• 2017-03-31【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    スター・マイカ<3230> 決算発表。
    終値2290円(前日比-41円-1.75%)
    12-2月期(1Q)経常は67%増益着地。
    
    ピックアップ
    薬王堂<3385> 業績修正発表。
    終値2778円(前日比+21円+0.76%)
    17年2月期の経常利益(非連結)を従来予想32.1億円から
    35億円に上方修正。
    株価は直近、日足一目均衡表の転換線(2748円)を下値
    サポートに日柄調整中。
    発表を好感し日柄調整から上放れ。
    昨年来高値2839円(17/3/17)更新へ。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-31【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め13銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ケアサービス<2425>、
    S オルアバウト<2454>、
    S 夢展望<3185>、
    S メディ一光<3353>、
    一時S カナミックN<3939>、
    S ロングライフ<4355>、
    一時S ミズホメディ<4595>、
    一時S 那須鉄<5922>、
    S IIF<6545>、
    一時S 沢藤電<6901>、
    S 初穂商事<7425>、
    一時S プラッツ<7813>、
    S ファイズ<9325>。
    
    ピックアップ
    ミズホメディ<4595> 一時S高
    終値4770円(前日比+670円+16.34%)
    3日大幅続伸。一時S高の上昇。
    25日移動平均線(3996円)近辺での日柄調整から上放れて昨年
    来高値4415円(17/3/8)更新。上昇トレンド転換で週明け以降
    も上値を伸ばす展開が期待される。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、
    一時S=一時ストップ安)
    
    S 森永乳<2264>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    アルファCo<3434> 大幅反発。
    終値2000円(前日終値+186円+10.25%)
    25日移動平均線(1792円)から上放れ。
    
    ピックアップ
    オカモト<5122> 4日大幅続伸。
    終値1191円(前日比+63円+5.58%)
    前日(3/30)に、これまで上値抵抗として意識されていた
    200日移動平均線(1113円)超え。
    本日も上値を伸ばす展開となり、週足一目均衡表の雲(
    上限1132円)突破。一段高が期待される。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-31【東京市場概況と来週の見通し】

    31日概況 日経平均は続落(153円安) 後場に売りに転換し
    19000円割れ
    
    前場は米株高や為替ドル円が円安方向にあったことが好感され、
    買い優勢の展開。日経平均は19188.83円(125.61円高)で引けて
    いた。
    しかし、後場に持ち高調整とみられる売りが出始め、節目1900
    0円を割れる場面では一端下げ渋ったものの、大引けにかけて、
    見切り売りなどから再び軟化した。
    
    日経平均終値は-153.96円の18909.26円。
    
    東証1部の出来高は22億2223万株、
    売買代金は2兆5881億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり270銘柄、値下がり1677銘柄、
    変わらず65銘柄。
    
    業種別では値上がりが1業種、値下がりが32業種。
    値上がりは電気・ガスのみ。
    値下がりトップは倉庫・運輪、水産・農林、鉱業。
    
    
    来週の見通し レンジ相場継続 やや下振れを警戒
    
    週明けから名実ともに4月相場入り。4月は例年海外勢が買い
    越すことで知られており、例年通りとなれば、堅調な展開が
    期待される。
    ただ、今年は直近の売買動向を見る限り期待しにくい。
    内政で前進できなかったトランプ米大統領が今後外交面で強
    硬手段を取る懸念もくずぶっている。
    引き続き、トランプ政策を巡る不透明感が日本株の重しとな
    りそうだ。
    とはいえ、トランプ政策が停滞しても日米の株式市場は意外
    に崩れていない。
    米国の堅調な実体経済に市場の関心は向いているのだろう。
    来週に発表される経済指標は、米国で3日に月ISM製造業景気
    指数、5日に3月ISM非製造業景気指数、そして週末に3月雇用
    統計を控える。いずれも良好な内容が予想されるなか、米株
    が堅調な展開となれば、日本株も底堅さを維持しそうだ。
    また、国内でも3日に3月日銀短観を発表。製造業の景況感や
    2017年度の設備投資計画が注目点。良好な内容となれば、相
    場の下支え材料となる。
    物色の流れは引き続き、新興市場を中心とした中小型株へ向
    かいやすい。本日も日経平均がマイナス圏に沈むなか、ジャ
    スダック、マザーズはプラス圏で引けて、しっかりとした展
    開となっている。来週に日経平均がレンジ相場から下振れ、
    本格的な調整入りとなれば厳しいが、底型さを示すようなら、
    新興市場を中心とした中小型株は堅調な展開が続くだろう。
    
    来週の日経平均予想レンジは18700-19500円。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-03-31【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反発(125円高) 米株高、円安好感し買い優勢
    
    前日の米株高や為替ドル/円が円安方向に振れていたことが好
    感され買いが先行。
    買い先行後に伸び悩む場面も見られたが、ドル/円が112円台を
    回復、一段と円安方向に振れたことが好感され、日経平均は
    引け間際に、この日の高値19210.92(147.70高)まで上昇した。
    
    日経平均前場終値は+125.61円の19188.83円。
    
    東証1部の出来高は8億5599万株、
    売買代金は9260億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1360銘柄、値下がり519銘柄、
    変わらず133銘柄。
    
    業種別では値上がりが28業種、値下がりが5業種。
    値上がりトップはゴム製品、電気・ガス、建設。
    値下がりは水産・農林、海運、食料品など。
    
    
    後場の見通し
    
    前場週場にこの日の高値を付けた日経平均だが、後場は上値の
    重い展開が予想される。
    前場終わり時点で5日移動平均線(19131円)は回復しているもの
    の、75日移動平均線(19263円)回復とはならず、上値をおさえ
    られている。
    ただ、期末に伴う買戻しやドレッシング等への思惑から底堅さ
    維持すると思われる。
    
    
  • 2017-03-31【東京市場見通し】

    買い先行 米株高、円安を好感 日経平均はレンジ下限からリバウンド
    
    米株市場が10-12月期GDP確報値が市場予想を上回ったことなど
    から堅調に推移、主要3指数そろって上昇し、NASDAQは史上最
    高値を更新した。
    また、為替ドル/円も円安方向に振れて、現在は111円台後半で
    の推移。
    米株高に円安と日本株は買いが先行する見通し。日経平均は
    ここまでのもちあいレンジ下限からのリバウンドする形に。
    前日に割れた5日移動平均線(19146円)回復、75日移動平均線
    (19261円)や25日移動平均線(19338円)を捉える動きに期待し
    たい。
    本日注目されるのは国内では寄り前に経済指標の発表。(2月
    の消費者物価指数など)。
    場中には中国でも3月PMIなどの発表も控える。極端に悪い結
    果とならない限りは悪材料視はされないだろう。
    中国指標が安心感のある内容となれば、上げ幅拡大が期待さ
    れるところ。
    また、本日は決算期末ということもあり、ファンドのお化粧
    買いなども期待されるところ。
    
    日経平均予想レンジは19100-19350円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1280万株、買い1050万株、
    差し引き230万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が111円台後半での推移。
    (30日終値111.06-08円)
    
    現在、ユーロ/円が119円台前半での推移。
    (30日終値119.24-28円)
    
    30日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって上昇。NYダウは反発、S&P500は3日続伸、
    NASDAQは5日続伸し約1ヶ月ぶり(3/1)に史上最高値更新。
    米10-12月の実質GDP(国内総生産)の確定値が、季節調整済み
    の年率換算で速報値の前期比1.9%増から2.1%増に上方修正。
    市場予想平均2.0%増を上回ったことが好感された。
    また、原油高も好感され材料視された。
    NYダウ終値は+69.17の20728.49、
    S&P500は+6.93の2368.06、
    NASDAQは+16.80の5914.34。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-03-30【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    住精化<4008> 業績修正発表。
    終値4715円(前日比-25円-0.52%)
    今期経常27%上方修正。3期ぶり最高益更新見通し。
    
    マルマエ<6264> 決算発表。
    終値1034円(前日比+19円+1.87%)
    上期経常一転、8%増益で上振れ着地。
    
    ピックアップ
    ヘリオスTH<6927> 業績・配当修正発表。
    終値604円(前日比-16円-2.58%)
    17年3月期の連結経常利益を従来予想12.9億円から13.7億円に
    上方修正。
    業績好調に伴い、期末一括配当を従来計画の18円から20円に
    増額修正。
    株価は昨年来高値724円(17/3/6)を付けて以降は調整。
    今日まで移動平均線チャートで75日線(582円)、
    日足一目均衡表の雲(上限586円)近辺まで下落しており、
    値幅調整はじゅうぶん。
    発表を好感し、トレンド回復と期待される。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    スタートトゥデイ<3092> 
    終値2441円(前日比+19円+0.78%)
    東南アジアのファッションEC企業を対象とする投資ファンドを
    設立。
    
    チエル<3933>
    終値2150円(前日比+87円+4.21%)
    ワンビと資本・業務提携を締結。学校市場向けのタブレットセ
    キュリティー製品を共同開発すると発表。
    
    リボミック<4591>
    終値780円(前日比+7円+0.90%)
    今年3月末に契約期間が満了する全薬工業との「技術アドバイス
    および研究委託に関する覚書」について1年間の期間延長に関す
    る覚書を締結。
    
    タチエス<7239>
    終値2202円(前日比-31円-1.39%)
    トヨタ紡織<3116>と業務提携。
    自動車用シート事業の国際競争力強化を図る。
    
    ピックアップ
    夢テクノロジー<2458>
    終値1636円(前日比-1円-0.06%)
    4/24基準日に1対2の株式分割発表。
    (年間配当従来計画40円から30円修正、実質配当は変わらない)
    株価は昨年来高値2227円(17/3/7)を付けて以降は調整。
    75日線(1481円)近辺まで値を下げたが、その水準では底堅く、
    直近は上昇基調。
    本日の発表を好感し、トレンド回復基調が強まると予想される。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-30【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S エムビーエス<1401>、
    S 北の達人<2930>、
    S KTK<3035>、
    S 関門海<3372>、
    S ALPHA<4760>、
    S ぱど<4833>、
    一時S ネポン<7985>、
    一時S 遠州トラック<9057>、
    S ファイズ<9325>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、
    一時S=一時ストップ安)
    
    一時S 沢藤電<6901>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ライク<2462> 3日大幅続伸。
    終値2935円(前日比+154円+5.53%)
    25日移動平均線(2734円)から上放れ。昨年来高値更新。
    
    ピックアップ
    平河ヒューテ<5821> 5日大幅続伸。
    終値1271円(前日比+75円+6.27%)
    直近に堅調な展開が目立つ半導体製造装置関連株から、当銘
    柄をピックアップ。
    株価は本日、上値抵抗と意識された75日移動平均線(1218円)
    超え。
    また、一目均衡表においても雲(上限1250円)を突破するなど、
    一段高が期待される形状。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-30【東京市場概況】

    日経平均は反落(154円安) 後場に先物主導で下げ幅拡大
    
    手掛かり材料に欠けるなかスタートした日本株は、前場にプ
    ラス圏で推移する場面もあったが、売り優勢の展開にあり、
    日経平均はマイナス圏で前場を引けていた。
    後場に入ると、先物主導で売りが強まり、取引終盤には174
    円安まで下落幅を拡大した。
    
    日経平均終値は-154.26円の19063.22円。
    
    東証1部の出来高は18億4941万株、
    売買代金は2兆605億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり338銘柄、値下がり1572銘柄、
    変わらず100銘柄。
    
    業種別では値上がりが3業種、値下がりが30業種。
    値上がりは石油・石炭、非鉄金属、鉱業のみ。
    値下がりトップは電気・ガス、バルブ・紙、陸運。
    
    昨日29日に配当落ち分を即日で埋めるなど、地合いは良いと
    思われた。
    また、本日後場も日銀のETF買い期待などから、下値は固い
    と思われたが、売りを強める展開に。
    テクニカル面での日経平均は5日移動平均線(19146円)割れ、
    日足一目均衡表においても雲下限(19013円)水準まで値を落
    とし、形状は悪化している。この雲は当面薄いため、下抜
    けても後で切り返しやすくはある。
    ただ、移動平均線チャートで、25日移動平均線(19338円)が
    75日移動平均線(19261円)を割れるとなれば、一段と調整色
    が強まりやすい形状。現状は強気のスタンスは取りにくい。
    早期に25日移動平均線、75日移動平均線は回復しておきた
    いところ。
    日経平均の調整が警戒されるなか、主力処は引き続き手掛
    けにくい。っとなれば新興市場に期待は向くが、ジャスダ
    ック小幅続落、マザーズは反落と本日はそろって下落とな
    った。
    とはいえ、個別で強い動きを見せる銘柄もあり、物色マイ
    ンドは良好、新興市場を中心とした中小型株のムードは悪
    くないと見られる。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-30【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落(47円安) 売り先行後は方向感欠ける展開
    
    手掛かり材料に欠けるなか、日本株は売りが先行した。日経平
    均は寄り付き直後に70円超えの下落。
    ただ、その後は、やや円高ぎみに推移していたドル/円が円安方
    向に振れたこともあり底堅く、プラス圏に浮上する場面も見ら
    れた。
    とはいえ、上値の重さは変わらず、再び売りに傾き、マイナス
    圏で前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-47.56円の19169.92円。
    
    東証1部の出来高は8億4966万株、
    売買代金は8815億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり585銘柄、値下がり1274銘柄、
    変わらず148銘柄。
    
    業種別では値上がりが7業種、値下がりが26業種。
    値上がりは石油・石炭、鉱業、非鉄金属など。
    値下がりトップはバルブ・紙、水産・農林、その他製品。
    
    
    後場の見通し
    
    下値が限定的で底型さを示すいっぽうで、上値追う材料も
    欠ける。また、3月期末を控え動きづらい。
    前場終わり時点の騰落銘柄数を見ても値下がり銘柄数が値
    上がりの倍以上、売買代金も1兆円を割れており、手控え
    ムードが強い。
    後場は、日銀のETF買い入れが意識されることもあり、変
    わらず下値は底堅いだろう。
    また、マザーズ、ジャスダックは前場をプラス圏で終えて
    おり堅調。本日は中小型株の利益確定売りも目立つが、引
    き続き物色の流れは中小型株にあると見られ、前場売られ
    た中小型株のへも次第に押し目買いが入る見通し。
    
    
    
  • 2017-03-30【東京市場見通し】

    手掛かり材料難 上値の重いも下値も限定的か 物色の流れは中小型
    
    前日の欧州株は上昇も米株はまちまち。英国のEU正式離脱は
    大きな波乱なく通過となった。
    為替ドル/円も111円近辺での推移で小動き、やや円高方向に
    あるといったところ。
    新たな材料に欠けるなか、主力処が手掛けづらい。
    日経平均もやや売り優勢のスタートとなりそうだ。
    とはいえ、前日(29日)に配当落ち分を即日吸収したことなど
    から、下値は底堅いと思われる。
    売り優勢でスタートした後はもみあい、様子見姿勢の強い展
    開となりそうだ。
    相場全体、下値の底堅さが意識されているなか、物色の流れ
    は中小型。
    長く調整が続いている銘柄などへ値ごろ感から買いが向かい
    やすいほか、上昇基調が継続している銘柄も上値を追いやす
    い状況にあると見る。
    
    日経平均予想レンジは19100-19300円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1330万株、買い960万株、
    差し引き370万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が111円台前半での推移。
    (29日終値111.09-11円)
    
    現在、ユーロ/円が119円台半ばでの推移。
    (29日終値119.80-84円)
    
    29日の米株市場概況
    
    高安まちまち。NYダウは反落もS&P500は僅かに続伸、
    NASDAQは4日続伸し3/1の史上最高値に迫る動きとなった。
    この日、手掛かり材料に欠けるなか、原油高を好感し、
    エネルギー株が上昇。
    いっぽうで、金利低下を受けて金融株が軟調だった。
    NYダウ終値は-42.18の20659.32、
    S&P500は++2.56の2361.13、
    NASDAQは+22.41の5897.55。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-03-29【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    KTK<3035> 業績・配当修正発表。
    終値305円(前日比-22円-6.73%)
    17年8月期第2四半期累計(16年9月-17年2月)の連結経常
    利益を従来予想7100万円から1億5400万円に。
    上期業績の好調に伴い、通期の連結経常利益も従来予想
    1億4700万円から1億8000万円に上方修正。
    また、配当も2円増額修正し5円に。
    
    ピックアップ
    タツモ<6266> 業績修正発表。
    終値1700円(前日比+124円+7.87%)
    17年12月期の連結経常利益を従来予想11.8億円から
    14.1億円に上方修正(前期13.9億円)。
    2期連続で過去最高益を更新する見通しに。
    同時に1-6月期(上期)の連結経常利益も従来予想3.9
    億円から4.8億円(前年同期6.5億円)に上方修正した。
    また、外線照射装置メーカーのクォークテクノロジ
    ーの株式を追加取得し子会社化。
    株価は本日、7%超えの上昇となっており、25日移動
    平均線(1577円)近辺でのもみあいから上放れ傾向、
    発表を好感し一段と上方向への動きが期待される。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    アイスタイル<3660>
    終値940円(前日比+32円+3.52%)
    美容・化粧品販売サイトを運営するマレーシアHermo 
    Creative社の株式を取得し子会社化。
    議決権ベースで60.0%の株式を約14.7億円で取得。
    
    HMT<6090>
    終値1980円(前日比+71円+3.72%)
    オランダに現地法人設立。メタボローム解析事業の海外展
    開を加速。
    
    ピックアップ
    テラプロ<6627>
    終値1451円(前日比+81円+5.91%)
    顔認証ソフトウエア・ライブラリ「TeraFaces」
    およびその他の画像処理技術が、デアゴスティーニ・ジ
    ャパンが6/6に創刊するマガジンシリーズ「週刊Robi
    (ロビ)2」に採用されたと発表。
    株価は本日、大幅続伸で25日移動平均線(1389円)から上放れ。
    発表を好感し、一段と上方向への動きが期待される。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-29【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ハピネス&D<3174>、
    S No.1<3562>、
    S イーブック<3658>、
    一時S サイオス<3744>、
    一時S アズジェント<4288>、
    一時S リバーエレク<6666>、
    S 沢藤電<6901>、
    S ネポン<7985>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    テラプロ<6627> 大幅続伸。
    終値1451円(前日比+81円+5.91%)
    25日移動平均線(1389円)から上放れ。
    
    ニトリHD<9843> 大幅反発。
    終値14080円(前日比+820円+6.18%)
    好調な決算や積極的な株主還元姿勢を好感。
    昨年来高値更新。
    25日移動平均線(13194円)上放れ。
    
    ピックアップ
    ASB<6284> 大幅反発。
    終値2795円(前日比+195円+7.50%)
    直近の株価は、25日移動平均線(2539円)近辺でもみあい、
    日柄調整中にあった。
    本日に同線から上放れて上昇トレンド転換へ。
    昨年来高値2690円(17/3/10)を更新している。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-29【東京市場概況】

    日経平均は小幅続伸(14円高) 米株高、円高一服好感 配当落ち分埋め
    
    前日の米株が上昇、為替ドル/円も前日より円安方向に振れて円
    高一服の流れにあったことから、日本株は買いが先行した。
    日経平均は一時、48円高となり19200円台半ばで値を上げる場面
    が見られた。
    その後は、配当・株主優待の権利確定売りなどから、マイナス
    圏に沈んだが下値は限定的。
    後場もマイナス圏に沈む場面も見られたが底堅く、引けにかけ
    ては、持ち直し、プラス圏で取引を終えた。
    
    日経平均終値は+14.61円の19217.48円。
    
    東証1部の出来高は17億5140万株、
    売買代金は2兆1595億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり716銘柄、値下がり1158銘柄、
    変わらず118銘柄。
    
