利益確定売りに押されたが
    明日以降も動向を注視。1/15昨年来高値154円を
    目指す展開に期待がかかるところ。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    建設株の上昇が目立ち大成建設<1801>、
    大林組<1802>、清水建設<1803>、
    鹿島<1812>などが上昇。
    
    ミクシィ<2121> 新作スマホゲーム提供
    開始を好感し続伸。
    
    ベリサーブ<3724> 大幅続伸昨年来高値更新。
    
    あすか製薬<4514> 武田<4502>と高血圧症治
    療剤の販売契約締結を好感し続伸。
    
    ソフトバンクグループ<9984> 大幅高4日続伸。
    
    ピックアップ
    ソフトバンクグループ<9984> 終値5577円
    (前日比+256円+4.81%)
    4日続伸となり本日は4.81%の上昇。
    先週初めに発表した自社株買いを好感した上昇は
    先週後半に一服。
    ただ、その後も25日移動平均線、日足一目均衡表の
    基準線や転換線の水準5000円どころで底堅く推移。
    底入れ感が出てきている。
    次の上値抵抗は75日移動平均線(5822円)、
    日足一目均衡表雲上限(5825円)。
    上抜けとなれば上昇トレンドへ転換と
    判断されるところであり注目。
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-25【東京市場概況】

    日経平均は大幅反発224円高 ドル/円が円安に振れ好感
    
    朝方から米株高などを好感し買いスタートとなった日本株。
    日経平均は買い一巡後の前場は上値の重い展開となってい
    たが後場に上げ幅を拡大。
    ドル/円が112円台半ばへと円安に振れたことを好感し一時は
    300円超えの上昇となった。
    終値でも節目16000円を回復、16100円台で引けた。
    
    日経平均終値は+224.55円の16140.34円。
    
    東証1部の出来高は23億9860万株、
    売買代金は2兆3885億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1680銘柄、値下がり209銘柄、
    変わらず48銘柄。
    
    業種別では全33業種が上昇。
    値上がりトップは建設、その他金融、電気・ガス。
    
    大幅反発となった日経平均は節目16000円回復、
    5日移動平均線(16037円)回復と雰囲気としては良い。
    また、明日に先週金曜日(19日)終値15967.17円を
    上回って終えれば週ベースで今年初の続伸となり、
    さらに相場の雰囲気は改善するだろう。
    一方で本日も大幅反発となるなか直近のレンジ相場の
    上値16300円どころを超えられていない。
    日足一目均衡表基準線(16385円)などが上値抵抗として
    意識されている。
    同線超えとなっても25日移動平均線(16529円)などが
    上値抵抗として控える。
    また、為替ドル/円も本日は112円台半ばと円安に振れ
    る場面が見られたものの不安定さは否めない。
    原油相場も同様だ。
    明日、不安要素が漂うなかでも日経平均が続伸、
    16400-16500円で引けるようなら来週に向けて期待が
    膨らむところ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-25【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反発111円高 16000円回復 
    買い一巡後は様子見ムード
    
    寄り付きから日本株は買いが先行。
    昨日の米株高などが好感した買いが入った。
    日経平均は67円高で寄り付くと上げ幅を拡大、
    節目16000円を回復し16082.79円(167円高)まで値を伸ばした。
    買い一巡後は様子見ムード。
    週末にG20財務相・中央銀行総裁会議を控えていることや
    ドル/円が112円台前半で小動きに推移していることが要因。
    
    日経平均前場終値は+111.24円の16027.03円。
    
    東証1部の出来高は10億7421万株、
    売買代金は1兆690億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1627銘柄、値下がり254銘柄、
    変わらず55銘柄。
    
    日経平均前場終値は+111.24円の16027.03円。
    
    業種別では値上がりが32業種、値下がりが1業種。
    値上がりトップは建設、金属製品、不動産。
    値下がりは転送用機器。
    
    
    後場の見通し
    
    前場の東証1部売買代金は1兆690億円にとどまり薄商い。
    日経平均は反発となっているが様子見姿勢は強い。
    5日移動平均線(前場終り時点16014円)どころでもみあい、
    方向感に欠ける。
    前場、ドル/円が112円台前半で小動きながらしっかり。
    株式市場が様子見ムードのなか買い優勢に傾いている
    要因だろう。
    後場、ドル/円が引き続き112円台での推移となれば、
    日経平均はプラス圏を維持。
    再度119円台へと円高に振れれば、節目16000円を割る展開。
    どちらにしろドル/円は不安定な動き。物色は材料株、外部
    環境の影響の低い中小型株へと集中しそうだ。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-25【東京市場見通し】

    米株高好感も不安定な原油、為替相場を警戒 もみあいか
    
    昨日の海外市場は欧州は原油安や英国のEU離脱懸念など
    から軟調。米株は売り先行も原油価格の急速な切り返しを
    好感、引けにかけて強含み主要3指数そろって反発した。
    日本株は原油価格の切り返しや米株高を好感し、やや買い
    優勢のスタート。CME225先物は15940円(大証日中終値比+80円)。
    しかし為替ドル/円が引き続き不安定な動き。
    昨晩は111円台まで突っ込んだ後112円どころまで戻したが、
    その水準では引き続き上値が重い。
    このドル/円の動向次第で上下振れる展開が見込まれるが
    基本的には週末にはG20財務相・中央銀行総裁会議を控え、
    積極的な売買は手控えられやすい。
    日経平均は16000円どころでのもみあいとなりそうだ。
    
    本日の日経平均予想レンジは15800-16200円
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り1270万株 買い1410万株
    差し引き140万株の買い越し
    
    
    為替市場
    
    ドル/円が112円どころ。
    (24東京市場終値112.10円)
    
    ユーロ/円が123円台前半。
    (24日東京市場終値123.24円)
    
    
    24日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって小幅に反発。
    海外株安や原油安を受け売りが先行した。
    NYダウは一時266ドル安まで下げ幅を広げる場面もあった。
    しかし、引けにかけてプラスに転換。
    週間の石油在庫統計でガソリン在庫が減少していたこと
    が判明し過度な需給懸念が後退、原油価格の反発が好感
    された。
    NYダウ終値は+53.21の16484.99、
    NASDAQは+39.02の4542.61、
    S&P500は+8.53の1929.8。
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-02-24【本日引け後に発表の好材料銘柄を紹介】

    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    ピックアップ
    大井電気<6822> 終値451円
    (前日比-5円-1.10%)
    業績・配当修正を発表。今期経常を70%上方修正。
    業績好調につき配当を3円増加額(7⇒10円)
    直近の株価は25日移動平均線(430円)等から上放れ傾向。
    昨日、今日は値を下げていたが本日の発表により再び
    堅調な展開を期待。
    
    
    その他の材料株を紹介
    ミクシィ<2121>
    スマートフォン向けパズルゲーム
    「マーベルツムツム」の配信を開始。
    
    Ysテーブル <2798>
    韓国大手乳業メーカーと
    フランチャイズ契約締結。
    
    大幅増額修正。
    アドヴァン<7463>、日本ライフL<7575>。
    
    ワークマン<7564> 株式分割実施発表。
    
    ピックアップ
    Ysテーブル <2798> 終値2700円
    (前日比+80円+3.05%)
    韓国大手乳業MaeilDairyIndustryとフランチャイズ契約締結。
    株価は本日75日移動平均線(2681円)回復、
    日足一目均衡表雲抜け(2697円)と強い。
    明日以降も堅調な展開が見込まれる。
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-24【本日動いた注目株を紹介】

    
    本日のストップ高銘柄は気配、一時含め16銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    S リアルワルド<3691>、S セレス<3696>、
    S アプリックス<3727>、S ジグソー<3914>、
    S オンコリス<4588>、S TDCソフト<4687>、
    S 東北鋼<5484>、S 報国鉄<5542>、
    S GMOメディ<6180>、一時S テラプローブ<6627>、
    一時S ぷらっと<6836>、一時S PSS<7707>、
    S ホロン<7748>、S ウィズ<7835>、
    S マネパG<8732>、S ロジコム<8938>。
    
    本日、ストップ安銘柄は無し。
    
    ピックアップ。
    リアルワルド<3691> 終値3105円(S高)
    大幅に3日続伸し本日はストップ高。
    仮想通貨を「貨幣」認定との報道受け関連銘柄ではある
    同銘柄に買いが集まった。
    昨日、上値抵抗として意識された25日移動平均線(2903円)
    を回復。
    次に上値抵抗として意識されるのが、日足一目均衡表の
    基準線(3193円)、雲上限(3339円)。
    これらを上抜けとなればさらに上昇が強まる展開が期待
    される。
    
    セレス<3696> 終値1388円(S高)
    リアルワルド<3691>同様の関連銘柄。
    昨日上値抵抗として意識された25日移動平均線(1101円)、
    75日移動平均線(1179円)を本日回復。
    目先、日足一目均衡表の雲上限(1491円)が上値抵抗として
    意識されるところだが、同水準を上抜ければ強い。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    自社株買い実施発表を好感 クラボウ<3106>、上新電機<8173>。
    8日続伸の井関農機<6310>。
    2月度国内売上高の結果を好感 ニトリ<9843>。
    同じく2月度月次売上高を好感 しまむら<8227>。
    国内証券投資判断引き上げ ホシザキ電機<6465>
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-24【東京市場概況】

    日経平均は続落136円安 節目16000円割れ 円高などが重しに
    
    朝方から欧米株安や円高基調にあったドル/円が嫌気され
    売り優勢の展開。
    日経平均は節目16000円を割れ一時は300円近く下落する
    場面もあった。
    売り一巡後は下げ渋り下げ幅を縮小する展開となったが
    戻りは限定的。16000円割れのまま本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は-136.26円の15915.79円。
    
    東証1部の出来高は22億530万株、
    売買代金は2兆億2323円。
    
    騰落銘柄数は値上がり767銘柄、値下がり1041銘柄、
    変わらず133銘柄。
    
    業種別では値上がりが11業種、値下がりが22業種。
    値上がりトップは水産・農林、その他金融、小売。
    値下がりトップは海運、機械、電気機器。
    
    日経平均の本日安値が15753円。おおよそ直近底堅さを示す
    15800円どころで下げ止まった。
    ただ、上値は重く節目16000円や5日移動平均線(16048円)が
    上値抵抗として意識された。
    今週、上値をおさえる要因となっていうのがドル/円相場。
    円高の流れが一段と強まっている。
    このまま、円高定着の認識が強まれば日本株にはマイナス。
    日本株上昇には円高に歯止めがかかる必要がある。
    明日以降もドル/円相場に影響を受ける展開が続きそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-24【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続落103円安 売り一巡後は下げ幅縮小
    
    朝方から売り先行。欧米株安や円高基調にあったドル/円の
    動向が嫌気された。日経平均は約200円安で寄り付き、
    節目16000円割れでスタート。その後下げ幅は300円に迫った。
    しかし、下値では買い戻しや押し目買いの動きがみられ、
    売り一巡後は下げ幅を縮小、一時は節目16000円を回復する
    場面も見られた。
    
    前場日経平均終値は-103.74円の15948.31円。
    
    東証1部の出来高は10億9348万株、
    売買代金は1兆531億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1052銘柄、値下がり744銘柄、
    変わらず143銘柄。
    
    業種別では値上がりが14業種、値下がりが19業種。
    値上がりトップはその他金融、銀行、水産・農林。
    値下がりトップは鉄鋼、電気機器、卸売業。
    
    
    後場の見通し
    
    前場の日経平均は売り先行後に下げ幅を縮小。
    直近、底堅さを示している15800円水準で下げ渋り、
    一時は節目16000円を回復した。
    ただ、16000円を超える場面では5日移動平均線
    (16055円)を本日は上値抵抗として意識。
    ドル/円が111円台で推移していることを考えると
    後場も同線が上値抵抗となりそうだ。
    後場、ドル/円の動きが限られれば15800-16000円で
    もみあい。111台前半、あるいは割れる展開となれば
    前場安値15753.77円を更新する可能性はある。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-24【東京市場見通し】

    欧米株安に円高、加えて原油安 悪材料多く売り先行
    
    昨日の海外株は欧米そろって下落。
    原油価格の下落を嫌気、また金融株の下落なども目立った。
    為替ドル/円は一時111円台を付けるなど円高方向。
    欧米株安に円高、原油安と本日の日本株は厳しいスタート
    が予想される。
    CME225先物が15830円(大証日中終値比-270円)、
    日経平均はこの水準を意識した寄り付きとなりそうだ。
    節目16000円割れとはなるが直近の日経平均はこの15800円
    どころで底堅さを示している。
    週末のG20財務相・中央銀行総裁会議を前に下値は売り
    込みにくいとされるなか、同水準で底堅さを示せれるかが焦点。
    ただ、それもドル/円の動向次第のところが強い。
    現在は112円どころで推移となっているが、
    最近では東京時間中に円高に進むことも多く見られる。
    そうなると日経平均も値を下げる展開、15800円割れから
    15500円を意識する展開も想定される。
    
    本日の日経平均予想レンジは15550-16100円
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り2560万株 買い780万株
    差し引き1780万株の売り越し
    
    
    為替市場
    
    ドル/円が112円どころ。
    (23東京市場終値111.93円)
    
    ユーロ/円が123円台半ば。
    (23日東京市場終値123.53円)
    
    
    23日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって反落。
    エネルギーセクターが前日比3.22%安と下落を主導。
    原油相場の下落が重しとなった。
    NYダウは一時217ドル安まで下落する場面も見られた。
    NYダウ終値は-188.88の16431.78、
    NASDAQは-67.02の4503.58、
    S&P500は-24.23の1921.27。
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-02-23【本日引け後に発表の好材料銘柄を紹介】

    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    本日該当銘柄無し
    
    その他の材料株を紹介
    クレアHD<1757>子会社のJPマテリアルが
    米アムズオイル社と販売代理店契約を締結。
    自社株買い実施発表の青木あすなろ<1865>、
    エヌアイデイ<2349>、クラボウ<3106>、自重堂<3597>、
    エスケー化研 <4628>、メック<4971>、上新電<8173>。
    
    ピックアップ
    クレアHD<1757> 終値65円
    (前日比+9円+16.07%)
    子会社のJPマテリアルが米アムズオイル社と
    販売代理店契約を締結。
    株価は今日の終わりで4日大幅続伸、
    昨年来高値を更新するなど堅調。
    中長期でも上昇トレンドに乗った可能性が高い。
    ただ、25日移動平均との乖離が本日終値で33.86%と
    警戒水準にはある。
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-23【本日動いた注目株を紹介】

    
    本日のストップ高銘柄は気配、一時含め17銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    S サイネックス<2376>、S ハイパー<3054>、
    S 雑貨屋BL<3331>、一時S システム情報<3677>、
    一時S アイル<3854>、S シリコンスタ<3907>、
    S コラボス<3908>、一時S マイネット<3928>、
    S Sワイヤー<3929>、一時S 星光PMC<4963>、
    S 報国鉄<5542>、S カネミツ<7208>、
    S PSS<7707>、S 3DM<7777>、
    一時S アジア投資<8518>、S ロジコム<8938>、
    S 小僧寿し<9973>。
    
    本日、ストップ安銘柄は1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    S ぷらっと<6836>。
    
    ピックアップ。
    雑貨屋BL<3331> 終値242円(S高)
    今月初めから半ばにかけてS高含め大幅に上昇していた同銘柄。
    先週2/16に高値550円を付けて以降は下落、調整となっていたが
    本日ストップ高の反発。
    おおよそ25日移動平均線(163円)で反発した形となっている。
    次に5日移動平均線(244円)回復となれば、
    再度、上昇トレンドに転換する可能性あり。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    自社株買い実施を発表したフジクラ<5803>、
    ティーガイア<3738>などが堅調に推移。
    シャープ<6753>が7日続伸。
    テクマトリックス<3762>が大幅に3日続伸。
    インベスターC<1435>上場来高値更新。
    
    ピックアップ。
    シャープ<6753> 終値179円
    (前日比+6円+3.47%)
    今日まで7連騰と強い。
    明日24日から行う定例取締役会で鴻海の買収提案受け入れを
    決める可能性が伝わっており買いを集めている。
    移動平均線チャートでも株価は5日線(168円)や25日線(148円)、
    200日線(154円)などを上回っての推移。
    短期、中長期でも上昇が期待される形にある。
    
    テクマトリックス<3762> 終値1686円
    (前日比+200円+13.46%)
    東証1部上昇率2位。
    朝方から買い先行でスタートし、
    全体相場が弱含みとなるなかでも堅調に推移。
    本日の急伸で日足一目均衡表で雲抜け(1634円)。
    1/5昨年来高値1921円を目指す展開に期待。
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-23【東京市場概況】

    日経平均は反落59円安 買い先行も円高を重しに下げに転換
    
    朝方は欧米株高が好感され買いが先行、日経平均は一時
    200円超えの上昇となる場面も見られた。
    しかし、ドル/円が一時112円台を割り込むなど円高に振れ
    たことや中国株の下落などを重しに下げに転換。
    節目16000円どこでは底堅さを示すも小幅に反落となった。
    
    日経平均終値は-59.00円の16052.05円。
    
    東証1部の出来高は23億2218万株。
    売買代金は2兆2925億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり442銘柄、値下がり1415銘柄、
    変わらず84銘柄。
    
    業種別では値上がりが8業種、値下がりが25業種。
    値上がりトップは鉄鋼、非鉄金属、保険。
    値下がりトップは水産・農林、不動産、情報・通信。
    
    株式市場は直近、ドル/円の動向に対して過度に
    反応することは無くなってきた。
    しかし、112円台をあっさり割り込む動きも見られ、
    円高一服感が見えず、買いが続かない。
    日経平均は2/1高値(17905円)と2/12日安値(14865円)の
    半値戻しの水準16385円が上値抵抗となっている。
    また、その水準を上抜けても25日移動平均線(16586円)が
    次の上値抵抗として控える。
    それらを上抜けるにはドル/円の円高一服感が確認される
    まで難しそうだ。
    下値では節目16000円や5日移動平均線(16032円)などが
    サポート。明日以降も一定のサポートとなる見込み。
    それらを割り込めば15500円を意識する展開が想定される。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-23【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅続伸15円高 一時200円超え上昇も円高を嫌気
    
