• 2016-09-30【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    アダストリア<2685> 決算発表。
    今期最終を20%上方修正、最高益予想上乗せ。
    終値2313円(前日比-20円-0.86%)
    
    ネクステージ<3186> 業績修正発表。
    今期経常37%上方修正、最高益予想上乗せ。
    終値1517円(前日比+17円+1.13%)
    
    その他、注目の材料株
    
    BEENOS<3328>
    10/7付けで東証マザーズから東証1部へ市場変更。
    終値1658円(前日比+8円+0.48%)
    
    ピックアップ
    ツルハHD<3391> 終値11640円。
    (前日比+60円+0.51%)
    9月度月次営業速報を発表。
    既存店売上高は前年同月比1.9増、今期に入り4ヶ月連
    続でプラス確保。
    全店ベースでも前年同月比19.7%増と高い伸びを維持。
    週明けは発表を好感し買い優勢の見通し。
    テクニカル面では直近、移動平均線チャートにおいて
    75日線(11458円)、日足一目均衡表において雲上限(11
    580円)近辺でのもみあい。
    これらからの上放れに期待がかかる。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-09-30【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S モジュレ<3043>、
    一時S ULSグルプ<3798>、
    S リアルコム<3856>、
    S ALBERT<3906>、
    S チェンジ<3962>、
    一時S ソフバンテク<4726>、
    S 倉元<5216>、
    一時S SEHI<9478>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    イオンモール<8905>
    大幅高。
    終値1588円(前日比+47円+3.05%)
    200日移動平均線(1583円)回復。
    
    ピックアップ
    アスクル<2678> 終値3815円
    (前日比+200円+5.53%)
    大幅反発。前日に発表した9月の月次動向を好感。
    (9月の単体売上高前年同月比9.0%増。今期に入り
    4ヵ月連続で前年実績上回り)
    テクニカル面では日足一目均衡表にて雲を突破
    (上限3706円)。
    移動平均線チャートにおいても25線(3722円)を回復。
    来週は200日線(3988円をうかかがう展開へ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-09-30【東京市場概況と来週の見通し】

    日経平均は大幅反落(248円安) 外部環境悪化を嫌気
    
    朝方から売りが先行。ドイツ銀行の急落から欧米株安、
    また、円高警戒感などが売り材料となった。
    日経平均は前場に一時、285円安の下落。
    その後は下げ渋り、後場寄りには下げ幅を縮める動き
    が見られたが限定的。
    大引けにかけて安値圏でのもみあいとなった。
    
    日経平均終値は-243.87円の16449.84円。
    
    東証1部の出来高は18億1958万株、
    売買代金は2兆461億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり256銘柄、値下がり1658銘柄、
    変わらず64銘柄。
    
    業種別では値上がりが3業種、値下がりが30業種。
    値上がりは石油・石炭、不動産、鉱業のみ。
    値下がりはトップは電気・ガス、海運、その他金融。
    
    
    来週の見通し
    
    米雇用統計を週末に控え様子見姿勢の強い展開
    
    来週は週末10/7に米雇用統計を控えおり、全体的に
    は方向感の出にくい週となりそうだ。
    週末に米雇用統計を控えるなか、その他にも多くの
    経済指標が国内、国外に発表される。
    国内では9月調査の日銀短観や8月景気動向指数など
    に注目。
    米国では9月のISM製造業および非製造業景況指数、
    8月製造業受注などが雇用統計前の注目指標となる。
    それらの結果を受けたドル/円の動向次第で上下、
    株価もそれに合わせて、それなりの値幅は出そうだ。
    ただ、米雇用統計の結果を見極めたいとはっきりと
    した方向感は出ない見通し。
    その為、物色は個別材料株に向かいそうだ。
    小売の主力銘柄の決算が予定されているほか、
    ノーベル賞やシーテック。
    それら、関連銘柄へ注目が集まりやすい。
    
    来週の日経平均予想レンジは16000-16800円。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-30【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落(258円安) 金融株安、円高警戒感が重しに
    
    ドイツ銀行をめぐる懸念が再燃し前日の米株が下落、
    日本株も銀行、保険など金融株を中心に売りが先行
    した。
    また、ドル/円が前日より円高方向に振れており、円
    高警戒感から輸出関連も売りに押された。
    日経平均は一時、285円安まで下落し、その後も戻
    りは鈍く、安値圏での推移が続いた。
    
    前場日経平均終値は-258.10円の16435.61円。
    
    東証1部の出来高は8億5598万株、
    売買代金は8914億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり277銘柄、値下がり1606銘柄、
    変わらず93銘柄。
    
    業種別では値上がりが1業種、値下がりが32業種。
    値上がりは鉱業のみ。
    値下がりトップは電気・ガス、海運、そん他金融。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は前場、戻り鈍く安値圏で引けたが、75日移動
    平均線(16359円)を引き続き下値サポートにいっていの
    底堅さを示している。
    同線を割らずに前場を引けてことにより、後場は押し目
    買い、また日銀による上場投資信託(ETF)買い入れへ
    の思惑などから下げ幅を縮小する見込み。
    また、昼休み時間中、ドル/円も円安方向に振れており、
    現在は101円半ばでの推移。
    ドル/円の動向を好感する動きも出てきてそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-30【東京市場見通し】

    再びドイツ銀不安で米株が全面安 日本株も売り先行見通し 
    
    前日の海外市場で欧州株はまちまちも米株が全面安の下落。
    ドイツ銀行に対して複数のヘッジファンドが担保を引き上
    げたとの報道を受けて、金融株を中心に売られた。
    日本株も同様に金融株を中心に売りが先行する見通し。
    日経平均はCME225先物16525円(大証日中終値比-195円)を
    意識してのスタート。
    その後は節目16500円どころでいっていの底堅さを示しそ
    うだがドル/円の動向次第では下げ幅を拡げる可能性も。
    ドル/円は現在、101円台前半での推移、前日よりやや円高
    に振れているが101円台を維持している。
    このまま101円台を維持できるかが焦点となりそうだ。
    物色は主力処が手掛けにくいなか、引き続き中小型株へ。
    特に衆院予算委員会で2016年度第2次補正予算案の実質審
    議が始まることから政策関連。
    政府が成長戦略の柱と位置づけるのが人工知能(AI)研究。
    AI関連などに物色が向かいやすい。
    
    日経平均予想レンジは16400-16700円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1720万株、買い890万株、
    差し引き830万株の売り越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が101円台前半。
    (29日終値100.52-53円)
    
    ユーロ/円が113円台半ば。
    (29日終値113.91-95円)
    
    29日の米株市場概況
    
    大幅反落(3日ぶり)全面安。
    複数のヘッジファンドがドイツ銀から担保を引き上
    げたとの報道を受けてドイツ銀株に再び売りが強ま
    った。
    そのことにより、金融株を中心売りが先行、NYダウ
    は一時250ドル近くの下落となる場面も見られた。
    NYダウ終値は-195.79の18143.45、
    S&P500は-20.24の2151.13、
    NASDAQは-49.39の5269.15。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-29【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ピックルス<2925> 決算発表。
    上期経常41%増益で着地。今期配当を5円
    増額修正。
    終値1700円(前日比-15円-0.87%)
    
    京坂HD<9045> 業績修正発表。
    上期経常21%上方修正。
    終値719円(前日比±0円±0.00%)
    
    ピックアップ
    ストライク<6196> 決算発表
    終値7700円(前日比+530円+7.39%)
    16年8月期の経常利益(非連結)は従来予想(6.1億円)を
    上回り前期比44.4%増の7.9億円に拡大。
    17年8月期も8.2億円(前期比4.1%増)を見込み、3期連
    続で過去最高益更新見通し。
    また、配当も増額修正。年間配当を27円から35円に。
    今期は12円。11/30割当の株式分割を考慮した実質配
    当は2.9%増配。
    株価は本日、7%超えの反発と25日移動平均線(6865円
    )などから上放れ。発表を好感し一段高へと期待がか
    かる。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    アスクル<2678>
    9月の単体売上高前年同月比9.0%増。
    今期に入り4ヵ月連続で前年実績上回り。
    終値3615円(前日比-15円-0.41%)
    
    SBI<8473>
    未定だった上期配当10円実施。
    終値1204円(前日比+19円+1.60%)
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-09-29【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 安川情報<2354>、
    S モジュレ<3043>、
    一時S GMOクラウ<3788>、
    S ULSグルプ<3798>、
    S リアルコム<3856>、
    S シルバエッグ<3961>、
    S チェンジ<3962>、
    S ソフバンテク<4726>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ピックアップ
    ワイエイシイ<6298> 終値1337円
    (前日比+85円+6.78%)
    大幅続伸。
    日足一目均衡表にて雲突破(1269円)。移動平均線
    チャートにおいても25日線(1243円)近辺での推移
    が続いていたなか、上放れ傾向。
    7/22年初来高値(1689円)からの値幅、日柄ともに
    調整完了。上昇トレンドへ。
    
    日立ハイテク<8036> 終値4030円
    (前日比+125円+3.20%)
    4日続伸。
    本日、認知機能の維持・向上をめざした機能性表
    示食品の開発において、脳科学を活用した検証支
    援サービスを開始すると発表。
    発表を好感した買いが集まった。
    テクニカル面では25日移動平均線(3799円)にサポ
    ートに直近はジリ高、本日上放れ、年初来高値更
    新。一段高が期待される。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-09-29【東京市場概況】

    外部環境の好転を受けて日経平均は大幅反発(228円高)
    
    注目されていたOPECでの原油減産合意を受けてエネルギ
    ー関連セクターを中心に買いが先行。
    為替ドル/円も円安方向に振れたこともあり、本日は買い
    優勢の展開となった。
    日経平均は後場にこの日の高値となる16756.43円(291.
    03円)まで上昇。
    大引けにかけては伸び悩んだが前日の下落分(218.53円)
    を取り戻した。
    
    日経平均終値は+228.31円の16693.71円。
    
    東証1部の出来高は17億6092万株、
    売買代金は1兆8789億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1370銘柄、値下がり521銘柄、
    変わらず87銘柄。
    
    業種別では値上がりが28業種、値下がりが5業種。
    値上がりトップは鉱業、鉄鋼、石油・石炭。
    値下がりは空運、水産・農林、陸運など。
    
    日経平均は前日に75日移動平均線(16352円)近くまで沈んだ
    ものの原油高、円安などを好感し本日は反発。
    下値は同線をサポートに底堅さを意識される。
    とはいえ、上値は一時は上抜けてものの終値では維持できず
    25日移動平均線(16726円)が抵抗線として意識された。
    節目17000円にかけて戻り売り圧力は強いと見られるなか、
    東証1部の売買代金は2兆円割れと盛り上がりに欠ける。
    まだ、方向感を示すようなトレンドは出ていない。
    いっぽうで、新興株式市場は堅調。直近上昇の目立った銘柄
    には一服感が出ているもののノーベル賞やシーテックといっ
    たイベントを来週以降に控えており、引き続き中小型株が賑
    わう展開となりそうだ。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-29【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅反発(233円高) 原油高受けて資源株中心に買い優勢
    
    OPECが8年ぶりに減産に合意、それを受けて日本株は米
    株市場同様に資源株を中心に買い優勢の展開となった。
    また、為替ドル/円も101台前半での推移と円安方向に振
    れていることも相場の後押しとなった。
    日経平均は一時、260円を超える上昇となり、その後も
    高値圏を維持したまま前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+233.78円の16699.18円。
    
    東証1部の出来高は8億4628万株、
    売買代金は8536億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1268銘柄、値下がり601銘柄、
    変わらず106銘柄。
    
    業種別では値上がりが30業種、値下がりが3業種。
    値上がりトップは鉱業、鉄鋼、石油・石炭。
    値下がりは空運、水産・農林、陸運のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    直近、上昇の目立った内需・ディフェンシブ系や中小型株
    は本日、上昇一服。
    本日、上昇が目立つのはOPECでの原油減産合意を受けて鉱
    業、鉄鋼、石油石炭、非鉄金属、卸売、機械など資源・素
    材株。
    ただ、OPECは11/30日にウィーンの本部で開く総会で詳細
    を詰め、正式に生産調整に踏み切る方針。
    それまでは見極めが必要だろう。
    本日、今現在は上昇一服感が目立つものの引き続き需・
    ディフェンシブ系や中小型株への物色が有効。
    後場は押し目を拾う動きが徐々に出てきそうだ。
    日経平均は堅調な動きのなか25日移動平均線(16726円)が
    上値抵抗として意識されている。
    同線を回復する動きが見られれば一段高の可能性あり。
    ドル/円の動向次第といったところ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-29【東京市場見通し】

    買い先行 OPECが減産に合意 NY原油上昇を受けた米株高好感
    
    前日の米株市場がOPECが8年ぶりに減産に合意を受けてNY原油
    上昇、エネルギー株や素材株を中心に堅調な展開となり続伸
    となった。
    また、為替ドル/円も昨日より円安方向に振れており、100円台
    後半で現在は推移している。
    良好な外部環境を好感し日本株は買い先行の見通し。
    日経平均は前日に75日移動平均線(16352円)を割らずに推移、
    同線を下値サポートに反発するかっこうとなる。
    今後も下値サポートして強く意識されそうだ。
    いっぽうで上値は5日移動平均線(16651円)や25日移動平均線
    (16718円)が直近、抵抗線として意識されている。
    CME225先物16540円(大証日中終値比+80円)にサヤ寄せする形
    で寄り付いた後、上値を抑えられる見込み。
    引き続き、物色が向かいやすいの中小型株だろう。
    
    日経平均予想レンジは16450-16700円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り950万株、買い800万株、
    差し引き150万株の売り越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が100円台後半。
    (28日終値100.75-76円)
    
    ユーロ/円が113円台前半。
    (28日終値112.76-80円)
    
    28日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって続伸。
    欧州株が下げ止まりの動きとなるなか、OPEC会合で日量3250万
    バレルの産油制限で合意したとの報道を受けてNY原油先物11月
    限が急騰しエネルギー株、素材株が大幅に上昇し相場の後押し
    となった。
    NYダウ終値は+110.94の18339.24、
    S&P500は+11.44の2171.37、
    NASDAQは+12.84の5318.55。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-28【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ピックアップ
    セガサミー<6460> 業績修正発表。
    終値1426円(前日比-20円-1.38%)
    17年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結最終利益が
    従来予想34億円から210億円に。6.2倍の上方修正。
    増益率は3.5倍から22倍の拡大見通し。
    (通期最終利益は従来予想100億円据え置き)
    株価は9/9に年初来高値1495円を付けて以降は調整、
    25日移動平均線(1424円)水準でもみあいとなっている。
    本日の上方修正をキッカケに25日線から上放れ、
    再度上昇トレンド転換と期待される。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    持田製薬<4534>
    潰瘍性大腸炎治療剤「リアルダ錠」が製造販売承認を取得。
    終値8190円(前日比-160円-1.91%)
    
    ゼリア新薬工業<4559>
    クローン病治療剤「ゼンタコートカプセル3mg」
    (一般名ブデソニド)の製造販売承認を取得したと発表。
    終値1684円(前日比-32円-1.86%)
    
    シンバイオ製薬<4582>
    悪性腫瘍剤「トレアキシン」の小容量規格製剤である
    「トレアキシン点滴静注用25mg」の国内医薬品製
    造販売承認を取得したと発表。
    終値305円(前日比-55円-15.28%)
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-09-28【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S レッド<3350>、
    S シルバエッグ<3961>、
    一時S ビーマップ<4316>、
    一時S シグマクシス<6088>、
    S 太洋工業<6663>、
    一時S クレステック<7812>、
    S AGP<9377>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    コア<2359>
    7日続伸。
    日足一目均衡表の雲突破(上限1020円)。
    終値1108円(前日比+95円+9.37%)
    
    日本サード<2488>
    大幅反発。
    日足一目均衡表の雲突破(上限539円)。
    終値574円(前日比+61円+11.89%)
    
    カゴメ<2811>
    続伸。
    75日移動平均線(2590円)回復。
    日足一目均衡表の雲突破(上限2629円)。
    終値2659円(前日比+82円+3.18%)
    
    ピックアップ
    データSEC<3905> 終値782円
    (前日比+48円+6.53%)
    大幅5日続伸。
    本日朝方にハウスコム<3275>やビットエー、
    慶応義塾大学理工学部情報工学科萩原研究室と
    共同で話し手の感情を汲み取る能力を持つ対話
    型人工知能(AI)およびカンバセーションエン
    ジンの開発を始めると発表。
    発表を好感した買いが向かった。
    テクニカル面での株価は日足一目均衡表にて、
    雲を突破(上限757円)。
    引き続き、堅調な展開が見込まれる。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-09-28【東京市場概況】

    日経平均は大幅反落(218円安) 9月権利取反動、円高が重しに
    
    朝方から売りが優勢の展開となった日本株。日経平均は前場
    に300円近くの下落となる場面があった。
    9月期末の配当権利落ち(約115円)が響いたほか、ドル/円が円
    高に方向に振れていたことが重しとなった。
    売り一巡後、下げ渋る動きも見られが買い材料に乏しく戻り
    も限定され、200円超えの下落幅で本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は-218.53円の16465.40円。
    
    東証1部の出来高は16億4382万株、
    売買代金は1兆8211億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり556銘柄、値下がり1223銘柄、
    変わらず101銘柄。
    
