• 2016-10-31【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ライト工<1926> 業績修正発表。
    上期経常一転13%増益に上方修正。最高益更新へ。
    終値1266円(前日比+2円+0.15%)
    
    三機工<1961> 業績修正発表。
    上期営業一転黒字に上方修正。
    終値953円(前日比-12円-1.24%)
    
    コカウエスト<2579> 決算発表。
    1-9月期(3Q累計)経常62%増益着地。7-9月期も8%増益。
    終値3105円(前日比-50円-1.58%)
    
    TOKAI HD<3167> 決算発表。
    今期経常4%上方修正。配当6円増額。
    終値674円(前日比-11円-1.60%)
    
    サイオス<3744> 決算発表。
    1-9月期(3Q累計)経常黒字浮上。通期計画超過。
    終値923円(前日比+10円+1.09%)
    
    ダスキン<4665> 決算発表。
    7-9月期(2Q)経常37%増益。
    終値2018円(前日比+1円+0.04%)
    
    MARUWA<5344> 決算発表。
    上期経常40%増益で上振れ着地。
    終値3965円(前日比-75円-1.85%)
    
    合同鉄<5410> 決算発表。
    今期経常19%上方修正。
    終値1841円(前日比-68円-3.56%)
    
    横河ブHD<5911> 決算発表。
    今期経常一転2%増益に上方修正。
    終値1155円(前日比-7円-0.60%)
    
    岡部<5959> 決算発表。
    1-9月期(3Q累計)最終が2.3倍増益着地。7-9月期も4.4倍増益。
    終値897円(前日比-18円-1.96%)
    
    ジーテクト<5970> 決算発表。
    上期経常37%増益で上振れ着地。今期配当2円増額修正(36円に)。
    終値1933円(前日比-7円-0.35%)
    
    シノケンG<8909> 業績修正発表。
    今期経常34%上方修正。最高益予想上乗せ。
    配当6円増額(36円に)。
    終値1905円(前日比+31円+1.65%)
    
    ミクロ情報<9928> 決算発表。
    上期経常45%増益着地。7-9月期も39%増益。
    終値2053円(前日比-59円-2.79%)
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ピックアップ
    モバファク<3912> 終値2872円
    (前日比+47円+1.66%)
    11/1に当銘柄の位置情報連動型ゲーム「ステーション
    メモリーズ!」(駅メモ!)内で映画「君の名は。」の
    劇中に登場する駅を巡るタイアップキャンペーンを開
    催と発表。
    株価は現在、移動平均線チャートで25日線(2947円)を
    やや下回る水準。
    日足一目均衡表において比較的薄い雲(上限3101円-下
    限2662円)内でもみあい。
    発表を好感し25日線回復、雲突破となれば上昇トレン
    ド転換、一段高へ。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-31【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め10銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S グリムス<3150>、
    S 白鳩<3192>、
    S 内外テック<3374>、
    一時S インフォメD<4709>、
    S オウチーノ<6084>、
    一時S パートナーA<6181>、
    S サンコー<6964>、
    S ショーワ<7274>、
    S 遠藤製作所<7841>、
    一時S 宇徳<9358>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S エクストリム<6033>、
    S サハダイヤ<9898>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    日本郵船<9101>、商船三井<9104>、川崎汽船<9107>。
    前場取引時間中に定期コンテナ船事業を統合(合弁会
    社設立)することで契約締結を発表。
    日本郵船<9101> 200日移動平均(206円)回復。
    終値215円(前日比+13円+6.43%)
    商船三井<9104>
    終値263円(前日比+14円+5.62%)
    川崎汽船<9107>
    終値260円(前日比+1円+0.38%)
    
    ピックアップ
    ジェイリース<7187> 大幅続伸。
    終値2064円(前日比+129円+6.67%)
    先週末28日の取引終了後。賃債務保証事業でアプラスフ
    ィナンシャル<8589>傘下のアプラスと業務提携を発表。
    好感した買いが入った。
    テクニカル面では今月半ばから調整の流れにあったが25
    日移動平均線(1920円)をサポートに反発したかっこう。
    再びトレンドは上向き傾向、10/17高値2238円超えへ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-31【東京市場概況】

    日経平均は小反落(21円安) 外部環境が重しとなるも下値は限定的
    
    先週末の米株安や為替ドル/円が円高に振るなど外部環境がさえ
    ず、朝方は売りが先行。日経平均は118円安まで下落幅を拡げ
    る場面があった。
    しかし、その後は底堅く前場を引けると後場寄りからは戻しを
    強める展開に。
    ドル/円がしっかりした動き、朝方より円安に振れたことなどが
    後押し、日銀のETF買い期待なども下支えとして意識された。
    
    日経平均終値は-21.39円の17425.02円。
    
    東証1部の出来高は22億4263万株、
    売買代金は2兆3298億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり866銘柄、値下がり981銘柄、
    変わらず138銘柄。
    
    業種別では値上がりが14業種、値下がりが19業種。
    値上がりトップは海運、金属製品、保険。
    値下がりトップはゴム製品、鉱業、医薬品。
    
    米大統領選を巡る不透明感が高まりかけていたリスク選好し、
    日本株の上昇に水を差す形になったが下値は底堅く好業績銘
    柄を中心に底堅さを示した。
    日経平均は取引終了期間中には5日移動平均線(17392円)を割
    れる場面もあったものの終値で維持。
    明日は日銀金融政策決定会合の結果発表。今回は金融政策変
    更なしの見方。期待する向きも無く、失望売りなど無しに通
    過する見込み。
    とはいえ、引け後の黒田総裁会見。また、その後に控えたFO
    MCなどを前に動きにくさはある。
    加えて引き続き、米大統領選への不透明感を背景に為替ドル/
    円が円高に振れる恐れも。
    テクニカル的には短期的な調整が入ってもおかしくなく、上
    値追いには慎重姿勢の展開が続きそうだ。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-31【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落(76円安) 米大統領選の不透明感が重しに
    
    先週末の米株市場が大統領選への不透明感を背景に下落、
    為替ドル/円も円高に振れていたことがあり、売りが先行。
    日経平均は一時、118円安まで下落幅を拡げた。
    しかし、売り一巡後は下げ渋る動き。上値は重いながら
    もいっていの底堅さを示した。
    
    前場日経平均終値は-76.93円の17369.48円。
    
    東証1部の出来高は10億7816万株、
    売買代金は1兆245億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり銘柄693、値下がり1152銘柄、
    変わらず139銘柄。
    
    業種別では値上がりが5業種、値下がりが28業種。
    値上がりトップは海運、金属製品、保険など。
    値下がりはガラス・土石、ゴム製品、鉱業。
    
    
    後場の見通し
    
    後場は日銀のETF買い入れによる需給要因が下支えとなりそうだ。
    また、為替ドル/円も104円台後半で推移とやや円安方向に振れて
    いることも好感される見込み。
    日経平均は5日移動平均線(17381円)近辺で前場を終えており、
    同線回復からプラス圏に浮上する可能性もある
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-31【東京市場見通し】

    円高重しに売り先行 その後は日銀ETF買いが下支えか
    
    先週末の米株市場が米7-9月期GDP速報値の好結果を受けて買い
    優勢となるもFBIがクリントン氏のメール問題を再調査すると
    伝わりマイナス圏へ。為替ドル/円も105円台半ばから現在は10
    4円台半ばと円高に振れている。
    米株安に円高と本日の日本株は売り先行の見通し。
    日経平均はCME225先物17405円(大証日中終値比-55円)を意識し
    た水準でのスタート。(前日日経平均終値17446.41円)
    その後、今日から明日にかけて日銀金融政策決定会合が予定さ
    れおり、様子見姿勢とないやすいなか、日銀によるETF買い
    思惑などから底型さを維持する見込み。
    テクニカル面では5日移動平均線(17354.87円)水準での動向を
    注視。同線割れとなれば短期的な調整へ。
    
    日経平均予想レンジは17300-17500円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1480万株、買い1610万株、
    差し引き130万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が104円台半ば。
    (先週末28日終値105.26-28円)
    
    ユーロ/円が114円台後半。
    (先週末28日終値114.90-94円)
    
    先週末28日の米株市場概況
    
    続落。発表された7-9月期GDPは前期比年率で+2.9%と市場予想
    を上回る伸びとなり、買い優勢となる場面も見られたがFBIが
    クリントン氏のメール問題を再調査するとの報道が伝わると米
    大統領選挙への警戒感から主要指数はそろってマイナス圏に落
    ち込んだ。
    NYダウ終値は-8.49の18161.19、
    S&P500は-6.63の2126.41、
    NASDAQは-25.87の5190.10。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-28【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    大豊健<1822> 業績修正発表。
    上期経常2.3倍上方修正。
    終値589円(前日比-3円-0.50%)
    
    高砂熱<1969> 業績修正発表。
    上期経常一転27%増益に上方修正。
    終値1520円(前日比-2円-0.13%)
    
    SMS<2175> 決算発表。
    今期経常6%上方修正。最高益予想上乗せ。
    終値2550円(前日比-46円-1.77%)
    
    森永乳<2264> 業績修正発表。
    上期経常33%上方修正。6期ぶり最高益。通期も増額。
    終値803円(前日比-18円-2.19%)
    
    スタートトゥ<3092> 決算発表。
    上期経常49%増益着地。7-9月期68%増益。
    終値1800円(前日比-46円-2.49%)
    
    データアプリ<3848> 決算発表。
    7-9月期(2Q)経常2.4倍増益。
    終値1189円(前日比-11円-0.91%)
    
    トクヤマ<4043> 決算発表。
    今期最終24%上方修正。9期ぶり最高益更新へ。
    終値472円(前日比-5円-1.04%)
    
    メルコ<6676> 決算発表。
    上期経常44%増益着地。7-9月期も82%増益。
    終値2775円(前日比+36円+1.31%)
    
    スミダコーポ<6817> 決算発表。
    1-9月期(3Q累計)経常28%増益着地。7-9月期も36%増益。
    終値1170円(前日比-11円-0.93%)
    
    EIZO<6737> 決算発表。
    上期経常65%増益着地。7-9月期5.6倍増益。
    終値2961円(前日比+38円+1.30%)
    
    ホクシン<7897> 決算発表。
    今期最終13%上方修正。配当1円増額(4円に)。
    終値215円(前日比+5円+2.38%)
    
    JSP<7942> 決算発表。
    上期経常22%増益で上振れ着地。
    終値2501円(前日比+80円+3.30%)
    
    東エレク<8035> 決算発表。
    今期経常15%上方修正。配当45円増額(305円に)。
    終値9054円(前日比+138円+1.54%)
    
    PALTAC<8283> 決算発表。
    今期経常8%上方修正。最高益予想上乗せ。
    配当2円増額(56円に)。
    終値2452円(前日比+54円+2.25%)
    
    池田泉州<8714> 業績修正発表。
    上期経常一転15%増益に上方修正。最高益更新へ。
    終値480円(前日比+8円+1.69%)
    
    沖縄電<9511> 決算発表。
    上期経常66%増益。通期計画超過。
    終値2260円(前日比-7円-0.30%)
    
    ピックアップ
    JACR<2124> 決算発表。
    終値1295円(前日比-48円-3.57%)
    発表された決算は好内容。
    16年12月期第3四半期累計(1-9月)連結経常利益39.3億円。
    前年同期比44.8%増。通期の同利益を従来予想40.5億円か
    ら47.2億円(前期35.2億円)に16.5%上方修正。増益率15.0
    %増から34.0%増に拡大。5期連続で過去最高益予想をさら
    に上乗せ。業績好調に伴い配当も5増額(30円に)。
    株価は移動平均線チャートで200日線(1273円)どころ、
    日足一目均衡表にて雲上限(1324円)どころで推移。
    好決算を受けてこれらからの上放れに期待。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    CYBERDYNE<7779>
    「ふくしま医療福祉機器開発事業」の交付申請額
    増加を発表。
    終値1569円(前日比±0円±0.00%)
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-28【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S ジェイテック<2479>、
    S イメージ情報<3803>、
    一時S ピグメント<4119>、
    ケ デンタス<6174>、
    S カルソカンセ<7248>、
    S ジーエル<7705>、
    一時S KIMOTO<7908>、
    S AGP<9377>、
    S エヌジェイ<9421>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S ファインデ<3649>、
    S サハダイヤ<9898>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    アイサンテクノロ<4667> 大幅反発。
    終値4875円(前日比+450円+10.16%)
    日足一目均衡表の雲(4641円)突破。
    
    フューチャーVC<8462> 3日大幅続伸。
    終値2050円(前日比+289円+16.41%)
    75日移動平均線(1850円)回復。
    日足一目均衡表の雲(1936円)突破。
    
    ピックアップ
    エイチ・アイエス<9603> 大幅反発。
    終値2924円(前日比+152円+5.48%)
    前場終盤に創業者の澤田秀雄会長が11/1付で社長に
    復帰(会長兼社長)すると発表されたことを好感。
    また、あわせてホテル事業の中核を担う100%子会社
    HISホテルホールディングスの設立と「M&A本
    部」の設置も発表。業績拡大への期待も強まった。
    テクニカル面では日足一目均衡表の雲(上限2902円)
    突破。次に200日移動平均線(2989円)越へ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-28【東京市場概況と来週の見通し】

    28日概況 日経平均は反発(109円高) 円安を背景に買い優勢
    
    朝方からドル/円が105円台と円安に振れていたことを好感し
    買いが先行。銀行、保険など金融株の上昇も安心感につな
    がった。
    ただ、直近の上昇で過熱感は高く日経平均は節目17500円手
    前では足踏み。後場は週末要因もあり様子姿勢を強め、狭い
    レンジでのもみあう展開となった。
    終値で17400円台回復は4/25以来、約半年ぶりとなる。
    
    日経平均終値は+109.99円の17446.41円。
    
    東証1部の出来高は26億2881万株、
    売買代金は3兆1330億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1370銘柄、値下がり510銘柄、
    変わらず105銘柄。
    
    業種別では値上がりが27業種、値下がりが6業種。
    値上がりトップは証券・商品、保険、銀行。
    値下がりは不動産、電気・ガス、陸運。
    
    
    来週の見通し
    
    堅調な見通し 過熱感から調整を交えつつも戻り試す展開
    
    直近、ドル/円が円安方向に振れており来週以降も円安基調は
    続く見込みで日本株には追い風となる。
    本格的する主要企業の決算を前に業績に対する過度な懸念も
    後退。
    出遅れ感の強い自動車、ハイテクなどが買われる展開となれ
    ば、日経平均は一段と戻しを試す展開へ。
    節目17500円超えから18000円近くまで一段と水準を上げる可
    能性がある。
    一方で直近の上昇で過熱感が高い。今月に入り日経平均は約
    1000円の上昇、短期的な調整はあり得る。
    日経平均への寄与度高いファナック<6954>などの決算(10/31)
    に注目が集まる。
    
    来週の日経平均予想レンジは17100-17800円。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-28【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反発(90円高) 円安好感で買い先行 17500
    円手前では伸び悩み
    
    前日の米株市場が反落となる海外株式市場はさえない
    展開となっていたが為替ドル/円が欧米での金利上昇を
    背景に円安進行、105円台となっていたことを好感。
    日本株は買いが先行、日経平均は節目17500円手前、
    17459円(122.60円高)まで上昇した。
    しかし、その水準では伸び悩み、上げ幅を縮小した。
    それでも下値は底堅くプラス圏を維持し前場を引けた。
    
    日経平均前場終値は+90.10円の17426.52円。
    
    東証1部の出来高は9億7565万株、
    売買代金は1兆616億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1024銘柄、値下がり809銘柄、
    変わらず151銘柄。
    
    業種別では値上がりが23業種、値下がりが10業種。
    値上がりトップは証券・商品、保険、銀行。
    値下がりは食料品、陸運、サービスなど。
    
    
    後場の見通し
    
    これから始まる主要企業の決算を前に様子姿勢がうかかが
    えるなか、後場は週末要因などから一段と上値を追う動き
    は限られる見通し。
    短期的な過熱感も高いなか、日経平均は終盤にかけて売り
    優勢に傾く可能性もある。
    その時に意識されるのが5日移動平均線(17350円)。同線で
    底型さを示すようなら週明けに向けて堅調さを維持といっ
    たところ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-28【東京市場見通し】

    買い先行 ドル/円が105円台へ円安進行 日経平均は17500円意識
    
    前日の海外市場で欧州株はまちまち、米株は米10年債の
    利回り上昇で不動産株などが大きく売られ軟調だった。
    ただ、為替ドル/円が円安進行。105円台に乗せて現在は
    推移している。円安を好感し日本株は買い先行の見通し。
    CME225先物は17450円(大証日中終値比+100円)、日経平
    均はこの水準で寄り付き。節目17500円を意識した展開
    となりそうだ。
    ただ、その後は短期的な過熱感や週末要因が重しとなり、
    一段高とはなりにくいと予想される。
    
    日経平均予想レンジは17300-17550円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1380万株、買い1900万株、
    差し引き520万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が105円台前半。
    (27日終値104.61-62円)
    
    ユーロ/円が114円台後半。
    (27日終値114.12-16円)
    
    27日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって下落。
    発表された企業決算がまちまちだったが債券の大幅安となり
    株価は軟調に推移した。
    米10年債は利回りが0.05%上昇し1.85%と5月末以来の水準
    に上昇した。
    NYダウ終値は-29.65の18169.68、
    S&P500は-6.39の2133.04、
    NASDAQは-34.29の5215.98。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-27【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ぐるなび<2440> 業績修正発表。
    上期経常一転8%増益に上方修正、最高益更新へ。
    終値2913円(前日比-38円-1.28%)
    
    ジェイテック<2479> 業績修正発表。
    上期経常3.9倍上方修正。
    終値233円(前日比-20円-0.94%)
    
    不二製油<2607> 業績修正発表。
    上期経常50%上方修正。6期ぶり最高益更新へ
    終値2104円(前日比-20円-0.94%)
    
    BEENOS<3328> 決算発表。
    今期経常16%増で3期連続最高益。
    前期配当3円増額、今期5円増配。
    終値1568円(前日比-7円-0.44%)
    
    アドソル<3837> 業績修正発表。
    上期経常16%上方修正。最高益予想上乗せ。
    終値1349円(前日比-31円-2.24%)
    
    インフォコム<4248> 業績修正発表。
    上期経常30%上方修正。15期ぶり最高益更新へ
    終値1464円(前日比+10円+0.68%)
    
    大日住薬<4506> 決算発表。
    今期経常10%上方修正。10期ぶり最高益更新へ
    終値1870円(前日比-5円-0.26%)
    
    ニチレキ<5011> 業績修正発表。
    上期経常65%上方修正。
    終値813円(前日比+5円+0.61%)
    
    フタバ<7241> 決算発表。
    今期経常20%上方修正。
    終値550円(前日比+17円+3.19%)
    
    タカラトミー<7867> 業績修正発表。
    上期経常一転2.3倍増益に上方修正。
    終値1177円(前日比+17円+1.46%)
    
