• 2016-03-31【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    暁飯島工業<1997> 業績修正発表。
    今期経常一転4%増益に上方修正。
    
    パレモ <2778> 決算発表。
    今期最終黒字に転換。
    
    スター・マイカ<3230> 決算発表。
    12-2月期(1Q)経常33%増益で着地。
    
    関西ペイント<4613> 業績修正発表。
    今期最終16%上方修正。最高益予想を上乗せ。
    
    テイツー<7610> 業績修正発表。
    非開示だった前期経常黒字浮上、未定だった配当を0.5円実施。
    
    ピックアップ
    暁飯島工業<1997> 終値1690円
    (前日比-35円-2.03%)
    16年8月期の経常利益(非連結)を従来予想の5.6億円から7億円。
    25.0%上方修正。一転して3.7%増益見通しとなった。
    また、9-2月期(上期)の経常利益も従来予想の2.6億円から3.6
    億円に38.5%上方修正。一転して12.5%増益見通し。
    株価は移動平均線チャートで75日線(1725円)、
    日足一目均衡表の雲上限(1738円)どころで直近はもみあい。
    発表が株価上昇につながり同線などを超えれば上昇トレンド
    転換と意識されるところ。
    
    
    その他の材料株を紹介
    
    アイロムグループ<2372>
    100%子会社のIDファーマが米ステモニクス社と
    iPS細胞作製技術実施許諾契約を締結と発表。
    
    ツルハホールディングス<3391>
    3月度の月次営業速報発表。
    既存店売上高は前年同月比7.2%増。10ヶ月月連続増。
    
    ワコム<6727>
    米マイクロソフト社から[Microsoft Pen]プロトコルの
    ライセンス供与を受けることを発表。
    
    自社株買い実施発表。
    ミクロン<6159>。
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-31【本日動いた注目株を紹介】

    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め18銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S アイレップ<2132>、一時S シーズメン<3083>、
    S 夢展望<3185>、一時S プロパスト<3236>、
    S アンビション<3300>、S フジタコーポ<3370>、
    S エイティング<3785>、S Aiming<3911>、
    S アカツキ<3932>、一時S メドレックス<4586>、
    S グリンペプ<4594>、S MRT<6034>、
    S EAJ<6063>、S メドピア<6095>、
    一時S エボラブルA<6191>、一時S テセック<6337>、
    一時S テイン<7217>、S アパマンショ<8889>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め無し。
    
    ピックアップ
    Aiming<3911> 終値666円(S高)
    本日、マーベラス<7844>が共同開発したスマートフォン
    向けゲーム「剣と魔法のログレス」を中国本土での配信
    決定と発表。
    発表が好感されS高となった。
    テクニカル面では75日移動平均線(634円)超えと上昇トレ
    ンド転換に期待がかかる。
    日足一目均衡表では雲(520-736円)の中での推移となって
    おり、雲抜けとなればいっそうトレンド転換への期待が
    高まるところ。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    JCRファーマ<4552>が急反騰。
    前日のGSKのセミナーを受けて評価向上。
    
    カルソニックカンセイ<7248>が後場に急伸。
    英国で新たな研究開発拠点を開設すると発表。
    
    ドレッシング買いからメガバンクが軒並み高。
    三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、みずほ<8411>。
    
    原油価格の下げ止まりを好感、
    石油関連株軒並み高。国際石油開発帝石<1605>、
    石油資源開発<1662>、昭和シェル石油<5002>、
    出光興産<5019>。
    
    ピックアップ
    JCRファーマ<4552> 終値2562円
    (前日比+310円+13.8%)
    直近、賑わいを見せるバイオ株。
    なかには一服感が出ている銘柄もあるが当銘柄は本日急騰。
    株価は直近もみあっていた75日移動平均線(2359円)、
    日足一目均衡表雲(雲上限2294円)から上放れ。
    200日移動平均線(2591円)水準まで回復している。
    
    
     ピックアップ銘柄などのより詳しい見通しや詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-31【東京市場概況】

    日経平均は3日続落120円安 後場に下げに転じ安値引け
    
    序盤は欧米株高などを好感し買いが先行した日本株。
    日経平均は一時、節目17000円台を回復していた。
    ただ、前場後半からやや売り優勢に傾き前場終わりは
    小幅高におさまり17000円を割れて終えていた。
    後場も小幅高での推移が続いていたが、明日の日中米
    の経済指標発表を前に見送りムードが強まり売り優勢
    となると下げ幅を拡げる展開、安値引けで本日の取引
    を終えた。
    
    日経平均終値は-120.29円の16758.67円。
    
    東証1部の出来高は22億2549万株、
    売買代金は2兆3073億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり421銘柄、値下がり1449銘柄、
    変わらず76銘柄。
    
    業種別では値上がりが9業種、値下がりが24業種。
    値上がりは銀行、鉱業、電気・ガスがトップ。
    値下がりは小売り、食料品、情報・通信ながトップ。
    
    本日、日経平均は安値引けとなり25日移動平均線(16803円)
    を割れて引けた。
    同線は維持したかったところであり市場心理的にはやや売り
    に傾いた可能性はある。
    ただ、それも明日の日中米のイベント次第。
    より注目されるのは日銀短観となりそうだ。
    前回12月調査では[大企業製造業の先行きDI]が9月に比べ大
    幅に悪化。株価はネガティブに反応する結果となった。
    そのことがあり今回も[大企業製造業の現状DI]、[大企業
    製造業の先行きDI」の結果に注目が集まるだろう。
    結果が予想を上回る結果となればポジティブ材料。
    また、為替想定レートにも注目。
    直近の円高に対し株価の大幅調整を通じて企業業績の下方
    修正をある程度織り込んでいると思われる。
    公表される想定為替レートが実勢レートと比較し乖離が大
    きくなければポジティブに捉えたいところ。
    
    そしてもう一つ意識しておきたいのが大型株は軟調な推移
    が続いているが中小型のテーマ株や材料株への物色は強い。
    明日の重要イベントでネガティブに反応されてもそれらの
    物色は続く見通し。大型株へシフトされず中小型中心のト
    レードが引き続き有効と判断する。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-31【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅に反発11円高 引き続き直近レンジ内での推移
    
    前日の欧米株高を好感し118円高で寄り付いた日経平均。
    一時は154円高まで値を伸ばし節目17000円を回復した。
    その後、17000円手前でのもみあいが続いていたが売り
    に傾き一時はマイナス圏に沈んだ。
    とはいえ、それ以上に売り込まれる材料もなく前場は
    小幅高で引けた。
    
    日経平均前場終値は+11.08円の16890.04円。
    
    東証1部の出来高は9億6684万株、
    売買代金は9321億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり735銘柄、値下がり1064銘柄、
    変わらず146銘柄。
    
    業種別では値上がりが14業種、値下がりが19業種。
    値上がりは鉱業、銀行、ガラス・土石がトップ。
    値下がりは水産・農林、小売、食料品がトップ。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は17000円を挟んでのこう着が続いており、
    直近のレンジ相場内での推移。
    直近に強含んでいた内需株の利益確定売りから前
    場途中からやや売り優勢に傾ている。
    日経平均は25日移動平均線(16809円)が下値サポー
    トと意識されるところ。
    後場は同線を意識して押し目買いなどから底型さ
    を維持できるかが焦点となりそうだ。
    上値は引き続き、明日の日銀短観をはじめ中国製造
    業PMIや米雇用統計などを控えて限定的と見られる。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-31【東京市場見通し】

    買い先行 欧米株株高を好感する流れ 年度末 化粧買い期待もあり
    
    昨日の欧米株が上昇、米株は主要3指数そろって年初来高値
    を更新となった。
    堅調な欧米株の流れ、加えて年度末によるお化粧買いへの
    期待などから日本株は買いが先行する見通し。
    下落率の大きい銀行株などに買いが入るかが注目される。
    銀行株が堅調な展開となれば一日を通して相場全体も堅調な
    展開となりやすいだろう。
    日経平均は再び節目17000円を回復してのスタート。
    ただ、引き続き根強い円高懸念などから上値は限定的か。
    直近のレンジ相場から上抜けとは今日のところは考えづらい。
    75日移動平均線(17238円)が上値抵抗として意識される。
    下値も変わらず25日移動平均線(16808円)がサポート。
    明日に発表の日銀短観をはじめ中国製造業PMIや米雇用統計
    などのイベントを前に方向感に欠ける展開が予想される。
    
    本日の日経平均予想レンジは16850-17100円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り900万株 買い1880万株
    差し引き980万株の買い越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が112円台前半。
    (30日東京市場終値112.10円)
    
    ユーロ/円が127円台前半。
    (30日東京市場終値126.97円)
    
    
    30日の米株市場概況。
    
    続伸。引き続き、イエレンFRB議長の利上げに対しての
    慎重姿勢が好感され上昇した。
    NYダウは4日続伸、また主要3指数はそろって年初来高値
    を更新となった。
    ただ、上値は原油価格の伸び悩みなどからやや重かった。
    NYダウ終値は+83.55の17716.66、
    NASDAQは+22.67の4869.29、
    S&P500は+8.94の2063.95。
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-03-30【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    アイレップ<2132> 業績修正発表。
    今期最終2.3倍上方修正(4.1億円⇒9.5億円)、
    3期ぶり最高益更新見通し。
    
    ラック<3857> 業績、配当修正発表。
    今期経常一転1%増益に上方修正(22.5億円⇒22.9億円)、
    4期連続最高益更新見通し。配当も2円増額(16⇒18円)。
    
    ホッカンHD<5902> 業績修正発表。
    今期経常23%上方修正(43億円⇒53億円)。
    
    RISE<8836> 業績修正発表。
    今期経常2.8倍上方修正(4100万円⇒1億1500万円)。
    
    ピックアップ
    RISE<8836> 終値46円
    (前日比±0円±0.00%)
    直近の株価は25日移動平均線(44円)をサポートに底堅く推移。
    今回の上昇修正を好感し同線からの上放れが期待される。
    
    
    その他の材料株を紹介
    
    日本海洋掘削<1606>
    ベトナムのPVD社に掘削業務サービスを提供。
    
    コムチュア<3844>
    ジェイモードエンタープライズを子会社化、
    加えてビッグデータ関連の新会社の設立発表。
    
    セキチュー<9976> 
    配当修正を発表。前期配当5円増額(10⇒15円)。
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-30【本日動いた注目株を紹介】

    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め14銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ケアネット<2150>、Sフジタコーポ <3370>、
    S ネットイヤー<3622>、S メディア工房<3815>、
    一時S シリコンスタ<3907>、S はてな<3930>、
    一時S アカツキ<3932>、S トリケミカル<4369>、
    S メドピア<6095>、一時S アクアライン<6173>、
    S カネミツ<7208>、一時S 日本プラスト<7291>、
    S ノーリツ鋼機<7744>、一時S サコス<9641>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S タカタ<7312>、S 王将フード9936。
    
    ピックアップ
    ケアネット<2150> 終値737円(S高)
    前日まで25日移動平均線(608円)どころで底堅い推移が続き、
    底を打った感はあった。
    そんななか、日足一目均衡表の雲にさしかかったタイミングで
    急騰し一気に雲抜け(623.5-692.5円)。
    明日からは上値抵抗として控える200日移動平均線(802円)突破。
    上昇トレンドを強めれるかが焦点となりそうだ。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    アキュセラ<4589> 3日大幅続伸。
    前日発表の子会社のアキュセラ・ジャパンを
    持ち株会社化し9月中旬にも東証マザーズに
    上場との発表を引き続き好感。
    
    ヘリオス<4593> 続伸。
    引き続きペプチドリーム<4587>などを
    中心い強い動きとなたバイオ関連株。
    当銘柄もその勢いに乗ったかっこう。
    
    サカタインクス<4633> 3日続伸。
    国内証券が相次いで強気の投資判断。
    
    トランスコスモス<9715> 5日続伸。
    発表された韓国で営業拠点増設を材料視。
    
    ピックアップ
    トランスコスモス<9715> 終値2945円
    (前日比+54円+1.87%)
    5日続伸。
    株価は上昇トレンドに乗っており、
    目先は200日移動平均線(2970円)突破となるかが焦点。
    突破すればさらにトレンドを強めるかっこう。
    また、同線を上値抵抗に一端調整となれば押し目を
    拾いたいところでもある。
    
    
     ピックアップ銘柄などのより詳しい見通しや詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-30【東京市場概況】

    日経平均は大幅続落224円 節目17000円割れ 円高が重しに
    
    朝方から円高を嫌気し売りが先行した日本株。
    昨晩、イエレン米FRB議長が米利上げに慎重な姿勢を改め
    て表明したことでドル/円は円高に進行した。
    売り一巡後は下げ渋る動きが見られ前場終値時点で日経平均
    は節目17000円は維持していた。
    しかし、昼休憩中に先物がやや弱含んだことを受けて後場よ
    りは売り先行でスタート。
    その後も先物主導で売られる展開は続き、週末の日銀短観や
    米月雇用統計を前に買いは見送り状態。
    日経平均は節目17000円、16900円を割れ本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は-224.57円の16878.96円。
    
    東証1部の出来高は19億1183万株、
    売買代金は2兆4億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり466銘柄、値下がり1419銘柄、
    変わらず59銘柄。
    
    業種別では全33業種が下落。
    値下がりトップは海運、銀行、非鉄金属。
    
    今日はドル/円が円高に振れたことが嫌気されたかっこうと
    なったが、日経平均をテクニカル面でみると大きなトレン
    ドは出ていない。
    上値は下降している75日移動平均線(17271.12円)に抑えら
    れ、下値は上向きにある25日移動平均線(16770.16円)がサ
    ポート。直近のレンジ内での展開が続いている。
    どちらに振れてもよい状況にあり何が材料となるかが焦点。
    週末の日銀短観や米月雇用統計などをキッカケに方向感が
    出る可能性は高い。
    それまでは引き続き、外部環境の影響を受けにくい中小型
    の材料株やテーマ株が買われやすい展開。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-30【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続落56円安 円高が重し 節目17000円どこおでは底堅い
    
    昨日の米株は早期の米利上げ観測が後退し上昇、
    ドル/円が円高に方向に振れた。
    日本株は米株高よりも円高に振れたドル/円を材料視、
    売り先行でのスタートとなった。
    日経平均は一時、節目17000円を割れる場面も見られた。
    しかし、売り一巡後は景気対策への期待感を下支えに
    下げ渋る動き、17000円を維持し前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-56.52円の17047.01円。
    
    東証1部の出来高は8億5711万株、
    売買代金は8787億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり759銘柄、値下がり1055銘柄、
    変わらず125銘柄。
    
    業種別では値上がりが10業種、値下がりが23業種。
    値上がりはその他金融、小売り、空運がトップ。
    値下がりは海運、鉱業、非鉄金属がトップ。
    
    
    後場の見通し
    
    円高が意識され企業業績に対する不安から外需がさえない。
    一方でその他金融、小売りなど内需株が堅調。
    日経平均の底型さにつながっている。
    前日のイエレン議長の姿勢は場合によっては緩和策の用意
    もあるとし、為替による日本株への影響を考えると心配な
    面が今後もある。
    とはいえ、安倍首相が16年度予算の前倒し執行を指示する
    など政策期待も強い。
    売り込む場面でもなければ買い上がる場面でもないといっ
    たところか。
    また、週末には日銀短観や米雇用統計を控えており、
    引き続きもみあいそうな雰囲気だ。
    後場も方向感の出るような大きな動きとはならないだろう。
    引き続き売買の中心はテーマ株や材料株で中小型。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-30【東京市場見通し】

    円高が重しも米株高が下支え 底堅い展開が見込まれる
    
    昨日、注目された[イエレン米連邦準備理事会(FRB)
    議長の講演では早期利上げに慎重な姿勢を強く表明した。
    米株市場はこれを好感し上昇。
    ただ、ドル/円が112円台後半と円高に振れている。
    日本株は米株高を好感するも円高が重しとなる見通し。
    CME225先物が17020円(大証日中終値比-80円)。
    日経平均は寄り付きは売り優勢となりそうだ。
    主力大型株が円高が重しとなるなか中小型の材料株に
    関心が向かいやすい。
    テーマ株物色や政策期待につながる小型株への売買が
    続くと思われる。 
    
    本日の日経平均予想レンジは16900-17200円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り1720万株 買い1290万株
    差し引き430万株の売り越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が112円台後半。
    (29日東京市場終値113.58円)
    
    ユーロ/円が127円台前半。
    (29日東京市場終値126.98円)
    
    
    29日の米株市場は休場
    
    主要3指数そろって上昇。
    NYダウが3日続伸、S&P500が続伸、NASDAQが反発。
    注目されたイエレンFRB議長は講演では、
    米経済は底堅いとの見方を示した一方で
    世界経済の鈍化リスクへの影響懸念も示した。
    追加利上げに対する慎重姿勢を強調。
    その姿勢が好感され米株は堅調な展開となった。
    NYダウ終値は+97.72の17633.11、
    NASDAQは+79.84の4846.62、
    S&P500は+17.96の2055.01。
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-03-29【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    MV東北<2655> 業績修正発表。
    前期経常31%上方修正。
    
    MV九州<3171> 業績修正発表。
    前期経常33%上方修正。
    
    アクアライン<6173> 業績修正発表。
    前期経常を20%上方修正し最高益予想を上乗せ。
    
    BS11<9414> 業績修正発表。
    上期経常を一転8%増益に上方修正。
    
    
    その他の材料株を紹介
    
    自社株買い発表。
    ササクラ<6303>、
    ヤーマン<6630>、
    マニー<7730>。
    
    メディア工房<3815>
    台湾の占いポータルサイト[click108]にて
    有料占いコンテンツ配信開始と発表。
    
    第一生命保険<8750>と
    かんぽ生命保険<7181>が業務提携。
    
    ピックアップ
    メディア工房<3815> 終値637円
    (前日比+22円+3.58%)
    台湾の占いポータルサイト[click108]にて
    有料占いコンテンツ配信開始。
    [click108]は台湾で700万人のユーザーを
    抱える占いポータルサイト。
    日本で人気のコンテンツを提供するほか、
    今後は毎月新しいタイトルやメニューも
    順次追加するとのこと。
    株価は現在、日足一目均衡表の雲上限(637円)どころで
    上値の重い展開。200日移動平均線(688円)を上値抵抗
    として控える。これらを上抜けとなればトレンド転換、
    本格上昇へ期待が高まるところ。
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-29【本日動いた注目株を紹介 】

    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め17銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S オーテック<1736>、S 幼児活動研<2152>、
    一時S 博展<2173>、S システクアイ<2345>、
    一時S KTK<3035>、S フジタコーポ<3370>、
    一時S アイリッジ<3917>、S カルナバイオ<4572>、
    一時S 日エンター<4829>、S MRT<6034>、
    S メドピア<6095>、S ニューテック<6734>、
    S サン電子<6736>、S 中央インター<7170>、
    S テイン<7217>、一時S サンオータス<7623>、
    S ノーリツ鋼機<7744>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め無し。
    
    ピックアップ
    システクアイ<2345> 終値1148円(S高)
    前場引け後にマイクロソフトが提供する[Office365]と
    同社の学習管理システム[iStudy Enterprise Server]
    クラウド連携させるサービスを5月から順次開始すると発表。
    この発表が好感されS高で引けた。
    テクニカル面では直近25日移動平均線(1074円)水準での推移
    が続いていたなか上放れ。明日以降も堅調な展開が見込まれる。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ナノキャリア<4571> 
    後場に一段高。新規抗体の抗ヒトTissue Factorモノクローナ
    ル抗体に関して日本の特許庁から特許査定を受けたと発表。
    
    保育関連が強い。
    幼児活動研<2152>がS高。
    その他グローバルグループ<6189>大幅高など。
    塩崎厚生労働大臣が28日待機児童の解消に向けた
    緊急対策を発表し好感。
    
    不動産株が堅調。
    三井不 <8801> 、住友不 <8830> 、菱地所 <8802>など。
    
    小売りが堅調。
    セブン&アイ <3382>、ファーストリテ<9983>など。
    
    ニトリHD<9843>
    前日の決算を好感し6%超えの上昇。
    
    
     ピックアップ銘柄などのより詳しい見通しや詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-29【東京市場概況】

    日経平均は小反落30円安 重要イベント控え上値重いも底堅さあり
    
    朝方は3月期末の配当権利落ち日であったことがあり
    日経平均は安く寄り付いた。
    一時は185円安まで弱含んだが押し目買いなどから下
    げ渋り、プラスに転換する場面も見られ配当落ち分を
    埋める強さを前場に示した。
    後場寄りは売り先行で始まり142円安まで下落。
    しかし、売り一巡後は下げ幅を縮小し改めて底型さを
    示した。
    週末に国内外で重要イベントを控えているだけに上値は
    限られたが、一日を通して底堅い展開となった。
    
    日経平均終値は-30.84円の17103.53円。
    
    東証1部の出来高は17億5085万株。
    売買代金は1兆8382億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり789銘柄、値下がり1061銘柄、
    変わらず85銘柄。
    
    業種別では値上がりが11業種、値下がりが22業種。
    値上がりは不動産、小売り、その他金融がトップ。
    値下がりは鉱業、空運、医薬品、銀行がトップ。
    
    全体的には内需株の堅調さが目立った。
    消費増税先送り観測などを背景に小売業などが強い。
    外需セクターに関しては方向感に欠けもみあい相場。
    週末に国内外でイベントを多々控え、ドル/円の動向が
    気掛かりといったところ。
    今晩予定のイエレン米連邦準備理事会(FRB)の講演
    にも注目が集まる。
    イベントを無難に通過、または一段と円安に振れれば、
    外需セクターへの買いも加わる。
    っとなれば日経平均も直近のもみあい相場から上放れ。
    上値抵抗の75日移動平均線(17305円)超え、
    日足一目均衡表の雲抜け(雲上限17367円)から一段高が
    期待される。
    とりあえず、配当落ち日だった本日、節目17000円を
    維持して引けたことはプラスに捉えてよいだろう。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-29【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落27円安 配当権利落ちなか底堅い動き
    
    日経平均は寄り付き、3月期末の権利落ちの影響から
    反落してのスタート。149円安で節目17000円を割れた。
    ただ、3月期末の権利落ち分が130円弱。
    実質は小動きでのスタートとなっていた。
    その後、185円安まで下げ幅を拡げる場面があったが
    底堅い動き。ドル/円が113円台半ばまで弱含んだことや
    政策期待などから押し目買いが入り下げ渋った。
    配当権利落ちを考慮すると堅調な展開といえる。
    
    日経平均前場終値は-27.83円の17106.54円。
    
    東証1部の出来高は8億8179万株。
    売買代金は8990億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり737銘柄、値下がり1088銘柄、
    変わらず106銘柄。
    
