• 2017-05-26【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落(31円安) 円高重しに売り優勢の展開
    
    前日の米株市場は堅調な展開が続いたが、為替ドル/円が円高方向
    に振れたことなどが重しとなった。
    また、週末でポジション調整売りとなった面もあるようだ。
    東証1部銘柄の7割弱が値下がり。日経平均は約50円安と3日ぶりの
    反落で前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-51.02円の19762.11円。
    
    東証1部の出来高は7億6046万株、
    売買代金は1兆181億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり483銘柄、値下がり1390銘柄、
    変わらず142銘柄。
    
    業種別では値上がりが9業種、値下がりが24業種。
    値上がりはその他製品、鉄鋼、非鉄金属など。
    値下がりトップは鉱業、バルブ・紙、水産・農林。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は前場、売り優勢の展開となったが、5日移動平均(19721
    円)などを下値サポートに底堅さは意識されている。
    また、テーマ株、材料株への買いの強さもうかがえ、相場全体の
    雰囲気は悪くない。
    とはいえ、後場は週末要因から大引けにかけてのポジション調整
    等の影響は意識しておく必要がありそうだ。
    
    
    
  • 2017-05-26【東京市場見通し】

    もみあい 堅調な米株市場は好感も為替ドル/円に連動か
    
    前日の米株市場はS&P500とNASDAQが史上最高値を更新、NYダウも最
    高値に迫る動きとなり、堅調な展開が続いた。
    注目されていたOPEC総会では協調減産の9カ月延長が決定。減産量
    の拡大などへの期待もあったことから、原油価格は大幅下落とな
    ったが米株が堅調な動きとなったことは好感される。
    日本株も堅調な展開を期待したいところだが、為替ドル/円が現
    在、111円台後半での推移と前日とほぼ変わらず。
    日本株は、ドル/円の連動するかっこうで、動きに乏しいスタート
    となりそうだ。
    その後も週末要因などから動きに乏しい展開。また、来週の月曜
    日に英国や米国市場が休場、海外投資家を中心に手仕舞い売りが
    出ることも想定しておきたいところ。
    ただ、下落局面では押し目買いチャンスと見れる。日経平均の予
    想1株利益は前日時点で1400円を突破。予想PER(株価収益率)も14
    倍台前半と割安な水準。
    
    日経平均予想レンジは19750-19900円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り770万株、買い820万株、
    差し引き50万株の買い越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が111円台後半での推移。
    (25日終値111.82-84円)
    
    現在、ユーロ/円が125円台前半での推移。
    (25日終値125.71-75円)
    
    
    25日の米株市場概況
    
    好地合い続き6日続伸。S&P500とNASDAQが史上最高値を更新、NYダ
    ウも最高値まで0.15%に迫った。
    消費関連株の決算が好感されたほか、発表された経済指標の週間
    新規失業保険申請件数が23万4000件と市場予想平均(23万8000件)
    を上回ったことが相場の支援となった。
    NYダウは+70.53の21082.95、
    S&P500は+10.68の2415.07、
    NASDAQは+42.23の6205.26。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-25【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    本日、該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ライト工業<1926> 
    終値1181円(前日比+2円+0.16%)
    19年3月期を最終年度とする中期経営計画の目標数値を変更。営業
    利益目標を95億円から100億円に、配当性向を20%以上から30%以上
    に上方修正。
    
    アエリア<3758>
    終値4365円(前日比-90円-2.02%)
    子会社GESIがヒーローとほのぼの暮らすスマートフォン向けRP
    G「秘密の宿屋」についてiOS版の配信開始と発表。
    
    エイトレッド<3969>
    終値3265円(前日比+55円+1.71%)
    株主優待制度の新設を発表。(毎年9月末および3月末時点で1単元
    (100株)以上を保有する株主に対して、保有株数に応じてクオカー
    ドを贈呈)
    
    ピックアップ
    セック<3741>
    終値1738円(前日比-5円-0.28%)
    屋内自律移動ロボットソフトウエア「Rtino(アルティノ)」を発
    売。「Rtino(アルティノ)」は、ロボットの自律移動に必要な地図
    の自動作成機能を有した屋内自律移動ロボットソフトウエア。
    株価は4/25に年初来高値1880円を付けて以降は上値多く調整とな
    り、一端は75日移動平均線(1661円)近辺まで値を落としていた。
    ただ、同線をサポートに直近は、25日移動平均線(1725円)を回
    復。25日移動平均線から上放れ、トレンド回復と期待したところ。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-25【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め10銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S キューブシス<2335>、
    S フライングG<3317>、
    S エムアップ<3661>、
    S 日本アジアG<3751>、
    S リミックス<3825>、
    S ソルクシーズ<4284>、
    一時S ラクオリア<4579>、
    S 高見沢<5283>、
    一時S HMT<6090>、
    S MGホーム<8891>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S フードプラ<7853>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    リネットJPN<3556> 大幅3日続伸。
    終値1140円(前日比+54円+4.97%)
    75日移動平均線(1096円)回復。
    
    クラウドワクス<3900> 大幅続伸。
    終値1034円(前日比+68円+7.03%)
    25日移動平均線(993円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限1004円)突破。
    
    セクラ<6199> 大幅続伸。
    終値1102円(前日比+66円+6.37%)
    日足一目均衡表の雲(上限1068円)突破。
    
    ピックアップ
    FRONTEO<2158> 大幅4日続伸。
    終値775円(前日比+62円+8.69%)
    24日に三井住友<8316>とSMBC日興証券がFRONTEOの「KIBIT」を用
    いて顧客満足度を向上するデータ活用の検証を行い、高い効果が
    得られたことを確認したと発表された。
    この発表が好感された面もあり大幅上昇。
    テクニカル面では、日足一目均衡表の雲(上限706円)突破。
    また、200日移動平均線(781円)も捉えてきており、
    中長期的にもトレンド回復と期待されるところにある。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-25【東京市場概況】

    日経平均は続伸(70円高) 小安くスタート後上げに転換も様子見姿勢強い
    
    朝方、為替ドル/円が円高に振れていた中、日経平均は小安い水準
    でスタートした。
    しかし、米株高を支えに底堅く、先物主導で上げ幅を拡大、一時
    は100円を超える上昇となり、19800円台半ばまで値を上げて、前
    場の取引を終えていた。
    ただ、後場に入ると様子姿勢の強い展開。石油輸出国機(OPEC)総
    会など重要イベントを控えていることが要因となったもよう。
    
    日経平均終値は+70.15円の19813.13円。
    
    東証1部の出来高は16億7727万株、
    売買代金は2兆2213億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり817銘柄、値下がり1039銘柄、
    変わらず160銘柄。
    
    業種別では値上がりが16業種、値下がりが17業種。
    値上がりトップは電気・ガス、倉庫・運輪、情報・通信。
    値下がりトップは鉱業、鉄鋼、石油・石炭。
    
    日経平均は回復した5日移動平均線(19687円)や日足一目均衡表の
    転換線(19724円)などを下値サポートに堅調な展開。
    とはいえ、ここからは節目20000円が意識され、戻り売り圧力も強
    いと予想される。節目20000円突破には新たな材料が欲しいとこ
    ろ。
    そんななか、明日はOPEC総会の結果を消化する。原油の減産合意
    は既定路線、期間の延長や延長期間が注目される。
    原油高を誘因するポジティブな内容となれば、米株高、円安で日
    本株ももう一段水準を上げると期待されるところ。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-05-25【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続伸(106円高) 売り先行後、先物主導で買い優勢
    
    朝方、為替ドル/円が円高方向にあったことが嫌気され売りが先行
    した。
    ただ、前日の米株市場が堅調だったことなどが下支えとなってい
    たなか、先物にまとまった買いが入りったことをキッカケに買い
    優勢の展開に。日経平均は100円超えの上昇となり、前場の取引を
    終えた。
    
    日経平均前場終値は+106.12円の19849.10円。
    
    東証1部の出来高は8億5083万株、
    売買代金は1兆1375億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1009銘柄、値下がり821銘柄、
    変わらず183銘柄。
    
    業種別では値上がりが24業種、値下がりが9業種。
    値上がりトップは情報・通信、倉庫・運輪、電気・ガス。
    値下がりは鉱業、鉄鋼、食料品など。
    
    
    後場の見通し
    
    前場の日経平均は先物主導とはいえ、100円超えの上昇となり堅調
    な展開。
    後場、ここからは戻り売り圧力が強いと予想され、一段高とは期
    待しにくいが、日足一目均衡表の転換線(19724円)などを下値サポ
    ートにしっかりとした展開は続きそうだ。
    いっぽうで、新興市場はマザーズが反落となるなど一服感あり。
    ただ、日経平均が上値の重さが意識されるようであれば、再び新
    興株を中心とした中小型株へ物色は向かうだろう。
    
    
  • 2017-05-25【東京市場見通し】

    米株高も為替ドル円がやや円高 上値の重い展開か
    
    前日の米株市場はFOMC議事録を受けて上昇。議事要旨は強弱入り
    交じる内容であったが、おおよそ想定通りの内容となり好感され
    た。
    一方で為替ドル/円は、直近の弱い経済データを警戒する旨の内容
    もあったことから、ドルが売られてやや円高方向。一時は112円台
    に乗せるも今現在は、111円台半ばでの推移。
    本日の日本株は、米株高が下支えも円高が上値を抑える要因とな
    りそうだ。
    日経平均は19700円近辺でもみあい。価格帯別出来高で商いが積み
    上がっている水準でもあり、強弱感が対立しやすい。
    主力大型株が手掛けにくいなか、物色対象は中小型株。ビットコ
    インやAI、有機EL、5G、防衛関連といったテーマ株の動向を注視
    したいところ。
    
    日経平均予想レンジは19650-19800円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り660万株、買い1150万株、
    差し引き490万株の買い越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が111円台半ばでの推移。
    (24日終値111.93-94円)
    
    現在、ユーロ/円が125円台前半での推移。
    (24日終値125.08-12円)
    
    
    24日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって5日続伸。S&P500は史上最高値を更新。
    発表されたFOMC議事録(5/2-5/3)は多くの参加者が、想定通りの経
    済情勢が続いた場合「間もなく追加利上げが適切になる」と示し
    たいっぽうで、「追加利上げ前に、ここもとの弱い経済データが
    一過性との追加的な確証を得ることが賢明と判断」と足元の経済
    指標が鈍化していることへの懸念も示された。
    株価の反応は、議事録公表後に買いが優勢となった。
    NYダウは+74.51の21012.42、
    S&P500は+5.97の2404.39、
    NASDAQは+24.31の6163.02。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-24【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    本日、該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ソルクシーズ<4284>
    終値613円(前日比+2円+0.32%)
    SBI<8473>とSBIグループが進めるフィンテック分野におけるシス
    テム構築に向けて技術協力することで合意したと発表。
    
    アイシン精<7259>
    終値5510円(前日比+10円+0.18%)
    自社株買い発表(上限を1000万株(発行済み株数の3.58%)、金額700
    億円、取得期間5/25~来年3/31)。
    
    ピックアップ
    アイロムG<2372>
    終値1406円(前日比+72円+5.39%)
    100%子会社IDファーマがが世界の製薬企業における売上高上位10
    社の一角を占めるグローバルメガファーマとiPS細胞作製技術に関
    するライセンス契約を締結したと発表。
    株価はテクニカル面においても、本日に日足一目均衡表の雲(上限
    1359円)突破となるなど、本格上昇に期待がかかる形状にある。
    
    アドソル<3837>
    終値1222円(前日比+23円+1.91%)
    ISOマネジメント・システムの審査登録事業などを展開する日本検
    査キューエイと情報セキュリティーに関わる組織マネジメント・
    システムの分野で協業すると発表。
    (情報セキュリティー・コンサルティング事業の拡充と人材育成を
    図るほか、双方の事業分野での市場競争力強化を図るのが狙い)
    発表を好感し、上値抵抗として意識されている75日移動平均線
    (1237円)や日足一目均衡表の雲上限(1237円)超えて、上昇トレン
    ド転換へ。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-24【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め16銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S ASJ<2351>、
    S 日本サード<2488>、
    S フルッタ<2586>、
    一時S 夢展望<3185>、
    S リネットJ<3556>、
    S エムアップ<3661>、
    S ユーザーロカ<3984>、
    S ラクオリア<4579>、
    S SDエンター<4650>、
    S ぱど<4833>、
    S エンバイオH<6092>、
    S 中野冷<6411>、
    S ヤマノHD<7571>、
    S パスポート<7577>、
    S ウェーブHD<7940>、
    S 堀田丸正<8105>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S フードプラ<7853>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    日本ライトン<2703> 大幅3日続伸。
    終値278円(前日比+25円+9.88%)
    日足一目均衡表の雲(上限269円)突破。
    
    マイクロニクス<6871> 大幅反発。
    終値1037円(前日比+74円+7.68%)
    日足一目均衡表の雲(上限975円)突破。
    
    ピックアップ
    ブレインP<3655> 大幅3日続伸。
    終値1218円(前日比+127円+11.64%)
    直近に注目度の高まってきた人工知能(AI)関連からピックアッ
    プ。
    本日、75日移動平均線(1121円)回復。日足一目均衡表の雲(上限
    1222)突破間近。一段高か期待される形状にある。
    
    EG<6050> 大幅3日続伸。
    終値1950円(前日比+135円+7.43%)
    前日(23日)に発表された画像内物体検知システム「Kiducoo AI」
    を提供開始。これを材料視した買いが向かった。
    テクニカル面においても日足一目均衡表の雲(上限1805円)突破。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-24【東京市場概況】

    日経平均は反発(129円高) 買い先行後伸び悩みも終盤に盛り返し
    
    前日の米株高や為替ドル/円が円安方向にあったことなどが好感さ
    れ、朝方から買いが先行した。
    日経平均は一時、169円高となり、19700円台後半まで上昇、この
    日の高値を前場に付けた(19782.81円)。
    買い一巡後は利益確定売りなどに押されて伸び悩みとなったが、
    取引終盤に為替ドル/円が円安方向に振れて112円台を回復したこと
    から、盛り返し取引を終了した。
    
    日経平均終値は+129.70円の19742.98円。
    
    東証1部の出来高は17億2823万株、
    売買代金は2兆2226億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1427銘柄、値下がり466銘柄、
    変わらず123銘柄。
    
    業種別では値上がりが31業種。値下がりが2業種。
    値上がりトップはその他製品、海運、証券・商品。
    値下がりは医薬品、情報・通信のみ。
    
    本日の日経平均は買い先行後に伸び悩み、終盤に盛り返したもの
    の、前場高値を超えるほどの勢いはなかった。
    今晩の米FOMC(米連邦公開市場委員会)議事要旨の公表など重要イ
    ベントを控えて、様子姿勢となったことがうかがえる。
    FOMC議事要旨の内容によっては、利上げ観測が後退し、米長期金
    利の低下によるドル安・円高となり得る。
    テクニカル面においても、直近上値抵抗として意識された5日移動
    平均線(19635円)や日足一目均衡表の転換線(19724円)を僅かなが
    ら上回り、トレンド回復と期待したいが、騰落レシオが164.6%と
    過熱感は高く、上下判断が分かれるところで、手掛けにくさが残
    る。
    そんななかにあって、物色対象は新興市場へ向かいやすい。ジャ
    スダックは連日で年初来高値更新、マザーズも4日続伸と堅調な展
    開。
    とりあえずは、今晩の米FOMC議事要旨の内容次第ではあるが、新
    興株を中心とした中小型の材料株、テーマ性の強い銘柄に物色向
    かいやすい展開が続きそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-05-24【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反発(94円高) 米株高、円安好感 一巡後は伸び悩
    み
    
    本日の日本株は米株高に為替ドル/円が円安方向に振れていたこと
    が好感され、朝方から買いが先行した。
    日経平均は一時、169円高となり19700円台後半まで上昇する場面
    もあった。
    ただ、5月の米FOMC(米連邦公開市場委員会)議事要旨の公表など重
    要イベントを控えており、買い一巡後は戻り売りに押され伸び悩
    んだ。
    
