• 2017-02-28【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ギャランティ<8771> 業績・配当修正。
    終値2602円(前日比-13円-0.49%)
    今期営業2%上方修正、最高益予想上乗せ。
    配当も6円増額(40円に)。
    
    エイチ・アイエス<9603> 決算発表。
    終値2978円(前日比-8円-0.26%)
    11-1月期(1Q)経常63%増益着地。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    パナホーム<1924>
    終値1045円(前日比+5円+0.48%)
    配当修正発表。従来未定としていた17年3月期の年間配当は
    1円増配の21円実施。
    
    イビデン<4062>
    終値1819円(前日比+7円+0.38%)
    株主優待制度を導入すると発表。
    
    アズジェント<4288>
    終値1107円(前日比-80円-6.73%)
    配当修正発表。従来無配としていた17年3月期の期末一括
    配当を5円実施。
    
    アンジェスM<4563>
    終値265円(前日比-5円-1.85%)
    エボラ出血熱に対する抗血清製剤開発で良好な試験結果
    が得られた。
    
    TDCソフト<4687>
    終値1266円(前日比+7円+0.55%)
    配当修正発表。17年3月期の期末一括配当を従来計画の
    20円から28円に。
    
    セルシード<7776>
    終値608円(前日比-5円-0.82%)
    食道再生上皮シートが厚労省の「先駆け審査指定制度」
    対象品目に指定。
    
    ピックアップ
    リボミック<4591>
    終値800円(前日比+50円+6.66%)
    大正製薬ホールディングス<4581>傘下の大正製薬との
    共同研究契約について、契約期間を18年2月末まで延
    長することで合意。
    テクニカル面での株価は移動平均線チャートで、200
    日線(735円)を回復後、上値の重い展開が続いていた
    なか、本日に6%超えの上昇となり、同線から上放れ、
    上方向へのトレンドと強めている。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-28【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め15銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S ジーエヌアイ<2160>、
    S J―HD<2721>、
    一時S 東葛HD<2754>、
    S 日食品<2892>、
    一時S U&C<3557>、
    S メディアドゥ<3678>、
    一時S バリューデザ<3960>、
    S 細火工<4274>、
    S チヨダウーテ<5387>、
    S 大谷工業<5939>、
    一時S 石川製<6208>、
    一時S ナガオカ<6239>、
    S FDK<6955>、
    S 三浦印<7920>、
    S いであ<9768>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ピックアップ
    ソディック<6143> 大幅反発。
    終値1162円(前日比+63円+5.73%)
    本日、大幅反発となり昨年来高値更新。
    国内証券が投資判断を引き上げたことなどが好材料視された。
    直近の5日移動平均線(1120円)を挟んでのもみあいから上放れ。
    また、月足一目均衡表において雲上限(1164円)近辺での推移。
    雲突破からもう一段高が期待されるところ。
    
    ミニストップ<9946> 続伸。
    終値2194円(前日比+52円+2.42%)
    前日(27日)引け後に投資有価証券の一部を売却したのに伴い、
    17年2月期業績に投資有価証券売却益が発生すると発表。
    業績上振れ期待から堅調な展開となった。
    テクニカル面においても5日移動平均線(2154円)を回復。
    週足一目均衡表に雲上限(2189円)を上回った。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-28【東京市場概況】

    日経平均は小反発(11円高) 一時160円高も大引けにかけて伸び悩み
    
    前日の米株高や円高一服を好感し買いが先行。日経平均は前場に
    上げ幅を160円で拡げる場面があった。
    その後も高値圏を維持し、前場を19238.74円(+131.27円)で引け、
    後場も前場終わりの水準での推移が続いていたが、大引けにかけ
    て急速に上げ幅を縮小し、安値引けとなった。
    
    日経平均終値は+11.52円の19118.99円。
    
    東証1部の出来高は19億8400万株、
    売買代金は2兆4611億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1203銘柄、値下がり639銘柄、
    変わらず160銘柄。
    
    業種別では値上がりが25業種、値下がりが8業種。
    値上がりトップは石油・石炭、海運、証券・商品。
    値下がりは医薬品、情報・通信、食料品など。
    
    米株市場でNYダウの史上最高値更新が続き、堅調ではあるが、
    上げ幅は限定されてきており、いつ短期的な調整入るかとの
    警戒感がある。NYダウは調整となり、為替ドル/円も円高に振れ
    れば、日経平均もつられる可能性が高い。その為、持越しに
    くく、終盤に上げ幅縮小する流れと本日はなったのだろう。
    また、明日の日本時間11時にはトランプ大統領の両院議会演
    説。瞬間的に上下振れることになりそうだ。
    ただ、日本株は目新しい話が出てこないという見方の方が強
    く、直近の下げである程度は織り込み済み。イベント通過で
    買い優勢に傾く可能性もある。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-28【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反発(131円高) 米株高や円高一服を好感
    
    前日の米株市場でNYダウが12日連続で史上最高値を更新するなど
    堅調だったことや為替ドル/円の円高方向への動きが一服してい
    たことなどが好感され、朝方から買いが先行した。
    直近売り込まれた景気敏感株や輸出株などを中心に上昇。
    日経平均は一時、160円の上昇。その後はやや伸び悩む場面も見
    られたが、本日高値圏で前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+131.27円の19238.74円。
    
    東証1部の出来高は8億5141万株、
    売買代金は8825億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1705銘柄、値下がり213銘柄、
    変わらず83銘柄。
    
    業種別では全33業種が上昇。
    値上がりトップは石油・石炭、海運、鉱業。
    
    
    後場の見通し
    
    前場、米株高や円高一服を好感し、堅調な展開となったが、
    ここから、もう一段高は見込みにくい。
    明日の日本時間午前11時からのトランプ大統領の議会演説
    を控えて、様子見姿勢を後場を強めそうだ。
    テクニカル面においても日経平均は、5日移動平均線(1927
    6円)が前場に上値抵抗として意識された面もあり、上値は
    重そうだ。
    
    
     
  • 2017-02-28【東京市場見通し】

    買い先行 米株高や円高一服を好感 買い一巡後はイベント前でこう着
    
    前日の米株市場が主要3指数そろって上昇し、NYダウとS&P500
    は史上最高値を更新、史上最高値更新とはならなかったがNA
    SDAQも続伸している。
    為替ドル/円も円高方向への動きが一服、現在は112円台後半
    での推移となっている。
    米株高に円高一服の流れを受けて、本日の日本株は買い先行
    の見通し。
    日経平均は前日の下げがきつかったこともあり、いっていの
    反発が見込まれ、25日移動平均線(19191円)、5日移動平均線
    (19304円)近辺までの戻しが想定される。
    ただ、買い一巡後はこう着。明日のトランプ大統領の両院議
    会演説を前に様子姿勢が強まりそうだ。
    波乱の展開も予想されるなか持越しにくい。物色の流れは引
    き続き、新興株を中心とした中小型に向かいやすいだろう。
    
    日経平均予想レンジは19050-19300円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り620万株、買い890万株、
    差し引き270万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が112円台後半での推移。
    (25日終値112.72-73円)
    
    現在、ユーロ/円が119円台前半での推移。
    (25日終値119.43-47円)
    
    25日の米株市場概況
    
    続伸。NYダウは連騰記録を12日に伸ばし史上最高値更新。
    S&P500も史上最高値を更新。NASDAQも続伸はしたが最高
    値の更新とはならず。
    翌日にトランプ大統領の両院議会演説を控えて、様子見
    姿勢が強かったが、トランプ大統領がインフラや国防に
    大規模な予算を使うと発言したことで政策期待が高まり、
    買いに傾いた。
    NYダウ終値は+15.68の20837.44、
    S&P500は+2.39の2369.73、
    NASDAQは+16.59の5861.90。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-27【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ピックアップ
    ヨシムラフード<2884> 業績修正発表。
    終値3100円(前日比+100円+3.33%)
    17年2月期の連結経常利益を従来予想4.1億円から
    5億円に上方修正。
    その他に3/21付でマザーズから東証1部、
    または2部に市場変更。
    ただ、株式売り出しも発表。売り出し株数は最大
    94万7300株で発行済み株式総数の約21.8%に相当。
    株価は昨年来高値3280円(17/2/21)を付けて以降
    は調整の流れにあったが、本日に3%超の上昇。
    5日移動平均線(3110円)水準まで値を戻していた。
    好悪材料が混在するなか、明日の株価動向に注目。
    堅調な展開となり、5日移動平均線から上放れる
    動きが見られれば、再び上昇トレンドに乗り、
    上値を伸ばす展開に期待がかかるところだが。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    クスリのアオキ<3549>
    終値4835円(前日比+140円+2.98%)
    2月既存店売上高は前年同月比5.2%増。
    9ヵ月連続で前年実績を上回り。
    
    スタンレ電<6923>
    終値3095円(前日比-35円-1.11%)
    自社株買い発表。発行済み株式数(自社株を除く)の
    0.48%にあたる80万株(金額で20億円)を上限に自社
    株買い実施。取得期間3/13~4/21まで。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-27【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め11銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ジーエヌアイ<2160>、
    S J―HD<2721>、
    S 海帆<3133>、
    S U&C<3557>、
    S メディカルN<3645>、
    S サイステップ<3810>、
    S ミズホメディ<4595>、
    S 城南進研<4720>、
    S チヨダウーテ<5387>、
    S 大谷工業<5939>、
    S 野村マイクロ<6254>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ピックアップ
    ドーン<2303> 5日大幅続伸。
    終値1886円(前日比+110円+6.19%)
    26日付日経新聞朝刊において、経済産業省がドローンの
    国際規格づくりに乗り出すと報じられたことがあり、関
    連銘柄に買いが向かった。
    なかでも当銘柄はテクニカル的にも、日足一目均衡表の
    雲(上限1802円)を突破と一段高が期待される形にある。
    
    ソフトブレーン<4779> 大幅続伸。
    終値537円(前日比+27円+5.29%)
    長らく上値抵抗として意識されきた節目500円を本日は
    終値で回復し、上のトレンドを強めてきている。
    週足一目均衡表においても雲上限(491円)を本日に上回り、
    一段高へ向かいやすいところにある。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-27【東京市場概況】

    日経平均は4日続落(176円安) 円高重しに一時は19000円割れ
    
    前日の米株市場は上昇となったものの為替ドル/円が円高に
    振れていたことを嫌気し、朝方から売り優勢でスタート。
    為替ドル/円が一時、112円台を割れる場面では、日経平均
    も下げ幅を拡大し287円安、節目19000円割れとなる場面が
    前場にあった。
    後場は、円高一服や日銀のETF買い期待もあって、下げ幅
    を縮小(104円安)する場面が見られたものの戻りは限定的。
    大引けにかけては再び弱含みとなった。
    
    日経平均終値は-176.07円の19107.47円。
    
    東証1部の出来高は18億3833万株、
    売買代金は2兆1394億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり431銘柄、値下がり1458銘柄、
    変わらず113銘柄。
    
    業種別では値上がりが2業種、値下がりが31業種。
    値上がりが小売り、水産・農林のみ。
    値下がりトップは保険、鉱業、銀行。
    
    為替の円高リスクが意識されたほか、国内長期金利の低下も
    金融株の重しとなった。
    28日のトランプ氏の演説にでは「税制改革などの詳細が示さ
    れるかは不透明。
    演説後に米株は材料出尽くし、失望売りなどから、一端は値
    幅調整に入ると予想されるやすい。
    それも直近に上昇続きだったことを考えると、強めの下落を
    警戒したいところ。
    現在の日本株はそれらを意識した展開。イベントを通過すれ
    ば、ある程度織り込み済みの日本株に買いが入る可能性があ
    る。
    日経平均は節目19000円を割れる場面では、そうした見込み
    から、買いが入っているのだろう。
    イベント通過までは、引き続き、新興株が優勢の展開。ジャ
    スダックは本日も昨年来高値を更新し12連騰、マザーズも6
    日続伸。
    イベント通過後、中小型から大型株に物色の流れが移るか、
    どうかが、目先の焦点。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-27【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は4日続落(223円安) 円高嫌気 一時は19000円割れ
    
    朝方から円高方向にあるドル/円の動向を嫌気し売りが先行。
    その後もドル円が111円台後半まで円高に振れる場面があり、
    日経平均は一時、節目19000円を割れた。
    19000円割れの場面では、下げ渋る動きを見せているが、
    戻りは鈍く、前場の取引を終えている。
    
    日経平均前場終値は-223.35円の19060.19円。
    
    東証1部の出来高は9億8019万株、
    売買代金は1兆647億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり320銘柄、値下がり1592銘柄、
    変わらず87銘柄。
    
    業種別では全33業種が下落。
    値下がりトップは鉱業、保険、銀行。
    
    
    後場の見通し
    
    28日のトランプ米大統領の議会演説を控えるなかで、
    イベント前に悪い方のシナリオを織り込む展開。
    市場が期待するような税制改革の具体策には言及が
    無かったことを想定しての動きと見れる。
    その為、後場も積極的な買いは入りづらいだろう。
    ただ、日経平均が節目19000円を割る場面では、割
    安感から、いっていの買いが入り、底型さを維持す
    る見通し。また、売り方の買戻しから下げ渋る思わ
    れる。
    新興市場も直近の上昇から本日は一服感がある。
    ただトレンドは引き続き上向きにあり、主力処より
    も押し目買いが積極的に入りやすい。後場に買い優
    勢の展開に切り返す可能性もあるだろう。
    
    
    
     
  • 2017-02-27【東京市場見通し】

    売り優勢の展開 米株高も為替ドル/円が112円台前半と円高に
    
    先週末の海外市場で欧州株は軟調、その流れから米株も売り優
    勢の展開にあったが、終盤に持ち直し主要3指数そろって上昇。
    NYダウは11日連続で史上最高値を更新した。
    米株高の流れに日本株も乗りたいところだが、為替ドル/円が円
    高方向にあり、現在は112円台前半での推移。
    円高を嫌気し、日本株は売り先行となる見通し。
    売り先行後、先週に見られたような底型い展開を期待したいと
    ころだが、28日のトランプ大統領議会演説を前にして、積極的
    な買いは入りにくい。終始売り優勢の展開が本日は続きそうだ。
    そんななか、物色の流れは主力処より引き続き中小型向かいや
    すい。
    
    日経平均予想レンジは19050-19300円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り540万株、買い1280万株、
    差し引き740万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が112円台前半での推移。
    (先週末24日終値112.72-73円)
    
    現在、ユーロ/円が118円台半ばでの推移。
    (先週末24日終値119.43-47円)
    
    先週末24日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって上昇。NYダウは11連騰と30年ぶりに記録に
    記録を更新し、11日連続で史上最高値を更新。
    連騰による高値警戒感のあるなか、欧州株安や弱い経済指標
    を受けて軟調な展開にあったが、取引終盤に買いが優勢に傾
    いた。トランプ大統領の政策への期待感が根強く、押し目買
    いが入ったと見られる。
    NYダウ終値は+11.44の20821.76、
    S&P500は+3.53の2367.34、
    NASDAQは+9.80の5845.31。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-24【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    プラネット<2391> 決算発表。
    終値2239円(前日比+13円+0.58%)
    上期経常23%増益着地。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    NIC<5742>
    終値1710円(前日比+10円+0.59%)
    今期配当2円増額修正(29円に)。
    
    京阪神ビ<8818>
    終値653円(前日比+6円+0.93%)
    今期配当1円増額修正(17円に)。
    
    ピックアップ
    ミズホメディ<4595>
    終値3325円(前日比+95円+2.94%)
    呼吸器感染症遺伝子検査キットの製造販売承認申請を厚生労働
    省に行ったと発表。
    発表を好感した買いが向かう見通し。
    テクニカル的には直近に割れていた5日移動平均線(3301円)や
    日足一目均衡表の転換線(3273円)を本日に回復し、再び上昇ト
    レンドに乗る動きにあった。
    そんななかでの本日発表の材料。週明けから堅調な展開が予想
    される。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-24【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め10銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ジーエヌアイ<2160>、
    S イフジ産業<2924>、
    一時S 海帆<3133>、
    S U&C<3557>、
    一時S サイステップ<3810>、
    一時S モバファク<3912>、
    S カナミックN<3939>、
    一時S 大谷工業<5939>、
    一時S 中村超硬<6166>、
    S レノバ<9519>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    タツモ<6266> 大幅反発。
    終値1477円(前日比+199円+15.57%)
    25日移動平均線(1429円)回復。
    
    ピックアップ
    日信号<6741> 大幅反発。
    終値1119円(前日比+77円+7.38%)
    信号機大手の当銘柄。警察庁が17年度から全国の車両用信号
    機を小型化する方針を固めたと一部メディアが報じたことか
    ら買いが向かった。
    テクニカル面でも移動平均線チャートで、25日線(1071円)を
    回復。
    週足一目均衡表においても前週に割れた雲上限(1078円)を回
    復し、再び雲と突破。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-24【東京市場概況と来週の見通し】

    24日概況 日経平均は3日続落(87円安) 一時プラス圏浮上も
    週末要因もあり上値重い
    
    朝方の為替が円高方向に振れていたことが嫌気され、売りが
    先行。
    しかし、売り一巡後は円高一服したこともあり、日経平均は
    底堅く、一時はプラス圏に浮上する場面も前場にはあった。
    後場は、前場終わりから売り優勢の展開。週末前の持ち高調
    整などの売りが出て再び弱含む展開となった。
    いっぽうで新興株式市場は堅調な展開が続き、ジャスダック
    は連日で昨年来高値を更新し11日続伸、マザーズも5日続伸
    となった。
    
    日経平均終値は-87.92円の19283.54円。
    
    東証1部の出来高は21億1283万株、
    売買代金は2兆729億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり708銘柄、値下がり1144銘柄、
    変わらず141銘柄。
    
    業種別では値上がりが7業種、値下がりが26業種。
    値上がりはその他製品、その他金融、食料品など。
    値下がりトップは鉄鋼、機械、非鉄金属。
    
    
    来週の見通し 28日のトランプ米大統領による議会演説次第か
    
    来週は28日のトランプ米大統領による議会演説への注目度が
    高い。直近の材料難から、その注目度は日々増してきている。
    ここまで米株市場はNYダウが10日連続で史上最高値を更新する
    など堅調な展開。
    トランプ大統領が税制改革などで、驚くべき発表を行うとの
    考えを示して、期待が高まってきたなか、演説を受けて、政
    策への失望感が広がると米株は下落。日本株も下振れること
    になりそうだ。
    その時にドル/円も円高方向への動きが強まれば、日経平均は
    19000円を割れて、18000円台に戻されるだろう。
    いっぽうで無難に通過した場合、米株に比べて割安感のある
    日本株への買いは積極的に入る見込み。
    直近のもみあいから上放れ、上値抵抗として意識される1950
    0円を上抜ければ、次に20000円を意識した展開が期待される
    ところ。ただ、その時も為替ドル/円次第の面は残る。
    
