• 2017-04-28【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    九電工<1959> 決算発表。
    終値3195円(前日比+10円+0.31%)
    17年3月期の連結経常利益は前期比16.8%増の321億円。
    18年3月期も前期比15.0%増の370億円に伸びる見込み。
    年間配当60円から70円に、今期は80円へ。
    
    インフォマート<2492> 決算発表。
    終値669円(前日比+5円+0.75%)
    17年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益は前年同期比11.2%
    増の5億円。1-6月期(上期)の同利益を従来予想4.3億円→7.3億
    円に。
    
    ペッパー<3053> 決算発表。
    終値1369円(前日比-30円-1.50%)
    上期経常を一転64%増益に上方修正。
    
    ロート<4527> 業績修正発表。
    終値2079円(前日比+8円+0.38%)
    17年3月期の連結経常利益を従来予想134億円から160億円に上方
    修正。
    
    日電硝<5214> 決算発表。
    終値691円(前日比+1円+0.14%)
    17年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益は前年同期比2.4倍
    の59億円に急拡大。
    
    東エレク<8035> 決算発表。
    終値12965円(前日比-50円-0.38%)
    17年3月期の連結経常利益は前期比32.0%増の1575億円。
    18年3月期も前期比37.1%増の2160億円に拡大する見込み。
    年間配当を305円から352円に。今期も145円増の497円へ。
    
    SCSK<9719> 決算発表。
    終値4485円(前日比-25円-0.55%)
    17年3月期の連結経常利益は前期比7.5%増の361億円。
    18年3月期も前期比2.4%増の370億円に伸びる見込み。
    年間配当85円から90円に。今期も95円へ。
    
    ピックアップ
    ファンデリー<3137> 決算発表。
    終値1500円(前日比+48円+3.30%)
    17年3月期の経常利益(非連結)は前期比23.2%増の6.1億円。
    18年3月期も前期比10.4%増の6.8億円に伸びる見込みとなった。
    株価は25日移動平均線(1427円)近辺での日柄調整から直近に上
    振れ傾向、決算をキッカケに一段と上方向へのトレンドを強め
    る展開に期待がかかる。
    
    コーセー<4922> 決算発表。
    終値10570円(前日比+48円+3.30%)
    17年3月期の連結経常利益は前期比14.5%増の395億円。
    18年3月期も前期比5.9%増の419億円に伸びる見込み。
    前期年間配当を94円から110円に。今期も126円に増配へ。
    直近の株価は小幅に6日続伸となり、週足一目均衡表の雲(上
    限10565円)を突破。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    アエリア<3758>
    終値5620円(前日比-260円-4.42%)
    女性向けゲームを手掛けるアリスマティック社を完全子会社化。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-28【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S KDXサムス<1584>、
    一時S enish<3667>、
    S アイビーシー<3920>、
    S テモナ<3985>、
    一時S CANBAS<4575>、
    一時S セメダイン<4999>、
    S トリニ工<6382>、
    S フタバ<7241>、
    一時S UEX<9888>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    高砂熱<1969> 大幅上昇。
    終値1726円(前日比+131円+8.21%)
    前日発表の上方修正(前期経常一転27%増益)を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限1658円)突破。
    
    クラボウ<3106> 7日続伸
    終値249円(前日比+11円+4.62%)
    前日発表の前期経常35%上方修正を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限245円)突破。
    
    イビデン<4062> 4日大幅続伸。
    終値1960円(前日比+180円+10.11%)
    前日発表の決算(今期最終黒字浮上)を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限1818円)突破。
    
    ネットワン<7518> 大幅反発。
    終値1017円(前日比+103円+11.26%)
    前日発表の決算(前期経常が上振れ、今期26%増益へ)を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限932円)突破。
    
    ピックアップ
    愛三工<7283> 大幅反発。
    終値1001円(前日比+96円+10.60%)
    前日発表の決算が好感された(今期経営19%増益、年間配当3
    円増)。
    テクニカル面では75日移動平均線(944円)を回復。日足一目均衡
    表の雲(上限970円)を突破。
    また、週足一目均衡表においても雲(上限984円)を突破するなど
    一段の上振れが期待されるところ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-28【東京市場概況と来週見通し】

    28日概況  日経平均は続落(55円安) 決算を手掛かりとした個別
    物色が中心の展開
    
    前日の海外市場が小動きとなるなど、新たな材料に欠けたなか
    日本株は利益確定売り優勢の展開となった。
    大型連休を控えていることなどが、上値を積極的に追いにくく
    している。
    ただ、好業績株への物色などが下支えとなり、指数の下値は限
    定的、日経平均は後場に付けた19164.68円(87.19円安)がこの
    日の安値となった。
    
    日経平均終値は-55.13円の19196.74円。
    
    東証1部の出来高は19億9653万株、
    売買代金は2兆5460億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり697銘柄、値下がり1236銘柄、
    変わらず83銘柄。
    
    業種別では値上がりが10業種、値下がりが23業種。
    値上がりは情報・通信、その他製品、建設など。
    値下がりトップは証券・商品、銀行、その他金融。
    
    
    来週の見通し 大型連休前で方向感の無い展開
    
    来週の取引は1日(月)、2日(火)2日間のみ。3日(水)からは連休
    に入るため、その間の海外市場の動向を警戒、一方向へポジシ
    ョンを傾けにくい展開。
    注目材料としては、1日(月)発表の米4月ISM製造業景況指数。弱
    い内容となり、米株市場が軟調となれば、日本株も調整入りを
    警戒。売りに押される可能性がある。
    元々、直近の日本株は強い上昇となったが、日経平均はもとの
    レンジ相場水準に戻しただけ、その時と比較して何かが良くな
    ったわけでも無い。
    東京市場が連休の間、2日~3日に米FOMC、5日に米4月雇用統計
    など注目イベントを控える。
    また、連休明けの9日は韓国大統領選などを控えており、北朝鮮
    情勢への警戒感も継続しやすい。
    どちらかというと、調整を警戒する向きの方が強そうだ。
    
    来週の日経平均予想レンジは18900-19450円。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-04-28【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅続落(38円安) 利益確定売り優勢の展開
    
    前日の米株市場、為替ドル/円と動きに乏しく、手掛かり材料に
    欠けた日本株は、利益確定売りが先行した。
    とはいえ、好業績株物色が支えとなり、日経平均はプラス圏に
    転じる場面も見られた。
    ただ、主要企業決算のピーク、大型連休前で、上値を積極的に
    追う動きは見られず、引けにかけては、さえない展開となった。
    
    日経平均前場終値は-38.78円の19213.09円。
    
    東証1部の出来高は9億862万株、
    売買代金は1兆1522億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり730銘柄、値下がり1158銘柄、
    変わらず126銘柄。
    
    業種別では値上がりが12業種、値下がりが21業種。
    値上がりは情報・通信、その他製品、電気・ガスなど。
    値下がりトップは証券・商品、銀行、その他金融。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は価格他別出来高が19200-19500円に差し掛かり、上値
    の重さが意識されている。
    本日、企業決算の前半のヤマ場、ここまで発表された決算につ
    いては、好悪まちまちで、大きなトレンドは出ていない。
    そうしたなか、大型連休に加えて、米雇用統計の発表や仏大統
    領選の決選投票などが控えており、買いにくいところ。
    後場も上値重い展開、引けにかけては弱含む可能性が高いと見
    られる。
    
    
    
    
  • 2017-04-28【東京市場見通し】

    こう着感の強い展開 決算を手掛かりとした個別物色が中心
    
    前日の米株市場がNASDAQが史上最高値を更新するなど反発も小
    動き。為替ドル/円も前日の水準とほぼ変わらず111円台前半での
    推移。
    海外市場の動きが乏しくなったなか、日本株も同様にこう着感
    の強い展開が予想される。
    決算発表の第1弾のピーク、大型連休前で積極的な売買が手控え
    られやすいなか、決算を手掛かりとした個別物色が中心となり
    そうだ。
    日経平均は、やや売り優勢でスタート。日足一目均衡表の雲下
    限(19159円)などをサポートに底堅く推移。
    ただ、19200-19500円処は価格帯別出来高が一番積み上げている
    水準。ここからが強弱感が対立しやすく、戻り待ちの売り圧力
    が意識されてくるところで上値は重そうだ。
    
    日経平均予想レンジは19150-19300円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り2130万株、買い2050万株、
    差し引き80万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が111円台前半での推移。
    (27日終値111.26-28円)
    
    現在、ユーロ/円が120円台後半での推移。
    (27日終値121.33-37円)
    
    27日の米株市場概況
    
    NYダウとS&P500は小幅に反発。NASDAQも反発し2日ぶりに史上最
    高値を更新した。
    好決算期待を背景にテクノロジー株などが上昇。
    ただ、トランプ米政権による税制改革案に対し、税収減を補う
    ための財源手当ての方法が示されておらず、実効性が懸念され、
    買いの勢いは限定的だった。
    NYダウは+6.24の20981.33、
    S&P500は+1.32の2388.77、
    NASDAQは+23.71の6,048.94。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-27【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    高砂熱<1969> 業績修正発表。
    終値1595円(前日比±0円±0.00%)
    17年3月期の連結経常利益を従来予想103億円から134億円に
    上方修正。
    
    カワチ薬品<2664> 決算発表。
    終値3095円(前日比+25円+0.81%)
    17年3月期の連結経常利益は70.6億円(前期比20.2%増)。
    18年3月期も前期比10.5%増の78億円に伸びる見通し。
    
    日ピラー<6490> 業績修正発表。
    終値1457円(前日比-5円-0.34%)
    17年3月期の連結経常利益を従来予想49億円から52億円に
    上方修正。
    
    曙ブレーキ<7238> 業績修正発表。
    終値331円(前日比+2円+0.60%)
    17年3月期の連結経常損益を従来予想4億円の黒字から7億円の
    黒字に上方修正。
    
    ネットワン<7518> 決算発表。
    終値914円(前日比-7円-0.76%)
    17年3月期の連結経常利益は57億円(前期比2.2倍)。
    従来予想45億円を上回って着地。
    18年3月期も前期比26.3%増の72億円に伸びる見通し。
    
    ピックアップ
    コーエーテクモ<3635> 決算発表。
    終値2288円(前日比+30円+1.32%)
    17年3月期の連結経常利益は152億円、前期比3.5%減となっ
    たが、18年3月期は前期比5.2%増の160億円に伸びを見込み、
    2期ぶりに過去最高益を更新する見通し。
    また、前期年間配当を53円から56円に増額、今期も56円を
    継続へ。
    株価は25日移動平均線(2191円)近辺で日柄調整中。決算を
    キッカケに同線から上放れ、上昇トレンド転換へと期待が
    かかる。
    
    ASTI<6899> 業績・配当修正発表。
    終値640円(前日比+24円+3.89%)
    17年3月期の連結経常利益を従来予想11億円から18.8億円に
    上方修正。
    未定としていた期末一括配当は7円(前期3円)実施する方針に。
    株価は本日に日足一目均衡表の雲(上限631円)を突破。
    発表を受けて一段高が期待されるところにある。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ピックアップ
    UT GROUP<2146>
    終値1440円(前日比+85円+6.27%)
    株式会社 Lei Hau oli(レイハウオリ)の株式取得(子会社化)を
    発表。
    株価は本日に25日移動平均線(1404円)を回復し上放れ傾向。
    発表を好感し上方向へのトレンドを強める展開が期待される。
    目先の焦点は年初来高値1590円(4/5)更新となるか。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-27【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め15銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S ウェッジHD<2388>、
    S ケアサービス<2425>、
    一時S オルアバウト<2454>、
    S Vコマース<2491>、
    一時S メディアス<3154>、
    一時S 農業総研<3541>、
    一時S ソケッツ<3634>、
    S チェンジ<3962>、
    一時S イノベーショ<3970>、
    S セメダイン<4999>、
    S JMACS<5817>、
    S 洋機械<6210>、
    S ナガオカ<6239>、
    一時S 野村マイクロ<6254>、
    一時S 扶桑電通<7505>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S タカタ<7312>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    アマノ<6436> 大幅反発。
    終値2315円(前日比+87円+3.90%)
    前日(26日)発表の決算を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限2274円)突破。
    
    ピックアップ
    富通ゼネ<6755> 大幅反発。
    終値2373円(前日比+127円+5.65%)
    前日(26日)発表の決算を好感。(17年3月期の連結最終利益は前
    期比42.8%減の100億円に落ち込んだが、続く18年3月期は前期
    比59.5%増の160億円にV字回復する見通し)
    テクニカル面では日足一目均衡表の雲(上限2368円)突破となり、
    上昇トレンド転換。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-27【東京市場概況】

    日経平均は5日ぶり反落(37円安) 指数反落も好業績銘柄への物色は活発
    
    前日の米株安を受けて朝方は売りが先行。日経平均は寄り付き
    直後に89円安まで下落する場面があった。
    ただ、前日(26日)まで4日続伸、急ピッチで上昇していたなか
    での初の押し目、下値では買いが入り、底堅い展開となった。
    また、好業績株を中心に物色する動きも活発で、下支え要因と
    なった。
    日銀の政策決定会合は現状維持で、想定通りの内容。相場への
    影響は限定的だった。
    
    日経平均終値は-37.56円の19251.87円。
    
    東証1部の出来高は19億7020万株、
    売買代金は2兆4554億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1219銘柄、値下がり672銘柄、
    変わらず125銘柄。
    
    業種別では値上がりが13業種、値下がりが20業種。
    値上がりは水産・農林、繊維製品、金属製品など。
    値下がりトップは電気・ガス、証券・商品、医薬品。
    
    本日の後場の値幅は約50円とこう着。明日に企業決算発表の前
    半線のピークとなることや来週の大型連休前で、積極的な売買
    は手控えられてきている。明日は週末要因も加わり、一段と様
    子姿勢を強めそうだ。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-27【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落(45円安) 売り優勢も下値限定的で底堅い展開
    
    前日の米株安などを受けて、日経平均は売りが先行した。前日
    まで4日間で850円強の上昇となっていたことを考えると当然の
    一服。
    好決算銘柄などへは買いが入っており、指数も下げ渋る展開。
    また、東証1部の騰落銘柄数では値上がりが値下がりを上回って
    いる。
    
    日経平均前場終値は-45.67円の19243.76円。
    
    東証1部の出来高は9億1187万株、
    売買代金は1兆533億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1121銘柄、値下がり740銘柄、
    変わらず153銘柄。
    
    業種別では値上がりが13業種、値下がりが20業種。
    値上がりはバルブ・紙、繊維製品、化学など。
    値下がりトップは証券・商品、電気・ガス、情報・通信。
    
    
    後場の見通し
    
    後場も底堅い展開が続きそうだ。日銀のETF買い入れへの思惑な
    どが下支えとなりそう。
    また、テクニカル面でも75日移動平均線(19096円)などを上回っ
    ての推移が続いており、押し目買い意欲はそれなりに強そうだ。
    ただ、基本的には、決算発表ピーク前、大型連休前で、積極的
    な売買は手控えられやすい。
    
    
    
  • 2017-04-27【東京市場見通し】

    上昇一服  米株安受けて利益確定売り先行 その後は押し目買い入るか
    
    前日に米株市場は注目された税制改革案が発表されたが、ほぼ
    想定通りの内容。サプライズ感無しの反動となり、主要3指数そ
    ろって小幅に反落した。
    為替ドル/円も円安方向に振れる場面が見られたが、こちらも
    失速、現在は111円台前半での推移となっている。
    直近、急ピッチで上昇してきた日経平均。米株安を受けて、売
    りが先行する見通し。
    売り一巡後は、急騰後の最初の押し目となるなか、買いが入る
    か注目される。
    為替ドル/円が111円台を維持するようなら、押し目買いは入りや
    すく、比較的に落ち着いた展開となりそうだ。
    ただ、決算発表が本格化しているほか、大型連休を控えている
    ことから、積極的に動きにくいところでもある。
    日本銀行の金融政策決定会合の結果については現状維持、影響
    は限定的だろう。
    物色の流れは、決算を手掛かりした個別物色。主力処が一服と
    予想されるなか、中小型へ向かいやすいと予想される。
    
    日経平均予想レンジは19050-19300円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1330万株、買い1150万株、
    差し引き180万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が111円台前半での推移。
    (26日終値110.23-24円)
    
    現在、ユーロ/円が121円台前半での推移。
    (26日終値121.39-43円)
    
    26日の米株市場概況
    
    上昇一服。主要3指数そろって小幅に反落。
    発表された税制改革案は事前の報道通り、法人税を15%に引き
    下げ、個人の所得税の課税区分を10%、25%、35%の3段階に簡素
    化するなどの税制改革案の骨子を発表。サプライズ感無しと受
    け止められた。
    NYウ終値は-21.03の20975.09、
    S&P500は-1.16の2387.45、
    NASDAQは-0.27の6025.23。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-26【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    オールアバウト<2454> 業績・配当修正発表。
    終値905円(前日比+35円+4.02%)
    17年3月期の連結経常利益を従来予想2億7000万円から
    5億2000万円に上方修正。
    期末一括配当は3円(前期は1.5円)実施へ。
    
    アルファ<3434> 業績修正発表。
    終値1930円(前日比+25円+1.31%)
    17年3月期の連結最終損益を従来予想8億円の赤字から
    3億円の黒字。
    
    住友化学<4005> 業績修正発表。
    終値624円(前日比+17円+2.80%)
    17年3月期の連結経常利益を従来予想の1300億円から
    1670億円に上方修正。
    期末一括配当を従来計画40円から55円に。
    
    古河電<5801> 業績・配当修正発表。
    終値4330円(前日比+55円+1.28%)
    17年3月期の連結経常利益を従来予想285億円から
    355億円に上方修正。
    
    スタンレ電<6923> 決算発表。
    終値3190円(前日比+85円+2.73%)
    17年3月期の連結経常利益は457億円(前期比16.0%増)、
    18年3月期も504億円と前期比10.2%増。
    
    スカパーJ<9412> 業績・配当修正発表。
    終値502円(前日比+4円+0.80%)
    17年3月期の連結経常利益を従来予想205億円から
    248億円に上方修正。
    前期の年間配当を従来計画16円から18円に。
    