    日経平均前場終値は+94.59円の19707.87円。
    
    東証1部の出来高は8億6224万株、
    売買代金は1兆576億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1284銘柄、値下がり557銘柄、
    変わらず174銘柄。
    
    業種別では値上がりが30業種、値下がりが3業種。
    値上がりトップはその他製品、海運、証券・商品。
    値下がりは情報・通信、金属製品、建設のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    前場の日経平均は買いが先行し、5日移動平均線(19628円)、日足
    一目均衡表の転換線(19724円)を回復した。
    しかし、前場終わり時点では、5日移動平均線は上回って引けたも
    のの、転換線は下回っている。
    後場は米FOMC(米連邦公開市場委員会)議事要旨の公表を前に様子
    姿勢が強まりやすい中、転換線を上値抵抗、5日移動平均線を下値
    サポートに推移する見込み。
    物色対象は外部環境の影響を受けにくい中小型株、テーマ性の強
    い銘柄や材料株に向かいやすいだろう。
    
    
    
  • 2017-05-24【東京市場見通し】

    買い先行 円高一服や米株高を好感 買い一巡後は高値圏でもみあいか
    
    前日の米株市場は主要3指数そろって4日続伸となり堅調、為替ド
    ル/円も円高一服となり、111円台後半まで円安方向に振れている。
    直近の日本株は米株高を受けても為替ドル/円が円高方向にあり軟
    調な展開となっていたが、本日は円安方向、買いが先行する見通
    しだ。
    ただ、買い一巡後は米5月FOMC(米連邦公開市場委員会)議事要旨の
    公表を控え、為替相場の反応を見極めたいとの姿勢が広がりやす
    くはある。
    日経平均は大幅上昇でのスタート、直近に上値抵抗となっていた5
    日移動平均線(19650円)や日足一目均衡表の転換線(19724円)の回
    復が期待され、回復後は下値サポートとなり、高値圏での推移が
    続きそうだ。
    
    日経平均予想レンジは19650-19800円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り770万株、買い1320万株、
    差し引き550万株の買い越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が111円台後半での推移。
    (23日終値111.19-22円)
    
    現在、ユーロ/円が125円どころでの推移。
    (23日終値125.11-15円)
    
    
    23日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって4日続伸。
    OPEC総会での減産延長合意期待を背景に原油価格が続伸したこと
    や、良好な経済指標を受けて上昇した欧州株なども後押しとなっ
    た。
    また、トランプ米政権が初めての予算教書を公表したが、影響は
    限定的なものだった。
    NYダウは+43.08の20937.91、
    S&P500は+4.40の2398.42、
    NASDAQは+5.09の6138.71。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-23【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    本日、該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    MDV<3902>
    終値2238円(前日比+47円+2.14%)
    ヒップ<2136>の100%子会社コスメックス買収。
    
    Vテクノロジー<7717>
    終値21110円(前日比-340円+1.58%)
    海外の大手フラットパネルディスプレー(FPF)メーカーからFPD製
    造装置を約130億円で受注。
    
    ニトリHD<9843>
    終値16020円(前日比+100円+0.62%)
    5月既存店売上高は前年同月比4.0%増となり、3ヶ月ぶりに前年上
    回り。
    
    ピックアップ
    インフォテリア<3853>
    終値712円(前日比+8円+1.13%)
    自社株買い実施を発表。上限を28万5000株(発行済み株数1.92%、
    金額で2億円)、取得期間は5/29~6/23まで。
    テクニカル面での当銘柄は、日足一目均衡表の雲(下限709円)に差
    し掛かっており、上限(775円)を試す展開、その後、雲突破へと期
    待がかかる。
    
    ラオクリア<4579>
    終値806円(前日比-10円-1.22%)
    創出した選択的ナトリウムチャネル遮断薬の物質特許のうちの一
    つ、アミド誘導体について、米国における特許査定を受領したと
    発表。
    株価は年初来高値859円を付けて以降は、やや上値重いも5日移動
    平均線(797円)などをサポートに高値圏での推移が続いていた。
    本日の発表を好感、再度高値更新から、上値を伸ばす展開に期待
    がかかる。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-23【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ASJ<2351>、
    S 夢展望<3185>、
    S リミックス<3825>、
    S Jストリーム<4308>、
    S IPS<4335>、
    S RSC<4664>、
    一時S セメダイン<4999>、
    S 伊豆シャボ<6819>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S フードプラ<7853>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    日清オイリオ<2602> 3日続伸。
    終値670円(前日比+14円+2.13%)
    本日、上昇目立った食品関連株。
    25日移動平均線(655円)から上放れ。
    
    倉元<5216> 大幅続伸。
    終値243円(前日比+40円+19.70%)
    200日移動平均線(241円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限218円)突破。
    
    WASHハウス<6537> 大幅続伸。
    終値5280円(前日比+365円+7.42%)
    25日移動平均線(5040円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限5105円)突破。
    
    ミクロ情報<9928> 大幅上昇。
    終値2245円(前日比+119円+5.59%)
    25日移動平均線(2127円)から上放れ。
    
    ピックアップ
    セレス<3696> 3日大幅続伸。
    終値1638円(前日比+79円+5.06%)
    先週末19日に発表されたビットコイン海外送金サービス「Sobit」
    開始。引き続き、発表を好感する買いが向かった。
    テクニカル面では、日足一目均衡表の雲(上限1578円)を突破。
    200日移動平均線(1660円)も捉えつつある。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-23【東京市場概況】

    日経平均は3日ぶり反落(65円安) 一時プラス圏で推移も上値重くジリ安
    
    為替ドル/円が円高方向に振れていたことなどから売りが先行。
    その後、米株高を好感する動きなども見られたが続かず。
    日経平均はジリ安の展開となった。一時下げ幅は90円を超える場
    面もあった。
    為替ドル/円の動向のほか、英国のコンサート会場における爆発事
    件も上値を抑える材料となったようだ。
    
    日経平均終値は-65.00円の19613.28円。
    
    東証1部の出来高は15億4376万株、
    売買代金は2兆63億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり978銘柄、値下がり904銘柄、
    変わらず134銘柄。
    
    業種別では値上がりが12業種、値下がりが21業種。
    値上がりは水産・農林、その他金融、その他製品など。
    値下がりトップは石油・石炭、空運、保険。
    
    売り優勢の展開にはあったが、好業績銘柄への押し目買い意欲は
    強く、下値は限られた。
    東証1部の売買代金も本日は僅かながら活況目安の2兆円超え。
    とはいえ、24の米FOMCなど海外イベントを控えて、明日も様子見
    姿勢の強い展開が続きそうだ。
    日経平均は引き続き、5日移動平均線(19650円)や日足一目均衡表
    の転換線(19724円)に上値をおさえられる展開が続きそうだ。
    いっぽうで、新興市場は堅調。ジャスダック、マザーズともに3日
    続伸となっており、ジャスダックは連日で年初来高値更新。
    海外の不確実性要因が高まる中で大型株は手掛けにくい。中小型
    株に買いが集まっている。目先は新興市場を中心とした中小型株
    への物色が続きそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-05-23【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小反落(24円安) 様子見ムードの強い展開
    
    朝方から方向感に欠ける展開となった。為替ドル/円の動きが鈍
    く、やや円高方向にあったことが嫌気されたいっぽうで、米株高
    を好感。
    日経平均は、マイナス圏でスタートもプラス圏に浮上する場面も
    見られた。値幅が上下約52円と狭いレンジでもみあい、様子見姿
    勢の強い展開となっている。
    ただ、好業績株や出遅れ感の強い銘柄などへは、押し目買いが継
    続している。
    
    日経平均前場終値は-24.32円の19653.96円。
    
    東証1部の出来高は7億5659万株、
    売買代金は9798億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1073銘柄、値下がり785銘柄、
    変わらず156銘柄。
    
    業種別では値上がりが17業種、値下がりが16業種。
    値上がりは食料品、その他金融、水産・農林など。
    値下がりは石油・石炭、空運、保険など。
    
    
    後場の見通し
    
    前場の好業績、出遅れ銘柄などへ買いが向かい底堅い印象。
    とはいえ、上値を追う動きは無く方向感に欠ける。
    後場もその展開が続く見通し。日経平均も変わらず5日移動平均線
    (19658円)や日足一目均衡表の転換線(19724円)などが上値抵抗し
    て意識されそうだ。
    そんななか、中小型株などへの値幅取りが活発となる見込み。
    
    
    
     
  • 2017-05-23【東京市場見通し】

    方向感に欠ける展開 米株高好感も強含みの円相場が重し
    
    前日の米株市場は主要3指数そろって上昇。サウジアラビアによる
    米企業への大型投資の可能性が浮上したことが好感された。
    日本株も米株高の流れに乗りたいところだが、為替ドル/円が、や
    や円高方向に振れていることが重しとなりそうだ(現在、111円近
    辺での推移)。
    日経平均は前日同様に5日移動平均線(19711円)、日足一目均衡表
    の転換線(19724円)などが上値抵抗して意識される見通し。
    物色の流れは中小型株へ。引き続き好業績銘柄やテーマ性の強い
    銘柄、IoT、ブロックチェーン、ドローン、防衛、5G、AIなどに注
    目。
    
    日経平均予想レンジは19600-19750円(前日終値19678.28円)。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り570万株、買い800万株、
    差し引き230万株の買い越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が111円近辺での推移。
    (22日終値111.30-32円)
    
    現在、ユーロ/円が124円台後半での推移。
    (22日終値124.34-38円)
    
    
    22日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって3日続伸。
    引き続き、ロシアゲード疑惑など政治的不透明感が意識されつつ
    も、サウジアラビアによる米企業のへの大規模投資の可能性が好
    感された。(サウジアラビアが米ブラックストーン・グループのイ
    ンフラ投資関連ファンドに200億ドルを投資することが明らかにな
    ったほか、米企業への総額3000億ドル規模度の投資で合意したと
    報じられた)
    また、OPEC総会を控え原油が高止まりしたことも支援となった。
    NYダウは+89.99の20894.83、
    S&P500は+12.29の2394.02、
    NASDAQは+49.92の6133.62。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-22【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    本日、該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    レントラックス<6045>
    終値1095円(前日比+67円+6.51%)
    4月売上高は前年同月比18.3%増。
    
    ピックアップ
    西松屋チェ<7545>
    終値1231円(前日比+29円+2.41%)
    5月度(4/21~5/20)の月次売上高速報発表。既存店売上高は前年同
    月比0.8%増、3ヶ月ぶりに前年実績を上回る結果となった。
    (繊維・服飾商品部門で半袖Tシャツや夏用肌着、パジャマ、寝具
    など初夏物衣料品とPB品目拡大中の服飾雑貨が好調に推移)
    テクニカル面では、25日移動平均線(1189円)近辺で、長らく日柄
    調整が続いてい中、本日は2%超えの上昇となり、上放れ傾向。
    目先に、75日移動平均線(1255円)をに捉えにいく展開が期待され
    る。
    また、日足一目均衡表においても雲(下限1237円)に差し掛かって
    きており、今後に雲突破(上限1304円)を試す展開、雲突破へと期
    待がかかるところでもある。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-22【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ASJ<2351>、
    一時S フジオフード<2752>、
    S 夢展望<3185>、
    S ユーザベース<3966>、
    S ニックス<4243>、
    S IPS<4335>、
    一時S ミズホメディ<4595>、
    S セメダイン<4999>、
    S タカタ<7312>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S フードプラ<7853>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    総医研<2385> 大幅続伸。
    終値291円(前日比+44円+17.81%)
    NRLファーマの株式58.6%を取得し子会社化すると発表。
    200日移動平均線(284円)超え。
    日足一目均衡表の雲(上限266円)突破。
    
    REMIX<3825> 大幅5日続伸。
    終値315円(前日比+25円+8.62%)
    日足一目均衡表の雲(上限295円)突破。
    
    MS&AD<8725> 大幅続伸。
    終値3843円(前日比+131円+3.52%)
    日足一目均衡表の雲(3736円)突破。
    
    ピックアップ
    ソディック<6143> 大幅上昇。
    終値1163円(前日比+102円+9.61%)
    直近、上値の重い展開が続きテクニカル面では、日足一目均衡表
    の雲を割れる水準まで値を落としていた。
    しかし、本日に急騰。日足一目均衡表の雲(上限1103円)を突破、
    直近高値1161円(5/15)を超えており、株価は上放れ傾向。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-22【東京市場概況】

    日経平均は続伸(87円高) ただ売買代金は減少 様子見ムードで上値限定的
    
    先週末の米株高を好感し、朝方から買いが先行。日経平均の上げ
    幅、一時130円を超えて、19700円台を回復した。
    しかし、買い一巡後は外部環境の不透明感が意識され上値重く、
    様子見姿勢の強い展開。
    後場の日経平均の値幅は約35円にとどまり、大引けにかけては一
    段とこう着感強まった。
    
    日経平均終値は+87.52円の19678.28円。
    
    東証1部の出来高は14億6741万株。
    売買代金は1兆9224億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1354銘柄、値下がり531銘柄、
    変わらず131銘柄。
    
    東証1部の売買代金が約1ヶ月ぶり(4/18以来)に2兆円割れ。米政治
    リスクや北朝鮮情勢に対する警戒感も意識され、様子見姿勢とい
    ったところで、上値を買い進む動きは見られない。
    また、テクニカル面でも日経平均は、5/17-5/18に開けたマド
    (19601.53-19764.63円)を埋めきれず、調整一巡とならなかった
    中、5日移動平均線(19711円)や日足一目均衡表の転換線(19724円)
    などが上値抵抗して意識された。
    とはいえ、個別で好決算の企業を物色する流れは変わっていない
    見方。
    また、日銀のETF(上場投資信託)買い期待などを支えとなるだろ
    う。
    テクニカル面では、25日移動平均線(19225円)などが下値サポート
    して意識されそうだ。
    新興市場ではジャスダックが続伸し年初来高値更新、マザーズも
    続伸しており堅調な展開。目先の物色対象は新興市場を中心とし
    た中小型となりそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-05-22【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続伸(58円高) 米株高を好感し買い先行後に伸び悩み
    
    先週末の米株高を好感し、朝方から買いが先行。日経平均は一
    時、130円超えの上昇となり、19700円を超える場面が見られた。
    しかし、買い一巡後は伸び悩み。トランプ米大統領を巡る「ロシ
    アゲート」疑惑がくすぶっているほか、北朝鮮情勢に対する警戒
    感も相場の重しとなったようだ。
    
    日経平均前場終値は+58.48円の19649.24円。
    
    東証1部の出来高は7億2475万株、
    売買代金は9420億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1295銘柄、値下がり573銘柄、
    変わらず148銘柄。
    
    業種別では値上がりが26業種、値下がりが7業種。
    値上がりトップは鉄鋼、保険、その他金融。
    値下がりは海運、医薬品、繊維製品など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は5日移動平均線(19705円)などを上値抵抗に伸び悩み。
    後場も同線が上値抵抗して意識されそうだ。
    また、週明けの米市場の動向を見極めたいと様子見姿勢も強まり
    そうだ。
    そんななか、物色が向かうのは、中小型株となる見通し。
    
    
     
  • 2017-05-22【東京市場見通し】

    買い先行 米株の上昇を好感も北朝鮮情勢には警戒
    
    先週末の米株が続伸しNYダウは3桁の上昇。トランプ政権に対する
    過度な警戒は和らいでおり、日本株も買いが先行する見通し。
    ただ、為替ドル/円の上値が重く、北朝鮮情勢に対する警戒感もあ
    り。
    上昇した始まった後は、様子見姿勢からこう着感の強い展開とな
    りそう。
    また、日経平均は高値圏のもみあいから、直近の下落で下放れ、
    戻り待ちの売り圧力が強いと意識されやすい。
    5日移動平均線(19749円)、日足一目均衡表の転換線(19724円)など
    が上値抵抗として意識されそうだ。
    (日経平均前日終値19590.76円)
    