    業種別では値上がりが13業種、値下がりが20業種、
    値上がりは石油・石炭、電気・ガス、鉱業など。
    値下がりトップは空運、その他金融、建設。
    
    日経平均は節目19000円近辺で底堅さが確認され、本日も配当落
    ち分(約132円)を埋めて堅調な展開だったと見れる。
    実質新年度入りし、新規資金の流入も期待されるなか、下値は
    一段と固めると期待される。
    ただ、日米の政治要因がすっきりしないことなどがあり、19000
    -19500円からの上放れはまだ難しく、米トランプ政権運営が少
    しでも難航する兆しをみせると、敏感に反応しそうだ。
    テクニカル面では75日移動平均線(19257円)が上値を圧迫、25日
    移動平均線(19350円)が下降中にあり、75日移動平均線を割れと
    なると形状悪化、下方向への意識が強まりやすい。25日移動平
    均線、75日移動平均線は早期に超えておきたいところ。
    新興市場は、ジャスダックが小反落、マザーズが続伸とまちま
    ち。
    直近IPO銘柄の一角が買われたほか、出遅れ株などへ物色が向か
    っており、全体として底堅い印象、引き続き中小型への物色は
    続きそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-29【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小反落(5円安) 米株高などを好感し一時プラス圏
    で推移
    
    前日の米株高や為替ドル/円が円安方向にあったことなどが好感
    され、朝方は買いが先行。
    日経平均は、3月期末配当落ち分(約132円)を埋めて、48円高ま
    で上昇する場面も見られた。
    その後、マイナス圏に沈んだものの、下値は限定的、引けにか
    けては前日終値近辺でもみあいとなった。
    
    日経平均前場終値は-5.52円の19197.35円。
    
    東証1部の出来高は9億4306万株、
    売買代金は1兆1081億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり600銘柄、値下がり1309銘柄、
    変わらず81銘柄。
    
    業種別では値上がりが10業種、値下がりが23業種。
    値上がりは電気・ガス、石油・石炭、鉱業など。
    値下がりトップは空運、建設、バルブ・紙。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は前場、小幅安となったものの、配当落ち分を考慮
    すれば、堅調な展開といえる。
    節目19000どころで下値は固めつつあり、今後は下値を徐々
    に切り上げる展開が期待される。
    ただ、19000-19500円のレンジを上抜けるには、材料不足で、
    もうしばらくは、レンジ内での推移が続きそうだ。
    
  • 2017-03-29【東京市場見通し】

    買い優勢の展開 米株上昇や円高一服の流れを好感
    
    前日の米株市場は上昇しNYダウが9日ぶりに反発、150ドル高で終
    えた。
    為替ドル/円も前日より円安方向に振れており、現在は111円台
    前半での推移。フィッシャーFRB副議長などのタカ派的発言を
    受けて、ドルが買われる動きとなった。
    米株上昇や円高一服の流れを好感し、日本株は買い先行の見
    通し。
    足元高まっていたリスク回避ムードが和らぎ、終日しっかり
    とした展開が期待される。
    日経平均は3月期末の配当落ち分(約135円)を即日埋めて、底
    型さが確認される展開となりそうだ。
    ただ、これまでのもちあいレンジ(19000-19500円処)を維持す
    るにとどまり、レンジ上放れには材料に欠け、国内外の政治
    リスクを警戒する向きもあり時期早々。
    物色は輸出株を中心とした主力処に向かった後、次第に中小
    型へ向かうと予想される。
    
    日経平均予想レンジは19100-19300円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1960万株、買い1380万株、
    差し引き580万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が111円台前半での推移。
    (28日終値110.68-69円)
    
    現在、ユーロ/円が120円台前半での推移。
    (28日終値120.18-22円)
    
    28日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって上昇。NYダウは9日ぶり、S&P500は4日ぶ
    りに反発、NASDAQは3日続伸となった。
    発表された経済指標(3月消費者信頼感指数が114.0(市場予
    想114.0))が良好だったことを好感。
    また、フィッシャーFRB副議長などからのタカ派的な発言を
    受けて、債券利回りが上昇、金融株を筆頭に堅調な展開と
    なった。
    NYダウ終値は+150.52の20701.50、
    S&P500は+16.98の2358.57、
    NASDAQは+34.77の5875.14。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-03-28【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ハピネス&D<3174> 決算発表。
    終値902円(前日比+12円+1.34%)
    17年8月期第2四半期累計(16年9月-17年2月)の経常
    利益(非連結)は前年同期比80%増益の3.9億円。
    また、自社株買いの実施も発表。
    
    ピックアップ
    科研薬<4521> 業績修正発表。
    終値6640円(前日比+130円+1.99%)
    17年3月期の連結経常利益を従来予想291億円から
    309億円(前期353億円)上方修正。
    株価は日足一目均衡表の転換線(6470円)などを下
    値サポートに上昇トレンドにあり、本日の発表を
    好感、一段と上方向への動きを強めそうだ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    FFRI<3692>
    終値4840円(前日比-10円-0.20%)
    北米における自社製品の販売を目的に4/3予定で
    100%子会社を設立と発表。
    
    gumi<3903>
    終値1200円(前日比+43円+3.71%)
    北欧でVR関連のスタートアップに対する支援
    を行う合弁会社を4月設立と発表。
    
    イーブック<3658>
    終値1091円(前日比-12円-1.09%)
    「Yahoo!ブックストア」の運営業務を受託。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-28【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S ETFS穀物<1688>、
    一時S ケアサービス<2425>、
    S ANAP<3189>、
    一時S TKP<3479>、
    一時S アイビー<4918>、
    S FCHD<6542>、
    S 寺崎電気<6637>、
    S 沢藤電<6901>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    システム情報<3677> 4日大幅続伸。
    終値1253円(前日比+106円+9.24%)
    25日移動平均線(1126円)から上放れ。
    
    ITBOOK<3742> 大幅反発。
    終値647円(前日比+51円+8.55%)
    25日移動平均線(595円)サポートに反発。
    
    新日電工<5563> 4日大幅続伸。
    終値373円(前日比+31円+9.06%)
    25日移動平均線(329円)から上放れ。
    昨年来高値349円(17/2/17)更新。
    
    ピックアップ
    アウトソシング<2427> 大幅反発。
    終値4330円(前日比+250円+6.12%)
    前日(27日)に1/6に発行した行使価額修正条項付き
    第17回新株予約権(発行株数49%相当)の行使がすべ
    て完了したことを発表。
    株式需給面でこれをポジティブ視。
    テクニカル面では直近にもみあっていた5日移動平
    均線(4157円)、日足一目均衡表の転換線(4205円)
    から上放れて、直近高値4225円(3/21)超え、上昇
    トレンドに乗った形にある。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-28【東京市場概況】

    日経平均は大幅反発(217円高) 円高一服で買い先行 その後はこう着
    
    為替ドル/円が円高一服していたことから買いが先行。
    また、本日は3月期決算企業の権利付最終売買日。
    権利取りや配当分再投資の買い期待も相場を下支えた。
    日経平均は前日に割れた節目19000円を回復。
    前場、後場と19200円水準まで上昇する場面が見られ、
    終値でも19200円超え、高値圏で本日の取引を終えた。
    ただ、日中の値幅は約90円にとどまり、こう着した展
    開だった。
    
    日経平均終値は+217.28円の19202.87円。
    
    東証1部の出来高は19億13万株、
    売買代金は2兆4150億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1804銘柄、値下がり153銘柄、
    変わらず54銘柄。
    
    業種別では値上がりが32業種、値下がりが1業種。
    値上がりトップは鉱業、ゴム製品、ガラス・土石。
    値下がりは石油・石炭のみ。
    
    本日は為替が落ち着いた動きとなり、配当再投資目的
    の買いも下支えとなった。
    日経平均は前日に割れた節目19000円を早期に回復。
    また、5日移動平均線(19115円)回復、日足一目均衡表
    の雲(上限19141円)を上抜けており、本格的な調整入り
    は間逃れたかっこう。続き、75日移動平均線(19247円)、
    25日移動平均線(19357円)を回復するような動きが見ら
    れれば、上昇基調入りの兆しが見られるところ。
    ただ、現状はレンジ内の動きであり、上値追うにも材
    料に乏しい、下値への警戒感は残る。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-28【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅反発(203円高) 円高一服を好感 全33業種上昇
    
    前日の米株は高安まちまちとなっていたが、為替ドル/円が円高
    一服となっていたことを好感、日本株は買いが先行した。
    日経平均は前日に割れた節目19000円を回復、19200円まで上昇
    する場面もあった。
    前場終値時点でも200円超えの上昇幅となり、東証全33業種が
    上昇となった。
    
    日経平均前場終値は+203.80円の19189.39円。
    
    東証1部の出来高は8億6512万株、
    売買代金は1兆387億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1737銘柄、値下がり201銘柄、
    変わらず72銘柄。
    
    業種別では全33業種が上昇。
    値上がりトップは鉱業、石油・石炭、ガラス・土石。
    
    
    後場の見通し
    
    為替ドル/円の円高が一服、外部要因の落ち着きを好感し、
    買戻された。
    また、本日は3月期決算企業の権利付き最終売買日であり、
    権利取りや配当分再投資の買い期待も相場を支えている。
    後場も引き続き、堅調な展開が続く見通し。
    ただ、国内外の政治的な懸念が上値を抑える。上値追い
    には慎重姿勢といったところ。
    
    
     
  • 2017-03-28【東京市場見通し】

    買い優勢の展開 NYダウ8日続落も為替の円高一服を好感
    
    前日の米株は高安まちまち。NASDAQが小幅に続伸、NYダウも一時
    は183ドル安の下落幅となり8日続落となったが、動きとしては、
    売り一巡後に持ち直し、終わりでは45ドル安まで下落幅を縮小
    し悪くない。
    為替ドル/円も現在、110円台後半で推移、円高方向への動きは一
    服傾向。
    日本株は前日の大幅下落となったなか、米株が大きく崩れず、
    ドル/円も円高一服、買いが先行する見通し。
    また、本日は3月期決算企業の権利配当取り最終日。日経平均が
    もちあいの下限で推移するなか、買いも入りやすいだろう。
    日経平均は、前日に割れた節目19000円を回復。その後は様子見
    姿勢を強めそうだが、下値はしっかりした展開が予想される。
    日中に注意したい点は、為替ドル/円の動向。動向次第では、値
    動きの荒い展開となる見通し。
    物色は主力処はハイテク株、新興株も日経平均の反発に連れ買
    いとなりそうだ。
    
    日経平均予想レンジは18950-19200円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1530万株、買い180万株、
    差し引き180万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が110円台後半での推移。
    (27日終値110.18-19円)
    
    現在、ユーロ/円が120円台前半での推移。
    (27日終値119.71-75円)
    
    27日の米株市場概況
    
    高安まちまち。NYダウは8日続落、S&P500は小幅に3日続落、
    NASDAQは小幅に続伸となった。
    先週のヘルスケア法案採決断念により、新政権の政策実行
    能力への疑念が引き続き重しとなった。
    また、原油価格の続落も嫌気された。
    NYダウは一時、183.92ドル安まで下落幅を拡げる場面があ
    ったが、その後は下落幅を縮小している。
    NYダウ終値は-45.74の20550.98、
    S&P500は-2.39の2341.59、
    NASDAQは+11.64の5840.37。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-03-27【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    本日、該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    クレスコ<4674>
    終値2767円(前日比-42円-1.50%)
    17年3月期の年間配当を従来計画52円から55円増額修正。
    
    ピックアップ
    大和ハウス<1925> 
    終値3199.0円(前日比-51円-1.56%)
    オリエンタルランドとスポンサー契約。
    12月から東京ディズニーランドの「スティッチ・エンカウン
    ター」と東京ディズニーシーの「キャラバンカルーセル」の
    両施設を提供。
    株価は本日、売り優勢の展開のなか75日移動平均線(3180円)、
    25日移動平均線(3181円)などを下値サポートとして意識、
    発表を好感し、これらから上放れ、上昇トレンド回復へ。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-27【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ケアサービス<2425>、
    一時S ANAP<3189>、
    S アイビー<4918>、
    一時S 日精線< 5659>、
    S FCHD<6542>、
    S 沢藤電<6901>、
    一時S セルシード<7776>、
    S TASAKI<7968>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S KLab<3656>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    SHOEI<7839> 大幅続伸、昨年来高値更新。
    終値2963円(前日比+150円+5.33%)
    25日移動平均線(2730円)から上放れ。
    
    ピックアップ
    OS JBHD<5912> 大幅続伸。
    終値279円(前日比+8円+2.95%)
    3/10に昨年来高値285円を付けて以降は調整となり、
    25日移動平均線(267円)近辺まで値を落としていたが、
    同線をサポートに、再びトレンドは上向き傾向。
    本日に5日移動平均線(273円)を回復。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-27【東京市場概況】

    日経平均は大幅反落(276円安) 終値でも節目19000円割れ
    
    朝方から為替ドル/円の円高などが嫌気され、売りが先行。
    日経平均は節目19000円を割れて前場の取引を終えていた。
    後場も日銀のETF買い期待などから下げ渋る場面があったものの、
    引けにかけて上値の重い展開が続き、終値でも19000円割れ。
    また、東証33業種全てが値下がりとなった。
    
    日経平均終値は-276.94円の18985.59円。
    
    東証1部の出来高は17億6293万株、
    売買代金は2兆311億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり252銘柄、値下がり1671銘柄、
    変わらず87銘柄。
    
    業種別では全33業種が下落。
    値下がりトップは証券・商品、保険、不動産。
    
    為替が円高方向にあることや、日米の政治問題などが重しと
    なり、売り優勢の展開。
    短期的には、トランプ政権の経済政策に対する期待から、相
    場を押し上げるというシナリオは立てにくくなった。
    テクニカル面では日経平均が日足一目均衡表の雲の中にあり、
    雲下限(18921円)を割れるようだと、一段と下押す恐れがある。
    18900円は維持しておきたいところ。
    上値は3/21-3/22に開けたマドの上限19337.22円が目先のメド。
    新興市場も日経平均が200円、300円超えの下落となる場面では、
    さすがに買いが入りにくく軟調。本日は、ジャスダック、マザ
    ーズともに反落となった。
    とはいえ、日経平均が18900-19000円近辺で底型さを示すよう
    なら、新興市場を中心とした中小型株への物色は向かいそうだ。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-27【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅反落(291円安) 節目19000円割れ
    
    先週末のNYダウの続落、為替ドル/円が円高方向にあることな
    どが嫌気され売りが先行。
    日経平均は一時、300円超えの下落幅、その後も戻りは鈍く、
    節目19000円を割れて前場の取引を終えた。
    また、東証33業種全てが下落する全面安商状。
    
    日経平均前場終値は-291.74円の18970.79円。
    
    東証1部の出来高は9億3346万株、
    売買代金は9823億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり255銘柄、値下がり1658銘柄、
    変わらず95銘柄。
    
    業種別では全33業種が下落。
    値下がりトップは保険、証券・商品、不動産。
    
    
    後場の見通し
    
    日本株は先週末、医療保険制度改革(オバマケア)代替法案の
    下院採決について楽観的な見方で織り込み上昇していた。
    しかし、法案は撤回で決まり、その分、反動が大きく出たと
    見られる。
    日経平均は節目19000円を割れ、目先、日足一目均衡表の雲
    下限(18921円)が意識されるところ、ここを割れるようだと、
    もちあいから下放れと警戒される。
    後場、または明日に関しては、3月期決算企業の権利・配当
    取り最終日を迎えるため、いっていの底型さを示す見通し。
    日銀のETF買い期待なども下支え要因となりそう。
    
    
    
    
  • 2017-03-27【東京市場見通し】

    軟調な展開 国内外政治リスクくすぶり不安定
    
    先週末の米株安が高安まちまち。NASDAQは上昇もNYダウ、S&P500
    は下落。オバマケア代替法案の撤回が決まり、今後の大型減税
    などの実現性への懸念が強まったことで、売り優勢に傾いた。
    為替ドル/円も円高方向に振れており、現在は110円半ばでの推移。
    日本株は、トランプ氏の政策実行能力に疑問符がついたこと、
    一段と円高に振れたことをネガティブ視、売り先行のスタート
    が予想される。
    ただ、週前半は3月期決算企業の権利・配当取り最終日を迎える
    ため、優待や配当志向の物色が強まる。
    また、先週同様に日経平均が19000円を割れる水準では値ごろ感
    もあり、底型さを示す見通し。
    
    日経平均予想レンジは19000-19200円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り670万株、買い610万株、
    差し引き60万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が110円台半ばでの推移。
    (先週末24日終値111.33-35円)
    
    現在、ユーロ/円が120円近辺での推移。
    (先週末24日終値119.93-97円)
    
    先週末24日の米株市場概況
    
    高安まちまち。NYダウ、S&P500は下落。ハイテク中心の
    NASDAQは反発となった。
    NYダウは前日まで6日続落していた反動もあり買いが先行。
    しかし、トランプ政権の経済政策の実現性が懸念される
    なか、トランプ大統領がヘルスケア法案の採決を断念し
    たことで今後の大型減税などの実現性への懸念が強まっ
    た。
    NYダウ終値は-59.86の20596.72、
    S&P500は-1.98の2343.98、
    NASDAQは+11.05の5828.74。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-03-24【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ワキタ<8125> 業績修正発表。
    終値1064円(前日比+3円+0.28%)
    17年2月期の連結経常利益を従来予想54億円から
    66億円に上方修正。
    
    平和不動産<8803> 業績修正発表。
    終値1558円(前日比+12円+0.77%)
    17年3月期の連結経常利益を従来予想70億円から
    80億円に上方修正。
    
    ピックアップ
    ベスド電<8175> 業績修正発表。
    終値150円(前日比+4円+2.73%)
    17年2月期の連結最終利益を従来予想25億円から38.4億円
    に上方修正。
    直近の株価は、日足一目均衡表の雲内(上限151円-下限14
    5円)でもみあい、日柄調整中にある。
    発表された上方修正を好感し雲突破、日柄調整から上昇
    トレンド転換と期待されるところ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    エボラブルA<6191>
    終値2821円(前日比+290円+11.46%)
    3/31付でマザーズから東証1部へ市場変更。
    
    ベルーナ <9997>
    終値844円(前日比-6円-0.71%)
    株主優待制度を拡充。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-24【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め6銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S ウェッジHD<2388>、
    S ケアサービス<2425>、
    S フジタコーポ<3370>、
    S エアーテック<6291>、
    S FCHD<6542>、
    S 沢藤電<6901>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ファーストロジ<6037> 大幅続伸。
    終値2699円(前日比+127円+4.93%)
    週足一目均衡表の雲(上限2680円)突破。
    
    ピックアップ
    テラプロ<6627> 大幅反発。
    終値1399円(前日比+113円+8.78%)
    半導体関連株が堅調な展開。そのなかでも、8%超
    えの上昇となった当銘柄をピックアップ。
    昨年来高値1578円(17/3/2)付けて以降は25日移動
    平均線(1368円)を割れる水準まで調整となったが、
    本日に同線を回復し、再びトレンドは上向き傾向。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-24【東京市場概況と来週の見通し】

    24日概況 日経平均は大幅続伸177円高) 売り先行も直後に
    プラスに転換 その後もしっかり
    
    朝方、為替ドル/円が円高方向にあり、売りが先行した。
    しかし、売りは限定的で、日経平均はすぐさまプラス
    圏に浮上した。
    その後、円高一服したことや米先物が上昇したことな
    どから上げ幅を拡大、200円超えの上げ幅となり、193
    00円に迫る場面が見られた。
    買い一巡後はやや上値重く、後場に入り、戻り売りに
    押される場面もあったが持ち直し、引けにかけては高
    値圏での推移となった。
    新興市場はしっかり。ジャスダック、マザーズともに
    続伸。材料株を中心に資金が循環している。
    
    日経平均終値は+177.22円の19262.53円。
    
    東証1部の出来高は18億2174万株、
    売買代金は2兆1455億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1559銘柄、値下がり351銘柄、
    変わらず100銘柄。
    
    業種別では値上がりが30業種、値下がりが3業種。
    値上がりトップはバルブ・紙、電気・ガス、銀行。
    値下がりは石油・石炭、海運、鉱業のみ。
    
    
    来週の見通し 
    一進一退 下値の底型さは期待されるも上値も重い展開
    
    日経平均は今週、売り優勢のなか、節目19000円近辺で底堅く、
    本日も終値は、75日移動平均線(19226円)などを上回っており
    いっていの底型さを示して、今週の取引を終えた。
    いっぽうで、5日移動平均線(19273円)は下回るなど、反発力
    の弱さもうかがかえる。21日と22日に空けたマド(19183.27
    円-19337.22円)も埋め切れずにいる。
    節目19000円、75日移動平均線などがサポートとして強く定
    着してくるようだと再び先高期待が高まってくる。
    来週は3月期末に向けての配当再投資や、貸し株返済期限到
    来に伴う買い戻しなどもあり、下値は底堅い展開が期待され
    るところ。
    後は海外材料、為替次第。今週に米株が急落となる場面があ
    ったことや為替ドル/円が急速円高に進行したことなどを考え
    ると警戒感は強い。積極的に上値は追いにくいと見られる。
    日経平均はレンジ相場を抜けきれず、19500-19600円どころ
    で上値は抑えられそうだ。
    