    来週の日経平均予想レンジは18800-19800円。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-24【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続落(30円安) 売り一巡後下げ渋り、一時は
    プラス圏に
    
    NYダウは連日で最高値を更新するなか、為替ドル/円が円高方向
    にあったことを嫌気し、日本株は売りが先行した。
    日経平均は寄り付き直後に150超えの下落となった。
    しかし、売り一巡後は、円高が一服したことなどから、押し
    目買いが入り、下げ渋る展開。一時はプラス圏に浮上する場
    面もあった。
    
    日経平均前場終値は-30.78円の19340.68円。
    
    東証1部の出来高は11億2108万株、
    売買代金は9952億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり850銘柄、値下がり979銘柄、
    変わらず163銘柄。
    
    業種別では値上がりが18業種、値下がりが15業種。
    値上がりはその他金融、その他製品、食料品など。
    値下がりはガラス・土石、鉄鋼、非鉄金属など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均はドル/円が円高方向に振れれば反応し、下げを強める
    場面があるものの、下値では引き続き底堅い。
    後場も日銀のETF買い入れ期待などが下支えとなりそうだ。
    ただ、終盤には週末要因や10連騰中のNYダウの上昇一服などが
    意識される可能性があり、弱含む可能性がある。
    
    
    
     
  • 2017-02-24【東京市場見通し】

    売り優勢 NYダウ史上最高値を更新続くも為替が円高方向
    
    前日の米株市場でNYダウが10日連続で史上最高値を更新。
    (S&P500は小反発。NASDAQは続落)
    NYダウの上げ基調は続いているものの、為替が円高方向
    に振れており、ドル/円は113円を割れて112円台後半での
    推移となっている。
    日本株は円高を重しに売り優勢の展開が予想される。
    ただ、下値も限定され、日経平均は25日移動平均線(191
    76円)などを意識し底堅さはありそうだ。
    直近の傾向として、前場に弱く後場持ち直すという動き
    が続いている。
    本日は週末要因があるなかで、同様の展開となれば、目
    先の底型さが一段と意識されるところ。売り一巡後の動
    向をより注視。
    物色の中心は引き続き、中小型株の展開が続く見通し。
    
    日経平均予想レンジは19150-19350円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1090万株、買い1220万株、
    差し引き130万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が112円台後半での推移。
    (23日終値113.24-25円)
    
    現在、ユーロ/円が119円台前半での推移。
    (23日終値119.49-53円)
    
    23日の米株市場概況
    
    高安まちまち。NYダウは10日連続で史上最高値を更新、
    S&P500が小幅に反発。一方でNASDAQは続落となった。
    金利低下を受けて公益や通信、原油高を好感しエネル
    ギー株などが上昇した。
    いっぽうで、資本財や一般消費財が利益確定売りに押
    された。
    NYダウ終値は+34.72の20810.32、
    S&P500は+0.99の2363.81、
    NASDAQは-25.12の5835.51。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-23【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ティーガイア<3738>
    終値1856円(前日比-2円-0.11%)
    株主優待制度でQUOカード贈呈を決定。
    
    ケイブ <3760>
    終値1420円(前日比+1円+0.07%)
    筆頭株主で代表取締役社長が保有株の一部売却を
    大洋グローバルビジネスに譲渡すると発表。
    
    ピックアップ
    JCRファーマ<4552>
    終値2876円(前日比-28円-0.96%)
    独自の血液脳関門通過技術「J-Brain Cargo®」を
    適用した、JR-141(血液脳関門通過型ハンター症
    候群治療酵素製剤)に続く新薬の第2弾。ポンぺ病
    治療酵素製剤の開発に着手することを発表。
    直近の株価は5日移動平均線(2865円)を下値サポ
    ートにジリ高。
    本日は反落となり、取引期間中には同線を割れる
    場面もあったが終値では維持。
    発表を好感し、明日以降は一段と上昇が強まる展
    開が期待されるところ。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-23【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S J―HD<2721>、
    一時S デュアルT<3469>、
    一時S パ・システム<3847>、
    S モバファク<3912>、
    S メドレックス<4586>、
    一時S JMC<5704>、
    一時S スマバ<9417>、
    S レノバ<9519>。
    
    ピックアップ
    スマートバリュ<9417> 一時S高
    終値1906円(前日比+207円+12.18%)
    人間ドック・健診予約サイト運営大手のマーソと業務提携。
    全国初となる自治体向けクラウド型健診・検診予約サービ
    ス「SMARTHEALTHNAVI」を3月にリリースすると前場中頃に
    発表。
    発表を受けて株価は一時S高の上昇。その後は上げ幅を縮
    小しているものの、25日移動平均線(1769円)回復で引けて
    いる。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ピックアップ
    ハマキョウ<9037> 大幅続伸。
    終値2173円(前日比+85円+4.07%)
    協和発酵キリングループの千代田運輸の全株式を取得し子
    会社化するとを前日引け後に発表。発表を好感した買いが
    向かった。
    テクニカル面では日足一目均衡表の雲(上限2150円)を突破。
    週足一目均衡表においても雲上限(2079円)を上回っており、
    転換線(2110円)も回復。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-23【東京市場概況】

    日経平均は小幅続落(8円安) 上下ともに材料に欠け方向感無し
    
    日経平均は前場に一時は100円超えの下落となる場面があった
    ものの、前場引け時点では67円安とやや下げ渋る動きを見せ
    ていた。
    後場はこう着した展開が続いていたが、引けにかけて下げ幅
    を縮小し、小幅安で本日の取引を終えた。
    日銀のETF買い入れ期待などが下支えとなったと見られる。
    
    日経平均終値は-8.41円の19371.46円。
    
    東証1部の出来高は19億6106万株、
    売買代金は2兆43億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1013銘柄、値下がり848銘柄、
    変わらず140銘柄。
    
    業種別では値上がりが18業種、値下がりが15業種。
    値上がりは鉱業、空運、倉庫・運輪など。
    値下がりは証券・商品、非鉄金属、鉄鋼など。
    
    日経平均は朝方に100円超えの下落から終わりでは8円安と
    底堅い展開となった。
    直近、こう着した展開ではあるが、年末の19000円を挟ん
    でのもみあいからは水準を上げており、19000円が下値メ
    ドして意識されている面もある。
    ただ、為替ドル/円の円安一服感が漂うなか、上昇続きの
    NYダウが調整を入れる場面では日経平均も下振れと警戒
    したいところ。主力処へ積極的に買いを入れる場面では
    無さそうだ。
    いっぽうで新興株は変わらず本日も堅調。ジャスダック
    10日続伸、マザーズは4日続伸。ジャスダックは連日で
    昨年来高値更新となった。新興株を中心とした循環物
    色流れは、まだ続きそうだ。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-23【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続落(67円安) 一時100円超えの下落幅に
    
    前日の米株市場でNYダウが9日連続で史上最高値を更新していた
    ことなどを好感し、小高く始まった日経平均だったが、上値の
    重さが意識されると売りに傾き、為替ドル/円がやや円高方向に
    振れたこともあり下げ幅を拡大、下落幅は100円を超え場面も
    あった。ただ、前場引けにかけては下げ幅を縮小し終えている。
    
    日経平均前場終値は-67.80円の19312.07円。
    
    東証1部の出来高は10億4312万株、
    売買代金は9703億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり764銘柄、値下がり1064銘柄、
    変わらず173銘柄。
    
    業種別では値上がりが9業種、値下がりが24業種。
    値上がりは空運、鉱業、倉庫、運輪など。
    値下がりトップは銀行、証券・商品、非鉄金属。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均が方向感を示せず、主力処は手控えられやすい。
    そんななか、中小型へ物色が向かいやすいが、ここまで、
    堅調な展開が続いていただけに、やや一服感も出てきて
    いる。
    引き続き、堅調な展開は続きそうだが、主役が不在とい
    ったところで、中心となる銘柄やテーマの材料が待たれ
    るところ。
    
    
  • 2017-02-23【東京市場見通し】

    こう着した展開が続く見通し 物色は引き続き中小型株へ
    
    前日の米株市場はまちまちとなり、NYダウは史上最高値更新が
    続いたが、S&P500とNASDAQは小幅に反落となった。
    注目されたFOMC議事要旨では、早期利上げが適切との見方が
    示されたものの、3月の利上げ可能性を高めるほど踏み込んだ
    内容ではなかった。
    これを受けて、為替ドル/円は一時、113円台を割れる場面が見
    られた。
    現在は113円台前半での推移となっているが、円安材料が一つ
    消えたかっこう。
    ドル/円との連動性が強い日経平均は、上値の重い展開が続き
    そうだ。
    ただ、下値を売り込むにも材料不足。5日移動平均線(19325円)、
    25日移動平均線(19177円)をサポートに底堅い展開とはなるだ
    ろう。
    日経平均のこう着した展開が予想されるなか、引き続き物色の
    流れは、新興市場の中小型へ向かいやすいだろう。
    
    日経平均予想レンジは19250-19450円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り980万株、買い1210万株、
    差し引き330万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が113円台前半での推移。
    (22日終値113.40-41円)
    
    現在、ユーロ/円が119円台半ばでの推移。
    (22日終値119.15-19円)
    
    22日の米株市場概況
    
    高安まちまち。NYダウは9日連続で市場最高値を更新した。
    ただ、S&P500とNASDAQは3日ぶりに小反落。
    注目されたFOMC議事要旨では「かなり早期」の利上げの
    可能性が示されたものの市場予想ほどタカ派的ではなか
    ったと受け止められたもよう。
    議事要旨を受けて債券利回りが低下、公益や不動産など
    の高配当利回りセクターが上昇した。
    NYダウ終値は+32.60の20775.60、
    S&P500は-2.56の2362.82、
    NASDAQは-5.32の5860.63。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-22【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    国際帝石<1605>
    終値1127円(前日比+1.0円+0.08%)
    子会社のインペックス南イラク石油を通じて権益を
    保有するイラク共和国ブロック10鉱区で試掘井を掘
    削した結果、油層の発見に成功。
    
    メドレックス<4586>
    終値578円(前日比+32円+5.86%)
    マイクロニードルアレイに関する米国特許査定を取得。
    
    ニトリ<9843>
    終値12540円(前日比+260円+2.11%)
    2月既存店売上高7.4%増と2ヶ月連続で前年上回り。
    
    ピックアップ
    バンナムHD<7832>
    終値3170円(前日比+15円+0.47%)
    配当修正発表。
    17年3月期の年間配当を従来計画の24円から54円に。
    株価は移動平均線チャートにて、本日に僅かながら
    75日線(3160円)を回復。
    配当修正を好感し、次に日足一目均衡表の雲(上限
    3197円)突破も見えてくるところで一段高に期待が
    かかる。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-22【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 安江工務店<1439>、
    一時S KDXサムス<1584>、
    S J―HD<2721>、
    S CANBAS<4575>、
    S ナガオカ<6239>、
    S 野村マイクロ<6254>、
    S イントラスト<7191>、
    一時S GFA<8783>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    テラ<2191> 4日大幅続伸。
    終値600円(前日比+63円+11.73%)
    75日移動平均線(572円)回復。
    
    ピックアップ
    エンカレッジ<3682> 大幅反発。
    終値1897円(前日比+153円+8.77%)
    25日移動平均線(1757)回復とともに上放れ。週足一目均衡表
    においても雲(上限1842円)を上回ってきており、テクニカル
    的には中長期で上昇トレンド転換と期待される形にある。
    
    エスペック<6859> 続伸。
    終値1357円(前日比+40円+3.03%)
    いちよし経済研究所が「標準製品を中心に環境試験装置の受
    注に改善の兆し」と題したレポートを公表したことなどが材
    料視された。
    テクニカル面でも移動平均線チャートで、200日線(1319円)
    回復。
    日足一目均衡表においても雲(上限1319円)を突破となるなど
    良好な形。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-22【東京市場概況】

    日経平均は3日ぶり小反落(1円安) 前日終値はさんでもみあい
    
    朝方こそ前日の米株高を好感し、買いが先行した。
    しかし、為替ドル/円が円高方向に振れていたことなどから、
    戻り売り、利益確定売りに押されて売り優勢に傾いた。
    ただ、下値も売り込む材料にも欠けて一進一退。
    日経平均は前日終値を挟んでのもみあいとなり、
    方向感に欠ける展開となった。
    
    日経平均終値は-1.57円の19379.87円。
    
    東証1部の出来高は21億7480万株、
    売買代金は2兆1068億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり906銘柄、値下がり920銘柄、
    変わらず176銘柄。
    
    業種別では値上がりが19業種、値下がりが14業種。
    値上がりトップは海運、鉄鋼、繊維製品。
    値下がりトップは不動産、その他金融、バルブ・紙。
    
    日経平均は為替ドル/円の連動。節目19500円が上値メドして
    強く意識されており、一段とドル/円が円安に振れる動きが
    見られなければ、上値の重い展開は続きそうだ。
    いっぽうで下値も25日移動平均線(19164円)などをサポート
    に限定されそう。
    トランプ米大統領の議会演説(28日)までは、様子姿勢の強い
    展開が続きそうだ。
    その間、主力株は様子姿勢を強めるなか、やはり新興株に
    物色は向かいやすい。
    本日も堅調でジャスダックは9日続伸、マザーズも3日続伸
    している。
    新興株を中心に材料、テーマを手掛かりとした循環物色が
    続きそうだ。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-22【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落(36円安) 米株高好感し買い先行も
    円高重しに下げに転換
    
    前日の米株市場が主要3指数そろって史上最高値を更新し堅調
    な展開だったことから、日本株も買いが先行した。
    ただ、買い一巡後は伸び悩み、為替ドル/円が円高方向に振れ
    たことから、日経平均はマイナス圏に沈み、前場の取引を終
    えた。
    
    日経平均前場終値は-36.32円の19345.12円。
    
    東証1部の出来高は10億6184万株、
    売買代金は1兆305億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり788銘柄、値下がり1051銘柄、
    変わらず163銘柄。
    
    業種別では値上がりが13業種、値下がりが20業種。
    値上がりは鉄鋼、海運、繊維製品など。
    値下がりトップは不動産、バルブ・紙、建設。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は節目19500円が上値メドとして強く意識されており、
    米株が堅調ではあるが、為替ドル/円の動向がより注視されて
    いる。
    節目19500円を超えるにはドル/円一段と円安方向に振れなけれ
    ば厳しそうにある。
    また、東証1部の売買代金も米株休場明けとなったが、依然と
    して乏しく、エネルギー不足感も否めない。
    いっぽうで新興市場はしっかり。後場も中小型株を中心に物
    色される展開が続きそうだ。
    
    
     
  • 2017-02-22【東京市場見通し】

    買い先行 休日明けの米株の全面高を好感 買い一巡後はこう着 
    
    前日の休日明けの米株市場は堅調、NYダウは8日連続で史上最
    高値を更新、主要3指数そろって史上最高値を更新し、全面
    高となった。
    日本株も米株高を好感し、買いが先行する見通し。
    ただ、為替ドル/円が円安方向の動きが一服しており、
    現在は113円台後半での推移。東京時間でも一服感が継続さ
    れれば、買い一巡後は、上値の重い展開となりそうだ。
    日経平均はCME225先物の動きを見る限り、節目19500円が上値
    として意識されており、この水準では強弱感が対立しやすい
    ところ。買い一巡後はこう着して展開となりそうだ。
    物色に関しては、スタートは主力株に向かうと予想されるが、
    次第に中小型、新興株へ徐々に向かうと予想する。
    
    日経平均予想レンジは19350-19550円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り690万株、買い980万株、
    差し引き290万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が113円台後半での推移。
    (21日終値113.53-54円)
    
    現在、ユーロ/円が119円台後半での推移。
    (21日終値120.07-11円)
    
    21日の米株市場概況
    
    続伸。NYダウは8営業日連続で史上最高値更新。
    S&P500、NASDAQは続伸し最高値更新。
    ウォルマートやホーム・デポなどの好調な企業決算、
    原油高が好感され、全面高となった。
    NYダウ終値は+118.95の20743.00、
    S&P500は+14.22の2365.38、
    NASDAQは+27.37の5865.95。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-21【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ピックアップ
    MORESC<5018> 業績修正発表。
    終値1762円(前日比+10円+0.57%)
    17年2月期の連結経常利益を従来予想25億円から26.5億円に
    上方修正。
    株価は25日移動平均線(1742円)どころで、日柄調整中にある
    なか、直近は小幅ながら3日続伸とやや上振れ傾向にあった。
    上方修正の発表が25日線から上放れの後押しとなりそうだ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    日水<1332>
    終値562円(前日比±0円±0.00%)
    今期配当を1円増額修正(6円に)。株主優待制度の導入を発表。
    
    モバファク<3912>
    終値2808円(前日比-42円-1.47%)
    配信中の位置情報連動型ゲーム「ステーションメモリーズ!」
    において、日本郵政<6178>傘下の日本郵便とのコラボレーショ
    ン決定。
    
    HMT<6090>
    終値2360円(前日比-480円-16.90%)
    100%子会社HMTバイオメディカルが体外診断用医薬品製造販
    売業の許可を取得。
    
    富士ソフト<9749>
    終値2811円(前日比-13円-0.46%)
    株主優待制度を新設を発表。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-21【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S 共同PR<2436>、
    S J―HD<2721>、
    一時S システムズD<3766>、
    一時S 日シス技術<4323>、
    一時S JMC<5704>、
    S 野村マイクロ<6254>、
    一時S ソフィア<6942>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    日本化<4092> 大幅反発。
    終値256円(前日比+15円+6.22%)
    75日移動平均線(242円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限245円)突破。
    
    ピックアップ
    Bガレージ<3180> 変わらず挟んで6日続伸。
    終値1229円(前日比+64円+5.49%)
    前日に移動平均線チャートで200日線(1165円)を
    僅かながら回復。
    日足一目均衡表においても雲(上限1164円)を僅
    かながら突破していた。
    本日は、それらから上放れる動き、中長期で上
    昇トレンド転換と期待される。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-21【東京市場概況】

    日経平均は続伸(130円高) 円安背景に後場に一段高
    
    手掛かり材料に欠けたなか、為替ドル/円が円安方向に振れる
    動きとなり、先物主導で日本株は買い優勢の展開となった。
    前場を88円高で終えていた日経平均は後場に一段高、終盤に
    19400円に接近した。
    ただ、終日商いは薄く、東証1部の売買代金は昨日付けた今
    年最低水準を更新した。
    