    業種別では値上がりが3業種、値下がりが30業種。
    値上がりは水産・農林、ゴム製品、食料品のみ。
    値下がりトップは証券・商品、保険、銀行。
    
    日経平均の目先の焦点は75日移動平均線(16352円)。
    本日も同線を割ることは無く、サポート線として
    強く意識される結果となっている。
    ここで切り返すことが出来れば、節目17000円を
    うかがう展開も期待されるだろう。
    ただ、逆に割れるようなら失望感が高まりやすく、
    注意したいたところ。
    一方で新興市場ではマザーズの売買代金が995億円と
    前日から43%増加、3週間ぶりの高水準。
    外部環境に左右されにくい中小型株へは資金が向か
    っている。
    いっときは中小型の材料株やテーマ株を中心とした
    売買が続くと思われる。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-28【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅反落(257円安) 一時は下落幅は300円に迫る場面も
    
    為替ドル/円が円高方向に振れていたことや9月配当落ち
    のマイナス影響(115円程度)から売りが先行し日経平均
    は一時、300円近くの下落となる場面があった。
    その後、やや戻す動きは見られているが限定的。
    257円安、16400円どころで前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-257.32円の16426.61円。
    
    東証1部の出来高は8億696万株、
    売買代金は8629億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり433銘柄、値下がり1364銘柄、
    変わらず83銘柄。
    
    業種別では値上がりが2業種、値下がりが31業種。
    値上がりは水産・農林、ゴム製品のみ。
    値下がりトップは保険、銀行、証券・商品。
    
    
    後場の見通し
    
    後場も前場同様に軟調な展開が続く見通し。
    日銀のETF買入れからリバウンドが意識されるものの
    戻り待ちの売り仕掛けが出やすい状況にある。
    主力、大型株が軟調に推移するいっぽうで、中小型の
    材料株、テーマ株などへは買いが向かっている。
    引き続き、それら銘柄に物色が向かう見通し。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-28【東京市場見通し】

    売り先行 米株高も為替ドル/円が円高方向 その後様子見姿勢
    
    昨日の海外市場は欧州株が原油安などを重しに下落、
    いっぽうで米株は3日ぶりに反発、発表された経済
    指標や大統領候補討論でクリントン氏優勢の見方が
    強まったことが買い材料となった。
    米株高が好感されるところだが、為替ドル/円が円高
    方向に振れており、現在は100円台前半で推移。
    日本株は円高を嫌気、また9月期末の権利落ち日のた
    め安くスタートすることが見込まれる。
    その後は様子見姿勢の強い展開。OPEC非公式会合
    を前にイラン石油相の増産凍結に否定的な発言も出て
    おり、やや売り優勢の可能性も。
    ドル/円、原油相場の動向を睨みながらの展開となりそ
    うだ。
    
    日経平均予想レンジは16400-16650円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1020万株、買い910万株、
    差し引き110万株の売り越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が100円台前半。
    (27日終値100.53-54円)
    
    ユーロ/円が112円台半ば。
    (27日終値113.08-12円)
    
    27日の米株市場概況
    
    3日ぶり反発。
    欧州株が軟調な流れを受けて売り優勢でスタートも
    発表された強い経済指標を好感(米9月消費者信頼感
    指数など)。
    また、大統領候補の討論会でクリントン氏が優位と
    見方も相場の支援となった。
    NYダウ終値は+133.47の18228.3、
    S&P500は+13.83の2159.93、
    NASDAQは+48.22の5305.71。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-27【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ディップ<2379> 業績、配当修正発表。
    上期経常30%上方修正、最高益予想上乗せ。
    通期も増額。加えて配当を2円増額。
    終値3200円(前日比+50円+1.59%)
    
    東宝<9602> 業績修正発表。
    上期経常44%上方修正。
    終値3390円(前日比+50円+1.50%)
    
    ピックアップ
    ニトリHD<9843> 決算発表。
    終値11980円(前日比+180円+1.53%)
    17年2月期第2四半期累計(3-8月)の連結経常利益は498億円。
    前年同期比32.0%増。従来予想400億円を上回っての着地に。
    また、通期計画の800億円に対する進捗率は62.3%に達し、
    5年平均49.9%も上回り。
    株価は今日まで4日続伸と堅調に推移するも75日移動平均線
    (11914円)や日足一目均衡表の雲(12010-12360円)などが上値
    抵抗として意識されていた。
    好決算を受けて、これら上値抵抗を突破する展開に期待がか
    かる。突破なれば年初来高値13630円(7/4)へ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    夢真HD<2362>
    人工知能(AI)サポートデスクシステムを
    提供するマインドシフトと資本・業務提携
    発表。
    終値816円(前日比+10円+1.24%)
    
    クスリのアオキ<3398>
    9月既存店売上高が前年同月比3.5%増。
    今期に入り4ヵ月連続で前年実績上回り。
    終値4800円(前日比+265円+5.84%)
    
    日本製紙<3863>
    不動産売却で特別利益計上へ。
    終値1895円(前日比+34円+1.82%)
    
    土木管理総合試験所<6171>
    10/4付で東証2部から東証1部に指定され
    ることになったと発表。
    終値795円(前日比±0円±0.00%)
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-09-27【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め10銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ベクター<2656>、
    一時S パレモ<2778>、
    一時S エキサイト<3754>、
    S エディア<3935>、
    S ビーマップ<4316>、
    S ダイトーケミ<4366>、
    S 太洋工業<6663>、
    S ネポン<7985>、
    S さが美<8201>、
    一時S AGP<9377>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    Jマテリアル<6055>
    大幅反発。
    終値3755円(前日比+230円+6.52%)
    75日移動平均線(3643円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限3620円)突破。
    
    NOK<7240>
    急反発。
    終値2205円(前日比+143円+6.94%)
    25日移動平均線(2049円)から上放れ傾向
    
    ピックアップ
    富士キコウ<7260> 終値364円
    (前日比+31円+9.30%)
    大幅反発。
    直近、25日移動平均線(332円)近辺でのもみあいが
    続いていたが本日に上放れ。
    日足一目均衡表においても雲(上限348円)突破。
    上昇トレンド転換と期待される形にあり。
    次に200日移動平均線(397円)をうかかがう展開。
    回復となれば長期的にも上昇トレンド転換と期待
    されるところ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-09-27【東京市場概況】

    日経平均は反発(139円高) 後場にプラス転換 そのまま高値引け
    
    朝方は前日の海外株安やドル/円が円高に振れていたことなど
    が嫌気され売りが先行。
    日経平均は一時、259円まで下落幅を拡げる場面があった。
    しかし、米大統領選候補者によるテレビ討論会を受けてドル/
    円が円安方向に。
    円安に振れたドル/円が好感し、日経平均は前場を下げ幅縮小
    して引けると後場にはプラスに転換。
    配当落ち分の再投資による買いなども日経平均を押し上げる
    要因となり高値引けで本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+139.37円の16683.93円。
    
    東証1部の出来高は22億3921万株。
    売買代金は2兆2946億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1557銘柄、値下がり315銘柄、
    変わらず105銘柄。
    
    業種別では値上がりが31業種、値下がりが2業種。
    値上がりトップは鉱業、非鉄金属、石油・石炭。
    値下がりは銀行、証券・商品のみ。
    
    本日、日経平均がプラスに切り返す動きとなるなど相場全体
    が堅調な動きとなるなか上げきれなかったのが金融株。
    今晩の欧米市場で金融株が切り返してくるかが焦点。
    切り返してくれば、明日は東京市場でも金融株に買いが入り
    やすく、安心感から相場全体が強き姿勢に傾く可能性もある。
    日経平均は結果的に75日移動平均線(16355円)が下値サポート
    して強く意識される形となり、25日移動平均線(16723円)に迫
    る動きとなった。同線や200日移動平均線(16820円)回復も見
    えてきており相場環境次第では今週に節目17000円を試す可能
    性もありそうだ。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-27【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続落(54円安) 一時259円安も下げ幅縮小
    
    前日のドイツ銀行下落を受けて欧米ともに金融株を中心
    に売られ軟調な展開。
    また、為替ドル/円も円高方向にあり、日本株は朝方から
    売り優勢でスタートした。
    日経平均は一時、下落幅を259円まで広げた。
    しかし、その後はドル/円が底堅く円安方向に振れたこと
    から下げ幅を縮小し前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-54.15円の16490.41円。
    
    東証1部の出来高は10億5275万株。
    売買代金は1兆77億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり587銘柄、値下がり1241銘柄、
    変わらず149銘柄。
    
    業種別では値上がりが10業種、値下がりが23業種。
    値上がりは水産・農林、鉱業、その他製品など。
    値下がりトップは銀行、保険、証券・商品。
    
    
    後場の見通し
    
    10時から始まったた米大統領選候補者によるテレビ討論会。
    ヒラリー・クリントン氏が優位に討論を進めていると判断
    されており、ドル/円が円安方向に振れた。
    後場も引き続き、ドル/円が円安方向、日銀のETF買入れへ
    の思惑、中間配当落ち分の再投資に伴う買いなどが意識さ
    れれば日経平均はプラスに転じる可能性もある。
    ただ、変わらず、積極的に主力株への買いは入れにくい。
    米大統領候補による第1回討論会を受けた米市場の動向を
    見極めたいとの思惑がはたらく。
    売買の中心は中小型の材料株へ向かいやすい。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-27【東京市場見通し】

    売り先行 欧米株安に円高 外部環境悪化を嫌気 その後も為替にらみ
    
    前日の欧州市場でドイツ銀行の経営不安が再燃、金融株を中心
    に軟調となり米株もその流れから金融株を中心に売り優勢の展
    開となった。
    また、為替ドル/円も円高に振れており、現在は100円台前半で
    の推移。
    外部環境の悪化を嫌気し、日本株は売り先行の見通し。
    寄り付き後もドル/円の動向を注視。
    日本時間の10時から、米大統領選候補者のテレビ討論が予定さ
    れており、内容次第で上下する可能性が前場にとくにある。
    トランプ氏が優勢の報道が流れるようなら波乱、ドル/円が100
    円を割り込む場面も出てきそうだ。その時に株式市場は売りが
    強まる可能性あり。
    クリントン氏が優勢となれば、いったん安心感は強まる見方。
    日経平均はCME225先物16280円(大証日中終値比-120円)を意識
    した寄り付き(日経平均前日終値16544.56円)。
    75日移動平均線(16357円)が下値サポートして意識される見通
    しだが、ドル/円の動向次第では一時的に割れる可能性もある。
    
    日経平均予想レンジは16200-16500円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1590万株、買い850万株、
    差し引き740万株の売り越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が100円台前半。
    (26日終値100.60-63円)
    
    ユーロ/円が112円台後半。
    (26日終値113.00-04円)
    
    26日の米株市場概況
    
    続落。欧州株の軟調の流れを受けて米株も売り優勢。
    米司法省からMBS(住宅ローン担保証券)の不正取
    引に関し巨額の和解金支払いを求められているドイ
    ツ銀行に対し、ドイツ政府が支援の可能性を否定し
    たと報じられた。それにより、ドイツ銀行が大幅安。
    欧米ともに金融株を中心に売られる展開となった。
    NYダウ終値は-166.62の18094.83、
    S&P500は-18.59の2146.1、
    NASDAQは-48.26の5257.49。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-26【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ダイトーケミックス<4366> 業績修正発表。
    今期経常を一転34%増益に上方修正、
    配当も2円増額(4円に)。
    終値308円(前日比+3円+0.98%)
    
    フロイント産業<6312> 業績修正発表。
    上期経常を89%上方修正。
    終値1428円(前日比+27円+1.93%)
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ダイドードリンコ<2590>
    9月度の飲料事業売上高は前年同月比7.2%増。
    2ヵ月ぶりに前年実績を上回り。
    終値5550円(前日比+10円+0.18%)
    
    ジャパンミート<3539>
    今期配当10円増額修正(年間配当は20円に)。
    終値1231円(前日比+9円+0.74%)
    
    ピックアップ
    VOYAGE GROUP<3688> 終値935円
    (前日比+2円+0.21%)
    CMerTVの発行済株式総数の58.39%を取得し
    子会社化することを発表。
    CMerTVはインターネット動画広告の配信
    プラットフォームを開発、配信する事業を展開。
    大手自動車ブランドを最初のクライアントとし
    て獲得するなど、ナショナルクライアントとの
    豊富な取引実績を有し、モバイル端末時代に即
    したブランド広告の動画配信事業者として高い
    評価を得ている。
    今回の子会社化により今後市場の拡大が見込ま
    れるモバイル端末の動画広告市場における一層
    のプレゼンス確立を目指すとのこと。
    テクニカル面での当銘柄は長らく25日移動平均
    線(942円)近辺での推移900円台前半から半ばで
    の推移となっている。
    発表を好感する流れから水準を上げ節目100円台、
    75日移動平均線(1019円)回復となるか注視。
    節目1000円どころを回復となれば、先で日足一
    目均衡表にて上限を切り下げている雲を突破す
    る可能性が高まるところ。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-09-26【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S SJI<2315>、
    一時S ALBERT<3906>、
    一時S アキュラセラ<4589>、
    一時S 富士ソSB<6188>、
    S ソファインV<6531>、
    S さが美<8201>、
    S AGP<9377>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S エナリス<6079>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    サンバイオ<4592>
    大幅に3日続伸。
    終値1595円(前日比+108円+7.26%)
    75日移動平均線(1525円)回復。
    
    ピックアップ
    イトーヨーギョー<5287> 終値1290円
    (前日比+198円+18.13%)
    今年、8~9月にかけて相次いだ台風、日本列島にで
    多大な被害を及ぼした。
    台風対策の重要性が改めて認識されているなか、
    当銘柄は集中豪雨による都市型水害に対応してマン
    ホール内圧の上昇によるふたの浮上・飛散防止対策
    に「ふた浮上防止マンホール」を、道路冠水対策と
    して「ライン導水ブロックを使用した路面冠水抑制
    システム」や「越流抑制型グレーチング」を手掛け
    ており、関連銘柄として買いが向かった。
    テクニカル面では9/5に年初来高値1329円を付けて
    以降に調整の流れにあったが25日移動平均線(1109
    円)で反発したかっこう。
    再度、年初来高値更新へ。上値を伸ばす展開が見込
    まれる。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
                    
  • 2016-09-26【東京市場概況】

    日経平均は大幅続落(209円安) 引けにかけて下げ幅拡大
    
    朝方から欧米株安など外部環境の悪化を受けて売り優勢。
    日経平均は141円安で前場を引けていた。
    後場はやや下げ幅を縮小する場面も見られたが再び軟化、
    引けにかけて下げ幅を拡大し安値圏で取引を終えた。
    黒田日銀総裁は関西4経済団体との懇談会で講演し、
    「追加緩和の手段はマイナス深掘りと長期金利目標引き
    下げが中心」などと発言。銀行株に売りが強まったこと
    が指数の重しとなった。
    
    日経平均終値は-209.46円の16544.56円。
    
    東証1部の出来高は15億2635万株、
    売買代金は1兆6944億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり527銘柄、値下がり1326銘柄、
    変わらず124銘柄。
    
    業種別では値上がりが2業種、値下がりが31業種。
    値上がりは医薬品、繊維製品のみ。
    
    東証1部の売買代金が2兆円割れと低水準。日米の金融政策イ
    ベントを通過したことで手掛かり材料難。
    明日開催の米大統領候補の第1回テレビ討論会も様子見要因
    となっているようだ。
    その他にも今週はFRB高官による講演が多数予定されており、
    発言を受けての為替動向に注目が集まる。
    加えて原油相場の動向も見極めたいところ。アルジェで開か
    れる石油輸出国機構(OPEC)とロシアのエネルギー相による非
    公式会合が予定されている。
    日経平均は本日、16600割れで大引け。価格帯別出来高で商
    いが膨れている16600-16700円を下回り、売り圧力が警戒さ
    れてくるところ。
    その他テクニカル面では日足一目均衡表の雲上限(16509円)
    が下値サポートとして機能するかが焦点。
    また、移動平均線チャートで25日線(16718円)、5日線(1662
    3円)を下回り、75日線(16357円)が意識される場面でもある。
    主力株に手掛かけにくさがあるなか、物色は引き続き、中小
    型のテーマ株等に向かうと思われる。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-26【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続落(141円安) 欧米株安などを受けて売り優勢
    
    先週末、海外市場では欧米株安に原油安。
    外部環境の悪化を受けて朝方から売りが先行した。
    その後もドル/円がやや円高に振れたことなどがあり、
    売りが強まる展開に。
    日経平均は一時、150円超えの下落幅、その後も戻り鈍く、
    前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-141.45円の16612.57円。
    
    東証1部の出来高は6億6341万株、
    売買代金は7091億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり632銘柄、値下がり1205銘柄、
    変わらず139銘柄。
    
    業種別では値上がりが4業種、値下がりが29業種。
    値上がりは食料品、医薬品、繊維製品、小売り。
    値下がりトップは鉱業、保険、海運。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は価格帯別出来高では商いが膨れている
    16600-16700円の水準での推移。
    強弱材感が対立しやすところにあるなか、
    ドル/円がやや円高方向にあり、売り優勢の展開。
    一方でマザーズ、ジャスダックの新興市場は前場
    をプラスで引けており堅調。
    主力大型株から中小型株に物色は移っており、
    その流れは続きそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-26【東京市場見通し】

