• 2017-09-29【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    スターマイカ<3230> 決算発表。
    終値1676円(前日比-4円-0.23%)
    17年11月期第3四半期累計(16年12月-17年8月)の連結経常利益は
    28.1億円(前年同期比61.2%増)。
    併せて通期の同利益を従来予想27.2億円から30億円に上方修正。
    業績好調に伴って今期の年間配当を従来計画38円から41.5円に
    増額修正。
    
    ミタチ<3321> 決算発表。
    終値910円(前日比+19円+2.13%)
    18年5月期第1四半期(6-8月)の連結経常利益は4.7億円(前年同期
    比3.0倍)。
    併せて6-11月期(上期)の同利益を従来予想の5.5億円から8.7億
    円に上方修正。
    上期業績の好調に伴って通期の同利益を従来予想10億円から13.
    1億円に上方修正。
    今期の上期配当を従来計画12円から13円に増額、下期配当も従
    来計画12円から13円に増額修正(年間配当26円)。
    
    日プロス<9651> 決算・株式分割発表。
    終値1418円(前日比+54円+3.95%)
    18年5月期第1四半期(6-8月)の連結経常利益は1.4億円(前年同期
    比4.4倍)。
    併せて6-11月期(上期)の同利益を従来予想の1.9億円から2.8億
    円に上方修正。
    11/30日割り当ての1対2の株式分割。年間配当を従来計画40円か
    ら30円に修正、実質配当は変わらない。
    
    ピックアップ
    合同鉄<5410> 業績修正発表。
    終値2107円(前日比-18円-0.84%)
    18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結最終利益を従来予想7億
    円から20億円に上方修正。(通期最終利益は従来予想50億円を据
    え置き)。
    株価は週足一目均衡表の転換線(2104円)近辺でいっていの底型
    さを示しており、上方修正を好材料視、同線からの上振れに期
    待がかかる。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40 
    
    
    
  • 2017-09-29【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S フジックス<3600>、
    S ウォンテッド<3991>、
    S インテリW<4847>、
    S トーヨアサノ<5271>、
    一時S ゲームウィズ<6552>、
    S シライ電子<6658>、
    S テクポイント<6697>、
    S ダイヤ電機<6895>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    ピックアップ
    インテリW<4847> ストップ高。
    終値797円(前日比+100円+14.34%)
    前日(28日)、自社で販売提供しているイスラエル社製の
    サイバーセキュリティー対策ソリューション「Deceptio
    ns Everywhere」が国内大手金融機関に採用されたと発
    表。業績への寄与が期待されるなど買いが集まり、本日
    はストップ高で引けた。
    テクニカル面では25日移動平均線(738円)を回復するな
    ど良好な形状。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    トレックスセミ<6616> 5日大幅続伸。
    終値1879円(前日比+101円+5.68%)
    日足一目均衡表の雲(上限1792円)突破。
    
    アルパイン<6816> 3日大幅続伸。
    終値2047円(前日比+68円+3.43%)
    25日移動平均線(2001円)回復。
    
    ピックアップ
    理計器<7734> 大幅続伸。
    終値2258円(前日比+124円+5.81%)
    SMBC日興が新規カバレッジなどを受けて上昇。
    直近、日足一目均衡表の雲上限(2144円)近辺で伸び悩む
    展開となっていたが、この水準から上放れた。
    年初来高値が2350円(7/10)。目先、高値更新となれば、
    一段と上方向へのトレンドを強めそうだ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-29【東京市場概況と来週の見通し】

    29日概況 日経平均は小反落(6円安) 後場にはプラス圏に浮上す
    る場面も
    
    為替ドル/円が1円安一服の流れにあったことなどから、日本株は
    朝方から売りが先行した。
    日経平均は78円安まで下落する場面があった。ただ、円安一服
    以外に売られる材料も無く、5日移動平均線(20342円)や日足一
    目均衡表の転換線(20301円)水準での推移が続き前場の取引を終
    えていた。
    後場は、断続的な先物買いなどで一時はプラス圏に浮上する場
    面が見られた。
    とはいえ、週末要因などもあり上値を追う動きは無く、小幅安
    で本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は-6.83円の20356.28円。
    
    東証1部の出来高は17億3136万株、
    売買代金は2兆9564億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり847銘柄、値下がり1067銘柄、
    変わらず115銘柄。
    
    業種別では値上がりが13業種、値下がりが20業種。
    値上がりは医薬品、その他金融、水産・農林など。
    値下がりトップは鉱業、電気・ガス、転送用機器。
    
    
    来週の見通し もみあい上値を追う動き限定的も下値も底堅いか
    
    月初となる週明けは株高期待が強い。日経平均は9月まで月初に
    15ヶ月連続上昇となっており、10月の第一営業日も上昇との見方
    は少なくないだろう。
    ただ、来週末(6日)に米雇用統計を控えるなど米経済指標の発表
    が相次ぐ(2日の9月ISM製造業景況指数など)。その為、月初上昇
    でスタートしても様子姿勢から上値は限定されそうだ。
    また、海外投資家の日本株買い戻しに一巡感が出てきているとの
    見方も出てきていることも上値を抑える要因となりそうだ。
    その他、日本の政治が転換点を迎えようともしている。自民・公
    明党が高支持率を維持すれば、相場は落ち着いているだろうが、
    新党の希望の党が伸びるようであればネガティブに反応しそう、
    世論調査の動向に一喜一憂する場面が出てきそうだ。
    ただ、日経平均は価格帯別出来高が積み上がっている20000-2020
    0円をサポートに下値は底型さを維持してしっかりの展開となる見
    込み。
    そうしたなか物色対象は新興市場を中心とした中小型へ向かいや
    すい。ジャスダック、マザーズともに3日続伸で本日の取引を終
    えており、ジャスダックは連日の新高値を付けている。「来週も
    新興市場ではIPO(新規株式公開)銘柄があり、これに絡める形で
    賑わう展開が期待される。
    また、医学生理学賞や物理学賞など各種ノーベル賞が発表され
    る、日本人の受賞者が出ればバイオ関連株なども賑わいそうだ。
    
    来週の日経平均予想レンジは20050円-20550円。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-29【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落(58円安) 円安一服で売り先行も下値は限定的
    
    為替ドル/円が112円台半ばと円安一服の流れにあったなか、日本株
    は朝方から売り優勢の展開となった。ただ、売り込まれる材料も
    特にないなか下値も限定的。日経平均の前場安値は20285.06円
    (78.05円安)。5日移動平均線(20332円)や日足一目均衡表の転換線
    (20301円)近辺での推移となった。
    
    日経平均前場終値は-58.07円の20305.04円。
    
    東証1部の出来高は6億9572万株、
    売買代金は1兆1392億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり689銘柄、値下がり1232銘柄、
    変わらず106銘柄。
    
    業種別では値上がりが5業種、値下がりが28業種。
    値上がりは水産・農林、非鉄金属、医薬品など。
    値下がりトップは電気・ガス、鉱業、海運。
    
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は後場も下値しっかりの展開が続く見通し。上値は追い
    にくいが日銀のETF買い入れへ思惑、月末のリバランス需給から
    底堅さが意識されやすいだろう。
    また、前場をJASDAQ、マザーズはプラス圏で引けており堅調。
    大引けにかけてはポジション調整から伸び悩む可能性はあるも
    のの、物色は中小型株にシフトしてきている面がある。
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-29【東京市場見通し】

    上値重いも下値もしっかり落ち着いた展開となりそう
    
    前日の米株市場は上値は限られたが主要3指数そろって上昇してお
    りしっかりとした展開だった。いっぽうで為替ドル/円は円安一服
    となっており現在は112円台半ば近辺での推移。
    本日の日本株は海外市場に新たな材料が欠けるなか、ドル/円が円
    高に傾いており上値を追う動きとはなりにくい。ただ、米株市場
    がしっかりとしていることから売り込まれるところでもないだろ
    う。日経平均は引き続き価格帯別出来高が積み上がっている20000
    円-20200円をサポートに意識しながら、5日移動平均線や日足一目
    均衡表の転換線の水準20300円どころで値固めの展開。終盤は週末
    要因などからやや売り優勢に傾く可能性はありそうだ。
    
    日経平均予想レンジは20250-20450円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1660万株、買い2040万株、
    差し引き380万株の買い超し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が112円台半ばでの推移。
    (28日終値112.82-83円)
    
    現在、ユーロ/円が132円台半ばでの推移。
    (28日終値132.61-65円)
    
    
    28日米株市場概況
    
    主要3指数そろって上昇。NYダウは続伸、S&P500とNASDAQは小幅に3
    日続伸となった。
    NYダウ、S&P500と史上最高値が視野に入るなか、戻り待ちの売りか
    ら上値は重いが、下値では押し目を拾う動きが出ており、底堅い
    展開となった。
    発表された経済指標はまちまち。米4-6月期GDP・確報値は小幅な
    上方修正となった一方、米新規失業保険申請件数は予想よりわず
    かながら悪化した。
    NYダウは+40.49の22381.20、
    S&P500は+3.02の2510.06、
    NASDAQはの+0.19の6453.45。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-28【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    Vコマース<2491> 業績・配当修正発表。
    終値730円(前日比+14円+1.95%)
    17年12月期の連結経常利益を従来予想11億円から19.2億円
    に上方修正。業績好調に伴って今期の年間配当を従来計画
    7円から9円に増額修正。
    
    ジースリーHD<3647>業績・配当修正発表。
    終値206円(前日比+1円+0.48%)
    17年8月期の連結経常利益を従来予想5億円からに上方修正。
    業績好調に伴って期末一括配当を従来計画1円から2円に増
    額修正。
    
    ファンタジー<4343> 業績修正発表。
    終値3915円(前日比+85円+2.21%)
    18年2月期第2四半期累計(3-8月)の連結経常利益を従来予想
    16.5億円から23億円に上方修正。
    上期業績の好調に伴って通期の連結経常利益も従来予想39
    億円から45.5億円に上方修正。
    
    一工薬<4461> 業績修正発表。
    終値673円(前日比+9円+1.35%)
    18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を従来予想
    13億円から19億円に上方修正。
    
    東京個別<4745> 業績修正発表。
    終値1056円(前日比±0円±0.00%)
    18年2月期第2四半期累計(3-8月)の経常利益(非連結)を従来
    予想1.4億円から4.6億円に上方修正。
    
    GameWith<6552> 決算発表。
    終値3430円(前日比+125円+3.78%)
    18年5月期第1四半期(6-8月)の経常利益(非連結)は3.4億円。
    
    ピックアップ
    アズビル<6845> 業績修正発表。
    終値4695円(前日比+35円+0.75%)
    18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を従来予想
    57億円から75億円に上方修正。(通期の経常利益は従来予想
    215億円据え置き)。
    株価は9/15に年初来高値4885円を付けて以降は上昇一服と
    なっているものの25日移動平均線(4638円)がサポート線に
    底堅い展開となっている。発表を好感して同線からの上放
    れ、高値更新へと期待がかかる。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    JVCKW<6632>
    終値329円(前日比+1円+0.30%)
    車載用関連機器の製造販売を手掛けるシンワの株式を追加
    取得し完全子会社化。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40 
    