    日経平均終値は+130.36円の19381.44円。
    
    東証1部の売買代金は1兆6540億円。
    出来高は15億2843万株。
    
    騰落銘柄数は値上がり1227銘柄、値下がり629銘柄、
    変わらず146銘柄。
    
    業種別では値上がりが31業種、値下がりが2業種。
    値上がりトップはバルブ・紙、保険、繊維製品。
    値下がりは情報・通信、水産・農林のみ。
    
    日経平均は円安に連動し堅調な展開。テクニカル的には、
    25日移動平均線(19145円)をサポートに5日移動平均線(19
    330円)を回復と上に振れる動きが見られてはいる。
    ただ、商いは低調。買い戻し主体で新規買いは乏しく、
    買い意欲は限定されているようだ。
    商いが株価上昇に伴ってこないと、節目19500円を超える
    動きは期待しづらい。
    引き続き、新興市場はしっかり。ジャスダックが8日続伸、
    マザーズは続伸。ジャスダックは連日で昨年来高値を更新
    している。いっとき新興市場は堅調な展開が続きそうだ。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-21【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続伸(88円高) 19300円台回復 ドル/円が円安に
    振れ好感
    
    前日の米株市場が休場と手掛かり材料に欠けて小動きな展開に
    あったなか、為替ドル/円が円安方向に振れ、買い優勢に傾いた。
    日経平均は一時、115円の上昇。その後は上昇一服となったが、
    高値圏を維持したまま前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+88.55円の19339.63円。
    
    東証1部の出来高は7億3464万株、売買代金は7475億円。
    騰落銘柄数は値上がり986銘柄、値下がり849銘柄、
    変わらず167銘柄。
    
    業種別では値上がりが31業種、値下がりが2業種。
    値上がりトップはバルブ・紙、保険、繊維製品。
    値下がりは情報・通信、水産・農林のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は前場を88円高で引けて堅調な展開。ただ、一段と
    買い上がるには材料不足。
    前場東証1部の売買代金は低水準であり、基本的には様子姿
    勢の強い展開。
    ただ、25日移動平均線(19143円)などをサポートに前場終値
    時点では5日移動平均線(19322円)も上回っており、下値不安
    は後退してきている。
    好悪ともに材料に欠けるなか、後場も為替の動向次第ではあ
    るが、様子姿勢の強い展開が続きそうだ。
    
    
    
     
  • 2017-02-21【東京市場見通し】

    手掛かり材料に欠けて小動き 個別物色の展開
    
    前日の米株市場が休場。欧州株もほぼ横ばい。為替ドル/円も小
    動きで、現在は113円台前半での推移と前日から、ほぼ変わら
    ず水準での推移。
    手掛かり材料に欠けるなか、様子姿勢の強い展開が予想される。
    日経平均(前日終値19251.08円)は5日移動平均線(19302円)を上
    値抵抗に、25日移動平均線(19122円)を下値サポートに、動き
    に乏しい展開が予想される。
    そんなか物色は、前日に日経平均の下支えとなったソフトバン
    クG<9984>。
    その他、中小型株が注目される。東証2部、マザーズ、JASDAQ
    のAIやIoT、フィンテック関連などが注目される。
    
    日経平均予想レンジは19100-19300円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り570万株、買い900万株、
    差し引き190万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が113円台前半での推移。
    (先週末17日終値113.12-14円)
    
    現在、ユーロ/円が120円台前半での推移。
    (先週末17日終値120.08-12円)
    
    米株市場 プレジデンツデーにより休場
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-20【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    四国電力<9507> 業績修正発表。
    終値1093円(前日比+6円+0.55%)
    今期経常86%上方修正。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    日本調剤<3341>
    終値3730円(前日比-20円-0.53%)
    第一生命<8750>傘下の第一生命保険およびネオファースト
    生命保険と業務提携発表。
    
    カイカ<2315>
    終値79円(前日比+2円+2.59%)
    AMBITION<3300>と共同で行うブロックチェーン実証実験が
    第2段階へ。
    
    AMBITION<3300>
    終値1201円(前日比+33円+2.82%)
    カイカ<2315>と共同で行うブロックチェーン実証実験が第
    2段階へ。
    
    ピックアップ
    マーチャント<3121>
    終値463円(前日比+42円+9.97%)
    推奨銘柄でもある当銘柄。
    先週に仮想通貨事業参入への検討開始を発表されていた当銘柄。
    本日の引け後にビットコイン取引所「BTCBOX」を運営す
    るBTCボックスと資本・業務提携を行うことで合意したと発
    表。
    テクニカル面では先週に日足一目均衡表の雲突破から上昇トレ
    ンドを強めるかっこうとなっており、明日以降も業務提携を好
    感、節目500円超えから昨年来高値548円(10/14)を更新へと期
    待がかかる。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-20【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S J―HD<2721>、
    S ハピネス&D<3174>、
    一時S みんなのW<3685>、
    一時S リアルコム<3856>、
    S アカツキ<3932>、
    S DWセラピ研<4576>、
    S イントラスト<7191>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    Hamee<3134> 続伸。
    終値954円(前日比+32円+3.47%)
    越境EC関連。日足一目均衡表の雲(上限949円)突破。
    
    ピックアップ
    インソース<6200> 大幅反発。
    終値1757円(前日比+152円+9.47%)
    先週末(17日)に発表された株主優待制度新設を好感。
    (毎年9月末時点の株主を対象に100株以上保有でクオカ
    ード500円分、1000株以上保有で同1000円分、1万株以
    上保有で同3000円分を贈呈)
    テクニカル面では先月1/31に昨年来高値1885円を付け
    て以降は調整の流れにあったが、本日に25日移動平均
    線(1674円)を回復し、再びトレンドは上向き傾向。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-20【東京市場概況】

    日経平均は小反発(16円高) 後場にプラス圏浮上も上値重い
    
    朝方、為替が円高方向にあったことから日本株は売りが先行
    した。
    ただ、その後は円高が一服したことなどから下げ渋り、日経
    平均は前場を小幅安(27円安)で引けていた。
    後場にはプラス圏に浮上、40円高まで上昇する場面も見られ
    たが、上値を追う動きは限定的。
    今晩の米株市場が休場であることなどから、様子見姿勢が強
    かった。
    
    日経平均終値は+16.46円の19251.08円。
    
    東証1部の売買代金は1兆7127億円。
    出来高は14億9739万株。
    
    騰落銘柄数は値上がり1057銘柄、値下がり783銘柄、
    変わらず162銘柄。
    
    業種別では値上がりが20業種、値下がりが13業種。
    値上がりトップはゴム製品、情報・通信、空運。
    値下がりは石油・石炭、鉱業、繊維製品など。
    
    東証1部の売買代金は今年最低、出来高も今年2番目の低さと
    盛り上がりに欠けた。
    とはいえ、日経平均は寄与度の高いソフバンク<9984>などの
    上昇に助けられ、プラス圏で本日の取引を終えた。
    結果的に25日移動平均線(19122円)が下値サポートとなり、
    底型さを示している。
    今晩の米国市場が祝日のため休場。明日も材料難から方向感
    に欠ける展開が予想される。為替ドル/円の動向次第で上下振
    れる動きがある程度だろう。
    いっぽうで新興株が堅調な展開が続いており、ジャスダック
    は連日で昨年来高値を更新。マザーズも反発となった。
    主力、大型株が手掛けにくいなか、新興市場の個別に材料が
    出た銘柄やテーマ性の強い銘柄への関心が一段と高まりそう。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-20【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続落(27円安) 円高を嫌気した売り先行後はしっかり
    
    先週末の米株市場は堅調だったものの、為替ドル/円が円高方向
    にあったことを嫌気し、日本株は売りが先行した。
    日経平均は一時、119円の下落幅となり、19100円近くまで値を
    落とす場面があった。
    しかし、売り一巡後は円高が一服したこともあり下げ渋り、下
    げ幅を縮小し、前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-27.32円の19207.30円。
    
    東証1部の出来高は7億9132万株、
    売買代金は8369億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり708銘柄、値下がり1134銘柄、
    変わらず158銘柄。
    
    業種別では値上がりが7業種、値下がりが26業種。
    値上がりはゴム製品、情報・通信、空運など。
    値下がりトップは石油・石炭、水産・農林、その他製品。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は前場引けにかけて下げ渋る動き。寄与度の高いソフ
    トバンクG<9984>の上昇など下支えとなっており、後場も同銘
    柄が堅調な展開となれば、引き続き、底堅い展開が続きそうだ。
    とはいえ、今晩の米株市場が休場。見送り姿勢は強く、上値は
    重いだろう。
    いっぽうで、東証2部指数、マザーズ、ジャスダックは前場を
    プラス圏で引けており、堅調な展開。
    中小型株の材料等のある銘柄などへの物色意欲は強い。後場も
    その流れは続きそうだ。
    
    
    
    
    
  • 2017-02-20【東京市場見通し】

    上値重い展開 米株高も円高基調継続を嫌気し売り優勢
    
    先週末の米株市場は主要3指数そろって上昇し、史上最高値を
    更新した。
    日本株は米株高の流れに乗りたいところだが、
    為替ドル/円が現在、112円台後半での推移と先週末より円高に
    振れていることを嫌気、売り優勢でのスタートが予想される。
    売り先行後はドル/円の動向の他に手掛かり材料に欠けるなか、
    今晩の米株市場が休場でもあり、様子見姿勢となりやすい。
    下値は、日銀ETF買い期待などから、いっていの底堅さは維持
    するだろうが、上下方向感に欠ける展開が予想される。
    そんななか、物色対象は、やはり中小型に向かいやすいだろう。
    
    日経平均予想レンジは19050-19250円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り420万株、買い610万株、
    差し引き190万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が112円台後半での推移。
    (先週末17日終値113.42-43円)
    
    現在、ユーロ/円が120円台どころでの推移。
    (先週末17日終値120.84-88円)
    
    先週末17日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって上昇、史上最高値を更新。
    NYダウは小幅ながら7日続伸、S&P500とNASDAQは反発。
    週明けの20日がプレジデンツデーによる休場で3連休となるなか、
    ポジション調整の売りに押される場面もあったが、NYダウは引け
    にかけプラスに転じた。
    NYダウ終値は+4.28の20624.05、
    S&P500は+3.94の2351.16、
    NASDAQは+23.68の5838.58。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-17【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ピックアップ
    アイリッジ<3917> 業績修正発表。
    終値5040円(前日比+55円+1.10%)
    17年7月期第2四半期累計(16年8月-17年1月)の経常利益(非連結)
    を上方修正。従来予想3800万円から7500万円に(97.4%上方修正)。
    株価は中期上昇トレンドにあるなか、今週は5日移動平均線(504
    9円)近辺で日柄調整中にあった。
    来週は、上方修正を好感し、5日移動平均線から上放れ、上値を
    伸ばす展開が期待される。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    極洋<1301>
    終値2826円(前日比+1円+0.04%)
    今期配当を10円増額修正(60円に)。
    
    セリア<2782>
    終値8160円(前日比±0円±0.00%)
    今期配当を5円増額修正(40円に)。1対2の株式分割を発表。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-17【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め5銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S 安江工務店<1439>、
    一時S ウイルプラス<3538>、
    S ジーダット<3841>、
    S シンプロ<6086>、
    一時S 野村マイクロ<6254>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ソルガムJHD<6636> 4日大幅続伸。
    終値248円(前日比+16円+6.89%)
    200日移動平均線(233円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限239円)突破。
    
    ピックアップ
    ARM<8769> 大幅反発。
    終値1320円(前日比+107円+8.82%)
    前日(16日)引け後発表の株式分割を好感。
    (3月31日現在の株主を対象に1→2の株式分割を実施)
    テクニカル面では週足一目均衡表の雲上限1311円ま
    で上昇し、雲突破で今週の取引を終えた。
    雲突破となり、来週も堅調な展開が続きそうだ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-17【東京市場概況と来週見通し】

    17日概況 日経平均は続落(112円安) 売り一巡後は19200円小動き
    
    為替ドル/円が円高方向にあった流れを受けて売りが先行。
    日経平均は一時、170円超えの下落となり、19200円を割れた。
    売り一巡後はいっていの底型さを示したものの、戻りは鈍く、
    後場に入ると週末要因から、見送りムードが強まり、19200円
    近辺で方向感に欠ける展開となった。
    
    日経平均終値は-112.91円の19234.62円。
    
    東証1部の出来高は20億2929万株、
    売買代金は2兆121億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり887銘柄、値下がり963銘柄、
    変わらず152銘柄。
    
    業種別では値上がりが11業種、値下がりが22業種。
    値上がりは食料品、ゴム製品、水産・農林など。
    値下がりトップは不動産、石油・石炭、証券・商品。
    
    
    来週の見通し イベント少なく方向感に欠ける展開 
    物色対象は新興株、中小型へ
    
    来週は波乱要因となるようなイベントはない。材料不足のなか、
    上下どちらにも振れにくいだろう。
    為替ドル/円も同様に材料に欠けて、方向感は出にくい。
    今週に決算発表を一巡、再来週には28日に米上下両院合同本会
    議で経済の基本政策を示すほか、3月に入れば米重要指標の発
    表も相次ぎ、イベントは豊富。
    来週はイベント通過、イベントを控える狭間の週。
    材料としては、トランプ米大統領の発言などで、為替が動けば、
    日本株も上下振れる可能性がある程度。
    日経平均は基本的に、上値19500円、下値19000円で、もみあい
    と予想される。
    そんななか、注目は新興市場。
    本日もジャスダックは上昇し6日続伸。マザーズは小幅に反落と
    なったものの、引き続きトレンドは上向き傾向。
    新興市場の上昇トレンドにある銘柄、足下で調整となっていた
    銘柄などの動向を注視しておきたい。
    
    来週の日経平均予想レンジは18900-19600円。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-17【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続落(110円安) 円高重しに売り優勢も下げ渋り
    
    為替ドル/円が円高方向に振れていた流れを受けて、主力輸出株
    を中心に日本株は売りが先行。
    日経平均は一時、170円超えの下落幅となり、19200円を割れる
    場面もあった。
    しかし、売り一巡後は、円高が一服したこもあり下げ渋り、戻
    りは限定されたが、いっていの押し目買いは入っているようだ。
    
    日経平均前場終値は-110.26円の19237.27円。
    
    東証1部の出来高は10億701万株、
    売買代金は9117億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり777銘柄、値下がり1036銘柄、
    変わらず188銘柄。
    
    業種別では値上がりが8業種、値下がりが25業種。
    値上がりは空運、サービス、ゴム製品など。
    値下がりトップは不動産、鉱業、保険。
    
    
    後場の見通し
    
    前場に日経平均は一時、19200円を割れたが下値サポートに
    25日移動平均線(19116円)などを控えており、底型さが意識
    される。
    後場も引き続き、底型さを維持し、下値は限定されそうだ。
    ただ、手掛かり材料に欠けるなか、ドル/円により連動しや
    すくなっており、円高に振れるよなら、下値を試す可能性
    も残る。
    その為、物色対象はやはり、好業績銘柄やテーマ性の強い
    中小型株などへ向かいやすい展開に変わりなし。
    
    
  • 2017-02-17【東京市場見通し】

    売り優勢の展開 米株高が一服、為替が円高方向
    
    前日の米株市場は買い先行後に利益確定売りに押され、NYダウ
    は小幅に続伸もS&P500、NASDAQは反落となり、まちまち。
    為替ドル/円は、好結果だった米経済指標を受けて、円安に振れ
    る場面もあったが失速、現在は113円台前半での推移と、前日
    より円高方向に振れている。
    米株上昇一服、円高を受けて、日本株は売り優勢の見通し。
    売り先行後は、米国の大幅減税への期待は残ることなどから、
    いっていの底型さを示すと見られるが、国内に手掛かり材料に
    欠け、こう着した展開となりそうだ。
    日経平均は、CME225先物を意識し19300円割れでスタート、
    その後、19250円前後でもみあう展開と予想する。
    こう着感の強いなか、物色は本日も、好業績銘柄や値動きの軽
    い中小型株へ向かいやすい。
    
    日経平均予想レンジは19200-19350円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り880万株、買い1030万株、
    差し引き150万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が113円台前半での推移。
    (16日終値113.94-95円)
    
    現在、ユーロ/円が120円台後半での推移。
    (16日終値120.90-95円)
    
    16日の米株市場概況
    
    高安まちまち。発表された経済指標の結果が好調だったこと
    を好感して、主要3指数そろって取引期間中の史上最高値を
    更新したが、買い一巡後は利益確定売りに押された。
    NYダウは小幅に続伸し、終値でも史上最高値を更新。
    S&P500とNASDAQはわずかながら下落となった。
    NYダウ終値は+7.91の20619.77、
    S&P500は-2.03の2347.22、
    NASDAQは-4.54の5814.90。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-16【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ピックアップ
    トレンド<4704> 決算発表。
    終値4395円(前日比+5円+0.11%)
    16年12月期の連結経常利益351円(前期比3.1%増)と従来予想
    289億円を上回った。
    17年12月期も前期比7.3%増の377億円に伸びる見通し。
    テクニカル面では週足一目均衡表の雲上限(4410円)近辺で、
    もみあい。
    雲から上放れきれずにいたが、好決算を受けて上放れ、上
    昇トレンド転換へ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ディップ<2379>
    終値2350円(前日比+50円+2.17%)
    17年3月期の期末配当について記念配当2円を実施し
    19円にすると発表。
    
    ネクステージ<3186>
    終値2561円(前日比+70円+2.81%)
    1→2の株式分割実施を発表。
    
    いい生活<3796>
    終値379円(前日比+23円+6.46%)
    1月売上高は前年同月比3.6%増。
    今期に入り10ヵ月連続で前年実績上回り。
    
    AWSHD<3937>
    終値3480円(前日比+30円+0.86%)
    1→2の株式分割実施を発表。
    
    福井コンピ<9790>
    終値2816円(前日比-23円-0.81%)
    子会社福井コンピュータドットコムが、VR(仮想現実)技術を
    活用して、圧倒的な没入感でマンション完成イメージが体感
    できる「マンションVR システム」を4月に正式リリース。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-16【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S ETFS大豆<1697>、
    S アルファクス<3814>、
    S ミズホメディ<4595>、
    S 野村マイクロ<6254>、
    S FDK<6955>、
    一時S 研創<7939>、
    一時S U-NEXT<9418>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    ピックアップ
    アルファクス<3814> S高
    終値1040円(前日比+150円+16.85%)
    前日引け後にに昨年6月より特許出願していた「飲
    食店経営管理システム」拡張機能の「自動発注シス
    テム」に関して、今年1/13に特許取得したと発表。
    発表を好感した買いが集まりS高の上昇。
    移動平均線チャートで200日線(981円)を回復となり、
    中長期で上昇トレンド転換と期待される形にある。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ノジマ<7419> 大幅続伸。
    終値1425円(前日比+70円+5.16%)
    200日移動平均線(1379円)回復。
    
    ピックアップ
    岡部<5959> 3日ぶり反発。
    終値986円(前日比+28円+2.92%)
    国内大手証券会社の目標株価引き上げなどがあり、
    3日ぶりに反発。
    日足一目均衡表において雲(上限975円)突破。
    移動平均線チャートで75日線(971円)回復。
    続き、節目1000円を試す展開から一段高へ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-16【東京市場概況】