    日立ハイテク<8036> 決算発表。
    今期税引き前15%上方修正。配当5円増額(70円)に。
    
    山梨銀<8360> 業績修正発表。
    上期経常65%上方修正。
    終値498円(前日比±0円±0.00%)
    
    野村HD<8604> 決算発表。
    上期税引き前15%増益着地。7-9月期も4.1倍増益。
    終値501.3円(前日比+6.8円+1.37%)
    
    日立物流<9086> 決算発表。
    今期営業一転し1%増益に上方修正。
    終値2070円(前日比-1円-0.05%)
    
    ピックアップ
    ゴールドクレ<8871> 決算発表。
    終値1736円(前日比+41円+2.41%)
    発表された決算は好内容。
    17年3月期第2四半期累計(4-9月)連結経常利益52億円。
    前年同期比97.5%増の拡大。
    通期計画90億円に対する進捗率57.8%に達し、5年平
    均の37.7%も上回り。
    直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)連結経常利益42.
    8億円。前年同期比2.3倍急拡大。
    売上営業利益率は前年同期20.4%から27.0%に大幅上
    昇となった。
    株価は直近に200日移動平均線(1690円)を回復。
    好決算を受けて上昇に拍車がかかる展開か。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    クスリのアオキ<3398>
    10月既存店売上高は前年同月比8.5%増。
    今期に入り5ヵ月連続で前年実績上回り。
    終値5060円(前日比-40円-0.78%)
    
    インフォテリア<3853>
    IoTソフトウェア基盤事業に参入。
    第1弾としてIoT活用でフィールド業務効率化を
    実現するモバイルクラウド基盤「Platio(プラ
    ティオ)」提供開始。
    終値848円(前日比+9円+1.07%)
    
    KIMOTO<7908>
    米ボーイング社とコンサルティング契約締結と発表。
    終値243円(前日比-4円-1.61%)
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-27【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め4銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S メディア工房<3815>、
    一時S デジデザイン<4764>、
    一時S 朝日ラバー<5162>、
    ケ デンタス<6174>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S サハダイヤ<9898>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ブロッコリー<2706> 大幅3日続伸。
    終値673円(前日比+33円+5.15%)
    25日移動平均線(586円)上放れ。
    年初来高値732円(9/13)うかかがう展開か。
    
    富士通<6702> 大幅反発。
    終値599.3円(前日比+43.5円+7.82%)
    決算受けて後場に急伸。25日移動平均線(556円)上放れ。
    
    ピックアップ
    ホウスイ<1352> 大幅反発。
    終値118円(前日比+9円+8.26%)
    直近、移動平均線チャートで75日線、25日線水準108円
    どころで底堅い推移となっていたなか本日に急騰。
    直近高値113円を超えて200日移動平均線(114円)を回復。
    今後同線が下値サポート。また、中朝長期で上昇トレン
    ド転換と期待されるところにある。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-27【東京市場概況】

    日経平均は4日ぶり反落(55円安) 短期的な過熱感強く売り優勢
    
    前場、ドル/円が円安方向104円台で推移していたことなどを
    支援材料に日経平均は一時、17400円台を回復する場面が見
    られた。
    ただ、直近の上昇で短期的な過熱感は強く上値を追う動き
    は見られず下落。
    後場には一時、前日比113円まで下落幅を拡げた。
    その後は5日移動平均線(17302.50円)などが下値サポートと
    して意識され、下げ幅を縮小した。
    
    日経平均終値は-55.42円の17366.42円。
    
    東証1部の出来高は17億120万株、
    売買代金は1兆9449億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり909銘柄、値下がり927銘柄、
    変わらず146銘柄。
    
    業種別では値上がりが14業種、値下がりが19業種。
    値上がりはその他金融、証券・商品、不動産など。
    値下がりは海運、空運、精密機器など。
    
    騰落レシオが144%台と引き続き高水準にあるなど過熱感が強い。
    日経平均は中期的なトレンドは上向いており、当面下げにくい
    展開が続くだろうが短期的な調整は必要なところ。
    本日は5日移動平均線(17302.50円)が下値サポートして意識さ
    れたが、今晩の海外市場次第では明日に同線割れ、一端調整と
    なりやすい。節目17000円水準までの押しがあったいいだろう。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-27【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落(50円安) 前日までの上昇の反動から
    売り優勢
    
    前日の欧米株がさえなかったことや直近の上昇の反動もあり、
    売り優勢の展開となった。
    ただ、ドル/円が104円台で円安方向を維持していることや日
    銀によるETF買い入れに対する思惑もあり売り圧力も限定的。
    日経平均は一時、プラス圏で推移する場面も見られた。
    
    前場日経平均終値は-50.61円の17341.23円。
    
    東証1部の出来高は7億6997万株、
    売買代金は8798円。
    
    騰落銘柄数は値上がり910銘柄、値下がり916銘柄、
    変わらず銘柄。
    
    業種別では値上がりが16業種、値下がりが17業種。
    値上がりトップはその他金融、陸運、不動産。
    値下がりトップは海運、医薬品、電気機器。
    
    
    後場の見通し
    
    後場も引き続き下値は限定され底堅い展開が続く見通し。
    決算発表が本格化する中、内容を見極めたいと様子姿勢
    が漂うなか、日銀のETF買い入れ期待などが下支え。
    また、決算を受けて売りが先行した任天堂<7974>が売り
    一巡後に一時プラスに転じるなどしっかりした動きと
    なっていることも相場の雰囲気を良くしている。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-27【東京市場見通し】

    個別物色が中心 日経平均は円安を支援材料に底堅い見通し
    
    前日の海外市場は欧州株が石油株や鉱業株の下げが重石とな
    り下落。米株も企業決算を受けてまちまち。
    海外株はさえない展開となったが為替ドル/円が円安に推移し
    現在は104円台半ば。
    円安を支援材料に海外株がさえないわりにCME225先物はしっ
    かりとした展開17365円(大証日中終値比+5円)。
    日経平均はこの水準を意識した寄り付き、底堅い展開が継続
    しそうだ。
    とはいえ、基本的には決算を受けた個別物色の展開。
    昨日決算を発表したLINE、任天堂、キヤノンなどがADR
    で大幅安。市場全体の下押し圧力となる可能性がある。
    全体としては下値はしっかりもやや弱め展開を見込む。
    
    日経平均予想レンジは17250-17450円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1330万株、買い1250万株、
    差し引き80万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が104円台半ば。
    (26日終値104.17-19円)
    
    ユーロ/円が114円どころ。
    (26日終値113.72-76円)
    
    26日の米株市場概況
    
    高安まちまち。NYダウは小幅に反発もS&P500、NASDAQは続落。
    引き続き主要企業の決算を受けての動向が指数に影響した。
    業績予想を引き上げたボーイングが買わるなどNYダウはプラ
    ス圏で引けたがハイテク株比率の高いNASDAQは前日(25日)
    の取引終了後にさえない決算を発表したアップルなどが下
    落となり重しとなった。
    NYダウ終値は+30.06の18199.33、
    S&P500は-3.73の2139.43、
    NASDAQは-33.13の5,250.27。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-26【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    北電事<1930> 決算発表。
    上期経常18%増益で着地、7-9月期20%増益。
    終値789円(前日比+1円+0.12%)
    
    なとり<2922> 業績修正発表。
    上期経常22%上方修正、最高益予想上乗せ。
    終値1810円(前日比+16円+0.89%)
    
    LINE<3938> 決算発表。
    1-9月期(3Q累計)税引き前11倍増益着地、7-9月期も93%増益。
    終値4795円(前日比+115円+2.45%)
    
    PI<4290> 業績修正発表。
    上期経常一転34%増益上方修正、最高益更新へ。
    終値793円(前日比-14円-1.73%)
    
    ソフトブレーン<4779> 業績修正発表。
    今期経常17%上方修正。
    終値371円(前日比+1円+0.27%)
    
    モリタHD<6455> 業績修正発表。
    上期経常一転12%増益に上方修正、最高益更新へ。
    終値1485円(前日比+18円+1.22%)
    
    滋賀銀<8366> 業績修正発表。
    上期経常一転2%増益に上方修正、最高益更新へ。
    終値527円(前日比-1円-0.18%)
    
    名銀<8522> 業績修正発表。
    上期経常37%上方修正。
    終値3700円(前日比-15円-0.40%)
    
    ピックアップ
    ユアテック<1934> 決算発表。
    終値627円(前日比+5円+0.80%)
    17年3月期第2四半期累計(4-9月)連結経常利益49.4億円。
    前年同期比2.8%増。
    従来予想6.4%減益から一転して増益着地。
    通期計画125億円に対する進捗率が5年平均の29.6%上回
    る39.5%に達した。
    今期年間配当を8円増額し20円に大幅増額修正した。
    株価は緩やかながら上昇トレンドにあり、
    日足一目均衡表の雲内での推移。
    発表された決算を好感して目先に雲突破(上限655円)。
    一段高へと期待。
    
    アドバンテ<6857> 決算発表。
    終値1374円(前日比+22円+1.62%)
    17年3月期第2四半期累計(4-9月)連結税引き前利益91.
    1億円。前年同期比50.0%増に拡大。
    通期同利益を従来予想の115億円から153億円(前期は
    117億円)に33.0%上方修正、一転して30.0%増益見通
    しとなった。
    未定だった今期年間配当は22円実施方針。
    株価は現在、日足一目均衡表の雲内で推移。
    強弱感が対立しやすいところにあり、もみあいとなっ
    ていた。好決算を受けて目先に雲突破(上限1450円)へ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ミクシィ<2121>
    スマホアプリ「マーベル ツムツム」を世界150ヵ国以
    上で配信開始。
    終値3750円(前日比-10円-0.26%)
    
    ポールHD<3657>
    VRの不具合を検出する「VRデバッグサービス」の提供
    を本格的に開始。
    終値890円(前日比+18円+2.06%)
    
    インフォコム<4348>
    電子書籍配信サービス「めちゃコミック」などの17年
    3月期売上高が100億円を突破。
    前期より1ヵ月以上早いペース。
    終値1454円(前日比-27円-1.82%)
    
    住友鉱<5713>
    車載用二次電池の需要拡大に対応するため、二次電池
    用正極材料であるニッケル酸リチウムの生産設備の追
    加増強投資を発表。
    終値1350.0円(前日比+26.5円+2.00%)
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-26【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め5銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S ヒップ<2136>、
    S モジュレ<3043>、
    S 綜研化学<4972>、
    一時S 富フロンテク<6945>、
    S FVC<8462>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S ADプラズマ<6668>、
    S サハダイヤ<9898>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    鉄建<1815> 好決算受けて3日大幅続伸。
    終値343円(前日比+19円+5.86%)
    75日移動平均線(334円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限335円)突破。
    
    酉島製<6363> 大幅反発。
    終値1107円(前日比+62円+5.93%)
    75日移動平均線(1058円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限1085円)突破。
    
    ピックアップ
    ザイン<6769> 大幅反発。
    終値1085円(前日比+61円+5.95%)
    自動車の自動運転技術開発プラットフォームを手がける
    [ZMP]が11/14に上場承認を受け12/19上場。
    との話が伝わり関連銘柄として買われた。
    テクニカル面においては移動平均線チャートで25日線
    (1058円)、75日線(1056円)回復。
    次に200日線(1181円)をうかかがう展開へ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-26【東京市場概況】

    日経平均は小幅に3日続伸(26円高) 後場日銀ETF買い期待などでプラスに転換
    
    前日の米株安などを受けて朝方は売りが先行したものの、
    その後は底堅く推移、日経平均は前場を小幅安(33円安)
    で引けていた。
    後場はプラス圏に浮上。日銀によるETF買い入れ期待な
    どを支えに底堅い展開、日経平均は小幅に3日続伸で本
    日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+26.59円の17391.84円。
    
    東証1部の出来高は15億8904万株、
    売買代金は1兆8114億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1286銘柄、値下がり557銘柄、
    変わらず143銘柄。
    
    業種別では値上がりが26業種、値下がりが7業種。
    値上がりトップは精密機器、不動産、食料品。
    値下がりは鉱業、ゴム製品、転送用機器など。
    
    日経平均は下値は底堅く3日続伸と強い動き。
    ただ、東証1部の売買代金は2兆円割れと低調。
    海外勢の買いは断続的に入っているようだが商いは膨ら
    まず上値を追う勢いは乏しい。
    また、決算は本格化していくなか、様子見姿勢が強まり
    やすい面もある。
    テクニカル面では騰落レシオは145%台と高水準にあるな
    ど過熱感が強く、過熱感を冷ます調整が入ってもおかし
    くないだろう。
    その時の下値メドは7月以降の上値抵抗線となっていた
    17000円水準となりそうだ。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-26【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落(33円安) 米株安など受けて売り優勢も下値限定的
    
    前日の欧米株安やドル/円に円安一服感があったことから、売り
    が先行。
    ただ、ドル/円が104円台前半で落ち着いた動きとなったことや
    日銀のETF(上場投資信託)買い期待もあって下値は限定的。
    日経平均は70円近く下落し17300円を割れる場面があったが前
    場終わりでは17300円を上回って引けた。
    
    前場日経平均終値は-33.76円の17331.49円。
    
    東証1部の出来高は7億420万株、
    売買代金は8048億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり884銘柄、値下がり933銘柄、
    変わらず169銘柄。
    
    業種別では値上がりが16業種、値下がりが17業種。
    値上がりトップは精密機器、水産・農林、食料品。
    値下がりトップは鉱業、機械、ゴム製品。
    
    
    後場の見通し
    
    後場も引き続き、下値は底堅い見通し。決算本格化で積極的に
    上値追いとはいかないものの日銀のETF買い入れによる下支え
    が意識されやすい。
    また、本日は主力処に手掛けにくさのあるなか、マザーズ指数
    が5日ぶりに反発となるなど中小型株へ物色が移る動きも見られ
    ている。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-26【東京市場見通し】

    円安一服に米株安 売り優勢の展開 下値は限定的か
    
    前日の米株市場は主要指数そろって反落。
    為替ドル/円は一時104円台後半まで円安に振れる場面もあっ
    たが失速、現在は104円台前半での推移となっている。
    また、米株市場引け後に発表された注目のアップス決算は
    減収減益、「iPhone」の販売台数見通しは市場予想を上回
    った。時間外では一時上昇後に下げに転じている。
    本日の日本株は米株安、ドル/円が円安一服の流れにあるこ
    とから売りが先行。
    日経平均は直近の上昇の過熱感を冷めす展開となりそうだ。
    (日経平均前日終値17365.25円)
    ただ、下落局面では日銀のETF(上場投信)買いへの思惑
    を背景に底型さを示す見通し。
    5日移動平均線(17203.73円)などが下値サポート。
    
    日経平均予想レンジは17200-17400円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1260万株、買い1550万株、
    差し引き290万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が104円台前半。
    (25日終値104.45-47円)
    
    ユーロ/円が113円台前半。
    (25日終値113.58-62円)
    
    25日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって反落。NYダウ、S&P500は反落、NASDAQは
    3日ぶりに反落となった。
    この日、発表された企業決算の結果がまちまち、主要指数
    は前日終値近辺での推移となっていたが、発表された経済
    指標10月消費者信頼感指数が前月や市場予想を下回ったこ
    とを受けて売り優勢に傾いた。
    取引終了後に発表されたアップルの決算は減収減益、時間
    外で下落している。
    NYダウ終値は-53.76の18169.27、
    S&P500は-8.17の2143.16、
    NASDAQは-26.43の5283.40。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-25【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    NIPPO<1881> 業績修正発表。
    上期経常一転22%増益に上方修正、2期ぶり最高益更新へ。
    終値1988円(前日比-3円-0.15%)
    
    鉄建<1815> 業績修正発表。
    上期経常一転18%増益に上方修正。
    終値324円(+1円+0.30%)
    
    朝日ネット<3834> 業績修正発表。
    上期経常34%上方修正。
    終値426円(前日比+3円+0.70%)
    
    田辺三菱<4508> 業績修正発表。
    今期税引き前を一転3%増益に上方修正、最高益更新へ。
    終値2139円(前日比-7円-0.32%)
    
    あすか薬<4514> 業績修正発表。
    上期経常一転2倍増益に上方修正。
    終値1747円(前日比+13円+0.74%)
    
    ピックアップ
    栄研化<4549> 決算発表。
    終値2971円(前日比-39円+1.29%)
    17年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益
    23.4億円。前年同期比18.1%増。
    従来の3.2%減益予想から一転し増益着地。
    通期計画27.1億円に対する進捗率は86.5%に達し、
    5年平均の59.7%も上回った。
    直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常
    利益12.7億円。前年同期比15.5%増。
    売上営業利益率は前年同期の12.9%から14.8%に上昇。
    株価は10/19に年初来高値3175円を付けてからは調整、
    直近は25日移動平均線(2976円)水準での推移となって
    いた。中長期的には上昇トレンドを維持していた形に
    あり、好決算を受けて短期的にも上昇。
    再度、高値更新に期待がかかる。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ダイドードリンコ<2590>
    10月の飲料事業販売函数は前年同月比4.3%増と2ヵ月
    連続で前年実績を上回り。
    終値5680円(前日比+10円+0.17%)
    
    オプティム<3694>
    日本マイクロソフトとAIおよびIoT分野で技術
    連携を発表。
    終値5710円(前日比-120円-2.06%)
    
    アエリア<3758>
    17年1月に配信開始予定のイケメン役者育成ゲーム
    「A3!(エースリー)」の事前登録数が初日で1万
    人を突破。
    子会社ソアラボがスマホ向け本格アクションRPG
    「戦乱の烽火 ~三国志英雄戦記~」の配信開始。
    終値1307円(前日比+9円+0.69%)
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-25【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め4銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S アバント<3836>、
    S Jストリーム<4308>、
    一時S 鋳鉄管<5612>、
    S エムケー精工。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S サハダイヤ<9898>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    テンポス<2751> 
    終値1710円(前日比+51円+3.07%)
    200日移動平均線(1682円)回復。
    
    プロルート<8256> 続伸。
    終値131円(前日比+4円+3.14%)
    日足一目均衡表の雲(上限129円)突破。
    
    ピックアップ
    サイオス<3744> 大幅上昇。
    終値942円(前日比+67円+7.65%)
    中長期的に上昇トレンドの真っただ中にある当銘柄。
    10/20の25日移動平均線(835円)回復後は、やや上値
    の重い展開となっていたが本日に大幅上昇。
    上昇トレンドを維持。
    10/31決算次第では一段高、上昇トレンドを強める
    展開に期待がかかる。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-25【東京市場概況】

    日経平均は続伸(130円高) 17300円台回復 半年ぶり高値水準
    
    朝方から米株高や円安を好感し買いが先行。短期的な過熱感から
    上値の重さが意識されると思われたが堅調な展開に。
    日経平均は17300円台を回復、後場にはこの日に高値17381.80円
    (147.38円高)まで上昇。
    やや伸び悩む場面も見られたが高値圏を維持し、終値では4/26
    以来の高値となった。
    
