• 2017-07-31【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    クオール<3034> 決算発表。
    終値1781円(前日比+4円+0.22%)
    上期経常を一転49%増益に上方修正。通期も増額。
    配当も2円増額。
    
    アエリア<3758> 業績修正発表。
    終値3240円(前日比+150円+4.85%)
    非開示だった17年12月期第2四半期累計(1-6月)の業績
    予想は連結経常利益14.8億円(前年同期比135倍)。
    
    星光PMC<4963> 業績修正発表。
    終値1258円(前日比-26円-2.02%)
    上期経常を一転13%増益に上方修正。
    
    弁護士コム<6027> 決算発表。
    終値1765円(前日比+64円+3.76%)
    4-6月期(1Q)経常81%増益着地。
    
    テクノプロHD<6028> 決算発表。
    終値4735円(前日比+20円+0.42%)
    今期税引き前は10%増。
    前期配当0.26円増額、今期0.21円増配へ。
    
    ナブデスコ<6268> 決算発表。
    終値3585円(前日比+5円+0.13%)
    今期税引き前を7%上方修正。配当12円増額。
    
    ピックアップ
    NEC<6701> 決算発表。
    終値300円(前日比+3円+1.01%)
    18年3月期第1四半期(4-6月)の連結税引き前損益は71.3億
    円の黒字に浮上して着地(前年同期は336億円赤字)。
    株価は25日移動平均線(295円)近辺で日柄調整中にあった。
    好決算を受けて上振れへと期待がかかる。
    
    新光商<8141> 決算発表。
    終値1440円(前日比-20円-1.36%)
    18年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は11.3億円(
    前年同期比3.2倍)。
    あわせて、4-9月期(上期)の同利益を従来予想12億円から
    17億円に上方修正。
    上期業績の好調に伴って、通期の同利益も従来予想25億
    円から30億円に上方修正した。
    また、自社株買いも発表(上限を200万株(発行済み株数の
    8.95%)、または36億円を上限)。
    株価は5日移動平均線(1449円)との乖離率が0.68%、25日
    移動平均線(1417円)と1.59%と過熱感無し。発表を受けて
    上昇、上方向へのトレンドを強めそうだ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    みらかHD<4544>
    終値5040円(前日比-20円-0.39%)
    アルツハイマー病と関係のあるTotal Tauを測定するルミパ
    ルス専用試薬「LUMIPULSE G Tatal Tau」を欧州で発売。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-31【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め6銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 佐藤渡辺<1807>、
    S アクセルM<3624>、
    S エルミック<4770>、
    S 神鋼線<5660>、
    一時S ニレコ<6863>、
    S トーイン<7923>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S 協栄産<6973>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    TIS<3626> 大幅反発。
    終値3335円(前日比+270円+8.80%)
    28日決算発表を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限3182円)突破。
    
    ダスキン<4665> 大幅反発。
    終値2995円(前日比+161円+5.68%)
    28日決算発表を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限2903円)突破。
    
    ウシオ電<6925> 大幅続伸。
    終値1551円(前日比+123円+8.61%)
    28日決算発表を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限1441円)突破。
    
    ピックアップ
    フジッコ<2908> 大幅上昇。
    終値2673円(前日比+96円+3.72%)
    28日に発表された決算を好感(18年3月期第1四半期(4-6月)
    の連結経常利益は12.6億円(前年同期比3.4%増)。
    テクニカル面ででは、日足一目均衡表の雲(上限2639円)を
    突破。週足一目均衡表においても、雲(上限2603円)突破と
    なるなど良好な形状。一段高が期待されるところ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
     
  • 2017-07-31【東京市場概況】

    日経平均は小幅続落(34円安) 個別物色の展開 指数は方向感変える
    
    国内の企業業績は総じて良好で、それら好業績銘柄には買いが
    向かっており、相場全体の雰囲気としては悪くない。ただ、日
    経平均など指数は方向感に欠ける展開。為替ドル/円の円高が重
    しとなっているほか、北朝鮮による地政学リスク、日米の政権
    運営に対する不透明感などが、上値を抑える要因となっている。
    日経平均は、プラス圏に浮上する場面も見られたが、終値では
    小幅に続落となった。
    
    日経平均終値は-34.66円の19925.18円。
    
    東証1部の出来高は23億3455万株、
    売買代金は2兆9067億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり685銘柄、値下がり1266銘柄、
    変わらず72銘柄。
    
    業種別では値上がりが14業種、値下がりが19業種。
    値上がりは鉄鋼、海運、バルブ・紙など。
    値下がりは食料品、電気・ガス、ゴム製品など。
    
    明日以降も個別物色の展開が続く見通し。決算を受けて好業績
    が確認された銘柄を中心に買いが向かう展開に変わりなし。
    ただ、日経平均も反転の可能性はある。移動平均線チャートで
    は、25日移動平均線(20066円)を割れる水準での推移と、目先の
    下押しが警戒される形状にあるが、オシレーター系指標のRSIや
    ストキャスティクスは売られすぎの水準に近づいてきている。
    買い戻しや押し目買いから切り返す可能性があるだろう。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-31【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅続落(13円安) 円高重しも好業績銘柄が下支え
    
    為替ドル/円が110円台半ばと円高方向にあることなどが、上値を
    おさえるいっぽうで、好業績銘柄が下値を支える展開となって
    いる。
    日経平均は前場を小幅続落で終えているが、一時はプラス圏に
    浮上する場面も見られた。
    
    日経平均前場終値は-13.52円の19946.32円。
    
    東証1部の出来高は9億5147万株、
    売買代金は1兆1665億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり652銘柄、値下がり1256銘柄、
    変わらず114銘柄。
    
    業種別では値上がりが14業種、値下がりが19業種。
    値上がりは14業種、値下がりが19業種。
    値上がりは鉄鋼、海運、医薬品など。
    値下がりはゴム製品、食料品、電気・ガスなど。
    
    
    後場の見通し
    
    前場の日経平均の値幅は90円程度にとどまった。後場も引き
    続き、こう着感の強い展開となりそうだ。物色も決算内容な
    どを材料とした個別対応が続く見通し。
    相場の雰囲気としては、新高値銘柄が連日100を超えるなど
    全体としては強い印象がある。
    日経平均の直近の下げも、調整の範囲内と見ておきたい。
    とはいえ、懸念材料が無いわけでもない。北朝鮮の地政学リ
    スクによる米中の行方のほか、日米の政権運営に対する不透
    明感などが手控え要因。また、週末には米雇用統計を控える
    など、積極的な売買は手控えられやすい。そういった状況の
    なか、弱気に傾きやすい面はあるだろう。
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
     
  • 2017-07-31【東京市場見通し】

    もみあい 日経平均は引き続き節目2万円どころでの攻防
    
    先週末の米株市場は高安まちまち。NYダウは続伸し連日で市場最
    高値を更新するいっぽうで、NASDAQなどは続落となった。
    為替ドル/円は弱めの米経済指標や北朝鮮のミサイル発射などを
    受けて円高方向。現在は110円台半ばでの推移となっている。
    米株は落ち着いた動きとなっているが円高が重し。日本株の上
    値をおさえる要因となりそうだ。
    ただ、決算ラッシュで、個別物色が中心となるなか、日経平均
    などの指数は極端に崩れることもないだろう。
    また、20000円を割れる場面では、押し目買いが入りやすい相場
    環境にある。
    週明けの本日は、先週と大きく相場環境は変わらず、日経平均
    は引き続き、節目20000円近辺で攻防となりそうだ。
    
    日経平均予想レンジは19900-20100円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1900万株、買い860万株、
    差し引き1040万株の売り越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が110円台半ばでの推移。
    (先週末28日終値111.10-12円)
    
    現在、ユーロ/円が130円どころでの推移。
    (先週末28日終値129.95-99円)
    
    
    先週末28日の米株市場概況。
    
    高安まちまち。NYダウは小幅に4日続伸し史上最高値を3日連続
    で更新。いっぽうでS&P500とNASDAQが小幅続落。
    前日に重しとなったテクノロジー株の下落は一服したが、ア
    マゾン・ドット・コムなど消費関連株の下落が、この日は相
    場の重しとなった。
    NYダウは+33.76の21830.31、
    S&P500は-3.32の2472.10、
    NASDAQはの-7.51の6374.68。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-28【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    新日鉄住<5401> 決算発表。
    終値2630円(前日比-16.5円-0.62%)
    非開示だった今期経常は72%増益、
    未定だった上期配当を25円に修正。
    
    神戸鋼<5406> 決算発表。
    終値1269円(前日比+8円+0.63%)
    上期経常を50%上方修正。通期も増額。
    未定だった上期配当を2期ぶり10円復配。
    
    島精機<6222> 決算発表。
    終値5750円(前日比-110円-1.87%)
    4-6月期(1Q)経常は4.2倍増益着地。
    
    シャープ<6753> 決算発表。
    終値397円(前日比-2円-0.50%)
    4-6月期(1Q)経常は黒字浮上で着地。
    
    NECキャピ<8793> 決算発表。
    終値1791円(前日比+18円+1.01%)
    上期経常2.2倍上方修正。通期も増額。
    
    ピックアップ
    大日住薬<4506> 決算発表。
    終値1488円(前日比+14円+0.94%)
    18年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は198億円
    (前年同期比56.4%増)。
    あわせて、4-9月期(上期)の同利益を従来予想265億円
    から410億円に方修正。
    上期業績の好調に伴って通期の同利益を従来予想の55
    0億円から650億円に上方修正。
    株価はここまで下降トレンドをたどっていたなか、直
    近は月足一目均衡表の雲上限(1449円)などを下値メド
    として意識、いっていの底堅さを示していた。
    決算受けてこの水準から切り返しす展開となりそうだ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    FRONTEO<2158>
    終値742円(前日比-15円-1.98%)
    人工知能による文章解析技術導入に向けた実証実験開始。
    
    積水化<4204>
    終値2065円(前日比-42円-1.99%)
    ウレタン製品製造会社の株式取得。
    
    住友鉱<5713>
    終値1638.5円(前日比+9.5円+0.58%)
    次電池用正極材料であるニッケル酸リチウムの生産設備
    の追加増強投資を行うと発表。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-28【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め10銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S プラマテルズ<2714>、
    一時S sMedio<3913>、
    S ダイトーケミ<4366>、
    S ピーエイ<4766>、
    S エルミック<4770>、
    一時S アサカ理研<5724>、
    一時S アップバンク<6177>、
    一時S アルパイン<6816>、
    一時S ニレコ<6863>、
    S JAFCO<8595>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め4銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S 山加電業<1789>、
    一時S シンワアート<2437>、
    S ドリコム<3793>、
    一時S 新光電工<6967>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    鳥居薬<4551> 大幅反発。
    終値3020円(前日比+324円+12.01%)
    前日の決算発表を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限2827円)突破。
    
    東光高岳<6617> 大幅続伸。
    終値1867円(前日比+104円+5.89%)
    前日の決算で悪材料出尽くしと反応。
    日足一目均衡表の雲(上限1812円)突破。
    
    ピックアップ
    ポーラオルHD<4927> 大幅続伸。
    終値3100円(前日比+166円+5.65%)
    前日(27日)の業績修正を好感(17年12月期第2四半期
    累計(1-6月)の連結経常利益を従来予想170億円から
    209億円に上方修正。
    通期の連結経常利益も従来予想335億円から365億円
    に上方修正。
    テクニカル面では、25日移動平均線(2969円)を回復。
    日足一目均衡表の雲(上限3019円)を突破。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
     
  • 2017-07-28【東京市場前場概況と来週の見通し】

    28日概況 日経平均は3日ぶり反落(119円安) 節目2万円割れ
    
    本日の日本株は売り優勢の展開となった。日経平均は3日ぶりの
    反落となり、同じく3日ぶりに節目20000円割れ。
    手掛かり材料に欠けたなか、ハイテク株の利益確定売りになど
    が重しとなった。
    また、週末要因や企業決算の決算発表が第一弾のピークの日と
    あって、様子見姿勢の面もあったようだ。
    その他、米株価指数先物安で、今晩の米株市場への警戒感が高
    まったことも重しとなった。
    本日は、新興株式市場も軟調。ジャスダックが8日ぶりに反落、
    マザーズは続落となった。
    
    日経平均終値は-119.80円の19959.84円。
    
    東証1部の出来高は20億2809万株、
    売買代金は2兆7735億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり807銘柄、値下がり1087銘柄、
    変わらず128銘柄。
    
    業種別では値上がりが15業種、値下がりが18業種。
    値上がりは電気・ガス、精密機器、食料品など。
    値下がりは証券・商品、その他製品、空運など。
    
    
    来週の見通し 良好な企業決算が下支え 日経平均は節目2万円
    近辺での値固め継続
    
    決算発表が相次くなか、決算内情事体は悪くないものの、市場
    の期待が高すぎた為に売られている銘柄も目立ってきている。
    ただ、それら銘柄も売りが一巡すれば値固め、切り返してくる
    だろう。
    また、本日に決算発表が第一弾のピークをむかえた。週明けは、
    発表された好決算銘柄や決算を通過した安心感のある銘柄など
    を中心に買われる展開となる見通し。それらが相場全体の下値
    を支えることになりそうだ。
    いっぽうで、米株や為替ドル/円の円高が警戒されている面も感
    じられる。1日に米7月ISM製造業景況指数と7月新車販売台数
    が発表される予定。結果を受けた動向が注視されるところ。
    また、来週末4日には、米雇用統計、トヨタ<7203>の決算発表を
    控える。週後半にかけては様子見姿勢が強まりそうだ。
    日経平均は米株や為替動向を警戒し、上値を抑えるいっぽうで、
    良好な日本企業の業績が下値を支える展開、引き続き、節目200
    00円近辺で値固めとなりそうだ。
    
    来週の日経平均予想レンジは19800-20300円。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-07-28【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落(85円安) 週末要因、決算発表ピーク前で買
    い入らず
    
    前場の日経平均は3日ぶりの反落、節目20000円を割れて、引け
    た。前日の米株市場が高安まちまちとなり、ハイテク株の下落
    が目立っていた。その流れから、東京市場でもハイテク株の下
    落が重しとなり、売り優勢の展開に。
    また、週末要因、引け後の決算発表ラッシュを前に、内容を見
    極めたいとのムードもあるようだ。
    
    日経平均前場終値は-85.10円の19994.54円。
    
    東証1部の出来高は9億2791万株、
    売買代金は1兆2041億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり766銘柄、値下がり1098銘柄、
    変わらず156銘柄。
    
    業種別では値上がりが14業種、値下がりが19業種。
    値上がりは精密機器、食料品、電気・ガスなど。
    値下がりは証券・商品、その他製品、バルブ・紙など。
    
    
    後場の見通し
    
    後場も引き続き、週末要因で積極的な売買は手控えらる見通し。
    また、決算発表が第一弾のピークとなるため、内容をを見極め
    たいとする様子見姿勢も続くだろう。
    とはいえ、ここまで発表されている国内企業の決算は良好とい
    える。為替ドル/円のしても、程よい水準での推移と見れるだろ
    う。ここから一段と売り込む流れにはなりにくい。
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
     
  • 2017-07-28【東京市場見通し】

    もみあい 円高や週末要因から上値重いも好業績銘柄が下支え
    
    前日の米株市場がまちまち。NYダウは連日で史上最高値を更新
    したものの、S&P500とハイテク比率の高いNASDAQは取引時間
    中の史上最高値を更新するも、終わりでは反落となった。米
    ハイテク株安が日本株の重しとなりそうだ。
    その他、週末要因もあり、積極的な売買は手控えられやすい。
    ただ、好決算銘柄への買い意欲が高まってきているなか、本
    日は決算発表の第1弾のピーク。これまで発表された好業績
    銘柄に加えて、取引時間中に発表される好決算銘柄なども相
    場全体の下値を支えることになりそうだ。また、先行きへの
    期待も強いだろう。
    そのため、日経平均は節目20000円どころで、引き続き、しっ
    かりとした展開が続く見通しにある。
    
    日経平均予想レンジは19950-20150円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1750万株、買い660万株、
    差し引き1090万株の売り越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が111円台前半での推移。
    (27日終値111.20-22円)
    
    現在、ユーロ/円が129円後半での推移。
    (27日終値130..35-39円)
    
    
    27日の米株市場概況。
    
    高安まちまち。NYダウは3日続伸となり、連日で史上最高値を更
    新。いっぽうでS&P500とNASDAQは取引時間中の史上最高値は更
    新したが売り優勢に傾き反落。S&P500は3日ぶりに、NASDAQは
    4日ぶりの反落。特にハイテク比率の高いNASDAQの下落が目立
    った。
    FOMC後、金融政策引き締めのペースが緩やかなものになるとの
    見方。また、好調な企業決算などが追い風となり、相場の雰囲
    気は良好だが、取引中盤にテクノロジー株には利益確定売りが
    強まった。
    NYダウは+85.54の21796.55、
    S&P500は-2.41の2475.42、
    NASDAQはの-40.56の6382.19。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-27【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    オムロン<6645> 決算発表。
    終値5210円(前日比+50円+0.96%)
    4-6月期(1Q)税引き前80%増益で着地。
    また、発行済み株式数(自社株を除く)の2.34%にあたる
    500万株(金額200億円)を上限に自社株買いを実施。
    
    キーエンス<6861> 決算発表。
    終値51500円(前日比+970円+1.91%)
    4-6月期(1Q)経常678億円で着地。
    
    エプソン<6724> 決算発表。
    終値2661円(前日比+42円+1.60%)
    今期税引き前を一転、13%増益に上方修正。
    
    TSテック<7313> 決算発表。
    終値3470円(前日比+70円+2.05%)
    4-6月期(1Q)税引き前82%増益で着地。
    
    ゴールドクレ<8871> 決算発表。
    終値2578円(前日比+49円+1.93%)
    4-6月期(1Q)経常9.2倍増益で着地。
    
    ピックアップ
    小糸製<7276> 決算発表。
    終値6030円(前日比+90円+1.51%)
    18年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は244億円
    (前年同期比45.3%増)。
    あわせて、通期の同利益を従来予想930億円から990億
    円に上方修正。
    また、4-9月期(上期)の同利益を従来予想430億円から
    に上方修正。
    現在、株価と5日移動平均線(5918円)との乖離率が1.8
    9%、25日移動平均線(5862円)とは2.85%と過熱感は高く
    ない。決算を受けて一段と上振れる展開へ。
    
    キャノン<7751> 決算発表。
    終値3822円(前日比+9円+0.23%)
    17年12月期第2四半期累計(1-6月)の連結税引き前利益は
    1775億円(前年同期比40.1%増)。
    あわせて、通期の同利益を従来予想2800億円から3400億
    円に上方修正。
    株価は現在、日足一目均衡表の雲内(3886-3662円)での
    推移。目先に雲突破から上昇トレンド転換へ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ピックアップ銘柄
    アルプス<6770>
    終値3250円(前日比+60円+1.88%)
    アルプス<6770>とアルパイン<6816>は両社の取締役会で
    経営統合することを決定したと発表。アルプス電気を株
    式交換完全親会社とし、アルパインを株式交換完全子会
    社とする株式交換を締結。
    また、発表されたアルプス<6770>の18年3月期第1四半期
    (4-6月)の連結経常利益は74.1億円(前年同期比2.3倍)。
    あわせて、-9月期(上期)の同利益を従来予想165億円か
    ら230億円に上方修正。
    通期の同利益も従来予想505億円から570億円に上方修正
    した。
    株価は本日に25日移動平均線(3210円)を回復となるなど
    良好な形状。一段高へと期待がかかる。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-27【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め14銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S シンワアート<2437>、
    S Vコマース<2491>、
    一時S メディア工房<3815>、
    S Sワイヤー<3929>、
    S 戸田工<4100>、
    S ピーエイ<4766>、
    S エルミック<4770>、
    一時S 日精線<5659>、
    一時S 協栄産<6973>、
    S 栄電子<7567>、
    一時S 黒田精<7726>、
    一時S 岡藤HD<8705>、
    S 杉村倉<9307>、
    一時S ショーエイ<9385>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    アカツキ<3932> 大幅3日続伸。
    終値9210円(前日比+740円+8.73%)
    25日移動平均線(8688円)回復。
    
    津田駒<6217> 大幅上昇。
    終値196円(前日比+8円+4.25%)
    日足一目均衡表の雲(上限191円)突破。
    
    ピックアップ銘柄
    カプコン<9697> 続伸。
    終値2672円(前日比+77円+2.96%)
    本日、ここまで上値抵抗として意識されていた25日
    移動平均線(2631円)を回復。
    次に、本日に上値抵抗と意識された面のある日足一
    目均衡表の雲上限(2690円)を超える動きが見らられ
    ば、一段と上方向へのトレンドが強まりそうだ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
     