    朝方から欧米株高を好感し買いが先行、
    主力株を中心に買われる展開となった。
    日経平均は上げ幅を200円超えまで伸ばしていた。
    しかし、朝方112円台後半で推移していたドル/円が
    112円台前半まで円高に進行すると急速に上げ幅を縮小。
    一時はマイナス圏に沈む場面もみられた。
    その後は前日終値付近でのもみあいとなっている。
    
    日経平均前場終値は+15.39円の16126.44円。
    
    東証1部の出来高は11億6751万株。
    売買代金は1兆1129億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり603銘柄、値下がり1222銘柄、
    変わらず115銘柄。
    
    業種別では値上がりが15業種、値下がりが18業種。
    値上がりトップは鉄鋼、非鉄金属、鉱業。
    値下がりトップは水産・農林、食料品、証券・商品。
    
    
    後場の見通し
    
    前場は買い先行で始まるも円高を嫌気し上値が重い。
    アジア株が総じて軟調なことも重しとなっている。
    後場も引き続き、材料に欠けるなか為替にらみの展開。
    ただ、下値では週末の20ヶ国・地域(G20)財務相・中央銀行
    総裁会議を控えて売り込みにく面がある。
    日経平均は5日移動平均線(16047円)がサポートとなる見込み。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-23【東京市場見通し】

    買い優勢の見通し 欧米株高を好感 引き続き為替動向に注視
    
    昨日の海外市場は欧米そろって堅調に推移。
    原油価格の大幅上昇などが好感され大幅高となった。
    日本株も欧米株高を好感し買いが先行する見通し。
    ただ、欧米の上昇幅のわりにCME225先物の上昇幅は小幅。
    CME225先物は16160円(大証日中終値比+90円)
    (前日日経平均終値16111.05円)
    日本株の上昇をおさえているのは為替。
    昨晩もドル/円は一時は113円台を回復したものの上値重く、
    112円台後半での推移となっている。
    再度、113円台へと円安に振れるようなら、先物主導で
    日経平均も上値を伸ばす展開は見込まれる。
    円高基調が強まるようだと上値は重く、買い一巡後は
    方向感に欠ける展開となりそうだ。
    
    本日の日経平均予想レンジは16050-16400円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り2000万株 買い2330万株
    差し引き330万株の買い越し
    
    
    為替市場
    
    ドル/円が112円台後半。
    (22東京市場終値112.86円)
    
    ユーロ/円が124円台半ば。
    (22日東京市場終値125.13円)
    
    
    22日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって大幅上昇。
    中国株、欧州株と上昇したことや原油価格の
    大幅反発を好感。
    エネルギー・素材株を中心に幅広い銘柄が買われた。
    NYダウは228ドル高、S&P500の全10セクターが上昇。
    NASDAQは続伸。
    NYダウとS&P500は月間で見てもプラス圏回復。
    NYダウ終値は+228.67の16620.66、
    NASDAQは+66.18の4570.61、
    S&P500は+27.72の1945.50 。
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-02-22【本日引け後に発表の好材料銘柄を紹介】

    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    本日該当銘柄無し
    
    その他の材料株を紹介
    自社株買い発表の明星工<1976>、ティーガイア<3738>、
    コムチュア<3844>、フジクラ<5803>、ミクロン<6159>、
    レオン<6272>、東海東京<8616>、福山コンサル<9608>。
    ペプドリ<4587>とJCRファ<4552>が標的タンパク質に
    対して特殊環状ペプチドを創製する共同研究契約締結。
    
    ピックアップ
    ペプドリ<4587> 終値4255円
    (前日比+385円+9.95%)
    ここまでで創薬共同研究開発契約を国内外で15社締結。
    そして、本日JCRファ<4552>とも契約締結。
    今後の業績拡大期待が高まっている。
    株価もそれを表すように堅調に推移。
    本日は昨年来高値を更新し4280円まで上昇。
    終値でも高値圏を維持し4255円で引けた。
    明日以降も堅調な展開が見込まれる。
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-22【本日動いた注目株を紹介】

    
    本日のストップ高銘柄は気配、一時含め24銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    S ETFSガソ<1691>、S ドーン<2303>、
    一時S fonfun<2323>、S システクアイ<2345>、
    S モルフォ<3653>、S Fスターズ<3687>、
    S セレス<3696>、S ネクスジェン<3842>、
    S サイバーコム<3852>、S gumi<3903>、
    S シリコンスタ<3907>、S ネオジャパン<3921>、
    S ランドコンピ<3924>、S マイネット<3928>、
    S Sワイヤー<3929>、S サイバネット<4312>、
    S 報国鉄<5542>、S 東邦金<5781>、
    S 鎌倉新書<6184>、一時S アルチザ<6778>、
    S ぷらっと<6836>、一時S PALTEK<7587>、
    S スマバ<9417>、一時S KYCOM<9685>。
    
    本日、ストップ安銘柄は無し。
    
    ピックアップ。
    システクアイ<2345> 終値1008円(S高)
    前場引け後に株主優待制度を変更すると発表。
    (3月末および9月末時点で1単元(100株)以上保有の個人株主に
    QUOカード1000円相当分および自社製品割引券2万円相当を贈呈)
    発表を好感し後場から急騰、ストップ高。
    テクニカル的にも移動平均線(5、25、75線)800-900円水準から
    上放れ傾向。日足一目均衡表の基準線、転換線超え(890円水準)
    となり、堅調な展開が見込まれる形となっている。
    
    アルチザ<6778>終値864円(一時S高)
    デンソー<6902> とNTTドコモ<9437>がLTEや第5世代移動通信(5G)
    を利用した車両制御システムの研究開発を進めることに合意と
    発表。5G関連銘柄として同銘柄にも買いが向かい一時ストップ
    高の大幅上昇。
    直近上値をおさえられた200日移動平均線(716円)、
    日足一目均衡表の基準線(752円)上抜けとなり雰囲気良し。
    目先、2/1直近高値1020円、昨年来高値1059円を目指す展開に
    期待がかかる。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    東証1部上昇率上位のエレコム<6750>、
    昨年来高値更新のペプチドリーム<4587>、
    投資判断引き上げの藤田観光<9722>、ラウンドワン<4680>、
    ツバキ・ナカシマ<6464>。その他急反発したヒトコム<3654>。
    6日続伸のジグゾー<3914>。5日続伸のベクトル<6058>。
    上昇の目立った空運業からSFJ<9206>。
    
    ピックアップ。
    ヒトコム<3654> 終値1732円
    (前日比+114円+7.05%)
    直近、25日移動平均線(1638円)水準でのもみあいとなって
    いたなか急反発。
    5日移動平均線(1670円)も回復してきており、目先堅調な
    展開が見込まれる。2/1昨年来高値1965円を目指す展開、
    更新し上値を伸ばす展開もあるだろう。
    
    SFJ<9206> 終値4160円
    (前日比+455円+12.28%)
    本日、上昇の目立った空運業からSFJ<9206>ピックアップ。
    1/26昨年来高値5970円を付けて以降は軟調な展開。
    75日移動平均線(3270円)、日足一目均衡表の雲(3315円)水準
    まで値を落としていたが、それらをサポートに直近は底堅く
    推移。本日の大幅高で25日移動平均線(4153円)を回復。
    再び上昇トレンドに乗る可能性あり。
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-22【東京市場概況】

    日経平均は反発143円高 節目16000円を回復し16100円台
    
    朝方は円高などが嫌気され売りが先行した日本株。
    日経平均はマイナスでのスタートとなったが、
    売り一巡後は為替がやや円安方向にあった為、
    先物主導でプラスに転換。
    一時200円超えの上昇となる場面が前場にあった。
    後場もアジア市場の上昇や時間外の原油先物価格が30ドル台へ
    上昇したことなどから、引き続きしっかりとした展開となった。
    
    日経平均終値は+143.88円の16111.05円。
    
    東証1部の出来高は20億3748万株、
    売買代金は2兆581億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1256銘柄、値下がり588銘柄、
    変わらず96銘柄。
    
    業種別では値上がりが27業種、値下がりが6業種。
    値上がりトップは空運、水産・農林、食料品など。
    値下がりトップは鉱業、鉄鋼など。
    
    日経平均が節目16000円を割る場面では底堅い。
    26-27日開催のG20財務相・中央銀行総裁会議を控え、
    期待感が強いと思われる。
    今週の日経平均は16000円どころから大きく下振れる
    動きは限られそうだ。
    とはいえ、先週に相場をけん引きしたメガバンクや
    ソフトバンクの株価が本日はさえなかった。
    また、東証1部の売買代金や出来高は低水準にあり、
    積極的な売買は乏しい。
    下げ過ぎの銘柄には買いが入るが上値追いには慎重、
    基本的に全体相場はまだ下降トレンドにある。
    引き続き、海外影響の小さい中小型株に買いが入りやすい状況。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-22【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反発92円高 売り先行後にプラスに転換
    
    日経平均は寄り付き売り先行。ドル/円が112円台半ばへと
    円高に進んでいたことから主力株を中心に売られた。
    しかし、その後ドル/円が113円台前半と円安に振れたこと
    があり、先物主導でプラスに転換。
    一時上げ幅は200円を超えた。上値では戻り売りに押され
    伸び悩んだがプラスを維持し前場を引けている。
    
    日経平均前場終値は+92.94円の16060.11円。
    
    東証1部の出来高は10億1691万株、
    売買代金は9742億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1143銘柄、値下がり684銘柄、
    変わらず110銘柄。
    
    業種別では値上がりが22業種、値下がりが11業種。
    値上がりトップは空運、水産・農林、食料品など。
    値下がりトップは鉱業、鉄鋼、電気・ガスなど。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は寄り付きをほぼ安値とし切り返し。
    上値では戻り売りに押されたが節目16000円
    どころで底堅く推移している。
    後場も引き続き、16000円どころでの推移が続きそうだ。
    前場の出来高、売買代金は低調で様子見姿勢のムードが強い。
    積極的な売買は後場も手控えられそう。
    物色は中小型株への活発な値幅取り狙いなどが引き続き中心。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-22【東京市場見通し】

    売り優勢 円高を嫌気 下値では押し目買いなどから下げ渋り
    
    先週末の海外株は欧州が原油安を嫌気し軟調、
    米株はまちまち、NYダウ、S&P500は下落もNASDAQは上昇。
    株式市場には材料に乏しいなか為替動向を注視。
    円高基調が強まっており、ドル/円は112円台半ば。
    これが嫌気され、日本株は売り優勢の展開が見込まれる。
    CME225先物が15825円(大証日中終値比-155円)、
    日経平均はこの水準を意識しての寄り付きとなりそうだ。
    (前日日経平均終値15967.17)
    売り先行後も為替の動向次第。
    ドル/円に連動する形で先物主導上下振れる展開が予想される。
    日経平均先週末19日の安値15799.35円、17日安値15632.12円、
    下値はこの水準で押し目買いなどから下げ渋る見通し。
    割れれば、やや深め16500円が意識される可能性がある。
    
    本日日経平均予想レンジは15600-16000円
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り1710万株 買い1500万株
    差し引き210万株の売り越し
    
    
    為替市場
    
    ドル/円が112円台半ば。
    (先週末19日東京市場終値112.95円)
    
    ユーロ/円が125円台前半。
    (先週末19日東京市場終値125.57円)
    
    先週末19日の米株市場概況
    
    まちまち。NYダウ、S&P500は小幅に反落も
    NASDAQは小幅に続伸。
    引き続き不安定な原油相場。
    スタートは原油安の下落を受けて米株は軟調。
    NYダウは一時130ドル超えの下落となった。
    しかし、その後は原油が下落幅を縮小し、
    NYダウもプラスに転じる場面もあった。
    結局、NYダウは小幅安で取引を終了したが、
    ハイテク株の上昇を受けてNASDAQは小幅に
    続伸となった。
    NYダウ終値は-21.44の16391.99、
    NASDAQは+16.89の4504.43 、
    S&P500は-0.05の1917.78 。
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-02-19【引け後発表の好決算、材料株を紹介】

    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    報国鉄<5542>
    今期経常50%増で10期ぶり最高益見通し。
    配当を大幅増配。
    (前期の年間配当を5円→10円、今期も前期比10円増の20円)
    
    佐渡汽<9176>
    15年12月期連結経常損益が黒字浮上。
    今期16年12月期は16.8%増に伸びる見通し。
    
    
    その他の材料株を紹介
    自社株買い発表のソフトバンクテクノロジー<4726>、
    株式分割発表のコニシ<4956>など。
    
    ピックアップ
    ソフトバンクテクノロジー<4726> 終値1218円
    (前日比-44円-3.49%)
    ソフトバンクの子会社。自社株買いを発表。
    上限15万株(上限2億円)取得期間は2/22~3/24。
    直近に上値抵抗として意識されているのは、
    移動平均線の25日線(1249円)など。
    また、75日線(1288円)、200日線(1305円)なども
    上値抵抗となるだろう。
    それらを上抜けとなれば、強い上昇が期待される。
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-19【 本日動いた注目株を紹介】

    
    本日のストップ高銘柄は気配、一時含め13銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    S 三信建<1984>、一時 S博展<2173>、
    一時 Sアップル<2788>、一時 Sバナーズ<3011>、
    S ショーケース<3909>、S マイネット<3928>、
    S サイバネット<4312>、S メドレックス<4586>、
    S 日エンター<4829>、S ぷらっと<6836>、
    一時S 日本ISK<7986>、S くろ工<7997>、
    S スマバ<9417>。
    
    本日、ストップ安銘柄は無し。
    
    ピックアップ。
    サイバネット<4312> 終値762円(S高)
    連日でストップ高。昨日に続きピックアップ。
    朝方から買い先行。一時、伸び悩む場面があったが、
    前日に回復した25日平均線(662円)をサポートに
    再度強含みストップ高で大引け。
    次に上値抵抗として意識されるが日足の一目均衡表の
    転換線(798円)の水準でもある800円どころ。
    また、同値以上となる25日平均線との乖離も警戒され
    るところである。
    この水準を上抜けれれば、短期的に強さは増すだろう。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    5日続伸のジグゾー<3914>。
    4日続伸のベクトル<6058>。
    小幅に3日続伸の東武鉄道<9001>、ライオン<4912>など。
    
    ピックアップ。
    ジグゾー<3914> 終値6650円
    (前日比+280円+4.4%)
    今日まで5日続伸。その間の上昇幅は2500円(+63%)と強い。
    移動平均線では75日線(6165円)を回復。
    また、日足一目均衡表でも雲を抜けた。
    引き続き上昇が期待されるところにある。
    ただ、前回の上昇時の高値が1/27に付けた6900円。
    この水準を上抜けられるかが目先の焦点となりそうだ。
    
    ベクトル<6058>終値2359円
    (前日比+156+7.1%)
    今日まで4日続伸の大幅高。
    前日18日の引け後にレオス・キャピタルワークスが
    74万7500株を保有(保有割合5.03%)と公表。
    需給思惑から買いが入ったようだ。
    2/4直近高値2348円を更新、
    10/13昨年来高値2349円も更新となり、
    引き続き上値を伸ばす展開に期待がかかる。
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-19【東京市場概況と来週の見通し】

    日経平均は大幅反落 一時下げ幅は400円超え 後場中頃からは下げ渋り
    
    朝方から売りが先行した日本株。
    日経平均は寄り付きこそ節目16000円を維持していたが、
    まもなく下回るとじり安の展開。
    後場に下げ幅は400円超え、15800円を割れる場面も見られた。
    しかし、その後の後場中ごろからは下げ渋り。
    一時は16000円を回復するまで下げ幅を縮小した。
    ただ、終値では16000円を維持とはならなかった。
    
    日経平均終値は-229.63円の15697.17円。
    
    東証1部の出来高は22億9146万株、
    売買代金は2兆2775億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり380銘柄、値下がり1471銘柄、
    変わらず88銘柄。
    
    業種別では値上がりが4業種、値下がりは29業種。
    値上がりは空運、陸運、不動産、電気・ガス。
    値下がりトップは鉱業、石油・石炭、銀行など。
    
    
    来週の見通し
    今週を振り返ると日経平均は月曜日に1000円超えの上昇。
    その後はおおむね16000円前後でもみあいとなった。
    週ベースで見ると6.8%の上昇。
    前週が11.1%安。っと考えると物足りなさは感じるが、
    一定の下げ止まり感は確認される。
    今週、とくに好悪材料となったのが為替相場だった。
    来週もその流れは続く見通し。
    ただ、直近の米株が戻り基調。
    また、中国株も比較的落ち着いた動き。
    その流れが来週も続けば、日本株も下値は底堅く、
    戻しを試す可能性が高い。
    また、来週末26日からはG20財務相・中央銀行総裁会議が
    開催されるため、期待感から大きく売り込みづらく面もある。
    
    来週の日経平均予想レンジは15500-16700円。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-19【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落360円安 円高が重し15900円割れ
    
    寄り付きから売りが先行。前日の米株安やドル/円が
    113円台前半と円高に振れていたことが嫌気された。
    日経平均は売り優勢のなか、節目16000円を維持して
    始まったが、その後ドル/円が112円台へと上昇し下げ
    幅を拡大、15900円割れで前場を終えた。
    
    前場日経平均終値は-360.57円の15836.23円。
    
    東証1部の出来高は10億9392万株、
    売買代金は1兆320億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり194銘柄、値下がり1680銘柄、
    変わらず63銘柄。
    
    業種別では値上がりが2業種、値下がりは31業種。
    値上がりが空運、不動産。
    値下がりトップは鉱業、石油・石炭、非鉄金属など。
    
    
    後場の見通し
    
    前場は円高が響き、先物主導下げを加速、
    下値を拾う動きも乏しく軟調。
    日経平均はサポートして意識されると思われた
    5日移動平均線(15989円)を簡単に割り込んでいる。
    後場も週末要因もあり買いが入りにくい。
    軟調な展開が続きそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-19【東京市場見通し】