    業種別では値上がりが9業種、値下がりが24業種。
    値上がりは不動産、小売り、食料品がトップ。
    値下がりは鉱業、銀行、空運、証券・商品など。
    
    
    後場の見通し
    
    前場、配当権利落ち(130円弱)を考慮すると実質的に堅調な
    展開。
    週後半にかけて国内外で重要経済指標が目白押しであり
    様子見姿勢も強いが買い意欲は弱くない。
    中小型の材料株や好業績株などへ買いが向かっている。
    後場、全体的には積極的に買い上がるにくいところではある
    が底堅い展開から意外高となる可能性もあるだろう。
    日経平均はこれまで商いが積み上がっている16900-17100円の
    レンジから上放れとなるか注目される。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-29【東京市場見通し】

    配当落ちの影響で売り先行 その後しっかりとした展開か
    
    昨日の欧州の主要指数は休場、米株はまちまちで小動き。
    ドル/円も円安一服となっているが113円台での推移。
    CME225先物は16950円(大証日中終値比-20円)。
    昨日の海外市場に手掛かり材料は乏しい。
    本日の日本株は配当落ちとなる銘柄が多い。
    その影響による売り先行でのスタートが予想される。
    日経平均は節目17000円を意識した寄り付きとなりそうだ。
    その後はしっかりとした展開を見込む。
    昨日の引けにかけての動きなどを考えると新年度に向けて
    株高期待が高まっていると見られる。
    また、平成28年度予算が本日成立。
    政策期待なども高まりやすいだろう。
    とはいえ、週後半にかけて重要日程が目白押し。
    今晩はイエレン米連邦準備理事会(FRB)議長の講演が
    予定されている。様子見姿勢の強い展開となりやすい。
    
    本日の日経平均予想レンジは16900-17200円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り910万株 買い690万株
    差し引き220万株の売り越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が113円台前半。
    (28日東京市場終値113.53円)
    
    ユーロ/円が127円どころ。
    (28日東京市場終値126.76円)
    
    
    28日の米株市場は休場
    
    小動き。NYダウは小幅に続伸、S&P500は小幅に反発。
    ハイテク株中心のNASDAQが小幅に反落した。
    欧州の主要市場が休場と材料に乏しく、
    週末に3月雇用統計を控えており総じて小動きな展
    開となった。
    NYダウ終値は+19.66の17535.39、
    NASDAQは-6.72の4766.79、
    S&P500は+1.11の2037.05。
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-03-28【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    オーテック<1736> 業績、配当修正発表。
    今期経常を一転24%増益に上方修正し8期ぶり最高益へ。
    配当も18円増額(38円)。
    
    KTK<3035> 業績修正発表。
    上期経常を一転黒字に上方修正。通期も増額。
    配当も3円増額(4円)。
    
    大光<3160> 決算発表。
    6-2月期(3Q累計)経常2.1倍増益着地。
    直近3ヶ月の実績12-2月期も75%増益。
    
    ジェーソン<3080> 業績、配当修正発表。
    前期経常26%上方修正。配当も1.9円増額(9円)。
    
    ニューテック<6734> 業績、配当修正発表。
    前期最終68%上方修正し14期ぶり最高益へ。配当も8円増額(18円)
    
    トランザク<7818> 業績修正発表。
    上期経常50%上方修正し3期ぶりに最高益更新見通し。
    
    ニトリHD<9843> 決算発表。
    今期経常7%増で30期連続最高益。
    前期配当5円増額、今期も5円増配見通し。
    
    ピックアップ
    大光<3160> 終値848円
    (前日比+20円+2.42%)
    決算発表。
    売上高前年同期比9.0増の398億1900万円、
    営業利益は93.8%増の5億9800万円。
    (通期計画に対する進捗率は73.8%)
    発表された決算は好感される内容。
    直近の株価は5日続伸。
    決算を受け、買いを強める展開か。
    目先、1/8高値989円超え、節目1000円を試す展開に期待。
    
    
    その他の材料株を紹介
    
    配当増額修正発表。
    メディ一光 <3353>。
    
    パレモ<2778>
    3月度の月次営業発表。
    全社合計売上高前年比 91.1%増。
    
    インテージH<4326>とAGS<3648>
    業務提携発表。
    共同出資により合弁会社を設立。
    
    IHI<7013>
    所有する固定資産を譲渡。
    2016年3月期の連結決算及び個別決算において約197億円の
    特別利益「固定資産売却益」を予定。
    
    スズデン<7480>
    長野県の愛知電機を子会社化。
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-28【本日動いた注目株を紹介】

    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め11銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S 夢の街創造<2484>、S フジタコーポ<3370>、
    S 日華化学<4463>、一時S グリンペプ<4594>、
    一時S メディシノバ<4875>、S 昭和化<4990>、
    一時S サンユウ<5697>、S テイン<7217>、
    S ノーリツ鋼機<7744>、S サマンサJP<7829>、
    一時S アイエスビー<9702>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め無し。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    クルーズ <2138> 大幅反発。
    24日配信開始スマートフォン向けアプリが好調。
    
    ペプチドリーム<4587> 急伸、昨年来高値更新。
    
    小野薬品工業<4528> 新高値更新。
    
    アイサンテクノロジー<4667> 後場急騰。
    高精度3次元地図計測UAVを発売。
    
    東光高岳<6617> 4日続伸。
    先週末発表の上方修正を好感。
    
    ピックアップ
    
    クルーズ <2138> 終値2600円
    (前日比+208円+8.7%)
    バンダイHD<7832>の傘下バンダイナムコエンターテインメント
    と共同開発したスマートフォン向けアプリ[デジモンリンクス]
    が24日の配信スタートし好調な滑り出しとなったが事が好感さ
    れ大幅反発。
    株価は75日移動平均線(2522円)、
    日足一目均衡表の雲上限(2655円)どころで推移。
    目先、これらから上放れとなれば強い。
    上昇トレンド転換へと期待がかかる。
    
    アイサンテクノロジー<4667> 終値6880円
    (前日比+280円+4.24%)
    4日続伸。
    後場に高精度3次元地図計測UAV[Winser(ウインザ)]の発売を
    発表。プロドローンおよび岡谷鋼機<7485>の3社協業。
    これを好感した買いが入り急騰。
    テクニカル面では日足一目均衡表の雲抜け(雲上限6535円)。
    引き続き堅調な展開が期待される。
    
    
    
     ピックアップ銘柄などのより詳しい見通しや詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-28【東京市場概況】

    日経平均は続伸131円高 一時マイナスに転じるも底堅く持ち直し
    
    朝方から円安を好感し買いが先行した日本株。
    日経平均は前場に165円高まで上昇する場面が見られた。
    後場、先物主導で一時マイナスに転じる場面もあったが
    底堅く持ち直し、引けにかけて買いを強めた。
    
    日経平均終値は+131.62円の17134.37円。
    
    東証1部の出来高は18億4515万株、
    売買代金は1兆9283億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1562銘柄、値下がり301銘柄、
    変わらず85銘柄。
    
    業種別では値上がりが32業種、値下がりが1業種。
    値上がりトップは海運、倉庫・運輪、鉄鋼。
    値下がりは鉱業のみ。
    
    日経平均は終わってみれば130円超す上昇となった。
    一時は17000円を割る場面もあったが底堅い。
    日足一目均衡表の転換線(16946.49円)などが下値
    サポートとして意識された。
    明日以降も同線や上向きにある25日移動平均線
    (16697.39円)などが下値サポートとして意識される
    見通し。
    下値の底型さは意識される一方で上値も重い。
    今日も17000円前後のレンジにとどまった。
    明日は配当落ち分(約130円)をどの程度埋められる
    かが注目される。
    週後半に注目指標を多々控えてはいるが明日の動向
    次第である程度の方向性が出ると思われる。
    
    (今週の主な注目指標)
    1日(金)3月調査日銀短観、中国3月製造業PMI、
    財新中国3月製造業PMI、米3月雇用統計、
    米3月ISM製造業景況指数。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-28【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続伸131円高 17100円台回復 円安などを好感
    
    先週末の主要海外市場が休場と材料に欠けるなか、
    日本株はドル/円が113円台半ば付近まで円安に振れ
    ていたことを好感し買いが先行した。
    日経平均は一時、165円高となり17100円台後半ま
    で上昇する場面が見られた。
    しかし、海外投資家の多くが休暇中で市場参加者は
    少なく商いは低調、日経平均の値幅も限定された。
    
    前場日経平均終値は+131.44円の17134.19円。
    
    東証1部の出来高は8億3660万株、
    売買代金は8262億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1303銘柄、値下がり488銘柄、
    変わらず157銘柄。
    
    業種別では値上がりが28業種、値下がりが5業種。
    値上がりは医薬品、海運、倉庫・運輪がトップ。
    値下がりは鉱業、保険、その他金融など。
    
    
    後場の見通し
    
    前場にドル/円が円安に振れていることも好材料。
    加えて新年度予算案が29日に成立する見通しと
    なっているが、政府が補正予算案の編成も含め
    た新たな経済対策の策定に取りかかるという見
    方が伝えられていることも好感されている。
    ただ、市場参加者が限られるなかで方向感はつ
    けにくい。
    とはいえ、同時に売り圧力も強くないと判断さ
    れる。後場はもう一段の上昇を期待したい。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-28【東京市場見通し】

    買い優勢 日経平均17000円どころから上放れとなるか 
    
    先週末の海外市場はイースターの祝日で休場。
    手掛かり材料に乏しい週明けとなるが為替相場でドル/円が
    113円台前半と円安に方向に振れている。
    そのことから日本株は買い優勢のスタート。
    日経平均は先週末回復した節目17000円から上値を伸ばす
    展開に期待がかかる。
    海外投資家の多くがイースター休暇中で売買が膨らみに
    くいところではあるが経済対策への期待感、期末に向け
    てのドレッシング買い期待などが下支え、ドル/円が113円
    台で落ち着いた動き、さらに円安に振れるような動きと
    なれば上昇の押し上げ要因となる。
    直近の17000円のもみあいから一段かい、水準を上げるタ
    イミングにはある。
    
    本日の日経平均予想レンジは16950-17300円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り350万株 買い700万株
    差し引き350万株の買い越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が113円台前半。
    (24日東京市場終値113.06円)
    
    ユーロ/円が126円台半ば。
    (24日東京市場終値126.19円)
    
    
    25日の米株市場は休場
    
    主要3指数の24日終値。
    NYダウ終値は+13.14の17515.73、
    NASDAQは+4.64の4773.51、
    S&P500は-0.77の2035.94。
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-03-25【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    イオン九州<2653> 業績修正発表。
    前期経常を赤字縮小に上方修正。
    
    東光高岳<6617> 業績修正発表。
    今期経常25%上方修正。
    
    福島印刷<7870> 決算発表。
    上期経常5.4倍増益で着地、12-2月期も3.3倍増益。
    
    壱番屋<7630> 決算発表。
    6-2月期(3Q累計)経常8%増益で着地、12-2月期も12%増益。
    
    ジュンテン<9835> 業績修正発表。
    前期経常を一転5%増益上方修正。
    
    ピックアップ
    東光高岳<6617> 終値1454円
    (前日比+8円+0.55%)
    業績修正発表。
    16年3月期の連結経常利益を従来予想の18億円から22.5億円
    (25%上方修正)。増益率が21.6%増から52.0%増に拡大見通し。
    株価は直近75日移動平均線(1440円)、日足一目均衡表の雲上
    限(1449円)でもみあい。
    発表を好感、同水準から上放れ見通し。
    
    
    その他の材料株を紹介
    配当増額修正発表。
    リニカル<2183>、インフォテリ<3853>、
    フジオーゼ<7299>、京成<9009>。
    
    自社株買い実施発表。
    カーチスHD<7602>。
    
    株式分割発表。
    テクノスJ<3666>。
    
    東邦HD<8129>
    100%子会社の東邦薬品。訪問看護師向け業務支援端末
    「エニフナース」を販売(4/1)。
    
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-25【本日動いた注目株を紹介】

    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め13銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 夢の街創造<2484>、S フジタコーポ<3370>、
    一時S Eストアー<4304>、一時S メドレックス<4586>、
    S 昭和化<4990>、一時S オハラ<5218>、
    S 川岸工<5921>、S MRT<6034>、
    S ブランジスタ<6176>、S ヤマシン―F<6240>、
    一時S サン電子<6736>、一時S ザイン<6769>、
    S テイン<7217>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S チエル<3933>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    テラ<2191> 
    コージンバイオ(株)と新規医療機関拡大に向けた協業を
    開始と発表し堅調に推移。
    
    コア<2359>
    大幅に2日続伸(5%超えの上昇)
    
    イーブック<3658>
    東証1部上昇率一位。
    
    村田製<6981>
    前日発表の配当増額を好感し堅調。
    
    ピックアップ
    
    コア<2359> 終値1508円
    (前日比+74円+5.16%)
    大幅に2日続伸。
    25日移動平均線(1356円)から上放れ。
    3/3直近高値1500円も超えてきた。
    目先は1/12昨年来高値1860円を目指す展開か。
    
    イーブック<3658> 終値641円
    (前日比+79円+14.06%)
    東証1部上昇率一位。大幅続伸で高値引け。
    ここまでもみあっていた25日移動平均線(522円)から
    直近2日間で上放れ、75日移動平均線(621円)も超えた。
    週明けは200日移動平均線(786円)を試す展開か。
    
    
    
     ピックアップ銘柄などのより詳しい見通しや詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-25【東京市場前場概況と来週の見通し】

    日経平均は反発110円高 節目17000円回復で大引け
    
    寄り付きから日経平均は円安を支えに買い優勢の展開。
    前場は節目17000円どころで利益確定売りに押されたが
    後場には再び17000円を回復し高値圏維持したまま本日
    の取引を終えた。(終値での節目回復は2日ぶり)
    
    日経平均終値は+110.42円の17002.75円。
    
    東証1部の出来高は18億1200万株、
    売買代金は1兆7746億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1018銘柄、値下がり794銘柄、
    変わらず136銘柄。
    
    業種別では値上がりが24業種、値下がりが9業種。
    値上がりは保険、転送用機器、機械などがトップ。
    値下がりは建設、情報・通信、空運などがトップ。
    
    
    来週の見通し
    
    本日の日本株はしっかりとした展開で引けた。
    今晩の25日主要海外市場は休場。
    週明けの日本株は外部環境の影響を受けにくく、
    本日のしっかりとした展開を引継ぎ堅調なスタート。
    3月末権利付き最終日であることも買いを強めやすい。
    加えて為替相場も直近は円安方向だ。
    とはいえ、来週末1日(金)には3月調査日銀短観、
    中国3月製造業PMI、財新中国3月製造業PMI、米3月雇用統計、
    米3月ISM製造業景況指数など注目指標を控えているだけに
    方向感に欠ける展開となりやすい面はある。
    ただ、日経平均は直近の動きは節目17000円近辺でもみあい
    うなか上下どちらかに振れてよい時期にある。
    米株などと比較し出遅れ感の強い日本株は週初のしっかり
    とした展開から意外高、もみあいから上放れとなり上昇を
    強める可能性は十分にあるだろう。
    
    来週の日経平均予想レンジは16500-17900円
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-25【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反発79円高 一時は節目17000円回復も伸び悩み
    
    寄り付きから日経平均はドル/円が112円台後半と円安に
    振れていたことなどを好感し買い優勢のスタート。
    その後、ドル/円がさらに113円台と円安に振れ好感、
    日経平均は120円超えの上昇となり節目17000円を回復
    する場面も見られた。
    ただ、その水準では利益確定売りに押され伸び悩み。
    商いは引き続き低調で方向感に欠ける展開となった。
    
    前場日経平均終値は+79.50円の16971.83円。
    
    東証1部の出来高は9億923万株、
    売買代金は8568億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり950銘柄、値下がり846銘柄、
    変わらず152銘柄。
    
    業種別では値上がりが22業種、値下がりが11業種。
    値上がりが保険、転送用機器、卸売などがトップ。
    値下がりは建設、情報・通信、不動産など。
    
    
    後場の見通し
    
    ドル/円が円安に振れているわりに日経平均は上値が重い。
    後場も17000円前後での推移が続きそうだ。
    為替相場が引き続き、円安方向に推移すれば輸出関連
    などを中心に買われる可能性はある。
    また、権利付き最終日が28日。メガバンクや商社など配
    当志向の物色も意識されるところ。
    日経平均は節目17000円回復で引ける見通しだ。
    一方で中小型株などは上昇一服といったところか。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-25【東京市場見通し】

    買い先行 米株が底堅さ示しドル/円もやや円安方向 一巡後もみあい 
    
    前日の米株は一時100ドル超えの下落となるも底堅く、
    引けにかけては小幅にプラスに転換。
    為替相場でドル/円も112円台後半とやや円安方向に振れた。
    CME225先物は16770円(大証日中終値比+50円)。
    これらを好感し今日の日本株は買い先行見通し。
    買い一巡後、上値を追うには材料に乏しく方向感に欠ける展開。
    下値では権利取り最終日に向けて高配当銘柄などを物色する動
    きが下支え要因になりそうだ。
    ただ、25日の海外市場がグッドフライデーの祝日。
    海外勢のフローは期待しづらいなか、日中は閑散相場となると
    見込まれる。  
    
    本日の日経平均予想レンジは16850-17050円
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り350万株 買い270万株
    差し引き80万株の売り越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が112円台後半。
    (24日東京市場終値112.84円)
    
    ユーロ/円が126円どころ。
    (24日東京市場終値125.85円)
    
    
    24日の米株市場概況
    
    主要3指数は前日終値とほぼ変わらず。
    原油相場の続落を受けてNYダウは一時、100ドル超えの下
    落となる場面もあった。
    また、米セントルイス連銀のブラード総裁がFOMCの金利
    予想は次回利上げが遠く離れていないと示したこともあ
    り、早期利上げに対する警戒感となったもよう。
    ただ、取引終盤にNYダウはプラス圏に浮上、小幅高で引
    けている。
    NYダウ終値は+13.14の17515.73、
    NASDAQは+4.64の4773.51、
    S&P500は-0.77の2035.94。
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-03-24【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    サッポロドラ<2786> 決算発表。
    今期経常13%増で4期ぶり最高益、前期配当を2円増額(27円)。
    
    菱友システム<4685> 業績修正発表。
    今期経常29%上方修正、配当も10円増額(20円⇒30円)。
    
    昭和化<4990> 業績修正発表。
    今期最終を2.9倍上方修正、5期ぶりに最高益更新見通し。
    
    朝日工業<5456> 業績修正発表。
    今期経常20%上方修正、未定だった配当を3期ぶり40円復配。
    
    ピックアップ
    サッポロドラ<2786> 終値2547円
    (前日比+159円+6.66%)
    決算発表。16年2月期の連結経常利益は前の期比52.9%増の
    10.1億円に拡大、17年2月期も前期比13.1%増、11.5億円の
    伸びを見込む。4期ぶりに過去最高益を更新見通しとなった。
    加えて配当も増額。前期年間配当25⇒27円。
    今期も27円継続見通し。
    テクニカル面では直近の上値抵抗だった75日移動平均線
    (2434円)を本日上抜け。
    発表された決算を好感し上値を伸ばす展開に期待がかかる。
    
    
    その他の材料株を紹介
    配当増額修正発表。
    前田道<1883>、村田製<6981>、新京成<9014>。
    
    自社株買い実施発表。
    ロブテックス<5969>、弁護士COM<6027>、ステップ<9795>。
    
    健康コーポレーション<2928>
    日本文芸社の子会社化を決定。
    全株式をアサツーDK<9747>から取得。
    
    アクロディア<3823>
    ネクスト・イットと共同展開するセキュリティーソリューシ
    ョンを金融機関提供。
    
    タカラバイオ<4974> 31日付で東証1部へ市場変更。
    
    イオン<8267> 2月度の連結営業概況発表。
    2月度営業収益は前年同月比1.5%増。
    
    ピックアップ。
    前田道<1883> 終値1871円
    (前日比+10円+0.54%)
    配当増額修正を発表。今期配当を15円増額(40円⇒55円)。
    テクニカル面では移動平均線チャートで75日線(1883円)、
    日足一目均衡表の雲上限(1909円)が上値抵抗となっている。
    本日の発表を好感し、これらを上抜け。
    上昇トレンド転換へと期待がかかる。
    
    タカラバイオ<4974> 終値1280円
    (前日比+126円+10.92%)
    3/31付で東証マザーズから東証1部へ市場変更を発表。
    発表を好感し堅調な展開が見込まれる。
    株価は本日、200日移動平均線(1219円)を上抜けており
    中長期的にも上昇トレンド転換へ期待のかかる形となっている。
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-24【本日動いた注目株を紹介】

    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    一時S Br.HD<1726>、一時S チエル<3933>、
    S ビーマップ<4316>、S ファストロジ<6037>、
    S サン電子<6736>、S ヒロセ通商<7185>、
    S イーレックス<9517>、S 卑弥呼<9892>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め無し。
    
    ピックアップ
    ビーマップ<4316> 終値652円(S高)
    本日、新会社を4月に設立すると発表。
    (JR東日本企画、ゴンドラ、TWENTYFOURと共同)
    インタラクティブ・コミュニケーション業務を行う。
    発表を好感しS高の上昇。直近の上値抵抗だった75日移動平
    均線(598円)などを突破。目先、一目均衡表の雲に突入見込み。
    雲上限(770円)、昨年来高値1098円を目指す展開に期待。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    デジタルアーツ<2326> 8日続伸。
    前日の配当修正(1円増額)を好感し5%高。
    
    ヒトコム<3654> 8%超高、昨年来高値更新。
    
    ナノキャリア<4571>が大幅高。取引期間中上方修正発表。
    
    サンバイオ<4592>が急伸。国内大手証券が目標株価引き上げ。
    
    しまむら<8227> 前日発表の3月度月次売上高を好感し大幅高。
    
    LINE関連の一角が強い。
    アドウェイズ<2489>、ネットイヤーグループ<3622>、
    メディア工房<3815>。
    
    
     ピックアップ銘柄などのより詳しい見通しや詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-24【東京市場概況】

    日経平均は続落108円安 プラス圏に切り返す場面あるも買い続かず
    
    朝方、米株安などを受けた売り先行後、ドル/円が112円台
    後半へと円安に振れたことなどを支えに日経平均はプラス
    に転じて前場を引けた。
    しかし、後場に入り再び下げに転換。
    原油相場の下落を受けた石油関連株。海運、鉄鋼、銀行な
    どの景気敏感株が軟調に推移し相場の重しとなった。
    
    日経平均終値は-108.65円の16892.33円。
    
    東証1部の出来高は20億103万株、
    売買代金は2兆1002億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり597銘柄、値下がり1258銘柄、
    変わらず93銘柄。
    