    先週末の欧米株が軟調 ドル/円の上値も重く 売り優勢か
    
    先週末23日の海外市場は欧米株式は軟調に推移。直近の
    上昇からの利益確定、原油価格の下落などが売り材料と
    なった。
    為替ドル/円は上値が重く小動き、101円近辺で推移し、
    現在もその水準にある。
    欧米株安、ドル/円の上値の重いため、日本株は売り優勢
    の展開が見込まれる。
    その後は材料に欠けるなか様子見姿勢、為替にらみの展
    開が予想される。
    全体的に様子見姿勢の強いと予想されるなか、材料株に
    物色がより向かいやすい。
    臨時国会が召集されるなか政策期待が高まる可能性があ
    り、「統合型リゾート(IR)整備推進法案」(カジノ法案)
    の関連銘柄。
    24日から「PS VR」の予約が再開されたソニー。ゲーム
    ショウ2016においてVRゲームは話題性、関心が高く、VR
    関連へにも物色が向かいやすいと見られる。
    
    日経平均予想レンジは16500-16800円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り1770万株、買い950万株、
    差し引き280万株の売り越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が101円どころ。
    (先週末23日終値100.99-101.01円)
    
    ユーロ/円が113円台前半。
    (先週末23日終値113.12-16円)
    
    先週末23日の米株市場概況
    
    反落。前日までの上昇から利益確定売り優勢の展開に。
    NY原油先物が来週アルジェで開かれるOPEC(石油輸出
    国機構)の会合で生産調整に向けた話し合いには至らな
    いとの観測が伝えられ急落、エネルギー株の下落が相
    場の重しとなった。
    NYダウ終値は-113.01の18261.45、
    S&P500は-12.49の2164.69、
    NASDAQは-33.78の5305.75。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-23【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ピックアップ
    青森銀行<8342> 業績修正発表。
    終値333円(前日比+2円+0.60%)
    17年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を
    従来予想の23億円から39億円と69.6%上方修正。
    (前年同期52.6億円)。
    減益率は56.3%減から26.0%減に縮小見通し。
    上期業績の好調に伴い、通期の連結経常利益も
    従来予想の48億円から63億円と31.3%上方修正。
    (前期96.4億円)
    減益率は50.2%減から34.7%減に縮小見通し。
    株価は前日(21日)に大幅反発で200日移動平均線
    (322円)を回復し本日も小幅ながら続伸。
    発表を受けて週明けは買い優勢の見通し。
    200日移動平均線から上放れ、上昇トレンドを強
    める展開に期待。
    週足一目均衡表の雲突入(336-359円)の見込み。
    目先は雲上限359円を試す見通し。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-09-23【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め6銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S サムシング<1408>、
    一時S モブキャス<3664>、
    S シンバイオ<4582>、
    S アキュセラ<4589>、
    S 環境管理<4657>、
    S リファインV<6531>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ピックアップ
    JACR<2124> 終値1183円
    (前日比+123円+11.60%)
    急反発。21日発表した8月度月次売上高を好感。
    前年同月比22.6%増と今期に入り8ヵ月連続で
    前年実績を上回り。
    テクニカル面での株価は移動平均線チャートで上値
    抵抗として意識されていた25日線(1092円)を回復。
    同線の上の水準に控える200日線(1232円)、75日線
    (1336円)をうかかがう展開から回復、上昇トレンド
    転換に期待がかかるところ。
    
    ロゼッタ<6182> 終値1857円
    (前日比+133円+7.71%)
    人工知能(AI)関連が軒並み堅調に推移。
    厚生労働省は人工知能(AI)を使い、高い効果の見
    込める画期的新薬の開発を後押しすると報じられた。
    関連銘柄から当銘柄をピックアップ。
    直近、本日まで4日大幅続伸。
    移動平均線チャートにて25日線(1741円)、
    75日線(1735円)を回復。
    また、日足一目均衡表においても雲突破間近。
    雲上限(1941円)の下がってきており、
    週明けに雲突破の見通し。上昇を強めやすい形にある。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
                    
  • 2016-09-23【東京市場概況と来週の見通し】

    日経平均は円高を重しもに反落(53円安) 中小型株がしっかり 
    
    21日の米FOMC後にドル/円が円高方向にあったことから、売り優
    勢のスタートとなった。
    しかし、下値は底堅く限定的で日経平均は前日比53円安にとど
    まった。
    日経平均構成銘柄は値下がり数が過半数を占めたが、東証1部
    の騰落数では全体の6割強の1200銘柄以上が上昇した。
    全体的に中小型株が活況で人工知能関連(AI)、カジノ関連、
    一部バイオ関連などの上昇が目立った。
    
    日経平均終値は-53.60円の16754.02円。
    
    東証1部の出来高は19億6332万株、
    売買代金は2兆2327億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1246銘柄、値下がり596銘柄、
    変わらず135銘柄。
    
    業種別では値上がりが17業種、値下がりが16業績。
    値上がりトップは鉱業、海運、建設。
    値下がりトップは証券・商品、転送用機器、保険。
    
    
    来週の見通し
    
    しっかりとした展開 やや買い優勢の展開か
    
    懸念材料である為替ドル/円が今週の日米中央銀行イベントを
    消化し、上下する場面が見られたが100円を維持、いったん
    円高に歯止めがかかった見通し。
    100円を割れるようなら、日経平均は16000円近辺まで下落す
    る可能性も残るが、その可能性は米国で発表予定の経済指標
    次第。月末でもあり多く発表を控えている。
    それら発表される指標が相次いで悪い結果となれば、100円
    割れが考えられるが、翌週により注視される雇用統計を控え
    ていることを考えると、円高一方向に向かいにくい。
    ドル/円のしっかりとした展開から下値不安が和らぎ、
    買い優勢に傾く見通し。
    ただ、物色の中心は本日に見られたように中小型株。
    来週はIPO銘柄も相次ぎ(26日にバリューデザイン 、27日
    にシルバーエッグとチェンジ 、29日にシンクロ・フード、
    30日にG─FACを予定)中小型株物色の追い風になる見通し。
    
    来週の日経平均予想レンジは16000-17200円。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-23【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅反落(20円安) 円高重しも下値限定的
    
    21日の米FOMC後にドル/円が一時100円台前半となるなど
    円高方向に振れていていたことが重しとなり、日本株は
    売り優勢の展開に。
    しかし、その間の欧米株市場が堅調に推移していたこと
    から、下値限定的。
    ドル/円の円高が一服したこともあり、日経平均は一時、
    小幅高となる場面も見られた。
    
    日経平均前場終値は-20.73円の16786.89円。
    
    東証1部の出来高は9億9805万株。
    売買代金は1兆899億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1061銘柄、値下がり763銘柄、
    変わらず153銘柄。
    
    業種別では値上がりが15業種、値下がりが18業種。
    値上がりトップは情報・通信、海運、鉱業。
    値下がりトップは証券・商品、その他金融、転送用機器。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均が前場は終えて小幅安にとどまり、マザーズ、
    ジャスダック指数が堅調に推移。
    休日にドル/円が円高に振れたが日本株全体の雰囲気は
    悪くない。
    日米の重要イベントを通過し、上下ともに材料不足。
    ドル/円動向次第のところはあるが週末でもあり、後場
    はこう着感の強い展開となりそうだ。
    物色は引き続き、外部環境に影響を受けにくい中小型、
    新興市場のテーマ株や材料株に向かいやすい。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-23【東京市場見通し】

    米9月利上げ見送りを受けた円高重しも下値は限定の見通し 
    
    21日の米FOMCでは利上げ見送り。この決定を受けて為替は
    円高に進行しており、現在は100円台後半で推移。
    一時は100円台前半となる場面もあったが昨日に政府と日銀
    が緊急会合を開き、急激な円高をけん制した。
    とはいえ、21日の東京市場では102円台を付けていたことを
    考えると大きく円高に振れていることに変わりはない。
    円高を嫌気し日本株の上値は重そうだ。
    ただ、欧米株式市場は堅調に推移。米株市場は主要3指数そ
    ろって3日続伸、NASDAQが最高値更新。
    世界的な株高の流れを好感し下値は限られそうだ。
    日経平均は前日に回復した25日移動平均線(16715円)などが
    下値サポートとなる見通し。
    
    日経平均予想レンジは16700-16900円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り1650万株、買い1660万株、
    差し引き10万株の買い越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が100円台後半。
    (21日終値101.80-83円)
    
    ユーロ/円が113円どころ。
    (21日終値113.56-60円)
    
    22日の米株市場概況
    
    3日続伸。FOMC通過後の好調な流れが続いた。
    21日のFOMCでは9月の利上げが見送り。
    低金利政策の長期化見通しを背景にしたドル安
    傾向や堅調な商品相場が引き続き好感された。
    NYダウは一時、150ドル超えの上昇となる場面も。
    NASDAQは前日に続き過去最高値を更新。
    NYダウ終値は+98.76の18392.46、
    S&P500は+14.06の2177.18、
    NASDAQは+44.34の5339.52。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-21【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    LINK&M<2170> 業績修正発表。
    今期最終30%上方修正。最高益予想を上乗せ。
    終値245円(前日比+7円+2.94%)
    
    ピックアップ
    ダスキン<4665> 業績修正発表。
    終値1900円(前日比+59円+3.20%)
    17年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を従
    来予想の21億円から30億円 (前年同期は34.3億円)に。
    42.9%の上方修正。
    減益率が38.8%減から12.6%減に縮小見通しになった。
    (通期の経常利益従来予想の55億円(前期67億円)を据
    え置き。
    株価は今日まで3日続伸中。発表を好感し引き続き買
    い優勢の展開が見込まる。
    200日移動平均線(1970円)をうかかがう展開、
    同線回復となれば中長期で上昇トレンド転換。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    サンバイオ<4592>
    再生細胞薬SB623の外傷性脳損傷を対象とした
    国内フェーズ2臨床試験開始。
    終値1367円(前日比+25円+1.86%)
    
    ベクトル<6058>
    国内最大級のエンターテインメントメディア
    「CuRAZY」を運営するLAUGH TEC Hを子会社化
    すると発表。
    終値899円(前日比±0円±0.00%)
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-09-21【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S サムシング<1408>、
    一時S パレモ<2778>、
    S クスリアオキ<3398>、
    S JMNC<3645>、
    一時S アプリックス<3727>、
    一時S アサカ理研<5724>、
    一時S PSS<7707>、
    一時S SKI<9446>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S カナミックN<3939>。
    
    ピックアップ
    クスリのアオキ<3398> 終値4600円(S高)
    (前日比+700円+17.95%)
    前日(20日)に好決算銘柄としてピックアップした当銘柄。
    決算を好感しS高の上昇。
    25日移動平均線(4325円)を大幅に回復。
    次に上値メドとなるのは75日移動平均線(5217円)。
    日足一目均衡表の雲(5015-5735円)。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    五洋建設<1893>
    大幅続伸。
    終値567円(前日比+23円+4.23%)
    25日移動平均線(557円)回復。
    
    洋ゴム<5105>
    大幅反発。
    終値1474円(前日比+116円+8.54%)
    25日移動平均線(1374円)回復。
    
    ピックアップ
    神戸物産<3038> 終値2476円
    (前日比+253円+11.38%)
    朝方に8月の月次実績(速報値)を発表。
    「業務スーパー」店舗への出荷実績は既存店で
    前年同月比5.6%増。
    結果を好感され大幅に3日続伸となった。
    テクニカル面では25日移動平均線(2141円)近辺
    でのもみあいから上放れ。
    次に200日移動平均線(2581円)回復となれば、
    もう一段高と期待されるところ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-09-21【東京市場概況】

    日経平均は大幅反発(315円高) 日銀会合の結果を受けて全面高
    
    前場は日銀金融政策決定会合の結果を見極めたいと様子姿勢
    の強い展開のなか、やや売り優勢。日経平均は80円安で引け
    ていた。
    そして、結果が公表された後場は高騰。マイナス金利の深掘
    りがなかったことで銀行株の上昇が強まり、「イールドカー
    ブ・コントロール」の導入で保険株が上昇。金融株にも強い
    動きが見られ、全体の水準を押し上げる要因となった。
    
    日経平均終値は+315.47円の16807.62円。
    
    東証1部の出来高は25億8902万株、
    売買代金は2兆7152億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1837銘柄、値下がり108銘柄、
    変わらず32銘柄。
    
    業種別では全33業種が上昇。
    値上がりトップは銀行、保険、証券・商品。
    
    日銀の「総括検証」の初動はポジティブに反応される結果と
    なった。
    7月会合に続いて日銀会合結果発表後に上昇の動きとなった
    ことで今後の日銀会合前は警戒よりも期待が高まりやすくな
    ったとも見れる。
    日銀会合がプラス材料となり、次に注目されるのが今晩の米
    FOMCの結果およびイエレンFRB議長の会見。
    9月利上げ見送りでドル安・円高が加速、9月利上げ実施で米
    株急落となるのが主なリスク要因。
    これらの動きが見られれば、休日明けの日本株は本日に大幅
    に上昇した分、キツイ下げとなる可能性がある。
    しかし、日経平均の終値は16800円台と16000円台前半での推
    移から一つ水準を上げているかっこう。16000円を割りこむよ
    うな状況は回避されていると見る。
    逆に米FOMCがポジティブ材料となれば節目17000円を回復、
    9/5高値17156円や5/31高値17251円が視野に入り、先高期待が
    高まる可能性もある。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
     
  • 2016-09-21【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続落(80円安) 日銀の会合結果控え様子見
    
    朝方から、基本的には日銀会合の結果待ちで様子見姿勢。
    そんななか、持ち高調整の売りなどからジリ安の展開と
    なった。
    円高に対する警戒感から電機や自動車など輸出株が売ら
    れ、銀行や保険など金融株の一角も軟調に推移し指数の
    重しとなった。
    
    日経平均前場終値は-80.18円の16411.97円。
    
    東証1部の出来高は7億3713万株、
    売買代金は8349億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり674銘柄、値下がり1127銘柄、
    変わらず176銘柄。
    
    業種別では値上がりが6業種、値下がりが27業種。
    値上がりは不動産、小売り、海運など。
    値下がりトップは保険、その他製品、ゴム製品。
    
    
    後場の見通し
    
    後場は日銀会合の結果次第の展開、発表後に乱高下
    する可能性が高い。
    ただ、今晩の米FOMCで為替が大きく動く可能性があり、
    一方向にポジションを傾けにくい面もある。
    引けにかけて落ち着きを取り戻す見込み。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-21【東京市場見通し】

    日銀金融政策決定会合の結果を受けて一時的に乱高下か 
    
    前日の米株市場主要3指数ともに前日比ほぼ変わらず。
    為替ドル/円も前日の東京市場とほぼ変わらず101円台
    後半での推移。
    本日に公表される日米の金融イベントの結果を前に
    様子見姿勢の強い展開となった。
    日本株も同様に様子見姿勢からのスタート。
    日銀会合の結果が出るまでは動きづらい展開。
    午後、結果が出た後は荒い動きが想定される。
    今回さらなる追加緩和の可能性は低い、
    7月にETFの買い入れ増額を行ったばかり。
    現状維持の可能性が高いと見る。
    ただ、金融緩和の「総括検証」も行われる予定であ
    ることから、「総括」の内容に沿った形で微修正が出
    てくる可能性はある。
    内容次第で一時的に上下振れることになりそうだ。
    引けにかけては米利上げの有無を見極めるまでは
    動きにくさがくすぶる。
    また、明日は東京市場。片方にポジションを傾けに
    くく、次第に落ち着きを取り戻す見通し。
    
    日経平均予想レンジは16100円-16700円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り1000万株、買い830万株、
    差し引き170万株の売り越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が101円台後半。
    (20日終値101.68-70円)
    
    ユーロ/円が113円台半ば。
    (20日終値113.90-94円)
    
    20日の米株市場概況
    
    前日終値とほぼ変わらず。
    欧州株が堅調に推移していた流れから買いが先行。
    NYダウは一時、100ドル超えの上昇となった。
    しかし、翌日に結果が公表される日米金融イベン
    トを前に次第に様子見姿勢となり主要指数は小幅
    上昇にとどまった。
    NYダウ終値は+9.79の18129.96、
    S&P500は+0.64の2139.76、
    NASDAQは+6.33の5241.35。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-20【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ピックアップ
    クスリのアオキ<3398> 決算発表。
    終値3900円(前日比-115円-2.86%)
    17年5月期第1四半期(6-8月)経常利益(非連結)30.8億円。
    前年同期比10.1%増。6-11月期(上期)計画の49.1億円に
    対する進捗率62.7%に達した。
    発表された決算を好感し目先は買い優勢の見通し。
    テクニカル面では8/31に年初来安値3720円を付けて以降
    は底堅く、直近は5日移動平均線(3958円)付近でもみあい。
    明日以降はもみあいから上放れ戻しを試す展開。
    戻しのメドは目先25日移動平均線(4343円)。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    カナミックN<3939>
    配当修正発表。従来無配としていた16年9月期の
    期末一括配当を30円(前期は無配)実施する方針。
    終値8960円(前日比-170円-1.86%)
    
    UMNファーマ<4585>
    フィンランドの大学教授と結んだ「組換えノロ
    ウイルス・ロタウイルス混合ワクチン」のライ
    センス契約を「組換えノロウイルス単独ワクチ
    ン」の非独占事業化権に関するライセンス契約
    に移行することで合意。
    今後はノロウイルス単独ワクチン「UMN-2003」
    の開発および事業化を進める。
    終値1260円(前日比+5円+0.40%)
    