    ピックアップ
    日立建<6305> 決算発表。
    終値2798円(前日比+106円+3.93%)
    17年3月期の連結税引き前利益は前期比2.7%減の238億円も
    従来予想150億円を上回った。
    18年3月期は前期比55.1%増の370億円に拡大する見通し。
    株価は直近、75日移動平均線(2696円)を回復、日足一目均
    衡表の雲(上限2793円)を突破。
    一段高が期待される展開にある。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    テクマトリックス<3762>
    終値1462円(前日比+81円+5.86%)
    配当修正発表。
    17年3月期の期末一括配当を従来計画12.5円から15円に。
    
    オハラ<5218>
    終値1122円(前日比+55円+5.15%)
    同社の「ナノセラム」がSoftbank SELECTIONの高強度液
    晶保護ガラスに採用。
    
    FJネクスト<8935>
    終値1005円(前日比+28円+2.86%)
    配当修正発表。
    17年3月期の年間配当を従来計画の16円から20円に。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-26【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ケアサービス<2425>、
    S 夢展望<3185>、
    S アセンテック<3565>、
    一時S 広栄化学<4367>、
    一時S メディシノバ<4875>、
    S セメダイン<4999>、
    S JMACS<5817>、
    一時S サイジニア<6031>、
    S 野村マイクロ<6254>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S ETFSパラ。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    東急建設<1720> 大幅反発。
    終値903円(前日比+36円+4.15%)
    17年3月期業績予想増額と配当増額を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限899円)突破。
    
    コマツ<6301> 大幅続伸。
    終値2945.5円(前日比+96.0円+3.36%)
    前日、米建設機械大手のキャタピラー株が大幅高で連想買い。
    日足一目均衡表の雲(上限2887円)突破。
    
    ピックアップ
    ネクソン<3659> 4日大幅続伸。
    終値1875円(前日比+108円+6.11%)
    200日移動平均線(1653円)近辺で底を付き、直近は今日
    まで4日大幅続伸で、75日移動平均線(1779円)超え。
    日足一目均衡表においても雲(上限1832円)突破となり、
    上方向へのトレンドを強めてきている。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-26【東京市場概況】

    日経平均は今年初4日続伸(210円高) 外部環境改善を好感
    
    前日の米株高や為替ドル/円が円安方向に振れていたことなど、
    外部環境の改善を好感し、日本株は朝方から買いが先行。
    その後も日経平均は徐々に上げ幅を拡大し、19200円台を回復、
    戻り売りこなしながら、大引けにかけて一段高となり高値引け
    となった。
    また、東証33業種全てが値上がり、東証1部売買代金も2.5兆円
    を超えと4/7以来の高水準となった。
    
    日経平均終値は+210.10円の19289.43円。
    
    東証1部の出来高は20億3553万株、
    売買代金は2兆5099億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1655銘柄、値下がり294銘柄、
    変わらず65銘柄。
    
    業種別では全33業種が上昇。
    値上がりトップは石油・石炭、ゴム製品、転送用機器。
    
    日経平均は75日移動平均線(19098円)を回復、次に上値抵抗に控
    えるのは日足一目均衡表の雲上限(19336円)。
    雲を上抜けてくれば、本格的に上昇トレンド回復と見られると
    ころ。
    ただ、直近の急ピッチでの上昇で短期的な過熱感を示す指標が
    見られてきており、上昇一服となる可能性もうかがえる。
    その時、本日に回復した75日移動平均線や25日移動平均線を維
    持できるかが焦点となってきそうだ。
    新興市場も堅調な展開が続いているが、東証1部銘柄などに比べ
    ると戻りは鈍い。
    今現在は主力、大型株へ強い買いが向かっているが、新興市場
    を中心とした中小型に関しても、最近の調整で下げていた分、
    割安感はある。主力処の上昇一服に合わせて、強い買いが入っ
    てくるだろう。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-26【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は4日続伸(152円高) 米株高、円安好感
    
    外部環境が改善。前日の米株が上昇、為替ドル/円も円安方向に
    振れて111円台に乗せていた。
    朝方から日本株は幅広い銘柄に買いが入り買い優勢の展開。
    日経平均は約1ヵ月ぶり(3/31以来)に取引時間中19200円台を回
    復した。
    買い一巡後は、戻り売りに伸び悩む場面もあるが、高値圏を維
    持し前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+152.59円の19231.92円。
    
    東証1部の出来高は10億3609万株、
    売買代金は1兆1806億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1620銘柄、値下がり308銘柄、
    変わらず84銘柄。
    
    業種別では値上がりが32業種、値下がりが1業種。
    値上がりトップは石油・石炭、ゴム製品、銀行。
    値下がりは情報・通信のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は昨年12月以降、19200-19500円での累積売買高が多く、
    この水準では上値の重さが意識される。
    また、地政学リスク後退などでここまで戻す展開となったが、
    急ピッチでの上昇が気掛かりなところでもある。
    ここからは、本格化する企業決算や大型連休前で上値追いには
    慎重姿勢となりそうだ。
    本日、後場に関しても上値は限定的となる見通し。
    
    
  • 2017-04-26【東京市場見通し】

    買い先行 外部環境改善で上値を試す展開となりそうだが
    
    前日の米株が大幅上昇。為替ドル/円も現在、111円台に乗せ、
    円安方向に振れている。
    日本株は外部環境の改善を受けて買いが先行する見通し。
    日経平均は節目19000円を前日に回復、戻り売り圧力が強いと
    見られたこの水準をあっさり通過し上値を試す展開となりそ
    うだ。
    ただ、引き続き戻り売り圧力は意識されやすい。年初から3ヶ
    月間もみ合っていたレンジ下限を捉えてきていること、
    また、企業決算の第一弾のピークが28日。大型連休も控えて
    おり、買い先行後はやや上値の重さが意識される可能性あり。
    
    日経平均予想レンジは19150-19400円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1270万株、買い1340万株、
    差し引き70万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が111円どころでの推移。
    (25日終値110.30-31円)
    
    現在、ユーロ/円が121円台前半での推移。
    (25日終値120.06-10円)
    
    25日の米株市場概況
    
    大幅続伸。地政学的リスクが後退するなか、26日に公表
    されるトランプ米大統領の税制改革案、法人税減税に対
    する期待感が継続した。
    また発表された企業決算、キャタピラーなどの好調で相
    場を押し上げた。
    NYウ終値は+232.23の20996.12、
    S&P500は+14.46の2388.61、
    NASDAQは+41.67の6025.49。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-25【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    東急建設<1720> 業績・配当修正発表。
    終値867円(前日比-2円-0.23%)
    17年3月期の連結経常利益を従来予想165億円から188億円に
    上方修正。前期年間配当を従来計画20円から26円に。
    
    世紀東<1898> 業績・配当修正発表。
    終値840円(前日比+2円+0.37%)
    17年3月期の連結経常利益を従来予想52億円から63億円に
    上方修正。期末一括配当を従来計画15円から17円に。
    
    ラクス<3923> 業績・配当修正発表。
    終値1724円(前日比+6円+0.34%)
    17年3月期の連結経常利益を従来予想8.7億円から9.6億円に
    上方修正。期末一括配当を従来計画3.45円から3.85円に。
    
    中外薬<4519> 決算発表。
    終値3875円(前日比-35円-0.89%)
    17年12月期第1四半期(1-3月)の連結税引き前利益は249億円
    (前年同期比23.9%増)。
    
    総合メディ<4775> 決算発表。
    終値4325円(前日比+100円+2.36%)
    17年3月期の連結経常利益は64.4億円。従来予想60.2億円を
    上回り。今期年間配当は前期比5円増の55円へ。
    
    キャノン電<7739> 決算発表。
    終値1793円(前日比+13円+0.73%)
    17年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益は29.2億円
    (前年同期比2.0倍)。
    
    日神不動<8881> 業績修正発表。
    終値554円(前日比+6円+1.09%)
    17年3月期の連結経常利益を従来予想55億円から69億円に
    上方修正。
    
    ピックアップ
    オービック<4684> 決算発表。
    終値5540円(前日比+40円+0.72%)
    17年3月期の連結経常利益は322億円(前期比9.2%増)。
    18年3月期も336億円と前期比4.2%増の3伸びを見込み、
    過去最高益を更新する見通し。
    また、年間配当を95円(前期比5円増)にする方針とした。
    株価は本日に年初来高値更新(5500円(2/15))。
    また、週ベース移動平均線チャートに注目。
    今週、ここまで上値抵抗と意識されていた52週線(5387円)を
    上回っての推移、同線からの上放れ、上昇トレンドを強める
    展開に期待がかかる。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    積水化学<4204>
    終値1169円(前日比+1円+0.08%)
    自動車関連部品製造会社ポリマテック・ジャパンの経営権取得。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-25【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め10銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S 夢展望<3185>、
    S テモナ<3985>、
    一時S 西菱電機<4341>、
    S 広栄化学<4367>、
    一時S JMACS<5817>、
    S 野村マイクロ<6254>、
    S 北川精機<6327>、
    S IIF<6545>、
    S 旅工房<6548>、
    一時S 大興電子<8023>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S シンクレイヤ<1724>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ピックアップ
    ルネサス<6723> 大幅上昇。
    終値1128円(前日比+46円+4.25%)
    本日付の日経産業新聞で「高性能マイコンに人工知能(AI)
    機能を持たせた新技術を開発した」と報じられ、好材料視
    された。
    テクニカル面では本日に25日移動平均線(1106円)超え、
    上昇トレンド転換と期待されるところにある。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-25【東京市場概況】

    日経平均は大幅3日続伸(203円高) 節目19000円回復 北朝鮮リスク緩和
    
    朝方は小安く始まったものの、懸念された北朝鮮による核実
    験、ミサイル発射などの挑発行為無く、地政学リスクへの懸
    念が後退、買い優勢の展開となった。
    日経平均は前場から節目19000円を回復、後場も好地合いが
    続き、一時は19109円(233.88円高)まで上昇、その後も高値
    圏を維持し、本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+203.45円の19079.33円。
    
    東証1部の出来高は19億4868万株、
    売買代金は2兆3018億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1633銘柄、値下がり305銘柄、
    変わらず78銘柄。
    
    業種別では値上がりが31業種、値下がりが2業種。
    値上がりトップは保険、証券・商品、非鉄金属。
    値下がりは情報・通信、医薬品のみ。
    
    北朝鮮情勢への警戒感が薄れ買い戻しを誘った。このまま挑発
    的な行動がなければ、市場の関心は26日に明らかにされる米税
    制改革に向かう。
    日経平均は大幅続伸となったなか、終値では75日移動平均(190
    98円)超えれず、上値をおさえられたかっこう。
    目先のリバウンドは一巡した感があるなか、もう一段高へ向か
    うか、上昇一服となるか、明らかにされる米税制改革が焦点と
    なりそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-25【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は3日続伸(158円高) 節目19000円回復
    
    寄り付き、北朝鮮リスクへの警戒や円強含みが重しとなり、
    小安くスタートした日経平均だったが、売り一巡後は、地
    政学リスクの懸念後退を意識した先回りの買いが入った。
    ここまで、挑発行動は伝えられていない。
    日経平均は取引時間中としては4/3以来の節目19000円を回
    復、前場は19000円を維持したまま取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+158.86円の19034.74円。
    
    東証1部の出来高は9億5998万株、
    売買代金は1兆548億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1584銘柄、値下がり332銘柄、
    変わらず99銘柄。
    
    業種別では値上がりが29業種、値下がりが4業種。
    値上がりトップは証券・商品、鉄鋼、保険。
    値下がりは情報・通信、小売り、バルブ・紙など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は前場、節目19000円を回復し引けている。
    ここまで、北朝鮮が挑発的な行動をとっていなようで安心感か
    ら先回り的なな買いが入っているもよう。
    ただ、ここからは戻り売り圧力が強まってくる水準。75日移動
    平均線(19097円)などが上値抵抗線として控えてる。
    本日のところは、このまま北朝鮮に動きが無ければ、買い優勢
    の展開が続きそうだが、上値追いには慎重姿勢、目先の戻り一
    服との見方から、やや上げ幅を縮小する可能性もあるだろう。
    
    
    
  • 2017-04-25【東京市場見通し】

    上値重い展開 好材料は前日に織り込み済み 地政学リスクくすぶる
    
    前日の欧米株は、フランス大統領選挙の第1回投票結果を好
    感して堅調な展開。米株市場ではNYダウが200ドル超えの上昇、
    NASDAQは史上最高値を更新している。
    ただ、日本株はこの好材料は前日に織り込み、為替ドル/円が
    前日よりやや円高に振れており、現在は109円台後半での推
    移。欧米株の上昇のわりに弱めのスタートが予想される。
    また、北朝鮮の軍創建記念日を迎えて、再び軍事的な挑発
    に踏み切る可能性が警戒されている。
    同国による核実験などの動きが伝われば、リスク回避の売
    りが強まる可能性もあるだろう。
    
    日経平均予想レンジは18500-18950円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り560万株、買い930万株、
    差し引き370万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が109円台後半での推移。
    (24日終値110.07-08円)
    
    現在、ユーロ/円が119円台前半での推移。
    (24日終値119.48-52円)
    
    24日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって大幅上昇。仏大統領選の第1回投票で
    中道のマクロン氏がトップとなったことで安心感が広が
    った。NASDAQは史上最高値を更新している。
    NYウ終値は+216.13の20763.89、
    S&P500は+25.46の2374.15、
    NASDAQは+73.30の5983.82。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-24【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    シンクレイヤ<1724> 業績修正発表。
    終値695円(前日比+45円+6.92%)
    17年3月期の連結経常利益を従来予想2億2000万円から
    2億9400万円に上方修正。
    
    トレンダーズ<6069> 業績修正発表。
    終値1207円(前日比-39円-3.13%)
    17年3月期の経常利益(非連結)を従来予想の1億6000万
    円から1億9900万円に上方修正。
    
    伯東<7433> 業績修正、自社株買い発表。
    終値1007円(前日比+7円+0.70%)
    17年3月期の連結経常利益を従来予想18億円から
    19.9億円に上方修正。
    発行済み株式数(自社株を除く)の6.84%にあたる
    150万株(金額15億円)を上限に自社株買いを実施。
    買い付け期間は5/1~12/29。
    
    ピックアップ
    コーセー<4922> 業績修正発表。
    終値10130円(前日比+150円+1.50%)
    17年3月期の連結経常利益を従来予想の363億円から
    395億円に上方修正。
    株価は本日に25日移動平均線(10085円)回復、日足
    一目均衡表の雲(上限10037円)突破。
    発表を好感し一段高が期待されるところにある。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    塩野義製薬<4507>
    終値5781円(前日比+194円+3.47%)
    前期配当を4円増額修正。
    
    テクノプロHD<6028>
    終値4285円(前日比+65円+1.54%)
    傘下のテクノプロが慶応義塾大学環境情報学部武田圭史
    研究室との共同研究を開始と発表。ドローン関連技術、
    情報セキュリティなどの分野で技術力を強化。
    
    ピックアップ
    クレスコ<4674>
    終値2833円(前日比+43円+1.54%)
    人工知能(AI)の活用ノウハウを提供する新サービスブラン
    ド「Minervae(ミネルヴァ)」を立ち上げ、米IBM(ニューヨ
    ーク州)の「IBM Watson」の導入を支援する新サービス「
    Minervae PoCKET(ミネルヴァ ポケット)の販売を開始した
    と発表。
    株価は直近、25日移動平均線(2747円)から上放れ傾向にあり、
    上昇トレンド転換と期待される形にあった。
    発表を好感、その可能性が高まりそうだ。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-24【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め6銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S シンクレイヤ<1724>、
    一時S ハイパー<3054>、
    一時S レナウン<3606>、
    S 細火工<4274>、
    S JMACS<5817>、
    一時S カーディナル<7855>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め4銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S ジーエヌアイ<2160>、
    S 旅工房<6548>、
    S ぷらっと<6836>、
    S 大興電子<8023>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ダイキアクシス<4245> 大幅反発。
    終値1910円(前日比+199円+11.63%)
    25日移動平均線(1718円)上放れ。
    
    ピックアップ
    マーベラス<7844> 続伸。
    終値917円(前日比+22円+2.45%)
    先週末(21日)に下方修正(17年3月期の連結経常利益を
    従来予想58.5億円から58億円に下方修正)を発表して
    いたが、本日の取引時間中に新機軸のプライズマシ
    ン「TRYPOD(トライポッド)」を17年中に全国の
    アミューズメント施設で展開すると発表。
    (「TRYPOD」は、これまでのプライズゲームの
    中心的存在であるクレーンゲーム機とは異なった全く
    新しいコンセプトと機構を持ったプライズマシン。)
    この発表を好感し、株価は続伸となった。
    目先、日足一目均衡表の雲上限(942円)をうかがう展
    開から突破、上昇トレンド転換へと期待がかかる。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-24【東京市場概況】

    日経平均は大幅続伸(255円高) 仏大統領選を無難通過で買戻し
    
    フランス大統領選第1回投開票が大方の予想通りの結果となり、
    欧州政治的リスクが後退。日本株は朝方から買いが先行した。
    その後も一日を通して、下値はしっかりとしていたが、明日が
    北朝鮮の人民軍創建85周年に当たることから、地政学リスクの
    高まりを意識、上値は伸び悩んだ。
    日経平均は寄り付き直後にこの日の高値18910.33円(289.58円
    高)と18900円台まで上昇。その後、後場にも18900円に乗せる
    場面があったが、終値では18900円台回復とはならなかった。
    
    日経平均終値は+255.13円の18875.88円。
    
    東証1部の出来高は19億2119万株、
    売買代金は2兆1193億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1534銘柄、値下がり381銘柄、
    変わらず101銘柄。
    
    業種別では値上がりが30業種、値下がりが3業種。
    値上がりトップは陸運、精密機器、建設。
    値下がりは鉄鋼、石油・石炭、鉱業のみ。
    
    テクニカル面で日経平均は本日に25日移動平均線(18805円)
    を回復となるなど、下値不安は後退しつつある。
    欧米市場の動向、明日の北朝鮮の人民軍創建85周年を何事
    無く通過すれば、戻しを試す展開が続きそうだ。
    ただ、国内では来週からゴールデンウイークに突入、国内
    勢は積極的に動きにくいところであり、先週まで日本株を
    買い越した海外投資家がどう動くか次第のところが強い。
    現時点では、節目19000円。75日移動平均線(19103円)が上
    値メド。
    新興市場は本日、さえない展開。東証1部の大型株などへ
    物色対象がシフトしたもよう。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-24【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅続伸(249円高) 仏大統領選波乱無しで買戻し
    