    業種別では値上がりが11業種、値下がりが22業種。
    値上がりは水産・農林、空運、医薬品など。
    値下がりは鉱業、海運、銀行などがトップ。
    
    日経平均は一定の底堅さはあるも上値の重い展開。
    節目17000円を上抜けて上昇するには日柄が必要と
    いったところだろう。
    また、東証1部の売買代金が引き続き低水準。
    本日は2兆円をやや超える程度にとどまった。
    エネルギー不足の面もある。
    イースター休暇前で海外投資家の売買も減少傾向、
    明日も引き続き薄商いが想定され方向感は出にくい。
    とはいえ、ジャスダック、マザーズ指数は引き続き堅調。
    物色意欲は弱くなく相場の雰囲気はそれほど悪くない。
    明日以降もいっとき、相場の主役は中小型のテーマ株や
    材料株だろう。今はそれらを中心に短期トレード。
    主力株は中期トレード狙い。下げたところを押し目買い
    といったスタンス。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-24【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小反発22円高 売り先行後にプラスに転換
    
    前日の米株が原油相場の下落などを背景に軟調、
    それを受けて日本株も朝方は軟調なスタートとなった。
    日経平均は21円安で寄り付くと一時は150円超えの下落、
    16800円台まで値を落とした。
    しかし、ドル/円が112円台でしっかり、やや円安に振れ
    たことなどを下支えに前場引けにかけてプラスに転じた。
    
    前場日経平均終値は+22.22円の17023.20円。
    
    東証1部の出来高は9億5841万株、
    売買代金は9642億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり769銘柄、値下がり1045銘柄、
    変わらず134銘柄。
    
    業種別では値上がりが14業種、値下がりが19業種。
    値上がりは水産・農林、その他製品、空運などが上位。
    値下がりは鉱業、石油・石炭、、卸売など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均の下値は底堅い。
    ドル/円が112円台でしっかりとした動き。
    テクニカル面では上向きにある25日移動平均線(16623円)
    などが下支えとなっている。
    上値は価格帯別出来高が膨らんでいる16900-17100円を
    突破するには前場の商いを見る限り盛り上がりにかける。
    後場も底堅い展開は続くだろうが上値は重そうだ。
    一方で中小型株への物色は根強い。
    後場も変わらず中小型株中心の物色となりやすい。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-24【東京市場見通し】

    米株安を受け売り先行 為替相場はしっかり下値は底堅い展開
    
    昨日の海外株は欧州がまちまち、米株は主要3指数そろって下落。
    原油安を受けたエネルギー関連株の下落が重しとなった。
    CME225先物は16790円(大証日中終値比-20円安)。
    為替相場ドル/円は112円台前半、昨日とほぼ変わらずでしっかり
    とした動き。
    今日の日本株は米株安の流れから売り先行となりそうだ。
    昨日の東証1部の売買代金は今年最低を更新するなど薄商い。
    今日も手掛かり材料に乏しくその流れは続く見通し。
    薄商いのなか引き続きドル/円の動向に振られやすい。
    112円台でしっかりとした展開となれば日本株は売り先行後、
    底堅い動きとなるだろう。
    物色はマザーズやJASDAQなど新興市場の中小型株に向かいやす
    い。
    
    本日の日経平均予想レンジは16800-17100円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り1760万株 買い1300万株
    差し引き460万株の売り越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が112円台前半。
    (23日東京市場終値112.44円)
    
    ユーロ/円が125円台後半。
    (23日東京市場終値125.76円)
    
    
    23日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって下落。
    週末にグッドフライデーの休場を控え薄商い。
    そんななか、原油相場が大幅に下落。
    NY原油5月限が39.79ドルと40ドルを割り込んだ。
    (前日比1.66ドル安-4.01%)
    これを受けエネルギー、素材株を中心に下落。
    また、ブラード米セントルイス連銀総裁が4月
    利上げの可能性に言及したことも重しとなった。
    NYダウ終値は-79.98の17502.59、
    NASDAQは-52.80の4768.86、
    S&P500は-13.09の2036.71。
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-03-23【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    佐藤渡辺<1807> 業績、配当修正発表。
    今期経常を一転40%増益に上方修正、配当も2円増額(7円)
    
    水道機<6403> 業績修正発表。
    今期最終54%上方修正し3期ぶり最高益更新見通し。
    
    シンプロ<6086> 業績修正発表。
    前期経常31%上方修正し2期ぶり最高益更新見通し。
    
    ホウライ<9679> 業績修正発表。
    上期経常を一転60%増益に上方修正。
    
    
    その他の材料株を紹介
    配当増額修正発表。
    デジアーツ<2326>、パウダテック<5695>、岡三<8609>。
    
    自社株買い実施発表。
    モロゾフ<2217>、ひらまつ<2764>、日本高純度<4973>。
    
    前田建設工業<1824> 中期3ヵ年計画を策定。
    最終年度の営業利益210億円目指す。
    
    ゲンキー<2772> 3月度の月次営業発表。
    3月度売上高は24%増、今期最高の伸び率に。
    
    ラクオリア創薬<4579> 
    マイルストーン達成に伴う一時金を受領へ。
    (具体的な収入などは非開示、16年12月期業績予想には
    織り込み済み)
    
    ザインエレクトロニクス<6769>
    中国大手自動車メーカーのスマートEV開発計画の核心
    メーカーとして採用
    
    ブイ・テクノロジー<7717> OHT社を子会社化。
    
    日本アジア投資<8518> 賞金イベント連動型スマホゲームを
    運営するワンダーリーグへ投資。
    
    ピックアップ。
    ゲンキー<2772> 終値4155円
    (前日比-30円-0.72%)
    3月度の月次営業速報を発表。
    売上高は前年同月比23.6%増と2桁伸びを確保。
    加えて伸び率は今期に入り月次最高。
    株価は直近200日移動平均線(4787円)手前でもみあい。
    発表を好感し同線超えから上昇トレンド転換と期待される。
    
    ザインエレクトロニクス<6769> 終値1273円
    (前日比-36円-2.75%)
    中国大手自動車メーカーである智車優行科技(北京)の
    スマート電気自動車開発計画の核心メーカーとして採
    用されることになったと発表。
    直近の株価は日足一目均衡表の雲抜け(1212円)。
    ただ、200日移動平均線(1357円)に上値を抑えられていた。
    本日の発表を好感し同線超え。上昇トレンド転換となる見通し。
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-23【本日動いた注目株を紹介】

    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め15銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    S Br.HD<1726>、S きちり<3082>、
    S フジタコーポ<3370>、一時S パルマ<3461>、
    一時S アグレ都市<3467>、一時S FFRI<3692>、
    一時S カヤック<3904>、S ALBERT<3906>、
    S チエル<3933>、一時S アトミクス<4625>、
    一時S スパンクリト<5277>、S MRT<6034>、
    S リンクバル<6046>、S ジンズメイト<7448>、
    S 卑弥呼<9892>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め無し。
    
    ピックアップ
    パルマ<3461> 終値1029円(一時S高)
    本日一時S高となる3連騰。
    75日移動平均線(929円)回復、
    日足一目均衡表の雲抜け(雲上限937円)。
    上昇トレンドに乗ったかっこう。
    
    リンクバル<6046> 終値1062円(S高)
    本日S高の3連騰。
    株価は本日、75日移動平均線(976円)回復。
    明日は日足一目均衡表の雲抜け(1080円)の見通し。
    いっそう上昇トレンド展開への期待が高まる。
    その後、200日移動平均線(1422円)どころでの動向を注視。
    
    ジンズメイト<7448> 終値239円(S高)
    前日に3月の月次動向を発表。
    既存店売上高は前年同月比14.3%増となり、
    5ヶ月ぶりのプラス転換した。
    これを好感する形で買いが集まりS高。
    株価は75日移動平均線(205円)を上回り、
    日足一目均衡表でも雲抜け(雲上限217円)。
    目先は200日移動平均線(242円)を超え、
    上放れれるかが焦点となる。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    発表した3月の月次売上高を好感。
    ライトオン<7445>、ファーストリテイリング<9983>、
    ニトリホールディングス<9843>。
    
    医薬品が堅調。
    大日本住友製薬<4506>、エーザイ<4523>、
    小野薬品工業<4528>、科研製薬<4521>、持田製薬<4534>など。
    
    ライトオン<7445> 連日の昨年来高値更新。
    
    
    
    
    
     ピックアップ銘柄などのより詳しい見通しや詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-23【東京市場概況】

    日経平均は反落47円安 手掛かりに欠け上値は重いも下値は底堅い
    
    朝方は為替相場の円高一服を好感し買い先行。
    日経平均は一時、17100円台まで上昇する場面が見られた。
    ただ、手掛かり材料に乏しいなか上値の重さが意識され、
    次第に利益確定売り優勢の展開に。
    取引終盤には節目17000円を割れた。
    しかし、その水準では下げ渋り、17000円を維持し本日の
    取引を終えた。
    
    日経平均終値は-47.57円の17000.98円。
    
    東証1部の出来高は16億210万株、
    売買代金は1兆億7399円。
    (ともに今年最低)
    
    騰落銘柄数は値上がり733銘柄、値下がり1064銘柄、
    変わらず151銘柄。
    
    業種別では値上がりが8業種、値下がりが25業種。
    値上がりは水産・農林、電気・ガス、小売りなど。
    値下がりは機械、鉱業、卸売業、電気機器など。
    
    ベルギーのテロの影響は限定的も上値を抑える要因には
    なった。
    また、本日のドル/円は122円台で比較的落ち着いた動き
    となったが引き続き円高への警戒感は根強い。
    テクニカル面での日経平均は日足一目均衡表の雲の中
    (16305.63-17439.09円)で方向感示せていないが転換線
    (16933円)を下値サポートに底堅い。
    目先は雲上限(17439.09円)や75日移動平均線(17451円)
    を試す展開が見込まれる。
    それら水準を上抜けとなれば、日経平均のトレンドは
    上向き。いっそう強い展開に期待がかかるところ。
    日経平均が方向感に欠けるなかジャスダックが続伸、
    マザーズ指数が3日続伸と新興株は堅調。
    引き続き、その流れは続きそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-23【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小反落6円安 手掛かり材料に乏しく
    節目17000円どころで推移
    
    ベルギーのテロの影響は限定的。
    日本株は朝方、ドル/円が112円台と円安振れていたことから
    やや買い優勢でのスタート。日経平均は小幅高で寄り付いた。
    一時は17100円台を回復する場面もあったがその後は材料に
    乏しく、上値の重い展開。前日終値を挟んで一進一退となり、
    前場は小幅安で引けた。
    
    前場日経平均終値は-6.73円の17041.82円。
    
    東証1部の出来高は8億1871万株、
    売買代金は8339億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり804銘柄、値下がり986銘柄、
    変わらず158銘柄。
    業種別では値上がりが12業種、値下がりが21業種。
    値上がりトップは電気・ガス、水産・農林。
    値下がりトップは機械、鉱業、ガラス・土石。
    
    
    
    後場の見通し
    
    今日の日経平均は節目17000円どころで値固めといったところ。
    ドル/円が112円台で落ち着いていることもあり、売り込まれる
    状況にはない。ただ、上値の追うにも材料に乏しい。
    手掛かり材料難のなか物色は一部テーマ株、低位材料株などに
    向かっている。後場も変わらず、その展開が続きそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-23【東京市場見通し】

    テロ影響は限定的 米株はまちまちも円安好感 しっかりの展開
    
    ベルギーで起きた連続爆発テロの影響は欧州、米ともに限定的。
    日本株への影響も限定的だろう。
    昨日の欧州株はおおむね堅調、米株は主要指数まちまちだった。
    為替相場ではドル/円が一時、111台前半まで押されたが現在は
    112円台前半まで円安に振れている。
    日本株にとって、円安に振れていることは好材料。
    本日はしっかりとした展開となる見通しだ。
    テロの影響がやや懸念されるところだが、
    その他に特に売り込まれる材料はない。
    一方で期末に向けて配当権利取りの動きや年金勢の買い観測な
    どが期待される。日経平均は節目17000円どころ値固め。
    一段の円安進行が見られるようなら値幅を伴って上昇する展開
    が予想される。
    
    本日の日経平均予想レンジは16900-17300円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り1770万株 買い1520万株
    差し引き250万株の売り越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が112円台前半。
    (22日東京市場終値111.74円)
    
    ユーロ/円が125円台後半。
    (22日東京市場終値125.53円)
    
    
    22日の米株市場概況
    
    まちまち。
    NYダウが8日ぶりに反落。S&P500が5日ぶりに反落。
    ハイテク株中心のNASDAQはNASDAQは5日続伸となった。
    ベルギーで起きた連続爆発テロ。
    これを嫌気し朝方は売り優勢となった。
    しかし、欧州株が底堅く推移したことから買い優勢に
    傾きNYダウはプラス圏を回復する場面もあった。
    ただ、前日までの7連騰の反動から利益確定売りに押
    された。
    NYダウ終値は-41.30の17582.57、
    NASDAQは+11.79の4821.66、
    S&P500は-1.80の2049.8。
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-03-22【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    ダイダン<1980>業績修正発表。
    今期経常9%上方修正。
    
    ファルコHD<4671> 業績修正発表。
    今期経常15%上方修正し3期ぶり最高益更新見通しに。
    
    NIC<5742> 業績、配当修正発表。
    今期経常7%上方修正し8期ぶり最高益。配当も1円増額(22円)。
    
    サンデー<7450> 業績修正発表。
    前期経常46%上方修正。
    
    ピックアップ
    ファルコHD<4671> 終値1388円
    (前日比+23円+1.68円)
    引け後に業績修正を発表。
    16年3月期の連結経常利益を従来予想の19億円→21.9億円
    (15.3%上方修正)。
    増益率が4.1%増→20.0%増に拡大、3期ぶり過去最高益を
    更新見通し。
    株価は75日移動平均線(1373円)、日足一目均衡表の雲上限
    (1384円)水準で推移。この水準からの上放れ。
    200日移動平均線(1487円)超えから本格上昇へと期待がかか
    る場面。
    
    
    その他の材料株を紹介
    配当増額修正発表。
    豆蔵HD<3756>、クリエアナ<4336>、東映アニメ<4816>、
    横河電<6841>、いちよし<8624>。
    
    自社株買い実施発表。
    第四銀<8324>、高砂熱<1969>。
    
    ネクスト<2120> 2月度の月次売上高発表。
    前年同月比22.3%増と大幅な伸び。
    
    ラクーン<3031> 29日付で東証1へ市場変更。
    
    ラクオリア創薬<4579>
    EP4拮抗薬が米国で承認を取得。
    
    レントラックス<6045> 2月度月次売上高発表。
    前年同月比59.3%増の6億2500万円と大幅な伸び。
    
    ライトオン<7445> 月次売上高を発表。
    既存店売上高は前年同月比17.9%増。
    (14ヶ月連続で前年実績を上回っった)
    
    西松屋チェーン<7545>月次売上高を発表。
    既存店売上高は前年同月比9.7%増。
    (4ヶ月連続で前年実績を上回った)
    
    ピックアップ。
    ラクーン<3031> 終値629円
    (前日比+33円+5.54%)
    3/29付けで東証マザーズから東証1部へ
    市場変更を発表。発表は好感される見通し。
    株価は日足一目均衡表の雲抜け(雲上限622円)。
    本格上昇へ期待がかかる。
    1/6昨年来高値879円を目指す展開へ。
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-22【本日動いた注目株を紹介】

    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め12銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    一時S 細田工務<1906>、S フジタコーポ<3370>、
    S GMOクラウ<3788>、一時S フィスコ<3807>、
    S ジグソー<3914>、S アカツキ<3932>、
    一時S クラスター<4240>、一時S マナック<4364>、
    S MRT<6034>、S エンバイオH<6092>、
    一時S 誠建設<8995>、S 卑弥呼<9892>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め無し。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    鹿島<1812> 後場から急伸。業績・配当修正を発表。
    今期経常77%上方修正、配当も2円増額。
    
    人工知能関連の上昇が目立った。
    ジグソー<3914>、ALBERT<3906>、ロックオン<3690>など。
    
    ASB機械<6284> 急伸。
    いちよし経済研究所が18日付のリポートでレーティングを新規
    「A」、フェアバリューを3100円でカバレッジ開始。
    
    芝浦メカトロニクス<6590> 大幅に3日続伸。
    
    マルカキカイ<7594> 大幅に3日続伸。
    
    任天堂<7974> 大幅反発。
    3/17配信を開始した同社初のスマートフォン向けアプリ
    「Miitomo(ミートモ)」のユーザー数が、
    19日に100万人を突破と好調。
    
    ピックアップ
    芝浦メカトロニクス<6590> 終値234円
    (前日比+20円+9.5%)
    3日続伸。本日は9%超えの大幅高。
    株価は一目均衡表の雲(雲上限212円)から上放れとなり
    本格上昇に期待がかかる。
    現株価水準、200日移動平均線(234円)を明確に超えて
    くればいっそう可能性は高まる。
    
    マルカキカイ<7594> 終値1629円
    (前日比+117円+7.74%)
    3日続伸。本日7%超えの大幅高。
    株価は75日移動平均線(1539円)、
    日足一目均衡表の雲抜け(雲上限1557円)。
    本格上昇へ動き出した形。
    目先の上値メドは200日移動平均線(1782円)。
    同線超えとなれば、もう一段高の上昇へ。
    
    
     ピックアップ銘柄などのより詳しい見通しや詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-22【東京市場概況】

    日経平均は5日ぶりに反発323円高 節目17000円回復
    
    休日中の米株市場が堅調、ドル/円が円安に振れてい
    たことが好感され日本株は買い優勢でスタートした。
    日経平均は寄り付きから節目17000円を回復すると
    一時は17100台も回復する場面も見られた。
    買い一巡後、高値圏でもみあいとなるなか、
    ドル/円が111円台と円高に振れ、日経平均は上げ幅
    を縮小、17000円割れとなり16800円台半ば値を落と
    す場面もあった。しかし、大引けにかけて持ち直し
    節目17000円台で本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+323.74円の17048.55円。
    
    東証1部の出来高は20億1411万株。
    売買代金は2兆1784億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1732銘柄、値下がり163銘柄、
    変わらず51銘柄。
    
    業種別では値上がりが32業種、値下がりが1業種。
    値上がりトップはその他製品、精密機器、医薬品。
    値下がりは鉱業のみ。
    
    日経平均は後場に節目17000円を割る場面もあったが、
    終盤には強含み、終値では17000円を維持した。
    心理的節目を回復して終えたことで相場の雰囲気は良好。
    引き続き、為替にらみの展開が続くだろうが海外市場が
    リスクオンに傾きつつあるなか、その他の悪材料は出に
    くい状態にあり堅調な展開が見込まれる。
    テニクニカル面では騰落レシオが120%超えと過熱感を示
    してはいる。
    ただ、5日移動平均線(16960円)や日足一目均衡表の転換
    線(16893円)を本日回復。
    目先は次に75日移動平均線(17492円)、日足一目均衡表の
    雲上限(17439円)を試す見通しだ。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-22【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は5日ぶりに反発336円高 堅調な米株、円高一服を好感
    
    本日の日本株は買い優勢の展開。
    休場中の米株が堅調だったことやドル/円が112円台と
    円安に振れたことが好感された。
    日経平均は買いが先行し210円超えの上昇で寄り付くと
    上げ幅を拡大、一時は382円高となり17100円台を回復。
    その後、上昇一服感は出ているものの高値圏は維持し
    前場の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+336.98円の17061.79円。
    
    東証1部の出来高は9億885万株。
    売買代金は9646億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1688銘柄、値下がり183銘柄、
    変わらず75銘柄。
    
    業種別では全33業種が上昇。
    値上がりトップはその他製品、精密機器、医薬品。
    
    
    後場の見通し
    
    週明けの日本株も引き続き為替相場にらみの展開。
    今日は円高が一服していることで買い優勢。
    日経平均は節目17000円を超えてきた。
    日経平均の16900-17100円水準は価格帯別出来高で
    商いが膨らんでおり強弱感が対立しやすい。
    引き続き、為替以外の材料に乏しいなか、ドル/円が
    111円台に振れるようなら利益確定売りが出やすい。
    後場も為替にらみの展開が続きそうだ。
    その為、物色は外部環境の受けにくいテーマ性のあ
    る中小型株へ向かっていくだろう。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-22【東京市場見通し】

    日本休場中 米株が引き続き堅調、円高も一服 買い優勢の展開
    
    国内休場中の外部環境は米株市場でNYダウが7日続伸する
    など堅調に推移。
    為替相場も円高に振れる場面もあったが現在は一服、
    ドル/円は112円どころでの推移となっている。
    今日の日本株は買い先行でのスタート。
    CME225先物が16755円(大証日中終値+245円)。
    日経平均は大幅反発での寄り付きとなりそうだ。
    (前日終値 16724.81円)
    買い先行後もドル/円が112円どころで落ち着いた動き、
    円安に振れるようならば日本株は米株などと比較し
    出遅れている分、上げ幅を拡大。
    3月期末に向けた配当権利取りなど季節的な需給要因も重なり、
    日経平均は節目17000円を試す場面もありそうだ。
    
    本日の日経平均予想レンジは16700-17000円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り1690万株 買い1510万株
    差し引き180万株の売り越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が112円どころ。
    (21日東京市場終値111.41円)
    
    ユーロ/円が126円どころ。
    (21日東京市場終値125.35円)
    
    
    21日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって小幅に上昇。
    NYダウは7日続伸。
    先週から引き続き、FOMCによる緩やかな利上げ
    見通しが好感された。
    また、原油相場が堅調に推移したこと好感。
    NYダウ終値は+21.57の17623.87、
    NASDAQは+13.23の4808.87、
    S&P500は+2.02の2051.6。
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-03-18【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    細田工務<1906> 業績修正発表。
    今期経常2.1倍上方修正。
    
    日本オラクル<4716> 決算発表。
    6-2月期(3Q累計)経常6%増益着地、12-2月期も20%増益。
    
    
    その他の材料株を紹介
    配当増額修正発表。
    黒崎播磨<5352>、クニミネ<5388>、SKI<9446>。
    
    自社株買い実施を発表。
    ゼビオHD<8281>、サイボー<3123>。
    
    神戸物産<3038> 2月の月次実績を発表。2月既存店6.2%増。
    
    ピックアップ。
    神戸物産<3038> 終値3020円
    (前日比-20円-0.66%)
    2月の月次実績を発表。
    「業務スーパー」店舗への出荷実績既存店で前年同月比6.2%増。
    全店では同9.7%増。全体売上高は同9.3%増と好調に推移。
    株価は直近、75日移動平均線(3128円)、
    日足一目均衡表の雲上限(3177円)などを上値抵抗に足踏み。
    これらを突破すれば強い展開が見込まれる。
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-18【本日動いた注目株を紹介】

    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め6銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    一時S フォーサイド<2330>、S フジタコーポ<3370>、
    S 昭栄薬品<3537>、S フィスコ<3807>、
    S ブランジスタ<6176>、S フェニクスB<6190>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    一時S アグレ都市<3467>。
    