    
    
  • 2017-09-28【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め11銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S YKT<2693>、
    S 石垣食<2901>、
    S フジックス<3600>、
    S ユビキタ<3858>、
    一時S BSC<4793>、
    一時S 東海カ<5301>、
    一時S パイオラック<5988>、
    S カワタ<6292>、
    S ダイヤ電機<6895>、
    一時S FDK<6955>、
    S 大興電子<8023>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    パソナ<2168> 大幅上昇。
    終値1219円(前日比+68円+5.90%)
    日足一目均衡表の雲(上限1213円)突破。
    
    コーエーテクモ<3635> 大幅反発。
    終値2350円(前日比+77円+3.38%)
    25日移動平均線(2298円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限2325円)突破。
    
    コムチュア<3844> 大幅反発。
    終値2078円(前日比+158円+8.22%)
    年初来高値更新。
    25日移動平均線(1927円)から上放れ。
    
    M&Aキャピ<6080> 3日大幅続伸。
    終値5560円(前日比+280円+5.30%)
    日足一目均衡表の雲(上限5375円)突破。
    
    ピックアップ
    山一電<6941> 大幅続伸。
    終値2095円(前日比+138円+7.05%)
    半導体関連株の堅調な展開が目立った。当銘柄は半導体
    ソケット大手。基板装置や検査向け主力。
    ここまで上値抵抗と意識されていた25日移動平均線(198
    9円)超え。
    日足一目均衡表においても雲(上限2011円)を突破となる
    など、上昇トレンド転換の見かた。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-28【東京市場概況】

    日経平均は3日ぶり反発(96円高) 積極的な上値追う動きは見られず
    
    朝方から買いが先行、前日の米株や円安などが好感された。た
    だ、寄り付き以降は積極的に上値を追う動きは見られなかった。
    日経平均は20400円に接近すると高値警戒感が意識された。とは
    いえ、大きく崩れることも無く、高値圏でのもみあい。上値重い
    もしっかりとした印象だ。
    
    日経平均終値は+96.06円の20363.11円。
    
    東証1部の出来高は16億358万株、
    売買代金は2兆7403億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1461銘柄、値下がり494銘柄、
    変わらず71銘柄。
    
    業種別では値上がりが30業種、値下がりが3業種。
    値上がりトップは金属製品、繊維製品、その他製品。
    値下がりは電気・ガス、海運、小売りのみ。
    
    北朝鮮を巡る地政学リスクなどが残るなか、上値は伸び悩む展開
    となっており、日経平均は20400円-20500円が目先の上値メドとし
    て意識されているようだ。
    ただ、下値は格帯別出来高が積み上がっている20000円-20200円の
    20200円どころが下値と意識されており、直近は20450円-20200円
    のレンジでもみあい。明日も週末要因などから上値は限定的、レ
    ンジ内での推移におさまりそうだ。
    中小型、新興株はジャスダック、マザーズともに続伸。電気自動
    車(EV)、人工知能(AI)などテーマに沿った材料株が人気。また、
    足元で調整が続いていた銘柄の自律反発狙いの売買も目立ってお
    り、それらの広がりが期待されるところ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-28【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は3日ぶり反発(58円高) 買い一巡後は上げ幅縮小
    
    前日の米株高や円安傾向にあったドル/円の動向などが好感されて
    朝方から買いが先行した。
    ただ、日経平均は寄り付き直後に付けた20399.43円(132.38円高)
    がここまでの高値となり、上げ幅を縮小する展開に。利益確定売
    りや戻り待ちの売り上値を抑えらたかっこう。
    
    日経平均前場終値は+58.47円の20325.52円。
    
    東証1部の出来高は7億628万株、
    売買代金は1兆1819億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1117銘柄、値下がり790銘柄、
    変わらず119銘柄。
    
    業種別では値上がりが22業種、値下がりは11業種。
    値上がりトップはその他製品、保険、金属製品。
    値下がりは電気・ガス、海運、小売りなど。
    
    
    
    後場の見通し
    
    前場、買い優勢の展開ではあったものの上値では利益確定売りに
    押された。
    北朝鮮を巡る地政学リスク。また、衆院解散・総民進党が希望の
    党へ事実上の合流を模索していると報じられるなか、選挙で政策
    期待が高まってきていたものの、やや衆院選に向けた危機感など
    が警戒されているよう。
    とはいえ、日経平均は格帯別出来高が積み上がっている20000
    円-20200円を上回って推移と需給は悪くない。後場の上値は重い
    もしっかりとした展開が続く見通し。
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-28☆短期資金集中!! 急騰期待の高い仕手株を紹介☆

    
    
    ☆目先に短期資金集中、急騰が期待される注目の仕手株を
    紹介致します☆
    
    
    さて、こちら本日から投稿させて頂くNEW企画!!
    【短期資金集中、注目の仕手株を紹介】
    投稿は週に1回をメドに配信予定。
    日々に相場概況などに加えてお楽しみください。
    
    
    それでは早速紹介させて頂きます。
    
    
    フィックスタース<3687>
    27日終値:4200円。
    目標株価:4600-4700円。
    
    量子コンピューター関連銘柄。量子コンピューターに関しての
    報道がこのところ目立ち、当銘柄も関連銘柄の一つとして注目
    度が高い。
    フィックスターズは金融機関向けのソフト開発を中心に手掛け
    る会社。量子コンピューターを世界で初めて商用化したカナダ
    のDウェーブシステムズ社と量子コンピューターの開発で協業
    体制にあるということから注目されている銘柄。
    テクニカル面では日足一目均衡表の雲(上限3900円-下限705円)
    を突破して上値の伸ばす展開、年初来高値4690円(7/12)をうか
    ががう流れにあります。
    目先、とりあえずの目標株価はこの水準。相場環境次第ではそ
    れ以上といったところ。
    
    
    当銘柄の情報はGloveBamboo会員様には既に配信済み☆
    いち早く情報をゲットしたい場合は会員登録(有料)を宜し
    くお願い致します。
    
    
    GloveBambooの基本サービスは下記の通りとなります☆
    
    1.配信する銘柄の形態は大きく分けて3パターン。
    
    短期トレード
    最短で配信当日に決済。 
    おおよそ2~10営業日を軸とした銘柄。
    
    中期トレード
    おおおよそ2~4週間(1ヶ月)を軸とした銘柄。
    
    長期トレード:1ヶ月以上。
    例えば先で大化け期待のある銘柄などを段階
    を分けて買い入れていくパターン。
    
    推奨した銘柄については動向を毎日配信し、
    フォロー致します。
    
    その他、仕手株情報などもいち早く配信致します。
    
    
    2.相場展望や概況を毎日配信。
    
    
    3.銘柄診断もお受けいたします。
    保有株の今後の見通しなどをご相談ください。
    
    
    これらを軸に株式トレードを充実させて参ります!!
    
    
    
    ☆コースは全部で3種類☆
    
    提供するサービス内容に違いはなく長期契約による割引。
    1ヶ月コース15000円。
    3ヶ月コース40000円(5000円お得)、
    6ヶ月コース70000円(20000円お得)となります。
    
    
    会費のお支払いはクレジット決済(PayPal)、
    銀行振り込みとご利用頂けます。
    
    
    その他、ご不明な点などがございましたら、
    お気軽にお問い合わせください。
    
    
    
    GloveBambooでは無料メルマガの配信も行っております。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    当ホームページにて更新しております株式ニュースを
    無料メルマガでも、ご確認頂けます。
    
    ☆[無料メルマガ]限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40 
    
    
    
  • 2017-09-28【東京市場見通し】

    買い先行 米株高や円安を好感 日経平均は年初来高値更新か
    
    前日の米株市場は主要3指数そろって上昇、税制改革案が好感さ
    れた。為替ドル/円も一時113円台に乗せる場面があるなど円安方
    向(現在は112円台後半での推移)。
    本日の日本株は米株高、円安を好感して買い優勢でのスタート
    となりそうだ。
    特に大型株主導の力強い上昇が見込まれることから、日経平均
    は年初来高値更新が視野に入り、節目20500円を試す可能性があ
    るだろう。
    いっぽうで北朝鮮情勢を巡る地政学リスクの警戒や衆院解散・
    総選挙を控えて民進党が希望の党へ事実上の合流を模索してい
    ると報じられており、衆院選に向けた危機感なども警戒されて
    くる可能性もあり20500円どころでは伸び悩みそうだ。
    
    日経平均予想レンジは20300-20500円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1060万株、買い1440万株、
    差し引き380万株の売り越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が112円台後半での推移。
    (27日終値112.68-69円)
    
    現在、ユーロ/円が132円台半ばでの推移。
    (27日終値132.46-50円)
    
    
    26日米株市場概況
    
    主要3指数そろって上昇。
    税制改革案への期待から3指数がそろって上昇してスタート。
    一時、NYダウとS&P500はマイナス圏に沈む場面も見られたが、
    発表された税制改革案がほぼ期待通りとなり、再び買われる
    展開となった。
    S&P500は5営業日ぶりに取引時間中の史上最高値を更新。
    NYダウは+56.39の22340.71、
    S&P500は+10.20の2507.04、
    NASDAQはの+73.10の6453.26。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-27【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ピックアップ
    アルコニックス<3036> 業績修正発表。
    終値1857円(前日比+49円+2.71%)
    18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を従来予
    想24億円から37.5億円に上方修正(通期の経常利益は従来
    予想49億円を据え置き)。
    直近の株価は25日移動平均線(1767円)を下値サポートに
    同線から上放れ傾向にある、発表を好感して上方向への
    トレンドをさらに強めそうだ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    フューチャー<4722>
    終値979円(前日比+12円+1.24%)
    ワールドとファッション企業向けにプラットホームの提供
    やシステム関連のコンサルティングを行う新会社を設立。
    
    カイオム<4583>
    終値372円(前日比+8円+2.19%)
    スイスのADC Therapeutics社とがん治療用抗体「LIV-1205
    」の開発。製造および販売に関するライセンス契約を締結。
    
    タカラバイオ<4974>
    終値1503円(前日比-9円-0.59%)
    膵がんを対象とした腫瘍溶解性ウイルスHF10の第1相臨床試
    験で、26日に第1例目の被験者へHF10を投与したと発表。
    
    親電元<6844>
    終値6980円(前日比-29円-0.43%)
    米ワイトリシティ社と電動車両向けの非接触電力伝送(ワイ
    ヤレス給電)技術に関するライセンス契約を締結。
    
    ピックアップ
    海洋堀削<1606>
    終値2198円(前日比+111円+5.31%)
    セミサブマーシブル型リグ「HAKURYU-5」によるマレーシア
    沖での掘削工事を受注。
    テクニカル面では本日に日足一目均衡表の雲(上限2153円)
    を突破。次に200日移動平均線(2267円)を試す展開、超える
    動きとなれば、一段と上昇期待が高まるところ。
    