    来週の日経平均予想レンジは19000-19600円。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-03-24【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅続伸(189円高) 売り一巡後にプラス転換
    
    朝方、為替ドル/円が円高基調にあったことなどが嫌気され、
    売りが先行した。
    ただ、日経平均は寄り付き直後に付けた19060.64円(24.67
    円安)を底に、売り一巡後はプラスに転換、先物主導で上げ
    幅を拡大し200円超えの上げ幅、19300円近くまで上昇した。
    ただ、引けにかけては戻り売りなどからやや伸び悩む展開
    となっている。
    
    日経平均前場終値は+189.87円の19275.18円。
    
    東証1部の出来高は9億565万株、
    売買代金は9417億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1630銘柄、値下がり280銘柄、
    変わらず98銘柄。
    
    業種別では値上がりが32業種、値下がりが1業種。
    値上がりトップはバルブ・紙、銀行、ゴム製品。
    値下がりは鉱業のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    オバマケア修正法案の採決の延期から、前日の米株は上値
    の重い展開となっていた。しかし、今晩何らかの修正を加
    えて下院可決との期待から米株先物が上昇。ドル/円も円高
    方向への動きが一服し、日本株の上昇の後押しとなった。
    ただ、日経平均は5日移動平均線(19275円)が上値を抑える
    かっこうとなっており、直近の下落からの自律反発の範囲
    内。まだ、明確に底を打ったと判断するには時期早々か。
    週末要因などもあり、引き続き後場も5日移動平均線が上
    値抵抗して意識されそうだ。
    
    
    
     
  • 2017-03-24【東京市場見通し】

    米株が依然と不透明 為替も円高基調 上値の重い展開
    
    前日の米株市場は小幅安、買い優勢の場面もあったが、
    オバマケア修正法案の採決が延期されたことを受けて、
    上昇を消した。
    為替ドル/円は現在、111円どころでの推移、111円を割
    れる場面も見られ、円高基調が続いている。
    米株の不透明感、為替が円高基調にある流れから、日
    本株も上値の重い展開が予想される。
    また、本日は週末要因から、押し目買いも入りにくい、
    日経平均は前日同様に節目19000円を割れる場面があり
    そうだ。
    ただ、日銀によETF買い期待などから、その水準では、
    いっていの底型さを示す見通し。
    物色は、中小型株での値幅取り、期末配当を意識した
    物色に限られそうだ。
    
    日経平均予想レンジは18900-19200円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り880万株、買い630万株、
    差し引き250万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が111円どころでの推移。
    (23日終値111.23-25円)
    
    現在、ユーロ/円が119円台後半での推移。
    (23日終値120.05-09円)
    
    23日の米株市場概況
    
    ほぼ横ばい(小幅安)。NYダウは6日続落、NASDAQは反落。
    オバマケア修正法案の採決が延期。法案成立期待を受
    けてNYダウは一時、96ドル高となっていたが、延期決
    定を受けて下げに転じた。
    ヘルスケア株が下落したほか原油安を受けてエネルギ
    ー株も軟調。
    NYダウ終値は-4.72の20656.58、
    S&P500は-2.49の2345.96、
    NASDAQは-3.95の5817.69。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-03-23【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ピックアップ
    デジアーツ<2326> 業績・配当修正発表。
    終値3115円(前日比-10円-0.32%)
    17年3月期の連結経常利益を従来予想14億円から17億円に上方
    修正(21.4%)。
    また、業績好調に伴い、今期の年間配当を従来計画の20円か
    ら24円に増額修正。
    株価は昨年来高値3450円(17/2/21を付けて以降は利益確定売
    りなどに押され、日足一目均衡表の雲上限(3105円)近辺まで
    調整。直近はこの水準でいっていの底型さを示しており、本
    日の発表を好感、トレンド回復へと期待がかかる。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ジースリーH<3647>
    終値106円(前日比-1円-0.93%+)
    ソーラーフロンティアから太陽光モジュールを調達すると発表。
    
    メック<4971>
    終値1217円(前日比+34円+2.87%)
    タイに子会社設立。
    
    HMT<6090>
    終値1940円(前日比+84円+4.52%)
    次世代バイオマーカー探索に関わる技術である「イオン源アダ
    プタ」が日本で特許登録されたと発表。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-23【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ケアサービス<2425>、
    S 力の源HD<3561>、
    S インタートレ<3747>、
    一時S サイバーコム<3852>、
    一時S アクアライン<6173>、
    一時S パートナーA<6181>、
    S IIF<6545>、
    S フルテック<6546>、
    S 沢藤電<6901>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    Fブラザース<3454> 反発。
    終値1785円(前日比+54円+3.11%)
    75日移動平均線(1761円)回復。
    
    アルチザ<6778> 大幅反発。
    終値795円(前日比+28円+3.65%)
    5G関連に人気集中。
    25日移動平均線(764円)から上放れ。
    
    JIA<7172> 大幅反発。
    終値4400円(前日比+210円+5.01%)
    25日移動平均線(4211円)サポートに反発。
    
    ピックアップ
    新川<6274> 大幅反発。
    終値856円(前日比+90円+11.74%)
    23日付日本経済新聞で18年3月期の営業利益予想10億円
    前後(今期予想2億4000万円)になりそうだと報じれて買
    いが向かった。
    処理速度の速い「IoT」向け装置の販売が増える見
    通しとのこと。
    テクニカル面においても上値抵抗と意識されていた75
    日移動平均線(799円)を回復。
    日足一目均衡表の雲(上限819円)を突破。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-23【東京市場概況】

    日経平均は4日ぶり反発(43円高) 一時19000円割れも底堅く小じっかり
    
    前日の米株市場が高安まちまちとなったなか、為替ドル/円が
    円高方向に振れていたことが重しとなり、外需関連株が軟調
    な展開、日経平均は一時、節目19000円を割れた。
    しかし、内需関連株が堅調に推移、円高が一服したことから、
    底堅く推移し、日経平均はプラス圏に浮上し前場の取引を終
    えていた。
    後場に入っても小じっかりとした展開は続き、大引け間際に
    は、この日の高値19105.11円(前日比+63.73円)を付けた。
    参院予算委員会で、学校法人「森友学園」の籠池氏の証人喚
    問が行われたが、その影響は限定的だった。
    
    日経平均終値は+43.93円の19085.31円。
    
    東証1部の出来高は17億8963万株、
    売買代金は2兆1905億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり824銘柄、値下がり1037銘柄、
    変わらず149銘柄。
    
    業種別では値上がりが17業種、値下がりが16業種。
    値上がりトップは石油・石炭、鉱業、不動産。
    値下がりトップはその他製品、海運、銀行。
    
    日経平均が19000円割れとなる場面では押し目買いが入り、底
    堅い展開となった。
    ただ、直近の下落幅が大きかったことを考えると戻りは鈍い。
    現地時間23日に行われるとされる米議会下院の医療保険制度改
    革(オバマケア)見直し法案採決に関心が強く様子見姿勢といっ
    たところ。
    結果によってはトランプ大統領が意欲を見せている大規模なイ
    ンフラ投資などの経済政策の実施が遅れる可能性があり、否決
    で米株安や円高が進むと、日本株も影響は避けられない。
    日経平均はテクニカル面でも75日移動平均線(19215円)を割れ
    た水準で推移、一段と下振れると約3ヶ月月続いてるもち合い
    圏から下放れとなり、調整色が強まる。
    主力、大型株は引き続き、手掛けにくい展開にある。
    物色対象は外部環境の影響を受けにくい内需寄りのセクター、
    新興市場を中心とした中小型が中心の展開が続きそうだ。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-23【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅反発(26円高) 一時19000円割れも切り返し
    
    為替ドル/円が円高方向にあった流れから、輸出関連が売り優勢、
    日経平均は一時、節目19000円を割れる場面があった。
    ただ、小売り株など内需関連株が堅調に推移していたほか、
    円高が一服したことなどから、売り一巡後は、プラスに転じて、前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+26.84円の19068.22円。
    
    東証1部の出来高は8億6116万株、
    売買代金は1兆856億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり807銘柄、値下がり1036銘柄、
    変わらず166銘柄。
    
    業種別では値上がりが17業種、値下がりが15業種。
    値上がりトップは石油・石炭、電気・ガス、鉱業。
    値下がりトップはその他製品、銀行、ゴム製品。
    
    
    後場の見通し
    
    前場、「森友学園」の籠池氏による証人喚問の発言内容が
    報じられるなか、仕掛け的な売買に振らされる場面が見ら
    れた。
    後場も籠池氏の発言等に振らされる可能性が引き続きある。
    また、この件を通過しても、米国でオバマケア代替法案を
    巡る採決が控えている。
    トレンドが一方向へ向かうことな無く、様子見姿勢の強い
    展開が予想される。
    
    
    
  • 2017-03-23【東京市場見通し】

    上値の重いスタート ドル/円が引き続き円高方向
    
    前日の米株市場は高安まちまち、ハイテク中心のNASDAQは反発
    もNYダウは金融株の下げが引き続き重しとなった。
    為替も円高方向への動きが続いており、一時は110円台を付け
    る場面もあった。現在は、111円台前半での推移。
    日本株は前日(22日)に大幅下落。日経平均は400円超えの下落
    幅となり、節目19000円どころ(前日終値19041.38円)、大幅安
    後とあって、為替次第ではあるが、ここから一段と売り込ま
    れることは無いと見られる。
    ただ、ロンドンでは国会議事堂周辺で襲撃事件が発生、国内
    では「森友学園」問題に絡み籠池泰典氏の衆参予算委員会で
    の証人喚問が予定されており、積極的な売買は手控えられ、
    上値の重い展開となりそうだ。
    証人喚問を無難に通過、政権の安定性が確認されれば、後場
    からは下支え要因となる可能性はある。
    しかし、米国でオバマケア代替法案を巡る採決が控えている
    ことなどから、変わらず上値の重い展開は続きそうだ。
    そうしたなか、物色に関しては中小型株に向かいやすい。
    
    日経平均予想レンジは18900-19200円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1110万株、買い980万株、
    差し引き130万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が111円台前半での推移。
    (22日終値111.50-51円)
    
    現在、ユーロ/円が120円台前半での推移。
    (22日終値120.43-47円)
    
    22日の米株市場概況
    
    高安まちまち。NYダウは小幅に続落、S&P500、NASDAQは反発
    となった。
    オバマケアの修正法案の議会通過が危ぶまれるなか、前日
    に急落した金融株が続落。
    一方でマイクロソフトやアップルなどのテクノロジー株が
    上昇した。
    NYダウは前日(21日)の大幅下落の流れを継続、一時は89ドル
    安となったが、売り一巡後は、押し目を拾う動きから下げ
    幅を縮小した。
    NYダウ終値は-6.71の20661.30、
    S&P500は+4.43の2348.45、
    NASDAQは+27.82の5821.64。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-03-22【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    トーカロ<3433> 業績・配当修正発表。
    終値2630円(前日比-56円-2.08%)
    今期経常を一転11%増益に上方修正。配当も10円増額(85円に)。
    
    石井表記<6336> 決算発表。
    終値668円(前日比+2円+0.30%)
    17年1月期の連結経常利益は4.1億円(前期比37.0%減)、
    従来予想2.6億円を上回って着地。
    
    J・TEC<7774> 業績修正発表。
    終値1366円(前日比-18円-1.30%)
    今期経常を28倍上方修正。従来予想1000万円黒字から
    2億7700万円の黒字に。
    
    ピックアップ
    ハーモニック<6324> 業績修正発表。
    終値3580円(前日比+120円+3.46%)
    17年3月期の連結最終利益を従来予想58億円から205億に
    上方修正。
    持ち分法適用会社だったハーモニック・ドライブ・アー
    ゲー株を追加取得し子会社化したのに伴い、以前から保
    有する持ち分を追加取得の時価で再評価することによる
    評価差益(段階取得にかかる差益)約147億円を特別利益
    に計上することが要因。
    なお、売上高は300億円、営業利益は81億円の従来予想
    を据え置いている。
    株価は大幅続伸で本日に25日移動平均線(3491円)を回復、
    トレンドは上方向の流れにある。上方修正を受けて上昇
    トレンドを強める展開か。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    フィルカンパニー<3267>
    終値3790円(前日比-205円-5.13%)
    4/14を基準日に1対2株の株式分割実施。
    
    PALTEK<7587>
    終値799円(前日比-7円-0.86%)
    企業向けビデオソリューション大手のカナ
    ダHaivision社と販売代理店契約。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-22【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S エプコ<2311>、
    S ケアサービス<2425>、
    一時S 共同PR<2436>、
    S アンドール<4640>、
    S ヤマザキ<6147>、
    S 沢藤電<6901>、
    S ファイズ<9325>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ハーモニック<6324> 大幅続伸。
    終値3580円(前日比+120円+3.46%)
    25日移動平均線(3490円)回復。
    
    全国保証<7164> 大幅反発。
    終値3825円(前日比+215円+5.95%)
    前日(21日)発表された上方修正を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限3735円)突破。
    
    ピックアップ
    アイスタイル<3660> 4日大幅続伸。
    終値974円(前日比+57円+6.21%)
    先月(2月)から今月(3月)初めにかけて決算発表(2/3)を
    好感した買いなどから988円(3/6)まで上昇。
    その後、利益確定売りや戻り売りに押され、26週移動
    平均線(811円)近辺まで一端調整となっていた。
    しかし、本日まで4日続伸。25日移動平均線(924円)を
    回復するなど再びトレンドは上方向へ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-22【東京市場概況】

    日経平均は大幅3日続落(414円安) 米株安、円高で全面安
    
    前日の米株市場が大幅安、ドル/円が一段と円高方向に振れ
    るなど、外部環境の悪化から日本株は売り優勢の展開に。
    日経平均は前場、後場ともに下げ渋る動きを見せたが、
    戻りは鈍く、安値圏で本日の取引を終えた。
    下落幅は400円を超えて「トランプ相場」で最大。
    東証1部銘柄の9割超が下落する全面安商状となった。
    
    日経平均終値は-414.50円の19041.38円。
    
    東証1部の出来高は20億5553万株、
    売買代金は2兆6583億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり107銘柄、値下がり1854銘柄、
    変わらず49銘柄。
    
    業種別では値上がりが1業種、値下がりが32業種。
    値上がりはその他製品のみ。
    値下がりトップは保険、証券・商品、海運。
    
    円高や米株の急落を受けて、日本株も大きく売られる展開とな
    った。
    日経平均は75日移動平均線(19208円)割れとなるなど、やや下
    振れを警戒したいところ。
    ただ、節目19000円を維持しており、約3ヶ月続くもち合い圏か
    らも下振れたわけでもない。
    来週にかけて3月期末の配当権利取りの動きなどが見込まれる
    なか、ここで底堅さを示せればってところで、目先、19000円
    前後での動向を見極める必要がある。
    新興市場も本日は軟調で、ジャスダック、マザーズともに反落。
    日経平均の下落につられた面もあるが、IPOラッシュのタイミ
    ングでもあり、需給悪化が懸念されているようだ。
    主力、大型株、新興市場を中心とした中小型株にしろ、現在は
    積極的に売買をするところではなく、基本的には様子見姿勢。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-22【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅続落(390円安) 米株安、円高を嫌気
    
    前日の米株が米トランプ政権の政策の遅れが懸念され急落。
    為替ドル/円も111円台と円高方向。
    外部環境の悪化を嫌気し、日本株は主力株を中心には売り
    が先行した。
    日経平均は一時400円超えの下落幅、その後に持ち直す場
    面も見られたが戻りは鈍く、安値圏で前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-390.51円の19065.37円。
    
    東証1部の出来高は11億677万株、
    売買代金は1兆3297億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり135銘柄、値下がり1825銘柄、
    変わらず50銘柄。
    
    業種別では全33業種が下落。
    値下がりトップはその他製品、水産・農林、電気・ガス。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は75日移動平均線(19208円)を割れ、一目均衡表の
    雲上限(19123円)を割り込んでおり、やや下方向へのトレン
    ドが出つつある。
    また、価格帯別出来高が膨れている19000円どころを割り込
    んでくるようだと、下への圧力は強まる。
    目先、下げ渋りをみせてくるかを見極めたいところ。
    
  • 2017-03-22【東京市場見通し】

    売り先行 米株安に円高と外部環境悪化を嫌気
    
    昨日の米株は大幅安。減税法案の議会通過の遅れなどが懸念
    されて幅広いセクターが下落。長期金利の低下からとくに金
    融株の下げが大きく、NYダウは200ドル超えの下落幅となった。
    為替ドル/円も一段と円高方向に振れており、現在は111円台
    半ばでの推移。
    日本株は米株安に円高と外部環境の悪化を嫌気して、売りが
    先行する見通し。
    CME225先物が19000円割れ、日経平均も節目19000円近辺まで
    値を落とす可能性がある。(日経平均前日終値19455.88円)
    売り一巡後も国内で「森友学園問題」に関する政治リスクを
    警戒する声もあり、戻りは鈍いと見られる。
    ただ、配当取りの買いなどから下げ渋り、いっていの底堅さ
    は示しそうだ。
    物色の流れとしては内需・ディフェンシブ株、新興市場の中
    小型株へ向かいやすくある。
    
    日経平均予想レンジは19000-19300円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1650万株、買い1160万株、
    差し引き490万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が111円台半ばでの推移。
    (21日終値112.82-84円)
    
    現在、ユーロ/円が120円台後半での推移。
    (21日終値121.63-67円)
    
    21日の米株市場概況
    
    大幅下落。NYダウ、S&P500は4日続落、NASDAQは5日ぶりに反落。
    朝方こそ主要3指数がそろって上昇スタートしたものの、金融
    株やエネルギー株などの下落を受けて売りが優勢となった。
    医療保険制度見直し案をめぐり、与党の共和党内での足並み
    が乱れていることを受けて、同法案に対する先行き不透明感
    が浮上。大幅な減税や規制緩和など、他の政策への影響が警
    戒された。
    NYダウ終値は-237.85の20668.01、
    S&P500は-29.45の2344.02、
    NASDAQは-107.70の5793.83。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-03-21【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ニチアス<5393>業績・配当修正発表。
    17年3月期の連結経常利益を従来予想168
    億円から194億円に上方修正(15.5%)。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    モバファク<3912>
    終値3455円(前日比-60円-1.70%)
    地域を盛り上げるプロジェクトに特化したクラウドファン
    ディングサービス「FAAVO(ファーボ)」などを運営するサ
    ーチフィールドと連携協定を締結。
    
    レントラックス<6045>
    終値1010円(前日比+89円+9.66%)
    2月売上高は前年同月比20.8%増。
    
    ソラスト<6197>
    終値1547円(前日比+36円+2.38%)
    2月訪問介護利用者数は前年同月比17.4%増。
    デイサービス利用者数は同12.2%増。
    
    ノジマ <7419> 
    終値1395円(前日比+23円+1.68%)
    保有株数に比例して還元率が上がるよう株主優待制度を見直す。
    100株以上保有で「10%割引券」「来店ポイント」合わせて最大
    1万2000円相当、200株以上保有で最大2万4000円相当に拡充。
    さらに500株以上保有株主には「店頭サービス引換券」などを
    追加し最大6万1400円相当、1000株以上で最大12万5800円相当
    の贈呈に変更。
    