    日経平均終値は+130.83円の17365.25円。
    
    東証1部の出来高は17億6222万株。売
    買代金は2兆1160億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1243銘柄、値下がり585銘柄、
    変わらず157銘柄。
    
    業種別では値上がりが26業種、値下がりは7業種。
    値上がりトップはその他製品、転送用機器、その他金融。
    値下がりは鉱業、鉄鋼、海運など。
    
    日経平均は半年ぶりの高値水準となり17300円台を回復、節目
    17500円も視野に入ってきた。
    今晩米国でアップルやキャタピラーなどの決算発表が予定さ
    れている。
    好決算となれば明日は電子部品株や機械株が相場をけん引き、
    日経平均の上昇は続き、17500円回復の可能性があるだろう。
    ただ、直近の上昇で過熱感は高く一端は短期的な調整を挟ん
    でもよいところ。日経平均の目先の上値メドは節目17500円
    と見ておきたいところ。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-25【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続伸(106円高) 米株高、円安を好感17300円台回復
    
    前日の米株市場が堅調だったことや為替ドル/円が円安に
    振れていたことが好感され、朝方から買いが先行。
    日経平均は一時、138円高まで上げ幅を拡げ17300円台後
    半まで値を伸ばした。
    その後、やや伸び悩む場面も見られたが押し目買い意欲
    も強く、高値圏での推移が続き前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+106.73円の17341.15円。
    
    東証1部の出来高は9億1163万株。
    売買代金は1兆688億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1164銘柄、値下がり660銘柄、
    変わらず160銘柄。
    
    業種別では値上がりが26業種、値下がりが7業種。
    値上がりトップは銀行、転送用機器、保険。
    値下がりは鉄鋼、鉱業、サービスなど。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均が堅調な展開となったいっぽうで新興市場は軟調に
    推移。NASDAQ、マザーズはマイナス圏で前場の取引を終えた。
    好スタートを切ったJR九州<9142>、個人の利食い資金が中小
    型にシフトすると見込んでいたが、資金還流は限らているよ
    うだ。
    とはいえ、騰落レシオ(東証1部)は前場終わり時点で145%超
    えと短期的な過熱感は強い。次第に中小型へシフトすると思
    われる。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-25【東京市場見通し】

    買い先行 米株高や円安を好感 買い一巡後は過熱感意識
    
    前日の米株市場が主要3指数そろって上昇し堅調、為替ドル/円
    も円安方向に振れており104円台を回復し推移している。
    米株高、円安を好感し日本株は買い先行の見通し。
    日経平均はCME225先物17340円(大証日中終値比+90円)を意識
    した寄り付きが予想される。(日経平均前日終値17234.42円)
    国内の材料としては九州旅客鉄道(JR九州)が新規上場。
    良好な地合いを受けて公開価格を大きく上回っての好スター
    トとなりそう。
    市場全体の刺激材料になると考えられ、資金回転が効くこと
    から、直近はやや低迷している感のある新興市場の中小型株
    等へ還流資金は向かいやすい見込み。
    いっぽうで懸念されるのが直近の上昇による過熱感。
    過熱感を示す指標の騰落レシオが136%台と高水準にあるなど
    高値圏では上値をおさえられる材料となりそうだ。
    
    日経平均予想レンジは17200-17500円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り830万株、買い950万株、
    差し引き120万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が104円前半。
    (24日終値103.91-93円)
    
    ユーロ/円が113円台前半。
    (24日終値113.11-15円)
    
    24日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって上昇。決算を好感し買い優勢の展開。
    先週末に好決算を発表したマイクロソフトなどを中心に
    テクノロジー株が堅調に推移しけん引きした。
    NYダウ、S&P500は3日ぶり反発、NASDAQは続伸。
    NYダウ終値は+77.32の18223.03 、
    S&P500は+10.17の2151.33、
    NASDAQは+52.43の5309.83。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-24【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ベネ・ワン<2412> 業績修正発表。
    上期経常45%上方修正、最高益予想上乗せ。
    終値3105円(前日比+25円+0.81%)
    
    さくら<3778> 決算発表。
    上期経常一転21%増益で上振れ着地。
    終値1006円(前日比-22円-2.14%)
    
    ブロメディア<4347> 業績修正発表。
    上期営業一転黒字に上方修正。
    終値96円(前日比-3円-3.03%)
    
    塩野義<4507> 業績修正発表。
    上期経常一転21%増益に上方修正、最高益更新へ
    終値5083円(前日比+12円+0.23%)
    
    日電産<6594> 決算発表。
    今期税引き前を2%上方修正、最高益予想を上乗せ。
    配当も5円増額(80から85円に)。
    終値9300円(前日比+70円+0.75%)
    
    三共興<8018> 業績修正発表。
    上期経常35%上方修正。
    終値332円(前日比+4円+1.24%)
    
    加賀電<8154> 業績・配当修正発表。
    今期最終一転7%増益に上方修正。配当10円増額。
    終値1304円(前日比+4円+0.30%)
    
    ピックアップ
    鋳鉄管<5612> 業績修正発表。
    終値174円(前日比+13円+8.07%)17年3月期第2四半期
    累計(4-9月)の連結経常利益を従来予想1.1億円から
    2.8億円(前年同期は2.4億円)。に2.6倍上方修正。
    一転して16.1%増益見通しに。
    株価は本日に大幅反発となっており、直近の25日移
    動平均線(157円)水準のもみあいから上放れ。
    発表された上方修正を好感し一段高と期待。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ユーグレナ<2931>
    終値1429円(前日比+5円+0.35%)
    カラハリスイカの搾汁液においてインフルエンザウイ
    ルスの増殖抑制効果を示唆した研究結果を確認したと
    発表。
    
    M&Aキャ<6080>
    終値2363円(前日比+103円+4.56%)
    M&A仲介・アドバイザリーサービス業を展開する
    「レコフ」とM&Aに関する出版および情報提供サ
    ービスの「レコフデータ」の株式を取得し子会社化
    すると発表。
    
    福祉コンピ<9790>
    終値2697円(前日比+76円+2.89%)
    バーチャル空間体感システム「GLOOBE VR」を11/24発売。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-24【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S ジューテック<3157>、
    S システムディ<3804>、
    S メディア工房<3815>、
    S データアプリ<3848>、
    一時S オリジナル設<4642>、
    S エムケー精工<5906>、
    S HMT<6090>、
    S Tスマート<6246>、
    S ADプラズマ<6668>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め6銘柄
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S マーチャント<3121>、
    S ランドコンピ<3924>、
    ケ デンタス<6174>、
    S GFA<8783>、
    S 桜島埠<9353>、
    S サハダイヤ<9898>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    GTS<4584> 大幅反発。
    終値1720円(前日比+260円+17.80%)
    日足一目均衡表の雲(1576円)突破。
    
    福島工業<6420> 大幅反発。
    終値3515円(前日比+205円+6.19%)
    日足一目均衡表の雲(3363円)突破。
    
    ジャフコ<8595> 大幅反発。
    終値3265円(前日比+245円+8.11%)
    先週末10/21決算好感。
    200日移動平均線(3160円)回復。
    
    長大<9624> 4日続伸。
    終値397円(前日比+18円+4.74%)
    200日移動平均線(383円)回復。
    日足一目均衡表の雲(394円)突破。
    
    ピックアップ
    アスカネット<2438> 大幅続伸。
    終値1075円(前日比+57円+5.59%)
    先週末21日発表された「東京デザインウィーク」に
    AIプレート初出展。
    ビジネスチャンスの拡大につながるとの期待から買
    いが向かった。
    テクニカル面では日足一目均衡表にて雲(上限1069
    円)を突破となり良好な形に。
    次に長らく上値抵抗として意識される200日移動平
    均線(1192円)回復となるかが焦点。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-24【東京市場概況】

    日経平均は反発(49円高) マインス圏に転落後に再度プラス圏浮上
    
    朝方、為替ドル/円が円安方向にあったことなどが好感され買い
    が先行。
    しかしその後は上値追う動きは無く、日経平均はマイナス圏に
    沈み、前場を小幅安で引けていた。
    後場は昼休憩中に日経平均先物が持ち直していた流れを受けて
    日経平均は再びプラス圏からのスタート。
    この日の高値を更新し17244.74円(60.15円高)まで上昇。
    買い一巡後は伸び悩んだがプラス圏を維持し本日の取引を終え
    た。
    
    日経平均終値は+49.83円の17234.42円。
    
    東証1部の出来高は14億713万株、
    売買代金は1兆5658億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1231銘柄、値下がり619銘柄、
    変わらず135銘柄。
    
    業種別では値上がりが21業種、値下がりが12業種。
    値上がりトップは水産・農林、倉庫・運輪、ガラス・土石。
    値下がりはその他製品、鉱業、精密機器。
    
    日経平均は反発で本日の取引を終えたが積極的に上値を追う
    動きは限られた。
    東証1部の売買代金は今年2番目の低水準となるなど本格化す
    る決算を前に様子見姿勢は強い。
    決算を受けての動向を見極めながらの相場展開となりそうだ。
    テクニカル面では極端な下値不安は後退しているものの短期
    的には騰落レシオが136%台と高水準にあるなど過熱感から調
    整が警戒される。
    目先の日経平均は5日移動平均線(17123.41円)、節目17000円
    水準までの調整が入ってもおかしくないところ。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-24【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅続落(5円安) 前日終値挟んでもみあい
    
    朝方は先週末21日よりやや円安に振れていたドル/円が好感
    され買いが先行。日経平均は17200円台を回復した。
    しかし、その後は本格化する主要企業の決算をを前に積極
    的に買いは控えられ、動きに乏しい展開。
    前日終値を挟んでもみあう展開で前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-5.30円の17179.239円。
    
    東証1部の出来高は6億8613万株、
    売買代金は7116億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり913銘柄、値下がり903銘柄、
    変わらず169銘柄。
    
    業種別では値上がりが11業種、値下がりが22業種。
    値上がりは繊維製品、水産・農林、倉庫・運輪。
    値下がりトップは鉱業、鉄鋼、その他製品。
    
    
    後場の見通し
    
    主要企業の決算発表を控え積極的な買いが控えられるなか、
    外部環境も大きな動きなく、本日の日経平均はこう着状態。
    後場も引き続き小幅な値動きにとどまりそうだ。
    先週末に大幅に上昇した分、やや調整に傾きやすい面もある。
    5日移動平均線(17112円)水準までの押しは想定されるところ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-24【東京市場見通し】

    先週の好地合い継続 しっかりとした展開
    
    先週末の米株市場はまちまち。米株はNYダウ、S&P500は小幅に
    続落もNASDAQは小幅に反発。
    為替ドル/円は現在、104円手前での推移。先週末(21日)に鳥取
    地震などを警戒した円高の動きは一時的なものでやや円安方
    向にある。
    為替が持ち直しの動きにあることから、先週の好地合いを継
    続する形でしっかりとした展開の見通し。
    CME225先物17250円(大証日中終値比+30円)を意識した水準で
    日経平均は寄り付き。(日経平均前日終値17184.59円)
    下値を切り上げる展開に期待がかかる。
    物色は観測記事や業績修正など出始めており、それら材料株
    へ、相場全体の底型さにつながる見通し。
    
    日経平均予想レンジは17100-17400円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1350万株、買い1200万株、
    差し引き150万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が104円どころ。
    (先週末21日終値103.83-85円)
    
    ユーロ/円が113円どころ。
    (先週末21日終値112.98-113.02円)
    
    先週末21日の米株市場概況
    
    ほぼ変わらず。NYダウ、S&P500は小幅に続落、NASDAQは小幅に
    反発。
    NYダウは一時、110ドルを超える下落幅となる場面があった。
    この日、発表された企業決算はまちまち。マイクロソフトや
    マクドナルド、ペイパルなどは決算を好感し上昇。
    一方でエネルギー部門の不振が続いたゼネラル・エレクトリ
    ックが下落した。
    買収協議が伝えられたレイノズル・アメリカンとタイムワー
    ナーは大幅上昇となった。
    NYダウ終値は-16.64の18145.71、
    S&P500は-0.18の2141.16、
    NASDAQは+15.57の5257.40。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-21【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    フュートレック<2468> 業績修正発表。
    上期経常50%上方修正。
    終値812円(前日比-6円-0.73%)
    
    大日住薬<4506> 業績修正発表。
    上期経常一転36%増益上方修正、9期ぶり最高益更新へ。
    終値1862円(前日比-12円-0.64%)
    
    小林製薬<4967> 業績修正発表。
    上期経常9%上方修正、5期ぶり最高益更新へ。
    終値5290円(前日比-10円-0.18%)
    
    三菱食品<7451> 業績修正発表。
    上期経常一転3%増益に上方修正。
    終値3400円(前日比-35円-1.01%)
    
    SE H&I<9478> 業績修正発表。
    上期経常一転4%増益に上方修正。
    終値262円(前日比±0円±0.00%)
    
    福井コンピ<9790> 業績修正発表。
    上期経常36%上方修正、最高益予想を上乗せ、
    通期も増額。
    終値2621円(前日比+93円+3.67%)
    
    ピックアップ
    北国銀<8363> 業績修正発表。
    終値336円(前日比+2円+0.59%)
    17年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を
    従来予想80億円から122億円へ。
    (前年同期は65.4億円)
    52.5%上方修正し増益率が22.3%増から86.5%増
    に拡大見通し。
    株価は6/24年初来安値(262円)を付けて以降は上昇
    トレンド辿っている。
    本日も前日高値335円を更新と堅調に推移。
    終盤は週末要因などから上げ幅を縮小したが
    週明けは上方修正を好感。
    引き続き上値追いの展開が続きそうだ。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-21【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S DNAチップ<2397>、
    S テリロジー<3356>、
    S フライト<3753>、
    S メディア工房<3815>、
    S ユーザベース<3966>、
    一時S Jストリーム<4308>、
    S ユビテック<6662>、
    S エヌジェイ<9421>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    ケ デンタス<6174>、
    S サハダイヤ<9898>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    アクシーズ<1381>
    本日11:00に好決算発表。
    終値1860円(前日比+121円+6.95%)
    日足一目均衡表の雲(1773円)突破。
    
    ファーストコポ<1430>
    3日大幅続伸。
    終値966円(前日比+56円+6.15%)
    200日移動平均線(904円)から上放れ。
    
    グリー<3632>
    続伸。アクティブゲーミングメディアと共同で
    人気恋愛アドベンチャーゲーム「SHUFFL
    E!」を11月から全世界向けに配信と発表。
    終値579円(前日比+14円+2.48%)
    25日移動平均線(571円)回復。
    
    ピックアップ
    エイチ・アイ・エス<9603> 終値2716円
    (前日比+79円+2.99%)
    3日続伸。テクニカル面で注目。目先3000円どころまでの
    上昇が意識されやすい。
    移動平均線チャートでは長らく上値抵抗として意識され
    ている75日線(2747円)を捉えてきており、同線回復から
    次に200日線(3018円)を意識した展開へ。
    日足一目均衡表では雲内(下限2676-2934円)に突入、
    上限2934円を意識される展開へ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-21【東京市場概況と来週の見通し】

    21日概況 日経平均は6日ぶり反落(50円安) 後場マイナスに転換
    
    前場はドル/円が円安方向にあったことなどを好感し買い優勢
    の展開。日経平均は5/31高値17251.36円を更新し、17288.89
    円(53.39円高)まで上昇、プラス圏で引けていた。
    後場は週末要因、直近の上昇の反動から次第に売り優勢の展
    開へ、ドル/円が104円割れとなるなど円高に振れたこともあり、
    日経平均はマイナス圏に沈んだ。
    
    日経平均終値は-50.91円の17184.59円。
    
    東証1部の出来高は18億2750万株、
    売買代金は2兆320億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり723銘柄、値下がり1117銘柄、
    変わらず145銘柄。
    
    業種別では値上がりが11業種、値下がりが22業種。
    値上がりは空運、鉱業、バルブ・紙。
    値下がりトップはその他製品、情報・通信、建設。
    
    
    来週の見通し
    
    堅調な見通し 決算評価高まり 日経平均は上値を試す展開か
    
    本日の日経平均は短期的な過熱感が高まっての週末とあり、
    後場にマイナス圏に沈み本日の取引を終えた。
    週明けも引き続き、過熱感が意識されるところだが下値は
    底堅いと思われる。
    企業決算の前哨戦といえる安川電<6506>は前日(20日)の決
    算発表を受けて年初来高値更新、堅調な展開となった。
    本格化する決算に向けて良好なスタートを切ったと見れる。
    来週はキヤノン<7751>、JFE<5411>、コマツ<6301>、
    東京エレクトロン<8035>などの決算を控える。
    まだ、決算シーズンの前半ではあるが、これら主要企業が
    決算を受けて堅調な展開となれば相場全体が強きに傾きや
    すい。
    また、日経平均はテクニカル面においても強き姿勢に傾き
    やすくある。
    7月以降のレンジ相場を上抜け、新たな上昇トレンド入り。
    来週は4/25高値17613.56円うかがう展開、高値更新となれ
    ば次に18000円も見えてくるところ。
    ただ、東証1部の売買代金が前日、今日と活況目安2兆円を
    超えてはいるが物足りない。
    薄商いが続けば直近の上昇の反動から再び17000円を割れ、
    25日移動平均線(16764円)水準まで値を落とす可能性もあ
    る。
    
    来週の日経平均予想レンジは16800-17600円。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-21【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は6日続伸(50円高い) 円安を支援材料にしっかり
    
    ドル/円が114円台に乗せるなど円安方向にあったことを好感し、
    朝方から買いが先行。
    日経平均は今日まで6日続伸とあり、短期的な過熱感から、
    利益確定売りにおされる場面もあったが買い意欲は強く、
    しっかりとした展開。プラス圏を維持し前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+50.03円の17285.53円。
    
    東証1部の出来高は8億6101万株、売買代金は9298億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり903銘柄、値下がり896銘柄、
    変わらず185銘柄。
    
    業種別では値上がりが18業種、値下がりが15業種。
    値上がりトップは鉱業、空運、不動産。
    値下がりトップはその他製品、情報・通信、建設。
    
    
    後場の見通し
    
    前場の日経平均の値幅は50円程度と狭いレンジでの推移。
    ただ、直近に大幅に値を上げていること考えると、かなり底堅
    い展開と見れる。
    円安サポートとなっているほか、前日に決算を発表した安川電
    <6506>が堅調な動き、今後に本格化する決算発表に対して安心
    感が広がっていることも大きい。
    後場は週末要因から積極的な売買は手控えられる見通しだが、
    押し目買い意欲も強いなか、しっかりとした展開が続きそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-21【東京市場見通し】

    円安を支援材料に買い優勢 しっかりとした展開
    
    前日の海外株はまちまち。欧州株は上昇、米株は3日ぶりに小
    反落となった。
    為替ドル/円は円安方向に振れており、現在は104円どころでの
    推移。
    米株がやや下落となったが海外株は比較的落ち着いた動き、
    日本株は円安を支援材料に買い優勢の展開となりそうだ。
    CME225先物が17280円(大証日中終値比+100円)。
    日経平均はこの水準を意識した寄り付き、
    5/31高値17251.36円超えが視野に入り、上回ることになれば、
    先行期待が一段と高まりやすい。
    ただ、前日まで5連騰と短期的な過熱感から買い一巡後、週末
    要因から終盤は売りにおされる可能性はある。
    