    三菱電機<6503>
    配当修正発表。従来未定としていた17年3月期
    の上期配当を9円(前年同期は9円)実施する方針。
    終値1253.5円(前日比+10.0円+0.80%)
    
    いちよし証券<8624>
    配当修正発表。従来未定としていた17年3月期の
    上期配当を15円(前年同期は27円)実施する方針。
    終値823円(前日比-1円-0.12%)
    
    岩井コスモ<8707>
    配当修正発表。従来未定としていた17年3月期の
    上期配当を20円(前年同期は20円)実施する方針。
    終値920円(前日比-59円-6.03%)
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-09-20【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め11銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S リアルコム<3856>、
    一時S 田中化研<4080>、
    S 環境管理<4657>、
    S アサカ理研<5724>、
    一時S タクミナ<6322>、
    一時S リファインV<6531>、
    S デジタルアイ<6533>、
    S ユビテック<6662>、
    S 指月電<6994>、
    S 内海造<7018>、
    S 玉井船<9127>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ワタベ<4696>
    4日大幅続伸。
    終値465円(前日比+35円+8.13%)
    200日移動平均線(433円)回復。
    
    ID<4709>
    大幅続伸。
    終値982円(前日比+63円+6.86%)
    75日移動平均線(944円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限963円)突破。
    
    日新電機<6641>
    大幅3日続伸。
    終値1632円(前日比+88円+5.70%)
    25日移動平均線(1580円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限1631円)突破。
    
    ピックアップ
    WSCOPE<6619> 終値2129円
    (前日比+163円+8.29%)
    大幅続伸。
    EV(電気自動車)向けリチウムイオン電池部材を
    手掛ける当銘柄。
    村田製作所<6981>と指月電機製作所<6994>がEV
    向け展開を強化する目的で資本業務提携を発表し
    たことに刺激され高騰したもよう。
    テクニカル面では日足一目均衡表にて、雲(下限
    1986-上限2485円)突入。
    目先に上限2485円をうかかがう場面がありそうだ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-09-20【東京市場概況】

    日経平均は小反落(27円安) 様子見姿勢の強い中ファストリの下げが重しに
    
    朝方は国内連休中の米株が軟調な展開だったことから売り
    が先行。日経平均は一時、100円を超える下げとなった。
    しかし、その後にプラスに転換し小幅高で前場を終了。
    後場は日米の金融政策決定会合を前に手控えムードが強い
    なか、前場の流れを引継ぎ小高い水準でもみあっていたが、
    指数寄与度の高いファストリ<9983>が1銘柄で日経平均を
    71円押し下げ重しに。日経平均は小幅安で本日の取引を終
    えた。
    
    日経平均終値は-27.14円の16492.15円。
    
    東証1部の出来高は17億9559万株。
    売買代金は2兆749億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり932銘柄、値下がり876銘柄、
    変わらず169銘柄。
    
    業種別では値上がりが22業種、値下がりが11業種。
    値上がりトップは電気・ガス、情報・通信、ゴム製品。
    値下がりは鉱業、鉄鋼、保険、倉庫・運輪など。
    
    明日は今週の注目イベントの一つである日銀の金融政
    策決定会合の結果が公表される。
    警戒されるのはマイナス金利政策に関して。予想とし
    ては銀行収益へのリスクからマイナス幅の大胆な深掘
    りはできないと見られる。今回はとりあえず現状維持
    の見かた。
    結果を受けて後場からは荒い値動きとなる場面があり
    そうだが米FOMCの結果を見極めたいとする状況の中で
    次第に様子見姿勢を強めると思われる。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
     
  • 2016-09-20【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅続伸(18円高) 売り一巡後に買戻し優勢
    
    国内の連休中に米株が軟調に推移していたことから、
    朝方は売りが先行。
    日経平均は一時、100円を超える下げでとなった。
    しかし、売り一巡後はプラスに転換、ドル/円がやや円安
    に振れたことや日米の金融政策イベントを前に買戻しが
    優勢となり前場を引けた。
    
    日経平均前場終値は+18.61円の16537.90円。
    
    東証1部の出来高は8億1644万株。
    売買代金は9036億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1166銘柄、値下がり663銘柄、
    変わらず145銘柄。
    
    業種別では値上がりが30業種、値下がりが3業種。
    値上がりトップは電気・ガス、情報・通信、ゴム製品。
    値下がりは鉱業、鉄鋼、倉庫・運輪のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    日米の金融政策イベントの結果待ちで商いは盛り
    上がりに欠けているもののマイナス金利の深掘り
    はないとの見方から銀行株がしっかりとした展開。
    また、米株安以外に売り材料も特に無く、日本株
    は買い優勢に傾いた。
    しかし、買い材料も特にあるわけではない。
    後場、日米の金融政策イベントを控え様子姿勢。
    日経平均は小動きな展開が続きそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-20【東京市場見通し】

    連休中の米株安受けて売り先行 その後は金融イベントを控え様子見 
    
    国内の連休中の海外市場で米株は下落。為替ドル/円が
    やや円高に振れるなど外部環境はさえなかった。
    それを受けて日本株は売りが先行の見通し。
    日経平均はCME225先物16245円(9月期末配当権利落ち分
    約120円)を意識し16300円台半ばから後半で寄り付きが
    予想される。(日経平均前日終値16519.29円)
    売り一巡後も戻りは限定的、今日から明日に開催の日銀
    金融政策決定会合、米FOMCの結果を見極めようと様子見
    姿勢の強い展開となりそうだ。
    
    日経平均予想レンジは16300円-16600円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り950万株、買い1160万株、
    差し引き210万株の買い越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が101円台後半。
    (先週末16日終値101.90-91円)
    
    ユーロ/円が113円台後半。
    (19日終値114.47-51円)
    
    19日の米株市場概況
    
    前日終値とほぼ変わらず。
    一時、NYダウは131ドル高まで上昇する場面があった。
    原油先物が時間外取引で上昇し欧州株も上昇した流れを受け
    て買いが先行。
    しかし、その後原油価格が伸び悩むと株式市場も失速。
    日米の金融イベントを控え様子見姿勢が強まる展開となった。
    NYダウ終値は-3.63の18120.17、
    S&P500は-0.04の2139.12、
    NASDAQは-9.54の5235.03。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-16【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    イー・ガーディアン<6050> 
    終値1238円(前日比-112円-8.30%)
    配当修正発表。
    未定だった今期配当4円実施。
    15年9月に実施した1→3の株式分割、
    16年6月に実施した1→2の株式分割を
    考慮すると実質71.3%増配。
    
    ピックアップ
    イオンファンタジー<4343> 終値2485円
    (前日比-27円-1.07%)
    8月度の営業概況を発表。
    全店売上高で前年同期比1.7%増、既存店で前年同期
    比2.8%増。2ヵ月連続で前年同期を上回り。
    テクニカル面では現在、上値抵抗となっているのが
    75日移動平均線(2554円)。
    来週、発表を好感し同線上抜けから、上値を伸ばす
    展開に期待。
    
    リソー教育<4714> 終値489円
    (前日比+18円+3.82%)
    100%子会社のスクールTOMASを通じて新規事業
    として学校法人向けのオンライン英会話事業を開始
    すると発表。
    株価は本日、大幅続伸。
    移動平均線チャートに直近のもみあい25日線(472円)
    から上放れ傾向。
    発表を好感し年初来高値(8/22)でもある節目500円超
    えから上値を伸ばす展開に期待。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-09-16【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S サムシング<1408>、
    一時S KDXサムス<1584>、
    S メンバーズ<2130>、
    S オルトP<3672>、
    S 環境管理<4657>、
    一時S ソフトブレン<4779>、
    一時S アクセル<6730>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S KDXサムス<1584>、
    S エディア<3935>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    IRJHD<6035> 
    大幅続伸。
    終値1065円(前日比+159円+6.61%)
    25日移動平均線(900円)から上放れ、
    年初来高値(992円)更新。
    
    ピックアップ
    エクストリーム<6033> 終値2563円
    (前日比+159円+6.61%)
    大幅反発。
    9/7年初来高値(2940円)を付けて以降は調整となり、
    前日までに25日移動平均線(2385円)付近まで値を
    落としていた。
    本日の大幅反発となり、5日移動平均線(2513円)を
    回復。再び上昇トレンドへ。
    来週は高値更新から上値を伸ばす展開が期待される。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-09-16【東京市場概況と来週の見通し】

    日経平均は3日ぶり反発(114円高) 後場に上げ幅拡大
    節目16500円回復
    
    前日の米株高などが好感され、朝方から買いが先行。
    ただ、ドル/円が円高に方向にあったがことや週末要
    因、来週に控える日米の金融政策イベントを前に伸
    び悩む展開。日経平均は節目16500円が上値抵抗とし
    て意識されていた。
    しかし、銀行株への買戻しなどを中心に後場に上げ
    幅を拡大、16500円を回復して本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+114.28円の16519.29円。
    
    東証1部の出来高は18億9425万株、
    売買代金は2兆1306億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1410銘柄、値下がり466銘柄、
    変わらず101銘柄。
    
    業種別では値上がりが26業種、値下がりが7業種。
    値上がりトップは銀行、保険、精密機器。
    値下がりは不動産、ガラス・土石、転送用機器など。
    
    
    来週の見通し
    
    日米金融政策イベントを注視 内容次第で乱高下
    
    来週は3日のみの取引となる(月(19日)、木(22日)が祝日)。
    週前半は方向感に欠ける展開。
    日米の金融政策イベントを控え様子見姿勢。
    日銀が20-21日に金融政策決定会合。
    マイナス金利付き量的・質的金融緩和(QQE)政策の枠
    組みを修正する可能性があるものの相場にインパクを与
    えるような発表はない見通しであり、日経平均は引き続
    き節目16500円前後での推移となりそうだ。
    乱高下の可能性があるのが休日明けの金曜日。
    もっと注目が集まる20-21日に開催の米FOMC。
    直近の弱い米経済指標を受けて9月米利上げ観測は後退、
    利上げ見送りの場合は一時的に円高方向に振れ、日本株
    は一時的に下振れの可能性があり注意が必要。
    ただ、9月末の中間配当取りの買いが入りやすいことな
    どから、比較的にしっかりとした展開となりそうだ。
    米利上げが決定となればサプライズ。
    為替が荒い展開となり株価は乱高下すると予想される。
    
    来週の日経平均予想レンジは16100-16900円。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-16【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反発(63円高) 米株高好感 節目16500円手前
    では伸び悩み
    
    前日の米株市場が大幅高となったことを受けて、
    日本株も買いが先行。
    日経平均は一時、79円高となり16500円手前まで
    上昇する場面が見られた。
    しかし、来週に日米の金融政策決定会合や3連休を
    控える週末であり、積極的な買いは限定され、
    節目16500円どころで伸び悩み前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+63.21円の16468.22円。
    
    東証1部の出来高は7億1053万株、
    売買代金は7467億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1293銘柄、値下がり508銘柄、
    変わらず172銘柄。
    
    業種別では値上がりが20業種、値下がりが13業種。
    値上がりトップは銀行、電気機器、機械。
    値下がりトップは不動産、その他製品、転送用機器。
    
    
    後場の見通し
    
    後場も日経平均は節目16500円が上値抵抗となる見通し。
    前場同様に3連休前の週末、来週に日米の金融政策決定
    会合を控え、積極的な買いは入りづらい。
    大引けに向けて手じまい売りが強まる可能性もあるだろう。
    物色は変わらず「iPhone 7 plus」の初回出荷分が完売し
    たと伝えられていることからアップル関連、買戻しの流れ
    が強まっているメガバングなどが中心。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-16【東京市場見通し】

    米株高を好感し買い先行も円高が重し 買い一巡後は伸び悩みか
    
    前日の米株市場は大幅高、発表された経済指標を受けて
    9月利上げ観測が後退、アップル株の大幅続伸や原油高
    によりエネルギー株の上昇が相場をけん引きした。
    米株高を受けて日本株も買い先行の見通し。
    とくにアップル関連株には買いが向かいそうだ。
    買い先行見通しの日本株だが一巡後は上値の重い展開か。
    ドル/円が早期米利上げ観測後退に伴い円高方向に。
    102円を割り込み、現在は101円台後半での推移となって
    いる。
    また、来週に日米の金融政策イベントを控えるなか、
    日本では明日から3連休。
    様子見姿勢が強まりやすく、終盤には手仕舞い売りに
    押されやすい。
    日経平均は反発スタート。16500円前後のでの寄り付き。
    下値は75日移動平均線(16361円)がサポート。
    上値は5日移動平均線(16677円)が抵抗線となりそうだ。
    
    日経平均予想レンジは16350円-16600円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り1850万株、買い1300万株、
    差し引き550万株の売り越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が101円台後半。
    (15日終値102.44-46円)
    
    ユーロ/円が114円台半ば。
    (15日終値114.98-115.02円)
    
    15日の米株市場概況
    
    大幅上昇。NYダウ、S&P500は反発、NASDAQが続伸。
    この日、発表された経済指標の結果は強弱まちまちとなっ
    たなか、8月小売売上高が市場予想を下回ったことなどで
    9月利上げ観測が後退し株式市場は買い優勢の展開に。
    また、アップル株の大幅続伸や原油高を受けてエネルギ
    ー株が反発したことなども相場をけん引きした。
    NYダウ終値は+177.71の18212.48、
    S&P500は+21.49の2147.26、
    NASDAQは+75.92の5249.69。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-15【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    アクセル<6730> 業績修正発表。
    上期経常を一転黒字に上方修正。
    終値664円(前日比-8円-1.19%)
    
    ピックアップ
    ニチハ<7943> 業績、配当修正発表。
    終値1893円(前日比-7円-0.37%)
    17年3月期の連結経常利益を従来予想の91億円から109億円に
    (19.8%上方修正)。
    増益率が10.8%増から32.7%増に拡大、3期ぶりに過去最高益
    更新見通し。
    同時に4-9月期(上期)の連結経常利益も従来予想の42億円か
    ら53億円(26.2%上方修正)。
    増益率が23.3%増から55.6%増に拡大し、3期ぶりに上期の過
    去最高益を更新見通し。
    業績好調に伴い今期の上期配当を従来計画16円から21円。
    下期配当も16円から21円に増額修正。
    年間配当は42円となる。
    発表を好感し買われる展開。
    25日移動平均線(1903円)付近での日柄調整から上放れの見込み。
    節目2000円、年初来高値(2071円)をうかがう展開へ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    カカクコム<2371>
    未定だった今期配当を7円増配14円に。
    未定としていた下期配当14円実施。
    年会配当28円に。
    終値1700円(前日比±0円±0.00%)
    
    アエリア<3758>
    角川ゲームスとの共同事業第1弾次世代育成
    シミュレーションゲーム「スターリーガー
    ルズ」が来年初頭に台湾、香港、マカオで
    配信と発表。
    終値1228円(前日比-22円-1.76%)
    
    マーベラス<7844>
    新作ゲームPCブラウザ向けに「天歌統一
    ぷろじぇくと」を来年2月リリースと発表。
    終値732円(前日比-15円-2.01%)
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-09-15【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S サムシング<1408>、
    S KDXサムス<1584>、
    S ブラス<2424>、
    S 串カツ田中<3547>、
    一時S エキサイト<3754>、
    S IGポート<3791>、
    一時S 神東塗<4615>、
    一時S 内海造<7018>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    フライトHD<3753>
    大幅反発。iPhone7の発売を明日に控え
    関連銘柄として買いが集まった。
    終値488円(前日比+62円+14.55%)
    
    ピックアップ
    ショーケースTV<3909> 終値1280円
    (前日比+93円+7.83%)
    大幅反発。
    9/9に年初来高値1473円を付けて以降は上げ一服。
    25日移動平均線(1142円)付近まで調整となり、
    本日に大幅反発。
    5日移動平均線(1278円)を回復し、上昇トレンド
    転換か。
    年初来高値をうかかがう展開、高値更新に期待
    がかかるところ。
    
    リプロセル<4978> 終値494円
    (前日比+34円+7.39%)
    大幅反発。
    前日に味の素<2802>が開発したヒトiPS細胞向け
    高機能培養液「StemFit Basic02」について、
    9/16より米国にて販売を開始と発表。
    販売は米国子会社ReproCELL U.S.A.を通して行う。
    同社は既に国内において味の素のヒトiPS/ES細胞
    用培養液「StemFit AK02N」の販売を行っている。
    テクニカル面では25日移動平均線(469円)回復。
    日足一目均衡表にて雲(上限489円)突破。
    上昇トレンド転換と期待される形に。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-09-15【東京市場概況】

    日経平均は大幅続落(209円安) 3週間ぶり節目16500円割れ
    
    前日の米株安がまちまちだったなか、為替が円高に振れ
    ていたことを重しに朝方から売りが先行した。
    日経平均はあっさり節目16500円割れ。
    その後も今晩発表の米重要指標や来週に日米の金融政策
    決定会合を控えるなか見送りムードの強い展開。
    日銀によるETF買い観測があったものの戻りは限定的で
    軟調な展開が続いた。
    