    ソラスト<6197>
    終値2038円(前日比-36円-1.73%)
    ソラスト<6197>在宅サービスを中心とする介護や保育事業
    を手掛ける銘柄。
    積極的なM&A(企業の買収・合併)を実施しており、介護
    事業の経営規模拡大による成長が期待されている。
    そんなソラスト<6197>は引け後に愛媛県、関東圏、関西圏
    などで通所介護(デイサービス)を中心に35の事業所で介護
    サービス事業を運営しているベストケアを10/31付で子会
    社化すると発表。発表を好感した買いが向かいそうだ。
    テクニカル面では、9/22に年初来高値2344円を付けてから
    上昇一服。日足一目均衡表の基準線(2036円)近辺まで値を
    下げており、この水準からの切り返しが期待されるところ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40 
    
    
    
  • 2017-09-27【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S YKT<2693>、
    S PCIHD<3918>、
    S パークシャ<3993>、
    一時S 静甲<6286>、
    S ダイヤ電機<6895>、
    S 岡本硝子<7746>、
    S 大興電子<8023>、
    S クロップス<9428>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    日本CMK<6958> 大幅反発。
    終値1099円(前日比+74円+7.21%)
    25日移動平均線(1063円)回復。
    
    第一生命<8750> 続伸。
    終値1972.0円(前日比+48.5円+2.52%)
    日足一目均衡表の雲(上限1924円)突破。
    200日移動平均線(1971円)回復。
    
    ピックアップ
    レカム<3323> 大幅反発。
    終値114円(前日比+9円+8.57%)
    テクニカル面で注目。
    本日、日足一目均衡表の雲(上限109円)突破。また、週足ベ
    ースの移動平均線チャートにおいても割れていた13週線(10
    9円)を回復しての推移となっており良好な形状。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-27【東京市場概況】

    日経平均は続落(63円安) 続落も下値ではいっていの底堅さあり
    
    9月末配当などの権利落ち日となる本日は売り優勢でスタートし
    た。
    日経平均は下落してスタートして一時は116円安となり20200円
    近辺まで値を落とす場面が見られた。
    ただ、為替ドル/円が112円半まで円安に振れたことなどが支援
    材料。また、日銀のETF(上場投資信託)買い思惑なども下支
    えとなり、下値ではいっていの底型さを示した。
    日経平均は配当落ち分(推定130円程度)を考慮すれば実質プラ
    ス。落ち分は埋められなかったものの比較的堅調だったと見
    れる。
    
    日経平均終値は-63.14円の20267.05円。
    
    東証1部の出来高は12億227万株、
    売買代金は2兆839億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり815銘柄、値下がり895銘柄、
    変わらず90銘柄。
    
    業種別では値上がりが6業種、値下がりが27業種。
    値上がりは海運、繊維製品、鉱業など。
    値下がりはトップは電気・ガス、石油・石炭、陸運。
    
    日経平均は続落だが、配当落ちを考慮しても価格帯別出来高が
    積み上がっている20000円-20200円のレンジを上回って引けて
    おり、この水準が下値サポートとして強く意識されているこ
    とを示した。
    北朝鮮リスクが警戒されるなか、上値は慎重姿勢となりやす
    い面はあるが、下値は20000円-20200円水準で値固め、切り
    返しが期待されるところ。米利上げ観測から円安に振れやす
    く先高観も強い。
    物色に関しては、相対的に出遅れているセクターや銘柄。ま
    た、電池関連や子育て支援といった先行きに対する期待が大
    きいテーマ株へ向かいそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-27【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続落(59円安) 配当落ちの影響 実質堅調な展開
    
    本日は9月末配当などの権利落ち日。配当落ち(推定130円程度)の
    影響から日経平均は下落してスタートして一時は116円安となり
    20200円近辺まで値を落とす場面が見られた。
    ただ、為替ドル/円が112円台を回復するなど円安に振れたことな
    どが下支えとなり、ハイテク関連株が底堅く推移。配当落ち分
    を考慮すると実質堅調との見方。
    
    日経平均前場終値は-59.22円の20270.97円。
    
    東証1部の出来高は5億8940万株、
    売買代金は9751億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり625銘柄、値下がり1107銘柄、
    変わらず68銘柄。
    
    業種別では値上がりが6業種、値下がりが27業種。
    値上がりが海運、鉄鋼、その他製品など。
    値下がりトップは陸運、電気・ガス、情報・通信。
    
    
    
    後場の見通し
    
    前場の日経平均は底堅い値動き。配当落ちの影響があるなかでも
    の20000円-20200円(価格帯別出来高の多い水準)を上回って推移。
    後場も底堅い展開は続き、日銀のETF買い入れなども意識される。
    その為、配当落ち分を吸収してくる展開が期待されるところ。
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-27【東京市場見通し】

    為替ドル/円が円安に振れ112円台回復  配当落ち分を埋める展開か
    
    前日の米株市場は高安まちまちで方向感欠ける展開だったもの
    の、為替ドル/円が円安方向に振れており112円台を回復。
    昨日に下げが目立っていた値がさハイテク株等のリバウンドか
    ら、底堅い展開が予想される。東京時間で一段と円安に進行す
    る動きなどが見らられば、日経平均で130円-140円程度とみら
    れる9月中間期末の配当落ち分を埋める展開ともなるだろう。
    引き続き価格帯別出来高で商いが積み上がっている20000円-20
    200円をサポートに下値を固める展開が期待される。
    物色対象は子育て支援や社会インフラといった政策関連になど
    に向かいやすい。
    
    日経平均予想レンジは20150-20450円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1690万株、買い1010万株、
    差し引き680万株の売り越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が112円台前半での推移。
    (26日終値111.75-77円)
    
    現在、ユーロ/円が132円台前半での推移。
    (26日終値131.99-132.03円)
    
    
    26日米株市場概況
    
    高安まちまち。NYダウは73ドル高まで上昇する場面もあったが、
    プラス圏を維持できず、わずかながら下落、4日続落となった。
    S&P500は0.01%高のほぼ横ばい、NASDAQはと小幅に反発となった。
    北朝鮮に対する地政学リスクが警戒されるなか様子姿勢、方向感
    に欠ける展開だった。
    NYダウは-11.77の22284.32、
    S&P500は+0.18の2496.84、
    NASDAQはの+9.57の6380.16。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-26【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ピックアップ
    ピックルス<2925> 決算発表。
    終値1665円(前日比+50円+3.09%)
    18年2月期第2四半期累計(3-8月)の連結経常利益は9.3億円
    と従来の減益予想から一転して増益着地。
    株価は本日、3%超えの上昇で続伸しており、上値抵抗と意
    識されていた75日移動平均線(1650円)を回復。次に日足一
    目均衡表の雲(上限1723円)を突破となるなどの動きが見ら
    れれば、上昇トレンド転換と期待されるところ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    パレモ・HD<2778>
    終値364円(前日比-14円-3.70%)
    9月度既存店売上高が前年同月比0.1%増と小幅ながら3ヶ月
    ぶりに前年を上回った。
    
    ピックアップ
    東レ<3402>
    終値1059円(前日比-6.5円-0.61%)
    出光興産<5019>と今後成長が予測される有機EL材料に関
    わる技術提携を進めることに合意したと発表。お互いが保
    有する有機EL材料、技術、知見などを活用して新規材料
    開発、材料評価で協力。両社の評価設備・生産設備などの
    保有資産を有効に活用して、ディスプレイの性能や耐久性
    の向上、および、コストダウンに貢献する材料の提供を目
    指して協力するとのこと。
    株価は9/20に(年初来高値1093.0円)を付けて以降は調整の
    流れにあり、日足一目均衡表の転換線(1060円)近辺まで値
    を落としている、発表を好材料にここで調整一巡か。
    
    出光興産<5019>
    終値3120円(前日比+20円+0.64%)
    東レ<3402>と今後成長が予測される有機EL材料に関わる
    技術提携を進めることに合意したと発表。
    お互いが保有する有機EL材料、技術、知見などを活用し
    て新規材料開発、材料評価で協力。両社の評価設備・生産
    設備などの保有資産を有効に活用して、ディスプレイの性
    能や耐久性の向上、および、コストダウンに貢献する材料
    の提供を目指して協力するとのこと。
    株価は今日まで小幅ながら6日続伸。直近に日足一目均衡表
    の雲(2952円)を突破したことなどから堅調に推移しており、
    200日移動平均線(3258円)を試す展開にある。同線を回復と
    なれば、中長期的にも上昇トレンド転換と期待されるとこ
    ろにある。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40 
    
    
    
  • 2017-09-26【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め5銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S ブレクスルー<2464>、
    S YKT<2693>、
    一時S 京進<4735>、
    S フイルコン<5942>、
    S ニューテック<6734>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S ETFS<1691>、
    S アイビー<4918>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    アートスパーク<3663> 大幅続伸。
    終値1446円(前日比+238円+19.70%)
    ZMP再上場への思惑から急騰。
    日足一目均衡表の雲(上限1437円)突破。
    
    フューチャーVC<8462> 3日ぶり大幅反発。
    終値1579円(前日比+136円+9.42%)
    ZMP再上場への思惑から急騰。
    200日移動平均線(1531円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限1545円)突破。
    
    メタウォーター<9551> 大幅続伸。
    終値3135円(前日比+110円+3.63%)
    日足一目均衡表の雲(上限3061円)突破。
    
    ピックアップ
    リソー教育<4714> 大幅続伸。
    終値871円(前日比+34円+4.06%)
    政府が25日、経済財政諮問会議を開き3歳から5歳の幼稚園・
    保育所費用無償化、0歳から2歳の低所得世帯は無償化する方
    針を示した。それにより2歳から年長児向けの幼児教育「京進
    ぶれわん」を展開している京進<4735>が買われており、リソ
    ー教育<4714>にも連想買いが入ったもよう。
    テクニカル面では日足一目均衡表の雲(上限867円)を突破する
    など良好な形状に。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-26【東京市場概況】

    日経平均は反落(67円安) 売り優勢も配当取り需要が下支え
    
    朝方、前日の米株市場が、北朝鮮リスクへの警戒感を背景に売り
    優勢の展開となった流れからを日本株も売りが先行した。
    とはいえ、米株市場が大引けにかけては下げ渋る動きを見せるな
    ど底型さを示していたことなどから、売り圧力は限定的なものと
    なり、売り一巡後は下げ渋る展開、9月末の配当権利付き最終売
    買日で権利取りの買いも支えとなった。
    日経平均は前場、後場と一時は約90円の下落となる場面あった。
    寄与度の高い東京エレク<8035>、ソフトバンG<9984>、ファナッ
    ク<6954>が軟調に推移したことなど要因。
    
    日経平均終値は-67.39円の20330.19円。
    
    東証1部の出来高は17億8031万株、
    売買代金は2兆5341億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1189銘柄、値下がり732銘柄、
    変わらず107銘柄。
    