    23日に実施されたフランス大統領選が大方の予想通りで無難に
    通過。安心感から買いが先行した。
    また、為替ドル/円も円安方向に振れたことも、追い風となった。
    日経平均は寄り付き直後に290円近くの上昇となり、18900円台
    を回復。
    買い一巡後は、北朝鮮情勢などに対する警戒感などがあり、
    やや伸び悩んでいるものの、高値圏での推移が続いた。
    
    日経平均前場終値は+249.49円の18870.24円。
    
    東証1部の出来高は10億1778万株、
    売買代金は1兆783億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1522銘柄、値下がり374銘柄、
    変わらず120銘柄。
    
    業種別では値上がりが30業種、値下がりが3業種。
    値上がりトップは銀行、陸運、情報・通信。
    値下がりは鉄鋼、石油・石炭、鉱業のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    前場はとりあえずフランス大統領選の1回目投票は織り込んだか
    っこう。
    北朝鮮情勢に対する警戒感は残るが、イベントを1つずつこなし
    て戻りを試す展開が期待されるところだろう。
    目先、良好な企業業績が評価されれば、もう一段高、日経平均
    は19000円回復へと期待される。
    そんな中、後場もしっかりとした展開が続くだろう。
    ただ、大引けにかけては、明日25日の北朝鮮人民軍創軍85周年
    への警戒感から、上げ幅を縮小する可能性あり。
    
    
     
  • 2017-04-24【東京市場見通し】

    買い先行 仏大統領選通過で円安が進行 買い一巡後は伸び悩み
    
    注目のフランス大統領選挙は順当な結果。マクロン氏とルペン
    氏の決選投票進出濃厚が伝わっった。市場で最も可能性が高い
    とみられていた2人が決選投票に進むことになった。
    日本株はこの結果を受けて、初めの市場となるが、波乱無しの
    結果、買いが先行する見通し。
    為替ドル/円も現在、110円台に乗せるなど円安方向に振れてお
    り、主力株を中心に幅広く買いが入ることになりそうだ。
    ただ、明日の25日には北朝鮮人民軍創軍85周年があり、再び
    軍事的な挑発に踏み切る可能性がある。
    楽観的な雰囲気は広がりにくく、高寄り後は伸び悩む展開が
    予想される。
    
    日経平均予想レンジは18650-18950円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1120万株、買い570万株、
    差し引き550万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が110円どころ半での推移。
    (先週末21日終値109.20-21円)
    
    現在、ユーロ/円が119円台後半での推移。
    (先週末21日終値117.07-11円)
    
    先週末21日の米株市場概況
    
    やや売り優勢の展開。
    フランス大統領選第1回投票を23日に控えポジション調整の
    売りが優勢となった。
    主要3指数は前日終値を挟み、終日小動きだったなか、引け
    にかけて、そろって売られた。
    NYウ終値は-30.95の20547.76、
    S&P500は-7.15の2348.69、
    NASDAQは-6.26の5910.52。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-21【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    イーブック<3658> 業績修正発表。
    終値1415円(前日比+83円+6.23%)
    17年3月期(14ヵ月の変則決算)の連結最終損益を従来予想
    1億6400万円の赤字から1100万円の黒字に上方修正。
    
    新電工<6967> 業績修正発表。
    終値718円(前日比+26円+3.75%)
    17年3月期の連結経常利益を従来予想17億円から34億円に
    上方修正。
    
    ソニー<6758> 業績修正発表。
    終値3592円(前日比+21円+0.58%)
    17年3月期の連結税引き前利益を従来予想1960億円から
    2500億円に上方修正。
    
    ピックアップ
    DTS<9682> 業績・配当修正発表。
    終値2743円(前日比+35円+1.29%)
    17年3月期の連結経常利益を従来予想71億円から80.5億円に
    上方修正。
    また、前期の年間配当を従来計画60円から70円に増額修正。
    株価は、直近に上値抵抗と意識された25日移動平均線(2751
    円)円を捉えてきており、日足一目均衡表においては雲(上
    限2727円)を突破。
    発表を受けて上昇トレンド転換へと期待がかかる。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    システム情報<3677>
    終値1365円(前日比-52円-3.66%)
    5/31基準日に1対2の株式分割を発表。
    
    ダイキアクシス<4245>
    終値1365円(前日比-52円-3.66%)
    6/30基準日に1対2の株式分割を発表。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-21【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S アイケイ<2722>、
    S レナウン<3606>、
    S テモナ<3985>、
    S アセチレン<4093>、
    一時S CTS<4345>、
    一時S UMN<4585>、
    S 東洋合成<4970>、
    一時S 旅工房<6548>、
    S 大興電子<8023>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    
    一時S enish<3667>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    石井表記<6336> 大幅続伸。
    終値849円(前日比+87円+11.41%)
    25日移動平均線(784円)から上放れ。
    
    ピックアップ
    ソラスト<6197> 大幅続伸。
    終値1550円(前日比+50円+3.12%)
    日経新聞が21日付で2017年3月期の連結純利益は前期比
    26%増の24億円程度になったようだと報じた。この報道
    が買い材料視され大幅続伸。
    テクニカル面でも直近に上値抵抗と意識されていた25
    日移動平均線(1518円)超えとなるなど上昇トレンド回
    復傾向。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-21【東京市場概況と来週の見通し】

    21日概況 米税制改革期待を背景に日経平均は大幅反発(190円高)
    
    前日の米株市場が米税制改革への期待を背景に堅調に推移。
    加えて為替ドル/円も円安方向に振れていたことから、日本
    株は朝方から買いが先行した。
    日経平均は前場、後場と、伸び悩むも場面があるも、しっ
    かりとした展開が続き、大引け間際には、この日の高値と
    なる18648.28円(217.79円高)を付けた。
    
    日経平均終値は+190.26円の18620.26円。
    
    東証1部の出来高は18億6244万株、
    売買代金は2兆2391億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1645銘柄、値下がり288銘柄、
    変わらず83銘柄。
    
    業種別では値上がりが32業種、値下がりが1業種。
    値上がりトップはガラス・土石、電気・ガス、ゴム製品。
    値下がりはサービス業のみ。
    
    
    来週の見通し イベントの結果次第で上下波乱の展開
    
    本日、日本株は前日の米株高を好感。不透明感が漂っていた
    トランプ政権の政策が進みそうと期待され米株同様に大幅に
    上昇した。
    フランス大統領選への警戒感はあったが、中道系のマクロン
    氏が有利との見方が強まってきていることも、安心感が広が
    った。
    日経平均をテクニカル面で見ると、直近に上値抵抗と意識さ
    れた日足一目均衡表の転換線(18496円)超え。
    まだ自律反発の域は脱っていないが、いっていの戻りが期待
    される形状にはなってきている。
    次に25日移動平均線(18831円)を回復。また、同線が上向き
    に転じれれるかが焦点となってくる。
    そんな中、来週はイベントが豊富。週明けの24日は23日の
    仏大統領選第1回投票の結果を取引時間中に受ける。
    翌日の25日は朝鮮人民軍創建85周年、地政学リスクへの意
    識が高まりやすい。
    これらを無難に通過すれば、週後半にかけて堅調な展開が
    期待されるものの、逆に再度下値を試す展開ともなりうる
    ところ。振れ幅は大きめに想定しておいた方がよさそうだ。
    
    来週の日経平均予想レンジは17900-18900円。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-04-21【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反発(159円高) 一時18600円回復 その後高値圏
    でもみあい 
    
    前日の米株高やドル/円が円安方向に振れていたことを好感、
    朝方から買い優勢の展開となり、日経平均は一時18600円
    台を回復する場面も見られた。
    その後、伸び悩んだものの、高値圏で前場を引けており、
    心理的節目18500円台に乗せている。
    
    日経平均前場終値は+159.32円の18589.81円。
    
    東証1部の出来高は8億8845万株、
    売買代金は9892億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1563銘柄、値下がり336銘柄、
    変わらず111銘柄。
    
    業種別では値上がりが32業湯、値下がりが1業種。
    値上がりトップはガラス・土石、海運、ゴム製品。
    値下がりはサービス業のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は高寄り後、高値圏でもみあい。日中値幅は59円弱
    にとどまっている。しっかりとした展開の中、フランス大統
    領選、北朝鮮情勢などを背景に様子見といった姿勢がうかが
    える。
    後場も様子見姿勢は続きこう着した展開、大引けにかけては、
    上げ幅を縮小する可能性もあるだろう。
    
    
    
  • 2017-04-21【東京市場見通し】

    買い先行 米株高、円安が追い風に 買い一巡後は様子姿勢
    
    前日の米株市場が大幅上昇、NASDAQは史上最高値更新。
    発表された企業決算が良好だったことやムニューシン
    米財務長官の発言が材料視された。
    為替ドル/円も現在、119円台前半での推移と円安方向。
    米株高に円安を好感し、日本株は買い先行の見通し。
    ただ、買い一巡後は、フランス大統領選を控えているため、
    上値は積極的には追いづらく、こう着感が強まりやすい。
    次第に決算など手掛かりとした個別の材料へ物色は移ると
    予想される。
    
    日経平均予想レンジは18350-18600円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り550万株、買い60万株、
    差し引き50万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が109円台前半での推移。
    (20日終値108.99-109.01円)
    
    現在、ユーロ/円が117円台前半での推移。
    (20日終値117.14-18円)
    
    20日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって大幅上昇。NASDAQは続伸し、3/30以来の
    終値での史上最高値を更新。
    総じて発表された企業決算が良好だったこと、加えて、ム
    ニューシン米財務長官の税制改革案が、まもなく税制改革
    案を示す方針を表明したことが好感された。
    NYダウは一時、225ドル高まで上昇する場面があった。
    NYウ終値は+174.22の20578.71、
    S&P500は+17.67の2355.84、
    NASDAQは+53.74の5916.78。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-20【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    メンバーズ<2130> 業績修正発表。
    終値587円(前日比+19円+3.34%)
    17年3月期の連結経常利益を従来予想5.2億円から6.1億円に
    上方修正。
    
    コア<2359> 業績修正発表。
    終値1328円(前日比-10円-0.74%)
    17年3月期の連結経常利益を従来予想9億円から12.2億円に
    上方修正。
    
    ピックアップ
    ドリコム<3793> 業績修正発表。
    終値1419円(前日比+142円+11.11%)
    17年3月期の連結経常損益を従来予想5億6000万円の黒字か
    ら8億円の黒字に上方修正。
    株価は本日、大幅続伸しており、テクニカル面でも25日移
    動平均(1330円)回復、日足一目均衡表の雲(上限1306円)突
    破となるなど良好な形状。一段高が期待される。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    DDS<3782>
    終値856円(前日比-14円-1.60%)
    生体認証システムの構築を支援する「マガタマ ソリュー
    ションパッケージ」の提供を5月から開始すると発表。
    
    三機S<6044>
    終値1450円(前日比±0円±0.00%)
    4/27付で東証2部から東証1部市場へ。
    
    ソラスト<6197>
    終値1503円(前日比+18円+1.21%)
    3月の訪問介護サービス利用者が前年同月比16.6%増。
    デイサービスは12.8%増。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-20【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め14銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S シンクレイヤ<1724>、
    一時S ファステプ<2338>、
    S アイケイ<2722>、
    一時S 関門海<3372>、
    S enish<3667>、
    S ユーザーロカ<3984>、
    S テモナ<3985>、
    S ナノキャリア<4571>、
    一時S ソレイジア<4597>、
    S JMACS<5817>、
    一時S ナガオカ<6239>、
    S 旅工房<6548>、
    S カーディナル<7855>、
    S 大興電子<8023>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ピックアップ
    あさひ<3333> 4日大幅続伸。
    終値1472円(前日比+59円+4.17%)
    4/3の決算発表を受けての上昇時に付けた年初来高値1500円。
    また、テクニカル面でも1500円は週足一目均衡表の雲上限(
    1490円)にあたる。
    目先、この水準を上抜ければ、一段と上方向へのトレンドが
    強まりやすいところ。
    
    レントラックス<6045> 4日大幅続伸。
    終値1026円(前日比+62円+6.43%)
    3/27に年初来高値1195円を付けて以降は調整、75日移動
    平均線(842円)近辺まで値を落としていた。
    しかし、その水準で底を付けて、本日まで4日大幅続伸。
    25日移動平均線(999円)を回復し、再び、上昇トレンド
    に乗りつつある。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-20【東京市場概況】

    日経平均は小反落(1円安) 引けにかけてマイナス圏へ
    
    前日の米株市場が軟調な展開となった中、日本株は予想に反し
    て買いが先行。日経平均は18500円を回復する場面も見られた。
    しかし、その水準では日足一目均衡表の転換線(18537円)を上
    値抵抗に伸び悩み、もみあう展開となっていた。
    大引けにかけては、為替がやや円高に振れたことなどから、
    弱含み、小幅安で本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は-1.71円の18430.49円。
    
    東証1部の出来高は18億4106万株、
    売買代金は2兆1592億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1091銘柄、値下がり792銘柄、
    変わらず132銘柄。
    
    業種別では値上がりが14業種、値下がりが19業種。
    値上がりトップは銀行、ゴム製品、転送用機器。
    値下がりトップは石油・石炭、電気・ガス、鉱業。
    
    相場全体しては地政学リスクや欧州イベント見極めたいと様子
    姿勢。
    物色は決算シーズンに入ってくる中、決算や業績を手掛かりと
    した個別物色へ向かうだろう。
    また、外部環境の影響を受けにくい中小型へ向かいやすい。
    日経平均は本日、小反落となったものの、新興市場はジャスダ
    ック、マザーズともに4日続伸。マザーズの売買代金は1608億
    円と活況だ。
    日経平均は下降トレンドにあるなか、しばらくは新興市場を中
    心とした中小型へ関心は向かいやすい。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-20【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は4日続伸(56円高) 一時18500円回復
    
    前日の米株市場が売り優勢の展開にあったことから、日本株も
    売りが先行すると見られたが堅調な展開となった。
    為替ドル/円が109円近辺での推移、5日移動平均線を回復したこ
    とで、円高一服との期待から、買いが入ったようだ。
    日経平均は一時、90円超えの上げ幅となり、19500円を回復す
    る場面が見られた。
    
    日経平均前場終値は+56.85円の18489.05円。
    
    東証1部の出来高は9億1812万株、
    売買代金は9967億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1224銘柄、値下がり656銘柄、
    変わらず130銘柄。
    
    業種別では値上がりが18業種、値下がりが14業種。
    値上がりトップは銀行、転送用機器、ゴム製品。
    値下がりトップは石油・石炭、鉱業、食料品。
    
    
    後場の見通し
    
    前場、日経平均は下値を切り上げてきており、一時は19500円
    を回復する場面が見られた。
    ただ、日足一目均衡表の転換線(18537円)を上値抵抗として意
    識、伸び悩んだ感はある。
    地政学リスク、フランス大統領選の不透明感などもあるなか、
    後場も引き続き、同線が上値抵抗として意識される見通し。
    っとなると、まだ、自律反発の域を脱せずと見る。
    
    
  • 2017-04-20【東京市場見通し】

    やや売り先行 その後、材料に乏しくもみあいの見通し
    
    前日の米株市場は高安まちまち。ハイテク比率の高いNASDAQは
    反発も原油安や企業決算を重しにNYダウは2日続けて100ドル超え
    の下落となった。
    為替ドル/円は現在、108円台後半での推移。109円台を回復する
    場面もあったが、押し戻された。
    NYダウの軟調な展開にあることなどから、日本株もやや売り先
    行の見通し。
    フランス大統領選や地政学リスクへの高まりへの警戒感がくす
    ぶる中、米国の決算銘柄の動きは、さえないものが目立つ。
    また、新たな材料に乏しく、様子姿勢の強い展開が予想される。
    物色の流れは、引き続き中小型。決算を手掛かりとした銘柄、
    アップル、ビットコイン、人工知能、防衛関連のテーマ性の
    強い銘柄に向かいそうだ。
    
    日経平均予想レンジは18300-18500円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1160万株、買い1100万株、
    差し引き60万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が108円台後半での推移。
    (19日終値108.81-83円)
    
    現在、ユーロ/円が116円台後半での推移。
    (19日終値116.77-81円)
    
    19日の米株市場概況
    
    高安まちまち。NYダウ、S&P500は続落もNASDAQは反発。
    米週間原油在庫を受けた原油価格の急落が相場の重しに。
    また、発表された企業決算。NYダウへの寄与度の高いIBMの決
    算内容がさえず急落したことが重しとなった。
    一方でハイテク株比率の高いNASDAQは堅調な展開となった。
    NYウ終値は-118.79の20404.49、
    S&P500は-4.02の2338.17、
    NASDAQは+13.56の5863.03。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-19【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    イノテック<9880> 業績・配当修正発表。
    終値585円(前日比+9円+1.56%)
    17年3月期の連結経常利益を従来予想9.8億円から12.5億円に
    上方修正。前期年間配当を従来計画14円から15円に。
    
    ピックアップ
    スタートトゥ<3092> 業績・配当修正発表。
    終値2336円(前日比+3円+0.12%)
    17年3月期の連結経常利益を従来予想221億円から264億円に
    上方修正。前期年間配当を従来計画34円から36円に。
    株価は直近、日足一目均衡表の雲内(2418-2288円)で推移。
    上値は重いも下値は雲下限(2228円)で底を付いた感があった。
    本日の発表を好感し目先に雲突破、上昇トレンド転換へ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    シンクロフード<3693>
    終値1178円(前日比+30円+2.61%)
    初の海外向けサービスとして飲食店向け発注サービス「プレ
    イスオーダーズ 香港版」をリリースしたと発表。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-19【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め6銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S シンクレア<1724>、
    一時S enish<3667>、
    S ソレイジア<4597>、
    S JMACS<5817>、
    S ぷらっと<6836>、
    S カーディナル<7855>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    サッポロHD<2501> 大幅反発。
    終値3165円(前日比+187円+6.27%)
    年初来高値更新。25日移動平均線(3012円)から上放れ。
    