    ピックアップ。
    ブランジスタ<6176> 終値2242円(S高)
    ストップ高で上場来高値更新。
    昨年10月に設立されたブランジスタゲームの第一弾ゲーム
    となるスマホゲーム「神の手」への期待感が高まっている。
    リリース時期を2016年6~7月と予定するも早ければ4~5月
    との可能性をコメント。
    上場来高値を更新したことで株価は青天井。
    引き続き来週も相場の主役の一つとなりそうだ。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    クルーズ<2138>が急伸。
    ファストファッション通販に人工知能を試験導入。
    
    コロプラ<3668>が5日続伸。
    VRゲーム2作品の今春配信を発表。
    
    CKD<6407>が3日続伸。
    国内有力証券が投資判断を格上げ。
    
    石油関連株が続伸。
    国際石油開発帝石<1605>、石油資源開発<1662>、
    JXホールディングス<5020>。
    
    ピックアップ
    コロプラ<3668> 終値2365円
    (前日比+96円+4.23%)
    VRゲーム2作品を今春配信と発表され、
    好感した買いが入った。
    テクニカル面では75日移動平均線(2303円)超え。
    日足一目均衡表の雲抜け(2211円)となっており、
    上値を伸ばす展開が期待される。
    
    
     ピックアップ銘柄などのより詳しい見通しや詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-18【東京市場概況と来週の見通し】

    日経平均は4日続落211円安 円高を嫌気し軟調
    
    朝方、米株高などを好感し買い優勢に傾く場面もあった。
    しかし、ドル/円円高に振れていたことに強く反応。
    直後に売り優勢に傾き、ドル/円が110円台に突入すると
    日経平均は一時、322円安まで下げ幅を拡大した。
    円高が一服すると下げ渋る動きも見られたが
    3連休を控える週末ということもあり戻りは限定的、
    後場もその流れを引きづったまま大引けとなった。
    
    日経平均終値は-211.57円の16724.81円。
    
    東証1部の出来高は22億9580万株、
    売買代金は2兆4504億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり555銘柄、値下がり1283銘柄、
    変わらず108銘柄。
    
    業種別では値上がりが6業種、値下がりが27業種。
    値上がりは鉱業、石油・石炭など。
    値下がりは保険、転送用機器、医薬品などがトップ。
    
    
    来週の見通し
    
    日経平均の今週の動きは円高を重しに4日続落。
    一段の円高進行に対する警戒感が高まっている。
    とはいえ、その他の外部環境は原油など商品市況が回復、
    米株を中心に株高と世界的にはリスクオンのムードだ。
    確かにドル/円が110円を割るような動きになれば、
    企業業績への減益懸念が強まりネガティブだ。
    ただ、一方で円高が一服すれば、出遅れた日本株は強く
    戻す展開となるだろう。
    28日の権利付き最終売買日に向けて配当権利取りの動き
    が株価の上昇を支援するとも期待される。
    テクニカル面で日経平均は上向きにある25日移動平均線
    (16497円)などが下値サポート。
    為替相場への懸念は残るが基本的には来週の日本株は強
    い展開を見込む。
    
    来週の日経平均予想レンジは16300-17300円。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-18【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は4日続落217円安 円高が重し 終盤やや下げ渋り
    
    ドル/円の円高を重しに売り先行で始まった寄り付き後、
    日経平均は米株高、原油高などを好感し一時はプラス
    圏に浮上した。しかし、円高への懸念の方が強く直後
    に下げに転じると下げ幅を拡大、一時は322円安まで
    売られた。終盤には円高がやや一服し下げ渋る展開で
    前場の取引を終えている。
    
    前場日経平均終値は-217.10円の16719.28円。
    
    東証1部の出来高は10億4484万株、
    売買代金は1兆964億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり399銘柄、値下がり1452銘柄、
    変わらず95銘柄。
    
    業種別では値上がりが4業種、値下がりが29業種。
    値上がりは鉱業、石油・石炭、電気・ガス、鉄鋼のみ。
    値下がりトップが保険、転送用機器、医薬品、ゴム製品。
    
    
    後場の見通し
    
    日本株が軟調にある原因がなによりも円高。
    ドル/円は前場に一時110円を割れる場面もあった。
    ただ、その他の悪材料は見当たらない。
    悲観的な見かたが多く、過剰な反応。
    また、短期的な調整の範囲内とも見れる。
    円高がやや一服したことあるが前場の日経平均は
    結果的に日足一目均衡表の雲下限(16526円)、
    25日移動平均線(16497円)の手前で底堅さを示した。
    今日ところは3連休を控える週末であり、後場も積
    極的な売買は手控えられやすく上値は重い展開。
    物色は成長期待の大きいテーマ株などに限られそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-18【東京市場見通し】

    一進一退 円高が重しも原油価格の上昇や米株高が下支え
    
    昨日の欧米株は欧州がまちまちも米株は続伸。
    NYダウは5日続伸で年初来でプラス圏を回復するなど堅調。
    為替相場ではドル/円が年初来安値を更新するなど円高の
    勢いが強まっており、現在は111円台前半での推移。
    CME225先物は16700円(大証日中終値比-120円)
    日本株は円高を重しに売り優勢のスタートが予想される。
    ただ、売り一巡後は下げ渋る展開を見込む。
    米株は堅調に推移していることや原油相場が堅調に推移。
    それらを好感する流れから底堅さを示すと思われる。
    ドル/円がいっそう円高に振れるような動きがなければ、
    日経平均はプラス圏に浮上する可能性もあるだろう。
    引けにかけては三連休を控えた週末であることから手控
    えムードの強い形となりそうだ。
    
    本日の日経平均予想レンジは16600-17150円
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り1910万株 買い2180万株
    差し引き270万株の買い越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が111円台前半。
    (17日東京市場終値111.61円)
    
    ユーロ/円が126円台どころ。
    (17日東京市場終値125.70円)
    
    
    17日の米株市場概況
    
    前日の米FOMCの結果(緩やか利上げ見通し)を
    引き続き好感。主要3指数そろって続伸。
    NYダウは5日続伸で年初来でプラス圏を回復。
    また、原油高を好感し素材・エネルギー株が
    上昇したことも大きかった。
    NYダウ終値は+155.73の17481.49、
    NASDAQは+11.02の4774.99、
    S&P500は+13.37の2040.59。
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-03-17【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    ランドコンピ<3924> 業績、配当修正発表。
    今期経常10%上方修正し最高益予想を上乗せ、配当も5円増額。
    
    東亜建<1885> 業績、配当修正発表。
    今期経常を29%上方修正、配当も1円増額。
    
    
    その他の材料株を紹介
    ネクスト<2120> 北米最大級賃貸情報サイト運営の
    Zumperへ出資と発表。
    
    アドベンチャー<6030> 
    航空券予約販売サイト「skyticket」における2月の1ヶ月間の
    取扱高が前年同月比75%増、大幅増加と発表。
    
    CKD<6407> 国内証券が投資判断格上げ。
    
    JUKI<6440> 自社株買い発表。
    
    ピックアップ。
    ネクスト<2120> 終値1302円
    (前日比-19円-1.44%)
    発表された北米最大サイト運営のZumperへの出資。
    この発表を好感し直近の日足一目均衡表の雲上限(1308円)
    もみあいから上放れ。上場来高値1598円を目指す展開に期待。
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-17【本日動いた注目株を紹介】

    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め13銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    一時S ETFSメタ<1686>、一時S ETFSニケ<1694>、
    S ソネック<1768>、一時S アマナ<2402>、
    S 昭栄薬品<3537>、S ウェルス<3772>、
    S フィスコ<3807>、一時S 山田債権<4351>、
    S トリケミカル<4369>、S カイオム<4583>、
    S MRT<6034>、一時S GMOメディ<6180>、
    一時S MAGHD<8073>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    一時S りたりこ<6187>
    
    ピックアップ。
    GMOメディ<6180> 終値4350円(一時S高)
    前日に続きピックアップ。
    前日のS高から本日も一時S高の上昇。
    S高となった後、やや上げ幅を縮小となったが、
    上昇トレンドに乗った当銘柄はいっとき相場の
    主役となりそうだ。
    押し目は積極的に買いを入れたい銘柄の一つ。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    ビットコイン取引所の運営会社を設立を発表し
    S高となったフィスコ<3807>から連想買い。
    ビットコイン関連株の上昇が目立った。
    マネパG<8732>、SJI<2315>、セレス<3696>など。
    
    アウトソーシング<2427> 大幅高。上場来高値更新。
    
    デジタルガレージ<4819> 4日続伸と堅調。
    
    原油価格の上昇を好感、石油関連株が堅調。
    国際石油開発帝石<1605>、石油資源開発<1662>、
    JXホールディングス<5020>。
    
    ピックアップ
    デジタルガレージ<4819> 終値2071円
    (前日比+58円+2.88%)
    直近、4日続伸と堅調に推移。
    ビットコインなどの信頼性を支えるブロックチェーン、
    人工知能など有望分野の開拓などと、
    今、相場を賑わせるテーマにマッチしている。
    テクニカル面でも75日移動平均線(1994円)超え、
    日足一目均衡表の雲抜け(雲上限1975円)と引き続き上昇が
    期待される形。
    
    
     ピックアップ銘柄などのより詳しい見通しや詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-17【東京市場概況】

    日経平均は3日続落38円安 前場買い優勢も後場に一転下げに転換
    
    日経平均は前場、前日の米株高などを好感し買い優勢。
    日経平均は一時270円超す上昇となる場面もあった。
    ただ、後場に入りドル/円が111円台後半へと円高に振れ
    たことから雰囲気は一転、下げに転じると160円近くま
    で下げ幅を拡大した。
    大引けにかけては押し目買いなどから下げ幅を縮小し
    下げ渋った。
    
    日経平均終値は-38.07円の16936.38円。
    
    東証1部の出来高は22億729万株、
    売買代金は2兆2618億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり872銘柄、値下がり915銘柄、
    変わらず157銘柄。
    
    業種別では値上がりが14業種、値下がりが19業種。
    値上がりトップは鉱業、建設、石油・石炭。
    値下がりトップは空運、電気・ガス、その他製品。
    
    朝方、日経平均は為替相場が円高に振れていたなか
    意外高となった。
    前日の米FOMC結果発表後のドル/円が112円台後半。
    イベントを通過した事で目先、これ以上に円高に
    振れることはないと思われた。
    しかし、後場にドル/円が一時111台へ突入。
    予想外のドル/円の動きに売りが強まった。
    ただ、売り一巡後に日経平均は下げ渋る動き。
    一目均衡表の転換線(16893円)が下値サポートとして機能。
    また、上向きに転じた25日移動平均線(16426円)もサポー
    トとなる見通しだ。
    引き続きドル/円の動向への懸念が残るものの株価は底型さ
    を示し、上昇に向かう見通しだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-17【東京市場前場概況と後場の見通し】

    日経平均は3日ぶり反発235円高 円高も米株高を好感
    
    ドル/円が円高に振れていたことからやや売り優勢での
    スタートが予想されたが以外にも買い先行スタート。
    米FOMCで年内の想定利上げペースを引き下げ、
    米株が堅調に推移したことなどが好感された。
    日経平均は133円高、17100円を回復して始まると上げ
    幅を拡大、278円高まで上昇する場面も見られた。
    その後、やや戻り売りに押されたが高値圏を維持し
    堅調な展開となった。
    
    前場日経平均終値は+235.12円の17209.57円。
    
    東証1部の出来高は9億1033万株、売買代金は9445億円。
    騰落銘柄数は値上がり1559銘柄、値下がり274銘柄、
    変わらず111銘柄。
    
    業種別では値上がりが31業種、値下がりが2業種。
    値上がりトップは鉱業、機械、保険。
    値下がりは空運、食料品のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は出来過ぎと言っていいほど理想の形。
    移動平均線チャートでは5日線を上回って始まり
    上げ幅を拡大。
    日足一目均衡表では転換線(16893円)がサポート
    となっていたなか雲下限(16828円)を突破。
    次に雲上限(17721円)突破を目指す展開か。
    価格帯別出来高では16900-17100円での積み上が
    りが大きいところ、この水準を明確に抜ければ
    その可能性は高まる。
    直近高値が3/14の17291円。利益確定売りなどが
    出やすい水準にはあるが後場も引き続き高値圏を
    維持できるかが焦点。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-17【東京市場見通し】

    円高により上値重いも米株高などを支えに底堅い展開
    
    注目イベント米FOMCでは予想どうり政策金利据え置き。
    ただ、年内の利上げ見通し回数を4回から2回に半減す
    ると示した。このことを好感し米株は堅調な展開。
    一方でドル/円は円高に推移し前日の113円台から112円台へ。
    112.80円近辺での推移となっている。
    円高が日本株の上値を抑える要因となりそうだ。
    ただ、米株高を支えに下値は底堅いと予想される。
    また、各イベントを通過したことで年度末に向けて先高観
    が高まりやすいところでもある。
    日経平均は直近2日間で250円超の下落。
    底型さを示したあと下落の反動から意外高となる可能性も
    あるだろう。
    
    本日の日経平均予想レンジは16900-17200円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り1210万株 買い710万株
    差し引き500万株の売り越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が112円台後半。
    (16日東京市場終値113.63円)
    
    ユーロ/円が126円台半ば。
    (16日東京市場終値125.39円)
    
    
    16日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって上昇。
    注目されたFOMCでは予想どうり政策金利は据え置き。
    ただ、年内の利上げ回数の見通しについては4回から2回
    に半減するとの見通しが示された。
    このことを好感しNYダウは一時120ドル超えの上昇となるな
    ど堅調に推移。
    NYダウ終値は+74.23の17325.76、
    NASDAQは+35.30の4763.97、
    S&P500は+11.29の2027.22。
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-03-16【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    ベステラ <1433> 決算発表。
    今期経常5%増、3期連続最高益更新へ。
    
    クロスキャト<2307> 業績、配当修正発表。
    今期経常11%上方修正、配当も2円増額(12円)。
    
    エニグモ<3665> 決算発表。
    16年1月期の連結最終損益は赤字転落も今期最終は
    黒字浮上見通し。
    
    リョービ<5851> 業績、配当修正発表。
    今期経常10%上方修正、配当も1円増額(9円)。
    
    岡村製<7994> 業績、配当修正発表。
    今期経常6%上方修正し最高益予想上乗せ、
    配当も4円増額(24円)。
    
    ナイガイ<8013> 決算発表。
    今期経常2.3倍増益へ。
    
    アルデプロ<8925> 決算発表。
    上期経常が11倍増益で着地、11-1月期も20倍増益。
    
    ピックアップ
    アルデプロ<8925> 終値122円
    (前日比+12円+4.20%)
    発表された決算は上期経営11倍増益、
    11-1月期も20増益と好決算。
    決算期待もあり株価は本日堅調に推移。
    直近もみあいとなっている一目均衡表の雲上限(119円)から
    やや上放れ傾向。上昇トレンド転換と期待される形。
    
    
    その他の材料株を紹介
    配当増額修正。
    ウェルス<3772>、マツキヨHD<3088>、本多通信<6826>。
    
    ラック<3857> 三重県警とサイバー空間の脅威に対する
    共同対処協定を締結。
    
    ラクス<3923> 2月の月次売上高を発表。
    クラウドサービス全体の売上高前年同月比は121.6%と
    1月に続き高い伸び。ストック売上増加額が過去最高を記録。
    
    カイオム・バイオサイエンス<4583>
    開発を進めているTROP-2抗体に関する特許について、
    米国における特許付与の決定通知を受け取ったと発表。
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-16【本日動いた注目株を紹介】

    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め14銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    一時S ファーマF<2929>、一時S アンビション<3300>、
    S 昭栄薬品<3537>、S サイオス<3744>、
    一時S シリコンスタ<3907>、S PCIHD<3918>、
    S Vゴルフ<3931>、一時S クリエアナ<4336>、
    S トリケミカル<4369>、S カイオム<4583>、
    一時S MRT<6034>、S GMOメディ<6180>、
    S MAGHD<8073>、S アジア航<9233>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め無し。
    
    ピックアップ。
    GMOメディ<6180> 終値3800円(S高)
    オンラインゲームサイト「ゲソてん」が
    ビットコイン決済に対応と報じられ買いが
    集まった。
    テクニカル面では直近の上値抵抗となって
    いた75日移動平均線(3249円)超え。
    日足一目均衡表の雲(2866-3525円)を抜け、
    上昇トレンド転換。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    サイバネットシステム<4312> 東証1部上昇率1位。
    
    ソニー<6758> 3%超えの上昇。プレイステーションVRの製品発表。
    
    アイフル <8515> 大幅高。野村證券が投資判断を格上げ。
    
    ピックアップ
    ソニー<6758> 終値2883円
    (前日比+89円+3.19%)
    プレイステーションVRの製品発表。
    業績拡大につながるとの期待感から買われた。
    テニクニカル面でも直近の上値抵抗となっていた
    日足一目均衡表の雲上限(2840円)を突破。
    次に200日移動平均線(3145円)を試す展開となりそうだ。
    
    
     ピックアップ銘柄などのより詳しい見通しや詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-16【東京市場概況】

    日経平均は続落 142円安 米FOMC結果発表前で利益確定売り優勢
    
    前場の日経平均は売り先行も底堅さを示していた。
    しかし、後場は再び売り優勢の展開へ。
    米FOMC結果発表を前に買いが手控えられるかっこうとなった。
    日経平均は節目17000円前後でもみあいとなるなか終値で3日
    ぶりに17000円を割れた。
    
    日経平均終値は-142.62円の16974.45円。
    
    東証1部の出来高は18億6149万株、
    売買代金は1兆9118億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり486銘柄、値下がり1340銘柄、
    変わらず118銘柄。
    
    業種別では値上がりが4業種、値下がりが29業種。
    値上がりは空運、水産・農林、食料品、その他製品。
    値下がりトップは銀行、鉄鋼、証券。
    
    日経平均は2日続落、節目17000円を割れとなった。
    ただ、悲観的になるところではない。
    テクニカル面での日経平均は日足一目均衡表の雲(17224円)に
    沿って上値を抑えられているが転換線(16893円)が下値サポート。
    また、25日移動平均線(16337円)が上向きに変わってきており戻
    りトレンドは崩れていない。
    注目される今晩の米FOMCは利上げを見送りの予想。
    その後のイエレンFRB議長の会見でも悲観的な発言はしないだろう。
    仮に多少下振れたならば丁度良い押し目買いチャンスと見る。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-16【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続落65円安 一時17000円割れもさげしぶり
    
    朝方、ドル/円が円高方向に振れていたことなどから
    日本株は売りが先行、日経平均は135円安、
    節目17000円割れでのスタートとなった。
    ただ、売り先行後は下げ渋る展開となり下げ幅縮小。
    今晩の米FOMCの結果を見極めたいとの思惑から上値も
    重いが売り込まれる動きにはない。
    
    前場日経平均終値は-65.70円の17051.37円。
    
    東証1部の出来高は9億2049万株、
    売買代金は9272億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり738銘柄、値下がり1039銘柄、
    変わらず167銘柄。
    
    業種別では値上がりが7業種、値下がりが26業種。
    値上がりトップは空運、水産・農林、食料品。
    値下がりは銀行、鉄鋼、保険など。
    
    
    後場の見通し
    
    後場も引き続き米FOMC結果発表を控え方向感に欠ける展開。
    日経平均は5日移動平均線(17038円)どころで底堅く推移。
    日足一目均衡表の転換線(16893円)などがサポートとなって
    いる。
    一方でマザーズ、ジャスダックなどは小幅ながらプラスと
    しっかりとした展開。
    後場も外部環境に左右され難い中小型株などへの物色が中
    心の相場となりそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-16【東京市場見通し】

    米FOMCを前に様子姿勢が強い中、円高を重しに売り先行
    
    昨日の海外株は欧州が資源価格の下落を受け軟調、
    米株はFOMCを控え様子見姿勢でまちまちの動き。
    為替相場ではドル/円が現在は113円台前半での推移
    となっているが一時112円台をつける場面があるな
    ど円高方向。
    日本株は円高を嫌気し売り優勢でのスタートが予想される。
    CME225先物が16835円(大証日中終値比-125円)。
    3月期末配当落ち分130円弱を考慮すると
    日経平均は節目17000円近辺での寄り付きとなりそうだ。
    (前日日経平均終値17117.07円)
    先日の日銀会合では追加緩和は無し、黒田総裁の会見でも
    先々の緩和を示唆するような発言は無かった。
    今晩のFOMCでは追加利上げは見送られるとの見方が強く、
    ドル/円は円高に傾きやすい。
    上値を抑える要因とはないやすいが直近の米株が上昇基調、
    FOMC後も堅調な展開が続くとの期待は大きい。
    そうしたことから、日本株も売り込まれる場面には無い。
    日経平均が17000円を割るところでは、それなりの買いが
    入ると思われる。売り先行後は下げ渋る展開となりそうだ。
    物色は主力株に手掛かにくさがあるなか、
    中小型のテーマ株へ向かいそうだ。
    
    本日の日経平均予想レンジは16800-17200円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り1230万株 買い1110万株
    差し引き120万株の売り越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が113円台前半。
    (15日東京市場終値113.06円)
    
    ユーロ/円が125円台後半。
    (15日東京市場終値125.64円)
    
    
    15日の米株市場概況
    
    まちまち。NYダウは小幅に3日続伸もNASDAQ、
    S&P500は下落。
    基本的には16日のFOMC会合の結果公表を前に
    様子見の展開。
    一時、NYダウはNY原油先物が続落、発表され
    た経済指標が冴えず108ドル安となったが引け
    にかけて買い優勢となり小幅高で終えた。
    NYダウ終値は+22.40の17251.53、
    NASDAQは-21.61の4728.67、
    S&P500は-3.71の2015.93 。
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-03-15【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    ケイアイ不<3465>業績、配当修正発表。
    今期経常33%上方修正し最高益予想を上乗せ、配当も14円増額。
    
    ネオジャパン<3921> 決算発表。
    今期経常は9%増2期連続最高益更新へ。
    
    トリケミカル<4369> 決算発表。
    今期経常52%増2期連続最高益、年間配当6円増配へ(16円)。
    
    ACCESS<4813> 決算発表。
    前期経常一転し黒字で上振れ着地、今期は5.6倍増益へ
    
    デザインワン<6048> 業績修正発表。上期経常を45%上方修正。
    
    ヤーマン<6630> 決算発表。
    5-1月期(3Q累計)経常黒字浮上で着地、11-1月期も黒字浮上。
    
    MICS化学<7899> 決算発表。
    5-1月期(3Q累計)経常4.6倍増益着地、11-1月期も2.6倍増益。
    
    ピックアップ
    MICS化学<7899> 終値298円
    (前日比+12円+4.20%)
    5-1月期(3Q累計)経常4.6倍の8800万円に急拡大。
    11-1月期も2.6倍増益の5500万円に急拡大と好決算を発表。
    テクニカル面でも移動平均線チャートで200日線(285円)を
    回復。日足一目均衡表の雲抜け(293円)となっており上昇
    トレンド入りに期待がかかる。
    