  • 2017-07-27【東京市場概況】

    日経平均は小幅続伸(29円高) 後場に一時は126円高まで上昇も引
    けにかけては伸び悩み
    
    為替ドル/円が円高方向に振れていたことなどが嫌気され、朝方は
    売りが先行したものの、米株高や好業績銘柄への買いが下支えと
    なり、日経平均はプラス圏で、前場の取引を終えていた。
    後場には、先物主導で一段高となり、20176.39円(126.23円)まで
    上昇する場面も見られた。
    しかし、買いは続かず、引けにかけては上げ幅を縮小。終値では
    29円高にとどまった。
    
    日経平均終値は+29.48円の20079.64円。
    
    東証1部の出来高は18億3716万株、
    売買代金は2兆5460億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり991銘柄、値下がり884銘柄、
    変わらず140銘柄。
    
    業種別では値上がりが23業種、値下がりが10業種。
    値上がりトップはその他製品、精密機器、電気・ガス。
    値下がりは石油・石炭、海運、銀行など。
    
    日経平均は後場にもちあいレンジの上値を試す場面が見られたも
    のの、上抜け切れずに終わった。
    決算発表が進む中で、好業績銘柄への買いは向かっているが、全
    体を押し上げるまでは至っていない状況。
    そんななか、明日は決算発表の第1弾のピーク。ここまで、先回り
    的な売買は手控えられてきたが、決算発表後に買われる銘柄が目
    先に増えてくる見込み。
    そうなれば、煮詰まり感のある日経平均は、レンジを上抜け、上
    値を試す展開へと変わっていくだろう。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-27【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続伸(43円高) 売り先行後にプラス転換 好業績銘
    柄が下支えに
    
    朝方、米FOMCの結果を受けて、為替ドル/円が円高方向にあったこ
    となどから売りが先行した。
    しかし、米株市場は主要3指数そろって史上最高値を更新するなど
    堅調だったことや好業績銘柄の上昇が下支えとなったり、日経平
    均はマイナス圏からプラス圏に浮上。上値は限られているもの
    の、43円高で前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+43.25円の20093.41円。
    
    東証1部の出来高は8億6314万株、
    売買代金は1兆1499億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1166銘柄、値下がり665銘柄、
    変わらず183銘柄。
    
    業種別では値上がりが29業種、値下がりが4業種。
    値上がりトップはその他製品、不動産、空運。
    値下がりは銀行、海運、保険、卸売業のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均の下値は心理的な節目20000円で底堅くしっかり。ただ、
    上値は25日移動平均線(20081円)が抵抗線として意識されている
    面があり、こう着感は強いの展開。
    明日が企業決算発表の第1弾ピーク。それもあり、様子姿勢が強
    いのだろう。
    好業績を受けた銘柄への買いは向かっているが、決算発表前に
    先回り的な売買は手控えられている。後場も引き続き、こう着
    感の強い展開が続く見通し。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
     
  • 2017-07-27【東京市場見通し】

    もみあい 米株高を好感も円高重し 日経平均は2万円近辺での推移
    
    前日の米株市場は主要3指数そろって上昇し史上最高値もそろって
    更新。発表された企業決算がおおむね良好だったことが、好材料
    視された。
    いっぽうで為替ドル/円は、現在111円台前半での推移と円高方向に
    振れている。
    注目された米FOMCで、大方の市場予想通り政策金利は据え置き。
    声明文で資産縮小時期については前回の「年内」から「比較的早
    期」に変更し、従来よりも早まる見通しとなったものの、ハト派
    的と受け止められた向きが強く、米10年債利回りは低下、ドル
    安・円高が進んでいる。
    日本株は円高を嫌気し上値の重い展開が予想される。ただ、米株
    高や発表された好決算銘柄への買いが下値を支える見通し。
    日経平均は引き続き、節目20000円どころでの攻防となりそうだ。
    
    日経平均予想レンジは19950-20150円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り860万株、買い770万株、
    差し引き90万株の売り越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が111円台前半での推移。
    (26日終値111.83-85円)
    
    現在、ユーロ/円が130円台前半での推移。
    (26日終値130.05-09円)
    
    
    26日の米株市場概況。
    
    主要3指数そろって上昇。NYダウは続伸、NASDAQは3日続伸、S&P500
    もわずかながら続伸。3指数そろっての史上最高値更新となった。
    前日引け後や取引時間前に発表された企業決算がおおむね良好な
    結果だったことが好感された。
    注目された米FOMCの結果は、政策金利の据え置きを決定。声明文
    で資産縮小時期について、前回の「年内」から「比較的早期」に
    変更し、従来よりも早まる見通しが強まった。
    NYダウは+97.58の21711.01、
    S&P500は+0.70の2477.83、
    NASDAQはの+10.57の6422.75。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-26【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    Vコマース<2491> 決算発表。
    終値697円(前日比+10円+1.45%)
    上期経常84%増益で上振れ着地。
    
    東エレデバ<2760> 決算発表。
    終値1728円(前日比+35円+2.06%)
    上期経常67%上方修正。
    
    VOYAGE<3688> 決算発表。
    終値2784円(前日比-73円-2.55%)
    4-6月期(3Q)経常44%増益。今期配当5円増額修正。
    
    LINE<3938> 決算発表。
    終値3845円(前日比-45円-1.15%)
    上期税引き前59%増益で着地。4-6月期も2倍増益。
    
    日立国際<6756> 決算発表。
    終値2720円(前日比-6円-0.22%)
    上期税引き前88%上方修正。通期も増額。
    
    日バルカー<7995> 決算発表。
    終値2629円(前日比+64円+2.49%)
    上期経常35%上方修正。通期も増額。
    
    ピックアップ
    沖電線<5815> 決算発表。
    終値280円(前日比+18円+6.87%)
    18年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は3.3億円
    (前年同期比3.2倍)。
    あわせて、通期の同利益を従来予想6.1億円から8.8億
    円に上方修正。
    また、4-9月期(上期)の同利益を従来予想3.2億円から
    5.9億円に上方修正。
    業績好調に伴って今期の上期配当を従来計画の3円か
    ら5.5円に増額した。
    株価は本日に25日移動平均線(265円)を回復。同線と
    の乖離率は5.42%程度と、上値余地あり。
    好決算を受けて、年初来高値284円(7/3)更新から上
    方向へのトレンドを強める展開か。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    神戸物産<3038>
    終値5570円(前日比-100円-1.76%)
    6月既存店売上高は前年同月比4.0%増(2ヵ月連続で
    前年実績上回り)。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-26【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め11銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S シンワアート<2437>、
    S ユニネク<3566>、
    一時S 山喜<3598>、
    S 田中化研<4080>、
    S 日理化<4406>、
    S エルミック<4770>、
    S MARUWA<5344>、
    S テセック<6337>、
    S IIF<6545>、
    S 富士通コン<6719>、
    S 協栄産<6973>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    シーズHD<4924> 大幅上昇。
    終値4205円(前日比+100円+2.43%)
    25日移動平均線(4115円)回復。
    
    日新電<6641> 大幅6日続伸。
    終値1345円(前日比+75円+5.90%)
    前日発表の決算を好感。
    200日移動平均線(1305円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限1297円)突破。
    
    ピックアップ
    総合メディ<4775> 大幅3日続伸。
    終値5270円(前日比+325円+6.57%)
    前日発表の決算を好感し大幅3日続伸、上場来高値を更新した。
    (18年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は13.3億円(前年
    同期比21.0%増))。
    テクニカル面では日足一目均衡表の雲(上限4963円)を突破。
    
    グレイス<6541> 大幅3日続伸。
    終値6590円(前日比+320円+5.10%)
    前日、日足一目均衡表の雲(上限6263円)を突破。ただ、基準
    線(6325円)が上値抵抗と意識されていた。本日はその基準線
    も超えて、上方向へのトレンドを強めてきてる。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
     
  • 2017-07-26【東京市場概況】

    日経平均は4日ぶり反発(94円高) 終値で3日ぶり節目2万円を回復
    
    前日の米株高や為替ドル/円が円安方向にあったことなどが好感
    されて、朝方から買いが先行した。
    日経平均は、160円高まで上昇し、20100円台を付ける場面も見
    られた。
    しかし、高値圏では戻り待ちなどに押されて上げ幅を縮小。今
    晩に控える米FOMC声明発表の後に円高圧力が強まるとの警
    戒感などがあったようだ。
    とはいえ、日経平均は終値で3日ぶりに節目2万円を回復。東証1
    部の売買代金も4日ぶりに2兆円を上回った。
    
    日経平均終値は+94.46円の20050.16円。
    
    東証1部の出来高は17億2777万株、
    売買代金は2兆1965億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり952銘柄、値下がり939銘柄、
    変わらず133銘柄。
    
    業種別では値上がりが20業種、値下がりが13業種。
    値上がりトップは非鉄金属、鉄鋼、鉱業。
    値下がりは水産・農林、バルブ・紙、化学など。
    
    煮詰まり感のある日経平均は目先に上下どちらかに振れる可能性
    が高い。
    企業決算の本格化を前に、引き続き様子見姿勢となりやすい面は
    あるが、本日、節目20000円を回復して終えるなど雰囲気は悪くな
    い。今晩の米FOMCを無難に通過すれば、年初来高値20318.11円を
    試す展開から更新、上方向へのトレンドを強める展開も期待され
    るところ。
    新興市場は堅調。ジャスダックが6日続伸して新高値を付けたほ
    か、マザーズも続伸となった。引き続き、新興市場を中心とした
    中小型株への物色は続いている。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-26【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反発(93円高) 米株高、円安を好感 一巡後は伸び悩み
    
    前日の米株高、為替ドル/円が円安方向に振れたことなどが好感さ
    れ、日本株は朝方から買いが先行した。
    日経平均は一時、160円高となり、20100円台に乗せる場面も見ら
    れた。
    しかし、買い一巡後は伸び悩む展開。上げ幅を縮小して前場の取
    引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+93.42円の20048.62円。
    
    東証1部の出来高は8億7648万株、
    売買代金は1兆641億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり872銘柄、値下がり1002銘柄、
    変わらず143銘柄。
    
    業種別では値上がりが20業種、値下がりが13業種。
    値上がりトップは非鉄金属、証券・商品、鉱業。
    値下がりは水産・農林、空運、化学など。
    
    
    後場の見通し
    
    今晩の米FOMCの結果を見極めたいとの姿勢も見られ、買い一巡後
    は、伸び悩む展開となった。日経平均はこのところの19000-20100
    円のレンジを抜けきれず。
    後場も引き続き、日経平均の上値は限られる展開となりそうだ。
    その流れのなか、新興市場を中心とした中小型株のテーマ性の強
    い材料株。また、好業績銘柄などへ関心が強まりそうだ。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
     
  • 2017-07-26【東京市場見通し】

    買い先行 米株高、円安を好感 リスクオンムード高まるか
    
    前日の米株市場が上昇。NYダウは4日ぶり反発となり100ドル超えの
    上昇。S&P500とNASDAQは史上最高値更新した。
    米株高に加えて、為替ドル/円も円安方向に振れており、今現在は
    111円台後半での推移、112円をうかがう展開にある。
    本日の日本株は買い先行。日経平均はここ数日に上値抵抗と意識
    された節目20000円を超えてのスタートとなりそうだ。
    買い一巡後は、米FOMCの結果など重要イベントを前に様子見姿勢
    となりやすいところだが、直近にこう着感の強い動きが続いてい
    たなかでの上振れ、リスクオンムードが高まる可能性があるだろ
    う。
    ただ、日経平均が買い先行後に伸び悩む展開となっても、次は中
    小型株へシフト、一日を通して相場全体は良好な雰囲気となりそ
    うだ。
    
    日経平均予想レンジは20000-20200円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り670万株、買い1080万株、
    差し引き410万株の買い越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が111円台後半での推移。
    (25日終値111.19-22円)
    
    現在、ユーロ/円が130円台前半での推移。
    (25日終値129.56-60円)
    
    
    25日の米株市場概況。
    
    主要3指数そろって上昇。NYダウは4日ぶりに反発。S&P500とNASDAQ
    は史上最高値更新。
    発表され企業決算が総じて良好な結果に。キャタピラー、マクド
    ナルドなどが指数を押し上げた。
    また、金利上昇を受けて金融株が軒並み高。原油高を好感しエネ
    ルギー株もなども上昇した。
    NYダウは+100.26の21613.43、
    S&P500は+7.17の2477.08、
    NASDAQはの+1.37の6412.17。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-25【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    アサヒ<2502> 業績修正発表。
    終値4412円(前日比-7円-0.15%)
    17年12月期第2四半期累計(1-6月)の連結税引き前利益
    を従来予想490億円から636億円に上方修正。
    
    日新電<6641> 決算発表。
    終値1270円(前日比+24円+1.92%)
    18年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は38.8億円
    (前年同期比55.5%増)。
    
    KOA<6999> 決算発表。
    終値2363円(前日比+58円+2.51%)
    18年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は13.1億円
    (前年同期比2.5倍)。
    非開示だった4-9月期(上期)の業績予想は連結経常利益
    が26.4億円(前年同期比2.3倍)のに拡大する見通し。
    従来未定としていた今期の上期配当を15円に(下期配当
    は未定)。
    
    三菱自<7211> 決算発表。
    終値784円(前日比+2円+0.25%)
    18年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は290億円
    (前年同期比6.6倍)。
    
    ピックアップ
    信越化<4063> 決算発表。
    終値10495円(前日比+120円+1.15%)
    18年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は770億円
    (前年同期比33.2%増)。
    非開示だった通期の業績予想は連結経常利益は2800億
    円(前期比15.6%増)にに伸びる見通し。
    業績好調に伴って、従来未定としていた今期の上期配
    当を65円実施。また、下期配当も65円実施する方針に。
    年間配当は前期比10円増の130円に。
    株価は直近、4日続伸。本日には年初来高値を更新し
    ている。
    とはいえ、25日移動平均線(10140円)と乖離率は+3.5%
    程度、5日移動平均線(10326円)とも+1.6%程度と過熱
    感はさほどない。
    好決算を受けて上方向へのトレンドを強めそうだ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    フルスピード<2159>
    終値1130円(前日比+19円+1.71%)
    シンバス社が展開する海外向けソーシャルメディ
    アマーケティング事業を譲受。
    
    DyDo<2590>
    終値5430円(前日比-80円-1.45%)
    7月国内飲料事業の販売函数は前年同月比1.2%増
    (3ヵ月連続前年実績上回り)。
    
    クスリのアオキ<3549>
    終値5640円(前日比+60円+1.07%)
    7月既存店売上高は前年同月比5.0%増。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-25【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め6銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S ファステプ<2338>、
    S ASJ<2351>、
    S シンワアート<2437>、
    一時S ツナグS<6551>、
    S パルステック<6894>、
    S 協栄産<6973>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ソルクシーズ<4284> 大幅3日続伸。
    終値885円(前日比+86円+10.76%)
    前日(24日)に業績予想の上方修正を発表。
    日足一目均衡表の雲(上限846円)突破。
    
    あすか薬<4514> 反発。
    終値1708円(前日比+16円+0.94%)
    200日移動平均線(1708円)水準まで株価回復。
    
    ピックアップ
    オルトプラス<3672> 大幅3日続伸。
    終値1304円(前日比+58円+4.65%)
    直近、75日移動平均線(1113円)などを下値サポートに
    底堅さを示していたなか、本日に25日移動平均線(128
    0円)を回復。上方向へのトレンドを強めてきている。
    目先は本日に差し掛かった日足一目均衡表の雲(1250-
    1394円)を突破できるかが焦点。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
     
  • 2017-07-25【東京市場概況】

    日経平均は3日続落(20円安) イベント前で様子姿勢の強い展開
    
    朝方はやや買い優勢の展開となった。為替ドル/円が円高一服と
    なっていたことなどが好感されたもよう。日経平均は一時、節
    目20000円を回復する場面が見られた。
    しかし、本日からの米FOMCや国内企業の決算発表が本格化する
    前で様子見姿勢は強く買いは続かなかった。
    日経平均はマイナス圏で前場の取引を終えると、後場も方向感
    に欠ける展開が続き、小安い水準で本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は-20.47円の19955.20円。
    
    東証1部の出来高は14億9756万株、
    売買代金は1兆8865億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり593銘柄、値下がり1297銘柄、
    変わらず134銘柄。
    
    業種別では値上がりが6業種、値下がりが27業種。
    値上がりは石油・石炭、転送用機器、非鉄金属など。
    値下がりトップはバルブ・紙、その他製品、空運。
    
    国内では大きな材料がなく米FOMCを前に動きにくい局面に
    ある。
    ただ、全体としては方向感に欠けたものの、日経平均が節目20
    000円を割れる水準では、押し目買いを入れる目安として意識
    されている面もあり、いっていの底堅さを示している。
    また、全体を持ち上げるまではいかいないもの好業績銘柄など
    へは買いが向かっている。
    加えて、新興株式市場は堅調。ジャスダックは5日続伸となり、
    連日で年初来高値を更新。マザーズも本日は反発となるなど、
    値動きの良い銘柄が引き続き活況にある。
    引き続き、好業績銘柄や新興市場を中心とした中小型株、テー
    マ性のある材料株などへの買いは継続されそうだ。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-25【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅に続落(25円安) 一時節目2万円回復維持できず
    
    朝方は前日の米株市場がまちまちとなるなか、為替ドル/円が円高
    一服となっていたことなどを受けて買いが先行した。
    日経平均は一時、60円高となり節目20000円を回復する場面も見ら
    れていた。
    しかし、米連FOMCや国内企業の決算発表本格化を前に様子見
    姿勢、買いは続かず、小安い水準で前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-25.56円の719950.11円。
    
    東証1部の出来高は8億212万株、
    売買代金は9004億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり542銘柄、値下がり1344銘柄、
    変わらず137銘柄。
    
    業種別では値上がりが4業種、値下がりが29業種。
    値上がりは石油・石炭、証券・商品、転送用機器など。
    値下がりトップはバルブ・紙、空運、水産・農林。
    
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均はマイナス圏で前場の取引を終えた。大型株はさえない
    展開にあるが、小型株は引き続き強いといえる。新興市場もマザ
    ーズ、ジャスダックともにプラス圏で引けており、相場全体とし
    ては、悪くない動き。
    後場、日銀のETF買い入れ期待が下支えとなり、日経平均は引き続
    き、節目20000円前後で底堅さを示すだろう。
    っとなると変わらず、中小型株やテーマ性のある材料株への物色
    は向かいやすく、前場同様に相場全体の雰囲気としえは悪くない
    流れとなりそうだ。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
     
  • 2017-07-25【東京市場見通し】

    外部環境に大きな動きないなか日経平均は自律反発の流れか  
    
    前日の米株市場は高安まちまち。NYダウは続落もハイテク比率の
    高いNASDAQは反発している。
    為替ドル/円は円高一服の流れにあり、現在は111円台前半での
    推移。
    米株は主要企業の決算発表などを控えて、様子姿勢が強く、特
    段大きな動きはなかった。
    為替ドル/円も、円高一服の流れにはあるものの、一段の円高へ
    の警戒感は残る。
    本日の日本株は、米株市場同様に方向感に欠ける展開が予想さ
    れる。
    ただ、前日に日経平均は日足一目均衡表の雲上限(19899円)で
    底堅さを示しており、自律反発の動きが見られそうだ。
    
    日経平均予想レンジは19850-20050円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り860万株、買い880万株、
    差し引き20万株の買い越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が111円台前半での推移。
    (24日終値110.81-82円)
    
    現在、ユーロ/円が129円台半ばでの推移。
    (24日終値128.97-129.01円)
    
    
    24日の米株市場概況。
    
    高安まちまち。NYダウとS&P500が3日続落となったいっぽうで、
    NASDAQは反発。
    翌日以降に主要企業(フェイスブック、アマゾン、キャタピラ
    ー、コカ・コーラ、ボーイングなどの)決算発表や26日のFOMC
    結果公表を控えるなか様子姿勢の強いなか、ハイテク比率の
    高いNASDAQは堅調な推移となった。
    NYダウは-66.90の21513.17、
    S&P500は-2.63の2469.91、
    NASDAQはの+23.05の6410.81。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-24【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    信越ポリ<7970> 決算発表。
    終値955円(前日比+33円+3.57%)
    18年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は18.4億円(前年
    同期比54.3%増)。
    非開示だった通期の業績予想は連結経常利益が68億円(前期
    比14.6%増)に伸びる見通しに。
    非開示だった4-9月期(上期)の業績予想は連結経常利益が36
    億円(前年同期比24.2%増)に見通しに。
    業績好調に伴って従来未定としていた今期の上期配当を6円
    実施。従来未定としていた下期配当も6円実施する方針とし、
    年間配当は12円へ。
    