    ピックアップ
    ポールHD<3657> 大幅5日続伸。
    終値1289円(前日比+68円+5.56%)
    年初来高値更新。直近の25日移動平均線(1186円)近辺
    での日柄調整から上放れ、上昇トレンド転換か。
    1300円水準は戻り売り圧力が強いところだが、上抜け
    れば、一段とトレンドが強まりやすい。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-19【東京市場概況】

    日経平均は小幅に3日続伸(13円高) 売り一巡後、底堅い展開
    
    朝方、前日の欧米株安やドル/円がやや円高方向にあったこと
    などが嫌気され売りが先行した。
    しかし、買い戻しや押し目買いなどが入り、売り一巡後は、
    底堅く推移。
    ただ、上値を積極的に追うまでの勢いは無く、上値も限られ
    た。
    日経平均は小幅ながら3日続伸。3日続伸は3/9-3/13日以来、
    約1ヵ月ぶり。
    
    日経平均終値は+13.61円の18432.20円。
    
    東証1部の出来高は19億5291万株、
    売買代金は2兆3172億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1043銘柄、値下がり820銘柄、
    変わらず152銘柄。
    
    業種別では値上がりが17業種、値下がりが16業種。
    値上がりトップは水産・農林、電気・機器、サービス。
    値下がりトップは海運、陸運、空運。
    
    日経平均は売り先行後に底堅くプラス圏に浮上、小幅ながら3日
    続伸で引けた。
    騰落レシオなど短期的には売られ過ぎを示すテクニカル指標が
    あり、それらが下値を支えたと見られる。
    また、東証1部の売買代金も3日ぶりに活況目安2兆円超えた。市
    場エネルギーも回復傾向にある。
    ただ、底入れ感がやや出てきた程度。前日に上値抵抗となった
    日足一目均衡表の転換線(18537円)の回復、売買代金も連日で2
    兆円超えとなることなどを確認したいところ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-19【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は横ばい(1円安) 売り先行後方向感に欠く展開
    
    前日の欧米株安ややや円高方向に振れたドル/円を嫌気して売
    りが先行。日経平均は一時、90円超えの下落となった。
    しかし、売り一巡後は、買戻しや押し目買いが入り、一時は
    プラス圏に浮上。
    ただ、その後は上値重く、引けにかけては小安い水準での推
    移となり、方向感に欠けた。
    
    日経平均前場終値は-1.05円の18417.54円。
    
    東証1部の出来高は9億1691万株、
    売買代金は1兆402億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1303銘柄、値下がり588銘柄、
    変わらず124銘柄。
    
    業種別では値上がりが14業種、値下がりが19業種。
    値上がりは水産・農林、サービス、医薬品など。
    値下がりは海運、非鉄金属、空運など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は予想以上に底堅い展開。後場も底堅い展開が期待
    されるものの、本日の日銀のETF買い期待は薄い。日経平均
    は小幅に下げているもののTOPIXは小幅に上昇。
    そんなななか、引けにかけては外部環境を警戒、弱含む展開
    と予想する。変わらず物色は中小型株へ向かいやすい。
    
    
    
     
  • 2017-04-19【東京市場見通し】

    売り先行 米株安、為替ドル/円もやや円高方向
    
    前日の米株市場は欧州の先行き不透明感(英国のメイ首相が
    下院を解散して6月8日に総選挙を実施する意向を表明)、
    注目された金融の決算が期待に反する結果となり、売り優
    勢の展開となった。
    また、為替ドル/円もやや円高方向に振れており、現在は10
    8台前半での推移。
    さえない外部環境を受けて、日本株も売り優勢の展開とな
    りそうだ。
    ただ、売り一巡後は週末のフランス大統領選や来週から本
    格化する日本企業の決算発表など様子見姿勢となりやすい。
    日経平均は反落でスタート後、安値圏でもみあう展開が予
    想される。
    物色は中小型株での短期的な値幅取り狙いに向かいやすい
    が、軟調な地合いのなか上値は重たそうだ。
    
    日経平均予想レンジは18200-18450円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1420万株、買い730万株、
    差し引き690万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が108円台前半での推移。
    (18日終値108.86-87円)
    
    現在、ユーロ/円が116円台前半の推移。
    (18日終値115.94-98円)
    
    18日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって反落。
    欧州株が先行き不透明感から軟調な展開だったことから、米株
    もその流れから売り優勢。
    23日に仏大統領選挙の1回目の投票が迫るなか、英メイ首相が
    6月8日に総選挙を実施すると発表。欧州政治に対する先行き不
    透明感が広がった。
    また、注目された金融の決算は期待外れ。ゴールドマン・サッ
    クスが増収増益となったものの市場予想を下回ったことが嫌気
    された。
    NYダウ終値は-113.64の20523.28、
    S&P500は-6.82の2342.19、
    NASDAQは-7.32の5849.47。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-18【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ピックアップ
    イソライト<5358> 業績・配当修正発表。
    終値389円(前日比+9円+2.37%)
    17年3月期の連結経常利益を従来予想19億円から20.7億
    円に上方修正。
    前期年間配当を従来計画5円から6円に増額修正した。
    直近の株価は75日移動平均線(393円)、日足一目均衡表
    の雲下限(361円)近辺で底堅いものの、上値の重い展開
    続いていた。
    発表を好感し、日足一目均衡表の雲(上限423円)を突破、
    25日移動平均線(439円)回復に向かい、上昇トレンド転
    換と期待したいところ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    チヨダ<8185>
    終値2732円(前日比+17円+0.63%)
    中期経営計画を策定。20年2月期に営業利益108億円
    (17年2月期計画は84億円)を目指す。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-18【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め13銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S KDXサムス<1584>、
    一時S ケアサービス<2425>、
    S 黒谷<3168>、
    S enish<3667>、
    S メディア工房<3815>、
    一時S 朝日ラバー<5162>、
    一時S 阪神燃<6018>、
    一時S オプトエレ<6664>、
    S 富士通コン<6719>、
    一時S イントラスト<7191>、
    S カーディナル<7855>、
    一時S 大興電子<8023>、
    一時S ファイズ<9325>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ファンコミ<2461> 大幅続伸。
    終値824円(前日比+51円+6.6%)
    25日移動平均線(814円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限794円)突破。
    
    ホシデン<6804> 大幅続伸。
    終値1207円(前日比+66円+5.78%)
    25日移動平均線(1080円)から上放れ。
    年初来高値1154円(3/21)更新。
    
    ピックアップ
    フリークアウト<6094> 大幅続伸。
    終値3265円(前日比+245円+8.11%)
    前日(17日)の取引終了後に
    28日付で金融機関1行と10億円のコミットメントライン契
    約を締結すると発表。財務基盤の安定につながるとして
    好感されたもよう。
    テクニカル面では、日足一目均衡表の雲(3148円)を突破。
    一段の上振れが期待されるところ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-18【東京市場概況】

    日経平均は続伸(63円高) 米株高、円高一服を好感も上値は限定的
    
    朝方、前日の米株市場の大幅上昇や為替ドル/円の円高一服を好
    感し買いが先行。
    日経平均の上げ幅は一時、190円を超えて、18500円台を回復す
    る場面も見られた。
    しかし、その後は戻り売りにおされて伸び悩む展開となり、前
    場の取引を終えていた。
    後場は戻り売り圧力が一段と強まり、一時は前日終値付近まで
    失速。その後は持ち直したものの、戻りは限定的で、大引けに
    かけては18400円台前半でもみあいとなった。
    
    日経平均終値は+63.33円の18418.59円。
    
    東証1部の出来高は15億7522万株、
    売買代金は1兆7744億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1494銘柄、値下がり415銘柄、
    変わらず106銘柄。
    
    業種別では値上がりが28業種、値下がりが5業種。
    値上がりトップはその他金融、銀行、バルブ・紙。
    値下がりは水産・農林、食料品、石油・石炭など。
    
    日経平均は引き続き自律反発の域を脱せずにいる。5日移動平
    均線(18417円)こそ辛うじて回復したが、日足一目均衡表の転
    換線(18537円)が上値を抑えたかっこう。
    東証1部の売買代金が2兆円割れと、市場のエネルギーも依然
    として低調だ。
    北朝鮮情勢など地政学リスクがくすぶっているほか、18-19日
    開催の日米経済対話を見極めたいと様子見姿勢が強い。
    一方で、新興市場はしっかり。ジャスダック、マザーズとも
    に1%超えの続伸、マザーズは節目1000ptを回復した。目先に
    調整一巡、トレンド転換と期待したいところ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-18【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続伸(45円高) 米株高など好感し買い先行 その
    後上げ幅縮小
    
    前日の米株高や為替ドル/円が円高一服の流れにあったことを好
    感し、朝方から買いが先行した。
    日経平均は一時、192円高となり、節目18500円を超える場面も
    あった。
    しかし、買い一巡後は、戻り売りに伸びに悩み、上げ幅縮小し
    た。
    
    日経平均前場終値は+45.98円の18398.24円。
    
    東証1部の出来高は8億2124万株、
    売買代金は8788億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1446銘柄、値下がり458銘柄、
    変わらず111銘柄。
    
    業種別では値上がりが26業種、値下がりが7業種。
    値上がりトップは銀行、その他金融、証券・商品。
    値下がりは水産・農林、食料品、石油・石炭など。
    
    
    後場の見通し
    
    前場は買い優勢でスタートしたものの、買戻し以外に積極的
    に買われる展開とはならず、戻り売りに上値をおさえられた。
    日経平均は日足一目均衡表の転換線(18537円)、5日移動平均
    線(18413円)などが上値抵抗となった。下降トレンドにある
    なか、自律反発の域は脱せずといった印象。
    後場も引き続き、これらが上値抵抗線。また、本日は日銀の
    ETF買い入れへの期待も薄いなか、次第に売り優勢に傾く可
    能性もあるだろう。
    
    
  • 2017-04-18【東京市場見通し】

    買い先行 米株高に円高一服と安心感あり買戻し優勢
    
    休場明けの米株市場が大幅に上昇(NYダウは183ドル高)。また、
    為替ドル/円も円高が一服、現在は109円台に乗せている。
    米株高、円高一服を好感し、日本株は買い先行。直近に売り
    込まれた輸出株を中心に買戻し優勢の展開が予想される。
    ただ、買い先行後は、様子姿勢の強い展開。ペンス米副大統
    領が来日し、日米経済対話が行われる予定。
    協議の内容を見極めたいとのムードが広がりそうだ。また、
    地政学リスクに対する緊張感がやや緩んできているが、依然
    としてくすぶる。
    日経平均は買い先行後、戻り売り圧力がそれなりに強いも見
    られる5日移動平均線(18483円)近辺で上値をおさえられそう
    だ。
    物色は主力処に向かった後、次第に中小型株やテーマ株に移
    る見通し。
    
    日経平均予想レンジは18300-18500円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り600万株、買い280万株、
    差し引き280万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が109円どころでの推移。
    (17日終値108.32-33円)
    
    現在、ユーロ/円が116円どころでの推移。
    (17日終値115.22-26円)
    
    17日の米株市場は休場
    
    4日ぶり反発。
    3連休明けの米国株は買い戻しが優勢。地政学的リスクへの
    警戒感は残るものの、前日まで3日続落していたことから、
    値ごろ感があり、買戻された。
    また、1-3月期決算発表の本格化を前に、業績への期待感も
    支えとなったようだ。
    NYダウ終値は+183.67の20636.92、
    S&P500は+20.06の2349.01、
    NASDAQは51.64の5856.79。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-17【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    本日、該当銘柄なし
    
    
    その他、注目の材料株
    
    マーベラス<7844>
    終値863円(前日比+30円+3.60%)
    DMM GAMESと共同で展開している新作ブラウザ
    ゲーム「天歌統一ぷろじぇくと」が正式にサービス開始。
    
    エボラブルA<6191>
    終値2521円(前日比+130円+5.43%)
    AI活用マーケティングツールを提供するピアラ社と
    資本・業務提携。
    
    ピックアップ
    エスクローAJ<6093>
    終値1887円(前日比+112円+6.30%)
    AI(人工知能)を活用した「不動産調査・評価サービス」
    提供に関する基本合意締結。
    国内外不動産の売買・賃貸などを展開するリーウェイ
    ズと金融機関や信託会社ならびに不動産鑑定士、不動
    産調査、査定会社に対する「不動産調査・評価サービ
    ス」の開発・提供で基本合意。
    リーウェイズが保有するビッグデータと人工知能(A
    I)を組み合わせることで、将来にわたるキャッシュ
    フロー推移と売却価格予測を算出可能にする国内唯一
    の不動産投資プラットフォーム「Gate.」および
    「Gate.trade+InvestmentPl
    anner」を活用した不動産担保評価業務における
    事務の合理化と、将来賃料予想を用いた新たな評価手
    法で、不動産取引における安全性の向上に貢献するこ
    とのが狙いとのこと。
    株価は先週に日足一目均衡表の雲(1696円)を突破。
    その後、その水準でもみあう展開となっていたが、
    本日に大幅反発し、上放れ傾向。
    本日の発表を好感し、一段と上方向へとトレンドを
    強める展開が期待される。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-17【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め11銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 黒谷<3168>、
    S アカツキ<3932>、
    S メドレックス<4586>、
    S JMACS<5817>、
    一時S エムケー精工<5906>、
    S ローツェ<6323>、
    S ベイカレント<6532>、
    S ADプラズマ<6668>、
    S ぷらっと<6836>、
    S プラザクリエ<7502>、
    S 大興電子<8023>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S キャリア<6070>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    S Foods<2292> 大幅反発。
    終値3245円(前日比+125円+4.00%)
    先週末(14日)の決算発表を好感。
    日足一目均衡表の雲(3177円)突破。
    
    ピックアップ
    ドドル日レス<3087> 大幅反発。
    終値2291円(前日比+117円+5.38%)
    先週末(14日)の決算発表を好感(18年2月期営業利益は
    2期連続の最高益更新予想)。
    テクニカル面でも上値をおさえられていた25日移動平
    均線(2216円)などを超えて、上昇トレンド転換と期待
    されるところ。
    
    じげん<3679> 大幅続伸。
    終値1200円(前日比+75円+6.85%)
    先週末(14日)取引時間中に発表された業績修正(17年
    3月期の連結経常利益を従来予想20.3億円から23億円
    に上方修正)を好感した買いが続いた。
    テクニカル面では直近の上値抵抗の25日移動平均線(
    1140円)超え。上昇トレンドへ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-17【東京市場概況】

    日経平均は5日ぶり小反発(19円高) 円高一服支えにプラス浮上
    
    前場は円高や北朝鮮情勢などを意識した地政学リスクを重しに
    売り優勢の展開、日経平均は取引時間中の年初来安値を更新し
    ていた。
    後場に入ると円高一服が好感され買い優の展開。プラス圏に浮
    上し、大引け間際にはこの日の高値となる18361.44円(25.81円
    高を付ける場面があった。
    ただ、基本的には様子姿勢が強く、東証1部の売買代金は今年
    最少となった。
    
    日経平均終値は+19.63円の18355.26円。
    
    東証1部の売買代金は1兆6337億円。
    
    出来高は14億5429万株。
    
    騰落銘柄数は値上がり1395銘柄、値下がり511銘柄、
    変わらず109銘柄。
    
    業種別では値上がりが22業種、値下がりが11業種。
    値上がりトップは電気・ガス、不動産、その他製品。
    値下がりは転送用機器、非鉄金属、銀行など。
    
    日経平均は反発こそしたものの、市場のエネルギーは乏しく、
    自律反発の域。トレンドは悪化傾向にあるため、戻り待ちの
    売り圧力は強いと思われる。目先の下値メドは心理的節目の
    18000円となる一方で、上値は5日移動平均線(18483円)など
    に抑えられそそうだ。
    新興株式市場は堅調。直近下落した銘柄を中心に自律反発
    狙いの買いが入った。日経平均がいっていの底堅さを示す
    ようなら、先に新興市場は調整一巡、トレンド回復となり
    そうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-17【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は5日続落(57円安) 円高進行、地政学リスクを懸念
    
    朝方からドル/円が円高方向への動きを強めていたことや、北朝
    鮮情勢など地政学リスクを重しに売りが先行。
    日経平均は一時、110円超えの下落幅、18200円台前半まで、値
    を下げた。
    その後、いっていの底堅さは示しているものの、戻り鈍く、前
    場のと取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-57.45円の18278.18円。
    
    東証1部の出来高は7億3679万株、
    売買代金は7787億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1114銘柄、値下がり783銘柄、
    変わらず113銘柄。
    
    業種別では値上がりが14業種、値下がりが19業種。
    値上がりトップは不動産、食料品、その他製品。
    値下がりトップは非鉄金属、銀行、鉄鋼。
    
    
    後場の見通し
    
    海外勢が休暇中で商いは盛り上がらず、前場の東証1部の
    売買代金は低調。後場も商いは盛り上がらず、 円高進行、
    地政学リスクを懸念し、軟調な展開が続きそうだ。
    ただ、テクニカル面で売られすぎを示す指標もあり、短
    期的には自律反発があってよいところ、下値ではいって
    いの底堅さを示しそうだ。
    また、外部環境の影響を受けにくい中小型、新興市場を
    中心に堅調な銘柄も見られる。まだ、自律反発の域を脱
    していないが、目先に調整一巡、反転しそうだ。
    その他、好決算銘柄などへは、押し目買いが入りやすい。
    
    
    
  • 2017-04-17【東京市場見通し】

    売り優勢 円高進行 引き続き、地政学リスクが重し
    
    先週末の欧米株は休場。為替市場では円高が進行しており、
    現在のドル/円は108円台前半での推移。
    日本株は円高を嫌気するほか、16日に北朝鮮がミサイルを
    発射、引き続き地政学リスクの高まりを警戒し、売りが先
    行する見通し。
    基本的には売り一巡後も18日の日米経済対話が一段の円高
    を誘因するとの懸念があるほか、週末のフランス大統領選
    への警戒などから、積極的な売買は手控えられやすい、安
    値圏で様子見姿勢の強い展開が予想される。
    ただ、騰落レシオなどテクニカル面で売られ過ぎを示す指
    標もあり、短期的には一端自律反発があってよいところ。
    自律反発狙いの買いや日銀ETF買いの思惑で下げ渋る可能
    性はあるだろう。
    