    ピックアップ
    セック<3741>
    終値1695円(前日比+131円+8.37%)
    記念配当10円を実施。普通配当と合わせて36円実施すると発表。
    (3/16付けで東証2部に市場変更したことを記念して実施)。
    株価は今日まで3日大幅続伸。週足一目均衡表の雲の中に(下限
    1580円)差し掛かった。雲上限(1836円)を試す展開にある。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-21【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め6銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ケアサービス<2425>、
    一時S ライフフーズ<3065>、
    一時S サイステップ<3810>、
    一時S ダイベア<6478>、
    S 住不販売<8870>、
    S 遠州トラック<9057>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    NIC<5742> 急反発。
    終値1813円(前日比+257円+16.51%)
    17日の上方修正を好感。
    25日移動平均線(1668円)回復。
    
    ピックアップ
    オハラ<5218> 大幅続伸。
    終値1370円(前日比+142円+11.56%)
    17日決算発表を好感。(17年10月期の第1四半期、
    営業黒字転換)
    テクニカル面では25日移動平均線(1226円)水準
    での日柄調整から上放れてトレンド回復。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-21【東京市場概況】

    日経平均は続落(65円安) 売り一巡後後 様子姿勢強い展開に
    
    為替ドル/円が円高方向に振れていたなか、朝方は売りが先行。
    日経平均は一時、下落幅を184円まで拡げた。
    ただ、売り一巡後は、円高一服から押し目買い、内需株がし
    っかりとした展開となっていたことなどから、下げ渋り、下
    げ幅縮小し前場の取引を終えていた。
    後場は、手掛かり材料難でこう着感が強まり、日経平均の値
    幅は約39円、様子姿勢の強い展開となった。
    
    日経平均終値は-65.71円の19455.88円。
    
    東証1部の出来高は15億9718万株、
    売買代金は2兆396億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり991銘柄、値下がり862銘柄、
    変わらず156銘柄。
    
    業種別では値上がりが12業種、値下がりが21業種。
    値上がりはその他製品、食料品、水産・農林など。
    値下がりトップは証券・商品、倉庫・運輪、保険。
    
    日経平均は下値は25日移動平均線(19394円)がサポート。
    3/9-3/10に空けたマド(19350.20-19427.81円)を埋めた。
    下げれば、押し目買い意欲はあり底堅い。
    ただ、上値を買うには材料不足。5日移動平均線(19550
    円)などが上値抵抗と意識されそう。
    新興市場は反発。マザーズの上昇率は一時2%超えるなど
    堅調な展開となった。
    主力株より、手掛けやすくはあるが、この先IPO(新規株
    式公開)が相次ぐため、需給悪化が懸念される。
    中小型株に関しても上値追いには慎重姿勢。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
                    
  • 2017-03-21【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続落(51円安) 円高嫌気し売り先行も下げ渋り
    
    為替ドル/円が円高方向に振れていたことが嫌気されて、朝
    方から売りが先行した。
    日経平均は一時、下落幅を184円まで拡げる場面もあった。
    しかし、売り一巡後は、円高一服したことなどもあり下げ
    渋り、底型さを示している。
    
    日経平均前場終値は-51.97円の19469.62円。
    
    東証1部の出来高は8億3950万株、
    売買代金は1兆688億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1023銘柄、値下がり830銘柄、
    変わらず155銘柄。
    
    業種別では値上がりが14業種、値下がりが19業種。
    値上がりトップはその他製品、水産・農林、食料品。
    値下がりトップは倉庫・運輪、保険、鉄鋼。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は売り一巡後、25日移動平均線(19395円)近辺で
    もみあい。下値の堅さは意識されるものの上値も限定的。
    寄与度の高いソフバンク<9984>、ファストリ<9983>など
    がさえず、重しとなっている。
    後場は、それらが切り返してこないと、日経平均の上値
    は引き続き、重いだろう。
    一方で、ジャスダック、マザーズがプラス圏で前場を引
    けており、中小型は売り一巡後に買い優勢にある。
    後場も値動きの良い銘柄などへ資金が集中しやすい。
    
    
    
    
  • 2017-03-21【東京市場見通し】

    売り優勢 ドル/円が一段と円高方向へ振れており重しに
    
    日本が連休中の欧米株式は小動きのなかやや軟調。
    為替が円高方向に振れ、現在のドル/円は112円台半ばでの推移。
    日本株は円高を嫌気して売り先行の見通し。
    売り一巡後は、日銀のETF買い期待、3月決算銘柄の権利取りを
    意識した売買などから、下げ渋ると予想される。
    日経平均(前日終値19521.59円)は、25日移動平均線(19394円)
    近辺では底堅い展開となりそうだ。
    ただ、「森友学園問題」に関する政治リスクを警戒感なども
    あり、戻りも限定的か。
    (国会では、衆参両院の予算委員会で、「森友学園」の籠池理
    事長の証人喚問を23日に行う予定)
    また、新興市場も直近は利食いが優勢。中小型に関してもいっ
    たん、下値を探る展開となりそうだ。
    
    日経平均予想レンジは19300-19500円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1150万株、買い1100万株、
    差し引き50万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が112円台半ばでの推移。
    (先週末17日終値113.43-44円)
    
    現在、ユーロ/円が120円台後半での推移。
    (先週末17日終値121.98-122.02円)
    
    20日の米株市場概況
    
    まちまち。主要な経済指標の発表も無く、手掛かり材料難
    のなか、方向感の乏しい展開となった。
    NYダウは僅かながら3日続落、NASDAQは取引時間中の史上最
    高値を更新し、小幅に4日続伸となった。
    NYダウ終値は-8.76の20905.86、
    S&P500は-4.78の2373.47、
    NASDAQは+0.53の5901.53。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-03-17【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    PS三菱<1871> 業績修正発表。
    終値427円(前日比-5円-1.15%)
    今期経常を一転1%増益上方修正。
    期末一括配当配を2円増額(10円に)。
    
    ピックアップ
    フィード・ワン<2060> 業績修正発表。
    終値195円(前日比-1円-0.51%)
    17年3月期の連結経常利益を従来予想40億円
    から48億円に上方修正(20%)。
    業績好調に伴い、期末一括配当を従来計画の
    3円から4.5円増額修正。
    株価は3/8に付けた昨年来高値349円からは調整、
    25日移動平均線(196円)まで値を落とし、
    直近はその水準で日柄調整中にあった。
    本日の発表をキッカケに上昇トレンド転換へ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    オイレス工業 <6282>
    終値2155円(前日比+26円+1.22%)
    福島県の同業であるルービィ工業を株式交換で完全子会社化。
    
    水戸証<8622>
    終値330円(前日比-2円-0.60%)
    未定だった今期配当7円実施。
    
    福井コンピ<9790>
    終値2733円(前日比-42円-1.51%)
    今期配当7円増額修正(27円に)。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-17【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め6銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S フジタコーポ<3370>、
    一時S ユークス<4334>、
    一時S ササクラ<6303>、
    S Jエレベータ<6544>、
    S 遠州トラック<9057>、
    S ソレキア<9867>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ピックアップ
    原田工業<6904> 大幅続伸。
    終値810円(前日比+45円+5.88%)
    直近、5日移動平均線(769円)、25日移動平均線(742円)
    近辺での日柄調整から上振れ、トレンドは上方向へ。
    
    日本エスコン<8892> 大幅続伸。
    終値423円(前日比+17円+4.18%)
    ここまで上値抵抗と意識されていた13週移動平均線
    (407円)を超えて、トレンドは上振れ、昨年来高値
    463円(17/1/10)を試す展開へ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-17【東京市場概況と来週の見通し】

    17日概況 日経平均は反落(68円安) 連休前で様子見姿勢の強い展開
    
    朝方は材料難のなか、3連休前のポジション調整売りなどが優勢の
    展開、日経平均は100円超えの下落幅となる場面も見られた。
    その後、日銀によるFTF買い入れ期待などから、下げ渋ったもの
    の、「森友学園」問題をめぐる政治的リスクや、17-18日開催の
    G20財務相・中央銀行総裁会議を見極めたいと様子姿勢が強く、
    19500円近辺でもみあい取引を終えた。
    
    日経平均終値は-68.55円の19521.59円。
    
    東証1部の出来高は20億1361万株、
    売買代金は2兆4595億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり742銘柄、値下がり1116銘柄、
    変わらず148銘柄。
    
    業種別では値上がりが4業種、値下がりが29業種。
    値上がりはその他製品、バルブ・紙、証券・商品、金属製品。
    値下がりトップは海運、石油・石炭、電気・ガス。
    
    
    来週の見通し 神経質な展開 下振れが懸念される
    
    今週に米FOMCやオランダ下院選、日銀の金融政策決定会合などの
    重要イベントを無難に通過し、日経平均は緩やかに下値を切り上
    げてきている。
    G20財務相・中央銀行総裁会議後、為替が円安方向に振れれば、上
    値抵抗と意識されている19600円どころを超えて、20000円を試す
    展開へ。
    ただ、懸念材料の方が強い。テクニカル面では5日移動平均線
    (19586円)を割れており、一端は25日移動平均線(19394円)近辺ま
    での調整があってよいところ。
    加えて、外国人投資家が嫌がる政治絡みの問題、「森友学園」問
    題が懸念材料。展開次第ではは節目19000円近辺まで、値を落とす
    可能性もある。
    
    来週の日経平均予想レンジは19000-20000円。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-03-17【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落(66円安) 材料難のなか週末要因で売り優勢
    
    前日の米株市場がまちまち、為替ドル/円も動きに乏しく、材
    料にかけて、3連休前のポジション調整売りなどから、軟調
    な展開、日経平均は一時、100円を超える下落幅となった。
    しかし、売り一巡後は、ややドル/円が円安方向に振れたこと
    もあり、底堅く推移し、下げ幅縮小した。
    とはいえ、戻りも限定的。17-18日開催のG20(20ヶ国・地域)
    財務相・中央銀行総裁会議を見極めたいとのムードから、様
    子見姿勢の強い展開となった。
    
    日経平均前場終値は-66.87円の19523.27円。
    
    東証1部の出来高は8億3128万株、
    売買代金は9184億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり533銘柄、値下がり1321銘柄、
    変わらず149銘柄。
    
    業種別では値上がりが2業種、値下がりが30業種。
    値上がりは証券・商品のみ。
    値下がりトップは海運、電気・ガス、医薬品。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は狭いレンジでの推移。後場は日銀のETF買い入れ期待
    などから、プラス圏に浮上する展開が期待される。
    ただ、連休前であるほか、G20(20ヶ国・地域)財務相・中央銀行
    総裁会議、「森友学園問題」に関する政治リスクを警戒する声
    も聞かれてきており、上値の重い展開は続きそうだ。
    中小型株に関しても本日は、慎重姿勢が強く、軟調な展開、材
    料株など以外は手控えムードが強そうだ。
    
    
    
  • 2017-03-17【東京市場見通し】

    売り優勢 材料難のなか連休前でポジション調整売り
    
    前日の米株市場は売り優勢の展開、為替ドル/円は横ばいと大
    きな動きは無し。
    手掛かり材料に欠けるなか、17-18日は20カ国・地域(G20)財
    務相・中央銀行総裁会議開催、3連休を控える週末とあって、
    ポジション調整売りなどにおされそうだ。
    ただ、下値では、日銀のETF買い期待を背景に下げ渋り、ドル
    /円が落ち着いた動きとなれば、底堅い展開が予想される。
    日経平均は、上値を5日移動平均線(19603円)近辺で重く、
    下値を25日移動平均線(19389円)サポートに底堅い展開となり
    そうだ。
    物色は様子姿勢が強いなか、中小型株へ向かいやすい。
    
    日経平均予想レンジは19400-19600円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1030万株、買い1140万株、
    差し引き110万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が113円台前半での推移。
    (16日終値113.22-24円)
    
    現在、ユーロ/円が122円どころでの推移。
    (16日終値121.42-46円)
    
    16日の米株市場概況
    
    高安まちまち。NYダウ、S&P500は反落もNASDAQは僅かながら
    続伸。
    懸念されたオランダ下院選で、ルッテ首相率いる中道右派
    の自由民主党(VVD)が第1党を維持、欧州の政治情勢に対す
    る不安が後退したことなどから買いが先行した。
    しかし、その後は伸び悩む展開。トランプ大統領から議会
    に予算概要が提出されたものの、減税などの具体策が示さ
    れず、材料とはならなかった。
    NYダウ終値は-15.55の20934.55、
    S&P500は-3.88の2381.38、
    NASDAQは+0.71の5900.76。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-03-16【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ネオジャパン<3921> 決算発表。
    終値2221円(前日比+152円+7.34%)
    今期経常5%増で3期連続最高益更新見通し。
    前期配当0.5円増額し今期も8.5円継続。
    
    ピックアップ
    明豊エンター<8927> 決算発表。
    終値154円(前日比±0円±0.00%)
    17年7月期第2四半期累計(16年8月-17年1月)の連結経常
    損益は往来予想の8000万円黒字を上回り、2億2000万円
    の黒字。(前年同期は1億7900万円の赤字) 
    株価は直近、25日移動平均線(151円)近辺で日柄調整中。
    好決算をキッカケに同線から上放れへ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ドリコム<3793>
    終値2820円(前日比+171円+6.45%)
    3/31を基準日として1対2株の株式分割実施。
    
    大幸薬品<4574>
    終値1895円(前日比+1円+0.05%)
    今期配当を5円増額修正(20円に)。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-16【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め5銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S アイケイ<2722>、
    S 北の達人<2930>、
    一時S アエリア<3758>、
    一時S メディアF<6067>、
    一時S M&Aキャピ<6080>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    クルーズ<2138> 大幅反発。
    終値3140円(前日比+260円+9.02%)
    日足一目均衡表の雲(上限2947円)突破。
    
    ユーザーベース<3966> 大幅3日続伸。
    終値4080円(前日比+370円+9.97%)
    25日移動平均線(3888円)回復。
    
    ピックアップ
    インタアクション<7725> 大幅反発。
    終値735円(前日比+68円+10.19%)
    前日15日引け後に発表された東証2部から東証1部へ市場
    変更(3/22付け)。発表を好感する買いが入り大幅高に。
    テクニカル面では日足一目均衡表の雲(上限702円)を突破。
    昨年来高値756円(17/1/30)をうかかがう展開へ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-16【東京市場概況】

    日経平均は3日ぶり反発(12円高) 売り先行後にプラス圏に浮上
    
    朝方、為替ドル/円が円高方向に振れていたことが嫌気され、
    主力輸出株をなどを中心に売りが先行した。
    日経平均は一時、120円超えの下落となったが、売り一巡後
    は下げ幅縮小、一時プラス圏に浮上するなど底堅く、前場の
    取引を終えていた。
    後場も底堅さを維持し、再度プラス圏に浮上。大引けにか
    けては、前日終値近辺でもみあったが、プラス圏を維持し、
    本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+12.76円の19590.14円。
    
    東証1部の出来高は17億9651万株、
    売買代金は2兆1590億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1235銘柄、値下がり630銘柄、
    変わらず139銘柄。
    
    業種別では値上がりが26業種、値下がりが7業種。
    値上がりトップは海運、非鉄金属、鉱業。
    値下がりは保険、銀行、食料品など。
    
    日本株は円高を重しに売りが先行したが、アジアの主要
    株価指数が総じて堅調だったことなどや、オランダ下院
    選への警戒感が後退したことなどが支援材料となった。
    また、米FOMCやオランダ下院選など注目イベントを通過
    しながら、下値を固めてきている。
    明日にはG20財務相・中央銀行総裁会議、引き続き、重
    要イベントは続き、上値の重さは意識されそう。
    ただ、日経平均は下値は切り上げてきており、新興市場
    は本日、ジャスダック、マザーズともに反発。
    本格化するIPOシーズンへの期待感もあり、相場の雰
    囲気は悪くない。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
                    
  • 2017-03-16【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は3日続落(25円安) 円高嫌気し売り先行も底堅く推移
    
    前日の米FOMCでは、想定通り利上げが決定されたが、年内の利
    上げ回数の見通しは据え置き。これを受けて米株は上昇したも
    のの、為替ドル/円は円高方向に振れた。
    日本株は円高を嫌気し主力輸出株などが軟調に始まった。
    日経平均は一時、120円超えの下落となる場面が見られたが、
    その後は下げ渋る動き、先物主導でプラス圏に浮上する場面も
    あった。
    
    日経平均前場終値は-25.80円の19551.58円。
    
    東証1部の出来高は8億8491万株、
    売買代金は9805億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり875銘柄、値下がり918銘柄、
    変わらず210銘柄。
    
    業種別では値上がりが20業種、値下がりが13業種。
    値上がりトップは石油・石炭、水産・農林、鉱業。
    値下がりは保険、食料品、銀行など。
    
    
    後場の見通し
    
    ドル/円が円高方向に振れたなか、日経平均が底堅い推移と
    なり、東証1部の業種別では値上がりが値下がりを上回る
    など相場の雰囲気は悪くない。
    米FOMCと並び注目されたオランダ下院選は、反欧州連合
    (EU)を掲げる極右・自由党(PVV)は議席を伸ばせず、ルッ
    テ首相率いる与党の中道右派、自由民主党(VVD)が第1党
    を維持する見通しとなり、安心感につながっている。
    先程、日銀は金融政策決定会合で金融政策の現状維持を
    賛成多数で決定。予想通りであり、波乱無し。
    各イベントをこなしながら下値を固め、上方向への意識
    を強めてきていると見られる。
    後場も底堅い展開は続き、日経平均は再度、プラス圏に
    浮上する可能性もある。
    
    
    
    
  • 2017-03-16【東京市場見通し】

    売り先行 米FOMC受けてドル/円が円高方向に 一巡後はしっかり 
    
    注目された米FOMCでは市場予想通りの結果。政策金利が0.25%
    引き上げられ、年内の利上げ見通しがこれまでと同様3回にと
    どまった。
    結果を受けて米株は上昇しているが、為替ドル/円は円高に振れ、
    現在は113円台半ばでの推移。
    日本株は、輸出主力株、金利低下で銀行や保険株などを中心に
    売りが先行する見通し。
    その後はオランダ議会選挙や日銀金融政策決定会合の結果など
    が注目される。
    金融政策の変更はないだろうが、薄商いが予想されるなか、仕
    掛け的な動きには注意したいところ。
    下値を支える要因は、昨日に日銀によるETF買いが久しぶりに
    入った。本日も下落局面では下支え要因となりそうだ。
    また、NY原油先物の上昇を受け、商社株や鉱業株などの原油関
    連株への買い戻しが予想される。
    
    日経平均予想レンジは19400-19600円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り930万株、買い1090万株、
    差し引き160万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が113円台半ばでの推移。
    (15日終値114.69-70円)
    
    現在、ユーロ/円が121円台後半での推移。
    (15日終値122.01-05円)
    
    15日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって反発。
    注目されたFOMCでは市場予想通り政策金利が0.25%ポイン
    ト引き上げられ、年内の利上げ見通しがこれまで通り3回
    にとどまった。今後も緩やかな利上げペースとなることが
    確認され、買い安心感につながった。
    また、原油などの商品相場の反発も株高を支援した。
    NYダウ終値は+112.73の20950.10、
    S&P500は+19.81の2385.26、
    NASDAQは+43.23の5900.05。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-03-15【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    鹿島<1812> 業績・配当修正発表。
    終値749円(前日比+3円+0.40%)
    今期経常を25%上方修正。年間配当6円増額(20円に)。
    
    M&Aキャピ<6080> 業績修正発表。
    終値3970円(前日比-65円1.61%)
    上期経常2.1倍上方修正。
    
    ACCESS<4813> 決算発表。
    終値765円(前日比-8円-1.03%)
    前期経常が従来予想上回り上振れ着地。今期も2倍増益見通し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    カカクコム<2371>
    終値1626円(前日比+29円+1.81%)
    350万株を上限とする自社株買い発表。
    
    北の達人<2930>
    終値957円(前日比+38円+4.13%)
    3/31を基準日として1対2株の株式分割実施。
    
    パピレス<3641>
    終値6160円(前日比-300円-4.64%)
    3/31を基準日として1対2株の株式分割実施。
    
    インターアクション<7725>
    終値667円(前日比-6円-0.89%)
    3/22付で東証2部から東証1部へ市場変更。
    
    ピックアップ
    SMS<2175>
    終値2630円(前日比+12円+0.45%)
    配当修正発表。未定だった今期配当を前期比4増の
    11円実施するとした。
    直近の株価は下値を25日移動平均線(2558円)、
    上値を75日移動平均線(2639円)にもみあい、
    日柄調整にあった。
    本日の発表が好感され、75日移動平均線超えから、
    上昇トレンド転換と期待される。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-15【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め2銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 山王<3441>、
    S タカトリ<6338>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S DDS<3782>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ヤモト<1967> 大幅反発。
    終値577円(前日比+30円+5.48%)
    75日移動平均線(558円)回復。
    一目均衡表の雲(上限557円)を突破。
    