    日経平均は反落(90円安) 円高重しに売り優勢も引けにかけて下げ幅縮小
    
    前日の米株市場は堅調だったものの、為替ドル/円が円安一服の
    流れにあったことを嫌気し、日本株は売りが先行した。
    114円台で推移していたドル/円が113円台に振れると、日経平均
    は下げ幅を拡大、一時は177円安となり、19300円を割れる場面
    が前場にあった。
    その後、ドル/円の動向以外は手掛かり材料に欠け、後場は、こ
    う着を強めていたが、引けにかけて、やや下げ幅を縮小し本日
    の取引を終えた。
    
    日経平均終値は-90.45円の19347.53円。
    
    東証1部の出来高は20億2794万株、
    売買代金は2兆2549億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり774銘柄、値下がり1045銘柄、
    変わらず182銘柄
    
    業種別では値上がりが10業種、値下がりが23業種。
    値上がりは保険、石油・石炭、ゴム製品など。
    値下がりトップはバルブ・紙、電気・ガス、水産・農林。
    
    日経平均は節目19500円が上値抵抗として強く意識されている。
    ただ、堅調な企業業績に加えて、日銀のETF買い期待などから、
    下値不安も小さい。
    東証1部の売買代金も活況目安2兆円を超えとあり、エネルギー
    不足感も無し。
    短期的な調整を挟みつつも、再度上値を試す展開と見ておきた
    いところ。
    短期的な調整の目安は25日移動平均線(19118円)、日足一目均
    衡表の雲上限(19112円)、節目19000円などとなる。
    いっぽうで、新興株式市場は小幅続伸しており、ジャスダック
    は連日で昨年来高値更新。マザーズも売買代金が約1300億円と
    活況で、トレンドは上振れ傾向にある。
    目先は、新興株中心に中小型のテーマ性の強い銘柄、業績好調
    の銘柄などへの物色が続きそうだ。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-16【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落(119円安) 円安一服が重し
    
    前日の米株市場は主要3指数そろって史上最高値を更新する
    など堅調だったが、為替ドル/円の円安方向への動きが一服。
    米株高よいも円安一服に反応したかっこうとなり、日本株
    は売りが先行した。
    その後、こう着した展開が強まりつつあったが、114円台
    での推移となっていたドル/円が113円台と円高に振れたこ
    とをキッカケに売りが強まった。
    
    日経平均前場終値は-119.62円の19318.62円。
    
    東証1部の出来高は10億8834万株、
    売買代金は1兆1517億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり674銘柄、値下がり1172銘柄、
    変わらず154銘柄。
    
    業種別では値上がりが6業種、値下がりが27業種。
    値上がりは石油・石炭、食料品、保険。
    値下がりトップはバルブ・紙、サービス業、転送用機器。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は5日移動平均線(19366円)割れて前場を終えてより、
    やや下振れが警戒される。
    25日移動平均線(19117円)などが下値サポートに控えており、
    いっていの底堅さを示す見通しだが、上値の重い展開は続き
    そうだ。
    その為、引き続き、物色は中小型、新興株に向かいやすい展
    開となるだろう。
    
    
     
  • 2017-02-16【東京市場見通し】

    米株高を好感も為替ドル/円の円安が一服で上値重い展開か 
    
    前日の米株市場は発表された経済指標が好調だったことを
    好感し、主要3指数そろって史上最高値を更新が続いた。
    米株高を好感し、日本株も買いが先行する見通しだが、
    為替ドル/円が円安一服、昨晩に115円に迫る動きも見られたが、
    現在は114円台前半での推移。
    日経平均が19500円、ドル/円が115円、ともに上値抵抗として
    意識されており、この水準で伸び悩むと予想される。
    ただ、下値は堅調な米株市場などが下支えに、しっかりとし
    た展開。
    日経平均は19500円手前で狭いレンジでの取引が予想される。
    物色は、好業績銘柄や個別材料株のほか、テーマ株等での循
    環物色は続くだろう。
    アップル関連や自動運転関連、1月の訪日外国人客が過去最
    多だった昨年7月に迫る水準と伝えられるなか、インバウン
    ド関連などが注目される。
    
    日経平均予想レンジは19350-19550円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り900万株、買い1030万株、
    差し引き130万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が114円台前半での推移。
    (15日終値114.47-49円)
    
    現在、ユーロ/円が121円台前半での推移。
    (15日終値121.03-07円)
    
    15日の米株市場概況
    
    続伸。主要3指数はそろって史上最高値の更新を続け、
    NYが5日続伸、S&P500とNASDAQは7日続伸。
    この日に発表された経済指標米1月小売売上高や米1月
    消費者物価が市場予想を上回り、米2月NY連銀製造業
    景況指数も前月と予想を大きく上回り、好感された。
    また、トランプ大統領があらためて減税の実施に言及
    したことも後押しとなった。
    NYダウ終値は+107.45の20611.86、
    S&P500は+11.67の2349.25、
    NASDAQは+36.87の5819.44。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-15【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ピックアップ
    ニチリン<5184> 決算発表。
    終値1763円(前日比+24円+1.38%)
    16年12月期の連結経常利益は63.4億円と前期比8.4%増。
    事前予想の56億円を上回った。
    また、17年12月期も前期比4.1%増の66億円に伸びを見込み、
    5期連続で過去最高益を更新する見通し。
    配当も増配、前期比2円増の36円へ。
    株価は現在、日足一目均衡表において雲内(上限1786円-下限
    1687円)での推移。好決算を受けて雲突破から上昇トレンドへ。
    
    シノケンG<8909> 決算発表。
    終値2074円(前日比+93円+4.69%)
    16年12月期の連結経常利益は98.9億円と前期比53.%%増の拡大。
    17年12月期も110億円と前期比11.2%増の伸びを見込み、6期連続
    で過去最高益を更新する見通し。
    また、配当も前期比9円増の45円に増配方針。
    好決算を受けて株価は上値抵抗に控える200日移動平均線(2184
    円)や日足一目均衡表の雲上限(2113円)超えへ。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-15【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め6銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S オルアバウト<2454>、
    一時S RSテクノ<3445>、
    一時S ぱど<4833>、
    S 野村マイクロ<6254>、
    S ダイヤ電機<6895>、
    S U-NEXT<9418>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め3銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S サンワカンパ<3187>、
    S Gオイスター<3224>、
    一時S オプティム<3694>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    フジコーポ<7605> 大幅反発。
    終値2341円(前日比+344円+17.22%)
    前日発表の株主優待制度を拡充を好感。
    75日移動平均線(2186円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限2227円)突破。
    
    セイコーHD<8050> 大幅反発。
    終値450円(前日比+31円+7.39%)
    前日発表の決算受けて上昇。
    日足一目均衡表の雲(上限432円)突破。
    
    ピックアップ
    GCA<2174> 大幅反発。
    終値932円(前日比+80円+9.38%)
    前日引け後発表の決算を受けて大幅反発。
    (今期6%営業増益見込み、前期9%減益着地)
    テクニカル面では移動平均線チャートで、
    上値抵抗と意識された200日線(867円)回復。
    日足一目均衡表において雲(上限876円)突破。
    もう一段高が期待される場面にある。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-15【東京市場概況】

    日経平均は反発(199円高) 買い優勢も節目19500円上値抵抗に伸び悩み
    
    前日の米株高や円安方向にあったドル/円を好感し、朝方から
    日本株は買い優勢の展開となった。
    日経平均は前場終盤に250円超えの上昇となり、節目19500円
    に迫った。
    しかし、その水準では戻り売り圧力が強く、後場からは売り
    買い交錯、高値圏での推移が続いたが、節目回復とはならな
    かった。
    
    日経平均終値は+199.00円の19437.98円。
    
    東証1部の出来高は21億459万株、
    売買代金は2兆2945億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1385銘柄、値下がり500銘柄、
    変わらず116銘柄。
    
    業種別では値上がりが29業種、値下がりが4業種。
    値上がりトップは保険、卸売、銀行。
    値下がりは電気・ガス、その他製品、ゴム製品、鉄鋼のみ。
    
    為替ドル/円が114円台と円安に振れたことが好材料となったが、
    節目19500円回復、昨年来高値19615.40円を更新するほどのイ
    ンパクには欠けた。
    ただ、イエレン議長の議会証言で円安に振れやすい状況にあり、
    ドル/円が一段と円安方向に振れる動きが見られれば、高値更新、
    大台20000円に向けての動きも期待される。
    ただ、逆に19500-19600円を上抜け切れずとなれば、再び25日
    移動平均(19110円)、節目19000円に押し戻される可能性も。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-15【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅反発(234円高) 米株高、円安を好感
    
    前日の米株は続き史上最高値を更新、為替ドル/円も円安方向に
    あり、日本株は朝方から買いが先行した。
    日経平均は節目19500円に迫り、19495.62円(256.64円高)まで
    上昇、高値圏で前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+234.52円の19473.50円。
    
    東証1部の出来高は11億2174万株、
    売買代金は1兆1161億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1491銘柄、値下がり407銘柄、
    変わらず102銘柄。
    
    業種別では値上がりが32業種、値下がりが1業種。
    値上がりトップは保険、銀行、証券・商品。
    値下がりはゴム製品のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は節目19500円に迫り、前場の取引を終えた。
    戻り売り圧力が強い水準であり、19500円で上値を抑
    えられる可能性がある。
    後場、日経平均がこう着感を強めてくるようだと、
    物色は次第に中小型へ向かうだろう。
    
    
    
     
  • 2017-02-15【東京市場見通し】

    買い優勢の展開  米株高、円安好感 日経平均は昨年来高値更新へ
    
    前日の米株市場は主要3指数そろって史上最高値を更新が続いた。
    イエレンFRB議長が議会証言で米経済に楽観的な見方を示したこ
    とを好感。
    為替ドル/円も円安に振れており、現在は114台前半での推移。
    本日は米株高に加えて、ドル/円も円安方向とあり、日本株は大
    幅上昇でのスタートが期待される。
    日経平均は、CME225先物の動向から19500円近辺での寄り付きと
    なりそうだ。
    その水準では、戻り待ちの売りが警戒されるところ。
    ただ、イエレン氏が利上げを遅らせることは賢明ではないと発
    言しており、目先の為替は円高に振れづらい。
    また、今晩も下院で証言が予定されていることも一段の円安を
    期待させる。
    ドル/円の動向次第では、戻り待ち売りを吸収し、昨年来高値
    19615.40円を試す場面もありそうだ。
    
    日経平均予想レンジは19400-19650円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り900万株、買い720万株、
    差し引き180万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が114円台前半での推移。
    (14日終値113.55-57円)
    
    現在、ユーロ/円が120円後半での推移。
    (14日終値120.43-47円)
    
    14日の米株市場概況
    
    続伸。続き主要3指数そろって史上最高値を更新。
    NYダウは4日続伸、S&P500とNASDAQは6日続伸。
    注目されたイエレンFRB議長の上院銀行委員会で証言。
    米経済に楽観的な見方を示し、3月FOMCでの利上げの
    可能性に言及したことで、買いが優勢となった。
    NYダウ終値は+92.25の20504.41、
    S&P500は++9.33の2337.58、
    NASDAQは+18.62の5782.57。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-14【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    安江工務<1439> 決算発表。
    終値1453円(前日比-76円-4.97%)
    今期最終2%増、6期連続最高益へ。
    年間配当9円増配へ(40円に)。
    
    ウェッジHD<2388> 決算発表。
    終値1563円(前日比+150円+10.61%)
    10-12月期(1Q)経常57%増益着地。
    
    ショーケースTV<3909> 決算発表。
    終値1233円(前日比-6円-0.48%)
    今期経常30%増、8期連続最高益更新へ。
    
    昭電工<4004> 業績修正発表。
    終値1949円(前日比-29円-1.46%)
    前期経常を一転、20%増益に上方修正。
    
    アルプス技<4641> 決算発表。
    終値2803円(前日比+82円+3.01%)
    今期経常7%増、3期連続最高益更新へ。
    前期配当22円増額、今期6円増配へ。
    
    昭和シェル<5002> 決算発表。
    終値1108円(前日比-12円-1.07%)
    今期経常42%増益へ。
    
    昭和HD<5103> 決算発表。
    終値294円(前日比+11円+3.88%)
    4-12月期(3Q累計)経常50%増益着地、10-12月期も60%増益。
    
    エクストリーム<6033> 決算発表。
    終値3100円(前日比-80円-2.51%)
    今期経常33%上方修正、最高益予想上乗せ。
    配当8円増額(23円に)。
    
    アライドアーキ<6081> 決算発表。
    終値3970円(前日比+150円+3.92%)
    今期経常2倍増で4期ぶり最高益更新へ。
    
    イーレックス<9517> 決算発表。
    終値3670円(前日比+25円+0.68%)
    今期経常41%上方修正、最高益予想上乗せ。
    
    ピックアップ
    フォーサイド<2330> 決算発表。
    終値246円(前日比-6円-2.38%)
    16年12月期の連結経常損益は4100万円と黒字(前期2億1600万円
    の赤字)に浮上。従来予想2700万円黒字も上回っった。
    17年12月期の同利益は急拡大、前期比2.5倍の1億0400万円の見
    通し。
    株価は直近、日足一目均衡表の転換線(242円)をサポートに日
    柄調整中にあった。好決算を好感し、上昇トレンド転換へ
    
    
    その他、注目の材料株
    
    キッツ<6498>
    終値664円(前日比+1円+0.15%)
    自社株買い発表。
    発行済み株式数(自社株を除く)の4.78%にあたる500万株
    (金額で3500百円)を上限に自社株買い実施。
    取得期間2/20~5/19まで。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-14【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S アミタHD<2195>、
    一時S オプトHD<2389>、
    一時S マイネット<3928>、
    S アカツキ<3932>、
    S ぱど<4833>、
    一時S オハラ<5218>、
    S アルバック<6728>、
    S 創健社<7413>、
    S U-NEXT<9418>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    クレハ<4023> 大幅4日続伸。
    終値4985円(前日比+170円+3.53%)
    前日発表の決算を好感。
    25日移動平均線(4704円)上放れ。
    
    日トムソン<6480> 大幅続伸。
    終値4985円(前日比+170円+3.53%)
    25日移動平均線(516円)上放れ。
    
    ピックアップ
    北越紀州<3865> 大幅3日続伸。
    終値741円(前日比+46円+6.61%)
    前日引け後に発表された決算を好感。
    (4-12月期(3Q累計)経常が2.1倍増益着地)
    25日移動平均線(686円)近辺で続いた日柄調整から上放れ、
    上昇トレンド転換。
    週足一目均衡表においても、雲上限(727円)を超えてきている。
    
    日農薬<4997> 後場急伸。
    終値662円(前日比+38円+6.08%)
    後場14時に発表された決算を受けて急伸。
    (10-12月期(1Q)経常は赤字縮小)
    テクニカル面では日足一目均衡表の雲(上限644円)を突破。
    次に週足一目均衡表の雲(上限697円)を試す展開へ。
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-14【東京市場概況】

    日経平均は大幅反落(220円安) 買い一巡後に売りに転換 後場下げ幅拡大
    
    朝方こそ、史上最高値更新を続ける米株市場を好感し、買いが
    先行したが、買い一巡後は、利益確定売りに押され、日経平均
    は前場を小幅安(31円安)で引けていた。
    後場は、トランプ米大統領の側近であるフリン米大統領補佐官
    (国家安全保障担当)の辞任を受けて、ドル/円が円高方向に傾い
    たことに加えて、決算発表遅延の東芝<6502>が一段安となり、
    投資家心理が悪化、下げ幅を拡げる展開となった。
    
    日経平均終値は-220.17円の19238.98円。
    
    東証1部の出来高は21億466万株、
    売買代金は2兆4041億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり676銘柄、値下がり1191銘柄、
    変わらず134銘柄。
    
    業種別では値上がりが4業種、値下がりが29業種。
    値上がりはゴム製品、非鉄金属、バルブ・紙、電気・ガスのみ。
    値下がりトップは精密機器、医薬品、水産・農林。
    
    トランプ米大統領の側近であるフリン米大統領補佐官(国家安
    全保障担当)の辞任、東芝の決算開示見送りがネガティブサプ
    ライズとなったが、フリン米大統領補佐官の辞任については、
    規程路線。
    2つの材料を絡めて短期筋の仕掛け的な売りが出たのだろう。
    東証1部の売買代金は、値幅に比べて盛り上がりを見せておらず、
    基本的には様子姿勢が強いようだ。
    日経平均は5日移動平均線(19198円)、25日移動平均線(19107円)
    を維持して引けており、ここで反発するようなら、目先の底堅
    さが確認されるところ。
    いっぽうで新興市場は本日も堅調に推移。ジャスダック、マザ
    ーズともに続伸。ジャスダックは連日の昨年来高値更新してい
    る。
    明日以降も新興株の好決算銘柄、材料株が物色される展開が続
    く見通し。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-14【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落(31円安) 買い先行も、その後は利益確定売り優勢
    
    前日の米株市場で主要3指数はそろって史上最高値更新が続いた。
    堅調な米株市場を好感し、朝方は日本株も買いが先行、
    日経平均は一時、19500円を回復する場面が見られた。
    しかし、その後は利益確定売りに押され、上値の重い展開。
    前場引けにかけては、小安い水準でもみあいとなった。
    
    日経平均前場終値は-31.33円の19427.82円。
    
    東証1部の出来高は9億3911万株、
    売買代金は1兆855億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1102銘柄、値下がり749銘柄、
    変わらず150銘柄。
    
    業種別では値上がりが17業種、値下がりが16業種。
    値上がりトップは非鉄金属、ゴム製品、バルプ・紙。
    値下がりトップは精密機器、食料品、その他製品。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は節目19500円どころでは利益確定売りが優勢。
    ここのところ、連動性を薄めてきているとはいえ、為替ドル/
    円の動向への警戒感は残っており、影響を受けている。
    イエレンFRB議長の議会証言(14日に上院で、15日に下院で)控
    えており、議会提言後の為替相場のドル安・円高が意識され
    ている面があるのだろう。
    いっぽうで、新興市場は前場をプラス圏で引けており堅調。
    後場も引き続き物色の流れは新興株、とくに好業績やテーマ
    性のある銘柄へ向かいそうだ。
    
    
    
  • 2017-02-14【東京市場見通し】

    米株高を好感も上値追いには慎重 日経平均は19500円近辺での攻
    防 
    
    週明けの海外株は堅調。米株市場は大型減税への期待を背景に
    買いが優勢、主要3指数そろって史上最高値更新が続いた。
    為替ドル/円は米国の長期金利上昇と株高でドルが買われる場面
    もあったが、明日にイエレンFRB議長の議会証言を控えている
    ことがあり、失速。現在は113円台後半での推移と前日とほぼ
    変わらず水準。
    日本株は米株高を好感し買いが先行。日経平均は昨年来高値
    19615.40円を試す展開が期待される。
    ただ、為替が伸び悩んでおり、寄った後は大きな動きが出づ
    らい、前日同様に伸び悩む展開が予想される。
    日経平均の昨年来高値更新は、ドル/円の動向次第で、基本的
    には19500円前後での攻防となりそうだ。
    主力、大型株が伸び悩む展開が予想されるなか、次第に物色
    は中小型株へ。テーマとしてはフィンテック、AI、自動運転
    などに注目したい。
    
