• 2017-01-31【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    JACR<2124> 決算発表。
    終値1366円(前日比+8円+0.58%)
    今期経常6%増で6期連続最高益更新見通し。配当を20円増配へ。
    
    日本ハム<2282> 決算発表。
    終値3075円(前日比+20円+0.65%)
    今期税引き前を4%上方修正、最高益予想上乗せ。
    
    六甲バタ<2266> 業績・配当修正発表。
    終値2417円(前日比+13円+0.54%)
    前期経常10%上方修正。配当2.5円増額。
    
    エイジア<2352> 決算、自社株買い、株式分割。
    終値1962円(前日比-3円-0.15%)
    10-12月期(3Q)経常56%増益。今期配当5円増額修正。
    発行済み株式数(自社株を除く)の2.15%にあたる5万株
    (金額で1億円)を上限に自社株買いを実施。
    5万株の自己株式を2/15付で消却。
    3/31、現在の株主を対象に1→2の株式分割実施。
    
    保土谷<4112> 決算発表。
    終値2785円(前日比-36円-1.27%)
    今期経常44%上方修正。
    
    クイック<4318> 決算発表。
    終値1101円(前日比-16円-1.43%)
    今期経常13%上方修正、最高益予想を上乗せ。配当3円増額。
    
    TDK<6762> 決算発表。
    終値8130円(前日比-90円-1.09%)
    今期税引き前を一転2.3倍増益に上方修正、20期ぶり最高益
    更新見通し。
    
    レザーテック<6920> 決算発表。
    終値2356円(前日比-43円-1.79%)
    今期経常15%上方修正。配当も5円増額。
    
    日本ライフL<7575> 決算発表。
    終値2110円(前日比-18円-0.84%)
    10-12月期(3Q)経常は82%増益。今期配当を12.5円増額修正。
    
    ニチハ<7943> 決算発表。
    終値2896円(前日比+25円+0.87%)
    今期経常19%上方修正し最高益予想上乗せ。配当も9円増額。
    
    任天堂<7974> 決算発表。
    終値23120円(前日比-445円-1.89%)
    今期経常一転4%増益に上方修正。配当も170円増額。
    
    東洋<8920> 決算発表。
    終値5250円(前日比-50円-0.94%)
    今期経常5%上方修正、最高益予想上乗せ。配当も1円増額
    
    ピックアップ
    コラボス<3908> 決算発表。
    終値3100円(前日比+147円+4.97%)
    17年3月期第3四半期決算(単体)は売上高12億9200万円(前
    期比7.9%)。純利益1億5300万円(19.6%増の2桁増益)。
    好調な業績ではあるが、直近の株価は今日まで7日続伸。
    決算を受けて一端利益確定売りなどに押される可能性がある。
    ただ、テクニカル面で、日足、週足の一目均衡表において、
    ここまで上値抵抗と意識された雲を突破しており、上昇トレ
    ンド転換。下落局面は押し目買いチャンス。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    フュートレック<2468>
    終値1299円(前日比-44円-3.27%)
    資本提携先のログバーがウェアラブル翻訳デバイス「ill
    (イリー)」を活用した法人向けサービスを提供開始。
    同社の音声認識・機械翻訳技術を搭載。
    
    ユーグレナ <2931>
    終値1179円(前日比-14円-1.17%)
    ミドリムシ生産体制を年産160tに倍増、ミドリムシの
    生産設備に関する増産工事が完了し2/1より本格稼働。
    
    TOKAIホールディングス<3167>
    終値805円(前日比-6円-0.73%)
    MVNO事業に本格参入し、格安SIMサービス開始。
    
    DMP<3652>
    終値2576円(前日比+14円+0.54%)
    バンダイナムコエンターテインメントと遊技機向け
    次世代プラットフォームの開発で業務提携。
    
    マイネット<3928>
    終値4830円(前日比-70円-1.42%)
    セガゲームスからスマートフォンゲーム「戦の海賊」
    の配信権を取得。同タイトルは15年8月にリリースされ、
    300万ダウンロードを超える大型タイトル。
    
    ノジマ <7419>
    終値1243円(前日比-1円-0.08%)
    発行済み株式数(自社株を除く)の4.07%にあたる200万株
    (金額で35億円)を上限に自社株買い実施。
    また、ニフティの個人向け事業を買収すると正式発表。
    買収総額は252億円。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-31【本日動いた注目株を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S 博展<2173>、
    一時S かどや製油<2612>、
    一時S リアルコム<3856>、
    一時S シャノン<3976>、
    一時S アズジェント<4288>、
    S Jストリーム<4308>、
    S ヤスハラケミ<4957>、
    S コスモス<6772>、
    S ジーエル<7705>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ウインテスト<6721> 3日大幅続伸。
    終値225円(前日比+15円+7.14%)
    国内電気機器大手からイメージセンサ検査装置を受注。
    週足一目均衡表の雲(219円)超え。
    
    ピックアップ
    サイネックス<2376> 3日大幅続伸。
    終値1122円(前日比+84円+8.09%)
    本日の8%超えの上昇。前日の25日移動平均線(1038円)
    回復に続いて、本日には日足一目均衡表においても雲
    (上限1077円)を突破。
    週足一目均衡表においても雲(上限990円)を超えており、
    今現在は基準線(1025円)、転換線(1088円)なども回復。
    一段高が期待される場面にあり。
    昨年来高値1248円(11/21)をうかかがう展開か。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-31【東京市場概況】

    日経平均は大幅続落(327円安) 米政権を巡る混乱を嫌気し安値引け
    
    前日の欧米株安に円高と外部環境の悪化で朝方から売り優勢の
    展開となった。
    日経平均は前場に一時、下げ渋る場面も見られたが、安値圏で
    の推移が続き、前場終わりは19110.91円(-257.94円)で引けて
    いた。
    そして、昼休憩中に伝わった日銀会合の結果は現状維持。
    ただ、それよりも市場が注目したのは、ほぼ同時間に伝わった
    トランプ米大統領が移民・難民の入国規制に反対したイエーツ
    司法長官代行を解任。
    米移民政策への懸念が改めて意識され、後場からリスク回避姿
    勢が強まり、日経平均は下げ幅拡大。
    大引けでは300円超えの下落となり、安値引けとなった。
    
    日経平均終値は-327.51円の19041.34円。
    
    東証1部の出来高は19億9746万株、
    売買代金は2兆4867億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり396銘柄、値下がり1518銘柄、
    変わらず88銘柄。
    
    業種別では全33業種が下落。
    値下がりトップは電気・ガス、鉄鋼、海運。
    
    決算発表が前半戦のヤマ場を向かえ、様子見姿勢の強いなか、
    外部環境に振らされるかっこうとなり、日経平均は大幅に値
    を落とした。
    ここからの下値メドは、節目19000円、1/24-1/25に開けたマ
    ドの下限18915.70円など。
    新興市場に関しても本日は、日経平均の下落につられたかっ
    こう。
    ただ、日経平均と比較すると下落率は小さく底堅いと見れる。
    トランプ米大統領の入国制限令による混乱から、物色の流れ
    は中小型株や内需系に向かいやすいだろう。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-31【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続落(257円安) 欧米株安に円高と外部環境悪化
    
    欧米株安に円高と外部環境の悪化を受けて、日本株は朝方から
    売り優勢の展開。
    トランプ米大統領による政策に対して先行きを懸念が重しとな
    った。
    日経平均は267円安まで下げ幅を拡げ、19100円どころまで、値
    を落とした。
    その後、下げ渋る動きもも見られたが、戻りは限定され、安値
    圏で前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-257.94円の19110.91円。
    
    東証1部の出来高は8億8698万株、
    売買代金は1兆698億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり404銘柄、値下がり1469銘柄、
    変わらず129銘柄。
    
    業種別では値上がりが1業種、値下がりが32業種。
    値上がりはその他金融のみ。
    値下がりトップは海運、ゴム製品、鉄鋼。
    
    
    後場の見通し
    
    先ほど発表された日銀会合の結果は金融政策の現状維持、
    17年度成長率見通し前年比+1.5%(従来+1.3%)。
    結果を受けた市場の反応は限定的。
    結果を受ける前から、トランプ大統領の入国制限に関す
    る政治不安に関心が向かっており、日銀会合への関心は、
    薄まっていたようだ。
    ただ、テクニカル面での日経平均は、日足一目均衡表の
    転換線(19134円)、基準線(19132円)などの水準まで、調
    整したかっこうとなっており、丁度良い押し目となる可
    能性あり。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-31【東京市場見通し】

    売り優勢の展開 欧米株安、円高を嫌気
    
    前日の欧米株は軟調、米株市場でNYダウは一時、220ドル超えの
    下落、その後は下げ幅を縮小したが、終値で節目2万ドルを割
    れた。
    為替ドル/円も円高に振れており、現在は113円台後半での推移、
    前日から1円近く円高に振れたかっこう。
    欧米株安に円高を受けて、日本株は売り優勢の展開。
    日経平均は節目19000円近辺まで値を落とす場面がありそうだ。
    売り一巡後はいっていの底型さを示す見通し。
    NYダウが終盤にいっていの底型さを示していたこと、
    日銀会合は無風通過の可能性が高いが、市場の混乱が警戒され
    る局面での、黒田日銀総裁の会見での発言に期待がしたい。
    物色に関しては引き続き、決算を通過した銘柄やテーマ性のあ
    る中小型株へ向かいやすい展開が続く。
    
    日経平均予想レンジは19000-19300円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り860万株、買い850万株、
    差し引き10万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が113円台後半での推移。
    (30日終値114.69-71円)
    
    ユーロ/円が121円台後半での推移。
    (30日終値122.71-75円)
    
    30日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって下落。欧州株が軟調だったことから、
    米株も軟調にスタート。
    原油安など受けてエネルギー株が下落。
    また、難民の入国制限などのトランプ政権の排他的な政策が
    世界の経済成長の重しとなるとの懸念も強まった。
    NYダウは一時、220ドル超えの下落。ただ、終盤には下げ渋り、
    下げ幅を縮小している。
    NYダウ終値は-122.65の19971.13、
    S&P500は-13.79の2280.90、
    NASDAQは-47.07の5613.71。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-30【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    コア<2359> 決算発表。
    終値1274円(前日比+38円+3.07%)
    4-12月期(3Q累計)経常は2.6倍増益。
    
    Vコマース<2491> 決算発表。
    終値343円(前日比+6円+1.78%)
    今期経常10%増益。今期年間配当を前期比3円増へ(7円に)。
    
    横河ブHD<5911> 決算発表。
    終値1406円(前日比-10円-0.70%)
    今期経常10%上方修正。
    
    ペガサス<6262> 決算発表。
    終値728円(前日比+17円+2.39%)
    今期経常を一転21%増益に上方修正。
    
    メルコ<6676> 決算発表。
    終値3250円(前日比+5円+0.15%)
    今期経常を一転21%増益に上方修正。
    
    九州電力<9508> 決算発表。
    終値1272円(前日比-12円-0.93%)
    4-12月期(3Q累計)経常51%増益。
    未定だった今期配当は5円増配(10円実施)。
    
    ピックアップ
    ソフトブレーン<4779> 決算発表。
    終値454円(前日比+25円+5.82%)
    16年12月期の連結経常利益は前期比49.2%増の10.1億円に拡大。
    従来予想8.2億円を上回って着地。
    17年12月期も前期比4.6%増の10.6億円に伸びを見込み、2期連
    続で過去最高益を更新する見通しとなった。
    株価は決算期待もあり、本日に大幅上昇。
    直近に上値抵抗として意識された日足一目均衡表の基準線(43
    5円)超え。好決算を受けて、上値を伸ばす展開に期待。
    
    タカラバイオ<4974> 決算発表。
    終値1614円(前日比+23円+1.44%)
    17年3月期の連結業績予想について売上高を286億円から
    291億円(前期比2.1%減)へ、
    営業利益を28億5000万円から31億円(前期比16.2%増)へ
    上方修正した。
    また、業績好調に伴い、従来1.8円と予定していた期末
    一括配当を4円に大幅増額修正。
    株価は長らく、25日移動平均線(1565円)近辺で、もみ
    あい。
    好決算をキッカケに同線から上放れ、上昇トレンド転
    換へと期待がかかる。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    トランスG<2342>
    終値672円(前日比-1円-0.15%)
    熊本大学と共同で国際特許出願をしていた「ヒト化マウスの
    開発」、豪州特許査定を取得。
    
    ケイブ<3760>
    終値1307円(前日比+22円+1.71%)
    スマホゲーム「ゴシックは魔法乙女」の台湾・香港・マカオ
    展開でガンホー・ガマニア社と提携。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-30【本日動いた注目株を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S KDXサムス<1584>、
    S 博展<2173>、
    一時S アエリア<3758>、
    S リアルコム<3856>、
    一時S 第一化成<4235>、
    S アズジェント<4288>、
    S ダイトーケミ<4366>、
    一時S 綜研化学<4972>、
    S M&Aキャピ<6080>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S パートナーA<6181>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ユニマットRC<9707> 大幅反発。
    終値1379円(前日比+104円+7.15%)
    日足一目均衡表の雲(上限1326円)突破。
    
    ピックアップ
    岡村製<7994> 5日大幅続伸。
    終値1128円(前日比+93円+8.98%)
    1/10直近高値1085円を超え一段高。
    週足一目均衡表の雲(上限1099円)突破。
    目先、昨年来高値1211円(16/1/7)を捉えにいく展開へ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-30【東京市場概況】

    日経平均は4日ぶり反落(98円安) 一時170超下落も後場下げ渋り
    
    朝方、為替ドル/円が円高方向にあったことなどから売りが先行。
    日経平均は一時、170円超えの下落幅となり、19300円割れまで
    値を下げた。
    ただ、後場に入ると日銀によるETF(上場投信)買いの期待が
    支えとなり、下げ幅を縮小。
    日銀の金融政策決定会合を前に商いは含まらなかったが、いっ
    ていの底型さ示して、本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は-98.55円の19368.85円。
    
    東証1部の出来高は15億3274万株、
    売買代金は1兆9240億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり848銘柄、値下がり1003銘柄、
    変わらず151銘柄。
    
    業種別では値上がりが10業種、値下がりが23業種。
    値上がりは石油・石炭、鉄鋼、水産・農林など。
    値下がりトップは保険、電気・ガス、銀行。
    
    日経平均はいっていの底型さ示しており、目先は25日移動
    平均線(19239円)などが下値サポートして意識されそうだ。
    ただ、上値も19500円、1/5高値19615.40円などが、意識さ
    れており、特別材料が無いなかでは、このレンジ内での推
    移が予想される。
    いっぽうで、新興市場はしっかりとした展開でジャスダッ
    ク、マザーズは反発。
    マザーズは昨年7/6以来の終値で1000ptを回復。主力の銘
    柄が決算発表前で手掛けにくいなか、中小型株へ物色が
    向かいやすい展開にある。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-30【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落(144円安) 円高や日銀会合前のポジション調整売り
    
    先週末の米株が高安まちまちとなったなか、為替ドル/円が円高
    方向に振れていたことから、売りが先行。
    また、本日から明日まで予定されているる日銀の金融政策決定
    会合を前にポジション調整売りも重なった。
    日経平均は一時、170円超えの下落幅、19300円を割れる場面が
    あり、その後は下げ渋るも戻りは鈍く、安値圏で前場の取引を
    終えた。
    
    日経平均前場終値は-144.62円の19322.78円。
    
    東証1部の出来高は7億5118万株、
    売買代金は8933億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり616銘柄、値下がり1243銘柄、
    変わらず142銘柄。
    
    業種別では値上がりが5業種、値下がりが28業種、
    値上がりは石油・石炭、海運、鉄鋼など。
    値下がりトップは銀行、保険、電気・ガス。
    
    
    後場の見通し
    
    今週は重要イベントが目白押しで動きづらい。明日までの
    日銀の金融政策決定会合では、日銀の政策変更はないとみ
    られるが、国債オペの方法についての考え方などがポイン
    トで、総裁会見などの見極めが必要。
    そうした見方から、後場も積極的な買いは入りづらい。
    後場も一段と下押すことは無いだろうが、上値の重い展開
    が続きそうだ。
    テクニカル面での日経平均は25日移動平均線(19237円)な
    どがサポートとなる見込み。
    日経平均が下落となったなか、新興市場はプラス圏で前場
    の取引を終えており堅調。
    後場も引き続き、決決算を手掛かりとした個別対応、テー
    マ性のある中小型株へ、買いが向かいそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-30【東京市場見通し】

    こう着感の強い展開 外部環境に大きな変化無し 企業決算を注視
    
    先週末の米株市場はまちまち。2016年10-12月期GDP・速報値が
    市場予想を下回る結果となったことなどが上値を抑えて売り優
    勢となり、NYダウは小反落。
    ただ、NASDAQは企業決算などが好感され、反発となった。
    為替ドル/円はやや円高に振れ、114円台後半での推移。
    外部環境に差ほど大きな変化がないなか、日本株はこう着感の
    強い展開が予想される。
    今日から日銀金融政策決定会合、明日から米FOMCを控えている
    ことも、様子見姿勢を強めそうだ。
    日経平均は先行期待が強く、下値は底堅いと予想される。
    ただ、上値では戻り売り圧力が強く19500円水準では、上値を
    抑えられそうだ。
    物色は決算を手掛かりとした個別対応、また、相対的に出遅れ
    感の強いセクターやテーマ性のある中小型株などのリバウンド
    が意識される見込み。
    
    日経平均予想レンジは19400-19550円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り560万株、買い370万株、
    差し引き190万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が114円台後半での推移。
    (先週末27日終値115.21-23円)
    
    ユーロ/円が123円近辺での推移。
    (先週末27日終値122.97-123.01円)
    
    先週末27日の米株市場概況
    
    高安まちまち。NYダウ、S&P500は下落もNASDAQは良好な企業決算
    などを受けて、上昇し反発。
    発表された2016年10-12月期GDP・速報値が前期比+1.9%と、
    前期+3.5%から伸びが鈍化、市場予想+2.2%も下回った。
    この結果を重しに、週末要因によるポジション調整売りもあり、
    弱含みの展開となった。
    NYダウ終値は-7.13の20093.78、
    S&P500は-1.99の2294.69、
    NASDAQは+5.61の5660.78。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-27【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    モノタロウ<3064> 決算発表。
    終値2578円(前日比+64円+2.54%)
    今期経常22%増で8期連続最高益、今期配当4円増配方針22円へ。
    