    日経平均終値は-209.23円の16405.01円。
    
    東証1部の出来高は16億7356万株、
    売買代金は1兆8744億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり438銘柄、値下がり1412銘柄、
    変わらず125銘柄。
    
    業種別では値上がりが2業種、値下がりが31業種。
    値上がりはその他製品、バルブ・紙のみ。
    値下がりは不動産、証券・商品、転送用機器。
    
    今晩に米国で発表される指標は米8月小売売上高、米9月
    フィラデルフィア連銀製造業景況感指数、米9月NY連銀
    製造業景気指数など多数あり。
    結果を受けた米株市場や為替市場の動向が明日の日本株
    に大きく影響しそうだ。
    日経平均は75日移動平均線(16361円)を下値サポートに
    自律反発も意識されるところではあるが3連休を控える
    週末であり、来週には日米の金融政策決定会合を控え、
    一段と様子見姿勢が強まりやすい。
    何にサプライズ的な材料がなければ、明日も軟調な展
    開となる可能性が高い。
    75日移動平均線を割れとなれば一段安。日足一目均衡
    表の雲(16057-16197円)を意識した展開となる可能性
    もあるだろう。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
     
  • 2016-09-15【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続落(199円安) 一時は250円超えの下げ幅に
    
    前日の米株市場がまちまちと材料に欠けるなか、
    為替ドル/円が円高に振れていたことを嫌気し、
    日本株は売りが先行。
    日経平均は一時、250円超えの下落幅となった。
    その水準では75日移動平均線(16361円)が下値
    サポートとなり下げ渋ったが戻りも限定され、
    前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-199.51円の16414.73円。
    
    東証1部の出来高は8億1743万株、
    売買代金は8483億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり429銘柄、値下がり1412銘柄、
    変わらず132銘柄。
    
    業種別では値上がりが1業種、値下がりが32業種。
    値上がりはその他製品のみ。
    値下がりトップは不動産、証券・商品、銀行。
    
    
    後場の見通し
    
    後場も引き続き日経平均は75日移動平均線(16361円)
    をサポート。一段安とはならない見通し。
    とはいえ、16500円を割れたことで同水準が今後上値
    抵抗として意識されやすくなっており、戻しも限定
    的か。
    ここ数日、日銀がETF買い入れを行っても指数が上が
    っておらず、期待も後退している。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-15【東京市場見通し】

    売り優勢 材料難のなかドル/円が円高に振れていることが重しに
    
    昨日の米株市場はまちまち。NYダウとS&P500は続落もNASDAQ
    は反発。
    直近の荒い相場から昨日は比較的落ち付いた動きとなった。
    米株市場から特に好悪材料が見当たらないが為替ドル/円が
    円高方向に振れており、現在は102円台前半での推移。
    日本株は円高を重しに売り先行の見通し。
    ただ、米アップルの上昇を受けて関連銘柄に物色が向かい
    そうだ。
    売り一巡後も積極的な買いは入りにくい。
    今晩の米国市場では経済指標の発表を多々控える。
    (米8月小売売上高、米9月フィラデルフィア連銀製造業景況
    感指数、米9月NY連銀製造業景気指数、米8月鉱工業生産など)
    結果を受けての米市場の動向を見極めたいと様子見姿勢が強
    まりそうだ。
    
    日経平均予想レンジは16350円-16600円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り1040万株、買い940万株、
    差し引き100万株の売り越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が102円台半ば。
    (14日終値103.12-14円)
    
    ユーロ/円が115円前半。
    (14日終値115.72-76円)
    
    14日の米株市場概況
    
    まちまち。NYダウ、S&P500は小幅に続落もハイテク株比率の
    高いNASDAQが反発。
    この日、主要な経済指標の発表などなく、手掛かり材料に
    欠けるなか、米国債が落ちついた動きとなったことなどが
    好感されNYダウは一時、97ドル高まで上昇する場面があった。
    しかし、原油安を受けたエネルギー株の下落が重しとなり、
    プラス圏を維持するにはいたらなかった。
    NASDAQは新型「iPhone(アイフォーン)」の予約が好
    調とされるアップルなどが買われ反発となった。
    NYダウ終値は-31.98の18034.77、
    S&P500は-1.25の2125.77、
    NASDAQは+18.52の5173.77。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-14【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ブラス<2424> 決算発表。
    今期経常36%増で2期連続最高益。
    今期の年間配当は15円とし10/31割当の
    株式分割を考慮した実質配当は50.0%増配。
    終値2280円(前日比+30円+1.33%)
    
    エニグモ<3665> 決算発表。
    5-7月期(2Q)経常黒字浮上。
    終値1646円(前日比-42円-2.49%)
    
    ピックアップ
    オービス <7827> 決算発表。
    終値1041円(前日比-19円-1.79%)
    16年10月期第3四半期累計(15年11月-16年7月)の
    経常利益(非連結)が4億9300万円。
    前年同期連結比32.5%増の拡大。
    併せて通期の同利益を従来予想3億4100万円から
    5億1700万円(前期連結は4億5200万円)に51.6%
    上方修正。一転して14.4%増益見通しとなった。
    株価は長らく25日移動平均線(1050円)付近で日柄調整。
    発表された決算を好感し同線からの上放れ、年初来高
    値1280円(6/13)をうかかがう展開へ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    三菱ケミHD <4188>
    傘下の三菱化学を親会社とし日化成 <4007>を
    子会社として三菱ケミHDの普通株式を対価と
    した株式交換により完全子会社化すると発表。
    終値600.8円(前日比-10.2円-1.66%)
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-09-14【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め13銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S サムシング<1408>、
    一時S ベクター<2656>、
    一時S 串カツ田中<3547>、
    S エキサイト<3754>、
    一時S イメージ情報<3803>、
    S ソフトブレン<4779>、
    一時S アサカ理研<5724>、
    S バーチャレク<6193>、
    一時S タクミナ<6322>、
    一時S 木村化<6378>、
    一時S ADプラズマ<6668>、
    S 内海造<7018>、
    S 玉井船<9127>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め3銘柄
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S アスコット<3264>、
    一時S CRI<3698>、
    S モバファク<3912>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ピックアップ
    インベスタC<1435> 終値4005円
    (前日比+150円+3.89%)
    3日大幅続伸。
    節目4000円を回復。
    目先は一目均衡表の雲(上限4337円)を試す展開、
    突破となれば上昇トレンド転換、買いが加速する見通し。
    
    イワキ<6237> 終値1936円
    (前日比+78円+4.20%)
    5日大幅続伸。
    前日に4%近くの上昇となっていた当銘柄。
    本日も出来高を伴い4%超えの上昇。
    上昇トレンドに乗ったと見られ、
    引き続き堅調な展開となりそうだ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-09-14【東京市場概況】

    日経平均は反落(114円安) 米株安を重しに軟調 引けにかけて下げ幅拡大
    
    前日の米株市場の大幅安を受けて日本株も売りが先行。
    日経平均は前場、100円超えの値下がりとなる場面もあ
    ったがドル/円が円安方向に振れていたことなどを下支
    え要因に下げ渋り、小反落で前場を終えた。
    後場も下げ渋る場面も見られたが引けにかけて下げ幅
    を拡大し本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は-114.80円の16614.24円。
    
    東証1部の出来高は16億6404万株、
    売買代金は1兆7672億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり533銘柄、値下がり1281銘柄、
    変わらず161銘柄。
    
    業種別では値上がりが3業種、値下がりが30業種。
    値上がりは保険、不動産、陸運のみ。
    値下がりトップは海運、石油・石炭、鉱業。
    
    先週末から米株が大幅反落、大幅反発と繰り返し不安定。
    ドル/円が円安方向に振れるなど日本株にとってプラス材
    料も見られるが、現在はマイナス材料に反応しやすい。
    調整の局面にあるということだろう。
    日経平均は再び価格帯別出来高で商いが積み上がってい
    る16600-16700円での推移。16600円を割り込む場面も見
    られる。戻り売り圧力が意識され、利益確定の流れが強
    まる可能性がある。
    引き続き物色はテーマ株の一角や値動きの軽い中小型株
    などに限られそうだ。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
     
  • 2016-09-14【東京市場見通し】

    米株安を受けて売り先行 その後は方向感に欠ける展開
    
    前日の米株市場が大幅反落。NYダウは258ドル安の下げ幅と
    なった。米株安を受けて日本株も売り先行の見通し。
    特に銀行株の動向に注目が集まる。日銀が来週(20-21日)
    に開く金融政策決定会合でまとめる異次元緩和の「総括
    的な検証」で今後の金融緩和の軸にマイナス金利政策の
    深掘りを据える方針と報じている。
    メガバンク株など銀行株の大きく売られる展開となれば、
    全体のムードを悪化させる可能性がある。
    いっぽうで現在、為替ドル/円が102円台半ばでの推移と
    円安方向に振れていること、日銀によるETF買いへの期
    待が下支え要因。
    日経平均はCME225先物16530円に9月期末の配当権利落ち
    分を考慮、16600円台前半で寄り付き。
    一時、75日移動平均線(16378円)まで値を落とす可能性
    もあるが、その水準では底堅さを示す見通し。
    物色は引き続き中小型株。イベントを控えたゲーム関連、
    「iPhone7」が前モデルの4倍近い予約を受け付けている
    と報じられていることからアップル関連、iPhone7に関
    連する「マリオ」「FeliCa」などの関連銘柄に注目が集
    まりそうだ。
    
    日経平均予想レンジは16350-16750円。
    
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り650万株、買い550万株、
    差し引き100万株の売り越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が102円台半ば。
    (13日終値101.81-83円)
    
    ユーロ/円が115円どころ。
    (13日終値114.31-35円)
    
    13日の米株市場概況
    
    大幅反落。前日の上昇を打ち消す下落となった。
    FOMCを一週間後に控え、不透明感が払しょくさ
    れないなか、原油安やドル高、債券安を受けて
    株式市場は全面安の展開となった。
    NYダウ終値は-258.82の18066.75、
    S&P500は-32.02の2127.02、
    NASDAQは-56.63の5155.26。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-13【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    はてな<3930> 決算発表。
    今期経常7%増。3期連続最高益更新見通し。
    終値2181円(前日比+177円+8.33%)
    
    ピックアップ
    ファーマフーズ<2929> 決算発表。
    終値440円(前日比+44円+11.11%)
    16年7月期の連結営業損益は4600万円の赤字。
    17年7月期は5000万円の黒字浮上する見通し。
    直近3ヵ月の実績である5-7月期(4Q)の連結営
    業損益は2億8900万円の黒字に浮上。
    (前年同期非連結は400万円の赤字)
    売上営業損益率は前年同期の-0.5%から30.9%
    に急改善。
    テクニカル面では移動平均線チャートにて、
    200日移動平均線(426円)を本日に回復。
    中長期で上昇トレンド転換と期待されるところ。
    目先の上値抵抗は日足一目均衡表の雲(441-472
    円)。突破となれば、いっそう買いが強りまりや
    すい。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    Hamee<3134>とジェネパ<3195>が業務提携。
    「越境EC」事業の運用・拡大に関して、それ
    ぞれが有する経営資源の有効活用などに関する業
    務提携について基本合意したと発表。
    Hamee<3134> 終値2105円。
    (前日比-32円-1.49%)
    ジェネパ<3195> 終値1160円。
    (前日比-32円-1.49%)
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
     
  • 2016-09-13【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め6銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S サムシング<1408>、
    S ETFSパラ<1675>、
    S ベクター<2656>、
    S アークン<3927>、
    S EAJ<6063>、
    S タクミナ<6322>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ソーシャルワイヤ<3929>
    大幅反発。
    終値1279円(前日比+176円+15.95%)
    75日移動平均線(1238円)回復。
    
    イワキ<6237>
    4日大幅続伸。
    終値1858円(前日比+68円+3.80%)
    25日移動平均線(1775円)上放れ傾向。
    
    ピックアップ
    ウェルネット<2428> 終値1301円
    (前日比+91円+7.52%)
    iPhone7にFeliCa搭載で注目される電子マネー関連。
    関連銘柄として当銘柄に注目。
    テクニカル面では移動平均線チャートにて、
    本日に大幅反発となり25日線(1271円)回復。
    目先は75日線、200日線の水準1700円付近までの戻しを想定。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-09-13【東京市場概況】

    日経平均は反発(56円高) 薄商いのなか方向感に欠けた展開
    
    前日の米株市場が大幅高となった流れから日本株も朝方は
    買いが先行。日経平均は一時、100円超えの上昇となった。
    しかし、買い一巡後は上げ幅を縮小し前場を2円高で終えた。
    後場寄りは昼休憩中にドル/円が円安方向に振れていたこと
    などから買いが先行、再び日経平均は100円超えの上昇に。
    しかし、買いは続かず引けにかけては伸び悩んだ。
    
    日経平均終値は+56.12円の16729.04円。
    
    東証1部の出来高は14億2370万株、
    売買代金は1兆6666億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり940銘柄、値下がり862銘柄、
    変わらず173銘柄。
    
    業種別では値上がりが20業種、値下がりが13業種。
    値上がりトップは医薬品、ゴム製品、食料品。
    値下がりトップは保険、海運、銀行。
    
    本日の日経平均は薄商いのなか方向感に欠ける展開となった。
    来週の日米の金融政策決定会合を前に様子見ムードが強い。
    テクニカル面では25日移動平均線(16757円)を割れて大引け。
    同線の上には5日移動平均線(16867円)も控えており、
    これらが上値抵抗として意識されそうだ。
    いっぽうで下値では75日移動平均線(16378円)がメド。
    目先、16400-16800円間で方向感に欠ける展開となりそうだ。
    外部環境に不透明感が強いなか、主力大型株へは手掛けづらい。
    物色は中小型株へ。テーマ性の強い銘柄や材料株、調整が長期
    化している銘柄へ買いが向かいそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
     
  • 2016-09-13東京市場前場概況と後場の見通し

    前場日経平均は小反発(2円高) 買い先行も上値の重い展開
    
    前日の米株市場が大幅に上昇したことを好感し、
    日本株も朝方は買いが先行。
    日経平均は一時、上昇幅を114円まで伸ばし、
    16700円台後半まで上昇した。
    しかし、買い一巡後は上げ幅を縮小。
    強含みの円相場や金融株安が重しとなり伸び悩んだ。
    
    日経平均前場終値は+2.73円の16675.65円。
    
    東証1部の出来高は6億7694万株。
    売買代金は7817億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり906銘柄、値下がり849銘柄、
    変わらず219銘柄。
    
    業種別では値上がりが13業種、値下がりが20業種。
    値上がりトップは医薬品、ゴム製品、鉱業。
    値下がりトップは保険、銀行、海運。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は前場、前日に割れた25日移動平均線(16755円)
    を回復するも場面も見られたが下値サポートとはならず、
    再び上値抵抗として意識されるかっこうとなった。
    後場は日銀のETF買入れへの思惑から底堅さが意識される
    可能性はあるが25日移動平均線どころで短期筋の売りに
    おされる可能性もあるだろう。
    流れとしては主力、大型株が手掛けづらいなか、
    中小型へ物色は向かいやすい。
    材料、テーマ株はもちろんのこと、調整が長期化してい
    る出遅れ感の強い銘柄にも注目したいところ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-13【東京市場見通し】

    米株反発を受けて買い先行 その後は為替にらみの展開か
    
    昨日の米株市場は大幅反発。早期利上げへの警戒感が
    和らぎ買い優勢の展開となった。
    前日に大幅に下落した日本株もこの流れから大幅反発
    でのスタートとなりそうだ。
    日経平均の寄り付きメドはCMECME225先物16555円(大証
    日中終値比+115円)に9月期末の配当権利落ち分を考慮、
    16700円台後半と予想される。
    (日経平均前日終値16672.92円)
    買い一巡後はやや上値の重い展開か。
    米株高となったいっぽうでドル/円は円高方向、現在は
    102円を割れ101円台後半で推移となっている。
    一段と円高に振れるような動きとなれば、
    上値をおさえる要因となりやすい。
    テクニカル面での日経平均は前日に割れた25日移動平
    均線(16754円)を回復見通し。
    その後、下値サポートして強く意識されるようなら、
    上値を伸ばしやすい。
    同線近辺での動向に注目が集まる。
    
    日経平均予想レンジは16650-16900円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り800万株、買い1070万株、
    差し引き270万株の買い越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が101円台後半。
    (12日終値102.31-32円)
    
    ユーロ/円が114円台半ば。
    (12日終値115.0/-12円)
    
    12日の米株市場概況
    
    大幅反発。先週末に再燃した早期利上げ観測が後退。
    ブレイナードFRB理事が講演で、さまざまな理由で経済は
    予測を下回っているとして、利上げに対し慎重姿勢を示
    した。
    NYダウは一時、270ドルを超える上昇となる場面もあった。
    NYダウ終値は+239.62の18325.07、
    S&P500は+31.23の2159.04、
    NASDAQは+85.98の5211.89。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-12【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    丸善CHI<3159> 決算発表。
    上期経常28%増益で上振れ着地。
    終値359円(前日比-13円-3.49%)
    
    gumi<3903> 決算発表。
    非開示だった上期経常が黒字浮上見通し。
    終値850円(前日比-20円-2.30%)
    