    業種別では値上がりが20業種、値下がりが13業種。
    値上がりトップは鉱業、陸運、倉庫・運輪。
    値下がりは電気機器、その他製品、機械など。
    
    日経平均は上値は重い印象。今晩の米株市場が堅調、為替ドル/円
    が円安に振れるどすれば別だが、本日に5日移動平均線(20336円)
    割れとなったことなどを考えると一端調整となりやすい。
    とはいえ、懸念材料である北朝鮮リスクに対して打たれ強くなっ
    てきており、解散・総選挙の場合は投開票日まで堅調になるとい
    うのがアノマリー(過去の経験則)、強く売り込まれるとこでもな
    いだろう。その為、調整といっても節目20000円、価格帯別出来高
    で商いが積み上がっている20000円-20200円間で底堅く推移、日柄
    調整といったところ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-26【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小反落(20円安) 売り優勢も一巡後は下げ渋り
    
    前日の米株市場が、北朝鮮リスクへの警戒感を背景に売り優勢の
    展開にあった流れを日本株も引継ぎ売りが先行した。
    ただ、米株市場が大引けにかけては下げ渋る動きを見せていたこ
    となどもあり売り圧力は限定的。また、9月末の配当権利付き最
    終売買日で権利取りの買いも支えとなり、底堅い展開となった。
    日経平均は一時90円近い下落幅となったが、前場終値では20円安
    まで下落幅を縮小している。
    
    日経平均前場終値は-20.29円の20377.29円。
    
    東証1部の出来高は8億1816万株、
    売買代金は1兆1370億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1080銘柄、値下がり798銘柄、
    変わらず150銘柄。
    
    業種別では値上がりが25業種、値下がりが8業種、
    値上がりトップは鉱業、空運、陸運。
    値下がりは電気製品、その他製品、不動産など。
    
    
    後場の見通し
    
    前場、日経平均は売りが先行したものの9月中間期末の配当狙いの
    動きなどから底堅さが意識された。後場もその流れは続き、底堅
    い展開が続く見通し。テクニカル面での日経平均は5日移動平均線
    (20345円)を前場終値時点で上回っており、サポート線として意識
    されそう、同線を上回る時間帯が続けば、プラス圏に浮上する展
    開が期待されるところ。
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-26【東京市場見通し】

    売り優勢も底堅い展開 米朝関係を懸念も政策期待などが下支え
    
    前日の米株市場は主要3指数そろって下落。北朝鮮の外相が米大統
    領の発言を宣戦布告だと述べたことを受けてリスク回避の動きが
    強まった。為替ドル/円も円高方向に振れており、現在は111円台後
    半での推移。
    米株安に円高で、本日の日本株は売り優勢の展開となりやすい。
    ただ、米株市場でNYダウは一時130ドルの下落となるも引けにかけ
    ては持ち直した、ドル/円もも極端な円高に振れたわけどもない。
    その他、本日は9月期末の配当・株主優待権利付き最終売買日でも
    あり、売り急ぐ動きも出にくいだろう。これらに加えて政策期待
    なども下支えとなる。
    日経平均は利食い優勢も価格帯別出来高で商いが積み上がってい
    る20000円-20200円を支持線に下値を固める展開。本日は20200
    円、日足一目均衡表の転換線(20100円)などが下値メド。
    
    日経平均予想レンジは20150-20450円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1220万株、買い1650万株、
    差し引き430万株の買い越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が111円台後半での推移。
    (25日終値112.23-25円)
    
    現在、ユーロ/円が132円台半ばでの推移。
    (25日終値133.66-70円)
    
    
    25日米株市場概況
    
    主要3指数そろって下落。NYダウは3日続落、S&P500、NASDAQが反
    落トランプ米大統領のツイッターなどでの発言に対して、滞在
    中のニューヨークで北朝鮮の李容浩外相が「米大統領発言は宣
    戦布告」との声明を発表。これによりリスク回避の流れが強ま
    った。
    NYダウは一時130ドルを超える下げを見せる場面もあった。
    NYダウは-53.50の22296.09、
    S&P500は-5.56の2496.66、
    NASDAQはの-56.33の6370.59。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-25【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    特殊陶<5334> 業績修正発表。
    終値2334円(前日比+23円+0.99%)
    18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を従来予想2
    54億円から335億円に上方修正(通期の経常利益は据え置き)。
    
    ウェルG<6089> 業績修正発表。
    終値1202円(前日比+14円+1.17%)
    18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を従来予想8.
    5億円から12.3億円に上方修正(通期の経常利益は据え置き)。
    
    ハピネット<7552> 業績修正発表。
    終値1757円(前日比+49円+2.86%)
    18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を従来予想
    11億円から15億円に上方修正(通期の経常利益は据え置き)。
    
    ピックアップ
    ダイトーケミ<4366> 業績・配当修正発表。
    終値840円(前日比+91円+12.14%)
    18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を従来予想2.
    5億円から5.5億円に上方修正。
    上期業績の好調に伴って通期の連結経常利益も従来予想7億
    円から9.5億円に上方修正。
    また、今期の上期配当を従来計画3円から5円に増額、下期配
    当も従来計画3円から5円に増額修正(年間配当は10円に)。
    テクニカル面では週足一目均衡表の雲(上限758円)超えとな
    るなど一段高が期待される形状にある。
    
    フロイント<6312> 業績修正発表。
    終値1581円(前日比+31円+2.00%)
    18年2月期第2四半期累計(3-8月)の連結経常利益を従来予想6億
    円から10.8億円に上方修正(通期の経常利益は据え置き)。
    テクニカル面では25日移動平均(1566円)を本日に回復。一段高
    が期待される形状にある。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    高砂熱<1969>
    終値1855円(前日比-7円-0.37%)
    クリーンルーム機器メーカーで持分法適用関連会社、印ICLEAN
    社の株式を追加取得し連結子会社化と発表。
    
    グンゼ<3002>
    終値502円(前日比+5円+1.00%)
    RIZAP向けに着用するだけでバイタルデータを取得できる衣料
    型ウエアラブルシステムを使った「筋電WEAR」を提供開始。
    
    弁護士コム
    終値1430円(前日比+7円+0.49%)
    テラスカイ<3915>と提携してクラウド契約サービス「クラウ
    ドサイン」を世界トップシェアの顧客管理ツール「Salesfor
    ce」に対応させ、Salesforce上の顧客情報と連携して利用で
    きる新サービスを提供開始。
    
    三菱電<6503>
    終値1749.5円(前日比+7.5円+0.43%)
    配当修正発表。従来未定としていた18年3月期の上期配当を
    14円実施へ(下期配当は引き続き未定)。
    
    スタンレ電<6923>
    終値3900円(前日比+20円+0.51%)
    自社株買い発表。発行済み株式数(自社株を除く)の0.42%にあた
    る70万株(金額で20億円)を上限。買い付け期間は10/5~10/27。
    
    東海東京<8616>
    終値662円(前日比+1円+0.15%)
    配当修正発表。従来未定としていた18年3月期の上期配当を14円
    実施へ(下期配当は引き続き未定)。
    
    NTT<9432>
    終値5140円(前日比+124円+2.47%)
    自社株買い発表。発行済み株式数(自社株を除く)の1.50%にあた
    る3000万株(金額で1500億円)を上限。
    買い付け期間は9/26~3/31。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40 
    
    
    
  • 2017-09-25【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め10銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 幼児活動研<2152>、
    S YKT<2693>、
    S 東海染<3577>、
    S インタートレ<3747>、
    一時S ユビキタ<3858>、
    S パークシャ<3993>、
    S 京進<4735>、
    S 日ダイナミク<4783>、
    一時S NF回路<6864>、
    一時S シグマ光機<7713>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    ピックアップ
    ユビキタス<3858> 一時ストップ高。
    終値965円(前日比+108円+12.60%)
    量子コンピューター関連。ここのところ、量子コンピュータ
    ーに関しての報道が相次いでおり、当銘柄への注目度も上が
    った。本日は一時ストップ高の上昇(1007円)。テクニカル面
    では、日足一目均衡表の雲(上限955円)突破。200日移動平均
    線(910円)超え。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    SUMCO<3436> 7日続伸。
    終値1795円(前日比+54円+3.10%)
    日足一目均衡表の雲(上限1752円)突破。
    
    島精機<6222> 3日続伸。
    終値5550円(前日比+130円+2.39%)
    日足一目均衡表の雲(上限5547円)突破。
    
    ノジマ<7419> 3日続伸。
    終値2115円(前日比+76円+3072%)
    25日移動平均線(2105円)回復。
    
    ピックアップ
    ノーリツ鋼機<7744> 4日ぶり大幅反発。
    終値1401円(前日比+83円+6.29)
    9/11に年初来高値1593円を付けて以降は上値重く、直近は調
    整の流れにあったが、25日移動平均線(1342円)をサポートに
    下げ止まり傾向、上昇トレンド維持しているかっこうにある。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2017-09-25【東京市場概況】

    日経平均は反発(100円高) 円安や政策期待で買い優勢も短期的な
    過熱感を意識
    
    朝方から買いが先行。為替ドル/円が円安基調が続いていたことや9
    月期末の配当権利取りの動き。また、安倍首相が2兆円規模の経済
    対策を年内に策定するよう指示すると一部で報じられたことなど
    も好材料視された。
    日経平均は一時150円超えの上昇、20400円台半ばまで値を上げる
    場面があった。
    ただ、短期的な過熱感が意識されるなか、その水準では上値重
    く、伸び悩んだ。
    
    日経平均終値は+101.13円の20397.58円。
    
    東証1部の出来高は15億2992万株、
    売買代金は2兆1452億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1499銘柄、値下がり413銘柄、
    変わらず116銘柄。
    
    業種別では値上がりが29業種、値下がりが4業種。
    値上がりトップはゴム製品、情報・通信、医薬品。
    値下がりは海運、保険、鉱業、銀行のみ。
    
    目先の日経平均は節目20500円が上値抵抗として意識される展開と
    なりそうだ。ここを上抜ければ一段高が期待されるところ。
    ただ、その前にオシレーター系指標が過熱感示すなど、一端は熱
    を冷ます必要がありそう。価格帯別出来高で商いが積み上がって
    いる20200円-20000円、日足一目均衡表の転換線(20100円)近辺ま
    での押し目があってもよいところだろう。
    そんななか、中小型株へ資金は向かいやすい。特にマザーズ銘柄
    は出遅れ感が意識されやすく、マザーズ指数が明確に25日移動平
    均線(1064円)を明確に上放れる動きなど見らられば、一段と買い
    が向かいやすいところ(マザーズ終値1065.50円)。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-25【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反発(118円高) 配当権利取りや政策期待で堅調な
    展開
    
    朝方から買いが先行。為替ドル/円が円安基調が続いていたことや9
    月期末の配当権利取りの動きから堅調な展開。加えて、安倍首相
    が2兆円規模の経済対策を年内に策定するよう指示すると一部で報
    じられたことなども好材料視された。日経平均は一時154円高まで
    上昇、20400円台半ばまで値を上げる場面があった。買い一巡後は
    上値の重さが意識されているものの、しっかり20400円台を維持し
    て前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+118.48円の20414.93円。
    