    東ゼネ石<5012> 業績修正発表。
    終値1336円(前日比+21円+1.59%)
    前期経常64%上方修正。
    
    黒崎播磨<5352> 決算発表。
    終値343円(前日比+12円+3.62%)
    今期経常25%上方修正、10期ぶり最高益更新見通しに。
    未定だった配当を3円増配方針13円に。
    
    アルパイン<6816> 決算発表。
    終値1537円(前日比-2円-0.12%)
    今期経常7.4倍上方修正。
    
    ホクシン<7897> 決算発表。
    終値238円(前日比+10円+4.39%)
    今期経常25%上方修正。
    
    ピックアップ
    アルプス<6770> 決算発表。
    終値3015円(前日比±0円±0.00%)
    17年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は325億円、
    前年同期比26.1%減となった。
    しかし、通期の同利益を従来予想345億円から410億円(前期
    は500億円)に上方修正(18.8%)。減益率が31.1%減から18.1%
    減に縮小する見通し。
    テクニカル面での当銘柄は週足一目均衡表の雲(上限2913円)
    を突破した。
    決算内容も好感されるもので、上値を伸ばす展開に期待がか
    かる。
    来週は昨年来高値(3285円)をうかがう展開から、高値更新に
    も期待。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-27【本日動いた注目株を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め5銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S 省電舎<1711>、
    一時S ファステプ<2338>、
    S カネヨウ<3209>、
    一時S リアルコム<3856>、
    一時S エヌジェイ<9421>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    ピックアップ
    リアルコム<3856> 一時S高
    終値717円(前日比+93円+14.90%)
    大幅3日続伸。一時はS高となり、724円まで値を上げた。
    前日に上値抵抗として意識された日足一目均衡表の雲
    (上限636円)を突破。
    月足一目均衡表においても、雲上限(635円)を超えており、
    今月に雲突破となる可能性は高く、中長期的にも堅調な
    展開が期待される形にある。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    エンカレッジ<3682> 3日大幅続伸。
    終値1937円(前日比+177円+10.05%)
    日足一目均衡表の雲(上限1854円)突破。
    
    ピックアップ
    東洋機械<6210> 3日大幅続伸。
    終値528円(前日比+55円+11.62%)
    前日発表の決算を受けて大幅に上昇。
    4-12月期営業がプラスに転換、
    株主優待新設などが好感された。
    月足一目均衡表の雲(上限473円)を超えており、
    中朝長期的にも堅調な展開が続きそうだ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-27【東京市場概況と来週の見通し】

    27日概況 日経平均は3日続伸(65円高) 外部環境好感し、しっかり
    
    前日のNYダウが連日で最高値を更新、為替ドル/円が円安方向に
    あったことなどから、日本株は朝方から買い優勢の展開。
    その後、戻り待ちの売りや利益確定売りに上値を抑えられた
    ものの、しっかりとした展開が続いた。
    日経平均は後場に、この日の安値19404.13円(1.74円高)まで、
    上げ幅を縮小する場面があったが、持ち直し、この日の取引
    を終えた。
    
    日経平均終値は+65.01円の19467.40円。
    
    東証1部の出来高は19億4716万株、
    売買代金は2兆4304億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1003銘柄、値下がり857銘柄、
    変わらず141銘柄。
    
    業種別では値上がりが20業種、値下がりが13業種。
    値上がりトップは鉱業、ゴム製品、空運。
    値下がりは海運、鉄鋼、その他金融など。
    
    
    来週の見通し 企業決算ピークで様子姿勢も先行期待強く堅調
    
    日経平均は本日まで3日続伸、直近に大幅に値を上げた。
    利益確定売りが出やすく、戻り売り圧力も強いと見られるが、
    良好な外部環境を考えれば、先行期待は強い。
    米株の高値更新が続き、来週に発表予定の米経済指標の結果が、
    堅調なものとなれば、為替ドル/円も一段と円安方向へ。
    日経平均の上値余地は拡がる。1/5高値19615.40円を超え、
    大台20000円を意識した展開となるだろう。
    (発表される主な米指標は、2/1に1月米ISM製造業景気指数、
    2/3に1月米ISM非製造業景気指数と1月米雇用統計。)
    国内では企業決算が前半戦のピークとなる。これまでの決算は
    概ね良好だが、市場予想を下回る銘柄などへの売りは強く、
    手掛けづらさを感じる。
    その為、堅調な展開ながらも様子姿勢から、やや上値は限られ
    そうだ。
    また、米株の上昇が一服、為替ドル/円が円高に振れるような時
    には注意が必要だろう。
    
    来週の日経平均予想レンジは19000-19800円。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-27【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は3日続伸(71円高) NYダウ高値更新 円安好感
    
    前日の米株市場でNYダウが連日で最高値を更新したことや、
    為替ドル/円が大幅に円安方向に振れたことなどを好感、
    日本株は買いが先行した。
    ただ、直近の急ピッチでの上昇、週末要因もあり、買い
    先行後は伸び悩む展開となった。
    日経平均のここまでの高値は19486.68円(+84.29円)。
    19400円台半ばで、もみあい、前場の取引を終えている。
    
    日経平均前場終値は+71.76円の19474.15円。
    
    東証1部の出来高は9億6983万株、
    売買代金は1兆1898億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1157銘柄、値下がり682銘柄、
    変わらず162銘柄。
    
    業種別では値上がりが24業種、値下がりが9業種。
    値上がりトップは鉱業、石油・石炭、ゴム製品。
    値下がりは海運、その他金融、転送用機器など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均への寄与度の高いファナック<6954>などが、
    業績上方修正を発表も利食い優勢、それもあってか、
    本日決算発表予定の信越化<4063>も利食い優勢。
    週末要因もあり、いったん利益を確保といった動き
    が見られる。
    後場もその流れは継続され、上値の重い展開となり
    そうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-27【東京市場見通し】

    買い優勢の展開 NYダウが連日で史上最高値更新 ドル/円が円安方向
    
    前日の米株市場でS&P500、NASDAQは反落となったが、
    NYダウは3日続伸し、連日で史上最高値を更新した。
    また、為替ドル/円も大幅に円安方向に振れており、
    現在は、114円台後半での推移。
    NYダウの続伸、ドル/円が円安方向にある流れを好感して、
    日本株は買いが先行する見通し。
    日経平均(前日終値19402.39円)はCME225先物の動向から
    19500円を回復する展開となりそうだ。
    価格帯別出来高の商いが積み上がっていた19000-19300円を
    超えており、売りを吸収してきたかっこう。
    テクニカル面においても25日移動平均線(19241円)を前日に
    回復。
    NYダウの大台突破に続き、日経平均も20000円を狙う流れに
    あるだろう。
    今日のところは週末要因から、買い先行後は上値の重い展開、
    1/5高値19615.40円水準が上値メドとなりそうだ。
    
    日経平均予想レンジは19400-19600円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り750万株、買い2250万株、
    差し引き1500万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が114円台後半。
    (26日終値113.76-77円)
    
    ユーロ/円が122円台前半。
    (26日終値122.07-11円)
    
    26日の米株市場概況
    
    まちまち。NYダウは続伸もS&P500、NASDAQは反落。
    主要3指数とも、取引期間中の史上最高値は更新も、
    その後は伸び悩む展開に。
    引け後にインテル、マイクロソフト、アルファベットなど、
    主要企業の決算発表を控えて、次第に様子姿勢となった。
    ただ、NYダウに限っては終値でも史上最高値を更新した。
    NYダウ終値は+32.40の20100.91、
    S&P500は-1.69の2296.68、
    NASDAQは-1.16の5655.18。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-26【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    カゴメ<2811> 業績・配当修正発表。
    終値2837円(前日比+35円+1.24%)
    前期経常20%上方修正、4期ぶり最高益更新見通し。
    配当2.5円増額(24.5円に)。
    
    小糸製<7276> 決算発表。
    終値6160円(前日比+30円+0.49%)
    今期経常を一転9%増益に上方修正、最高益更新見通し。
    
    ピックアップ
    ファナック<6954> 決算発表。
    終値22650円(前日比+730円+3.33%)
    16年4-12月期の業績は売上高が3903億円(前年同期比19.9%減)。
    営業利益は1116億円(前年同期比35.4%減)。
    純利益は925億円(前年同期比27.3%減)。
    ただ、17年3月期の通期業績予想を上方修正。
    1347億円と予想していた営業利益を1405億円(前年比34.8%減)に、
    1041億円とみていた純利益を92億円増額の1133億円に(前年同期
    比日29.1%)。
    株価は連日で昨年来高値を更新中。過熱感がないわけではない
    が、上値余地を残す範囲内。
    テクニカル面で注目されるのは月足一目均衡表。
    仮に上昇一服となっても、基準線21197円を上回り、今月の取引
    を終えれれば、いっとき、上昇トレンドは維持されそうだ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    伊藤園<2593>
    終値3795円(前日比+65円+1.74%)
    自社株買い発表。
    (発行済み株式数(自社株を除く)の1.03%にあたる
    350,000株万株(金額で700百万円)を上限。
    買い付け期間平成29年2/13~4/21)。
    
    ネクシィーズG<4346>
    終値1487円(前日比+9円+0.60%)
    自社株買い発表。
    (発行済み株式数(自社株を除く)の1.03%にあたる
    300,000株万株(金額で500百万円)を上限。
    買い付け期間平成29年2/15~5/31)。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-26【本日動いた注目株を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め10銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 省電舎<1711>、
    S ボヤージュ<3688>、
    S サイステップ<3810>、
    一時S はてな<3930>、
    一時S 日化産<4094>、
    一時S アンドール<4640>、
    一時S アドベンチャ<6030>、
    S サン電子<6736>、
    一時S NF回路<6864>、
    S タカタ<7312>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    朝日ラバー<5162> 5日大幅続伸。
    終値921円(前日比+43円+4.89%)
    日足一目均衡表の雲(上限881円)突破。
    
    松井健<1810> 大幅続伸。
    終値1126円(前日比+45円+4.16%)
    日足一目均衡表の雲(上限1001円)突破。
    
    ピックアップ
    カネミツ<7208> 大幅反発。
    終値1200円(前日比+134円+12.57%)
    昨年来高値を更新(1170円6/14)。
    週足一目均衡表にて雲上限が1137円。
    今週、雲突破となる可能性が高い。
    また、月足一目均衡表においても、
    基準線(1137円)を回復しており、
    来週、来月に向けて、もう一段高へと期待がかかる。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-26【東京市場概況】

    日経平均は大幅続伸(344円高) 後場に一段高 19400円台回復
    
    前日の米株市場でNYダウが大台2万ドルに乗せたことなどを
    好感し、日本株も朝方から買いが先行。
    日経平均は203円高からスタートし、その後もジリジリと
    上げ幅を拡げ、後場に一段高、上げ幅を350円近くまで拡
    げ、この日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+344.89円の19402.39円。
    
    東証1部の出来高は23億株、
    売買代金は2兆7423億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1599銘柄、値下がり309銘柄、
    変わらず94銘柄。
    
    業種別では値上がりが32業種、値下がりが1業種。
    値上がりトップは証券・商品、保険、銀行。
    値下がりは鉱業のみ。
    
    東証1部の売買代金が2.7兆円に膨らみ、商いが伴っての上昇と
    なった。
    日経平均は25日移動平均線(19241円)を回復。上値抵抗と意識
    されていた同線を早い段階で回復し、今後は下値サポートして
    意識されるだろう。
    流れとしては、NYダウは2万ドルを回復、日経平均も1/5高値
    19615.40円超えへ。高値更新となれば、20000円の大台も見え
    てくる。
    ただ、本日は逆行する形となり、連動性が薄まってきているよ
    うに感じるが、為替ドル/円の動向には引き続き、注意が必要。
    新興市場も引き続き、堅調。ジャスダックが7日続伸。
    マザーズも5日続伸となり、一時は約半年ぶりに節目1000ポイ
    ントを回復した。
    移動平均線チャートにおいても5日移動平均線(982.49)が200日
    移動平均線(982.30)を僅かながらも上回るなど良好な形。
    引き続き、上値を伸ばす展開に期待がかかる。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-26【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅続伸(275円高) 米株高を好感
    
    前日の米株市場で、NYダウが大台2万ドル超えとなる
    など堅調だった流れから、日本株も買いが先行。
    日経平均は、300円近くの上昇となり、19300円台半
    ばまで値を上げる場面も見られた。
    金融株をはじめ、輸出関連株の上昇が目立ち、物色
    の流れは良い方向にある。
    
    日経平均前場終値は+275.34円の19332.84円。
    
    東証1部の出来高は12億5449万株、
    売買代金は1兆2689億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1472銘柄、値下がり399銘柄、
    変わらず130銘柄。
    
    業種別では値上がりが32業種、値下がりが1業種。
    値上がりトップは証券・商品、保険、銀行。
    値下がりは鉱業のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は前場終値時点で、上値抵抗の25日移動平均線
    (19238円)などを回復。
    価格帯別出来高では商いが膨れている水準であり、ここ
    からの一段高には見極めが必要であるが、上昇トレンド
    に戻りつつあると見ておきたい。
    為替ドル/円の強含みが気になるところではあるが、本日
    は逆行しており、連動性を薄めてきている。
    後場も堅調な流れは続き、25日移動平均線で値固めの展
    開となりそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-26【東京市場見通し】

    買い優勢の展開 NYダウがついに大台2万ドル超えを達成
    
    前日に米株市場でNYダウがこれまで上値を抑えられた大台2万ド
    ル乗せを達成し史上最高値を更新。
    また、S&P500、NASDAQも続伸し史上最高値を更新した。
    日本株も米株高を好感し買い優勢の展開が予想される。
    ただ、為替ドル/円は113円台前半での推移と前日からほぼ横ばい。
    買い先行後、上値を抑える要因となりそうだ。
    日経平均は25日移動平均線(19241円)近辺で寄り付き、その後は
    同線を挟んでのもみあいとなりそうだ。
    日経平均が上値の抑えられるなか、物色対象は中小型に向かい
    やすく、テーマ性のある銘柄がより注目されると予想する。
    また、トランプ政権への思惑等から、設備投資関連。
    決算発表を控えているファナック<6954>の動向にも注目。
    
    日経平均予想レンジは19000-19300円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1250万株、買い840万株、
    差し引き840万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が113円台前半。
    (25日終値113.54-55円)
    
    ユーロ/円が122円手前。
    (25日終値121.64-68円)
    
    25日の米株市場概況
    
    景気敏感株を中心に幅広い銘柄が上昇。主要3指数そろって
    続伸し、そろって史上最高値を更新した。
    NYダウはこれまでに上値抵抗として意識された大台2万ドル乗
    せを達成。
    個別では前日に好決算を発表したシーゲイト・テクノロジ
    ーが13.97%高、好調な787ドリームライナーが増益に寄与し
    たボーイングが4.24%高となるなど指数の上昇を押し上げた。
    NYダウ終値は+155.80の20068.51、
    S&P500は+18.30の2298.37、
    NASDAQは+55.38の5656.34。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-25【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    日立化成<4217> 決算発表。
    終値3120円(前日比+35円+1.13%)
    今期税引き前を一転2%増益に上方修正。
    
    旭硝子<5201> 業績修正発表。
    終値835円(前日比+21円+2.58%)
    前期税引き前を24%上方修正。
    
    日バルカー<7995> 決算発表。
    終値1559円(前日比+27円+1.76%)
    今期経常16%上方修正。業績好調に伴い配当も15円増額。
    (今期年間配当を36円から51円に)。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    フュートレック<2468>
    終値1347円(前日比+151円+12.63%)
    NTTドコモの「コミュニケーションパートナーここくま」
    にフュートレックの音声認識技術vGateが採用。
    
    太陽HD<4626>
    終値5070円(前日比+150円+3.04%)
    今期配当を10円増額修正(120円に)。
    
    ピックアップ
    ラクオリア<4579>
    終値442円(前日比+21円+4.99%)
    EP4拮抗薬について、導出先の米アラタナ社と
    エランコ・アニマル・ヘルスが米国販売開始。
    それにより、マイルストン達成による一時金受領を発表。
    (マイルストン達成に伴う一時金を受領し17年12月期業績
    に計上。また、上市後の医薬品売上高の一定料率のロイ
    ヤルティー収入を受領するとのこと。具体的な金額など
    は非開示)
    株価は現在、テクニカル面では、週足一目均衡表の雲内
    (上限464-下限423円)で推移。
    発表を好感し、雲突破となれば、中長期で上昇トレンド
    転換と期待されるところにある。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-25【本日動いた注目株を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め10銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S 省電舎<1711>、
    一時S 日本ライトン<2703>、
    S イントランス<3237>、
    一時S ブレインP<3655>、
    S 第一化成<4235>、
    S アンドール<4640>、
    一時S RSC<4664>、
    S ストライク<6196>、
    S タカタ<7312>、
    一時S 鈴与シンワ<9360>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S MXリス5<1567>、
    S T&C<3832>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ピックアップ
    アルプス<6770> 大幅続伸。
    終値2988円(前日比+182円+6.48%)
    本日に特に上昇が目立ったのが電子部品株。
    出遅れ修正狙いの買いが向かった見込み。
    また、当銘柄に関してはクレディ・スイス証券が
    目標株価を引き上げたことにも反応したともよう。
    1/27に決算発表予定。今期の営業利益予想423億円
    に対して、18年3月期は667億円、前期比58%の大幅
    増益を想定されている。
    テクニカル面では日足一目均衡表の雲上限(2762円)
    近辺から上放れ。
    週足一目均衡表においても今週に雲(上限2913円)を
    突破する可能性もあり、決算次第では、中長期で上
    昇トレンド転換か。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-25【東京市場概況】

    日経平均は大幅反発(269円高) 節目19000円回復で引けた
    
    前日の米株高や円安と外部環境が好転し、買いが先行。
    日経平均は寄り付き直後に345円高まで上昇し、19100
    円台まで戻した。
    ただ、その後は戻い待ちの売りで伸び悩み、前場は節
    目19000円を割れて引けていた。
    後場に入っても、19000円近辺でのもみあいが、しば
    らく続いていたが、引けにかけてジリ高。19000円を
    上回り、本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+269.51円の19057.50円。
    
    東証1部の出来高は19億3434万株、
    売買代金は2兆2344億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1529銘柄、値下がり385銘柄、
    変わらず88銘柄。
    