    メディアF<6067> 大幅続伸。
    終値574円(前日比+23円+4.17%)
    75日移動平均線(562円)回復。
    一目均衡表の雲(上限570円)を突破。
    
    ピックアップ
    ラウンドワン<4680> 大幅反発。
    終値877円(前日比+32円3.78%)
    直近に株価は25日移動平均線(846円)回復、本日は同線
    から上放れる動きとなり、目先の上昇トレンドを強め
    てきている。
    また、中長期的にも13週移動平均線(825円)をサポート
    にジリ高と堅調な展開。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-15【東京市場概況】

    日経平均は小幅続落(32円安) 売り先行も下げ幅縮小 その後こう着
    
    朝方、前日の米株安などを受けて売りが先行。日経平均は
    一時、100円を超える下落幅となる場面もあった。
    しかし、売り一巡後は底堅く、下げを幅縮小。
    ただ、米FOMCやオランダ下院選などの重要イベントを前に
    様子姿勢は強く、戻りも限定された。
    日経平均終値は-32.12円の19577.38円。
    
    東証1部の出来高は16億5020万株、
    売買代金は1兆6771億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり420銘柄、値下がり1461銘柄、
    変わらず123銘柄。
    
    業種別では値上がりが8業種、値下がりが25業種。
    値上がりは海運、保険、その他製品など。
    値下がりトップは石油・石炭、電気・ガス、鉱業。
    
    本日、目立ったのが新興市場の軟調な展開。マザーズは3%
    を超える下落となった。イベント前のポジション調整など
    から、時価総額上位の銘柄中心に換金売りが出たもよう。
    また、重要イベント通過後は、東証1部銘柄に資金がシフ
    トする可能性も意識されている。
    目先の新興市場は、好業績、材料株以外は手掛けにくく、
    物色は絞られてきそうだ。
    日経平均はイベントを難なく通過となれば、昨年12月から
    約3ヶ月続く、もちあい相場からの上振れ。
    日柄調整が長かった分、値幅を伴った上昇が期待される。
    ただ、トランプ米大統領の経済政策の詳細は未定であり、
    オランダに続きフランス大統領選も控える。
    引き続き、もちあい相場が続く可能性も。
    その時は、新興市場を中心とした中小型株物色が活発の
    相場に戻るだろう。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
                    
  • 2017-03-15【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続落(57円安) 売り先行後は狭いレンジでもみあい
    
    前日の米株安ややや為替が円高方向にあった流れなどから売り
    が先行。日経平均の下げ幅は一時100円超える場面があった。
    売り一巡後は、狭いレンジでの推移(値幅約52円)、米FOMCやオ
    ランダ下院選を前に様子見姿勢が継続した。
    
    日経平均前場終値は-57.78円の19551.72円。
    
    東証1部の出来高は7億5698万株、
    売買代金は7256億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり420銘柄、値下がり1408銘柄、
    変わらず173銘柄。
    
    業種別では値上がりが5業種、値下がりが28業種。
    値上がりは海運、その他製品、小売りなど。
    値下がりトップは鉱業、石油・石炭、鉄鋼。
    
    
    後場の見通し
    
    後場も前場同様にイベントを前に様子見姿勢。上値は限られる
    だろうが、下値では3月期末の配当権利取りの需要や、日銀に
    よるETF買い期待などから底堅さを継続。
    相対的に出遅れている銘柄や材料株には買いが入る展開。
    
    
  • 2017-03-15【東京市場見通し】

    続き様子見姿勢の強い展開 米株安などからやや売り優勢か
    
    本日もオランダ議会選挙や米FOMC結果公表などを控えて様子
    見姿勢の強い展開が予想される。
    前日の海外市場が欧米株安、ドル/円も現在は114円台半ばで
    の推移と、前日よりやや円高方向に振れていることから、
    序盤は売り先行の見通し。
    ただ、下値では、イベント通過後は上昇との見かたが多く買
    いが入りやすい、下値は限定的となりそうだ。
    日経平均は19500円近辺で寄り付き、その後はこう着した展
    開が予想される。
    
    日経平均予想レンジは19400-19600円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り2140万株、買い1670万株、
    差し引き470株の売り越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が114円半ばでの推移。
    (14日終値115.16-18円)
    
    現在、ユーロ/円が121円台後半での推移。
    (14日終値122.50-54円)
    
    14日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって下落。
    NYダウは小幅に続落、S&P500は4日ぶり反落、
    NASDAQは5日ぶり反落。
    翌日のFOMC結果公表を控え様子見姿勢が強いなか、
    原油安を受けたエネルギー株の下落が重しとなった。
    NYダウ終値は-44.11の20837.37、
    S&P500は-8.02の2365.45、
    NASDAQは-18.97の5856.82。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-03-14【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    神戸物産<3038> 決算発表。
    終値3960円(前日比-25円-0.62%)
    11-1月期(1Q)経常91%増益着地。
    
    山王<3441> 決算発表。
    終値981円(前日比+11円+1.13%)
    今期経常53%上方修正。
    
    栄研化<4549> 業績修正発表。
    終値3185円(前日比+20円+0.63%)
    今期経常一転、16%増益に上方修正、
    2期連続で過去最高益を更新見通し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ラクーン<3031>
    終値524円(前日比-5円-0.94%)
    自社株買い、今期配当4.5円実施と発表。
    
    ネクステージ<3186>
    終値2822円(前日比-13円-0.46%)
    自動車販売の子会社設立。
    
    コーセー<4922>
    終値10290円(前日比-40円-0.39%)
    株主優待制度拡充。
    
    SBI<8473>
    終値1680円(前日比+5円+0.29%)
    未定の今期配当5円増配(年間配当50円)。
    
    アイドマMC<9466>
    終値819円(前日比-1円-0.12%)
    3/21付でマザーズから東証1部へ市場変更。
    
    ピックアップ
    シュッピン<3179>
    終値1663円(前日比-64円-3.70%)
    配当修正発表。17年3月期の期末一括配当を従来計画
    7円から12円に大幅増額。
    株価は中期的なトレンドが上向きにあるなか、短期的
    には5日移動平均線(1681円)近辺でもみあい日柄調整
    中にあった。
    本日の発表をキッカケに短期的にも調整から上振れ、
    昨年来高値1786円(17/3/10)更新へ。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-14【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め6銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ウェッジHD<2388>、
    S クラウドW<3900>、
    S 稀元素<4082>、
    一時S オプトエレ<6664>、
    一時S 大興電子<8023>、
    一時S フォーバルR<9423>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    大豊建<1822> 大幅反発。
    終値557円(前日比+40円+7.73%)
    日足一目均衡表の雲(上限548円)突破。
    
    ピックアップ
    リョービ<5851> 大幅反発。
    終値527円(前日比+18円+3.53%)
    昨年来高値518円(17/2/15)更新。
    節目500円近辺での日柄調整が続いていたが、本日もちあ
    いレンジの上限520円どころを上抜けてとおり、上昇トレ
    ンド転換と期待される形にある。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-14【東京市場概況】

    日経平均は4日ぶり小反落(24円安) 様子姿勢強く値幅は37円
    
    一日通して様子姿勢の強く日経平均の値幅は約37円にとど
    まり、2014年9月1日以来の小ささ。
    米FOMCやオランダ議会選挙など重要イベントを前に、積極
    的な売買は手控えられ、方向感なくもみ合いを続けた。
    
    日経平均終値は-24.25円の19609.50円。
    
    東証1部の出来高は17億5824万株、
    売買代金は1兆7814億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり899銘柄、値下がり945銘柄、
    変わらず160銘柄。
    
    業種別では値上がりが15業種、値下がりが18業種。
    値上がりは鉱業、水産・農林、石油・石炭など。
    値下がりは不動産、鉄鋼、サービスなど。
    
    明日も本日同様に重要イベントを前に様子見姿勢の展開が続く
    見通し。
    新興市場に関してもここまでの上昇トレンドが崩れるこは無い
    だろうが、やや上昇一服感あり。
    物色は材料のある銘柄や出遅れ感の強い銘柄に限られそうだ。
    様子見姿勢が続く見込みのなか、好業績銘柄の押し目などは拾
    っておきたいところではある。
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    

    type4_400x40

    
    
    
    
                    
  • 2017-03-14【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小反落(14円安) イベント前で上値重い展開
    
    朝方、為替ドル/円がやや円安方向に振れていたことを手掛か
    りに小高くスタートしたものの、米連FOMCやオランダ議会選
    挙などのイベントを前に積極的な売買が手控え、上値は限ら
    れた。
    日経平均はマイナスでの推移となり、やや売り優勢の展開と
    なったものの下値は限定的。前場の値幅は約37円と狭いレン
    ジでの推移となった。
    
    日経平均前場終値は-14.61円の19619.14円。
    
    東証1部の出来高は8億1715万株、
    売買代金は8266億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり821銘柄、値下がり976銘柄、
    変わらず207銘柄。
    
    業種別では値上がりが14業種、値下がりが19業種。
    値上がりは鉱業、石油・石炭、水産・農林など。
    値下がりはサービス、不動産、陸運など。
    
    
    後場の見通し
    
    前場の日経平均はこう着。上値は重いものの下値も限定的で、
    もち合いレンジ上限での推移と底堅い。
    新興市場を中心とした中小型は、前日にジャスダックが連騰
    記録をストップさせたことなどがあり、本日も利益確定売り
    が優勢といったところ。後場も前場同様の展開が予想される。
    
    
  • 2017-03-14【東京市場見通し】

    米FOMC前で様子ムードの強いなか、円安支えでしっかり
    
    前日の米株市場はFOMCを前に様子ムードが強く小動きの展開だ
    った。日本株も同様に様子ムードの強い展開が予想される。
    ただ、為替ドル/円がやや円安方向に振れており、現在は115円
    手前での推移。円安を支えにしっかりとした展開となりそうだ。
    全体的に小動きな展開が予想されるなか、日経平均の上値は重
    いだろう。しかし、下値を切り上げて、イベント通過後の上振
    れを意識した展開となりそうだ。
    いっぽうで、新興市場はやや調整の流れ。とはいえ、短期的な
    調整の範囲内で下値は拾っておきたいところであり、出遅れ感
    の強い銘柄へは買いが向かうだろう。
    
    日経平均予想レンジは19550-19750円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1030万株、買い770万株、
    差し引き260株の売り越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が115円手前での推移。
    (13日終値114.67-68円)
    
    現在、ユーロ/円が122円台半ばでの推移。
    (13日終値122.63-67円)
    
    13日の米株市場概況
    
    小動き、高安まちまち。NYダウは小幅に反落、S&P500とNASDAQは
    小幅高。
    この日は主要の経済指標の発表も無く、15日のFOMC結果公表を
    控え様子見姿勢が続いた。
    NYダウ終値は-21.50の20881.48、
    S&P500は+0.87の2373.47、
    NASDAQは+14.06の5875.78。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-03-13【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    アルトナー<2163> 決算発表。
    終値930円(前日比+78円+9.15%)
    今期経常は11%増で3期連続最高益。
    前期配当を5円増額(45円に)。
    今期は26円。1/31割当の株式分割を考慮した実質配当15.6%増配。
    
    クロスプラス<3320> 決算発表。
    終値707円(前日比+28円+4.12%)
    今期経常18%増益。
    今期の年間配当は前期比2円増配(4円に)。
    
    ポールHD<3657> 決算発表。
    終値1093円(前日比+1円+0.09%)
    今期経常3%増で2期連続最高益更新へ。
    
    シーズHD<4924> 決算発表。
    終値3330円(前日比+25円+0.75%)
    今期経常一転4%増益に上方修正。
    
    ストライク<6196> 業績修正発表。
    終値4930円(前日比-260円-5.00%)
    上期経常一転19%増益に上方修正。
    
    正栄食<8079> 決算発表。
    終値2332円(前日比-56円-2.34%)
    11-1月期(1Q)経常28%増益着地。
    
    フォーバルRS<9423> 業績・配当修正発表。
    終値112円(前日比+8円+7.69%)
    今期最終95%上方修正。
    配当11期ぶり復配、1円実施。
    
    ピックアップ
    コーセーアールイ<3246> 決算発表。
    終値896円(前日比+40円+4.67%)
    17年1月期の連結経常利益は10.9億円と前期比58.3%増の拡大。
    18年1月期も前期比23.6%増の13.5億円の伸びを見込み、2期連
    続で過去最高益を更新する見通しと発表された。
    また、年間配当40円から50円に増額、今期は30円とし1/31割当
    の株式分割を考慮した実質配当は20.0%増配とする方針とした。
    直近の株価は堅調。テクニカル面では日足一目均衡表の雲(上
    限842円)を突破し、上昇トレンドを強めている
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ゲンキー<2772>
    終値6410円(前日比+90円+1.42%)
    1対2株株式分割を発表。4/10基準日。
    記念配当2.5円実施。普通配当と合わせた期末配当は12.5円。
    
    デンカ<4061>
    終値600円(前日比-5円-0.82%)
    クロロプレンゴムを今月21日の出荷分から、1kgあたり40円
    以上値上げ。
    
    ツガミ<6101>
    終値736円(前日比-9円-1.20%)
    発行済み株式数(自社株を除く)の3.32%にあたる200万株(金
    額で14億5000万円)を上限に自社株買い実施。
    取得期間3/14~9/14。
    
    コーセル <6905>
    終値1437円(前日比+24円+1.69%)
    発行済み株式数(自社株を除く)の1.65%にあたる60万株(金額
    で8億7000万円)を上限に自社株買いを実施。
    14日朝の東証の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で自
    社株買い(買い付け価格は13日終値の1437円)を実施。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-13【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め5銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S イーブック<3658>、
    S アエリア<3758>、
    S テイン<7217>、
    S ミロク<7983>、
    一時S リーバイス<9836>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄。
    (S=ストップS、ケ=気配、一時S=一時ストップS)
    
    S GMO-PG<3769>、
    一時S エルテス<3967>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    アサヒ衛陶<5341> 大幅反発。
    終値114円(前日比+8円+7.54%)
    日足一目均衡表の雲(上限110円)突破。
    
    ピックアップ
    ホットランド<3196> 6日大幅続伸。
    終値1148円(前日比+47円+4.26%)
    長らく25日移動平均線(1068)円近辺での推移が続いて
    いたところ、直近は堅調な展開が続き、本日に75日移
    動平均線(1117円)を終値ベースで回復。
    上方向へのトレンドを強めてきている。
    次に日足一目均衡表の雲(上限1161円)突破となれば、
    一段高が期待されるところにある。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-13【東京市場概況】

    日経平均は小幅3日続伸 売り先行後プラス転換 連日で昨年来高値更新
    
    朝方は売り先行。為替ドル/円が円安方向への動きが一服してい
    たことなどから、主力輸出株が売られる展開にあった。
    日経平均は先週末に280超えの上昇となっていた反動もあり、
    下げ幅は一時、70円を超えた。
    しかし、売り一巡後は底堅く、プラス圏に浮上。その後は様子
    姿勢が強かったが、プラス圏を保ち、小高い水準での推移。
    内需・ディフェンシブ関連を中心に堅調な展開となった。
    
    日経平均終値は+29.14円の19633.75円。
    
    東証1部の出来高は14億7180万株、
    売買代金は1兆7724億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり998銘柄、値下がり849銘柄、
    変わらず157銘柄。
    
    業種別では値上がりが20業種、値下がりが13業種。
    値上がりトップは電気・ガス、空運、陸運。
    値下がりは証券・商品、鉄鋼、海運など。
    
    日経平均は連日で終値ベースでの昨年来高値を更新。下値を切
    り上げつつ、上値を抑えてきた水準を上抜けたことで上方向へ
    の意識が強い。
    ただ、14-15日の米FOMCや15日のオランダ議会選挙などを控え
    て様子姿勢の面もある。
    東証1部の売買代金は活況目安2兆円を割れている。本格的に上
    値を追うのはイベント通過後となりそうだ。
    新興市場はジャスダックが22日ぶり、マザーズも反落となった。
    堅調な展開が続いていただけに利益確定売りが優勢となった。
    ただ、あくまでも上昇一服。短期的な調整や日柄調整はあるに
    せよ、引き続き、強きに見ておきたい。出遅れ感の強い銘柄な
    どへは買いが向かいそうだ。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-03-13【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は3日続伸(37円高) 売り一巡後にプラス転換
    
    為替ドル/円の円安方向への動きが一服していたことから、
    朝方は売りが先行した。
    日経平均は一時、70円超えの下落となる場面があった。
    しかし、売り一巡後は底堅く、先物主導でプラスに転換。
    その後は上値の重い展開となったものの、プラス圏を維
    持し、前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+37.40円の19642.01円。
    
    東証1部の出来高は7億4162万株、
    売買代金は8256億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1062銘柄、値下がり756銘柄、
    変わらず185銘柄。
    
    業種別では値上がりが19業種、値下がりが14業種。
    値上がりトップは情報・通信、サービス業、空運。
    値下がりトップは鉄鋼、証券・商品、海運。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均の下値は底堅い。ただ上値を追う材料には欠けて
    おり、後場も引き続き、前場同様に上下動きに乏しい展開
    が続きそうだ。
    とはいえ、ドル高進行や米国債利回りの上昇を背景にトレ
    ンドが強まる可能性が高く、スタンスとしては上方向と意
    識しておきたいところ。
    出遅れ感の強いセクター、銘柄の動向を注視。
    また、内需株などへも物色が向かっており動向が注目され
    る。
    新興株に関しては、ジャスダックが前場をマイナス圏で終
    えるなど、やや上昇一服の流れにある。
    
  • 2017-03-13【東京市場見通し】

    売り優勢 先週末の大幅高の反動 円高を嫌気
    
    注目された先週末10日の米雇用統計は市場予想を上回る好
    結果となり、3月FOMCでの利上げ見通しが一段と高まった。
    ただ、為替ドル/円はある程度織り込み済みとの反応、円安
    一服の流れとなり、現在は115円台を割れ、114円台後半で
    の推移。米株も小幅な上昇にととばっている。
    日本株は円安一服の流れ、先週末10日の大幅高の反動から
    売り優勢のスタートが予想される。
    とはいえ、今週のFOMCでの利上げはほぼ確実。年4回の可
    能性も意識されつつあるところ。
    株式市場、為替ドル/円ともに場中は底堅い動きとなりそう。
    本日は、極端に大きく動くとは考えにくいが、流れとして
    は、イベント通過後の日経平均は20000円と意識。それに
    向けて、19500円前後で値固め。
    
    日経平均予想レンジは19450-19650円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1020万株、買い1150万株、
    差し引き130株の売り越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が114円台後半での推移。
    (先週末10日終値115.40-41円)
    
    現在、ユーロ/円が122円台後半での推移。
    (先週末10日終値123.-27円)
    
    先週末10日の米株市場概況
    
    小幅に続伸。
    注目された米2月雇用統計では非農業部門雇用者数が
    予想を上回る強い結果となり、来週のFOMCでの利上
    げ見通しがさらに強まった。
    (米2月雇用統計は非農業部門雇用者数(NFP)が25.5万
    人(市場予想の20万人増を上回り)
    好調な結果を受けてNYダウは一時80ドルを超える場面も
    みられた。
    ただ、NY原油先物WTI価格が5日続落したことが重しと
    なり、伸び悩む格好となった。
    NYダウ終値は+44.79の20902.98、
    S&P500は+7.73の2372.60、
    NASDAQは+22.92の5861.73。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-03-10【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    Hamee<3134> 決算発表。
    終値1056円(前日比-16円-1.49%)
    今期経常7%上方修正、最高益予想上乗せ。
    