    日経平均予想レンジは19500-19750円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り350万株、買い550万株、
    差し引き200万株の買い越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が111円台前半での推移。
    (先週末19日終値111.47-48円)
    
    現在、ユーロ/円が124円台半ばでの推移。
    (先週末19日終値124.16-20円)
    
    
    先週末19日の米株市場概況
    
    続伸。前日に続き戻りを強めて急落分を取り戻した。政権運営に
    ついての不透明感を残しつつも、景気拡大期待を背景にキャタピ
    ラーなどの工業株が堅調となったほか原油高を好感しエネルギー
    や素材株もしっかり。
    NYダウは+141.82の20804.84、
    S&P500は+16.01の2381.73、
    NASDAQは+28.57の6083.70。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-19【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ピックアップ
    SOMPOHD<8630> 決算・自社株買い実施発表。
    終値4307円(前日比+125円+2.98%)
    17年3月期の連結経常利益は2417億円(前期比11.5%増)。18年3月期
    も前期比7.2%増の2590億円に伸びを見込んでおり、4期連続で過去
    最高益更新見通し。
    また、前期年間配当を80円から90円に増額。今期も前期比20円増
    の110円に増配へ。
    加えて自社株買い実施を発表(発行済み株式数(自社株を除く)の
    4.81%にあたる18,966,666株(金額で56,900,000,000 円)を上限、
    買い付け期間5/22-11/16)。
    株価は今週、上昇一服、調整の流れにあったものの、本日は3%近
    くの上昇で引けており、26週移動平均線(4135円)で調整一巡した
    かっこうにあった。
    週明けは好決算などを好感する動きがから、再び上昇トレンド転
    換へ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ドリコム<3793>
    終値1688円(前日比-59円-3.37%)
    バンナムHD<7832>100%子会社のバンダイナムコエンターテインメ
    ント(BNE)と業務提携、合弁会社を設立すると発表。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-19【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め11銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ケアネット<2150>、
    S ASJ<2351>、
    S ビリングシス<3623>、
    一時S アイビーシー<3920>、
    一時S エディア<3935>、
    一時S セグエG<3968>、
    S IPS<4335>、
    一時S ルネサス<6723>、
    S タカタ<7312>、
    一時S 三京化<8138>、
    一時S インプレス<9479>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S フードプラ<7853>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    gumi<3903> 大幅反発。
    終値1293円(前日比+61円+4.95%)
    前日(17日)に「Phantom of the Kill」1周年記念キャンペーン開
    催と発表、ゲームの活性化を期待した買いが向かった。
    日足一目均衡表の雲(上限1238円)突破。
    
    ピックアップ
    ソースネクスト<4344> 大幅続伸。
    終値622円(前日比+30円+5.06%)
    本日、物色が目立ったのがサイバーセキュリティー関連製品やサ
    ービスを手掛ける銘柄。
    関連銘柄から当銘柄に注目。直近、上値抵抗と意識されていた日
    足一目均衡表の雲(上限614円)を突破。
    また、週ベース移動平均線チャートにおいても、今週に13週線
    (570円)、26週線(592円)などを回復している。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-19【東京市場概況と来週の見通し】

    19日概況  日経平均は小反発(36円高) 下げ転換後、後場持ち直し
    
    昨日の米株市場が前日の大幅安から反発としっかりとした展開と
    なっていたことや円高一服の流れを好感し、日本株は買い先行と
    なった。
    しかし、週末要因などから上値重く、前場の日経平均はマイナス
    圏で引けていた。
    後場に入ると再び買い優勢に傾き、日経平均はプラス圏に上、日
    銀のETF(上場投資信託)買い期待などが下支え要因となった。
    また、新興市場もしっかりとした展開。好材料に素直に反応する
    良好な地合いだった。
    日経平均終値は+36.90円の19590.76円。
    
    東証1部の出来高は19億863万株、
    売買代金は2兆4077億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1090銘柄、値下がり804銘柄、
    変わらず121銘柄。
    
    業種別では値上がりが21業種、値下がりが12業種。
    値上がりトップは保険、証券・商品、鉱業。
    値下がりはサービス、電気・ガス、その他製品など。
    
    
    来週の見通し 一進一退 国内材料乏しく外部環境次第の展開
    
    前日の米株、本日の日本株と比較的しっかりとした展開となって
    いたことを考えると、トランプ米大統領を巡るロシア関連の疑惑
    に対する過度の悲観論は後退しているように思える。
    しかし、不明確な情報も錯綜しており、当面は相場の重しとなり
    そうだ。
    国内材料に乏しく、米国発の情報に振り回される週となりそう
    だ。
    トランプ米大統領関連のほか、24日に公表される米FOMC議事要旨
    (5/2-5/3日開催分)にも注目が集まる。
    6月米利上げは織り込んでいるが、足元の強い景気認識が再確認さ
    れれば好材料、為替動向次第では日経平均は20000円を視野に入れ
    る場面もありそうだ。
    ただ、逆に米国関連の材料で円高が進むと25日移動平均線(19210
    円)水準まで押す可能性もある。
    
    来週の日経平均予想レンジは19200-19900円。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-05-19【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は3日続落(30円安) 買い先行も買い続かず
    
    前日の米株が大幅安からの反発、為替ドル/円が円高一服と外部環
    境の落ち着きが好感され、朝方は買いが先行した。日経平均は一
    時、46円高まで上昇。
    しかし、買い一巡後は上値重くマイナス圏へ。トランプ米政権の
    先行き不透明感は根強く、手控え気分が強まった。
    
    日経平均前場終値は-30.59円の19523.27円。
    
    東証1部の出来高は8億9098万株、
    売買代金は1兆838億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり752銘柄、値下がり1110銘柄、
    変わらず151銘柄。
    
    業種別では値上がりが12業種、値下がりが21業種。
    値上がりは保険、証券・商品、鉱業など。
    値下がりトップは電気・ガス、倉庫、運輪、サービス。
    
    
    後場の見通し
    
    朝方こそ買いが先行した日経平均だったが、週末要因に加えて、
    米政治問題が片付いてはおらず、さえない展開となっている。
    後場も引き続き、上値の重く、売り優勢の展開が続きそうだ。
    ただ、日本株独自で下げる要因は無く下値も限られ、底堅さは示
    す見通し。
    
    
    
  • 2017-05-19【東京市場見通し】

    買い先行 米株反発などを好感も週末要因などから上値は重い展開
    
    前日の米株市場は主要3指数そろって反発。大幅安の翌日にしっか
    りと反発した。
    このことから、日本株も買い優勢でのスタートが予想される。
    ただ、買い一巡後は週末要因もあり様子姿勢。上値の重さが意識
    される見通し。
    とくに、今週は大きな下げを見た週の週末であり、買いが入りづ
    らい。
    また、引き続き、米国の政治的な混乱の行方に対する市場の関心
    は高く、様子姿勢ともなりやすいだろう。
    日経平均は買い先行も自律反発の域は脱せず、明確な底打ちは意
    識しづらいところ。
    物色が向かいやすいのは、テーマ性のある材料株や中小型株、内
    需・ディフェンシブ系。
    また、米国の流れを引き継ぐ格好から半導体関連の買い戻しが意
    識されそうだ。
    
    日経平均予想レンジは19500-19700円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り680万株、買い1220万株、
    差し引き540万株の買い越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が111円台半ばでの推移。
    (18日終値110.91-92円)
    
    現在、ユーロ/円が123円台後半での推移。
    (18日終値123.47-51円)
    
    
    18日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって反発。
    前日(17日)のトランプ米大統領のFBI(米連邦捜査局)への介入
    疑惑など、政治的な混乱が経済政策に与える悪影響で大幅安とな
    った流れが続き、売り先行でスタートしたものの、発表された経
    済指標が良好な結果だったことのが好感され、買い優勢の展開
    へ、NYダウは一時、150ドルを超える上昇となる場面もあった。
    ただ、引けにかけてはやや売りに押されて、上げ幅を縮小した。
    (米新規失業保険申請件数が23.2万件と前月や予想より減少。米5
    月フィラデルフィア連銀製造業指数も前月と予想と大きく上回っ
    た)
    NYダウは+56.09の20663.02、
    S&P500は+8.69の2365.72、
    NASDAQは+43.89の6055.13。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-18【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    本日、該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ゼグエ<3968>
    終値4760円(前日比+120円+2.58%)
    子会社がBTジャパンと提携、IPアドレス管理の最適化が可能な製
    品を5月から販売開始。
    
    ピックアップ
    デザインワン<6048>
    終値1434円(前日比-4円-0.27%)
    求人情報提供サイト「エキテン求人」において、有料会員向けサ
    ービスを開始したと発表。
    (「エキテン求人」は、さまざまなジャンルの店舗の求人・アルバ
    イト情報を永年無料で掲載/検索できる求人情報提供サイト)
    直近の株価は、移動平均線チャートにおいて、75日線(1465円)、
    25日線(1392円)近辺で日柄調整中。75日線超えとなれば、上振れ
    が期待されやすいところにある。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-18【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ASJ<2351>、
    S 夢展望<3185>、
    S 山王<3441>、
    S エディア<3935>、
    S ソルクシーズ<4284>、
    一時S バーチャレク<6193>、
    S 沢藤電<6901>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S フードプラ<7853>。
    
    ピックアップ
    山王<3441> 大幅続伸(S高)。
    終値1018円(前日比+150円+17.28%)
    今日付けの日本経済新聞で「トヨタ自動車やJXTGホールディ
    ングスが次世代エコカーの燃料電池車に燃料を供給する『水素ス
    テーション』事業で年内に新会社を設立する」と報じられ、上昇
    が目立った水素関連株。
    その中から当銘柄をピックアップ。S高で引け、移動平均線チャー
    トにおいて、75日線(958円)超え。
    次に日足一目均衡表の雲(上限1071)突破が期待され、一段と上方
    向へのトレンドを強めそうだ。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    グリー<3632> 大幅反発。
    終値928円(前日比+47円+5.33%)
    年初来高値更新。
    25日移動平均線(849円)が下値サポートに。
    
    オカモト<5122> 大幅4日続伸。
    終値1258円(前日比+63円+5.27%)
    25日移動平均線(1193円)から上放れ。
    
    ピックアップ
    ISID<4812> 大幅3日続伸。
    終値2541円(前日比+115円+4.74%)
    直近、日足一目均衡表の雲上限(2464円)手前で上値重く、日柄調
    整中にあったが、本日の大幅高で雲突破となり、良好な形状に。
    目先は年初来高値(2598円)をうかがう展開へ、高値更新からもう
    一段か。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-18【東京市場概況】

    日経平均は大幅続落(261円安) 売り一巡後は下げ渋るも戻りも限定的
    
    前日の米株の急落や為替ドル/円が円高方向に振れたことが嫌気さ
    れ、朝方から売り先行となった。
    日経平均は一時、360円を超える下落となり、19500円割れとなる
    場面もあった。
    売り一巡後は、いっていの底堅さを示して、後場も落ち着いた動
    きとなったものの、戻りの動きは限定的だった。
    
    日経平均終値は-261.02円の19553.86円。
    
    東証1部の出来高は21億8463万株、
    売買代金は2兆7198億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり370銘柄、値下がり1574銘柄、
    変わらず71銘柄。
    
    業種別では値上がりが4業種、値下がりが29業種。
    値上がりは海運、食料品、陸運、電気・ガスのみ。
    値下がりトップは保険、銀行、証券・商品。
    
    日経平均は大型連休明けの8日に空けたマド(マド下限19464.30円)
    を埋めた。これにより短期的な過熱感は解消、調整が一巡したと
    と見ることはできる。
    日経平均はこれ以上の悪材料が出てこなければ、値幅的な調整は
    19500円近辺で踏みとどまると見られる。
    今回の下落の要因となったトランプ米大統領を巡る一連の悪材料
    を米株が前日の急落で織り込まれたか、また、マイナスニュース
    がこれ以上出てくるか否かが、焦点となる。
    ただ、いずれにしろ日本株は材料出尽くし感が強い。再び20000円
    を試す展開、または超える動きとなるには、日柄調整を挟み、い
    っとき時間がかかりそうなところではある。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-05-18【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅続落(285円安) 一時は19500円割れ
    
    前日の米株市場が急落。米トランプ大統領によるFBI(米連邦捜
    査局)への介入疑惑が高まり、政治的混乱が経済政策に与える悪影
    響が懸念された。
    米株の急落を受けて、日本株は売りが先行。為替ドル/円も円高方
    向に振れていたこともあり、下落幅は大きく、日経平均は一時、
    360円安となり19500円を割れた。
    売り一巡後は、押し目を拾う動きが見られたが、戻りは限定的だ
    った。
    
    日経平均前場終値は-285.18円の19529.70円。
    
    東証1部の出来高は11億5021万株、
    売買代金は1兆4248億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり207銘柄、値下がり1734銘柄、
    変わらず74銘柄。
    
    業種別では値上がりが1業種。値下がりが32業種。
    値上がりは電気・ガスのみ。
    値下がりトップは保険、証券・商品、銀行。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は大型連休開けに開けたマド(マド下限19464.30円)を埋
    めて、その後に戻りは限定されているものの、いってい底堅さを
    示して前場の取引を終えた。
    調整一巡感が出てきてよい水準で、後場は日銀のETF買い入れへの
    思惑などから、引き続き、底堅さが意識されそう。
    とはいえ、米国での政治の混乱が尾を引けば、米長期金利や米株
    の上昇は見込めない。
    米国政治の見極めていきたいところで、積極的な買いも入りづら
    く、戻りも限定されそうだ。
    
    
     
  • 2017-05-18【東京市場見通し】

    売り先行 米株急落、円高を嫌気  売り一巡後は落ち着きどころ探る展開か
    
    前日の米株が急落、トランプ大統領の政策運営に対する警戒感が
    強まり、NYダウは372安ドル。為替ドル/円も現在、110台後半での推
    移と円高方向に振れている。
    本日の日本株は米株急落、円高を嫌気し売り優勢の展開。日経平
    均は19400~19500円水準まで値を下げることになりそうだ(前日終
    値19814.88円)。
    売り一巡後は、良好な企業業績を支えとした押し目買い意欲の強
    さが試されるところ。
    過熱感を冷ます丁度良い調整とも見れるが、下げの要因がトラン
    プ大統領であることから、今晩の米国株の動向を見極めたいと様
    子姿勢も強いだろう。いっていの底堅さを示しても戻りは限定さ
    れそうだ。
    物色はディフェンシブ系に向かいやすいほか、テーマ性のある中
    小型株へ向かいやすくはある。
    
    日経平均予想レンジは19400-19600円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り790万株、買い930万株、
    差し引き140万株の買い越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が110円台後半での推移。
    (17日終値112.44-45円)
    
    現在、ユーロ/円が123円台後半での推移。
    (17日終値124.68-72円)
    
    
    17日の米株市場概況
    
    大幅安。政治的混乱が経済政策に与える悪影響を懸念。
    トランプ大統領によるFBI長官の解任問題やロシアへの機密情報漏
    洩問題などを受けて政権運営に関する不透明感が一層強まり、経
    済政策への期待が大きく後退した。
    NYダウは-372.82の20606.93、
    S&P500は-43.64の2357.03、
    NASDAQは-158.63の6011.24。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-17【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ピックアップ
    相模ゴム<5194> 決算発表。
    終値1275円(前日比+1275円+10円+0.79%)17年3月期の連結経常利益
    は15.4億円(前期比2.9倍)と従来予想13億円を上回って着地。
    18年3月期も前期比3.3%増の16億円に伸びるを見込みで2期連続過
    去最高益更新見通し。
    株価は直近、日足一目均衡表の雲(1173-1180円)近辺での日柄調整
    から上放れ傾向。
    目先、年初来高値1317円(2/24)更新から一段高へと期待がかかる。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    グリコ<2206>
    終値6230円(前日比+50円+0.81%)
    シンガポールにASEAN地域を統括する子会社を設立。
    