    業種別では値上がりが30業種、値下がりが3業種。
    値上がりトップは鉄鋼、機械、非鉄金属。
    値下がりはその他金融、食料品、建設のみ。
    
    過度の下値不安は解消されつつあるも上値も慎重姿勢。
    本日の東証1部売買代金は2兆円を上回ったものの、価格
    帯別出来高の膨らんでいる、この水準では物足りない。
    本格化する企業の決算発表を前に、見極めたいとの姿勢
    が見られる。
    当面、日経平均は25日移動平均線(19241円)、5日移動平
    均線(18989円)などを目安にもみあう展開が予想される。
    新興市場は引き続き堅調で、ジャスダックは連日で昨年
    来高値を更新し、6日続伸。マザーズも4日続伸となった。
    引き続き、物色が向かいやすいのは、中小型のテーマ株
    など。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-25【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅反発(206円高) 外部環境好転を好感
    
    前日の米株市場の上昇、為替ドル/円が円安方向に振れたことな
    どが好感され、買いが先行した。ただ、上値では戻り売り圧力
    も強い。
    日経平均は一時、300円超えの上昇となり、節目19000円を超え、
    19100円台まで値を上げた。
    その後は、伸び悩み、前場終わりでは、節目19000円を割れて
    いる。
    
    日経平均前場終値は+206.34円の18994.33円。
    
    東証1部の出来高は10億6033万株、
    売買代金は1兆1183億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1435銘柄、値下がり419銘柄、
    変わらず148銘柄。
    
    業種別では値上がりが29業種、値下がりは4業種。
    値上がりトップは鉄鋼、非鉄金属、機械。
    値下がりは食料品、医薬品、ゴム製品、建設のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は買い優勢の展開も上値では戻り売り圧力に押され、
    伸び悩んでいる。
    ただ、5日移動平均線(18976円)がサポート線として、機能し
    ているもよう。
    後場も引き続き、同線で底堅さを維持するようなら、買いが
    強まる可能性がある。
    とはいえ、基本的に本格化する決算を前に積極的な参加者は
    限られており、売り仕掛け的にな動きには注意したい。
    日経平均がこう着感が強まるようなら、物色は中小型に向か
    いやすい。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-25【東京市場見通し】

    買い優勢の展開 米株高に円安と外部環境好転で安心感あり
    
    前日の米株市場が上昇。NYダウは再度2万ドルに迫り、S&P500
    とNASDAQは史上最高値を更新している。
    為替ドル/円も円安方向に振れており、現在は114円手前での
    推移。
    外部環境の好転から日本株は買い優勢の展開。
    日経平均はCME225先物の動向から、節目19000円を回復する
    見通し。
    ただ、この水準は価格帯別出来高の膨らんでいる水準であり、
    戻り待ちの売り圧力が強まりやすい。
    19000円近辺では売り買い交錯、もみあう展開が予想される。
    テクニカル面では、直近に上値抵抗として意識されている5日
    移動平均線(18956円)を維持して、本日の取引を終えれるかが
    焦点となりそうだ。
    外部環境の好転し、下値不安は和らいだと見れる。
    ただ、上値追いには、まだ慎重姿勢。
    そんななか、物色は引き続き、決算を手掛かりとした個別対
    応のほか、中小型のテーマ株へ向かいやすい流れが続くと思
    われる。
    
    日経平均予想レンジは18850-19100円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り840万株、買い760万株、
    差し引き450万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が114円手前。
    (24日終値113.35-38円)
    
    ユーロ/円が122円台前半。
    (24日終値121.72-76円)
    
    24日の米株市場概況
    
    反発。主要3指数そろって上昇。S&P500とNASDAQは史上最
    高値を更新。
    NYダウは大台2万ドルに再び迫る展開となった。
    トランプ大統領が、オバマ政権時に認可されなかった原
    油パイプライン建設工事を推進する大統領令に署名。
    インフラ投資拡大への期待感が台頭し、買い優勢に。
    また、発表された米1月製造業PMI(購買担当者景況指数)が、
    市場予想を上回る結果となったことも好感された。
    NYダウ終値は+112.86の19912.71、
    S&P500は+14.87の2280.07、
    NASDAQは+48.02の5600.96。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-24【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    BPカストロ<5015> 業績・配当修正発表。
    終値1412円(前日比+1円+0.07%)
    前期経常一転26%増益に上方修正、
    6期ぶり最高益更新見通し。
    配当も大幅25円増額(91円に)。
    
    ローランドDG<6789> 業績修正発表。
    終値3105円(前日比-5円-0.16%)
    前期経常を32%上方修正。
    
    安永<7271> 業績修正発表。
    終値1526円(前日比-53円-3.35%)
    今期経常を2倍上方修正。
    
    ピックアップ
    日本電産<6594> 決算発表。
    終値10850円(前日比+50円+0.46%)
    17年3月期の連結業績予想について、売上高は1兆2000億円
    の据え置きとしたが、営業利益を1350億円から1400億円(
    前期比19.0%増)、
    純利益を1000億円から1050億円(前期比16.7%増)に上方修
    正をした。
    また、自己株式の取得枠設定に関しても発表。
    (発行済み株式数(自社株を除く)の1.69%にあたる500万株
    (金額で500億円)を上限。
    取得期間平成29年1/27~平成30年1/26)
    株価は上昇トンド真っただ中にあり堅調。
    5日移動平均線(10741円)、25日移動平均線(10371円)との
    乖離も少なく、過熱感は低い。
    発表を好感し、引き続き上値を伸ばす展開が期待される。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ラクーン<3031>
    終値451円(前日比±0円±0.00%)
    GMO-PG<3769>が提供を開始した「BtoB EC向け決済パッ
    ケージ」に同社のBtoB後払い決済サービス「Paid(ペイ
    ド)」が導入されたと発表。
    
    メディアドゥ<3678>
    終値1455円(前日比-3円-0.21%)マンガの書評サイトと
    情報メディアを運営するマンガ新聞の全株式を取得し
    子会社化する。
    
    宝印刷<7921>
    終値1496円(前日比+11円+0.74%)
    ホームページの企画・制作を行うイーツーを子会社化
    で基本合意。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-24【本日動いた注目株を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め10銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S MXリス5<1567>、
    S ソケッツ<3634>、
    S リミックス<3825>、
    S 第一化成<4235>、
    S アンドール<4640>、
    一時S イマジニア<4644>、
    S RSC<4664>、
    S グレイス<6541>、
    一時S santec<6777>、
    S ソフィア<6942>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S サイステップ<3815>。
    
    ピックアップ
    REMIX<3825> S高。
    終値328円(前日比+80円+32.26%)
    本日、S高銘柄から当銘柄に注目。
    後場、子会社ビットポイントジャパンが中国最大SNS
    「微博」の代理店企業と業務提携との発表を受けて急騰。
    中国最大インターネットメディアとの業務提携、訪日中
    国人の仮想通貨決済の促進や仮想通貨サービスの拡充強
    化を図るとのこと。
    テクニカル面でも週足一目均衡表の雲(上限315円)を突
    破してきており、当面、堅調な展開が続きそうだ。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ピックアップ
    平田機工<6258> 大幅続伸。
    終値7660円(前日比+520円+7.28%)
    環境対応車の生産関連設備で複数の大型案件
    を受注と一部で報じられ、材料視された。
    テクニカル面でも前日に一目均衡表の雲(上
    限7075円)を突破しており、本日も一段高。
    昨年来高値8630円(10/31)を捉えにいく展開か。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-24【東京市場概況】

    日経平均は続落(103円安) 底型さを示す場面もあるも円高重しに
    売り優勢
    
    欧米株安や円高を嫌気し売りが先行した日本株。
    ただ、円高が一服する場面や日銀によるETF買い入れ期待
    などから、底型さを示していた。
    しかし、再び円高に振れる動きが見られたことなどから、
    再び軟化、売りが強まり、本日の取引を終えた。
    日経平均は前場に一時プラス圏に浮上する場面があるも、
    上値は重く、後場にやや下げ幅を拡大、1/18以来の安値
    水準となった。
    
    日経平均終値は-103.04円の18787.99円。
    
    東証1部の出来高は18億6688万株、
    売買代金は2兆2757億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり802銘柄、値下がり1084銘柄、
    変わらず116銘柄。
    
    業種別では値上がりが5業種、値下がりが28業種。
    値上がりは海運、卸売、鉄鋼など。
    値下がりトップは銀行、電気・ガス、保険。
    
    日経平均は5日移動平均線(18956円)などが抵抗線なり、下落
    基調。
    12/7-12/8に開けた(18502.47円-18614.01円)のマド埋めへと
    進みしそうだ。
    その水準でも下落基調が続く場合は、75日移動平均線(18178
    円)などが、次の下値メドして意識される見込み。
    いっぽうで新興市場は堅調な展開となっており、ジャスダッ
    クは5日続伸で昨年来高値を更新。マザーズも3日続伸と堅調。
    引き続き、テーマ性のある中小型株などを中心に買われる
    展開が続きそうだ。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-24【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅続落(13円安) 円高重しも下値では下げ渋り
    
    前日の米株市場が軟調だったことや為替ドル/円が円高
    方向に振れていたことなどが嫌気され、売りが先行。
    ただ、ドル/円が円高一服となった流れから、押し目買
    いが入り下げ渋る動きを見せている。
    日経平均は一時、82円安となったがプラス圏に浮上す
    る場面もあり、前場引けにかけては小幅安でもみあう
    展開となった。
    
    日経平均前場終値は-13.32円の18877.71円。
    
    東証1部の出来高は9億1890万株、
    売買代金は1兆860億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり818銘柄、値下がり1017銘柄、
    変わらず162銘柄。
    
    業種別では値上がりが17業種、値下がりが16業種。
    値上がりトップは鉄鋼、海運、卸売。
    値下がりトップは銀行、電気・ガス、保険。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は前場、円高の一服、日銀のETF買い期待など
    が支えとなり、下値では買いが入っている。
    後場も引き続き、下値の底堅さは維持されそうだ。
    ただ、上値は決算発表の本格化を控えて、模様眺めムー
    ド。積極的に追う動きは限られそうだ。
    その一方で、新興市場はジャスダック、マザーズは前場
    をプラス圏で引けており堅調な展開。
    外部環境の影響を受けにくい中小型株への買いは見られ、
    引き続き、後場もその展開が続く見通し。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-24【東京市場見通し】

    売り優勢の展開 円高重し 日経平均は下値を探る展開か
    
    昨日の米株はトランプ米大統領に対しての先行き不透明感から
    売り優勢。ただ、決算期待などから終盤は下げ渋る動きを見せ
    小幅安。
    為替ドル/円は、円高方向。112円台半ばでの推移。トランプ米
    大統領が、日本の自動車取引に関して不公平と発言したこと
    などから、ドル高進行を放置しないとの思惑が広がったと見ら
    れる。
    CME225先物の動向を見る限り、円高のわりには、しっかりとし
    た展開。前日の日経平均が大幅に下落した為、いっていの底堅
    さを示しているようだ。
    ただ、日本時間で一段と円高に振れるような動きとなれば、
    日経平均は下げを強める可能性が高い。
    そんななか、物色対象として注目されるのはビットコインや
    フィンテックなどの関連株。
    国内でビットコインを支払いに使える店舗は2017年中にも現在
    の約5倍の2万ヶ所まで増える見通しと報じられており、これを
    受けての動向が注目される。
    
    日経平均予想レンジは18600-18900円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り310万株、買い760万株、
    差し引き450万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が112円台半ば。
    (23日終値113.45-47円)
    
    ユーロ/円が121円台前半。
    (23日終値121.88-92円)
    
    23日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって反落。トランプ政権の経済政策の不透明感
    が嫌気された。
    正式に就任したトランプ大統領がTPP(環太平洋戦略的経済
    連携協定)から離脱する大統領令に署名。
    保護主義的な通商政策が実行される可能性も警戒された。
    また、「少なくとも75%の規制を緩和する」「大規模な国境税
    を導入する」などとも発言しており、これを受けて新政権の政
    策への不信感が強まった。
    ただ、株価は売り一巡後に決算期待などから下げ渋り、小幅
    安で、この日の取引を終えている。
    NYダウ終値は-27.40の19799.85、
    S&P500は-6.11の2265.20、
    NASDAQは-2.39の5552.94。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-23【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ファインデックス<3649>
    終値909円(前日比-12円-1.30%)
    愛媛大工学部・京都大医学部との共同研究により、新たな
    検査手法を用いた視野検査システムの開発に着手。
    
    タカラバイオ<4974>
    京都大学iPS細胞研究所(CiRA)とips細胞技術の臨床応
    用に向けた共同研究開始。
    
    レントラックス<6045>
    終値750円(前日比+27円+3.73%)
    12月売上高は前年同月比10.7%増。
    
    アライドアーキ<6081>
    終値2537円(前日比+46円+1.85%)
    ンサイト<2172>との間で資本・業務提携締結。
    
    ピックアップ
    しまむら<8227> 1月度売上速報発表。
    終値14890円(前日比±0円±0.00%)
    1月度(12/21~1/20)の売上速報を発表し、既存店売上高が
    前年同月比1.9%増と2ヶ月ぶりに前年実績を上回った。
    株価は1/10高値15730円からは調整。
    直近は25日移動平均線(14701円)近辺で、もみあう展開と
    なっている。
    発表を好感し、同線から上放れ、再度上昇トレンドへ。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-23【本日動いた注目株を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め13銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S MXリス5<1567>、
    一時S ゲンダイ<2411>、
    S マーケットE<3135>、
    S ANAP<3189>、
    一時S 山王<3441>、
    S リネットJ<3556>、
    S サイステップ<3810>、
    S リミックス<3825>、
    一時S gumi<3903>、
    S キャピタルA<3965>、
    S RSC<4664>、
    S santec<6777>、
    一時S プラッツ<7813>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S タカタ<7312>。
    
    ピックアップ
    gumi<3903> 大幅4日続伸(一時S高)。
    終値1102円(前日比+110円+11.09%)
    本日のS高、一時S高銘柄からgumi<3903>に注目。
    先週からスマホ向けアプリ「誰ガ為のアルケミスト」がセ
    ールスランキングで上位にあることなどが好感されており、
    本日まで大幅に4日続伸し上昇。
    一時は週足一目均衡表の雲(上限1107円)を上回る場面も見
    られた。
    今週のこの水準での動向に注視。上放れる動きとなれば、
    昨年来高値1273円(5/18)を試しにいく可能性あり。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    デファクト<3545> 大幅反発。
    終値1574円(前日比+105円+7.14%)
    日足一目均衡表の雲(上限1532円)突破。
    
    ハビックス<3895> 大幅反発。
    終値1108円(前日比+60円+5.72%)
    日足一目均衡表の雲(上限1081円)突破。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-23【東京市場概況】

    日経平均は大幅反落(246円安) 節目19000円割れ 下げ渋る場面が
    あるも再度軟化
    
    朝方から為替ドル/円が円高方向にあった動きが嫌気され、売り
    が先行。
    日経平均は前場の時点で節目19000円を割れて引けていた。
    後場に入り日銀ETF買い期待などで下げ渋り、19000円を回
    復する場面も見られたが再び軟化。
    節目の19000円を3日ぶりに割り込んで引けた。
    
    日経平均終値は-246.88円の18891.03円。
    
    東証1部の出来高は17億7770万株、
    売買代金は2兆2005億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり375銘柄、値下がり1554銘柄、
    変わらず74銘柄。
    
    業種別では値上がりが1業種、値下がりが32業種。
    値上がりは金属製品のみ。
    値下がりトップはその他金融、保険、不動産。
    
    日経平均は先物主導とはいえ、節目19000円をあっさりと割れた。
    価格帯別出来高では商いが膨れている19000-19300円処を下回っ
    たことから、売り圧力が強まりやすい。
    テクニカル面でも5日移動平均線(18961円)割れ、先週に下値サ
    ポートして意識された週足一目均衡表の転換線(18919円)も割
    れて、本日の取引を終えている。
    次の下値メドは、12/7-12/8に開けた(18502.47円-18614.01円)
    のマド埋め。
    一方で、新興株式市場はしっかりとしており、物色意欲は強い
    と感じられる。
    円高が全体相場の重しとなる中、外部環境の影響を受けにくい
    中小型株に買いが向かっており、その展開が続きそうだ。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-23【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅反落(203円安) 円高を嫌気 節目19000円割れ
    
    20日のトランプ米大統領の就任演説を受けて、米株市場は上昇
    も為替ドル/円が円高方向に振れた事を受けて、日本株は売りが
    先行した。
    日経平均は一時、250円を超える下落幅となった。
    その後は、いっていの底型さを示しているが、戻りも限定的。
    節目19000円割れで前場の取引を終えている。
    
    日経平均前場終値は-203.34円の18934.57円。
    
    東証1部の出来高は8億6460万株、
    売買代金は9528億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり397銘柄、値下がり1505銘柄、
    変わらず100銘柄。
    
    業種別では値上がりが1業種。値下がりが32業種。
    値上がりは金属製品のみ。
    値下がりトップはその他金融、保険、不動産。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は価格帯別出来高では商いが膨れている19000-
    19300円処を下回ったことから、今後は戻り待ちの売り
    圧力が強まりやすいかっこうとなった。
    目先は上値の重い展開、調整を警戒する動きが出てく
    る可能性はある。
    ただ、本日の下落は先物主導の見かた。主要企業の決算
    発表前の動きにくい相場環境のなか、短期筋の先物売り、
    仕掛け的な動きと見られる。
    業績相場の見かたには変わりなし。すでに発表されてい
    る好業績銘柄、決算期待の高い銘柄もつられて、下げて
    いるようなら、押し目買いチャンスと見てよいだろう。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-23【東京市場見通し】

    外部環境に特に変化無し 方向感に欠ける展開
    
    注目されたトランプ米新大統領の就任演説。これまでの主張と
    変わらず、「米国第一」を強調。ただ、踏み込んだ発言は見ら
    れなかった。
    新味に欠けたものの、米株は演説を無難に通過した安心感から、
    上昇している。
    一方で為替ドル/円は円高方向に振れており、現在は114円近辺
    での推移。114円を割れる動きが見られる。
    円安方向にあったドル/円が円高に振れていることで、日本株の
    上値を抑える要因となりそうだ。
    また、日経平均は19000-19300円辺りの商いが膨らんでいる水
    準を下回っており、今後戻り待ちの売り圧力が次第に強まる
    可能性もありそうだ。
    焦点は日米ともに決算相場へ。今週から始まる主要企業の2016
    年4-12月期決算発表。
    全体としては方向感に出にくいなか、物色は好業績期待の銘柄
    に向かいやすい展開が予想される。
    
    日経平均予想レンジは19000-19200円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り500万株、買い480万株、
    差し引き20万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が114円近辺。
    (先週末20日終値114.79-81円)
    
    ユーロ/円が122円台前半。
    (先週末20日終値122.51-55円)
    