    FFRI<3692> 業績修正発表。
    終値5150円(前日比-50円-0.96%)
    今期経常2.4倍上方修正。
    
    gumi<3903> 決算発表。
    終値1357円(前日比+80円+6.26%)
    非開示だった今期経常は黒字浮上で5期ぶり最高益更新へ。
    
    アイモバイル<6535> 決算発表。
    終値1051円(前日比+8円+0.76%)
    上期経常9%増益で着地。11-1月期も60%増益。
    
    ピックアップ
    エイチーム<3662> 決算発表。
    終値2293円(前日比+26円+1.14%)
    発表された決算は好内容。17年7月期第2四半期累計
    (16年8月-17年1月)の連結経常利益10.7億円と前年
    同期比76.7%増の拡大。(通期の経常損益は前回予想
    を据え置き32.5億円)
    直近3ヶ月にあたる実績11-1月期(2Q)の連結経常利
    益は前年同期比6.9倍の7.7億円に急拡大。
    テクニカル面では日足一目均衡表にて、本日に雲(
    上限2278円)を突破、上昇トレンド転換と期待され
    る形にある。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    三井松島 <1518>
    終値1578円(前日比+1円+0.06%)
    株主優待制度を拡充。
    
    LITALCO<6187>
    終値1650円(前日比-1円-0.06%)
    17日付で東証マザーズから東証1部へ市場変更。
    
    WASHハウス<6537>
    終値8680円(前日比-230円-2.58%)
    株式分割を発表。3/31を基準日に1株を2株に分割。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-10【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S ジーエヌアイ<2160>、
    一時S DNAチップ<2397>、
    S PバンCOM<3559>、
    S ザッパラス<3770>、
    S テイン<7217>、
    S ナ・デックス<7435>、
    一時S MICS化学<7899>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    J・TEC<7774> 3日大幅続伸。
    終値1393円(前日比+56円+4.18%)
    他人の体から取り出した皮膚などの組織から作る再生医
    療製品の実用化へ向け、臨床計画が相次ぐと報じられ材
    料視。75日移動平均線(1377円)回復。
    
    ピックアップ
    日東工<6651> 大幅反発。
    終値1658円(前日比+60円+3.75%)
    日足一目均衡表の雲上限(1603円)近辺でのもみあいから
    上放れ。また、今週に13週移動平均線(1595円)回復。
    短期、中長期的にも上昇トレンド転換か。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-10【東京市場概況と来週の見通し】

    10日概況 日経平均は大幅続伸(286円高) 終値ベースの昨年来高
    値更新
    
    朝方から為替ドル/円が円安方向に振れており115円を超えてい
    たことを好感し、買いが先行した。
    日経平均は19500円を回復し、19500円台半ばで前場の取引を終
    えると後場も上値を伸ばす展開に。一時は300円を超える上げ
    幅となった。
    終値ベースで1/4の昨年来高値を更新、東証1部の売買代金も2
    兆9483億円と膨らんだ。
    
    日経平均終値は+286.03円の19604.61円。
    
    東証1部の出来高は22億6716万株、
    売買代金は2兆9483億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1563銘柄、値下がり341銘柄、
    変わらず100銘柄。
    
    業種別では値上がりが31業種、値下がりが2業種。
    値上がりトップは保険、証券・商品、空運。
    値下がりは鉄鋼、海運のみ。
    
    
    来週の見通し 波乱ありうるが基本的には強き姿勢
    
    日本株は堅調な展開が期待される。日経平均は本日に、昨年
    12月以降から約3ヶ月続く、もちあい相場から上放れ傾向。
    終値ベースで1/4の昨年来高値を更新した。長らく日柄調整
    が続いていただけに上放れれば、値幅は大きくなりやすい、
    節目20000円を試す展開となるだろう。
    来週の最大のイベントは、14-15日の米FOMC(連邦公開市場委
    員会)。利上げが確実視されているなか、今後の利上げペー
    スに関心は向かう。内容次第では、一時的に為替、株式とも
    に荒い値動きとなる可能性がある。
    また、15日のオランダ総選挙にも注目しておきたい。極右政
    党の躍進で欧州政治リスクが意識される展開になると金融市
    場の火種となる可能性があり警戒したいところ。
    
    来週の日経平均予想レンジは19200-20000円。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-03-10【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅続伸(256円高) 円安好感し19500円超え
    
    為替ドル/円が円安方向に振れて115円を超えていたことを好感し、
    朝方から買いが先行。
    外需大型株や金融セクターを中心に買われる展開となった。
    日経平均は19500円を回復し、19582.75円(264.17円)まで上昇、
    その後も、高値圏を維持し前場の取引を終えた。
    取引時間として19500円は回復は1週間ぶり。
    
    日経平均前場終値は+256.76円の19575.34円。
    
    東証1部の出来高は13億7351万株、
    売買代金は1兆7609億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1534銘柄、値下がり352銘柄、
    変わらず117銘柄。
    
    業種別では値上がりが29業種、値下がりが4業種。
    値上がりトップは空運、保険、医薬品。
    値下がりは鉄鋼、海運、石油・石炭、鉱業のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均はもちあいレンジの上限19600円近辺まで上昇。
    後場も上値を伸ばす展開を期待したところではあるが、
    今晩の米雇用統計、来週も重要イベントが続く、結果を
    見極めたいと、様子姿勢の流れとなりそうだ。
    ただ、メジャーSQを通過、ドル/円も上値抵抗として意識
    されていた115円を上抜けと、懸念材料を消化しており、
    上方向への動きを強めてきている。下値は底堅く、高値
    圏でもみあいといったところか。
    
    
  • 2017-03-10【東京市場見通し】

    円安好感 買い優勢スタート 一巡後はイベント前でこう着
    
    前日の海外市場で欧州株はまちまち。ECB理事会では政策金利
    は据え置きで、現時点では追加利下げには消極的な見方が示
    された。それを受けての影響は米株市場では限定的。
    2月雇用統計の発表を前に様子見姿勢は強いなか、小幅高で取
    引を終えた。
    いっぽうで為替市場は円安方向に振れており、ドル/円は現在、
    115円台に乗せている。
    ドル/円との連動性の強い日本株は買い優勢のスタートとなる
    だろう。
    ただ、買い一巡後は週末要因、今晩に控える米雇用統計、
    来週の日米金融政策のイベント前で様子姿勢となる見通し。
    日経平均は節目19500円水準が上値となりそうだ。
    物色は序盤は主力株へ、一巡後は中小型に向かうと見ておき
    たい。
    
    日経平均予想レンジは19350-19500円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1380万株、買い1030万株、
    差し引き350株の売り越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が115円台前半での推移。
    (9日終値114.52-53円)
    
    現在、ユーロ/円が121円台後半での推移。
    (9日終値120.64-68円)
    
    9日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって小幅に上昇。
    翌日の米2月雇用統計、来週のFOMC会合などのイベントを
    控え様子見姿勢が強かった。
    そんななか、NY原油先物価格が4日続落となったことなど
    を悪材料にNYダウは一時、80ドル近くの下落幅となったが、
    エネルギー株が終盤に買い戻され、持ち直した。
    NYダウ終値は+2.46の20858.19、
    S&P500は+1.89の2364.87、
    NASDAQは+1.26の5838.81。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-03-09【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ナ・デックス<7435> 決算発表。
    終値724円(前日比+47円+6.94%)
    5-1月期(3Q累計)経常48%増益着地。11-1月期も3.1倍増益。
    
    ピックアップ
    積水ハウス<1928> 決算発表。
    終値1882.0円(前日比+18.0円+0.96%)
    17年1月期の連結経常利益1909億円と前期比18.9%増。
    また、18年1月期も1960億円と前期比2.6%増の伸びを見込み、
    5期連続で過去最高益を更新する見通しに。
    加えて今期の年間配当を前期比11円増、75円に増配方針とした。
    株価は現在、移動平均線チャートで75日線(1872円)、日足一目
    均衡表の雲上限(1876円)近辺での推移。好決算を受けて、これ
    らから上放れ、上昇トレンド転換と期待される。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ラクス<3923>
    終値1623円(前日比+51円+3.24%)
    2月度の月次売上高は前年同月比22.9%増。
    
    トレイダーズ<8704>
    終値205円(前日比+8円+4.06%)
    臓器移植領域で過冷却による保存技術を持つ3C社と資本業務
    提携。
    
    ピックアップ
    ラウンドワン<4680>
    終値827円(前日比-4円-0.48%)
    2月の売上の状況(速報)を発表。
    既存店売上高は前年同月比2.4%増、3ヶ月連続で前年実績上回り。
    直近に株価は25日移動平均線(839円)が、上値抵抗として意識さ
    れているが、好調な売り上げ状況を好感、同線回復から上昇ト
    レンド転換へ。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-09【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め11銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S 日東ベスト<2877>、
    S シンデンハイ<3131>、
    S フジタコーポ<3370>、
    一時S ビリングシス<3623>、
    一時S Aiming<3911>、
    S 免疫生物研<4570>、
    S オンコリス<4588>、
    一時S 東洋合成<4970>、
    S ダイケン<5900>、
    S 太洋工業<6663>、
    S santec<6777>、
    S 三井ハイテク<6966>、
    一時S 助川電気<7711>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ケミプロ<4960> 大幅続伸。
    終値338円(前日比+22円+6.96%)
    25日移動平均線(322円)回復。
    
    ピックアップ
    レック<7874> 大幅続伸。
    終値4580円(前日比+235円+5.40%)
    当銘柄は1ヶ月前。2/3発表された好決算を受けて急騰、
    2/9に昨年来高値(5120円)を付けた。
    その後は調整に入り、25日移動平均線(4414円)を割れ
    て、3980円まで値を落としていた。
    しかし、本日に25日移動平均線を回復し、再び上昇ト
    レンドに乗りつつある。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-09【東京市場概況】

    日経平均は5日ぶり反発(64円高) 円安好感も上値は限定的
    
    前日の米株市場はさえない展開となっていたが、為替ドル/
    円が、円安方向あったことが好感され買いが先行した。
    日経平均は前場に、95円高となり、19350円まで上昇。
    ただ、その後は上値重く伸び悩み。10日の米雇用統計や来
    週の日米金融政策などのイベントを控えて様子姿勢の強い
    展開となった。
    
    日経平均終値は+64.55円の19318.58円。
    
    東証1部の出来高は15億9502万株、
    売買代金は1兆8791億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1216銘柄、値下がり625銘柄、
    変わらず163銘柄。
    
    業種別では値上がりが21業種、値下がりが12業種。
    値上がりトップはゴム製品、精密機器、ガラス・土石。
    値下がりは鉱業、鉄鋼、電機・ガスなど。
    
    日経平均は引き続き、方向感に欠ける展開。19000円-19500
    円のもみあい相場から抜け出せずにいる。今週末10日の米
    雇用統計、来週の日米金融政策などのイベント通過までは、
    方向感に欠ける展開が続きそうだ。
    いっぽうで新興株式市場はまちまち。ジャスダックは20連
    騰、マザーズは小反落となった。
    ただ、明日も主力株がイベント前で手掛けにくいなか、新
    興市場を中心とした中小型株物色は向かいやすい。
    なかでも出遅れ感に強い銘柄の動向は注視したいところ。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-03-09【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反発(29円高) 円安好感も上値は重い
    
    為替ドル/円が114円台半ばと円安方向に振れていたことから、
    主力輸出株を中心に買い戻された。
    日経平均は一時は95円高となり、19350円まで上昇。
    しかし、戻り待ちの売りなどに押され、上値は重く、上げ
    幅縮小して前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+29.07円の19283.10。
    
    東証1部の出来高は7億9971万株、
    売買代金は8738億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1145銘柄、値下がり661銘柄、
    変わらず195銘柄。
    
    業種別では値上がりが20業種、値下がりが13業種。
    値上がりトップはゴム製品、精密機器、海運。
    値下がりは鉱業、鉄鋼、電気・ガスなど。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は上値を5日移動平均線(19345円)、下値を25日移
    動平均線(19256円)に狭いレンジでの推移となっており、
    方向感に欠ける展開。
    5日ぶりに反発となったものの、メジャーSQや米雇用統計
    を控えて、様子姿勢が強い。
    後場も基本的には様子姿勢が続く見通し。ただ、前場に上
    げ幅を縮小して引けていることから、25日移動平均線を割
    れれば、売りが強まる可能性あり。
    いっぽうで、中小型は短期的な過熱感がくすぶりながらも、
    堅調な展開が続いている。変わらず主力処よりも買いやす
    く、後場も物色対象となる見通し、特に出遅れ感の強い銘
    柄は買われやすいだろう。
    
    
    
    
  • 2017-03-09【東京市場見通し】

    堅調な展開 米株は高安まちまちもドル/円が円安方向に振れ好感 
    
    前日の米株市場は高安まちまち。原油安が相場の重しとなり
    エネルギー株が総じて軟調、NYダウは3日続落。ハイテク比率
    の高いNASDAQは僅かながら3日ぶり反発となった。
    米株市場はさえない展開となったが、為替ドル/円が米2月ADP
    雇用統計が非常に強い内容となったことから、円安方向に振
    れ、現在は114円台半ばでの推移。
    日本株は円安を好感し、買い優勢のスタートが予想される。
    日経平均は昨日まで4日続落し、25日移動平均線(19241円)付
    近まで調整していただけに、タイミング的にも反発しやすい
    ところにある。
    ただ、週末のメジャーSQ、米雇用統計、来週の米FOMCを前に
    積極的な売買は手控えられやすい、自律反発の域を脱するま
    ではいかなそうだ。
    買い一巡後は、下値しっかりもこう着した展開が予想される。
    物色の流れは朝方は主力処に向かうも、その後は好調な中小
    型へ移ることになりそうだ。
    
    日経平均予想レンジは19250-19450円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り520万株、買い960万株、
    差し引き440万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が114円台半ばでの推移。
    (8日終値113.88-90円)
    
    現在、ユーロ/円が120円台半ばでの推移。
    (8日終値120.25-29円)
    
    8日の米株市場概況
    
    高安まちまち。NYダウは3日続落もNASDAQがわずかながら
    3日ぶりに反発。
    原油価格の急落を受けエネルギー株が下落したほか、
    長期債利回りの上昇を受けて公益や不動産などの高配当
    利回りセクターが売りが優勢の展開に。
    いっぽうで、ハイテク株比率の高いNASDAQは、アルファ
    ベットやマイクロソフト、アマゾン・ドット・コムなど
    が堅調な展開となり指数を支えた。
    週末の米雇用統計の前哨戦として注目された2月ADP全国
    雇用者は市場予想(19.0万人増)を大きく上回り29.8万人
    増と強い結果。来週のFOMCでの利上げ見通しがさらに強
    まった。
    NYダウ終値は-69.03の20855.73、
    S&P500は-5.41の2362.98、
    NASDAQは+3.62の5837.55。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-03-08【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    エディオン<2730>
    終値1021円(前日比+2円+0.19%)
    今期配当を4円増額修正。
    自社株買い発表。発行済み株式数(自社株を除く)の
    2.03%にあたる200万株(金額で20億円)を上限に自社
    株買いを実施。このうち195万8800株は9日朝の東証
    の自己株式立会外買付取引「ToSTNeT-3」で買付け。
    
    太陽日酸<4091>
    終値1398円(前日比-21円-1.47%)
    中期経営計画を策定。2021年3月期にコア営業利益
    760億円(2017年3月期計画は540億円)を目指す。
    
    エボラブルA<6191>
    終値3070円(前日比+50円+1.65%)
    中国最大の旅行会社Ctrip.com internationalの日
    本法人と契約し、訪日中国人旅客向けに国内航空
    券や新幹線を提供開始。
    
    トピー<7231>
    終値3120円(前日比-45円-1.42%)
    新日鐵住金 <5401> 子会社でスチールホイールの製
    造・販売を手掛けるリンテックスの子会社化に向け
    た検討を開始。今年10月をメドに全株式を取得する
    予定。
    
    インタアクション<7725>
    終値663円(前日比+1円+0.15%)
    C-MOSイメージセンサー検査用光源装置の大口受注
    を獲得。売上は第4四半期に計上予定。
    
    ピックアップ
    ソリトン<3040>
    終値1610円(前日比+71円+4.61%)
    サイバーセキュリティ支援の新サービス8種類を
    「サイバーセキュリティ総合支援サービス」とし
    て販売するほか、クラウドサービスに特化したセ
    キュリティ製品「Soliton CloudConnector」の販
    売開始を発表。
    テクニカル面においても本日に大幅続伸で引けて
    おり、25日移動平均線(1533円)を下値サポートに
    反発、上昇トレンド回復傾向。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-08【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S アミタHD<2195>、
    S フジタコーポ<3370>、
    S ミズホメディ<4595>、
    一時S ダイケン<5900>、
    一時S 郷鉄工<6397>、
    S 太洋工業<6663>、
    一時S セルシード<7776>、
    一時S ジシステム<9758>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S ウェッジHD<2388>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ニューフリア<6256> 大幅3日続伸。
    終値6850円(前日比+270円+4.10%)
    25日移動平均線(6582円)回復。
    
    大泉製<6618> 大幅続伸。
    終値610円(前日比+44円+7.77%)
    25日移動平均線(584円)回復。
    
    メガチップス<6875> 大幅続伸。
    終値2800円(前日比+128円+4.79%)
    25日移動平均線(2725円)回復。
    
    ピックアップ
    SBSHD<2384> 大幅続伸。
    終値877円(前日比+32円+3.78%)
    物流再編をテーマに前日から堅調な展開。
    ここまで続いていた25日移動平均線(820円)-75日移動平
    均線(839円)間のもみあいから上放れ。
    また、日足一目均衡表においては雲(上限866円)を突破
    となるなどテクニカル的に良好な形に。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-08【東京市場概況】

    日経平均は4日続落(90円安) 売り先行後に底堅いも戻りも限定的
    
    米雇用統計や米FOMCなど重要イベントを控え見送り気分が
    強まるなか、前日の米株安を受けて日本株は売りが先行、
    日経平均は一時、145円の下落幅、19200円を割れる場面が
    前場にあった。その後はいっていの底型さを示してたが、
    戻りは限定され前場を引けると、後場も様子見姿勢の強く、
    こう着したした展開となった。
    
    日経平均終値は-90.12円の19254.03円。
    
    東証1部の出来高は16億2603万株、
    売買代金は2兆144億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり771銘柄、値下がり1073銘柄、
    変わらず160銘柄。
    
    業種別では値上がりが9業種、値下がりが24業種。
    値上がりは精密機器、建設、金属製品など。
    値下がりトップは鉄鋼、証券・商品、海運。
    
    日経平均は下落となったが、下値では底堅く、25日移動平
    均線(19241円)を僅かながら上回って引け、同線などが下
    値サポートして意識されているようだ。
    今晩、米国で2月ADP雇用統計が発表される。強い内容が確
    認されれば、週末の米雇用統計への思惑が高まりやすく、
    米3月利上げを強く意識する流れに。
    ドル/円は、3月利上げを織り込み済みとの見方が強いが、
    改めて3月利上げを意識し、円安に振れる可能性は残る。
    円安に振れれば、週後半の日経平均の雰囲気は一転、堅調
    な流れとなりそうだ。
    いっぽうで、円安に振れなければ、引き続き、堅調な展開
    が続く、新興市場を中心に中小型がより注目される流れ。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-03-08【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は4日続落(97円安) 一時145円安で19200円割れ
    
    朝方から売りが先行。前日の米株安などが嫌気された。
    その後も為替ドル/円がやや円高に振れる場面などあり、
    日経平均は一時、145円の下落幅、19200円を割れる場
    面があった。
    売り一巡後は下げ渋り、下落幅を縮小したが、戻りも
    限定され、前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-97.51円の19246.64円。
    
    東証1部の出来高は7億9817万株、
    売買代金は9155億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり647銘柄、値下がり1174銘柄、
    変わらず182銘柄。
    
    業種別では値上がりが7業種、値下がりが26業種。
    値上がりは精密機器、建設、保険など。
    値下がりトップは海運、空運、非鉄金属。
    
    
    
    後場の見通し
    
    前場、日経平均は先物に仕掛け的な売りが出て19200円を
    割れる場面が見られた。その後は持ち直しているが戻り
    も限定されており、上値は重たい。
    後場は日銀のETF買いが入りそうで、期待からいっていの
    底型さを示す見通し。
    ただ、週末の米雇用統計、その前哨戦となる2月ADP雇用
    統計発表を今晩に控えて、結果を見極めたいと様子見姿
    勢が続くと見られる。
    