    日経平均予想レンジは17200-17400円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1160万株、買い1030万株、
    差し引き130万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が104円どころ。
    (20日終値103.72-74円)
    
    ユーロ/円が113円台後半。
    (20日終値113.82-86円)
    
    20日の米株市場概況
    
    3日ぶりに小反落。この日、発表された企業決算の結果が
    まちまちだったほか、原油の下落などが相場の重しとなり、
    やや売り優勢の展開。
    決算を好感されたのがアメリカン・エキスプレス、9%超えの
    上昇など。一方で嫌気されたのがイーベイ、10%超え下落な
    どとなった。
    その他、発表された米中古住宅販売件数が良好な内容だった。
    NYダウ終値は-40.27の18162.35、
    S&P500は-2.95の2141.34、
    NASDAQは-4.58の5241.83。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-20【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    宝HD<2531> 業績修正発表。
    上期経常一転29%増益に上方修正。
    終値975円(前日比+5円+0.51%)
    
    神栄<3004> 業績修正発表。
    上期経常60%上方修正。
    終値129円(前日比+5円+4.03%)
    
    東邦船<5707> 業績修正発表。
    上期経営2.3倍上方修正。
    終値370円(前日比+8円+2.20%)
    
    ピックアップ
    タカラバイオ<4974> 業績修正発表。
    終値1499円(前日比+3円+0.20%)
    17年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益が従来
    予想8.4億円から14.4億円。(前年同期は8.6億円)
    71.0%上方修正し一転して66.4%増益見込み。
    6期連続で上期の過去最高益を更新見通し。
    株価は年初来高値1847円(10/4)からは調整。
    直近は移動平均線チャートで75日線(1516円)近辺で底
    堅く推移。発表を好感し上昇、25日線(1611円)回復か
    ら再度、高値更新を試す展開へ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    オンコリス<4588>とDNAチップ研究所<2397>
    がんの体外検査薬として開発を進めているOB
    P-401(テロメスキャン)について共同研究
    契約締結。
    オンコリス<4588> 終値1093円(前日比-26円-2.32%)
    DNAチップ研究所<2397> 終値646円(前日比+28円+4.53%)
    
    
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-20【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S 省電舎<1711>、
    S ゲンキー<2772>、
    S システムディ<3804>、
    S メディア工房<3815>、
    S Jストリーム<4308>、
    S 川上塗<4616>、
    S 安永<7271>、
    一時S エヌジェイ<9421>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    ケ デンタス<6174>、
    S サハダイヤ<9898>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ガンホー<3765>
    3日大幅続伸。スマートフォン向けRPG「セブンス・
    リバース」を今秋にも配信することを決定と発表。
    終値278円(前日比+40円+16.81%)
    日足一目均衡表の雲(上限267円)突破。
    
    ISID<4812>
    大幅5日続伸。
    終値2025円(前日比+89円+4.59%)
    200日移動平均線(2009円)回復。
    
    品川<5351>
    大幅高。
    終値210円(前日比+12円+6.06%)
    200日移動平均線(202円)回復。
    
    三井不動産<8801>
    6日大幅続伸。
    終値2290.0円(前日比+106.0円+4.85%)
    日足一目均衡表の雲(2239円)突破。
    業種別値上がり率トップの不動産株。
    三菱地所<8802>、東京建物<8804>、
    住友不動産<8830>なども大幅上昇。
    
    ピックアップ
    エクストリーム<3550円> 大幅続伸。
    終値3550円(前日比+370円+11.64%)
    直近、25日移動平均線(3067円)近辺での推移が
    続いていたが本日に上放れ。
    10/5年初来高値(3550円)を更新した。
    更新後も高値水準を維持したまま大引け。
    引き続き堅調な展開が期待される。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-20【東京市場概況】

    日経平均は5日大幅続伸(236円高) 17200円台回復 4/27以来高値水準
    
    前日の欧米株高や原油高を好感し買い優勢に。日経平均は節目
    17000円を回復から上値を拡げる展開となった。
    11日高値(17074.46円)を超えたことで売り方の買戻しを誘った
    ほか、海外勢とみられる資金流入も活発。
    大引けにかけても上げ幅を拡大し高値引け。4/27以来の高値水
    準、17200円台に乗せて本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+236.59円の17235.50円。
    
    東証1部の出来高は18億5108万株、
    売買代金は2兆825億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1446銘柄、値下がり414銘柄、
    変わらず125銘柄。
    
    業種別では値上がりが32業種、値下がりが1業種。
    値上がりトップは不動産、証券・商品、ゴム製品。
    値下がりは繊維製品のみ。
    
    日経平均は7月以降のレンジ相場を上抜いた形。
    東証1部の売買代金も活況目安2兆円を13日ぶりに超えた。
    新たな上昇トレンド入りへと期待が高まる日となった。
    目先、5/31高値17251.36円から4/25高値17613.56円を試す展開。
    それら高値を更新となれば18000円も見えてくる。
    今晩はECB理事会およびドラギ総裁の会見が予定。
    ノーサプライズが見込まれ相場に与える影響は限定的だろう。
    注目されるのは引け後に決算発表した安川電<6506>への株価反
    応。通期計画を下方修正しているが、売上高の下振れのみにと
    どめ、利益計画は据え置いた。株価上昇となれば、本格化する
    決算へ警戒より期待が強まるところ。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-20【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は5日大幅続伸(175円高) 節目17000円回復
    
    為替ドル/円が円高に振れていたことから上値の重さが
    意識されると見られたが予想外に堅調な展開となった。
    米株高、原油高などを好感し買い優勢。
    日経平均は節目17000円を回復しジリ高。一時上げ幅を
    195円まで拡げ、17200円に迫った。
    
    日経平均前場終値は+175.14円の17174.05円。
    
    東証1部の出来高は8億4151万株、
    売買代金は9598億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1265銘柄、値下がり551銘柄、
    変わらず165銘柄。
    
    業種別では値上がりが28業種、値下がりが4業種。
    値上がりトップは不動産、その他製品、証券・商品。
    値下がりは医薬品、化学、水産・農林、精密機器のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    特に買い材料があったわけではないが日経平均が
    11日高値(17074.46円)を超えたことで売り方の買
    戻しが強まったと想定される。
    後場はやや利益確定売りなどが出てきたもおかし
    くなく、やや上げ幅を縮める見込みではあるが押
    し目買い意欲も強いと思われ17100円、17000円は
    維持して引ける見通し。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-20【東京市場見通し】

    もみあい 欧米株高・原油高好感も円高が重しに
    
    前日の海外市場は欧州、米と株高。原油も堅調な推移となった。
    日本株はこれらを好感すると思われるが為替ドル/円が円高に振
    れており、現在は113円台半ばでの推移。
    円高が上値をおさえる要因となりそうだ。
    日経平均は本日も節目17000円近辺でのもみあい。
    第3回の米大統領候補者テレビ討論が取引時間中に進行するこ
    とから、その間に円安に振れるような動きが見られれば株高に
    つながる可能性はある。
    ただ、基本的には本格化する企業決算を前に様子見姿勢の強い
    展開。個別の材料を手掛かりとした循環物色が続きそうだ。
    
    日経平均予想レンジは16900-17100円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1460万株、買い1250万株、
    差し引き210万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が103円台前半。
    (19日終値103.52-54円)
    
    ユーロ/円が113円台半ば。
    (19日終値113.78-82円)
    
    19日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって続伸。
    この日発表された企業決算モルガン・スタンレーンな
    ど金融株の好決算や原油高などが相場の後押しとなった。
    NYダウは一時、90ドルの上昇幅となる場面があった。
    ただ、大統領候補による第3回テレビ討論会を控え、
    結果を見極めたいと様子見ムードが広がった。
    NYダウ終値は+40.68の18202.62、
    S&P500は+4.69の2144.29、
    NASDAQは+2.58の5246.41。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-19【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    メンバーズ<2130> 業績修正発表。
    今期経常11%上方修正、最高益予想上乗せ。
    終値708円(前日比+42円+6.31%)
    
    ゲンキー<2772> 決算発表。
    7-9月期(1Q)経常67%増益着地。
    終値4310円(前日比+140円+3.36%)
    
    大正薬HD<4581> 業績修正発表。
    上期経常一転、8%増益に上方修正。
    終値10490円(前日比+40円+0.38%)
    
    ピックアップ
    LIXILグループ<5938> 業績修正発表。
    終値2339円(前日比+22円+0.95%)
    17年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結税引き前損益を
    従来予想200億円の黒字から410億円の黒字に(2.1倍上
    方修正)。10期ぶりに上期過去最高益更新見通し。
    通期の連結税引き前損益は従来予想510億円の黒字から
    670億円の黒字に修正(31.4%上方修正)
    株価は直近、やや上値の重い展開となっていたが発表
    を好感し一段高へと期待がかかる。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    アエリア<3758>
    スマホ向けゲーム「スターリーガールズ」を
    中国で配信と発表。
    終値1188円(前日比-22円-1.82%)
    
    カイオム<4583>
    抗DLK-1抗体が米国立がん研究所と試料
    提供契約を締結。
    終値516円(前日比+2円+0.39%)
    
    ピックアップ
    リンテック<7966> 終値2172円
    (前日比+2円+0.09%)
    米国の機能性フィルムメーカーであるVDI社を子会社化す
    ると発表。
    国内外に向けて金属蒸着フィルムやスパッタリングフィルム
    などの機能性フィルムの製造・販売を行っているVDI社。
    買収によってリンテックが製造するウインドーフィルムをは
    じめとする機能性フィルムとの相乗効果が期待される。
    株価は今日まで小幅ながら5日続伸も200日移動平均線(2117
    円)をやや超えた水準で足踏み。
    発表を好感し上昇を強める展開に期待。
    
    
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-19【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S フライト<3753>、
    S ウェルス<3772>、
    S リアルコム<3856>、
    S Jストリーム<4308>、
    S 環境管理<4657>、
    S アサカ理研<5724>、
    S こころネット<6060>、
    S メタップス<6172>、
    S ストライク<6196>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S サハダイヤ<9898>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    クルーズ<2138> 
    3日大幅続伸。5日移動平均線(2250円)、
    25日移動平均線(2237円)回復。
    終値2433円(前日比+240円+10.94%)
    
    スリープロ<2375>
    続伸。直近回復した25日移動平均線(
    1068円)から上放れ傾向。
    終値1141円(前日比+35円+3.16)
    
    LITALICO<6187>
    大幅4日続伸。
    日足一目均衡表の雲(1274円)突破。
    終値1352円(前日比+105円+8.42%)
    
    ピックアップ
    メドピア<6095> 終値503円
    (前日比+24円+5.01%)
    大幅4日続伸。
    直近高値が10/5に付けた515円。高値から調整となったが
    日足一目均衡表の雲下限(448円)水準で下げ止まり、今日
    まで4日続伸。雲(上限500円)を突破となった。
    前回上昇時に上値抵抗となったがのが200日移動平均線(5
    12円)。同線回復となれば一段高へ。
    中長期で上昇トレンド転換との期待も高まるところ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-19【東京市場概況】

    日経平均は小幅に4日続伸(35円高)様子姿勢の強いなか一時17000円台回復
    
    朝方、やや売りが先行したものの前日の米株高などを支援材料
    に底堅く推移。その後買い優勢に傾いた。
    発表された中国7-9月期国内総生産(GDP)などが市場予想並みの
    結果となったことも安心感につながったもよう。
    日経平均は前場、後場と節目17000円を超える場面が見られた。
    しかし、様子見姿勢が強いなか17000円を維持するには至らず、
    大引けとなった。
    
    日経平均終値は+35.30円の16998.81円。
    
    東証1部の出来高は15億6110万株、
    売買代金は1兆6631億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1197銘柄、値下がり624銘柄、
    変わらず164銘柄。
    
    業種別では値上がりが21業種、値下がりが12業種。
    値上がりトップは水産・農林、小売り、不動産。
    値下がりは鉱業、保険、海運。
    
    本日も東証1部の売買代金は2兆円割れと低調。12営業日連続で
    2兆円を下回った。
    日経平均の上下値幅は80円程度にとどまり様子見姿勢が強い。
    中国経済指標という材料があったにもかかわらずこの値幅。
    今後に本格化する決算への関心は強く、ある程度の決算が出揃
    うまでは様子見姿勢の強い展開が続きそうだ。
    ただ、連日で中小型株には強い値動きが見られる。
    物色意欲が弱いわけではなく、個別に材料のある銘柄などには
    引き続き買いが向かいそうだ。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-19【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は4日続伸(23円高) 一時は節目17000円回復
    
    朝方、やや売り優勢で始まった日本株だったが前日の
    米株高などを好感し底堅い展開となると次第に買い優
    勢に。
    11時に発表された中国経済指標。7-9月期中国GDPなど
    がおおよそう市場予想通りの結果となり無難に通過。
    それを受けて日経平均は節目17000円を一時回復する
    場面が見られた。
    
    日経平均前場終値は+23.55円の16987.16円。
    
    東証1部の出来高は7億1864万株、
    売買代金は7342億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1101銘柄、値下がり704銘柄、
    変わらず179銘柄。
    
    業種別では値上がりが21業種、値下がりが12業種、
    値上がりトップは水産・農林、その他金融、小売り。
    値下がりは鉱業、保険、転送用機器など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は節目17000円を一時回復するなど堅調。
    しかし、東証1部の売買代金は引き続き低調のまま。
    エネルギー不足で一段高は期待しにくい。
    下値では押し目買い意欲が強いため後場は17000円近辺
    でのもみあいとなりそうだ。
    物色はやはり中小型に向かいやすい。東証2部が前日比
    1.2%高と堅調。ジャスダック、マザーズ指数などもしっ
    かりとした展開。その流れが続きそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-19【東京市場見通し】

    米株高好感も日中発表の中国経済指標を警戒
    
    前日の米株市場が発表された企業決算が総じて良好で買い優勢、
    主要3指数そろって上昇となった。
    日本株は米株高を好感する向きにあるが為替ドル/円が上値重く、
    現在103円台後半での推移。
    また、日経平均が前日まで3日続伸、節目17000円に迫っている
    ことから上値の重さが意識されやすい。
    (CME225先物16945円(大証日中終値比+5円))
    (日経平均前場終値は16963.61円)
    そうしたなか、注目されるのが中国経済指標。7-9月期GDPなど
    多くの発表が控える。
    結果が安心感を与えるものとなれば買い優勢の展開へ。
    日経平均は上値を試す展開となり節目17000円超えを試すと思わ
    れる。
    逆に弱い内容となれば前日まで3日続伸の反動もあり、強い売り
    におされやすい。
    25日移動平均線(16722円)水準までの下落を見ておきたいところ。
    
    日経平均予想レンジは16700-17200円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1950万株、買い1790万株、
    差し引き160万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が103円台後半。
    (18日終値103.98-104.00円)
    
    ユーロ/円が114円台前半。
    (18日終値114.54-58円)
    
    18日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって反発。この日発表された企業決算が
    総じて良好な結果となり、買い優勢となった。
    特に金融大手のゴールドマン・サックスや医療保険の
    ユナイテッドヘルスの上昇が目立ち、2銘柄でNYダウを
    88ドル押し上げた。
    NYダウ終値は+75.54の18161.94、
    S&P500は+13.10の2139.60、
    NASDAQは+44.01の5,243.84。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-18【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ピックアップ
    日本新薬<4516> 業績修正発表。
    終値5400円(前日比+110円+2.08%)
    17年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を
    従来予想33.5億円から61億円に上方修正(83.1%)。
    (前年同期23.3億円)。増益率が43.5%増から2.6倍拡大。
    8期ぶり上期の過去最高益を更新見通し。
    直近株価は移動平均線チャートで25日線(5292円)、
    75日線(5258円)近辺での推移。
    発表を好感しこれらからの上放れ、
    上昇トレンド転換へと期待。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    インベスタC<1435>
    終値3850円(前日比+45円+1.18%)
    NTTドコモ<9437>と民泊向けIoTデバイス
    「TATERU Phone」の翻訳機能につ
    いて共同実験をスタートすると発表。
    
    ベクター<2656>
    終値834円(前日比+34円+4.25%)
    新作ブラウザゲーム「リグレティア」10/18より
    正式サービススタート。
    
    エア・ウォーター<4088>
    終値1897円(前日比+14円+0.74%)
    歯科診療用品の通信販売最大手の歯愛メディカル
    と資本業務提携。提携を通じてBtoCビジネスへ参
    入、医療関連事業の事業領域拡大を図る。
    
    
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-18【本日動いた注目株を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め10銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ファンデリー<3137>、
    S ランシステム<3326>、
    一時S フジタコーポ<3370>、
    S フライト<3753>、
    一時S 川上塗<4616>、
    一時S サイジニア<6031>、
    S メタップス<6172>、
    S ニューテック<6734>、
    S カーディナル<7855>、
    S エヌジェイ<9421>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S サハダイヤ<9898>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    M&Aキャピ<6080>
    4日続伸。
    終値2353円(前日比+204円+9.49%)
    日足一目均衡表の雲(上限2191円)突破。
    
    アークス<9948>
    4日続伸。
    終値2640円(前日比+120円+4.76%)
    75日移動平均線(2532円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限2560円)突破。
    
    東映<9605>
    3日続伸。
    終値869円(前日比+33円+3.94%)
    75日移動平均線(868円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限866円)突破。
    
    ピックアップ
    テクノスジ<3666> 終値2222円
    (前日比+113円+5.35%)
    大幅反発。
    AI関連して注目の当銘柄。本日の大幅反発で上昇
    トレンド転換の可能性あり。
    直近高値が10/4の2338円。その水準からは売り優
    勢となったものの25日移動平均線(2118円)や75日
    移動平均線(2105円)などをサポートに下げ止まり。
    本日これらから上放れ。
    目先、直近高値2338円超えから一段高へ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-18【東京市場概況】

    日経平均は3日続伸(63円高) 売買代金は11日連続で2兆円割れ 
    
    朝方は前日の外部環境がさえず売り優勢となった。
    しかし、日経平均は下落幅は55円にとどまりプラスに転換。
    下値は押し目買いなどから底堅かった。
    後場、手掛かり材料に欠けるなか狭いレンジでお推移が続き、
    一時はマイナス圏に沈む場面もあったが切り返し。
    ドル/円がやや円安方向に振れたことも好感され、日経平均は
    ほぼ高値引けで本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+63.49円の16963.61円。
    
    東証1部の出来高は15億3182万株。
    売買代金は1兆7731億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1272銘柄、値下がり564銘柄、
    変わらず149銘柄。
    