    
    その他の材料株を紹介
    配当増額修正。
    電算<3640>、丸三<8613>など。
    
    自社株買い発表。
    キユーピー<2809>、ロングライフ<4355>、USS<4732>、
    中北製<6496>、ナカバヤシ<7987>、福山運<9075>、
    大谷工業<5939>。
    
    UBIC<2158> 日本で特許を取得
    (テキストから感情を抽出する技術)
    
    uitment<2124> 2月度売上高発表。前年同月比35%増。
    
    ワールドHD<2429> 22日付でジャスダックから東証2部へ市場変更
    
    バルニバービ<3418> 株主優待制度を導入。
    
    パピレス<3641> 株式分割発表。
    
    バイテックHD<9957>GPS付移動体向け防災デジタルラジオを
    販売に乗り出すと発表。
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-15【東京市場概況】

    日経平均は4日ぶりに反落 日銀金融政策現状維持で利益確定売り
    
    本日の日本株は朝方、やや売り優勢で始まると前場は
    日銀金融政策決定会合の結果待ちで様子見ムード、
    小動きな展開となっていた。(日経平均の前場は7円安)
    後場に入って日銀による政策現状維持が伝わると利益
    確定売りに押され、日経平均は一時は191安まで下落。
    ただ、売り一巡後、引けにかけて下げ渋った。
    
    日経平均終値は-116.68円の17117.07円。
    
    東証1部の出来高は20億9325万株。
    売買代金は2兆1123億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり843銘柄、値下がり947銘柄、
    変わらず152銘柄。
    
    業種別では値上がりが8業種、値下がりが25業種。
    値上がりは小売り、情報・通信、電気・ガスなど。
    値下がりは保険、鉱業、鉄鋼など。
    
    日銀の金融政策決定会合については予想どうりの現状維持。
    大きな失望は無かったが前日までの上昇の反動から利益確
    定売りのきっかけとはなった。
    ただ、売り一巡後は下げ渋る動きが見られ底堅い。
    日経平均の節目17000円どころは5日移動平均線(16956円)、
    日足一目均衡表の転換線(16893円)などが下値サポート。
    米FOMCの結果待ちとなるなか、それらをサポートに明日も
    底堅い展開が見込まれる。
    上値は一目均衡表では雲を抜けれるかが焦点。
    本日は結果的に雲下限(17397円)どころで上値をおさえら
    れたかっこうだが明日は雲下限が17225円辺りに切り下が
    る。雲下限を捉えてくるか注目。その後も雲上限が切り
    下がる。米FOMCを無難に通過すれば雲抜け、引き続き戻
    り基調の相場が続く見通し。
    基本的に今は買いスタンスでポジションを取るところに
    ある。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-15【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小反落 7円安 日銀会合結果待ちで様子見姿勢
    
    朝方、前日の米株や為替が小動きとなり材料に欠けるなか、
    日本株は直近の上昇から利益確定売り優勢でのスタートと
    なった。日経平均は小幅安で寄り付くとその後は日銀会合
    の結果待ちで方向感に欠ける展開。前場の値幅は上下79円
    と小幅で前場引けは7円安となった。
    日経平均前場終値は-7.46円の17226.29円。
    
    東証1部の出来高は8億6032万株。
    売買代金は8369億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1041銘柄、値下がり770銘柄、
    変わらず131銘柄。
    
    業種別では値上がりが12業種、値下がりが21業種。
    値上がりトップは電気・ガス、小売り、空運。
    値下がりはトップは保険、銀行、鉱業。
    
    
    後場の見通し
    
    前場は日銀決定会合待ちとなり様子見ムード。
    結果は金融政策現状維持の見通し。
    予想通りとなれば、一時的に仕掛け的な売りが
    出る可能性はある。
    ただ、大きく失望されることなく売り一巡後は、
    引け後の黒田日銀総裁の会見や米FOMC(15-16日)待ち。
    また、次回会合での緩和期待などからしっかりとした
    展開となりそうだ。
    引き続き、戻りトレンドは継続される見通し。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
     
    
     
  • 2016-03-15【東京市場見通し】

    序盤は様子見姿勢 日銀金融政策決定会合の結果で上下する場面あり
    
    昨日の海外株は欧州がおおむね堅調、米株はFOMCなどを
    前に積極的な売買は手控えられたがしっかりとした展開。
    NYダウは連日で今年の高値を更新している。
    為替相場はドル/円は113円台後半で落ち着いている。
    外部環境が小動きで材料に乏しいなか、日本株は先週から
    前日まで日経平均が3連騰中、やや利益確定売り優勢のス
    タートとなりそうだ。
    その後は日銀金融政策決定会合の結果が公表されるまで
    様子見姿勢の強い展開。
    追加緩和の可能性は低いとの見かたが多いなか、
    何らかのサプライズがあれば素直に好感する展開、
    現状維持だとしても多少振れる可能性はあるが大きな失望
    は無い見通し。
    また、引け後の黒田総裁の会見により注目が集まる。
    ECBが発表した予想外に強力な景気刺激策は日銀の姿勢にも
    影響を与えると考えられ会見での発言が注目されるところだ。
    今日の見通しは日銀会合でサプライズあれば大幅高、
    そうでなくても下値では買いの入る底堅い展開を見込む。
    
    本日の日経平均予想レンジは17000-17600円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り1220万株 買い1340万株
    差し引き120万株の買い越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が113円台後半。
    (14日東京市場終値113.79円)
    
    ユーロ/円が126円台前半。
    (14日東京市場終値126.32円)
    
    
    14日の米株市場概況
    
    横ばい。NYダウ、NASDAQは小幅高、S&P500が小幅安。
    16日のFOMC会合の結果公表のほか、日本や英国、
    スイスなどの主要国の政策イベントを前に積極的な
    取引は控えられた。
    ただ、NY原油先物が3.43%安と大幅に反落するなか、
    主要指数はしっかりとした展開だった。
    NYダウ終値は+15.82の17229.13、
    NASDAQは+1.81の4750.28、
    S&P500は-2.55の2019.64。
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-03-14【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    アルトナー<2163> 決算発表。
    今期経常16%増で2期連続最高益、
    前期の年間配当を30円→35円。
    今期も前期比5円増の40円に増配。
    
    かどや製油<2612> 業績、配当修正発表。
    今期経常26%上方修正、配当も10円増額。
    
    ストリーム<3071> 決算発表。
    今期経常33%増益見通し。3期連続増収、4期連続増益。
    
    ユニゾHD<3258>業績修正発表。
    今期経常5%上方修正し最高益予想を上乗せ。
    
    多摩川HD<6838> 業績修正発表。
    今期経常78%上方修正、
    減益率79.6%減→63.6%減に縮小見通し。
    
    オービス<7827> 決算発表。
    11-1月期(1Q)経常4.1倍増益。
    
    正栄食<8079> 決算発表。
    11-1月期(1Q)経常65%増益着地。
    
    ピックアップ
    アルトナー<2163> 終値1205円
    (前日比+85円+7.59%)
    発表された決算内容は申し分なく好決算。
    2期連続最高益に加えて配当も増額。
    テクニカル面では75日移動平均線(1224円)、
    日足一目均衡表の雲(雲上限1209円)が直近の上値抵抗。
    これらを突破、12/2昨年来高値1648円を目指す展開に期待。
    
    
    その他の材料株を紹介
    物語コーポ<3097> 2月既存店売上高が前年同期比0.7%増。
    (3ヶ月連続プラス)
    
    DDS<3782> 情報漏洩対策「EVE FA」の
    2要素対応バージョンを発表。
    
    カイオム<4583> スイス社とLIV-2008bの
    オプションライセンス契約を締結へ。
    
    サン電子<6736> 配当修正発表。
    16年3月期の期末一括配当を15円→20円。
    
    3Dマトリックス<7777>「がん幹細胞の治療等」に
    関する国立がん研究センターとの共同特許を取得。
    
    自社株買い発表。
    エプコ<2311>、日機装<6376>、モルフォ<3653>、
    六甲バタ<2266>、バンドー<5195>。
    
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-14【3/14 本日動いた注目株を紹介】

    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め18銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    S キューブシス<2335>、一時S シンワアート<2437>、
    S アウン<2459>、S コーセーRE<3246>、
    S フジタコーポ<3370>、一時S フォーシーズ<3726>、
    S データセク<3905>、一時S ALBERT<3906>、
    S ペプドリ<4587>、S サイジニア<6031>、
    S MRT<6034>、S りたりこ<6187>、
    一時S オカアイヨン<6294>、S 太洋工業<6663>、
    一時S アルチザ<6778>、S クボテック<7709>、
    一時S インターアク<7725>、一時S ジシステム<9758>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め無し。
    
    ピックアップ。
    アウン<2459> 終値324円(S高)
    先週末11日にフィードフォースと共同で多言語対応の
    データフィードサービスを推進すると発表。
    好感した買いが入りS高。
    テクニカル面では移動平均線チャートで75日線(260円)、
    200日線(277円)超え。日足一目均衡表で雲抜け(雲上限290円)。
    引き続き強い展開が見込まれる。
    目先の上値メドは400円。
    その水準を突破すれば8/13昨年来高値528円を目指す展開も。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    アイスタイル<3660> 
    小売店支援事業を開始と発表し買われる展開。
    
    丹青社<9743> 先週末の決算を好感され大幅高。
    
    ファーストリ<9983> 3日続伸と堅調。
    
    人工知能(AI)関連が堅調。
    ブレインパッド<3655>、テクノスジャパン<3666>、
    ロゼッタ<6182>。
    
    業種別値上がりトップの保険株。
    第一生命<8750> 、MS&AD<8725> 、東京海上<8766>など。
    
    ピックアップ
    アイスタイル<3660> 終値965円
    (前日比+36円+3.88%)
    本日、小売店支援事業を開始と発表。
    第1弾として店頭送客(020)支援サービス
    「@cosmeお店ガイド」を立ち上げ。
    直近の株価は900円台前半でのもみあい。
    本日の上昇でもみあいからやや上放れ。
    上昇トレンド転換となるか。
    980-1000円を突破できるかが焦点。
    
    ブレインパッド<3655> 終値861円
    (前日比+105円+13.89%)
    人工知能関連からピックアップ。
    各移動平均(75日、25日、5日)や日足一目均衡表の雲
    (雲上限755円)から本日の大幅高で上放れ。
    次に1/5高値905円、週足一目均衡表の雲上限(910円)。
    この水準を突破すれば上昇に拍車がかかる。
    
    
     ピックアップ銘柄などのより詳しい見通しや詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-14【東京市場概況】

    日経平均は大幅に3日続伸 17200円台回復 後場は伸び悩み
    
    朝方から先週末の欧米株高や為替、原油相場の落ち着き
    などを好感し買いが先行。
    日経平均は節目17000円を上回って寄り付くと上げ幅を拡大、
    一時は352円高となり17300円に迫った。
    後場からは明日まで開催の日銀金融決定会合を前に様子見姿
    勢の強い展開、利益確定売りに押される場面もあった。
    しかし、その後は持ち直し17200円台は維持し本日の取引を
    終えた。
    
    日経平均終値は+294.88円の17233.75円。
    
    東証1部の出来高は20億1978万株、
    売買代金は2兆620億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1702銘柄、値下がり177銘柄、
    変わらず63銘柄。
    
    業種別では値上がりが32業種、値下がりが1業種のみ。
    値上がりトップは保険、銀行、不動産。
    値下がりは食料品のみ。
    
    明日は日銀金融政策決定会合の結果、黒田総裁の会見に
    注目が集まる。
    前回はマイナス金利導入で市場は混乱、結果的に年初か
    らの株安に拍車をかけた。
    ただ、今回は前回と相場環境が大きく異なる。
    会合前に落ち着きを取り戻しており上昇基調。
    追加緩和への市場の期待はそれほど高まっておらず、
    ノーサプライズとなっても失望とはならないだろう。
    また、その後に今週は米FOMCを控えており、
    日銀イベントが売り材料とはなりづらい。
    テクニカル面では日経平均の本日終値が17233.75円。
    日足一目均衡表の雲(17415-18014円)がすぐ上に控える。
    上値抵抗となるか、あっさり雲抜けとなるか注目される。
    その他、騰落レシオが115%強と過熱感の目安120%迫って
    いることを考えると一端は雲を上値抵抗として意識、
    短期的な調整が入っていもおかしくない。
    ただ、そうなっても値幅調整は僅か、
    本日回復した節目17000円などが下値サポートとなる見込み。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-14【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅3日続伸 352円高 17200円回復
    
    日本株は朝方から買い先行でスタート。
    ECBによる追加金融緩和を改めて評価する動きが欧州で広がり
    米株もその流れに乗り堅調だったこと、為替相場も落ち着い
    た動きとなっていることなどが好感された。
    日経平均は寄り付きから節目17000円を回復するとその後も
    上げ幅を拡大、一時は17300円に迫る場面が見られた。
    中国が堅調に推移し安心材料となっているようだ。
    
    日経平均前場終値は+352.28円の17291.15円。
    
    東証1部の出来高は10億4001万株、
    売買代金は1兆128億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1785銘柄、値下がり115銘柄、
    変わらず42銘柄。
    
    業種別では全33業種が上昇。
    値上がりトップは保険、銀行、海運。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は先週末のもみあいレンジ16500-17000円から
    一つ水準を上げてきている。
    前場、大幅高となったことで今後は17000円がサポート
    として意識されるだろう。
    価格帯別出来高の商いが膨らんでいるところを突破した
    ことでさらに上方向へ傾きやすくもなっている。
    引き続き、後場も堅調な展開が続くと見られる。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
     
    
    
  • 2016-03-14【東京市場見通し】

    買い先行 日経平均は続伸スタート 欧米株高好感 戻り強める展開か
    
    先週末、日本株含めアジア株が上昇した流れから、
    欧米株もECBの追加緩和を改めて好感し大幅高。
    加えて原油価格の上昇も好材料と反応された。
    (主要指数NYダウとS&P500は終値で今年最高値更新)
    また、ドル/円も113円台後半と落ち着いた動き。
    今日の日本株は先週末に続いて買い優勢の展開を
    見込む。
    CME225先物が17050円(大証日中終値比+200円)と
    節目17000円を超えている。
    日経平均も節目超えでのスタートが期待される。
    これまでのもみあいから水準を上げるかっこうだ。
    17000円どころでは利益確定売りも予想されるが
    今後は節目17000円を下値サポートして意識。
    本日、17000円を超え終えればその意識は増す。
    また、米主要指数NYダウとS&P500は終値で今年最
    高値更新したことなどを考えると日本株も戻りを
    強める可能性は高いだろう。
    
    本日の日経平均予想レンジは17000-17300円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り620万株 買い860万株
    差し引き240株の買い越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が113円台後半。
    (先週末11日東京市場終値113.71円)
    
    ユーロ/円が127円どころ。
    (先週末11日東京市場終値126.75円)
    
    
    先週末11日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって大幅高。
    アジア株の上昇した流れから欧州株も10日ECBの緩和策が
    改めて評価する動きから上昇した。
    米株もその流れに乗り買い先行。
    加えてNY原油先物が反発したこと好感された。
    NYダウは今年の終値ベース高値17158.66(1/5)を上回った。
    NYダウ終値は+218.18の17213.31、
    NASDAQは+86.31の4748.47、
    S&P500は+32.62の2022.19。
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-03-11【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    コーセーRE<3246> 決算発表。
    今期経常23%増、2期ぶり最高益見通し。
    年間配当大幅増配15円(40円)へ。
    
    山岡家<3399> 決算発表。
    今期経常15%増、2期連続最高益更新見通し。
    
    ケーエフシー<3420> 業績、配当修正発表。
    今期経常を一転し18%増益に上方修正し最高益。配当も10円増。
    
    戸上電<6643>業績、配当修正発表。
    今期経常を一転し9%増益に上方修正し最高益配当も4円増額。
    
    丹青社<9743> 決算発表。
    前期経常が一転し増益で上振れ着地、今期は5%増益。
    
    ピックアップ
    山岡家<3399> 終値1532円
    (前日比+96円+6.99%)
    発表された決算は今期経常15%増、2期連続で過去最高益を
    更新する見通し。3期連続増収、5期連続増益になる。
    株価は移動平均線チャートで75日線(1475円)回復。
    日足一目均衡表の雲抜け(雲上限は1522円)。
    決算を好感し、これらから上放れに期待。
    
    
    その他の材料株を紹介
    ヒビノ<2469> エレクトリ社を子会社化。
    (エレクトリ社は業務用音響・映像及び制御機器や
    家庭用ハイエンドオーディオ機器の輸入販売を手掛ける)
    
    鳥貴族<3193> 4/1付で東証1部に指定。(現在は東証2部)
    
    ソフトバンク<9984> グループ企業ソフトバンクロボティ
    クスがマイクロソフトとクラウドロボティクス分野で戦
    略的協業を行うと発表。
    
    土木管理<6171> 株式分割を発表。
    
    配当増額修正。
    タクミナ<6322>、王将フード<9936>。
    
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-11【本日動いた注目株を紹介】

    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め12銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    一時S JCコムサ<2876>、S ミサワ<3169>、
    S フジタコーポ<3370>、S アクセルM<3624>、
    S モブキャス<3664>、S サイオス<3744>、
    一時S ウェルス<3772>、一時S 神島化<4026>、
    S ペプドリ<4587>、S 鬼ゴム<5196>、
    S サイジニア<6031>、S MRT<6034>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め無し。
    
    ピックアップ。
    アクセルM<3624> 終値1029円(S高)
    ソーシャルゲーム関連の当銘柄。
    16年春にサービス開始を予定している
    対戦RPG「ワールドクロスサーガ」の
    事前登録を開始と発表され買いを集めた。
    直近の株価動は移動平均線チャートで
    25日線(798円)-75日線(907円)間で推移。
    本日の上昇で75日線超えとなり、もみあいから上放れ。
    次に日足一目均衡表の雲抜けとなるかが焦点。(雲上限は1151円)
    
    ペプドリ<4587> 終値5100円(S高)
    国内銀行系証券が目標株価を大幅に引き上げたことが
    材料となった。(目標株価を5070円⇒9230円)
    3/4昨年来高値4750円を更新し青天井。
    引き続き強い展開が見込まれる。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    積水ハウス<1928>
    前日発表の自社株買いなどを好感。
    
    ディップ<2379>
    前日発表の決算を好感し3日大幅続伸。
    
    メガバンクが軒並み高。
    三菱UFJフィナンシャルグループ<8306>、
    三井住友フィナンシャルグループ<8316>、
    みずほフィナンシャルグループ<8411>。
    
    
     ピックアップ銘柄などのより詳しい見通しや詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-11【東京市場前場概況と来週の見通し】

    日経平均は続伸86円高 売り先行も後場にプラスに転換
    
    前場の日経平均は売り優勢の展開。
    前日の欧米株や為替相場の乱高下が嫌気された。
    ただ、売り一巡後は底堅く推移し前場を終え、
    後場にはプラスに転換。
    NY原油先物や米株価指数先物が時間外取引で上昇。
    また、円高に振れていたいドル/円が
    113円台半ばまで戻したことなどが好感された。
    日経平均は節目17000円を一時回復、引けにかけては
    週末要因もあり伸び悩んだがしっかりプラス圏を維持し
    本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+86.52円の16938.87円。
    
    東証1部の出来高は27億6156万株、
    売買代金は3兆883億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1295銘柄、値下がり533銘柄、
    変わらず115銘柄。
    
    業種別では値上がりが28業種、値下がりが5業種。
    値上がりで目立ったのは銀行、鉄鋼。
    値下がりは鉱業、サービス、ゴム製品など。
    
    
    来週の見通し
    
    来週の日本株は買い優勢、売りに傾いても底堅い展開。
    来週は14、15日に日銀金融政策決定会合、
    15、16日には米FOMCを控える。
    注目イベントを前に週明けは方向感が出にくい。
    日経平均は節目17000円が上値抵抗として意識されそうだ。
    ただ、前日の乱高下した欧米株が今晩、ECB理事会の追加
    緩和策を見直し堅調な展開となれば週明けの日経平均は強く、
    節目17000円超スタートの可能性もある。
    週半ばは日銀会合、米FOMC。
    今回の日銀会合では追加緩和の可能性は低いとの見方が多い。
    追加緩和無しとなっても影響は限定的。
    むしろ4月会合への期待感が残り好材料となる可能性も。
    続いて米FOMCでは利上げの可能性は低いとの見方。
    予想どうり利上げ無しとなれば無難に通過するだろう。
    また、日経平均は現水準を維持していれば、25日移動平均線
    (16320円)が週半ばに上昇に転じる見通し。
    そうなれば下値サポートして、より強く意識される形にもな
    り下値は底堅いだろう。
    
    来週の日経平均予想レンジは16400-17500円。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-11【東京市場前場概況と後場の見通し】

    日経平均は反落146円安 一時276円安も下げ渋りの展開
    
    昨日の海外株がECB理事会、その後のドラギ総裁の
    会見での発言から乱高下、ドル/円が円高に振れて
    いたことかあ日本株は売り先行、全33業種全て下落
    でスタートとなった。
    日経平均は一時276円安となり16600円を割る場面が
    あった。
    しかし、売り一巡後は下げ渋る展開。
    ドル/円が113円どころで底堅く推移していることや
    長期金利のプラス圏浮上などで銀行株が上昇、相場
    下支え要因となっている。
    
    前場日経平均終値は-146.80円の16705.55円。
    
    東証1部の出来高は15億1444万株、
    売買代金は1兆7750億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり793銘柄、値下がり983銘柄、
    変わらず166銘柄。
    
    業種別では値上がりが4業種、値下がりが29業種。
    値上がりは鉄鋼、銀行、水産・農林、空運。
    値下がりトップは鉱業、機械、保険。
    
    
    後場の見通し
    
    売り一巡後の日経平均は底堅く推移。
    節目16500円、一目均衡表の転換線(16450円)、
    25日移動平均(16311円)などと下値サポート多い。
    後場も引き続き、底堅さを維持すると予想される。
    また、直近は後場に強含む傾向にある。
    基本的には週末要因などから様子見ムードの強い展開が
    見込まれるがプラスに切り返す可能性もある。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-11【東京市場見通し】