    クイック<4318>
    終値1360円(前日比-51円-3.61%)
    英人材サービス大手センター・ピープル社を子会社化すると発
    表。
    
    ベイカレント<6532>
    終値1620円(前日比+33円+2.08%)
    自社株買い実施を発表。(発行済み株式数(自社株を除く)の2.59%
    にあたる400,000株(金額で8億円)を上限、買い付け期間6/1-8/31)。
    
    今仙電機<7266>
    終値1175円(前日比+12円+1.03%)
    新製品無動力歩行アシスト「aLQ」を6月に発売すると発表。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-17【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め12銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ASJ<2351>、
    一時S スリープロ<2375>、
    S ケアサービス<2425>、
    S イデアインタ<3140>、
    S 夢展望<3185>、
    一時S オルトP<3672>、
    S エディア<3935>、
    S JMACS<5817>、
    一時S ジンズメイト<7448>、
    一時S 大興電子<8023>、
    一時S LCHD<8938>、
    S マルコ<9980>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S フードプラ<7853>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    HUG<3676> 大幅続伸。
    終値1634円(前日比+107円+7.00%)
    日足一目均衡表の雲(上限1585円)突破。
    
    ヤーマン<6630> 大幅反発。
    終値5980円(前日比+240円+4.18%)
    日足一目均衡表の雲(上限5900円)突破。
    
    ヨコオ<6800> 大幅反発。
    終値1459円(前日比+148円+11.28%)
    日足一目均衡表の雲(上限1417円)突破。
    
    ピックアップ
    テクノスJPN<3666> 大幅3日続伸。
    終値1188円(前日比+46円+4.02%)
    引き続き15日に発表された決算を好感した買いが向かった。
    (17年3月期の連結経常利益は7.3億円(前期比22.9%増)、18年3月期
    も前期比10.9%増の8.1億円に伸びを見込んで3期連続過去最高益更
    新見通し)
    テクニカル面では前日の75日移動平均線(1114円)を回復に続い
    て、本日は日足一目均衡表の雲(1145円)を突破。引き続き、堅調
    な展開が期待される。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-17【東京市場概況】

    日経平均は反落(104円安) 円高嫌気し売り優勢 下値では下げ渋り
    
    朝方から売りが先行。為替ドル/円が112円台半ばと円高方向に振れ
    ていたことが重しとなった。
    日経平均は一時、米株価指数先物の下げも重しとなり、150円超え
    の下落となる場面もあった。
    売り一巡後は押し目買いなどから下げ渋ったものの戻りは限定
    的、100円超えの下落幅で本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は-104.94円の19814.88円。
    
    東証1部の出来高は19億6447万株、
    売買代金は2兆4927億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり630銘柄、値下がり1287銘柄、
    変わらず98銘柄。
    
    業種別では値上がりが4業種、値下がりが29業種。
    値上がりは食料品、電気・ガス、その他製品、建設のみ。
    値下がりトップは石油・石炭、海運、保険。
    
    日経平均は19800円どころで底堅さを示したが、5日移動平均線
    (19890円)を割れて引けた。
    東証1部の売買代金は2.49兆円と高水準を維持しているものの、や
    や減少傾向にある。
    節目20000円を再挑戦するエネルギーは残っているが、トランプ政
    権による先行き不透明感から主力処は手掛けづらい状況を考える
    と、目先は調整の可能性の方がやや高いか。
    現時点での下値メドは、大型連休開けに開けたマドのマド埋め(マ
    ド下限19464.30円)。
    主力処は手掛けづらいなか、中小型株には活発的な資金流入が続
    きそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-05-17【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落(97円安) 円高重しに売り優勢の展開
    
    為替ドル/円が112円台半ばと円高方向に振れていたことを受けて主
    力輸出株を中心に売りが先行。日経平均は一時150円安まで下落幅
    を拡げる場面があった。
    売り一巡後は持ち直す動きも見られているものの、戻りも限定
    的、19800円前半での推移となった。
    
    日経平均前場終値は-97.63円の19822.19円。
    
    東証1部の出来高は10億641万株、
    売買代金は1兆2138億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり571銘柄、値下がり1315銘柄、
    変わらず123銘柄。
    
    業種別では値上がりが5業種、値下がりが28業種。
    値上がりは電気・ガス、その他製品、食料品など。
    値下がりトップは石油・石炭、鉱業、保険。
    
    
    後場の見通し
    
    為替ドル/円が前日と比べて約1円円高方向、加えて米株価指数先物
    も下落しており、重しとなっている。
    ただ、一部の内需関連株には継続的な買いが入り下支え、いって
    いの底堅さは維持しており、物色意欲の旺盛だ。
    後場も引き続き底堅い展開。日銀のETF買い入れが意識されやす
    い。
    
    
     
  • 2017-05-17【東京市場見通し】

    円高重しに売り先行 その後、押し目買い意欲強く、下げ渋りの展開か
    
    前日の米株市場は高安まちまち。NASDAQは続伸し連日で史上最高
    値を更新するいっぽうで、NYダウ、S&P500は小幅に下落となった。
    為替ドル/円も円高方向に振れており、現在は112円台後半での推
    移。
    日本株は円高を重しに売りが先行する見通し。前日に日経平均が
    節目20000円を回復とならず、手掛かり材料に欠けていたなかでの
    ドル/円が円高方向に振れた。上値は追いにくく、失望売りなども
    出やすい状況となりそうだ。
    いっぽうで、直近の売買代金や出来高は連日活況。押し目買い意
    欲は強いと見られ、売り先行後は押し目買いから下げ渋るとなる
    か注目される。
    本日の物色は、業績再評価のほか、主力株に手掛けにくさが出て
    きたことから、テーマ性の強い銘柄へ。サイバーセキュリティや
    ブロックチェーン、IoTなどの関連株に注目。
    
    日経平均予想レンジは19750-19950円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1070万株、買い1390万株、
    差し引き320万株の買い越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が112円台後半での推移。
    (16日終値113.45-46円)
    
    現在、ユーロ/円が125円台前半での推移。
    (16日終値125.12-16円)
    
    
    16日の米株市場概況
    
    高安まちまち。ハイテク株比率の高いNASDAQは3日続伸し連日で史
    上最高値を更新。しかし、NYダウはわずかながら反落、S&P500も取
    引時間中の最高値は更新したが小幅に下落となった。
    この日、発表された経済指標が米4月住宅着工件数と同建設許可件
    数はともに市場予想を大幅に下回り、米4月鉱工業生産は前回や市
    場予想を上回るなどまちまちの結果。結果を受けてNYダウは50ドル
    超えの上昇なる場面もあったが買いは続かなかった。
    トランプ大統領のロシアへの情報漏えい問題が意識され、手控え
    ムードが広がった。
    NYダウは-2.19の20979.75、
    S&P500は-1.65の2400.67、
    NASDAQは+20.20の6169.87。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-16【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ピックアップ
    テクノHR<6629> 決算発表。
    終値253円(前日比+15円+6.30%)
    17年3月期の連結経常損益は3.7億円となり黒字浮上(前期は1.1億
    円の赤字)。
    18年3月期の同利益も前期比7.5%増の4億円に伸びる見通しとなっ
    た。
    株価は本日、6.3%の上昇となり大幅続伸。75日移動平均線(244円)
    超え、日足一目均衡表の雲(上限249円)突破しており、上昇トレン
    ド転換と期待される形状にある。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    パーク24<4666>
    終値3075円(前日比±0円±0.00%)
    4月売上高が前年同月比5.9%増(今期に入り6ヵ月連続で前年実績を
    上回り)。
    
    ピジョン<9416>
    終値4600円(前日比+185円+4.19%)
    6/30基準日に1対2の株式分割を発表。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-16【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め16銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S イデアインタ<3140>、
    一時S 大光<3160>、
    S 夢展望<3185>、
    S RSテクノ<3445>、
    S セグエG<3968>、
    S アズジェント<4288>、
    一時S エンビプロ<5698>、
    S EAJ<6063>、
    S IIF<6545>、
    S ジンズメイト<7448>、
    S PSS<7707>、
    S クボテック<7709>、
    S シンシア<7782>、
    S LCHD<8938>、
    一時S ジシステム<9758>、
    S マルコ<9980>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め4銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S J-HD<2721>、
    S DLE<3686>、
    S バリューデザ<3690>、
    S フードプラ<7853>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    リニカル<2183> 大幅反発。
    終値1549円(前日比+65円+4.38%)
    前日(15日)決算発表を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限1485円)突破。
    
    フェローテック<6890> 大幅続伸。
    終値1568円(前日比+132円+9.19%)
    前日(15日)決算発表を好感。
    75日移動平均線(1457円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限1465円)突破。
    
    ピックアップ
    日軽金HD<5703> 変わらず挟んで3日続伸。
    終値271円(前日比+12円+4.63%)
    前日(11日)発表の決算が好感され、買われる展開となった。
    (17年3月期の連結経常利益262億円(前期比7.0%増)。18年3月期も
    前期比6.7%増の280億円に伸びる見通し)
    株価は変わらずを挟んで3日大幅続伸となり、上値抵抗と意識され
    75日移動平均線(260円)、日足一目均衡表の雲(上限262円)突破。
    一段高が期待される形状にある。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-16【東京市場概況】

    日経平均は3日ぶり反発(49円高) 大台2万円回復ならず伸び悩み
    
    前日の欧米株高などが好感され朝方は買いが先行。日経平均は大
    台20000円に2円弱まで迫ったが回復とはならず、上値の重さが意
    識され、一時はマイナス圏に沈む場面も見られた。
    その後は好決算銘柄などが支えとなり、日経平均は持ち直したも
    のの、新規の手掛かり材料に欠けて様子見姿勢の強い展開となっ
    た。
    
    日経平均終値は+49.97円の19919.82円。
    
    東証1部の出来高は21億7425万株、
    売買代金は2兆6603億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1130銘柄、値下がり767銘柄、
    変わらず118銘柄。
    
    業種別では値上がりが22業種、値下がりが11業種。
    値上がりトップはバルブ・紙、石油・石炭、食料品。
    値下がりは鉱業、不動産、保険など。
    
    日経平均は本日も節目20000円を回復出来ず上値の重さが意識され
    るかっこうとなった。
    東証1部の騰落レシオも145%台と買われ過ぎを示しており、引き続
    き、過熱感は強い状態にある。
    とはいえ、東証1部の売買代金は2.66兆円と高水準、日経平均も終
    値では5日移動平均線(19907円)を維持。
    今晩の海外市場次第が堅調な展開となれば、明日にも20000円を回
    復する場面が見られそうだ。
    ただ、変わらず大型連休開けに開けたマドのマド埋めを意識、マ
    ド下限19464.30円まで調整する可能性も残る。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-05-16【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小反発(6円高) 買い一巡後に上げ幅縮小 大台回復ならず
    
    前日の欧米株高を好感し、朝方は買いが先行。日経平均は一時、
    大台20000円にあと2円弱まで迫る場面があった。
    しかし、20000円回復とはならず、買い一巡後は利益確定売りや戻
    り売りに押されて、上げ幅を縮小、小幅な上昇で前場の取引を終
    えた。
    
    日経平均前場終値は+6.42円の19876.27円。
    
    東証1部の出来高は10億8208万株、
    売買代金は1兆3124億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり893銘柄、値下がり956銘柄、
    変わらず160銘柄。
    
    業種別では値上がりが18業種、値下がりが15業種。
    値上がりトップは食料品、バルブ・紙、石油・石炭。
    値下がりトップは鉱業、不動産、保険。
    
    
    後場の見通し
    
    前場の日経平均は20000円回復とならず、結果的に上値抵抗して強
    く意識されることになった。
    個別物色は活発ではあるが、相場全体を押し上げるほどの材料は
    乏しいといったところ。
    前場終わり時点の5日移動平均線が19898円。後場は同線での攻防
    となり、割れて引けるようなら、過熱感も引き続き強いなか、調
    整色が強まると思われる。
    
    
    
  • 2017-05-16【東京市場見通し】

    買い先行  欧米株高を好感 日経平均は節目2万円を意識
    
    前日の海外市場は欧米株ともに上昇。原油価格の上昇が後押しと
    なった。独DAXや英FT100が過去最高値を更新。米株市場でも
    S&P500とNASDAQが高値更新。
    為替ドル/円は現在、113円台後半での推移と前日よりやや円安方向
    に振れている。
    本日の日本株は欧米株高を好感し買いが先行、日経平均は節目
    20000円を意識した展開となりそうだ。
    節目20000円どころでは、戻り待ちの売りで上値を抑えられると想
    定されるところだが、前日(15日)に出揃った国内企業の決算発
    表、好業績を評価する動きから、大台に乗せる場面もありそう
    だ。
    
    日経平均予想レンジは19850-20050円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1200万株、買い1630万株、
    差し引き430万株の買い越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が113円台後半での推移。
    (15日終値113.64-65円)
    
    現在、ユーロ/円が123円台後半での推移。
    (15日終値124.34-38円)
    
    
    15日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって上昇。NYダウは5日ぶり反発、S&P500は節2400pt
    を上回って史上最高値を更新、NASDAQも最高値を更新した。
    原油価格が急騰。ロシアとサウジアラビアが原油の協調減産を
    2018年3月まで延長するとの見解で一致したと共同声明で発表。
    これを受けて、3週ぶりの高値となった。素材やエネルギー株、
    そのほかに金融株など幅広い銘柄が上昇した。
    NYダウは+85.33の20981.94、
    S&P500は+11.42の2402.32、
    NASDAQは+28.44の6149.67。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-15【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    フェローテック<6890> 決算発表。
    終値1436円(前日比+48円+3.45%)
    17年3月期の連結経常利益は56.7億円(前期比48.5%増)と従来予想
    47億円を上回って着地。
    18年3月期も前期比12.8%増の64億円に伸びを見込んでおり、7期ぶ
    りに過去最高益更新見通し。
    
    Vテクノロジー<7717> 決算発表。
    終値18290円(前日比+350円+1.95%)
    17年3月期の連結経常利益は54億円(前期比2.4倍)。
    18年3月期も前期比81.3%増の98億円に拡大見込み、
    2期連続過去最高益更新見通し。
    今期年間配当200円(前期比85円増)へ。
    
    ピックアップ
    弁護士コム<6027> 決算発表。
    終値879円(前日比+21円+2.44%)
    17年3月期の経常利益(非連結)は4億円(前期比39.1%増)。
    18年3月期も前期比22.2%増の5億円に伸びを見込んでおり、
    5期連続過去最高益更新見通し。
    株価は本日、クレディセゾン<8253>やDガレージ<4819>子会社と連
    携して、契約時に決済まで済ませられる日本初の電子契約サービ
    スを8月から始めると伝えられて、堅調な展開となっていた(本
    日、引け後に弁護士コム<6027>からも発表)。
    本日、引け後に発表された決算も好感される見通し。
    上方向へのトレンドを強める展開が期待される。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    シンコウ工<6458>
    終値1733円(前日比-26円-1.47%)
    ダイキン工業<6367>と資本業務提携。セントラル空調機を共同開
    発するほか、資本面では株式を相互に持ち合う。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-15【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め14銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ケアネット<2150>、
    一時S WDB<2475>、
    S 野村不HD<3231>、
    S 日本一ソフト<3851>、
    S セグエG<3968>、
    S ラクオリア<4579>、
    一時S アイビー<4918>、
    S エンバイオH<6092>、
    一時S Tスマート<6246>、
    S メイコー<6787>、
    一時S 東北化学<7446>、
    S 南プラ<7887>、
    S ウェーブHD<7940>、
    S ジシステム<9758>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め3銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S ダイヤ電気<6895>、
    S 日本モゲジS<7192>、
    一時S フードプラ<7853>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ひらまつ<2764> 大幅反発。
    終値709円(前日比+45円+6.77%)
    先週末(12日)決算発表好感。
    日足一目均衡表の雲(上限673円)突破。
    