    日経平均予想レンジは19400-19600円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り770万株、買い1240万株、
    差し引き470万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が113円台後半での推移。
    (13日終値113.54-55円)
    
    現在、ユーロ/円が120円半ばでの推移。
    (13日終値120.83-87円)
    
    13日の米株市場概況
    
    続伸。NYダウは3日続伸、S&P500とNASDAQは5日続伸。
    主要3指数ともに取引時間中と終値で史上最高値を更新した。
    前週からの大型減税による景気拡大期待を受けた流れが続き、
    金融や資本財、テクノロジーなど幅広い銘柄が上昇。
    NYダウ終値は+142.79の20412.16、
    S&P500は+12.15の2328.25、
    NASDAQは+29.83の5763.96。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-13【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    サントリーBF<2587> 決算発表。
    終値4710円(前日比-30円-0.63%)
    今期経常5%増、5期連続最高益更新へ。
    前期配当5円増額、今期1円増配へ。
    
    日商開発<3252> 決算発表。
    終値1974円(前日比+19円+0.97%)
    今期経常83%上方修正。
    配当5円増額(55円に)。
    
    ファインデクス<3649> 決算発表。
    終値961円(前日比+19円+2.01%)
    今期経常46%増、3期ぶり最高益更新へ。
    
    アカツキ<3932> 決算発表。
    終値3925円(前日比+45円+1.15%)
    今期経常63%上方修正。
    
    三井金<5706> 決算発表。
    終値328円(前日比+2円+0.61%)
    今期経常71%上方修正。
    
    ライドオンEX<6082> 決算発表。
    終値883円(前日比+15円+1.72%)
    10-12月期(3Q)経常27%増益。
    
    モーゲージS<7192> 決算発表。
    終値3110円(前日比-45円-1.42%)
    今期経常15%上方修正。
    未定だった配当は20円に修正。
    
    Vテクノロジー<7717> 決算発表。
    終値18670円(前日比+600円+3.32%)
    今期経常を26%上方修正。
    配当も20円増額(100円に)。
    
    ピックアップ
    アルバック<6728> 決算発表。
    終値4045円(前日比-70円-1.70%)
    17年6月期第2四半期累計(7-12月)連結経常利益は146億円。
    (前年同期比36.6%増に拡大)
    従来2.1%減益予想から一転して増益着地。
    併せて通期の同利益を従来予想180億円から260億円に上方修正。
    2期連続で過去最高益を更新する見通しに。
    テクニカル面での直近の株価は5日移動平均線(4011円)、
    日足一目均衡表の転換線(4020円)などをサポートにしっかり。
    決算を好感し、これらから上放れ、上値の伸ばす展開が期待さ
    れる。
    
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-13【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め16銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S DNAチップ<2397>、
    S パピレス<3641>、
    一時S FFRI<3692>、
    一時S ユーザベース<3966>、
    S タカギセイコ<4242>、
    S ミズホメディ<4595>、
    一時S テクノクオツ<5217>、
    S フジマック<5965>、
    S リンクバル<6046>、
    S ナビタス<6276>、
    S 市光工<7244>、
    一時S 桜井製<7255>、
    一時S タカタ<7312>、
    一時S ムトー精工<7927>、
    S ニッコウトラ<9373>、
    一時S ユーラシア<9376>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S リネットJ<3556>、
    一時S メイコー<6787>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ピックアップ
    ブロバンタワ<3776> 大幅反発。
    終値300円(前日比+26円+9.48%)
    先週末10日発表の決算好感。(上期経常90%増益)
    テクニカル面では25日移動平均線(271円)近辺で
    日柄調整が続いていたが、同線から上放れ、
    昨年来高値309円(16/4/26)に迫った。
    高値更新から一段高へ。
    
    石原産<4028> 大幅続伸。
    終値1046円(前日比+119円+12.83%)
    先週末10日発表の決算好感。(今期経常を2.5倍上方修正)
    テクニカル面では上値をおさえらていた日足一目均衡表
    の雲(上限951円)を突破。
    昨年来高値1030円(16/1/4)を更新した。
    上昇トレンド転換、上値を伸ばす展開へ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-13【東京市場概況】

    日経平均は続伸(80円高) 一時19500円回復 買い優勢もやや上値重い
    
    先週末10の日米首脳会談を無難に通過した安心感、主要
    3指数そろって史上最高値を更新した米株高を好感し、
    朝方から買いが先行した。
    日経平均は一時、取引期間中としては1/5以来の19500円
    を回復した。
    ただ、先週末10日に日経平均は470円を超す上昇となっ
    ていただけに、その後は戻り待ちに伸び悩んだ。
    とはいえ、買い優勢の展開は続き、終始プラス圏を維持し、
    80円高で本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+80.22円の19459.15円。
    
    東証1部の出来高は18億8056万株、
    売買代金は2兆2682億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1444銘柄、値下がり436銘柄、
    変わらず121銘柄。
    
    業種別では値上がりが27業種、値下がりが6業種。
    値上がりトップは鉱業、石油・石炭、非鉄金属。
    値下がりは不動産、情報・通信、証券・商品など。
    
    日米首脳会談を無難に通過したとはいえ、為替動向、自動車
    株を中心とした輸出株への懸念が完全に払拭されたわけでは
    ない。
    為替動向を意識しながらの展開は続き、大型株を一段と買い
    あがる場面にはないだろう。
    そんななか、新興株式市場が本日もしっかり。ジャスダック
    は続伸しマザーズは反発した。
    ジャスダックに関しては、10日に付けた昨年来高値を更新し
    ている。
    引き続き、世界景気に左右されにくい中小型などを中心に物
    色される展開となりそうだ。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-13【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続伸(104円高) 米株高、イベント通過で安心感あり
    
    先週末10日の日米首脳会談を無難に通過し安心感や主要3指数
    そろって史上最高値を更新した米株高を好感。
    日本株は朝方から買いが先行した。買い先行後は戻り待ちの
    売りなどから伸び悩む場面もあったが、前引けにかけて持ち
    直した。
    日経平均は一時、19500円台を回復するなど堅調な展開。
    
    日経平均前場終値は+104.45円の19483.38円。
    
    東証1部の出来高は9億8886万株、
    売買代金は1兆1423億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1440銘柄、値下がり443銘柄、
    変わらず118銘柄。
    
    業種別では値上がりが29業種、値下がりが4業種。
    値上がりトップは鉱業、石油・石炭、非鉄金属。
    値下がりは不動産、電気・ガス、繊維製品など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は直近戻り高値水準での攻防。戻り待ちの売り圧力は
    強い水準ではあるが、前場の動きを見る限り、買い意欲も強く、
    下値はしっかりしている。
    後場も引き続き、19500円近辺での攻防が続きそうだが、
    為替ドル/円が114円台に乗せてくるような動きが見られれば、
    上げ幅を拡大する可能性あり。
    
     
  • 2017-02-13【東京市場見通し】

    しっかりとした展開 日米首脳会談通過し安心感あり
    
    注目された先週末の日米首脳会談。懸念されていたドル高
    けん制や貿易不均衡問題は大きくは取り上げられず、無難
    に終えた。
    そんななか、米株は主要3指数そろって史上最高値を更新。
    為替ドル/円も現在、113円台後半で推移しており、先週末
    からほぼ変わらずの水準。
    米株高や円相場の落ち着きを好感し、日本株は買い優勢の
    見通し。
    日経平均は先週末10日に、大幅に上昇(471円高)、日米首
    脳会談の好結果を先取りしていた面があった為、上値はや
    や重いも、しっかりとした展開が予想される。
    
    日経平均予想レンジは19300-19500円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1150万株、買い1210万株、
    差し引き60万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が113円台後半での推移。
    (先週末10日終値113.83-85円)
    
    ユーロ/円が120円後半での推移。
    (先週末10日終値121.11-15円)
    
    先週末10日の米株市場概況
    
    続伸。主要3指数そろって史上最高値を更新。
    前日からの税制改革に対する期待感が継続し買いが先行。
    その後も、トランプ大統領と安倍首相の会談も友好的に終了し、
    日本からの投資による景気拡大期待も相場の支援となった。
    発表された経済指標は米2月ミシガン大学消費者信頼感・速報値
    は95.7。予想の97.9を下回ったが相場への影響は限定的だった。
    NYダウ終値は+96.97の20269.37、
    S&P500は+8.23の2316.10、
    NASDAQは+18.95の5734.13。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-10【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    国際帝石<1605> 決算発表。
    終値1102.5円(前日比+38.0円+3.56%)
    今期経常20%上方修正。
    
    川田TECH<3443> 決算発表。
    終値8450円(前日比+250円+3.04%)
    今期経常33%上方修正。6期ぶり最高益更新更新見通し。
    
    ユーザーベース<3966> 決算発表。
    終値3455円(前日比+95円+2.82%)
    今期経常2.2倍増。2期連続最高益更新見通し。
    
    テクノスマート<6246> 決算発表。
    終値778円(前日比-34円-4.19%)
    今期経常32%上方修正。
    
    やまびこ<6250> 決算発表。
    終値1628円(前日比+59円+3.26%)
    今期経常を一転11%増益に上方修正。2期ぶり最高益更新見通し。
    
    ダイフク<6383> 決算発表。
    終値2490円(前日比+50円+2.04%)
    今期経常を一転5%増益に上方修正。最高益更新見通し。
    配当も5円増額。
    
    ピックアップ
    平田機工<6258> 決算発表。
    終値7670円(前日比+220円+2.95%)
    17年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は50.4億円。
    前年同期比2.3倍の急拡大。
    併せて通期の同利益を従来予想45億円から65億円に上方修正
    (44.4%)された。
    業績好調に伴い、配当も増額修正。期末一括配当を従来計画
    60円から85円に。
    株価は直近、日足一目均衡表の転換線(7650円)が上値抵抗と
    意識されていたが、本日に僅かながら回復。
    決算内容次第では上昇トレンド転換と期待されるところにあ
    った。好決算を好感し、上昇トレンドを転換へ。 
    
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-10【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め6銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S 安江工務店<1439>、
    S オルアバウト<2454>、
    S モブキャス<3664>、
    S アエリア<3758>、
    一時S 第一精工<6640>、
    S 森尾電<6647>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S 山田債権<4351>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    日清紡<3105> 大幅反発。
    終値1113円(前日比+73円+7.01%)
    25日移動平均線(1098円)回復。
    75日移動平均線(1102円)回復。
    
    ヤマハ発<7272> 大幅反発。
    終値2527円(前日比+181円+7.71%)
    前日発表の決算を好感。
    75日移動平均線(2511円)回復。
    
    ヨロズ<7294> 大幅反発。
    終値1668円(前日比+220円+7.75%)
    前日発表の決算を好感。
    25日移動平均線(1599円)回復。
    75日移動平均線(1635円)回復。
    200日移動平均線(1617円)回復。
    
    ピックアップ
    タチエス<7239> 大幅続伸。
    終値2035円(前日比+205円+11.20%)
    前日(9日)引け後発表の決算を好感。(17年3月期第3四半期累計
    (4-12月)の連結経常利益が89億円と前年同期比2.4倍の急拡大)
    テクニカル面では日足一目均衡表の雲(上限1901円)突破。
    週足一目均衡表においても、転換線(1929円)を回復して終えて
    いる。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-10【東京市場概況と来週の見通し】

    10日概況 日経平均は大幅反発(471円高) 19300円台回復
    
    昨日の米株市場が主要3指数ともに史上最高値を更新。為替ドル/円
    が、113円台と円安方向にあった流れを好感し、朝方から買いが先
    行。主力輸出株を中心に幅広い銘柄に買いが入った。
    日経平均は買い一巡後、日米首脳会談の行方を見極めたいとする
    ムードがあるものの、戻り売りをこなし、一時は488円高、19400
    円に迫った。
    その後も高値圏を維持し、19300円台後半で本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+471.26円の19378.93円。
    
    東証1部の売買代金は2兆7569億円。
    出来高は22億4275万株。
    
    騰落銘柄数は値上がり1707銘柄、値下がり230銘柄、
    変わらず640銘柄。
    
    業種別では全33業種が上昇。
    値上がりトップはゴム製品、倉庫・運輪、鉱業。
    
    
    来週の見通し トランプ米大統領好感ムードから堅調な展開
    
    本日、日経平均は2月限オプションSQ(特別清算指数)値19276.09円を
    上回って引けた。
    また、25日移動平均線(19109円)も上回り、上昇トレンド回復と
    期待される形で引けた。
    来週の外部環境は、トランプ大統領が大型減税について言及し
    たことから、米株の堅調な展開が続くと期待される。
    また、14日と15日にはイエレンFRB議長の上下院での議会証言が
    控えており、発言内容から市場に安心感を与えるとも期待した
    い。
    為替ドル/円に関しては、トランプ大統領がドル高をけん制して
    いることから、円安が一段と進むとは考えにくいが、比較的に
    落ち着いた動きとなると予想しておく。
    そうした、外部環境が影響し、日本株は堅調な展開。
    今週は日米首脳会談を前に、手掛けづらさがあったが、イベン
    ト通過で個別物色の活況も期待できる。
    日経平均は、1/27高値(19486.68円)、1/5高値(19615.40円)を超
    えて、節目20000円に向けた動きとなりそうだ。
    
    来週の日経平均予想レンジは19000-19700円。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-10【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅反発(446円高) 米株高、円安を好感
    
    昨日の米株市場が主要3指数ともに史上最高値を更新。
    トランプ米大統領が2-3週間のうちに税制改革に関し
    て「目を見張るような」発表を行うと発言したこと
    が材料視された。為替も円安方向に振れ、113円台に。
    外部環境の好転したことを好感し、日本株も大幅に
    上昇した。
    日経平均の上げ幅は一時、470円。業種別でも全33業
    主が上昇した。
    
    日経平均前場終値は+446.31円の19353.98円。
    
    東証1部の出来高は11億8003万株、
    売買代金は1兆4360億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1716銘柄、値下がり214銘柄、
    変わらず71銘柄。
    
    業種別では全33業種が上昇。
    値上がりトップはゴム製品、鉱業、転送用機器。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は買い一巡後に様子姿勢から、上げ幅を縮小す
    ると見ていたが、買い気は強く、予想に反して、高値圏
    を維持して前場を引けた。
    2月限オプションSQ値19276.09円も上回っている。
    後場は週末要因や日米首脳会談での内容次第では、ハシ
    ゴを外される可能性もくすぶり、一段の上値追いには慎
    重姿勢、または上げ幅を縮小すると見ておきたい。
    
    
    
    
     
  • 2017-02-10【東京市場見通し】

    買い優勢の展開 米株の史上最高値更新、円安を好感
    
    昨日の米株市場がトランプ米大統領の近いうちに驚異的な
    税制改革案を発表すると表明したこと受けて、上昇。
    主要3指数ともに史上最高値を更新した。
    為替ドル/円も円安方向、現在は113円台前半と、昨日から
    1円以上円安に振れている。
    米株高に円安と外部環境が好転、日本株は買い優勢の展開
    となり、幅広い銘柄に買いが入りそうだ。
    ただ、買い一巡後は、日米首脳会談の行方を見極めたいと
    するムードから、こう着した展開となる見通し。
    その時、買いが先行した主力株から中小型に物色は移ると
    見ておきたいところ。
    日経平均はCME先物の動向から19200円近辺まで上昇する場
    面がありそうだ。
    その後は、寄り付きから回復するであろう25日移動平均線
    (19115円)を下値サポートに底堅い展開を期待したい。
    
    日経平均予想レンジは19100-19300円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り660万株、買い670万株、
    差し引き10万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が113円台前半での推移。
    (9日終値112.34-36円)
    
    ユーロ/円が120円どころでの推移。
    (9日終値119.96-120.00円)
    
    9日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって上昇。主要3指数ともに取引時間中、終値
    でも、史上最高値を更新した。
    トランプ米大統領が近いうちに驚異的な税制改革案を発表す
    ると表明。
    これを受けて、減税期待が高まり、金融株が軒並み高。
    その他、原油高を好感しエネルギー株も上昇した。
    NYダウ終値は+118.06の20172.40、
    S&P500は+13.20の2307.87、
    NASDAQは+32.73の5715.18。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-09【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    インベスターC<1435> 決算発表。
    終値3830円(前日比+95円+2.54%)
    今期経常39%増、6期連続最高益更新見通し。
    
    フュートレック<2468> 決算発表。
    終値1163円(前日比-59円-4.82%)
    今期経常82%上方修正。
    
    マクドナルド<2702> 決算発表。
    終値3015円(前日比+28円+0.93%)
    前期経常が上振れ着地。今期は29%増益へ。
    
    すかい<3197> 決算発表。
    終値1540円(前日比+14円+0.91%)
    今期税引き前4%増、6期連続最高益更新見通し。
    
    TOWA<6315> 決算発表。
    終値1662円(前日比+41円+2.52%)
    今期経常76%上方修正。
    
    ビジョン<9416> 決算発表。
    終値3320円(前日比-10円-0.30%)
    今期経常24%増、3期連続最高益更新見通し。
    
    ピックアップ
    フライトHD<3753> 決算発表。
    終値1494円(前日比+108円+7.79%)
    17年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常損益は4億4400万円。
    通期の同損益を従来予想2億円から5億円に上方修正(2.5倍)。
    前日に発表されたジェナジェナと業務提携(人型ロボット
    「Pepper」の法人向けモデル「Pepper for Biz」に関するプロ
    グラムをWebブラウザによる操作だけで開発が可能なクラウドサ
    ービス「Scenaria(シナリア)」を共同開発)に続いて、好材料と
    なる見通し。
    テクニカル面では本日の75日移動平均線(1469円)回復から、上
    値を伸ばす展開が期待される
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ロックオン<3690>
    終値2287円(前日比-67円-2.85%)
    イー・ガーディアン<6050>の子会社HASHコンサルティングとの
    協業を発表。
    ロックオンが運営するECオープンソース「EC-CUBE」のユーザ
    ー向けに、「EC-CUBEセキュリティ診断サービス」の提供開始。
    
    インフォテリア<3853>
    終値830円(前日比-8円-0.95%)
    初のオウンドメディア「in.LIVE」をスタート。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-09【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め11銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 田辺工業<1828>、
    S サニーサイド<2180>、
    S エムアップ<3661>、
    一時S オルトP<3672>、
    一時S イグニス<3689>、
    S 高度紙<3891>、
    S サイバネット<4312>、
    S パワーファス<5950>、
    一時S ホロン<7748>、
    一時S 遠藤製作所<7841>、
    S AGP<9377>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ワコム<6727> 3日大幅続伸。
    終値384円(前日比+34円+9.71%)
    200日移動平均線(354円)回復。
    