    ピックアップ
    キリンHD<2503> 業績修正発表。
    終値2435.5円(前日比+3.5円+0.14%)
    17年12月期第2四半期累計(1-6月)の連結営業利益を従来予
    想550億円から790億円に上方修正(通期の営業利益は従来
    予想1460億円を据え置き)。
    株価は日足一目均衡表の雲上限(2449円)近辺での推移。
    発表を好感し雲突破、一段高へと期待がかかる。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    テラ<2191>
    終値568円(前日比-4円+0.69%)
    子会社テラファーマが、京浜臨海部ライフイノベーション
    国際戦略総合特区において、神奈川県から「指定法人」と
    して指定されたと発表。
    
    DWTI<4576>
    終値604円(前日比+25円+4.31%)
    同社創製品で緑内障治療剤として開発を進めている「H-1
    129」に関して、医薬品事業会社と共同研究契約を締結し
    たと発表(同研究の詳細および事業会社の社名は非開示)。
    
    ピックアップ
    ニトリHD<9843>
    終値14960円(前日比+200円+1.35%)
    7月度(6/21~7/20)の国内売上高を発表。既存店売上高は前
    年同月比9.2%増(2ヵ月ぶりに前年実績を上回り)。
    株価は6/6の年初来高値(17300円)を付けて以降は調整。週足
    一目均衡表の基準線(1475円)近辺まで値を落としていた。
    ただ、直近は、同線を下値サポートに底堅く推移し、値固め
    の展開となっていた。
    発表を好感し、この水準からの切り返しに期待したいところ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-24【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ヒップ<2136>、
    S ソーバル<2186>、
    S ファステプ<2338>、
    S シンワアート<2437>、
    一時S グローバル社<3271>、
    一時S ビーマップ<4316>、
    S メディアS<4824>、
    一時S クロスフォー<7810>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    物語コーポ<3097> 大幅続伸。
    終値5840円(前日比+350円+6.37%)
    25日移動平均線(5691円)回復。
    
    ホットランド<3196> 大幅3日続伸。
    終値1498円(前日比+53円+3.66%)
    25日移動平均線(1459円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限1471円)突破。
    
    DWTI<4576> 大幅続伸。
    終値604円(前日比+25円+4.31%)
    日足一目均衡表の雲上限(582円)突破。
    
    タツモ<6266> 大幅続伸。
    終値2360円(前日比+89円+3.91%)
    25日移動平均線(2293円)回復。
    
    ピックアップ
    ケネディクス<4321> 大幅4日続伸。
    終値570円(前日比+17円+3.07%)
    先週末(21日)に投資および助言の提供を行う私募不動産
    ファンドが保有する共同住宅3棟について、DBJ Green B
    uilding認証を取得したと発表。
    発表好感した買いも向かい、大幅に4日続伸。テクニカ
    ル面では、日足一目均衡表の雲(上限567円)を突破する
    など良好な形状。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
     
  • 2017-07-24【東京市場概況】

    日経平均は続落(124円安) 終値で4日ぶりに2万円割れ
    
    朝方から売りが先行。先週末の米株安や為替ドル/円が110円台
    後半での推移となるなど円高方向に振れていたことなどが嫌
    気された。
    日経平均は一時、200円近くの下落となり、19900円近辺まで、
    値を下げる場面が前場に見られた。
    しかし、その水準でいっていの底堅さを示して、前場を終え
    ると後場も底堅さを維持。
    とはいえ、日米の政治情勢の不透明感などが意識され、戻り
    も限定的。終値で4日ぶりに節目20000円を割れた。
    
    日経平均終値は-124.08円の19975.67円。
    
    東証1部の出来高は15億6143万株、
    売買代金は1兆9163億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1062銘柄、値下がり812銘柄、
    変わらず151銘柄。
    
    業種別では値上がりが3業種、値下がりが30業種。
    値上がりは繊維製品、小売り、不動産のみ。
    値下がりトップはゴム製品、その他製品、保険。
    
    日経平均は節目20000円を割れて本日の取引を終えるなど、
    マイナス面も見受けれるが、先週に好決算を発表した安川
    電<6506>が連日で上昇するなど、買いが向かっている銘柄
    も見られ、相場全体としては、それほど悲観的な雰囲気は
    ない。
    日経平均にしても、日足一目均衡表の雲上限(19899円)水
    準で底堅さを示した。
    懸念材料としては、米国で先週末にスパイサー大統領報道
    官が辞任を表明、トランプ米政権の混迷ぶりが意識されて
    いる。
    また、日本国内では学校法人「加計学園」の獣医学部新設
    計画を巡る問題、24日の衆議院予算委員会で閉会中審査が
    行われる。
    日米の政治情勢の不透明感が意識され、見送りムード面も
    あるが、引き続き、業績相場で日経平均は上値を試す可能
    性は十分にあるだろう。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-24【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続落(172円安) 円高重しに節目2万円割れ
    
    先週末の米株が軟調だったことや為替ドル/円が110円台後半での推
    移と円高方向に振れていることが重しとなり、日本株は売り優勢
    の展開となった。
    日経平均は一時、200円近くの下落となり、19900円近辺まで、値
    を下げる場面が見られた。その水準では下げ渋っているものの、
    安値圏での推移が続き、前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-172.46円の19927.29円。
    
    東証1部の出来高は7億7006万株、
    売買代金は8899億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり573銘柄、値下がり1298銘柄、
    変わらず153銘柄。
    
    業種別では値上がりが2業種、値下がりが31業種。
    値上がりは繊維製品、鉄鋼のみ。
    値下がりトップは保険、その他製品、ゴム製品。
    
    
    後場の見通し
    
    売り先行後、下げ渋る動きも見られているが、日米の政治リスク
    の高まりなどが意識され、戻り鈍く上値は重い展開。
    今後発表される企業決算への期待を考えると売られ過ぎの印象を
    受ける。銘柄によっては押し目買いチャンスとなりそうだ。
    日経平均にしても、日足一目均衡表の雲上限(19899円)近辺で下げ
    止まっているかっこう。後場もこの水準で底堅さを示しそうだ。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
     
  • 2017-07-24【東京市場見通し】

    売り優勢の展開 米国政治要因からの円高を嫌気
    
    先週末の米株市場は主要3指数そろって下落。米国でロシアゲート
    への警戒が強まったことが重しとなった。為替ドル/円も円高方向
    に振れて現在は111円台前半での推移。
    米株安、円高を受けて、本日の日本株は売り先行の見通し。
    日経平均は節目20000円の攻防。売りが先行する見通しだが、決算
    発表の本格化を前に下値を売る動きも出にくいだろう。
    テクニカル面では日足一目均衡表の雲上限(19900円近辺)が下支え
    となる見込み。
    
    日経平均予想レンジは19900-20050円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り550万株、買い770万株、
    差し引き220万株の買い越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が111円台前半での推移。
    (先週末22日終値111.74-75円)
    
    現在、ユーロ/円が129円台後半での推移。
    (先週末22日終値130.05-09円)
    
    
    先週末22日の米株市場概況。
    
    主要3指数そろって下落。NYダウは小幅に続落、NASDAQはわずかに
    11日ぶりの反落と、S&P500もわずかに続落となった。
    トランプ大統領のロシアゲート疑惑への警戒感が強まったほか、
    ゼネラル・エレクトリックが決算発表を受けて、下落したことも
    重しとなった。
    NYダウは-31.71の21580.07、
    S&P500は-0.91の2472.54、
    NASDAQはの-2.25の6387.75。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-21【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ジャフコ<8595> 決算発表。
    終値4705円(前日比+105円+2.28%)
    18年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は70.6億円
    (前年同期比2.5倍)。
    
    ピックアップ
    カゴメ<2811> 業績・配当修正発表。
    終値3380円(前日比+5円+0.14%)
    17年12月期第2四半期累計(1-6月)の連結経常利益を従来予想
    53億円から66億円に上方修正。
    上期業績の好調に伴い、通期の連結経常利益も従来予想119
    億円から130億円に上方修正。
    また、期末一括配当を従来計画27円から28円に増額修正。
    株価は6/7に付けた年初来高値3715円から調整。75日移動平
    均線(3346円)近辺で値幅調整は一巡していたものの、25日移
    動平均線(3463円)を上値抵抗に上値をおさえらていた。
    週明けは本日の発表を好感。25日線超えとなり、上昇トレン
    ド転換へ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    住友林<1911>
    終値1744円(前日比-9円-0.51%)
    インドネシアに住宅建材・内装部材のショールーム開設。
    
    双日<2768>
    終値279円(前日比±0円±0.00%)
    トルコで病院施設運営事業に参画。
    
    正栄食<8079>
    終値8079円(前日比+210円+5.84%)
    7/28付でで東証2部から東証1部へ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-21【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め10銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S ゲンキー<2772>、
    一時S はてな<3930>、
    一時S 児玉化<4222>、
    一時S メディシス<4350>、
    S メディアS<4824>、
    S ホープ<6195>、
    一時S ぷらっと<6836>、
    一時S エンプラス<6961>、
    S クロスフォー<7810>、
    一時S アルメディオ<7859>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    大有機<4187> 大幅4日続伸。
    終値1419円(前日比+49円+3.57%)
    25日移動平均線(1400円)回復。
    
    トーセイ<8923> 大幅3日続伸。
    終値854円(前日比+54円+6.75%)
    国内証券が新規買い推奨。
    日足一目均衡表の雲(上限809円)突破。
    
    ピックアップ
    オプテックスG<6914> 大幅3日続伸。
    終値3900円(前日比+155円+4.13%)
    6/21に年初来高値4230円を付けてから約1ヶ月、
    調整の流れにあったものの、13週移動平均線(
    3616円)近辺でそれも一巡し、切り返しの動き。
    再び、上方向へのトレンドを強めそうだ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
     
  • 2017-07-21【東京市場概況と来週の見通し】

    21日概況 日経平均は反落(44円安) 円高や週末要因などから売り
    優勢も下値は限定されしっかり
    
    為替ドル/円が112円割れと円高方向に振れていたことを重しに
    朝方から売りが先行。
    ただ、好決算を発表した安川電<6506>が急伸となるなど、好
    決算銘柄には買いが向かっており、相場全体の雰囲気は悪く
    なかった。
    日経平均も売り優勢のなか下値が限定され、25日移動平均線
    (20093円)や5日移動平均線(20076円)を維持して、本日の取
    引を終えた。
    新興市場は堅調。ジャスダック、マザーズともに3日続伸。
    ジャスダックは年初来高値を更新している。
    
    日経平均終値は-44.84円の20099.75円。
    
    東証1部の出来高は15億3402万株、
    売買代金は1兆9967億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり924銘柄、値下がり964銘柄、
    変わらず137銘柄。
    
    業種別では値上がりが5業種、値下がりが28業種。
    値上がりは電気機器、機械、繊維製品など。
    値下がりトップは鉱業、鉄鋼、ゴム製品。
    
    
    来週の見通し しっかりの展開 4―6月期決算発表を手掛かりに上
    値試すか
    
    来週は米主力企業の決算発表に続き、国内でも4-6月期決算発表が
    本格化していく。
    先陣を切った安川電機<6506>が好決算から本日に急伸。類似企業
    のファナック<6574>などにも買いが広がった。本日のこうした動
    きから、好業績には素直に反応する地合いであることが確認され
    た。今後発表される企業決算については、通期上方修正や増配な
    どの明確な材料に株価は、好反応を示していくだろう。
    決算発表をきっかけに、海外株と比較して、出遅れている日本株
    は割安修正が進むと期待される。
    その他に来週の注目イベントとしては25-26日の米FOMC。バランス
    シートの縮小に関する示唆があるかどうかが焦点。直近のマクロ
    指標からみれば米国の金融引き締め加速は想定しにくく、金融政
    策の正常化は緩やかに進む方向。市場の混乱はないと見ている。
    懸念材料としては日米の政治不安。こられらが、突発的な株安を
    誘う可能制があり、注意したいところではある。
    
    来週の日経平均予想レンジは19900-20500円。
    
    
    
    GloveBambooでは無料メルマガの配信も行っております。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    当ホームページにて更新しております株式ニュースを
    無料メルマガでも、ご確認頂けます。
    
    ☆[無料メルマガ] 限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40 
    
    
    
    
     
  • 2017-07-21【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落(51円安) 円高重しも好業績銘柄が下支え
    
    前日の米株市場は高安まちまち。為替ドル/円が112円割れと円高方
    向に振れていたことが重しとなり、売り優勢でスタートした日本
    株。しかし、好業績銘柄などへは買いが入っており、相場全体の
    雰囲気としては悪くない。日経平均の下値も限定的で、前場終わ
    りは、51円安にとどまった。
    
    日経平均前場終値は-51.02円の20093.57円。
    
    東証1部の出来高は7億7211万株、
    売買代金は9695億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり733銘柄、値下がり1144銘柄、
    変わらず146銘柄。
    
    業種別では値上がりが3業種、値下がりが30業種。
    値上がりは電気機器、機械、精密機器のみ。
    値下がりトップは鉱業、鉄鋼、保険。
    
    
    後場の見通し
    
    前日に決算を発表した安川電<6506>が急伸となるなど今後に本格
    化する企業決算への期待は高まっており、日経平均が反落となる
    なか、相場全体の雰囲気としては悪くない。
    後場も引き続き、上値は週末要因などから限定されるだろうが、
    下値もしっかりの展開が続く見通し。
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
     
  • 2017-07-21【東京市場見通し】

    日経平均は横ばい 好業績、材料株には買いが向かう展開
    
    今週の注目イベントの一つだったECB理事会では政策金利は据え置
    かれたが、ドラギ総裁は会見で秋の政策変更を明言。欧州株はこ
    れを受けてまちまちな動き。
    米株はECB理事会の影響は限定的。NYダウとS&P500は小幅に下落し
    たが、NASDAQが連日で高値更新となった。
    外部環境に大きな変化はないが、為替ドル/円がやや円高方向に振
    れており、現在は111円台後半での推移。
    円高が上値のおさえる要因とはなりそうだが、直近の日経平均
    は、円高に振れても比較的堅調な推移、極端に嫌気されることは
    ないだろう。
    また、企業決算が本格化していくなか、好決算銘柄が下支えとも
    なりそうだ。
    
    日経平均予想レンジは20000-20150円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り810万株、買い870万株、
    差し引き60万株の買い越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が111円台後半での推移。
    (20日終値112.27-29円)
    
    現在、ユーロ/円が130円どころでの推移。
    (20日終値129.11-15円)
    
    
    20日の米株市場概況。
    
    高安まちまち。NYダウは小幅に反落、いっぽうでNASDAQは小幅に10
    日続伸となり史上最高値更新。S&P500は取引時間中の最高値を更
    新するもわずかながら反落となった。
    この日に発表された経済指標は良好な結果。新規失業保険申請件
    数が前回や市場予想を下回ったほか、6月景気先行指数も前月比
    +0.6%と前回(+0.3%)や市場予想(+0.4%)を上回なった。これらを好
    感し主要3指数は買いが先行したが、上値では利益確定売りにおさ
    れた。
    NYダウは-28.97の21611.78、
    S&P500は-0.38の2473.45、
    NASDAQはの+4.96の6390.00。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-20【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    日本造<5609> 決算発表。
    終値142円(前日比+1円+0.71%)
    18年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常損益は6000万円の黒字浮上
    (前年同期は5300万円の赤字)。
    4-9月期(上期)の同損益を従来予想5000万円の黒字から2億円の黒
    字に上方修正。
    上期業績の好調に伴って通期の同損益を従来予想2億円の黒字から
    3億5000万円の黒字に上方修正。
    
    安川電<6506> 決算発表。
    終値2550円(前日比+50円+2.00%)
    18年2月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は125億円(前年同期比
    2.4倍)。4-9月期(上期)の同利益を従来予想202億円からに上方修
    正。上期業績の好調に伴って通期の同利益を従来予想の380億円か
    ら450億円に上方修正。
    また、今期の上期配当を従来計画13円から15円に増額。下期配当
    も従来計画13円から15円に増額修正。年間配当30円に。
    
    エンプラス<6961> 決算発表。
    終値3620円(前日比+55円+1.54%)
    18年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は12.8億円(前年同期
    比57.6%増)。
    
    ピックアップ
    U-NEXT<9418> 業績修正発表。
    終値1135円(前日比±0円±0.00%)
    非開示だった17年12月期の業績予想は連結経常損益が29億円の黒
    字(前期は4.3億円の赤字)。3期ぶりに過去最高益を更新する見通
    しとなった。
    テクニカル面では週足ベースの移動平均線チャートにおいて、13
    週線(1100円)近辺で直近は底堅く推移。発表を好感し、同線から
    切り返しの見通し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ミクシィ<2121>
    終値6240円(前日比+90円+1.46%)
    スマートフォン向けゲーム「モンスターストライク」の
    中国版を近日中に提供開始。
    
    ハウス食G<2810>
    終値2910円(前日比+14円+0.18%)
    でんぷん麺「マロニー」の製造販売を行っているマロニ
    ーの株式を取得し完全子会社化へ。
    
    ブライトパス<4594>
    終値522円(前日比-1円-0.19%)
    CTL誘導組成物に関してカナダ特許庁から特許査定を取
    得(特許査定取得は日本、欧州に続くもの)。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-20【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ファステプ<2338>、
    S シンワアート<2437>、
    一時S プラマテルズ<2714>、
    S ANAP<3189>、
    一時S アルファクス<3814>、
    一時S マクロミル<3978>、
    S 児玉化<4222>、
    一時S 富士ソSB<6188>、
    S 安永<7271>、
    S 日本フォーム<7869>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S ユニネク<3566>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    マルハニチロ<1333> 大幅続伸。
    終値3160円(前日比+239円+8.18%)
    4~6月経常3割増益と報じられ好材料視。
    200日移動平均線(3103円)回復。
    
    ISID<4812> 大幅4日続伸。
    終値2751円(前日比+160円+6.17%)
    IoT関連。25日移動平均線(2647円)上抜け。
    
    エフテック<7212> 大幅3日続伸。
    終値1527円(前日比+84円+5.82%)
    年初来高値更新。25日移動平均線(1445円)上放れ。
    
    ピジョン<7956>
    終値4265円(前日比+110円+2.64%)
    25日移動平均線(4104円)上放れ。
    
    ピックアップ
    セリア<2782> 大幅続伸。
    終値5540円(前日比+260円+4.92%)
    6/14に年初来高値5790円を付けて以降は調整となっていたが、
    直近に日足一目均衡表の雲下限(5235円)の水準で調整一巡。
    本日、雲(上限5475円)突破となり、上昇トレンド転換の形状に。
    
    富士フイルム<4901> 大幅反発。
    終値4188円(前日比+106円+2.59%)
    前日(19日)に、軽度から中等度のアルツハイマー型認知症(AD)
    患者を対象としたAD治療薬「T-817MA」について、米国
    での第2相臨床試験で病気期間の短い患者の認知機能低下の進行を
    大幅に抑制するなどの効果を確認したと発表。将来、製品化に向
    けた期待感の高まりなどから、買われる展開に。
    テクニカル面では200日移動平均線(4201円)、また、日足一目均衡
    表の雲上限(4188円)の水準まで上昇。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
     
  • 2017-07-20【東京市場概況】

    日経平均は続伸(123円高) 後場に一段高 20100円台回復
    
    前日の米株高(主要3指数そろって史上最高値更新)を好感し、朝方
    から買い優勢の展開となった日本株。
    ただ、前場は、日銀の金融政策決定会合の結果公表を控えて、日
    経平均の上昇幅は限られていた。
    しかし、後場には一段高。一時は136円高となり、20150円超えの
    水準まで値を上げた。
    日銀会合では金融政策の現状維持、サプライズ無しの結果が安心
    感に繋がったようだ。
    買い一巡後はやや上げを幅縮小したものの、3日ぶりに終値で
    20100円台を回復した。
    