    売り優勢 米株安や円高が重し 日経平均16000円どころでもみあいか
    
    昨日の海外株は欧州がまちまち、米は主要3指数そろって反落。
    NYダウは上昇一服、小幅安で引けた。
    株式市場には材料が乏しいが為替相場が動いている。
    ドル/円が113円台前半まで円高が進んでおり、
    日本株にはネガティブな材料となりそう。
    CME225先物は15955円(大証日中終値比-285円)、
    日経平均はこの水準を意識し売り先行、
    節目16000円どころでのスタートとなりそうだ。
    (前日日経平均終値は16196.8円)
    売り一巡後も引き続き、外部環境を睨んでの展開。
    前場に発表される人民元の基準値次第では、
    上下に振れる可能性がある。
    元安設定となればリスク回避の売りが強まりやすい。
    ただ、下値では押し目買いの動きも見られる見通し。
    日経平均は5日移動平均線(15812円)がサポートとして
    意識されるだろう。
    日中、節目16000円を意識した展開となりそうだ。
    
    本日の日経平均予想レンジは15800-16200円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り810万株 買い1000万株
    差し引き190万株の買い越し
    
    
    為替市場
    
    ドル/円が113円台前半。
    (18日東京市場終値113.86円)
    
    ユーロ/円が125円台後半。
    (18日東京市場終値126.66円)
    
    18日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって反落。
    前日までの大幅高により上値の重い展開。
    NYダウは前日終値水準を上下しもみあっていたが、
    直近3日間で800ドル近い上昇をみせていただけに、
    次第に戻り待ちの売りが優勢となり反落となった。
    NYダウ終値は-40.40の16413.43、
    NASDAQは-46.53の4487.54、
    S&P500は-8.99の1917.83。
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-02-18【引け後発表の好決算、材料株を紹介】

    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    アップル<2788> 
    業績修正を発表。
    前期経常69%上方修正、
    12期ぶりに最高益を更新する見通し。
    
    ピーエイ<4766>
    決算発表。
    今期経常89%増、
    19期ぶりに過去最高益を更新する見通し。
    
    その他の材料株を紹介
    自社株買い発表のキャンドゥ<2698>、
    ビックカメラ<3048>、横浜銀<8332>。
    イオンファン<4343>が1月度の月次売上高発表。
    
    ピックアップ
    イオンファン<4343> 終値2112円
    (前日比+95円+4.71%)
    1月度の月次売上高発表。
    全店35.7%増、既存店5.8%増。
    既存店では5カ月連続で前年同月比プラスを確保した。
    株価は直近2日続伸。
    移動平均75日線(2070円)、25日線(2090円)を回復と
    なっていた。上値の伸ばす展開が期待される。
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-18【本日動いた注目株を紹介】

    
    本日のストップ高銘柄は気配、一時含め20銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    S ベステラ<1433>、一時S ヒューマンW<3224>、
    一時S スターティア<3393>、S アクセルM<3624>、
    一時S CRI<3698>、S ITbook<3742>、
    一時S NTTDイン<3850>、一時S サイバーコム<3852>、
    S ネオジャパン<3921>、S サイバネット<4312>、
    一時S CANBAS<4575>、S DWセラピ研<4576>、
    一時S ラクオリア<4579>、一時S エルミック<4770>、
    一時S 報国鉄<5542>、一時S 不二精機<6400>、
    S ぷらっと<6836>、S アジア投資<8518>、
    S スマバ<9417>、S エヌジェイ<9421>。
    
    ストップ安銘柄は気配一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    雑貨屋BL<3331>
    
    ピックアップ。
    サイバネット<4312> 終値662円(S高)
    16日に東証が信用取引の臨時措置を
    解除すると発表したことが引き続き買い材料となった。
    株価は1/29に高値1230円を付けて以降は調整、
    値を下げる展開となっていた。
    ただ、直近は75日移動平均線(499円)水準で下げ止まり、
    本日25移動平均線(647円)を回復。
    明日以降も堅調な展開が期待される。
    
    エヌジョイ<9421> 終値2233円(S高)
    子会社トライエースとNTTドコモ<9437>と共同政策
    新作ネイティブゲームタイトル「Heaven×Inferno」
    を配信決定と発表され買いが向かった。
    目先の上値抵抗は2/5の2550円。
    日足一目均衡表雲上限(2636円)など。
    それらを上抜け上昇を強める展開か。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    鉄建<1815>東北・上越新幹線の大規模改修発表され大幅高。
    自社株買い発表し大幅高のラオックス<8202>、MTI<9438>。
    任天堂<7494>ディー・エヌ・エー<2432>が共同開発スーマ
    トフォン向けアプリ「Miitomo」事前登録開始と発表し、
    ともに大幅高。
    貸借取引申込停止措置解除のテクノホライゾ<6629>が急伸。
    
    ピックアップ。
    テクノホライゾ<6629> 終値280円
    (前日比+49円+21.21%)
    貸借取引申込停止措置解除。
    株価は1/26に高値437円を付けて以降は調整、
    75日移動平均線(240円)水準まで値を下げていた。
    しかし、本日の大幅高でトレンド転換。
    25日移動平均線(278円)を回復。
    目先、戻しを試す展開が期待される。
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-18【東京市場概況】

    日経平均は大幅反発360円高16000円台回復 一時上げ幅は500円超
    
    朝方から買い先行でスタートした日本株。
    原油相場の上昇や欧米株高などを背景に幅広い銘柄が買われた。
    日経平均は買い一巡後も高値圏でのもみあいが続き、
    後場にはこの日の高値16337.59円(501.23円高)まで上昇。
    その後は戻り売りに押され上値をおさえられたが前日からは
    大幅に反発。16000円台を回復し16200円手前まで値を戻した。
    
    日経平均終値は+360.44円の16196.80円。
    
    東証1部の出来高は26億2820万株、
    売買代金は2兆7012億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1725銘柄、値下がり171銘柄、
    変わらず42銘柄。
    
    業種別では値上がりが30業種、値下がりが3業種。
    値上がりトップは石油・石炭、鉱業、卸売、鉄鋼など。
    値下がりは空運、ゴム製品、情報・通信。
    
    日経平均の本日の高値が16337.59円。2/16高値16341.56円
    に僅かながら届かず上値をおさえられた。
    ドル/円が114台割れとなったことで上値をおさえられたと
    思われる。引き続き、上値追いには慎重姿勢な展開が続き
    そうだ。
    ただ、終値では16200円水準。節目16000円を上回った。
    為替相場に対する過剰な反応は和らできていると見る。
    次に原油相場の動向に対しての反応を確認したい。
    目先、原油相場が下げた場面で株価の反応が限られ強い
    動きとなれば、目先の底打ち感がさらに強まるところ。
    本格的なリバウンドはその後になる見通し。
    いっときは外部環境の影響を受けにくい中小型株、
    材料株への物色が有効と思われる。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-18【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅反発390円高 16000円を回復
    
    朝方から買い先行。前日の欧米株高や原油高が好感された。
    日経平均は300円超えの上昇で寄り付くと一時は500円近く
    まで上昇。
    買い一巡後はやや上値をおさえられたが中小型株など幅広
    い銘柄に買いが入り、東証1部銘柄は9割近くが値上がりした。
    
    日経平均前場終値は+390.87円の16227.23円。
    
    東証1部の出来高は11億7322万株、
    売買代金は1兆1918億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1732銘柄、値下がり160銘柄、
    変わらず46銘柄。
    
    業種別では値上がりが31業種、値下がりが2業種。
    値上がりトップは石油・石炭、鉱業、その他製品など。
    値下がりはゴム製品、情報・通信。
    
    
    後場の見通し
    
    前場の日経平均は大幅反発。
    昨日の16000円割れから再度16000円を回復。
    下値不安はいっそう弱まったと考えられる。
    とはいえ、2/16高値16341.56円の直近高値を前に上値を
    おさえられたかっこう。
    後場、直近高値更新となれば明日以降も短期的に強い。
    また、節目16000円をこのまま上回って終えれれば
    底堅さが意識され強きムードとなりやすい。
    カギを握るのは引き続きドル/円の動向。
    後場もドル/円を動向をにらみながらの展開となりそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-18【東京市場見通し】

    買い優勢 欧米株高、原油高を好感 日経平均16000円回復へ
    
    昨日の欧米株は大幅高。
    イラン石油相の発言を受け原油価格が上昇、
    エネルギー株を中心に堅調な推移となった。
    為替ドル/円も114円台前半と昨日からやや円安に振れた。
    本日の日本株は買い先行でのスタートが予想される。
    CME225先物は16050円(大証日中終値比+310円)、
    日経平均はこの水準を意識した寄り付き、
    節目16000円回復が期待される。
    買い先行後は上値の重さが意識される。
    日経平均の16000円台では売り圧力が強い。
    上値の伸ばすにはドル/円が115円台に向かう
    円安となるなど新たな材料がないと厳しいところか。
    
    本日の日経平均予想レンジは15800-16300円
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り1750万株 買い1790万株
    差し引き40万株の買い越し
    
    
    為替市場
    
    ドル/円が114円台前半。
    (17日東京市場終値113.50円)
    
    ユーロ/円が127円どころ。
    (17日東京市場終値126.75円)
    
    17日の米株市場概況
    
    3日続伸。
    原油価格が大幅反発(NY原油先物は前日比5%超)。
    原油の供給過剰感の一因となっているイランの
    ザンギャネ石油相が産油国の産出量凍結合意に
    歓迎の意を示したことを好感。
    原油高を受けてエネルギー株などが上昇をけん引き。
    また、午後に公開されたFOMC議事録(1月開催分)。
    ハト派的内容だったことで好感された。
    NYダウ終値は+257.42の16453.83、
    NASDAQは+98.11の4534.06、
    S&P500は+31.24の1926.82。
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-02-17【引け後発表の好決算、材料株を紹介】

    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    ニッパンR<4669>
    前期経常が上振れ着地、
    今期は48%増益のV字回復見通し。
    
    ブリヂストン<5108>
    今期最終9%増で2期ぶり最高益。
    前期配当を10円増額(130円)
    今期も前期比10円増(140円)
    
    アップバンク<6177>。
    前期経常65%増で上振れ着地。
    
    その他の材料株を紹介
    1月の売上高がも前年同月比で
    121.6%と大きく伸びたラクス<3923>、
    自社株買い実施発表のHKS<7219>など。
    
    ピックアップ
    ラクス<3923> 終値1795円
    (前日比+115円+6.85%)
    1月の売上高は前年同月比21.6%増の3.5億円。
    今期に入り10ヵ月連続で前年実績を上回っている。
    株価は25日移動平均線(1503円)から上放れ傾向。
    2/9高値1860円超えとなれば上昇に拍車がかかり
    やすいところ。
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-17【本日動いた注目株を紹介】

    本日のストップ高銘柄は気配、一時含め16銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    一時S フュトレック<2468>、S ハイパー<3054>、
    S ヒューマンW<3224>、S メディアドウ<3678>、
    S サイバーコム<3852>、S 阿波製紙<3896>、
    一時S sMedios<3913>、S PCIHD<3918>、
    S マイネット<3928>、S アンジェス<4563>、
    一時S ネクスウェア<4814>、S レアジョブ<6096>、
    S 鎌倉新書<6184>、一時S シーシーエス<6669>、
    S アルチザ<6778>、一時S 新華HD<9399>。
    
    ストップ安銘柄は気配一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    S 雑貨屋BL<3331>。
    
    ピックアップ。
    サイバーコム<3852> 終値895円(S高)
    2/2に昨年来高値1455円を付けてからは上昇一服。
    25日移動平均線(733円)との乖離埋めの調整となっていた。
    乖離を埋めてから今日まで3日続伸。
    再度、昨年来高値を目指す展開か。
    
    鎌倉新書<6184> 終値1780円(S高)
    朝方9:30に業績修正を発表。
    前期経常28%上方修正し最高益予想を上乗せ。
    この発表が好感されS高の上昇。
    移動平均線チャートでは25日線(1624円)を回復。
    明日以降も堅調な展開が期待される。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    昨日のS高から続伸のソフトバンク<9984>。
    投資判断を引き上げを材料に大幅高のラウンドワン<4680>。
    3連騰の村田製<6981>など。
    
    ピックアップ。
    ソフトバンク<9984> 終値5398円
    (前日比+298円+5.84%)
    15日に発表した5000億円規模の自社株買い。
    発表から2日目も引き続き好感された。
    ただ、本日高値が5915円。
    75日移動平均線(5942円)であり、
    上値をおさえられる形で上げ幅縮小。
    目先上値抵抗として意識されそうだ。
    にしても押す場面では買いチャンス。
    引き続き、市場の主役として注目される。
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-17【東京市場概況】

    日経平均は3日ぶりに反落し218円安 ドル/円が円高に振れ嫌気
    
    前場はソフトバンクの上昇などが日経平均をけん引き、
    一時は160円高まで上昇する場面が見られた。
    しかし、上値の重さが意識されると下げに転換。
    後場に入るとドル/円が円高方向に振れていることなどを意識、
    一時400円超えまで下落幅は広がった。
    売り一巡後は下げ渋り下げ幅を縮小したが戻りは限られた。
    
    日経平均終値は-218.07円の15836.36円。
    
    東証1部の出来高は28億4008万株、
    売買代金は3兆1136億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり729銘柄、値下がり1087銘柄、
    変わらず120銘柄。
    
    業種別では値上がりが2業種のみ、値下がりは31業種。
    値上がりは情報・通信、空運。
    値下がりトップは鉱業、石油・石炭、保険など。
    
    日経平均は16000円超えると上値が重く3日ぶりに反落。
    現在、もっとも材料として意識されるのがドル/円の動向。
    やや過剰な反応と見られるが円高に振れれば売りが強まる
    状態にある。
    そんななか、今晩は米経済指標の発表を多く控える。
    (鉱工業生産や住宅関連など)
    また、1月開催のFOMC議事録公表される。
    ドル/円の動向を見極めるうえで今週の重要なイベント。
    これらを受け、ドル/円が円高に振れれば明日も売り優勢。
    その時、心理的な節目15500円で下げ止まれるかどうか。
    割ってくるようなら、2/12安値14865円が再度意識される
    展開になりかねない。
    明日の日経平均の動向が目先の分岐点となりそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-17【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅に26円安 為替にらみの展開
    
    朝方、日経平均はやや売り優勢で反落でのスタート。
    しかし、機械株の一角の強い動き、
    (朝方発表機械受注統計で1-3月の機械受注見通しが
    前期比8.6増と予想外に高い数字となり好感)
    日経平均への寄与度の高いソフトバンクなどが昨日に続き
    大幅高となったことなどからプラスに転換。
    上げ幅を拡大し一時は160円高となった。
    ただ、人民元の対ドル基準値が元安方向に設定され、
    ドル/円が113円台後半まで弱含むと連動する形で
    日経平均も弱含み。結局小幅安で前場を引けた。
    
    前場日経平均終値は-26.17円の16028.26円。
    
    東証1部の出来高は13億947万株、
    売買代金は1兆4486億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1104銘柄、値下がり697銘柄、
    変わらず134銘柄。
    
    業種別では値上がりが12業種、値下がりは21業種。
    値上がりトップは情報通信、海運、空運など。
    値下がりトップは鉱業、石油・石炭、医薬品など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は週初に4桁の上昇したことを考えると底堅い動き、
    下値への不安はだいぶ和らできているといえる。
    ただ、16000円を超える場面では慎重姿勢。
    この水準を上抜けるには新たな材料が必要。
    また、ドル/円次第のところがありそうだ。
    ドル/円の115円が目先の焦点。115円台回復、さらに円安に
    振れるような動きがないと日経平均は16000円超えで安定す
    るのは難しそうだ。
    現在、そのドル/円は113円台。後場はやや売り優勢の展開が
    予想される。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-17【東京市場見通し】

    売り優勢 休場明けの米株は上昇も円安一服などが重し
    
    昨日の海外株は休場明けだった米株はNYダウが終値で
    4日ぶりに16000ドルを回復するなど大幅上昇。
    ただ、欧州株は買戻しの動きが一服しまちまち。
    為替ドル/円は114円台前半と昨日からやや円高に振れた。
    米株高とはなったが欧州やドル/円の動きなどから売り優勢。
    CME225先物が15930円(大証日中終値比-110円)、
    日経平均はこの水準を意識してのスタート。
    16000円割れ、その後も上値の重い展開が予想される。
    下値では押し目買い意欲が強そうなところだが
    上値を追う動きは限定的。
    16000円近辺で方向感に乏しい展開が予想される。
    
    本日の日経平均予想レンジは15700-16100円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り2230万株 買い2460万株
    差し引き230万株の買い越し
    
    
    為替市場
    
    ドル/円が114円台前半。
    (16日東京市場終値114.40円)
    
    ユーロ/円が127円前半。
    (16日東京市場終値127.60円)
    
    16日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって続伸。
    休日中、アジア、欧州が堅調に推移していたこと
    などが買い安心感となった。
    NYダウは4日ぶりに終値で16000ドルを回復。
    ハイテク銘柄が主体のNASDAQは2.27%高と大きく上昇した。
    NYダウ終値は+222.57の16196.41、
    NASDAQは+98.44の4435.96、
    S&P500は+30.80の1895.58。
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-02-16【引け後発表の好決算、材料株を紹介】

    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    クボタ<6326>
    15年12月期(9ヵ月の変則決算)の連結税引き前利益は
    1695億円になり、16年12月期は2400億円の見通し。
    6期連続増収。
    
    
    その他の材料株を紹介
    自社株買い発表のツカダGHD<2418>、
    群栄化<4229>、Jマテリアル<6055>、
    オーハシテク<7628>、野崎紙<7919>、
    MS&AD<8725>など。
    