    先週末20日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって上昇。
    NYダウが前日まで5日続落となっていた反動などから、買いが
    先行。
    トランプ氏の大統領就任演説では、「米国第一」を強調、イ
    ンフラ投資や雇用拡大などを言及、従来の主張から踏み込ん
    だ発言がみられなかったものの、おおむね想定通りとなった
    ことで安心感が広がった。
    NYダウ終値は+94.85の19827.25、
    S&P500は+7.62の2271.31、
    NASDAQは+15.25の5555.33。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-20【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ISID<4812> 業績、配当修正を発表。
    終値1763円(前日比-26円-1.45%)
    16年12月期の連結経常利益予想を58.7億円から67億円に
    14.1%上方修正。年間配当を従来計画の42円から50円に。
    
    ピックアップ
    NIC<5742> 業績修正発表。
    終値1066円(前日比-20円-1.84%)
    17年3月期の連結経常利益予想を5.8億円から6.7億円に
    16%上方修正。
    株価は1/16に昨年来高値1129円を付けてからは、やや足
    踏み状態にあったが、本日の発表を好感し、高値更新、
    上値を伸ばす展開に期待がかかる。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    西松屋チャ<7545>
    終値1392円(前日比-12円-0.85%)
    株主優待制度の拡充を決定。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-20【本日動いた注目株を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S MXリス5<1567>、
    S 省電舎<1711>、
    S 日本ライトン<2703>、
    S フジタコーポ<3370>、
    一時S リネットJ<3556>、
    S サイステップ<3810>、
    S RSC<4664>、
    S santec<6777>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S 山王(3441)、
    S タカタ<7312>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    タツモ<6266> 大幅反発。
    終値1174円(前日比+85円+7.80%)
    日足一目均衡表の雲(上限1123円)突破。
    
    ピックアップ
    芝浦メカ<5690> 大幅続伸。
    終値284円(前日比+20円+7.57%)
    本日、上昇が目立ったのが東芝関連株。
    東芝<6502>が債務超過を避けるため、半導体事業の分社化
    で数千億円を調達するほか、他の事業を売却して別途、3000
    億円規模を確保するとの報道などが材料視された。
    なかでも注目したいのが当銘柄。
    株価は月足一目均衡表において雲(上限278円)を本日に突破と
    テクニカル面でも良好、一段高をさせる形にある。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-20【東京市場概況と来週の見通し】

    20日概況 日経平均は3日続伸 後場に一時は100円超えの上昇
    
    前日の欧米株は軟調だったが、為替ドル/円が円安方向にあっ
    たことなどを好感し、買い優勢。
    日経平均は前場を小幅高(19円高)で引けていた。
    後場、やや弱含んでスタートしたが、下値は底堅く、ジリ高、
    日経平均は100円を超える上げ幅となり、この日の高値19176.
    86円(+104.61円)を付けた。
    引けにかけては、週末要因、米大統領就任式を前に上値を抑
    えられ、上げ幅を縮小して、本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+65.66円の19137.91円。
    
    東証1部の出来高は17億9140万株、
    売買代金は2兆649億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1152銘柄、値下がり709銘柄、
    変わらず142銘柄。
    
    業種別では値上がりが25業種、値下がりが8業種。
    値上がりトップは保険、石油・石炭、機械。
    値下がりは水産・農林、その他製品など。
    
    
    来週の見通し イベント通過の安心感から買い優勢 
    日米ともに注目は決算へ
    
    来週は注目イベントトランプ氏の米大統領就任式を受けての
    スタートとなる。
    直近、当イベントを見極めたいと様子姿勢の強い展開となっ
    ていただけに、イベント通過で、上下どちらに傾くか注目さ
    れる。
    就任式での発言が、重要視されていう面があるが、どちらか
    といえば、デモ隊等による混乱を警戒したい。
    無事に通過することが出来れば、重要イベント通過で、買い
    安心感が広がると予想する。
    そして、市場の注目は、日米ともに企業決算へ。
    米株市場は直近、軟調な展開にはあるが、発表された決算内
    容を見れば、予想を上回る内容が目立つ。
    経済指標についても同様だ。
    それらを見直す動き、今後に発表される企業決算も期待した
    いところ。
    日本企業についても、日銀の12月短観によると大企業製造業
    の2016年度想定為替レートは1ドル104.90円。
    現在のドル/円が115円近辺での推移であることを考えると、
    上方修正期待は高い。
    堅調な業績が確認されれば、株価は直近の調整の流れから、
    上昇へ向かうだろう。
    23日の安川電機<6506>に始まり、24日に日本電産<6594>、
    週後半にはアドバンテスト<6857>やファナック<6954>と
    景気敏感セクターの企業決算に注目。
    
    来週の日経平均予想レンジは18800-19500円。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-20【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅に3日続伸(19円高) 上下動きに乏しい展開
    
    前日の欧米株が軟調だったことから、売りが先行したものの、
    為替ドル/円が円安方向にあったことを下支えに、下値はしっ
    かり。
    日経平均はマイナス圏で推移する場面もあったが、プラスに
    切り返した。
    ただ、トランプ次期米大統領の就任式を控えて、上値を追う
    動きも限定的。動きに乏しく、方向感に欠け、前場の取引を
    終えた。
    
    日経平均前場終値は+19.59円の19091.84円。
    
    東証1部の出来高は8億8043万株、
    売買代金は9190億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり877銘柄、値下がり940銘柄、
    変わらず185銘柄。
    
    業種別では値上がりが18業種、値下がりが15業種。
    値上がりトップは保険、鉱業、石油・石炭。
    値下がりトップは水産・農林、その他金融、陸運。
    
    
    後場の見通し
    
    後場も前場同様に様子姿勢の強く方向感に欠ける展開か。
    日経平均は節目19000円や5日移動平均線(18993円)を上
    回る水準で推移。
    これらを上回って引けるようなら、テクニカル面では
    上向き傾向にあると判断される。
    イベント控える週末ではるが、イベント通過をキッカ
    ケに、強きトレンドに戻る可能性を感じられる。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-20【東京市場見通し】

    様子姿勢の強い展開 上値限定的も下値も底堅い見通し
    
    前日の海外市場で欧米株ともに軟調な展開。米大統領就任式を
    前に手控えムードが強かった。
    為替ドル/円は良好な米経済指標などを受けて、一時は115円台
    を回復するなど円安に振れる場面が見られ、現在も115円近辺
    での推移。
    本日の日本株は欧米株同様に様子姿勢の強い展開が予想され
    るが、ドル/円の円安方向にあるため、下値はしっかり。
    日経平均は前日に回復した5日移動平均線(19032)や節目19000
    円をサポートに、小動きな展開となりそうだ。
    
    日経平均予想レンジは18950-19200円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り840万株、買い1130万株、
    差し引き290万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が115円台どころ。
    (19日終値114.82-84円)
    
    ユーロ/円が122円台半ば。
    (19日終値122.18-22円)
    
    19日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって下落。トランプ氏の大統領就任を翌日に控え
    見送り姿勢の強い展開となった。
    発表された経済指標では、12月の米住宅着工件数が、季節調整
    済みの年率換算で122万6000件と市場予想平均の118万8000件を
    上回るなど良好な結果だったが市場の反応は限定的だった。
    NYダウ終値は-73.32の19732.40、
    S&P500は-8.20の2263.69、
    NASDAQは-15.57の5540.08。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-19【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    カヤック<3904> 業績修正発表。
    終値1096円(前日比-30円-2.66%)
    前期経常26%上方修正。最高益予想上乗せ。
    
    旭硝子<5201> 業績修正発表。
    終値818円(前日比+5円+0.61%)
    前期営業を13%上方修正。
    
    津田駒<6217> 決算発表。
    終値167円(前日比+3円+1.82%)
    前期経常上振れ着地。今期は20%増益見通し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    タケエイ<2151>
    終値982円(前日比-1円-0.10%)
    自社株買いの実施発表。
    (発行済み株式数(自社株を除く)の2.09%にあたる50万株
    (金額で5億円)を上限。買い付け期間2017年2/1~2018年1/30)
    
    メディカルシス<4350>
    終値438円(前日比+8円+1.86%)
    キャリアブレインと業務提携締結。
    (キャリアブレインは医療機関・医療従事者に対し転職サイト
    やニュースサイトなどを運営)。
    
    ピックアップ
    ボルテージ<3639>
    終値1043円(前日比-6円-0.57%)
    VR(仮想現実)やAR(拡張現実)、AI(人工知能)の技術を
    用いたモバイルコンテンツ事業を手掛ける新会社「ボルテー
    ジVR」を設立すると発表。新たな顧客層の獲得を図るとの
    こと。設立予定は2月1日。
    株価は200日移動平均線(1116円)を長らく、上値抵抗として
    意識し、上値の重い展開が続いている。
    発表を受けて、同線回復となるか注目。
    
    アルファポリス<9467>
    終値1164円(前日比+44円+3.92%)
    今春にもスマホゲームをリリースすると発表。
    12年11月に原作小説が刊行されたクッキング・ファンタジー
    「異世界でカフェを開店しました。」。
    シリーズ発行部数累計35万部を超える人気作。
    今回のスマホゲーム化に伴い、ティザーサイトを19日に公開。
    また、20日には台湾ゲームショーにおいて、日本の新作ゲー
    ムとして紹介される予定とのこと。
    現在、株価はテクニカル面では日足一目均衡表の雲の中(上
    限1205円-下限1091円)での推移。
    発表を好感し、雲突破となるか注目。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-19【本日動いた注目株を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 省電舎<1711>、
    S フジタコーポ<3370>、
    S 山王<3441>、
    一時S モバクリ<3669>、
    S サイステップ<3810>、
    S イマジニア<4644>、
    一時S 石井工研<6314>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S ナガオカ<6239>、
    S タカタ<7312>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ソフトフロントH<2321> 大幅続伸。
    終値268円(前日比+14円+5.51%)
    日足一目均衡表の雲(上限256円)突破。
    
    セラク<6199> 大幅反発。
    終値3460円(前日比+210円+6.46%)
    日足一目均衡表の雲(上限3450円)突破。
    
    ピックアップ
    サクセスHD<6065> 大幅3日続伸。
    終値1429円(前日比+162円+12.78%)
    長らく上値抵抗として意識されていた200日移動平均線
    (1259円)を前日に回復。本日も上値を伸ばす展開に。
    また、週足一目均衡表においても、上値抵抗として意識
    された雲上限(1300円)を超えており、今週に雲突破で終
    える見込み。中長期的に上昇トレンド転換と判断される。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-19【東京市場概況】

    日経平均は大幅続伸(177円高) 円安好感 節目19000円を回復
    
    朝方から主力輸出株を中心に買いが先行。為替ドル/円が急速に
    円安方向に振れたことが好感された。
    日経平均は前場に230円近くの上昇となり、19100円台まで上昇、
    この日の高値を付けた。
    後場に入り、ドル/円が114台後半で伸び悩み、日経平均も上値
    重く、節目19000円を一時割れる場面もあったが、押し目買い
    などから持ち直し、19000円を回復したまま、この日の取引を
    終えた。
    
    日経平均終値は+177.88円の19072.25円。
    
    東証1部の出来高は22億5444万株、
    売買代金は2兆2666億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1546銘柄、値下がり364銘柄、
    変わらず94銘柄。
    
    業種別では値上がりが30業種、値下がりが3業種。
    値上がりトップは海運、銀行、水産・農林。
    値下がりは鉱業、石油・石炭、小売り。
    
    20日の米大統領の就任式を通過するまでは、警戒感が残る。
    ただ、警戒感がくすぶるなか、本日の日経平均は大幅に続伸し、
    直近に上値抵抗として意識されていた5日移動平均線(19032円)
    を回復。
    また、日足一目均衡表において、転換線(19067円)も回復した。
    底入れ感は徐々に高まってきている。
    次に日足一目均衡表の基準線(19132円)、
    25日移動平均線(19283円)を捉えるような、動きが見られれば、
    本格的に上昇トレンドへ戻ると期待されるところ。
    目先のイベントとしては、20日の米大統領の就任式はもちろん
    のことだが、今晩のECB定例理事会、ドラギ総裁会見も注目さ
    れる。
    新興市場はまちまち。ジャスダックは小幅に続伸も、マザーズ
    は反落。
    材料が発表された銘柄へは買いが向かったが、全体としては、
    主力株に資金が流れたこともあり、本日のところは勢いがなか
    った。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-19【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅続伸(176円高) 円安好感 高値では伸び悩み
    
    前日から為替ドル/円が円安方向に振れ114円台後半に。
    寄り付きから主力輸出関連株を中心に買いが先行した。
    買い一巡後も高値圏を維持しているものの、戻り待ち
    の売りの見られ、やや伸び悩む展開で前場の取引を終
    えた。
    日経平均は一時、230円近くの上昇となり、19100円台
    前半まで値を上げた。その後も節目19000円を維持し、
    前場の取引を終えている。
    
    日経平均前場終値は+176.93円の19071.30円。
    
    東証1部の出来高は10億8214万株、
    売買代金は1兆477億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1509銘柄、値下がり369銘柄、
    変わらず125銘柄。
    
    業種別では値上がりが29業種、値上がりが4業種、
    値上がりトップは海運、銀行、保険。
    値下がりは鉱業、石油・石炭、その他製品、医薬品のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    前場の日経平均は5日移動平均線(19032円)を回復、
    また、日足一目均衡表の転換線(19067円)などを
    回復しており、直近の調整から上昇トレンド転換
    と期待される動き。後場もこれらを回復して引け
    ることが出来れば、トランプ政権に対する不透明
    感が根強いが、20日の就任式を通過によるアク抜
    けと意識されてくるだろう。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-19【東京市場見通し】

    堅調な展開 ドル/円が114円台と大幅に円安に振れ好感
    
    前日の米株市場はNYダウが続落もS&P500、NASDAQが反発とまち
    まち。
    ただ、為替ドル/円が大幅に円安に振れており、現在は114円台
    後半での推移。
    発表された経済指標が良好だったこと、イエレンFRB議長が利
    上げに前向きな姿勢を示したことなどが、手掛かり材料となっ
    た。
    日本株は円安を好感し、買い優勢の展開が予想される。
    ドル/円に関しては前日から2円近く戻しており、米大統領就任
    式を前に引き続き荒い動きも想定されるが、急激な円高の流れ
    は止まったと見れるだろう。
    日経平均は前日、160円安となったあと切り返す強い動きを見
    せていただけに下値不安は乏しい。
    円高が一服した流れもあり、自律反発機運が高まりやすい。
    節目19000円を回復へ。
    
    日経平均予想レンジは18900-19100円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り870万株、買い1230万株、
    差し引き360万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が114円台後半。
    (18日終値113.32-34円)
    
    ユーロ/円が121円台後半。
    (18日終値120.99-121.03円)
    
    18日の米株市場概況
    
    高安まちまち。NYダウは小幅に続落もS&P500、NASDAQは反発した。
    この日に発表された経済指標12月CPIが市場予想通りの高い伸び
    となったことやイエレンFRB議長が利上げに前向きな姿勢を示し
    たことなどから、米10年債利回りが2.4%台を回復。前日に金利
    低下を嫌気して下落した金融が反発した。
    一方で、通信株が下落。原油安を嫌気しエネルギー株も軟調な
    展開となった。
    NYダウ終値は-22.05の19804.72、
    S&P500は+4.00の2271.89、
    NASDAQは+16.93の5555.65。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-18【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ナガオカ<6239> 業績修正発表。
    終値1004円(前日比+150円+17.56%(S高))17年6月期第2四半
    期累計の連結経常損益予想を1.8億円の赤字から1.6億円の
    赤字に上方修正。
    
    ピックアップ
    デジタルアイ<6533> 業績修正発表。
    終値2715円(前日比+80円+3.04%)
    16年12月期の連結業績予想を上方修正。
    従来予想2億5000万円から2億8000万円に。(12%の上方修正)
    株価は日足一目均衡表の雲上限(2775円)を上値抵抗に直近
    は足踏みとなっていた。
    発表を好感する動きから雲を突破。一段高が期待される。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ブロードバンドタワー<3776>
    終値265円(前日比+5円+1.92%)
    東京都千代田区に5GモバイルなどIoTを利用対象とする
    情報通信インフラに対応したデータセンターを開設。
    
    横河電機<6841>
    ブリティッシュ・パイプライン・エージェンシーから
    英国の大規模石油パイプライン設備向け管理・制御シ
    ステムを受注。
    
    出光興産<5019>
    終値3390円(前日比+115円+3.51%)
    有機EL材料のさらなる需要拡大に備え、開発体制を
    強化するため、スイスに材料開発会社を設立。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-18【本日動いた注目株を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S テリロジー<3356>、
    S フジタコーポ<3370>、
    S 山王<3441>、
    一時S ファルコム<3723>、
    S サイステップ<3810>、
    S ユークス<4334>、
    S ナガオカ<6239>、
    S 大泉製<6618>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S メタップス<6172>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ピックアップ
    エニグモ<3665> 大幅反発。
    終値1720円(前日比+130円+8.17%)
    ファッションサイト「BYMA(バイマ)」を運営するエニグモは、
    円高外貨安で恩恵を受ける。
    直近の為替動向から、買いが入っているかっこう。
    本日、長らく上値抵抗として意識された75日移動平均線(1653
    円)を回復した。テクニカル面でもトレンドは回復傾向にある。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-18【東京市場概況】

    日経平均は3日ぶり反発 円高一服、日銀ETF買い期待で後場に
    プラス圏浮上
    
    朝方は欧米株安や円高進行などが嫌気され、売り優勢の展開に
    あった。
    しかし、円高が一服したこと、日銀ETF買い期待などから下
    げ渋り、日経平均は前場を小幅安(37円安)で引けていた。
    後場にはプラス圏に浮上し、一時は127円高まで上昇、18900円
    台半ば近辺まで値を戻す場面が見られた。
    
    日経平均終値は+80.84円の18894.37円。
    
    東証1部の出来高は18億1826万株、
    売買代金は2兆2282億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり929銘柄、値下がり928銘柄、
    変わらず145銘柄。
    
    業種別では値上がりが25業種、値下がりが8業種。
    値上がりトップは鉄鋼、海運、石油・石炭。
    値下がりはゴム製品、医薬品、サービスなど。
    
    日経平均は為替相場に連動する動き、本日も円高が一服したこ
    とから、反発して本日の取引を終えた。
    今晩に米国で、イエレンFRB議長の講演やベージュブック、消
    費者物価や鉱工業生産などの発表が予定されている。
    これらを受けて円高に歯止めがかかるかっこうとなれば、日経
    平均は明日も堅調な展開が続く可能性がある。
    ただ、トランプ氏はドル高をけん制する発言が直近にあり、20
    日の大統領就任式前後でドル高修正を再強調するとの警戒感は
    残る。不安定な相場環境は続きそうだ。
    テクニカル面では週足一目均衡表の転換線(18811円)が、下値サ
    ポートして意識されており、この水準で値幅調整完了となる可
    能性がある。
    ドル/円にしても、おおまかに昨年後半から今年にかけて100円か
    ら118円まで約18円ほど円安が進んだ後、その3分の1となる6円
    幅程度調整したという状況。売り圧力が弱まってきてもいいと
    ころにはあるだろう。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-18【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は3日続落(37円安) 売り先行後は円高一服で下げ渋り
    