    東急不HD<3289> 3日大幅続伸。
    終値675円(前日比+35円+5.46%)
    日足一目均衡表の雲(上限642円)突破。
    
    生化学<4548> 大幅反発。
    終値1917円(前日比+81円+4.41%)
    先週末(12日)決算発表好感。
    日足一目均衡表の雲(上限1855円)突破。
    
    日立<6501> 大幅反発。
    終値661.9円(前日比+37.3円+5.97%)
    先週末(12日)決算発表好感。
    日足一目均衡表の雲(上限635円)突破。
    
    大真空<6962> 大幅反発。
    終値1562円(前日比+161円+11.49%)
    先週末(12日)決算発表好感。
    日足一目均衡表の雲(上限1458円)突破。
    
    ピックアップ
    豆蔵<3756> 大幅反発。
    終値976円(前日比+71円+7.84%)
    先週末(12日)の決算発表を好感(17年3月期の連結経常利益21億円
    (前期比15.8%増)。18年3月期は前期比3.4%増の21.8億円に伸びを
    見込み、7期連続過去最高益更新見通し。前期年間配当を9円から
    12円に増額、今期も12円へ)。
    テクニカル面では日足一目均衡表の雲(上限955円)突破。200日移
    動平均線(962円)超えと中長期的にも上昇トレンド転換と期待され
    る形状にある。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-15【東京市場概況】

    日経平均は小幅続落(14円安) 売り先行も下げ渋り底堅い展開
    
    朝方、為替ドル/円が先週末発表された米経済指標の結果を受けて
    円高方向に振れていたことや北朝鮮をめぐる地政学リスク、世界
    的なサイバー攻撃と悪材料が相次いでいたことから売りが先行し
    た。日経平均は一時、140円超えの下落。ただ、これら悪材料を織
    り込み、日銀のETF買い期待もあり、押し目買いから底堅く推移。
    小幅続落となったものの高値引けで本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は-14.05円の19869.85円。
    
    東証1部の出来高は21億5577万株、
    売買代金は2兆6519億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり854銘柄、値下がり1057銘柄、
    変わらず104銘柄。
    
    業種別では値上がりが15業種、値下がりが18業種。
    値上がりトップは不動産、水産・農林、建設。
    値下がりトップは鉄鋼、鉱業、石油・石炭。
    
    悪材料があったなか、週明けの日本株は底堅い展開。押し目買い
    意欲の強さを感じられる一日となった。
    とはいえ、日経平均は5日移動平均線(19891円)を下回って引けて
    おり、2日連続で同線割れとなっている。
    また、オシレーター系指標(ストキャスティクスやRSIなど)も
    引き続き、過熱圏にあり、調整の可能性は残している。
    大型連休開けに開けたマドのマド埋めを意識、マド下限19464.30
    円までの調整が、目先にあってよいところ。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-05-15【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続落(41円安) 地政学リスク、円高重しも下げ渋り
    
    先週末発表された米経済指標の結果を受けて為替ドル/円が円高方
    向に振れていたことや北朝鮮をめぐる地政学リスクが重しとな
    り、売りが先行した。
    日経平均は一時、143円安まで下落となったが、売り一巡後は押し
    目買いなどから下げ渋り、19800円台半ばでの推移となり、前場の
    取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-41.75円の19842.15円。
    
    東証1部の出来高は11億290万株、
    売買代金は1兆3141億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり734銘柄、値下がり1176銘柄、
    変わらず104銘柄。
    
    業種別では値上がりが12業種、値下がりが21業種。
    値上がりは不動産、バルブ・紙、サービスなど。
    値下がりトップは鉱業、石油・石炭、鉄鋼。
    
    
    後場の見通し
    
    前場の日経平均は売り一巡後に下げ渋り、円高、北朝鮮情勢、サ
    イバー攻撃問題などを一端織り込んだかっこう。
    また、日銀のETF買い期待などもあったのだろう。
    後場も下値ではいっていの底堅さを示しそうだ。
    ただ、過熱感が強いなかでの売り優勢の展開。日経平均は5日移動
    平均線(19886円)を下回っての推移であり、後場も同線が上値抵抗
    と強く意識されるようだと、下げ幅を再度拡げる可能性がある。
    
    
    
    
  • 2017-05-15【東京市場見通し】

    売り優勢 週末リスク要因続出で上値重い展開 
    
    先週末の米株市場はまちまち。NASDAQは反発もNYダウ、S&P500は続
    落となった。発表された経済指標の結果が総じてさえず重しとな
    った。結果を受けて為替ドル/円も円高方向に振れており、現在は
    113円台前半での推移となっている。
    また、週末には北朝鮮のミサイル発射や世界的なサイバー攻撃な
    どリスクを意識させる材料が出てきている。日経平均が過熱感が
    強く、節目20000円を回復出来ずとなったなかでの悪材料。一端調
    整の流れ、売り優勢の展開が予想される。
    売り一巡後は先週末に企業決算ピーク、好業績銘柄への物色が下
    支えとなるか注目されるところ。
    
    日経平均予想レンジは19700-19900円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り760万株、買い1500万株、
    差し引き740万株の買い越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が113円台前半での推移。
    (先週末12日終値113.60-62円)
    
    現在、ユーロ/円が123円台後半での推移。
    (先週末12日終値123.39-43円)
    
    
    先週末12日の米株市場概況
    
    まちまち。NYダウは4日続落、S&P500も続落。ただNASDAQは反発し
    た。
    トランプ大統領によるコミーFBI長官の突然の解任、政治的不透明
    感が強まってきているなか、発表された経済指標も総じて弱い結
    果となり、重しとなった。(4月の米小売売上高が季節調整済みで
    前月比0.4%増(市場予想平均0.6%増に届かずとなるなど)
    NYダウは-22.81の20896.61、
    S&P500は-3.54の2390.90、
    NASDAQは+5.27の6121.23。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-12【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    豆蔵<3756> 決算発表。
    終値905円(前日比-10円-1.09%)
    17年3月期の連結経常利益は21億円(前期比15.8%増)。
    18年3月期も前期比3.4%増の21.8億円に伸びる見込みで7期連続過
    去最高益更新見通し。
    前期年間配当を9円から12円に増額、今期も12円を継続へ。
    
    日本一S<3851> 決算発表。
    終値952円(前日比-27円-2.75%)
    17年3月期の連結経常利益は3億5400万円(前期比9.7%減)、従来予
    想1億8000万円を上回って着地。
    18年3月期は前期比25.4%増の4億4400万円に拡大する見通しに。
    
    北越紀州<3865> 決算発表。
    終値799円(前日比-1円-0.12%)
    17年3月期の連結経常利益は140億円(前期比32.8%増)、従来予想
    110億円を上回って着地。
    18年3月期も前期比13.8%増の160億円に伸びる見込みで17期ぶり過
    去最高益更新見通し。
    
    カネカ<4118> 決算発表。
    終値898円(前日比-10円-1.10%)
    17年3月期の連結経常利益は274億円(前期比17.0%減)。
    18年3月期は前期比42.2%増の390億円に拡大する見通し。
    
    アルバック<6728> 決算発表。
    終値5510円(前日比-130円-2.30%)
    17年6月期第3四半期累計(16年7月-17年3月)の連結経常利益は234
    億円(前年同期比42.6%増)。
    通期の同利益を従来予想260億円から285億に上方修正。
    期末一括配当を従来計画30円から45円に増額修正。
    
    サンリオ<8136> 決算発表。
    終値2105円(前日比+1円+0.05%)
    17年3月期の連結経常利益は72.5億円(前期比44.9%減)。
    18年3月期は前期比54.4%増の112億円にV字回復する見通し。
    
    ピックアップ
    ニチイ学館<9792> 決算発表。
    終値895円(前日比+6円+0.67%)
    17年3月期の連結経常損益は14.2億円の黒字に浮上(前期は36.2億
    円赤字)。
    18年3月期の同利益も前期比4.2倍の60億円に急拡大する見通しと
    なった。
    株価は今週に上値抵抗と意識されていた26週移動平均線(857円)を
    回復しており、好決算を受けて、上方向へのトレンドを一段と強
    める展開が期待される。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-12【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め13銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S 富士PS<1848>、
    S Dリンクス<2145>、
    S ケアネット<2150>、
    一時S フージャース<3284>、
    S KLab<3656>、
    S エムアップ<3661>、
    S ポラテクノ<4239>、
    一時S ミズホメディ<4595>、
    S アイビー<4918>、
    S 曽田香料<4965>、
    一時S アトラエ<6194>、
    一時S NF回路<6864>、
    一時S マーキュリア<7190>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S フードプラ<7853>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    カヤック<3904> 大幅反発。
    終値1403円(前日比+181円+14.81%)
    前日(11日)決算発表を好感。
    75日移動平均線(1276円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限1344円)突破。
    
    アーレスティ<5852> 大幅続伸。
    終値1252円(前日比+118円+10.40%)
    前日(11日)決算発表を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限1152円)突破。
    
    丸井G<8252> 大幅反発。
    終値1651円(前日比+9.70%)
    前日(11日)発表の決算、自社株買い好感。
    日足一目均衡表の雲(上限1585円)突破。
    
    ピックアップ
    宇部興産<4208> 大幅反発。
    終値279円(前日比+16円+6.08%)
    前日(11日)に決算を発表。17年3月期の連結経常利益は前期比
    15.8%減の333億円になるも18年3月期は前期比13.9%増の380億円に
    伸びる見通しとなった。
    決算とともに自社株買いを実施も発表(発行済み株式数(自社株を
    除く)の2.6%にあたる2800万株(金額で50億円)を上限、買い付け期
    間5/12-7/18)。
    これらを好感し、本日は大幅反発となった。
    テクニカル面では、ここまで上値抵抗と意識されていた75日移動
    平均線(265円)を回復。
    また、日足一目均衡表においても雲(上限265円)を突破した。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-12【東京市場概況と来週の見通し】

    12日概況  日経平均は反落(77円安) 過熱感強い中、米株安や円
    高受けて売り優勢
    
    前日の米株安や為替ドル/円が円高方向に振れていたことを受けて
    日本株は売りが先行した。
    日経平均は節目20000円を前に足踏み、過熱感が強い中、利益確定
    売りや戻り売りに押されて一時は151円安となる場面もあった。
    その後は下げ渋ったものの、決算発表ピーク、週末要因もあり、
    戻りは限定された。
    
    日経平均終値は-77.65円の19883.90円。
    
    東証1部の出来高は22億4862万株、
    売買代金は2兆9645億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり734銘柄、値下がり1140銘柄、
    変わらず141銘柄。
    
    業種別では値上がりが12業種、値下がりが21業種。
    値上がりは石油・石炭、サービス、小売りなど。
    値下がりトップは非鉄金属、不動産、ガラス・土石。
    
    
    来週の見通し 過熱感冷ます展開か 米経済指標の結果を受けた為
    替の動向次第では買い優勢
    
    本日、日経平均は3日ぶりに反落となったが依然として過熱感は強
    い。オシレーター系指標(ストキャスティクスやRSIなど)は、
    引き続き過熱圏にある。
    また、節目20000円が抵抗線として意識されている面も強く、来週
    は一端は過熱感を冷ます調整となる見込み。
    調整メドは日足一目均衡表の転換線(19567円)、19500円と見てお
    きたいところ。
    基本的には調整の見通しとなるが、為替動向次第では買い優勢の
    展開となる可能性もある。
    発表される米経済指標(16日に4月住宅着工件数と4月鉱工業生産を
    発表)の結果が予想を上回り、ドル/円が115円台に乗せる動きなど
    が見られれば、日経平均は20000円を超えるだろう。
    
    来週の日経平均予想レンジは19500-20100円。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-05-12【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落(138円安) 米株安や円高受けて売り優勢
    
    前日の米株が反落となったことや為替ドル/円が円高方向に振れて
    いたことなどから、日本株は売りが先行した。
    日経平均は小幅安で寄り付いた後、いっていの底堅さを示してい
    たものの、先物主導で下げ幅を拡大した。
    
    日経平均前場終値は-138.27円の19823.28円。
    
    東証1部の出来高は11億8192万株、
    売買代金は1兆5794億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり512銘柄、値下がり1385銘柄、
    変わらず118銘柄。
    
    業種別では値上がりが4業種、値下がりが29業種。
    値上がりは電気・ガス、サービス、小売り、精密機器のみ。
    値下がりトップは非鉄金属、転送用機器、ガラス・土石。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は節目20000円回復とならず、前場終わり時点で5日移動
    平均線(19884円)割れ。後場は同線が上値抵抗と意識される見通
    し。
    ただ、自社株買いや増配、好決算銘柄には買いが向かっており、
    日銀のETF買い入れ等の期待が下支えとなりそう。
    5日移動平均線を回復してくるようなら強い動きが期待される。
    
    
    
    
  • 2017-05-12【東京市場見通し】

    上昇一服の流れも下値は限定的か 日経平均は5日移動平均線が焦点
    
    前日の米株は主要3指数そろって下落となったことや、為替ドル/円
    も114円を割れて現在は113円台後半での推移と円高方向に振れて
    いる。
    このことから、本日の日本株は売りが先行する見通し。
    日経平均は節目20000円回復が遠のくかっこうとなりそうだ。
    とはいえ、米株市場でNYダウは一時140ドル超えの下落から持ち直
    し底堅さは示しており、動きは悪くない。
    日本株も下げたところでは押し目買いが入り、また好決算銘柄を
    中心に活況な売買が序盤は期待されるところ。
    ただ、過熱感が強かったところでの押し目、加えて週末要因もあ
    り、次第に買い意欲は弱まる可能性も。
    日経平均は5日移動平均線(19809円)を維持できるかが焦点。
    本日、同線を割れるようなら、週明けは一端値幅調整へ向かうと
    警戒されるところ。逆に同線で底堅さを示すようなら、引き続
    き、上方向へのトレンドを強める展開が期待されやすい。
    
    日経平均予想レンジは19800-20000円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り960万株、買い1250万株、
    差し引き290万株の買い越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が113円台後半での推移。
    (11日終値114.20-21円)
    
    現在、ユーロ/円が123円台後半での推移。
    (11日終値124.32-36円)
    
    
    11日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって小幅安。NYダウは3日続落しS&P500とNASDAQは反
    落。
    トランプ米大統領がFBI(米連邦捜査局)のコミー長官を解任したこ
    とで、政権運営への警戒感が継続。
    また、発表された企業決算を嫌気、メーシーズなどの百貨店株が
    大幅安となり、重しとなった。
    NYダウは一時、140ドルを超える下落となる場面があった。
    しかし、その後は持ち直して小幅な下落にとどまった。
    NYダウは-23.69の20919.42、
    S&P500は-5.19の2394.44、
    NASDAQは-13.18の6115.96。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-11【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    KLab<3656> 決算発表。
    終値935円(前日比+17円+1.85%)
    17年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常損益は10.5億円と黒字浮
    上(前年同期4.3億円の赤字)。
    非開示だった1-6月期(上期)の業績予想も黒字に浮上する見通し。
    
    平田機工<6258> 決算発表。
    終値9760円(前日比+440円+4.72%)
    17年3月期の連結経常利益は80.3億円(前期比2.8倍に拡大)、従来
    予想65億円を上回っての着地。
    18年3月期も前期比9.5%増の88億円と伸びる見込みで2期連続過去
    最高益更新見通し。
    