    日経平均予想レンジは18150-18450円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り400万株、買い550万株、
    差し引き150万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が108円台前半での推移。
    (先週末14日終値108.92-94円)
    
    現在、ユーロ/円が115円どころでの推移。
    (先週末14日終値115.67-71円)
    
    先週末14日の米株市場は休場
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-14【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ヨシムラフード<2884>
    終値2556円(前日比-34円-1.31%)
    今期経常15%増で3期連続最高益更新見通し。
    
    ドトール日レス<3087> 
    終値2174円(前日比-11円-0.50%)
    今期経常5%増で2期連続最高益更新見通し。
    
    システム情報<3677>
    終値1124円(前日比-28円-2.43%)
    今期経常21%上方修正、最高益予想上乗せ。
    未定だった配当は4円増配。
    
    DOWA<5714>
    終値767円(前日比-3円-0.38%)
    前期経常を一転6%増益に上方修正。
    
    Gunosy<6047>
    終値2435円(前日比+63円+2.65%)
    6-2月期(3Q累計)経常が3倍増益着地。12-2月期も2.5倍増益。
    
    ベイカレント<6532>
    終値1216円(前日比-16円-1.29%)
    今期税引き前23%増で3期連続最高益。今期の年間配当を10円増。
    
    ピックアップ
    プラズマ<6668> 決算発表。
    終値1400円(前日比-82円-5.53%)
    17年8月期第2四半期累計(16年9月-17年2月)の連結経常利益は
    6.2億円と従来予想4.2億円を上回る水準となった。
    また、通期の同利益を従来予想6.9億円から11.8億円に上方修正。
    株価は今週初めに日足一目均衡表の雲内(1537-1238円)に値を落
    とし、雲上限(1537円)を上値抵抗とした展開が続いていたが、
    好決算を受けて雲を上抜け、トレンド回復へと期待がかかる。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-14【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め6銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S メドレックス<4586>、
    S JIMACS<5817>、
    一時S MRT<6034>、
    一時S メドピア<6095>、
    S ぷらっと<6836>、
    S カネミツ<7208>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め3銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S 日本色材<4920>、
    S スリーエフ<7544>、
    S ファイズ<9325>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ピックアップ
    ダイセキソリュ<1712> 続伸。
    終値1385円(前日比+32円+2.36%)
    直近の日足一目均衡表の雲(1282-1315円)近辺での
    もみあいから上放れ傾向。
    来週は年初来高値1441円(2/13)を試す展開へ。
    高値更新から上値を伸ばす展開にも期待。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-14【東京市場概況と来週の見通し】

    14日概況 日経平均は4日続落(91円安) 連日で年初来安値更新
    
    寄り付きこそ、4月オプションSQ算出に伴う需給要因で買い優勢とな
    ったが、買い一巡後は売り優勢の展開。
    米軍のアフガニスタン空爆、北朝鮮情勢など地政学リスクへの
    警戒は根強く、積極的に買われる展開になかった。
    日経平均は算出されたSQ値(18613.29円)に届かず「幻のSQ」、
    また、3日連続で年初来安値更新となった。
    
    日経平均終値は-91.21円の18335.63円。
    
    東証1部の出来高は18億3885万株、
    売買代金は2兆247億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり359銘柄、値下がり1559銘柄、
    変わらず97銘柄。
    
    業種別では値上がりが6業種、値下がりが27業種、
    値上がりは鉄鋼、不動産、転送用機器など。
    値下がりトップは電気・ガス、バルブ・紙、水産・農林。
    
    
    来週の見通し 軟調な展開 地政学リスク、円高が重し
    
    騰落レシオが69.07%と約1年2ヶ月ぶりに70%割れ。15日の北朝鮮
    金日成国家主席の生誕105周年を無事に通過、緊張が和らいでく
    るようだと、一端は自律反発が期待される。
    また、米企業の決算発表ラッシュ。米株が堅調な展開となれば、
    日本株にも一定の恩恵はあるだろう。
    ただ、それ以上に為替動向を注視。米株高となっても円高が上
    値をおさえる要因、または下落要因となる可能性あり。
    為替動向を見極めるうえで、18日の日米経済対話が注目材料。
    為替や貿易の面で米国側から注文がつけば、一段安の材料とな
    る可能性がある。
    また、15日の北朝鮮金日成国家主席の生誕105周年を無事に通
    過しても、米国が軍事行動を積極化しているなか、地政学リス
    クはそう簡単には払しょくされないと思われる。
    リスク・オフの様相が強まるようだと、これも円高加速要因。
    そして、翌週の24日(月)には、フランス大統領選。今年最大の
    リスク要因とも見方もあり、週半ばから週後半にかけては改め
    てこれを意識、見送り姿勢を強める材料となりうる。
    
    来週の日経平均予想レンジは17900-18600円。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-04-14【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は4日続落(62円安) SQ絡んで買い先行も続かず
    下げに転換
    
    朝方、4月オプションSQ算出を絡む買いから、日経平均はプラス圏
    でスタートし、一時は100円超えの上昇となる場面もあった。
    しかし、買い一巡後は下げに転換。為替ドル/円の円高方向へ
    の動きは一服しているものの、米軍のアフガニスタン空爆で
    米株安となっていたことなどが嫌気され、弱含みでの推移と
    なった。
    
    日経平均前場終値は-62.16円の18364.68円。
    
    東証1部の出来高は9億8079万株、
    売買代金は1兆1056億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり482銘柄、値下がり1408銘柄、
    変わらず125銘柄。
    
    業種別では値上がりが6業種、値下がりが27業種。
    値上がりは鉄鋼、その他製品、非鉄金属など。
    値下がりトップは電気・ガス、鉱業、バルブ・紙。
    
    
    後場の見通し
    
    朝方、SQ算出を絡んで、予想外に強くスタートした日経平均だ
    ったが、一巡後はマイナス圏に沈んだ。
    算出されたSQ値は18613.29円。今後、上値抵抗として意識され
    そうだ。
    前場、特に前半は動きのあった日経平均だが、後場はこう着感
    が強まる見通し。
    祝日の影響から海外勢の売買が限られているとみられとおり、
    また、明日15日の北朝鮮金日成国家主席の生誕105周年を控え
    て、これを見極めたいと見送り姿勢も強まりやすい。
    
    
     
  • 2017-04-14【東京市場見通し】

    米株安受けて売り先行 その後も地政学リスクを重しに不安定
    
    前日の米株市場が下落、NYダウは138ドル安と下落幅は大きい、プ
    ラス圏で推移する場面もあったが、米軍がアフガニスタンのイ
    スラム国(IS)に対して空爆を行ったと伝わり、売り優勢に転
    じた。
    為替ドル/円は現在、109円台前半での推移と円高一服の流れにあ
    るが、米株安や地政学リスクを重しに、日本株は売りが先行す
    る見通し。
    また、欧米市場が休場となるため、海外勢のフローは限られる。
    薄商いが予想されるなか、株価は振れやすい。
    今回の米国の空爆から、15日の故金日成主席の生誕105周年祭を
    控えて軍事的緊張も高まったと見れる。北朝鮮に関する報道等
    を警戒、下値でも買いは入りづらいだろう。
    
    日経平均予想レンジは18200-18450円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り820万株、買い290万株、
    差し引き530万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が109円台前半での推移。
    (13日終値109.01-03円)
    
    現在、ユーロ/円が115円台後半での推移。
    (13日終値116.03-07円)
    
    13日の米株市場概況
    
    続落。地政学リスクが重しとなった。
    翌日からの3連休を控えるなか、発表された経済指標を好感し、
    プラス圏で推移する場面も見られた。
    (4月ミシガン大学消費者信頼感指数が98.0(市場予想96.5)。
    しかし、米軍のアフガニスタンのISの地下施設を狙った大規模
    の空爆のニュースを受けて、売り優勢に転じた。
    NYダウ終値は-138.61の20453.25、
    S&P500は-15.98の2328.95、
    NASDAQは-31.01の5805.15。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-13【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    VOYAGE<3688> 業績修正発表。
    終値1711円(前日比+12円+0.70%)
    17年9月期の連結経常利益を従来予想12億円から18億円
    (前期12.4億円)に上方修正。
    
    ベル24HD<6183>決算発表。
    終値941円(前日比+5円+0.53%)
    17年2月期連結税引き前利益は前期比
    8.6%減も18年2月期は前期比15.5%増。
    
    松屋<8237> 決算発表。
    終値1012円(前日比-5円-0.49%)
    17年2月期の連結経常利益は12.6億円に落ち込むも従来予
    想11億円を上回った。18年2月期は16億円に回復見通し。
    
    乃村工<9716> 決算発表。
    終値1943円(前日比+32円+1.67%)
    今期経常6%増で5期連続最高益更新見通し。
    前期配当2円増額(40円)、今期も2円増配(42円)へ。
    
    ピックアップ
    ポケットC<8519> 決算発表。
    終値605円(前日比+23円+3.95%)
    17年2月期の経常利益(非連結)は40.9億円(前期比8.3%増)。
    18年2月期も前期比29.5%増の53億円に伸びる見通しとなった。
    株価は本日に日足一目均衡表の雲(上限600円)を突破しており、
    良好な形状。発表を好感し、一段と上方向へのトレンドが強ま
    ると期待される。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    物語コーポ<3097>
    終値5330円(前日比+90円+1.71%)
    3月既存店売上高が前年同月比2.5%増。
    5ヵ月ぶりに前年実績上回り。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-13【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 安川情報<2354>、
    S 北の達人<2930>、
    S サイステップ<3810>、
    S メドレックス<4586>、
    S ぷらっと<6836>、
    S スリーエフ<7544>、
    S オービス<7827>、
    S 丸栄<8245>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S ATAO<3550>、
    S SHIFT<3697>、
    一時S エルテス<3967>、
    S RSC<4664>、
    一時S 豊和工<6203>、
    一時S 石川製<6208>、
    S 日本アビオ<6946>、
    S 重松製<7980>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    コメダ<3543> 大幅続伸。
    終値1899円(前日比+93円+5.14%)
    前日(12日)発表の決算好感。
    日足一目均衡表の雲(上限1876円)突破。
    
    ピックアップ
    スター精<7718> 大幅反発。
    終値1715円(前日比+86円+5.27%)
    前日(12日)発表の決算好感。
    18年2月期連結業績予想が46.0億円(前期比27.5%増)。
    主力の工作機械事業において、国内市場の回復に加えアジ
    ア市場も好調に推移するなどと予想された。
    発表を好感し本日に大幅反発。
    テクニカル面では、日足一目均衡表の雲(上限1668円)突破。
    また、週ベースの移動平均チャートにて、13週線(1706円)
    を回復するなど良好な形。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-13【東京市場概況】

    日経平均は3日続落(125円安) 円高、地政学リスクを警戒
    
    朝方から売りが先行。地政学リスクに対する警戒感やトラ
    ンプ米大統領が「ドルが強すぎる」と発言、為替ドル/円が
    円高に振れていたことなどが嫌気された。
    日経平均は前場にこの日の安値18304.72円(247.89円安)を
    付けた。
    その後、日銀のETF買い期待などから下げ渋る場面もあった
    が、基本的には安値圏での推移が続き、前場を終えた。
    しかし、後場に入ると、短期筋の買い戻しなどから、下げ
    幅を縮小する展開となった。
    
    日経平均終値は-125.77円の18426.84円。
    
    東証1部の出来高は19億5868万株、
    売買代金は2兆2590億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり543銘柄、値下がり1374銘柄、
    変わらず98銘柄。
    
    業種別では値上がりが3業種、値下がりが30業種。
    値上がりは電気・ガス、水産・農林、バルブ・紙のみ。
    値下がりトップは石油・石炭、鉄鋼、鉱業。
    
    日経平均は後場に下げ幅縮小する展開になったとはいえ、
    連日で年初来安値を更新(取引時間中、終値ともに)。
    新規買いは少なく、短期筋の買い戻しが中心の見かた。
    地政学リスク警戒し、先行き不透明感は残っており、
    とりあえず、15日の北朝鮮金日成国家主席の生誕105周年
    を無事通過するのを見極めたいといったところだろう。
    また、週末はイースターで欧米市場は休場の為、明日の
    商いは細ると予想される。
    上値重く、為替ドル/円の動向次第では、引き続き売り優
    勢の展開が続きそうだ。
    ただ、新興市場ではジャスダックは続落もマザーズが反
    発。自律反発の域を脱っしてはいないが、戻りを強める
    ようなら、新興市場を中心とした中小型は上昇基調に転
    じる可能性はある。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-13【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は3日続落(212円安) 連日で取引時間中の年初来
    安値更新
    
    米トランプ大統領のドル高けん制発言などを受けて、為替ドル/
    円が円高方向に振れたを嫌気。主力輸出株などを中心に売られ
    る展開となった。
    日経平均は下落幅を250円近くまで拡げ、連日で取引時間中の
    年初来安値を更新。
    売り一巡後、やや下げ渋る場面も見られたが、戻りは限定的
    だった。
    
    日経平均前場終値は-212.17円の18340.44円。
    
    東証1部の出来高は9億7324万株、
    売買代金は1兆708億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり343銘柄、値下がり1591銘柄、
    変わらず80銘柄。
    
    業種別では値上がりが2業種、値下がりが31業種。
    値上がりは電気・ガス、水産・農林のみ。
    値下がりトップは鉄鋼、鉱業、石油・石炭。
    
    
    後場の見通し
    
    後場、日銀によるETF買入が実施されると予想されるなか、
    日経平均は、いっていの底堅さが示しそうではある。
    ただ、地政学リスクが解消されていないなか、下げ幅縮小
    に向かっても、小幅なものにとどまり、安値圏での推移が
    続く見通し。
    また、週末は欧米市場が休場になることもあり、海外勢の
    ポジション圧縮の動きも前倒しで強まる可能性もある。
    
    
  • 2017-04-13【東京市場見通し】

    売り優勢 円高進行を嫌気 下値模索の展開か
    
    前日の米株市場は下落。為替ドル/円も一段と円高進行、
    現在は109円を割れて108円台後半での推移。トランプ
    大統領が米ドルは強すぎるとの発言をしたことをキッ
    カケに円高方向への動きを強めたようだ。
    地政学リスクが引き続きくすぶるなか、米株安に円高
    進行。日本株は売りが先行する見通し。
    日経平均は前日、終値では節目18500円を維持したが、
    本日は18500円を割れ、下値を模索する展開か。
    物色の流れは、引き続き防衛関連。その他、決算を手
    掛かりとした小売り、サービスセクターに向かいそう。
    また、相場全体の軟調地合いが重しとなりそうだが、
    前日の下落が大きかっただけに新興市場も自律反発が
    期待されるところではある。
    
    日経平均予想レンジは18300-18550円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り890万株、買い810万株、
    差し引き80万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が108円台後半での推移。
    (12日終値109.66-68円)
    
    現在、ユーロ/円が116円台前半での推移。
    (12日終値116.45-49円)
    
    12日の米株市場概況
    
    続落。地政学的リスクが引き続き意識されたほか、翌日からの
    大手金融機関の決算発表を前に様子見姿勢が強まった。
    また、トランプ大統領の発言を受けてドル安や債券利回りの低
    下が進んだことで金融株が軒並み安となった。
    NYダウは一時100ドル近く下落しとなったが、売り一巡後は下げ
    幅を縮小している。
    NYダウ終値は-59.44の20591.86、
    S&P500は-8.85の2344.93、
    NASDAQは-30.61の5836.16。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-12【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    エルテス<3967> 決算発表。
    終値7620円(前日比-110円-1.42%)
    今期経常41%増で3期連続最高益更新見通し。
    5/31基準日に1対2の株式分割も発表。
    
    モリト<9837> 決算発表。
    終値887円(前日比-13円-1.44%)
    12-2月期(1Q)経常20%増益着地。
    自社株買いも発表(30万株、3億円上限)。
    
    ピックアップ
    良品計画<7453> 決算発表。
    終値25030円(前日比+110円+0.44%)
    17年2月期の連結経常利益は385億円(前期比18.0%増)。
    18年2月期も前期比10.2%増の425億円の伸びを見込み、
    6期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。
    同時に前期年間配当を274~293円に増額。
    今期も前期比31円増の324円に増配する方針。
    加えて、自社株買いも実施。10万株(自社株を除く発
    行済み株式数の0.38%)、24億9200万円を上限。取得
    期間は4/19~8/31まで。
    株価は日足一目均衡表の転換線(24640円)などを下値
    サポートに上昇基調。一段と上方向へのトレンドを
    強めそうだ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ピックアップ
    ラクス<3923>
    終値1544円(前日比+34円+2.25%)
    3月度月次売上高(単体)を発表。前年同月比23.9%増と
    好調に推移。次期主力の「楽楽精算」の月間受注件数
    が100件を突破。
    株価は年初来高値1788円(3/29)を付けて以降は調整の
    流れにあり、75日移動平均線(1472円)近辺まで下落、
    その水準では底堅く推移し、日柄調整中にあった。
    発表を好感し、日柄調整から上放れ、トレンド回復へ
    と期待がかかる。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-12【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S アゼアス<3161>、
    S 細火工<4274>、
    S JMC<5704>、
    S 豊和工<6203>、
    S 石川製<6208>、
    S スリーエフ<7544>、
    S オービス<7827>、
    S 重松製<7980>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S ウェッジHD<2388>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    帝繊維<3302> 大幅続伸。
    終値1811円(前日比+166円+10.09%)
    防衛関連株。日足一目均衡表の雲(上限1666円)突破。
    
    ホシデン<6804> 大幅反発。
    終値1115円(前日比+43円+4.01%)
    25日移動平均線(1065円)から上放れ。
    
    コーナン商事<7516> 大幅反発。
    終値2218円(前日比+138円+6.63%)
    日足一目均衡表の雲(上限2154円)突破。
    
    ピックアップ
    スギHD<7649> 大幅反発。
    終値5420円(前日比+200円+3.83%)
    前日(12日)決算を好感。
    (今期経常3期連続最高益更新見通し)
    テクニカル面においても日足一目均衡表の雲(上限5395円)突破。
    上昇トレンド転換と意識されるところ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-12【東京市場概況】