    前日の欧米株安や為替ドル/円が112円台を円高方向に振れていた
    ことを重しに売りが先行した。
    しかし、日本株は前日まで大幅に下落していたことや、ドル/円
    の円高方向への動きが一服したことから、下げ渋る展開となっ
    た。
    日経平均は一時、160円超えの下落、18600円台半ばまで値を落
    とした後に下げ幅を縮小、18700円台後半で前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-37.08円の18776.45円。
    
    東証1部の出来高は9億1800万株、
    売買代金は1兆246億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり431銘柄、値下がり1463銘柄、
    変わらず107銘柄。
    
    業種別では値上がりが7業種、値下がりが26業種。
    値上がりは鉄鋼、水産・農林、石油・石炭など。
    値下がりトップはゴム製品、銀行、空運。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均の19000円割れの水準は価格帯別累積売買高が18500円
    水準まで、やや少ない。商いの盛り上がりに欠けるようだと、
    その水準まで一気に振れやすく、警戒されるところ。
    前場の東証1部の売買代金は1兆円超えと終わりでは2兆円超え
    のペースとなっており、まずまずの商い。
    いっていの押し目買いが入っており、支えとなっているようだ。
    後場も日銀によETF買い期待などを支えに底堅さを維持しそうだ。
    ただ、20日のトランプ大統領就任を控えて、引き続き、上値の
    重い展開とはなりそうだ。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-18【東京市場見通し】

    軟調な展開 円高が重し ドル/円が112円台に
    
    注目された英メイ首相の演説では、EU単一市場からの完全離脱
    を表明。
    その結果、急落していたポンドは反発した一方で、英FT100は
    大幅下落、欧州株も総じて軟調な展開となった。
    米株も米長期債利回りの低下を受けて、金融株が大きく売られ
    たことを中心に軟調。
    為替ドル/円も円高に振れており、現在112円台後半での推移、
    トランプ氏がドルの水準が高すぎると発言に、反応したかっ
    こう。
    欧米株安に円高と日本株は軟調な展開が予想される。
    ただ、日本株は直近に大幅に値を下げており、ここから強く売
    り込まれる状況にはない。
    CME225先物は18720円(大証日中終値比-10円)と底堅い動きが見
    られる。自律反発が意識されやすい。
    トランプ氏が足元の円高を加速させた面などがあり、20日の就
    任式への警戒感は増してきているところ、上値は重いだろうが、
    いっていの底堅さは見られそうだ。
    物色は押し目買い意欲が見られるなか、中小型株を中心に出遅
    れ修正、AIやIoT関連などのテーマ株へ向かう見込み。
    
    日経平均予想レンジは18600-18900円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り730万株、買い270万株、
    差し引き460万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が112円台後半。
    (17日終値113.28-30円)
    
    ユーロ/円が120円台後半。
    (17日終値120.70-74円)
    
    17日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって下落。
    トランプ次期米大統領の就任式を20日に控えて、経済政策への
    不透明感から利益確定売りが優勢。
    とくに、金融株は米長期債利回りの低下を受けて、大きく売ら
    れた。
    NYダウは一時、下げ幅を110ドル超えまで拡げた。
    しかし、その後は下げ幅を縮小して、この日の取引を終えた。
    NYダウ終値は-58.96の19826.77、
    S&P500は-6.75の2267.89、
    NASDAQは-35.39の5538.73。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-17【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    SJI<2315>
    終値105円(前日比-3円-2.77%)
    テリロジー<3356>と業務提携し、ブロックチェーン技術
    を応用した商品を共同開発。
    
    テリロジー<3356>
    終値344円(前日比+4円+1.17%)
    ネクスグループ<6634>と資本提携し、発行済み株式数の
    14.9%を譲渡する。
    併せて、フィスコグループ4社と業務提携。
    ネクスグループ<6634>とIoT商品、SJI<2315>とはブロッ
    クチェーン技術を応用した商品を共同開発。
    また、フィスコ<3807>、フィスコIRとセキュリティ商材
    の共同マーケティング、フィスコ仮想通貨取引所とセキ
    ュリティ分野で提携。
    
    GMOPG<3769>
    終値5320円(前日比+20円+0.37%)
    中国向け越境ECプラットフォーム「ワンドウプラットフォ
    ーム」を取り扱い開始。
    
    フィスコ<3807>
    終値316円(前日比-6円-1.86%)
    テリロジー<3356>とセキュリティ商材の共同マーケティン
    グで業務提携。
    
    ネクスG<6634>
    終値458円(前日比+11円+2.46%)
    テリロジー<3356>と資本業務提携。
    テリロジーの発行済み株式数の14.9%を6.3億円で取得。
    業務面ではIoT商品を共同開発。
    
    ピックアップ
    UーNEXT<9418>
    終値766円(前日比+100円+15.02%(S高))
    ヤマダ電機<9831>と格安スマートフォンの合弁会社を設立
    することで基本合意したことを発表。
    U-NEXTはUSEN<4842>から独立して発足した会社
    で格安スマホを展開。
    全国に販売網を持つヤマダ電機とパートナシップを組み、
    MVNO事業(格安スマホ事業)の拡大を目指す。
    一部メディアですでに報じられていたこともあり、株価は
    本日にS高の上昇。
    テクニカル面では上値抵抗として意識されていた200日移
    動平均線(738円)を回復しており、引き続き、堅調な展開
    が予想される。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-17【本日動いた注目株を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め11銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S フィット<1436>、
    一時S アルファCo<3434>、
    S 山王<3441>、
    S 菊池製作<3444>、
    S サイステップ<3810>、
    S ユークス<4334>、
    一時S ダイケン<5900>、
    一時S ニューフレア<6256>、
    S santec<6777>、
    S ジンズメイト<7448>、
    S U-NEXT<9418>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    デファクト<3545> 大幅3日続伸。
    終値1498円(前日比+95円+6.77%)
    75日移動平均線(1497円)回復。
    
    アドソル<3837> 大幅反発。
    終値1263円(前日比+51円+4.20%)
    日足一目均衡表の雲(上限1258円)突破。
    
    ピックアップ
    ゲンキー<2772> 3日大幅続伸。
    終値6480円(前日比+570円+9.64%)
    前日(16日)に17年6月期上期及び通期業績予想の上方修正
    を発表。
    売上予想は据え置きだが、通期営業利益が33.10億円から
    40.00億円に修正されたことが好感された。
    テクニカル面でも日足一目均衡表の雲(上限6012円)を突破。
    一段高が期待される。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-17【東京市場概況】

    日経平均は大幅続落(281円安) 節目19000円割れ 円高加速が重しに
    
    朝方、前日の欧州株が軟調だったことを受けて売りが先行。
    加えて、為替ドル/円が円高方向への動きが強まり売り圧力
    が強まった。
    日経平均は前場終わり時点で節目19000円割れ。
    後場、しばらくは18900台半ば近辺でのもみあいが続いて
    いたが、円高加速に伴って下げ幅を拡大、18800台前半ま
    で値を落とし、本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は-281.71円の18813.53円。
    
    東証1部の出来高は17億1056万株、
    売買代金は2兆942億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり149銘柄、値下がり1799銘柄、
    変わらず56銘柄。
    
    業種別では全33業種が下落。
    値下がりトップは水産・農林、不動産、建設。
    
    日経平均は後場に日銀のETF買い入れへの思惑などから、
    底堅さを示すと見られたが、売りに傾いたことにより、
    売り圧力が一段と強まり、本日安値圏で取引を終えた。
    明日は直近の大幅な下落から自律反発が意識される可能性が
    ある。今晩のメイ首相の演説通過がキッカケとなるかといっ
    たところ。
    ただ、週末にトランプ次期米大統領の就任式を控えており、
    積極的な売買は手控えられやすく、上値の重い展開は続き
    そうだ。
    テクニカル面での日経平均を見ると、本日終値(18813.53円)
    は週足一目均衡表の転換線(18811円)の水準。
    明日に反発となれば、今週は同線が下値サポートして、強く
    意識され、値幅調整はこの水準で完了する可能性がある。
    同線を割れれば、18500円近辺までの調整を意識しておきた
    いところ。
    また、新興市場もジャスダック、マザーズとともに続落。
    日経平均がここまで大幅に値を下げるようだと、さすがに
    つられる。
    ただ、材料株などへは買いが入っており、物色意欲は引き
    続き強いと見られる。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-17【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続落(113円安) 一時は節目19000円割れ
    
    前日の欧州株が軟調となったことなどから、日本株も
    売りが先行。
    その後も、為替ドル/円が113円台後半まで円高に振れ
    る場面があり、売り圧力は強まった。
    日経平均は一時、246円安となり、節目19000円割れ、
    18800円台半ばまで値を落とす場面が見られた。
    その後は、ドル/円が114円台を回復したことがあり、
    下げ幅を縮小、19000円を回複する場面もあったが、
    前場終わり時点では19000円を割れている。
    
    日経平均前場終値は-113.67円の18981.57円。
    
    東証1部の出来高は8億1075万株、
    売買代金は9434億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり324銘柄、値下がり1578銘柄、
    変わらず99銘柄。
    
    業種別では値上がりが3業種、値下がりが30業種。
    値上がりは鉄鋼、海運、非鉄金属。
    値下がりトップは水産・農林、食料品、不動産など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は前場、節目19000円割れ、その後は円高一服した
    こともあり、下げ止まりの動きを見せている。
    メイ英首相のEU離脱交渉計画についての演説を今晩に控え、
    短期的なポジション調整売りが出たあと、売り圧力が続かな
    かったとも見れる。
    ただ、トランプ次期大統領の就任式までは上値も重そうだ。
    テクニカル面では前場の安値(18849.06円)は、週足一目均衡
    表の転換線(18811円)の水準。
    目先は同線が下値サポートになると、確認されたかっこうと
    なった。
    後場は、日銀のETF買い入れへの思惑が高まりやすく、底型
    さを示し、節目19000円を回復するようなら、この水準で値
    幅調整は完了。日柄調整に移り、今週は節目19000円処で値
    固めといったところか。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-17【東京市場見通し】

    こう着感強いと予想されるなか 売りに傾く可能性あり
    
    前日の米株市場が休場と手掛かり材料に欠ける。
    為替ドル/円も現在は114円台前半での推移、
    前日とほぼ変わらず水準で小動き。
    ただ、欧州株がメイ首相の演説を控えて警戒感
    から総じて軟調となった。
    (演説内容は今後予定されている英国のEU離脱条
    件に関するEUとの交渉に関すること)
    手掛かり材料に乏しいなか、メイ首相の演説へ
    注目の目は向かいやすい。演説を受けた為替の
    動向も気掛かりで、日本株の重しとなりそうだ。
    日経平均は前日に節目19000円どころでは、底型
    さを示していた。自律反発が期待される場面では、
    あるが、25日移動平均線(19262円)を割れており、
    戻り待ちの圧力は強いと見られる。
    また、19000円を割れるようなら、売り仕掛け的
    な動きも出てきやすいだろう。
    物色は外部環境に不透明感を警戒するなか、
    相対的に出遅れているセクターや中小型株、
    昨日もフィンテック関連の一角に動意がみられて
    いたように、引き続きテーマ株に向かいやすい。
    
    日経平均予想レンジは18900-19250円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り850万株、買い320万株、
    差し引き530万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が114円台前半。
    (16日終値114.07-10円)
    
    ユーロ/円が121円どころ。
    (16日終値121.06-10円)
    
    16日の米株市場は休日のため休場
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-16【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ゲンキー<2772> 業績修正発表。
    終値5910円(前日比+30円+0.51%)
    今期経常21%上方修正。最高益予想上乗せ。
    
    メタップス<6172> 決算発表。
    終値3400円(前日比-175円+4.89%)
    9-11月期(1Q)税引き前黒字浮上で着地。
    
    東宝<9602> 決算発表。
    終値(前日比-5円-0.15%)
    第3四半期(16年3~11月期)は過去最高、営業益28%増の414億円。
    今期の年間配当を従来計画の25円から45円に大幅増額修正。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    スタジオアリス<2305>
    終値2226円(前日比+19円+0.86%)
    12月売上高は前年同月比4.7%増と5ヵ月ぶりに前年実績上回り。
    
    ダイヤD<3073>
    終値1382円(前日比+88円+6.80%)
    12月既存店売上高は前年同月比3.2%増と2ヵ月連続で前年実績
    上回り。
    
    ベルーナ<9997>
    終値776円(前日比-7円-0.89)%
    12月売上高は前年同月比11.9%増と5ヵ月連続で前年実績上回り。
    
    ピックアップ
    ラクス<3923> 12月度月次売上高発表。
    終値1403円(前日比+58円+4.31%)
    全社売上高は前年同月比 20.2%と引き続き高い増収率を維持、
    21ヶ月連続で前年上回り。
    株価は先週末、本日と4%超えの上昇で続伸。
    テクニカル面では、日足一目均衡表の雲(上限1375円)を突破。
    一段高が期待される。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-16【本日動いた注目株を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め17銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S ベルグアース<1383>、
    S フィット<1436>、
    S KG情報<2408>、
    S スーパーV<3094>、
    S アンビション<3300>、
    S 山王<3441>、
    S サイステップ<3810>、
    一時S メディア工房<3815>、
    一時S T&C<3832>、
    S ユークス<4334>、
    S Gunosy<6047>、
    一時S フリュー<6238>、
    S リファインV<6531>、
    S ベイカレント<6532>、
    S ADプラズマ<6668>、
    一時S santec<6777>、
    S 大和自<9082>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ダイト<4577> 大幅続伸。
    終値2454円(前日比+222円+9.94%)
    先週末13日決算発表を好感。
    200日移動平均線(2482円)を捉えにいく展開。
    
    ピックアップ
    MDV<3902> 大幅続伸。
    終値2860円(前日比+166円+6.16%)
    12日発表された子会社設立(大規模診療データベースを活用
    したOTC医薬品・H&BC製品の製造販売)。
    発表を好感した買いが本日も続いた。
    テクニカル面でも日足一目均衡表の雲(上限2727円)を突破。
    一段高が期待される形にある。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-16【東京市場概況】

    日経平均は大幅反落(192円安) 円高懸念 一時は220円超安
    
    朝方から売り優勢の展開となった本日の日本株。
    前場、後場ともに、一時は底型さを示す場面も見られたが、
    ドル/円が114円台を割り込む動きなどが見られ、終始売り優
    勢の展開となった。
    日経平均の下げ幅を一時、220円超えまで拡がり、終値でも
    190円超安と大幅反落。
    19100円を割れて、本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は-192.04円の19095.24円。
    
    東証1部の出来高は14億6955万株、
    売買代金は1兆8872億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり323銘柄、値下がり1601銘柄、
    変わらず80銘柄。
    
    業種別では値上がりが1業種、値下がりが32業種。
    値上がりは空運のみ。
    値下がりトップは鉄鋼、海運、鉱業。
    
    今晩の米国市場が休場となるため市場参加者は限られ、商いは
    低調。東証1部の出来高、売買代金ともに今年最低を記録した。
    トランプ米次期大統領の政策に対する不透明感があり、20日の
    就任式まで、買いにくい展開が続きそうだ。
    テクニカル面でも日経平均は25日移動平均線(19262円)割れ、
    5日移動平均線(19236円)も25日移動平均線を割れており、
    売り圧力が強まりやすい形にある。
    節目19000円を維持できるか、または日足一目均衡表の基準線
    (18967円)を維持できるかが目先の焦点となりそうだ。
    新興市場もジャスダック、マザーズともに本日は下落。全体と
    しては様子姿勢の強い展開となってきているが、材料が出た銘
    柄などへは買いが入っており、地合いはそれほど悪くない。
    引き続き、主力株よりも買いが入りやすいと見る。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-16【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落(175円安) 円高進行を嫌気
    
    朝方から売り優勢の展開。為替ドル/円がやや円高方向
    にあったことなどから利益確定の売りが先行した。
    その後もドル/円が円高方向にあることや、トランプ次
    期米大統領の就任式を控えて、積極的に下値を拾う動
    きは見られず、戻りは限定的。
    日経平均は19100円近くまで値を落とし、前場の取引
    を終えた。
    
    日経平均前場終値は-175.38円の19111.90円。
    
    東証1部の出来高は7億1395万株、
    売買代金は8821億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり322銘柄、値下がり1578銘柄、
    変わらず103銘柄。
    
    業種別では値上がりが1業種、値下がりが32業種。
    値上がりは空運のみ。
    値下がりトップは鉄鋼、海運、不動産。
    
    
    後場の見通し
    
    為替ドル/円が円高方向に振れており、先物に仕掛け的な売り
    も見られる。テクニカル面でも日経平均は25日移動平均線(
    19263円)を割れており、売り仕掛けされやすい形。
    後場も売り優勢の展開は続きそうだ。
    ただ、日銀によるETF買入れが実施される公算は大きく、い
    っていの底型さを示す可能性はある。節目19000円割れは回
    避される見通し。
    また、マザーズは下落しているもののジャスダックは上昇し、
    前場の取引を終えている。
    不安定な相場環境のなか、中小型株やテーマ株の一角へ、
    買いが向かいやすい展開が続きそうだ。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-16【東京市場見通し】

    方向感に乏しい展開 海外市場が小動き 銀行株に動向注目
    
    先週末の海外市場で欧州株は堅調も米株はまちまち、
    NYダウは引き続き、大台2万ドルを前に足踏みし、買
    い先行も、小幅安で引けた。
    為替ドル/円は現在、114円台前半で推移とやや円高方
    向に振れているものの落ち着いた動き。
    海外市場の動きに乏しく、今晩の米株市場が休場、
    日本株は方向感に乏しい展開が予想される。
    材料としては先週末の米決算で、金融株(JPモルガン、
    バンク・オブ・アメリカなど)が良好な結果。
    これを受けた、メガバンクの動向に注目。
    堅調な展開となれば、相場全体に安心感が広がり、
    後押しとなりそうだ。
    その他、方向感に欠ける展開が予想されるなか、
    相対的に出遅れているセクターや中小型株へ売買が
    向かいやすい見込み。
    先週賑わったフィンテック関連などを引き続き注視。
    