    日経平均終値は+123.73円の20144.59円。
    
    東証1部の出来高は16億5097万株、
    売買代金は2兆1144億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1491銘柄、値下がり399銘柄、
    変わらず133銘柄。
    
    業種別では値上がりが32業種、値下がりが1業種、
    値上がりトップは水産・農林、化学、その他金融。
    値下がりはその他製品のみ。
    
    相場全体の雰囲気は悪くない。日経平均は、もち合い相場には煮
    詰まり感があるなか、本日に5日移動平均線(20076円)、25日移動
    平均線(20082円)を回復。
    目先に新たなトレンドが発生しそうな状況のなか、これら移動平
    均線を回復してきたの心理的にも大きい。
    また、新興市場もしっかり。ジャスダック、マザーズともに続
    伸。ジャスダックは年初来高値を更新している。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
     
    
     
  • 2017-07-20【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続伸(71円高) 米株高好感し堅調な展開
    
    前日の米株市場が主要3指数そろって上昇、史上最高値を更新。
    為替ドル/円はやや円高方向にあったものの、日本株も米株高を
    好感、堅調な展開となった。
    日経平均は一時、87円高、20100円台を回復する場面も見られた。
    
    日経平均前場終値は+71.28円の20092.14円。
    
    東証1部の出来高は8億5363万株、
    売買代金は1兆722億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1450銘柄、値下がり430銘柄、
    変わらず143銘柄。
    
    業種別では値上がりが31業種、値下がりが1業種。
    値上がりトップは水産・農林、鉱業、石油・石炭。
    値下がりは海運のみ。
    
    
    
    後場の見通し
    
    前場の日経平均は、日銀の金融政策決定会合の結果公表を控える
    なか、上昇幅は大きくないもののしっかりとした展開だった。
    そして、日銀は金融政策決定会合で金融政策の現状維持を決定と
    サプライズ無し。
    後場、上値は黒田総裁の会見を見極めたいとのムードや、ECB理事
    会とドラギ総裁会見を見極めたいとのムードから、限られるだろ
    うが、下値はしっかりの展開が続く見通し。
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
     
  • 2017-07-20【東京市場見通し】

    前場は日銀会合結果控えて様子見姿勢 後場はその結果次第で動きあり
    
    前日の米株市場は主要3指数そろって史上最高値を更新する上昇。
    為替ドル/円は小動きながら、112円を割れており、現在は119円台
    後半での推移。
    ドル/円の112円を割れが嫌気されそうだが、直近の日本株は円高へ
    の連動性は薄れてきている。上値を抑える要因とはなりそうだ
    が、売り材料視される動きは限定的か。
    米株市場で主要3指数そろって史上最高値を更新するなど、世界的
    にリスク・オンの流れにあることから、日本株もしっかりとした
    展開となるだろう。
    そんななか、前場は日銀の金融政策決定会合の結果発表を控えて
    様子見姿勢。
    日銀会合では現状維持が濃厚だが、何らかの変更があれば、後場
    に乱高下する可能性はある。
    基本的にはノーサプライズで小じっかりな展開。サプライズがあ
    った場合、このタイミングでの政策変更は唐突、好感する動きは
    あっても大きく崩れる展開にはならないと予想する。
    
    日経平均予想レンジは19900-20250円
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り780万株、買い660万株、
    差し引き120万株の売り越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が111円台後半での推移。
    (19日終値112.14-15円)
    
    現在、ユーロ/円が129円どころでの推移。
    (19日終値129.19-23円)
    
    
    18日の米株市場概況。
    
    主要3指数そろって上昇。また、そろって史上最高値を更新。
    トランプ米政権の経済政策の遂行能力への懸念を残しつつも、
    発表された経済指標の米6月住宅着工件数が前月と市場予想
    を上回ったこと、総じて良好だった企業決算、原油高も後押
    しとなり、指数は堅調な展開となった。
    NYダウは+66.02の21640.75、
    S&P500は+13.22の2473.83、
    NASDAQはの+40.74の6385.04。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-19【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ピックアップ
    安永<7271> 業績修正発表。
    終値1483円(前日比-48円-3.13%)
    電気自動車関連としても注目度の高い当銘柄。
    18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を従来予想2.8億
    円から7.7億円に上方修正。
    上期業績の好調に伴って通期の連結経常利益も従来予想5.7億円か
    ら10億円に上方修正。
    株価は、直近に200日移動平均線(1364円)を回復後に上昇一服、上
    値の重い展開が続いていたが、本日の発表を好感、上方向へのト
    レンドを強める展開が期待されるところ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    高松G<1762>
    終値2915円(前日比+30円+1.03%)
    発行済み株式数の1.70%にあたる66万株(金額で16億5883万円)
    を上限に自社株TOB(株式公開買い付け)を実施。
    
    GCA<2124>
    終値1049円(前日比-12円-1.13%)
    6月売上高は前年同月比27.6%増。
    
    ダイヤD<3073>
    終値2588円(前日比+59円+2.33%)
    子会社バグースがカプセルホテル事業参入。
    
    エディア<3935>
    終値4350円(前日比-60円-1.36%)
    8/31基準日として1対2株の株式分割実施。
    
    アニコムHD<8715>
    終値2560円(前日比-104円-3.90%)
    6月新規契約件数は前年同月比13.6%増。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-19【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ファステプ<2338>、
    S シンワアート<2437>、
    S フルッタ<2586>、
    S 買取王国<3181>、
    S ビリングシス<3623>、
    S enish<3667>、
    S ビーマップ<4316>、
    一時S 日本アビオ<6946>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S サイステップ<3810>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ベネワン<2412> 大幅4日続伸。
    終値4975円(前日比+315円+6.75%)
    5日移動平均線(4622円)が25日移動平均線
    (4551円)超え(ゴールデンクロス)。
    
    任天堂<7974> 大幅続伸。
    終値37640円(前日比+1140円+3.12%)
    25日移動平均線(36787円)回復。
    
    ピックアップ
    花王<4452> 大幅続伸。
    終値7018円(前日比+220円+3.23%)
    前日に25日移動平均線(6781円)を回復、本日も上値を伸
    ばす展開となり、上昇トレンド転換と印象づける動き。
    日足一目均衡表においても、雲(上限6894円)突破。
    
    山一電<6941> 大幅4日続伸。
    終値1917円(前日比+80円+4.35%)
    前日に25日移動平均線(1782)回復、日足一目均衡表の雲(
    上限1824円)を突破となるなど上昇トレンド転換の形状に。
    本日も勢いそのままに4%超えの上昇。一段とトレンド転換
    を印象づけた。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
     
  • 2017-07-19【東京市場概況】

    日経平均は小反発(20円高) 売り先行も押し目買い入り節目2万円
    回復
    
    朝方は売りが先行。為替ドル/円が112円を割れるなど円高方向への
    動きを強めていたことが重しとなった。
    しかし、日経平均が節目20000円割れる水準では押し目買いが入り
    やすく、内需株関連株が堅調だったことを支えに底堅く推移。
    日経平均はマイナス圏でスタート後、プラス圏に浮上。節目20000
    円を回復したまま本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+20.95円の20020.86円。
    
    東証1部の出来高は16億4142万株、
    売買代金は2兆208億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1136銘柄、値下がり760銘柄、
    変わらず127銘柄。
    
    業種別では値上がりが15業種、値下がりが18業種。
    値上がりトップはその他製品、水産・農林、情報・通信。
    値下がりトップは海運、その他金融、証券・商品。
    
    日経平均は節目20000円を僅かながら回復。円高が重しとなっ
    てはいるが、さほど売られる展開でもなかった。
    テクニカル面では5日移動平均線(20067円)、25日移動平均線
    (20072円)を割れたままだが、下値を切り上げる形状は緩やか
    に維持。
    もちあい相場に煮詰まり感があるなか、再び高値を試す展開
    を期待したいところ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
     
    
    
  • 2017-07-19【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反発(21円高) 円高重しも押し目買いで底堅い展開
    
    為替ドル/円が112円を割れる場面が見られていたことなどを重し
    に、売りが先行した日本株。日経平均は、寄り付き直後に52円
    安、19900円台半ばまで値を落とす場面があった。
    しかし、節目20000円を割れる水準では、押し目買い意欲が強く、
    円高が112円どころで一服していることもあり底堅い展開、プラス
    圏に浮上し、小高く推移した。
    
    日経平均前場終値は+21.58円の20021.49円。
    
    東証1部の出来高は8億609万株、
    売買代金は9967億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1233銘柄、値下がり641銘柄、
    変わらず147銘柄。
    
    業種別では値上がりが19業種、値下がりが14業種。
    値上がりトップはその他製品、水産・農林、空運。
    値下がりトップは海運、転送用機器、その他金融。
    
    
    
    後場の見通し
    
    前場の日経平均は、売り先行後にプラス圏に浮上。節目20000円を
    上回る水準での推移が続き、いっていの底堅さを示している。
    基本的には、明日の日銀の金融政策決定会合、ドラギ総裁会見の
    内容を見極めたいと様子見姿勢だが、これらが、為替を円安方向
    へ向かわせる可能性もあり、底堅さを後押ししているようだ。
    ただ、上値を追う動きも限定的。後場も引き続き、20000円どころ
    で、こう着した展開が続きそうだ。
    物色は中小型株を中心とした材料株やテーマ株により向かいやす
    い展開だろう。
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
     
  • 2017-07-19【東京市場見通し】

    日経平均は節目2万円の攻防 円高材料に売り仕掛けに注意
    
    前日の米株市場は高安まちまち、NYダウは続落なったいっぽうでハ
    イテク比率の高いNASDAQは続伸、史上最高値を更新している。
    為替ドル/円は、トランプ政権の政策実行能力を不安視する見方か
    らドル安が進み、112円を割れる場面も見られている、現在は112円
    どころでの推移。
    日経平均は基本的には節目20000円を挟んでの攻防が予想される。
    20000円割れでは押し目買いが入りやすく、日銀金融政策決定会合
    (19~20日)やECB理事会(20日)が為替市場を刺激する可能性もあ
    り、いっていの下支え要因となりそうだ。
    ただ、ドル/円が112円を割れる時に仕掛け的な売りに押される可能
    性があるので、注意したいところ。
    
    日経平均予想レンジは19900-20100円
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り660万株、買い790万株、
    差し引き130万株の買い越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が112円どころでの推移。
    (18日終値112.23-24円)
    
    現在、ユーロ/円が129円台前半での推移。
    (18日終値129.38-42円)
    
    
    18日の米株市場概況。
    
    高安まちまち。NYダウは続落もNASDAQは8日続伸、S%P500もプラス
    圏で取引を終えた。
    米上院でオバマケア代替法案の不成立が確実になったことでトラ
    ンプ政権の政策実行力への懸念が再び高まった。
    NYダウは一時、160ドル近い下落となる場面もあった。
    いっぽうで、ハイテク比率の高いNASDAQは取引時間中の史上最高
    値、終値でも最高値を更新した。
    企業決算では、注目された金融のゴールドマン・サックスとバン
    ク・オブ・アメリカがともに市場予想を上回る増益。ただ、ゴー
    ルドマンはトレーディング収益の落ち込みが嫌気され2.60%安。1
    銘柄でNYダウを41ドル押し下げた。
    NYダウは-54.99の21574.73、
    S&P500は+1.47の2460.61、
    NASDAQはの+29.87の6344.31。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-18【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    チャームケア<6062> 業績修正発表。
    終値1320円(前日比+14円+1.07%)
    17年6月期の経常利益(非連結)を従来予想7億円から8.4億円に上方
    修正。
    
    東宝<9602> 決算発表。
    終値3400円(前日比-45円-1.30%)
    18年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は175億円(前年同期比
    36.3%増)。3-8月期(上期)の同利益を従来予想258億円から299億円
    に上方修正。
    
    ピックアップ
    ウェーブロック<7940> 業績修正発表。
    終値1241円(前日比+26円+2.13%)
    18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を従来予想9.2億
    円から11.6億円に上方修正。
    上期業績の好調に伴って通期の連結経常利益も従来予想17.5億円
    から19.9億円に上方修正。
    株価は25日移動平均線(1213円)近辺での日柄調整中にあった。発
    表を好感し同線から上放れ、上昇トレンド転換へ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    アエリア<3758>
    終値3340円(前日比±0円±0.00%)
    子会社チームゼロがiOS向けVRリズムゲーム「FuluBeatVR」(フル
    ビート)のリリース。
    
    オプティム<3694>
    終値3330円(前日比+45円+1.36%)
    クレディセゾン<8253>と業務提携。セゾンポイントモール アプ
    リ」を開発。
    
    日本一S<3851>
    終値1965円(前日比-91円-4.42%)
    スマートフォン向けゲーム「魔界ウォーズ」配信決定。
    
    ソルクシーズ<4284>
    終値795円(前日比-12円-1.48%)
    家族見守りIoTアプリ第2弾「いまイルモKids ペット」公開。
    
    JCRファーマ<4552>
    終値2824円(前日比-30円-1.05%)
    帝人<3401>と再生医療領域の拡充に向けてヒト歯髄由来幹細胞の
    共同開発契約締結。
    
    エボラブル<6191> 
    終値:2857円(前日比-11円-0.38%)
    6月取扱高は41億円(前年同月比54%増)。
    
    キングジム<7962>
    終値1044円(前日比+1円+0.09%)
    17年6月期の年間配当を従来計画14円から20円に。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-18【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め6銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ヨシムラHD<2884>、
    S 北の達人<2930>、
    S 買取王国<3181>、
    S ビーマップ<4316>、
    一時S 東邦化<4409>、
    一時S 前沢工業<6489>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め3銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S メディアドウ<3678>、
    一時S サイステップ<3810>、
    一時S タカタ<7312>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    平田機工<6258> 7日大幅続伸。
    終値12600円(前日比+490円+4.04%)
    14日に中国子会社で今月からスカラ(水平多関節)型ロボットの生
    産・販売を開始発表。25日移動平均線(11957円)から上放れ。
    
    スターツ<8850> 5日続伸。
    終値2778円(前日比+69円+2.54%)
    25日移動平均線(2694円)から上放れ。
    
    ピックアップ
    マークラインズ<3901> 大幅続伸。
    終値971円(前日比+36円+3.85%)
    6/9に年初来高値1090円を付けて以降は調整。75日移動平均線(874
    円)近辺まで、値を下げていた当銘柄。その水準で値固め、直近に
    25日移動平均線(936円)を超えてきており、トレンドは回復傾向。
    本日、上値抵抗と意識された面のある日足一目均衡表の雲(上限
    979円)を突破となれば、一段と上方向へのトレンドを強めそうだ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
     
  • 2017-07-18【東京市場概況】

    日経平均は3日ぶり反落(118円安) 6日ぶり節目2万円割れ
    
    朝方から売りが先行。先週末(14日)から米経済指標の結果を受け
    て為替ドル/円が円高方向に振れていたことなどが売り材料視され
    た。
    また、安倍内閣の支持率低下は報じられたことなども重しとなっ
    たもよう。
    日経平均は、節目20000円割れ。その水準では、日銀のETF(上場投
    信)買いの期待などで持ち直す動きも見せていたが、20000円の大
    台を維持するには至らず、6日ぶりに20000円を割れて本日の取引
    を終えた。
    
    日経平均終値は-118.95円の19999.91円。
    
    東証1部の出来高は18億1725万株、
    売買代金は2兆1120億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり793銘柄、値下がり1064銘柄、
    変わらず166銘柄。
    
    業種別では値上がりが12業種、値下がりが21業種。
    値上がりは水産・農林、その他製品、電気機器など。
    値下がりトップは不動産、銀行、転送用機器。
    
    日経平均が心理的節目20000円を割れ。また、テクニカル面でも5
    日移動平均線(20102円)、25日移動平均線(20067円)を割れた。目
    先の下振れが意識されやすくなった面はあるが、大きく状況が変
    わったわけでもなく、20000円どころでのもみあいの範囲内。
    東証1部の騰落銘柄数を見ても、値下がりは5割強にとどまってい
    る。
    日欧の金融イベントや本格化する企業決算待ちで様子見姿勢の展
    開にある。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-18【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落(127円安) 節目2万円割れ 円高、内閣支持率
    低下など売り材料に
    
    東京市場が休場中に海外株は落ち着いた動きとなっていたが、為
    替ドル/円が円高方向に振れていたことなどが重しに売りが先行し
    た。
    日経平均は6営業日(7/7以来)ぶりに節目20000円割れ。一時は
    19943.14円(175.72円安)まで下落した。
    為替ドル/円が円高に振れていることや安倍内閣の支持率低下が報
    じられたことなどが売り材料となったようだ。
    売り一巡後は、やや下げ渋って前場の取引を終えている。
    
    日経平均前場終値は-127.00円の19991.86円。
    
    東証1部の出来高は9億7313万株、
    売買代金は1兆679億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり604銘柄、値下がり1271銘柄、
    変わらず146銘柄。
    
    業種別では値上がりが6業種、値下がりが27業種。
    値上がりは鉱業、水産・農林、鉄鋼など。
    値下がりトップは銀行、不動産、転送用機器。
    
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は心理的節目20000円を割り込むとともに、テクニカル面
    でも5日移動平均線(20100円)、25日移動平均線(20067円)を割り込
    むなど、買いが手控えらやすくなってきている。
    とはいえ、為替ドル/円が円高方向に振れていることが売り材料視
    されているようだが、現状の水準であれば、輸出企業は拾い場と
    見れる。
    ただ、決算発表が本格化する様子見姿勢の面は強い。日経平均は
    20000円近辺ではいっていの底堅さとなる見通しが、戻りも限定さ
    れ、20000円近辺での攻防、後場も20000円近辺でこう着した展開
    となりそうだ。
    日経平均がこう着となるなかでは、中小型株へ資金が向かいやす
    いが、同様に決算前でそれも限定されそうだ。
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
     
  • 2017-07-18【東京市場見通し】

    米指標さえず円高進行で売り優勢 日経平均は節目2万円の攻防
    
    東京市場の休場中、欧米株式市場は落ち着いた動きとなってい
    た。
    ただ、先週末(14日)に発表された米経済指標の結果が市場予想を
    下回るものが目立ち、為替ドル/円が円高方向に振れて112円台での
    推移(現在は112円台後半)となっている。
    米株市場の強い基調が続いているため、強く売り込まれることは
    ないだろうが、円高を重しに買いも入りづらい。
    また、米国では企業決算が今週から本格化。その後日本でも本格
    化していくなか、様子姿勢になりやすい。上下ともに盛り上がり
    に欠ける展開が予想される。
    日経平均は売り先行。その後、節目20000円近辺で方向感に欠ける
    展開となりそうだ。
    
    日経平均予想レンジは19980-20150円
    
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り630万株、買い510万株、
    差し引き120万株の売り越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が112円台後半での推移。
    (先週末14日終値113.28-29円)
    
    現在、ユーロ/円が129円台前半での推移。
    (先週末14日終値129.32-36円)
    
    
    17日の米株市場概況。
    
    前日の米株市場はほぼ横ばい。直前に控ええた本格化する2Q決算
    発表を前に小動き、積極的な売買は手控えられた。
    NYダウは5日ぶりに僅かながら反落。NASDAQは僅かながら7日続伸と
    なっている。
    NYダウは-8.02の21629.72、
    S&P500は-0.13の2459.14、
    NASDAQはの+1.97の6314.43。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-14【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ペッパー<3053>
    終値4350円(前日比-35円-0.80%)
    17年12月期の連結経常利益を従来予想13.4億円から21.6億円に上
    方修正。
    1-6月期(上期)の連結経常利益も従来予想7.3億円から12億円に上
    方修正。
    
    ダイヤD<3073> 決算発表。
    終値2290円(前日比-17円-0.73%)
    18年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は7億円(前年同期比
    91.3%増)。
    3-8月期(上期)の同利益を従来予想7億円から9.5億円に上方修正。
    
    IGポート<3791> 決算発表。
    終値1678円(前日比-7円-0.41%)
    17年5月期の連結経常利益は5.4億円と従来予想3.6億円を上回り。
    18年5月期も前期比12.8%増の6.1億円に伸びる見通し。
    
    Gunosy<6047> 決算発表。
    終値2302円(前日比-14円-0.60%)
    17年5月期の連結経常利益は15.1億円(前期比2.7倍)。
    18年5月期も前期比45.5%増の22億円に拡大見込み。
    
    メタップス<6172> 決算発表。
    終値3330円(前日比+40円+1.21%)
    17年8月期第3四半期累計(16年9月-17年5月)の連結税引き前損益は
    5.9億円の黒字の浮上(前年同期は5.6億円の赤字)。
    