    ピックアップ
    神島化学工業<4026> 決算発表。
    終値875円(前日比+41円+4.92%)
    17年4月期第1四半期(5-7月)経常利益(非連結)2.9円。
    前年同期比3.7倍の急拡大。
    5-10月期(上期)計画の5.4億円に対する進捗率が
    53.7%に達し5年平均の41.5%も上回る結果に。
    また、直近3ヵ月の実績、5-7月期(1Q)売上営業利益
    率が前年同期1.7%から5.7%に大幅改善。
    株価は本日に25日移動平均線(835円)から上放れ。
    好決算を受けて上昇トレンドを強める展開へ。
    節目1000円、年初来高値1100円(7/20)をうかかがう
    展開に期待がかかる。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ラクス<3923>
    8月度の月次売上高が前年同月比21.7%増と17ヶ月連続
    で前年実績を上回り。
    終値2138円(前日比-95円-4.25%)
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-12【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め4銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ベクター<2656>、
    S サイバーコム<3852>、
    S アークン<3927>、
    S エディア<3935>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S ETFSパラ<1675>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    フルスピード<2159>
    9日決算発表を受けて大幅反発。
    終値825円(前日比+85円+11.49%)
    日足一目均衡表の雲突破(上限774円)。
    
    アスコット<3624>
    大幅続伸。
    終値403円(前日比+48円+13.52%)
    75日移動平均線(378円)回復。
    
    日本ラッド<4736>
    大幅続伸。
    終値1362円(前日比+117円+9.40%)
    
    ホープ<6195>
    3日大幅続伸。
    終値1698円(前日比+147円+9.48%)
    25日移動平均(1532円)上放れ傾向。
    
    ピックアップ
    ポールHD<3657> 終値807円
    (前日比+72円+9.80%)
    大幅続伸。
    9日発表の決算を好感し高騰。
    (第2四半期営業益35%減も上振れ着地)
    テクニカル面では移動平均線チャートで、
    75日線(797円)を回復。
    日足一目均衡表にて雲突入(783-905円)、
    雲上限905円までの戻しを試す展開か。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-09-12【東京市場概況】

    日経平均は大幅反落(292円安) 16700円割れ 全面安
    
    朝方から米株を受けて売りが先行。日経平均は前場から
    300円超えの下落となる場面あり、その後はやや下げ渋っ
    て前場を終えてものの後場に売りが強まる展開に。
    13時過ぎにこの日の安値となる16601.54円(-364.22円)を
    付けた。
    売り一巡後は下げ渋ったものの戻りは鈍く、16700円割れ
    となった。
    
    日経平均終値は-292.84円の16672.92円。
    
    東証1部の出来高は16億1784万株、
    売買代金は1兆7913億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり282銘柄、値下がり1599銘柄、
    変わらず94銘柄。
    
    業種別では全業種が下落。
    値下がりトップは鉱業、鉄鋼、その他金融。
    
    本日、大幅反落となった日経平均。米株安を受けての
    展開だったと考えると引き続き米株市場の動向に注目
    が集まる。
    今晩の米国株が下げ止まれば日本株も落ち着いた相場
    展開となりやすい。
    先週末に続き売り優勢、不安定な展開が続くようなら、
    主力、大型株は調整を強める展開に。
    物色はしばらく、中小型株に向かいやすくなる。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
     
  • 2016-09-12【東京市場前場概況と後場の見通し】

    日経平均は大幅反落(257円安) 米株安を嫌気 一時下落幅は300円超え
    
    朝方から売りが先行。先週末の米株市場の急落を受けて
    幅広く売られる展開となった。
    日経平均は一時、先物主導で売りが強まり、300円超えの
    下落幅、16600円台半ばまで値を落とす場面があった。
    その後は日銀ETF買い期待などから、持ち直してはいるが
    戻りも限定的、16700円どころで前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-257.03円の16708.73円。
    
    東証1部の出来高は7億8683万株、
    売買代金は8301億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり247銘柄、値下がり1637銘柄、
    変わらず87銘柄。
    
    業種別では全33業種が下落。
    値下がりトップは鉄鋼、鉱業、その他金融。
    
    
    後場の見通し
    
    後場は日銀のETF買い入れが期待されるなか、前場終値
    (16708.73円)時点で下回っている25日移動平均線(1675
    5円)を回復できるかが焦点となってくる。
    同線で底堅さを示してくるようなら、再び主力株を中心
    に買いが向かいやすいところ。
    そうでなかれば、中小型へ短期値幅取り狙いの買いが強
    まりやすい。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-12【東京市場見通し】

    売り優勢 米株の急落を嫌気 下値は円安、日銀ETF買いが支え
    
    先週末の米株市場が利上げに対する警戒感が強まり急落。
    主要3指数そろって2%超えの下落となった。
    米株の急落の流れから日本株も売り先行の見通し。
    売り一巡後はドル/円が円安方向に振れていることや
    日銀ETF買い期待などから下げ渋りの展開が予想される。
    しかし、日本時間でドル/円が円高に振れるようなら、
    再び売り優勢に傾くと可能性がある。
    日経平均の寄り付きのメドはCME225先物16650円(大証日中
    終値比-210円安)、9月期末の配当権利落ち分が市場推計で
    116円程度、これを考慮すると16700円台半ばから後半。
    25日移動平均線(16737円)を意識した展開となりそうだ。
    同線を割り込み本日の取引を終えるようなら、目先は調整
    色が強まりやすいところ。
    主力株に利益確定が向かいやすい状況にあり、
    物色は新興市場の中小型株へシフトしやすい。
    
    日経平均予想レンジは16600-16900円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り650万株、買い550万株、
    差し引き100万株の売り越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が102円台半ば。
    (先週末9日終値102.20-22円)
    
    ユーロ/円が115円台どころ。
    (先週末8日終値115.20-24円)
    
    先週末9日の米株市場概況
    
    急落。利上げに対する警戒感が強まった。
    FOMCで投票権を持つローゼングレン米ボストン連銀
    総裁が「段階的な利上げが適切となる可能性が高い」
    と述べたほかカプラン米ダラス連銀総裁もこの数ヶ月
    間で利上げの根拠が強まったと指摘。
    NYダウは400ドル近い下落となり6月下旬の英国のEU離
    脱の混乱時以来の大幅安となった。
    NYダウ終値は-394.46の18085.45、
    S&P500は-53.49の2127.81、
    NASDAQは-133.57の5125.91。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-09【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    アイリッジ<3917> 決算発表。
    今期経常46%増で5期連続最高益更新見通し。
    終値3640円(前日比+215円+6.28%)
    
    フリービット<3843> 決算発表。
    5-7月期(1Q)経常42%増益着地。
    終値890円(前日比+2円+0.23%)
    
    ドーム<9681> 決算発表。
    今期経常11%上方修正。
    終値968円(前日比-16円-1.63%)
    
    丹青社<9743> 決算発表。
    上期経常一転8%増益で上振れ着地。
    終値736円(前日比-5円-0.67%)
    
    ピックアップ
    鳥貴族<3193> 決算発表。
    終値2049円(前日比+34円+1.68%)
    発表された決算は好内容。
    16年7月期経常利益(非連結)が15.4億円(前期比43.0%増)。
    17年7月期も前期比24.6%増の19.2億円に伸びる見込み。
    5期連続で過去最高益を更新する見通し。
    8期連続増収、5期連続増益。
    また、年間配当を2円増の8円に増配方針。
    株価は今日まで4日続伸で堅調。
    テクニカル面では日足一目均衡表にて雲上限(2058円)手
    前での推移。
    週明けからは雲を突破し上値を伸ばす展開が予想される。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    イー・ガーディアン<6050>
    9/16付で東証マザーズから東証1部へ市場変更。
    終値1426円(前日比-27円-1.86%)
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-09【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S ジーエヌアイ<2160>、
    S ベクター<2656>、
    一時S サイバーコム<3852>、
    一時S アークン<3927>、
    S 小田原エンジ<6149>、
    一時S 中村超硬<6166>、
    一時S ADプラズマ<6668>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ITM<2148>
    終値692円(前日比+58円+9.14%)
    75日移動平均線(679円)回復。
    
    ピックアップ
    アルパイン<6816> 終値1318円
    (前日比+95円+7.76%)
    大幅反発。
    ここまで上値抵抗として意識された200日移動平均線
    (1280円)を回復し上値を伸ばした。長期移動平均線の
    回復とあり中長期での上昇トレンド転換か。
    年初来高値が1932円(1/4)、この水準まで戻しを期待
    したいところ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-09-09【東京市場概況と来週の見通し】

    日経平均は3日ぶり小反発 買い一巡後に下げ転換も持ち直し
    
    朝方は円安方向に振れていたドル/円を好感し買いが先行。
    しかし、北朝鮮による核実験の可能性が報じられると地
    政学リスクが意識され下げに転じ前場を引けた。
    後場は昼休憩中に安倍首相と黒田日銀総裁が会談を行う
    ことが明らかになると緩和の思惑などが広がり、プラス
    圏に浮上。
    ただ、会談にて特別な話はなかったと伝わると、積極的
    に上値を追う姿勢は限られた。
    
    日経平均終値は+6.99円の16965.76円。
    
    東証1部の出来高は17億6469万株、
    売買代金は2兆1662億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり739銘柄、値下がり1082銘柄、
    変わらず153銘柄。
    
    業種別では値上がりが20業種、値下がりが13業種。
    値上がりトップは海運、鉱業、空運。
    値下がりは食料品、水産・農林、情報・通信など。
    
    
    来週の見通し
    
    日米金融政策イベント前で一方向へは動きにくい展開
    
    日経平均は節目17000円前後のでの展開が続く見通し。
    米利上げの時期と日銀の次回会合での追加緩和の有無に
    関心が集まるなか、方向感に欠ける展開が予想される。
    来週も米経済指標などが複数控えており結果次第で
    ドル/円が上下。
    指標が堅調な結果となれば円安に振れ、日本株の後押し
    となる。
    ただ、日経平が17000円を超える場面では戻り売り圧力
    がかなり強いと想定される。
    ここのところの東証1部売買代金などを見る限りでは、
    それらをこなすにはエネルギー不足。
    一方で円高に振れる場面では日銀によるETF買いなどが
    引き続き下支えとなり大きく崩れることはなさそうだ。
    
    来週の日経平均予想レンジは16700-17300円。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-09【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅続落(32円安) 買い先行後に下げに転換
    
    朝方は円安方向に振れていたドル/円を好感し買いが先行。
    日経平均は71円高となり節目17000円を回復する場面が
    見られた。
    しかし、買い一巡後は下げに転換。
    北朝鮮で地震を観測し核実験の可能性があると報じられ
    たことがキッカケとなり売られた。
    その後、持ち直してはいるが戻りが限定され前場を終えた。
    
    日経平均前場終値は-32.52円の16926.25円。
    (SQ値は17011.77円)
    
    東証1部の出来高は10億2125万株、
    売買代金は1兆3020億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり692銘柄、値下がり1107銘柄、
    変わらず175銘柄。
    
    業種別では値上がりが15業種、値下がりが18業種。
    値上がりトップは鉱業、海運、石油・石炭。
    値下がりトップはその他製品、食料品、陸運。
    
    
    後場の見通し
    
    北朝鮮の核実験実施との報道が嫌気される場面もあったが、
    日経平均は16900円前半レベルでの底堅さを示した。
    日銀のETF買入れ期待などが下支えになったと思われる。
    本日、算出されたSQ値が17011.77円。
    前場高値が17029.78円であり幻のSQとはなっていないが、
    前場終値(16926.25円)は下回っており、上値を追う材料
    にかけるなか上値抵抗と意識されやすい。
    後場、日経平均は16900-17000円間でこう着した展開が
    予想される。
    いっぽうで中小型株への物色は活発。
    引き続き後場もフィンテック、AR/VR、ポケモノミクス、
    iPhone 7、自動運転車などのテーマ株の動向に注目。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-09【東京市場見通し】

    米株軟調も為替ドル/円が円安方向にあり買い優勢の見通し
    
    前日、注目されたECB理事会で金融政策の据え置きを決定、
    それを受けて欧米株は売り優勢の展開となった。
    いっぽうで為替ドル/円は円安方向に振れており、
    現在は102円台前半での推移。
    また、原油価格も強含みとなっている。
    欧米株はさえなかったものの円安や原油高を好感、
    日本株は買いが先行すると予想される。
    日経平均は前日に割れた節目17000円を回復する見込みだが、
    それ以上に上値を追うには材料不足。
    買い一巡後は17000近辺で方向感に欠ける展開となりそうだ。
    警戒されるのは材料難のなか発表(10時半予定)される中国経
    済指標(中国CPIなど)。大きく振らされる可能があるだろう。
    
    日経平均予想レンジは16800-17100円。
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り1950万株、買い1130万株、
    差し引き820万株の売り越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が102円台前半。
    (8日終値101.59-60円)
    
    ユーロ/円が115円台前半。
    (8日終値114.47-51円)
    
    9日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって下落。
    この日の注目されたのがECB理事会。
    景気の先行きを見極めるため現状の金融政策を
    維持することを決定された。
    結果を受けて欧州ではドイツやフランスが下落。
    米株も売りに優勢の展開となった。
    ただ、原油が大幅に上昇しエネルギー株が買われ、
    下支え要因となった。
    NYダウ終値は-46.23の18479.91、
    S&P500は-4.86の2181.3、
    NASDAQは-24.44の5259.48。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-08【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ジオスター <5282> 業績、増額修正発表。
    今期経常22%上方修正、22期ぶり最高益見通し。
    未定だった上期配当を5円に修正。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ヨロズ<7294>
    自社株買いの実施を発表。
    上限100万株(金額20億円)。
    発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合
    4.04%。取得期間は9/14~17年3/13まで。
    終値1393円(前日比+15円+1.08%)
    
    ピックアップ
    スターゼン<8043> 終値4730円
    (前日比+90円+1.94%)
    ニックフーズ買収と帝神畜産との提携を発表。
    ニックフーズは事業領域が同じでシナジーが
    期待できることに加え、「業務用マーケット
    での販売拡大」にも合致するためとしている。
    帝神畜産とは関西で業務用を中心とした食肉
    加工、食肉ギフトの販売拡大、神戸牛の輸出
    拡大に関する業務提携を締結。
    株価は8/25に年初来高値4750円を付けて以
    降は調整入りとなったが25日移動平均線近辺
    で反発し再び上昇トレンドに。本日に年初来
    高値を更新(本日高値4790円)。
    引き続き、上値を伸ばす展開が期待される。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-08【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め10銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ETFSパラ<1675>、
    一時S ディーエヌエ<2432>、
    S メディアス<3154>、
    一時S ネクスジェン<3842>、
    S サイバーコム<3852>、
    一時S 田中化研<4080>、
    一時S アップバンク<6177>、
    S アルチザ<6778>、
    S 理経<8226>、
    S M2HD<8728>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S ETFSパラ<1675>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    日樹工<6293>
    大幅反発。
    終値667円(前日比+41円+6.54%)
    75日移動平均線(643円)回復。
    日足一目均衡表の雲突破(上限654円)。
    
    いすゞ<7202>
    大幅反発。
    終値1285.5円(前日比+67.5円+5.54%)
    75日移動平均線(1269円)回復。
    日足一目均衡表の雲突破(上限1281円)。
    
    ピックアップ
    構造計画<4748> 終値2225円
    (前日比+213円+10.58%)
    大幅反発。
    ソフトバンク<9984が第5世代移動通信システム(5G)の
    導入に向けて、さまざまな最新技術をいち早く顧客に
    提供する「5G Projet」を開始すると発表。
    発表を受けて関連銘柄に買いが向かった。
    当銘柄も5G関連銘柄の一つ。
    株価は高騰。移動平均線チャートにて上値抵抗と意識
    されていた75日線(2120円)を回復。上昇トレンド転換か。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-09-08【東京市場概況】

    日経平均は続落(53円安) 後場に一時175円安 売り一巡後は下げ渋り 
    
    前場は材料難のなか方向感に欠け、日経平均は小安い
    水準で引けていた(41.39円安)。
    後場に入ると売りが強まり一時は175円安、16800円近
    辺まで値を落とす場面が見られた。
    ただ、売り一巡後は日銀によるETF買いを意識、下げ
    幅を縮小し本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は-53.67円の16958.77円。
    
    東証1部の出来高は16億7242万株、
    売買代金は2兆1925億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり860銘柄、値下がり923銘柄、
    変わらず190銘柄。
    
    業種別では値上がりが12業種、値下がりが21業種。
    値上がりはその他製品、海運、精密機器など。
    値下がりトップは保険、鉄鋼、サービス。
    
    日経平均は後場に下落幅(175円)を拡げる場面があった。
    日経平均は直近、円高を受けても底堅さを見せていたが
    円高につられての下落であり、引き続き懸念材料である
    ことには違いはない。
    日米中央銀行イベントまで強弱感が対立しやすく、一方向
    に振れる動きは限られそうだが一時的に上下振れる場面は
    ありそうだ。
    明日は週末であり今晩の海外市場で大きな動きがない限り
    方向感に欠ける展開が予想される。
    今晩、材料となりうるのはECB理事会およびドラギ総裁の
    会見。何らかのサプライズが投じられるかが注目される。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
     
  • 2016-09-08【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続落(41円安) 材料難のなか方向感に欠ける展開
    
    外部環境に手掛かり材料が乏しいなか方向感に欠ける展開
    となった。日経平均は小安い水準でもみあい。
    個別では米アップル端末iPhone向けに新作「スーパーマリ
    オラン」を配信することが明らかになった任天堂<7974>が
    一時18%の上昇となるなど関連銘柄への買いは盛んだった。
    