    業種別では値上がりが25業種、値下がりが8業種。
    値上がりトップは水産・農林、バルブ・紙、建設。
    値下がりはゴム製品、鉱業、倉庫・運輪。
    
    東証1部の売買代金は本日も2兆円割れとなり、11日連続で
    活況目安の2兆円割れ。
    日経平均は節目17000円に再び迫っているものの上抜ける
    にはエネルギー不足。
    戻りい売り圧力も強く、一端利益確定に向かう流れとなり
    やすい。
    主力、大型株は手掛かけにくくなか新興株は堅調。マザー
    ズは続伸しジャスダックはは9ヶ月ぶりの高値を付けた。
    引き続き物色は新興株へ向かいそうだ。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-18【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅続伸(23円高) 売り先行後に底堅い展開
    
    前日の米株安、円高など外部環境がさえず朝方は売りが先行
    した。
    しかし日経平均は下落幅は55円にとどまり底堅く推移、プラ
    ス圏へ浮上した。
    その後、手掛かり材料に欠けるなか上値も限られたが、プラ
    ス圏を維持したまま前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+23.88円の16924.00円。
    
    東証1部の出来高は7億6125万株。
    売買代金は8481億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1083銘柄、値下がり720銘柄、
    変わらず181銘柄。
    
    業種別では値上がりが19業種、値下がりが14業種。
    値上がりトップは不動産、バルブ・紙、水産・農林。
    値下がりトップは鉱業、ゴム製品、倉庫・運輪。
    
    
    後場の見通し
    
    本日の日本株はさえない外部環境を受けてとなったが下値では
    押し目買い意欲があり底型さが意識されている。
    為替ドル/円も103円台後半で落ち着いており、後場も引き続き、
    底型い展開となりそうだ。
    物色の流れは決算絡みの個別材料のほか、中小型などがしっか
    り、AIやインバウンドなどのテーマ株に向かいそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-18【東京市場見通し】

    米株安、円高を重しに売り先行 その後は様子見ムード
    
    前日の米株市場が原油安などを受けて下落、為替ドル/円も円高
    に振れており、現在は103円台後半での推移。
    日本株は米株安、円高を受けて売りが先行の見通し。
    日経平均はCME225先物16850円(大証日中終値比-30円)水準での
    寄り付きが予想される。(前日日経平均終値16900.12円)
    原油安、米株安、円高と本日は悪材料が目立つが先物の動向を
    見るかぎり、いっていの底型さが期待される。
    日銀のETF買い期待などから下値では押し目を拾う動き、
    売り先行後は下げ渋る展開となりそうだ。
    テクニカル面では5日移動平均線や25日移動平均線を意識した
    展開が予想される。
    
    日経平均予想レンジは16750-16950円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1180万株、買い1360万株、
    差し引き180万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が103円台後半。
    (17日終値104.15-17円)
    
    ユーロ/円が114円台前半。
    (17日終値114.31-35円)
    
    17日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって反落。
    NY原油がイランの増産報道を受けて続落し50ドル割れ。
    発表された経済指標10月ニューヨーク連銀製造業景気
    指数の結果が-6.8と市場予想平均+1.0を下回る結果と
    なったことなどが嫌気された。
    NYダウ終値は-51.98の18086.40、
    S&P500は-6.48の2126.50、
    NASDAQは-14.34の5199.82。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-17【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    &A<2127> 業績修正発表。
    上期経常51%上方修正、最高益予想上乗せ。
    終値3120円(前日比-75円-2.34%)
    
    フライトHD<3753>
    上期経常一転、黒字に上方修正。通期も増額。
    終値625円(前日比+15円+2.45%)
    
    大ガス<9532>
    上期経常32%上方修正。
    終値429.5円(前日比+3.7円+0.86%)
    
    ピックアップ
    戸田健<1860> 業績修正発表。
    終値573円(前日比+3円+0.52%)
    17年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を
    従来予想75億円から130億円。
    73.3%上方修正し一転して8.7%増益見通し。
    株価は今日まで3日続伸と堅調に推移し25日移動平
    均線(538円)から上放れ傾向。
    発表を好感し一段高に期待。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ラクス<3923>
    R&ACと資本業務提携を発表。
    終値1457円(前日比+62円+4.44%)
    
    ピックアップ
    ファンデリ<3137> 終値885円
    (前日比+5円+0.57%)
    健康食宅配のMFD(Medical Food Deli
    very)事業、健康食通販カタログ誌面の広告枠販売など
    を手掛けるファンデリ<3137>。
    シャープ<6753>と提携しIoT事業参入。シャープの製造
    ・販売するウォーターオーブン「ヘルシオ」を通じ、ユー
    ザーに対して音声、画像で「食」「健康」に関する情報配
    信サービス「ポイント家電」をシャープと共同で運営。
    株価は直近、25日移動平均線(863円)近辺での推移。
    発表を好感し同線からの上放れに期待。
    
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-17【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め10銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S イナリサーチ<2176>、
    S 安川情報<2354>、
    S マイネット<3928>、
    S スパンクリト<5277>、
    S Gunosy<6047>、
    S ストライク<6196>、
    S ADプラズマ<6668>、
    S アデランス<8170>、
    S AGP<9377>、
    S エヌジェイ<9421>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め4銘柄
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S ウェッジHD<2388>、
    一時S 串カツ田中<3547>、
    S オークファン<3674>、
    一時S サハダイヤ<9898>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ヨコオ<6800> 
    大幅4日続伸。
    終値708円(前日比+54円+8.25%)
    年初来高値(700円1/29)更新。
    
    ピックアップ
    TSI HD<3608> 終値611円
    (前日比+40円+7.00%)
    大幅反発。14日発表の決算を好感。(上期経常2倍増益で上振
    れ着地)
    テクニカル面では移動平均線チャートで25日線(586円)回復。
    日足一目均衡表で雲(上限595円)突破。
    次に200日移動平均線(669円)をうかかがう展開へ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-17【東京市場概況】

    日経平均は小幅に続伸(43円高) 様子見姿勢強い展開 
    
    外部環境を好感し買いが先行した日本株。ただ円安一服
    などから一時日経平均はマイナス圏に沈む場面が前場に
    はあった。
    その後は持ち直したが方向感に欠ける展開。新たな手掛
    かり材料に欠け、様子見姿勢が強まった。
    後場の日経平均の値幅は42円にとどまり、東証1部の売
    買金も10日連続で2兆円割れとなった。
    
    日経平均終値は+43.75円の16900.12円。
    
    東証1部の出来高は15億2703万株、
    売買代金は1兆6333億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1204銘柄、値下がり624銘柄、
    変わらず157銘柄。
    
    業種別では値上がりが26業種、値下がりが7業種。
    値上がりトップは鉱業、鉄鋼、不動産。
    値下がりは電気・ガス、水産・農林、石油・石炭。
    
    日経平均は小幅に続伸したものの節目17000円手前で上値の重
    さが意識された。戻り売り、利益確定売りの動きも見られ売
    り圧力の強い水準にある。
    今日まで東証1部の売買代金は10日連続で2兆円を割れており、
    市場エネルギーは乏しい。
    米決算の本格化、米大統領選などを前に様子見姿勢といった
    ところ。引き続き、節目17000円水準の壁は高そうだ。
    下値は25日移動平均線(16722円)などがサポートとなる見込み。
    当面は決算絡みの個別株物色の展開と予想される。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-17【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅続伸(24円高) 買い先行後は上値の重い展開
    
    良好な外部環境を好感し朝方は買いが先行。日経平均は100円
    近くの上昇となり16900円を回復する場面が見られた。
    しかし、急速に伸び悩むと一時はマイナス圏へ。
    前場終わりではプラス圏を維持をしたものの上値の重さが目立
    つ展開となった。
    日経平均前場終値は+24.61円の16880.98円。
    
    東証1部の出来高は7億8467万株、
    売買代金は7533億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1017銘柄、値下がり807銘柄、
    変わらず160銘柄。
    
    業種別では値上がりが19業種、値下がりが14業種。
    値上がりは不動産、鉱業、非鉄金属など。
    値下がりトップは電気・ガス、水産・農林、サービス。
    
    
    後場の見通し
    
    前場、日経平均はドル/円の動向に連動。昼休憩中の現在のドル
    /円は104円台を維持して推移しており、後場よりの日経平均
    は堅調なスタートとなりそうだ。
    とはいえ、薄商いのなか為替にらみの展開が続き、再び104円
    台を割れるような場面があれば売り優勢の展開に傾く可能性
    がある。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-17【東京市場見通し】

    しっかりとした展開 良好な外部環境を好感 上値は限定的か
    
    先週末の米株市場は小幅に反発。大手金融株の決算を好感
    する展開となったがイエレンFRB議長など要人発言が年内
    利上げを意識させたことから上げ幅を縮小し引けた。
    為替ドル/円は円安方向。現在は104円台前半での推移。
    円安を好感し日本株は買い先行の見通し。
    ただ、米株が上げ幅を縮小して引けていることから、上値
    は限定されそうだ。
    CME225先物が16875円(大証日中終値比+25円)、日経平均は
    この水準を意識して寄り付いたあと、上値の重さが意識さ
    れる展開。
    節目17000円に近付く水準では戻り売り圧力が強く、国内
    企業の決算発表本格化を前でもあり、様子見姿勢から商い
    は盛り上がりにくい。節目を突破するにはエネルギー不足
    となりそうだ。
    
    日経平均予想レンジは16800-17000円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1440万株、買い1400万株、
    差し引き40万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が104円台前半。
    (先週末14日終値104.19-21円)
    
    ユーロ/円が114円台前半。
    (先週末14日終値114.74-78円)
    
    先週末14日の米株市場概況
    
    小幅に反発。
    米金融大手の決算が予想を上回る結果となったとこを好感し
    買い優勢、NYダウは一時160ドル超えの上昇となる場面があっ
    た。
    しかし、原油の失速やミシガン大学消費者信頼感指数の悪化。
    また、イエレンFRB議長をはじめとした当局者の12月利上げ
    を示唆する発言も重しとなり上げ幅を縮小した。
    NYダウ終値は+39.44の18,138.38、
    S&P500は+0.43の2,132.98、
    NASDAQは+0.83の5,214.16。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-14【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    いちご<2337> 決算発表。
    上期経常3.2倍増益で着地。6-8月期も4.3倍増益。
    終値451円(前日比+14円+3.20%)
    
    ハウス食G<2810> 業績修正発表。
    上期経常を一転11%増益に上方修正。
    終値2337円(前日比+1円+0.04%)
    
    JIN<3046> 決算発表。
    今期経常25%増益。8円増配へ(33円に)。
    終値5070円(前日比±0円±0.00%)
    
    ドドル日レス<3087> 決算発表。
    上期経常12%増益で着地。今期配当2円増額修正(30円に)。
    終値1908円(前日比-6円-0.31%)
    
    DOWA<5714> 業績修正発表。
    上期経常29%上方修正。
    終値714円(前日比-7円-0.97%)
    
    Gunosy<6047> 決算発表。
    6-8月期(1Q)経常5倍増益着地。
    終値928円(前日比-14円-1.48%)
    
    エスケイ<7608> 決算発表。
    上期経常5.8倍増益、通期計画超過。
    終値318円(前日比+16円+5.29%)
    
    ピックアップ
    日本コークス<3315> 業績修正発表。
    終値85円(前日比-1円-1.16%)
    17年3月期の連結最終損益を従来予想2億円の黒字か
    ら18億円の黒字に。9.0倍の上方修正。
    同時に4-9月期(上期)の連結最終損益も従来予想は
    トントンだったが6億円の黒字に上方修正。
    業績好調に伴い期末一括配当を2円実施する方針に。
    発表を好感し目先は買い優勢の展開へ。
    株価は10/6の直近高値89円をつけてから上昇一服と
    なっていた。直近高値更新から節目100円へ、一段
    高に期待。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ピックアップ
    Fブラザーズ<3454> 終値1435円
    (前日比-24円-1.64%)
    10/21付けで東証マザーズから東証1部へ市場変更を発表。
    株価は直近、25日移動平均線(1466円)近辺でのもみあい。
    発表を好感し同線からの上放れに期待。
    目先は年初来高値1564円(3/24)更新を試す展開へ。
    
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-14【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 省電舎<1711>、
    S イナリサーチ<2176>、
    一時S ケイアイ不<3465>、
    一時S アグレ都市<3467>、
    S マイネット<3928>、
    S 日本色材<4920>、
    S メタップス<6172>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S サハダイヤ<9898>、
    S 文教堂GHD<9978>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    オークファン<3674>
    終値1569円(前日比+107円+7.31%)
    大幅続伸。
    25日移動平均線(1434円)から上放れ。
    
    ユビエック<6662>
    終値416円(前日比+29円+7.49%)
    大幅3日続伸。
    25日移動平均線(366円)から上放れ。
    
    EF-ON<9514>
    終値681円(前日比+37円+5.74%)
    大幅3日続伸。
    75日移動平均線(664円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限676円)突破。
    
    ピックアップ
    サイジニア<6031> 終値2543円
    (前日比+293円+13.02%)
    大幅反発。
    ソフトバンク<9984>がグループ合算で同社株式を
    3割超保有する筆頭株主。
    そのソフトバンク<9984>がテクノロジー分野へ出
    資することを目的とした私募ファンド「ソフトバ
    ンク・ビジョン・ファンド」を設立
    と発表。発表が刺激となり株価は上昇。
    テクニカル面でも日足一目均衡表の雲(上限2217
    円)突破と一段高が期待されるところ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-14【東京市場概況と来週の見通し】

    14日概況 日経平均は3日ぶり反発(82円高) 16800円台回復
    
    朝方こそ売りが先行した日本株だったが次第に買い優勢の
    展開となった。
    日経平均はファストリ<9983>、ソフトバンク<9984>と寄与
    度高い銘柄が堅調に推移し下支えに。
    また、為替ドル/円が104円台と円安方向に振れたことも好
    材料となった。
    ただ、東証1部の売買代金がオプションSQ日だったのにも
    かかわらず、2兆円割れと薄商い。
    今晩の米小売売上高や米金融機関の決算発表などを控え
    ていることから様子見姿勢が強かった。
    
    日経平均終値は+82.13円の16856.37円。
    
    東証1部の出来高は16億2616万株、
    売買代金は1兆9660億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1100銘柄、値下がり749銘柄、
    変わらず136銘柄。
    
    業種別では値上がりが23業種、値下がりが10業種。
    値上がりトップは鉱業、石油・石炭、情報・通信。
    値下がりは医薬品、繊維製品、倉庫・運輪。
    
    
    来週の見通し
    
    日経平均はレンジ相場16400-17200円で方向感出ずの見通し
    
    来週20日(木)の安川電<6506>から国内の企業決算は本格化と
    なる。
    ある程度、企業決算が出揃うまでは方向感に欠ける見通し。
    引き続き日経平均はレンジ相場を脱する手掛かりに欠け、
    上値17200円、下値16400円での推移と予想される。
    来週の主なイベントは17日の米9月NY連銀製造業景気指数。
    年内の米利上げが見込まれる中、結果を受けて円安の流れが
    強まれば日本株には追い風となる。
    19日には中国7-9月期GDPなど経済指標発表。13日発表された
    9月貿易収支で輸出が予想以上に落ち込み、中国リスクがく
    すぶるなか警戒材料となりそうだ。
    
    来週の日経平均予想レンジは16400-17200円。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-14【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小反発(10円高) 決算好感のファストリが相場支えた
    
    欧米株安の流れを受けて日本株も売りが先行。ただ米株
    が引けにかけて下げ幅縮小となったことなどから売りは
    限定された。
    日経平均のここまでの安値は16840.21円(-65.97円)を付
    けて以降は持ち直し前日終値近辺でのもみあい。
    指数寄与度の高いファストリ<9983>が前日の決算が好感
    され堅調に推移していることなどが相場の支えとなった。
    
    前場日経平均終値は+10.96円の16785.20円。
    
    東証1部の出来高は8億5907万株、
    売買代金は1兆887億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり691銘柄、値下がり1114銘柄、
    変わらず180銘柄。
    
    業種別では値上がりが8業種、値下がりが25業種。
    値上がりは鉱業、情報・通信、石油・石炭など。
    値下がりトップは繊維製品、医薬品、非鉄金属。
    
    
    後場の見通し
    
    オプションSQ算出日の本日、SQ値は16741.77円。
    前場終値時点で日経平均は上回っての推移。
    心理的な安心感につながっている。
    後場も下値サポートとして引き続き意識されそうだ。
    とはいえ、東証1部騰落銘柄数などは値下がりが多い。
    指数寄与度の高いファストリ<9983>、ソフバンク<9984>
    の上昇が指数をけん引きしている面が強く、後場はこれ
    らの銘柄の動向次第では売り優勢に傾く可能性が残る。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-14【東京市場見通し】

    もみあい 上値慎重も下値も限定的 週末要因から様子姿勢
    
    前日の海外市場では欧州株が中国の弱い貿易指標を嫌気し軟調。
    米株もその流れから売り優勢となりNYダウは一時、180ドル超えの
    下落幅となる場面が見られた。しかし、は原油価格が切り返し
    たことから値を戻し小幅な下落で取引を終えた。
    為替はやや円高に振れてが警戒されるほどではなく、現在のド
    ル/円は103円台半ばでの推移。
    久々に中国懸念が浮上、ネガティブ要因だが米株が持ち直す動
    きとなったことはポジティブに受けとめられる。
    海外市場の動向からは強く売られる展開とはならない見通し。
    本日の日本株は上値追いには慎重姿勢も下値もいっていの底型
    さを示しそうだ。
    また、週末要因やイエレンFRB議長の講演、米9月小売売上高な
    どの米指標を見極めたいとの見方も強まりやすく、様子見姿勢
    となりやすい。
    日経平均はCME225先物16775円(大証日中終値比-15円)を意識し
    て寄り付いたあと、狭いレンジでの推移となりそうだ。
    銘柄で注目されるのは日経平均への寄与度と高いファストリ
    <9983>。決算通過から見直しが意識され、買い優勢となれば、
    相場の支えとなる。
    
    日経平均予想レンジは16650-16850円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1810万株、買い1100万株、
    差し引き710万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が103円台半ば。
    (13日終値103.86-88円)
    
    ユーロ/円が114円台半ば。
    (13日終値114.36-40円)
    
    13日の米株市場概況
    
    小幅安。主要3指数そろって下落となった。
    この日に発表された経済指標の新規失業保険申請件数は
    予想(25.4万件)を下回る結果(24.6万件)と強いものにな
    ったが、中国輸出統計を嫌気した欧州株安の流れが強く、
    売り優勢の展開となった。
    NYダウは一時、180ドル超えの下落幅となり節目18000ドル
    を割る場面もあった。後半にかけては原油価格が切り返
    しから下げ幅を縮小した。
    NYダウ終値は-45.26の18098.94、
    S&P500は-6.63の2132.55、
    NASDAQは-25.69の5213.33。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-13【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ビックカメラ<3048> 決算発表。
    終値877円(前日比-15円-1.68%)
    今期経常5%増で3期ぶり最高益。
    前期配当2円増額(12円)、
    今期12円継続へ。
    