    東証1部の出来高は7億5225万株、
    売買代金は1兆375億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1519銘柄、値下がり380銘柄、
    変わらず131銘柄。
    
    業種別では値上がりが29業種、値下がりが4業種。
    値上がりトップはゴム製品、情報・通信、石油・石炭。
    値下がりは保険、海運、電気。ガスなど。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は買い一巡後はこう着感の強い展開。年初来高値圏であ
    り、短期的な過熱感が意識され上値は追いにくいといったところ
    か。日経平均はこう着感があるなか、中小型株への物色が強まっ
    てきている。後場のその流れが続く見通し。
    特にマザーズ銘柄には出遅れ感も意識されており、マザーズ指数
    が明確に25日移動平均線(1064円)を明確に上放れてくるような動
    きが見らられば、一段と買いが向かいやすいところ(マザーズ前
    場終値1068.41円)。
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-25【東京市場見通し】

    底堅い展開 為替の落ち着いた動きや配当権利取りが下支え
    
    先週末の米株市場はほぼ横ばい。北朝鮮リスクなどが意識されつ
    つも影響は限定だった。為替ドル/円も112円台前半で落ち着いた
    動き、現在もその水準での推移となっている。
    東京市場でも北朝鮮リスクは残るものの影響は限定的、ドル/円の
    落ち着いた動きや9月の権利・配当取りを意識した駆け込み買い
    なども期待されるところ。これらを下支えに底堅くしっかりとし
    た展開が予想される。
    日経平均は価格帯別出来高で商いが積み上がっている20000円-
    20200円どころがサポートラインに意識され、本日は20200円が
    下値メド、上値は心理的な節目20500円といったところ。
    
    日経平均予想レンジは20200-20500円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り950万株、買い1550万株、
    差し引き600万株の買い越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が112円台前半での推移。
    (先週末22日終値112.00-02円)
    
    現在、ユーロ/円が133円台後半での推移。
    (先週末22日終値134.31-35円)
    
    
    先週末22日米株市場概況
    
    主要3指数ほぼ横ばい。NYダウは小幅に続落、S&P500とNASDAQは僅
    かながらプラス圏で終了した。
    トランプ米大統領の国連演説に反発して北朝鮮が再び挑発行動を
    示唆したことで、金融市場全般で警戒感が強まったが、株式市場
    への影響は限定的だったもよう。NYダウの下落幅は60ドル安にとど
    まった。
    NYダウは-9.64の22349.59、
    S&P500は+1.62の2502.22、
    NASDAQはの+4.23の6426.92。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-22【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    NaITO<7624> 業績修正発表。
    終値214円(前日比-5円-2.28%)
    18年2月期第2四半期累計(3-8月)の連結経常利益を従来予想
    3.5億円から4.8億円に上方修正。
    上期業績の好調に伴って通期の連結経常利益も従来予想8億
    円から8.8億円に上方修正。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    シンクロフード<3963>
    終値1854円(前日比-56円-2.93%)
    9/29付で東証1部へ市場変更(現在マザーズ)。
    
    岩井コスモ<8707>
    終値1376円(前日比-4円-0.28%)
    配当修正を発表。従来未定としていた18年3月期の上期配当
    を20円実施へ(下期配当は引き続き未定)。
    
    ピックアップ
    グローバルG<6189>
    終値1885円(前日比-2円-0.10%)
    9/29付で東証1部へ市場変更(現在マザーズ)。
    今週に当銘柄は週足ベースの移動平均チャートにおいて上値
    抵抗と意識されていた52週線(1739円)超えとなっており、チ
    ェート面でも良好な形状。発表を好感して上値を伸ばす展開
    が期待される。
    
    ニトリHD<9843>
    終値17320円(前日比+160円+0.93%)
    9月度(8/21から9/20)の国内売上高を発表。
    既存店売上高は前年同月比5.4%増と3ヶ月連続で前年実績を
    上回りとなった。
    株価は中長期的なトレンドが上向きにあるなか、直近は25日
    移動平均線(17131円)近辺で底堅く推移。
    発表を好感して同線からの上放れに期待がかかる。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40 
    
    
    
  • 2017-09-22【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め2銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S クロップス<9428>、
    一時S 技研興<9764>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S シリコンスタ<3907>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ピックアップ
    スクエニHD<9684> 大幅反発。
    終値4050円(前日比+195円+5.05%)
    傘下のスクウェア・エニックスが21日、PlayStation4/PC向
    けアクションRPG「NieR:Automata(ニーア オートマタ)」の
    世界累計出荷・ダウンロード販売本数が200万本を突破した
    と発表。これを好感した買いが入った。
    直近にもみあった25日移動平均線(3882円)から上放れ。
    年初来高値を更新した。
    
    JCRファーマ<4552> 大幅続伸。
    終値3325円(前日比+255円+8.30%)
    前日(21日)引け後にメディパル<7459>と資本・業務提携を行
    うと発表したことなどが好材料視された。
    テクニカル面では25日移動平均線(3088円)を回復して上放れ。
    年初来高値3295円(8/31)を更新した。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2017-09-22【東京市場概況と来週の見通し】

    22日概況 日経平均は5日ぶり反落(51円安) 北朝鮮リスク再燃で
    売り優勢に
    
    朝方は買い優勢でスタートした。為替ドル/円が円安基調が続い
    ていたことなどが好感されていた。
    しかし、日経平均のここまでの急ピッチで上昇の過熱感に加え
    て、北朝鮮リスクが再燃して売り優勢に傾くもと、一時は100
    円近くの下落幅となる場面も見られた。
    ただ、後場中盤以降は9月末を控えた配当権利取りの買いなど
    に支えられて下げ渋り、いっていの底型さを示して本日の取
    引を終えた。
    
    日経平均終値は-51.03円の20296.45円。
    
    東証1部の出来高は16億9371万株、
    売買代金は2兆5296億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり636銘柄、値下がり1276銘柄、
    変わらず116銘柄。
    
    業種別では値上がりが14業種、値下がりが19業種。
    値上がりは石油・石炭、銀行、その他金融など。
    値下がりトップは鉄鋼、化学、繊維製品。
    
    
    来週の見通し 上値は外部環境次第も下値はしっかり 日経平均は
    2万円を超える水準で値固めの展開
    
    日経平均は9/8(終値19274.82円)から9/22(終値20296.45円)間で、
    おおよそ1000円の上昇となった。
    為替ドル/円が円安に振れたことなど支援材料に急ピッチでの上
    昇となってはいるが、それでも日経平均の予想PERは14.4倍と割
    高感が意識される水準に無く、他の先進国と比べて出遅れ感は残
    る。
    また、支援材料となっている為替ドル/円にしても、米経済指標の
    好内容が確認されれば、米金利上昇、ドル高・円安の流れが続く
    と期待されるところにある。こうした外部環境次第では上値を試
    す場面もあるだろう。
    (予定されている経済指標は月米新築住宅販売件数(26日)、8月米
    耐久財受注(27日)、4―6月期米GDP確定値(28日)など)
    いっぽうで懸念材料は北朝鮮リスクとなるが、これに対しても良
    くも悪くも慣れてきた感がある。本日も北朝鮮の外相が太平洋で
    水爆実験をかつてない規模で実施する可能性を示唆したと伝わり
    売りに傾いたがいっていの底型さを示していた。上値を抑えられ
    る要因とはなっても日経平均は20000円を超える水準で値固めの動
    きとなりそうだ。
    
    来週の日経平均予想レンジは20000円-20700円。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-22【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は5日ぶり反落(58円安) 急ピッチ上昇の反動や北朝
    鮮リスク重しに
    
    朝方は為替ドル/円が円安基調が続いていたことなどが好感されて
    買いが先行していた。
    しかし、ここまでの急ピッチでの上昇に対しての過熱感などが意
    識されるなか北朝鮮リスクが再燃。一部通信社が「北朝鮮の対抗
    措置は太平洋での水爆実験を意味する可能性」と報じた。
    これにより日経平均はマイナス圏に沈んだが、下値ではいってい
    の底固さを示して前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-58.12円の20289.36円。
    
    東証1部の出来高は8億7943万株、
    売買代金は1兆2929億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり532銘柄、値下がり1379銘柄、
    変わらず116銘柄。
    
    業種別では値上がりが11業種、値下がりが22業種。
    値上がりは陸運、空運、銀行など。
    値下がりトップは鉄鋼、非鉄金属、化学。
    
    
    後場の見通し
    
    後場も売り優勢の展開が続きやすい。北朝鮮リスクに週末で利益
    確定売りが出やすい状況だ。
    ただ、前場の動きを見る限り、いっていの底型さを示している。
    日銀のETF買い入れ期待なども下支えとなるだろう。
    また、ここまで急ピッチでの上昇を考えると当然の一服。今日の
    ところは売り優勢となりそうだが、過去の動向から基本的には総
    選挙までは強い展開が続く見通し。
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-22【東京市場見通し】

    こう着感の強い展開 上値は手掛かり材料に欠けるも下値は円安
    基調が支え  
    
    前日の米株市場は主要3指数そろって下落。NYダウは10日ぶりに反
    落となった(-53.36安)。
    為替ドル/円は円安基調が続いており落ち着いた動き、現在は112円
    台半ばでの推移。
    米株が下落、外部環境からは新たな手がかりには乏しいなか、上
    値を追う材料は欠ける。
    また、日経平均は昨日(21日)まで4連騰、急ピッチでの上昇で一端
    は過熱感からの調整が入りやすくはある。
    ただ、先進国との相対的な出遅れ感は依然として強く、押し目買
    い意欲は強いと見られる。為替ドル/円の円安基調が維持されてい
    ることも下支えとなるだろう。
    本日は上値は重いもしっかりとした展開が予想される。
    
    日経平均予想レンジは20200-20450円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1160万株、買い1650万株、
    差し引き490万株の買い越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が112円台半ばでの推移。
    (21日終値112.54-55円)
    
    現在、ユーロ/円が134円台前半での推移。
    (21日終値133.96-134.00円)
    
    
    21日米株市場概況
    
    主要3指数そろって下落。NYダウは一時、取引時間中の史上最高値
    を更新もその後に売りが優勢、10日ぶりに反落。S&P500もは5日ぶ
    りに反落。ハイテク株の比重が大きいNASDAQは続落。
    FOMCで年内の追加利上げの可能性が残されたことで、米国債が続
    落して金融株が軟調。
    発表された経済指標は、9月フィラデルフィア連銀製造業景況感指
    数が23.8(市場予想平均17.1)、週間の新規失業保険申請件数は25
    万9000件(市場予想平均30万2000件)と良好だった。
    NYダウは-53.36の22359.23、
    S&P500は-7.64の2500.60、
    NASDAQはの-33.35の6422.69。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-21【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    SFP<3198> 業績修正発表。
    終値1763円(前日比+11円+0.62%)
    18年2月期第2四半期累計(3-8月)の連結経常利益を従来予想
    17.7億円から20億円に上方修正。(通期の経常利益は従来予
    想37億円を据え置き)。
    