    注目のECB理事会を受けて海外株が荒い展開 売り先行後様子見か
    
    昨晩、注目されたECB理事会では予想以上の積極的な
    緩和策を決定。発表直後は欧米株は買いで反応され、
    為替相場も円安に振れていた。
    しかし、その後にドラギ総裁が会見で現時点でさら
    なる追加緩和策には否定的な見解を示した。
    それにより、欧米株、為替とそろって反転し軟調な
    展開となった。
    日本株はそうした流れから売り優勢の展開。
    CME225先物が16545円(大証日中終値比-165円)。
    日経平均は売り先行でのスタートが予想される。
    (日経平均前日終値16852.35円)
    ただ、米国株は失速したあとやや持ち直し、S&P500
    がプラスで終えていることを考えると日本株もそれ
    なりに底堅さを示すと思われる。
    ドル/円が一時114円台と円安に振れた後に大幅に円高
    振れ、現在は113円どころでの推移。
    この水準での推移が続けば日経平均は売り先行後、
    16500円どころで底堅い動きを見せる見通しだ。
    また、今回のECB理事会が波乱の展開となったことで、
    来週の日銀金融決定会合やFOMCを見極めてたいとの動
    きが強まると予想される。
    週末要因も重なり売り先行後は全体的に方向感に乏し
    い展開となりそうだ。
    
    本日の日経平均予想レンジは16500-16800円。
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り2370万株 買い800万株
    差し引き1570株の売り越し
    
    
    為替市場
    
    ドル/円が113円どころ。
    (10日東京市場終値113.16円)
    
    ユーロ/円が126円台前半。
    (10日東京市場終値124.45円)
    
    
    10日の米株市場概況
    
    前日とほぼ変わらず。
    ECBの積極的緩和策を受けて一時は上昇した。
    主要な政策金利3つを軒並み引き下げ、
    毎月の資産買い入れ額も800億ユーロに拡大
    するなど予想を上回る積極的な緩和策を決定。
    しかし、その後のドラギECB総裁の会見でさら
    なる追加緩和策に否定的な姿勢を示した。
    それにより、堅調だった欧州株が下げに転じると
    米株もその流れから下落、NYダウは一時170ドル
    超えの下げとなった。
    ただ、下げ渋り前日終値付近で取引を終えた。
    NYダウ終値は-5.23の16995.13、
    NASDAQは-12.22の4662.16、
    S&P500は+3.01の1989.57。
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-03-10【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    PS三菱<1871>業績、配当修正を発表。
    今期経常52%上方修正、配当も1円増額。
    
    ディップ<2379> 業績、配当修正を発表。
    前期経常を19%上方修正し最高益予想を上乗せ、
    配当も7円増額。
    
    サトウ食品<2923> 決算発表。
    5-1月期(3Q累計)経常40%増益、通期計画超過。
    
    神島化<4026> 決算発表。
    5-1月期(3Q累計)経常49.3%増益、通期計画超過。
    今期配当4円増額。
    
    ピックアップ
    神島化<4026> 終値490円
    (前日比+44円+9.87%)
    決算発表。
    今期配当を4円増額修正(8⇒12円)とするなど好感される内容。
    株価はすでに決算期待から本日大幅高。
    ただ、200日移動平均線(513円)、日足一目均衡表の雲上限
    (495円)などが上値抵抗として意識されている。
    目先、これらを上抜ければ強い。
    
    その他の材料株を紹介
    ホクト<1379> 2月売上高前年同月比5.3%増。
    
    イーグランド<3294> 今期配当10円増額。
    
    ボヤージュ<3688> ゴールドスポットメディアを完全子会社化
    
    MRT<6034> 株式分割発表。
    
    日本アジア投資<8518> 奈良に30.0MW同社最大案件のメガソー
    ラー発電所を建設開始。
    
    自社株買い発表。
    ダスキン<4665>、三井ハイテク<6966>、TOKAI<3167>、
    積水ハウス<1928>、京阪電<9045>。
    
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-10【本日動いた注目株を紹介】

    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    一時S ブラス<2424>、一時S トランスG<2342>、
    S シンワアート<2437>、一時S マーケットE<3135>、
    S サイオス<3744>、S イメージ情報<3803>、
    S フィスコ<3807>、S ネクスG<6634>、
    S ソマール<8152>、一時S アパマンショ<8889>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め無し。
    
    ピックアップ。
    シンワアート<2437> 終値483円(S高)
    後場から急伸S高。
    2015/6/4昨年来高値更新。
    25日移動平均線(379円)水準でのもみあいから上放れ。
    青天井。明日以降も堅調な展開が見込まれる。
    
    フィスコ<3807> 終値450円(S高)
    直近の株価は各移動平均線(25、75日)などをサポートに
    底堅く推移。昨日には5日線を回復していた。
    そして本日S高の上昇となり日足一目均衡表の雲を抜けた
    (雲上限433円)。続いて2/3高値495円越えとなれば、1/14
    昨年来高値632円を目指す展開。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    グリー<3632> 後場から急伸。
    台湾HTCとVRの業務連携を好感。
    
    日本製紙<3863> 大幅高。
    クレディ・スイス証券が投資判断を格上げ。
    
    スズキ<7269> インドで生産する小型車「バレーノ」の
    国内販売を開始報じられ上昇。
    
    菱洋エレク<8068> 前日の決算、自社株買いを好感し大幅高。
    
    ピックアップ。
    グリー<3632> 終値597円
    (前日比+46円+8.35%)
    台湾のHTCと日本国内でのバーチャルリアリティ
    (VR)の業務連携を合意と発表。後場から急伸した。
    目先の上値抵抗は200日移動平均線(616円)。
    同線上抜けとなれば上昇トレンドに転換。
    本格上昇に期待がかかる。
    
    日本製紙<3863> 終値2054円
    (前日比+129円+6.70%)
    クレディ・スイス証券が投資判断をに格上げ、
    目標株価1700円⇒2100円に引き上げ。
    株価は200日移動平均線(2012円)を回復。
    日足一目均衡表でも雲を抜けた状態にあり上昇トレンド。
    引き続き堅調な展開を見込む。
    
    
     ピックアップ銘柄などのより詳しい見通しや詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-10【東京市場概況】

    日経平均は4日ぶりに反発210円高 円高一服を好感し買い優勢
    
    朝方から買い優勢の展開。前日の海外株が堅調だったこと、
    ドル/円が円安に振れていたことなどが好感された。
    日経平均は4日ぶりに反発してスタートするとその後も2月
    中国消費者物価指数(CPI)が市場予想を上回ったことから
    円安が進行し歩調を合わせるように上げ幅を拡大。
    後場には一時245円高まで上昇した。
    
    日経平均終値は+210.15円の16852.35円。
    
    東証1部の出来高は19億8326万株、
    売買代金は2兆431億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1680銘柄、値下がり198銘柄、
    変わらず65銘柄。
    
    業種別では値上がりが31業種、値下がりが2業種。
    値上がりトップはバルブ・紙、ゴム製品、繊維製品。
    値下がりは電気・ガス、不動産のみ。
    
    日経平均は4日ぶりに反発。昨日に一時割れたが終値では
    維持した節目16500円がサポートして機能したかっこう。
    本日は続いて5日移動平均線(16840円)を僅かながら回復。
    明日、同線から明確に上放れとなれば目先強い展開が見
    込まれる。
    注目されるのは為替の動向。本日も非常に連動性の強い
    動きとなっていた。
    今晩のECB理事会受けての為替動向に注目が集まる。
    事前にドラギ総裁が追加緩和を示唆しているだけに、
    欧米株の反応も期待外れとなる可能性はある。
    ただ、為替にネガティブな動きが出なければ日本株には
    無難に通過し堅調な展開と予想される。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-10【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反発163円高  海外株高や円安を好感
    
    寄り付きから日経平均は反発してのスタート。
    ドル/円が円安に振れていたことなどを好感し、
    主力株を中心に買い戻しが入っった。
    注目された中国2月生産者・消費者物価も市場予想を
    上回る結果となり好感。
    日経平均は200円超えの上げ幅となる場面も見られた。
    その後は今晩予定されている欧州中央銀行(ECB)
    理事会の結果を見極めたいとの動きから様子姿勢が
    広がっている。
    
    前場日経平均終値は+163.90円の16806.10円。
    
    東証1部の出来高は9億2933万株、
    売買代金は8936億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1603銘柄、値下がり252銘柄、
    変わらず85銘柄。
    
    業種別では値上がりが27業種、値下がりが6業種。
    値上がりトップは鉱業、バルブ・紙、繊維製品。
    値下がりは電気・ガスが特に目立った。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は5日移動平均(16831円)どころでの攻防。
    同線を強く上抜ければ後場は上げ幅を拡大する展
    開が期待されるが今晩に欧州中央銀行(ECB)理
    事会を控えていることから様子見姿勢を強めやす
    く難しいところか。
    前場、規模別指数では大型、中型、小型株指数そ
    ろって上昇するなか小型株の強さが目立つ。
    後場も引き続き、その流れは続く見通し。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-10【東京市場見通し】

    買い先行 欧米株高や円安を好感 その後は中国株動向注視
    
    昨日の海外株は欧米がECB理事会への期待感などから
    上昇。米株もその流れで買い優勢の展開。原油価格の上
    昇なども買い材料となった。
    本日の日本株は欧米株高を好感し買い優勢の展開。
    また、ドル/円が昨日の112円台から113円台と円安に振れ
    ていることも支援材料となりそうだ。
    CME225先物が16795円(大証日中終値比+165円)。
    日経平均はこの水準を意識した寄り付きが予想される。
    (日経平均前日終値16642.2円)
    買い先行後に注目されるのは中国株の動向。
    直近、中国経済の先行き懸念が再燃していることから、
    10時半発表予定の中国2月生産者・消費者物価が警戒される。
    結果を受けた中国株が軟調な展開となれば日本株も上値が
    重たくなる可能性がある。
    逆に中国株が堅調に推移すれば好材料。
    今週に入って日経平均は3日連続で3桁の下落。
    反動から値幅を伴った上昇が期待される。
    引けにかけては今晩のECB理事会を控えて様子見姿勢と
    なりそうだ。
    
    本日の日経平均予想レンジは16650-16900円
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り650万株 買い1140万株
    差し引き490株の売り越し
    
    
    為替市場
    
    ドル/円が113円台前半。
    (9日東京市場終値112.49円)
    
    ユーロ/円が124円台半ば。
    (9日東京市場終値124.44円)
    
    
    9日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって上昇。
    欧州株が10日の欧州中央銀行(ECB)理事会での
    追加緩和期待から上昇。
    欧州株高を好感し米株も上昇。
    原油価格が大幅に反発したことも支援材料となった。
    NYダウ終値は+36.26の17000.36、
    NASDAQは+25.55の4674.38、
    S&P500は+10.00の1989.26。
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-03-09【3/9 引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    昭和システム<4752> 業績修正
    今期経常6%上方修正し最高益予想を上乗せ。
    
    レントラクス<6045> 業績修正
    今期経常10%上方修正し最高益予想上乗せ。
    
    OSGコーポ<6757> 決算発表
    今期経常39%増益、配当を5円増配へ。
    
    菱洋エレク<8068> 決算発表
    今期経常92%増益、配当お10円増配へ。
    
    ピックアップ
    OSGコーポ<6757> 終値753円
    引け後に決算を発表。
    16年1月期の連結経常利益は前の期比45.5%増の
    5億円に伸び。
    17年1月期も前期比38.6%増の7億円に拡大見通し。
    8期連続増収、4期連続増益。
    テクニカル面では直近の上値抵抗が日足一目均衡
    表雲(雲上限758円)。
    本日の決算を好決算を好感し雲抜け。
    昨年来高値877円を目指す展開に期待。
    
    その他の材料株を紹介
    博報堂DYホールディングス<2433>
    2月度月次売上高で博報堂が7.9増。
    
    7&iHD<3382> カナダで148店舗を取得。
    
    自社株買い発表。
    LINK&M<2170>、アグロカネシ<4955>、
    富機製<6134>、リックス<7525>
    三谷商<8066>、菱洋エレク<8068>。
    
    ピックアップ
    LINK&M<2170> 終値128円
    (前日比-1円-0.78%)
    自社株買いを発表。
    取得し得る株式の総数:1,400,000株(上限)
    株式の取得価額の総額:224 百万円(上限)
    取得期間:2016/3/15~2016/4/14。
    直近の株価は200日移動平均(137円)手前でやや上値が重い。
    ただ、日足一目均衡表の雲を抜けた状態にあるなど上昇ト
    レンドにあった。
    上昇トレンドにあるなかでの自社株買い発表。
    上値の伸ばす展開に期待がかかる。
    
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-09【本日動いた注目株を紹介】

    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め10銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    一時S ブラス<2424>、S マーケットE<3135>、
    S サイオス<3744>、S インタートレ<3747>、
    S アドアーズ<4712>、S デジデザイン<4764>、
    S サイジニア<6031>、一時S 太洋工業<6663>、
    S ウィズ<7835>、一時S カーディナル<7855>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    一時S マネパG<8732>
    
    ピックアップ。
    マーケットE<3135> 終値1060円(S高)
    先月2/12決算を好感する形で株価は底を打ち、
    その後は700-800円間でもみあい。
    直近は今日のS高ふくめ4日続伸。
    節目1000円を回復するとともに75日移動平均線(1008円)を
    上回った。
    続けて一目均衡表雲抜けとなれば、いっそう上昇に弾みが
    つくところ。(雲上限は1122円)
    
    
    その他、本日動いた注目株
    PCデポ <7618> 前日発表の2月既存店売上高6.6%増を
    好感し5%超えの上昇。
    
    ボヤージュ<3688> 6%超えの上昇で6日続伸。
    
    本日業種別値上がりは2業種のみ。
    NTT<9432>、KDDI<9433>などの情報・通信。
    日水<1332>、ホクト<1379>などの水産・農林。
    
    ピックアップ。
    PCデポ <7618> 終値1033円
    (前日比+52円+5.30%)
    前日発表の2月の月次売上高を好感し続伸。
    (既存店売上高は前年同月比6.6%増、全店売上高は7.6%増)
    直近の株価は25日移動平均線(985円)水準でもみあいとな
    っていた。
    本日の上昇でもみあいから上放れ。
    目先2/17高値1088円超えから上値を伸ばす展開に期待。
    
    ボヤージュ<3688> 終値1511円
    (前日比+92円+6.48%)
    7日に発表された子会社がモバイルアプリ向けマーケ
    ティングのReproに出資。
    それらが好感されていることもあり今日まで6日続伸。
    移動平均線チャートでは75日線(1363円)回復。
    日足一目均衡表では雲抜け(雲上限1440円)。
    引き続き堅調な展開が見込まれる。
    
    
     ピックアップ銘柄などのより詳しい見通しや詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-09【東京市場概況】

    日経平均は3日続落140円安 前場16500円割れも後場下げ幅縮小
    
    朝方から外部環境の悪化を嫌気し売りが先行。
    日経平均は前場に一時節目16500円を割れた。
    ドル/円が円高に振れていたことに加えて中国上海総合指数が
    大幅に下げていたことなどが重しとなった。
    後場は昼休みの時間帯に円高が一服。
    日経平均先物が下げ渋った動きを受け買い先行でスタート。
    午後に2時過ぎには16700円台まで戻す場面も見られた。
    ただ、その後は戻り一服16600円台半ばで本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は-140.95円の16642.20円。
    
    東証1部の出来高は22億4920万株、
    売買代金は2兆2806億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり372銘柄、値下がり1477銘柄、
    変わらず94銘柄。
    
    業種別では値上がりが情報・通信、水産・農林の2業種のみ。
    値下がりは31業種。値下がりトップは海運、非鉄金属、
    鉄鋼など。
    
    日経平均は3日続落、3日とも3ケタの下落と大きい。
    昨日、今日と下げ渋る動きは見られるものの限定的。
    ECB理事会を前に様子見姿勢のなか積極的な買いが
    入りにくい。
    日本株に結果が反映されるのは11日の金曜。
    明日も引き続き様子見姿勢の強い展開のなか、
    為替、中国株の動向から先物主導で振らされる展開。
    そんななか物色は大型株よりも中小型。
    ただ、直近にぎわうテーマ株銘柄などは上昇一服、
    出遅れ感の強い中小型の銘柄に買いが向かいそうだ
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-09【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は3日続落267円安 円高や欧米株安が重しに
    
    寄り付きから欧米株安や円高が重しとなり売り先行。
    日経平均は157円安16600円台前半で寄り付つくとそ
    の後も下げ幅を拡げ、一時は節目16500円を割れた。
    中国景気の減速が懸念されるなか上海総合指数が大
    幅反落で始まったことも重しとなった。
    16500円どころではやや下げ渋る動きを見せている
    ものの戻りは限定的で安値圏での推移となっている。
    
    前場日経平均終値は-267.22円の16515.93円。
    
    東証1部の出来高は11億386万株、
    売買代金は1兆659億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり191銘柄、値下がり1678銘柄、
    変わらず71銘柄。
    
    業種別では値上がりが情報・通信の1業種のみ。
    値下がりが32業種で値下がりトップは海運、
    非鉄金属、鉄鋼、鉱業。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は一時16500円を割れるも一定の底堅さを
    示している。
    今週の下落はあくまでも月初からの上昇に対する
    調整と見られる。
    後場は昨日同様に円高が一服となれば戻す可能性も。
    ただ、今週末がメジャーSQ。
    メジャーSQ前の水曜日は荒れると言われており
    先物主導で振らされる可能性がある。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-09【東京市場見通し】

    外部環境がさえず売り先行 その後はドル/円の動向次第
    
    昨日の海外株は欧米市場はそろって下落。
    中国貿易指標の弱い結果を受けて中国経済への先行き不
    安が再燃した。
    また、連日強い動きが続いていた原油価格も上昇一服と
    なったことも重しとなった。
    海外株がさえない動きとなったことに加えて、ドル/円が
    112円台後半と円高に振れていることから日本株は売り
    優勢のスタートが予想される。
    CME225先物は16675円(大証日中終値比-125円)。
    日経平均はこの水準を意識した寄り付きとなりそうだ。
    (日経平均前日終値16783.15円)
    売り先行後はECB理事会やメジャーSQを前に様子見姿勢。
    ただ、中国リスクが意識されているだけに中国株の動向、
    引き続き、ドル/円の動向は注視する必要はある。
    日経平均の本日の下値メドは16500円。
    節目が一定のサポートとなる見込みだがドル/円や中国株
    の動向次第では割る可能性がある。
    逆にドル/円が円安、中国株が堅調な推移となれば下げ幅
    縮小、底堅い展開からプラスに転換する展開も見込まれる。
    
    本日の日経平均予想レンジは16450-16900円
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り2950万株 買い1620万株
    差し引き1330株の売り越し
    
    
    為替市場
    
    ドル/円が112円台後半。
    (8日東京市場終値112.85円)
    
    ユーロ/円が124円どころ。
    (8日東京市場終値124.56円)
    
    
    8日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって下落。
    中国景気への警戒が再燃。
    8日に発表された中国の2月貿易収支が
    輸出入ともに2ヶ月連続で減少。
    中国経済への先行き不安から売り先行、
    NYダウは一時152ドル安となる場面もあった。
    また、原油価格が3日ぶりに反落したことも重し。
    NYダウ終値は-109.85の16964.1、
    NASDAQは-59.43の4648.83、
    S&P500は-22.50の1979.26 。
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-03-08【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    不二電機<6654> 決算発表
    前期経常上振れ着地、今期1%増益、
    前期配当を2円増額し今期も32円継続方針。
    
    
    その他の材料株を紹介
    配当修正発表
    盟和産<7284> 今期配当を10円増額修正。
    ココカラF<3098> 今期配当を10円増額修正。
    
    イントランス<3237>
    連結子会社大多喜ハーブガーデンが順天堂大学大学院
    医学研究科病院管理学と業務提携し共同研究開始を発表。
    
    PCデポ<7618> 2月度月次売上高発表。
    既存店売上高は前年同月比6.6%増、全店売上高は7.6%増。
    
    アイスタイル<3660>
    大株主オッペンハイマーファンズが同社株を式買い増し
    
    ピックアップ
    アイスタイル<3660> 終値939円
    (前日比-4円-0.42%)
    大株主であるオッペンハイマーファンズが同社株を買い
    増したことが判明。保有割合は従来の6.81%から7.96%。
    直近の株価は各移動平均線が密集する860-950円どころ
    でもみあい。発表を好感する形で移動平均線から上放れ。
    上昇トレンド転換へ。
    
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-08【本日動いた注目株を紹介】

    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め12銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    一時S ETFSニケ<1694>、一時S iエネルギー<2024>、
    一時S ソフトフロン<2321>、一時S アドウェイズ<2489>、
    一時S ネットイヤー<3622>、一時S HUG<3676>、
    S サイオス<3744>、S インタートレ<3747>、
    S アイビーシー<3920>、一時S 郷鉄工<6397>、
    一時S モリテックス<7714>、S マネパG<8732>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め無し
    
    ピックアップ。
    HUG<3676> 終値2243円(一時S高)
    ZMPとの合弁会社がドローン活用のデータ収集
    サービス開始と発表し後場から急伸。
    一時S高の上昇となった。
    テクニカル面では日足一目均衡表基準線(2137円)や
    75日移動平均線(2184円)を回復。上昇トレンド転換へ。
    1/4昨年来高値2937円を目指す展開に期待。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    引き続きLINE関連のネットイヤー<3622>などが大幅高。
    
    サンデンHD<6444> 前日配当修正を好感し急伸。
    
    ピジョン<7956> 前日決算発表を受け急反発。
    
    ピックアップ。
    ピジョン<7956> 終値2767円
    (前日比+143円+5.45%)
    売り先行後にプラスに転換し大幅高。
    前日の決算で6期連続で過去最高益を更新見通しと
    なったことなどを好感。
    テクニカル面では25日移動平均線(2560円)をサポートに
    反発した形となり同線が底値して強く意識されそうだ。
    ただ、本日の上値抵抗となったのが75日移動平均線(2789円)。
    目先は同線超え、または日足一目均衡表の雲抜け(2895円)と
    なるかが焦点。
    
    
     ピックアップ銘柄などのより詳しい見通しや詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-08【東京市場概況】

    日経平均は続落128円安 一時は300円超えの下落も後場に下げ渋り
    
    日経平均は朝方から売りが先行し、一時下げ幅は
    300円超える場面も見られた。
    ドル/円が円高に振れたことや上海株の下落が重しと
    なっていた、
    しかし、後場に入ると下げ渋る展開。
    中国上海総合指が下げ渋り、また、前場に113円割れと
    なったドル/円が113円台を回復するなど円高一服となっ
    たことが下支え要因になった。
    
    日経平均終値は-128.17円の16783.15円。
    
    東証1部の出来高は25億4633万株、
    売買代金は2兆5754億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり380銘柄、値下がり1470銘柄、
    変わらず93銘柄。
    
    業種別では値上がりが2業種、値下がりが31業種。
    値上がりは不動産、繊維製品のみ。
    値下がりトップは非鉄金属、電気・ガス、銀行。
    
    本日の日経平均はドル/円に連動した動き。
    いっとき連動性が薄れてきていたが再び連動性を強めてきた。
    また、中国株に関しても同じことが言える。
    今週末がメジャーSQとあり先物に振られやすい展開。
    為替、中国株の動向から先物主導に動かされる形。
    ただ、荒い値動きとなっても本日の後場のように下げ渋る動
    きが見られるだろう。
    仮に一端調整色が強まったとしても日経平均の下値メドは
    25日移動平均線(16383.2円)。
    大きく下げる場面は押し目買いのチャンスと見る。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-08【東京市場前場概況と後場の見通し】