    セラク<6199> 決算発表。
    終値3955円(前日比-80円-1.98%)
    今期経常5%増で6期連続最高益。
    今期年間配当を前期比0.7円増の10円に。
    
    ピックアップ
    関電工<1942> 業績修正発表。
    終値978円(前日比+33円+3.49%)
    17年3月期連結経常利益を従来予想226億円から255億円に
    12.8%上方修正。
    増益率32.3%増から49.3%増に拡大見通し。
    4-9月期(上期)の連結経常利益も従来予想の113億円から
    130億円に15.0%上方修正。
    増益率が77.8%増から2倍に拡大見通し。
    業績好調に伴い今期の年間配当を従来計画の16円から18
    円に増額修正。
    株価は本日に3%超えの反発。移動平均線チャートにて25
    日線(928円)から上放れ。
    また、日足一目均衡表の雲(上限942円)から上放れ。
    上方修正を好感し引き続き堅調な展開に期待。
    年初来高値1039円(7/29)うかがう展開か。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ラクス<3923> 
    9月度の月次売上高が前年同月比22.9%増。
    終値1341円(前日比+11円+0.83%)
    
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-13【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S イナリサーチ<2176>、
    S 神島化<4026>、
    一時S UMN<4585>、
    S 日本色材<4920>、
    一時S トーヨアサノ<5271>、
    S スパンクリト<5277>、
    一時S 多摩川HD<6838>、
    一時S ユニバンス<7254>、
    S インターアク<7725>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S ストリーム<3071>、
    S サハダイヤ<9898>。
    
    ピックアップ
    UMNファーマ<4585> ストップ高
    終値1409円(前日比+177円+14.36%)
    大幅反発。技術導入元の米PSCが「Flublok 4価製剤」
    のFDA承認取得と発表され後場より急伸。
    テクニカル面では移動平均線チャートにて上値抵抗と
    して意識されていた75日線(1319円)回復。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    グリムス<3150> 大幅反発。
    終値950円(前日比+87円+10.08%)
    200日移動平均線(895円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限921円)突破。
    
    ピックアップ
    クスリのアオキ<3398> 終値5290円
    (前日比+315円+6.33%)
    3日大幅続伸。
    日足一目均衡表にて雲(上限5210円)を突破。
    次に上値抵抗として意識されるであろう200日移動平均
    線(5470円)を回復となれば一段高が期待されるところ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-13【東京市場概況】

    日経平均は続落(65円安) 買い先行後に下げに転換 円安一服重しに
    
    朝方は買いが先行。ドル/円が104円台と円安方向に振れていた
    ことが好感された。
    日経平均は一時、節目17000円に迫る場面が見られたが、その
    水準では上値の重い展開に。
    ドル/円が円高に振れ103円台へ、中国の貿易収支が市場予想よ
    りも悪かったことなどから売り優勢に。
    マイナス圏へ沈み前場を終えると後場も安値圏での推移。
    いっていの底型さは示したもののプラスに転じるほどの戻し
    とはならなかった。
    
    日経平均終値は-65.76円の16774.24円。
    
    東証1部の出来高は16億5951万株、
    売買代金は1兆8906億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1151銘柄、値下がり701銘柄、
    変わらず133銘柄。
    
    業種別では値上がりが17業種、値下がりが16業種。
    値上がりトップは非鉄金属、その他製品、繊維製品。
    値下がりトップは石油・石炭、海運、証券・商品。
    
    日経平均は下げに転じた後、安値圏での推移が続いたが
    東証1部の騰落銘柄数では値上がりが増加し引けた。
    また、規模別指数は大型株指数のみがマイナスで中小型
    株に底型さが見られる。
    本日の動きにもあったように現在の好悪材料は為替、原
    油くらいなもの。
    為替に関しては基本的には円安方向にあると見る。
    週末にイエレンFRB議長のボストン連銀での講演が控えて
    いるほか、米9月小売売上高や米8月企業在庫など多くの
    経済指標発表を控えており、悪くない結果となれば、米
    国の年内利上げの意識が強まる見込み。
    東証1部の売買代金が2兆円割れが続くなどエネルギー不
    足な点が上値追いを慎重にさせるが押す場面では積極的
    に買いを入れて良いと見られる。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-13【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続落(65円安) 買い先行後に円安一服などで
    下げに転換
    
    前日よりドル/円が円安方向に振れ104円台となっていたこと
    が好感され、朝方は買いが先行。
    日経平均は一時、100円超えの上昇となり節目17000円に迫
    る場面が見られた。
    しかし、その水準では上値が重い展開。中国の貿易収支の
    弱い結果やドル/円が円安一服し103円台となったこを受けて
    下げに転じ、前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-65.74円の16774.26円。
    
    東証1部の出来高は8億1105万株、
    売買代金は9024億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり911銘柄、値下がり894銘柄、
    変わらず173銘柄。
    
    業種別では値上がりが9業種、値下がりが24業種。
    値上がりはその他製品、転送用機器、非鉄金属など。
    値下がりトップは鉄鋼、バルブ・紙、海運。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は節目17000円で上値重く下げに転換し前場の取引
    を終えた。
    マイナスで前場を引けてことにより、日銀のETF買入れへの
    思惑が下支えとなりそうだ。
    テクニカル面でも25日移動平均線(16736.10円)などが下値
    サポートとなる見込み。
    とはいえ、寄与度の高いファストリ<9983>の決算が控えて
    いることなどから上値も慎重姿勢となりそう。
    後場は底堅さはあるも再度買い優勢、プラスに転換するの
    は難しそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-13【東京市場見通し】

    買い先行 為替ドル/円が円安方向 日経平均は再度17000円へ
    
    前日の米株市場は高安まちまちとなったものの、公表された
    FOMC議事録では9月の利上げ据え置きが僅差で決まったこと
    が示されており、12月の利上げ観測が強まっている。
    それにより、為替ドル/円が円安方向に振れ、現在104円台前
    半での推移。
    日本株は円安を好感し買い優勢の見通し。
    日経平均はCME225先物16965円(大証日中終値比+75円)を意識
    した寄り付き、再び節目17000円をうかかがう展開が予想さ
    れる。
    ただ、この水準では戻り売り圧力が強い。また、今後に本格
    化する企業決算を前に上値追いは限られそうだ。
    注目は自動車株の動向。トヨタ自<7203>とスズキ<7269>によ
    る提携報道が伝えられている。
    その他に、ソニー<6758>の「プレイステーションVR」が発売
    となることからVR関連の動向にも注目。
    
    日経平均予想レンジは16900-17100円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り930万株、買い900万株、
    差し引き60万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が104円台前半。
    (12日終値103.52-54円)
    
    ユーロ/円が114円台後半。
    (12日終値114.45-49円)
    
    12日の米株市場概況
    
    高安まちまち。NYダウ、S&P500は小幅に反発もNASDAQは小幅
    に続落。
    この日、主要の経済指標の発表などはなかったが、9/20-9/
    21ののFOMCの議事が公表された。
    ジョージ米カンザスシティ連銀総裁などが9月利上げを主張
    したことが明らかになったが年内利上げを否定するような
    ものではなく全体として想定通り。緩やかな利上げのペー
    スが確認された。
    前日に強く売られた株式市場は買戻し優勢の展開となった。
    NYダウ終値は+15.54の18144.20、
    S&P500は+2.45の2139.18、
    NASDAQは-7.77の5239.02。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-12【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    コスモ薬品<3349> 決算発表。
    6-8月期(1Q)経常32%増益着地。
    終値21840円(前日比+150円+0.69%)
    
    SHIFT<3697> 決算発表。
    今期経常6%増で4期連続最高益更新見通し。
    終値1354円(前日比-64円-4.51%)
    
    日本MDM<7600> 業績修正発表。
    上期経常一転26%増益に上方修正。
    終値762円(前日比-12円-1.55%)
    
    ピックアップ
    インタアクション<7725> 決算発表。
    終値416円(前日比+6円+1.46%)
    17年5月期第1四半期(6-8月)の連結経常利益8300円。
    前年同期比66.0%増の拡大。
    併せて6-11月期(上期)の同利益を従来予想4600万円
    から1億5800万円に3.4倍上方修正。
    減益率71.4%減から1.9%減に縮小見通し。
    業績好調に伴い配当も6円大幅増額。
    (期末一括配当6円から12円に)
    直近の株価の動向は9/30にから大幅に3日続伸した
    あとは5日移動平均線(410円)近辺でもみあい。
    好決算を受けて同線から上放れの見通し。
    10/5直近高値424円超えから一段高へ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    FRONTEO<2158>
    国内で人工知能関連技術の特許を2件取得。
    文脈に応じた意味の類似性を人工知能が発見する技術。
    人工知能が作業の進捗を自動的に管理する技術。
    終値863円(前日比-49円-5.37%)
    
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-12【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S KDXサムス<1584>、
    一時S 省電舎<1711>、
    S ベクター<2656>、
    一時S 神島化<4026>、
    一時S オリコン<4800>、
    S スパンクリト<5277>、
    一時S 日金属<5491>、
    S エヌピーシー<6255>、
    一時S リンコー<9355>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S シルバエッグ<3961>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    プレナス<9945>
    終値1950円(前日比+113円+6.15%)
    大幅続伸。前日に発表された決算は17年2月
    通期売上高を下方修正も営業利益は前年同期
    比15.6%増、最終利益を据え置いたことで安心
    感につながった。
    200日移動平均線(1879円)回復。
    
    ピックアップ
    エンカレッジ<3682> 終値1778円
    (前日比+208円+13.24%)
    大幅続伸。
    直近、移動平均線チャートにて75日線(1512円)近辺で
    もみあう展開となっていた当銘柄。
    本日、急伸し同線から上放れ。
    一時は200日線(1805円)を回復し1820円まで値を上げた。
    目先、200日線を明確に上抜けとなるかが焦点。
    一段高の可能性あり。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-12【東京市場概況】

    日経平均は反落(184円安) 米株安など外部環境悪化で売り優勢
    
    前日の米株安などを受けて朝方から売りが先行。日経平均は
    前日に回復した節目17000円を寄り付きかから割れた。
    売り一巡後には下げ渋り前場を引けたが、後場に再び売りが
    強まると終盤にこの日の安値16839.41円(185.35円安)を付け、
    ほぼ安値引けとなった。
    
    日経平均終値は-184.76円の16840.00円。
    
    東証1部の出来高は17億1562万株、
    売買代金は1兆8761億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり326銘柄、値下がり1562銘柄、
    変わらず96銘柄。
    
    業種別では値上がりが1業種、値下がりが32業種。
    値上がりは水産・農林のみ。
    値下がりトップは鉄鋼、銀行、海運。
    
    日経平均は前日に節目17000円を回復も本日に大幅に下落。
    またしても17000円水準で上値をおさえられたかっこうと
    なった。
    節目に到達したことにより、達成感からの一服とに見れ
    るが、5日移動平均線(16888.64円)を維持できず引けるな
    ど底型さにかける。やや下振れリスクも意識しておきたい。
    次に25日移動平均線(16746.63円)を下値サポートに底堅さ
    を示せれるかどうか。
    カギを握るのは13日に決算発表予定のファストリ<9983>。
    日経平均への寄与度が高いだけに注目される。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-12【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落(98円安) 売り先行後は底堅い動き
    
    前日の米株安や円安一服を受けて朝方から売りが先行。
    日経平均は一時、16848.15円(176.61円安)まで下落。
    前日に回復した節目17000円、16900円も割れた。
    しかし、売り一巡後は徐々に下げ幅縮小し底堅い動き
    となった。
    
    日経平均前場終値は-98.44円の16926.32円。
    
    東証1部の出来高は8億369万株、
    売買代金は8292億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり584銘柄、値下がり1208銘柄、
    変わらず192銘柄。
    
    業種別では値上がりが8業種、値下がりが24業種。
    値上がりは水産・農林、建設、バルブ・紙など。
    値下がりトップは鉄鋼、銀行、非鉄金属。
    
    
    後場の見通し
    
    為替ドル/円が103円台で落ち着いた動きとなったことや、
    日銀によるETF買いの思惑などが下支え要因となった。
    日経平均は5日移動平均線(16905円)近辺での攻防。
    後場もこの水準での推移が続く見通し。
    物色は明日13日に、ソニーの「プレイステーションVR」
    が発売、関連銘柄に向かう可能性あり。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-12【東京市場見通し】

    米株安受けて売りが先行 一巡後は底堅い展開か
    
    前日の米株市場がアルコアなどの決算が失望を誘い大幅安。
    為替ドル/円も円高に振れ、現在は103円台前半での推移。
    本日の日本株は売り先行の見通し。
    ただ、米株NYダウは200ドル安となるなかCME225先物は168
    85円(-125円)と比較的下げは限定された印象。
    日経平均は売り先行も底堅い展開となりそうだ。
    5日移動平均線(16867円)などが下値サポート。
    とはいえ、本日はSQ週の水曜日と相場が荒れやすいと言わ
    れる日。
    薄商いが続くなか、、先物への仕掛け的な売買が広がれば
    乱高下する可能性あり。
    
    日経平均予想レンジは16750-17000円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1680万株、買い1110万株、
    差し引き570万株の売り越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が103円台前半。
    (11日終値103.92-94円)
    
    ユーロ/円が114円台前半。
    (11日終値115.48-52円)
    
    11日の米株市場概況
    
    大幅反落。
    決算発表が本格化していくなか、この日発表されたアルコア。
    アルコアは7-9月期決算は売上高、1株利益予想が市場予想
    を下回り急落。7-9月期決算への不安が強まった。
    その他、原油の上昇が一服したことや年内利上げ見通しの
    高まりも投資家心理の悪化につながった。
    NYダウ終値は-200.38の18128.66、
    S&P500は-26.93の2136.73、
    NASDAQは-81.89の5246.79。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-11【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ジェイコム<2462> 決算発表。
    6-8月期(1Q)経常47%増益着地。
    終値2102円(前日比+83円+4.11%)
    
    三栄建築<3228> 決算発表。
    今期経常30%増で3期連続最高益。11円増配へ。
    終値1267円(前日比+16円+1.28%)
    
    プロパスト<3236> 決算発表。
    6-8月期(1Q)経常21%増益着地。
    終値241円(前日比+1円+0.42%)
    
    明光ネット<4668> 決算発表。
    今期経常14%増益。2円増配へ。
    終値932円(前日比-7円-0.75%)
    
    技研製作所<6289> 決算発表。
    今期経常18%増、3期連続最高益。6円増配へ。
    終値1903円(前日比+23円+1.22%)
    
    コジマ<7513> 決算発表。
    今期経常40%増益へ。
    終値230円(前日比+6円+2.68%)
    
    ユニファミマ<8028> 決算発表。
    今期経常13%上方修正、最高益予想上乗せ。
    終値6560円(前日比+70円+1.08%)
    
    ピックアップ
    薬王堂<3385> 決算発表。
    終値6050円(前日比+50円+0.83%)
    17年2月期第2四半期累計(3-8月)経常利益(非連結)
    は18.5億円。(前年同期比31.1%増)
    通期計画32.1億円に対する進捗率は57.5%に達し、
    5年平均54.0%も上回り。
    同時に11/30割当の1から3の株式分割に伴い、
    期末一括配当を従来計画の50円から17円(前期45
    円)に修正。年間配当は実質2.0%増額。
    テクニカル面では短期的にはやや上値の重い展開
    となっているが中長期的には上昇トレンド真った
    だ中にある当銘柄。
    年初来高値6610円(7/21)をうかがう展開へ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    モノタロウ <3064>
    9月売上高が前年同月比22.7%増。今期に
    入り9ヵ月連続で前年比2ケタ増収を達成。
    終値2838円(前日比±0円±0.00%)
    
    日本管理センター<3276>
    9月管理戸数が前年同月比11.7%増の7万2020戸。
    終値1268円(前日比+5円+0.39%)
    
    エクストリム<6033>
    欧州大手ゲームメーカーDatcroft社とオンライ
    ンゲーム4タイトルのライセンス契約を結んだ。
    海外ゲームパブリッシング事業開始。
    終値3280円(前日比+130円+4.12%)
    
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-11【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め20銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 省電舎<1711>、
    S イナリサーチ<2176>、
    一時S 安川情報<2354>、
    一時S ウェッジHD<2388>、
    一時S ストリーム<3071>、
    一時S バリューデザ<3960>、
    S シルバエッグ<3961>、
    S キャピタルA<3965>、
    S トーセ<4728>、
    S オリコン<4800>、
    S 藤ゴム<5121>、
    一時S 東洋炭素<5310>、
    一時S 日金属<5491>、
    S 東邦金<5781>、
    一時S アトラエ<6194>、
    S リファインV<6531>、
    S リバーエレク<6666>、
    S ADプラズマ<6668>、
    一時S 古河池<6937>、
    S AGP<9377>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ピックアップ
    ソフトバンク<9984> 終値6782円
    (前日比+235円+3.58%)
    大幅反発。
    7日に発行済み株式数の8.33%にあたる1億株
    の自社株を消却すると発表したことが買い材料
    に。需給改善や株式価値の向上といった株主還
    元が好感された。
    テクニカル面でも移動平均線チャートにおいて、
    25日線(6649円)を回復。
    同線からの上放れ、年初来高値7012円(8/17)を
    うかかがう展開か。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-11【東京市場概況】

    日経平均は反発(164円高) 終値でも節目17000円回復
    
    前日の米株高を受けて朝方から買いが先行。ドル/円が
    104円近辺まで円安に振れたことも好感し、日経平均
    は節目17000円を回復、上げ幅は一時200円を超えた。
    その水準では戻り売りや利益確定売りに伸び悩んだが
    終値でも17000円を回復となった。
    
    日経平均終値は+164.67円の17024.76円。
    
    東証1部の出来高は16億6516万株、
    売買代金は1兆8711億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1132銘柄、値下がり699銘柄、
    変わらず153銘柄。
    
    業種別では値上がりが23業種、値下がりが10業種。
    値上がりトップは鉱業、石油・石炭、海運。
    値下がりは空運、その他金融、鉄鋼。
    
    相場環境が良好。米国では年内利上げを織り込む流れに
    あり、円相場は円安方向に向かいやすい、原油相場も昨
    年10月以降の上値抵抗を突破し安心感がつながる。
    ドル/円が一段と円安に振れれば、日経平均も上昇。
    次の節目17500円をうかかがう展開へ。
    ただ、東証1部売買代金は引き続き2兆円割れと一段高に
    はエネルギー不足、やや下値不安は残る。
    企業決算の本格化を前に様子見姿勢の強い展開が続くこ
    とも考えられる。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-11【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反発(195円高) 1ヶ月ぶり節目17000円回復
    
    前日の米株市場が原油高を背景に堅調な展開となって
    いたことを好感し買いが先行。
    その後もドル/円が104円近辺まで円安方向に振れたこ
    となどから買い優勢の展開が続いた。
    日経平均は節目17000円を回復、一時上げ幅は200円を
    超えた。
    
    日経平均前場終値は+195.66円の17055.75円。
    
    東証1部の出来高は8億6793万株。
    売買代金は9200億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1285銘柄、値下がり555銘柄、
    変わらず142銘柄。
    