    ピックアップ
    Jマテリアル<6055> 終値2051円
    (前日比+49円+2.45%)
    業績好調をふまえ16年3月期の期末一括配当を従来計画の
    26円→35円に大幅増額修正。
    加えて自社株買いも発表。
    『発行済み株式数(自社株を除く)の2.0%にあたる35万株を
    上限に、17日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」
    で自社株買い(買い付け価格16日終値2051円)』
    株価は先週、週足一目均衡表の雲(1835円)水準で下げ止まり、
    今週はここまで買い優勢。
    本日の発表を受け、引き続き堅調な展開が期待される
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-16【本日動いた注目株を紹介】


    本日のストップ高銘柄は気配、一時含め
    20銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高) S 雑貨屋BL<3331>、一時S アートSHD<3663>、 S オルトP<3672>、S アエリア<3758>、 S アクロディア<3823>、S gumi<3903>、 一時S ジグソー<3914>、S マイネット<3928>、 一時S 田中化研<4080>、一時S UMN<4585>、 一時S アイサンテク<4667>、S ネクスウェア<4814>、 一時S GMOテック<6026>、一時S リブセンス<6054>、 S レアジョブ<6096>、S アップバンク<6177>、 一時S ぷらっと<6836>、S アジア投資<8518>、 S U-NEXT<9418>、S ソフトバンク<9984>。 ストップ安銘柄は気配一時含め3銘柄。 (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安) 一時S エスクリ<2196>、S ヒューマンW<3224>、 一時S 雑貨屋BL<3331>。 ピックアップ。 ぷらっと<6836> 終値2248円(一時S高) 2/10に高値3285円を付けてから上げ一服。 売り優勢の展開となっていたが昨日から大幅続伸。 株価は現在、移動平均線チャートで5日線(2278円)の水準。 同線超えとなれば短期的に再度強い見通し。 高値を目指す展開が見込まれ注目。 ソフトバンク<9984> 終値5100円(S高) 昨日引け後の発表された自社株買いを好感。 (発行済み株式数(自社株を除く)の14.2%にあたる1億6700万株 (金額で5000億円)を上限に自社株買いを実施すると発表) 株価は移動平均線チャートで25日線(5038円)を回復。 同線は下向きにあり抵抗線として強い。 ただ材料が材料だけに続き堅調な展開も期待される。 また、日経平均への寄与度が高い銘柄でもあるため、 今後の全体相場を見極めるうえでも動向が注目される。 その他、本日動いた注目株 自社株買いを発表した銘柄への買いが目立った。 マーズエンジニアリング<6419>、オープンハウス<3288>、 HOYA<7741>、AOKIHD<8214>。 また、好業績が好感されたポーラHD<4927>、MS&AD<8725>、 アサツーディ・ケイ<9747>、藤田観光<9722>、 ロイヤスHD<8179>。 メガバンクの三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、みずほ<8411> も軒並み高。 ピックアップ。 藤田観光<9722> 終値879円 (前日比+24円+4.83%) 昨日投稿の【引け後発表の好決算、材料株を紹介】で ピックアップした同銘柄。 大幅続伸となり25日移動平均線(511円)回復。 次に75日移動平均線(533円)超えとなれば上昇に拍車が かかる見通し。  ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を Glove Bamboo会員様には配信。 その他にも株式情報が盛りだくさん。 ご入会、心よりお待ちしております。
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-16【東京市場概況】

    日経平均は小幅に続伸31円高 一時300円超えも急速に上げ幅縮小
    
    朝方は売りが先行した日経平均。一時は210円超す下げと
    なる場面もあった。
    しかし、売り一巡後はプラスに転換。前場を144円高で
    引けると後場には一段高となり上げ幅は300円を超えた。
    ただ、引けにかけて戻り売りが優勢となり急速に伸び悩んだ。
    
    日経平均終値は+31.85円の16054.43円。
    
    東証1部の出来高は31億5864万株。
    売買代金は2兆8848億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり965銘柄、値下がり873銘柄、
    変わらず99銘柄。
    
    業種別では値上がりが19 業種、値下がりが14 業種。
    値上がりトップは保険、不動産、鉄鋼、証券など。
    値下がりトップは食料品、電気・ガス、陸運など。
    
    日経平均への寄与度の高いソフトバンク<9984>がストップ高。
    また、メガバンク三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、みずほ<8411>が
    大幅高となったわりには引けでの日経平均の値は物足りない。
    過度な悲観は後退したとみられるがやや警戒感も残る動きとなった。
    明日は、今晩に休場明けとなる米市場の動向次第。
    休日中に他の海外市場が堅調だったため上昇が見込まれる。
    ただ、日本株は昨日1000円超えの上昇、小幅とはいえ続伸で
    本日も引けている。予想外に米株が強い動きとなるほか、
    為替ドル/円が115円台と円安振れる動きなどがないと材料には
    なりそうにない。
    逆に米株がすっきりとした上昇となりきれなかった場合、
    明日の日本株は値幅を伴った下げが警戒される。
    変わらず、外部環境の影響を受けにくい中小型、
    材料株などへの買いが有効な相場といえそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-16【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続伸114円高 売り先行後にプラスに転換
    
    朝方、日経平均は前日の1000円超えの上昇の反動から
    売りが先行、一時は210円超えの下落となった。
    しかし、売り一巡後は中国株が高く始まったこと、
    ドル/円が114円台でしっかりとした動きとなっていることなどを
    好感しプラスに転じると114円高で前場を終えた。
    
    日経平均前場終値は+144.26円の16166.84円。
    
    東証1部の出来高は14億2744万株、
    売買代金は1兆2494億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1381銘柄、値下がり477銘柄、
    変わらず79銘柄。
    
    業種別では値上がりが27業種、値下がりは6業種。
    値上がりトップは不動産、銀行、証券・商品など。
    値下がりトップは食料品、電気・ガス、陸運など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は前場、114円高の続伸で終えた。
    もっとも指数をけん引きしたのが9984ソフバンク。
    ソフトバンクは前場引けにかけてストップ高、
    移動平均線チャートでは25日線(5038円)超えの水準。
    同銘柄の動向が後場も強く影響しそうだ。
    後場、ストップ高で張り付く動きとなれば、
    日経平均は明日の上昇を織り込んで先物主導で上昇。
    また、マイナス金利の悪影響が懸念された銀行など
    金融セクターも前場軒並み高。
    後場も引き続き堅調な展開となれば、
    市場全体に強い動きが広まる。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-16【東京市場見通し】

    米株は休場 欧州株高 円安などを好感も前日大幅上昇の反動あり
    
    昨日の海外株は米が休場。欧州株はドラギECB総裁が
    欧州議会での証言で、改めて3月追加緩和の可能性を強調、
    買い安心感につながり上昇した。
    為替も引き続き、円安に振れドル/円は昨日の113円台から
    114円台半ばで推移。加えて原油価格も戻り基調だ。
    外部環境の落ち着きが好感されるところだが、
    日本株は昨日に日経平均が1000円超えとなる上昇、
    その反動で売りも出やすい。
    注目は為替市場の動向。日本時間でも引き続き円安方向に
    振れ115円台を試すような動きになれば日経平均も上昇、
    昨日回復した節目16000円から16500円を目指す可能性はある。
    一方、ドル/円に動きが乏しいようなら16000円どころで
    もみあい。
    円高に振れれば利益確定売りなどに押され16000円割れる
    水準での推移となりそうだ。
    
    本日の日経平均予想レンジは15700-16500円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り1560万株 買い1220万株
    差し引き340万株の売り越し
    
    
    為替市場
    
    ドル/円が114円台半ば。
    (15日東京市場終値113.76円)
    
    ユーロ/円が127円後半。
    (15日東京市場終値127.52円)
    
    15日の米株市場は休場
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-02-15【引け後発表の好決算、材料株を紹介】

    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    大豊建<1822>、キリンHD<2503>、
    ピクセル<2743>、クロスマーケ<3675>、
    ウェルス<3772>、カヤック<3904>、
    アルプス技<4641>、ポーラHD<4927>、
    ロイヤルHD<8179>、藤田観 <9722>など。
    
    決算銘柄からピックアップ
    藤田観 <9722> 終値497円(前日比+56円+12.70%)
    15年12月期の連結経常損益は1.7億円の赤字に転落も
    16年12月期は8億円の黒字に回復する見通しと発表。
    決算に関しては強弱、見方が分かれるが黒字見通し
    であることは評価される。
    一方、株価は12/2昨年来高値640円をつけてからは軟調な展開。
    先週末には440円まで値を落とした。
    しかし本日大幅反発。先週末安値440円が三番底となり、
    トレンド転換となるか注目される。
    
    
    その他の材料株を紹介
    22日付で市場1部に指定替えホクリヨウ<1384>、
    22日付で東証2部に市場変更するエスクロAJ<6093>、
    自社株買い実施発表のUNITED<2497>、
    オープンH<3288>、滝上工<5918>、
    GMOテック<6026>、AOKIHD<8214>、
    ソフトバンク<9984>など。
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-15【本日動いた注目株を紹介】

    
    本日のストップ高銘柄は気配、一時含め54銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    一時S 大和日経レバ<1365>、S 大和TPレバ<1367>、
    一時S 大和4百レバ<1464>、一時S J4百ブル<1467>、
    一時S TPXブル<1568>、一時S 日経ブル2<1579>、
    S 寿スピリッツ<2222>、S ソフロフロン<2321>、
    一時S フュトレック<2468>、S イメージワン<2667>、
    一時S J―HD<2721>、一時S 片倉<3001>、
    一時S 神戸物産<3038>、一時S マツキヨHD<3088>、
    S サンセイラン<3277>、一時S 帝繊維<3302>、
    一時S レカム<3323>、S 雑貨屋BL<3331>、
    S NVC<3394>、S 菊池製作<3444>、
    S データHR<3628>、S アートSHD<3663>、
    一時S FFRI<3692>、S セレス<3696>、
    S ジグソー<3914>、S マイネット<3928>、
    S 関電化<4047>、一時S ビーマップ<4316>、
    S UMN<4585>、S サカタINX<4633>、
    S アイサンテク<4667>、S フルキャスト<4848>、
    S 滝上工<5918>、S リブセンス<6054>、
    S 中村超硬<6166>、S メタップス<6172>、
    S ロゼッタ<6182>、S エアーテック<6291>、
    S 石井工研<6314>、S CKD<6407>、S 宮越HD<6620>、
    S アルバック<6728>、S スミダコーポ<6817>、
    一時S フォローテク<6890>、一時S 岡本硝子<7746>、
    S ダンロップス<7825>、S MAGHD<8073>、
    S FVC<8462>、一時S JAFCO<8595>、
    S アパマンショ<8889>、S 日エスコン<8892>、
    一時S Fエスコ<9514>、S 共立メンテ<9616>、
    一時S ユニマRC<9707>。
    
    ストップ安銘柄は気配一時含め9銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    一時S 日経ベア2<1360>、一時S 野村4百Dイ<1472>、
    S ETFS金属<1676>、S エスクリ<2196>、
    一時S sMedio<3913>、一時S WSCOPE<6619>、
    S 3DM<7777>、S 平山<7781>、S ビジョン<9416>。
    
    ピックアップ。
    寿スピリッツ<2222> 終値5380円(S高)
    後場に一段高となりストップ高大引け。
    3月末時点の株主を対象に1対3株の株式分割を実施すると発表。
    加えて業績好調なことから、16年3月期の期末
    一括配当を従来計画から20円増の60円とする方針とした。
    株価は先週末に移動平均線チャートで75日線(4816円)
    割れとなっていたが、25日線(4984円)、5日線(5109円)回復。
    2/2昨年来高値5800円を目指す流れとなっている。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    好業績が好感されたナブデスコ <6268>、
    カドカワ <9468>、コカイースト <2580>、
    井関農機 <6310>、オプテックス <6914>。
    原油ブル <2038>など。
    
    ピックアップ。
    原油ブル <2038> 終値879円
    (前日比+109円+14.2%)
    4日ぶり急反発。原油市況が反発に転じており、
    同銘柄が連動するドバイ原油価格も先週末に反発し
    買われた。
    原油市場に不透明感が再燃となれば、再び軟化する
    可能性はあるものの、短期的には同銘柄、原油相場ふくめ、
    戻しを試す見通し。
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-15【東京市場概況】

    日経平均は大幅反発1069円高(今年最高) 16000円台回復
    
    先週末の欧米株高や原油相場の下げ止まり、
    円高一服などが好感され、朝方から幅広い銘柄に
    買いが向かった。
    日経平均は前場765円高で前場を終えると後場に一段高、
    一時1200円まで上げ幅を拡げた。
    その後、やや伸び悩んだが高値圏を維持し、
    16000円台を回復して本日の取引を終えた。
    日経平均終値は+1069.97円の16022.58円。
    
    東証1部の出来高は32億8018万株、
    売買代金は3兆1536億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1847銘柄、値下がり55銘柄、
    変わらず8銘柄。
    
    業種別では全33業種が上昇。
    上昇率トップは保険、ゴム製品、証券、空運など。
    
    日経平均は先週末の15000円割れから大幅反発となり、
    理想的な反発。
    底打ち感が出ており、短期的にはリバウンドの流れが
    強まる見通し。
    本日終値(16022.58円)は2週間ぶりに5日移動平均線
    (15955円)を上回ってきた。
    価格帯別出来高で17000円処までは比較的商いも
    膨れていない。
    目先は2/1高値(17905円)、12日安値(14865円)の
    半値戻しの16385円。
    その水準を超えれれば25日移動平均線(16896円)の控える
    17000円辺りまでの戻しは想定される。
    一方で欧州のリバウンドが一巡するほか、
    原油相場に対する不透明感が再燃するようだと、
    あっさり上昇部分を帳消しにすることも考えられ注意は必要。
    引き続き、投資戦略は外部環境の影響を受けにくい中小型株を
    狙っていくスタンスが有効といえそうだ。
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-15【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅反発765円高 欧米株高、円安を好感
    
    寄り付きから日本株は買い先行。
    先週末、欧米株が大幅上昇していたことや為替が円安に
    振れていたことなどが好感された。
    日経平均は300円近くの上昇で寄り付くと上げ幅拡大、
    一時、伸び悩む場面もあったが前場引けにかけて再度強含み、
    ほぼ高値引けで765円高、15700円台を回復している。
    
    前場日経平均終値は+765.81円の15718.42円。
    
    東証1部の出来高は15億1653万株、
    売買代金は1兆3248億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1861銘柄、値下がり61銘柄、
    変わらず13銘柄。
    
    業種別では全33業種が上昇。
    値上がりトップは保険、ゴム製品、証券・商品など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は先週末の15000円割れから外部環境の落ち着きが
    見られ、買い戻しや新規買いで大幅反発。
    懸念された春節明けの上海指数は2%超え下げとなるも影響は
    限定的。後場には16000円に迫る場面も想定される。
    ただ、前場の東証1部売買代金は1.3兆円程度と値幅にわりに
    盛り上がりに欠ける。
    底打ち感が出るには一段の売買高増加や数日間の連騰などが
    必要なところにある。
    現時点では16000円接近で上値の重い展開が予想される。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-15【東京市場見通し】

    欧米株高、円高一服を受け大幅上昇でスタート その後はもみあいか
    
    先週末の欧米株は大幅上昇。ドイツ銀行の社債買い戻し、
    原油相場の大幅上昇などが好感された。
    為替市場では円高が一服。ドル/円は先週末の112円台から
    113円台半ばで円安にふれている。
    欧米株高や円高一服を受け、日本株は買いが先行。
    CME225先物が15410円(大証日中終値比+610円)。
    日経平均はこの水準を意識し、大幅反発でのスタートと
    なりそうだ。
    買い先行後、注目されるのは春節明けの中国市場。
    先週、世界市場は大荒れの展開となっていただけに、
    ある程度の調整は避けられない。
    日本株の戻りを鈍らせる要因になる可能性がある。
    日本株は直近、特に売られ過ぎの印象を受けるが、
    今年に入ってからは上昇が続かず下げ基調。
    今晩の米国市場が休場であることを考えると、
    寄り付き以降は上値を追う動きも限定的で
    様子見姿勢の強い展開となりそうだ。
    
    本日の日経平均予想レンジは15200-15650円
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り2120万株 買い1480万株
    差し引き640万株の売り越し
    
    
    為替市場
    
    ドル/円が113円台半ば。
    (先週末12日東京市場終値112.16円)
    
    ユーロ/円が127円半ば。
    (先週末12日東京市場終値126.62円)
    
    先週末12日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって大幅反発。
    とくに目立ったのが金融株の大幅高。
    キッカケとなったのはJPモルガンチェース会長の
    ジェイムス・ダイモン氏の自社株買い。
    同社株ふくめ、その他金融株も買われた。
    また、ドイツ銀行が自社の社債を買い戻すと発表。
    銀行の業績に対する警戒感が後退して欧州株が反発したこと、
    NY原油先物が急反発したことも米株上昇の後押しとなった。
    NYダウ終値は+313.66の15973.84、
    NASDAQは+70.67の4337.51、
    S&P500は+35.70の1864.78。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-02-12【引け後発表の好決算、材料株を紹介】

    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    五洋建<1893>、林兼<2286>、
    アウトソシン<2427>、マツキヨHD<3088>、
    サンワカンパ<3187>、サンセイラン<3277>、
    オープンH<3288>、ムゲンE<3299>、
    帝繊維 <3302>、ファインデ<3649>、
    イグニス<3689>、オークファン<3674>、
    オプティム<3694>、Mラインズ<3901>、
    関電化<4047>、ソースネクス<4344>、
    ミズホメディ<4595>、東理HD<5856>、
    リブセンス<6054>、エナリス<6079>、
    アルバック<6728>、フェローテク<6890>、
    メニコン<7780>、ダンロップス<7825>、
    第一生命<8750>、三井不<8801>、
    カドカワ<9468>など。
    
    決算銘柄からピックアップ
    ファインデ<3649> 終値735円
    (前日比-38円-4.92%)
    5年12月期の経常利益(非連結)は前の期比33.4%減の
    6.7億円に落ち込んだが、続く16年12月期は前期比
    78.8%増の12億円に急拡大。
    2期ぶりに過去最高益を更新する見通し。
    株価は長らく700-800円で低迷。
    本日の決算を受けトレンド転換となるか注目。
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-12【本日動いた注目株を紹介】