    日経平均予想レンジは19200-19400円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り720万株、買い460万株、
    差し引き260万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が114円台前半。
    (先週末13日終値114.69-71円)
    
    ユーロ/円が121円台半ば。
    (先週末13日終値121.93-97円)
    
    先週末13日の米株市場概況
    
    高安まちまち。
    大手金融機関の決算や総じて良好な経済指標を好感、
    主要指数はそろって上昇してスタート。
    ただ、週明け16日がキング牧師生誕日の祝日で休場
    となることから、ポジション調整の売りなどが出て、
    NYダウは小幅な下げに転じて、この日の取引を終えた。
    NYダウ終値は-5.27の19885.73、
    S&P500は+4.20の2274.64、
    NASDAQは+26.23の5574.12。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-13【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    エスプール<2471> 決算発表。
    終値1630円(前日比+71円+4.55%)
    今期経常15%増で2期連続最高益更新見通し。
    今期年間配当を大幅増配する方針。(前期比8円増の18円へ)
    
    スター・マイカ<3230> 決算発表。
    終値1965円(前日比+15円+0.76%)
    今期経常6%増で3期連続最高益更新見通し。
    今期年間配当増配方針。(前期比4円増の50円へ)
    
    串カツ田中<3547> 決算発表。
    終値6640円(前日比+320円+5.06%)
    今期経常23%増で3期連続最高益更新見通し。
    
    Gunosy<6047> 決算発表。
    終値1600円(前日比+70円+4.57%)
    今期経常64%上方修正。最高益予想上乗せ。
    
    プラズマ<6668> 決算発表。
    終値916円(前日比+20円+2.23%)
    上期経常2.7倍上方修正。2期ぶり最高益更新見通し。
    
    マニー<7730>
    終値2868円(前日比+33円+1.16%)
    9-11月期(1Q)経常43%増益着地。
    
    ピックアップ
    TSI HD<3608> 決算発表、自社株買い実施発表。
    終値746円(前日比+26円+3.61%)
    17年2月期第3四半期累計(3-11月)の連結経常利益46.5億円
    と前年同期比53.6%増の拡大。
    自社株買いの実施も発表。
    (発行済み株式数(自社株を除く)の1.80%にあたる200万株
    (金額で1600百万円)を上限。
    買い付け期間29年1/16~29年4/13。)
    株価は25日移動平均線(712円)から上放れ傾向。
    とはいえ、同線との乖離率は4.67%と差ほど過熱感は無い。
    発表を好感し、引き続き堅調な展開が続きそうだ。
    
    サイボウズ<4776> 業績修正発表。
    終値467円(前日比+2円+0.43%)
    16年12月期の連結経常損益を従来予想の1億円の黒字から
    4億円の黒字に4倍上方修正。(前期は3.3億円赤字)
    直近の株価は25日移動平均線(456円)近辺で長らくもみあ
    いが続いており、過熱感なども無く、発表を好感し上昇
    しやすい。昨年来高値515円を捉えにいく展開へ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    フリュー<6238>
    終値3995円(前日比+180円+4.71%)
    1対3の株式分割と株主優待制度の導入を発表。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-13【本日動いた注目株を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め11銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S ベルグアース<1383>、
    S アスカネット<2438>、
    S アイケイ<2722>、
    S スーパーV<3094>、
    S 山王<3441>、
    S さくらネット<3778>、
    S サイステップ<3810>、
    S 細火工<4274>、
    一時S 川口化<4361>、
    S タカタ<7312>、
    一時S IDOM<7599>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    ピックアップ
    さくら<3778> S高
    終値1134円(前日比+150円+15.24%)
    前日引け後に発表された「超先端材料超高速開発基盤技術
    プロジェクト」向けスパコンのシステムを受注。これを好
    感した買いがが向かった。
    テクニカル面でもここまで上値抵抗として意識されていた、
    200日移動平均線(1037円)を回復。中長期で上昇トレンド
    転換と期待される場面にある。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    セリア<2782> 大幅反発。
    終値8080円(前日比+330円+4.25%)
    日足一目均衡表の雲(上限8065円)突破。
    
    7&I-HD<3382> 決算好感、大幅反発。
    終値4832円(前日比+382円+8.58%)
    日足一目均衡表の雲(上限4525円)突破。
    
    インフォテリア<3853> 大幅続伸。
    終値864円(前日比+68円+8.54%)
    日足一目均衡表の雲(上限819円)突破。
    
    ピックアップ
    ローツェ<6323> 大幅4日続伸。
    終値2132円(前日比+161円+8.16%)
    10日発表さえた決算を好感した買いが続いている。
    テクニカル面でも本日に日足一目均衡表の雲(2033円)を突破。
    一段高が期待される形に。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-13【東京市場概況と来週の見通し】

    13日概況 日経平均は反発(152円高) 円安好感し買い優勢の展開
    
    朝方からドル/円の円高一服の流れを好感し買いが先行。その後
    もドル/円が円安方向に振れて115円台を回復したことなどから、
    安心感が広がり、押し目買いが継続的入っていた。
    ただ、週末要因、ドル/円も円安方向の動きが止まり、上値は限
    られた。
    日経平均は後場に、この日の高値19299.36円(+166.66円)を付け、
    その後は伸び悩むも、高値圏で本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+152.58円の19287.28円。
    
    東証1部の出来高は16億20万株、
    売買代金は2兆2566億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1211銘柄、値下がり613銘柄、
    変わらず180銘柄。
    
    業種別では値上がりが30業種、値下がりが3業種。
    値上がりトップは小売り、バルブ・紙、電気ガス。
    値下がりは鉄鋼、非鉄金属、その他製品のみ。
    
    
    来週の見通し 上値重く やや下振れリスクあり
    
    今週は米トランプ次期大統領の発言などが、相場に与える影響
    力を改めて確認される週となった。
    トランプ氏による当選後の初の記者会見の後、為替ドル/円は円
    高方向に振れて、日経平均は昨日(12日)に一時300円近くの下
    落となった。
    本日はいっていの底型さを示して、しっかりとした展開とはな
    ったが、来週も20日に米大統領就任式が予定されており、
    引き続き、トランプ氏の発言次第で為替が振れてしまうという、
    リスクがくすぶる。
    ドル/円との連動性が強い日経平均は、そういった面から上値は
    慎重にならざるおえない。
    下値は上値が重いと予想されるなか、節目19000円を維持でき
    るかが焦点。
    米株市場でNYダウが約1ヶ月もの間、大台2万ドルを前に足踏み
    状態。大台回復となれば、長らく足踏みしていた分、達成感か
    らの下落よりも上値を試す可能性の方が高いだろう。
    米株市場の材料としては、消費者物価指数、鉱工業生産、住宅
    着工など経済指標が多く控えている。
    これらの結果次第で好悪材料となりそうだ。
    また、モルガン・スタンレーやゴールドマン・サックスなど金
    融株の決算発表も控えている。決算を受けて、これらが堅調な
    推移となれば、NYダウは2万ドル回復へ。
    そうなれば、日本株、日経平均の下支え要因となりそうだ。
    
    来週の日経平均予想レンジは18900-19600円。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-13【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反発(99円高) 円高一服で買い優勢の展開
    
    前日の米株市場は下落となっていたものの、NYダウが下げ幅を
    縮小して引けていたことや、為替ドル/円も同様に、円高一服
    の流れにあったことが好感され、日本株は買いが先行した。
    日経平均は一時、113円高の上昇。寄与度の高いファストリ<
    9983>などが堅調な推移となり、上昇の後押しとなった。
    買い一巡後は伸び悩む場面も見られたが、買い気は強く、
    高値圏で前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+99.19円の19233.89円。
    
    東証1部の出来高は8億1700万株、
    売買代金は1兆1190億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり996銘柄、値下がり823銘柄、
    変わらず185銘柄。
    
    業種別では値上がりが24業種、値下がりが9業種。
    値上がりトップは小売り、電気・ガス、石油・石炭。
    値下がりは鉄鋼、非鉄金属、その他製品など。
    
    
    後場の見通し
    
    後場も上値は限られそうだた、下値もしっかりとした展開が
    続きそうだ。
    日経平均は本日に算出されたオプションSQ値は19182.28円
    も下値サポートして意識される見込み。
    また、25日移動平均線(19231円)を維持できるかが焦点となり
    そうだ。
    維持して引けることが出来れば、来週に向けて雰囲気は良い。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-13【東京市場見通し】

    上値の重い展開 下値は押し目買いから下げ渋りか
    
    前日の米株市場は主要3指数そろって下落。前日のトラ
    ンプ次期米大統領の会見で政策の不透明感が強まった
    ことなどが相場の重しとなった。
    為替ドル/円は一時、114円台を割る場面があったが、
    その後は持ち直しており、現在は114円台後半での推移。
    海外市場から買い材料は乏しく、本日の日本株は上値
    の重い展開が予想される。
    ただ、NYダウが反落したとはいえ、一時の180ドルの下
    落から持ち直し、小幅安で引けたこと、ドル/円も持ち
    直しの動きが見られることから、下値では押し目買い
    が入りそうだ。
    また、指数寄与度の高いファストリ<9983>が前日引け
    後の決算を受けて、買われる見通し。日経平均の支え
    となるだろう。
    比較的に値を保つと予想されるなか、ドル/円の動向次
    第では、上下振れる可能性があるといったところ。
    積極的にはなれないが、日経平均の水準的には、底型
    さを確認しながら、押し目買いを入れて良い水準には
    あるだろう。
    
    日経平均予想レンジは19200-19450円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り430万株、買い420万株、
    差し引き10万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が114円台後半。
    (12日終値114.30-32円)
    
    ユーロ/円が121円台後半。
    (12日終値121.50-54円)
    
    12日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって下落。NYダウ、S&P500が反落、NASDAQは
    8日ぶりの反落となった。
    翌日からの金融機関の決算発表を控えて、様子見姿勢の強
    いなか、前日のトランプ次期米大統領の会見で政策の不透
    明感が強まったことなどが相場の重しとなった。
    NYダウは一時、下げ幅を180ドルまで拡げた。
    しかし、その後は下げ幅を縮小し、小幅安でこの日の取引
    を終えた。
    NYダウ終値は-63.28の19891.00、
    S&P500は-4.88の2270.44、
    NASDAQは-16.16の5547.49。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-12【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ディップ<2379> 決算発表。
    終値2378円(前日比-87円-3.52%)
    3-11月期(3Q累計)経常35%増益着地。9-11月期も18%増益。
    
    JIN<3046> 決算発表。
    終値5740円(前日比-120円-2.04%)
    9-11月期(1Q)経常2.6倍増益着地。
    
    薬王堂<3385>
    終値2270円<前日比+5円+0.22%>
    3-11月期(3Q累計)経常が30%増益着地。9-11月期も29%増益。
    
    グラファイトD<7847>
    終値660円(前日比+14円+2.16%)
    3-11月期(3Q累計)経常2.3倍増益着地。9-11月期も2.8倍増益。
    
    アルテック<9972> 業績修正発表。
    終値219円(前日比-5円-2.23%)
    前期営業を83%上方修正。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    さくら<3778>
    終値984円(前日比-13円-1.30%)
    「超先端材料超高速開発基盤技術プロジェクト」向けスパ
    コンのシステムを受注。
    
    ラック<3857>
    終値1096円(前日比+14円+1.29%)
    ブロードバンドタワー<3776>とデータセンターのセキュリ
    ティー対策で協業を発表。
    
    MDV<3902>
    終値2530円(前日比-63円-2.42%)
    2017/2/1に子会社を設立。大規模診療データベースを活用
    したOTC医薬品・H&BC製品の製造販売。
    
    ユビテック <6662>
    終値461円(前日比+18円+4.06%)
    リアルタイムでロボットアームなどの工場設備の稼働監視
    およびデータ取得が可能なIoT標準キットを販売開始。
    
    ピックアップ
    OS JBHD<5912> 自社株買い実施を発表。
    終値258円(前日比-1円-0.38%)
    発行済み株式数(自社株を除く)の1.42%にあたる170万株
    (金額で3億円)を上限。
    買い付け期間29年1/13~29年7/31。
    株価は本日こそ小幅に下落したものの、前日まで6日続伸。
    昨年末から上昇トレンドに乗っており堅調。
    本日も5日移動平均線(253円)などをサポートにしっかりと
    した展開。発表を好感し上昇トレンドは継続されそうだ。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-12【本日動いた注目株を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ベルグアース<1383>、
    S MXリス5<1567>、
    S アスカネット<2438>、
    S ANAP<3189>、
    S GMOテック<6026>、
    一時S Career<6198>、
    S ジュンテン<9835>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S UMN<4585>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    スリープロ<2375> 3日大幅続伸。
    終値1044円(前日比+105円+11.18%)
    75日移動平均線(978円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限993円)突破。
    
    グロバルウェ<3936> 6日大幅続伸。
    終値6120円(前日比+490円+8.70%)
    75日移動平均線(6058円)回復。
    
    ピックアップ
    デリロジー<3356> 大幅反発。
    終値368円(前日比+34円+10.17%)
    サイバーセキュリティ関連。
    11日のトランプ次期米大統領の会見で大統領選を狙ったサ
    イバー攻撃についてロシアの関与を認めたことを受けて、
    サイバーセキュリティー関連株を物色する動き活発に。
    直近株価は移動平均線チャートで25日線(326円)、日足一
    目均衡表において雲上限(324円)近辺でもみあい、動きに
    乏しい展開が続いていたが、本日に大幅反発となった。
    テクニカル面でより注目されるのは、週足の一目均衡表。
    本日に雲(上限358円)を突破しており、明日もこの水準を
    維持するようなら、中朝期的で上昇トレンド転換と期待が
    膨らむ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-12【東京市場概況】

    日経平均は大幅反落(229円安) 円高を嫌気して売り優勢の展開
    
    注目されたトランプ次期大統領の記者会見を受けて、
    為替ドル/円が円高に方向に振れ、日本株は朝方から、
    売り優勢の展開となった。
    押し目買いから下げ渋る場面も見られたが、東京時
    間でも、ドル/円の円高方向に流れは止まらず、戻り
    は限定的となった。
    日経平均の下げ幅は一時、290円を超え。節目19000
    円割れは免れたものの、終値は12/30以来の安値水準
    となった。
    日経平均終値は-229.97円の19134.70円。
    
    東証1部の出来高は20億700万株、
    売買代金は2兆3761億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり327銘柄、値下がり1600銘柄、
    変わらず77銘柄。
    
    業種別では値上がりが2業種。値下がりが31業種。
    値上がりは石油・石炭、水産・農林のみ。
    値下がりトップは医薬品、バルブ・紙、精密機器。
    
    日経平均は節目19000円割れとはならなかったものの、25日移
    動平均線(19192円)などをあっさり割り込むなど、本日の下落
    はネガティブな印象が強い。
    NYダウは2万ドルを射程圏内にあるが、日経平均は連動出来ずに、
    円高がより意識されたかっこう。
    今晩、NYダウは大台に乗せても、日本株はドル/円も円安方向に
    振れなければ、上昇は難しそうだ。
    また、明日はオプションSQ算出日であり、寄り付きから前場は
    特に荒い値動きとなる可能性がある。
    また、後場も週末要因から積極的な売買も控えられそうだ。
    為替にらみのところはあるが、目先は調整の可能性が高いと
    見ていたほうがよそうだ。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-12【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落(171円安) 急激な円高を嫌気
    
    前日の米株市場は上昇となったものの為替ドル/円が
    円高方向に振れ、日本株は売りが先行した。
    押し目買いから下げ渋る動きも見られたものの、
    それも限定的なものとなった。
    日経平均は一時、270円近くの下落幅となり、
    19100円割れ。
    その後は、下げ幅を縮小して、19200円近くで
    前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-171.91円の19192.76円。
    
    東証1部の出来高は9億3569万株、
    売買代金は1兆498億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり390銘柄、値下がり1509銘柄、
    変わらず105銘柄。
    
    業種別では値上がりが4業種、値下がりが29業種。
    値上がりは石油、石炭、水産・農林、証券・商品、
    機械のみ。
    値下がりトップは医薬品、倉庫・運輪、小売り。
    
    
    後場の見通し
    
    為替ドル/円が急激に円高に振れたことがひびき、
    日経平均は売り優勢の展開。
    一時、サポート線の25日移動平均(19195円)を
    割れた。
    前場終わり時点では同線を回復しており、
    後場も日銀のETF買い入れへの思惑などから、
    いっていの底型さが示されると予想されるなか、
    同線がサポート線して機能するかが焦点。
    維持して引けることが出来れば、値幅的な調整
    をこの辺りと判断できるところでもあり、安心
    感が広がりやすい。
    逆に割れて引けるようなら、調整を強める可能
    性が高まり、積極的な買いも入りづらくなる。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-12【東京市場見通し】

    動きにくい展開 トランプ氏会見で米株、為替ともに乱交下
    
    注目されたトランプ次期大統領の記者会見を受けて、
    前日の米株市場は主要3指数そろって上昇で引けた。
    ただ、期待されていた減税などへの踏み込んだ言及
    がなかったことや薬品業界へ批判などから、NYダウ
    は一時、マイナス圏に沈むなど乱交下、荒い展開と
    なった。
    為替ドル/円も荒い展開。現在は115円近辺での推移
    となっているが、一時は114円台前半まで円高に振
    れる場面があった。
    米株市場で主要3指数がそろって上昇となったこと
    は好感されるものの、為替の荒い展開を受けて、
    警戒感は残る。積極的な売買はしづらく、様子姿勢
    の強い展開となりやすい。
    そんななか、今週はオプションSQ算出の週。
    先物主導で指数が振れる可能性がある。
    為替ドル/円の動向に合わせて、仕掛け的な動きに注
    意したいところ。
    
    日経平均予想レンジは19200-19450円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り840万株、買い1050万株、
    差し引き210万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が115円台前半。
    (11日終値116.04-06円)
    
    ユーロ/円が122円どころ。
    (11日終値122.52-56円)
    
    11日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって上昇。NYダウは3日ぶりに反発、NASDAQは
    7日続伸し5日連続で史上最高値を更新した。
    注目されたトランプ次期大統領の記者会見。
    会見前のNYダウは117ドル高となり、2万ドルに迫る場面も見
    られていた。
    しかし、会見で薬価の高騰に対し製薬メーカーへ批判の矛
    先を向けたことから、薬品株を中心に売り圧力が強まり、
    NYダウは一時、マイナス圏に沈んだ。
    ただ、その後は景気拡大策を好感する流れとなり、プラス
    圏に浮上した。
    NYダウ終値は+98.75の19954.28、
    S&P500は+6.42の2275.32、
    NASDAQは+11.83の5563.65。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-11【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    わらべや<2918> 決算発表。
    終値2431円(前日比+18円+0.74%)
    3-11月期(3Q累計)経常は35%増益。通期計画を超過。
    