    業種別では値上がりが25業種、値下がりが8業種。
    値上がりトップは鉱業、石油・石炭、水産・農林。
    値下がりは空運、その他金融、ゴム製品など。
    
    
    後場の見通し
    
    企業業績の下方修正懸念はあるものの投資環境は改善、
    出遅れの日本株は見直し機運が高まってきている。
    ただ、日経平均の17000円を超える水準は戻り売り圧力
    が強く、慎重姿勢となりやすい。
    前場の東証1部の売買代金は引き続き低調で一段高には
    エネルギー不足。
    とはいえ、為替ドル/円が落ちついていることから下値
    安心はあり、下げれば押し目買いが入りやすい。
    後場、節目17000円での攻防となりそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-11【東京市場見通し】

    先週末の米雇用統計は弱めも円高限定的 日本株は買い優勢継続
    
    先週末に注目された米雇用統計は非農業部門雇用者数が市場
    予想+17.5万人に対して+15.6万人と弱い結果となった。
    発表後にドル/円は円高に振れる場面もあったが米国の年内利
    上げの可能性を否定するほど弱い内容とは受け止められず、
    現在は103円台半ばから後半まで戻している。
    米株市場も前日は原油高を好感して上昇。
    連休明けの日本株は買い優勢の展開が期待される。
    CME225先物が16950円(大証日中終値比+60円)、
    日経平均はこの水準を意識しての寄り付き。
    (前日終値16860.09円)
    買い先行後は先週から続き節目17000円が上値抵抗。
    日米の決算発表を控え、上値追いには慎重姿勢が続くと予想
    される。
    
    日経平均予想レンジは16800-17100円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1480万株、買い1850万株、
    差し引き370万株の買い越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が103円台半ば。
    (先週末7日終値103.84-86円)
    
    ユーロ/円が115円台半ば。
    (先週末7日終値115.39-43円)
    
    10日の米株市場概況
    
    前日の米株市場は上昇。
    NY原油11月限が一時51.60ドルと6/29以来の水準まで
    に上振れ。サウジアラビアのエネルギー相が減産合意
    に楽観的な見方を示したことに加えてロシアのプーチ
    ーン大統領がOPECの減産合意に追随する姿勢を示した
    ことが要因。
    原油高を好感したエネルギー株の上昇が相場をけん引
    し主要3指数そろって反発となった。
    NYダウ終値は88.55の18329.04、
    S&P500は+9.92の2163.66、
    NASDAQは+36.27の5328.67。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-07【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    農業総合<3541> 業績修正発表。
    前期経常5%上方修正、最高益予想上乗せ。
    終値5460円(前日比+120円+2.25%)
    
    島忠<8184> 決算発表。
    今期経常16%増益。前期配当10円増額、
    今期も80円継続。
    自社株買い実施も発表。
    終値2520円(前日比-44円-1.72%)
    
    ピックアップ
    サカタのタネ<1377> 決算発表。
    終値2623円(前日比+50円+1.94%)
    17年5月期第1四半期(6-8月)の連結経常利益は48.9億円
    (前年同期比22.7%増)。
    6-11月期(上期)計画40億円に対する進捗率は122.5%と
    上回り、5年平均85.0%超え。
    また、直近3ヵ月の実績である6-8月期(1Q)の売上営業
    利益率が前年同期25.5%から30.5%に上昇。
    発表を好感し買い優勢の見通し。テクニカル面では現
    在、200日移動平均線(2597円)近辺での推移。
    本日は同線を回復しており上放れに期待。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    IBJ<6071>
    9月度月次データ発表。新規加盟数28件と単月で過去最高。
    婚活会員数51.7万人、オンライン会員数46万人。
    順調な増加を維持。
    終値656円(前日比-14円-2.09%)
    
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-07【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 省電舎<1711>、
    S ベクター<2656>、
    S ストリーム<3071>、
    S バリューデザ<3960>、
    S ADプラズマ<6668>、
    S ホクシン<7897>、
    S AGP<9377>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S チェンジ<3962>。
    
    ピックアップ
    プラズマ<6668> 終値526円(S高)
    (前日比+80円+17.93%)
    本日、半導体製造装置メーカーの堅調な展開が目立っ
    たなか、当銘柄をピックアップ。
    9/16高値582円を付けて以降に調整、その後は25日移
    動平均線(442円)、200日移動平均線(423円)近辺でも
    みあう展開となっていた
    なか上放れ、本日にS高の上昇。テクニカル面では上
    昇トレンド転換と期待される場面。
    9/16高値582円超えから一段高、年初来高値612円(1/
    4)更新の可能性あり。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ガーラ<4777>
    大幅反発。
    前日にスマートフォンゲームアプリ「Arc
    ane(アーケイン)」英語版をヨーロッパで
    ダウンロード配信開始を発表。
    終値387円(前日比+63円+19.44%)
    日足一目均衡表の雲(上限381円)突破。
    
    バーチャレクス<6193>
    大幅5日続伸。
    終値1049円(前日比+87円+9.04%)
    25日移動平均線(900円)から上放れ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-07【10/7東京市場概況と来週の見通し】

    10/7概況 日経平均は5日ぶり反落(248円安) 
    米雇用統計、連休前で売り優勢
    
    本日の日本株は朝方から売り優勢の展開。米雇用統計や
    3連休を控えた手仕舞い売り、利益確定売りに上値は重く、
    ドル/円が東京時間で円安一服となったことも要因となった。
    とはいえ、極端に売り込まれることもなく下値も限定的。
    日経平均の値幅は74.92円にとどまり、東証1部の売買代金
    も2兆円割れと盛り上がりかけ、様子見姿勢の強い一日と
    なった。
    
    日経平均終値は-39.01円の16860.09円。
    
    東証1部の出来高は15億1229万株、
    売買代金は1兆6559億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり732銘柄、値下がり1088銘柄、
    変わらず163銘柄。
    
    業種別では値上がりが13業種、値下がりが20業種。
    値上がりトップは海運、ゴム製品、鉱業。
    値下がりトップは小売り、不動産、情報・通信。
    
    
    来週の見通し
    
    日経平均は節目17000円超えへ ドル/円の円安方向の動きに期待
    
    東京市場3連休。連休明けは今晩の米雇用統計を受けての
    展開となる。
    注目される米雇用統計を受けてのドル/円の動向を注視。
    予想は17万5000人増。これを上回る結果、もしくは同水準と
    なるようならドル高・円安の流れが続き、日本株には追い風
    となる。
    また、予想を下回ったとしても連銀総裁の講演が相次ぐなか、
    利上げに前向きな発言等が出てくればドル高・円安に向かわ
    せる可能性もあるだろう。
    そうしたことから日経平均は節目17000円回復へ。
    17400-17500円辺りまでの上昇を見込む。
    ただ、16年9月中間期の国内企業決算には依然下振れ懸念、
    欧州の信用リスク再燃など不安材料は残る。
    また、週末14日はオプションSQ(特別清算指数)算出日と
    波乱要因もあり。
    
    来週の日経平均予想レンジは16400-17500円。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-07【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は5日ぶり小反落(30円安) 売り優勢も下値限定的
    
    為替ドル/円が円安方向にあったため、買いが先行する
    見られたが日経平均は前日まで4日続伸していた反動
    もあり、売りが先行した。
    また、東京時間ではドル/円の円安が一服したことも
    上値をおさえる要因となった。
    とはいえ、日経平均のここまでの安値は16852円(46.
    36円安)と小幅で限定的、底堅い展開で前場の取引を
    終えた。
    
    日経平均前場終値は-30.01円の16869.09円。
    
    東証1部の出来高は7億1214万株、
    売買代金は7319億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり539銘柄、値下がり1268銘柄、
    変わらず167銘柄。
    
    業種別では値上がりが15業種、値下がりが18業種。
    値上がりトップは海運、ゴム製品、鉱業。
    値下がりトップは小売り、不動産、建設。
    
    
    後場の見通し
    
    前場、日経平均の値幅は40円程度と小動き。
    米雇用統計を控える3連休前とあって様子姿勢が強い。
    後場も基本的には様子見姿勢の強い展開が続く見通し。
    終盤は週末要因から手仕舞い売りが優勢か。
    その他、中小型株も利益確定売りが出やすい。
    物色は材料株に限られそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-07【東京市場見通し】

    円安好感し買い先行 日経平均は節目17000円へ 買い一巡後は様子見
    
    前日の海外市場は欧州株が軟調、米株は翌日の雇用統計
    を前にほぼ横ばいとなった。
    為替ドル/円は円安方向にあり104円台の乗せる場面があ
    った、現在は103円台後半での推移。
    日本株は円安を好感し買いが先行の見通し。
    日経平均はCME225先物16945円(大証日中終値比+45円)を
    意識した寄り付き、節目17000円に乗せる可能性もある。
    ただ、買い一巡後は様子見姿勢の強い展開。
    今晩の米雇用統計や3連休前で手仕舞い売りが出やすい。
    
    日経平均予想レンジは16800-17050円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1630万株、買い1460万株、
    差し引き170万株の売り越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が103円台後半。
    (6日終値103.68-70円)
    
    ユーロ/円が115円台後半。
    (6日終値116.08-12円)
    
    6日の米株市場概況
    
    主要3指数ともにほぼ横ばい。
    翌日に米9月雇用統計の発表を控えるなか、取引時間前に
    発表された米新規失業保険申請件数が25万件を下回る強
    い結果となり、年内利上げの意識が高まった。
    NYダウ終値は-12.53の18,268.50、
    S&P500は+1.04の2,160.77、
    NASDAQは-9.17の5,306.85。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-06【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    7&iHD<3382> 決算発表。
    上期経常7%増益着地、6-8月期12%増益。
    終値4827円(前日比-13円-0.27%)
    
    乃村工藝社<9716> 決算発表。
    6-8月期(2Q)経常2.2倍増益、今期配当を
    4円増額修正(38円に)。
    終値1569円(前日比-6円-0.38%)
    
    
    その他、注目の材料株
    
    GCA<2174> 配当修正発表。
    今期配当を10円増額(30円に)。
    終値743円(前日比+6円+0.81%)
    
    鳥貴族<3193>
    9月度既存店売上が前年同月比1.8%増。
    終値2573円(前日比+36円+1.42%)
    
    7&iHD<3382>とH2Oリテイ<8242>と資本業務提携。
    7&iHD<3382> 終値4827円(前日比-13円-0.27%)
    H2Oリテイ<8242> 終値1518円(前日比+9円+0.60%)
    
    ピックアップ
    マクドナルド<2702> 終値2971円
    (前日比-13円-0.44%)9月の月次売上高を発表した。
    既存店ベースでは前年同月比11.5増。
    月次伸び率としては今期(1月から)に入り最低と
    なったが2ケタの伸長率はキープ。
    テクニカル面では長らく3000円近辺での推移が
    続いているなか日足一目均衡表の雲にさしかか
    る(下限3027-上限3289円)。雲上限3289円を試す展開か。
    
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-06【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め5銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ベクター<2656>、
    一時S 旭松食品<2911>、
    一時S テクノマセマ<3787>、
    S シンクロ<3963>、
    S リファインV<6531>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    アクリーティブ<8423>
    大幅反発。
    日足一目均衡表の雲突破(上限382円)。
    終値392円(前日比+22円+5.94%)
    
    ピックアップ
    構造計画<4748> 終値2090円
    (前日比+112円+5.66%)
    大幅反発。
    長らく日足一目均衡表の雲内での推移が続いて当銘柄。
    本日に雲(2022-2032円)を上抜け。一段高が期待される
    場面にあり、目先の上値メドは2300-2400円近辺。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-06【東京市場概況】

    日経平均は4日続伸(79円高)も節目17000円回復ならず
    
    前日の米株高やドル/円が103円台半ばと円安に振れたことなど
    を好感し、日本株は朝方から買いが先行。
    日経平均は節目17000円に迫る場面が見られた。
    (本日高値は前場の16971.28円)
    しかし、その水準では伸び悩み。4日続伸で目先的な高値警戒
    感、明日に控える米雇用統計を前に上値を追う動きは限られ、
    節目回復とはならなかった。
    
    日経平均終値は+79.86円の16899.10円。
    
    東証1部の出来高は17億244万株、
    売買代金は1兆8673億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1116銘柄、値下がり714銘柄、
    変わらず151銘柄。
    
    業種別では値上がりが28業種、値下がりが5業種。
    値上がりトップは鉱業、保険、石油・石炭。
    値下がりはサービス業、その他製品、非鉄金属など。
    
    本日、日経平均の節目17000円回復ともに期待されたのが商い
    の増加。しかし、東証1部の売買代金は2兆円割れと低水準。
    引き続き、様子見ムードが強かった見られる。
    国内企業決算の発表シーズンを控え、為替リスクのある主力
    株は手掛けにくいいったところ。
    一方で東証マザーズのの売買代金は1220億円と活況。
    本日は、やや上値の重い展開となったが引き続き、新興市場、
    中小型株へ物色が向かうと見られる。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-06【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は4日続伸(96円高) 節目17000円手前で伸び悩み
    
    前日の米株高や円安に振れたドル/円を好感し、朝方から
    買いが先行。
    日経平均は16971.28円(152.04円高)と節目17000円に迫
    る場面が見られた。
    しかし、その水準では戻り待ち、利益確定売りから伸び
    悩み、上げ幅を縮小した。
    
    日経平均前場終値は+96.70円の16915.94円。
    
    東証1部の出来高は9億1546万株、
    売買代金は9318億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1167銘柄、値下がり641銘柄、
    変わらず167銘柄。
    
    業種別では値上がりが27業種、値下がりが6業種。
    値上がりトップは鉱業、保険、石油・石炭。
    値下がりはサービス、食料品、小売りなど。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は節目17000円手前で伸び悩み。いったん達成感が
    意識されやすい水準でもあり、明日の米雇用統計を前に様
    子見姿勢といったところか。
    後場も引き続き節目17000円手前で様子見姿勢の強い展開。
    本日は大型株の強さが目立ち、新興市場、中小型には物色
    が広がりづらく、一部の材料株等に短期資金が集中、
    後場もその流れを継続しそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-06【東京市場見通し】

    買い先行 米株高に円安を好感 日経平均は節目17000円へ
    
    前日の海外市場で欧州株はECBによる量的緩和の縮小観測を
    受けて軟調な展開となったが米株は発表された経済指標、
    原油高を好感し堅調な展開となった。
    為替ドル/円は円安が加速、現在は103円台半ばでの推移。
    日本株は米株高や円安を好感し買い先行の見通し。
    CME225先物が16950円(大証日中終値比+130円)、日経平均は
    この水準を意識、節目17000円を試す場面も見られそうだ。
    高く寄り付いた後はやや上値の重さが意識されやすいが終
    日しっかりとした展開、17000円近辺での推移が予想する。
    物色は直近に好調だった中小型は一服、材料株などに絞ら
    れてくる見込み、流れは主力大型株へ向かう見込み。
    
    日経平均予想レンジは16900-17100円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1330万株、買い820万株、
    差し引き510万株の売り越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が103円台半ば。
    (5日終値102.78-80円)
    
    ユーロ/円が116円どころ。
    (5日終値115.31-35円)
    
    5日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって反発。
    この日、注目された経済指標の9月ISM非製造業景況指数が
    8月の悪化から改善し予想(53.0)を大幅に上回る結果(57.1
    )となった。(昨年10以来の高水準)
    強い経済指標を好感する流れになったことや原油高も後押
    しとなり、堅調な展開となった。
    NYダウ終値は+112.58の118281.03、
    S&P500は+9.24の2159.73、
    NASDAQは+26.36の5316.02。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-05【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ウエルシアHD<3141>
    上期経常52%増益で上振れ着地。
    終値6850円(前日比-200円-2.83%)
    
    ファンタジー<4343> 決算発表。
    上期経常48%増益で上振れ着地。
    終値2759円(前日比-113円-3.93%)
    
    トーセイ<8923> 決算発表。
    今期税引き前6%上方修正、最高益予想上乗せ
    終値757円(前日比-7円-0.91%)
    
    ピックアップ
    ロゼッタ<6182> 業績修正発表。
    終値2260円(前日比+170円+8.13%)
    17年2月期の連結経常利益を従来予想2億4100万円から
    3億0100万円に24.9%上方修正。
    増益率が19.9%増から49.8%増に拡大。
    従来の4期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。
    株価は本日、大幅続伸。発表を好感し引き続き堅調な
    展開が見込まれる。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ラクオリア<4579>
    T型カルシウムチャネル/電位依存性ナトリウムチャ
    ネル遮断薬が米国で特許査定を受けたとを発表。
    終値418円(前日比-2円-0.48%)
    
    ピックアップ
    アスクル<2678> 終値4040円
    (前日比+80円+2.02%)
    自社株買い実施を発表。
    上限100万株(金額50億円)。
    発行済株式総数(自己株式を除く)に対する割合1.9%。
    取得期間は10/6~17年3/31まで。
    株価は本日まで4日続伸し上値抵抗200日移動平均線
    (3975円)超え。発表を好感し一段高に期待。
    
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-05【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め14銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ベクター<2656>、
    S 旭松食品<2911>、
    S モジュレ<3043>、
    S 串カツ田中<3547>、
    S テクノマセマ<3787>、
    S 巴川紙<3878>、
    S チェンジ<3962>、
    一時S シンクロ<3963>、
    S アズジェント<4288>、
    S ブランジスタ<6176>、
    一時S 放電精密<6469>、
    S イマジカロボ<6879>、
    一時S AGP<9377>、
    一時S 技研興<9764>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ケミプロ<4960>
    前日比変わらずを挟んで3日続伸。
    終値276円(前日比+19円+7.39%)
    日足一目均衡表の雲突破(上限259円)。
    
    ピックアップ
    MRT<6034> 終値2194円
    (前日比+177円+8.77%)
    3日大幅続伸。
    テクニカル面で日足一目均衡表の雲突破(上限2125円)。
    本日、一時回復したものの終値では下回った200日移
    動平均線(2202円)。
    目先、同線を上抜けれるかが焦点。
    中長期で上昇トレンド転換と期待されるところにある。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-05【東京市場概況】

    日経平均は3日続伸(83円高) 16800円台回復(約1ヶ月ぶり高値)
    
    ドル/円が102円台後半と円安に振れていたことが好感され、
    朝方から輸出関連を中心に買いが先行。
    日経平均は16800円台を回復し前場を引けた。
    後場も前場の好地合いを引継ぎ、この日の高値16844円(
    108.70円高)まで上昇。
    その後は伸び悩んだものの9/9以来約1ヶ月ぶりとなる高
    値水準を回復した。
    
    日経平均終値は+83.59円の16819.24円。
    
    東証1部の出来高は17億2075万株、
    売買代金は1兆8878億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1197銘柄、値下がり643銘柄、
    変わらず140銘柄。
    