    日経平均前場終値は-41.39円の16971.05円。
    
    東証1部の出来高は7億2526万株、
    売買代金は9619億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり779銘柄、値下がり991銘柄、
    変わらず191銘柄。
    
    業種別では値上がりが13業種、値下がりが20業種。
    値上がりトップはその他製品、海運、鉱業。
    値下がりトップは保険、鉄鋼、サービス。
    
    
    後場の見通し
    
    前場の日経平均はやや売り優勢の展開ではあるが下値も
    限定的と方向感に欠けた。
    任天堂<7974>、ディーエヌエー<2432>などの材料株への
    買いは盛んだが全体としての広がりは見られなかった。
    後場も引き続き、方向感に欠ける展開が予想される。
    メジャーSQを控えていることがあり権利行使価格を意識。
    基本的な17000円近辺での推移が続くと予想される。
    ただ、日銀のETF買入れへの思惑から17000円を超える動
    きが見られれば権利行使価格17125円を意識した展開と
    なる可能性も。
    逆に17000円で上値の重さが意識されれば権利行使価格
    16875円が意識される可能性もあるだろう。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-08【東京市場見通し】

    しっかりとした展開か iPhone 向けに新作ゲームを提供の
    任天堂が全体を刺激
    
    前日の海外市場は欧州株はECB理事会への期待感から上昇、
    米株は前日終値とほぼ変わらず、NYダウとS&P500は小反落
    もNASDAQは続伸し史上最高値を更新した。
    為替ドル/円は前日から大きな動きはなくやや円安方向、
    101円台後半での推移。
    全体としては手掛かり材料に欠ける印象だ。
    CME先物も16970円(大証日中終値比-20円)と大きな動きは
    見られない。
    基本的に本日の日本株は材料難から方向感に欠ける展開が
    予想されやすい。
    しかし、任天堂が全体相場を刺激する可能性あり。
    米で開催されたアップルイベントにおいて「iPhone」向け
    に新作ゲームを提供すること、「ポケモン GO」の「Apple 
    Watch」対応などを発表。
    これを受けてADRで大幅高となっている。
    7月の急騰も記憶に新しく、この時のように歩調を併せて
    関連銘柄が幅広く上昇。
    材料難のなか全体相場を押し上げる要因となりそうだ。
    日経平均は小安く寄り付いた後はしっかり、プラスに転じ、
    ジリ高の展開と予想する。
    
    日経平均予想レンジは16950-17150円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り1500万株、買い1550万株、
    差し引き50万株の買い越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が101円台後半。
    (8日終値101.54-56円)
    
    ユーロ/円が114円台前半。
    (8日終値114.14-18円)
    
    8日の米株市場概況
    
    前日終値とほぼ変わらず。NYダウ、S&P500は小反落、
    S&P500は4日続伸となり市場最高値更新。
    利益確定売りが先行する場面も見られたが売り一巡
    後がしっかり。
    早期利上げ観測の後退、NY油先物WTI価格が堅調だっ
    たことなどが下支えとなった。
    NYダウ終値は-11.98の18526.14、
    S&P500は-0.33の2186.15、
    NASDAQは+8.02の5283.93。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-07【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    本日該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ヨシックス<3221>
    増額修正。上期配当を従来計画2.5円から7円。
    下期配当も従来計画の2.5円から5円。
    年間配当は12円に。
    終値1650円(前日比+12円+0.73%)
    
    ザイン<6769>
    高速画像処理LSIがシャープ製ネットワーク
    カメラに採用されたと発表。
    終値1146円(前日比-27円-2.30%)
    
    アサツーディDK<9747>
    8月売上高が前年同月比1.7%増。
    2ヶ月連続で前年実績上回り。
    終値2580円(前日比-13円-0.50%)
    
    日本ガス<8174>とメタップス<6172>
    資本業務提携を発表。
    ICT(情報通信技術)やAI(人工知能)技術を
    活用した共同の取り組み「スマートエネルギー
    革命」を開始する。
    日本ガス<8174>終値2940円
    (前日比+21円+0.72%)
    メタップス<6172>終値1391円
    (前日比+19円+1.38%)
    
    ピックアップ
    伊藤園<2593> 終値3320円。
    (前日比+75円+2.31%)
    取引終了後に8月度月次売上高を発表。
    結果は前年同月比3.2%と好調。
    9/1に発表された決算も好感される内容だったが、
    この時は25日移動平均線が上値抵抗として意識された。
    しかし、本日に同線(3282円)を回復。
    目先は75日移動平均線(3663円)までの戻しがある見込み。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-07【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め6銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 安川情報<2354>、
    S 田中化研<4080>、
    一時S 北川精機<6327>、
    S シライ電子<6658>、
    S ホロン<7748>、
    S アルファP<9467>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ピックアップ
    ブイキューブ<3681> 終値871円
    (前日比+50円+6.09%)
    大幅反発。
    9/2に米Qumuとエンタープライズビデオ分野で提携と
    発表。
    週明けの9/5は発表を好感し高騰、昨日は利益確定売
    りに押されたものの本日は大幅反発。
    日足一目均衡表の雲内(843-1063円)に突入した。
    ここから雲上限(1063円)まで戻しを試す展開か。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-09-07【東京市場概況】

    日経平均は反落(69円安) 売り一巡後は底堅く節目17000円維持
    
    朝方からドル/円が101円台と円高に振れていたことを嫌気
    し売りが先行。
    日経平均は節目17000円を割れ、16900円近辺まで下落する
    場面が見られた。
    しかし、売り一巡後は日銀によるETF買い期待などが下支え、
    底堅く前場を引けると後場は一段と下げ幅を縮小。
    終値では節目17000円を維持した。
    
    日経平均終値は-69.54円の17012.44円。
    
    東証1部の出来高は19億1584万株、
    売買代金は2兆1267億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1054銘柄、値下がり746銘柄、
    変わらず173銘柄。
    
    業種別では値上がりが14業種、値下がりが19業種。
    値上がりトップは電気・ガス、その他製品、サービス。
    値下がりトップは保険、銀行、バルブ・紙。
    
    前日の米8月ISM非製造業景況指数の結果を受けて、
    ドル/円の円高への動きは大きいものだった。
    それまで急速に円安方向に振れていたことを考えると
    おかしくない動きだが不安定さが残る印象。
    米FOMCまでに発表される経済指標へ警戒が強まり、
    円安方向には振れにくくなったと見られる。
    とはいえ、日経平均は大きく円高に振れたわりに下値は
    限定的、終値ではしっかり節目17000円を維持している。
    東証1部の売買代金も5日ぶりに2兆円を上回り、全体の
    雰囲気としては引き続き悪くない。
    円高への影響を限定的に円安には強く反応し上昇という
    展開が続けば一段と商いも膨れてくるだろう。
    為替の動向を注視する面で今晩はベージュブックが注目
    される。
    また、国内では明日の寄り前に4-6月期GDP改定値や8月
    景気ウォッチャー調査の発表を予定。
    これらを受けた、明日の寄り付き動向が注目される。
    日経平均は各イベントをこなしながら17000円どころ
    で値固めを進めたいところ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-07【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落(111円安) 円高を重しに17000円割れ
    
    前日の米株市場は上昇となっていたものの為替ドル/円が
    101円台と円高に振れたことが重しとなった。
    日経平均は寄り付きから売りが先行し節目17000円割れ、
    ただ、下値では日銀によるETF買い期待から底堅く、
    16900円近辺で下げ渋った。
    
    日経平均前場終値は-111.74円の16970.24円。
    
    東証1部の出来高は8億7842万株、
    売買代金は9241億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり669銘柄、値下がり1124銘柄、
    変わらず174銘柄。
    
    業種別では値上がりが8業種、値下がりが25業種。
    値上がりは電気・ガス、石油・石炭、サービスなど。
    値下がりトップは保険、銀行、証券・商品。
    
    
    後場の見通し
    
    ドル/円の円高に動きに対して日経平均はいっていの
    底堅さを示している。後場は日銀のETF買入れが行
    われるかに注目。
    テクニカル面では5日移動平均線(16988円)を割れて
    いるものの週足の一目均衡表の雲上限(16912)の水
    準でもある16900円どころで下げ止まり。
    後場に5日線、節目17000円を再度回復する動きが
    見られれば、より下値の堅さが確認されるところ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-07【東京市場見通し】

    米経済指標を受けて為替が円高方向 売り優勢のスタート
    
    前日の米株市場は続伸となり堅調だったが為替ドル/円が
    米8月ISM非製造業景況指数の結果が弱く、円高方向に振
    れた。現在、ドル/円は101円台後半での推移。
    日本株は円高を嫌気し売り先行のスタートが予想される。
    CME225先物が16945円(大証日中終値比-135円)、日経平
    均は節目17000円を割れての寄り付きとなりそうだ。
    ただ、売り一巡後が底堅さを示す見通し、日銀によるET
    F買い期待が支えとなる見込みであり再び17000円を回復
    する展開を予想する。
    
    日経平均予想レンジは16900-17100円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り1310万株、買い1250万株、
    差し引き60万株の売り越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が101円台後半。
    (先週末2日終値103.35-36円)
    
    ユーロ/円が114円台後半。
    (先週末2日終値115.33-37円)
    
    7日の米株市場概況
    
    続伸。連休明けの米株市場は堅調な展開となった。
    この日、発表された経済指標は8月ISM非製造業景況指数。
    結果は51.4と予想の55.0を大幅に下回った。
    発表後、指数はマイナス圏に一時沈んだが早期利上げ観
    測が後退しプラス圏に浮上した。
    また、堅調となった原油価格も後押しとなった。
    NYダウ終値は+46.16の18538.12、
    S&P500は+6.50の2186.48、
    NASDAQは+26.01の5275.91。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-06【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    本日該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    トランスジェニック<2342>
    関連会社が国内製薬企業と共同で創薬研究
    を行う契約を締結。
    終値604円(前日比+13円+2.20%)
    
    マクドナルド<2702>
    8月既存店上高が前年同月比15.9%増。
    終値2927円(前日比-23円-0.78%)
    
    鳥貴族<3193>
    8月既存店売上高が前年同月比1.7%増。
    3ヶ月連続プラス。
    終値1971円(前日比+103円+5.51%)
    
    アクロディア<3823>
    「インターホン IoT システム」を人型ロボ
    ット「Pepper」と連携し新たなサービスの
    提供を検討開始と発表。
    終値371円(前日比-9円-2.37%)
    
    ピックアップ
    アルファポリス<9467> 終値1252円
    (前日比+45円+3.73%)
    今秋にも配信開始を予定しているスマートフォン向け
    本格バトルRPG「THE NEW GATE(ザ・
    ニュー・ゲート)」の事前登録を開始を発表。
    株価は8/26に年初来安値(1150円)を付けて以降は底堅く、
    目先の底はついた見通し。
    発表を好感し25日移動平均線(1355円)までの戻し、
    同線回復から75日移動平均線(1783円)水準までの戻し
    を試す可能性も。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-06【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め4銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ノバレーゼ<2128>、
    一時S 極楽湯<2340>、
    一時S フジタコーポ<3370>、
    S DLE<3686>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S モバファク<3912>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ブロードリーフ<3673>
    大幅続伸。
    終値1144円(前日比+61円+5.63%)
    200日移動平均線(1124)回復。
    
    テクノメディカ<6678>
    大幅5日続伸。
    終値1806円(前日比+160円+9.72%)
    日足一目均衡表の雲突破(上限1718円)。
    
    曙ブレーキ<7238>
    大幅5日続伸。
    終値217円(前日比+11円+5.33%)
    75日移動平均線(210円)回復。
    
    ピックアップ
    ビジョン<7956> 終値2911円
    (前日比+199円+7.33%)
    大幅反発。
    前日の決算発表が想定以上に底堅い結果と
    なったことや年間配当を44円から50円に増
    額修正したことなどが好感された。
    テクニカル面では移動平均線チャートで
    75日線(2866円)や200日線(2841円)を回復し
    上昇トレンド転換と期待される形。
    目先は日足一目均衡表の雲上限(3011円)
    でもある節目3000円どころでの動向に注目。
    上抜ける動きが見られれば一段の戻し、
    年初来高値3535円(6/8)をうかかがう展開へ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-09-06【東京市場概況】

    日経平均は小幅に続伸(44円高) 材料難から動き限定的
    
    前日の米株市場が休場であったことなどから手掛かり材料に
    欠け、やや売り優勢にあった。
    ただ、ドル/円がやや円安方向に振れた前場中ごろから、日経
    平均はプラス圏で推移。
    後場終盤にはこの日の高値170970.59円(+59.96)円まで上昇、
    その後、やや上げ幅を縮小し本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+44.35円の17081.98円。
    
    東証1部の出来高は15億4267万株。
    売買代金は1兆6249億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1561銘柄、値下がり311銘柄、
    変わらず101銘柄。
    
    業種別では値上がりが28業種、値下がりが5業種。
    値上がりトップは水産・農林、その他製品、建設。
    値下がりは鉱業、海運、倉庫・運輪など。
    
    日経平均は小動きとなったが値上がり銘柄数などは多く、
    弱い動きではない。
    9月に米国の利上げに対して意見が分かれており、
    手掛けにくさがあるなか、外部環境の影響の少ない内需、
    中小型を中心に堅調な銘柄が目立つ。
    特に目先は今年前半に値動きがよく、7~8月にかけて売り
    込まれた銘柄などの戻しに今後は期待したいところ。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-06【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅に続伸(36円高) 下値しっかりでプラス引け
    
    前日の米株市場が休場であったことなどから手掛かり材料に
    欠け、朝方から小動きな展開となった。
    日経平均は前日終値(17037.63円)近辺でのスタート、
    下値は節目17000円で底堅いも買い上がる材料に欠け上値も
    限定的。
    前場中ごろからややドル/円が円安方向に傾いたことから、
    前場はプラス圏で引けた。
    
    日経平均前場終値は+36.64円の17074.27円。
    
    東証1部の出来高は6億9311万株。
    売買代金は6792億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1432銘柄、値下がり386銘柄、
    変わらず152銘柄。
    
    業種別では値上がりが27業種、値下がりが6業種。
    値上がりトップは石油・石炭、水産・農林、保険。
    値下がりは倉庫・運輪、鉱業、鉄鋼など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は小幅高にとどまっているものの騰落銘柄数、
    業種別で見ると買いが大幅に上回り、日経平均の上昇
    幅よりも買い優勢に傾いていることがうかがえる。
    大型株の鈍さが指数の重しとなっているが中小型株を
    中心に堅調な展開が目立つ。
    日経平均としては寄与度の高いファストリ<9983>が
    前場をマイナス圏で引けており、後場の動向が注目さ
    れる、当銘柄が下げを強めるようだといっそう指数の
    重しとなる。
    ただ、その時にも節目17000円を維持するようなら、
    結果的に底堅さが強く意識され、その後に買いを強め
    る可能性があると思われる。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-06【東京市場見通し】

    手掛かり材料に欠け小動きの見通し 日経平均17000円近辺での推移
    
    前日の米株市場が休場、欧州株はまちまちのなかやや売り
    優勢の展開だった。
    為替は前日の水準からほぼ変わらず、現在103円台半ばで
    の推移。
    国内の材料難の海外市場からの手掛かり材料も乏しく、
    本日は小動きの見通し。
    日経平均は前日終値(17037.63円)とほぼ変わらずの水準で
    寄り付き、その後も節目17000円近辺でのもみあいが続き
    そうだ。
    
    日経平均予想レンジは16900-17100円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り760万株、買い820万株、
    差し引き60万株の買い越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が103円台半ば。
    (5日終値103.35-38円)
    
    ユーロ/円が115円台前半。
    (5日終値115.51-55円)
    
    5日の米株市場は休場
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-05【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    学情<2301> 決算発表。
    11-7月期(3Q累計)経常46%増益着地、5-7月期も41%増益。
    
    ティーライフ<3172> 決算発表。
    今期経常42%増益。配当を2円増配方針(30円に)。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ツクイ<2398>
    8月介護サービス利用者数が前年同月比7.6%増。
    終値717円(前日比+35円+5.13%)
    
    セリア<2782>
    8月月既存店高が前年同月比1.1%増、14ヶ月連
    続で前年同月比上回り。
    終値6980円(前日比±0円±0.00%)
    
    ピックアップ
    ネクソン<3659> 終値1436円
    (前日比+8円+0.56%)
    自社株買いの実施を発表。
    上限450万株(金額50億円)。
    発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合 1.0%。
    取得期間は9/8~10/31まで。
    株価は8/19に年初来安値1270円を付けて以降は戻し基調。
    移動平均線チャートに25日線(1413円)水準まで戻し、
    直近はもみあい。
    本日の発表を好感し戻しを強める見通し。
    目先の戻しメドは75日線(1557円)、200日線(1718円)。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-05【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ノバレーゼ<2128>、
    S フォーサイド<2330>、
    S フジタコーポ<3370>、
    S モブキャス<3664>、
    S アエリア<3758>、
    S モバファク<3912>、
    一時S ぱど<4833>、
    S イード<6038>、
    一時S 関西スーパ<9919>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ユナイテド海<9110>
    終値140円(前日比+10円+7.69%)
    75日移動平均線(133円)回復。
    日足一目均衡表の雲突破(上限138円)。
    