    不二越<6474> 決算発表。
    終値538円(前日比+11円+2.09%)
    16年11月期の連結経常利益は前の期比55.2%減の77.6億円に
    落ち込むも、17年11月期は前期比80.3%増の140億円とV字
    回復の見通し。
    
    サイゼリヤ<7581> 決算発表。
    終値2769円(前日比+33円+1.20%)
    9-11月期(1Q)経常64%増益着地。
    
    乃村工<9716> 決算発表。
    終値1733円(前日比+8円+0.46%)
    3-11月期(3Q累計)経常41%増益で着地。9-11月期も71%増益。
    
    ピックアップ
    キユーピー<2809> 決算発表。
    終値2795円(前日比-90円-3.12%)
    16年11月期の連結経常利益は313億円と前期比15.2%増。
    17年11月期も341億円と前期比8.7%増の伸びを見込み、
    4期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。
    また、前期年間配当を32円から34.5円と2.5円増の増額。
    今期も1.5円増の36円とする方針とした。
    直近の株価の動向は、日足一目均衡表の雲上限(2986円)が、
    上値抵抗となり昨日、今日と下落。
    同じく日足一目均衡表の雲下限(2763円)近くまで値を落と
    していた。
    ただ、その水準ではいっていの底型さを示しており、好決
    算を好感した買いが入りやすい。
    決算をキッカケに上昇トレンド転換へ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ソースネクスト<4344>
    終値613円(前日比-11円-1.76%)
    個人向けVPNソフト「Wi-Fiセキュリティ」をKDDIの
    「auスマートパスプレミアム」へ提供開始。
    
    ラウンドワン<4680>
    終値811円(前日比-6円-0.73%)
    12月既存店売上高は0.9%増と2ヵ月ぶりに前年実績を上回り。
    
    IBJ<6071>
    終値669円(前日比+1円+0.15%)
    12月度の月次新規加盟開業数は3か月連続で30件超えと堅調
    に推移。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-11【本日動いた注目株を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め6銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ベルグアース<1383>、
    S エムビーエス<1401>、
    一時S カーボン<5302>、
    一時S Tホライゾン<6629>、
    一時S AKIBA<6840>、
    S ジュンテン<9835>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S UMN<4585>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    東洋炭素<5310> 大幅反発。
    終値1952円(前日比+122円+6.66%)
    昨年来高値を更新。
    25日移動平均線(1853円)回復。
    
    NIC<5742> 3日大幅続伸。
    終値1004円(前日比+62円+6.58%)
    日足一目均衡表の雲(上限969円)突破。
    
    トレンダーズ<6069> 2日大幅続伸。
    終値735円(前日比+39円+5.60%)
    日足一目均衡表の雲(上限707円)突破。
    
    ピックアップ
    パルGHD<2726> 大幅反発。
    終値3055円(前日比+269円+9.65%)
    前日(1/10)発表の決算を好感し大幅反発。
    (17年2月期第3四半期累計(3-11月)の連結営業利益は前年同
    期比0.2%増の50.4億円で着地)
    本日、昨年来高値を更新しており、テクニカル面では週足一
    目均衡表の雲上限(3108円)を捉えにいく展開、このまま雲突
    破となれば、もう一段高と期待が高まるところ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-11【東京市場概況】

    日経平均は4日ぶりに反発(63円高) 主力株がしっかりの展開
    
    為替ドル/円の円高が一服、取引期間中も円安に振れる動きが
    見られたことなどから、主力外需株を買い戻す動きが広がっ
    た。
    それに伴い、日経平均も堅調に推移。一時は100円超えの上
    昇となる場面が前場に見られた。
    しかし、今晩に予定されている米トランプ次期大統領会見へ
    の警戒感などから、上値は重く、様子姿勢の強い展開が続き、
    本日の取引を終了した。
    
    日経平均終値は+63.23円の19364.67円。
    
    東証1部の出来高は19億4433万株、
    売買代金は2兆1801億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり996銘柄、値下がり863銘柄、
    変わらず145銘柄。
    
    業種別では値上がりが26業種、値下がりが7業種。
    値上がりトップは鉄鋼、非鉄金属、銀行。
    値下がりは水産・農林、不動産、ゴム製品など。
    
    
    本日はトランプ次期大統領の会見を前に様子見ムード。
    特に後場の動きは乏しかった。
    これまでトランプ氏はツイッターなどを通じた一方通
    行の意見表明を多用しており、企業や金融市場に混乱
    を与えてきた。会見での発言は警戒すべきであり、気
    掛かりだ。
    また、テクニカル的にも日経平均は日柄調整のなかで、
    方向感を探る展開、上下どちらに振れるにせよ、材料
    待ちの面が強い。そういった意味でも今晩の会見が、
    キッカケになる可能性があり、注目度は高いだろう。
    このイベントが無風で通過した場合、日本株は小売り
    企業の決算などに目が向きやすく、個別の業績に関心
    が向かう見通し。全体しての方向感は欠ける展開が続
    き、個別物色の展開と予想する。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-11【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反発(69円高) 円高一服を好感
    
    前日の米株市場は高安まちまちだったがNASDAQが連日
    で史上最高値を更新していたことや為替ドル/円が円高
    一服、東京市場に入って、円安方向に振れたことなど
    を好材料視され、日本株は買い優勢の展開となった。
    堅調な展開にあるとはいえ、トランプ次期米大統領の
    記者会見を控えるなか、上値を追う動きは限定的。
    日経平均は一時、約100円超えの上昇となり、19400円
    台を回復したが、その後は伸び悩んでいる。
    
    前場日経平均終値は+69.42円の19370.86円。
    
    東証1部の出来高は10億110万株、
    売買代金は1兆261億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1039銘柄、値下がり816銘柄、
    変わらず147銘柄。
    
    業種別では値上がりが26業種、値下がりが7業種。
    値上がりトップは鉄鋼、非鉄金属、石油・石炭。
    値下がりは水産・農林、不動産、食料品など。
    
    
    後場の見通し
    
    前場、上値重いもしっかりとした展開となった日経平均。
    前日まで3日続落、自律反発が意識されたほか、テクニカ
    ル面では、日足一目均衡表の転換線(19303円)などがサポ
    ートして機能している。
    後場も引き続き、トランプ次期米大統領の記者会見を控
    えて、上値は限定的も下値はしっかり。方向感には欠け
    た展開となりそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-11【東京市場見通し】

    様子姿勢の強い展開  上下限定的 イベント前でこう着
    
    前日の米株市場が高安まちまち、様子姿勢の強い展開。ハイ
    テク比率の高いNASDAQは6日続伸し、連日で史上最高値を更
    新したものの、NYダウとS&P500は小幅下落。
    為替ドル/円は円高一服感が出てきており、現在は115円台後
    半で推移と前日の東京市場とさほど変わらず。
    海外市場から特に手掛かり材料に欠けるなか、今晩にはトラ
    ンプ次期大統領の会見を控えており、警戒感から上値は重た
    いと予想される。
    とはいえ、日経平均は前日の下げで同イベントへの警戒の売
    りをある程度織り込んだ見込み。
    取引期間中に為替ドル/円が円高方向に振れなければ、下値も
    限定されるだろう。
    物色の対象は主力、大型株に手掛けにくさが残るなか、引き
    続き、中小型、新興株へ。
    出遅れ感の強い銘柄、テーマ性の強い銘柄へ、買いが向かい
    やすい。
    ただ、主力、大型株についても大きく下げる場面では押し目
    買いのチャンスか。
    
    日経平均予想レンジは19200-19400円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り780万株、買い1020万株、
    差し引き240万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が115円台後半。
    (10日終値115.83-84円)
    
    ユーロ/円が122円台前半。
    (10日終値122.75-79円)
    
    10日の米株市場概況
    
    高安まちまち。前日に続き様子姿勢の強い展開となった。
    翌日に控えるトランプ次期米大統領の記者会見や決算発
    表シーズン入りを前に、積極的な取引は限られた。
    ハイテク株比率の高いNASDAQがアップルやコムキャスト、
    シスコシステムズなどが買われ上昇、6日続伸し取引時
    間中と終値で史上最高値を更新した。
    NYダウ終値は-31.85の19855.53、
    S&P500は±0.00の2268.90、
    NASDAQは+20.00の5551.82。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-10【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    メディカネット<3645> 決算発表。
    終値535円(前日比+19円+3.68%)
    上期経常73%増益で上振れ着地。通期計画を超過。
    
    ローツェ<6323> 決算発表。
    終値1866円(前日比+8円+0.43%)
    3-11月期(3Q累計)経常92%増益着地。9-11月期も41%増益。
    
    ピックアップ
    ライク<2462> 決算発表。
    終値2042円(前日比+88円+4.50%)
    発表された決算は好内容。
    17年5月期第2四半期累計(6-11月)の連結経常利益は10.8億円。
    前年同期比73.2%増の拡大。
    また、従来予想の8.2億円を上回った。
    直近3ヵ月の実績である9-11月期(2Q)の連結経常利益も急拡大、
    前年同期比2.0倍の5.8億円。
    株価は本日まで4.5%高の3日続伸。
    テクニカル面では日足一目均衡表の雲(上限1962円)を本日に
    突破。一段高が期待される形にある。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    カイオム<4583>
    終値458円(前日比-4円-0.87%)
    基盤技術ADLibシステムに関する米国特許査定を
    受領と発表。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-10【本日動いた注目株を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め11銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S エムビーエス<1401>、
    S リネットJ<3556>、
    S リミックス<3825>、
    S 日本一ソフト<3851>、
    S チェンジ<3962>、
    一時S アイレックス<6944>、
    S 3DM<7777>、
    S カワセコンピ<7851>、
    S 野崎紙<7919>、
    一時S 三浦印<7920>、
    S 光陽社<7946>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    トウキョベース<3415> 後場急騰
    終値2421円(前日比263円+12.18%)
    前場引け後の決算発表を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限2210円)突破。
    
    T&CMS<3832> 大幅反発。
    終値116円(前日比+19円+19.58%)
    200日移動平均線(112円)回復。
    
    システムソフト<7527> 4日続伸。
    終値171円(前日比+8円+4.90%)
    日足一目均衡表の雲(上限167円)突破。
    
    ピックアップ
    SJI<2315> 4日大幅続伸。
    終値91円(前日比+7円+8.33%)
    先週に日足一目均衡表の雲(上限82円)を突破した勢い
    そのままに、週明けの本日も強い動き、週足一目均衡
    表の雲上限(91円)水準まで上昇してきた。
    この水準から上放れ、節目100円を回復へ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-10【東京市場概況】

    日経平均は3日続落(-152円安) 円高嫌気し売り優勢の展開 
    
    前日の米株市場が高安まちまちとなったなか、為替ドル/円が
    円高方向の動きにあったことから、売り優勢の展開に。
    日経平均は前場にプラス圏に浮上する場面も一時あったが、
    続かずマイナス圏に沈んだ。
    11日のトランプ次期米大統領の会見を警戒しポジション調整
    の売りが出たようだ。
    
    日経平均終値は-152.89円の19301.44円。
    
    東証1部の出来高は18億9467万株、
    売買代金は2兆5992億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり758銘柄、値下がり1131銘柄、
    変わらず115銘柄。
    
    業種別では値上がりが4業種、値下がりが29業種。
    値上がりは医薬品、バルブ・紙、空運、その他製品のみ。
    値下がりトップは保険、電気・ガス、鉱業。
    
    日経平均は本日に5日移動平均線(19397円)割れ。目先はこの
    まま調整を強める可能性が出てきた。
    日足一目均衡表の転換線(19303円)の水準でもある19300円ど
    ころでは、いっていの底型さを示しているが、割れれば、25
    日移動平均線(19130円)、または節目19000円までの調整があ
    ってもおかしくない。
    トランプ次期米大統領の会見を11日に控えて、仕掛けて的な
    売りが出る可能性もあるだろう。
    一方で新興株市場ではマザーズ、ジャスダックともにプラス
    圏で引けており、物色意欲は強いと思われる。
    引き続き、出遅れ感の強い中小型株やテーマ性の強い銘柄、
    外部環境の影響を受けににくい内需株などへの買いは続きそ
    うだ。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-10【東京市場見通し】

    様子姿勢の展開 手掛かり材料難、トランプ氏の会見控えて
    
    先週末6日、注目された米雇用統計は非農業部門雇用者数が
    +15.6万人。結果を受けてこの日(6日)は米株高、やや円安
    に振れる動きが見られたが、前日の米株市場は高安まちま
    ち、NASDAQは史上最高値更新もNYダウ、S&P500は反落して
    いる。NYダウは引き続き、大台2万ドルを前に足踏みの状態
    が続いた。
    また、為替ドル/円も現在は116円近辺での推移。円安一服
    の流れが継続している。
    本日の日本株は海外市場からの手掛かり材料に欠けるほか、
    直近の自動車メーカーに対するコメントなども目立った、
    トランプ次期米大統領の会見を11日に控えて、様子姿勢と
    なりやすい。
    日経平均は先週末の終値近辺(19454.33円)で、小動きな展
    開となりそうだ。
    物色は依然として出遅れ感の目立つ、中小型株へ水準訂正
    の流れが意識される見通し。
    
    日経平均予想レンジは19300-19500円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り960万株、買い760万株、
    差し引き200万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が116円どころ。
    (先週末6日終値116.25円)
    
    ユーロ/円が122円台後半。
    (先週末6日終値123.02-06円)
    
    9日の米株市場概況
    
    高安まちまち。NYダウ、S&P500は下落もNASDAQは続伸し、
    取引時間中と終値で史上最高値を更新した。
    手掛かり材料に欠けるなか、トランプ次期米大統領の
    会見や週後半の決算発表シーズン入りを控え様子見姿
    勢の強い展開となった。
    NYダウ終値は-76.42の19887.38、
    S&P500は-8.08の2268.90、
    NASDAQは+10.76の5531.82。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-06【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    フロイント<6312> 決算発表。
    終値1634円(前日比-1円-0.06%)
    17年2月期第3四半期累計(3-11月)の連結経常利益は前年
    同期比89.5%増の14.8億円に拡大。
    直近3ヵ月の実績9-11月期(3Q)経常が46%増の7.7億円に
    拡大。今期配当を5円増額修正(20円に)。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    マクドナルド<2702>
    終値3045円(前日比±0円±0.00%)
    12月既存店売上高は17%増。13ヶ月連続で前年実績を上回り。
    
    エコス<7520>
    終値1332円(前日比-33円-2.42%)
    今期配当を5円増額修正(25円に)。
    
    ピックアップ
    すかいらーく<3197> 12月度のIRレポート発表。
    終値1577円(前日比+24円+1.55%)
    12月度のIRレポート発表。既存店売上高は前年同月比3.8%増。
    2ヵ月ぶりに前年実績を上回り。
    16年に行った数回のグランドメニュー改定、「牛赤身ステーキ
    」フェア、「冬の肉料理」フェアなどの効果から、ガストの既
    存店売上高が前年同月比6.9%増と3ヶ月連続で前年を上回った
    ことが寄与した。
    株価は昨年来高値1644円(12/27)を付けてからは、調整の流れ
    にあった。
    しかし、足元では日足一目均衡表の雲上限(1551円)近辺で底
    堅く推移するなど、発表を好感し、上昇しやすい場面にある。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-06【本日動いた注目株を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め11銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S アルトナー<2163>、
    一時S リミックス<3825>、
    S ネクスジェン<3842>、
    S サイバーコム<3852>、
    一時S サイジニア<6031>、
    S アルチザ<6778>、
    S アイレックス<6944>、
    一時S 日本MDM<7600>、
    S グラファイト<7847>、
    S ウッドF<8886>、
    S 新華HD<9399>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ネクスト<2120> 4日続伸。
    終値849円(前日比+26円+3.15%)
    日足一目均衡表の雲(上限829円)突破。
    
    ピックアップ
    ツカモト<8025> 変わらず挟んで3日続伸。
    終値137円(前日比+7円+5.38%)
    変わらず挟んで3日続伸となり、昨年来高値を更新
    (136円(12/20))。
    12/20の高値136円を付けてからは、調整となり、
    日足一目均衡表の基準線(127円)近辺まで値を
    落とした。
    その水準では底堅く推移、本日に転換線(131円)
    を回復したことをキッカケに上値を伸ばした。
    週足一目均衡表においても雲(上限130円)を突破。
    一段高が期待される場面にある。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-06【東京市場概況と来週の見通し】

    6日概況 日経平均は続落(66円安) 売り優勢の展開も下げ渋る
    動きあり
    
    為替ドル/円が円高方向にあったことを嫌気し、朝方から売りが
    先行。日経平均の下げ幅は160円を超え、19300円台半ばまで下
    落する場面が、前場に見られた。
    売り一巡後は下げ渋り、19400円台で前場の取引を終えていた
    が、後場に再び100円超えの下落幅となり19400円割れた。
    しかし、再び下げ幅を縮小し、終盤にはこの日の高値19472円
    (前日比-48.32円)を付け、いっていの底型さを維持したまま、
    本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は-66.36円の19454.33円。
    
    東証1部の出来高は18億6189万株、
    売買代金は2兆3537億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1008銘柄、値下がり864銘柄、
    変わらず132銘柄。
    
    業種別では値上がりが14業種、値下がりが19業種。
    値上がりトップはサービス、バルブ・紙、陸運。
    値下がりトップは鉄鋼、非鉄金属、転送用機器。
    
    
    来週の見通し 円高警戒から上値は重いも下値はしっかりか
    
    3連休明けの東京市場は今晩の米雇用統計を受けての米株、
    為替動向を受けての取引となる。
    米雇用統計が予想を下回る結果となれば、円高、米株安
    となる可能性が高く、日本株にとってもネガティブ材料
    となるだろう。
    また、11日にトランプ次期米大統領がNYで記者会見を行い、
    翌日の12日にはイエレンFRB議長が教育関係者向けタウンホ
    ールを開催する。両者の発言次第では為替に動きがありそ
    うで警戒される。
    日経平均は、そうした為替動向を警戒し、上値の重い展開が
    予想される。
    一方で米雇用統計が良好な結果となり、為替ドル/円が円安方
    向の動きに戻り、米株もNYダウが2万ドルを付けるなど、強い
    動きが見られれば、日本株も積極的な買いが入りやすくなる。
    また、売り優勢の展開となっても下値は底堅く推移すると期
    待される。
    足元では円高方向にある為替ドル/円だが、居心地の良い水準
    であり、企業業績への懸念はないという。
    急速な為替変動が収まれば底堅い動きとなりそうだ。
    加えて、下がれば日銀のETF(上場投信)買いが見込まれ、
    上昇相場に乗り遅れた投資家の押し目買い意欲も強い。
    その他、小売セクターの決算発表なども控えており、決算
    を受けた銘柄の動向などに注目が集まりそうだ。
    