    プラズマ<6668> 決算発表。
    終値2028円(前日比+16円+0.79%)
    17年8月期第3四半期累計(16年9月-17年5月)の連結経常利益は11.4
    億円(前年同期比6.5倍)。
    通期の同利益を従来予想11.8億円から13.7億円に上方修正。
    
    NOK<7240> 業績修正発表。
    終値2486円(前日比+16円+0.64%)18年3月期第2四半期累計(4-9月)
    の連結経常利益を従来予想180億円から240億円に上方修正。
    通期の連結経常利益も従来予想460億円から520億円に上方修正。
    
    ピックアップ
    パソナ<2168> 決算発表。
    終値1096円(前日比+18円+1.66%)
    17年5月期の連結経常利益は43.1億円(前期比12.0%増)。
    18年5月期も前期比29.7%増の56億円に伸びる見通し。
    株価は直近、25日移動平均線(1056円)近辺で日柄調整
    中にあったなか上振れ傾向。一段と上方向へのトレン
    ドを強める展開に期待がかかる。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    シーティーエス<4345>
    終値1430円(前日比±0円±0.00%)
    7/31基準日として1対2株の株式分割実施。
    
    インソース<6200>
    終値2297円(前日比+18円+0.78%)
    7/21日付で東証1部へ市場変更。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-14【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め3銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S TONE<5967>。
    S ソウルド<6553>。
    S ラピーヌ<8143>
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ロコンド<3558> 大幅反発。
    終値2140円(前日比+160円+8.08%)
    日足一目均衡表の雲(2069円)突破。
    
    サンデンHD<6444> 大幅続伸。
    終値344円(前日比+13円+3.92%)
    200日移動平均線(343円)回復。
    
    ピックアップ
    ユーザーベース<3966> 3日大幅続伸。
    終値2549円(前日比+158円+6.60%)
    ここまで、75日移動平均線(2270円)-25日移動平均線(2435円)
    間でのもみあい、日柄調整の流れにあったが、本日に25日線
    を上抜け。また、日足一目均衡表においても雲(上限2498円)
    を突破なるなど良好な形状に。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
     
  • 2017-07-14【東京市場概況と来週の見通し】

    14日概況 日経平均は小幅続伸(19円高) 米株高など好感し買い先
    行 一巡後は上値の重い展開
    
    前日の米株高や円高一服の流れから買いが先行した日本株。
    ただ、買い先行後は上値の重い展開となった。
    日経平均は寄り付き直後の20163.67円(63.86円高)が、この日の高
    値となった。
    日経平均への寄与度の高いファストリ<9983>が前日の決算を受け
    て大幅に下落したことが重しとなったほか、3連休を控える週末と
    あって積極的に上値を追う展開とはならなかった。
    とはいえ、5日移動平均線(20118円)、25日移動平均線(20063円)な
    どがサポートとして機能する展開は続き、下値は底堅い印象だっ
    た。
    
    日経平均終値は+19.05円の20118.86円。
    
    東証1部の出来高は20億4329万株、
    売買代金は1兆9863億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1241銘柄、値下がり635銘柄、
    変わらず147銘柄。
    
    業種別では値上がりが27業種、値下がりが6業種。
    値上がりトップは非鉄金属、機械、鉄鋼。
    値下がりは水産・農林、小売り、保険など。
    
    
    来週の見通し 堅調、日経平均は年初来高値更新へ
    
    今週の日経平均は米株市場でNYダウが史上最高値を更新するなか、
    年初来高値20318.11(6/20)を抜け切れず、上値の重さが意識され
    る展開だった。
    とはいえ、節目20000円を超える水準での推移。値固めをすすめた
    かっこう。5月下旬から下値水準は徐々に切り上がっており、来週
    は年初来高値更新と期待したい。
    海外では米国で、ゴールドマン・サックス、マイクロソフトなど
    の主要企業の決算発表が予定されている。市場予想を上回る結果
    が出てくれば、米株市場は一段高、日本株にとっても追い風とな
    るだろう。
    また、今晩に発表される米経済指標(米6月消費者物価指数、米6月
    小売売上高)を受けての米市場の反応も注目されるところ。
    国内でも企業決算が来週後半から本格化。20日の安川電<6506>に
    注目。内容は決して悪くないだろう。
    続く企業決算へ期待が高まる展開となれば、日経平均は高値更
    新、上値を伸ばすと見られる。
    
    来週の日経平均予想レンジは20000-20500円。
    
    
    
    GloveBambooでは無料メルマガの配信も行っております。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    当ホームページにて更新しております株式ニュースを
    無料メルマガでも、ご確認頂けます。
    
    ☆[無料メルマガ] 限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40 
    
    
    
    
     
  • 2017-07-14【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅に続伸(45円高) 米株高好感 ファストリ下げ
    が重し
    
    前日の米株市場が堅調。為替ドル/円も円高方向への動きが一服し
    ていたことなどから、買い優勢の展開となった。
    ただ、日経平均の上値は限定的。3連休前で積極的に上値を追う動
    きも限られたがほか、寄与度の高いファストリが前日発表の決算
    を受けて4%超えの下落となったことなどが重しとなった。
    
    日経平均前場終値は+45.01円の20144.82円。
    
    東証1部の出来高は11億4897万株、
    売買代金は1兆75億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1313銘柄、値下がり555銘柄、
    変わらず154銘柄。
    
    業種別では値上がりが30業種、値下がりが3業種。
    値上がりトップは非鉄金属、転送用機器、鉄鋼。
    値下がりは水産・農林、保険、小売りのみ。
    
    
    
    後場の見通し
    
    3連休を控える週末としては、しっかりの展開。目先に控える決算
    発表について、日米ともに企業業績への期待は高いようだ。
    後場、引けにかけてはポジション調整売りが出ると予想される
    が、続きしっかりとした展開となりそうだ。
    日経平均は5日移動平均線(20123円)、25日移動平均線(20064円)な
    どをサポートに、20000円を超える水準で値固めといったところ。
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
     
  • 2017-07-14【東京市場見通し】

    円高一服を好感し買い先行 一巡後は3連休前で様子見姿勢か
    
    前日の米株市場は緩やかに上昇。やや本格化する決算発表を前に
    様子見姿勢の面もあったが、NYダウが史上最高値を連日で更新する
    など堅調だった。
    為替ドル/円も円高一服。113円台前半から半ばで落ち着いている。
    米株高、円高一服を好感し、日本株は買いが先行する見通し。
    ただ、3連休を控える週末。米国で今晩に注目度の高い経済指標
    (米6月消費者物価指数、米6月小売売上高など)の発表も控えてい
    ることもあり、買い一巡後の上値は重そうだ。
    物色の流れは次第に中小型株へ向かうと見られる。ただ、中小型
    株に関しても引けにかけては、ポジション調整の売りが出る可能
    性もあり。
    
    日経平均予想レンジは20050-20200円
    
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り460万株、買い530万株、
    差し引き70万株の買い越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が113円台半ばでの推移。
    (13日終値113.12-13円)
    
    現在、ユーロ/円が129円台前半での推移。
    (13日終値129.20-24円)
    
    
    13日の米株市場概況。
    
    主要3指数そろって上昇。NYダウは連日で史上最高値を更新。
    S&P500も続伸。NASDAQは5日続伸となった。
    引き続き、イエレンFRB議長のハト派的議会証言が好感し、
    緩やかながら上昇する展開となった。
    14日から本格化する17年1-6月期の決算発表シーズンを前に、
    様子見姿勢の面もあったようだ。
    NYダウは+20.95の21553.09、
    S&P500は+4.58の2447.83、
    NASDAQはの+13.27の6274.44。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-13【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ニイタカ<4465> 決算発表。
    終値1800円(前日比+23円+1.29%)
    17年5月期の連結経常利益は11億円(前期比59.2%増)。
    18年5月期も前期比6.1%増の11.7億円に伸びる見込み。
    
    ピックアップ
    フィルカンパニ<3267> 決算発表。
    終値1735円(前日比+27円+1.58%)
    17年11月期第2四半期累計(16年12月-17年5月)の連結経常利益は
    2700万円。通期の同利益を従来予想2億5000万円から2億9000万円
    に上方修正した。
    株価は下値を25日移動平均線(1634円)、上値を75日移動平均線
    (1821円)に日柄調整中にあった。
    決算を受けて、75日線超えから上昇トレンド転換へ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    FRONTEO<2158>
    終値801円(前日比-7円-0.86%)
    人工知能搭載の対話ロボット「kibiro」のオススメの理由をユー
    ザーに提示する技術に関する国内特許を取得。
    
    弁護士コム<6027>
    終値1781円(前日比-26円-1.43%)
    テラスカイ<3915>と業務提携。クラウド契約サービス「クラウド
    サイン」を、Salesforceなど業務アプリの連携ソリューションと
    してテラスカイが販売を行う。
    
    フェローテック<6890>
    終値1511円(前日比-5円-0.32%)
    中国で8インチ半導体ウエハー製造工場を建設。第2四半期(7-9月)
    から稼働を開始。年内に月産15万枚の生産体制に移行する予定。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-13【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め10銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S UNITED<2497>、
    一時S グッドコムA<3475>、
    S 農業総研<3541>、
    S ATAO<3550>、
    S 協立情報通信<3670>、
    一時S イグニス<3689>、
    S ツインバード<6897>、
    S タカタ<7312>、
    S ラピーヌ<8143>、
    S ワットマン<9927>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    リョービ<5851> 3日続伸。
    終値501円(前日比+12円+2.45%)
    日足一目均衡表の雲(上限495円)突破。
    
    ダイヘン<6622> 大幅反発。
    終値919円(前日比+39円+4.43%)
    25日移動平均線(880円)から上放れ。
    
    東エレク<8035> 大幅反発。
    終値16100円(前日比+475円+3.04%)
    半導体関連株が戻り基調。
    日足一目均衡表の雲(上限15883円)突破。
    
    ピックアップ
    ホギメディ<3593> 大幅反発。
    終値7720円(前日比+300円+4.05%)
    前日(12日)に決算発表。18年3月期第1四半期(4月~6月)の連結営
    業利益が15.1億円。前年同期比27.3%減だったものの、上半期計画
    24億4000万円に対する進捗率は62.0%に達っした。
    株価は決算発表を受けて大幅反発。テクニカル面では、日足一目
    均衡表において雲(上限7562円)突破。25日移動平均線(7638円)を
    回復するなど良好な形状に。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
     
  • 2017-07-13【東京市場概況】

    日経平均は小反発(1円高) 買い先行も手掛かり材料に欠けてこう着
    
    前日の米株高を好感し買いが先行。寄り付き直後に、日経平均は
    85円高の上昇、20200円に迫る場面があった。
    しかし、為替ドル/円が円高方向にあったことなどを重しに上げ幅
    縮小。
    その後は手掛かり材料に欠けて、前日終値近辺でのもみあい。一
    時はマイナス圏に振れる場面もあったが、小反発で本日の取引を
    終えた。
    
    日経平均終値は+1.43円の20099.81円。
    
    東証1部の出来高は17億3957万株、
    売買代金は1兆9815億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり882銘柄、値下がり994銘柄、
    変わらず145銘柄。
    
    業種別では値上がりが16業種、値下がりが17業種。
    値上がりトップは空運、サービス、水産・農林。
    値下がりトップは海運、ゴム製品、銀行。
    
    日経平均は上値の重さが意識される展開となった。ただ、5日移動
    平均線(20080円)、25日移動平均線(20059円)が下値サポートとし
    て強く機能しており下値も限られた。
    週後半は、オプション7月物の特別清算指数(SQ)算出や、3連休を
    控えたポジション調整売りなどから、引き続き、上値の重い展開
    は続く見通し。
    その時、引き続き5日、25日移動平均線、心理的節目20000円を維
    持できるか注目される。
    踏みとどまり、下値の底堅さが確認されれば、先行期待は高まる
    ところ。
    新興市場はマザーズが続落もジャスダックは7日続伸、連日で年初
    来高値更新。全体しては底堅さを維持している。
    引き続き、中小型株のテーマ性の強い銘柄、材料株の動向を注
    視。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-13【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反発(30円高) 米株高好感も買い先行後に伸び悩
    み
    
    前日の米株市場はNYダウが史上最高値を更新するなど堅調だった。
    その流れから日本株も買いが先行したが伸び悩み。為替ドル/円が
    円高方向に振れていることが重し、戻り売りに上値をおさえられ
    た。
    日経平均は寄り付き直後に85円高まで上昇、20200円近くまで上昇
    も、その後に上げ幅縮小、こう着感の強い展開で前場の取引を終
    えた。
    
    日経平均前場終値は+30.50円の20128.88円。
    
    東証1部の出来高は8億5209万株、
    売買代金は9228億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり975銘柄、値下がり855銘柄、
    変わらず191銘柄。
    
    業種別では値上がりが22業種、値下がりが11業種。
    値上がりトップは空運、鉱業、サービス。
    値下がりはゴム製品、海運、保険など。
    
    
    後場の見通し
    
    前場の日経平均は買い先行後に伸び悩み。上値を追うには材料不
    足といったところか。薄商いが続いており、積極的な売買は手控
    えらているようだ。後場も引き続き、こう着した展開が続きそ
    う。
    日経平均が伸び悩みも小じっかりとしたなか、物色はやはり中小
    型株へ向かいやすい。連動性は薄いものの日経平均の下値の底堅
    さを確認しながら、中小型株の動向を注視といったところ。
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
     
  • 2017-07-13【東京市場見通し】

    買い優勢 イエレン発言で円高も米株上昇(NYダウ史上最高値更新)
    
    前日の米株市場は主要3指数そろって上昇。NYダウは123ドル高で史
    上最高値を更新。イエレンFRB議長の議会証言で、緩やかな利上げ
    方針を示したことが好感されたようだ。
    米株が上昇したいっぽうで為替ドル/円は円高方向に。一時は113円
    を割れる場面も見られた。現在は113円台前半での推移。
    日本株は円高への警戒が多少あるものの、強い米株を好感。良好
    な地合いは継続される見通し。
    物色に関しては日経平均が買い先行後にこう着感が強まると予想
    されるなか、引き続き中小型株へ向かいやすい。決算発表による
    個別材料のほか、テーマ性の強い銘柄(ゲームやAI、仮想通貨、セ
    キュリティ)の動向を注視。
    
    日経平均予想レンジは20050-20250円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り720万株、買い620万株、
    差し引き100万株の売り越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が113円台前半での推移。
    (12日終値113.44-46円)
    
    現在、ユーロ/円が129円台前半での推移。
    (12日終値129.87-91円)
    
    
    12日の米株市場概況。
    
    主要3指数そろって上昇。NYダウは取引時間中と終値での史上最高
    値を更新。S&P500も反発。NASDAQは4日続伸。
    注目されたイエレンFRB議長が議会証言で、緩やかな金融正常化の
    プロセスや米国経済について楽観的見通しを示したことが好感さ
    れた。
    NYダウは+123.07の21532.14、
    S&P500は+17.72の2443.25、
    NASDAQはの+67.87の6261.17。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-12【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    エムビーエス<1401> 決算発表。
    終値718円(前日比+37円+5.43%)
    17年5月期の経常利益(非連結)は2億9400万円(前期比22.5%増)。
    18年5月期も前期比8.2%増の3億1800万円に伸びる見込み。
    
    日電硝<5214> 業績修正発表。
    終値4030円(前日比-45円-1.10%)
    17年12月期第2四半期累計(1-6月)の連結経常利益を従来予想80億
    円から150億円に上方修正。
    
    GameWith<6552> 決算発表。
    終値4010円(前日比-10円-0.24%)
    17年5月期の経常利益(非連結)は6.5億円(前期比98.8%増)。
    18年5月期も前期比20.0%増の7.8億円に伸びる見込み。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    トランザク<7818>
    終値1162円(前日比-64円-5.22%)
    連結会社トランスがナルミヤ・インターナショナルとライセンス
    契約。子供服の人気ブランド「mezzo piano」におけ
    るドッグウエアを販売へ。
    
    ピックアップ
    ラクス<3923>
    終値2300円(前日比+89円+4.02%)
    6月度の月次売上高(単体)発表。前年同月比25.6%増の4.96億円と
    好調に推移。
    株価は75日移動平均線(2085円)などを下値サポートに底堅く推移
    していたなか、本日に25日移動平均線(2275円)を回復となるなど
    上げ基調。目先、日足一目均衡表の雲(上限2339円)突破から、一
    段の上振れが期待される。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-12【 本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S グッドコムA<3475>、
    S JMACS<5817>、
    S エンシュウ<6218>、
    S タカタ<7312>、
    一時S 岡本硝子<7746>、
    S ラピーヌ<8143>、
    S アジア航<9233>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    ピックアップ
    JMACS<5817> S高。
    終値1385円(前日比+245円+21.49%)
    大幅続伸となり、25日移動平均線(1188円)回復。
    また、日足一目均衡表の雲(上限1338円)突破と
    チャート面でも良好な形状に。
    
    その他、本日動いた注目株
    
    クラボウ<3106> 大幅反発。
    終値278円(前日比+15円+5.70%)
    年初来高値更新。
    25日移動平均線(261円)から上放れ。
    
    インテリックス<8940> 大幅続伸。
    終値868円(前日比+28円+3.33%)
    前日(11日)発表の決算を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限856円)突破。
    
    ピックアップ
    ディップ<2379> 大幅続伸。
    終値2604円(前日比+268円+11.47%)
    前日(11日)の決算発表を好感。18年2月期第1四半期(3-5月)の経常
    利益(非連結)は25.8億円(前年同期比17.2%増)。求人需要の高まり
    が継続したことで、「バイトル」や「はたらこねっと」などが好
    調。営業の積極的投入、WEBに特化した媒体戦略によるシェア拡大
    による同社の成長性などが再確認されたようだ。
    テクニカル面では、日足一目均衡表の雲(上限2465円)を突破。
    また、200日移動平均線(2474円)を回復するなど良好な形状に。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
     
  • 2017-07-12【東京市場概況】

    日経平均は反落(97円安) 様子姿勢の強いなか、円高重しに売り
    優勢 
    
    基本的には様子姿勢の強い一日だった。東証1部の売買代金は2兆
    円割れ(6/26以来)と薄商い。今晩に控える12-13日のイエレンFR
    B(米連邦準備制度理事会)議長の議会証言を控えていることなど
    が要因となったもよう。
    様子姿勢の強い展開なか、為替ドル/円が円高に振れていたことが
    重しに。本日は取引時間中に一段と円高に振れる展開となり、日
    経平均は一時、130円超えの下落幅となる場面があった。
    
    日経平均終値は-97.10円の20098.38円。
    
    東証1部の出来高は14億8042万株、
    売買代金は1兆9817億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり570銘柄、値下がり1306銘柄、
    変わらず145銘柄。
    
    業種別では値上がりが4業種、値下がりが29業種。
    値上がりはゴム製品、金属製品、鉱業、保険のみ。
    値下がりトップは銀行、石油・石炭、その他金融。
    
    日経平均は円高を重しに反落。とはいえ、5日移動平均線(20059
    円)や25日移動平均線(20051円)は維持しており、下値サポートと
    して意識されている。引き続き、これをサポートに底堅さを示せ
    ば、年初来高値20318.11円(6/20)を試す展開、高値更新も期待さ
    れるところだろう。
    新興市場はジャスダックは6日続伸で連日で年初来高値更新。いっ
    ぽうでマザーズは4日ぶりに反落とまちまち。
    ただ、好地合いは続いており循環物色。引き続き、新興市場を中
    心とした中小型株の動向に注目が集まるところ。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-12【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落(63円安) 円安一服で売り優勢の展開
    
    前日に日経平均が年初来高値に迫っていたなか、為替ドル/円が円
    安一服となったことで利益確定売りが先行した。
    とはいえ、基本的には様子姿勢の強い展開。日経平均の前場の値
    幅は47程度。東証1部の売買代金も1兆円を下回る薄商い。
    今晩のイエレンFRB議長の米下院での議会証言を前に積極的な
    売買は手控えらているようだ。
    
    日経平均前場終値は-63.10円の20132.38円。
    
    東証1部の出来高は7億2330万株、
    売買代金は9449億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり726銘柄、値下がり1136銘柄、
    変わらず155銘柄。
    