    日経平均は続落-276円安 ドル/円が113円割れと円高に振れ重しに
    
    朝方から売り優勢で始まった日経平均。
    寄り付き直後は下げ渋る動きを見せていた。
    しかし、ドル/円が112円台後半まで円高に振れたことや
    中国株の下落などを嫌気。
    先物主導で一時は300円超えの下落幅となる場面もあった。
    
    日経平均前場終値は-276.06円の16635.26円。
    
    東証1部の出来高は12億9468万株、
    売買代金は1兆1897億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり119銘柄、値下がり1766銘柄、
    変わらず56銘柄。
    
    業種別では全33業種が下落。
    値下がりトップは非鉄金属、海運、銀行、保険。
    
    
    後場の見通し
    
    ドル/円が円高に振れたことや中国株が軟調に推移した
    ことで日経平均は下げ幅拡大する流れとなったが過剰
    な反応。
    また、週末のメジャーSQ算出に向けたポジション調
    整の売りも出ているもよう。
    明日以降も動きの荒い展開が予想されるがSQ通過後は
    外部環境が落ち着きを取り戻してきているなか、再び
    しっかりとした展開となるとの見方が多いと思われる。
    そうしたことから、大きく下げた時は押し目買いチャ
    ンスと見る向きから後場は戻りは鈍いも下げ渋る展開
    を予想する。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-08【東京市場見通し】

    上値は重いも下値もかたい展開 日経平均17000円手前でもみあいか
    
    昨日の海外株は欧州が銀行株を中心に軟調、
    米は原油価格の上昇などを好感しNYタタウと
    S&P500は上昇もNASDAQが反落とまちまち。
    為替相場でドル/円がやや円高に振れており113円台前半。
    日本株はドル/円がやや円高に振れていることを嫌気、
    上値の重い展開が予想される。
    CME225先物が16880円(大証日中終値比-70円)。
    日経平均のこの水準を意識した寄り付きとなりそうだ。
    (日経平均前日終値16911.32円)
    一方で下値は発表される経済指標が下支えとなる見通し。
    10-12月期GDP改定値や1月国際収支、2月景気ウォッチャ
    ー調査などが発表される。
    結果が良ければ素直に好感されやすい。
    また、さえない結果となっても経済対策や追加金融緩和
    などへの期待が高まりやすいだろう。
    強弱材料が入り乱れて日経平均は節目17000円手前水準で
    もみあい、ドル/円が114円台など円安に振れるような場面
    があれば17000円超えも考えられる。
    
    本日の日経平均予想レンジは16750-17050円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り1600万株 買い1170万株
    差し引き430株の売り越し
    
    
    為替市場
    
    ドル/円が113円台前半。
    (7日東京市場終値113.71円)
    
    ユーロ/円が124円台後半。
    (7日東京市場終値124.74円)
    
    
    7日の米株市場概況
    
    まちまち。NYダウ、S&P500は続伸もNASDAQは反落。
    直近、堅調に推移してきた米株。
    NYダウは今年初めの水準と比較し下落率2%まで戻していた。
    それら含め直近の上昇の反動から上値の重い展開。
    ただ、原油の大幅続伸を好感したエネルギーや素材株が上昇、
    指数を押し上げた。
    一方でハイテク株中心のNASDAQは反落している。
    NYダウ終値は+67.18の17073.95、
    NASDAQは-8.77の4708.25、
    S&P500は+1.77の2001.76。
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-03-07【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    アスカネット<2438>
    5-1月期(3Q累計)経常11%増益で着地、11-1月期も29%増益。
    
    萩原工業<7856>
    11-1月期(1Q)経常18%増益で着地。
    
    ピジョン<7956>
    今期経常1%増で6期連続最高益、同時に前期配当を2円増額、
    今期は2円増配する方針とした。
    
    
    その他の材料株を紹介
    配当修正発表
    サンデンHD<6444> 5円増配。
    今村証券<7175> 2.5円増配。
    
    自社株買い発表
    デンカ<4061>、ナガセ<9733>、モリ工業<5464>、
    イチネンHD<9619>。
    
    アンビション<3300> 株式分割発表。
    
    アドベンチャー<6030>
    エース保険と業務提携を発表。
    
    伊藤園<2593> 2月次売上高を発表。
    ドリンク事業前年同月比2.3%増。
    
    ステラケミファ<4109>
    加速器BNCTによる第2相臨床試験を発表
    
    オンコリスバイオファーマ<4588>
    [OBP-1101]に関しニュージーランドで特許登録。
    
    ソフトフロント<2321> 筆まめを子会社化
    
    セリア<2782> 2月次売上高を発表。
    前年同月比6.0%増と今期最大の伸び。
    
    シュッピン<3179> 2月度の月次情報を発表。
    前年同月比13.3%増と2ケタの伸び率を確保。
    
    ピックアップ
    アドベンチャー<6030> 終値5780円
    (前日比+400円+7.43%)
    エース損害保険と業務提携。
    航空券予約サイト「skyticket」内で国内・海外旅行保険の
    販売事業を開始。
    株価は25日移動平均線(5516)超え。
    日足一目均衡表では雲の中ではあるが基準線(5675円)超えた。
    今回の業務提携を好感する流れから雲抜けとなり、上昇トレ
    ンド転換へと期待がかかる。(雲上限は6100円)
    
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-07【本日動いた注目株を紹介】

    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め16銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    ケ ETFS商品<1684>、S 省電舎<1711>、
    S アドウェイズ<2489>、S コスモバイオ<3386>、
    S ネットイヤー<3622>、S ネオス<3627>、
    S エムアップ<3661>、S インタートレ<3747>、
    一時S ドリコム<3793>、S メディア工房<3815>、
    S アイビーシー<3920>、S アンジェス<4563>、
    S カイオム<4583>、一時S マネパG<8732>、
    一時S アパマンショ<8889>、一時S クレオ<9698>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    一時S アクセスHD
    
    ピックアップ。
    アイビーシー<3920> 終値1344円(S高)
    引き続き先週発表のSkeedとの合弁設立を好感。
    本日は75日移動平均線(1201円)超えから買いを
    強めたかっこうでS高。
    上昇に出来高も伴っており引き続き強い展開が
    続きそうだ。
    次の上値抵抗は日足一目均衡表雲上限(1479円)。
    雲抜けとなればさらに上昇を強める展開か。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    LINE関連の上昇目立った。
    (LINEがNY市場と東京市場でIPOを計画していると
    伝えられた)
    アドウェイズ<2489>、ネットイヤーグループ<3622>、
    メディア工房<3815>などがS高。
    エムアップ<3661>やイマジニア<4644>が大幅高。
    
    ブロードリーフ<3673>
    米系大手証券が投資判断を引き上げ急伸。
    
    業種別値上がり率でトップの海運株。
    日本郵船<9101>、商船三井<9104>、川崎汽船<9107>。
    
    ピックアップ。
    ブロードリーフ<3673> 終値1405円
    (前日比+126円+9.85%)
    ゴールドマン・サックス証券が投資判断を[中立]から
    [買い]に格上げ、目標株価も1400円から1900円に引き
    上げている。
    株価は200日移動平均線(1305円)水準でのもみあいから
    本日の大幅高で上放れ。上昇トレンドへ転換と見れる。
    
    
     ピックアップ銘柄などのより詳しい見通しや詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-07【東京市場概況】

    日経平均は5日ぶりに反落103円安 利益確定売りや円高が重し
    
    朝方は米株高などが好感され買いが先行。
    日経平均は小幅高でのスタートとなった。
    しかし、直後に売り優勢の展開に。
    外部環境は落ち着いた動きととなっていたが
    新規の買い材料に乏しく直近の急ピッチな上
    昇の反動から利益確定売りに押された。
    また、日中ややドル/円が円高に振れたことも
    重しとなった。
    
    日経平均終値は-103.46円の16911.32円。
    
    東証1部の出来高は22億1694万株、
    売買代金は2兆1722億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり835銘柄、値下がり1000銘柄、
    変わらず108銘柄。
    
    業種別では値上がりが6業種、値下がりが26業種。
    値上がりで目立ったのは海運、パルプ・紙。
    値下がりは保険、その他製品、電気・ガスなど。
    
    日経平均は反落となったが想定内の一服。
    押し目拾いのチャンスといったところ。
    先週に週間でも3週続伸となっており
    底割れ懸念は落ち着いている。
    外部環境を見ても原油相場が底をついた傾向にあり
    米雇用統計を受けた米株もしっかりとした展開。
    また、今週から来週にかけて日米欧の中央銀行イベ
    ントが下支え材料ともなるだろう。
    明日は国内で10-12月期GDP改定値や1月国際収支、
    2月景気ウォッチャー調査など注目度の高い指標が
    発表される。
    これらら新たな買い材料になる展開を期待したい。
    その時、動意づきやすいのが建設や不動産、金融と
    いった業種。それらの動向が注目される。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-07【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落75円安 利益確定売り優勢の展開
    
    寄り付き日経平均は小幅に続伸して始まった。
    雇用統計を受けた米株が堅調だったことや
    ドル/円が落ち着いた動きとなったことが好感された。
    しかし、直近の急ピッチでの上昇の反動から節目17000円
    どころでは利益確定売りが優勢。
    16900円どころでのもみあいとなっている。
    
    日経平均前場終値は-75.02円の16939.76円。
    
    東証1部の出来高は11億5862万株、
    売買代金は1兆442億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり988銘柄、値下がり852銘柄、
    変わらず103銘柄。
    
    業種別では値上がりが7業種、値下がりが26業種。
    値上がりトップは海運。
    値下がりはトップは保険、電気・ガス、その他製品。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均が17000円を超える場面では上値が重い。
    直近の上昇を考えると当然の一服。
    ただ、外部環境が悪くないなか下値は限定的。
    業種別では海運などのここまで売り込まれていた
    業種がしっかりとした展開。
    後場もその流れが続くだろう。
    また、大型株がやや上昇一服となるなか、
    物色は中小型株での値幅取りが中心となりそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-07【東京市場見通し】

    直近の急ピッチな上昇から上値は重いもしっかりとした展開
    
    先週末、注目された米雇用統計はおおむね良好な結果。
    結果を受けた米株はしっかりとした展開。
    米国の3月追加利上げは遠のいたとの見方が強まっている。
    また、ドル/円も113円台後半と落ち着いた動き。
    CME225先物は17030円(大証日中終値比+30円高)。
    日経平均の寄り付きはこの水準が意識され、
    しっかりとした展開となりそうだ。
    ただ、直近4営業日で988円高と急ピッチに上昇してきただ
    けに上値は限定的となる可能性が高い。
    しかし、目先の底打ちへの期待は一段と強まっており、
    買いが優勢の地合いが続くだろう。
    17000円を挟んだ値固めの展開が予想れされる。
    
    本日の日経平均予想レンジは16850-17200円
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り710万株 買い2030万株
    差し引き1320株の買い越し
    
    
    為替市場
    
    ドル/円が113円台後半。
    (先週末4日東京市場終値113.86円)
    
    ユーロ/円が125円台前半。
    (先週末4日東京市場終値124.69円)
    
    
    先週末4日の米株市場概況
    
    小幅に続伸。
    発表された米雇用統計は全体的に良好な結果。
    非農業部門就業者数が+24.2万人(市場予想+19.0万人)。
    ただ、平均時給は予想に反して減少した。
    その他に、1月の米貿易赤字が一段と拡大。
    米連邦準備理事会(FRB)は3月の利上げはひとまず見送
    るとの見方が多く、株価は堅調に推移した。
    NYダウ終値は+62.87の17006.77、
    NASDAQは+9.60の4717.02、
    S&P500は+6.59の1999.99。
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-03-04【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    発表された好決算、業績修正銘柄
    常磐開発<1782> 業績、配当修正を発表。
    今期経常一転9%増益に上方修正し最高益、配当も2円増額。
    
    クロスプラス<3320> 業績修正発表。
    前期経常76%上方修正。
    
    稲葉製作<3421> 業績修正発表。
    上期経常44%上方修正し通期も増額。
    
    ピープル<7865> 決算発表。
    前期経常85%増益で着地、11-1月期(4Q)経常12%増益。
    
    ナイガイ<8013> 業績修正発表。
    前期経常一転47%増益に上方修正。
    
    
    その他の材料株を紹介
    マクドナルド<2702>
    2月既存店売上高が前年同期比29.4%増。
    
    ジェイアイエヌ<3046>
    2月度既存店売上高が前年同月比8.8%増。
    
    ブックオフ<3313>
    2月既存店売上高は前年同期比5.1%増。
    
    株式分割を発表
    小野薬<4528>、アルプス物流<9055>。
    
    自社株買いの実施発表 
    梅の花<7604>。
    
    ピックアップ
    マクドナルド<2702> 終値2645円
    (前日比-4円-0.15%)
    2月既存店売上高は前年同期比5.1%増。
    3ヶ月連続で前年実績を上回った。
    前月に33ヶ月ぶりにプラスに転じた客数も
    13.7%増と2ヶ月連続で増加。
    株価は75日移動平均(2702円)の手前、
    日足一目均衡表の雲上限(2642円)で推移。
    週明けはこれらを超える動きや上放れる動き、
    堅調な展開を見込む。
    
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-04【本日動いた注目株を紹介】

    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め12銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    一時S=一時ストップ高)一時S アイロムG<2372>、
    S NVC<3394>、S アクサスHD<3536>、
    一時S アクセルM<3624>、一時S アイビーシー<3920>、
    一時S サイバネット<4312>、一時S 東洋合成<4970>、
    S リンクバル<6046>、S サン電子<6736>、
    一時S アルチザ<6778>、一時S トレイダーズ<8704>、
    S マネパG<8732>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め無し。
    
    ピックアップ。
    アルチザ<6778> 終値944円(一時S高)
    前日3日引け後発表の決算を好感し一時S高の上昇。
    テクニカル面でも移動平均線チャートで
    25日線(743円)などから上放れ。
    週足一目均衡表で雲(858円)抜けとなるなど強い。
    
    トレイダーズ<8704> 終値207円(一時S高)
    フィンテック関連銘柄。
    株価は200日移動平均線(143円)で底打ち。
    本日の大幅高で25日線(174円)、
    75日線(187円)超えとなり節目200円を回復。
    上昇トレンド入りか。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    昨年来高値更新
    ベクトル<6058>、JSS<6074>、6641<日新電>、
    3465<ケイアイ不>など。
    
    7日続伸のジャムコ<7408>。
    
    韓国カーボン社と業務提携3日続伸の三井物産<8031>。
    
    ピックアップ。
    ベクトル<6058> 終値2738円
    (前日比+320円+13.23%)
    昨年来高値更新。
    前回の高値更新が2/22。
    その後しっかりと調整を挟んでの高値更新。
    25日移動平均などとの乖離が意識されるところだが
    過熱感はそれほどない。週明けも堅調な展開を見込む。
    押し目を入れる場面は買いだだろう。
    
    
     ピックアップ銘柄などのより詳しい見通しや詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-04【東京市場概況と来週の見通し】

    日経平均は4日続伸54円高 節目17000円を1ヶ月ぶりに回復
    
    朝方は売りが先行した日本株。
    直近の急ピッチでの上昇が重しとなっていた。
    しかし、売り一巡後は底堅さを示し前場を引けると
    後場は買い先行で始まり一時は82円高。
    その後、売りに押される場面もあったが持ち直し
    節目17000円を回復して本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+54.62円の17014.78円。
    
    東証1部の出来高は26億5272万株、
    売買代金は2兆4902億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1422銘柄、値下がり435銘柄、
    変わらず86銘柄。
    
    業種別では値上がりが26業種、値下がりが7業種。
    値上がりトップは鉱業、石油・石炭、ガラス・土石製品。
    値下がりは医薬品、情報・通信、保険など。
    
    
    来週の見通し
    来週はイベントが目白押し。
    その前にも今晩に注目の米雇用統計。
    強い内容となれば素直に好感し3月の米利上げを予想する向きが
    少ないなか、米景気に対する過度の懸念を後退させる材料にな
    る。
    米株が堅調な展開となれば週明けの日本株も引き続き戻り基調の
    展開でスタート。
    その後は10日ECB理事会及びドラギ総裁会見、国内では来週末が
    メジャーSQ算出日と注目イベントを多々控えており、株価は
    上下する可能性はある。
    ただ、基本的にしっかりとした展開になる見通し。
    ECB理事会は前回同様にドラギECB総裁により追加緩和の可能性が
    示唆されている。
    株価急落を招いた昨年12月を思い起こされるが、この時は利上げ
    が確実と見られていた米FOMCを控えていた。
    前回とは状況がことなり売り材料とはならない見通し。
    メジャーSQに関しても裁定買い残が減少するなかで相場は戻り
    基調、売り仕掛けは出にくい。
    その他、国内で10-12月期GDP改定値など注目指標の発表を多数控
    える。
    弱い結果となった場合には経済対策や追加緩和への期待が高まり
    やすい。良ければ素直に好感される流れとなるだろう。
    
    来週の日経平均予想レンジは16500-17900円
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-04【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は4日ぶりに反落4円安 売り優勢も底堅い展開
    
    前日の外部環境に大きな動きがないなか日本株は、
    前日までの急ピッチな上昇の反動から売りが先行。
    日経平均は約30円安でスタートし一時は100円近く
    下げ幅を拡大する場面があった。
    ただ、その後は下げ渋りプラスに転換する場面が
    見られるなど底堅く小幅安で前場を引けた。
    
    日経平均前場終値は-4.10円の16956.06円。
    
    東証1部の出来高は13億8857万株、
    売買代金は1兆1930億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1294銘柄、値下がり542銘柄、
    変わらず106銘柄。
    
    業種別では値上がりが22業種、値下がりが11業種。
    値上がりトップは鉱業、ガラス・土石、石油・石炭。
    値下がりは情報通信、医薬品、陸運、不動産など。
    
    
    後場の見通し
    
    今日は3連騰と急ピッチな上昇後の週末。
    さすがに一服感があるが下値は堅い。
    後場、17000円を試しにいく場面も見られそうだ。
    大引けにかけては週末要因から利食いが強まる可
    能性はあるが米雇用統計の上振れ期待のほか、
    原油相場についても底堅さが意識されてきている。
    引き続き、下値の堅いしっかりとした展開が予想される。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-04【東京市場見通し】

    急ピッチな上昇で売り優勢もしっかりとした展開
    
    前日の海外株は欧州が小幅に下落、米株は小幅に上昇。
    目立った動きは無かったもののしっかりとした展開。
    また、為替ドル/円も113円台後半で推移しており、
    こちらも大きな動きは無し。
    CME225先物が16845円(大証日中終値比-145円)、
    日経平均はこの水準を意識して売り先行のスタート。
    (日経平均前日終値16960.16円)
    急ピッチでの上昇の反動から利益確定売りなどが出やすい。
    売り一巡後も米雇用統計を控える週末であり様子見姿勢と
    なりやすい。
    ただ、戻り基調であることには変わりはなく、大きく崩れ
    るというような流れにはならない見通し。
    押し目買いが意欲は強いと思われ意外高、日経平均は再度
    17000円を意識する場面もありそうだ。
    
    本日の日経平均予想レンジは16750-17100円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り970万株 買い2820万株
    差し引き1850株の買い越し
    
    
    為替市場
    
    ドル/円が113円台後半。
    (3日東京市場終値114.06円)
    
    ユーロ/円が124円台半ば。
    (3日東京市場終値124.00円)
    
    
    3日の米株市場概況
    
    主要3指数小幅に3日続伸。
    NYダウは売りが先行し一時は80ドル近く売られた。
    欧州株が下げていたこと、発表された経済指標で
    米2月ISM非製造業景況指数が53.4と市場予想の53.2を
    上回るも米新規失業保険申請件数が27.8万件と市場予
    想27.1万件よりやや弱めだったことで売り優勢となっ
    たようだ。しかし、売り一巡後はエネルギー株を中心
    に終盤にかけて上昇。金融株もしっかりとした動きと
    なった。
    NYダウ終値は+44.58の16943.9、
    NASDAQは+4.00の4707.42、
    S&P500は+6.95の1993.4。
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-03-03【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    くら<2695> 決算発表
    11-1月期(1Q)経常22%増益で着地
    
    アルチザ<6778> 決算発表
    今期経常7%上方修正
    
    RVH <6786> 業績修正発表
    今期経常を31%上方修正し最高益予想上乗せ
    
    ピックアップ
    RVH <6786> 終値834円
    (前日比+12円+1.46%)
    直近の株価は2/29発表の株主優待制度拡充を好感し
    堅調に推移していた。
    それに続き本日上方修正を発表。
    上値を伸ばす展開に期待がかかる。
    
    
    その他の材料株を紹介
    アークランドサービス<3085>
    2月度既存店売上高が前年同月比6.4%増。
    
    アイリッジ<3917>
    スマホアプリ向けポイントシステム
    「popinfoポイント」の提供開始。
    
    日本ピラー工業<6490>
    メキシコに新たに子会社を設立。
    
    ハイデイ日高<7611> 
    2月度既存店売上高が前年同期比3.5%増。
    
    自社株買い発表。
    OSG<6136>、
    プロネクサス<7893>、
    GMO<9449>。
    
    
    
     ピックアップ銘柄のより詳しい見通しなど詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-03【本日動いた注目株を紹介】

    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め13銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    S アクサスHD<3536>、S GMOペパボ<3633>、
    一時S イグニス<3689>、一時S FFRI<3692>、
    S アイビーシー<3920>、S ダブスタ<3925>、
    S 田中化研<4080>、一時S ナノキャリア<4571>、
    S メドレックス<4586>、S リボミック<4591>、
    S エヌピーシー<6255>、一時S 太洋工業<6663>、
    S ホロン<7748>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め無し。
    
    ピックアップ。
    GMOペパボ<3633> 終値5000円(S高)
    発表されたCtoCハンドメードマーケット
    「minne(ミンネ)」の2月月次報告を好感。
    (ダウンロード数(累計)は前月比10.7%増)
    月間流通額過去最高を更新。
    株価は本日のS高の上昇で直近の上値抵抗75日
    移動平均線(4308円)を大幅に超え200線移動平
    均線(4817円)も超えた。
    明日以降も上値を伸ばす展開、
    200日移動平均線を回復したことで中長期的にも
    上昇が見込まれる。
    今後、押し目を入れる場面は買いチャンス。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    海運株が昨日続き強い。
    商船三井<9104>、川崎汽船<9107>、
    日本郵船<9101>。
    
    メガバンクが軒並み高。
    三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306>、
    三井住友フィナンシャルグループ<8316>、
    みずほフィナンシャルグループ<8411>。
    