    ダイフク<6383> 決算発表。
    終値3020円(前日比-15円-0.49%)
    17年3月期の連結経常利益は237億円(前期比8.0%増)。
    18年3月期も前期比15.3%増の274億円に伸びる見込みで3期連続過
    去最高益更新見通し。
    前期年間配当を40円から42円増額、今期も前期比5円増の47円に増
    配へ。
    
    日産車体<7222> 決算発表。
    終値1078円(前日比-6円-0.55%)
    17年3月期の連結経常利益127億円(前期比6.2%増)。
    18年3月期も前期比14.1%増の145億円に伸びる見通しとなった。
    前期年間配当を11円から13円に。今期13円を継続。
    
    Vテクノロジー<7717> 業績。配当修正発表。
    終値18730円(前日比+530円+2.91%)
    17年3月期の連結経常利益を従来予想48億円から54億円に上方修
    正。
    前期年間配当を従来計画100円から115円に。
    
    住友不<8830> 決算発表。
    終値3158円(前日比-7円-0.22%)
    17年3月期の連結経常利益は1676億円(前期比13.0%増)。
    18年3月期も前期比7.3%増の1800億円に伸びる見込みで5期連続過
    去最高益更新見通し。
    前期年間配当を23円から24円に。今期も前期比2円増の26円へ。
    
    ベルーナ<9997> 決算発表。
    終値1094円(前日比+2円+0.18%)
    17年3月期の連結経常利益は121億円(前期比71.5%増)。
    18年3月期も前期比10.8%増の135億円に伸びを見込みで11期ぶり過
    去最高益更新見通し。
    
    ピックアップ
    ゴールドクレ<8871> 決算発表。
    終値2112円(前日比+3円+0.14%)
    17年3月期の連結経常利益は84.9億円(前期比34.3%増)。
    18年3月期も前期比27.2%増の108億円に伸びる見通しとなった。
    今期年間配当を前期比6円増の50円に増配する方針とした。
    株価は直近に日足一目均衡表の雲(上限2081円)を突破しており、
    好決算を受けえ一段と上方向へのトレンドを強める展開に期待が
    かかる。
    
    
    その他、注目の材料株
    DTS<9682>
    終値3090円(前日比+30円+0.98%)
    データリンク<2145>を株式交換で完全子会社化へ。
    また、発行済み株式数(自社株を除く)の0.87%にあたる20万株(金
    額6億円)を上限に自社株買いを実施(買い付け期間は5/15~6/16ま
    で。
    決算は18年3月期の連結業績が小幅増益見通し。今期年間配当を前
    期比5円増の75円に増配する方針。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-11【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め12銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S 藤田エンジ<1770>、
    S 大林道<1896>、
    S 石光商事<2750>、
    S アセンテック<3565>、
    S 曽田香料<4965>、
    S 中西製<5941>、
    一時S ウィルG<6089>、
    S コンテック<6639>、
    一時S アイフィス<7833>、
    S ウェーブHD<7940>、
    一時S MGホーム<8891>、
    一時S ながの東急<9829>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S ダイトーケミ<4336>、
    一時S フードプラ<7853>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    プレセンス<3254> 6日続伸。
    終値1482円(前日比+99円+7.15%)
    前日(10日)発表の決算好感。
    日足一目均衡表の雲(上限1412円)突破。
    
    DNC<4246> 大幅続伸。
    終値1527円(前日比+77円+5.31%)
    前日(10日)発表の決算好感。
    日足一目均衡表の雲(上限1465円)突破。
    
    IBJ<6071> 4日大幅続伸。
    終値638円(前日比+34円+5.62%)
    前日(10日)発表の決算好感。
    200日移動平均線(628円)超え。
    日足一目均衡表の雲(上限607円)突破。
    
    タカラトミー<7867> 大幅反発。
    終値1287円(前日比+108円+9.16%)
    前日(10日)発表の決算好感。
    日足一目均衡表の雲(上限1200円)突破。
    
    ピックアップ
    FPG<7148> 大幅反発。
    終値1081円(前日比+51円+4.95%)
    直近にもみあっていた75日移動平均線(1030円)から上放れる動き
    となったとともに日足一目均衡表の雲(上限1054円)も突破。
    明日も引き続き上値を伸ばす展開が続き、週足一目均衡表におい
    ても雲(上限1089円)突破となれば、一段と上方向へのトレンドを
    強めそうだ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-11【東京市場概況】

    日経平均は続伸(61円高) 買い優勢も節目2万円回復とはならず
    
    朝方から為替ドル/円が円安方向にあったことなどが好感され、買
    い優勢の展開となった。
    日経平均は短期的な過熱感が重しとなるなか、ジリ高基調を継続
    し、後場には89円高、節目20000円に約10円まで迫る場面があった
    が回復とはならず、本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+61.46円の19961.55円。
    
    東証1部の出来高は22億9202万株、
    売買代金は2兆7932億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり979銘柄、値下がり877銘柄、
    変わらず159銘柄。
    
    業種別では値上がりが15業種、値下がりが18業種。
    値上がりは非鉄金属、銀行、情報・通信など。
    値下がりはバルブ・紙、金属製品、鉄鋼など。
    
    日経平均は後少しのところで節目20000円を回復できず。節目回復
    にもたつく状況は心理的にはマイナス要因だが、下値も商いを伴
    って緩やかに切り上げてきており、先行期待は強い。
    とはいえ、ストキャスティクスやRSIなどのオシレーター系指
    標は依然として過熱圏にあり、目先は調整が入ってよいところ。
    5日移動平均線(19809円)、または同線を割れれば、日足一目均衡
    表の転換線(19567円)などが、現時点での下値メドとなる。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-05-11【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅続伸(29円高) 買い優勢も上値限定的
    
    為替ドル/円が円安方向にあり114円台に乗せていたことなどが
    好感され、買いが先行した。日経平均は連日で取引時間中の
    年初来高値を更新。
    ただ、短期的な過熱感は強いなか、上値では利益確定売りな
    どに押され、伸び悩む展開となった。
    
    日経平均前場終値は+29.18円の19929.27円。
    
    東証1部の出来高は10億8521万株、
    売買代金は1兆2636億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり830銘柄、値下がり1007銘柄、
    変わらず176銘柄。
    
    業種別では値上がりが13業種、値下がりが20業種。
    値上がりは鉱業、精密機器、ゴム製品など。
    値下がりトップは鉄鋼、不動産、金属製品。
    
    
    後場の見通し
    
    過熱感が強く上値追いには慎重姿勢のなか、明日はオプションS
    Q(特別清算指数)値の算出日。どちらか一方にポジションを傾け
    にくく、こう着感が一段と強い展開となっている。
    本日にも節目20000円を付ける見られた日経平均だが、今日のとこ
    ろはおあずけとの雰囲気。後場もこう着した展開が続く見通し。
    
    
    
     
  • 2017-05-11【東京市場見通し】

    円安進行を好感 日経平均は節目2万回復を試す展開か
    
    前日の米株市場は高安まちまち、NYダウは小幅に続落もNASDAQと
    S&P500は最高値更新、比較的落ち着いた動きだった見方。
    為替ドル/円は現在114円台前半での推移と、本日は114円台に乗せ
    ての寄り付きとなりそうだ。
    主力輸出株にとって円安は追い風、買いが先行する見通し。
    また、前日(10日)引け後に決算発表したトヨタ<7203>、今期大幅
    減益計画となったものの、ADRでは大きく売られてはいない。
    主力輸出株が堅調な展開、トヨタ<7203>がしっかりとした展開、
    また、日経平均への寄与度が高く好決算を発表したソフトバンク
    G<9984>などが買われ、日経平均は節目20000円を試す場面が見ら
    れそうだ。
    ただ、依然として過熱感は強く、その水準では戻り売り圧力から
    上値をおさえられる見通し。
    
    日経平均予想レンジは19850-20050円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り870万株、買い860万株、
    差し引き10万株の売り越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が114円台前半での推移。
    (10日終値113.90-91円)
    
    現在、ユーロ/円が124円台前半での推移。
    (10日終値124.05-09円)
    
    
    10日の米株市場概況
    
    高安まちまち。NYダウは小幅に続落もNASDAQとS&P500は最高値更
    新。
    NYダウの重しとなったのが、9日通常取引終了後に発表した決算が
    さえなかったウォルト・ディズニーの下落やエンジンの不具合で
    新型機のテスト飛行を回避したと報じられたボーイングの下落。
    一方で、原油の大幅反発を好感しエネルギー株が上昇、下支えと
    なった。
    NYダウは-32.67の20943.11、
    S&P500は+2.71の2399.63、
    NASDAQは+8.56の6129.14。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-10【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    マクドナルド<2702> 決算発表。
    終値3610円(前日比+75円+2.12%)
    17年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常損益は64.1億円と黒字浮
    上((前年同期1.2億円赤字))。
    1-6月期(上期)の同損益を従来予想15億円黒字から80億円黒字に上
    方修正。
    通期の同利益を従来予想85億円から150億円に上方修正。
    
    TIS<3626> 決算発表。
    終値3015円(前日比+77円+2.62%)
    17年3月期の連結経常利益は270億円(前期比10.5%増)。18年3月期
    も前期比10.7%増の300億円に伸びを見込み、3期連続で過去最高益
    を更新する見通しに。
    今期の年間配当40円(前期比4円増)へ。
    また、発行済み株式数(自社株を除く)の1.4%にあたる120万株(金
    額28億6000万円)を上限に自社株買い実施す。買い付け期間は5/11
    ~8/10。
    
    ピックアップ
    USCJ<5741> 決算発表。
    終値309円(前日比+4円+1.31%)
    17年3月期の連結経常利益は198億円(前期比65.0%増)。18年3月期
    も前期比51.4%増の300億円に拡大見込み、3期ぶりに過去最高益を
    更新する見通しに。
    株価は、200日移動平均線(309円)近辺で日柄調整中、決算をキッ
    カケに同線から上放れ、中長期で上昇トレンド転換と期待される
    ところにある。
    
    ウィルG<6089> 決算発表。
    終値847円(前日比+1円+0.11%)
    17年3月期の連結経常利益は19.8億円(前期比34.9%増)と従来予想
    16.8億円を上回り。18年3月期も前期比13.6%増の22.5億円に伸び
    る見込みとなり、7期連続過去最高益更新見通し。
    また、前期年間配当を12円から14円に。今期も14円へ。
    株価は25日移動平均線(822円)をやや上回る水準で推移するも上値
    の重い展開が続いていた。
    好決算をキッカケの上方向へのトレンドを強める展開に期待がかかる。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-10【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め11銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S ワンダコーポ<3344>、
    一時S インタートレ<3747>、
    一時S アークン<3927>、
    S ポラテクノ<4239>、
    一時S ラウンドワン<4680>、
    一時S ブランジスタ<6176>、
    一時S ASB機械<6284>、
    一時S オプテクスG<6914>、
    S ヘリオスTH<6927>、
    一時S アイエスビー<9702>、
    一時S ショクブン<9969>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S 戸上電<6643>、
    S フードプラ<7853>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    UNITED<2497>
    終値2411円(前日比+314円+14.97%)
    前日発表の決算で18年3月期業績予想を非開示に。
    メルカリ上場の思惑が働き、急反発となった。
    日足一目均衡表の雲(上限2280円)突破。
    
    ピックアップ
    NRI<4307> 大幅反発。
    終値4155円(前日比+120円+2.97%)
    ここまで上値抵抗と意識されていた日足一目均衡表の雲
    (上限4090円)を突破。一段高が期待される形状にある。
    
    丸紅<8002> 大幅反発。
    終値723.7円(前日比+22.7円+3.23%)
    前日(9日)発表の決算を好感。(17年3月期の連結最終利益
    1553億円(前期比2.5倍)。18年3月期も前期比9.4%増の170
    0億円に伸びる見通し)
    テクニカル面では日足一目均衡表の雲(上限709円)を突破。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-10【東京市場概況】

    日経平均は反発(57円高) 年初来高値更新も過熱感から上値限定的
    
    海外時間で為替ドル/円が114円台を付けるなど円安基調にあったこ
    とが好感されて、朝方から買いが先行した。
    その後も一日を通してしっかりとした展開とはなったが、日経平
    均は4月下旬からの急ピッチで上昇で短期的な過熱感は高まって
    おり、上値を追う動きは限られた。
    東京時間で円安が一服したことも上値を抑える要因となった。
    
    日経平均終値は+57.09円の19900.09円。
    
    東証1部の出来高は21億6989万株、
    売買代金は2兆7790億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1044銘柄、値下がり805銘柄、
    変わらず166銘柄。
    
    業種別では値上がりが18業種、値下がりが15業種。
    値上がりトップは鉄鋼、その他製品、情報・通信。
    値下がりトップは繊維製品、ガラス・土石、金属製品。
    
    日経平均は高値圏でのこう着のなか、物色が一部テーマ株のほか
    は、決算を手掛かりとした物色が目立つ。
    そんな中、本日の引け後に決算発表したトヨタ<7203>の動向に注
    目が集まる。決算内容は今期の見通しを前期比20%営業減益計画と
    見栄えは良くない。明日のトヨタ<7203>が売り優勢の展開となれ
    ば、主力株を中心に買い優勢の展開、日経平均は20000円を到達す
    ると思われる。逆に売り優勢となれば、20000円は遠のく可能性が
    ある。
    ただ、その時は新興市場など中小型を選好する流れが強まると予
    想する。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-05-10【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反発(60円高) 円安支えに反発 節目2万手前でも
    みあい
    
    前日の米株が底堅く推移、為替ドル/円が円安基調にあることな
    どが好感され、買いが先行した。
    ただ、短期的な過熱感は強く、日経平均は節目20000円手前で
    もみあい、下値は底堅いものの上値も限定されている。
    
    日経平均前場終値は+60.06円の19903.06円。
    
    東証1部の出来高は10億8191万株、
    売買代金は1兆2956億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1037銘柄、値下がり800銘柄、
    変わらず177銘柄。
    
    業種別では値上がりが17業種、値下がりが16業種。
    値上がりトップは鉄鋼、情報・通信、非鉄金属。
    値下がりトップは水産・農林、金属製品、ガラス・土石。
    
    
    後場の見通し
    
    短期的な過熱感が意識されるなか、日経平均が節目20000円を超え
    るには一段と円安が進行するなど材料が欲しいところ。
    節目20000円手前でもたつくようなら、一端調整入りとの見かたが
    強まる可能性がある。
    後場は為替ドル/円の動向次第だが、上げ幅を縮める、またはマイ
    ナス圏に沈むことも考えられる。
    とはいえ、先行期待が強いなか、好決算銘柄への買いは続き、底
    堅さは維持しそうだ。
    
    
    
    
     
  • 2017-05-10【東京市場見通し】

    もみあい 円安進行も朝方失速 短期的過熱感から上値重い展開
    
    前日の米株市場はまちまち。NYダウ、S&P500は小反落もNASDAQは高
    値更新が続き、大きく崩れる動きは見られていない。
    為替ドル/円は一時、114円台まで円安方向に振れたが、朝方に失
    速、今現在は113円台後半での推移と円安の流れが一服。
    米株が崩れず、ドル/円も基調としては円安方向にあることは好感
    されるが、ドル/円の円安の動きがやや一服感が出ており、日本株
    は短期的な過熱感も意識されている。上値は重い展開となりそう
    だ。
    日経平均は節目20000円を到達すれば、現状では上値追うというよ
    り、達成感から売りが出やすい環境にある。
    また、懸念材料は地政学リスク。米国で北朝鮮が6回目の核実験に
    向け計画を進めていると報じられた。再び、地政学リスクを意識
    する場面も想定される。
    
    日経平均予想レンジは19700-20050円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1240万株、買い900万株、
    差し引き340万株の売り越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が113円台後半での推移。
    (8日終値113.63-64円)
    
    現在、ユーロ/円が123円台後半での推移。
    (9日終値124.12-16円)
    