    
    本日のストップ高銘柄は気配、一時含め5銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    一時S ETFS金<1672>、S 雑貨屋BL<3331>、
    一時S ジオネクスト<3777>、S マイネット<3928>、
    S リバーエレク<6666>。
    
    ストップ安銘柄は気配一時含め43銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    S オープンドア<3926>、S 田中化研<4080>、
    S 日シス技術<4323>、一時S トリケミカル<4369>、
    一時S エンジャパン<4849>、一時S 高見沢<5283>、
    一時S エイチワン<5989>、一時S MRT<6034>、
    S 日本スキー<6040>、S DMG森精機<6141>、
    一時S ソディック<6143>、一時S 太陽工機<6164>、
    S オカアイヨン<6294>、S ワイエイシイ<6298>、
    S ぷらっと<6836>、一時S シスメックス<6869>、
    一時S カルソカンセ<7248>、一時S PALTEK<7587>、
    一時S VTHD<7593>、一時S 岡本硝子<7746>、
    S 3DM<7777>、S クレステック<7812>、
    一時S 青山財産<8929>、一時S 社宅サービス<8945>、
    S エヌジョイ<9421>、一時S オオバ<9765>。
    
    ピックアップ。
    S マイネット<3928> 終値1960円(S高)
    10日引け後に決算を発表。
    売上高が前期比3.0倍の29.64億円、
    営業利益は1.45億円(前期は0.02億円)。
    昨年12月の上場時に発表した予想を
    やや上回る結果となり好感された。
    移動平均線チャートでは、直近もみあって
    いた25日線(1597円)から上放れ。
    5日線(1671円)も上向き状態にあり良好。
    週明けも堅調な展開が予想される。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    東証1部上昇率上位のすかいらーく<3197>、
    ライオン<4912>。ラウンドワン<4680>。
    新興市場からはそーせいグループ<4565>など。
    
    ピックアップ。
    ラウンドワン<4680> 終値587円
    (前日比+30円+5.39%)
    10日引け後に決算を発表。
    10-12月期(3Q)経常が黒字浮上となり好感。
    株価は25、200日移動平均線(565円)を回復。
    上昇トレンドへの転換が期待される。
    目先の上値抵抗は週足一目均衡表の雲
    (600-653円)。雲抜けとなればトレンド転換か。
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-12【東京市場概況と来週の見通し】

    日経平均は3日連続で大幅安となり760円安 節目15000円割れ
    
    本日、日経平均は節目15000円を割れて取引を終えた。
    (約1年4ヶ月ぶりの15000円割れ)
    祝日中にドル/円が急速に円高に振れたことを朝方から嫌気。
    前場終わり時点ですでに15000円を割れていた。
    後場のスタートは黒田日銀総裁らが安倍晋三首相と官邸で会談
    と伝わり、期待感から日経平均は一時15200円まで値を戻した。
    しかし、リバウンド力は弱く戻りは限定的。
    結局、節目15000円は維持できず大引けとなった。
    
    日経平均終値は-760.78円の14952.61円。
    
    東証1部の出来高は47億416万株、
    売買代金は4兆1833億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり53銘柄、値下がり1877銘柄、
    変わらず7銘柄。
    
    業種別では全33業種が下落。
    値下がりトップは海運、その他金融、証券・商品など。
    
    
    来週の見通し
    
    今週の日本株はとにかく下げた。
    今週に限らず、昨年末から日経平均は4000円以上の下落、
    本日は節目15000円を下回った。
    また、日経平均ボラティリティ指数は一時50ポイント台
    まで上昇。2011年3月の東日本大震災以来の高水準となり、
    相場の先行きになお警戒感が強まっている。
    なぜ、ここまで下げるのか?
    悪材料をあげれば欧州市場の銀行株安、原油相場の下落、
    急速な円高など理由はいくらでも見つかる。
    加えて、来週は休場していた中国上海株式市場が再開。
    すでに休場明けとなっている香港株は調整を余儀なくされいる。
    当然、上海株も下落せざるえないだろう。
    そうしたことから来週も引き続き弱い相場展開が予想される。
    ただ、まったく下げ止まりが見えないわけではない。
    本日、三菱UFJ<8306>がプラスに転じる場面があるなど
    底堅さを示す動きも出てきている。
    口先介入等を含め、日銀や財務相の動きが増えるとも
    予想される。
    要人発言等をキッカケに反発する可能性もあるだろう。
    ただ、それらを期待するよりも投資戦略としては、企業決算がピ
    ークを通過するなか、単純に業績に安心感があり、外部環境の影
    響を受けにくい中小型株が狙っていくの正しい方法だろう。
    
    来週の日経平均予想レンジは14000-16500円
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-12【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅続落838円安 急速な円高を嫌気
    
    日経平均は大幅に3日続落で前場を引けた。
    祝日中の外部環境を嫌気、特にドル/円が急速に円高に
    振れたことを嫌気し、朝方から売り先行でスタートした。
    売り先行後、いったんは下げ渋る動きも見られたが、
    前場引けかけては再び軟化、下げ幅を広げる展開となった。
    
    日経平均前場終値は-838.74円の14874.65円。
    
    東証1部の出来高は22億4330万株、
    売買代金は1兆9207億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり45銘柄、値下がり1880銘柄、
    変わらず11銘柄。
    
    業種別では全33業種が下落。
    値下がりトップはその他金融、証券・商品、海運。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は前場いったん節目15000円割れで下げ渋ったが、
    再び15000円を割り込み下げ幅を広げる展開に。
    現状は異常、パニック状態といったところ。
    自律反発が意識されやすいところではあるが、
    週末要因、原油相場に来週の春節明けの中国市場への警戒
    感が上回り買いが入らない。
    後場もその展開は続きそうだ。
    ただ、そんななかでも下げ止まりの可能性も見せつつある。
    三菱UFJ<8306>が前場に一時プラス圏に浮上するなど、
    下げ渋りを見せてきている点は好感される。
    銀行株が下げ止まりをみせてくるようだと、
    他の銘柄にも次第に押し目拾いの動きが広まる可能性はある。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-12【東京市場見通し】

    下値模索の展開継続 急速な円高への警戒感が強い
    
    日本が休日中の海外市場が波乱の展開。
    欧米株が軟調。特に銀行株の下落が目立った。
    また、為替市場も大荒れ、ドル/円は一時110円台を
    付けるなど急速に円高に振れた。
    加えて、原油安も続きNY原油先物は12年ぶりの安値
    を付ける動きもあった。
    そうしたことから、祝日明けの日本株に対しても
    強い売りが出る見通し。
    CME225先物が15195円(大証日中終値比-475円)、
    日経平均はこの水準を意識して大幅安でのスタートが
    予想される。(日経平均前日終値15713.39円)
    売り先行後も下値を探る可能性は高い。
    週末であることから買いが入りにくいことがあるなか、
    来週、春節休場明けとなる中国市場への警戒感も高ま
    りやすいところだ。
    あえて、好材料と言うとすれば、一時110円台まで円高
    に振れたドル/円が現在は112円台まで戻している。
    また、日経平均は直近2日間で1290円の急落。
    ドル/円が大きく円安に振れれば、戻りを試す動きは
    想定されるだろう。
    
    本日の日経平均予想レンジは14800-15600円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り2810万株 買い1700万株
    差し引き1110万株の売り越し
    
    
    為替市場
    
    ドル/円が112円台半ば。
    (11日東京市場終値112.44円)
    
    ユーロ/円が127円前半。
    (11日東京市場終値126.93円)
    
    11日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって下落。
    アジア、欧州と世界的な株安の流れ、
    NY原油先物も6日続落、12年ぶりの安値をつける動きと
    なったことなどから売り優勢。
    NYダウは一時400ドルを超える下げを見せる場面もあった。
    その後、OPEC(石油輸出国機構)が非加盟国と減産の協議の
    用意があると伝えられたことで下げ幅を縮小する展開となった。
    NYダウ終値は-254.56の15660.18、
    NASDAQは-16.76の4266.84、
    S&P500は-22.78の1829.08。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-02-10【引け後に発表の好決算、材料株を紹介】

    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    熊谷組<1861>、すかいらーく<3197>、
    ブロドリーフ<3673>、フォーシーズ<3726>、
    OSJBHD<5912>、平田機工<6258>、
    コロムビア<6791>など。
    
    決算銘柄からピックアップ
    フォーシーズ<3726> 終値308円
    (前日比-14円-4.35%)
    10-12月期(1Q)経常黒字浮上。
    前年同期は1200万円の赤字から16年9月期第1四半期
    (10-12月)の連結経常損益は1億2800万円の黒字。
    移動平均線チャートでは25日線(311円)どころでの推移。
    好決算をキッカケに同線からの上放れ。本格上昇入りか。
    
    平田機工<6258> 終値2053円
    (前日比+70円+3.53%)
    16年3月期連結経常利益、
    従来予想22億円→27億円上方修正(22.7%)。
    増益率12.1%増→37.6%増に拡大見通し。
    また、業績上振れに伴い配当増額。
    (期末一括配当15円→30円)
    直近の株価は25日移動平均線(1800円)との乖離を
    埋める動きにあった。そして本日安値が1901円。
    ある程度乖離を埋めていた。
    そのタイミングでの好決算の好材料。
    1/28昨年来高値2425円を目指す展開に期待。
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-10【東京市場概況】

    日経平均は大幅続落372円安 一時は16500円を割れる場面も
    
    寄り付きこそ買いが先行し、日経平均はプラスでスタート。
    しかし、まもなく下げに転換、。
    節目16000円を大きく割れ前場を引けた。
    後場はやや下げ渋って始まったものの続かず再び軟化。
    一時は655円安となり16500円を割った。
    大引けにかけては下げ幅を縮小し15700円台で本日の取引を
    終えた。
    日経平均終値は-372.05円の15713.39円。
    
    東証1部の出来高は38億4903万株、
    売買代金は3兆5368億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり131銘柄1、値下がり1780銘柄、
    変わらず26銘柄。
    業種別では全33業種が下落。
    値下がりトップは銀行、その他金融、電気・ガスなど。
    
    日本株は売りが加速。日経平均は1/21安値16017.26円を割り込
    み、改めて下値模索の展開を強めた。
    一般的に70%を下回ると売られ過ぎとされる騰落レシオが59.5%
    まで低下。その他の指標も売られ過ぎを示すものが多く、自律
    反発はいつ起きてもおかしくない状況にはあるが。。。
    まず、今晩のイエレンFRB議長の議会証言をキッカケに米株が反
    発、同時に円高一服となるかを注視。
    ただ、注意すべきは目先、自律反発の流れとなっても、金融株に
    明確な底入れが確認できなければ、不安定な相場は続く。
    日本もそうだがドイツ銀行など欧州金融株の落ち着きも見極めた
    いところ。
    目先の投資戦略としては全体相場につられ値を下げている好業
    績銘柄、あるいは日本政府が何らかの手を打つと見越して、政策
    関連銘柄などへ段階的に買いを入れていく。
    その他は材料株などの短期値幅取りといったところ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-10【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅続落385円安 節目16000円割れ 円高が重し
    
    寄り付きは小幅に反発してスタートした日経平均。
    ドル/円が115円台を回復していたことなどが好感された。
    しかし、まもなく下げに転換。
    ドル/円が114円台前半まで円高に振れたことなどが重しとなり、
    節目16000円を大きく下回り15700円割れで前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-385.59円の15699.85円。
    
    東証1部の出来高は17億4712万株、
    売買代金は1兆5769億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり192銘柄、値下がり1700銘柄、
    変わらず43銘柄。
    
    業種別では全33業種が下落。
    値下がりトップは情報・通信、その他金融、非鉄金属など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均はある程度の支えとなると思われた節目16000円を
    あっさり割れると予想以上の下落。
    割安感はあるが世界経済の減速懸念などを背景に押し目買い
    の動きが乏しい。
    1/21安値16017.26円を割ったことで、新たに下値を探る展開、
    底を確認しづらくなったことも下落の要因だろう。
    後場も引き続き、買いが入りづらい展開が予想される。
    ただ、米エレンFRB議長の議会証言を控えており、
    米利上げペースが鈍るとの思惑等などから、
    売り圧力もいっそう強まるとは考えにくいところ。
    後場、全体相場としては方向感が出づらく様子ムード。
    引き続き、個別に材料のある銘柄などに物色は限られそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-10【東京市場見通し】

    明日の祝日、今晩イエレンFRB議長の議会控え様子見姿勢の強い展開
    
    昨日の欧米株は下落。欧州では銀行株がさえず軟調だった
    ことが重し、米株は原油価格の下落を受けてエネルギー株
    の下落が重しとなったが、一時プラス圏に浮上するなど売
    り買いが交錯するなかでの小幅安となった。
    為替ドル/円は115円台回復も上値の重い展開。
    CME225先物は16115円(大証日中終値比+55円)。
    一時は16000円を割れる場面もあった。
    日経平均はこの水準を意識した寄り付きが予想される。
    (前日終値16085.44円)
    外部環境に改善が見られなかったことから、
    昨日の大幅安からの強い反発は期待しにくい。
    加えて明日が祝日、今晩の米イエレンFRB議長の議会証言を
    控えていることから様子見姿勢となりやすい。
    ただ、様子見姿勢の強い一日が予想されるなか、
    日本株をさらに売り込む材料があるわけではない。
    日経平均は節目16000円がある程度の下支えとなるだろう。
    また、取引期間中に為替が円安に振れるなどすれば、
    戻しを試す展開が予想される。
    
    本日の日経平均予想レンジは15950-16300円
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り2130万株 買い1560万株
    差し引き570万株の売り越し
    
    
    為替市場
    
    ドル/円が115円台前半。
    (9日東京市場終値115.39円)
    
    ユーロ/円が130円どころ。
    (9日東京市場終値128.96円)
    
    9日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって続落。
    欧州株が全面安となっていたこと、
    また、NY原油先物が続落となり軟調だったことから、
    売り先行でスタート。
    (NY原油先物前日比1.75ドル安の27.94ドル)
    NYダウは一時145ドル安まで値を落としていた。
    その後、売り買いが交錯、プラスに転じる場面もあったが、
    終わりは小幅にマイナスとなった。
    NYダウ終値は-12.67の16014.38、
    NASDAQは-14.99の4268.76、
    S&P500は-1.23の1852.21。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-02-09【引け後発表の好決算、材料株を紹介】

    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    奥村組<1833>、浅沼組<1852>、
    森永<2201>、バイタルKS<3151>
    DNC<4246>、ロート <4527>、
    日医工<4541>、住友大阪 <5232>、
    三井海洋<6269>、TOWA<6315>、
    ダイキン<6367>、平和<6412>、
    共立メンテ<9616>、TKC<9746>など。
    
    決算銘柄からピックアップ
    バイタルKS <3151> 終値927円
    (前日比-17円-1.80%)
    業績修正を発表。
    今期経常34%上方修正、2期ぶりに最高益を更新する見通し。
    株価は移動平均線チャートで75日線(932円)どころで推移。
    上方修正を受け、同線を突破する見込み。
    12/2昨年来高値1013円を目指す展開が期待される。
    
    
    その他の材料株
    自社株買いを発表したファナック<6954>などの
    動向が注目される。
    
    ピックアップ。
    トランスG <2342> 終値518円
    (前日比-45円-7.99%)
    熊本大学と共同開発、ヒト臓器を保有する
    「ヒト化マウス」の国内特許を取得。
    目先、材料をキッカケに移動平均線チャートで
    上値抵抗と意識される200日線、75日線、
    25日線などを上抜け(600~700円)。
    上昇トレンド転換かとなるか注目。
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-09【本日動いた注目株を紹介】

    
    本日のストップ高銘柄は気配、一時含め5銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    一時S アスカネット<2428>、S 雑貨屋BL<3331>、
    一時S メドレックス<4586>、S GMO-AP<4784>、
    S ぷらっと<6836>。
    
    ストップ安銘柄は気配一時含め8銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    S 神戸物産<3038>、S KLab<3656>、S 昭和パックス<3954>、
    S 東和薬品<4553>、S RSC<4664>、S 朝日ラバー<5162>、
    S ユニプレス<5949>、S ノーリツ鋼機。
    
    ピックアップ。
    GMO-AP<4784> 終値499円(S高)
    昨日8日に発表された決算を好感。
    本日の上昇により移動平均線チャートで、
    75日線(444円)、200日線(464)円を回復。
    また、日足一目均衡表の雲(450円どころ)
    を上抜けとなり強い。
    ただ、移動平均線との乖離を考えると警戒水準。
    調整時にこれらが支えとなるようなら
    買いを入れたいところだ。
    
    その他、本日動いた注目株
    東証1部上昇率上位の関電工<1942>、
    クックパッド<2193>、日本管理C<3276>、
    スノーピ-ク<7816>、岩谷産業<8088>、
    東急建設<1720>、大林道路<1896>など。
    新興市場からはタツモ<6266>、
    AMBIT<3300>、トミタ電機<6898>、
    ジェネパ<3195>、エスケーエレク<6677>、
    ラクス<3923>など。
    
    ピックアップ。
    大林道路<1896> 終値825円
    (前日比+43円+5.50%)
    昨日8日の決算が好感され上昇。
    移動平均線チャートで75日線(821円)を超えてきた。
    ただ、日足一目均衡表では雲(835-860円)に上値を
    おさえられたかっこうとなった。
    目先、この水準を超えれるかが焦点。
    
    ラクス<3923> 終値1725円
    (前日比+77円+4.67%)
    本日9日11:30に決算を発表。
    通期業績と配当予想を上方修正。
    決算内容が好感され後場から上昇。
    25日移動平均線(1495円)から上放れ。
    堅調な展開が期待される。
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-09【東京市場概況】

    日経平均は大幅反落918円安 円高進行で後場一段安
    
    朝方から欧米株の下落、為替の円高進行を嫌気し売り先行。
    日経平均は前場終わり時点で830円超えの下落となっていた。
    後場に入り、ドル/円が114円全はへ円高が進むと日経平均は
    一段安、下落幅は一時978円となった。
    その後も安値圏での推移が続き、1/21安値水準(16017.26円)で、
    本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は-918.86円の16085.44円。
    