    ピックアップ
    アバール<6918> 業績・配当修正発表。
    終値1927円(前日比+9円+0.46%)
    18年3月期の連結経常利益を従来予想8.4億円→から1億円に
    上方修正。4-9月期(上期)の連結経常利益も従来予想4.2億円
    から5.9億円に上方修正。
    業績好調に伴って今期の上期配当を従来計画17円から21円に
    増額、下期配当も従来計画23円から28円に増額修正。(年間
    配当は49円に)。
    直近の株価はやや上値の重さが意識されるも5日移動平均線
    (1899円)などを下値サポートにしっかりの展開となっていた。
    目先は発表を好感して上方向へのトレンドを強める展開が期
    待される。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ソラスト<6197>
    終値1958円(前日比-43円-2.14%)
    8月の訪問介護利用者数は前年同月比25.4%増。
    デイサービスは18.2%増。
    
    レーザーテク<6920>
    終値2199円(前日比-29円-1.30%)
    半導体関連の新製品を約160億円で受注と発表。
    
    西松屋チ<7545>
    終値1241円(前日比-8円-0.64%)
    9月既存店売上高は前年同月比4.9%増
    (3ヵ月連続で前年実績を上回り)。
    
    ピックアップ
    インフォテリア<3853>
    終値1389円(前日比+97円+7.50%)
    半導体・電子部品商社のユニ電子と協業。インフォテリアの
    IoT対応モバイルアプリ開発ツール「Platio」をユニ電子
    のIoTデバイスに標準対応させるとのこと。
    テクニカル面でも当銘柄の目先の上昇期待は高い。
    直近に株価は4日続伸。移動平均線チャートで25日線(1340円)
    を本日に回復。
    また、日足一目均衡表においても雲(上限1353円)を突破。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40 
    
    
    
    
  • 2017-09-21【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S DNAチップ<2397>、
    S シスロケ<2480>、
    S 日本ラッド<4736>、
    S 野村マイクロ<6254>、
    S NF回路<6864>、
    一時S 明豊エンタ<8927>、
    一時S 堺商事<9967>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    日揮<1963> 4日大幅続伸。
    終値1816円(前日比+67円+3.83%)
    日足一目均衡表の雲(上限1788円)突破。
    
    アイチコーポ<6345> 大幅上昇。
    終値818円(前日比+52円+6.78%)
    日足一目均衡表の雲(上限781円)突破。
    
    ピックアップ
    Bガレージ<3180> 大幅反発。
    終値1806円(前日比+74円+4.27%)
    9/13直近高値(1799円)を更新。日足一目均衡表の雲上限
    (1766円)を突破。一段高が期待される形状にある。
    6/1年初来高値2121円を試す展開か。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
  • 2017-09-21【東京市場概況】

    日経平均は小幅に4日続伸(37円高) 節目20500円手前では利益確
    定売り
    
    朝方から為替ドル/円が円安方向に振れて112円台に乗せる動きとな
    っていたことなどを好感して買いが先行した。
    日経平均は170円高の上昇、節目20500円に迫る動きとなり前場の
    取引を終えていた。
    ただ、ここまでの急ピッチの上昇で短期的な過熱感が意識されて
    後場は利益確定売りが強まる展開に。
    とはいえ、プラス圏は維持して4日続伸、3日連続の年初来高値更
    新で本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+37.02円の20347.48円。
    
    東証1部の出来高は19億7391万株、
    売買代金は2兆8207億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり945銘柄、値下がり974銘柄、
    変わらず109銘柄。
    
    業種別では値上がりが19業種、値下がりが14業種。
    値上がりは鉱業、不動産、海運など。
    値下がりは鉄鋼、その他製品、非鉄金属など。
    
    日経平均は9/8安値19239.52円から急ピッチ、2週間足らずで1000
    円超えの上昇となっている。それを考えると本日の後場は一服し
    たとはいえ、プラス圏を維持しており、強い動きだったと見れ
    る。
    目先、過熱感を冷ます調整が入ったとしても5日移動平均線(20134
    円)などをメドに落ち着きそうだ。
    また、明日は週末。売りが出やすいと見られるが、今晩の米経済
    指標(9月フィラデルフィア連銀製造業景況感指数や8月CB景気先行
    総合指数など)の内容次第ではそれも限定的となる可能性あり。
    足元で米国の12月の利上げの可能性が低いとの見方も強まりつつ
    あったなか、前日のFOMCでは、その見方が修正される内容に近か
    った。そのため、目先の経済指標の内容が良ければ、米金利が上
    昇してドル高・円安の流れが期待されるところ。
    明日にも円安を手掛かりに本日に上値を抑えられた心理的な節目
    20500円を上抜ける動きが見られる可能性があるだろう。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-21【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は4日続伸(169円高) 米FOMC後の円安進行を好感
    
    前日の米FOMCがおおむね市場予想通りの内容となり、買い安心感
    が強まる展開となった。為替ドル/円が112円台乗せて円安方向に
    あることも支援材料に。
    日経平均は買いが先行して節目20500円に迫る動き、急ピッチの
    上昇などから上値ではこう着感が強いも堅調な展開が続き前場
    の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+169.42円の20479.88円。
    
    東証1部の出来高は9億7410万株、
    売買代金は1兆3516億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1218銘柄、値下がり661銘柄、
    変わらず149銘柄。
    
    業種別では値上がりが27業種、値下がりが6業種。
    値上がりトップは鉱業、不動産、海運。
    値下がりは鉄鋼、非鉄金属、小売りなど。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は8日の直近安値(19239.52円)から1000円を超える上昇で
    年初来高値を更新、心理的な節目となる20500円迫っていることも
    あり、利益確定売りなどが出やすくはある。前場もその水準でや
    や上値の重さが感じられている。とはいえ、高値圏を維持してし
    っかりの展開。後場に20500円を超える動きが見られれば、一段高
    の可能性もある。
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-21【東京市場見通し】

    買い優勢  米FOMC受けてドル/円が円安方向に振れポジティブ視
    
    注目された米FOMC(米連邦公開市場委員会)では大方の予想通り政
    策金利は据え置き、10月からのバランスシート縮小開始の方針が
    示された。また、多くのメンバーが年内にあと1回の利上げを見
    込んでいることが判明した。
    FOMCの結果を受けて、為替ドル/円が円安進行。現在は112円台半
    ばでの推移となっている。米株市場はNASDAQが小幅に反落とな
    ったもののNYダウは連日で史上最高値を更新して堅調。
    本日の日本株はドル/円の円安進行、米株が比較的落ち着いた動き
    となっていることが好感されて買い優勢の展開となりそうだ。
    FOMCが波乱の材料とならなかったことで下値不安は一段と払しょ
    くされる可能性が高い。売り方の買い戻しも進み、上値追いの展
    開が予想される。
    日経平均は直近に価格帯別出来高では商いが積み上がっている
    20000-20200円水準を上回っての推移。これらをサポートに変
    えて値固め、15年6月高値(20868円)を意識した展開へとなって
    いっくだろう。今日のところは節目20500円がとりあえずの上
    値メド。
    
    日経平均予想レンジは20250-20500円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り760万株、買い1190万株、
    差し引き430万株の買い越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が112円台半ばでの推移。
    (20日終値111.39-40円)
    
    現在、ユーロ/円が133円台半ばでの推移。
    (20日終値133.65-69円)
    
    
    20日米株市場概況
    
    高安まちまち。NYダウは9日続伸して7日連続で史上最高値更新、
    S&P500も4日連続で最高値更新したいっぽうで、NASDAQは僅か
    ながら4日ぶりに反落となった。
    取引時間午後に結果が公表されたFOMCでは市場予想通り政策
    金利が据え置き。資産縮小については10月からの縮小開始の
    方針が示された。また、インフレ見通しは引き下げられたが
    年内にあと1回の利上げを利上げを見込み、ハリケーンの影
    響は限定的とした。
    FOMCの結果を受けて金融株が買われ相場を支えたいっぽうで
    アップルなどのテクノロジー株は下落となった。
    NYダウは+41.79の22412.59、
    S&P500は+1.59の2508.24、
    NASDAQはの-5.28の6456.04。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-20【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ピックアップ
    レオン自機<6272> 業績・配当修正発表。
    終値1396円(前日比-22円-1.55%)
    18年3月期の連結経常利益を従来予想28億円から36.5億円に上
    方修正。4-9月期(上期)の連結経常利益も従来予想14.6億円か
    ら21.1億円に上方修正。
    業績好調に伴って今期の上期配当を従来計画11円から14円に。
    下期配当も従来計画11円から14円に増額修正(年間配当は28円
    となる)。
    株価の中期的なトレンドは25日移動平均線(1378円)をサポー
    トに上昇トレンドにあり、今現在も同線の近辺での推移。
    発表を好感して、上振れが期待される。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    JACR<2124>
    終値1678円(前日比+7円+0.41%)
    8月売上高は前年同月比18.4%増(2ヵ月ぶりに2ケタ増)。
    
    FRONTEO<2158>
    終値620円(前日比+3円+0.48%)
    特許調査・分析システム「KIBIT Patent Explorer」の
    導入企業が20社を突破。
    
    カカクコム<2371>
    終値1376円(前日比+13円+0.95%)
    自社株買い発表。発行済み株式数(自社株を除く)の2.3%
    にあたる500万株(金額で70億円)を上限。
    買い付け期間は9/21~11/20> 
    
    オルトプラス <3672>
    終値914円(前日比-4円-0.43%)
    同社が運営業務を担当するフォワードワークスの新規ス
    マートフォン向けゲーム「ソラとウミのアイダ」の事前
    登録者数が35万人を突破。
    
    アエリア<3758>
    終値2270円(前日比-11円-0.48%)
    年内配信予定のスマートフォン向けゲーム「ダンストリッ
    プス」、昨年12月にリリースした魔法パズルアドベンチャ
    ーゲーム「マジカルデイズ」を東京ゲームショウに出展。
    
    シェアリングT<3989>
    終値2220円(前日比-15円-0.67%)
    8月流通総額は前年同月比61.7%増。
    
    小野薬<4528>
    終値2418.0円(前日比-12.0円-0.49%)
    がん免疫薬「オプジーボ」が台湾で非扁平上皮非小細胞肺が
    んに対する効能・効果の追加承認を取得。
    
    シチズン<7762>
    終値780円(前日比+1円+0.12%)
    シチズンマシナリーが欧州の売上拡大を目的に、イギリスと
    イタリアの営業拠点を拡大。
    
    関西電力<9503>
    終値1533円(前日比-7.0円-0.45%)
    配当修正発表。従来未定としていた18年3月期の上期配当を
    15円実施へ(下期配当は引き続き未定)。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40 
    
    
  • 2017-09-20【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S パレモ・HD<2778>、
    一時S アプリックス<3727>、
    S イムラ封筒<3955>、
    一時S ウォンテッド<3991>、
    S ビーマップ<4316>、
    S 五洋インテ<7519>、
    一時S 明豊エンタ<8927>、
    一時S ビステム<9780>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S ETFSガソ<1691>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    邦チタニウム<5727> 大幅続伸。
    終値830円(前日比+18円+2.21%)
    証券会社の目標株価引き上げなどを好材料視。
    200日移動平均線(827円)回復。
    