    ピックアップ
    東洋紡<3101> 2日続伸。
    終値191円(前日比+4円+2.13%)
    前日9日発表された決算は17年3月期第3四半期累計(4-12月)
    の連結経常利益136億円(前年同期比3.0%減)となるなどさえ
    なかった。
    しかし、決算を受けての本日の株価はしっかり。
    テクニカル面では前日の200日移動平均線(180円)回復から、
    本日は上値を伸ばす展開。
    目先、1/27高値193円超えとなれば、節目200円、昨年来高
    値211円(7/12)を試す可能性あり。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-09【東京市場概況】

    日経平均は反落(99円安) 底型い場面もあったが引けにかけて弱含み
    
    朝方から為替ドル/円111円第後半と円高方向にあったことから
    売りが先行。
    日経平均は寄り付きから、前日に回復した節目19000円を割れ
    た。
    売り一巡後は、円高が一服したこともあり、いっていの底型
    さを示して、前場の取引を終えた。
    後場は様子姿勢の強い展開が続いていたが、終盤に先物手動
    で弱含み、下げ幅を一時、132円まで拡げる場面があった。
    
    日経平均終値は-99.93円の18907.67円。
    
    東証1部の出来高は19億3351万株、
    売買代金は2兆2457億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり659銘柄、値下がり1205銘柄、
    変わらず138銘柄。
    
    業種別では値上がりが8業種、値下がりが25業種。
    値上がりは不動産、鉱業、金属製品など。
    値下がりトップは転送用機器、空運、ガラス・土石。
    
    10日の日米首脳会談への警戒感は強く、とくに2国間の通商政
    策に関する話題が中心となる見込みで、トランプ大統領が自
    動車貿易に関し注文をつけてくる可能性があるとの見かたから、
    自動車株が軟調。指数を下押す結果となっている。
    後場は日経平均への寄与度が高いソフバンク<9984>が上げ幅を
    縮小したことも、心理的な面でも売り優勢に傾きやすかった。
    テクニカル面でも日経平均は、一段の調整を警戒するところ。
    5日移動平均線(18944円)を再び割れて引けており、同線、25日
    移動平均線(19115円)はいずれも下向き。
    ただ、東証1部の騰落騰落レシオは87.97と底値ゾーン(70)に近
    付いてきており、そろそろ反転の可能性もあり。
    いずれにしろ、方向感が出るのは10日の日米首脳会談後といっ
    たところか。
    いっぽうで新興市場は、本日は下落となったものの、マザーズ
    は節目1000ptを維持するなど、しっかりとした展開。
    引き続き、新興株が物色対象となりそうだ。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-09【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落(36円安) 売り先行後は下げ渋り
    
    為替ドル/円が円高方向にあった流れから、売りが先行した
    日本株。
    日経平均は一時、100円超の下落となる場面が見られた。
    しかし、売り一巡後は、円高が一服したこともあり、下げ
    渋る展開。
    日米首脳会談を10日に控えて、様子見ムードが強く、プラ
    ス圏に浮上するほどの勢いは無いものの、いっていの底型
    さを示して、前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-36.14円の18971.46円。
    
    東証1部の出来高は8億3370万株、
    売買代金は1兆50億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり861銘柄、値下がり964銘柄、
    変わらず174銘柄。
    
    業種別では値上がりが9業種、値下がりが24業種。
    値上がりは情報・通信、鉱業、不動産など。
    値下がりトップは空運、転送用機器、ガラス・土石。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均の底型さに一役買ったのがソフバンク<9984>。
    一時は3%超えの上昇となるなど、前引け時点で日経平
    均を約26円押し上げた。
    後場も引き続き、同銘柄の動向が注目される。引き続
    き、堅調な推移となれば、日経平均は、日銀のETF
    買い期待などもあり、底型さを維持するだろう。
    また、新興市場はジャスダック、マザーズともにプラ
    ス圏で前場を終えており、しっかりとした展開。
    引き続き、中小型のテーマ株の一角へ、物色は向かい
    そうだ。
    
    
  • 2017-02-09【東京市場見通し】

    売り優勢の展開 為替ドル/円の円高方向が重し
    
    前日の米株市場はまちまち、NYダウは反落もNASDAQが連日で
    史上最高値を更新した。
    基本的には方向感に欠ける展開だった。
    為替ドル/円は円高方向に振れており、現在は111円台後半で
    の推移。
    ドル/円が円高方向にある時の日本株は買いが手控えらる。
    いよいよ日米首脳会談を明日に控えて、リスク回避の売り
    も一定程度は出てくると考えられる。
    売り優勢でスタートし、その後も上値の重い一日となりそ
    うだ。
    日経平均は前日に節目19000円を回復したが、再び19000円
    割れへ。
    下支えになると期待されるのが、日経平均への寄与度が高
    いソフトバンク<9984>。
    前日引け後に決算発表しており、ADRで1.3%超の上昇となっ
    ている。ソフトバンク<9984>が堅調な展開となれば、指数
    を支える。
    物色は引き続き、決算を手掛かりとした個別物色のほか、
    米シカゴ自動車ショーを控えるなか、AI、EV、自動運転
    車などのテーマ株が意識されそうだ。
    
    日経平均予想レンジは18800-18950円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り930万株、買い1070万株、
    差し引き140万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が111円台後半での推移。
    (8日終値112.35-37円)
    
    ユーロ/円が119円台後半の推移。
    (8日終値119.74-78円)
    
    8日の米株市場概況
    
    まちまち。NYダウは反落もS&P500、NASDAQは小幅に続伸。
    NASDAQは連日で史上最高値を更新した。
    米早期利上げの期待感が後退、金融株が軟調に推移し、
    重しとなった。一方で公益や不動産が上昇。
    また、アップルやアルファベット、アマゾン・ドット・
    コムなどの上昇がNASDAQの上昇を後押しした。
    NYダウ終値は-35.95の20054.34、
    S&P500は+1.59の2294.67、
    NASDAQは+8.24の5682.45。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-08【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    三住建設<1821> 決算発表。
    終値125円(前日比±0円±0.00%)
    今期経常4%上方修正。
    
    DeNA<2432> 決算発表。
    終値2505円(前日比+33円+1.33%)
    非開示だった今期最終は2.5倍増益。
    未定だった配当10円増配(30円)へ。
    
    アドソル<3837> 決算発表。
    終値1346円(前日比+12円+0.89%)
    今期経常25%上方修正。
    
    SMC<6273> 決算発表。
    終値31620円(前日比+740円+2.39%)
    今期経常一転4%増益に上方修正。
    
    JIA<7172> 決算発表。
    終値3750円(前日比+140円+3.87%)
    今期経常52%増。7期連続最高益更新見通し。
    年間配当は5円増(15円)へ。
    
    KYB<7242> 決算発表。
    終値542円(前日比+4円+0.74%)
    今期税引き前を21%上方修正。
    
    ソフトバンクG<9984> 決算発表。
    終値8684円(前日比+20円+0.23%)
    4-12月期(3Q累計)税引き前15%増益着地。10-12月期も3.9倍増益。
    
    ピックアップ
    ローツェ<6323> 業績・配当修正発表。
    終値2201円(前日比+65円+3.04%)
    17年2月期の連結経常利益を従来予想39.7億円から47億円
    (18.2%)に上方修正。
    また、業績好調に伴い、期末一括配当を従来計画15円から
    23円に増額修正。
    直近は株価は調整の流れにあったが、日足一目均衡表の基
    準線(2199円)などを下値サポートに下げ止まり、本日は転
    換線(2199円)を回復し引けていた。
    トレンドが上向きつつあるなかでの好材料。
    上昇トレンド転換となり、堅調な展開が期待される。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    フライト<3753>
    終値1386円(前日比+30円+2.21%)
    人型ロボット「Pepper」の法人向けモデルに関する
    プログラムを、Webブラウザによる操作だけで開発が可
    能なクラウドサービス「Scenaria」を共同開発し
    たと発表。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-08【本日動いた注目株を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め13銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S エスクリ<2196>、
    一時S プレミアムW<2588>、
    S フォーライフ<3477>、
    一時S ウイルプラス<3538>、
    S アエリア<3758>、
    S ディディエス<3782>、
    S リアルコム<3856>、
    S ニックス<4243>、
    一時S DWセラピ研<4576>、
    S 川岸工<5921>、
    一時S アマテイ<5952>、
    一時S メドピア<6095>、
    S グレイス<6541>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    セーレン<3569> 大幅反発。
    終値1550円(前日比+167円+12.07%)
    前日発表の決算好感。
    日足一目均衡表の雲(上限1459円)突破。
    
    ケイブ<3760> 大幅反発。
    終値1560円(前日比+162円+11.58%)
    日足一目均衡表の雲(1502円)突破。
    
    ピックアップ
    エニグモ<3665> 6日続伸。
    終値1756円(前日比+39円+2.27%)
    ソーシャル・ショッピング・サイト「BUYMA(バイマ)」を運営。
    円高メリット銘柄との位置付けが高く、直近、堅調な展開が
    続いている。
    テクニカル面でも日足一目均衡表において、雲(上限1675円)を
    突破しており、
    週足一目均衡表においても基準線(1721円)を回復。
    やや過熱感意識されるとこではあるが、週後半、同線を維持す
    るようなら、引き続き、堅調な展開が続きそうだ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-08【東京市場概況】

    日経平均は反発(96円高) 下げ転換後に切り返し節目19000円回復
    
    朝方の買い先行後は売り優勢の展開となり、前場を35円安で
    引けていた日経平均。
    しかし、後場は円高一服したことなどから、先物主導で再び
    プラス圏に浮上すると大引けかけて強含み、節目19000円を
    回復し、本日の取引を終えた。節目19000円回復は5日ぶりと
    なる。
    
    日経平均終値は+96.82円の19007.60円。
    
    東証1部の出来高は16億4171万株、
    売買代金は1兆9826億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1287銘柄、値下がり585銘柄、
    変わらず130銘柄。
    
    業種別では値上がりが25業種、値下がりが8業種。
    値上がりトップはガラス・土石、卸売、不動産。
    値下がりは石油・石炭、鉱業、水産・農林など。
    
    5日ぶりに日経平均は節目19000円を回復したものの、東証1部
    売買代金は2兆円を割れており、引き続き、10日の日米首脳会
    談を前に、積極的な売買は手控えられた。
    いっていの底型さを示したものの、上値の重い展開は続く見通
    しであり、方向感は日米首脳会談通過まで、出ないだろう。
    その間、変わらず新興株に物色は向かいやすい。
    本日、ジャスダックは3日続伸となり昨年来高値を更新。
    マザーズは反発し、昨年7/5以来、約7ヶ月ぶりの高値で引けた。
    明日以降も堅調な展開が期待される。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-08【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅続落(35円安) 買い先行も上値重くマイナス
    圏転落
    
    朝方は外部環境が改善されていたことを好感し、買いが先行
    した。
    日経平均は一時、73円高となり18900円台後半まで上昇する
    場面が見られた。
    しかし、買い一巡後は上値が重く、マイナス圏に転落。
    その後も戻りは鈍く、様子見姿勢の強い展開となり、前場の
    取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-35.21円の18875.57円。
    
    東証1部の出来高は7億9424万株、
    売買代金は9247億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり819銘柄、値下がり996銘柄、
    変わらず185銘柄。
    
    業種別では値上がりが10業種、値下がりが23業種。
    値上がりはガラス・土石、不動産、卸売など。
    値下がりトップは石油・石炭、鉱業、水産・農林。
    
    
    後場の見通し
    
    後場は日銀のETF買い入れが意識される。ただ、為替ドル/円の
    動向も気掛かりで、112円を割ってくるようだと、売り圧力が
    強まりそうだ。
    また、いっていの底型さを示しても、節目19000円どころでは、
    戻り売り圧力は強いと見られる。
    引き続き、18900円近辺で様子姿勢の強い展開が続きそうだ。
    
    
    
    
  • 2017-02-08【東京市場見通し】

    米株高、円高一服を好感し買い先行 ただ上値は重い展開か 
    
    前日の海外市場では欧州株がまちまちだったが、米株市場
    は上昇。NASDAQが史上最高値を更新するなど、しっかりと
    した展開だった。
    為替ドル/円は、円高一服となり、現在は112円台前半での
    推移。
    米株高、円高一服を受けて、日本株は買い先行の見通し。
    ただ、10日の日米首脳会談を控えて様子見姿勢は続き、
    積極的に上値を追う動きは限られそうだ。
    日経平均は節目19000円や5日移動平均線(18973円)を上値
    抵抗と意識、18900円近辺でこう着した展開を予想する。
    引き続き、物色は決算を手掛かりとした個別対応、値動き
    の軽い中小型のテーマ株に向かいやすい展開。
    
    日経平均予想レンジは18800-19000円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1330万株、買い1480万株、
    差し引き150万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が112円台前半での推移。
    (7日終値112.11-12円)
    
    ユーロ/円が120円どころでの推移。
    (7日終値119.75-79円)
    
    7日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって上昇。手掛かり材料に欠けたなか、好業績
    銘柄などが買われ、指数を後押しした。
    NYダウは一時、100ドル超えの上げ幅となり、取引期間中の史上
    最高値を更新。NASDAQは取引期間中、終値と史上最高値を更新
    した。
    NYダウは買い一巡後、原油安を受けたエネルギー株の下落など
    が重しとなり、上げ幅を縮小した。
    NYダウ終値は+37.87の20090.29、
    S&P500は+0.52の2293.08、
    NASDAQは+10.67の5674.22。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-07【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    宮地エンジ<3431> 決算発表。
    終値210円(前日比+7円+3.44%)
    今期経常一転49%増益に上方修正。配当2円増額(4円に)。
    
    RSTECH<3445> 業績修正発表。
    終値4240円(前日比-140円-3.19%)
    前期経常26%上方修正、2期ぶり最高益更新見通し。
    無配とした配当を10円実施。
    
    セーレン<3569> 決算発表。
    終値1383円(前日比-36円-2.53%)
    今期経常13%上方修正、最高益予想上乗せ。
    配当6円増額(30円に)。
    
    ウィルG<6089> 決算発表。
    終値726円(前日比-5円-0.68%)
    今期経常4%上方修正、最高益予想上乗せ。配当2円増額(12円に)。
    
    マブチ<6592> 業績修正発表。
    終値5740円(前日比-60円-1.03%)
    前期経常40%上方修正。配当31円増額(120円に)。
    
    河西工<7256> 決算発表。
    終値1276円(前日比-18円-1.39%)
    今期経常17%上方修正。配当2円増額(32円に)。
    
    タカラトミー<7867> 決算発表。
    終値1185円(前日比-9円-0.75%)
    今期経常2.2倍上方修正。
    
    ピックアップ
    旭硝子<5201> 決算発表、自社株買い発表。
    終値832円(前日比-3円-0.35%)
    16年12月期の連結税引き前利益は675億円。
    前期比20.1%減だが、17年12月期は930億円と前期比37.6%増
    に拡大する見通し。
    また、年間配当を60円。6/30割当の株式併合を考慮、実質
    配当は11.1%増配方針。
    発行済み株式数(自社株を除く)の1.3%にあたる1500万株(金
    額で100億円)を上限に自社株買いを実施。
    買い付け期間は2/8~3/24。
    株価は移動平均線チャートで25日線(828円)近辺でもみあい、
    日柄調整にあったが、決算を受けて、同線から上放れ、上昇
    トレンド転換と期待される。
    
    ARM<8769> 決算発表。
    終値1103円(前日比+48円+4.54%)
    17年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は3.6億円。
    前年同期比3.3倍と急拡大。
    併せて通期の同利益を従来予想4.3億円から5.5億円と26.4%
    上方修正。
    配当も2.5円増額(11円に)増額修正。
    株価は前日まで3日続落にあったが、本日に反発、日足一目
    均衡表の転換線(1095円)や5日移動平均線(1078円)を回復し
    ており、トレンド回復、好決算を受けて、上昇トレンドを
    強める見通し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    シンクロフード<3963>
    終値3320円(前日比+115円+3.59%)
    3/31を基準日とした1対3の株式分割発表。
    
    エボラブルアジア<6191>
    終値3675円(前日比+145円+4.11%)
    昨年11月にWEBサイト上でのサービスを開始した総
    合旅行サービスプラットフォーム「AirTrip」のios・An
    droid用アプリ配信開始。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-07【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S ETFS穀物<1688>、
    一時S ウイルプラス<3538>、
    一時S サイステップ<3810>、
    S DWセラピ研<4576>、
    S 朝日ラバー<5162>、
    一時S プラザクリエ<7502>、
    一時S レック<7874>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    船総研HD<9757> 大幅反発。
    終値1838円(前日比+98円+5.63%)
    前日発表の決算を好感。
    25日移動平均線(1776円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限1794円)突破。
    
    ピックアップ
    オークファン<3674> 大幅続伸。
    終値1193円(前日比+75円+6.70%)
    前日6日に8%超えの上昇、本日も7%近くの上昇と引けており、
    大幅続伸。
    移動平均線チャートで200日線(1171円)回復。
    日足一目均衡表においても雲(上限1192円)を突破。
    中長期で上昇トレンド転換か。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-07【東京市場概況】

    日経平均は反落(65円安) 一時は170円超の下落 その後は下げ渋り
    
    前日の欧米株安に円高と外部環境の悪化を嫌気して、日本株は
    朝方から売りが先行。
    日経平均は一時、170円超えの下落幅となる場面があった。
    売り一巡後は、下げ渋り、前場終わりでは85円安まで下落幅を
    縮小。
    後場には一時は6円安まで下げ幅を縮めた。しかし、戻りはそ
    こまでで限定され、引けにかけては弱含んだ。
    
    日経平均終値は-65.93円の18910.78円。
    
    東証1部の出来高は16億9448万株、
    売買代金は2兆610億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり562銘柄、値下がり1291銘柄、
    変わらず149銘柄。
    
    業種別では値上がりが11業種、値下がりが22業種。
    値上がりは水産・農林、空運、不動産など。
    値下がりトップはその他製品、鉱業、転送用機器。
    
    日経平均は節目19000円からやや水準を下げてもみあい。
    上値は5日移動平均線(18973円)が上値抵抗と意識されそうだ。
    下値メドは引き続き、先月18日安値18650.33円。
    日米首脳会談を控えて、トランプリスクを警戒した相場展開
    となっている。同イベントを通過するまでは、方向感に欠け
    る展開が続きそうだ。
    とはいえ、為替ドル/円、株式市場についても、値幅調整を終
    えてもよい水準にある。押し目買いスタンスは取っておきた
    いところ。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-07【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落(85円安) 円高嫌気し輸出株中心に売られる展開
    
    前日の欧米株安や円高を嫌気し、朝方から輸出株を中心に売り
    が先行。
    日経平均は一時、170円超えの下落幅となり、18800円近くまで
    値を下げた。
    売り一巡後は、日銀のETF買い期待などから、押し目買い入
    り、下げ渋る動きを見せたものの、戻りも限定された。
    