    業種別では値上がりが8業種、値下がりが25業種、
    値上がりは鉱業、金属製品、海運など。
    値下がりトップは銀行、その他金融、銀行。
    
    
    後場の見通し
    
    前場の日経平均は売り優勢の展開にあるも5日移動平均線(20066
    円)や25日移動平均線(20053円)を上回っての推移が続いており、
    テクニカル的にも底堅い展開が続いている。
    後場も注目イベント(イエレンFRB議長の議会証言など)を前に
    様子見姿勢は強いだろうが、底堅さは維持される見通し。
    そんななか、物色は中小型株へ向かいやすい。新興市場は前場を
    プラス圏で引けており、後場も堅調な展開が続きそうだ。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
     
  • 2017-07-12【東京市場見通し】

    円安一服で上値重いも下値は地合いの良さから底堅い展開
    
    前日の米株市場はほぼ横ばい。「ロシアゲート」問題で大統領の
    長男にも疑惑が波及してきたことから、NYダウは一時、129ドル安
    となる場面もあったがプラス圏で引けた。またハイテク比率の高
    いNASDAQは3日続伸となった。
    為替ドル/円は円安一服。現在、113円台後半での推移。
    トランプ大統領の長男に関するネガティブな材料は、NYダウがプラ
    ス圏で引けているところを見ると限定的となりそうだ。
    ただ、為替ドル/円が円高に振れていることから、売り優勢の展開
    が予想される。
    とはいえ、売り一巡後は、地合いの良さから、押し目買いなどが
    入る見通し。下値は底堅いと予想される。
    また、取引時間中に円安に振れる動きが見られれば一段と後押し
    となりそうだ。
    物色は米NASDAQが3日続伸と堅調ななかハイテク株。週末にかけて
    決算が相次ぐゲーム関連の動向も注目されそうだ。
    日経平均は5日移動平均線(20056円)や25日移動平均線(20047円)が
    下値サポート。
    
    日経平均予想レンジは20050-20250円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り540万株、買い350万株、
    差し引き190万株の売り越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が113円台後半での推移。
    (11日終値114.31-32円)
    
    現在、ユーロ/円が130円台半ばでの推移。
    (11日終値130.20-24円)
    
    
    11日の米株市場概況。
    
    ほぼ横ばい。NYダウは小幅に反発、S&P500は僅かながら下落、ハイ
    テク比率の高いNASDAQは3日続伸となった。
    翌日のイエレンFRB議長の議会証言、週後半に控える経済指標(6月
    CPI、6月小売売上高など)を控えて様子姿勢の強い展開となってい
    た。
    しかし、トランプ米政権とロシアとの関係を巡る「ロシアゲー
    ト」問題で、同大統領の長男トランプ・ジュニア氏が、仲介者と
    される人物とのメールを公表。政局不安が意識されNYダウは一時
    129ドル安まで下落する場面があった。ただ、売り一巡後は、急速
    に戻しプラス圏で取引を終えた。
    NYダウは+0.55の21409.07、
    S&P500は-1.90の2425.53、
    NASDAQはの+16.91の6193.31。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-11【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    パルGHD<2726> 決算発表。
    終値2873円(前日比+32円+1.12%)
    18年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は25.7億円(前年同期
    比58.3%増)。
    
    北興化<4992> 決算発表。
    終値522円(前日比+15円+2.95%)
    17年11月期第2四半期累計(16年12月-17年5月)の連結経常利益は
    33.8億円(前年同期比52.6%増)。
    また、自社株買いも発表(発行済み株式数(自社株を除く)の2.3%
    にあたる62万5000株(金額で3億円)を上限)買い付け期間は7/2~
    18年7/11まで。
    
    エヌピーシー<6255> 決算発表。
    終値210円(前日比±0円±0.00%)
    17年8月期第3四半期累計(16年9月-17年5月)の連結経常損益は6億
    5700万円の黒字に浮上。
    通期の同利益を従来予想3億4300万円から4億6400万円に上方修
    正。
    
    ピックアップ
    インターライフ<1418> 業績修正発表。
    終値302円(前日比+1円+0.33%)
    18年2月期第2四半期累計(3-8月)の連結経常利益を従来予想6000万
    円から1億6200万円に上方修正。
    株価は小幅ながら今日まで5日続伸中。5日移動平均線(296円)に沿
    って堅調に推移。発表を好感し、上方向へのトレンドと強める展
    開か。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    博報堂DY<2433>
    終値1492円(前日比+40円+2.75%)
    6月単体売上高は前年同月比7.8%増。
    
    ベクター<2656>
    終値733円(前日比+24円+3.38%)
    新作ブラウザゲーム「クリプトアイランド」のオープンβテスト
    (OβT)を、運営する総合オンラインゲームポータル「Vect
    orGame」およびNHNハンゲームが運営するオンラインゲ
    ームポータルサイト「ハンゲーム」で開始したと発表。
    
    アイロムG<2372>
    終値1713円(前日比+13円+0.76%)
    英AxolとiPS細胞作製技術に関しライセンス契約締結。
    
    アイ・エス・ビー<9702>
    終値1633円(前日比+18円+1.11%)
    災害医療支援パッケージ「L-Share災害医療支援セット」
    が、医療活動支援装置および医療活動支援システムとしてビジネ
    スモデル特許を取得したと発表。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-11【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め10銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S メディネット<2370>、
    S リミックス<3825>、
    一時S パス<3840>、
    S ビーマップ<4316>、
    一時S デジアド<4772>、
    S JMACS<5817>、
    一時S 安永<7271>、
    S 岡本硝子<7746>、
    S アジア航<9233>、
    一時S NCS&A<9709>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    ピックアップ
    REMIX<3825> S高
    終値1440円(前日比+300円+26.31%)
    子会社ビットポイントジャパンが中国の大手総合金融会社である
    仁和智本有限公司(Harmonia Capital Co., Ltd.)と中国仮想通貨
    取引所「浙江文智有限公司」を支援する合弁会社を杭州に設立。
    中国仮想通貨交換業に本格参入へ。
    株価は、6/19に年初来高値1820円を付けて以降は調整、25日移動
    平均線(1405円)を割れる水準まで値を下げていたが、本日に同線
    を回復。再びトレンドは上方向に。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ロングライフ<4355> 大幅反発。
    終値655円(前日比+39円+6.33%)
    25日移動平均線(614円)から上放れ。
    日足一目均衡表の雲(上限636円)突破。
    
    日ペイントH<4612> 大幅続伸。
    終値4310円(前日比+150円+3.60%)
    25日移動平均線(4185円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限4291円)突破。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
     
  • 2017-07-11【東京市場概況】

    日経平均は続伸(114円高) 売り先行も上げ転換し一段高の展開
    
    手掛かり材料に欠けたなか、売り優勢のスタートなった日本株だ
    ったが、売り一巡後は堅調な展開。日経平均は小安く寄り付いた
    が前場を54円高で終えていた。
    後場は為替ドル/円が114円台半ばまで円安に振れたことなどが好材
    料となり一段高。一時は130円超えの上昇となり、20200円台を回
    復する場面が見られた。
    その他の指数ではTOPIXが続伸し年初来高値を更新している。
    また、ジャスダックも5日続伸となり年初来高値更新。マザーズも
    3日続伸と堅調な展開となった。
    
    日経平均終値は+114.50円の20195.48円。
    
    東証1部の出来高は14億3621万株、
    売買代金は2兆673億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1494銘柄、値下がり392銘柄、
    変わらず135銘柄。
    
    業種別では値上がりが29業種、値下がりが3業種。
    値上がりトップは空運、情報・通信、繊維製品。
    値下がりは電気・ガス、その他金融、水産・農林のみ。
    
    日経平均は移動平均線チャートで、5日移動平均線(20056円)が25
    日移動平均線(20047円)を上回りゴールデンクロスと良好形状に。
    騰落レシオも112%台後半と買われ過ぎを示す120%を下回ったまま
    で過熱感は感じられない。目先、年初来高値20318.11円(6/20)を
    試す可能性は高そうだ。
    ただ、高値更新となるには売買代金などを見る限り、エネルギー
    不足感は否めないところではある。
    12-13日にイエレンFRB(米連邦準備制度理事会)議長の議会証言を
    控えていることから、まだ様子姿勢といったところか。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-11【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続伸(54円高) 材料難からの売り先行後に上げに
    転換
    
    前日の外部環境に大きな動き無く、材料難から売りが先行した日
    本株。日経平均もマイナス圏でのスタートとなったが、売り一巡
    後はプラス圏に浮上。為替ドル/円が114台で落ち着いた動きとなっ
    ていることが好感されているようだ。ハイテク株、情報・通信、
    自動車などが指数を支えている。
    
    日経平均前場終値は+54.65円の20135.63円。
    
    東証1部の出来高は6億7557万株、
    売買代金は9458億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1429銘柄、値下がり455銘柄、
    変わらず134銘柄。
    
    業種別では値上がりが27業種、値下がりが6業種。
    値上がりトップは鉱業、情報・通信、空運。
    値下がりはその他製品、水産・農林、電気・ガスなど。
    
    
    後場の見通し
    
    12-13日にイエレンFRB(米連邦準備制度理事会)議長の議会証言が
    控えていることがあり、積極的な売買は限定されているものの、
    日経平均はプラス圏で推移するなど、日本株は堅調な動き。5日移
    動平均線(20044円)、25日移動平均線(20045円)を上回る水準での
    推移と節目20000円で値固めの展開。上値は価格帯別出来高で商い
    が積み上がっている水準20000-20200円を上抜けるほどのエネルギ
    ーは前場の動きを見る限りない。後場も下値はしっかりも上値の
    重い展開は続きそうだ。
    そうしたなか、物色は引き続き中小型株へ。出遅れ銘柄、または
    調整一巡感のある銘柄の動向に注目。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
     
  • 2017-07-11【東京市場見通し】

    堅調な地合いは継続 下値底堅いも手掛かり材料難から小動き
    
    前日の米株市場はまちまち。NYダウは小反落もハイテク中心の
    NASDAQは堅調な展開となった。
    また、為替ドル/円も現在、114円近辺で推移と114円台を維持して
    いる。
    前日から外部環境に大きな動き無し。手掛かり材料には欠ける
    が、日本株は引き続き堅調な地合いと予想される。米NASDAQが堅
    調だったことはプラス材料だろう。足元で戻り基調にあるハイテ
    ク、自動車などが相場の下支えとなりそうだ。
    日経平均も節目20000円を維持し底堅い展開。基本的には前日終値
    (20080.98円)近辺でのもみあいの見通し。
    物色はハイテク株のほか、中小型株に資金が向かいやすい。特に
    注目が集まりそうなのがゲーム関連。明日からゲーム企業の決算
    が相次ぐため、思惑的な動きが出そうだ。
    
    日経平均予想レンジは20000-20200円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り960万株、買い370万株、
    差し引き590万株の売り越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が114円どころでの推移。
    (10日終値114.17-18円)
    
    現在、ユーロ/円が130円どころでの推移。
    (10日終値130.34-38円)
    
    
    10日の米株市場概況。
    
    まちまち。NYダウは小反落もS&P500とNASDAQは続伸。
    相場全体としては12-13日に行われるイエレンFRB(米連邦準備制度
    理事会)議長の議会証言を前に、今後の金融政策に対する行方を見
    極めたいとのムードが広がり様子姿勢。
    そんななか、テクノロジー株が買われて相場を支えた。
    NYダウは-5.82の21408.52、
    S&P500は++2.25の2427.43、
    NASDAQはの+23.31の6176.39。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-10【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    コスモス薬品<3349> 決算発表。
    終値22000円(前日比+440円+2.04%)
    17年5月期の連結経常利益は245億円(前期比18.8%増)。18年5月期
    もほぼ横ばいの246億円の見込み。
    今期の年間配当は前期比10円増の90円に増配する方針。
    
    ピックアップ
    プレナス<9945> 決算発表。
    終値2338円(前日比+27円+1.16%)
    18年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は20.9億円(前年同期
    比66.0%増)。
    株価は、200日移動平均線(2302円)水準で底堅く推移。同線を底に
    切り返しと期待がされるところ。決算をキッカケにトレンド回復
    へ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ホクト<1379>
    終値1969円(前日比+2円+0.10%)
    6月売上高は前年同月比4.8%増。3ヵ月連続で前年実績を上回り。
    
    MDNT<2370>
    終値135円(前日比+1円+0.74%)
    抗がん抗原抗体の高感度検査法に関して、日本での特許が成立。
    
    三栄建築<3228>
    終値1810円(前日比+60円+3.42%)
    ベトナムに合弁会社を設立。
    ハノイ市でのオフィスビル開発事業に参画。
    
    テクマトリックス<3762>
    終値1805円(前日比+17円+0.95%)
    子会社の沖縄クロス・ヘッドが日本インターネットエクスチェン
    ジと連携、沖縄県内でインターネット相互接続サービスを提供開
    始。
    
    フルキャストHD<4848>
    終値1302円(前日比+25円+1.95%)
    ドライバーに特化した人材サービスを展開する新会社を設立。
    
    鎌倉新書<6184>
    終値1850円(前日比+75円+4.22%)
    21日付で東証1部への市場変更。
    
    エプソン<6724>
    終値2565円(前日比+17円+0.67%)
    8/1から日経平均株価の構成銘柄に採用。
    
    MrMAX<8203>
    終値554円(前日比+11円+2.02%)
    6月度既存店売上高は前年同月比1.9%増。
    10ヶ月連続で前年実績を上回り。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-10【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め11銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ASJ<2351>、
    一時S ANAP<3189>、
    S ミタチ産業<3321>、
    S ビリングシス<3623>、
    S ビーマップ<4316>、
    S IPS<4335>、
    S 東理HD<5856>、
    S エスクロAJ<6093>、
    一時S HyAS&C<6192>、
    S ウッドF<8886>、
    S アジア航<9233>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    Fブラザーズ<3454> 大幅反発。
    終値1687円(前日比+194円+12.99%)
    先週末(7日)決算発表を好感。
    200日移動平均線(1661円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限1596円)突破。
    
    ローム<6963> 大幅反発。
    終値8910円(前日比+440円+5.19%)
    日足一目均衡表の雲(上限8745円)突破。
    
    マーキュリア<7190> 大幅4日続伸。
    終値1720円(前日比+112円+6.96%)
    日足一目均衡表の雲(上限1605円)突破。
    
    バンナムHD<7832> 大幅反発。
    終値4080円(前日比+175円+4.48%)
    25日移動平均線(3920円)から上放れ。
    
    吉野家HD<9861> 大幅反発。
    終値1964円(前日比+125円+6.79%)
    先週末(7日)発表の決算を好感。
    25日移動平均線(1868円)から上放れ。
    
    ピックアップ
    ACCESS<4813> 大幅続伸。
    終値954円(前日比+46円+5.06%)
    直近に上値抵抗と意識されていた日足一目均衡表の雲(上限925円)
    突破。また、直近高値931円(7/6)を超えて、トレンドは上方向。
    節目1000円、年初来高値1065円(3/28)を試す展開へ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
     
  • 2017-07-10【東京市場概況】

    日経平均は3日ぶり反発(150円高) 2万円、25日移動平均線回復
    
    先週末(7日)、米株市場が発表された雇用統計を受けて上昇。為替
    ドル/円も円安方向に振れて114円台へ。
    週明けの日本株は米株高、円安を好感し買い優勢の展開となっ
    た。
    日経平均は節目20000円を回復。後場にこの日の高値20127.76円
    (198.67円高)を付けた。
    その後は伸び悩んだものの、午後2時に発表された6月の景気ウォ
    ッチャー調査で現状判断指数が3ヶ月連続で改善。終盤にかけては
    やや盛り返し、本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+151.89円の20080.98円。
    
    東証1部の出来高は15億4025万株、
    売買代金は2兆992億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1411銘柄、値下がり469銘柄、
    変わらず140銘柄。
    
    業種別では値上がりが27業種、値下がりが6業種。
    値上がりトップは海運、その他製品、ゴム製品。
    値下がりは石油・石炭、情報・通信、鉱業など。
    
    日経平均は先週にわれた節目20000円を早々に回復。テクニカル面
    でも25日移動平均線(20038円)などを回復。
    日米の4-6月期決算を控えており、目先はこう着した展開となりや
    すいが、先行期待は高まりやすい状況。良好な企業業績が確認さ
    れれば、株価水準を上がっていくだろう。好材料待ちで、節目
    20000円近辺で値固めといったところか。
    その間、物色対象は中小型へ。センチメントの改善から中小型株
    への物色にも広がりをみせており、本日もゲーム関連の一角に強
    い動きが見られた。
    明日以降もゲーム関連ふくめ、その他のテーマ性の強い銘柄の動
    向を注視しておきたいところ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-10【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反発(135円高) 節目2万円台を回復 米株高、円安
    好感
    
    先週末の米株市場が雇用統計を受けて上昇。為替ドル/円も円安方
    向に振れて114円台。日本株は米株高、円安を好感して買いが先行
    した。
    日経平均は割れていた節目20000円を回復してのスタート。買い先
    行後は高値圏でもみあい伸び悩んだが、しっかりとした展開とな
    った。ハイテク株や自動車株などが買われており、指数を支えて
    いる。
    
    日経平均前場終値は+135.96円の20065.05円。
    
    東証1部の出来高は7億6727万株、
    売買代金は9743億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1485銘柄、値下がり393銘柄、
    変わらず137銘柄。
    
    業種別では値上がりが28業種、値下がりが5業種。
    値上がりトップは海運、その他製品、空運。
    値下がりは情報・通信、銀行、石油・石炭など。
    
    
    後場の見通し
    
    寄り前発表さえた5月機械受注が事前予想を下回るなど不安材料も
    あったものの株価への影響は限定的。
    日経平均は買い先行後に上値は限られているものの、下値はしっ
    かりとした展開。
    テクニカル面では25日移動平均線(20038円)を回復し、その近辺で
    の推移となっている。後場も同線を近辺でこう着した展開がとな
    りそうだ。
    また、日経平均が20000円を超える水準で、しっかりしていれば、
    中小型へ物色が向かいやすい。後場は中小型へ物色が一段と強ま
    りそうだ。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-07-10【東京市場見通し】

    米雇用統計を受けた米株高・円安を好感し買い優勢
    
    先週末(7日)、注目された米雇用統計は非農業部門雇用者数が市場
    予想を大きく上回る結果に。米株市場は主要3指数そろって上昇し
    た。為替ドル/円も円安方向に振れており、現在も114円近辺での推
    移。
    本日の日本株は米株高、円安を受けて買い優勢の展開が見込まれ
    る。
    日経平均は先週に割れた節目20000円を週初から回復し、強い地合
    いが期待される。
    ただ、日中は手掛かり材料に欠けて、上値は為替ドル/円の動向次
    第。
    買い一巡後は、5日移動平均線(20018円)や25日移動平均線(20042
    円)近辺での攻防、為替動向次第では上値を伸ばす可能性ありとい
    ったところだろう。
    
    日経平均予想レンジは20000-20200円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り340万株、買い450万株、
    差し引き110万株の買い越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が114円どころでの推移。
    (先週末7日終値113.69-71円)
    
    現在、ユーロ/円が129円台後半での推移。
    (先週末7日終値129.83-87円)
    
    
    先週末(7日)の米株市場概況。
    
    主要3指数そろって反発。NYダウが3日ぶり反発、S&P500、NASDAQ
    もともに反発した。
    米6月雇用統計で非農業部門雇用者数が市場予想を大きく上回った
    ことで米国経済に対する安心感が広がった。
    テクノロジーをはじめ一般消費財、資本財、金融など景気敏感セ
    クターが上昇。
    米6月雇用統計は非農業部門雇用者数が+22.2万人(市場予想+17.9
    万人)(前月分も+13.8万人から+15.2万人へ上方修正)。失業率が
    +4.4%と予想や前月の4.3%から悪化。
    NYダウは+94.30の21414.34、
    S&P500は+15.43の2425.18、
    NASDAQはの+63.62の6153.08。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-07【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    東製鉄<5423> 業績修正発表。
    終値991円(前日比-8円-0.80%)
    18年3月期の経常利益(非連結)を従来予想100億円から130億円に上
    方修正。4-9月期(上期)の経常利益も従来予の50億円から80億円に
    上方修正。
    
    エスクローAJ<6093> 決算発表。
    終値2367円(前日比-24円-1.00%)
    18年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は3.8億円(前年同期比
    2.1倍)。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    スター・マイカ<3230>
    終値2636円(前日比-54円-2.00%)
    7/14日付で東証2部から東証1部へ指定されることになったと発
    表。
    