    日経平均は続落(195円安) 年初来安値更新 地政学リスク重し
    
    朝方からシリアや北朝鮮情勢の地政学リスク意識、為替ドル/
    円高に振れていたことから、売りが先行した。
    日経平均は一時290円近く急落し節目19500円を割れる場面も
    見られた。
    その水準では、日銀のETF買い期待などから下げ渋り、19500
    円は維持したものの、地政学リスクへの警戒は続いており、
    様子見姿勢の強い展開となった。
    
    日経平均終値は-195.26円の18552.61円。
    
    東証1部の出来高は19億2407万株、
    売買代金は2兆2136億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり221銘柄、値下がり1722銘柄、
    変わらず70銘柄。
    
    業種別では値上がりが3業種、値下がりが30業種。
    値上がりは水産・農林、陸運、建設のみ。
    値下がりトップは石油・石炭、非鉄金属、証券・商品。
    
    15日の北朝鮮の故・金日成主席の生誕105周年を前に、予断を許
    さない状態、地政学リスクが高まっている。
    これを無事通過するまでは、積極的な売買は手控えられそうだ。
    日経平均は本日、取引時間中、終値ともに年初来安値を更新も、
    節目18500円は維持した。
    ただ、為替ドル/円が一段と円高方向に振れれば、18500円を割れ、
    下値を試す展開が続く見通し。
    また、短期的なリバウンドに向かったとしても、5日移動平均線
    (18672円)、日足一目均衡表の転換線(18835円)などに上値をおさ
    えられそうだ。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-12【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅続落(230円安) 年初来安値更新
    
    地政学リスクが意識されるなか、為替ドル/円が円高方向に振れ、
    売りが先行。
    日経平均は取引時間中の年初来安値を更新し、一時、節目18500円
    を割れ18460.59円(287.28円安)まで値を落とした。
    売り一巡後は、円高一服、日銀のETF買い期待から、下げ渋ってい
    るものの、戻りは限定された。
    
    日経平均前場終値は-231.83円の18516.83円。
    
    東証1部の出来高は10億2186万株、
    売買代金は1兆571億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり151銘柄、値下がり1817銘柄、
    変わらず45銘柄。
    
    業種別では全33業種が下落。
    値下がりトップは石油・石炭、転送用機器、証券・商品。
    
    
    後場の見通し
    
    地政学リスクが懸念され、円高・株安の流れ。日銀のETF
    買い期待などがいっていの支えとなっているものの積極的
    な買いは入りづらく、日経平均は調整を強めそうにある。
    15日に北朝鮮金日成国家主席の生誕105周年を控える。
    これを無事通過するのを見極めたいといったところだろう。
    後場も戻りは鈍く、為替ドル/円の動向次第では下値を探る
    展開となりそうだ。
    
    
  • 2017-04-12【東京市場見通し】

    売り優勢 円高嫌気ドル/円が110円割れ 地政学リスク引き続き重し
    
    前日の米株はNYダウが一時145ドル安まで下落も、その後持ち直し、
    小幅安で引けるなど底堅い展開だった。
    米株の底堅さは好感されるところだが、為替ドル/円が現在、109
    円台後半での推移と110円割れ、円高方向に振れている。
    日本株は円高を嫌気、輸出関連株を中心に売りが先行する見通
    し。
    その後も地政学リスクを意識、押し目買いは入りづらい。
    また、週末のオプションSQを前にドル/円の動向次第では荒れる展開
    となる可能性もある。
    ただ、米株の底堅さ、前日には日銀のETF買い入れが観測されて
    おり、本日も日銀のETF買い期待がいっていの下支え要因となり
    そうだ。
    物色は内需ディフェンシブ系と防衛関連に資金が向かいやすい
    ほか、決算を受けた小売株などへの個別物色へ。
    
    日経平均予想レンジは18500-18700円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り840万株、買い890万株、
    差し引き50万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が109円台後半での推移。
    (11日終値110.54-56円)
    
    現在、ユーロ/円が116円台前半での推移。
    (11日終値117.06-10円)
    
    11日の米株市場概況
    
    小反落。引き続き、中東やアジアの地政学的リスクが重しに。
    NYダウは一時145ドル安まで下落する場面もあった。
    売り一巡後は原油高や、企業業績に対する期待感などを支え
    に下げ幅を縮小した。
    NYダウ終値は-6.72の20651.30、
    S&P500は-3.38の2353.78、
    NASDAQは-14.15の5866.77。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-11【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    イズミ<8273> 決算発表。
    終値4965円(前日比+65円+1.32%)
    今期経常8%増で6期連続最高益更新見通し。
    
    ピックアップ
    DCM<3050> 決算発表。
    終値1023円(前日比+1円+0.09%)
    17年2月期の連結経常利益は191億円(前期比9.3%増)。
    18年2月期も前期比3.5%増の198億円に伸びる見込みで、
    6期ぶりに過去最高益更新見通し。
    また、中期経営計画を策定。20年2月期に経常利益226
    億円(17年2月期実績は191億円)を目指す。
    テクニカル面での株価は、日足一目均衡表において雲
    内(995-1033円)で推移。
    直近は雲下限で下げ止まり、雲上限に迫っている。
    発表をキッカケに雲突破、上方向へのトレンドを強め
    る展開が期待される。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    テクマトリックス<3762>
    終値1416円(前日比+22円+1.57%)
    LINEを活用した法人向け顧客サポートサービス「LINE
    カスタマーコネクト」の販売パートナーになり、有人
    チャットサポート向けにコンタクトセンター用CRM(顧
    客管理)システム「FastHelp」の提供を開始。
    
    スクエニHD<9684>
    終値3180円(前日比+15円+0.47%)
    プレイステーション4、ニンテンドー3DS用ソフト「ド
    ラゴンクエストXI 過ぎ去りし時を求めて」の発売日
    が7月29日に決定。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-11【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め11銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S オルアバウト<2454>、
    S 日本サード<2488>、
    S グラン<3261>、
    一時S アエリア<3758>、
    S サイステップ<3810>、
    一時S アイル<3854>、
    一時S 川崎化<4117>、
    S 細火工<4274>、
    S メドレックス<4586>、
    一時S 日本興業<5279>、
    S トレンダ<6069>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S ローツェ<6323>。
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ピックアップ
    ココカラファイン<3098> 3日大幅続伸。
    終値5080円(前日比+155円+3.14%)
    連日で年初来高値を更新し堅調。
    長らく続いていた25日移動平均線(4805円)近辺での
    推移から上放れ、トレンドは上方向にある。
    
    フジ<8278> 3日大幅続伸。
    終値2572円(前日比+126円+5.15%)
    前日(10日)発表の決算を好感。
    (今期経常7%増。3期連続最高益更新見通し、
    年間配当5円増配予定)
    テクニカル面では週足一目均衡表の雲(上限2386円)から上放れ。
    また、月足一目均衡表においても基準線(2527円)回復。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-11【東京市場概況】

    日経平均は3日ぶり反落(50円安) 円高、地政学リスクが重し
    
    朝方から売りが優勢の展開。北朝鮮情勢の緊迫化など地政学リ
    スクへの懸念。為替ドル/円が円高方向にあったことなどが重し
    となった。
    一時、日銀のETF買い期待などから、下げ渋る場面も見られた
    が、買戻しの動きは限定的となり、日経平均は後場に、この日
    の安値18661.86円(136.02円安)を付けた。
    その後、持ち直したものの変わらず戻りは限定された。
    
    日経平均終値は-50.01円の18747.87円。
    
    東証1部の出来高は16億9117万株、
    売買代金は1兆8634億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり504銘柄、値下がり1384銘柄、
    変わらず124銘柄。
    
    業種別では値上がりが10業種、値下がりが23業種。
    値上がりは不動産、保険、陸運など。
    値下がりトップは石油・石炭、海運、機械。
    
    明日以降も引き続き地政学リスクが重しとなる見通し。
    15日に北朝鮮金日成国家主席の生誕105周年を控えており、これ
    を無事通過するのを見極めたいところだろう。
    また、米トランプ政権の具体的な政策もなお見えず、動きにく
    い相場でもある。
    ただ、日経平均は5日移動平均線(18733円)を終値で2日連続維持。
    目先はやや下げ止まったかのように見える。
    次に上値抵抗として控える日足一目均衡表の転換線(18867円)を
    回復すれば、一端は戻しを試す展開か。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-11【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落(89円安) 北朝鮮リスクに円高も重し
    
    米朝関係が緊迫化するなか、北朝鮮の地政学リスクを警戒。
    また、為替ドル/円が円高方向に振れていることも重しとな
    った。
    日経平均は一時、前日比115円の下落、18600円台後半まで
    値を下げる場面があった。
    売り一巡後は、円高が一服したことや日銀のETF買い期待
    などから下げ渋ったものの戻りは限定された。
    
    日経平均前場終値は-89.39円の18708.49円。
    
    東証1部の出来高は8億5202万株、
    売買代金は8516億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり580銘柄、値下がり1305銘柄、
    変わらず126銘柄。
    
    業種別では値上がりが5業種、値下がりが28業種。
    値上がりは不動産、小売り、水産・農林など。
    値下がりトップは海運、石油・石炭、鉱業。
    
    
    後場の見通し
    
    北朝鮮の最高人民会議(国会に相当)が本日に開催される。
    今回の会議は金正恩体制発足5年にあたるため、対外的な
    メッセージの発信や核実験などの挑発行動に出る可能性
    もあるとして警戒ムードが強い。
    後場もその流れから上値重く、為替ドル/円が円高方向に
    振れるようなら、売りが強まる展開。
    
    
  • 2017-04-11【東京市場見通し】

    売り優勢 材料に乏しいなか地政学リスクが重し
    
    前日の米株はほぼ横ばい、主要3指数ともに小反発で引けた。
    為替ドル/円はやや円高方向に振れて110円台後半での推移。
    ドル/円が円高方向に振れていることから、日本株は売り先行
    の見通し。
    その後、地政学リスクが重しに様子見姿勢、積極的な売買は
    手控えられることになりそうだ。
    全体としてこう着感の強い相場展開のなか、物色は決算を手
    掛かりとした個別対応のほか、防衛関連への短期的な値幅取
    り狙いが中心となる見通し。
    
    日経平均予想レンジは18650-18850円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1080万株、買い1020万株、
    差し引き60万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が110円台後半での推移。
    (10日終値111.32-33円)
    
    現在、ユーロ/円が117円台前半での推移。
    (10日終値117.85-89円)
    
    10日の米株市場概況
    
    小幅に上昇。
    中東やアジアの地政学的リスクの高まりが重しとなるなか、
    エネルギー株が原油高を受けて上昇。
    また、週後半の企業決算発表を期待などを背景にNYダウは
    94ドル高まで一時上昇した。ただ、買い一巡後は、41ドル
    安まで下落。
    その後、前日終値付近まで戻し、ほぼ横ばいでこの日の取
    引を終えた。
    NYダウ終値は+1.92の20658.02、
    S&P500は+1.62の2357.16、
    NASDAQは+3.11の5880.93。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-10【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    リソー教育<4714> 決算発表。
    終値689円(前日比+12円+1.77%)
    今期経常18%増、2期連続最高益更新見通し。
    前期の期末配当を7円(年間配当25円)実施、
    今期は前期比3円増の28円に増配する方針。
    
    新日無<6911> 業績修正発表。
    終値443円(前日比+31円+7.52%)
    17年3月期の連結最終損益を従来予想3億円赤字から
    6億円の黒字に一転。
    
    ピックアップ
    4℃HD<8008> 決算発表。
    終値2568円(前日比+80円+3.21%)
    17年2月期の連結経常利益は77.9億円(前期比13.7%増)。
    18年2月期も前期比5.8%増の82.5億円に伸びを見込み、
    7期連続で過去最高益更新見通し。
    また、今期年間配当を65円(前期比15円増)へ。
    株価は本日に日足一目均衡表の雲(2539円)突破。
    上昇トレンド転換と期待される形にある。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    MDV<3902>
    終値3485円(前日比+90円+2.65%)
    4/30基準日として1対2株の株式分割発表。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-10【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め12銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S フーマイエレ<3165>、
    S サイステップ<3810>、
    S 大有機<4187>、
    S 細火工<4274>、
    一時S CANBAS<4575>、
    S メドレックス<4586>、
    S ペプドリ<4587>、
    S RSC<4664>、
    S エスクロAJ<6093>、
    一時S Career<6198>、
    S オービス<7827>、
    S ノダ<7879>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    アルトナー<2163> 大幅続伸。
    終値1305円(前日比+137円+11.72%)
    日足一目均衡表の基準線(1149円)をサポートにトレンド
    回復傾向。
    
    アイケイ<2722> 大幅続伸。
    終値2659円(前日比+210円+8.57%)
    25日移動平均線(2179円)をサポートにトレンド回復傾向。
    
    ピックアップ
    コシダカHD<2157> 大幅続伸。
    終値2598円(前日比+225円+9.48%)
    7日発表の上方修正を好感。年初来高値更新。
    (上期経常30%上方修正)
    テクニカル面では、長らく続いていた25日移動平均線(2382円)
    近辺でのもみあい、日柄調整から上放れ、上昇トレンド転換。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-10【東京市場概況】

    日経平均は続伸(133円高) 円安好感し買い先行 その後は伸び悩み
    
    先週末(7日)の米市場で、株価は地政学リスクなどが警戒される
    なか、小幅な下落にとどまり、為替ドル/円も円高一服、円安方
    向振れていたことから、日本株は買いが先行した。
    日経平均は前場に、一時は180円超えの上昇、18800円台半ばま
    で戻す場面も見られた。
    ただ、買い一巡後は上値の重い展開。後場もに入っても、新規
    材料に乏しく、前場同様に戻り売りに上値をおさえられた。
    
    日経平均終値は+133.25円の18797.88円。
    
    東証1部の出来高は17億3234万株、
    売買代金は1兆9299億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1405銘柄、値下がり504銘柄、
    変わらず104銘柄。
    
    業種別では値上がりが27業種、値下がりが6業種。
    値上がりトップは鉄鋼、銀行、非鉄金属。
    値下がりは水産・農林、鉱業、食料品など。
    
    東証1部の売買代金が3/15日以来に2兆円割れ。商いは低調で、
    日経平均の日中の値幅も約88円と狭いレンジでのもみあい、
    5日移動平均線(18746円)を回復したものの、日足一目均衡表
    の転換線(18884円)が上値抵抗となったかっこう。
    同線を回復できるかが目先の焦点、回復となれば節目19000円
    近辺までのリバウンドは期待されるが、地政学リスクがくす
    ぶるなか、積極的に上値を追いづらい。
    そんななか、物色が向かいやすいのは外部環境の影響を受けに
    くい新興市場。
    本日もマザーズ、ジャスダックともに上昇し続伸。調整が一巡
    しつつあり、再び上昇基調に転じるのも早い見込み。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-10【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続伸(122円高) 円高一服を好感 一巡後は上値重い
    
    先週末から為替ドル/円が円高一服し円安方向に。朝方から輸出
    株を中心に買戻しが入った。
    日経平均は一時、180円超えの上昇、18800円台半ばまで戻す場
    面がった。
    ただ、買い一巡後は戻り売りなどから、上値は重く、買い上が
    る勢いは鈍かった。
    
    日経平均前場終値は+122.09円の18786.72円。
    
    東証1部の出来高は9億3064万株、
    売買代金は9810億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1399銘柄、値下がり502銘柄、
    変わらず110銘柄。
    
    業種別では値上がりが29業種、値下がりが4業種、
    値上がりトップは鉄鋼、非鉄金属、転送用機器。
    値下がりは水産・農林、鉱業、石油・石炭、色のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は続伸で前場の取引を終えて、5日移動平均線(18743
    円)を回復。
    ただ、日足一目均衡表の転換線(18884円)が上値抵抗となり、
    上値の重さが意識された。
    先週、目立っていたのが後場からの弱い動き。本日も伸び悩
    む展開で前場を引けており、売り仕掛けが警戒されるなか、
    5日移動平均線を割れてくるようだと、上げ幅を一段と縮小、
    調整色を強める可能性がある。
    
    
    
  • 2017-04-10【東京市場見通し】

    買い先行 円高一服を好感 買い一巡後は伸び悩み
    
    先週末に注目された米3月雇用統計は、非農業部門雇用者数が
    市場予想を大幅に下回る結果となったが、失業率の改善が一
    段と進んだことなどから、雇用改善トレンドは変わらずと判
    断された。
    米株市場は前日とほぼ変わらず(小反落)で、この日の取引を
    終えたが、為替ドル/円は円高一服。現在は111円台前半での
    推移。
    日本株は円高一服を好感して買い先行の見通し。ただ、上値
    を追う材料が不足していることから、買い一巡後は上値の重
    い展開。
    日経平均は先週、ここまで続いていたもちあいレンジから、
    下放れており、売り優勢のなか、戻り売り圧力も強いだろう。
    物色の流れとしては小売企業の決算が本格化するなか、決算
    を手掛かりとした個別物色。
    その他、地政学リスクが意識されるなか、防衛関連などテー
    マ株へ、短期的な値幅取り狙いの売買が意識されそう。
    
    日経平均予想レンジは18600-18850円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り900万株、買い1060万株、
    差し引き160万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が111円台前半での推移。
    (先週末7日終値110.60-62円)
    
    現在、ユーロ/円が117円台後半での推移。
    (先週末7日終値117.62-66円)
    