    東証1部の出来高は31億7335万株。
    売買代金は3兆556億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり27銘柄、値下がり1904銘柄、
    変わらず6銘柄。
    
    業種別では全33業種が下落。
    値下がりトップは証券・商品、銀行、海運など。
    
    日経平均は今年一番の下落幅を記録し1/21安値水準
    (16017.26円)まで値を落とした。
    今日は辛うじて割ることはなかったが安値更新となれば、
    16000円割れから、もう一段の下げが意識されるところ。
    大幅安の次の日。明日の動きは要注目。
    本日の下落幅が900円超えとあり、強い戻しがあっていいところ。
    にも関わらず、反発が弱く節目16500円、5日移動平均線などで
    上値を抑えらえるようなら目先は厳しい。
    それも、今晩の外部環境次第。原油や欧米株が反発、円高が
    一服となれば、強い戻しが期待される。
    
    全体相場は荒い動きとなると、悲観的になってしまう投資家が
    多いがプラスの面もある。
    全体相場のつられて好業績、材料株などが下落している今、
    それら優良株を安く買うチャンス。
    また、短期での値幅どり狙いも見誤らなければチャンスは多い
    はずだ。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-09【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅反落836円安 全面安の展開
    
    朝方から売り先行で始まった日本株。
    世界経済の先行き懸念などから欧米株が軟調、
    為替ドル/円が115台と円高に進行したことなどが嫌気された。
    日経平均は337円安で寄り付くと、
    その後も、一時ドル/円が114円台へ円高に振れたことなどから、
    下げ幅を800円超えまで拡大、押し目買い意欲も弱く、安値圏で
    前場を終えた。
    
    日経平均前場終値は-836.09円の16168.21円。
    
    東証1部の出来高は14億3528万株。
    売買代金は1兆3260億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり38銘柄、値下がり1878銘柄、
    変わらず16銘柄。
    
    業種別では全業種が下落。
    値下がりトップは証券・商品、銀行、その他金融など。
    
    
    後場の見通し
    
    前場、外部環境を懸念した動きはもちろんだが、
    今週末にオプションSQ(特別清算指数)算出を控え、
    先物、オプションを絡めた仕掛け的な売りも目立った。
    そんななか、下げ過ぎの見かたもあるが押し目買いは乏しい。
    後場も引き続き、国内には買われる要因が見当たらない状況。
    しかし、直近は値動きが激しいなか後場に戻す日もあった。
    ただ、それも為替ドル/円の動き次第だろう。
    一つ、今すべきは冷静な判断。
    好業績銘柄等は冷静に押し目を探りたいところにはある。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-09【東京市場見通し】

    為替が急速に円高に進み売り先行 日経平均は大幅安でのスタート
    
    欧米株が世界的な景気悪化懸念の強まりから軟調。
    NYダウは一時400ドルを超える下落となる場面もあった。
    (終値は-177.92の16027.05)
    欧米株の下落に加えて、世界的景気悪化懸念の強まりから
    円が買われる展開に、円高が急速に進みドル/円は115円台
    半ばとなった。(前日は117円台)
    これらを嫌気し日本株は大幅に売られる展開。
    CME225先物が16460円(大証日中終値比-540円)、
    日経平均は昨日回復した節目17000円を再び大きく割れ、
    16500円を意識した寄り付きとなりそうだ。
    底打ち感が期待されていたところでの大幅安スタートとあって
    失望感は強い。売り先行後も買いは手控えられるだろう。
    週末にオプションSQが控えるなか、先物主導で下げ幅を拡大
    することも懸念される。
    本日、もっとも注目されるのは為替動向。
    一段と円高が進むようであれば、
    1/21安値16017円を意識する展開にもなりうる。
    
    本日の日経平均予想レンジは16150-16800円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り1950万株 買い800万株
    差し引き1150万株の売り越し
    
    
    為替市場
    
    ドル/円が115円台半ば。
    (9日東京市場終値117.31円)
    
    ユーロ/円が129円台前半。
    (9日東京市場終値130.65円)
    
    9日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって大幅続落。
    欧州株が世界的な景気悪化懸念を背景に大幅下落。
    特に目立ったのがドイツ銀行、約10%安となるなど
    金融株が大幅安となった。
    それを受け米株も売りが先行。
    NY原油先物が再び30ドルを割り込んだことも
    売りを強める要因となった。
    NYダウは一時400ドルを超える下落となる場面も。
    ただ、その後下落幅を縮小している。
    NYダウ終値は-177.92の16027.05、
    NASDAQは-79.39の4283.75、
    S&P500は-26.61の1853.44。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-02-08【引け後発表の好決算、材料株を紹介】

    本日、引け後に発表された好決算、
    材料株から注目銘柄を紹介!!
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    第一カッタ<1716>、東急建設<1720>
    大林道<1896>、Jオイル<2613>、
    ケンコーマヨ<2915>、ヨシックス<3221>、
    日本管理C<3276>、東計電算<4746>、
    GMO-AP<4784>、EMシステム<4820>、
    ジオスター<5282>、Nフィールド<6077>
    タツモ <6266>、スズデン <7480>、
    スノーピーク<7816>、ソノコム<7902>、
    沖縄セルラー<9436>など。
    
    決算銘柄からピックアップ
    ヨシックス<3221> 終値1744円
    (前日比-7円-0.40%)
    4-12月期(3Q累計)経常が42%増益で着地、
    10-12月期も48%増益と好決算。
    株価は直近、移動平均線チャートで75日線(1709円)、
    25日線(1640円)どころでのみあいとなっていた。
    決算受け、同線等からの上放れに期待。
    
    
    その他の材料株からピックアップ
    駅探 <3646> 終値834円
    (前日比+34円+4.25%)
    JTBパブリッシングと訪日外国人向けに旅行の日程などを
    提案する新サービスの企画、開発を行うことで基本合意。
    株価は75日移動平均線(875円)超えとなれば本格上昇か。
    
    HUG <3676> 終値2096円
    (前日比-30円-1.41%)
    防衛庁外局の防衛装備庁から「サイバー攻撃対処技術等
    に関する動向調査」を受注した。
    株価は現在、週足一目均衡表の雲(2089円)を下値サポート
    に底堅く推移。
    25日移動平均線(2344円)回復となれば、上昇トレンドに乗る。
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-08【本日動いた注目株を紹介】

    
    本日のストップ高銘柄は気配、一時含め12銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    SインベスC<1435>、ケETFSエナ<1685>、
    Sクックパッド<2193>、一時S日本サード<2488>、
    Sアイセイ薬局<3170>、Sレカム<3323>、
    S雑貨屋BL<3331>、一時SプロパティA<3464>、
    SみんなのW<3685>、SMRT<6034>、
    Sメドピア<6095>、Sぷらっと<6836>。
    
    ストップ安銘柄は気配一時含め5銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    一時Sジェイテック<2479>、一時Sアイビーシー<3920>、
    Sビーマップ<4316>、Sヤマウ<5284>、一時S電子材料<6855>。
    
    ピックアップ。
    SインベスC<1435> 終値6890円(S高)
    先週末5日に発表された上方修正、記念配当実施を
    好感しS高。
    移動平均線チャートでは、先週末5日に25日線で
    下げ止まり本日は5日線回復となった。
    高値8360円を目指す展開に期待。
    
    Sレカム<3323> 終値79円(S高)
    先週末5日、決算とともに発表されたAI insideとの
    業務提携。これが好感されS高の上昇。
    移動平均線チャートでは、長らく上値抵抗として意識
    された200日線(58円)を大幅に回復。
    S高をキッカケにトレンド転換か。押し目は拾いたいところ。
    
    ジェイテック<2479> 終値330円(一時S安)
    (前日比+407円+15.2%)
    先週2日に多言語対応注文支援システム「グルくる」の
    注文管理装置および注文管理方法で特許を取得したと
    発表し3日連続のストップ高。
    本日はその反動から一時S安の反落となったが、
    引き続き動向を注視し押し目買い狙い。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    東証1部上昇率上位のさくらインターネット<3778>、
    六甲バダ<2266>、昨年来高値更新の1757<クレアHD>、
    1835<東鉄向>、2317<システナ>。
    その他Jティッシュ<7774>など。
    
    ピックアップ。
    Jティッシュ <7774> 終値:1465円
    (前日比+175円+13.6%)
    みずほ証券の投資評価引き上げなどが好感され急反発。
    移動平均線チャートでは、直近200日線(1218円)を回復。
    5日、25日、75日線と上向きにあり強いトレンドを示し
    ている。
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-08【東京市場概況】

    日経平均は5日ぶりに大幅反発 円安好感 節目17000円を回復
    
    朝方は先週末の米株安が嫌気され、売りが先行。
    日経平均は一時267円安まで下げ幅を広げた。
    しかし、その後は116円台で推移していたドル/円が円安に
    振れ117円台に回復。
    それを好感し下げ渋ると後場に急浮上、プラスに転換すると、
    上げ幅を拡大し節目17000円台を回復、17100円に迫る場面も
    見られた。
    その後やや伸び悩んだが17000円を維持し大引けとなった。
    
    日経平均終値は+184.71円の17004.30円。
    
    東証1部の出来高は27億3803万株、
    売買代金は2兆5991億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1464銘柄、値下がり407銘柄、
    変わらず65銘柄。
    
    業種別では値上がりが24業種、値下がりが9業種。
    値上がりトップはバルブ・紙、建設業、情報・通信など。
    値下がりトップはガラス・土石、非鉄金属、証券・商品など。
    
    日経平均は5日ぶりに大幅反発。
    16500円どころで下げ渋り、節目17000円を回復。
    上昇トレンド転換とは言えないが下値への抵抗感は
    出てきたと見られる。
    本日、日本株の上昇要因となったのはドル/円の円高一服。
    先週121円台から一気に116円台まで荒い動きだったことから、
    今日はそれに対しての見直しの動き。
    明日も以降もその流れが続けば、日経平均も25日移動平均線
    (17296円)辺りまでの戻しがとりあえず想定される。
    また、今週は週末にオプションSQ(特別清算指数)算出を
    控える。
    荒い値動きとなる可能性があるなか、16500-17000円付近を
    維持となれば、オプションSQをキッカケに相場の雰囲気が
    変わる可能性がある。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-08【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅に5日続落 売り先行後は下げ渋る動き
    
    先週末の米株安などを嫌気し日本株は売りが先行。
    日経平均は寄り付き後200円を超える下落となる場面があった。
    しかし、ドル/円が117円台前半まで円安に方向に振れたことで、
    株価も下げ渋り、急速に戻され、一時はプラス圏に浮上した。
    その後、再びマイナス圏に沈み、小安い水準で推移。
    
    日経平均前場終値は-29.01円の16790.58円。
    
    東証1部の出来高は13億6049万株、
    売買代金は1兆1889億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1092銘柄、値下がり728銘柄、
    変わらず113銘柄。
    
    業種別では値上がりが18業種、値下がりが15業種。
    値上がりトップは海運、バルブ・紙、不動産など。
    値下がりトップはガラス・土石、非鉄金属、石油・石炭など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均が円安を好感する形で売り先行後に下げ渋り、
    やや下値に対する抵抗感が出てきてたがメガバンク3行が
    引き続き弱含み、先週末に決算が発表され、売りが先行
    したトヨタの戻りが鈍いなど、手掛けづらさは残る。
    とはいえ、日経平均に下値への抵抗感が出てきたとのは、
    好印象だ。目先、自律反発が意識されやすい。
    好業績銘柄などへは買いを入れてよい時にある。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-08【東京市場見通し】

    雇用統計を受け米株は大幅安 日本株も売り優勢の展開
    
    先週末の米株が雇用統計を受け3月利上げ対する警戒感が台頭。
    NYダウが211ドル安となるなど主要3指数そろって大幅に下落。
    また、ドル/円は先週末と変わらず116円台での推移。
    米株が大幅安となるなか、ドル/円は大きな動きなし。
    日本株は米株安を悪材料に売り先行でスタートとなりそうだ。
    CME225先物は16560円(大証日中終値比-160円)、
    日経平均は節目16500円どころでの寄り付きが予想される。
    売り先行後は中国市場が春節で休場であることなどから、
    材料に乏しい。
    また、16500円どころで寄り付きとなれば節目であることから、
    ある程度の底堅さもでるだろう。
    
    本日の日経平均予想レンジは16450-16700円
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り2270万株 買い1260株
    差し引き1010万株の売り越し
    
    
    為替市場
    
    ドル/円が116円台後半。
    (先週末5日東京市場終値116.81円)
    
    ユーロ/円が130円台前半。
    (先週末5日東京市場終値130.78円)
    
    先週末5日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって下落。
    発表された雇用統計は節調整済みで
    前月比15万1000人増と市場予想の19万人増を
    下回った。
    ただ、失業率は4.9と前月の5.0%から改善。
    (2008年以来で初めて5%を割り込み)
    平均時給も前月比+0.5%と予想+0.3%を上回る結果。
    この結果から、3月利上げに対する警戒感が台頭、
    NYダウは一時280ドル安となるなど軟調な展開となった。
    NYダウ終値は-211.75の16204.83、
    NASDAQは-146.42の4350.38、
    S&P500は-35.43の1880.02。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-02-05【引け後発表の好決算、材料株を紹介】

    本日、引け後に発表された好決算、
    材料株から注目銘柄を紹介!!
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    インベスC<1435>、ヒビノ<2469>、
    アルフレッサ<2784>、三洋貿易<3176>、
    豆蔵HD<3756>、日本一ソフ <3851>、
    ステラケミ<4109>、TAC<4319>、
    フューチャー<4722>、アサカ理研 <5724>、
    アトラ<6029>、ディスコ<6146>、
    新東工<6339>、santec<6777>、
    山一電機<6941>、シークス<7613>、
    アニコムHD<8715>、NTT<9432>など。
    
    決算銘柄からピックアップ
    インベスC<1435> 終値5890円
    (前日比-400円-6.36%)
    業績、配当修正を発表。
    前期経常32%上方修正し最高益予想を上乗せ。
    また、業績好調に伴い配当も大幅増額修正。
    期末一括配当を従来計画の15円から20円。
    株価は2/3に高値8360円付けてからは調整、
    25日移動平均線(5370円)との乖離を埋める
    展開から反発基調にあった。
    そのタイミングでの業績、配当修正とあり。
    週明けは買われる展開が予想される。
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-05【本日動いた注目株を紹介】

    
    本日のストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    S守谷商会<1798>、一時Sスリープロ<2375>、
    Sジェイテック<2479>、一時S雑貨屋BL<3331>、
    一時SアートSHD<3663>、SMRT<6034>、
    Sぷらっと<6836>、一時Sヤマハ<7951>。
    
    ストップ安銘柄は気配一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    Sサイバーコム<3852>
    
    ストップ高、ストップ安からピックアップヤマハ<7951> 終値3080円(一時S高)
    (前日比+407円+15.2%)
    昨日の決算、自社株買いを材料に
    本日一時S高の大幅高。
    今後、堅調な展開が予想され
    目先の押し目は狙いたいところ。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    昨年高値を更新したスリープロ<2375>、
    テルモ<4543>、ニコン<7731>、
    7906<ヨネックス>など。
    上昇率の高かったのグリー<3632>、
    古河電気工業 <5801>、ゼリア新薬工業<4559>、
    TBSHD<9401>、森永乳業<2264>、
    スクエニHD<9684>、システナ<2317>、
    エフピコ <7947>、日清オイリオグループ<2602>
    
    ピックアップ。
    古河電気工業 <5801> 終値267円
    (前日比+25円+10.33%)
    昨日の決算が好感され大幅続伸となった。
    200円前半から半ばで底を打ち、
    25日移動平均線(252円)超え、
    日足一目均衡表の雲抜けなど上昇トレンド転換か。
    押し目を入れる場面では買いを入れたい銘柄。
    
    TBSHD<9401> 終値1955円
    (前日比+165円+9.22%)
    昨日発表した6年3月期通期上方修正を好感。
    日足一目均衡表雲抜け。
    目先、本日の上昇の勢いが続き12/18昨年来
    高値(1990円)超えとなるか注目される。
    
    エフピコ <7947> 終値:4835円
    (前日比+320円前日比+7.1%)
    昨日にザラ場に発表した決算を引き続き好感。
    75日移動平均線(4547円)超え、
    日足一目均衡表の雲抜けと上昇トレンド転換か。
    押し目を入れる場面では買いを入れたい銘柄。
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-05【東京市場概況】

    日経平均は円高を嫌気4日続落225円安 
    一時は下落幅は400円に
    
    昨晩、ドル/円が116円台と円高に進行したことが
    嫌気され序盤から売りが先行。
    日経平均は寄り付きから節目17000円を大きく割れてスタート。
    その後も下げ幅を拡大し後場には一時、400円超えの下落。
    大引けにかけて下げ幅を縮小する展開となった。
    
    日経平均終値は-225.40円の16819.59円。
    
    東証1部の出来高は33億8965万株、
    売買代金は2兆8946億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり359銘柄、値下がり1515銘柄、
    変わらず62銘柄。
    
    業種別では値上がりが9業種、値下がりが24業種。
    値上がりトップは石油・石炭、卸売業、非鉄金属など。
    値下がりトップは不動産、その他金融、銀行など。
    
    
    来週の見通し
    
    今週を振り返ると週前半は原油相場に振らされたが、
    半ば以降はドル/円の円高に市場の関心は向かった。
    来週もその流れが続く見通しのなか、
    今晩の米雇用統計が重要になる。
    直近、米国では予想を下回る経済指標の発表が相次ぎ、
    3月の利上げ観測が後退、ドル売りを強める要因なっている。
    今晩の米雇用統計が弱い結果となれば、
    3月利上げは厳しいとの見方からドル売りがさらに強まりやすい。
    そうなると来週の日本株は引き続き下値を探る展開。
    日経平均は1/21日安値10617円割り込まずに切り返せるかどうか。
    切り返し2番底をつければ、25日移動平均線(17377円)までの
    戻しはあるだろう。
    