    ピックアップ
    シュピン<3179>
    終値2054円(前日比+28円+1.38%)
    当銘柄は中古品のネット販売および店頭販売を手掛ける。
    6月度月次売上高は前年同月比25.2%増。また、Web会員数は前
    月と比較して3147人増加し32万6248人に。
    株価は7/5に年初来高値2138円を付けており、その後は、やや上値
    の重い展開となっていた。
    ただ、日足一目均衡表の転換線(2017円)などを下値サポートに底
    堅い展開。
    発表を好感し、引き続き、上昇トレンドを維持しそうだ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-07【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め11銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ケアサービス<2425>、
    一時S イメージ情報<3803>、
    S エディア<3935>、
    S ビーマップ<4316>、
    S ソレイジア<4597>、
    一時S トーヨアサノ<5271>、
    一時S プラコー<6347>、
    S 川重冷熱<6414>、
    S 三相電機<6518>、
    一時S GFA<8783>、
    S アジア航<9233>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ユニプレス<5949> 大幅反発。
    終値2628円(前日比+79円+3.09%)
    25日移動平均線(2543円)から上放れ。
    
    トーヨーカネツ<6369> 大幅上昇。
    終値333円(前日比+16円+5.04%)
    25日移動平均線(309円)から上放れ。
    
    ピックアップ
    日東紡<3110> 大幅続伸。
    終値589円(前日比+33円+5.93%)
    本日、日足一目均衡表の雲(上限563円)突破。
    週足ベースの移動平均線においても上値抵抗と
    意識されていた13週線(550円)超え。
    目先は5月高値612円までの戻しを試す展開か。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
     
  • 2017-07-07【東京市場概況と来週の見通し】

    7日概況 日経平均は続落(64円安) 売り先行後 日銀の指値オペで
    下げ渋り
    
    前日の欧米株安が重しとなり売りが先行した日本株。日経平均は
    130円超えの下落、19900円を割れでの寄り付きとなった。
    しかし、その後に日銀が5ヶ月ぶりに国債の指値オペを実施。為替
    ドル/円が113円台後半まで円安に振れたことで、日経平均は下げ幅
    を縮小して前場の取引を終えた(19965.78円(28.28円安)。
    後場は、円安が一服したことから、再び軟化する場面もあった
    が、米雇用統計など注目イベントを前に下値も売り込みづらく、
    結果的に底堅い展開となった。
    
    日経平均終値は-64.97円の19929.09円。
    
    東証1部の出来高は16億5375万株、
    売買代金は2兆2732億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり455銘柄、値下がり1471銘柄、
    変わらず95銘柄。
    
    業種別では値上がりが3業種。値下がりが30業種。
    値上がりは保険、海運、転送用機器のみ。
    値下がりトップは水産・農林、不動産、電気・ガス。
    
    
    来週の見通し 外部環境好転なら強い展開 そうでなくても下値は
    底堅い展開か
    
    本日、日銀が国債買入の増額と指し値オペを実施。為替ドル/円は
    円安方向に振れたが、113円台後半にとどまった。
    米雇用統計を控えていたことなどが要因となった面がある。雇用
    統計の結果が市場予想通り、上回る結果となれば、一段と円安に
    振れる動きが期待されるところ。そうなれば、日本株にとっての
    サポートとなる。
    (米雇用統計の市場予測は非農業部門雇用者数が17万9000人増)。
    7月上旬はETFの決算期日が集中している。分配金捻出目的の売り
    が一巡すれば需給的には軽くなる。切り返しの動きが期待される
    ところ。
    ただ、米株安、円高の流れとなれば、上値を抑える要因に。北朝
    鮮を巡る地政学リスクも引き続き、意識される可能性もある。
    売り優勢にあっても、下値はある程度限定されるだろうが、上値
    は、やはり外部環境次第のところが大きいか。
    
    来週の日経平均予想レンジは19700-20300円。
    
    
    
    GloveBambooでは無料メルマガの配信も行っております。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    当ホームページにて更新しております株式ニュースを
    無料メルマガでも、ご確認頂けます。
    
    ☆[無料メルマガ] 限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40 
    
    
    
     
  • 2017-07-07【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅続落(28円安) 欧米株安が重しも円安で下げ
    渋り
    
    前日の欧米株安が重しとなり売りが先行した日本株。寄り付きに
    日経平均は130円を超える下落となり、19900円を割れた。
    しかし、日銀が国債の指値オペを実施すると通知(2月以来)。
    長期金利が低下し、ドル/円が円安方向に振れたことから、
    日経平均は下げ渋り、下げ幅を縮小した。
    
    日経平均前場終値は-28.28円の19965.78円。
    
    東証1部の出来高は7億6274万株、
    売買代金は1兆313億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり728銘柄、値下がり1120銘柄、
    変わらず173銘柄。
    
    業種別では値上がりが13業種、値下がりが20業種。
    値上がりは保険、鉄鋼、転送用機器など。
    値下がりトップは水産・農林、不動産、その他金融。
    
    
    後場の見通し
    
    前場、日銀の指値オペが円安につながり相場の下支え要因となっ
    た。今晩の米雇用統計の発表などを控えて、積極的に買い上がる
    までにはは至らなかったものの、前日に割れた節目20000円や25日
    移動平均線(20043円)を早期に回復する可能性を残したかっこう。
    注目イベントを控える週末。後場は様子見姿勢が強まりやすい。
    下げ止まりが意識されつつも上値の重い展開は続きそうだ。
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
     
  • 2017-07-07【東京市場見通し】

    欧米株安を重しに売り優勢のなか 注目イベント控え様子姿勢
    
    前日の欧州株はECB理事会議事録で金融緩和姿勢の変更を検討した
    との内容が伝わったことが売り材料になり軟調。
    米株も欧州株安の流れ、発表された経済指標などがさえず、売ら
    れる展開となった。
    本日の日本株は、欧米株安の流れから売り優勢の展開が見込まれ
    る。
    前日に日経平均が節目20000円割れとなっての欧米株安、仕掛け的
    な売りも出やすいだろう。
    ただ、為替ドル/円は弱い米経済指標を受けてやや円高に振れるも
    113円台を維持。取引時間中も113円を維持するようなら、下支え
    要因となる。
    また、日銀のETF(上場投資信託)買い期待なども下支え要因となる
    だろう。
    とはいえ、今晩の米雇用統計。週末にかけてのG20を控えて、様子
    見姿勢、いっていの底堅さを示しも、戻りは鈍そうだ。
    日経平均は節目20000円が上値抵抗と意識されそうだ。
    物色に関しては、中小型を中心とした材料株へ向かいやすいが、
    週末要因などから、引けにかけては手仕舞い売りになどが出やす
    い。
    
    日経平均予想レンジは19800-20000円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り760万株、買い830万株、
    差し引き70万株の買い越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が113円前半での推移。
    (6日終値113.33-34円)
    
    現在、ユーロ/円が129円台前半での推移。
    (6日終値128.64-68円)
    
    
    6日の米株市場概況。
    
    主要3指数そろって下落。
    ECB(欧州中央銀行)の6月開催分の議事要旨で、量的緩和の解除が
    示唆され、欧州で金利が上昇。米国でも10年物国債の金利が上昇
    し、株価の重しとなった。
    また、発表された経済指標。週末の米6月雇用統計の前哨戦と言わ
    れている米6月ADP雇用統計の結果が+15.8万人。前月(+25.3万
    人)、市場予想(+18.8万人)を下回ったことも売り材料となった。
    NYダウは-158.13の21320.04、
    S&P500は-22.79の2409.75、
    NASDAQはの-61.39の6089.46。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-06【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    サカタのタネ<1377> 業績・配当修正発表。
    終値3730円(前日比+140円+3.89%)
    17年5月期の連結経常利益を従来予想74億円から82.5億円に上方修
    正。前期の年間配当を従来計画の23円から28円に増額修正。
    
    サーラ<2734> 決算発表。
    終値701円(前日比+12円+1.74%)
    17年11月期第2四半期累計(16年12月-17年5月)の連結経常利益は
    60.8億円。従来予想の47億円を上回った。通期の同利益を従来予
    想の43.5億円から50億円に上方修正。今期の年間配当を従来計画
    の15円から17円)に増額修正。
    
    コスモス薬品<3349> 業績・配当修正発表。
    終値21310円(前日比-360円-1.66%)
    17年5月期の連結経常利益を従来予想207億円から245億円に上方修
    正。前期の年間配当を従来計画の70円から80円に増額修正。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    アーバネット<3242>
    終値427円(前日比+6円+1.42%)
    既存ホテル6件を取得しホテル事業参入。
    
    すかい<3197>
    終値1660円(前日比-5円-0.30%)
    6月度既存店売上高は前年同月比2.0%増。
    2ヵ月ぶりに前年実績上回り。
    
    フジミインコ<5384>
    終値2360円(前日比+16円+0.68%)
    京都大学エネルギー理工学研究所檜木達也准教授と、次世代航空
    機エンジン用SiC/SiC複合材料「セラミック複合材料(CM
    C)」の実用化に向けて共同研究を開始。
    
    東京綱<5981>
    終値1728円(前日比+8円+0.46%)
    ロシアのロスエンジニアリング社と防災製品の製造・販売を行う
    合弁会社を設立。18年4月に操業開始予定。初年度は約3.1億円の
    売上を見込む。
    
    エボラブル<6191>
    エンジニア常駐型の技術支援サービスを提供するベンチャー企業
    [MapleSystems社]と資本業務提携。ITオフショア開発事業の営業
    力強化。
    
    アルバック<6728>
    終値5260円(前日比+50円+0.95%)
    パワーデバイス向けイオン注入装置2機種を開発、販売開始。
    
    ピックアップ
    マクドナルド<2702>
    終値4295円(前日比-25円-0.57%)
    6月既存店売上高は前年同月比16.8%増。
    19ヶ月連続で前年実績上回り。
    株価は7/4年初来高値(4460円)を付けて以降は上値の重い展開。
    ただ、日足一目均衡表の転換線(4292円)をサポートに下値は底堅
    い。同線から切り返しが期待されるところ。
    
    ラウンドワン<4680>
    終値1043円(前日比-8円-0.76%)
    6月既存店売上高は前年同月比4.2%増。
    2ヵ月ぶりに前年実績を上回った。
    株価は5/30年初来高値1158円を付けてから、週足ベースの移動平
    均線の13週線(1031円)まで調整したかっこうとなっていた。
    調整一巡感があるなか、発表を好感。13週線からの切り返しが期
    待される。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-06【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め11銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S 比較コム<2477>、
    S アテクト<4241>、
    S ビーマップ<4316>、
    S IPS<4335>、
    一時S ぱど<4833>、
    一時S 京写<6837>、
    S ジンズメイト<7448>、
    S パスポート<7577>、
    一時S 堀田丸正<8105>、
    S アジア航<9233>、
    一時S マルコ<9980>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    東京鉄<5445> 大幅続伸。
    終値444円(前日比+31円+7.50%)
    PBRが0.5倍台と割安感あり。
    日足一目均衡表の雲(上限432円)突破。
    
    EG<6050> 大幅続伸。
    終値2290円(前日比+150円+7.00%)
    人工知能(AI)関連。
    25日移動平均線(2089円)から上放れ。
    
    トレンダーズ<6069> 大幅3日続伸。
    終値1230円(前日比+64円+5.48%)
    日足一目均衡表の雲(上限1185円)突破。
    
    ピックアップ
    ニコン<7731> 大幅続伸。
    終値1849円(前日比+84円+4.75%)
    外資系証券の投資判断格上げなどを好材料視。
    株価は直近、調整の流れにあり、25日移動平均
    線(1797円)割れとなっていたが、同線を回復。
    再び、トレンド上向き方向に。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
     
  • 2017-07-06【東京市場概況】

    日経平均は反落(87円安) 約3週間ぶりに終値で節目2万円割れ
    
    朝方から売り優勢の展開。週末に米雇用統計やG20を控えて、積極
    的な売買が手控えられたなか、為替ドル/円が113円を割れるなど円
    高方向に振れる動きが見られ、日経平均は節目20000円割れ。その
    水準では押し目買いなどから、下げ渋る動きも見られたものの、
    戻りは限定的。終値では約3週間ぶりに節目20000円を割れた。
    
    日経平均終値は-87.57円の19994.06円。
    
    東証1部の出来高は16億8308万株で、
    売買代金は2兆3105億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり861銘柄、値下がり1006銘柄、
    変わらず154銘柄。
    
    業種別では値上がりが12業種、値下がりが21業種。
    値上がりは建設・水産・農林、鉄鋼など。
    値下がりトップは石油・石炭、鉱業、ゴム製品。
    
    日経平均は終値で節目20000円を割り込み。チャート面でも25日移
    動平均線(20052円)割れとなった。形状の悪化は否めないものの、
    20000円割れの水準では押し目を拾う動きも見られており、一段の
    下振れを警戒する局面でもないだろう。
    ただ、物色は中小型株や低位材料株等へ一段と向かいやすくなっ
    た。
    明日は、米雇用統計と重要な経済指標の発表、7-8日のG20などを
    控える週末とあり、様子見姿勢が強まりやすい。下げたところは
    押し目買いチャンスとなる銘柄も出てくるだろう。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-06【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落(54円安) 一時は節目20000円割れも
    
    朝方から売り優勢でスタート。為替ドル/円が一時、113円を割れる
    場面が見られ、その時に日経平均は節目20000円を割れる場面があ
    った。
    ただ、その水準では値ごろ感などから買いが入り、いっていの底
    堅さを示した。
    
    日経平均前場終値は-54.21円の20027.42円。
    
    東証1部の出来高は8億4118万株、
    売買代金は1兆1257億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり991銘柄、値下がり857銘柄、
    変わらず169銘柄。
    
    業種別では値上がりが15業種、値下がりが18業種。
    値上がりは建設、水産・農林、不動産など。
    値下がりは石油・石炭、ゴム製品、鉱業など。
    
    
    後場の見通し
    
    前場の日経平均は一時、節目20000円を割れる場面も見られたが、
    おおよそ5日移動平均線(20046円)、25日移動平均線(20053円)近辺
    でこう着。
    後場は日銀のETF買い入れへの思惑から底堅さが意識される見通し
    だが、米雇用統計やG20などを控えて、上値は限定されるだろう。
    その為、こう着感は強く、引き続き中小型株へ物色が向かいやす
    い展開となりそうだ。
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
     
  • 2017-07-06【東京市場見通し】

    休場明け米市場に大きな動き無し 材料難から小動きな展開
    
    休場明けの米株市場は高安まちまち。NYダウは小幅に下落もハイテ
    ク中心のNASDAQは4日ぶりの反発となった。
    為替ドル/円は113円台前半での推移。小動きといったところ。
    大きな動きは無く、為替ドル/円が円安一服となっていることは、
    ややネガティブも113円台を維持している限り、売り材料にはなり
    にくい。
    NASDAQが堅調だったは好感され、東京市場でもハイテク株への買
    戻しの動きが見られそうだ。
    日経平均は、25日移動平均線(20046円)近辺での攻防。節目20000
    円が下値サポートと意識される見込み。ただ、週末に米雇用統計
    を控えていることなどから、上値も様子見姿勢から重い展開とな
    りそうだ。
    物色は、半導体関連への買戻しのほか、日経平均が20000円で底堅
    さを維持するようなら、中小型株。また低位株などへ向かいやす
    い。
    
    日経平均予想レンジは20000-20150円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り700万株、買い1450万株、
    差し引き750万株の買い越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が113円どころでの推移。
    (5日終値113.48-50円)
    
    現在、ユーロ/円が128円台前半での推移。
    (5日終値128.95-99円)
    
    
    5日の米株市場概況。
    
    高安まちまち。NYダウはほぼ横ばい小幅安、S&P500は小幅高。
    ハイテク中心のNASDAQは4日ぶりの反発となった。
    ここのところ弱い動きにあった半導体株が上昇。いっぽうで、
    原油安を嫌気したエネルギー株が軟調だった。
    公表されたFOMC議事録ではメンバーの多くが数カ月以内の緩
    やかなバランスシート縮小開始を支持していることが明らか
    になった。
    NYダウは-1.10の21478.17、
    S&P500は+3.53の2432.54、
    NASDAQはの+40.80の6150.86。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-05【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ウエルシアHD<3141>
    終値4190円(前日比-50円-1.17%)
    18年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は68億円(前年同期比
    40.5%増)。
    
    薬王堂<3385> 決算発表。
    終値3350円(前日比+100円+3.07%)
    18年2月期第1四半期(3-5月)の経常利益(非連結)は11.7億円(前年
    同期比33.4%増)。
    
    川口化<4361>
    終値214円(前日比+9円+4.39%)
    17年11月期第2四半期累計(16年12月-17年5月)の連結経常損益は1
    億7500万円と従来予想1億1000万円の黒字を上回って着地。
    通期の同利益を従来予想1億7000万円から2億3000万円に上方修
    正。
    
    ピックアップ
    コシダカHD<2157> 決算発表。
    終値2897円(前日比+16円+0.56%)
    17年8月期第3四半期累計(16年9月-17年5月)の連結経常利益は50億
    円(前年同期比41.6%増)。。
    通期の同利益を従来予想55.1億円から59.4億円に上方修正した。
    また、今期の年間配当を従来計画34円から36円に増額。
    株価は、日足一目均衡表の転換線(2860円)などをサポートに上昇
    トレンド真っただ中。引き続き、堅調な展開が続く見通し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ツクイ<2398>
    終値673円(前日比+4円+0.59%)
    6月サービス利用者数は前年同月比7.4%増。
    
    セリア<2782>
    終値5320円(前日比±0円±0.00%)
    6月既存店売上高は前年同月比2.2%増。
    4ヵ月連続で前年実績を上回り。
    
    ハイデイ日高<7611>
    終値2861円(前日比+34円+1.20%)
    6月既存店売上高は前年同月比2.1%増。
    今期に入り4ヵ月連続で前年実績上回り。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-05【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め12銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S 暁飯島工業<1997>、
    一時S ASJ<2351>、
    S 比較コム<2477>、
    一時S DMP<3652>、
    S インフォテリ<3853>、
    S マイネット<3928>、
    S Ubicom<3937>、
    一時S ニックス<4243>、
    S ビーマップ<4316>、
    S 野村マイクロ<6254>、
    一時S サクサ<6675>、
    S トレイダーズ<8704>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め4銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S 芦森工<3526>、
    S パスポート<7577>、
    S 堀田丸正<8105>、
    S マルコ<9980>。
    
    ピックアップ
    野村マイクロ<6254> S高。
    終値1088円(前日比+150円+15.99%)
    大幅続伸。
    テクニカル面では、日足一目均衡表の雲(上限998円)突破。
    トレンド回復から、年初来高値1254円(2/28)を試す展開へ。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ACCESS<4813> 大幅反発。
    終値920円(前日比+54円+6.23%)
    日足一目均衡表の雲(上限915円)突破。
    
    アーレスティ<5852> 大幅反発。
    終値1162円(前日比+58円+5.25%)
    日足一目均衡表の雲(上限1121円)突破。
    
    CKD<6407> 大幅反発。
    終値1829円(前日比+88円+5.05%)
    25日移動平均線(1733円)から上放れ。
    
    東京計器<7721> 大幅続伸。
    終値301円(前日比+16円+5.61%)
    25日移動平均線(282円)から上放れ。
    
    ピックアップ
    DeNA<2432> 大幅反発。
    終値2593円(前日比+103円+4.13%)
    直近、日足一目均衡表の雲内(2477-2552円)での推移とな
    っていたなか、本日に雲を突破。
    テクニカル面、出遅れゲーム関連としても注目度が増し
    てきそうだ。
    目先は200日移動平均線(2790円)を試す展開へ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
     
  • 2017-07-05【東京市場概況】

    日経平均は反発(49円高) 一時19900円割れも終値では2万円維持
    
    前日の米株市場が休場。材料難のなか本日の日本株は、北朝鮮を
    巡る地政学リスクが意識され、売り優勢の展開となる場面があっ
    た。
    その時、日経平均は140円安となり、19900円を割れる展開となっ
    ていた。
    しかし、売り一巡後は、日銀のETF(上場投資信託)買い期待などを
    下支えに下げ幅を縮小、後場にはプラス圏に切り返し、終値では
    節目20000円を維持した(終値での20000円維持は13日連続)。
    
    日経平均終値は+49.28円の20081.63円。
    
    東証1部の出来高は17億9461万株、
    売買代金は2兆4503億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1329銘柄、値下がり550銘柄、
    変わらず143銘柄。
    