    先週末7日の米株市場概況
    
    ほぼ横ばい、小幅に反落。
    注目された米3月雇用統計で、非農業部門雇用者(NFP)が+9.8万
    人と予想+18.0万人を大幅に下回る結果だった。
    雇用統計の結果、その他に米国軍がシリアの軍事施設へミサイ
    ル攻撃を行ったことから、地政学リスクから売り優勢に傾きつ
    つあったが、失業率が4.5%と前回、市場予想4.7%より強い結果
    だったことなどから、雇用改善トレンドは変わらずと判断され、
    下値は底堅く推移。
    その他、ダドリーNY連銀総裁がバランスシート縮小が利上げの
    ペースにほとんど影響しないと発言したことも伝わり金融市場
    全般が上下に振れた。
    NYダウ終値は-6.85の20656.10、
    S&P500は-1.95の2355.54、
    NASDAQは-1.14の5877.81。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-07【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    コシダカHD<2157> 業績修正発表。
    終値2373円(前日比+14円+0.59%)
    上期経常30%上方修正。2期ぶり最高益更新見通し。
    
    サイバーS<3810> 業績修正発表。
    終値917円(前日比+7円+0.76&)
    今期経常7.5倍上方修正。
    
    大有機<4187>
    終値860円(前日比±0円±0.00%)
    今期経常一転、8%増益に上方修正。最高益更新見通し。
    今期の上期配当を5円増額(14円に)。年間配当は25円に。
    
    コジマ<7513円> 業績修正発表。
    終値291円(前日比+1円+0.34%)
    上期経常5倍上方修正。
    
    ピックアップ
    オンワードHD<8016> 決算発表。
    終値795円(前日比+20円+2.58%)
    17年2月期の連結経常利益は55.7億円。
    従来予想50億円を上回り、減益予想から一転して増益で着地。
    18年2月期も前期比27.3%増の71億円に伸びる見通し。
    300万株を上限とする自社株買いも発表。
    株価は直近、25日移動平均線(799円)などに上値をおさえられ
    る展開にあった。
    本日の発表を好感し株価上昇、25日移動平均線超えなどから、
    トレンド回復へと期待がかかる。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    Hamee<3134>
    終値1007円(前日比-15円-1.46%)
    今期配当1.5円増額修正(3.5円に)。
    
    ラクス<3923>
    終値1525円(前日比+26円+1.73%)
    クラウド型コールセンター顧客対応管理システム「楽テル」
    リリース。
    
    ラウンドワン<4680>
    終値940円(前日比+52円+5.85%)
    3月既存店売上高6.6%増。4ヶ月連続で前年実績上回り。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-07【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S ベクター<2656>、
    S シーズメン<3083>、
    S 細火工<4274>、
    S メドレックス<4586>、
    S RSC<4664>、
    一時S 遠州トラック<9057>、
    一時S ファイズ<9325>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ファーストコポ<1430> 大幅反発。
    終値1032円(前日比+50円+5.09%)
    12:00発表の決算内容を好感。
    前日割れた25日移動平均線(1008円)回復。
    
    不二越<6474> 大幅反発。
    終値612円(前日比+34円+5.88%)
    日足一目均衡表の雲(上限605円)突破。
    
    ピックアップ
    7&IHD<3382> 大幅反発。
    終値4637円(前日比+193円+4.34%)
    前日(6日)発表の米コンビニ買収、来期増収増益見通しを好感。
    テクニカル面では日足一目均衡表の雲(上限4594円)突破。
    週足一目均衡表の雲内(4536-4959円)に差しかかった。
    雲上限(4959円)を試す展開へ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-07【東京市場概況と来週の見通し】

    7日概況 日経平均は反発(67円高) 米シリア攻撃でマイナス圏
    沈むも切り返し
    
    前日の米株高や円高一服で買いが先行した日本株だったが、米
    国がシリアに巡航ミサイルを発射したと伝わり、売り優勢に転
    じた。
    しかし、売り一巡後は、安感から押し目買いが入りプラスに転換。
    ただ、大引けにかけては、米中首脳会談や米3月雇用統計を見
    極めたいとの空気も強く、ポジション調整売りに上値を抑え
    られた。
    日経平均は前場に朝方に180円高となり18700円後半まで上昇、
    その後に80円安、後場に持ち直し、この日の高値水準まで戻し
    たものの、大引けにかけては伸び悩み、本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+67.57円の18664.63円。
    
    東証1部の出来高は24億145万株、
    売買代金は2兆7654億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1475銘柄、値下がり430銘柄、
    変わらず107銘柄。
    
    業種別では値上がりが31業種、値下がりが2業種。
    値上がりトップは鉱業、石油・石炭、小売り。
    値下がりは空運、その他製品のみ。
    
    
    来週の見通し 調整色の強い展開 上値重く一段の下振れ警戒
    
    本日(7日)の日経平均は乱高下。割安感などから買われる面も見
    られるが、米国によるシリアへのミサイル攻撃を受け、地政学
    リスクへの警戒感が高まっている。さらに北朝鮮情勢が緊迫化
    すれば、リスク回避の売りが強まる。
    今晩の米経済指標が良好な結果となっても、地政学リスクから、
    買い優勢には傾きにくい。
    テクニカル面においても日経平均は、連日で5日移動平均線(18
    783円)に上値をおさえられ、25日移動平均線(19217.68円)が75
    日移動平均線(19227円)を下回りデットクロスと形状は悪化。
    目先のリバウンドが鈍いと調整が長引くと見られる。
    いっぽうで、騰落レシオが78%と、売られ過ぎの目安80%を下回
    るなど、売られ過ぎを示す指標もある。
    国内では小売企業の決算発表が相次ぎ、決算への期待は高い、
    それらを支えに、米株市場が底型さを示せば、安心感から買わ
    れる可能性はあるだろう。
    ただ、上昇したとしても戻り売り圧力は強く、節目19000円超え
    は厳しいと見られる。
    下値は心理的な節目18500円、その水準を下回るようなら、1830
    0円までの押しを見ておきたいところ。
    
    来週の日経平均予想レンジは18300-19000円。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-04-07【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅続落(19円安) 買い先行も米ミサイル発射報
    道で下げに転換
    
    朝方は買いが先行。米株高や円安が好感され、前日の下げの
    反動もあり堅調な展開となった。
    しかし、米国がシリアに向けてミサイル発射との報道を受け、
    為替が円高方向に。それとともに株価も売り優勢の展開へ。
    日経平均は、一時180円超えの上昇となった後、79円安、
    前場終わりは、19円安と小幅続落で引けた。
    
    日経平均前場終値は-19.14円の18577.92円。
    
    東証1部の出来高は12億9360万株、
    売買代金は1兆3937億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1141銘柄、値下がり720銘柄、
    変わらず150銘柄。
    
    業種別では値上がりが22業種、値下がりが11業種。
    値上がりトップは鉱業、石油・石炭、繊維製品。
    値下がりは空運、その他製品、電気機器など。
    
    
    後場の見通し
    
    米国がシリアに向けてミサイル発射との報道を受けて、
    売り優勢に転じたが、売り一巡後は持ち直し、いって
    いの落ち着きを取り戻し、前場の取引を終えた。
    ただ、地政学リスクがさらに高まったことで、円高へ
    の警戒感は残る。
    その他、米中首脳会談、米3月雇用統計など見送り材料
    が多く、上値の重い展開が後場も続きそうだ。
    
    
    
     
  • 2017-04-07【東京市場見通し】

    買い先行 米株が反発 為替ドル/円も前日より円安方向
    
    前日の米株市場が主要3指数そろって反発。良好な雇用指
    標や原油高が好感された。
    為替ドル/円も円安方向に振れており、現在は110円台後半
    での推移。
    日本株は、落ち着いた動きとなった外部環境を好感、
    前日の下落がきつかった分、それなりの反発が期待される。
    とはいえ、自律反発の域にとどまる見通し。
    日経平均は前日の下落で、もちあいレンジを下放れ、
    トレンドは悪化傾向にある。
    そんななか、米中首脳会談が開かれている中での北朝鮮に
    よる挑発行為。また、シリア問題等の地政学リスクへの警
    戒から上値をおさえられそうだ。
    また、今晩の米雇用統計を見極めたいとの向きもあるだろう。
    日経平均は5日移動平均線(18832円)などが、上値抵抗として
    意識される見通し。
    物色は好業績銘柄や材料株、テーマ性の強い銘柄に向かいや
    すい展開にある。
    
    日経平均予想レンジは18600-18850円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1300万株、買い1470万株、
    差し引き170万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が110円台後半での推移。
    (6日終値110.51-53円)
    
    現在、ユーロ/円が118円どころでの推移。
    (6日終値117.64-68円)
    
    6日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって小幅に反発。
    この日から始まった米中首脳会談、模様眺めムードが広が
    るなか、原油高を好感しエネルギー株が上昇。
    また、前日に下落した金融株へ買戻された。
    その他、発表された経済指標が良好で安心につながった。
    (米新規失業保険申請件は23.4万件(予想25.0万件))
    NYダウは一時、100ドル近い上昇をみせる場面もあった。
    NYダウ終値は+14.80の20662.95、
    S&P500は+4.54の2357.49、
    NASDAQは+14.47の5878.95。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-06【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    OSJBHD<5912> 業績・配当修正発表。
    終値264円(前日比-3円-1.12%)
    前期経常12%上方修正。配当1円増額(6円に)。
    
    ピックアップ
    技研製<6289> 決算発表。
    終値2130円(前日比-91円-4.09%)
    17年8月期第2四半期累計(16年9月-17年2月)の連結経常
    利益は32.7億円。前年同期比26.4%増の伸びに。
    直近3ヵ月の実績12-2月期(2Q)の連結経常利益も前年同
    期比46.3%増の16.3億円に拡大、売上営業利益率は前年
    同期の20.%から23.1%に上昇となった。
    株価は本日は4%超えの下落となったが、発表された決算
    を好感、目先に本日に割れた5日移動平均線(2179円)を
    早期に回復へ。年初来高値2239円(4/4)更新、上値を伸
    ばす展開が期待される。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    エスプール<2471>
    終値1814円(前日比-21円-1.14%)
    人材派遣サービスを提供する子会社エスプールヒューマン
    ソリューションズが、看護・介護・保育業界に特化した求
    人サイト「One+(ワンプラス)」を開設。
    
    マクドナルド<2702>
    終値3260円(前日比-30円-0.91%)
    3月既存店売上高16.5%増。16ヶ月連続で前年実績上回り。
    
    鳥貴族<3193>
    終値2407円(前日比+1円+0.04%)
    3月度既存店売上高4.8%増。4ヶ月連続で前年実績上回り。
    
    すかい<3197>
    終値1611円(前日比-22円-1.34%)
    3月既存店売上高1.3%増。2ヵ月ぶり前年実績上回り。
    
    7&IHD<3382>
    終値4444円(前日比-82円-1.81%)
    米Sunoco LP社からコンビニ店とガソリンスタンド、
    合計1108店舗を取得(取得価額は約3659億円)。
    (決算も発表。今期経常は6%増で7期連続最高益更新へ)。
    
    メドレックス<4586>
    終値544円(前日比-9円-1.62%)
    インド製薬会社Ciplaの米子会社と、筋肉が硬直する痙性麻痺
    の治療貼付剤「MRX-4TZT」に関するライセンス契約を結んだ。
    契約一時金のほか、開発および販売の進捗に応じたマイルス
    トーン収入として最大3000万ドルを受領。
    また、上市後の売上高に応じて段階的なロイヤルティ収入も
    受け取る予定。
    (業績修正も発表。今期最終を赤字縮小に上方修正)。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-06【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め3銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 細火工<4274>、
    S 石川製<6208>、
    一時S 協和コンサル。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ピックアップ
    サクセスHD<6065> 大幅続伸。
    終値1490円(前日終値+57円+3.97%)
    長らく25日移動平均線(1373円)近辺で日柄調整が
    続いていたが同線から上放れ、トレンドは上方向
    に転換し、本日に年初来高値を更新1480円(1/19)。
    一段高が期待されるところ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-06【東京市場概況】

    日経平均は大幅反落(264円安)  年初来安値更新
    
    前日の米株安が嫌気されたほか、北朝鮮情勢など地政学リスク
    なども意識され、朝方から売りが先行。
    日銀によるETF買い期待から下げ渋る場面もみられたが、後場
    に入り、米先物指数が時間外取引で弱含みとなったことなどが
    重しとなり下げ幅を拡大、日経平均は一時、328円安、18500円
    台前半まで値を落とした。その後も戻りは鈍く、ザラバ、終値
    でも年初来安値更新となった。
    
    日経平均終値は-264.21円の18597.06円。
    
    東証1部の出来高は20億6830万株、
    売買代金は2兆4589億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり73銘柄、値下がり1919銘柄、
    変わらず18銘柄。
    
    業種別では値上がりが1業種、値下がりが32業種。
    値上がりは鉱業のみ。
    値下がりトップは鉄鋼、電機・ガス、海運。
    
    日経平均は、昨年12月から続いたもちあい相場かから下放れ。
    また、移動平均線チャートにおいても、25日線(19253円)が
    75日線(19237円)を下回るデットクロス目前と形状は悪化し
    ている。
    目先のリバウンドが鈍いと調整が長引く可能性が高く、押し
    目買いなどが入りにくくなってきている。
    また、新興株式市場もジャスダックが4日続落、マザーズも
    反落となった。
    個別で見ると、好材料に対する反応は悪くない。
    ただ、日経平均の大幅安により全体としては売り優勢にある。
    日経平均の反発が強く、もしくは底堅さを示さない限り、
    新興市場を中心とした中小型も買いが入りにくい。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-06【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は急反落(263円安) 東証33業種全てが値下がり全面安
    
    前日の米株安が嫌気されたほか、北朝鮮情勢など地政学リス
    クもなど意識。
    為替ドル/円も円高方向に振れており売り優勢の展開。東証33
    業種が全てが値下がりする全面安商状となった。
    日経平均は、1/24終値ベースでの年初来安値(18787.99円)、
    また、1/18ザラ場ベースの年初来安値(18650.33円)を割れて、
    前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-263.76円の18597.51円。
    
    東証1部の出来高は10億1326万株、
    売買代金は1兆1182億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり89銘柄、値下がり1871銘柄、
    変わらず47銘柄。
    
    業種別では全33業種が下落。
    値下がりトップは水産・農林、証券・商品、バルブ・紙。
    
    
    後場の見通し
    
    後場は日銀のETF買入れへの需給が下支えとなる見通し。
    ただ、戻りの鈍さが意識されるようだと、売り圧力が
    強まる可能性がある。
    また、中小型株の弱さも目立っており、前日は踏ん張
    りをみせていたマザーズも下落率は2%を超えている。
    後場、このまま軟調な展開が続くようなら、相場全体、
    リスクオフの流れが強まりそうだ。
    
    
  • 2017-04-06【東京市場見通し】

    売り優勢の展開 不安定な米株を嫌気 為替の円高も警戒 
    
    前日の米株市場が乱交下。発表された経済指標を好感し、一時
    は大幅に上昇したが、FOMC議事要旨公表を受けて失速し、主要
    3指数そろって反落で引けた。
    為替ドル/円も一時は円安に振れて111円台を回復したが一転、
    現在は110円台半ばでの推移。
    不安定な米株市場、ドル/円の円高を警戒する動きから、日本株
    は売り先行のスタートとなりそうだ。
    売り一巡後も引き続き、週末の米雇用統計、北朝鮮の地政学リ
    スクが警戒されるなか、米中首脳会談の内容を見極めたいとす
    るムードも強い。積極的な売買は手控えられ、様子姿勢の強い
    展開となりそうだ。
    日経平均は1/24終値ベースでの年初来安値18787.99円。これを
    割り込めば、1/18ザラ場ベースの年初来安値18650.33円が下値
    メドとして意識されそうだ。
    そして、中小型株も不安定な流れが続いている。
    ただ、前日にJASDAQはマイナス圏で引けたが、マザーズはプラ
    ス圏で引けた。マザーズが踏ん張りをみせたことは安心感につ
    ながる見込み。
    テーマ性のある銘柄や、相対的に出遅れ感の強い銘柄などへは、
    買いが向かいそうだ。
    
    日経平均予想レンジは18650-18850円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1050万株、買い1010万株、
    差し引き40万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が110円台半ばでの推移。
    (5日終値110.60-61円)
    
    現在、ユーロ/円が117円台後半での推移。
    (5日終値118.07-11円)
    
    
    5日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって反落。
    この日発表された週末の米3月雇用統計の前哨戦となる米3
    月ADP全国雇用者数は+26.3万人。
    市場予想(+18.7万人)を大きく上回り、前月(+29.8万人)に
    続き大きく上振れた。
    いっぽうで、米3月ISM非製造業景況指数は55.2と市場予想
    (57.0)を下回り、昨年10月以来の低水準だった。
    朝方は、強い民間雇用統計の結果を好感し買いが先行。
    NYダウは一時、198ドル高まで上昇、NASDAQは一時史上最高
    値を更新する上昇となった。
    しかし、午後に公表されたFOMC議事録で、大半のメンバー
    が年内のバランスシート縮小が妥当と判断したこと、一部
    のメンバーから株高への懸念が示されたことで、幅広い銘
    柄が売りに押された。
    NYダウ終値は-41.09の20648.15、
    S&P500は-7.21の2352.95、
    NASDAQは-34.13の5864.48。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-05【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ピックアップ
    JINS<3046> 業績・配当修正発表。
    終値5670円(前日比-70円-1.21%)
    17年8月期第2四半期累計(16年9月-17年2月)の連結経常利益は
    従来予想15億円から18.9億円(前年同期11.3億円)に上方修正。
    上期業績の好調に伴い、通期の連結経常利益も従来予想の45
    億円から48.9億円に上方修正。配当も3円増額(36円に)。
    株価は日足一目均衡表の雲内(5527-5945円)で推移し、直近は
    売り優勢の展開にあった。
    本日の発表を好感、雲上抜けからトレンド回復となるか。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    アルファポリス<9467>
    終値1439円(前日比+59円+4.27%)
    シリーズ発行部数累計45万部の人気作「月が導く異世界道中」
    をPC(パソコン)ブラウザゲーム化、先行登録キャンペーンを
    本日(5日)より開始と発表。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-05【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S 夢展望<3185>、
    一時S 串カツ田中<3547>、
    S シャノン<3976>、
    一時S DWセラピ研<4576>、
    S ナガオカ<6239>、
    S 東洋電<6505>、
    一時S オービス<7827>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    日清オイリオ<2602> 3日大幅続伸。
    終値682円(前日比+34円+5.24%)
    25日移動平均線(628円)から上放れ。
    