    共栄タ<9130>
    大幅続伸。
    終値182円(前日比+14円+8.33%)
    日足一目均衡表の雲突破(上限175円)。
    
    ピックアップ
    ACCESS<4813> 終値641円
    (前日比+40円+6.66%)
    4日大幅続伸。
    本日、家庭内電力消費量を抑制するシステム構築を
    支援する「スマートハウス向け電力マネージメント
    ソリューション」にローム<6963>の無線通信モジュ
    ールを搭載し、両社でグローバルに拡販することで
    合意したと発表。
    発表を好感した買いも入り4連騰となった。
    テクニカル面では移動平均線チャートで、
    75日線(605円)を上回り200日線(635円)も回復。
    日足一目均衡表においても雲突破(上限618円)。
    上昇トレンド転換と期待される形にある。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-09-05【東京市場概況】

    日経平均は終値でも節目17000円回復も後場は伸び悩み
    
    朝方から良好な外部環境を好感し買いが先行、日経平均は
    寄り付きから節目17000円を回復、その後はやや伸び悩む
    場面があるも高値圏で前場を引けていた(17139.80円)。
    後場は前場終わりから上げ幅を縮小してスタート。
    昼休憩中に黒田日銀総裁が講演でマイナス金利の深堀りは
    可能との見方を示したことでメガバンク含む金融株が軟調
    に推移し指数は伸び悩んだ。
    ただ、17000円どころでは底堅さを示し、節目を回復した
    まま本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+111.95円の17037.63円。
    
    東証1部の出来高は17億5010万株、
    売買代金は1兆7400億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1098銘柄、値下がり702銘柄、
    変わらず173銘柄。
    
    業種別では値上がりが25業種、値下がりが8業種。
    値上がりトップは海運、電気・ガス、鉱業。
    値下がりは証券・商品、その他製品、銀行など。
    
    日経平均は3ヶ月ぶりに節目17000円を回復、加えて200日
    移動平均線(17034円)を回復した。
    買い一巡後は上値の重さが意識されたものの同線や節目
    17000円を維持したまま大引けとなり雰囲気は悪くない。
    今晩の米市場が休場のため、明日も17000円どころでの
    スタート、その後は値固めの動きとなりそうだ。
    ただ、今週はメジャーSQの算出の週、多少は上下に振
    れる可能性がある。
    下振れた時は押し目買いのチャンスと見ておきたいところ。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-05【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅反発(214円台) 3ヶ月ぶり節目17000円を回復
    
    先週末の米市場が8月雇用統計の結果を受けて株高、円安に
    振れた。
    週明けの日本株は良好な外部環境を好感し買いが先行、
    日経平均は寄り付きから節目17000円を回復。
    その後、伸び悩む場面も見られたが戻り売りや利益確定売り
    をこなし高値圏を維持したまま前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+214.12円の17139.80円。
    
    東証1部の出来高は8億3262万株、
    売買代金は8299億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1416銘柄、値下がり431銘柄、
    変わらず123銘柄。
    
    業種別では値上がりが31業種、値下がりは2業種。
    値上がりトップは海運、鉱業、保険。
    値下がりは食料品、その他製品のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は3ヶ月ぶりに節目17000円を回復。
    その間、強く上値抵抗として意識された水準を上抜けたことで
    投資家心理は改善、今後は下値サポートとして強く意識される
    展開が期待される。
    とはいえ、上値追いには慎重な姿勢のようだ。東証1部の売買
    代金は前場終わり時点で1兆円割れと盛り上がりに欠ける。
    もう一段高には続き好材料が必要なところか。
    今晩の米市場が休場で明日に外部環境から受ける影響は少ない。
    そうしたことから後場は安心感から引き続きしっかりとした展
    開、ただ上値を追う材料も限られ、こう着感が強まりそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-05【東京市場見通し】

    米雇用統計を受けた外部環境は良好 日経平均節目17000円へ
    
    先週末、注目された8月米雇用統計は非農業部門雇用者数が
    15.1万人増と市場予想(18万人増)を下回った。
    株式市場は米利上げ観測が後退と上昇したいっぽうでドル/円
    は9月利上げの可能性を完全に打ち消すほど弱い内容に無い
    との見方から円安に振れ、現在は104円どころで推移。
    結果的に米株高に円安と日本株にとって好都合にあり、買い
    先行。
    日経平均は節目17000円を回復しての寄り付きが期待される。
    (CME17130円(大証日中終値比+190円))
    17000円回復後は戻り売りや利益確定売りをこなしながら、
    5/31高値17251円を試す展開を予想する。
    
    日経平均予想レンジは17000-17300円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り1130万株、買い460万株、
    差し引き670万株の売り越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が104円どころ。
    (先週末2日終値103.57-58円)
    
    ユーロ/円が116円台前半。
    (先週末2日終値115.92-96円)
    
    先週末2日の米株市場概況
    
    続伸。主要3指数それって堅調な展開。
    注目された8月雇用統計は非農業部門雇用者数が
    15.1万人増と市場予想(18万人増)を下回る結果と
    なるなどさえなかった。
    9月利上げにたいする見かたはまちまち。
    利上げ後退の見方から株式市場は上昇したものの、
    為替ドル/円は9月利上げの可能性を完全に打ち消す
    ほど弱い内容ではないと、一時は急落も反発の動
    きとなっている。
    NYダウ終値は+72.66の18491.96、
    S&P500は+9.12の2179.98、
    NASDAQは+22.69の5249.9。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-02【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ピックアップ
    日本駐車場開発<2353> 決算発表。
    終値130円(前日比±0.00円±0.00%)
    16年7月期の連結経常利益は22.4億年円、
    前期比25.6%減となった。
    しかし、17年7月期は32億円、前期比42.9%増と拡大
    の見込みとなり2期ぶりに過去最高益更新見通し。
    加えて年間配当を前期比0.25円増の3.75円に増配方針。
    また、自社株買いも発表。
    (上限150万株(発行済株式総数(自己株式を除く)に
    対する割合 0.44%)取得期間は9/5~9/30まで)。
    テクニカル面では移動平均線チャートにて、
    直近に200日線(128円)を回復。
    本日の発表を受けて同線から上放れ、上昇トレンド転
    換と期待されるところにある。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    フォーサイド<2330>
    中国市場向け課金決済サービス“支付宝
    (アリペイ)”の提供開始を発表。
    終値148円(前日比-1円-0.67%)
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-02【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ノバレーゼ<2128>、
    S オルアバウト<2454>、
    S ジェネパ<3195>、
    S モバファク<3912>、
    S 田中化研<4080>、
    S アップバンク<6177>、
    S インスペック<6656>、
    S 関西スーパ<9919>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    中西製作<5941>
    大幅上昇。
    終値707円(前日比+39円+5.84%)
    25日移動平均線(667円)から上放れ、
    年初来高値(713円)更新間近。
    
    ピックアップ
    エニグモ<3665> 終値1560円
    (前日比+80円+5.40%)
    大幅続伸。
    株価は7/8に年初来高値(1746円)を付けて
    以降は調整。移動平均線チャートにおいて
    75日線水準までの値幅調整となった。
    その後は同水準で日柄調整中にあるが
    本日に日足一目均衡表にて雲突破(上限1489円)。
    上昇トレンド転換の可能性あり。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-09-02【東京市場概況と来週の見通し】

    日経平均は-1.16円安とほぼ横ばい 米雇用統計待ちで様子見
    
    朝方から方向感に欠ける展開となり、その後もこう着した
    展開、日経平均は16900円前後での推移にとどまった。
    今晩の米8月雇用統計を控えて様子姿勢が強く、物色はディ
    フェンシブ関連や個別の材料株に限られた。
    
    日経平均終値は-1.16円の16925.68円。
    
    東証1部の出来高は16億4463万株、
    売買代金は1兆8673億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり854銘柄、値下がり945銘柄、
    変わらず174銘柄。
    
    業種別では値上がりが19業種、値下がりが14業種。
    値上がりトップは保険、電気・ガス、証券・商品。
    値下がりトップは精密機器、ガラス・土石、金属製品。
    
    
    来週の見通し
    
    堅調な見通し 日経平均は節目17000円超えから一段高へ
    
    週明けは注目の米8月雇用統計を受けてのスタートとなる。
    非農業部門雇用者数の市場予想は18万人増、5月の時のよ
    うによほど予想と乖離して悪い結果になれなければ米利
    上げ観測が継続、ドル高・円安の流れが強まると予想さ
    れる。
    ドル/高円安の流れが日本株を後押し、今週に回復できな
    かった日経平均の節目17000円、来週は回復から一段高。
    過去3ヶ月超えれなかった節目を突破となれば、売り方の
    踏み上げに発展、4月高値17613.56円をうかがう可能性も
    じゅうぶんにあるだろう。
    
    来週の日経平均予想レンジは16600-17600円。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-02【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅高(+7円) 様子見ムード強く小動き
    
    朝方はやや売り優勢でスタート。円安が一服していたこ
    となどが重しとなった。
    ただ、下値は限定的で日経平均はプラスに転換した。
    とはいえ、上値を追う動きも限られ、前日終値近辺での
    推移が続いた。
    今晩に控える米8月雇用統計を前に見送りムードが強い
    展開となっている。
    
    日経平均前場終値は+7.84円の16934.68円。
    
    東証1部の出来高は7億5857万株、
    売買代金は8224億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり822銘柄、値下がり993銘柄、
    変わらず157銘柄。
    業種別では値上がりが19業種、値下がりが14業種。
    値上がりトップは保険、食料品、証券・商品。
    値下がりトップは鉱業、精密機器、金属製品。
    
    
    後場の見通し
    
    今晩の米8月雇用統計への関心は強く、後場も上下動きの
    出づらい展開が続く見通し。
    物色に関しても輸出関連が手控えられるいっぽうで内需、
    ディフェンシブ関連、その他に材料株への短期的な値幅
    取りが中心となりそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-02【東京市場見通し】

    米経済指標を受けて円安一服 米雇用統計を前に様子見姿勢
    
    前日の米市場でNYダウは発表された経済指標(米8月
    ISM製造業景況指数)を受けて一時100ドル超えの下落
    となるもその後は前日終値と変わらず水準に戻した。
    いっぽうで為替ドル/円は一時104円まで円安に振れるも
    米8月ISM製造業景況指数の結果を受けて円安一服。
    現在は103円台前半での推移。
    海外市場から方向感は定まりにくく、CME225先物も
    16955円(大証日中終値比+15円)と日経平均前日終値
    (16926.84円)とほぼ変わらずの水準。
    朝方から方向感に欠ける展開、その後も米雇用統計前で
    大きな動きは出づらく、16900円近辺での小動きな展開
    が予想される。
    
    日経平均予想レンジは16800-17000円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り1050万株、買い700万株、
    差し引き350万株の売り越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が103円台前半。
    (1日終値103.56-58円)
    
    ユーロ/円が115円台半ば。
    (1日終値115.25-29円)
    
    1日の米株市場概況
    
    ほぼ変わらず。
    発表された米8月ISM製造業景況指数が49.4と
    予想52.0を大きく下回り、半年ぶりに50を割
    れたことや原油安を受けて軟調な展開にあり、
    NYダウは一時105ドル安まで下落したが景気
    指標の悪化による利上げの後ずれも意識され
    下値も限定された。
    NYダウ終値は+18.42の18419.3、
    S&P500は-0.09の2170.86、
    NASDAQは+13.99の5227.21。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-01【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    伊藤園<2593> 決算発表。
    5-7月期(1Q)経常19%増益着地。
    終値3145円(前日比+35円+1.13%)
    
    
    その他、注目の材料株
    
    新日本科学<2395>
    子会社が米心電図中央測定会社と業務提携。
    終値607円(前日比-6円-0.98%)
    
    ピックアップ
    インスペック<6656> 終値1256円
    (前日比+162円+14.81%)
    8月度の月次受注額を発表。
    受注額は1億7500万円。前年同月比2.2倍。
    発表を好感し引き続き堅調な展開を見込む。
    テクニカル面では日足一目均衡表に注目。
    本日、上値をおさえられた雲上限(1359円)、
    明日は突破する見通し。
    突破から上昇トレンドを強める展開に期待。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-01【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め6銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 安川情報<2354>、
    S アエリア<3758>、
    S 田中化研<4080>、
    S リボミック<4591>、
    S 日本<4920>、
    一時S 岡本工<6125>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    村田製作所<6981>
    4日続伸。
    終値14300円(前日比+395円+2.84%)
    200日移動平均線(14191円)回復。
    
    ピックアップ
    IGポート<3791> 終値1187円
    (前日比+113円+10.52%)
    大幅続伸。
    前日に上値をおさえられた日足一目均衡表の雲
    (上限1133円)を抜けて上値を伸ばす展開に。
    次に戻り売り圧力の強いと見られる1200円台を
    抜ければ年初来高値1466円が見えてくる。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-09-01【東京市場概況】

    日経平均は小幅続伸(39円高) 米経済指標発表前にこう着
    
    朝方から方向感に欠ける展開となった日本株。
    日経平均は下値は底堅いも上値も限られており、
    一日を通してこう着した展開となった。
    週末の米8月雇用統計を目前に控えて見送り姿勢が強く、
    為替も落ち着いた動きとなったことから、
    手掛かり材料に欠けた。
    
    日経平均終値は+39.44円の16926.84円。
    
    東証1部の出来高は18億4374万株、
    売買代金は1兆9541億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1182銘柄、値下がり656銘柄、
    変わらず134銘柄。
    
    業種別では値上がりが25業種、値下がりが8業種。
    値上がりトップはその他製品、銀行、水産・農林。
    値下がりは鉱業、保険、ガラス・土石。
    
    週末の米雇用統計を前に為替、株価ともにこう着した展開
    となっており、明日も引き続き方向感に欠ける展開が予想
    されるところ。
    ただ、その前に為替相場が動く可能性がある。
    今晩発表の8月ISM製造業景況指数に注目。
    米国ではこのところ雇用や住宅関連のしっかりした内容は
    確認されている。
    それらに加えて製造業関連の強い内容が確認された場合、
    一段と円安に振れる可能性があるだろう。
    ドル/円が円安に振れて明日戻ってくれば、米雇用統計を
    控えるとはいえ、日経平均は節目17000円回復上値を伸ば
    す展開が想定される。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-01【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅続伸(21円高) 主力株堅調で底堅い展開
    
    朝方はやや売りが先行した日本株。戻り売りや利益
    確定売りが優勢のスタートとなった。
    ただ、世界的な金融株高の流れを引き継ぎメガバン
    クが堅調推移。
    その他、鉄鋼株や通信株、自動車株なども買われ、
    日経平均はプラスに転換。
    底堅い値動きとなり前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+21.12円の16908.52円。
    
    東証1部の出来高は9億573万株、
    売買代金は8582億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1073銘柄、値下がり734銘柄、
    変わらず161銘柄。
    
    業種別では値上がりが25業種、値下がりが8業種。
    値上がりトップは銀行、鉄鋼、その他金融。
    値下がりは鉱業、保険、ガラス・土石など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は底堅さを示すいっぽうで上値も限定的。
    週末の米雇用統計の結果を見極めたいとの思惑のほか、
    ドル/円が朝方からやや円安一服となっていることが
    上値をおさえた。
    後場も引き続き16900円前後でこう着した展開が予想される。
    物色は前場同様に銀行株など相対的に出遅れ感の強い業種、
    銘柄へ向かいそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-09-01【東京市場見通し】

    欧米株安も為替は引き続き円安方向 日本株はしっかりの展開
    
    前日の海外市場で欧州、米とそろって軟調な展開。
    週間在庫統計を受け原油価格が下落、エネルギー株が軟調
    に推移したことが重しとなった。
    週末の米8月雇用統計の前哨戦として注目された米8月ADP
    全国雇用者数は市場予想を上回る結果。
    週末の雇用統計に対する上振れを意識、利上げ観測を高め
    る結果となり、ドル/円は円安方向に振れている。
    (ドル/円は現在103円台前半での推移)
    日本株は欧米株安の影響は限定的、円安方向にあるドル/円
    を好感し、しっかりとした展開が予想される。
    日経平均はCME225先物16910円(円建大証日中終値比+20円)
    を意識した寄り付き。節目17000円に接近する場面もあり
    そうだ。
    しかし、価格帯別出来高が積み上がっている水準であり
    戻り売り圧力が強く、今日のところは上値をおさえらる
    見通し。
    
    日経平均予想レンジは16800-17000円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券6社経由の注文状況
    
    売り570万株、買い1070万株、
    差し引き500万株の買い越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が103円台前半。
    (31日終値103.27-28円)
    
    ユーロ/円が115円台前半。
    (31日終値114.96-115.00円)
    
    31日の米株市場概況
    
    小幅に続落。
    米週間在庫統計で市場予想を上回り原油在庫が増加、
    結果を嫌気しNY原油が3.56%安の大幅続落となった。
    それを受けたエネルギー株の下落が重しとなった。
    週末の米8月雇用統計の前哨戦して注目された米8月ADP
    全国雇用者数の結果は17.7万人増(市場予想17.5万人増
    し)。利上げに対する警戒感は浮上しとみられる。
    NYダウ終値は-53.42の18400.88、
    S&P500は-5.17の2170.95、
    NASDAQは-9.77の5213.22。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
お気軽にお問い合わせください
  • お申込み
  • お問い合わせ
電話番号