    
    9日の米株市場概況
    
    高安まちまち。ハイテク株の比率高いNASDAQは4日続伸し、取引時
    間中と終値での史上最高値を更新したもののNYダウは3日ぶりの小
    反落、S&P500も取引時間中の最高値を更新するも、終値では4日ぶ
    りに反落した。
    原油安を嫌気したエネルギー株の下落が重しとなった。
    また、北朝鮮が6回目となる核実験に向け計画を進めていると報じ
    られ、地政学リスクも意識された。
    NYダウは-36.50の20975.78、
    S&P500は-2.46の2396.92、
    NASDAQは+17.93の6120.59。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-09【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    アエリア<3758> 決算発表。
    終値5110円(前日比-180円-3.40%)
    17年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益は4.2億円(前年同期
    比10倍)。通期の同損益を従来予想7億円黒字から18億円の黒字に
    上方修正。
    
    アドソル<3837> 決算発表。
    終値1285円(前日比+6円+0.46%)
    17年3月期の経常利益(非連結)は7億7700万円(前期比41.5%増)。
    18年3月期も前期比4.0%増の8億0800万円に伸びを見込み、3期連続
    過去最高益更新見通し。
    
    冶金工<5480> 決算発表。
    終値216円(前日比+2円+0.93%)
    17年3月期の連結経常利益は28.4億円(前期比5.4倍)、従来予想20
    億円を上回って着地。18年3月期も前期比58.0%増の45億円に拡大
    する見通しに。今期年間配当5円(前期比2.5円増)へ。
    
    オプテックスG<6914> 決算発表。
    終値3315円(前日比+90円+2.79%)
    17年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益は13億円(前年同期比
    79.8%増)。
    
    PALTEK<7587> 決算発表。
    終値900円(前日比+29円+3.32%)
    17年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益は4.3億円(前年同期
    比3.5倍)。 併せて、1-6月期(上期)の同利益を従来予想4.1億円
    から6.4億円に上方修正。上期業績の好調に伴い、通期の同利益を
    従来予想10.5億円から12.8億円に上方修正。
    
    ピックアップ
    ソラスト<6197> 決算発表。
    終値1538円(前日比+9円+0.58%)
    17年3月期の連結経常利益は36.2億円(前期比9.6%増)。18年3月期
    も前期比10.7%増の40.1億円に伸びを見込み、5期連続で過去最高
    益を更新する見通しに。
    また、前期年間配当を41円から43円に。今期も1円増の44円へ。
    株価は現在、日足一目均衡表の雲上限(1559円)手前で上値の重い
    展開、好決算をキッカケに雲突破と期待がかかる。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    Aiming<3911>
    終値522円(前日比+16円+3.16%)
    スマートフォン向けゲーム「ルナプリ from 天使帝國」のAndroid
    版を配信開始。
    
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-09【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ポラテクノ<4239>、
    S サニックス<4651>、
    S 明治機<6334>、
    S シーシーエス<6669>、
    S ニューテック<6734>、
    一時S オービス<7827>、
    S レック<7874>、
    一時S マネパG<8732>、
    S MGホーム<8891>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    アウトソシング<2427> 8日大幅続伸。
    終値4690円(前日比+325円+7.44%)
    前日発表の決算を好感、年初来高値更新。
    25日移動平均線(4232円)から上放れ。
    
    ピックアップ
    ゼンリン<9474> 4日大幅続伸。
    終値2441円(前日比+263円+12.07%)
    前日(8日)発表の決算を好感(17年3月期の営業利益は42.34億円(前
    期比39.4%増)で、従来予想34億円を上回って着地)。
    テクニカル面では、上値抵抗と意識されていた75日移動平均(2205
    円)を上抜け。
    また、日足一目均衡表においても雲(上限2273円)を突破。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-09【東京市場概況】

    日経平均は反落(52円安) 戻り、利益確定売りの押され上値重い展開
    
    朝方は為替ドル/円が113円台に乗せ円安方向にあったことを好
    感し買いが先行した。
    しかし、日経平均は前日に450円高となるなど、直近の急ピッ
    チでの上昇が警戒され、戻り売りや利益確定売りに押された。
    ただ、内需関連の一角や好業績銘柄、出遅れバリュー株など
    が物色されて、下値は限定された。
    
    日経平均終値は-52.70円の19843.00円。
    
    東証1部の出来高は19億9090万株、
    売買代金は2兆6103億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり918銘柄、値下がり950銘柄、
    変わらず147銘柄。
    
    業種別では値上がりが12業種、値下がりが21業種。
    値上がりは空運、金属製品、建設など。
    値下がりトップは転送用機器、鉄鋼、非鉄金属。
    
    日経平均は直近の上昇で、中期的なトレンド上方向へ向かいつつ
    ある。明日のトヨタ<7203>、ソフバンク<9984>などの決算内容次
    第では一段と上方向へのトレンドを強めると期待され、加えてド
    ル/円の円安方向への動きが強まれば、アベノミクス後の最高値で
    ある20950円を目指す展開が期待される。
    ただ、短期的な過熱感は強く、一端は調整が入りそうなところ、
    米株にしてもいつ調整があってもおかしくなく、加えてドル/円の
    円安方向への動きも一服となれば、日経平均もつられる可能性が
    あり、上値追いには慎重姿勢といったところ。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-05-09【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は4日ぶり小反落(15円安) 買い先行後にマイナス圏へ
    
    為替ドル/円が113円台前半まで円安に振れていたことを好感し、朝
    方は買いが先行した。
    ただ、日経平均は前日まで3連騰(前日は450円高)、年初来高値を
    更新した直後で、利益確定売りや戻り売りが出やすいところにあ
    ったことから、マイナス圏に沈んだ。
    しかし、下値も限定されており、売り込む動きは見られなかっ
    た。
    
    日経平均前場終値は-15.72円の19879.98円。
    
    東証1部の出来高は9億4240万株、
    売買代金は1兆1667億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり906銘柄、値下がり940銘柄、
    変わらず169銘柄。
    
    業種別では値上がりが13業種、値下がりが20業種。
    値上がりは石油・石炭、空運、金属製品など。
    値下がりトップは鉄鋼、海運、非鉄金属。
    
    
    後場の見通し
    
    ここまで急ピッチで上昇してきた日経平均は、とりあえず買いが
    一巡したと見られる。節目20000円を突破するには新たな材料が必
    要といったところ。
    そんななか、後場は海外勢の買いが入ってくるかどうかにかかっ
    てきそうだ。為替ドル/円も113円台に乗せてからは、一段と
    円安に振れる動きは見られていないなか、どちらかといえば、戻
    り売り、利益確定売りにおされる展開となりそうだ。
    
    
    
  • 2017-05-09【東京市場見通し】

    買い先行 欧米株は小動きもドル/円の円安進行を追い風に
    
    前日の欧米株は小動き。仏大統領選結果を好感する動きは限定的
    だった。
    ただ、米株は利益確定売りをこなし僅かながら主要3指数ともにプ
    ラス圏で終了し堅調だったといえる。
    為替ドル/円も、円安方向への動きが続いており、113円台を回復。
    日本株は円安進行を好感し買いが先行する見通し。
    日経平均は19900円近辺でのスタート。ドル/円の円安方向への動き
    が継続されれば、節目20000円を試す場面も見られそうだ。
    価格帯別出来高が特に積み上がっていた19400-19500円どころを上
    抜けて、20400-20700円辺りまでは出来高が薄い、節目20000円を
    上抜ければ、この水準までは上昇しやすいと見られる。
    ただ、一方で直近の上昇により、短期的な過熱感は強く、上昇ピ
    ッチは鈍化、もしくは一端調整が入ってもおかしくないところに
    はある。
    
    日経平均予想レンジは19750-20050円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1220万株、買い1610万株、
    差し引き390万株の買い越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が113円台前半での推移。
    (8日終値112.55-56円)
    
    現在、ユーロ/円が123円台後半での推移。
    (8日終値122.31-35円)
    
    
    8日の米株市場は休場
    
    小幅に続伸。
    手掛かり材料に乏しく、主要指数は前日終値を挟んでのもみあい
    となった。利益確定売りが出ているものの、それを吸収する動き
    も見られ、比較的堅調な展開、僅かながらプラス圏で終了した。
    S&P500とNASDAQは取引時間中と終値で史上最高値を更新。
    NYダウは+5.34の21012.2、
    S&P500は+0.09の2399.38、
    NASDAQは+1.90の6102.66。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-08【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ベネワン<2412> 決算発表。
    終値3580円(前日比+180円+5.29%)
    17年3月期の連結経常利益は57.2億円(前期比32.8%増)。18年3月期
    も前期比21.4%増の69.5億円(7期連続過去最高益更新見通し)。
    前期年間配当を43円から48円増額、今期も前期比9円増の57円に増
    配へ。
    
    内外テック<3374> 業績・配当修正発表。
    終値2496円(前日比+204円+8.90%)
    17年3月期の連結経常利益を従来予想6億円から8.4億円に上方修
    正。期末一括配当を従来計画10円から20円に。
    
    MARUWA<5344> 決算発表。
    終値4300円(前日比+195円+4.75%)
    17年3月期の連結経常利益は49.7億円(前期比34.5%増)。18年3月期
    も前期比9.5%増の54.5億円(2期連続過去最高益更新見通し)。
    
    ホトニクス<6965> 決算発表。
    終値3460円(前日比+135円+4.06%)
    17年9月期第2四半期累計(16年10月-17年3月)の連結経常利益は119
    億円(前年同期比7.1%増)。通期の同利益を従来予想196億円から
    225億円に上方修正。
    
    レック<7874> 決算発表。
    終値2361円(前日比+89円+3.91%)
    17年3月期の連結経常利益は32.5億円(前期比5.1倍)と従来予想30
    億円を上回っての着地。18年3月期も前期比7.8%増の38億円(2期連
    続過去最高益更新見通し)。
    
    SOMPOHD<8630> 業績修正発表。
    終値4426円(前日比+154円+3.60%)
    17年3月期の連結経常利益を従来予想2060億円から2410億円に上方
    修正。
    
    ピックアップ
    川田TECH<3443> 業績修正発表。
    終値7490円(前日比+320円+4.46%)
    17年3月期の連結経常利益を従来予想73億円→87億円に上方修正。
    直近の株価は週足移動平均線チャートにおいて、13週線(7329円)
    や26週線(7384円)を回復。上方修正を受けて、上値を伸ばす展開
    に期待がかかる。
    
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-08【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 田辺工業<1828>、
    一時S ASJ<2351>、
    S ケアサービス<2425>、
    S ほぼ日<3560>、
    一時S 鉱研工業<6297>、
    S ニューテック<6734>、
    S 栄電子<7567>、
    S プラッツ<7813>、
    S アイエスビー<9702>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S アピクヤマダ<6300>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    エディア<3935> 3日大幅続伸。
    終値2428円(前日比+425円+21.21%)
    日足一目均衡表の雲(2212円)突破。
    200日移動平均線(2114円)超え。
    
    EPS<4282> 大幅反発。
    終値1672円(前日比+157円+10.36%)
    5/2決算好感、年初来高値更新。
    日足一目均衡表の雲(1561円)突破。
    
    ピックアップ
    アダストリア<2685> 3日大幅続伸。
    終値2986円(前日比+177円+6.30%)
    2日の取引終了後に発表された4月度の国内月次売上高の結果を
    好感。(既存店売上高は前年同月比6.4%増(7ヶ月連続前年実績上
    回り))。
    テクニカル面では、上値抵抗と意識されていた200日移動平均
    線(2830円)や75日移動平均線(2879円)などを上抜けた。
    続き、日足一目均衡表の雲(3028円)を突破する動きが見られ
    れば、一段高が期待される。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-08【東京市場概況】

    日経平均は大幅3日続伸(450円高) 全面高商状 売買代金今年最大
    
    円安進行や欧米株高などを背景に戻りを試す展開が継続、一日を
    通して買い優勢の展開となり、日経平均は年初来高値を更新、
    2015年12月3月以来、1年5ヶ月ぶりの水準を回復した。
    東証1部銘柄の93%、東証33業種全てが値上がりする全面高商状、
    東証1部売買代金も3兆円を超え今年最大となった。
    
    日経平均終値は+450.00円の19895.70円。
    
    東証1部の出来高は24億808万株。
    売買代金は3兆4434億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1875銘柄、値下がり108銘柄、
    変わらず32銘柄。
    
    業種別では全33業種が上昇。
    値上がりトップは空運、化学、鉱業。
    
    日経平均は年初来高値をあっささりと更新し、一時19900円台を回
    復、節目20000円が意識される水準まで上昇してきた。
    ただ、25日移動平均線との乖離率が5%、その他RSIやストキャステ
    ィクスなどテクニカル面では短期的な過熱感が意識されており、
    ここからの上値は重そうで、20000円超えにもたつくようだと、売
    り圧力は強まると思われる。
    決算が集中する今週、発表される企業業績がカギを握りそうだ。
    また、為替ドル/円の次第のところも強い。米FOMCや米雇用統計な
    どを受けて、円安方向への動きと強まってきているが、テクニカ
    ル面では、日足一目均衡表で雲突破となるかなど節目に差し掛か
    ってきている。
    日経平均が20000円回復、一段高へと向かうにドル/円の動向もカギ
    を握りそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-05-08【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は3日大幅続伸(349円高) 年初来高値更新
    
    先週末5日に発表された4月米雇用統計の結果を受けて米株高、
    円安が進行。フランス大統領選の決選投票では中道系独立候補
    のマクロン氏が勝利。
    日本株はこれら好材料を受けて買いが先行、その後も高値圏で
    の推移が続いた。
    日経平均は3/2に付けた取引時間中の年初来高値19668.01円を
    更新、昨年12/18以来の高値水準まで上昇している。
    
    日経平均前場終値は+349.49円の19795.19円。
    
    東証1部の出来高は11億8206万株、
    売買代金は1兆6293億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1835銘柄、値下がり128銘柄、
    変わらず51銘柄。
    
    業種別では全33業種が上昇。
    値上がりトップは鉱業、空運、保険。
    
    
    後場の見通し
    
    大型連休前に警戒された海外イベントは無難に通過し買い優勢。
    東証1部の売買代金も前場終わり時点で1.6兆円と活況。米経済
    の減速懸念が和らいだことに加え、欧州政治リスクも後退して
    海外勢の資金を呼び込んだと見られる。
    日経平均は目先、20000円を捉えにいく動きが期待されるところ。
    ただ、急ピッチな上昇で短期的な過熱感は強く、一端調整が入
    ってもおかしくはない。
    今週は決算発表がピークとなることから決算を見極めたいとの
    向きも強まりやすい、後場はやや上値の重い展開か。
    
    
  • 2017-05-08【東京市場見通し】

    買い優勢の展開 米雇用統計、仏大統領選の結果を好感
    
    先週末5日発表された米雇用統計が良好な内容、また、仏大統
    領選の決選投票では、大方の見方通り、中道のマクロン氏の
    勝利が伝わっている。
    東京市場の連休中に懸念されていたイベントは総じて好材料
    視されそうだ。
    米株ではNYダウが21000ドル台に乗せ、為替ドル/円も円安方向
    にあり、今現在は112円台後半での推移。
    そうした中、日本株は買い優勢の展開となりそうだ。
    日経平均は節目19500円を難なく上回る見込みであり、
    初動で3/2につけた19668円を上回るようなら、先高期待は一
    段と強まりやすいところ。
    ただ、高寄り後はもみ合いも予想される。8日から12日まで
    に1950社超の企業決算を予定。決算ピークの中で模様眺めム
    ードが強まる可能性がある。
    また、日経平均は4/17年初来安値を付けて以降、急ピッチな
    戻り相場に入り、短期的には過熱感も高い。
    
    日経平均予想レンジは19600-19850円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1270万株、買い1410万株、
    差し引き140万株の買い越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が112円台後半での推移。
    (先週2日終値112.16-18円)
    