    業種別では値上がりが25業種、値下がりが8業種。
    値上がりトップは鉄鋼、非鉄金属、機械。
    値下がりは不動産、鉱業、陸運など。
    
    北朝鮮を巡る地政学リスクが手控え要因となっているものの、過
    剰に反応する動きは薄れる展開となった。
    出遅れ感のある自動車株や鉄鋼株に継続的に押し目買いが入り、
    直近、調整の流れにあった半導体関連株が切り返し傾向にあるこ
    とも好感される。
    日経平均も終値では25日移動平均線(20046円)を維持。4月後半か
    らの上昇相場のなか、同線がサポートして機能しており、その流
    れが現時点では継続されている形状だ。
    新興市場にしても、本日はしっかりとした展開。前日の下げ分は
    取り戻すまではいかなかったものの、いっていの底堅さを示した
    ことは好感される。相場全体の雰囲気としては悪くない展開にあ
    るだろう。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-05【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続落(103円安) 節目2万円割れ 北朝鮮リスク警
    戒 
    
    前日の米株市場が休場。手掛かり材料に欠けたなか、日経平均は
    小安くスタートした。
    いっとき、20000円を維持し推移するも、韓国国防省高官が、北朝
    鮮が6回目の核実験など挑発を試みる可能性があると述べたと伝わ
    り、北朝鮮リスクが改めて警戒され展開となった。
    日経平均は前場を節目20000円割れで終えている。
    
    日経平均前場終値は-103.56円の19928.79円。
    
    東証1部の出来高は8億9637万株、
    売買代金は1兆2531億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり778銘柄、値下がり1082銘柄、
    変わらず160銘柄。
    
    業種別では値上がりが10業種、値下がりが23業種。
    値上がりは鉄鋼、機械、転送用機器など。
    値下がりトップは不動産、陸運、鉱業。
    
    
    後場の見通し
    
    前場の日経平均は節目20000円を割れるとともに、25日移動平均線
    (20040円)を割れている。
    材料難のなか、北朝鮮を巡る地政学リスクを強く意識し、過剰反
    応するかっこうとなった。
    韓国総合株価指数が小高く推移していることからも、日本株が過
    剰反応していると見ていいだろう。
    後場は、日銀のETF買い入れへの思惑などもあり、ある程度の戻し
    が期待される。前場に割れた25日移動平均線を回復して引けたい
    ところ。
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
     
  • 2017-07-05【東京市場見通し】

    地政学リスクを意識 日経平均は節目2万円近辺での攻防
    
    前日の米株市場は独立記念日のため休場。
    為替ドル/円は現在、113円どころでの推移。昨日、引け後に北朝鮮
    の発表を確認した後は切り返していたが、5日早朝に前日のミサイ
    ル発射は大型核弾頭が搭載可能な新開発のICBMの実験だった
    と表明。これを受けて再び円高方向に振れる動きとなっている。
    引き続き、北朝鮮をめぐる地政学リスクが上値を抑える要因とな
    りそうが、日経平均は昨日にある程度織り込み済み、改めてネガ
    ティブ視する動きは限定的と思われる。
    前日に節目20000円を維持し引けていたことから、この水準を下値
    サポートと意識、割れる場面では押し目買いが入ると見込まれ、
    上値重いも下値では底堅さを示す見通し。
    節目20000円近辺で小動きな展開となりそうだ。
    
    日経平均予想レンジは19950-20150円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1560万株、買い1380万株、
    差し引き180万株の売り越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が113円どころでの推移。
    (4日終値113.10-12円)
    
    現在、ユーロ/円が128円台前半での推移。
    (4日終値128.50-54円)
    
    
    4日の米株市場は休場。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-04【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    本日、該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ABCマート<2670>
    終値6440円(前日比+20円+0.31%)
    6月度既存店売上高は前年同月比2.7%増。
    2ヵ月ぶりに前年上回り。
    
    オンコリス<4588>
    終値805円(前日比-24円-2.89%)
    がんの体外検査薬として開発を進めているOBP-1101(テロ
    メスキャンF35)について、米国で特許登録を受けたと発表。
    
    Uアローズ<7606>
    終値3505円(前日比-60円-1.68%)
    6月既存店売上高は前年同月比1.8%増。9ヶ月連続で前年上回り。
    
    ファストリ<9983>
    終値37630円(前日比+190円+0.50%)
    6月国内ユニクロ既存店売上高は前年同月比4.1%増。
    3ヶ月連続で前年上回り。
    
    ピックアップ
    ミクシィ<2121>
    終値6030円(前日比-180円-2.89%)
    6/22提供を開始したスマートフォン向けゲーム「ファイトリー
    グ」が、6/30付で世界累計利用者数100万人を突破したと発表。
    株価は、6/22に年初来高値7300円を付けて以降は調整の流れにあ
    り、日足一目均衡表の雲下限(5902円)近辺まで押したかっこう。
    調整一巡感からリバウンドへと期待がかかる。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-04【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め11銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S DNAチップ<2397>、
    S 比較コム<2477>、
    S 芦森工<3526>、
    一時S ニックス<4243>、
    S 細火工<4274>、
    S ビーマップ<4316>、
    一時S デジアド<4772>、
    一時S DMソリュ<6549>、
    一時S ツナグS<6551>、
    一時S ラ・アトレ<8885>、
    一時S マルコ<9980>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め3銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S ぱど<4833>、
    一時S 堀田丸正<8105>、
    一時S マルコ<9980>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    豊和工<6203> 4日続伸。
    終値811円(前日比+23円+2.91%)
    防衛関連銘柄。
    日足一目均衡表の雲(上限799円)突破。
    
    サンケン電<6707> 3日続伸。
    終値487円(前日比+14円+2.95%)
    日足一目均衡表の雲(484円)突破。
    
    ネットワン<7518> 続伸。
    終値1133円(前日比+49円+4.52%)
    25日移動平均線(1090円)から上放れ。
    
    ピックアップ
    日産自<7201> 反発。
    終値1128.5円(前日比+11.05円+1.02%)
    直近の円安進行による業績押し上げが期待され、高かった自
    動車株から当銘柄をピックアップ。
    日産自<7201>の18年3月期の想定為替レートは1ドル=108円。
    チャート面では、先週に26週移動平均線(1099円)を回復。
    今週も堅調な展開が続いており、中長期的なトレンド回復が
    一段と強まってきてる。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
     
  • 2017-07-04【東京市場概況】

    日経平均は反落(23円安)  北朝鮮情報を警戒 一時は2万円割れ
    
    前日のNYダウの上昇や為替ドル/円が113円台と円安方向にあったこ
    となどが好感され、日本株は買いが先行した。
    日経平均は一時、140円超えの上昇、20200円手前まで上昇する場
    面もあった。
    その後、午前10時前に北朝鮮がミサイルを発射したと伝わった。
    この時、影響は限定的だったが、北朝鮮が重大発表を行うと報じ
    られた後場は、警戒感が広がり、売り優勢の展開に。
    日経平均は、節目20000円を割れた。とはいえ、終値では20000円
    を維持した。
    
    日経平均終値は-23.45円の20032.35円。
    
    東証1部の出来高は18億5772万株、
    売買代金は2兆5053億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり530銘柄、値下がり1374銘柄、
    変わらず118銘柄。
    
    業種別では値上がりが9業種、値下がりが24業種。
    値上がりは転送用機器、海運、鉱業など。
    値下がりトップはその他製品、サービス、空運。
    
    4日の米国市場が独立記念日の祝日で休場。日本株は買い一巡後に
    様子姿勢となりやすい日にあった。そんななか、北朝鮮の報道が
    加わり、売りを呼ぶことになった。
    明日も引き続き、海外勢の資金流入が限られると予想されるな
    か、こう着感の強い展開となりやすい。
    ただ、本日の北朝鮮への警戒感が過剰だったと反応されれば、見
    直し買いなどから、比較的強い反発が期待される。
    (北朝鮮の重大発表については「ICBM実験の成功」)
    日経平均は、これまでの、25日移動平均線(20029円)で下げ止ま
    り、下値切り上げのパターンをまだ崩すしていない。
    新興市場についてもマザーズが一時3%超えの下落となるなど、本
    日はきつい下げとなったが、25日移動平均線(1151円)までおした
    かっこう、同線をサポートに反発と期待されるところ(マザーズ終
    値1149.62)。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-04【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続伸(85円高) NYダウ高や円安などを好感
    
    朝方から買いが先行。前日にNYダウが取引時間中の最高値を更新す
    るなど堅調だったことや為替ドル/円が113円台に振れる円安だった
    ことなどが好感された。
    日経平均は、寄り付き直後に140円超えの上昇、20200円に迫る場
    面があった。
    買い一巡後は、北朝鮮のミサイル発射が伝わったことなどがあ
    り、上げ幅を縮小する場面も見られたが影響は限定的だった。
    
    日経平均前場終値は+85.41円の20141.21円。
    
    東証1部の出来高は8億8270万株、
    売買代金は1兆1408億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり923銘柄、値下がり953銘柄、
    変わらず146銘柄。
    
    業種別では値上がりが18業種、値下がりが15業種。
    値上がりは海運、転送用機器、鉱業。
    値下がりはその他製品、空運、食料品。
    
    
    後場の見通し
    
    4日の米国株市場が独立記念日で休場。商いは細ると予想された
    が、前場の東証1部売買代金は1兆1408億円。商い伴っての上昇と
    なっており、相場の雰囲気は良好。
    週末に米雇用統計など、注目度高い経済指標の発表を控える警戒
    感よりも日本株の割安感からくる期待感の方が上回っているのだ
    ろう。後場も引き続き、堅調な展開が続きそうだ。
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
     
  • 2017-07-04【東京市場見通し】

    ドル/円が113円台と一段と円安方向に 買い先行の見通し
    
    前日の米株市場はハイテク比率の高いNASDAQは続落となったもの
    の、NYダウは取引時間中の史上最高値を更新する場面もあり続伸と
    好感されやすい動きとなった。
    また、為替ドル/円も発表された米経済指標を受けて円安方向に振
    れており、現在は113円台前半での推移。
    本日の日本株は主力輸出株を中心に買いが先行する見通し。
    ただ、4日の米国が独立記念日の祝日で休場、海外勢のフロー限ら
    れると予想され、商いが膨らみずらい、買い一巡後はやや伸び悩
    むと予想される。
    その為、後半は、引き続き、活発な動きにある中小型へ物色は移
    りやすい。直近、調整一巡感が感じられるもの、出遅れ感の強い
    ものの動向を注視したいところ。
    
    日経平均予想レンジは20100-20300円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り550万株、買い880万株、
    差し引き330万株の買い越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が113円台前半での推移。
    (3日終値112.79-80円)
    
    現在、ユーロ/円が128円台後半での推移。
    (3日終値128.52-56円)
    
    
    3日の米株市場概況
    
    高安まちまち。NYダウは一時、取引時間中の史上最高値を更新、続
    伸でこの日の取引を終えた。S&P500も続伸。ハイテク株の比重が
    大きいNASDAQは3日続落となった。
    原油高を受けてエネルギー株が買われたほか、長期金利の上昇を
    好感し金融株が続伸。いっぽうでテクノロジー株には売りが続い
    た。
    発表された経済指標は、米6月ISM製造業景況指数が約3年ぶりの高
    水準となり、金利先高観が強まった。
    この日、翌日に独立記念日の休場を控えて午後1時までの短縮取引
    であったため総じて薄商いだった。
    NYダウは+129.64の21479.27、
    S&P500は+5.60の2429.01、
    NASDAQはの-30.36の6110.06。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-03【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    
    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ。
    見通しなどを紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    小林製薬<4967> 業績修正発表。
    終値6600円(前日比-70円-1.04%)
    17年12月期第2四半期累計(1-6月)の連結経常利益を従来予想71億
    円から102億円に上方修正。
    (通期の経常利益は従来予想210億円を据え置き)
    
    ピックアップ
    JIA<7172> 業績修正発表。
    終値4705円(前日比+165円+3.63%)
    17年12月期第2四半期累計(1-6月)の連結経常利益を従来予想9億円
    から13.5億円に上方修正。(通期の経常利益は従来予想34億円を据
    え置き)
    株価は直近、5日移動平均線(4514円)近辺で日柄調整中にあったな
    か、本日に上放れ。
    明日以降も発表を好感し、上値を伸ばす展開。年初来高値(4960
    円)更新から一段高と期待されるところ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    Jフロント<3086>
    終値1723円(前日比-1円-0.05%)
    6月度百貨店事業の合計売上高は前年同月比4.8%増。
    3ヶ月連続で前年上回り。
    
    ミツコシイセタン<3099>
    終値1137円(前日比+11円+0.97%)
    6月度既存店売上高は前年同月比1.1増。
    3ヶ月ぶりに前年実績上回り。
    
    アエリア<3758>
    終値3570円(前日比+355円+11.04%)
    子会社が本格海戦ゲーム「蒼焔の艦隊」の事前登録を開始。
    
    テクノプロHD<6028>
    終値4500円(前日比-20円-0.44%)
    グローバル人材紹介事業を展開するBoyd&Moore Executive Search
    社の全株式を取得し子会社化。
    
    インスペック<6656>
    終値1342円(前日比+81円+6.42%)
    6月度の単体受注額は前年同月比2.0倍。
    
    高島屋<8233>
    終値1064円(前日比-5円-0.46%)
    高島屋単体と国内百貨店子会社を含む17店舗合計の売上高は前年
    同月比4.6%増。4ヶ月連続で前年実績上回り。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-03【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。
    より注目される銘柄をピックアップ見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め25銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S テラ <2191>、
    S ASJ<2351>、
    S DNAチップ<2397>、
    S 比較コム<2477>、
    S 夢展望<3185>、
    S ANAP<3189>、
    一時S レカム<3323>、
    S 芦森工<3526>、
    S ボルテージ<3639>、
    S サイステップ<3810>、
    一時S 日本一ソフト<3851>、
    一時S 川口化<4361>、
    S SDエンター<4650>、
    S トーセ<4728>、
    S デジアド<4772>、
    S ぱど<4833>、
    S Sサイエンス<5721>、
    S 土木管理<6171>、
    S ツナグS<6551>、
    S ジンズメイト<7448>、
    S パスポート<7577>、
    S 堀田丸正<8105>、
    S ラ・アトレ<8885>、
    S コンセック<9895>、
    S マルコ<9980>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    りらいあ<4708> 続伸。
    終値1248円(前日比+26円+2.12%)
    25日移動平均線(1223円)回復し上放れ傾向。
    
    ラオクリア<4579> 大幅反発。
    終値1147円(前日比+111円+10.71%)
    25日移動平均線(1131円)回復し上放れ傾向。
    
    日バルカー<7995> 大幅高。
    終値2318円(前日比+94円+4.22%)
    25日移動平均線(2202円)から上放れ。
    
    ケーヨー<8168> 大幅3日続伸。
    終値847円(前日比+66円+8.45%)
    6/30決算発表を好感。年初来高値更新。
    25日移動平均線(775円)から上放れ。
    
    ピックアップ
    COOK<2193> 大幅反発。
    終値951円(前日比+40円+4.39%)
    料理レシピサイトで首位。料理レシピ専門サイト「クックパッ
    ド」を運営。
    テクニカル面で注目。直近にもみあっていた日足一目均衡表の雲
    (914-894円)から上放れ、上昇トレンド転換が期待される形状にあ
    る。次に200日移動平均線(972円)回復となれば、さらに上昇トレ
    ンド転換が確実なものに。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
     
  • 2017-07-03【東京市場概況】

    日経平均は小反発(22円高) 東京都議選の影響限定的 日銀短観な
    ど下支えに
    
    先週末の米株市場が比較的しっかりとした展開、為替ドル/円が112
    円台での推移。外部環境に落ち着きが見られたなか、寄り付き前
    に発表された日銀短観も市場予想を上回る結果となったことなど
    が好感された。
    2日投開票の東京都議選で自民党が惨敗、相場への影響が懸念され
    たものの影響は限定的なものだった。
    日経平均は買い先行後に、マイナス圏に沈む場面もあったが、切
    り返し。その後、今週に相次ぐ米経済指標の発表などを前に、上
    値は限られたが、節目20000円どころで、しっかりとした展開とな
    った。
    日経平均終値は+22.37円の20055.80円。
    
    東証1部の出来高は16億109万株、
    売買代金は2兆509億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1117銘柄、値下がり767銘柄、
    変わらず138銘柄。
    
    業種別では値上がりが21業種、値下がりが12業種。
    値上がりトップは鉄鋼、繊維製品、石油・石炭。
    値下がりはその他製品、金属製品、バルブ・紙など。
    
    今週は本日の動きのように様子見姿勢の強い展開が続く見込み。
    米株市場が3日が半日立ち合い、4日が休場。外国人投資家のフロ
    ーが減る。加えて、週末の7日に米雇用統計を控える週だ。
    日経平均は、節目20000円近辺での攻防が続く。
    そんななか、新興市場を中心とした中小型が相場の主役で、個別
    物色が盛んとなる見通し。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
  • 2017-07-03【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小反発(26円高) 一時マイナスに転じるも底堅い
    
    為替ドル/円が円安方向に振れていたことや寄り前に発表された日
    銀短観が市場予想を上回る結果となったことなどから、日本株は
    買いが先行した。
    買い一巡後に日経平均はマイナス圏に沈む場面も見られたが、そ
    の後に持ち直し、下値は底堅い展開。
    2日投開票の東京都議選では自民党が大敗したが、株式市場に与え
    る影響は限定的のようだ。
    
    日経平均前場終値は+26.78円の20060.21円。
    
    東証1部の出来高は7億6385万株、
    売買代金は9468億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1060銘柄、値下がり801銘柄、
    変わらず160銘柄。
    
    業種別では値上がりが19業種、値下がりが14業種。
    値上がりトップは石油・石炭、繊維製品、鉄鋼。
    値下がりは保険、不動産、証券・商品など。
    
    
    
    後場の見通し
    
    2日投開票の東京都議選に関しては、ある程度織り込み済みと判断
    され、自民党の支持率低下は株式市場にとって、良い話ではない
    が、大きなネガティブ材料とはならなかった。
    こちらもある程度織り込み済みと見られていたが、日銀短観の良
    好な内容が下支え要因となったようだ。
    後場も引き続き、上値は重たいだろうが、下値を売り込む状況に
    はない。
    日経平均は変わらず節目20000円近辺での攻防。物色は新興市場を
    中心とした中小型の材料株、テーマ株に向かう展開となりそう
    だ。
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
     
  • 2017-07-03【東京市場見通し】

    上値重いも下値もしっかり、様子見姿勢の強い展開か
    
    先週末の海外市場は欧州は軟調だったものの、米株は比較的、し
    っかりの展開。NASDAQは小幅に下落もNYダウとS&P500は上昇となっ
    た。
    為替ドル/円も円安方向に振れており、現在は112円台前半での推
    移。
    国内では2日の東京都議選では自民党が惨敗。今後の国内の政権運
    営に関しては不透明感が強まった。支持率回復のために経済政策
    をより前進させるとの期待もあるいっぽうで、安倍首相の求心力
    が弱まれば、その政策もスムーズに進まないとの懸念がある。市
    場がどの程度織り込んでおり、どう織り込むか、反応を見極めた
    いところだろう。
    その他、今週は米重要指標の発表も多く予定されていることもあ
    り、上値は追いにくく、様子見姿勢の強い展開が予想される。
    ただ、為替ドル/円が円安方向に振れていることなどは好感され、
    下値は安心感もあり、底堅さを示しそうだ。
    物色に関しては、引き続き、中小型株へ。日経平均が節目20000円
    近辺での攻防が予想されるなか、新興市場を中心とした中小型へ
    向かいやすい。
    
    日経平均予想レンジは19950-20150円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り560万株、買い410万株、
    差し引き150万株の売り越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が112円台前半での推移。
    (先週末30日終値112.05-07円)
    
    現在、ユーロ/円が128円台前半での推移。
    (先週末30日終値127.86-90円)
    
    
    先週末30日の米株市場概況
    
    高安まちまち。NYダウとS&P500が反発したいっぽうでNASDAQは小幅
    ながら続落となった。
    決算などが好感されたナイキが大幅高。また、キャタピラーなど
    の工業株がしっかりとした展開。
    いっぽうで、テクノロジーやヘルスケア株は上値の重い展開とな
    った
    NYダウは+62.60の21349.63、
    S&P500は+3.71の2423.41、
    NASDAQはの-3.93の6140.42。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    type4_400x40
                    
お気軽にお問い合わせください
  • お申込み
  • お問い合わせ
電話番号