    業種別では値上がりが22業種、値下がりが11業種。
    値上がりトップは保険、ゴム製品、転送用機器。
    値下がりは繊維製品、水産・農林、食料品など。
    
    堅調な展開とはなったものの買い一巡後は高値圏でのも
    みあい。日経平均の後場の値幅は35円程にとどまった。
    東証1部の売買代金も2兆円割れと引き続き低水準、
    上値を買う勢いは乏しい印象だ。
    週末の米雇用統計、その他発表される経済指標へ警戒感
    が強い。
    今晩は米でADP雇用統計、ISM非製造業景況指数などが発
    表される。結果を受けてのドル/円の動向が注目される。
    ただ、米経済指標への警戒感はあるもののテクニカル面
    での日経平均は本日に200日移動平均線(16734円)を回復
    するなど良好。
    仮に今晩の米経済指標を受けてドル/円が円高に振れても
    200日移動平均線などをサポートに週末の米雇用統計ま
    ではしっかりとした展開を見込む。
    逆に上値も16900-17000円で今週は限られそうだ。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-05【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は3日続伸(94円高) 円安好感し買い優勢の展開
    
    前日の米株は軟調な展開となっていたものの日本株は
    円安を好感し、朝方から買いが先行した。
    日経平均は一時、100円超えの上昇となる場面があった。
    その後、上げ幅を縮小も16800円台を維持し前場の取引
    を終えた。
    
    日経平均前場終値は+94.57円の16830.22円。
    
    東証1部の出来高は8億2019万株、
    売買代金は8557億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1296銘柄、値下がり537銘柄、
    変わらず146銘柄。
    
    業種別では値上がりが24業種、値下がりが9業種。
    値上がりトップはゴム製品、転送用機器、保険。
    値下がりは繊維製品、水産・農林、食料品。
    
    
    後場の見通し
    
    円安を好感する流れにありながらも、上値は限られて
    いる。前場引けかけては伸び悩む展開となった。
    週末の米雇用統計やその前に発表される経済指標次第
    では円高に振れる可能性も残り、積極的に上値は追い
    にくいといったところ。
    とはいえ、テクニカル面での日経平均は前場終わり時
    点で25日移動平均線(16740円)、200日移動平均線(167
    34円)を回復と良好、一段高の可能性もあり。
    103円どころで戻り売り、利益確定売りに伸び悩むドル
    /円が103円台をつけるような場面が見られれば、1690
    0-17000円と水準を一つ上げる展開が見込まれる。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-05【東京市場見通し】

    米株安も為替が円安方向に振れ、日本株は買い優勢か
    
    前日の米株市場が早期利上げが意識され、主要3指数そろっ
    て続落。
    為替ドル/円は円安方向に振れ、現在は102円台後半での推移。
    米株安ではあるがドル/円が円安に振れていることを好感し、
    日本株は買い優勢の展開となりそうだ。
    CME225先物が16740円(大証日中終値比+20円)、日経平均は
    この水準での寄り付き。(前日日経平均終値16735.98円)
    前日に上値をおさえられた200日移動平均線(16745円)を意
    識した展開が想定される。
    前日同様にドル/円が東京市場でも円安に振れ103円台を回復
    するような動きが見られれば、大幅高の可能性あり。
    ただ、物色の中心は引き続き決算をからんだ小売り、テー
    マ性のある銘柄での短期的な値幅取り狙い。
    
    日経平均予想レンジは16650-17000円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1840万株、買い1760万株、
    差し引き80万株の売り越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が102円台後半。
    (4日終値102.39-40円)
    
    ユーロ/円が115円台前半。
    (4日終値114.40-44円)
    
    4日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって続落。
    この日、主要な経済指標の発表などなく手掛かり材料に
    欠けたなか、ECB(欧州中央銀行)が量的緩和策の縮小を
    検討していると報じられ嫌気された。
    また、ラッカー米リッチモンド連銀総裁からタカ派的発
    言もあり、年内利上げ意識の高まりからドル高、金利上
    昇を嫌気され、売り優勢の展開となった。
    NYダウ終値は-85.40の18,168.45、
    S&P500は-10.71の2,150.49、
    NASDAQは-11.22の5,289.66。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-04【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    エスプール<2471> 決算発表。
    2-8月期(3Q累計)経常が黒字浮上着地、
    6-8月期も黒字浮上。
    終値1684円(前日比+101円+6.38%)
    
    ピックアップ
    乃村工藝社<9716> 業績修正発表。
    終値1569円(前日比-8円-0.51%)
    17年2月期第2四半期累計(3-8月)の連結経常利益を
    従来予想28億円から34.7億円に修正(23.9%上方修正)。
    増益率が0.9%増から25.1%増に拡大、9期ぶり上期過
    去最高益を更新見通し。
    上期業績の好調に伴い、通期の連結経常利益も従来
    予想66.5億円から71億円に6.8%上方修正。
    増益率が7.3%増から14.5%増に拡大。
    従来の4期連続での過去最高益予想をさらに上乗せ。
    上方修正発表を好感、テクニカル面で直近に上値抵
    抗として意識される200日移動平均線(1584円)回復か
    ら買いが強まる展開に期待がかかる。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    第一三共<4568>
    米バイオベンチャーAgonOx社とがん免疫
    薬の共同研究およびオプション契約。
    終値2467.5円(前日比+32.0円+1.31%)
    
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-04【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 安川情報<2354>、
    S ベクター<2656>、
    S ストリーム<3071>、
    S コスモバイオ<3386>、
    S テクノマセマ<3787>、
    一時S チェンジ<3962>、
    一時S ドリームI<4310>、
    S 医学生物<4557>、
    S ホクシン<7897>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    オリンパス<7733>
    大幅続伸。
    終値3690円(前日比+140円+3.94%)
    前日にアウトソーシング事業を行う子会社のNOC
    日本アウトソーシングを、投資事業を手掛けるロン
    グリーチグループに譲渡することで合意したと発表。
    75日移動平均線(3573円)回復。
    日足一目均衡表の雲突破(上限3660円)。
    
    文教堂HD<9978>
    大幅続伸。
    終値628円(前日比+58円+10.17%)
    ノーベル賞生理学・医学賞を日本人が受賞したことで、
    本日以降も発表が続く他の分野でのノーベル賞受賞期
    待が一段と高まる格好に。
    25日移動平均線(548円)から上放れ年初来高値を更新。
    
    ピックアップ
    サイジニア<6031> 終値2435円
    (前日比+356円+17.12%)
    大幅続伸。
    長らく上値抵抗として意識された75日移動平均線(20
    96円)を回復。
    また、日足一目均衡表においても雲突破(上限2429円)。
    次に200日移動平均線(2715円)を回復となるかが焦点。
    回復となれば中長期で上昇トレンド転換と期待される
    ところ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-04【東京市場概況】

    日経平均は続伸(136円高) 円安を好感 16700円台回復
    
    朝方からドル/円の円安に振れる動きに連動し堅調に推移。
    日経平均は前場を高値引けで終えていた。
    (前場終値は16744.60円)
    後場は昼休憩中に円安が一服していたことから、上げ幅
    を縮小してスタート。
    ただ売り一巡後には再び上昇、本日高値16747.20円(148.
    53円高)を付けた。
    その後は利益確定売りに伸び悩む場面見られたが、16700
    円台を維持し本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+136.98円の16735.98円。
    
    東証1部の出来高は15億6282万株。
    売買代金は1兆7528億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1404銘柄、値下がり441銘柄、
    変わらず135銘柄。
    
    業種別では値上がりが26業種、値下がりが7業種。
    値上がりトップは鉄鋼、銀行、精密機器。
    値下がりは電気・ガス、不動産、陸運など。
    
    日経平均は続伸、終値で9/23以来(7日ぶり)の16700円台を
    回復した。今週に入り、円安などを後押しに堅調な展開。
    ただ、本日は25日移動平均線(16737.02円)や200日移動平
    均線(16745.75円)が上値抵抗として意識された。
    また、日経平均の上昇のわりに商いは盛り上がらず、
    東証1部の売買代金は2兆円割れと低迷、一段高にはエネ
    ルギー不足といったところ。
    今晩は米経済指標など材料無く、明日は手掛かり材料に欠
    ける見通し。2日続伸の反動もあり明日は上昇一服となり
    そうだ。物色は中小型株に向かいやすいと思われる。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-04【東京市場前場概況と後場の見通し】

    日経平均は続伸(145円高) ドル/円が円安方向振れ買い優勢
    
    朝方から円安に振れたドル/円を好感し買いが先行。
    その後もドル/円が102円台に乗せるなど東京市場で
    一段と円安に振れたことから日経平均も上げ幅を
    拡大、高値引けで前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+145.93円の16744.60円。
    
    東証1部の出来高は7億5300万株、
    売買代金は7792億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1293銘柄、値下がり536銘柄、
    変わらず149銘柄。
    
    業種別では値上がりが24業種、値下がりが9業種。
    値上がりトップは銀行、鉄鋼、海運。
    値下がりは電気・ガス、食料品、その他製品など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は25日移動平均線(16737円)や200日移動
    平均線(16745円)を捉えてきている。
    後場も引き続き、円安基調が続けば一段高となる
    可能性がある。
    とはいえ、戻り売り圧力が強い水準とあるなかで、
    前場の売買代金は低水準。
    円高一服となれば、上げ幅を縮小する可能性も残
    る。
    物色が目立つのはバイオ関連の一角。ノーベル医
    学・生理学賞の受賞者に日本人が選ばれたことか
    ら買いが向かっている。
    その他、本日はマザーズ、ジャスダック指数が日
    経平均の上昇と比較すると小幅だが逆に日経平均
    が一服感が出てくれば、賑わう見通し。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-04【東京市場見通し】

    米経済指標受けてドル/円が円安方向 小じっかりの見通し
    
    昨日の海外市場は欧州株はドイツ銀行の経営不安後退から上昇。
    米株は先週末の上昇の反動から売り優勢となったが発表された
    経済指標を好感し下げ幅縮小、小幅安で取引を終えた。
    為替ドル/円は米経済指標を受けて円安方向に振れており、
    現在は101円台後半での推移。
    日本株は円安を好感する展開が予想される。
    日経平均はCME225先物16605円(大証日中終値比+15円)を意識、
    小じっかりしたスタートとなりそうだ。
    その後は全体的には材料不足。底堅い動きとはなろうが、
    上値も限られる見通し。
    そんななか、ノーベル医学・生理学賞の受賞者に日本人が選
    ばれたことでバイオ関連に物色が向かいそうだ。
    その他、決算を手掛かりとした物色。
    本日開幕のシーテック・ジャパンを手掛かりとしたAIやIoT
    関連へ物色が向かう見通し。
    
    日経平均予想レンジは16500-16750円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1170万株、買い1600万株、
    差し引き430万株の買い越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が101円台後半。
    (3日終値101.38-41円)
    
    ユーロ/円が114円どころ。
    (3日終値113.85-89円)
    
    3日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって小幅に反落。
    先週末の上昇の反動などから売り優勢の展開に。
    NYダウは一時、100ドル超えの下落幅となった。
    しかし、注目された9月ISM製造業景況指数の結果
    (結果51.5、予想50.3、前回49.4)を好感し、下げ
    幅を縮小した。
    NYダウ終値は-54.30の18253.85、
    S&P500は-7.07の2161.2、
    NASDAQは-11.13の5300.87。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-03【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    フュートレック<2468> 業績修正発表。
    上期経常を9倍上方修正。
    17年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常損益を
    従来予想の2000万円の黒字から1億8000万円の黒字に。
    終値768円(前日比+6円+0.79%)
    
    ジャステック<9717> 決算発表。
    12-8月期(3Q累計)経常12%増益着地、6-8月期も10%増益。
    終値1090円(前日比+8円+0.74%)
    
    ピックアップ
    しまむら<8227> 決算発表。
    終値12670円(前日比+410円+3.34%)
    17年2月期第2四半期累計(3-8月)の連結経常利益は256億円
    (前年同期比37.7%増)。
    通期計画の468億円に対する進捗率は54.8%達した。
    直近3ヵ月の実績である6-8月期(2Q)の連結経常利益は133億
    円(前年同期比39.2%増)。
    売上営業利益率は前年同期の6.9%から9.3%に改善。
    好決算に加えて、配当も1円増額修正。(195円から196円に)
    株価は現在、25日移動平均線(12122円)近辺でもみあい。
    決算を好感し同線からの上放れ。
    とりあえずの上値メドは75日移動平均線(13658円)となる。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ドーン<2303>
    緊急通報システムに関する日本特許出願の特許査定を
    受けたと発表。
    終値2253円(前日比+38円+1.72%)
    
    カワチ薬品<2664>
    9月既存店売上高が前年同月比2.3%増。3ヵ月連続で
    前年実績を上回り。
    終値2462円(前日比+20円+0.82%)
    
    ラクス<3923> 
    三菱UFJ<8306>とクラウド経費精算サービスで業務提携。
    終値1145円(前日比-10円-0.87%)
    
    リプロセル<4978>
    iPS細胞の大量培養技術を持つシンガポールのブリリア
    ント・リサーチと提携。「iPSスフェアーズ」などブリ
    リアント社製品の国内販売を11月開始。
    終値497円(前日比+5円+1.02%)
    
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-03【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S シスロケ<2480>、
    一時S サイバーコム<3852>、
    S リアルコム<3856>、
    S 阿波製紙<3896>、
    一時S カナミックN<3939>、
    S チェンジ<3962>、
    S ビーマップ<4316>、
    S フォーカス<4662>、
    S ブランジスタ<6176>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S 安川情報<2354>、
    S モジュレ<3043>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ピックアップ
    稀元素<4082> 終値3500円
    (前日比+275円+8.52%)
    大幅続伸。
    直近もみあった200日移動平均線(3235円)から上放れ。
    中長期で上昇トレンド転換と期待される。
    現在、週足一目均衡表において雲手前での推移。
    雲突入(下限3561円)から雲上限(4045円)がとりあえず
    の上値メド。
    
    ワイヤレスG<9419> 終値1860円
    (前日比+150円+8.77%)
    後場に急伸。大幅反発。
    前場引け後にIoT向け高速通信サービスの提供を
    目的とする子会社「LTE-X」を設立と発表。
    好感した買いが集まった。
    テクニカル面では移動平均線チャートにて、200日線
    (1789円)を回復。
    日足一目均衡表にて雲突破(上限1839円)。
    上昇トレンド転換と期待される形に。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2016-10-03【東京市場概況】

    日経平均は反発(148円高) 一時上げ幅は200円超えも伸び悩み
    
    朝方から買いが先行、先週末に外部環境が好転したことが
    好感された。
    日経平均は一時、200円超えの上げ幅に。前場はそのまま
    高値圏を維持し引けたが後場に上げ幅縮小。
    今晩発表予定の米9月ISM製造業景気指数をはじめ、今週
    に多く控える経済指標を見極めたいとの姿勢から、買い
    が手控えられた。
    
    日経平均終値は+148.83円の16598.67円。
    
    東証1部の出来高は14億9684万株、
    売買代金は1兆6279億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1322銘柄、値下がり520銘柄、
    変わらず136銘柄。
    
    業種別では値上がりが27業種、値下がりが6業種。
    値上がりトップは証券・商品、精密機器、小売り。
    値下がりは鉱業、石油・石炭、その他金融など。
    
    日経平均は反発となるなか、上値の重さが目立った。
    下値不安は和らいできているがメガバンクの戻りの
    鈍さなどが気掛かりとなり、全体としても上値に慎
    重姿勢がうかかがわれる。
    物色は決算を手掛かりとした小売り。
    カジノ、フィンテック、ノーベル賞のほか、シーテ
    ック・ジャパンを手掛かりとしたAIやIoT関連などの
    テーマ性、材料性のある銘柄に向かいやすい。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-03【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反発(183円高) 外部環境の好転を好感
    
    先週末の海外市場でドイツ銀をめぐる懸念が和らぎ、
    米株が上昇。
    またドル/円が円安に振れていたことなども好感され、
    日本株は買いが先行した。
    日経平均は一時、200円超えの上昇となる場面も見ら
    れた。
    その後は今週に相次ぐ経済指標の発表を控え、上値
    は限定的も高値圏を維持し前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+183.53円の16633.37円。
    
    東証1部の出来高は7億9489万株、
    売買代金は8192億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1561銘柄、値下がり321銘柄、
    変わらず96銘柄。
    
    業種別では値上がりが31業種、値下がりが2業種。
    値上がりトップは小売り、証券・商品、食料品。
    値下がりは鉱業、石油・石炭のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は大幅反発となったものの上値は限られている。
    相次ぐ経済指標の発表を見極めたいとの思惑から上値は
    追いにくい状況にある。
    テクニカル面でも5日移動平均(16585円)こそ回復してい
    るものの25日移動平均線(16723円)、200日移動平均線(
    16758円)などを回復しない限り、方向感は出てこないだ
    ろう。
    後場は戻り売りから上げ幅縮小の可能性も。
    そんななか、今週は小売の主力処の決算が予定されてい
    る。
    決算を受けた小売り、内需関連に向かいやすい。
    その他、フィンテック関連の一角が堅調に推移。
    引き続き、それらに物色が向かう見通し。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2016-10-03【東京市場見通し】

    買い先行 欧米市場での金融株上昇を好感 買い一巡後は様子見ムード
    
    先週末の海外市場で欧州でドイツ銀が大幅反発、それを
    受けて金融株を中心に堅調に推移、米株は主要3指数そ
    ろって反発となった。
    また、為替ドル/円も円安方向に振れており、現在は101
    円台半ばでの推移。
    良好な外部環境から日本株も買い先行の見通し。
    日経平均はCME225先物16560円(大証日中終値比+170円)
    を意識した寄り付き。(前日日経平均終値16449.84円)
    買い一巡後は様子姿勢の強い展開が予想される。
    今週は多くの経済指標の発表を控える。
    今晩は米9月ISM製造業景気指数、結果を受けてドル/円
    の動向などが気掛かり。
    国内では寄り前に9月調査の日銀短観が発表される。
    6月調査からは改善が見込まれており、極端な悪化とな
    らない限り下支え要因となりそうだ。
    
    日経平均予想レンジは16500-16700円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1120万株、買い1140万株、
    差し引き20万株の買い越し
    
    為替市場
    
    ドル/円が101円台半ば。
    (先週末30日終値100.89-91円)
    
    ユーロ/円が113円台後半。
    (先週末30日終値112.84-88円)
    
    先週末30日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって反発。
    欧州市場でドイツ銀行が大幅に反発、過去に米国で
    行った住宅ローン担保証券の不正な販売について、
    司法当局と約54億ドル(約5454億円)の支払いで和解
    すると報じられた(従来の140億ドル(約1兆4140億円)
    から大幅に減額)。
    ドイツ銀の反発を受けて欧州の銀行に対する懸念が
    緩和。
    金融株を中心に幅広い銘柄に買いが入り、堅調な展
    開となった。
    NYダウ終値は+164.70の18308.15、
    S&P500は+17.14の2168.27、
    NASDAQは+42.85の5312。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
お気軽にお問い合わせください
  • お申込み
  • お問い合わせ
電話番号