    現在、ユーロ/円が123円台後半での推移。
    (先週2日終値122.34-38円)
    
    
    先週末5日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって上昇。NYダウは3/3以来の21000ドル回復、
    NASDAQは3日ぶりに史上最高値を更新した。
    発表された4月雇用統計で非農業部門の雇用者数が21万1000人と
    市場予想平均(19万人増)を上回り、失業率も4.4%と市場予想平
    均(4.6%)よりも良かったことなどが好感された。
    NYダウは+55.47の21006.94、
    S&P500は+9.77の2399.29、
    NASDAQは+25.42の6100.76。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-02【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    EPS<4282> 決算発表。
    終値1515円(前日比-6円-0.39%)
    17年9月期第2四半期累計(16年10月-17年3月)の連結経常利益
    は47.7億円。、事前の会社側の予想値32億円を上回り。
    
    ジャムコ<7408> 業績修正発表。
    終値2664円(前日比-9円-0.33%)
    17年3月期の連結経常利益を従来予想5億円から12.8億円に上方
    修正。
    
    長瀬産<8012> 決算発表。
    終値1659円(前日比+24円+1.46%)
    17年3月期の連結経常利益は163億円(前期比11%減)も18年3月期
    は前期比27.7%増の209億円に拡大する見通し。
    
    三愛石<8097> 業績修正発表。
    終値966円(前日比+13円+1.36%)
    17年3月期の連結経常利益を従来予想83億円から98億円に上方
    修正。
    
    ベネッセHD<9783> 業績修正発表。
    終値3395円(前日比+35円+1.04%)
    17年3月期の連結経常利益を従来予想45億円から55.4億円に上方
    修正。
    
    ピックアップ
    JUKI<6440> 決算発表。
    終値1380円(前日比+62円+4.70%)
    17年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益は22.4億円(前年同
    期比2.7倍)。
    非開示だった1-6月期(上期)の業績予想は連結経常利益が28億
    円(前年同期比4.6倍に拡大する見通し)。
    株価は本日に日足一目均衡表の雲(上限1357円)突破。テクニカ
    ル面でも一段高が期待される形状となっている。
    
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-02【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S アップル<2788>、
    S GMO-PG<3769>、
    S イメージ情報<3803>、
    S 島精機<6222>、
    S 明治機<6334>、
    S ニューテック<6734>、
    一時S UEX<9888>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    三井海洋<6269> 大幅反発。
    終値2552円(前日比+208円+8.87%)
    前日(1日)の決算発表を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限2360円)突破。
    
    ピックアップ
    ヤマハ<7951> 大幅続伸。
    終値3630円(前日比+535円+17.28%)
    前日発表17年3月期の決算発表を好感(営業利益は前期比8.9%の44
    3億円と従来予想420億円を上振れて着地)。
    テクニカル面では、日足一目均衡表の雲(上限3277円)突破。
    また、長らく上値抵抗と意識されていた200日移動平均線(3269円
    )を超えた。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-02【東京市場概況】

    日経平均は続伸(135円高) 好業績株物色根強く堅調な展開
    
    朝方から好業績株物色を支えに堅調な展開。日経平均は153.78円
    高となり、19464.30円まで値を上げる場面が見られた。
    その後、明日からの大型連休を控えて、売り買い交錯したが、高
    値圏での推移は続き、しっかりとした展開となった。
    為替ドル/円が112円台まで円安が進行したことやトランプ米大統領
    が米朝首脳会談の可能性に含みを持たせたことで、地政学リスク
    が和らぎ、買い安心材料となった。
    
    日経平均終値は+135.18円の19445.70円。
    
    東証1部の出来高は18億6294万株、
    売買代金は2兆2656億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1487銘柄、値下がり436銘柄、
    変わらず93銘柄。
    
    業種別では値上がりが30業種、値下がりが1業種。
    値上がりトップは不動産、石油・石炭、証券・商品。
    値下がりは海運のみ。
    
    好業績株物色が根強く、連休明けも海外市場で波乱が無ければ上
    方向へのトレンドを強める展開が期待される。
    日経平均は19500円どころを上抜ければ、20000円を意識した展開
    が期待される。
    ただ、2-3日に開催される米FOMC、5日の米4月雇用統計、7日の仏
    大統領選決選投票とイベントを多く控えており、休み中に相場環
    境が急転する可能性はある。
    また、短期的な過熱感を示す指標も多くなってきてり、一端調整
    入りを警戒しておきたいところでもある。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-05-02【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続伸(135円高) 19400円台回復
    
    朝方から買いが先行。円安基調あったドル/円の動向などを後押
    しに、日経平均は続伸し19400円台を回復。国内企業の堅調な業
    績予想も引き続き評価された。
    買い一巡後は、大型連休を控えて利益確定売りに傾きつつあっ
    たが、下値は限定されて、しっかりとした展開となった。
    
    日経平均前場終値は+135.66円の19446.18円。
    
    東証1部の出来高は9億577万株、
    売買代金は1兆721億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1579銘柄、値下がり325銘柄、
    変わらず111銘柄。
    
    業種別では値上がりが32業種、値下がりが1業種。
    値上がりトップは不動産、証券・商品、ガラス・土石。
    値下がりは水産・農林のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    地政学・政治リスクが後退し、連休中には海外イベントを多く
    控えるが無難に乗り通過、連休明けも堅調な展開が続くとの見
    方が多く、先回り的な買いが入っているようだ。
    後場も終盤にかけては、ややポジション調整売りなどが出そう
    だが、しっかりとした展開が続きそうにある。
    とはいえ、19500前後はこれまで強く上値抵抗として意識された
    水準。
    また、直近の上昇により、短期的な過熱感を示す指標も多々見
    られる。一端調整がに入ってよく、上値追いには慎重姿勢とい
    ったところだろう。
    
    
  • 2017-05-02【東京市場見通し】

    しっかりとした展開 為替ドル/円の円安基調が追い風に
    
    前日に発表された米経済指標はさえない結果となり、NYダウは小
    幅に続落となもののハイテク株比率の高いNASDAQは反発し史上
    最高値を更新する動きとなった。
    また、為替ドル/円も大きな動きは無いものの、現在111円台後半
    での推移と円安基調にある。
    日本株は大型連休前、連休の間に海外イベントを控えており、
    手掛けにくさはあるものの、ここまでの海外市場の落ち着きな
    どを好感し、しっかりとした展開となりそうだ。
    ドル/円が112円台に乗せるような動きがあれば、一段と上方向へ
    の動きが強まる場面もありそうだ。
    日経平均は19400-19500円処を試す可能性があるものの、さすが
    にその水準では戻り売りにおされる見通し。
    
    日経平均予想レンジは19200-19450円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り470万株、買い660万株、
    差し引き190万株の買い越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が111円台後半での推移。
    (1日終値111.83-85円)
    
    現在、ユーロ/円が121円台後半での推移。
    (1日終値121.78-82円)
    
    
    1日の米株市場概況
    
    まちまち。NYダウは小幅に続落もS&P500小反発、NASDAQも反発
    した。
    発表された経済指標は総じて弱い結果(4月ISM製造業景況指数
    は54.8(市場予想平均56.5)なるなど)。
    結果を受けて、NYダウの動きはさえなかったものの、ハイテク
    株比率の高いNASDAQは堅調に推移し、取引時間中と終値での史
    上最高値を更新。
    NYダウは-27.05の20913.46、
    S&P500は+4.13の2388.33、
    NASDAQは+44.00の6091.60。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-01【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    CTC<4739> 決算発表。
    終値3360円(前日比+115円+3.54%)
    17年3月期の連結税引き前利益は313億円(前期比12.0%増)。
    18年3月期も前期比4.2%増の326億円に伸びる見込み。
    
    ポーラオルHD<4927> 決算発表。
    終値2633円(前日比+65円+2.53%)
    17年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益は89.5億円(前年同
    期比2.6倍)。
    通期の同利益を従来予想310億円から335億円に上方修正。
    
    島精機<6222> 決算発表。
    終値4105円(前日比+65円+1.60%)
    17年3月期の連結経常利益は100億円(前期比2.2倍)。従来予想80
    億円を上回っての着地に。
    18年3月期150億円に拡大する見通し。
    今期の年間配当は50円(前期比5円増)へ。
    
    京セラ<6971> 決算発表。
    終値6412円(前日比+102円+1.61%)
    17年3月期の連結税引き前利益は1378億円と前期比5.3%減となっ
    たが、18年3月期は前期比8.8%増の1500億円に伸びる見通し。
    前期年間配当を110円(10円増)、今期も110円継続へ。
    
    ロイヤルHD<8179> 決算発表。
    終値2211円(前日比+26円+1.18%)
    17年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益は9.7億円(前年同
    期比10.0%増)。
    
    ピックアップ
    渋谷工<6340> 業績修正発表。
    終値3010円(前日比+44円+1.48%)
    17年6月期の連結経常利益を従来予想64.5億円から84億円に上方
    修正。
    現在の株価は日足一目均衡表の雲上限(3099円)手前での推移。
    発表を好感し雲突破へと期待がかかる。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ボルテージ<3639> 
    終値1640円(前日比+105円+6.84%)
    チームドラマアプリ「アニドルカラーズ」 の事前登録を開始。
    配信開始は今夏を予定。
    
    
     ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-01【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め21銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S オプトHD<2389>、
    S ケアサービス<2425>、
    S アップル<2788>、
    S ペッパー<3053>、
    S シンデンハイ<3131>、
    S enish<3667>、
    一時S みんなのW<3685>、
    S タカギセイコ<4242>、
    S UMN<4585>、
    S セメダイン<4999>、
    一時S ナガオカ<6239>、
    S 野村マイクロ<6254>、
    一時S トリニ工<6382>、
    S 宇野鉄<6396>、
    S ニューテック<6734>、
    S 富士機工<7260>、
    S ショーワ<7274>、
    一時S TSテック<7313>、
    S 日本ライフL<7575>、
    一時S エヌジェイ<9421>、
    S UEX<9888>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    大阪チタ<5726> 大幅反発。
    終値1825円(前日比+191円+11.68%)
    28日発表の決算を好感。
    75日移動平均線(1751円)回復。
    日足一目均衡表の雲(1803円)突破。
    
    新電工<6967> 大幅続伸。
    終値868円(前日比+72円+9.04%)
    28日発表の決算を好感。
    日足一目均衡表の雲(797円)突破。
    
    ピックアップ
    大末建<1814> 大幅反発。
    終値1037円(前日比+85円+8.92%)
    先週末28日発表の決算が好感された(17年3月期の連結経常利益
    を従来予想29.5億円から41.6億円に41.0%上方修正)。
    テクニカル面では75日移動平均線(980円)や日足一目均衡表の
    雲(上限1014円)を上抜けており、一段高が期待される形状。
    
    ユニゾHD<3258> 大幅反発。
    終値3060円(前日比+217円+7.63%)
    先週末28日発表の決算が好感された(17年3月期の連結経常利益
    は98.2億円(前期比15.6%増)、18年3月期も前期比12.0%増の110
    億円に伸びを見込む)。
    テクニカル面では75日移動平均線(2974円)や200日移動平均
    線(3045円)を回復しており、中長期で上昇トレンド転換と期待
    される形状に。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録はこちら画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-01【東京市場概況】

    日経平均は反発(113円高) 好業績ハイテク株は指数をけん引き
    
    寄り付きこそ、外部環境の動きが乏かった中、売りが先行した
    ものの、先週末(28日)が企業決算前半戦のピーク、好決算を受
    けた銘柄へ買いが向かい、指数を押し上げた。
    とくに目立ったのが、ソニー<6758>、東京エレクトロン<8035>
    などのハイテク関連。
    米議会が歳出法案に暫定合意したとの報道を受けて円安・ドル
    高にフレたことも後押しとなった。
    日経平均は堅調な展開の中、19300円手前でやや上値の重さが意
    識されたものの、終盤に強含み、19300円に乗せて、この日の取
    引を終えた。
    
    日経平均終値は+113.78円の19310.52円。
    
    東証1部の出来高は17億6086万株、
    売買代金は2兆2177億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1337銘柄、値下がり571銘柄、
    変わらず108銘柄。
    
    業種別では値上がりが23業種、値下がりが10業種。
    値上がりトップは電気機器、ガラス・土石、卸売業。
    値下がりは空運、石油・石炭、海運など。
    
    連休の谷間にも関わらず東証1部の売買代金は2.2兆円と活況目
    安を超えてきた。好決算に素直に反応する流れとなっており、
    良好な地合いと言える。
    今晩の米4月ISM製造業景況指数が良好な結果となれば、明日
    も引き続き好地合いとなりそうだ。
    ただ、日経平均が19500円近辺まで戻す水準では戻り売り圧力が
    強まってくる。短期的な過熱感示す指標も出てきており、一段
    と上値を伸ばすのは簡単では無いだろう。
    東京市場が大型連休中、米国を中心に重要な経済指標の発表な
    どイベントを多く控えており、警戒感も残る。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
  • 2017-05-01【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反発(78円高) 好決算銘柄主導で買い優勢
    
    外部環境に大きな動きが無かったなか、利益確定売りが先行も
    直後に日経平均はプラスに転換。
    好決算銘柄を中心に買いが向かい、東京エレクトロンなどの上
    昇が指数を押し上げた。
    日経平均は一時19292.6円(95.94円高)まで上昇、その後も高値
    圏を維持し、前場の取引を終えている。
    
    日経平均前場終値は+78.25円の19274.99円。
    
    東証1部の出来高は9億1503万株、
    売買代金は1兆1396億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1068銘柄、値下がり777銘柄、
    変わらず170銘柄。
    
    業種別では値上がりが15業種、値下がりが18業種。
    値上がりトップは電気機器、保険、精密機器。
    値下がりトップは空運、石油・石炭、鉱業。
    
    
    後場の見通し
    
    連休の谷間にあるなか、東証1部の売買代金は前場終わり時点で、
    1.1兆円と活況。好業績のハイテク株に資金が向かった。
    発表される決算を好感する向きは強まってきているが、ここか
    ら、一段高へ向かうにには、米政策に加えて国内政策など日本独
    自の材料も必要となってくるところ。上方向へのトレンドが出た
    と見るには時期早々と考えられる。
    後場も好決算銘柄への物色は続きそうだが、上値は限定されそう
    だ。
    
    
    
     
  • 2017-05-01【東京市場見通し】

    連休谷間で方向感欠ける展開 決算発表うけた個別銘柄物色中心
    
    先週末の米株市場は発表された経済指標の結果や週末かつ月末
    の持ち高調整の売りが優勢だった。
    為替ドル/円は現在、111円台前半での推移と比較的落ち着いた動
    きとなったている。
    外部環境に大きな動きのないなか日本株は連休の谷間、市場参
    加者は少なく方向感に欠ける展開が予想される。
    また、北朝鮮を巡る軍事的緊張が改めて高まっていることから
    、様子姿勢が強まりやすい。
    物色は決算を受けた銘柄へ。先週末28日に企業決算前半線のピ
    ークだった、結果を手掛かりとした物色が中心となりそうだ。
    
    日経平均予想レンジは19100-19300円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り460万株、買い850万株、
    差し引き390万株の買い越し。
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が111円台前半での推移。
    (先週末28日終値111.28-29円)
    
    現在、ユーロ/円が121円台前半での推移。
    (先週末28日終値121.13-17円)
    
    先週末28日の米株市場概況
    
    小幅に反落。弱い1-3月期GDP(速報値は前期比+0.7%(予想+1.2
    %、前回発表値の+2.1%を下回り)や週末・月末の利益確定売りが
    重しとなった。
    NASDAQは一時取引時間中の史上最高値を更新も終値では小幅に
    下落した。
    NYダウは-40.82の20940.51、
    S&P500は-4.57の2384.20、
    NASDAQは-1.33の6047.61。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    登録は画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
                    
お気軽にお問い合わせください
  • お申込み
  • お問い合わせ
電話番号