    
    
    
  • 2017-03-08【東京市場見通し】

    材料難から方向感に欠け、続きこう着感の強い展開  
    
    前日の米株市場が小幅に続落、週末米雇用統計を控えて、手控
    えムードのなか、トランプ米大統領が薬価引下げを改めて示し
    たことにより薬品株が軟調、相場の重しとなった。
    為替ドル/円は現在、114円手前での推移と前日からほぼ変わら
    ずの水準での推移と方向感の無い展開が続いている。
    ドル/円との連動性が強い日経平均も前日終値(19344.15円)と変
    わらず水準でのスタート。
    その後も方向感に欠ける展開が基本的には続く見通しだが、今
    晩に週末の米雇用統計の前哨戦となる2月ADP雇用統計が発表さ
    れる、ドル/円が極端に円高に振れる展開は想定しづらく、内容
    次第では円安方向に振れる可能性も。
    それを見こして、主力処の買い戻しが意識される展開となる可
    能性もあり。
    新興市場は前日のマザーズが12日ぶりに反落となるなど、やや
    上昇一服感がただよっている。
    とはいえ、日中に主力処が方向感に欠ける展開が続けば、引き
    続き、新興株を中心に中小型へ関心は向かいやすい。
    海外投資家も中小型に関心が向かっているとの報道もある。
    
    日経平均予想レンジは19250-19450円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1510万株、買い1360万株、
    差し引き150万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が114円近辺での推移。
    (7日終値113.84-85円)
    
    現在、ユーロ/円が120円台半ばでの推移。
    (7日終値120.63-67円)
    
    7日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって小幅に続落。
    トランプ米大統領が薬価引下げを約束するとツイート、
    収益悪化懸念から薬品株が下落し、相場の重しとなった。
    その他、週末10日の2月雇用統計発表を控えて、手控え
    ムードが強まっている。
    NYダウ終値は-29.58の20924.76、
    S&P500は-6.92の2368.39、
    NASDAQは-15.25の5833.93。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-03-07【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    本日、該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    シュッピン<3179>
    終値1640円(前日比-83円-4.81%)
    2月度売上高が前年同月比21.2%増。
    
    DDS<3782>
    終値954円(前日比-65円-6.37%)
    指紋認証クライアントソフトを開発。
    
    リアルコム<3856>
    終値1212円(前日比-68円-5.31%)
    連結子会社であるWWBが、国内で太陽光発電所の分譲販
    売事業を営むバローズを買収することで決議したと発表。
    
    ピックアップ
    ヨシムラフード<2884>
    終値3045円(前日比+113円+3.85%)
    東証1部への指定が承認。
    株価は直近、25日移動平均線(2894円)近辺で日柄調整中に
    あった。発表好感し同線から上放れ上昇トレンドへ。
    
    メック<4971>
    終値1132円(前日比-38円-3.25%)
    自社株買い発表。
    発行済み株式数(自社株を除く)の1.02%にあたる200,000株
    (金額で300百万円)を上限に自社株買い実施。
    取得期間3/8~3/24。
    株価は2/28に昨年来高値1252円を付けて以降は調整、移動
    平均線チャートにおいて、25日線(1151円)を割れる水準ま
    で値を下げている。
    自社株買いの規模は差ほど大きくないものの、値幅調整完
    了のキッカケ、25日線を回復となれば、再び上昇トレンド
    に乗る可能性あり。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-07【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め11銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S アミタHD<2195>、
    一時S DNAチップ<2397>、
    一時S ACKG<2498>、
    一時S トラストHD<3286>、
    S オルトP<3672>、
    S アイル<3854>、
    S アズジェント<4288>、
    S チヨダウーテ<5387>、
    S 太洋工業<6663>、
    一時S ニューテック<6734>、
    一時S 長大<9624>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    東北鋼<5484> 3日大幅続伸。
    終値1487円(前日比+88円+6.29%)
    25日移動平均線(1408円)回復し、昨年来高値も更新。
    
    リブセンス<6054> 4日続伸。
    終値482円(前日比+15円+3.21%)
    日足一目均衡表の雲(上限468円)突破。
    
    井筒屋<8260> 反発。
    終値411円(前日比+14円+3.52%)
    日足一目均衡表の雲(上限404円)突破。
    
    ピックアップ
    ベイカレント<6532> 4日大幅続伸。
    終値1345円(前日比+104円+8.37%)
    直近、マザーズ銘柄で出遅れ感の強かった当銘柄だが、
    前日に日足一目均衡表の雲(上限1218円)突破し、本日
    も大幅上昇。上昇トレンドを強めたかっこう。引き続
    き、上値を伸ばす展開が期待される。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-07【東京市場概況】

    日経平均は小幅続落(34円安) 日中値幅50円強とこう着した展開
    
    前日の欧米株安を受けての売りが先行後は方向感に欠ける展
    開となった。週末のメジャーSQ、米2月雇用統計などのイベ
    ントを控えて、様子見姿勢の強い展開。
    日経平均の値幅は50円強の狭い値動きとなり、小幅安で本日
    の取引を終えた。
    
    日経平均終値は-34.99円の19344.15円。
    
    東証1部の出来高は15億7596万株、
    売買代金は1兆9866億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり841銘柄、値下がり985銘柄、
    変わらず178銘柄。
    
    業種別では値上がりが18業種、値下がりが15業種。
    値上がりトップは石油・石炭、鉱業、海運。
    値下がりトップは非鉄金属、銀行、鉄鋼。
    
    日経平均のは小動きとなり、東証1部売買代金も2兆円を下回る
    など、様子見姿勢が強い。
    明日以降も引き続き、方向感に欠ける展開が続き、上値は1950
    0円、下値は25日移動平均線(19237円)、または節目19000円。
    商いが低調のなか、メジャーSQを前に仕掛け的な動きには注意。
    本日は、新興市場もまちまち。ジャスダックは小幅ながら18日
    続伸となったが、マザーズは12日ぶりの反落。
    マザーズの売買代金は2/22以来、約2週ぶりの低水準となって
    いる。
    新興株に関しても上昇一服感がただよってきており、上値追い
    には慎重姿勢といったところ。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-03-07【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は3日続落(33円安) 方向感欠け こう着感の強い展開
    
    前日の欧米株安から売りが先行した日本株。ただ、為替ドル/円
    が円高一服していたことなどから、下値も限られた。
    日経平均は57円安、19321円まで下落する場面があったが、そ
    の後は下げ渋り、ただ戻りも限定され、前場の値幅は上下53円
    と狭いレンジでの推移となった。
    
    日経平均前場終値は-33.65円の19345.49円。
    
    東証1部の出来高は7億5086万株、
    売買代金は9158億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり888銘柄、値下がり915銘柄、
    変わらず196銘柄。
    
    業種別では値上がりが19業種、値下がりが14業種。
    値上がりトップは海運、石油・石炭、鉱業。
    値下がりトップは非鉄金属、鉄鋼、ガラス・土石。
    
    
    
    後場の見通し
    
    10日のメジャーSQ(特別清算指数)算出や2月米雇用統計などを
    控えるなか、様子姿勢の強い展開。
    日経平均は3日続落中にあるが、TOPIXが前場小幅高で引け
    るなど全体には底堅さを維持。
    後場も引き続き、下値しっかりも上値も重い、こう着した
    展開が続きそうだ。
    連騰が続くマザーズ、JASDAQはマイナス圏で推移となって
    いるが東証2部はプラス圏での推移するなど、引き続き中
    小型へ物色は続いている。JASDAQ、マザーズに関しても後
    場は底型さを示す見通し。
    
    
    
  • 2017-03-07【東京市場見通し】

    こう着感の強い展開  欧米株安も円高一服が下支え
    
    前日の海外市場で欧米株が下落、金融株の下げが相場の重し
    となった。
    いっぽうで、ドル/円は現在、113円台後半での推移、小動き
    ではあるが、円高方向への動きは一服している。
    日本株は欧米株安も円高一服が下支えとなる見通し。
    ただ、取引時間中は新たな材料には乏しく、上は期待しづ
    らい。こう着感の強い展開が予想される。
    日経平均は25日移動平均線(19224円)、5日移動平均線(1938
    5円)間で、もみあいといったところ。
    そんななか、中小型株を中心とした個別物色の流れが続く
    見通し。
    
    日経平均予想レンジは19250-19450円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り510万株、買い660万株、
    差し引き150万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が113円台後半での推移。
    (6日終値113.79-81円)
    
    現在、ユーロ/円が120円台半ばでの推移。
    (6日終値120.60-64円)
    
    6日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって反落。
    北朝鮮によるミサイル発射を受け、北東アジアにお
    ける地政学リスクが台頭したほか、欧州市場で大型
    資本増強を嫌気されたドイツ銀行が約8%下落した
    ことを受けてシティグループやJPモルガン・チェー
    スなどが下落。
    また、3月利上げ見通しが強まるなか、週末の米2月
    雇用統計を控えた持ち高調整の動きも。
    NYダウ終値は-51.37の20954.34、
    S&P500は-7.81の2375.31、
    NASDAQは-21.58の5849.18。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-03-06【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ピックアップ
    ピジョン<7656> 決算発表。
    終値3325円(前日比±0円±0.00%)
    17年1月期の連結経常利益は164億円。従来予想149億円
    を上回り、減益予想から一転して増益着地となった。
    また、18年1月期も170億円に伸びを見込み、7期連続で
    過去最高益を更新する見通し。
    同時に配当修正も発表しており、年間配当を50円から
    53円、今期も前期比3円増の56円に増配する方針とした。
    株価は直近、上昇トレンドに乗った形にあるが、やや上
    値の重い展開となっていた。
    好決算をうけて、上値を伸ばす展開が期待される。
    仮に材料出尽くしと反応した場合でも下値は限定的の見
    込み、押し目は拾いたいところ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    マクドナルド<2702>
    終値3210円(前日比+5円+0.16%)
    2月既存店売上高は18%増。15ヶ月連続で前年実績上回り。
    
    薬王堂<3385> 
    2月既存店売上高は前年同月比2.5%増。今期12ヵ月連続
    で前年実績上回り。
    
    VEGA<3542>
    終値3200円(前日比-90円-2.73%)
    株式分割を発表。3/31を基準日に1株を2株に分割。
    
    ブロードリーフ <3673>
    終値697円(前日比+5円+0.72%)
    ソフトウエア開発を手掛けるタジマを子会社化。
    
    チエル<3933>
    終値1800円(前日比±0円±0.00%)
    ドバイのワールドトレードセンターで開催される、
    中東地域で最大規模の教発表授業支援プラットフ
    ォーム「CaLaboBridge」(キャラボ ブリッジ)」
    や協働学習支援システム「CaLabo TX」などの語
    学学修ソリューションを展示。
    
    ソルクシーズ<4284>
    クラウド文書管理サービス「Cloud Shared Office
     ECM」を、より便利で快適に使用できるようバー
    ジョンアップし、本日より販売を開始したと発表。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-06【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め11銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S エムビーエス<1401>、
    S アミタHD<2195>、
    S 北の達人<2930>、
    S トラストHD<3286>、
    S オルトP<3672>、
    S ITbook<3742>、
    S Jエスコム<3779>、
    一時S Aiming<3911>、
    S チェンジ<3962>、
    S 太洋工業<6663>、
    S ジシステム<9758>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    GMOメディア<6180> 大幅反発。
    終値3580円(前日比+320円+9.81%)
    日足一目均衡表の雲(上限3513円)突破。
    
    ピックアップ
    ユニバーサル<6425> 5日大幅続伸。
    終値4555円(前日比+245円+5.68%)
    25日移動平均線(4189円)近辺でのもみあい相場から、
    直近、上放れ傾向にあった。
    本日、昨年来高値4340円(2/1)を更新し、上方向へ
    のトレンドを一段と強めたかっこう。
    過熱感もさほど無く、引き続き、堅調な展開が期待
    される。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-06【東京市場概況】

    日経平均は続落(90円安) 円高重しに売り優勢 新興市場は堅調
    
    先週末、イエレンFRB議長が3月の利上げに前向きな姿勢を
    見せたもののドル/円は円高方向、材料出尽くし感が広がっ
    ていたなか、北朝鮮による弾道ミサイル発射が伝わり、
    地政学リスクも意識され、売り優勢で日本株はスタートし
    た。
    日経平均は一時、128円の下落幅となる場面が見られたが、
    売り一巡後はやや下げ渋り、前場の取引を終えていた。
    後場は、様子姿勢が強まり、50円ほどの値動き、新規の手
    掛かり材料待ちの状態となった。
    
    日経平均終値は-90.03円の19379.14円。
    
    東証1部の出来高は14億897万株、
    売買代金は1兆7209億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり916銘柄、値下がり930銘柄、
    変わらず158銘柄。
    
    業種別では値上がりが10業種、値下がりが23業種。
    値上がりは石油・石炭、鉄鋼、その他製品など。
    値下がりトップは保険、電気・ガス、陸運。
    
    3月の米利上げとの見方は強まっているが織り込みの反応、
    ドル/円は円安に振れず、円高方向へ。
    ドル/円との連動性の強い、日経平均も上値は重く、ここま
    でのもちあいレンジ上限19500円を上抜けきれず、僅かな
    がら5日移動平均線(19385円)を割れた。
    やや下振れを意識したいところであり、今週はSQ(特別清
    算指数)の週、波乱の展開も警戒したい。
    下値は25日移動平均線(19224円)、もしくは節目19000円近
    辺まで押す可能性もありと見ておきたいところだろう。
    いっぽうで、新興市場は堅調な展開が続いている。ジャス
    ダックが17日続伸で連日の昨年来高値更新。
    マザーズは小幅に11日続伸、売買代金は1200億円超えと活
    況。
    日経平均のもみあい相場が続く限り、中小型株への物色が
    継続しそうだ。ただ、高値警戒感もあり、注意は必要。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-03-06【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続落(98円安) 円高重しに売り優勢
    
    先週末の米株市場は堅調だったものの、為替ドル/円が
    円高方向の流れにあることが重しとなり、売り優勢の
    展開となった。
    朝方、北朝鮮が日本海に向けミサイルを発射伝わり、
    円高方向への動きを強めたかっこう。
    日経平均は一時、128円安となり、19340円まで下押し
    た。
    売り一巡後はいっていの底型さを示しているものの
    様子姿勢は強く、戻りも限定されている。
    
    日経平均前場終値は-98.70円の19370.47円。
    
    東証1部の出来高は6億6293万株、
    売買代金は7980億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり906銘柄、値下がり911銘柄、
    変わらず181銘柄。
    
    業種別では値上がりが9業種、値下がりが24業種、
    値上がりは石油・石炭、鉄鋼、その他製品など。
    値下がりトップは保険、電気・ガス、陸運。
    
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均はもち合いレンジの上限19500円を明確に上放れ
    ることができず、売り優勢での週初となった。
    後場は、日銀ETF買い期待などから、底堅い展開が続くだ
    ろうが、レンジ上限を上抜けるほどの勢いはないだろう。
    そんななか、中小型株は堅調な展開。東証2部、マザーズ、
    JASDAQはプラス圏での推移。後場も中小型へ物色が向か
    いやすい流れにある。
    
    
    
  • 2017-03-06【東京市場見通し】

    米3月利上げを意識ししっかりの展開 19500円前後での推移 
    
    先週末3日、米株市場は小幅に上昇。注目されたイエレン
    FRB議長の講演では、3月利上げの可能性について言及した。
    それを受けて金融株に買いが向かったものの、週末要因な
    どから上値の重い展開、為替ドル/円も114円台後半まで、
    円安方向に振れる場面も見られたが失速、現在は114円ど
    ころでの推移。
    為替ドル/円との連動性の強い日本株は、上値の重さが意識
    されそうだ。
    ただ、3月利上げへの明言があったことで、円高方向にも振
    れにくい。
    日経平均は節目19500円どころでもみあい。次の材料待ちと
    なりそうだ。
    今週は米国で1月貿易収支、1月消費者信用残高、2月ADP雇
    用統計、2月輸入物価指数、新規失業保険申請件数、週末
    には2月雇用統計が予定されている。
    主力処が様子見姿勢となると予想されるなか、引き続き中
    小型株が中心の相場展開となりそうだ。
    
    日経平均予想レンジは19350-19600円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1110万株、買い970万株、
    差し引き140万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が114円どころでの推移。
    (先週末3日終値114.26-27円)
    
    現在、ユーロ/円が121円台前半での推移。
    (先週末3日終値120.21-25円)
    
    3日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって上昇、小幅に反発となった。
    注目されたイエレンFRB議長の講演。3月利上げに前向きな
    姿勢を示したことで、早期利上げ観測が強まった。
    金利の上昇を見込み金融株が買われたものの、週末要因か
    ら上値は重く、もみあいとなった。
    NYダウ終値は+2.74の21005.71、
    S&P500は+1.20の2383.12、
    NASDAQは+9.53の5870.75。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-03-03【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ピックアップ
    日駐<2353> 決算発表。
    終値154円(前日比+2円+1.31%)
    17年7月期第2四半期累計(16年8月-17年1月)の連結
    経常利益は17.2億円。前年同期比50.8%増。
    直近3ヵ月の実績である11-1月期(2Q)の連結経常利
    益も9.8億円と前年同期比19.2%増の伸び。
    株価は上値抵抗と意識されていた25日移動平均線
    (152円)を回復しており、好決算を受けて、次に75
    日移動平均線(158円)回復へ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    プレサンス<3254>
    終値1392円(前日比+9円+0.65%)
    三栄建築<3228>と共同で米国において不動産開発
    プロジェクトに着手すると発表。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-03【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S エムビーエス<1401>、
    S ビリングシス<3623>、
    S Jエスコム<3779>、
    一時S アンドール<4640>、
    一時S C&R<4763>、
    S ACCESS<4813>、
    一時S チヨダウーテ<5387>、
    S GFA<8783>、
    S ジシステム<9758>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    BEENOS<3328> 4日続伸。
    終値1532円(前日比+28円+1.86%)
    日足一目均衡表の雲(上限1505円)突破。
    
    ピックアップ
    ディップ<2379> 4日大幅続伸。
    終値2492円(前日比+84円+3.48%)
    本日、上昇が目立ったのが人材サービス関連。
    発表された経済指標の1月の有効求人倍率が1.43倍、
    昨年12月と横並びも、1991年7月以来の26年ぶりの
    高水準となった。
    業務委託や派遣、求人情報提供などを手掛ける企業
    のビジネスチャンスにつながるとの思惑が広がった。
    また、。安倍政権が提唱する「働き方改革」のテー
    マにも乗っている。
    そんな人材サービス関連から当銘柄に注目。
    前日に日足一目均衡表の雲(上限2386円)を突破、
    本日も上値を伸ばし、上昇トレンドを強めたかっこう。
    目先、200日移動平均線(2695円)を試す展開にある。
    
    コーセー<4922> 反発。
    終値10170円(前日比+340円+3.45%)
    前日(2日)に群馬工場の敷地内に建設した新生産棟の
    一部稼働を開始したと発表。
    国内外に持つ工場をあわせた総生産量が従来比約1.3
    倍に拡大するとしており、業績への寄与などを期待
    する買いが向かった。
    テクニカル面でも、日足一目均衡表の雲(上限9862円)
    から上放れ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-03【東京市場概況と来週の見通し】

    3日概況 日経平均は4日ぶり反落 節目19500円下回り引けた
    
    朝方から前場引けにかけては、前日の米株が反落となったもの
    の、為替ドル/円が円安方向にあったことなどを下支えに、日経
    平均はプラス圏で推移する場面も見られ、しっかりとした展開
    となっていた。
    ただ、円安が一服すると、次第に利益確定売り優勢に。日経平
    均は後場に、下げ幅を172円まで拡げ、19400円を割れる場面も
    あった。
    その後、大引けにかけては持ち直したが、戻りも限定され、節
    目19500円を下回り、本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は-95.63円の19469.17円。
    
    東証1部の出来高は17億1745万株、
    売買代金は2兆1856億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり617銘柄、値下がり1256銘柄、
    変わらず130銘柄。
    