    来週の日経平均予想レンジは16000-17400円。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-05【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は4日続落 一時は16700円割れ
    
    朝方からドル/円が円高に振れていることが
    嫌気され売りが先行。
    日経平均は寄り付きから254円安となり節目
    17000円を大幅に下回るスタートとなった。
    その後、一時300円超えの下落となり、
    1/29直近安値16767.09円を下回り16700円割れ。
    売り一巡後はやや下げ渋ったが戻りは限定的だった。
    
    日経平均前場終値は-253.43円の16791.56円。
    
    東証1部の出来高は15億7187万株、
    売買代金は1兆2752億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり304銘柄、値下がり1544銘柄、
    変わらず86銘柄。
    
    業種別では値上がりが7業種、値下がりが26業種。
    値上がりトップは石油・石炭、鉱業、精密機器など。
    値下がりトップは不動産、その他金融、証券・商品など。
    
    
    後場の見通し
    
    前場、売り一巡後はやや下げ渋る動きは見られたが、
    米雇用統計を控える週末とあり戻りは鈍い。
    後場も同様に積極的な買いは入りづらい。
    また、為替ドル円の動向次第では売り圧力が強まる。
    そうなると日経平均は再び16700円を割ってくる可
    能性がある。
    底入れ感はまだ出ておらず、2番底を探る展開。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-05【東京市場見通し】

    米株堅調も円高が重し 日経平均は売り優勢 17000円割れスタート
    
    昨日の米株市場は主要3指数そろって上昇し堅調だった。
    しかし、ドル/円が引き続き円高に振れ116円台。
    輸出関連株を中心に日本株は売りが先行する見通し。
    CME225先物は16815円(大証日中終値比-255円)、
    日経平均は節目17000円割れでの寄り付きとなりそうだ。
    売り先行後もドル/円の動向をにらんでの展開。
    日中に円高一服感が出れば買戻しが入りやすく、
    直近の下落幅を考えれば強い戻しが期待される。
    とはいえ、今日は注目指標米雇用統計を控えての週末。
    積極的な買いも入りにくく様子見姿勢となる確率が高い。
    買い戻される展開になっても日経平均は寄り付きで割る
    であろう節目17000円が上値抵抗として意識されそうだ。
    
    本日の日経平均予想レンジは16700-17000円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り2250万株 買い2050株
    差し引き200万株の売り越し
    
    
    為替市場
    
    ドル/円が116円台後半。
    (4日東京市場終値117.82円)
    
    ユーロ/円が130円台後半。
    (4日東京市場終値130.86円)
    
    4日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって上昇。
    発表された経済指標「新規失業保険申請件数」が
    28万5000件と市場予想27万7000件よりも悪いなど、
    その他の経済指標も低調だった。
    その結果、3月に予想される利上げに関して先送り
    との見方が広がり、引けにけて買い優勢の展開と
    なった。
    NYダウ終値は+79.92の16416.58、
    NASDAQは+5.32の4509.56、
    S&P500は+2.92の1915.45。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-02-04【2/4引け後発表の決算、材料株をピックアップ】

    
    本日、引け後に発表された好決算、
    材料株から注目銘柄をピックアップ!!
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    銭高組<1811>、システナ<2317>、
    イグニス <3689>、GMO-PG <3769>、
    DAC <4281>、テルモ <4543>
    ゼリア新薬 <4559>、動物高度医療<6039>、
    GMOメディ<6180>、エアーテック<6291>、
    ヤマハ<7951>、日テレHD<9404>、
    テレ東HD<9413>、サンフロ不<8934>など。
    
    決算銘柄からピックアップ
    GMOメディ<6180> 終値2890円
    (前日比-43円-1.47%)
    今期経常18%増、4期連続最高益更新見通し。
    年間配当も20円増74円に増配する方針とした。
    昨年の上場数日後の高値から株価は低迷してい
    るが好決算をキッカケに上昇トレンド転換となるか。
    
    サンフロ不<8934> 終値1030円
    (前日比+8円+0.78%)
    今期最終36%上方修正し期連続での最高益予想を上乗せ。
    業績好調に伴い配当も7.5円増額。
    好決算を受け、明日以降も堅調な展開が予想される。
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-04【本日動いた注目株をピックアップ】

    
    本日のストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    S高橋ウォール<1994>、Sシステクアイ<2345>、
    Sフュトレック<2468>、Sジェイテック<2479>、
    一時SファンクリG<3266>、
    一時Sアンビション<3300>、S雑貨屋BL<3331>、
    一時Sアドアーズ<4712>、Sぷらっと<6836>。
    
    ストップ安銘柄は気配一時含め2銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    一時Sサイバネット<4312>、Sアンジェス<4563>。
    
    ストップ高、ストップ安からピックアップ。
    アンビション<3300>終値2410円(一時S)
    アドベンチャー<6030>と業務提携に関する基本
    合意に係る覚書を締結したと発表したことが
    材料視された。
    株価は1/8昨年来高値(2349円)を更新。
    目先の押し目を拾いたいところ。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    逆行高となったレンゴー <3941>、
    大陽日酸<4091>、三菱ケミHD<4188>
    ダイセル<4202>、日本電気硝子<5214>
    アマノ<6436>、ミネベア<6479>、
    シャープ<6753>、ニチコン<6996>、
    ミツバ<7280>、ヨネックス<7906>、
    ユニシス<8056>、デサント <8114>、
    ミロク情報サービス<9928>、
    よみうりランド<9671>など。
    
    ピックアップ。
    アマノ<6436> 終値1647円
    (前日比+144円+9.58%)
    前日3日決算を好感し大幅上昇。
    株価は25日移動平均線(1534円)超え、
    日足一目均衡表の雲を突破。
    
    デサント <8114> 終値1868円
    (前日比+91円+5.12%)
    前日3日決算を好感し大幅反発。
    2/1直近高値(1867)円を更新し、
    上昇トレンド継続。
    引き続き、堅調な展開が期待される
    
    
    ※ ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-04【東京市場概況】

    日経平均は3日続落146円安 節目17000円どころで大引け
    
    朝方から円高が嫌気され輸出関連株を中心に売り先行。
    日経平均は前場、節目17000円を割る場面も見られた。
    売り一巡後は下げ渋る動きとなり、後場には一時プラス
    圏まで戻したが続かず17000円手前まで値を下げ3日続落
    で本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は-146.26円の17044.99円。
    
    東証1部の出来高は31億2841万株、
    売買代金は2兆8587億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり322銘柄、値下がり1541銘柄、
    変わらず72銘柄。
    
    業種別では値上がりが8業種、値下がりが25業種。
    値上がりトップは非鉄金属、鉱業、バルブ・紙など。
    値下がりトップは小売り、水産・農林、保険など。
    
    日経平均は節目17000円どころである程度の底堅さを示した。
    しかし、トレンドは下落にあり売り優勢。
    今日は原油相場が落ち着きをみせたもののドル/円の円高を
    材料視、悪材料に反応しやすい状況となっている。
    今晩の海外市場が軟調展開となれば明日も売り先行、
    日経平均は節目17000円割れ、米雇用統計を控えての週末で
    積極的な買いが手控えられると調整色を強める展開となる。
    物色は中小型のテーマ株、材料株に向かいそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-04【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は3日続落 一時は節目17000円割れ
    
    円高が嫌気され朝方から売りが先行。
    日経平均は寄り付き17100円割れでスタートし、
    一時は節目17000円を割れた。
    売り一巡後は中国上海総合指数の反発などがあり
    下げ幅を縮小、前日終値(17191.25円)近くまで
    戻す場面もあった。
    
    日経平均前場終値は-121.29円の17069.96円。
    
    東証1部の出来高は14億3628万株、
    売買代金は1兆3384億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり471銘柄、値下がり1325銘柄、
    変わらず133銘柄。
    
    業種別では値上がりが9業種、値下がりが24業種。
    値上がりトップはバルブ・紙、石油・石炭、鉄鋼など。
    値下がりトップは保険、医薬品、小売り、ゴム製品など。
    
    
    後場の見通し
    
    昨晩、一時117円台まで円高に振れたドル/円が118円台での推移。
    そのことへの安心感などから日経平均は一時17000円割れも、
    節目を維持し前場を引けた。
    とはいえ、トレンドは引き続き売り優勢。
    後場、引き続き17000円どころでは底堅い動きが期待されるが
    再びドル/円が円高に傾けば、弱含む可能性があり積極的な
    買いは限られるだろう。17000-17100円での推移が続きそう。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-04【東京市場見通し】

    急速な円高を嫌気 輸出関連株を中心に売り優勢
    
    昨日の米株はまちまち、原油相場の上昇を好感し
    エネルギー株を中心買われ、NYダウとS&P500は上昇も
    ハイテク株中心のNASDAQは下落。
    米株主要指数がまちまちとなるなか為替ドル/円が
    一時117円台となるなど急速に円高に振れている。
    日本株は円高を嫌気し売りが優勢でのスタートが
    予想される。
    CME225先物が17000円(大証日中終値比-160円)、
    日経平均は節目17000円意識した寄り付き。
    売り一巡後の踏ん張りを見極めたいところ。
    昨晩117円台まで円高となったドル/円は朝方118円台
    に戻し落ち着きは出てきている。
    また、米原油先物 が32ドル台を回復していることも
    市場心理の落ち着きにつながりやすい。
    日経平均は前日の大幅に下げた反動なども意識されれば、
    戻りを試すことも考えられる。
    
    本日の日経平均予想レンジは16800-17200円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り2000万株 買い900株
    差し引き1100万株の売り越し
    
    
    為替市場
    
    ドル/円が118円台前半。
    (3日東京市場終値119.97円)
    
    ユーロ/円が130円台後半。
    (3日東京市場終値130.78円)
    
    3日の米株市場概況
    
    まちまち。NYダウとS&P500は反発もNASDAQは続落。
    NY原油先物価格が反発し、米株も買いが先行。
    しかし、ISM非製造業景況指数がさえず、
    NYダウは一時193ドル安と売られた。
    (米1月ISM非製造業景況指数は53.5(市場予想55.1))
    売りに傾いた米株だったが再び原油価格が上昇した
    ことから引けにかけて上昇。
    NYダウとS&P500はプラスで引け、ハイテク株中心の
    NASDAQは続落となった。
    NYダウ終値は+183.12の16336.66、
    NASDAQは-12.71の4504.24、
    S&P500は+9.50の1912.53。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-02-03【2/3引け後発表の決算、材料株をピックアップ】

    
    本日、引け後に発表された好決算、
    材料株から注目銘柄をピックアップ!!
    
    発表された好決算銘柄
    高橋ウォール <1994>、ぐるなび <2440>
    花王 <4452>、田辺三菱 <4508>、
    日電硝 <5214>、京急 <9006>
    富士急 <9010>、よみランド <9671>、
    ミロク情報 <9928>など。
    
    決算銘柄からピックアップ
    田辺三菱 <4508> 終値2036円
    (前日比-19円-0.92%)
    今期経常12%上方修正し最高益予想を上乗せ。
    株価は直近75日移動平均線(2054円)上値抵抗。
    好決算を受け、同線上抜けから本格上昇か。
    
    材料株からのピックアップ
    Dリンクス <2145> 終値1700円
    (前日比+90円+5.59%)BPOサービスにおける人材派遣事業の一部を
    リクルート子会社リクルートスタッフィングに
    譲渡することで合意。
    業績に与える影響については現在精査中とあるが
    特別利益として事業譲渡益が発生する見込み。
    テクカル的にも直近、移動平均線(5日、25日など)が
    密集する1500円どころから上放れ傾向にある上昇に
    期待がかかる ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-03【本日動いた注目株をピックアップ】

    
    本日のストップ高銘柄は気配、一時含め10銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    SETFSニケ<1694>、Sシステクアイ<2345>、
    Sジェイテック<2479>、S雑貨屋BL<3331>、
    Sブイキューブ<3681>、一時Sニックス<4243>、
    一時Sアンジェス<4563>、一時SRSC<4664>、
    一時Sパワーファス<5950>、一時Sアクモス<6888>。
    
    ストップ安銘柄は気配一時含め1銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    Sイード<6038>
    
    ストップ高、ストップ安からピックアップ。
    システクアイ<2345>終値926円(S高)
    親会社ブイキューブが日本マイクロソフトと
    クラウド分野で協業と発表し買われた。
    株は長らく700円台て低迷、ここまでザラ場では
    一時的に上昇する場面はあったものの、
    終値では700円台に沈んでいた。
    本日は好材料を受けストップ高で大引け。
    本格上昇に期待がかかる。
    目先、押し目を入れるところで買い。
    
    ブイキューブ<3681>終値1049円(S高)
    2/2日本マイクロソフトとクラウド分野で協業と発表。
    日本国内をはじめアジア市場へ、今後の事業展開が
    期待され買われた。
    株価は25日移動平均線(929円)はじめ、75日移動平均線
    (1009円)、200日移動平均線(999円)を回復。
    上値を伸ばす展開が期待される。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    逆行高となったレンゴー<3941>、
    GSユアサ<6674>、ITホールディングス<3626>
    淀川製鋼所<5451>、アイスタイル<3660>、
    フタバ産業<7241>出光興産<5019>、
    大崎電気工業<6644>、NTTデータ<9613>、
    クラリオン<6796>、大正薬HD<4581>、
    日本新薬 <4516>横河電機 <6841>など。
    
    ピックアップ。
    レンゴー<3941> 終値586円
    (前日比+78円+15.4%)
    2/2発表の決算、野村証券がレーティングを
    引き上げたことなどが材料となった。
    株価は10/26昨年来高値(588円)水準まで上昇。
    高値更新に期待はかかるが買われ過ぎの面もある。
    上値追いには慎重姿勢。
    
    アイスタイル<3660> 終値1130円
    (前日比+68円+6.4%)
    昨日、『決算銘柄からピックアップ』紹介した同銘柄。
    逆行高となり堅調に推移。
    引き続き、12/24昨年来高値1240円を目指す展開から
    上値を伸ばすことに期待。
    
    
    ※ ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2016-02-03【東京市場概況】

    日経平均は大幅続落559円安 東証一部銘柄ほぼ全面安
    
    原油安、海外株安、円高などでリスク回避の動きが
    強まり、朝方から売りが先行した日経平均。
    その後も軟調な展開は続き、後場には下落幅を670円
    まで広げる場面が見られた。
    売り一巡後は下げ渋るも戻りは限定的、結局550円を
    超える大場続落で取引を終えた。
    
    日経平均終値は-559.43円の17191.25円。
    
    東証1部の出来高は31億382万株、
    売買代金は3兆1396億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり164銘柄、値下がり1735銘柄、
    変わらず36銘柄。
    
    業種別では値上がりが1業種、値下がりが32業種。
    値上がりは石油・石炭のみ。
    値下がりトップは証券・商品、鉄鋼、機械、
    転送用機器など。
    
    日経平均は日銀のマイナス金利政策導入の上昇分をほぼ帳消し。
    25日移動平均線(17537円)、5日移動平均線(17473円)が本日は
    サポートしてまったく機能せず目先の調整色を強めた。
    下落の一番の要因の原油相場。これが落ち着きをみせてこない
    かぎり、不安定な相場は続く。
    仮に今晩原油相場が反発、欧米株が上昇となれば日本株も明日
    は買い戻される展開となるだろうが、日経平均は25日移動平均
    線、5日移動平均線が今度は上値抵抗。
    新たな売りかたが増えるとも想定される。
    それら売りこなし、各移動平均線超えとなれば強いが難しい
    だろう。目先は2番底を探る展開か。
    そうなった場合、日銀のサプライズのあった1/29安値(16767円)。
    この水準が底となるかが焦点。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-03【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅続伸556円安 原油安を背景とした欧米株安、円高が重し
    
    再び原油安から昨日の欧米株が下落、
    為替ドル/円も円高に振れ日本株は売り先行。
    日経平均は253円安で寄り付くとリスク回避の動きから、
    さらに下げ幅を広げる展開となり一時は670円安17100円を
    割り込んだ。その後、やや戻したが戻りは鈍い。
    
    日経平均前場終値は-556.51円の17194.17円。
    
    東証1部の出来高は15億5871万株、
    売買代金は1兆5135億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり89銘柄、値下がり1828銘柄、
    変わらず16銘柄。
    
    業種別では全33業種が下落。
    値下がりトップは証券・商品、鉄鋼、機会、
    転送用機器など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は日銀のマイナス金利政策導入で上昇した分を
    ほぼ帳消しとなった。
    そして、17000-17200円の水準は出来高が膨れている
    価格帯。ここで下げ止まれるかが目先の焦点となる。
    割り込んでくると16500円どころまで一気に割り込む
    可能性がある。
    今日のところは17000円を維持する見通しではあるが
    目先は原油相場に振らされる展開。
    物色はこれを避けるかっこうで中小型株やテーマ株等
    に向かいそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40  
    
     
    
                     
  • 2016-02-03【東京市場見通し】

    売り先行 原油売り再燃し欧米株安、円高を嫌気
    
    昨日の欧米株は大幅に下落。
    原油先物が節目30ドル割れとなり原油売りが再燃した。
    為替ドル/円も120円を割れと円高に振れている。
    欧米株安や円高の流れから日本株は売りが先行する見通し。
    CME225先物は17470円(大証日中終値比-310円)、
    日経平均はこの水準を意識した寄り付きが予想される。
    先日回復した25日移動平均線(17559円)、節目17500円
    割れとなりそうだ。次に5日移動平均線(17470円)が
    サポートとなるか焦点。
    終値で同線割れとなれば、目先2番底を試しにいく展開
    となりやすい。売り一巡後の底堅さを確認したいところ。
    
    本日の日経平均予想レンジは17350-17600円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り2530万株 買い860株
    差し引き1670万株の売り越し
    
    
    為替市場
    
    ドル/円が119円台後半。
    (2日東京市場終値120.64円)
    
    ユーロ/円が130円台後半。
    (2日東京市場終値131.54円)
    
    2日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって大幅安。
    NY原油先物が再び30ドル割れとなり原油売りが再燃。
    欧州株の下落から米株も売りが先行。
    NYダウは一時340ドルを超える下げとなる場面もあった。
    NYダウ終値は-295.64の116153.54、
    NASDAQは-103.42の4516.95、
    S&P500は-36.35の1903.03。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-02-02【引け後発表の決算、材料株をピックアップ】

    
    本日、引け後に発表された好決算、
    材料株から注目銘柄をピックアップ!!
    