    日経平均前場終値は-85.23円の18891.48円。
    
    東証1部の出来高は8億1596万株、
    売買代金は9467億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり556銘柄、値下がり1307銘柄、
    変わらず139銘柄。
    
    業種別では値上がりが8業種、値下がりが25業種。
    値上がりは空運、不動産、水産・農林など。
    値下がりトップは鉱業、転送用機器、その他製品。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は前場、売り一巡後の戻りは限定されたものの、いっ
    ての底型さを示している。
    10日の日米首脳会談を通過するまで、為替ドル/円の動向も気掛
    かりで、積極的な取引はしにくいとろだが、大幅に値を下げる
    場面でもないように思える。
    米株市場が業績相場入り、日本企業に関しても業績回復が見込
    まれる中で、日経平均ふくめ、相場全体としても大幅な調整を
    入れるところではないと基本的に見ている。
    後場もいっていの底型さを示す見通しで、好業績銘柄などの押
    し目は拾っておきたいところであり、引き続き、中小型への物
    色も継続してよいところにあると見られる。
    
    
     
  • 2017-02-07【東京市場見通し】

    軟調な展開 為替ドル/円が111台へ 円高加速が重しに
    
    週明けの欧米株は軟調な展開。NYダウは材料難のなか、先週
    末3日の大幅高の反動もあり、軟調な展開、小幅に反落とな
    った。
    欧米株安に加えて、為替ドル/円も円高が加速、現在は111円
    台後半での推移。
    欧米株安に円高、本日の日本株は輸出株を中心に売り優勢の
    スタートが予想される。
    10日の日米首脳会談を前に円高が加速、売り先行後も積極的
    な買いは入りづらい。
    日経平均は前半に下値を探る展開、下値メドは先月18日安値
    18650.33円。その水準で底型さを示せるかが焦点となりそう
    だ。
    そうしたなか、引き続き物色は、決算を手掛かりとした個別
    物色、テーマ性(AIや自動運転車など)のある出遅れ感の強い
    銘柄へ向かいそうだ。
    
    日経平均予想レンジは18650-19000円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り300万株、買い410万株、
    差し引き110万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が111円台後半での推移。
    (6日終値112.73-75円)
    
    ユーロ/円が120円どころでの推移。
    (6日終値121.20-24円)
    
    6日の米株市場概況
    
    軟調。主要3指数そろって小幅に反落。先週末3日に大幅上昇
    した米株は、週明けで材料に乏しく、欧州株が軟調な展開と
    なっていたことから、売り優勢の展開となった。
    NYダウ終値は-19.04の20052.42、
    S&P500は-4.86の2292.56、
    NASDAQは-3.21の5663.55。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-06【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    マルハニチロ<1333> 決算発表。
    終値3195円(前日比+60円+1.91%)
    今期経常29%上方修正、最高益予想上乗せ。
    
    GMOクラウド<3788> 決算発表。
    終値1913円(前日比-35円-1.79%)
    今期経常19%増益。
    前期配当1.75円増額、今期2.55円増配へ。
    
    PCIHD<3918> 決算発表。
    終値2705円(前日比+75円+2.85%)
    今期経常9%上方修正、最高益予想上乗せ。
    
    田辺三菱<4508> 決算発表。
    終値2305円(前日比-1円-0.04%)
    今期税引き前13%上方修正、最高益予想上乗せ。
    
    冶金工<5480> 決算発表。
    終値192円(前日比+3円+1.58%)
    今期経常43%上方修正。未定だった配当は1円増配(2.5円に)。
    
    東邦鉛<5707> 決算発表。
    終値518円(前日比+8円+1.56%)
    今期経常3.5倍上方修正。配当5円増額。
    
    santec<6777> 決算発表。
    終値723円(前日比+14円+1.97%)
    今期経常55%上方修正。
    
    日ケミコン<6997> 決算発表。
    終値263円(前日比+4円+1.54%)
    今期経常一転、72%増益に上方修正。
    
    スクリン<7735> 決算、自社株買い発表。
    終値6840円(前日比-70円-1.01%)
    今期経常7%上方修正、最高益予想上乗せ。配当5円増額(75円に)。
    発行済み株式数(自社株を除く)の0.7%にあたる33万株(金額で20
    億円)を上限に自社株買い実施。取得期間29/2/7~3/31まで。
    
    ピックアップ
    東建物<8804> 決算発表。
    終値1483円(前日比+4円+0.27%)
    16年12月期の連結経常利益は306億円と前期比23.5%増。
    17年12月期も355億円(前期比15.9%増)に伸びる見通しとなり、
    3期連続増益。
    配当増額も発表しており、前期の年間配当を24円から26円。
    今期も前期比2円増の28円に増配方針。
    発表を好感し、株価は上値抵抗の25日移動平均線(1532円)
    や日足一目均衡表の雲上限(1565円)超えへ。
    上昇トレンド転換から、昨年来高値1657円(12/21)を試す展開か。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    マクドナルド<2702>
    終値2995円(前日比+11円+0.37%)
    1月既存店売上高前年同月比12.3%増。
    
    トウキョベース<3415>
    終値3385円(前日比+45円+1.35%)
    17日付でマザーズから東証1部へ市場変更。
    
    アドベンチャ<6030>
    終値11320円(前日比+760円+7.20%)
    ローソン<2651>の子会社のローソントラベルと提携。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-06【本日動いた注目株を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め14銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 大木ヘルス<3417>、
    S フォーライフ<3477>、
    S アクセルM<3624>、
    S アイスタイル<3660>、
    S アエリア<3758>、
    S DWセラピ研<4576>、
    一時S ヤフー<4689>、
    S メドピア<6095>、
    一時S DACHD<6534>、
    S ホシデン<6804>、
    S エノモト<6928>、
    S レック<7874>、
    一時S プロルート<8256>、
    一時S ソレキア<9867>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S FUJIKO<2405>。
    S タカタ<7312>。
    
    ピックアップ
    アイスタイル<3660> S高
    終値883円(前日比+150円+20.46%)
    2/3発表の決算を好感した買いが集まった。
    テクニカル面でも日足、週足一目均衡表の雲をともに突破
    (日足817円、週足839円)。一段高が期待される形にある。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    イビデン<4062> 大幅続伸、昨年来高値更新。
    終値1779円(前日比+213円+13.60%)
    3日発表の決算を好感。
    (今期経常を一転黒字に上方修正)。
    日足一目均衡表の雲(上限1632円)突破。
    
    ピックアップ
    ラック<3857> 大幅反発。
    終値1250円(前日比+78円+6.65%)
    3日発表の決算を好感。(4-12月期(3Q累計)経常が10%
    増益で着地、10-12月期も45%増益)。
    直近の株価は5日移動平均線(1198円)近辺でもみあい、
    上値抵抗として意識されていたが、決算を受けて、
    本日に同線を回復し上昇トレンド転換。
    直近高値1228円(1/26)を更新しており、上値を伸ばす
    展開が期待される。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-06【東京市場概況】

    日経平均は続伸(58円高) 買い優勢も円高警戒で上値の重い展開
    
    先週末の米株高などを好感し買いが先行した日本株。日経平均
    は一時、150円高まで上昇し、19000円台後半まで値を上げる場
    面があった。
    しかし、戻り売りや円高を重しに上げ幅を縮小、前場終値時点
    で節目19000円を割れていた。
    後場も円高への警戒感は残り、上値の重い展開。日経平均はマ
    イナス圏に沈む場面も見られた。
    引けにかけてはプラス圏に浮上したが19000円回復とはならな
    かった。
    
    日経平均終値は+58.51円の18976.71円。
    
    東証1部の出来高は17億9766万株、
    売買代金は2兆1807億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1132銘柄、値下がり728銘柄、
    変わらず142銘柄。
    
    業種別では値上がりが24業種、値下がりが9業種。
    値上がりトップは水産・農林、金属製品、銀行。
    値下がりはその他製品、繊維製品、食料品など。
    
    日経平均は終値での節目19000円回復とならず、移動平均線
    チャートにおいても25日線(19156円)が上値抵抗と意識され
    たなか、5日線(18999円)も下回って引けた。
    いっていの底型さは見られるものの、下振れの懸念が残り、
    上値は追いにくい。
    目先、終値で5日線回復、節目19000円を回復する動きなど
    が見られない限り、強きにはなれない。
    いっぽうで、新興市場はしっかり。ジャスダックが3日ぶり
    の反発。マザーズは続伸。取引期間中も終始堅調に推移し、
    大引けかけて上げ幅を拡大した。引き続き、明日以降も堅
    調な展開が期待される。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-06【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続伸(55円高) 米株高好感も円高警戒から伸び悩み
    
    先週末の米株市場でNYダウが大台2万ドルを回復したことなどが
    好感され、日本株も買いが先行した。
    日経平均は節目19000円を回復してスタートし、一時は19000円
    台後半まで値を上げた(前日比157円高)。
    しかし、為替ドル/円が112円台前半と円高方向に振れたことな
    どが重しとなり上げ幅を縮小、前日終値付近まで値を落とした。
    その後は、持ち直しているものの、戻りは限定され、前場の取
    引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+55.87円の18974.07円。
    
    東証1部の出来高は9億2657万株、
    売買代金は1兆846億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1103銘柄、値下がり733銘柄、
    変わらず163銘柄。
    
    業種別では値上がりが25業種、値下がりが8業種。
    値上がりトップは水産・農林、銀行、証券・商品。
    値下がりはその他製品、電気・ガス、食料品など。
    
    
    後場の見通し
    
    前場、買い先行後に売りに傾きつつも底型さを示した。決算発
    表後の個別物色は続いており、下値では買いが入っているよう
    だ。
    円高への警戒感は強いものの、その他に売り込む材料も特に無
    く、方向感に欠ける。
    10日の日米首脳会談を通過するまでは、方向感は出ないだろう。
    後場も日経平均は節目19000円近辺での推移が続きそうだ。
    
    
    
  • 2017-02-06【東京市場見通し】

    買い先行も上値の重い展開か 米株高を好感も円高が重し 
    
    先週末、注目された米雇用統計が良好だったことや、トランプ
    大統領が、現行の金融規制改革法を見直す大統領令に署名した
    ことなどが好感され上昇。
    NYダウは大台2万ドルを5日ぶりに回復した。
    米株高を好感し日本株も買い先行の見通しではあるが、為替ド
    ル/円は、円安に振れる場面もあったが失速、現在は、112円台
    半ばでの推移となっており、円高への警戒感が残る。
    その為、買い先行後は上値の重い展開となりそうだ。
    日経平均は節目19000円を回復後、25日移動平均線(19178円)や
    日足一目均衡表の雲上限(19096円)などが上値抵抗として意識
    される見通し。
    物色はメガバンクなど金融関連セクターに向かいやすい流れ
    にある。
    
    日経平均予想レンジは18900-19150円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り770万株、買い380万株、
    差し引き390万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が112円台半ばでの推移。
    (先週末3日終値113.11-13円)
    
    ユーロ/円が121円台前半での推移。
    (先週末3日終値121.67-71円)
    
    先週末3日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって上昇。NYダウは5日ぶりに節目20000ドルを
    回復、S&P500は3日続伸、NASDAQは史上最高値を更新した。
    注目された米1月雇用統計では非農業部門雇用者数が+22.7万
    人と予想(+17.5万)を大きく上回った。
    ただ、平均時給は前月比+0.1%と予想(+0.3%)を下回り。
    結果、丁度良い好内容。追加利上げ意識が差ほど意識されな
    い程度に強い内容と判断されたようだ。
    その他、トランプ大統領が、現行の金融規制改革法を見直す
    大統領令に署名したことから、規制緩和期待で金融株が上昇
    し、相場の後押しとなった。
    NYダウ終値は186.55の20071.46、
    S&P500は+16.57の2297.42、
    NASDAQは+30.57の5666.77。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-03【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    日電硝<5214> 決算発表。
    終値654円(前日比+10円+1.55%)
    今期経常43%増益へ。
    
    洋缶HD<5901> 決算発表。
    終値2060円(前日比+14円+0.68%)
    今期経常22%上方修正。
    
    ヤマシンフィルタ<6240> 決算発表。
    終値1756円(前日比-60円-3.30%)
    今期経常13%上方修正。
    
    日ピラー<6490> 決算発表。
    終値1382円(前日比+4円+0.29%)
    今期経常21%上方修正、16期ぶり最高益更新見通し。
    配当を従来計画の28円から34円に。
    
    ホシデン<6804> 決算発表。
    終値865円(前日比-6円-0.68%)
    今期経常7.3倍上方修正。配当を従来計画6円から8円に。
    
    山一電<6941> 決算発表。
    終値1284円(前日比-4円-0.31%)
    今期経常を一転8%増益に上方修正。
    配当を従来計画15円から20円に。
    
    極東開<7226> 決算発表。
    終値1649円(前日比+17円+1.04%)
    今期経常を一転3%増益に上方修正、最高益更新見通し。
    配当を従来計画32円から34円に。
    
    ホンダ<7267> 決算発表。
    終値3423円(前日比+6円+0.17%)
    今期税引き前20%上方修正、9期ぶり最高益更新見通し。
    配当を従来計画88円から92円に。
    
    レック<7874> 決算、株式分割発表。
    終値3715円(前日比+30円+0.81%)
    今期経常50%上方修正、11期ぶり最高益更新見通し。
    配当を従来計画40円から46円に。
    3/31を基準日に1対2株の株式分割を実施。
    
    ピックアップ
    ドリコム<3793> 決算発表。
    終値1973円(前日比+87円+4.61%)
    17年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常損益は
    4億5000万円の黒字に浮上し着地。
    (前年同期は3億2200万円の赤字)。
    併せて、非開示の通期の業績予想は連結経常損益が
    5億6000万円の黒字に浮上する見通し。
    (前期は2億1700万円の赤字)。
    株価は1/31に昨年来高値2200円を付けてから上値重く、
    前日2/2には10%超えの下落となっていた。
    ただ、本日は25日移動平均線(1775円)などを下値サポ
    ートに控えて反発。
    週明けは好業績を好感し、買い優勢の見通し。5日移
    動平均線(2045円)超えなどから、上昇トレンド回復か。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-03【本日動いた注目株を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め10銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S シンクレイヤ<1724>、
    一時S ウイルプラス<3538>、
    S アエリア<3758>、
    S DWセラピ研<4576>、
    S メドレックス<4586>、
    一時S アライドアキ<6081>、
    一時S 石井表記<6336>、
    S プラザクリエ<7502>、
    S クレステック<7812>、
    S ソレキア<9867>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    鳥居薬<4551> 決算を好感し大幅反発。
    終値2705円(前日比+197円+7.85%)
    25日移動平均線(2556円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限2550円)突破。
    
    ピックアップ
    動物高医<6039> 7日ぶり大幅反発。
    終値1750円(前日比+206円+13.34%)
    前日引け後に発表された決算が好感された。
    (16年4-12月期は営業利益21%増で着地)
    長らく上値抵抗として意識された週足一目均衡表の雲
    (上限1627円-下限1607円)を突破するなど、テクニカ
    ル面でも上昇トレンド転換と期待される形にある。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-03【東京市場概況と来週の見通し】

    3日概況 日経平均は3日ぶり小反発(3円高) 金利・為替にらみで
    上下振れるも方向感欠く展開
    
    朝方は円高一服を背景に買いが買い先行。日経平均は一時、
    146円高となり19000円台半ばまで上昇する場面があった。
    しかし、日銀の国債買い入れオペ通知をきっかけに新発10
    年債利回りが上昇、円が強含むと先物主導でマイナス圏に
    転落し前場の取引を終えていた。
    後場は、日銀が国債の「指値オペ」実施を通知したことを
    受けて長期金利が低下、先物主導で再びプラス圏に浮上。
    ただ、米雇用統計を控える週末であることなどから、買い
    は続かず、前日終値近辺でもみあって本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+3.62円の18918.20円。
    
    東証1部の出来高は21億1697万株、
    売買代金は2兆6288億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり996銘柄、値下がり854銘柄、
    変わらず152銘柄。
    
    業種別では値上がりが19業種、値下がりが14業種。
    値上がりトップは非鉄金属、その他製品、銀行。
    値下がりトップは空運、ゴム製品、陸運。
    
    
    来週の見通し 10日(金)の日米首脳会談控えて様子姿勢 ドル/円
    の動向次第でやや売り優勢か
    
    来週は週末10日(金)に日米首脳会談を控えており、様子姿勢と
    なりやすい。
    直近、移民や他国の通貨政策に対するトランプ米大統領の発言
    からドル/円の上値の重さが意識されており、株式市場も上値の
    重い展開となっている。
    10日の日米首脳会談を通過まで、トランプ大統領への警戒感は
    残りそうだ。
    その為、上値を追う動きは限られ、やや売り優勢の展開か。
    日経平均はテクニカル面でも本日に5日移動平均線(19078円)が
    上値抵抗と意識され、75日移動平均線(18429円)近辺までの調
    整があってもおかしくない形にある。
    ただ、今晩の米雇用統計次第では、一転する可能性はある。
    予想は非農業部門の雇用者数が17万5000人増。
    予想通り、予想を上回る結果となり、ドル/円が円安方向に振れ
    れば、日本株には好材料。
    発表されている企業決算では、業績予想を上方修正する動きが
    見られており、相場全体が上振れる可能性もあるだろう。
    基本的に日経平均は19000円前後での推移が予想されるが、レ
    ンジ幅は広めにとっておきたいところ。
    
    来週の日経平均予想レンジは18500-19500円。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-03【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続落(70円安) 買い先行も下げに転換 円高重しに
    
    朝方こそ買いが先行した日本株。円高が一服していたことから、
    買いが先行したかっこうとなっていたが、日銀の国債買い入れ
    オペ通知を受けて新発10年債金利が上昇し、円が強含みとなっ
    たことが重しとなった。
    日経平均は一時、146円高となり19000円台半ばまで回復する場
    面があるも、先物主導で下げに転換、70円安で前場の取引を終
    えた。
    
    日経平均前場終値は-70.91円の18843.67円。
    
    東証1部の出来高は11億1979万株、
    売買代金は1兆3234億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり816銘柄、値下がり1029銘柄、
    変わらず156銘柄。
    
    業種別では値上がりが13業種、値下がりが20業種。
    値上がりは非鉄金属、銀行、その他製品など。
    値下がりトップは空運、陸運、ゴム製品。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は結果的に5日移動平均線(19063円)が上値抵抗となり、
    やや売りが強まりつつあるところ。
    後場も米雇用統計を控える週末とあり、積極的な押し目買いは
    入りにくい。一段と円高方向に振れる動きが見られれば、下げ
    幅を拡げる可能性はある。
    ただ、積極的に取引しずらいのは、売り方も同じ。直近に発表
    されている米経済指標は良好なものが多く、売りづらいだろう。
    また、長期金利の上昇を受けてメガバンクが物色されるなど不
    安定ながらも物色意欲は根強いと見れる。
    好決算銘柄やテーマ材料株などへの物色は、変わらず、続きそ
    うにある。
    