    ピックアップ
    パイオニア<6773> 大幅続伸。
    終値214円(前日比+8円+3.88%)
    前日引け後に欧州のデジタル地図大手ヒアと資本提携する
    と発表。発表を好感した買いが向かった。(ヒアは欧米の
    カーナビ用地図でシェア8割を誇る大手企業)
    テクニカル面は、日足一目均衡表の雲(上限212円)を突破。
    ただ、200日移動平均線(222円)が上値抵抗と意識される
    展開となった(本日高値223円)。200日線を明確に超えて
    くる動きが見られれば、本格上昇へ。
    
    ソフトバンクG<9984> 3日大幅続伸。
    終値9232円(前日比+328円+3.68%)
    子会社のスプリントとTモバイルUSが合併に向けて前向き
    に交渉していると米メディアが報じた。これを受けて米
    株市場で両社の株価が急騰。米通信事業の展開に対する
    期待感が再燃するかっこうとなり大幅に3日続伸となった。
    テクニカル面では75日移動平均線(8959円)回復、日足一
    目均衡表の雲(上限9054円)突破。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-20【東京市場概況】

    日経平均は小幅に3日続伸(11円高) 前日終値近辺でもみあいプラ
    ス圏で大引け
    
    日経平均は小幅に3日続伸となり連日で年初来高値を更新となっ
    た。
    ここまで急ピッチでの上昇に対しての過熱感などを意識。また、
    米FOMCの結果公表を前に様子姿勢の面もあり、上値は限定され
    たものの、前日の米株高や為替ドル円が円安基調が継続されて
    いることなどが好感され、しっかりとした展開となった。
    指数寄与度の高いソフトバンクG<9984>の大幅上昇も底上げに
    つながった。
    
    日経平均終値は+11.08円の20310.46円。
    
    東証1部の出来高は17億5657万株、
    売買代金は2兆7747億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり854銘柄、値下がり1051銘柄、
    変わらず123銘柄。
    
    業種別では値上がりが18業種、値下がりが15業種。
    値上がりはその他製品、鉱業、石油・石炭など。
    値下がりは医薬品、電気・ガス、化学など。
    
    明日は米FOMCの結果、イエレンFRB議長声明を受けての相場とな
    る。
    とくに為替の動向が日本株に大きく影響を与えそうだ。内容に
    ついてはバランスシート縮小の10月開始が決定されるとの見方
    が大勢。12月利上げの有無に関する手がかりが得られるかどう
    かが注目点。その利上げについては経済情勢次第として、含み
    を残す内容にとどまると思われる。想定内の結果となれば、市
    場に与える影響は限定的。
    FOMCが円安を一段と後押しする材料となった場合の日経平均は
    2015年6月高値の20952円をうかがう展開が期待されるところ。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-20【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均はほぼ横ばい(0.58円安) 前日終値近辺でもみあい
    
    前日の米株高などを好感して買い優勢の場面も見られたが、前日
    までの大幅上昇の反動などから上値を追う展開とならなかった。
    日経平均は取引時間中の年初来高値を更新した後、利益確定売り
    に押されマイナスに転じた。
    しかし、寄与度高いソフトバンクG<9984>の上昇などが下支えとな
    り下値も限定的、前日終値近辺でもみあう展開が続き、前場の取
    引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-0.58円の20298.80円。
    
    東証1部の出来高は8億3069万株、
    売買代金は1兆3363億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり871銘柄、値下がり1021銘柄、
    変わらず135銘柄。
    
    業種別では値上がりが15業種、値下がりが18業種。
    値上がりは鉱業、その他製品、石油・石炭など。
    値下がりは電気・ガス、サービス、医薬品など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は前日までの大幅上昇の反動や米FOMCの結果公表を控え
    て上値は重いも下値も思ったより底堅い印象。後場もこのまま底
    堅い展開が続きそうだ。前場同様にソフトバンクG<9984>の動向が
    カギを握りそうだ。その他、物色対象としては相場全体の先高観
    が強まるなか、足元で大きく調整していた銘柄や出遅れ感のある
    銘柄へ向かいやすいと見られる。
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-20【東京市場見通し】

    上げ一服 前日までの大幅上昇や米FOMC公表前で様子姿勢か 
    
    前日の米株市場は引き続き堅調な展開。主要3指数そろって
    史上最高値を更新している。為替ドル/円は円安方向への動
    きが一服して現在は111円台半ばでの推移となっている。
    本日の日本株は米株高などから下値はしっかりも前日まで
    の大幅上昇や米FOMC(米連邦公開市場委員会)の結果公表を
    前に様子姿勢から上値は重そうだ。
    日経平均は前日に価格帯別出来高が積み上がっていた20000
    円-20200円のレンジを突破して年初来高値を更新(19日終値
    20299.38円)。20000円-20200円をサポートに値固めといっ
    たところか。
    その他、個別で注目されるのはファストリ<9983>やソフト
    バンクG<9984>。ファストリ<9983>は国内証券による投資
    判断の格上げ、ソフトバンクG<9983>は前日にスプリント
    が6.7%高、TモバイルUSは5.8%高。指数寄与度の高い両銘
    柄が日経平均をけん引きする可能性はあるだろう。
    
    日経平均予想レンジは20200-20350円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り480万株、買い1750万株、
    差し引き1270万株の買い越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が111円台半ばでの推移。
    (19日終値111.70-71円)
    
    現在、ユーロ/円が133円台後半での推移。
    (19日終値133.96-134.00円)
    
    
    19日米株市場概況
    
    主要3指数そろって上昇。NYダウは8日続伸して6日連続で史上最高
    値更新。S&P500も3日連続で最高値を更新。NASDAQは4日ぶりに最
    高値更新となった。
    翌日にFOMCの結果公表を控えるなか、債券利回りの上昇を受けて
    金融株が上昇したほか、通信、素材株も堅調だった。
    NYダウは+39.45の22370.80、
    S&P500は+2.78の2506.65、
    NASDAQはの+6.68の6461.32。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-19【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ホクリヨウ<1384> 業績修正発表。
    終値932円(前日比+13円+1.41%)
    17年8月期の連結経常利益を従来予想15.9億円から16.9億円
    に上方修正。
    
    巴工業<6309> 業績修正発表。
    終値1919円(前日比+17エン+0.89%)
    17年10月期の連結経常利益を従来予想17.8億円から21.8億円
    に上方修正。
    
    ピックアップ
    ダイセキ<9793> 業績修正発表。
    終値2855円(前日比+81円+2.91%)
    18年2月期第2四半期累計(3-8月)の連結経常利益を従来予想
    41.6億円から45.5億円に上方修正。
    上期業績の好調に伴って通期の連結経常利益も従来予想84.
    6億円から88.5億円に上方修正。
    株価は本日に年初来高値2847円(7/6)をを更新して一時は29
    30円まで上昇。その後は利益確定売りなどにおされて引け
    たが、発表された上方修正を好感、再度高値更新から上方
    向へのトレンドを強めそうだ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    FRONETEO<2158>
    終値617円(前日比+8円+1.31%)
    特許庁から「平成29年度人工知能技術を活用した不明確な
    商品・役務チェック業務の高度化・効率化実証的研究事業」
    を受託したと発表。
    
    レントラックス<6045>
    終値985円(前日比+75円+8.24%)
    8月売上高は前年同月比33.8%増。
    
    SBI<8473>
    終値1600円(前日比+46円+2.96%)
    米運用会社CoVenture社と仮想通貨関連事業で協業。
    
    いちよし<8624>
    終値1056円(前日比+18円+1.73%)
    配当修正を発表。従来未定としていた18年3月期の上期配当
    を22円実施へ(下期配当は引き続き未定)。
    
    ピックアップ
    水戸証<8622>
    終値333円(前日比+14円+4.38%)
    配当修正を発表。従来未定としていた18年3月期の上期配当
    を5円実施へ(下期配当は引き続き未定)。
    株価は直近に200日移動平均線(312円)を回復するなチャート
    面でも良好な形状。発表を好感して堅調な展開が続く見通し。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40 
    
    
    
  • 2017-09-19【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め14銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S 幼児活動研<2152>、
    一時S シーズメン<3083>、
    一時S U&C<3557>、
    S インタートレ<3747>、
    一時S エーバランス<3856>、
    S イムラ封筒<3955>、
    S ウォンテッド<3991>、
    一時S 石原ケミ<4462>、
    一時S 京進<4735>、
    一時S メディアS<4824>、
    一時S 中村超硬<6166>、
    一時S 昭和真空<6384>、
    S OKAYA<6926>、
    一時S 明豊エンタ<8927>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    五洋インテ<7519>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    UACJ<5741> 大幅続伸。
    終値323円(前日比+19円+6.25%)
    日足一目均衡表の雲(上限306円)突破。
    
    横河ブHD<5911> 大幅続伸。
    終値2107円(前日比+142円+7.22%)
    年初来高値更新。25日移動平均(1959円)上放れ。
    
    サトーHD<6287> 大幅続伸。
    終値2685円(前日比+142円+5.58%)
    日足一目均衡表の雲(上限2659円)突破。
    
    ホシデン<6804> 3日大幅続伸。
    終値1825円(前日比+106円+6.16%)
    25日移動平均線(1761円)回復。
    
    SOMPOHD<8630> 大幅続伸。
    終値4529円(前日比+202円+4.66%)
    日足一目均衡表の雲(上限4374円)突破。
    
    ピックアップ
    Vテクノロジー<7717> 大幅反発。
    終値19640円(前日比+830円+4.41%)
    有機EL関連としても注目度の高い当銘柄。
    上昇トレンド転換か。上値抵抗と意識されていた75日移動
    平均線(19416円)を回復。
    また、日足一目均衡表においても雲(上限19415円)を突破。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-19【東京市場概況】

    日経平均は大幅続伸(389円高) 後場も一段高となり年初来高値更新
    
    日経平均は取引時間中、終値でも年初来高値を更新。朝方から米
    株高や円安を好感した買いが先行。出遅れた向きの実需買いに加
    えて空売り筋の買い戻しも後押しとなり終日買い優勢の展開とな
    った。後場終盤に400円超えの上昇となり、20300円台に乗せる場
    面も見られた。
    全体の8割以上にあたる銘柄が上昇。売買代金も3兆円を上回る活
    況ぶり。東証1部の時価総額は613兆円強に達して約2年ぶりに過
    去ピークを更新した。
    
    日経平均終値は+389.88円の20299.38円。
    
    東証1部の出来高は20億4459万株。
    売買代金は3兆1059億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1679銘柄、値下がり279銘柄、
    変わらず70銘柄。
    