    発表された好決算銘柄
    アイスタイル<3660>、ライト<1926>、
    横河電<6841>、日神不動 <8881>、
    丸和運機関 <9090>、クラリオン<6796>など。
    
    決算銘柄からピックアップ
    アイスタイル<3660> 終値1062円
    (前日比-14円-1.30%)
    今期経常30%上方修正し最高益予想を上乗せ。
    株価は昨日25日移動平均線(950円)を回復。
    本日は上昇一服となったが発表された決算の
    内容は良好。
    12/24昨年来高値1240円を目指す展開から、
    さらに上値を伸ばすことも考えられる。
    
    
    材料株からのピックアップ
    カシオ <6952> 終値2468円
    (前日比+3円+0.12%)
    決算と同時に自社株買いを実施すると発表。
    買い付け期間は2/3から3/25まで。
    発行済み株式数(自社株を除く)の1.91%にあたる
    500万株(金額で125億円)を上限。
    明日以降買われる展開が予想される。 ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-02【本日動いた注目株をピックアップ】

    
    本日のストップ高銘柄は気配、一時含め13銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    SインベスC<1435>、一時S日新製糖<2117>、
    Sフュトレック<2468>、S雑貨屋BL<3331>、
    一時Sオークファン<3674>、一時Sドリコム<3793>、
    Sアークン<3927>、Sニックス<4243>、
    Sアンジェス<4563>、一時Sシンバイオ<4582>、
    Sカイオム<4583>、Sアキュセラ<4589>、
    Sイーレックス<9517>。
    
    ストップ安銘柄は気配一時含め0銘柄。
    
    
    ストップ高、ストップ安からの注目株をピックアップ。
    日新製糖<2117> 終値4860円(一時S高)
    後場、1時頃に決算とともに、
    2/29基準日に1対3株の株式分割実施と発表。
    それにより、一時ストップ高まで上昇した。
    その後は上げ幅を縮小となったが、
    明日以降も動向が注目される。
    上げ幅縮小のなか日足一目均衡表の雲上限
    (4870円)どころでは底堅さを示した。
    
    イーレックス<9517> 終値1774円(S高)
    昨日発表の決算が好感されストップ高。
    1/6昨年来高値(2345円)を付けてから調整。
    直近は75日移動平均線(1553円)水準での
    もみあいとなっていた。
    本日の上昇で25日移動平均線(1694円)を回復。
    本日の勢いのまま昨年来高値を目指す可能性あり。
    
    
    その他の注目株をピックアップ。
    日本光電 <6849> 終値2946円
    (前日比+133 円 +4.7%)
    昨日発表の決算を好感し3日続伸。
    売上高が前年同期比3.1%増も、
    営業利益は前年同期比13.1%減だった。
    ただ、減益は織り込み済みと反応。
    テクニカル的には直近の続伸で、
    25日移動平均線(2664円)や
    日足一目均衡表の雲から上放れ。
    上昇に期待がかかるところ。
    
    
    ※ ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-02【東京市場概況】

    日経平均は3日ぶり反落114円安 円高や原油安が重し
    
    朝方から売り先行でスタートした日経平均。
    前場終盤には下げ渋る動きが見られ、
    前日終値付近まで戻したが後場から再び売り優勢に。
    原油先物の下げや為替ドル/円が円高の動きとなり、
    重しとなった。
    
    日経平均終値は-114.55円の17750.68円。
    
    東証1部の出来高は27億7148万株。
    売買代金は2兆9464億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり606銘柄、値下がり1246銘柄、
    変わらず83銘柄。
    
    業種別では値上がりが9業種、値下がりが24業種。
    値上がりトップは医薬品、電気・ガス、陸運など。
    値下がりトップは鉄鋼、鉱業、非鉄金属など。
    
    日経平均は節目18000円を手前に上値の重さが意識
    されやすいなか、ドル/円の円安一服などが重しと
    なった。
    また、再び原油相場の動きも警戒されている。
    原油相場が荒い値動きとなれば、欧州、米と再び荒い
    展開、そうなると日本株も影響を受けることになる。
    ただ、原油先物は直近は続伸となっていただけに、
    当然の上昇一服だろう。
    日経平均も下落となったものの25日移動平均線
    (17600円)がサポートとして機能。
    売買代金も3兆円近くと比較的高水準であり、
    売りをこなす展開となっていると判断される。
    明日以降も引き続き商いが活況にあれば、
    戻り基調は続く見通し、目先は18000円を目指す
    展開と予想する。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-02【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は前日終値とほぼ変わらず 
    一時180円安も下げ渋り
    
    日経平均は寄り付き売りが先行、150円近くの下落でスタートし、
    一時は180円安まで下げ幅を拡げた。
    直近2日間で800円超えの急ピッチでの上昇となるなか、
    円安一服感が出たことで利益確定売りなどが優勢となった。
    しかし、日銀のマイナス金利導入効果、
    世界的な金融緩和政策への期待を支えに下げ渋り、
    中国上海総合指数の強含みなどもあり、
    引けにかけては下げ幅を縮小した。
    
    日経平均前場終値は-0.53円の17864.70円。
    
    東証1部の出来高は13億1395万株。
    売買代金は1兆3428億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり850銘柄、値下がり968銘柄、
    変わらず116銘柄。
    
    業種別では値上がりが11業種、値下がりが22業種。
    値上がりトップは医薬品、水産・農林、精密機器など。
    値下がりトップは鉄鋼、鉱業、非鉄金属、不動産など。
    
    
    後場の見通し
    
    前場、利益確定売りに押される場面もあったが、
    利益確定売りをこなす展開。
    銀行株に下げ止まりの動きが出てきたことも、
    安心材料といえる。
    日経平均は25日移動平均線(17605円)が、
    下値サポートとしてしっかりと機能した形。
    後場、為替や中国株が落ち着いた動きとなれば、
    プラスに転換、節目18000円を試しにいく可能性もある。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40  
                    
  • 2016-02-02【東京市場見通し】

    円安一服受け売り先行でスタート その後は底堅い展開
    
    昨日の欧州株は主要指数が反落。
    米株市場がまちまちで前日終値とほぼ同水準で引けた。
    そんななか、為替ドル/円にやや円安一服感が出ている。
    円安一服受けて日本株は売り先行でのスタート。
    CME225先物が17740円(大証日中終値比-130円)。
    日経平均はこの水準を意識しての寄り付きとなりそうだ。
    直近2日間で急ピッチに800円超す上昇となっていた日経
    平均は上昇一服、節目18000円が上値抵抗となる形となり、
    戻り待ちの売りや短期的な利益確定売りが出やすい。
    とはいえ、金融緩和の効果は今後も緩やかに持続、
    戻り基調であることには変わりない。
    売り先行後は底堅い展開となり、25日移動平均線
    (17642円)などがサポートとして意識されそうだ。
    
    本日の日経平均予想レンジは17600-18000円
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り850万株 買い1810株
    差し引き960万株の買い越し
    
    
    為替市場
    
    ドル/円が120円台後半。
    (1日東京市場終値121.21円)
    
    ユーロ/円が131円台後半。
    (1日東京市場終値131.47円)
    
    1日の米株市場概況
    
    まちまち。NYダウ、S&P500は反落もNASDAQは続伸。
    東京市場では特別に材料視されなかったが、
    1日発表された中国1月製造業PMIが市場予想を下
    回る結果だったことや原油価格が下落したことな
    どが悪材料となり、重しとなった。
    NYダウは一時167ドル安まで売られる場面が見られた。
    しかし、引けにかけては買い戻され下げ幅を縮小し、
    この日の取引を終えた。
    NYダウ終値は-17.2の16449.18、
    NASDAQは+6.41の4620.37、
    S&P500は-0.86の1939.38。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-02-01【引け後発表の決算、材料株をピックアップ】

    
    決算銘柄からピックアップ
    
    寿スピリッツ<2222> 終値5670円
    (前日比+200円+3.66%)
    4-12月期(3Q累計)経常54%増益で着地、10-12月期も32%増益。
    1/21直近安値4240円を付けてからは上昇傾向にあり25日移動
    平均線(4857円)回復から上値を伸ばす展開。
    本日発表の決算は良好なものとなり、さらに上値を伸ばす展
    開に期待がかかる。
    ただ、直近の上昇から一端材料出尽くしで反応、目先押し目を
    入れる可能性ありその時が買い場となる見通し。
    
    
    材料株からのピックアップ
    
    小林製薬<4967> 終値10590円
    (前日比+420+4.13%)
    グンゼ<3002>より食品素材「紅麹」に
    関する研究・販売事業を譲り受けると発表。
    8/11昨年来高値10770円超えから、上値を
    伸ばす展開が見込まれる。
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-02-01【本日動いた注目株をピックアップ】

    
    本日のストップ高銘柄は気配、一時含め22銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時SインベスC<1435>、ケETFSガソ<1691>、
    Sアイレップ<2132>、一時Sプロパスト<3236>、
    SファンクリG<3266>、Sビーロット<3452>、
    SプロパティA<3464>、一時Sフィスコ<3807>、
    Sサイバーコム<3852>、一時Sインフォテリ<3853>、
    Sアンジェス<4563>、Sイマジニア<4644>、
    S日ダイナミク<4783>、Sイトヨーギョ<5287>、
    一時S邦チタ<5727>、Sアップバンク<6177>、
    S一蔵<6186>、Sアイオデータ<6916>、
    一時Sソフィア<6942>、一時S武蔵精密<7220>、
    一時Sプロネクサス<7893>、
    一時Sラオックス<8202>。
    
    ストップ安銘柄は気配一時含め4銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時SNSSOL<2327>、一時Sスターティア<3393>
    一時S田淵電 <6624>、一時Sトプコン<7732>。
    
    
    ストップ高、ストップ安からの注目株をピックアップ。
    インベスC<1435> 終値6740円(一時S高)
    1/7昨年来高値6310円を更新し強い。
    ストップ高となった後は利益確定売りに押され、
    上げ幅を縮小したが押し目は拾いたいところ。
    
    アイレップ<2132> 終値472円(S高)
    1/29に発表された決算が好感されたかっこう。
    1/15昨年来高値439円を更新。
    現水準より上値は各移動平均線(5日や25日)
    との乖離を考えると警戒水準。
    乖離を埋めにくる場面が目先想定される。
    その時は買い場となる見通し。
    
    フィスコ<3807> 終値420円(一時S)
    一時ストップ高となる強い動きで、
    上昇傾向にある25日移動平均線(392円)を回復。
    目先も上値の伸ばす展開が期待される。
    1/14昨年来高値632円を目指す展開となりそうだ。
    
    プロネクサス<7893> 終値,113円(一時S) 
    先週末1/29に自社株買いを実施すると発表した
    ことなど買い材料となった。
    ストップ高後、高値警戒感からやや上げ幅を縮小
    する展開となったが、引き続き堅調な展開が見込
    まれる。押し目では買いを入れたいところ。
    
    
    その他の話題株をピックアップ。
    日本M&Aセンター<2127> 終値6270円
    (前日比+610 円 +10.8%)
    1/29に発表された決算が好感されたかっこう。
    前日比10%を超える上昇となり、
    1/4昨年来高値(5890円)を更新。
    上値抵抗無く、青天井の状態。
    堅調な展開が見込まれる。
    
    明電舎<6508> 終値522円
    (前日比+60 円+13.0%)
    1/29発表された決算を好感。
    12/7昨年来高値(502円)を更新。
    今後も上値の伸ばす展開が期待される。
    押す場面では買いを入れたいところ。
    
    東祥 <8920> 終値3865円
    (前日比+370 円 +10.6%)
    5日続伸し8/14昨年来高値(3650円)を更新。
    1/29に発表された決算を好感。
    今日まで5日続伸していることもあり、
    一端短期的な調整を挟む見通し。
    その時が買い場となりそうだ。
    
    NTTドコモ <9437> 終値2885円
    (前日比+358 円 +14.2%)
    1/29発表の好決算、自社株買いを好感。
    本日まで4日続伸し8/11昨年来高値(2873.5円)を更新。
    続伸から本日の大幅高。
    目先、移動平均線(5日、25日)との乖離などが
    意識され一端調整を挟む見通し。
    上値追いには慎重姿勢も押し目は狙いたいところ。
    
    
    ※ ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
  • 2016-02-01【東京市場概況】

    日経平均は大幅続伸346円高 一時17900円台、終値17800円台回復
    
    朝方から買いが先行し堅調な展開。
    先週末の日銀マイナス金利導入を好感した買いが
    欧米株高の流れから継続された。
    加えて、為替ドル/円も121円台で落ち着いた動きと
    なったことも買い材料視されたもよう。
    日経平均は一時387円高となり17900円台を回復。
    終値では17800円台を回復するなど、約1ヶ月ぶりの
    高値水準となった。
    
    日経平均終値は+346.93円の17865.23円。
    
    東証1部の出来高は35億248万株、
    売買代金は3兆8519億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1617銘柄、値下がり286銘柄、
    変わらず31銘柄。
    
    業種別では値上がりが30業種、値下がりが3業種。
    値上がりトップはその他金融、鉄鋼、情報・通信など。
    値下がりは銀行、空運、海運。
    
    日銀のマイナス金利導入効果で買い意欲が強い。
    東証1部の売買代金は3兆8519億円と4億円に迫る活況となった。
    日経平均は大幅続伸し5日移動平均線(17259円)に続き、
    25日移動平均線(17642円)を回復、テクニカル好転してきており、
    次は節目18000円が意識されるところ。
    明日にもその18000円を回復する可能性はある。
    そのカギを握るのが今晩発表の米1月ISM製造業景況感指数。
    今週末5日発表の米雇用統計と合わせて今週の注目指標。
    米ISM製造業景況感指数は12月まで2カ月連続で景気判断の
    分かれ目50を下回ってきた。
    3カ月連続で50割れとなると景気の減速感がより表面化。
    米株反落で明日をむかえることになるだろう。
    そうなると日本株は直近2日間で急ピッチで上昇してきた
    だけに反動が警戒される。
    ただ、逆に逆に予想以上での着地50以上回復となり、
    米株高、円安で明日をむかえれれば、日本株は一段高。
    節目18000円を回復し買いを強める展開が見込まれる。
    加えて、マイナス金利が逆風となる銀行株の下落が落ち
    着けば、なお良い。
    
    
  • 2016-02-01【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅続伸315円高 欧米株高、円安を好感
    
    寄り付きから買いが先行。
    先週末の日銀サプライズから堅調な流れが欧米株高と続き
    好感された。
    また、為替ドル/円が121円台と円安に進んでいることも、
    買い材料となっている。
    日経平均は181円高で寄り付くと上げ幅を拡大、
    一端伸び悩む場面も見られたが前場引けにかけて堅調に
    推移、高値引けとなった。
    
    日経平均前場終値は+315.23円の17833.53円。
    
    東証1部の出来高は18億3128万株、
    売買代金は1兆9416億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1601銘柄、値下がり287銘柄、
    変わらず45銘柄。
    
    業種別では値上がりが30業種、値下がりが3業種。
    値上がりトップはその他金融、情報・通信、不動産など。
    値下がりが銀行、空運、保険。
    
    
    後場の見通し
    
    日銀のマイナス金利導入により、投資家心理が改善。
    海外市場でも好感され、堅調な展開となったことも
    大きい。
    売買代金も前場終わり時点で2兆円近くと高水準。
    先行期待の大きさが感じられる。
    懸念された中国経済指標、結果を受けて上海総合指
    数はさえいない展開となっているが日本株は影響を
    受けていない。
    後場も引き続き、日経平均は堅調な見通し。
    節目18000円を試す可能性もあるだろう。
    
    
  • 2016-02-01【東京市場見通し】

    買い先行 日経平均は節目18000円を試す展開か
    
    先週末29日の欧米株は大幅高。
    日銀サプライズ(マイナス金利導入)を好感した
    日本、その他アジア株高の流れを引き継いだ。
    そして、本日の日本株(週明け、2月相場入り)。
    引き続き、欧米株高を好感し買いが先行する見通し。
    為替ドル/円も121円台と円安に振れていることも
    買い材料。
    CME225先物が17850円(先週末大証日中終値比+210円)、
    日経平均はこの水準を意識した寄り付きとなりそうだ。
    25日移動平均線が17683円。同線を上回っての寄り付き。
    その後、節目18000円を目指す展開が期待される。
    ただ、本日は中国1月製造業PMIが発表される。
    先月(1/4)の発表時には市場予想を下回ったことで
    上海総合指数が急落し株価の下落要因となった。
    直近の日本株は中国株との連動性が薄れてきてはいるが、
    警戒は必要だろう。
    同指数の結果良好な結果となれば日経平均は18000円を
    試す展開。
    予想を下回るなど悪材料となれば、寄り付きで回復する
    であろう25日移動平均線が下値サポートして機能するか
    注目したい。
    
    本日の日経平均予想レンジは17500-18000円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り1500万株 買い1860株
    差し引き360万株の買い越し
    
    
    為替市場
    
    ドル/円が121円台前半。
    (先週末29日東京市場終値120.62円)
    
    ユーロ/円が131円台前半。
    (先週末29日東京市場終値131.46円)
    
    先週末29日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって続伸。
    日銀のサプライズ、マイナス金利導入を好感し、
    日本株を中心としたアジア株高に欧州株も続き、
    米株もその流れから買いが先行した。
    加えて、原油価格が堅調に推移したことも買い
    材料となった。
    NYダウ終値は+396.66の16466.30、
    NASDAQは+107.28の4613.95、
    S&P500は+46.88の1940.24。
    
お気軽にお問い合わせください
  • お申込み
  • お問い合わせ
電話番号