    
  • 2017-02-03【東京市場見通し】

    こう着感の強い展開 日経平均は19000円近辺での攻防
    
    前日の米株市場は翌日に控える雇用統計を前に様子姿勢が強く、
    ほぼ横ばい。動きに乏しい展開となった。
    為替ドル/円は現在、112円台後半での推移と円高の動きは一服し
    ている。
    円高が一服したことで日本株は、底型さを示す見通しだが、米
    株同様に様子姿勢が強く、動きに乏しい展開が予想される。
    日経平均は前日に節目19000円を割れたが、ADRで決算発表した
    パナソニック<6752>、ソニー<6758>などが大幅高となっており、
    いっていの反発が予想され、19000円を回復が期待される。
    ただ、外部環境に不透明感が残るなかでは、上値を追いにくく、
    週末要因もあり、売買は膨らみづらい。19000円前後でのもみあ
    いとなりそうだ。
    全体的にこう着感の強い展開が予想されるなか、物色は決算を
    手掛かりとした個別物色が続きそうだ。
    
    日経平均予想レンジは18900-19100円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り800万株、買い690万株、
    差し引き110万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が112円台後半での推移。
    (2日終値112.84-86円)
    
    ユーロ/円が121円台前半の推移。
    (2日終値121.78-82円)
    
    2日の米株市場概況
    
    ほぼ横ばい。NYダウ、NASDAQは小幅に反落、S&P500が小幅に上昇。
    翌日に控える米1月雇用統計を前に様子姿勢の強い展開となった。
    この日、発表された週間の新規失業保険申請件数は、季節調整
    済みで24万6000件。市場予想平均の25万件に対して良好な結果
    だったが、反応は限定的だった。
    NYダウ終値は-6.03の19884.91、
    S&P500は+1.30の2280.85、
    NASDAQは-6.45の5636.20。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-02【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    花王<4452> 決算、自社株消却発表。
    終値5598円(前日比-26円-0.46%)
    今期税引き前は8%増、5期連続最高益更新見通し。
    前期配当2円増額(92円)、今期も14円増(108円へ)。
    発行済み株式数の1.79%にあたる900万株の自社株を消却する。
    消却予定日3/1。
    
    荒川化学<4968> 決算発表。
    終値1905円(前日比+20円+1.06%)
    今期経常14%上方修正、最高益予想上乗せ。
    
    インライト<5358> 決算発表。
    終値361円(前日比+20円+5.86%)
    今期経常15%上方修正、最高益予想上乗せ。
    
    フジミインコ<5384> 決算発表。
    終値2582円(前日比-30円-1.15%)
    今期経常18%上方修正。
    
    住友電<5802> 決算発表。
    終値1660.0円(前日比-10.0円-0.59%)
    今期経常7%上方修正。配当2円増額(37円に)。
    
    フジクラ<5803> 決算発表。
    終値712円(前日比-8円-1.11%)
    今期経常一転22%増益に上方修正。
    
    TBSHD<9401> 決算発表。
    終値1917円(前日比-66円-3.32%)
    今期経常一転6%増益に上方修正。
    
    KDDI<9433> 決算発表。
    終値2977.5円(前日比-58.5円-1.92%)
    今期営業3%上方修正、最高益予想上乗せ。配当5円増額(85円に)。
    
    ピックアップ
    サイオス<3744> 決算発表。
    終値1190円(前日比+53円+4.66%)
    16年12月期の連結経常損益は3億8900万円の黒字に浮上
    (前期は1億3700万円赤字)。
    17年12月期の同利益は4億8000万円見込み、(前期比23.
    4%増)2期連続で過去最高益を更新する見通しに。
    また、今期の年間配当を3期ぶり復配し5円とする方針に。
    株価はここまでもみあった25日移動平均線(1041円)から
    上放れ傾向にあり、決算を受けて、上昇トレンドを強め
    る見通し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    アイロムグループ<2372>
    終値1407円(前日比+87円+6.59%)
    京都大学iPS細胞研究所が「センダイウイルスベクターを
    用いてES細胞/iPS細胞から脊髄運動ニューロンを簡便に
    作製する技術開発」の研究結果を発表。子会社IDファー
    マの中核技術であるセンダイウイルスベクターが有用で
    あることが示された。
    
    エボラブルアジア<6191>
    終値3220円(前日比-45円-1.37%)
    キャンピングカーレンタル事業を開始。また、同事業で
    米大手エルモンテRV社の独占的な訪日旅行客受け入れ先
    となることが決まった。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-02【本日動いた注目株を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 大木ヘルス<3417>、
    S エムアップ<3661>、
    S シャノン<3976>、
    S サンユウ<5697>、
    一時S WASHハウ<6537>、
    一時S 内海造<7018>、
    S ショーワ<7274>、
    S プラザクリエ<7502>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    アスコット<3264> 3日大幅続伸。
    終値616円(前日比+41円+7.13%)
    日足一目均衡表の雲(上限605円)突破。
    
    田中化研<4080> 大幅続伸。
    終値921円(前日比+49円+5.61%)
    日足一目均衡表の雲(上限858円)突破。
    
    アイチコーポ<6345> 大幅反発。
    終値914円(前日比+63円+7.40%)
    日足一目均衡表の雲(上限860円)突破。
    
    オプテックスG<6914> 4日続伸。
    終値2735円(前日比+80円+3.01%)
    日足一目均衡表の雲(上限2722円)突破。
    
    ピックアップ
    富士キコウ<7260> 大幅続伸。
    終値499円(前日比+33円+7.08%)
    13:00発表された決算を好感し上昇。
    (17年3月期3Qは増収増益、経常利益68%増)
    テクニカル面においても、上値抵抗と意識
    されていた25日移動平均線(479円)を回復。
    一段高が期待されるところにある。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-02【東京市場概況】

    日経平均は大幅反落(233円安) 円高重しに先物主導で後場下げ幅拡大
    
    前場、日経平均は上下方向感出ず、小幅な反落(48円安)で引け
    ていた。
    しかし、後場に入ると下げ幅を拡大。為替ドル/円が円高に振れ
    ていたことや米株価指数先物が時間外取引で軟調な動きとなっ
    ていたことから、先物主導で売られ、一時は280円超えの下落
    幅となった。
    その後は下げ幅を縮小したが戻りは限定的、節目19000円を割
    れて、この日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は-233.50円の18914.58円。
    
    東証1部の出来高は21億2818万株、
    売買代金は2兆5703億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり296銘柄、値下がり1635銘柄、
    変わらず71銘柄。
    
    業種別では値上がりが2業種、値下がりが31業種。
    値上がりは医薬品、卸売のみ。
    値下がりトップは海運、鉱業、倉庫・運輪。
    
    日経平均は5日線(19188円)、25日線(19192円)の両移動平均線を
    上値抵抗に節目19000円を割れた。
    また、日足一目均衡表においても雲上限(19002円)を下回ってき
    ており、テクニカル面では売り優勢に傾いてきている。
    早期にこれらを回復したいところ。明日も売り優勢の展開が続
    くようなら、75日移動平均線(18400円)までの調整を考えておき
    たいところ。
    ただ、好決算企業やテーマ株の一角等への物色意欲は根強い。
    当面は中小型株優位の展開が続く見通し。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-02【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落(48円安) 上値重いも下値もしっかり 方向感の出ず
    
    前日の欧米株高を受けて、買いが先行したものの、買い一巡後
    は為替ドル/円がやや円高方向に振れて、売り優勢に傾いた。
    しかし、下値では下げ渋る動きを見せており、方向感に欠ける
    展開。個別物色が中心となり全体としては動きが乏しい。
    日経平均は寄与度の高い銘柄の下落が目立ち、マイナス圏で前
    場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-48.15円の19099.93円。
    
    東証1部の出来高は9億6285万株、
    売買代金は1兆918億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり724銘柄、値下がり1130銘柄、
    変わらず146銘柄。
    
    業種別では値上がりが9業種、値下がりが24業種。
    値上がりは医薬品、証券・商品、精密機器など。
    値下がりトップは鉱業、電気・ガス、海運。
    
    
    後場の見通し
    
    後場も引き続き、日経平均は方向感に欠ける展開が続く見通し。
    為替ドル/円の動向次第では、上下振れる可能性はある。
    全体としての方向感が定まらないなか、好業績株への循環物色
    が続きそうだ。
    また、新興市場はマザーズ、ジャスダックともにプラス圏で前
    場を終えており堅調。テーマ性の強い銘柄へも買いが向かいや
    すい場面にある。
    
    
    
    
  • 2017-02-02【東京市場見通し】

    しっかりとした展開も上値は限定的 好決算銘柄の個別物色中心
    
    前日の海外市場では欧米株そろって上昇。米株は発表された
    経済指標が好内容だったことなどが好感された。
    為替ドル/円は現在、113円台前半での推移と前日の水準から
    差ほど変わらず。好内容となった米経済指標を受けて、円安
    の動きとはならなかった。
    また、米FOMCでは、大方の予想通り政策金利据え置き。利上
    げ見通しについて言及は無し。
    日経平均は昨日に、一端下を試した後に切り返し、欧米株が
    上昇してきたことで、売り一巡感が出てきており、下値はし
    っかりと予想される。
    米国で発表される経済指標の結果も良好で、週末発表の米1
    月雇用統計への期待も高く、ドル/円が円安方向に振れる可能
    性はあるが、トランプ米大統領による通貨安批判の矛先が向
    かうなか、不透明感が残る。上値を追う動きは限られそうだ。
    そんななか、業績やテーマを手掛かりとした循環物色が続く
    見通し。
    
    日経平均予想レンジは19050-19250円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り590万株、買い1430万株、
    差し引き840万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が113円台前半での推移。
    (1日終値113.56-58円)
    
    ユーロ/円が122円どころでの推移。
    (1日終値122.43-47円)
    
    1日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって上昇。NYダウは4日ぶり反発、S&P500は
    5日ぶり反発、NASDAQは続伸。
    米1月ADP全国雇用者が大きく上振れ、米1月ISM製造業景
    況感指数も2014年11月以来の高水準と経済指標が強い結
    果を示したほか、前日に決算を発表したアップルの大幅
    高などが指数を押し上げた。
    NYダウは一時、100ドル超えの上昇。
    しかし、その後は、上げ幅を縮小している。
    FOMCでは、金融政策の現状維持を発表。声明分には利上
    げペースの加速を連想させる記述がなく、総じてハト派
    的な内容となった。
    NYダウ終値は+26.85の19890.94、
    S&P500は+0.68の2279.55、
    NASDAQは+27.86の5642.65。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-01【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    エイチーム<3662> 業績修正発表。
    終値2091円(前日比-48円-2.24%)
    上期経常を一転して57%増益に上方修正。
    
    扶桑化学工業<4368> 決算発表。
    今期経常14%上方修正。配当7円増額。
    
    大塚商<4768> 決算発表。
    終値5810円(前日比±0円±0.00%)
    今期経常2%増で5期連続最高益更新見通し。
    前期配当15円増額し今期も120円継続へ。
    
    淀川鋼<5451> 決算、自社株買い、株主優待制度を拡充。
    終値3310円(前日比+90円+2.79%)
    4-12月期(3Q累計)経常70%増益着地。
    発行済み株式数(自社株を除く)の0.46%にあたる14万株
    (金額で5億円)を上限に自社株買い実施。
    17年3月末を基準日とする優待制度から、
    現行の「西脇カントリークラブゴルフ優待券」に加え、
    保有株数に応じて1000円~3000円相当のカタログギフト
    を贈呈。
    
    レオン自機<6272> 業績、配当修正発表。
    終値1121円(前日比+24円+2.18%)
    今期経常18%上方修正。配当2円増額。
    
    ピックアップ
    MDV<3902> 業績修正発表。
    終値2817円(前日比+76円+2.77%)
    16年12月期の連結経常利益が従来予想3億円から4.1億円と
    38.3%の上方修正。
    株価は直近、日足一目均衡表の転換線(2739円)の水準でも
    みあい日柄調整中にあった。
    発表を好感し同線から上放れ、上昇トレンド転換か。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-01【本日動いた注目株を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め10銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S 日食品<2892>、
    S 大木ヘルス<3417>、
    一時S DMP<3652>、
    S ワタベ<4696>、
    S アライドアキ<6081>、
    一時S テセック<6337>、
    一時S 三相電機<6518>、
    S コスモス<6772>、
    S プラザクリエ<7502>、
    一時S 大水<7538>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め4銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S アエリア<3758>、
    S マイネット<3928>、
    一時S UMN<4585>、
    一時S 新光電工<6967>。
    
    ピックアップ
    アライドアキ<6081> S高
    終値3290円(前日比+503円+18.04%)
    グループ会社が米スナップ社運営の「Snapchat」広告パー
    トナーに認定されたと発表。
    これが好材料視され、S高で取引を終えた。
    直近の株価は5日移動平均線(2874円)近辺でもみあい、日
    柄調整の動きにあった。
    本日に上放れで、上昇トレンドへ。
    昨年来高値3595円(9/20)をうかがう展開から、一段高へと
    期待がかかる。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ピックアップ
    日野自<7205> 大幅反発。
    終値1285円(前日比+90円+7.53%)
    前日発表の決算を好感(通期営業益を上方修正)。
    テクニカル面では日足一目均衡表の雲(上限1210円)突破。
    週足一目均衡表においても雲上限(1226円)を超えている。
    続き、月足一目均衡表の雲(上限1345円)、
    基準線(1415円)を捉えにいく展開へ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-02-01【東京市場概況】

    日経平均は3日ぶり反発(106円高) 円高一服を支えにプラスに転換
    
    朝方は売りが先行した日本株。トランプ米大統領の円安けん制
    発言でドル/円が円高に振れていたことなどが、重しとなった。
    日経平均は節目19000円を割り込む場面があったが、円高が一
    服したことなどが支えとなり、前場終わりでは19000円を維持。
    後場に入ると円高一服の流れや日銀のETF買い思惑などから、
    押し目買い意欲が強まり上昇。高値水準を保ち、本日の取引を
    終えた。
    
    日経平均終値は+106.74円の19148.08円。
    
    東証1部の出来高は20億3217万株、
    売買代金は2兆5281億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1162銘柄、値下がり694銘柄、
    変わらず146銘柄。
    
    業種別では値上がりが28業種、値下がりが5業種。
    値上がりトップは鉄鋼、電機・ガス、証券・商品。
    値下がりはその他製品、銀行、水産・農林など。
    
    日経平均は下値の底型さこそ示したが、上値は25日移動平均
    線(19211円)を抵抗に伸び悩んだと見れる。
    東証1部売買代金は2.5兆円と高水準にあり、引き続き、この
    水準を維持して、25日移動平均線を超える動きが見られれば、
    上方向へのトレンドが強まるだろう。
    ただ、それには材料不足の面があり、基本的には節目19000円
    水準でもみあう展開が続く見通し。
    いっときは、好業績銘柄、テーマ性の強い銘柄などへの個別
    物色、循環物色の展開が続きそうだ。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-01【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅に続落(0.60円安) 売り一巡後は底堅く推移
    
    前日の米株市場が軟調、為替ドル/円が円高に振れていたことを
    重しに日本株は売りが先行した。
    日経平均は一時、125円安となり、節目19000円を割れた。
    しかし、売り一巡後は、ドル/円の円高方向への動きが一服した
    ことなどから、押し目買いが入り、下げ渋る展開。
    前場終わりでは19000円を維持している。
    
    日経平均前場終値は-0.60円の19040.74円。
    
    東証1部の出来高は10億6840万株、
    売買代金は1兆2637億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり763銘柄、値下がり1102銘柄、
    変わらず136銘柄。
    
    業種別では値上がりが12業種、値下がりが21業種。
    値上がりは鉄鋼、電機・ガス、繊維製品など。
    値下がりトップはその他製品、銀行、精密機器。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均の前場安値が18916.18円。1/24-1/25に開けたマド
    (下限18915.70円)をほぼほぼ閉めたかっこうとなり、底型
    さを示した。
    トランプ米大統領は10日に安倍首相との会談を控えるなか
    での円安批判。交渉を有利に進めるための発言とも見れ、
    考える思惑があるのだろう。
    今後もトランプ米大統領の発言に振り回される警戒感は残り、
    下値は底堅いも上値も慎重な展開が続きそうだ。
    そうしたことから、本日の後場含め、日経平均は節目19000
    円近辺で、もみあう展開か。
    とはいえ、決算発表を絡め好業績銘柄を物色する動きは見
    られる。当面は個別物色の流れが続きそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-02-01【東京市場見通し】

    売り優勢の展開 米株安、円高が重し 引き続き、ドル/円の動向注視  
    
    前日の欧米株が軟調、米政権の政策不透明感を嫌気する売りが
    続いた。
    為替ドル/円も円高方向に振れており、前日から約1円、現在は
    112円台後半での推移。一時は112円台前半まで、円高に振れる
    場面もあった。
    トランプ米大統領が日本の長年に渡る通貨安政策で米国が割を
    食っているとの内容を発言したことが要因。
    欧米株安に円高を受けて、日本株は売り優勢の展開が予想され
    る。
    ただ、日経平均は前日に300円超えの下落と大幅に値を下げて
    いたことがあり、CME225先物は底堅く推移。
    CME225先物の動向をみるかぎり、本日の日経平均の下値は限ら
    れそうだ。
    下値メドは1/24-1/25に開けたマドの下限18915.70円。
    いっぽうで上値も重く、節目19000円近辺での攻防。
    ドル/円の動向次第では、下振れる可能性ありといったところ。
    物色は決算の前半戦のヤマ場を通過し、決算を受けた銘柄。
    また、日銀の金融政策決定会合も通過、インデックスに振らさ
    れた銘柄等への見直しも意識されやすい。
    
    日経平均予想レンジは18850-19000円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り550万株、買い900万株、
    差し引き350万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    ドル/円が112円台後半での推移。
    (31日終値113.52-53円)
    
    ユーロ/円が121円台後半での推移。
    (31日終値121.46-50円)
    
    31日の米株市場概況
    
    高安まちまち。NYダウは3日続落、S&P500も下落もほぼ横ばい、
    NASDAQは小幅ながら反発となった。
    移民の入国制限などのトランプ政権の政策不透明感が嫌気され、
    安全資産とされる金が買われ、債券利回りが低下するなど、金
    融市場全般でリスク回避が強まった。
    NYダウは一時、180ドル超えの下落。その後は下落幅を縮小して
    いる。
    引け後に発表されたアップルの決算は、利益が市場予想を上回
    り、株価は時間外で堅調な推移となっている。
    NYダウ終値は-107.04の19864.09、
    S&P500は-2.03の2278.87、
    NASDAQは+1.08の5614.79。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
お気軽にお問い合わせください
  • お申込み
  • お問い合わせ
電話番号