    昨年来高値を更新した銘柄も多数。
    フリーアクト<6094>、マネパG<8732>、
    三重交HD<3232>、ペプドリ<4587>、
    くら<2695>、ジェイエイシ<2124>、
    大東建 <1878>、邦ガス <9533>。
    
    ピックアップ。
    フリーアクト<6094> 終値4070円
    (前日比+520円+14.65%)
    本日、昨年来高値更新。
    直近は上昇トレンドにあるなか、25日移動平均線
    (3421円)水準で日柄調整となっていた。
    そして本日に同線から上放れ明日以降も上値を
    伸ばす展開が期待される。
    
    
     ピックアップ銘柄などのより詳しい見通しや詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-03【東京市場概況】

    日経平均は今年初3日続伸213円高 節目17000円迫る動きに
    
    朝方は前日よりドル/円が円高に振れていたことなどから
    売りが先行。日経平均はマイナスでのスタートとなった。
    しかし、すぐさま売りは一巡しプラスに転換。
    上げ幅を拡げる展開となり前場から節目17000円に迫る場
    面が見られていた。
    後場に入ってもしっかりとした展開が続き本日高値圏で
    大引け、今年初の3日続伸となった。
    
    日経平均終値は+213.61円の16960.16円。
    
    東証1部の出来高は27億4428万株、
    売買代金は2兆5382億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1429銘柄、値下がり436銘柄、
    変わらず77銘柄。
    
    業種別では値上がりが26業種、値下がりが7業種。
    値上がりトップは海運、銀行、鉱業など。
    値下がりは空運、陸運など。
    
    日経平均は節目17000円が上値抵抗と意識されるも
    高値圏で引けており今年初の3日続伸。
    前日の大幅高の反動が警戒されたなか強い動きとなった。
    ここまで日本株の悪材料となっていたドル/円が113-114円
    台と一つ水準を上げてきたことや原油相場に落ち着きが
    見られるなど悪材料が消化されてきている。
    引き続き、外部環境次第のところはあるが下げれば押し目
    買いが入りやすい状況にある。
    テクニカル面でも株価に続き5日移動平均線(16401円)が
    25日移動平均線(16451円)をとらえる動き。
    日足一目均衡表では転換線(16358円)と基準線(16385円)の
    クロス間近と上昇に向かいやすい形になってきている。
    明日は米雇用統計を控える週末であり様子見姿勢となりや
    い。直近の大幅上昇の反動も警戒されるところ。
    そんななか25日線などを維持して引けれれば強い。
    来週は17000円を回復からもう一段高が見込まるところ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-03【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は3日続伸148円高 売り先行後にプラスに転換
    
    寄り付きの日経平均は米株は上昇もドル/円の円高などを
    重しに売りが先行、50円安で始まった。
    しかし、売り一巡後にプラスに転換。
    一時は200円超えの上昇となり節目17000円に迫る場面も
    あった。ドル/円が113円台半ばと朝方より円安に振れた
    ことなどが上昇要因となった。
    
    前場日経平均終値は+148.53円の16895.08円。
    
    東証1部の出来高は14億6174万株、
    売買代金は1兆2719億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1187銘柄、値下がり644銘柄、
    変わらず110銘柄。
    
    業種別では値上がりが25業種、値下がりが8業種。
    値上がりトップは銀行、海運、鉱業。
    値下がりは陸運、空運、水産・農林など。
    
    
    後場の見通し
    
    前場の日経平均は売り先行後にプラスに転換。
    昨日の大幅高の反動が警戒されるなかでの上昇とあって
    雰囲気は良い。
    後場もドル/円が円安に振れ114円台を付ける動きが見ら
    れれば再度17000円をうかがう展開も考えられる。
    また、業種別ではここまで売り込まれてきた業種の上昇
    が目立ち見直されている動き。
    その動きがいっそう強まれば相場全体の押し上げ要因と
    なりそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-03【東京市場見通し】

    前日の大幅高の反動から売り優勢もしっかり 円安振れれば意外高
    
    昨日の海外株は欧州がまちまち。
    米株は小幅に続伸。前日の大幅高から売りが先行も
    原油相場の上昇でエネルギー株などが買われ、しっ
    かりとした展開となった。
    日本株は米株高などを好感する動きを期待したいが
    前日の大幅高の反動、為替ドル/円が一時114.50円まで
    円安に振れるも113円台前半まで押し戻され、昨日より
    円高方向に振れているため、売りが先行するだろう。
    CME225先物が16700円(大証日中終値比-40円)。
    日経平均はこの水準を意識した寄り付きとなりそうだ。
    (前日日経平均終値は16746.55円)
    売り先行後はしっかりとした展開を見込む。
    日米欧の中央銀行イベントが控えるなか期待が下支え、
    テクニカル的にも日経平均は昨日回復した25日移動平均線
    (16459.80円)や日足一目均衡表基準線(16385.57円)がサポ
    ートとなるだろう。
    日本時間中にドル/円が円安に振れる動きが見られれば意外高、
    17000円を意識した展開にもなりうる。
    
    日経平均の予想レンジは16600円-16950円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り1270万株 買い2360万株
    差し引き1090株の買い越し
    
    
    為替市場
    
    ドル/円が113円台半ば。
    (2日東京市場終値114.27円)
    
    ユーロ/円が124円台前半。
    (2日東京市場終値124.27円)
    
    
    2日の米株市場概況
    
    小幅に続伸。
    前日の大幅高となった反動から売り先行となっていたが
    取引時間終盤に原油が反転したことを受け、主要指数は
    そろってプラス圏に転換。
    エネルギー株が大きく上昇したほか金融株も上昇。
    (NY原油4月限は約2カ月ぶりの高値水準35ドル台)
    発表された米2月ADP全国雇用者数は+21.4万人。
    予想の+19.0万人を上回るも1月分が+20.5万人から
    +19.3万人に下方修正され強弱まちまちの結果だった。
    NYダウ終値は+32.24の16899.32、
    NASDAQは+13.83の4703.42 、
    S&P500は+8.10の1986.45。
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-03-02【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    Rフィールド<2910> 決算発表。
    5-1月期(3Q累計)経常29%増益着地、11-1月期も18%増益。
    
    菱洋エレク<8068> 業績修正発表。
    前期経常20%上方修正。
    
    ピックアップ
    菱洋エレク<8068> 終値1197円
    (前日比+68円+6.02%)
    前期経常を20%上方修正。
    従来予想9億円⇒10.8億円
    減益率64.0%減→56.8%減に縮小見通し。
    株価は本日、底値圏でのもみあいから大幅高。
    25日移動平均線(1106円)から上放れ傾向。
    底を打ったと思われる。
    75日移動平均線(1291円)や日足一目均衡表の雲
    (1221-1353円)が上値抵抗にはなるが日柄を稼ぎながら
    緩やかに上昇する見通し。
    
    その他の材料株を紹介
    トランスジェニック<2342>
    『臓器ヒト化マウス』の日本における特許査定を受領
    
    ABCマート<2670>
    2月既存店売上高は前年同期比9.0%増。
    
    アダストリア<2685>
    2月既存店売上高は前年同期比3.7%増。
    
    メドレック<4586>
    消炎鎮痛貼付剤ETOREATの臨床
    試験を米国で開始。
    
    ユナイテッドアローズ<7606>
    2月既存店売上高は前年同期比3.3%増。
    
    ファーストリテイリング<9983>
    2月国内ユニクロ売上高は前年同期比既存店1.2%増。
    
    サックスバーHD<9990>
    子会社東京デリカの2月全社売上高発表、前年同期比3.7%増。
    
    自社株買い発表。
    住石HD<1514>、テレ朝HD<9409>。
    
    ピックアップ
    ABCマート<2670> 終値6740円
    (前日比+290円+4.50%)
    2月既存店売上高が前年同期比9.0%増。
    2カ月連続で前年実績を上回る結果に。
    株価は25日移動平均線(6494円)や日足一目均衡表雲を
    支えに底堅さを示していたなか本日大幅高。
    発表された2月度概況を好感する展開から
    上値抵抗200日移動平均線(6917円)超えとなれば本格上昇、
    中長期で強い展開を見込む。
    
    
     ピックアップ銘柄などのより詳しい見通しや詳細を
     Glove Bamboo会員様には配信。 
    その他にも株式情報が盛りだくさん。 
    ご入会、心よりお待ちしております。 
    
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-02【本日動いた注目株を紹介】

    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め14銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    一時S ETFSニケ<1694>、S ネクスト<2120>、
    S ドーン<2303>、S トランスG<2342>、
    S サンワカンパ<3187>、S アクサスHD<3536>、
    S ネットイヤー<3622>、S アイビーシー<3920>、
    S ビーマップ<4316>、一時S ミズホメディ<4595>、
    S サイジニア<6031>、S 石井工研<6314>、
    S 太洋工業<6663>、S マネパG<8732>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め無し。
    
    ピックアップ。
    ネクスト<2120> 終値1128円(S高)
    直近200日移動平均線(984円)水準で底堅さを示していた同銘柄。
    本日S高の大幅反発。同線で底を打った形となった。
    加えて心理的節目1000円を回復。25日移動平均線(1101円)回復。
    日足一目均衡表基準線(1110円)回復。
    次に75日移動平均線(1205円)回復から本格上昇に期待がかかる。
    
    ドーン<2303> 終値2510円(S高)
    先日引け後に発表の警視庁の委託を受けて開発した防犯アプリの
    リリースを好感。加えてドローン関連としても注目が集まった。
    テクニカル的にも本日のS高で25日移動平均線(2142円)を回復し
    上昇傾向。日足一目均衡表の雲上限(2646円)超えとなれば、
    さらに上昇へ向かいやすい。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    前日決算を好感し大幅高の伊藤園<2593>。
    
    国内証券レーティング格上げ コニカミノルタ<4902>。
    
    新日鉄住金<5401> 大幅反発。PBR0.6倍台と割安水準にあり注目。
    
    主力電子部品株の戻りが目立ち村田製作所<6981>、
    アルプス電気<6770>が堅調。
    
    大手海運株が堅調日本郵船<9101>、商船三井<9104>。
    
    非鉄株が強い動きDOWAホールディングス<5714>、
    三菱マテリアル<5711>。
    
    
     ピックアップ銘柄などのより詳しい見通しや詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-02【東京市場概況】

    日経平均は大幅続伸661円高 3週間ぶりに16700円台を回復
    
    朝方から外部環境の好転が好感され買いが先行。
    日経平均は16500円を回復後にもう一段高の上昇。
    前場終わり時点で16700円台となっていた。
    後場も高値圏での推移が続き半ば過ぎには、
    この日の高値16815.25円まで上昇する場面が見られた。
    そのまま高値圏を維持し終値でも16700円台を回復。
    約3週間ぶりの高値水準を回復した。
    
    日経平均終値は+661.04円の16746.55円。
    
    東証1部の出来高は24億8977万株、
    売買代金は2兆5934億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1824銘柄、値下がり82銘柄、
    変わらず36銘柄。
    
    業種別では全33業種が上昇。
    値上がりトップは鉄鋼、保険、海運、電気機器。
    
    日経平均は16000円水準のもみあいからの上放れ。
    本日の上昇はこれまでと違い大幅に下げてからの
    反発で無く、今後の期待を持てる上昇となった。
    テクニカル的にも25日移動平均線(16459.80円)や
    日足一目均衡表基準線(16385.57円)を超えてきて
    おり上昇しやすい形。
    また、下値サポートしても意識される見通しだ。
    原油や為替とまだボラティリティの大きな動きが
    続いており懸念材料は残るものの相場環境は良い
    方向に向かっているといえる。
    今晩は週末の雇用統計の前哨戦といえる米2月ADP
    雇用統計が発表される。
    発表のご為替相場の動向、米株の動向が注目され
    るところ。
    明日は大幅上昇の翌日とあり、米市場の動向を受
    けて日本株がどう動くか非常に注目される。
    先行きを見通すうえでも一つの分岐点となりそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-02【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅続伸649円高16700円台回復 米株高や円安好感
    
    寄り付きから米株高や円安を好感し買いが先行。
    日経平均は300円超えでスタートすると上げ幅を拡大。
    節目16500円回復から一段高の展開となり649円高、
    16700円台を回復して前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+649.30円の16734.81円。
    
    東証1部の出来高は12億1307万株、
    売買代金は1兆2201億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1835銘柄、値下がり83銘柄、
    変わらず24銘柄。
    業種別では全33業種が上昇。
    値上がりトップは保険、転送用機器、機械、電気機器。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は大幅続伸となり節目16500円を大幅に回復。
    あわせて25日移動平均線(16459円)、日足一目均衡表の
    基準線(16385円)超え。
    今後はこれらが下値サポートとなる可能性が高く、
    潮目が変わったと見れる。
    また、価格帯別売買高で膨れていた16000-16200円を突破。
    16900-17100円辺りまでは商いが薄く上昇しやすい。
    前場売買代金が株価の上昇のわりに膨れていないのが気に
    なる点ではあるが目先は上昇傾向にあるだろう。
    後場もしっかりとした展開が期待される。
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-02【東京市場見通し】

    買い先行 昨日海外株高や円安進行を好感 日経平均は16500円を意識
    
    昨日の海外株は欧州がアジア株高や原油高を好感し上昇。
    米株も欧州株高の流れや発表された好調な経済指標を好感し
    大幅に上昇。NYダウは348ドル高となった。
    本日の日本株は海外株高を好感、加えてドル/円が114円台と
    円安に進んでいることも追い風に大幅上昇が期待される。
    CME225先物が16515円(大証日中終値比+415円)。
    直近の上値抵抗として意識された節目16500円超え。
    日経平均も16500円を意識した展開が予想される。
    その水準を回復となれば25日移動平均線や日足一目均衡表の
    基準線を上回ることになり、テクニカル的にも底打ち感が強
    まりやすい。
    大幅高での寄り付きが予想されるなか、戻り売りや利益確定
    売りを吸収し終盤まで高値圏を維持、16500円どころで本日の
    取引を終えれるかが今日のポイント。
    そうすると日経平均は水準を一つあげることになるだろう。
    
    本日の日経平均予想レンジは16350-16750円
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り2540万株 買い1890万株
    差し引き650株の売り越し
    
    
    為替市場
    
    ドル/円が114円台どころ。
    (1日東京市場終値112.90円)
    
    ユーロ/円が124円台どころ。
    (1日東京市場終値122.77円)
    
    
    1日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって大幅反発。
    アジア株や欧州株など海外株高や原油高、
    発表された経済指標の結果を好感。
    WTI原油4月限が34ドル台まで上昇。
    米2月ISM製造業景況指数が49.5。
    前月の48.2から上昇し予想の48.5も上回った。
    NYダウ終値は+348.58の16865.08、
    NASDAQは+131.65の4689.59、
    S&P500は+46.12の1978.35。
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
  • 2016-03-01【本日 引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    発表された好決算、業績修正銘柄
    サムコ<6387> 業績修正発表 上期経常36%上方修正
    
    伊藤園<2593> 決算発表
    5-1月期(3Q累計)経常51%増益で着地、11-1月期黒字浮上。
    
    その他の材料株を紹介
    UBIC<2158>
    ネット上の「犯罪の予兆」を発見する分析システムを
    官公庁向けに提供開始
    
    ドーン<2303>
    警視庁の委託を受けて開発した防犯アプリをリリース
    
    カワチ薬品<2664>
    2月度既存店売上高が前年同月比5.9%増し
    
    三越伊勢丹ホールディングス<3099>
    2月度売上高が2.1%増
    
    アエリア<3758>
    子会社リベル・エンタテインメントが自社開発タイトル第2弾と
    なるゲームの開発を開始したと発表
    
    京都きもの友禅<7615>
    2月の月次商品受注高は1.6%増
    
    自社株買い実施を発表。
    ソフト99<4464>、フジミインコ<5384>、
    横河ブHD<5911>、中央物産<9852>。
    
    ピックアップ
    ドーン<2303> 終値2010円
    (前日比-48円-2.33%)
    防犯アプリリリースと発表。
    株価は25日移動平均線(2150円)をやや下回る水準での推移。
    本日の発表を好感し明日は同線回復、再び上昇トレンドの
    乗れるか注視。
    
    カワチ薬品<2664> 終値1938円
    (前日比+17円+0.88%)
    発表された2月度の連結月次売上高が好調。
    明日は結果を好感する展開が予想される。
    直近の株価は25日移動平均線(1965円)をやや下回る水準で
    底堅く推移。
    25日線回復となれば底打ち感がいっそう強まるところ。
    
    
     ピックアップ銘柄などのより詳しい見通しや詳細を
     Glove Bamboo会員様には配信。 
    その他にも株式情報が盛りだくさん。 
    ご入会、心よりお待ちしております。 
    
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-01【本日動いた注目株を紹介】

    ストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    S ネットイヤー<3622>、S enish<3667>、
    一時S Jエスコム<3779>、S リミックス<3825>、
    S アイサンテク<4667>、S 太洋工業<6663>、
    S エスケーエレ<6677>、S 三浦印<7920>、
    S マネパG<8732>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    一時S サイジニア<6031>。
    
    ピックアップ。
    アイサンテク<4667> 終値5180円(S高)
    ディーエヌエー<2432>が自動運転タクシーの
    実証実験開始と伝わり関連銘柄として同銘柄
    も買われた。
    株価は25日移動平均線(4677円)を回復となり
    底打ち感が強まったかこう。
    続き75日移動平均線(5395円)、
    日足一目均衡表の基準線(5190円)回復となれば、
    いっそう底打ち感が強まり上昇トレンド転換へと
    期待が強まる。
    
    その他、本日動いた注目株
    新興市場のテーマ株が堅調。
    仮想通貨関連のセレス<3696>、
    リアルワールド<3691>が大幅高。
    
    アスクル<2678> 2/29発表の月次単体売上高を好感
    
    大手ゼネコンが堅調。
    大林組<1802>、清水建設<1803>、鹿島<1812>。
    
    大手不動産株が堅調。
    三井不動産<8801>、住友不動産<8830>、東京建物<8804>など。
    
    
     ピックアップ銘柄などのより詳しい見通しや詳細を
    Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-01【東京市場概況】

    日経平均は小幅に反発58円高 後場円高一服でプラスに転換
    
    朝方、日経平均は小幅安で寄り付くと円高や中国経済指標
    のさえない内容を嫌気し一時は169円安、前場終わりでは
    節目16000円を割れていた。
    しかし、後場はドル/円の円高が一服、112台前半から後半へ
    弱含んだことを受けて上昇。
    小幅に切り返し16000円を回復して本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+58.75円の16085.51円。
    
    東証1部の出来高は22億2463万株。
    売買代金は2兆1481億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり980銘柄、値下がり838銘柄、
    変わらず124銘柄。
    
    業種別では値上がりが20業種、値下がりが13業種。
    値上がりトップは不動産、建設、食料品など。
    値下がりは保険、電気機器、機械、転送用機器など。
    
    日経平均は買い上がる材料に欠けるが追加緩和期待などから
    下値では拾う動きが見られる。
    移動平均線チャートでは終値(16085.51円)は
    5日移動平均(16071.36円)をやや上回って引けたが
    終盤に同線挟んでもみあうなかで結果的に上回った程度。
    日足一目均衡表を見ると転換線(16113.14)を抜けきれずに
    引けた。
    基本的に節目16000円どころでのレンジ相場から上下抜け
    切れていない状態にあり方向感に欠ける。
    明日以降も動きづらい状況は続くだろう。
    ただ、ジャスダック指数が4日続伸となりマザース指数も
    堅調な動き。大型株が手掛けにくいなか、中小型の材料株や
    テーマ株なでへの物色は明日以降も続きそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-01【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続落109円安 円高を重しに売り優勢 16000円割れ
    
    寄り付きの日経平均は米株安や円高進行と悪材料が
    目立つなか小幅安(13円安)で落ち着いたスタートなり
    一時はプラス圏に浮上する場面も見られた。
    中国の追加金融緩和など支えになったもよう。
    しかし、続かずマイナス圏に沈むと節目16000円での攻防。
    その後は発表された中国経済指標のさえない内容が嫌気、
    一時は169円安まで下げ幅を拡大した。
    
    前場日経平均終値は-109.92円の15916.84円。
    
    東証1部の出来高は10億6589万株。
    売買代金は9800億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり610銘柄、値下がり1196銘柄、
    変わらず136銘柄。
    
    業種別では値上がりが10業種、値下がりが23業種。
    値上がりトップは食料品、不動産、医薬品など。
    値下がりトップは電気機器、機械、ガラス・土石など。
    
    
    後場の見通し
    
    追加金融緩和を受けた中国・上海総合指数の反応が鈍い。
    日経平均の下支え要因とはならなかった。
    っとなれば為替ドル/円の動向がより注視される。
    後場は為替にらみの展開を予想する。
    現在のドル/円は朝方とほぼ同水準での推移112円台前半。
    111円台へと円高に振れれば日経平均は売りが加速する
    可能性はある。
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-03-01【東京市場見通し】

    円高が懸念材料 追加金融緩和に踏み切った中国株動向に注視
    
    昨日の米株市場は下落。買い優勢となる場面もあったが
    終盤に下落に転じた。
    為替ドル/円は円高に進行112円台前半での推移となっている。
    米株の下落に円高と日本株は売り優勢の展開が見込まれる。
    CME225先物は16000円(大証日中終値比+70円)、
    日経平均の寄り付きは現在のドル/円の動向を見るかぎり、
    この水準より安く始まりそうだ。
    その後、注目されるのが中国株の動向。
    中国人民銀行が約4カ月ぶりに追加金融緩和に踏み切った。
    また、中国2月製造業PMIの発表も予定されている。
    これら好材料となり中国株が堅調に推移すれば
    日本株の下支え材料となるだろう。
    ただ、その時もドル/円が円高方向に振れていれば、
    上値は重い展開が見込まれる。
    今日の日本株は基本的に弱い展開が予想される。
    
    本日の日経平均予想レンジは15700-16100円
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り1710万株 買い1450万株
    差し引き260株の売り越し
    
    
    為替市場
    
    ドル/円が112円台前半。
    (29日東京市場終値112.98円)
    
    ユーロ/円が122円台前半。
    (29日東京市場終値123.79円)
    
    
    29日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって下落。
    NYダウ、S&P500が続落となりNASDAQは反落。
    中国人民銀行が約4カ月ぶりに追加金融緩和に
    踏み切ったことや原油相場が堅調に推移し買い優勢、
    NYダウは一時86ドル高の上昇する場面が見られた。
    しかし、終盤に弱含み。世界的景気先行き不安から
    マイナスに転じた。
    NYダウ終値は-123.47の16516.5、
    NASDAQは-35.52の4557.95、
    S&P500は-15.82の1932.23。
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

     type4_400x40

                    
お気軽にお問い合わせください
  • お申込み
  • お問い合わせ
電話番号