    タクマ<6013> 大幅続伸。
    終値1132円(前日比+50円+4.62%)
    25日移動平均線(1061円)から上放れ。
    
    ツガミ<6101> 大幅続伸。
    終値816円(前日比+45円+5.83%)
    25日移動平均線(733円)から上放れ。
    
    ピックアップ
    クルーズ<2138> 大幅反発。
    終値3680円(前日比+305円+9.03%)
    年初来高値3465円(4/3)更新。
    日足一目均衡表の転換線(3385円)をサポートに大幅反発。
    同じく一目均衡表、月足ベースの雲に差し掛かった。
    (下限3623-上限3898円)
    上限3898円を試す展開、雲突破なれば上昇トレンドが一
    段と強まりやすい。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-05【東京市場概況】

    日経平均は反発(51円高) イベント前で上値重く反発弱い 
    
    朝方こそ前日の欧米株高などを好感し買いが先行したが、
    その後は上値の重い展開。
    日経平均は130円超えの上昇となった後は、上げ幅を縮小
    し、51円高で前場の取引を終えた。
    後場に入ると、売りが先行。一時はマイナス圏に沈む場
    面も見られた。
    その後、再びプラス圏に浮上したが、上値の重さは変わ
    らず、上げ幅は限定的だった。
    
    日経平均終値は+51.02円の18861.27円。
    
    東証1部の出来高は18億9216万株、
    売買代金は2兆2324億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり730銘柄、値下がり1154銘柄、
    変わらず128銘柄。
    
    業種別では値上がりが17業種、値下がりが16業種。
    値上がりは精密機器、情報・通信、非鉄金属など。
    値下がりは石油・石炭、鉱業、空運など。
    
    日経平均が節目19000円を割れる水準で推移しており、下値は
    押し目買いなどから、いっていの底型さは示している。
    いっぽうでイベント前で様子姿勢の強いなか、節目19000円が
    今週の上値メドと意識されそうだ。
    (週末の米雇用統計、前哨戦となる今晩のADP雇用報告やISM非
    製造業景況指数の発表、米中首脳会談)
    新興市場は、ジャスダックが3日続落もマザーズが反発。
    マザーズが踏ん張りをみせた点は好感される。相対的に出遅
    れ感の強い銘柄、直近に下落した銘柄へ自律反発狙いの買い
    が入りそうだ。また、テーマ性の強い銘柄の動向も注視した
    いところ。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-05【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反発(51円高) 欧米株高、円高一服好感も上値は重い
    
    前日の欧米株が上昇、為替ドル/円も円高一服。海外市場の落
    ち着きを好感し、日本株は買いが先行した。
    日経平均の上げ幅は一時130円超え、18900円台半ばまで上昇
    した。
    しかし、買い一巡後は戻り売りなどにおされて上げ幅を縮小。
    いったん持ち直す動きも見られたが、上値の重い展開は続き、
    前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+51.43円の18861.68円。
    
    東証1部の出来高は9億4225万株、
    売買代金は1兆686億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり910銘柄、値下がり950銘柄、
    変わらず149銘柄。
    
    業種別では値上がりが18業種、値下がりが15業種。
    値上がりは精密機器、陸運、卸売など。
    値下がりは転送用機器、保険、銀行など。
    
    
    後場の見通し
    
    下値では買いが入るが上値を追う動きは見られない。
    週後半に多くイベント控えて様子姿勢といったところ。
    引き続き、後場も上値の重い展開は続く見通し。
    また、TOPIXが前場を僅かながら上昇で引けており、
    日銀のETF買い入れは期待しづらい。
    そんななか、仕掛け的な売りが警戒される。
    中小型株についても、マザーズ、ジャスダックが前場を
    マイナス圏で引けており、戻りの鈍さが意識される。
    売り仕掛けが入りやすく、警戒されるところ。
    
    
    
  • 2017-04-05【東京市場見通し】

    買い先行 海外市場落ち着きを好感 一巡後はイベント前で様子姿勢
    
    前日の欧米株が上昇。為替ドル/円も円高方向への動きが一服
    して、現在は110円台後半での推移。
    欧米株高や円高一服を好感して日本株は買い先行の見通し。
    米主要指数の上昇は小幅だったもの、日経平均は前日の下落
    幅(172円安)が大きい、反動から大幅高でのスタートが予想
    される。
    ただ、買い一巡後は、週後半のイベントを前に様子姿勢の強
    い展開へ。(週末に米雇用統計、5日ADP雇用報告に、ISM非製
    造業景況指数)
    また、今のところ影響は限定的だが、米中首脳会談を前に、
    北朝鮮の弾道ミサイル発射。米中首脳会談を見極めたいとす
    るムードも高まりそうだ。
    本日は日経平均の底堅さを見極めるとともに、新興市場の動
    向も注視。
    直近、中小型株の弱さが目立っており、とくに前日に大幅安
    となったマザーズの動向に注目したい。
    物色は防衛関連などへ短期的な値幅取りが向かいやすい。
    
    日経平均予想レンジは18800-19000円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1270万株、買い1180万株、
    差し引き90万株の売り越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が110円台後半での推移。
    (4日終値110.47-48円)
    
    現在、ユーロ/円が118円台前半での推移。
    (4日終値117.65-69円)
    
    4日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって反発。
    週後半のFOMC議事録公表や米3月雇用統計、米中首脳会談を
    前に様子姿勢の強い展開。
    そんななか、 トランプ米大統領が、政府によるインフラ
    投資計画の総額が1兆ドル(約111兆円)を超える見込みを示
    したこと、原油高などが好感されて、プラス圏でこの日の
    取引を終えた。
    NYダウ終値は+39.03の20689.24、
    S&P500は+1.32の2360.16、
    NASDAQは+3.93の5898.61。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-04【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    不二越<6474> 決算発表。
    終値564円(前日比-9円-1.57%)
    12-2月期(1Q)経常は32.7億円、前年同期比52%増益。
    
    ピックアップ
    ケーヨー<8168> 業績修正発表。
    終値579円(前日比+3円+0.52%)
    17年2月期の経常利益(非連結)を従来予想21億円から22.1億円
    に上方修正。
    株価は、25日移動平均線(581円)、75日移動平均線(572円)近辺
    でもみあい、日柄調整。
    発表を好感し日柄調整から上放れ、上昇トレンド転換か。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-04【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 成学社<2179>、
    S 夢展望<3185>、
    S 細火工<4274>、
    S ロングライフ<4355>、
    S 石川製<6208>、
    S フルヤ金属<7826>、
    S オービス<7827>、
    一時S 東ソワール<8040>、
    S ファイズ<9325>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S 北の達人。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ピックアップ
    SHO-EI<7819> 大幅続伸。
    終値476円(前日比+18円+3.93%)
    直近の日足一目均衡表の転換線(463円)近辺でのもみあい
    から上放れ。
    年初来高値(467円(3/28))を更新。
    目先は月足一目均衡表の雲上限(499円)の水準でもある節
    目500円を試す展開へ。
    500円超えとなれば、上昇トレンドが強まりやすいところ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-04【東京市場概況】

    日経平均は大幅反落(172円安) 後場に一時は279円安まで下落幅拡大
    
    前日の欧米株が軟調、為替ドル/円が円高方向にあったことから、
    日本株は朝方から売りが先行した。
    売り一巡後は下げ渋る動きも見られたものの、戻り鈍く前場の
    取引を終えると、後場にはドル/円が一段と円高方向に振れ110
    円前半に、日経平均は下げ幅拡げて、一時は279円安となった。
    その後は、下げ渋ったものの戻りは鈍く、売り優勢の展開が続
    いた。
    
    日経平均終値は-172.98円の18810.25円。
    
    東証1部の出来高は22億6050万株、
    売買代金は2兆5741億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり325銘柄、値下がり1620銘柄、
    変わらず67銘柄。
    
    業種別では値上がりが4業種、値下がりが29業種。
    値上がりは石油・石炭、陸運、電気・ガス、バルブ・紙のみ。
    値下がりトップは海運、証券・商品、非鉄金属。
    
    期初から国内機関投資家の売りが出ているとみられる。また、
    海外のヘッジファンドや金融機関の仕掛け的な売りが出てい
    るようで、後場は一段と売り圧力が強まった。
    目先の数日間は需給の要因で、特に悪材料がないなか、突如
    下げる可能性がある。
    その時、日経平均はレンジ相場の下限(18650円)を維持できる
    かが焦点。割れるようだと調整色が強まりやすく警戒される。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-04【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落(76円安) 欧米株安、円高で売り優勢
    
    前日の海外市場で欧米株が軟調な展開、為替ドル/円も円高
    方向に振れていたことから、日本株は朝方から売りが先行
    した。
    日経平均は先物主導で一時は140円超えの下落。その後は
    日銀のETF買い期待からの押し目買い、買戻しなどから、
    下げ渋る動きとなったが、戻りも限定されている。
    
    日経平均前場終値は-76.54円の18906.69円。
    
    東証1部の出来高は10億2991万株、
    売買代金は1兆735億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり588銘柄、値下がり1313銘柄、
    変わらず108銘柄。
    
    業種別では値上がりが11業種、値下がりが22業種。
    値上がりは石油・石炭、鉱業、電気・ガスなど。
    値下がりトップは海運、鉄鋼、証券・商品。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は売り一巡後に日銀のETF買い期待から下げ渋り。
    後場もいっていの底型さを示す見通しだが、週後半に控え
    る米経済指標など前に様子姿勢は強く、積極的な買いは入
    りづらい。
    そんななか、仕掛け的な売りにも注意したいところだ。
    物色に関しても朝方は中小型株に向かう場面が見れたが、
    その後は上値の重さが目立った。
    物色対象に広がりが見られないなか、一部の材料株に集中、
    全体としては様子姿勢の強い展開が予想される。
    
    
  • 2017-04-04【東京市場見通し】

    上値の重い展開 週末にかけてイベントが多く様子姿勢
    
    前日の欧米株は、ロシアの地下鉄で爆発事故を受けて、リスク
    回避の売りが優勢となった。
    為替ドル/円も円高方向に振れており、現在は110円台後半での
    推移。
    欧米株安に円高と日本株は売り先行のスタートが予想される。
    ただ、米株市場でNYダウが、急落後に買戻されていることを考
    えると、日本株も極端に売られる展開にはないだろう。
    とはいえ、今週は週末にかけて経済指標の発表が多く様子姿勢、
    上値も引き続き、重い展開が予想される。
    日経平均は節目19000円を意識、為替ドル/円の動向次第で、
    この水準の前後でもみあいといったところ。
    物色は直近は中小型株へ向きやすいが、直近は鈍い動きとなっ
    てきており、個別の材料株、一部の銘柄に集中しやすいと見ら
    れる。
    
    日経平均予想レンジは18850-19100円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り940万株、買い1040万株、
    差し引き100万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が110円台後半での推移。
    (3日終値111.42-43円)
    
    現在、ユーロ/円が118円台前半での推移。
    (3日終値118.84-88円)
    
    3日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって小幅に続落。
    NYダウは一時、145ドル安となる場面があった。
    要因はロシアのサンクトペテルブルグで地下鉄爆発事件。
    ただ、売り一巡後は業業績への期待が支えとなり、
    買い戻されて下げ幅を縮小した。
    注目された米3月ISM製造業景況指数は57.2。
    前月の57.7からやや低下するも市場予想と一致。
    NYダウ終値は-13.01の20650.21、
    S&P500は-3.88の2358.84、
    NASDAQは-17.06の5894.68。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-03【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    しまむら<8227> 決算発表。
    終値14840円(前日比+130円+0.88%)
    今期経常15%増。2期連続最高益更新見通し。
    前期配当34円増額(230円に)。今期も230円継続へ。
    
    ピックアップ
    EG<6050> 業績修正発表。
    終値1801円(前日比+20円+1.12%)
    17年9月期第2四半期累計(16年10月-17年3月)の連結経
    常利益を従来予想2.9億円から3.9億円(前年同期2.4億
    円)に上方修正。
    株価は現在、日足一目均衡表の雲内(上限1873円-下限
    1641円)で日柄調整中。発表を好感し雲突破へ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    アイロムG<2372>
    終値1427円(前日比+56円+4.08%)
    子会社IDファーマが米国メイヨー・クリニックとのiPS細胞
    作製技術に関するライセンス契約締結。
    これにより契約一時金と細胞等販売額・受託サービス収入
    に対するロイヤリティ収入を受け取る。
    
    インフォコム<4348>
    終値1900円(前日比-25円-1.29%)
    業務システム「GRANDIT」の利用者向けにスマートフォン
    で簡単入力できる経費精算クラウドサービスを提供開始。
    
    トレイダーズ<8704>
    終値162円(前日比-2円-1.21%)
    仮想通貨取引所「コインエクスチェンジ」を運営するQ
    UOINE社に顧客管理システムなどのバックエンドシ
    ステムを提供。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-03【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め13銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 夢展望<3185>、
    S 関門海<3372>、
    S ロングライフ<4355>、
    S ソレイジア<4597>、
    一時S RSC<4664>、
    一時S IIF<6545>、
    一時S フルテック<6546>、
    一時S 電子材料<6855>、
    一時S 桜井製<7255>、
    一時S 初穂商事<7425>、
    S オービス<7827>、
    一時S ファイズ<9325>、
    一時S ソレキア<9867>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S フュトレック<2468>。
    S UMN<4585>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    シンクロフード<3963> 大幅続伸。
    終値1525円(前日比+125円+8.92%)
    25日移動平均線(1390円)から上放れ。
    
    IIJ<3774> 大幅続伸。
    終値2103円(前日比+94円+4.67%)
    25日移動平均線(2032円)から上放れ。
    
    ピックアップ
    いであ<9768> 大幅続伸。
    終値1238円(前日比+105円+9.26%)
    直近の25日移動平均線(1111円)近辺での日柄調整から上放れ。
    目先の焦点は月足一目均衡表の雲(上限1273円)突破となるか。
    突破となれば一段と上昇トレンドが強まるところ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-03【東京市場概況】

    日経平均は反発(73円高) 後場に一時は節目19000円回復
    
    外部環境がさえないなか、朝方からしっかりとした展開と
    なった日本株。先週の下落から自律反発狙いの買いなどが
    入った。
    日経平均は後場に先物主導で150円超えの上昇となり、一
    時は節目19000円を回復。
    しかし、その後は伸び悩み、終値では節目19000円を割れ
    て引けた。
    
    日経平均終値は+73.97円の18983.23円。
    
    東証1部の出来高は20億1502万株、
    売買代金は2兆2691億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1087銘柄、値下がり804銘柄、
    変わらず121銘柄。
    
    業種別では値上がりが24業種、値下がりが9業種。
    値上がりトップはその他製品、食料品、水産・農林。
    値下がりは石油・石炭、非鉄金属、鉄鋼など。
    
    外部環境、寄り付き前に発表された3月日銀短観も市場予想を下
    回る内容となるなど、本日は売り優勢にあってもよいところだ
    ったが、底堅い展開となった。
    今晩発表の米3月ISM製造業景況指数が良好な結果となれば、素
    直に買い材料として反応されそうだ。
    テクニカル面での日経平均は、3日連続で終値では5日移動平均
    線(19075円)を回復できず上値抵抗に。
    目先、終値で同線を回復できるかが焦点となりそうだ。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-04-03【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反発(63円高) 上値重いも押し目買いから下値しっかり
    
    先週末(31日)のの米株が下落となるなど外部環境はさえず
    となったが、日本株は先週後半の下落の反動もあり、自立
    反発の流れ、日経平均は寄り付き直後に80円超えの上昇と
    なり、節目19000円近くまで戻す場面が見られた。
    その後はいったん伸び悩んだものの、引けにかけては、持
    ち直し、底堅い展開となった。
    
    日経平均前場終値は+68.11円の18977.37円。
    
    東証1部の出来高は9億7324万株、
    売買代金は9868億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1169銘柄、値下がり719銘柄、
    変わらず124銘柄。
    
    業種別では値上がりが28業種、値下がりが5業種。
    値上がりトップはその他製品、食料品、サービス。
    値下がりは鉄鋼、非鉄金属、銀行など。
    
    
    後場の見通し
    
    外部環境がさえないなか、日銀短観も市場予想に届かなった。
    日経平均はそのわりに底堅い展開。
    ただ、今週は日米経済指標の発表を多く予定しており、上値
    は重く19000円台を回復するには至らなかった。
    先週後半、後場に売り圧力が強まる展開が目立っていたこと
    から、本日も同様の動きを警戒したいところ。
    
    
  • 2017-04-03【東京市場見通し】

    寄り前の日銀短観に注目 無難通過となればしっかり  
    
    先週末の海外市場では欧州株がまちまち、米株は軟調な展開
    だった。
    為替ドル/円ははダドリー米NY連銀総裁が利上げを焦っていな
    いと発言したことから、円安に水を差す格好に。現在は111
    円台前半での推移。
    外部環境がさえない展開のなか、日本株は上値の重い展開が
    予想される。
    注目は寄り前発表の日銀短観。昨年は短観が急落を引き起こ
    しており、本日も結果を受けた後の株価反応に警戒。
    無難に消化できれば、日経平均は前週後半に下落した分、
    押し目買いなども入りやすく、下値は固そうだ。
    物色の流れは引き続き、新興市場を中心に中小型株へ。
    ただ、相場全体の地合い軟化すれば、上値の重い展開、利益
    確定売り優勢に傾く可能性あり。
    
    日経平均予想レンジは18800-19100円。
     
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り510万株、買い610万株、
    差し引き100万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が111円台前半での推移。
    (先週末31日終値111.79-81円)
    
    現在、ユーロ/円が118円台後半での推移。
    (先週末31日終値119.52-56円)
    
    先週末31日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって下落。NYダウ、S&P500が反落。
    ハイテク株の比重が高いNASDAQが小幅に6日ぶりに下落。
    手掛かり材料難のなか、1-3月期末も重なり、ポジショ
    ン調整の売りに押される展開となった。
    NYダウ終値は-65.27の20663.22、
    S&P500は-5.34の2362.72、
    NASDAQは-2.61の5911.74。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
お気軽にお問い合わせください
  • お申込み
  • お問い合わせ
電話番号