    来週の日経平均予想レンジは19000-19800円。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-06【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続落(78円安) 売り先行後は円高一服で下げ渋り
    
    前日から続いた、為替ドル/円の円高が嫌気され、朝方から売り
    が先行した。
    日経平均の下げ幅は一時、160円を超えて19300円台半ばで値を
    落とした。
    売り一巡後は円高が一服したこともあり、下げ渋る展開。
    19400円台半ばで前場の取引を終えた。
    
    前場日経平均終値は-78.51円の19442.18円。
    
    東証1部の出来高は8億8799万株、
    売買代金は1兆810億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり767銘柄、値下がり1108銘柄、
    変わらず129銘柄。
    
    業種別では値上がりが12業種、値下がりが21業種。
    値上がりはサービス、食料品、陸運など。
    値下がりトップは鉄鋼、保険、鉱業。
    
    
    後場の見通し
    
    前場の日経平均は5日移動平均線(19363円)などを下値サポート
    に下げ渋り、いっていの底型さを示した。
    後場も引き続き、底堅い展開が続きそうだが、米雇用統計を控
    える週末で3連休前、上値も重そうだ。
    物色は、やはり中小型株へ向かいやすい。大型株と比較すると
    下落幅は小さく、押し目買いが入っているようだ。
    また、為替ドル/円の動向が気掛かりとなるなか、ディフェンシ
    ブ系の銘柄が、より買われやすいと思われる。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-06【東京市場見通し】

    売り優勢の展開  為替ドル/円が円高方向にあり115円台に
    
    前日の海外市場で欧州株は小幅に上昇も、米株はまちまち。
    NYダウなどは下落となったが、NASDAQは3日続伸し、終値で
    史上最高値を更新した。
    為替ドル/円は前日からの円高基調が続き、現在は115円台
    前半での推移。
    日本株にとって円高はネガティブ材料。売り優勢の展開が
    予想される。
    3連休前の週末にあることに加えて今晩には米雇用統計な
    ど注目指標の発表も控える。
    結果次第では為替ドル/円に、さらなる動きが出る可能性
    もあり、積極的には取引しずらい日となりそうだ。
    日経平均はそうしたなか、下値を探る展開となるだろう。
    下値サポートとなりそうなのは5日移動平均線(19355円)
    や日足一目均衡表の転換線(19303円)。
    主力処が手掛けにくさが意識される一方で、新興株、中
    小型株は堅調な展開が続くか注目される。
    特に米ラスベガスで米国時間5日から世界最大の家電見
    本市「CES 2017」の開幕を受けて、AIやIoTなどのテー
    マ株への物色が向かいやすいと思われる。
    
    日経平均予想レンジは19300-19500円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り910万株、買い900万株、
    差し引き10万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が115円台前半。
    (5日終値115.94-96円)
    
    ユーロ/円が122円台前半。
    (5日終値122.41-45円)
    
    5日の米株市場概況
    
    高安まちまち。NYダウ、S&P500は反落もNASDAQは小幅に
    3日続伸となり、終値で史上最高値を更新した。
    6日発表の12月雇用統計の前哨戦と言われる米12月AD
    P雇用統計が、この日発表された。
    結果は季節調整済みの非農業分野の雇用者数が前月比
    15万3000人増と市場予想17万5000人を下回った。
    足元の景気動向に対する警戒感が台頭し、指数の重し
    となった。
    NYダウ終値は-42.87の19899.29、
    S&P500は-1.75の2269.00、
    NASDAQは+10.93の5487.94。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-05【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ケーヨー<8168> 決算発表。
    終値567円(前日比+2円+0.35%)
    3-11月期(3Q累計)経常2.1倍増益で着地。9-11月期は黒字浮上。
    また、DCMホールディングス<3050>と資本業務提携も発表。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    セリア<2782>
    終値7780円(前日比-130円-1.64%)
    12月既存店売上高は前年同月比4.0%増。
    今期に入り9ヵ月連続で前年実績を上回り。
    
    ジェイアイエヌ<3046>
    終値5440円(前日比-20円-0.37%)
    12月既存店売上高は前年同月比5.6%増。
    4ヵ月連続で前年実績を上回り。
    
    DCM<3050>
    終値1049円(前日比+14円+1.35%)
    17年2月期の年間配当を従来計画の22円から24円に増額修正。
    
    薬王堂<3385>
    終値2214円(前日比-6円-0.27%)
    12月既存店売上高は前年同月比3.5%増。
    今期に入り10ヵ月連続で前年実績を上回り。
    
    Uアローズ<7606>
    終値3355円(前日比-10円-0.30%)
    12月既存店売上高が1.2%増で3ヶ月連続で前年上回り。
    
    ピックアップ
    ABCマート<2670> 12月度概況を発表。
    終値6780円(前日比+80円+1.19%)
    12月度既存店売上高が3.9%増で2ヵ月ぶりに前年実績を上回り。
    発表を好感し明日以降も堅調な展開か。
    株価は小幅に3日続伸となり、これまでの上値抵抗だった200
    日移動平均線(6757円)を回復。
    また、日足一目均衡表においても雲(上限6710円)を突破して
    いる。ただ、注意すべきは1/10に決算発表を控える。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-05【本日動いた注目株を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め12銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S メンバーズ<2130>、
    S フュトレック<2468>、
    S リネットJ<3556>、
    S ITbook<3742>、
    S メディア工房<3815>、
    S マイネット<3928>、
    一時S 日化産<4094>、
    S エルミック<4770>、
    S サイジニア<6031>、
    一時S グレイス<6541>、
    S 新華HD<9399>、
    S ゼンリン<9474>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    JID-SAW<3914> 大幅3日続伸。
    終値6860円(前日比+650円+10.46%)
    日足一目均衡表の雲(上限6560円)突破。
    
    サイバネット<4312> 大幅3日続伸。
    終値687円(前日比+27円+4.09%)
    日足一目均衡表の雲(上限675円)突破。
    
    日医工<4541> 3日大幅続伸。
    終値1783円(前日比+65円+3.78%)
    日足一目均衡表の雲(上限1756円)突破。
    
    バーチャレクス<6193> 大幅反発。
    終値1223円(前日比+68円+5.88%)
    日足一目均衡表の雲(上限1221円)突破。
    
    ピックアップ
    カヤック<3904> 大幅3日続伸。
    終値1137円(前日比+82円+7.77%)
    昨年来高値1734円(10/3)から、一時は937円まで値幅調整。
    その後は、週足一目均衡表の雲の水準1000円どころで、も
    みあい。
    日柄調整となるなか、本日に日足一目均衡表の雲(上限133
    5円-下限1102円)にさしかかった。
    これをキッカケに雲上限(1335円)をうかがう展開へ。
    目先、上値抵抗として控える75日線(1194円)をとらえれば、
    その可能性は一段と高まりやすい。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-05【東京市場概況】

    日経平均は反落(73円安) 為替ドル/円が円高基調に傾き嫌気
    
    朝方こそ米株高などを好感し、買いが先行した日本株だったが、
    為替ドル/円が円高基調に傾いたことで売り優勢の展開となった。
    日経平均は一時、約55円高まで上昇後に下げに転換、後場には
    下げ幅を120円まで拡げる場面があった。
    その後はいっていの底型さは示しており、19500円を維持して、
    本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は-73.47円の19520.69円。
    
    東証1部の出来高は20億4638万株、
    売買代金は2兆4359億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり979銘柄、値下がり863銘柄、
    変わらず162銘柄。
    
    業種別では値上がりが13業種、値下がりが20業種。
    値上がりは情報・通信、空運、サービスなど。
    値下がりトップは鉱業、金属製品、鉄鋼。
    
    日経平均は軟調ななかでも終盤に下げ幅を縮める展開。また、
    TOPIXはプラスで引けており、さほど弱い動きではない(TOPI
    X終値は+1.20の155.68)。
    ただ、明確な買い材料に乏しいなか、為替ドル/円が円高方向
    にあるのは、ややネガティブな印象。
    来週11日予定のトランプ氏の記者会見を前にドル売り圧力が
    強まっていると見られ、それまで円高方向に振れる可能性が
    ある。
    週末には米雇用統計を控えており、予想を上回る内容などが
    発表されれば、円安方向に戻す可能性はあるが、現時点での
    動向を見る限りでは難しそうだ。
    為替ドル/円が円高方向に傾いている状況から、物色対象は内
    需株が中心。
    また、本日に大幅高となったマザーズ指数。約半年ぶりの高
    値を付けており、基調の変化がうかがえる。ジャスダックも
    堅調。
    主力株優位の展開から新興株へ物色の対象が移ってきている
    と思われる。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-05【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落(49円安) 買い先行も円高が重しに
    
    朝方は前日の米株高などを好感し買いが先行した。ただ、
    為替ドル/円の円安が一服していたことなどから、上値は
    限定的。日経平均の上昇幅は55円程におさまった。
    その後、朝方よりドル/円が円高に方向に振れると売り優
    勢に傾き、日経平均はマイナス圏に沈んだ。
    
    日経平均前場終値は-49.46円の19544.70円。
    
    東証1部の出来高は10億844万株、
    売買代金は1兆1337億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり920銘柄、値下がり936銘柄、
    変わらず148銘柄。
    
    業種別では値上がりが11業種、値下がりが22業種。
    値上がりは情報・通信、空運、医薬品など。
    値下がりトップは鉱業、金属製品、鉄鋼、非鉄金属。
    
    
    後場の見通し
    
    前場は為替ドル/円が円高に振れて日経平均はマイナス圏に沈
    んだ。
    昼休憩中も取引されている日経平均先物は下げ幅を拡大、19
    480円まで値を落としている。
    後場は日銀のETF買い入れを期待したいところだがTOPIXが前
    場をプラスで終えていることを考えると期待しにくい。
    短期筋の売り仕掛け的な動きが出てきやすく、売り優勢の展
    開が続く可能性が高い。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-05【東京市場見通し】

    堅調な展開 米株高などを好感 日経平均は19500円で値固めへ
    
    前日の海外市場では欧州株はまちまちも米株市場で主要3指数
    そろって上昇し続伸と堅調。
    為替ドル/円もやや円安一服も現在は117円台前半でしっかり。
    本日の日本株は米株高などを好感し買い優勢の見通し。
    ドル/円がやや円安一服となった分、上値は限定的といったと
    ころか。
    日経平均は20000円に向けて19500円で値固めを進める展開へ。
    主力、大型株の上値が限定される見込みのなか、物色対象は
    新興株、中小型株へ。
    ラスベガスで世界最大の家電見本市「CES 2017」が開催。
    IoT(インターネットオブシングス)、AI(人工知能)、VR(バー
    チャルリアリティ:仮想現実)とAR(拡張現実)、ドローン、
    ロボットなどの関連銘柄の動向が注目される。
    
    日経平均予想レンジは19500-19750円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り500万株、買い650万株、
    差し引き150万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が117円台前半。
    (4日終値117.98-118円)
    
    ユーロ/円が123円どころ。
    (4日終値122.89-93円)
    
    4日の米株市場概況
    
    続伸。主要3指数そろって上昇となった。
    12月ISM製造業景況指数が市場予想を上回ったことやFOMC議事
    要旨が公表され、経済の情勢次第では速やかな利上げが指摘
    されたことなどが好材料となり、買い優勢の展開となった。
    NYダウ終値は+60.40の19942.16、
    S&P500は+12.92の2270.75、
    NASDAQは+47.92の5477.01。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-04【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    本日、該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    カワチ薬品<2664>
    終値2935円(前日比+20円+0.69%)
    12月度既存店売上高が前年同月比2.3%増と2ヶ月連続で前
    年を上回り。
    
    ユーザーベース<3966>
    終値2990円(前日比-50円-1.64%)
    「NewsPicks」会員ユーザー数が200万人を突破。
    
    高島屋<8233>
    終値996円(前日比+32円+3.31%)
    12月度売上高が0.5%増で2ヵ月連続で前年を上回り。
    
    松井証券 <8628> 
    終値1033円(前日比+26円+2.58%)
    12月売買代金が前月比13.2%増の3兆2205億円。
    2ヵ月連続で増加。
    
    ピックアップ
    ブックオフ<3313> 
    終値801円(前日比+14円+1.77%)
    12月のリユース店舗事業の直営店(国内)売上高を発表。
    既存店売上高は前年同月比1.7%増と2ヶ月ぶりに前年実
    績を上回り。
    株価は本日に日足一目均衡表にて転換線(792円)や基準
    線(798円)を回復し、雲(上限794円)も突破している。
    発表を好感し一段高となりやすく、上昇トレンド転換と
    期待される。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-04【本日動いた注目株を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め10銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 日本サード<2488>、
    S リネットJ<3556>、
    S DLE<3686>、
    一時S リアルワルド<3691>、
    一時S サイオス<3744>、
    一時S マイネット<3928>、
    S エルミック<4770>、
    一時S アサカ理研<5724>、
    S ウインテスト<6721>、
    S タカタ<7312>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S アイフリーク<3845>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    enish<3667> 4日大幅続伸。
    終値610円(前日比+69円+12.75%)
    200日移動平均線(548円)回復。
    
    サイジニア<6031> 2日大幅続伸。
    終値2528円(前日比+240円+10.48%)
    日足一目均衡表の雲(2435円)突破。
    
    ナガオカ<6239> 大幅続伸。
    終値826円(前日比+85円+11.47%)
    25日移動平均線(717円)から上放れ傾向。
    
    ピックアップ
    新川<6274> 大幅続伸。
    終値884円(前日比+68円+8.33%)
    日足、週足に続いて月足の一目均衡表においても
    雲(662円)を先月に突破。
    その勢いのまま、年明けの本日も堅調に推移。
    中長期で上昇トレンド真っただ中にあり注目。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-01-04【東京市場概況】

    日経平均は大幅反発(479円高) 高値引けで19500円回復
    
    前日の米株高や為替ドル/円が円安基調にあったことなどが好感
    され、朝方から買いが先行。
    買いが買いを呼ぶ展開となり、前場終値時点で日経平均は1950
    0円台を回復(前場終値は+415.31円の19529.68円)。
    後場も堅調な展開は続き、ジリ高。利益確定売りが出る一方で
    先高期待の買いも根強く、高値引け。
    昨年来高値を更新して本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+479.79円の19594.16円。
    
    東証1部の出来高は23億7573万株、
    売買代金は2兆6851億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1851銘柄、値下がり121銘柄、
    変わらず31銘柄。
    
    業種別では全33業種が上昇。
    値上がりトップは海運、鉄鋼、バルブ・紙。
    
    日経平均は節目20000万円をうかかがう展開か。
    25日移動平均線(18998円)をサポートに理想的な反発、
    あっさりと19500円を乗せてきた。
    20000円回復にはそれなりの材料が必要と見られるが、
    19000円台後半にはそれほど強い抵抗もなく、ジリ高で
    上方向への勢いが強まりそうだ。
    今晩、12月開催のFOMC議事要旨の公表が予定。
    利上げを実施した会でもあるだけに、内容によっては
    円安基調を強める可能性も。
    っとなれば、週末の米雇用統計も円安材料になるとの
    見方も強まりやすく、日本株には追い風。
    ドル/円が120円を目指す展開となれば、日経平均の20000
    円回復に向けて、可能性は高まる。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-04【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅反発(415円高) 19500円台回復
    
    前日3日の米株市場が堅調に推移、為替ドル/円も円安基調にあり、
    日本株は朝方から買いが先行した。
    東証1部銘柄の90%が上昇し全面高商状、日経平均は400円超えの
    上げ幅となり、19500円を回復。2週ぶりの高値を付けた。
    
    日経平均前場終値は+415.31円の19529.68円。
    
    東証1部の出来高は12億4514万株、
    売買代金は1兆3445億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1813銘柄、値下がり137銘柄、
    変わらず53銘柄。
    
    業種別では全33業種が上昇。
    値上がりトップは海運、証券・商品、銀行。
    
    
    後場の見通し
    
    発会安への懸念が消え、買いが買いを呼ぶ展開と前場はなった。
    後場も引き続き、買い優勢の展開が続く見通し。
    週末に米雇用統計などを控えていることを考えると、やや手仕
    舞い売りなどが出る可能性は残るが日経平均の流れは節目2万円
    をうかかがう展開にある。
    昨年12/21高値19592.90円を捉えるような動きが後場に見られれ
    ば、一段と2万円を意識した展開へ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-01-04【東京市場見通し】

    堅調な展開 米株高やドル/円のしっかりとした展開を好感
    
    東京市場より、一足早く今年の取引を迎えた海外市場はおおも
    ね堅調に推移。米株は4日ぶり反発となり、NYダウは一時170ド
    ル超え、終値でも100ドル超えの上昇で引けた。
    為替ドル/円も現在、117円台半ばと円安基調を維持。
    米株高や円安を好感し、日本株も買い先行の見通し。
    主力株を中心に買い戻しの動きが広がりやすい。
    日経平均は直近に25日移動平均線(18949円)近くまでの調整を
    みせていたこともあり、自律反発も意識されるタイミングでも
    ある。
    6日に12月米雇用統計などを控え、様子姿勢となりやすい面も
    あるが、買い先行後もしっかりとした展開が続きそうだ。
    
    日経平均予想レンジは19200-19400円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り760万株、買い790万株、
    差し引き30万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が117円台後半での推移。
    (12/30日終値117.10-12円)
    
    ユーロ/円が122円台半ば。
    (12/30日終値123.04-08円)
    
    3日の米株市場概況
    
    4日ぶりに反発。年明けの米株市場は買い優勢の展開。
    発表された経済指標を好感、米12月ISM製造業景況指数が
    54.7と市場予想53.6を大きく上回り、2年ぶりの高水準。
    米11月建設支出も前月や予想を上回る結果となるなど総じ
    て良好な結果となった。
    NYダウは一時、170ドルを超える上昇となる場面も見られた。
    NYダウ終値は+119.16の19881.76、
    S&P500は+19.00の2257.83、
    NASDAQは+45.97の5429.08。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
お気軽にお問い合わせください
  • お申込み
  • お問い合わせ
電話番号