    業種別では値上がりが7業種、値下がりが26業種、
    値上がりはその他製品、海運、水産・農林など。
    値下がりトップは鉱業、石油・石炭、建設。
    
    
    来週の見通し イベント目白押しで見送りムードか
    
    前日の上昇の反動などを考えると、本日の下落は週末要因も
    あり、想定内の動きと見れる。
    前日に開けたマド(19414.55円-19564.80円)を埋めて、週明
    けは反発となる可能性もうかががえる。
    一方で、節目19500円を下回って引けており、19000円-1950
    0円の、もち合い相場を明確に上抜けきれなかった。再び同
    レンジで推移が続く可能性も。
    来週以降に控えるイベントからも見送りムードが強くなる
    可能性が高い。
    週末にメジャーSQ。その日の夜には米雇用統計を控える。
    また、その翌週には米予算教書、米FOMCなどイベントが目
    白押しだ。
    そんななか、今晩に控えるイエレンFRB議長の講演で、
    3月利上げの可能性が一段と高まり、ドル/円が一段と円安方
    向に振れれば、週明けから買い先行、日経平均の上値余地
    は広がる。
    まず、終値ベースの昨年来高値(19594.16円)更新が目標。
    この目標が達成されれば、20000円に向けての動きが期待さ
    れるところ。
    堅調な展開が続く新興市場は、過熱感をやや警戒しつつも、
    主力株の上値の重さが意識される限り、物色対象となる見
    通し。本日もジャスダックが16日続伸し連日で昨年来高値
    を更新。マザーズも小幅に10日続伸し、売買代金は1300億
    円を超える活況となった。
    
    来週の日経平均予想レンジは19200-19800円。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-03-03【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小反落(27円安) 下値しっかりもやや利益確定売り優勢
    
    前日の米株市場が反落も為替ドル/円も円安方向と海外市場から
    は好材料まちまち。
    日本株は上値は直近の上昇から思いも下値もしっかりの展開。
    日経平均はドル/円と連動性が高く、円安方向に振れる場面では、
    プラス圏に転じる場面もあるも円高一服となれば、利益確定売
    りに押される展開となっている。
    
    日経平均前場終値は-27.22円の19537.58円。
    
    東証1部の出来高は7億6005万株、
    売買代金は9299億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり795銘柄、値下がり1021銘柄、
    変わらず182銘柄。
    
    業種別では値上がりが11業種、値下がりが21業種。
    値上がりが海運、その他製品、水産・農林など。
    値下がりトップは鉱業、石油・石炭、建設。
    
    
    後場の見通し
    
    前場の日経平均は前日終値を挟んでのこう着。ただ、これまで
    のレンジ上限19500円を上回ってのこう着であり、雰囲気とし
    ては目先に上振れへとの期待の方が大きい。
    今日のところは、週末要因などから、引き続き、こう着した展
    開が続きそうだ。
    
    
     
  • 2017-03-03【東京市場見通し】

    しっかり ドル/円が米国の早期利上げの見方が強まり円安方向
    
    前日の米株市場は前日の大幅上昇の反動から利益確定売り優
    勢の展開となり、NYダウは110ドル超の下落となった。
    ただ、ドル/円が円安方向に振れており、現在は114.40円近辺
    での推移。
    日本株は米株安と円安で好悪材料を相殺。日経平均は前日終
    値(19564.80円)付近でのスタートが予想される。
    その後も一日を通して、しっかりとした展開が続く見通し。
    米国の3月利上げとの見方が強まってきているなか、今晩に
    イエレンFRB議長、フィッシャー副議長の講演が控える。
    ドル/円との連動性が強い日経平均は、円安進行期待から下げ
    づらいと予想する。
    その他に9月に自民党総裁2期目の任期満了を迎える安倍首相
    について、5日の党大会で連続3期9年に正式に延長される見
    通し。注目されるのはIoT、ビッグデータ、ロボット、人工
    知能(AI)等による技術革新に関する銘柄。
    
    日経平均予想レンジは19500-19700円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り500万株、買い480万株、
    差し引き20万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が114円台前半での推移。
    (2日終値114.18-19円)
    
    現在、ユーロ/円が120円台前半での推移。
    (2日終値120.34-38円)
    
    2日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって反落。前日の急反発の反動から利益確定売
    り優勢の展開となった。
    市場の反応は限定だったが、発表された経済指標は米週間の
    新規失業保険申請件数が季節調整済みで22万3000件と、市場
    予想平均の24万5000件に対して良好だった。
    NYダウ終値は-112.58の21002.97、
    S&P500は-14.04の2381.92、
    NASDAQは-42.81の5861.22。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-03-02【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ロックフィール<2910>
    終値1768円(前日比+5円+0.28%) 決算発表。
    5-1月期(3Q累計)経常26%増益着地。11-1月期も11%増益。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    長谷工<1808>
    終値1347円(前日比+13円+0.97%)
    今期配当10円増額修正(30円に)。
    
    森永乳業<2264> 
    終値889円(前日比+8円+0.91%)
    今後成長が見込める米国のヨーグルト市場に参入。
    国外でヨーグルトを販売するのは初。
    
    住友重<6302>
    終値838円(前日比+24円+2.95%)
    再生可能エネルギーの中核をなす循環流動層ボイラ事業
    を展開するオランダのFWエナジー社の全株式を取得し子
    会社化。
    
    Uアローズ<7606>
    終値3570円(前日比+15円+0.42%)
    2月既存店売上高4.5%増。5ヶ月連続で前年実績上回り。
    
    3Dマトリックス<7777>
    終値909円(前日比+14円+1.56%)
    新規自己組織化ペプチド配列の組織閉塞剤としての特
    許が欧州で成立したと発表。
    
    ピックアップ
    ファストリ<9983>
    終値36500円(前日比+360円+0.99%)
    2月の国内ユニクロ売上高速報を発表。
    既存店売上高が前年同月比5.2%増と3ヶ月ぶりに前
    年実績を上回り。
    客数は前年同月比3.9%増と3ヶ月ぶりに増加に転じ、
    客単価は前年同月比1.2%上昇。
    株価は直近に25日移動平均線(35828円)を回復し、
    同線から上放れ傾向にある。
    次に75日移動平均線(38842円)をうかかがう展開、
    同線回復となれば、中長期的にも上昇トレンド転
    換と判断されるところ。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-02【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S ベクター<2656>、
    S ジューテック<3157>、
    S アンドール<4640>、
    S チヨダウーテ<5387>、
    S オウチーノ<6084>、
    一時S アーキテクツ<6085>、
    一時S 森尾電<6647>、
    S ジシステム<9758>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    光世証<8617>
    終値202円(前日比+11円+5.75%)
    日足一目均衡表の雲(上限195円)突破。
    
    ピックアップ
    デンカ<4061> 大幅続伸。
    終値615円(前日比+24円+4.06%)
    前日(3/1)に4/1出荷分から電子包材用シートをキロ当たり40
    円値上げすると発表。
    これによる採算改善などの期待から、買いが向かったようだ。
    テクニカル面においても、25日移動平均線(587円)をサポート
    に上昇トレンドを維持、本日の大幅上昇で昨年来高値を更新。
    引き続き、堅調な展開が期待される。
    
    JIA<7172> 大幅続伸。
    終値4175円(前日比+270円+6.91%)
    本日、11時に定款一部変更に関するお知らせ」を発表。
    その中で注目されたのが、「営む事業」に関する項目。
    「投資及び金融に関するコンサルティング」から「投資、金
    融及び経営に関するコンサルティング」に変更された。
    収益拡大を期待した買いが入ったようだ。
    株価は前日(3/1)に25日移動平均線(3722円)から上放れ、
    5日移動平均線(3902円)も回復して引けていた。
    本日はさらに上方向へのトレンドを強めたかっこう。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-02【東京市場概況】

    日経平均は3日続伸(171円高) 一時270円高も、その後上げ幅を縮小
    
    前日の米株高や為替ドル/円が円安方向に振れていたことなどを
    好感し、朝方から買いが先行。
    日経平均は一時、274円超の上げ幅となり、19668円まで上昇。
    1/5の取引時間中の昨年来高値19615.40円を更新した。
    前場はそのまま高値圏を維持して引けていたが、後場に入ると
    戻り売りに押され、上げ幅を縮小、安値引けで本日の取引を終
    えた。
    
    日経平均終値は+171.26円の15964.80円。
    
    東証1部の出来高は22億1038万株、
    売買代金は2兆5328億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1457銘柄、値下がり421銘柄、
    変わらず124銘柄。
    
    業種別では値上がりが29業種、値下がりが4業種。
    値上がりトップは非鉄金属、証券・商品、ガラス・土石。
    値下がりはその他製品、バルブ・紙、サービス、鉱業のみ。
    
    日経平均はここまでのレンジ1900-19500円を上抜けた。
    ただ、終値ベースでの昨年来高値(19594.16円)更新を逃し
    安値引け。
    戻り売り圧力に押されており、もち合い相場を完全に脱し
    たとは言えない。
    3月に米利上げとの見方が強まってきているなか、3日のイ
    エレンFRB(米連邦準備制度理事会)議長の議会証言などを
    控えて、慎重姿勢となっており、積極的な買いは向かって
    いないようだ。
    いっぽうで、新興株式市場は堅調。ジャスダックが15日続
    伸し連日で昨年来高値を更新。マザーズは9日続伸。
    マザーズの売買代金は15000億円超えと活況。
    引き続き、新興市場は堅調な展開が続く見通し。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-03-02【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅続伸(250円高) 取引時間中の昨年来高値更新
    
    朝方から買いが先行。前日の米株高や為替ドル/円が円安方向に
    振れていたことなどが好感された。
    日経平均は取引時間中の昨年来高値(15/12/18)を更新。
    上げ幅は270円超となり、19600円台後半まで値を上げる場面が
    あった。
    買い一巡後は、やや伸び悩む場面もあったが、盛り返し高値圏
    で、前場の取引を終えている。
    
    日経平均前場終値は+250.08円の19643.62円。
    
    東証1部の出来高は12億2727万株、
    売買代金は1兆2957億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1493銘柄、値下がり369銘柄、
    変わらず140銘柄。
    
    業種別では全33業種が上昇。
    値上がりトップは非鉄金属、保険、証券・商品。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均はこれまでのレンジ19000-19500円を抜けた。
    ここから20000円へに向けた動きを期待したいところ。
    ただ、ドル/円が114円近辺で足踏み。一段と円安に振
    れるような動きが見られなければ、日経平均も19600
    円どころで上値の重い展開が続きそうだ。
    後場は、終値で高値圏を維持できるかに注目。19600
    円台、19500円を上回って引けることが出来れば、明
    確に19000-19500円をレンジ相場から上抜けたとの判
    断が強まり、買いも入れやすくなる。
    
    
    
    
    
  • 2017-03-02【東京市場見通し】

    買い優勢 米株最高値を更新 為替ドル/円も円安方向 
    
    トランプ大統領の議会演説を受けた米株が大幅高。主要3指数
    そろって史上最高値を更新し、NYダウは300ドルを超える上昇
    で21000ドル台に乗せた。
    為替ドル/円も現在、114円台手前での推移、円安方向の動きに
    ある。
    良好な外部環境を好感し、日本株も買い優勢の見通し。
    CME225先物では節目19500円を超え、19600円近辺まで上昇。
    日経平均も19500円超えでのスタートが期待される。
    その水準では戻り売りも強い。為替ドル/円が114円台と一段
    と円安に振れるなどの好材料がなければ、買い一巡後は上値
    の重さが意識されそうだ。
    ただ、下値不安はかなり和らいでいることから、押し目買い
    意欲は強い、これまで上値メドと意識されていた19400-1950
    0円水準が、逆に下支えの水準となりそうだ。
    本日の物色は主力大型株に集中する可能性が高いが、地合い
    改善のなか、新興株、中小型へも積極的に買いが入る見通し。
    
    日経平均予想レンジは19450-19650円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り720万株、買い1710万株、
    差し引き990万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が114円手前での推移。
    (1日終値113.48-49円)
    
    現在、ユーロ/円が120円円前半での推移。
    (1日終値119.61-65円)
    
    1日の米株市場概況
    
    大幅反発。主要3指数そろって史上最高値を更新。
    NYダウは300ドル超の上昇となり21000ドルを突破。
    トランプ大統領の議会演説を受けて大型インフラ
    投資による景気拡大期待が再び高まった。
    また、発表された経済指標がおおむね良好、
    金融当局者の発言を受けて3月利上げ見通しが
    一段と高まった。
    NYダウ終値は+303.31の21115.55、
    S&P500は+32.32の2395.96、
    NASDAQは+78.59の5904.03。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-03-01【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ステラケミファ<4109> 業績・配当修正発表。
    終値3320円(前日比+45円+1.37%)
    今期経常30%上方修正。配当3円増額(41円に)。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ウエルシアHD<3141>
    終値3170円(前日比+35円+1.11%)
    シンガポールでドラッグストアの店舗展開をめざし
    現地企業と合弁会社を設立。
    
    三越伊勢丹<3099>
    終値1429円(前日比-10円-0.69%)
    2月度売上高は0.4%増。2ヵ月ぶりに前年実績上回り。
    
    ピックアップ
    コンコルディア<7186>
    終値602円(前日比+4.4円+0.73%)
    自社株買いを発表。
    発行済み株式数(自社株を除く)の1.00%にあたる
    13,000,000株(金額で50億円)を上限に自社株買い実施。
    取得期間3/3~3/24。
    株価は直近に25日移動平均線(609円)を割れて、
    やや下振れ傾向にあったが、発表を好感、同線回復か
    ら再び上昇トレンドへと期待がかかる。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-01【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め12銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S エムビーエス<1401>、
    S ジーエヌアイ<2160>、
    一時S タウンN<2481>、
    S J―HD<2721>、
    S ジューテック<3157>、
    S サイステップ<3810>、
    一時S カナミックN<3939>、
    一時S ビーマップ<4316>、
    S ソフトブレン<4779>、
    S チヨダウーテ<5387>、
    S オウチーノ<6084>、
    一時S 森尾電< 6647>。
    
    ピックアップ
    オウチーノ<6084> S高
    終値4510円(前日比+700円+18.37%)
    前日(2/28)に3月29日開催予定の定時株主総会において
    付議する取締役選任について、COOKPAD<2193>前社長の
    穐田誉輝氏ら5名の候補発表。
    候補者の穐田誉輝氏は、昨年実施した株式公開買付け
    (TOB)などにより、同社株式の過半数を取得している。
    穐田氏の手腕に対する期待から買いが向かったようだ。
    株価はS高となり、25日移動平均線(3993円)を回復し
    上放れ、上昇トレンドに再び乗った形にあり、テクニ
    カル面でも良好。
    昨年来高値4640円(17/2/6)をうかがう展開から一段高
    へと期待がかかる。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ALBERT<3906> 大幅続伸。
    終値1417円(前日比+132円+10.27%)
    25日移動平均線(1324円)回復。
    200日移動平均線(1313円)回復。
    
    ピックアップ
    栗田工<6370> 大幅反発。
    終値2855円(前日比+175円+6.52%)
    寄り前に自社株買いを発表。
    発行済み株式数(自社株を除く)の3.45%にあたる
    400万株(金額で100億円)を上限に自社株買い実施。
    取得期間3/2~5/31。
    発表を好感した買いなどから大幅上昇。直近に割
    れていた25日移動平均線(2709円)を回復し、昨年
    来高値2807円(17/2/15)も更新。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-03-01【東京市場概況】

    日経平均は大幅続伸(274円高) 一時は19400円台に乗せる場面も
    
    前場に為替ドル/円が円安方向に振れていたことが好感され、
    日経平均は一時、240円超の上昇となり、19360円まで値を
    上げた。その後は、トランプ米大統領の議会演説を控えて
    様子見気分が強まり、上げ幅を縮小する展開にあった。
    しかし、後場に再び上昇。昼休みの時間帯にトランプ氏の
    演説が無難に終了し、ドル/円が円安方向に振れたことなど
    が安心感につながった。日経平均は295円超の上昇、一時
    は19400円台を回復する場面があった。引けにかけても高
    値圏を維持し、本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+274.55円の19393.54円。
    
    東証1部の出来高は19億9364万株、
    売買代金は2兆3890億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1426銘柄、値下がり456銘柄、
    変わらず120銘柄。
    
    業種別では値上がりが32業種、値下がりが1業種。
    値上がりトップは機械、保険、証券・商品。
    値上がりはバルブ・紙のみ。
    
    トランプ米大統領の議会演説を無難に通過。日経平均は
    テクニカル面において、25日移動平均線(19217円)、5日
    移動平均線(19255円)を回復。引き続き、レンジ相場の
    上限19500円どころを上抜けたわけでは無いため、新た
    なトレンドが出たとは判断するには早いが、下値は不安
    は一段と和らいできている。19500円を上抜ければ、200
    00円も見えてくるところ。
    また、新興市場も前場は売り優勢にあったが、後場に買
    い優勢に転じ、ジャスダックが14日続伸、マザーズも8
    日続伸と堅調。引き続き、上昇トレンド真っただ中にあ
    る。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-03-01【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続伸(103円高) 円安好感し一時240円超上昇
    
    米連邦準備理事会(FRB)高官のタカ派的な発言が相次いだこと
    で米3月利上げ観測が強まり、為替ドル/円が円安方向に振れて
    いた。
    円安方向にあったドル/円を好感し、日本株は朝方から買いが
    先行。
    日経平均は一時、240円超の上昇となり、19360円まで値を上
    げる場面が見られた。
    その後は、はトランプ米大統領の議会演説を控えて様子見気
    分が強まり、上げ幅を縮小、11時過ぎから始まった演説をに
    ら一進一退の動きとなり、前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+103.57円の19222.56円。
    
    東証1部の出来高は10億258万株、
    売買代金は1兆1296億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり859銘柄、値下がり974銘柄、
    変わらず165銘柄。
    
    業種別では値上がりが22業種、値下がりが11業種。
    値上がりトップは保険、機械、石油・石炭。
    値下がりは海運、鉱業、その他金融など。
    
    
    後場の見通し
    
    昼休憩中も取引をされている225先物を見る限り、トランプ大
    統領の議会演説が続く中、さほど大きな動きはみせていない。
    後場に上下どちらに振れるか注目されるところだが、今晩の
    米市場の動向を見極めたいとの思惑を広がると見られ、こう
    着した展開となりそうだ。
    そうしたなか、物色の流れは徐々に中小型へ移ると思われる。
    
    
  • 2017-03-01【東京市場見通し】

    トランプ大統領議会演説受けて一時乱高下
    
    前日の米株市場が反落。トランプ大統領議会演説を前に様子
    見姿勢が強い展開となった。
    日本株も日本時間11時から予定のトランプ大統領議会演説を
    前に朝方は様子見姿勢の強い展開。
    為替ドル/円が米連銀総裁の早期利上げに前向きな発言が相次
    いだことから、円安方向に振れており、やや買い優勢でのス
    タートとはなりそうだ。
    その後は、トランプ大統領の議会演説が近づくにつれてポジ
    ション調整の流れも出やすい。
    11時以降、前場引けにかけては、演説の内容次第で乱高下。
    ここまで日本株は急落を警戒しての動きとなっていた面が
    強いだけに、ポジティブ視された場合の上昇インパクトは
    大きそうだ。
    急落の可能性としては、ドル高への警戒を強く打ち出すよ
    うな話が出てきた場合。
    その時は、為替が円高に振れ、日本株にとってはネガティ
    ブな材料となる。
    
    日経平均予想レンジは18800-19500円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り860万株、買い1290万株、
    差し引き430万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が113円どころでの推移。
    (28日終値112.30-32円)
    
    現在、ユーロ/円が119円台前半での推移。
    (28日終値118.97-119.01円)
    
    28日の米株市場概況
    
    反落。NYダウは13日ぶりに反落、S&P500は4日ぶり反落、
    NASDAQは3日ぶり反落となった。
    トランプ大統領の施政方針演説を控え様子見姿勢。
    また、月末要因もありポジション調整の売りにも押さ
    れたようだ。
    NYダウ終値は-25.20の20812.24、
    S&P500は-6.11の2363.64、
    NASDAQは-36.46の5825.44。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
お気軽にお問い合わせください
  • お申込み
  • お問い合わせ
電話番号