    業種別では全33業種が値上がり。
    値上がりトップはその他製品、銀行、保険。
    
    
    買戻しを中心に急ピッチでの上昇が続いている。ただ、外国人の
    新規買いが入ったとの観測も出ている。
    短期的な過熱感が警戒されるところではあるが売りにくい面が強
    い。
    北朝鮮情勢についても、10/10朝鮮労働党の創建記念日に関しては
    ミサイル発射が警戒されているようだがまだ先、それまでは警戒
    感は高まりにくい。
    注目すべきは日経平均は高値を更新しているが、売買代金上位銘
    柄のなかで年初来高値圏にある銘柄はさほど多くない。っとなる
    と主力株にも引き続き資金が向かいやすく、堅調な流れが維持さ
    れそうだ。
    そして新興市場も堅調。ジャスダックは続伸して連日で年初来高
    値更新。マザーズも続伸している。マザーズは調整が深めになっ
    ていた分、先での上昇期待は強いだろう。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
  • 2017-09-19【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅続伸(288円高) 節目2万円回復 米株高や円安
    を好感
    
    連休中の海外市場が堅調だった。米株市場は連日でNYダウが最高値
    を更新、為替ドル/円も111円台半ばと円安基調が継続されていた。
    そうした良好な外部環境が好感されて買い優勢の展開。日経平均
    は節目20000円を大きく上回り20200円を超える場面も見られた。
    週末に国内で急速に高まった衆院解散ムードも追い風になったよ
    うだ。
    
    日経平均前場終値は+288.06円の20197.56円。
    
    東証1部の出来高は9億6548万株、
    売買代金は1兆4157億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1573銘柄、値下がり371銘柄、
    変わらず84銘柄。
    
    業種別では値上がりが31業種、値下がりが2業種。
    値上がりトップはその他製品、保険、海運。
    値下がりは水産・農林、バルブ・紙のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は価格帯別出来高で商いが積み上がっている20000
    円-20200円水準での推移。戻り待ちの売り圧力が警戒され、
    ここからは伸び悩む可能性がある。警戒感は後退している
    が北朝鮮絡みの地政学リスクなどが残る。
    ただ、足元での急ピッチの上昇によって売り方の買戻しも
    強まっているほか、衆院解散による政策期待も高まりやす
    い、売り方の買戻しが需給を押し上げていきそうなところ
    でもある。
    日経平均は回復した節目20000円を下値サポートに値固め
    の動きが期待されるところ。
    そうしたなか、後場も堅調な地合いは続きそうだ。
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-19【東京市場見通し】

    買い優勢 連休中の海外市場が堅調 日経平均は節目2万円回復へ
    
    東京市場が休場の間の欧米株は波乱無しに堅調な展開。米株市場
    でNYダウは連日で史上最高値を更新している。為替ドル/円も円安
    基調が続いており、現在は111円台半ばでの推移。
    堅調な海外市場の流れから日本株も買い優勢の展開。週末に国内
    で急速に高まった衆院解散ムードも追い風となりそうだ。
    日経平均は節目20000円回復へ。75日移動平均線(19868円)、日足
    一目均衡表の雲(上限19944円)を明確に上放れてくるかっこうとな
    り、先行期待は高まっていく見通し。
    買い一巡後、短期的な過熱感や19-20日の米FOMC(米連邦公開市場
    委員会)を控えていることなどから、こう着感は強まりやすいが、
    良好な地合いが続くと予想する。
    
    日経平均予想レンジは19900-20100円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り500万株、買い630万株、
    差し引き130万株の買い越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が111円半ばでの推移。
    (先週末15日終値110.70-72円)
    
    現在、ユーロ/円が133円台前半での推移。
    (先週末15日終値131.96-132円)
    
    
    18日米株市場概況
    
    主要3指数そろって上昇。NYダウは7日続伸して5日連続で史上最高
    値を更新。S&P500も2日連続で最高値を更新。NASDAQは終値での
    最高値を更新とはならずも取引時間中の最高値は更新した。
    北朝鮮情勢への警戒感は続くとはいえ後退しているなか、堅調な
    展開が続いた。
    ただ、買い一巡後は週半ばにFOMCの結果公表を控えていることな
    どから様子姿勢の強い展開となった。
    NYダウは+63.01の22331.35、
    S&P500は+3.64の2503.87、
    NASDAQはの+6.17の6454.64。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-15【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ディップ<2379> 業績修正発表。
    終値2472円(前日比±0円±0.00%)
    18年2月期第2四半期累計(3-8月)の経常利益(非連結)を
    従来予想40.1億円から50.7億円に上方修正。
    
    ピックアップ
    旭ダイヤ<6140> 業績・配当修正発表。
    終値999円(前日比+22円+2.25%)
    18年3月期の連結経常利益を従来予想19.1億円から32.2
    億円に上方修正。
    4-9月期(上期)の連結経常利益も従来予想13.5億円から
    19億円に上方修正。
    また、業績好調に伴って今期の上期配当を従来計画3円
    から6円増額(年間配当は13円に)。
    株価は直近、年初来高値1009円(8/22)水準でやや上値の
    重さが意識される展開となっているが、発表を好感し高
    値更新。上方向へのトレンドを強める展開が期待される。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    CTS<4345>
    終値755円(前日比+5円+0.66%)
    建設会社データベース手掛けるJEMを子会社化。
    
    アンジェス<4563>
    終値622円(前日比+12円+1.96%)
    尋常性乾癬(かんせん)を対象としたNF-κBデコイオ
    リゴDNA(以下「NF-κBデコイ」)に関する特許が
    欧州特許庁で登録されたと発表。
    
    日立造船<7004>
    終値569円(前日比+1円+0.17%)
    トルコ・イスタンブール向けごみ焼却発電プラント建設
    工事の契約締結。
    
    ピックアップ
    丸三証<8613>
    終値934円(前日比+12円+1.30%)
    配当修正発表。従来未定としていた18年3月期の上期配当
    を20円実施する方針とした(下期配当は引き続き未定)。
    テクニカル面で当銘柄は本日に日足一目均衡表の雲(上限
    933円)を突破となるなど上振れ期待は高まってきていた。
    続き、発表を好感する流れから200日移動平均線(938円)回
    復となれば、一段と上振れ期待は高まってくるところ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40 
    
    
    
  • 2017-09-15【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め10銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S 大盛工業<1844>、
    S シスロケ<2480>、
    S ラサ商事<3023>、
    S テモナ<3985>、
    S オハラ<5218>、
    S 昭和真空<6384>、
    一時S 大泉製<6618>、
    S 三社電機<6882>、
    S 古河池<6937>、
    S 明豊エンタ<8927>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 五洋インテ<7519>、
    S ショクブン<9969>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    バイタルKSK<3151> 反発。
    終値943円(前日比+37円+4.08%)
    日足一目均衡表の雲(上限920円)突破。
    
    豊田織機<6201> 反発。
    終値6130円(前日比+160円+2.68%)
    日足一目均衡表の雲(上限6025円)突破。
    
    アイフル<8515> 大幅上昇。
    終値390円(前日比+23円+6.26%)
    日足一目均衡表の雲(上限382円)突破。
    
    ピックアップ
    Jオイル<2613> 大幅反発。
    終値4040円(前日比+100円+2.53%)
    テクニカル面で注目。
    移動平均線チャートで200日線(4018円)を回復。日足一
    目均衡表で雲(上限3995円)突破。
    また、週足ベースの移動平均線チャートにおいても52
    週線(3960円)回復。26週線(4050円)を捉えつつある。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-15【東京市場概況と来週の見通し】

    15日概況 日経平均は反発(102円高)北朝鮮ミサイル発射の反応限
    定的 節目2万円迫る動きに
    
    朝方、北朝鮮が弾道ミサイル1発を発射。地政学リスクが意識され
    て売りが先行した日本株だったが、前日にミサイル発射準備と伝
    わっていたことこともあり反応は限定的。日経平均は売り先行後
    にプラス圏に浮上、小幅高で前場の取引を終えていた。
    後場は為替ドル/円が円安方向に振れたことなどを後押しに上げ幅
    を拡げる展開、上げ幅は一時125円まで拡がった。その後も高値圏
    での推移が続き、19900円台に乗せて本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+102.06円の19909.50円。
    
    東証1部の出来高は19億8644万株、
    売買代金は2兆8921億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1363銘柄、値下がり563銘柄、
    変わらず101銘柄。
    
    業種別では値上がりが28業種、値下がりが5業種。
    値上がりトップはガラス・土石、証券・商品、鉱業。
    値下がりは電機・ガス、陸運、鉄鋼など。
    
    
    来週の見通し 強き姿勢 日経平均は節目2万円回復へ
    
    まず、テクニカル面での直近の日経平均は200日移動平均線(194
    43円)近辺で値を固めた後に75日移動平均線(19868円)水準まで上
    昇。本日は75日線を回復して取引を終えた。
    一段高が期待されるところではあるが、19900円-20100円は今年
    の累積売買代金が最も積み上がっている水準。上値抵抗として
    は強く、出来高・売買代金が盛り上がりなければ、一端調整が
    入りやすい水準にある。
    ただ、下値は先で上昇基調となっていくであろう25日移動平均
    線(1957円)がサポート。9/8安値(19239円)に対して2番底の形状
    となれば、上振れ期待は高まっていく予想される。
    そうしたなか、来週のスケジュールを確認すると注目は週半ば
    に予定されている米FOMC(米連邦公開市場委員会)。FRBの資産縮
    小決定の有無とともに、メンバーの金利見通しがどう変化するか
    が焦点となる。米長期金利の上昇や円安への戻りの追い風にな
    るような内容の場合は、米株市場の反応にもよるが日経平均の
    上振れのきっかけとなりそうだ。また、少なくとも波乱なく通
    過できれば、9月末の中間配当取り買いや翌週に発生する年金資
    金などのTOPIX(東証株価指数)をベンチマークとする大口資金に
    よる配当再投資を期待などから、先回り的な買いが入る可能性
    もあるだろう。
    
    来週の日経平均予想レンジは19600-20200円。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-15【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小反発(19円高) 朝鮮のミサイル発射に反応限定
    的 売り先行後はしっかり
    
    朝方、北朝鮮が弾道ミサイル1発を発射。地政学リスクが意識され
    て日本株は売りが先行した。
    しかし、前日にミサイル発射準備と伝わっていたことがあり、反
    応は限定的。
    為替ドル/円が109円台半ばまで円高に振れた後、110円台に急速に
    戻したことなども安心感につながったようだ。
    日経平均は寄り付き直後に19円安となった後にプラス圏に浮上。
    一時は55円高(19863.24円)まで上昇する場面があった。
    その後は、上昇一服感があるものの、プラス圏を維持して前場の
    取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+19.40円の19826.84円。
    
    東証1部の出来高は7億4852万株、
    売買代金は1兆445億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1063銘柄、値下がり833銘柄、
    変わらず130銘柄。
    
    業種別では値上がりが20業種、値下がりが13業種。
    値上がりトップは鉱業、ガラス・土石、保険。
    値下がりは小売り、電気・ガス、陸運など。
    
    
    後場の見通し
    
    明日から東京市場は3連休。積極的な売買は手控えられやすく、
    前場も日経平均の上値は限られる展開となった。
    後場もその流れが継続されやすい。ただ、北朝鮮を巡る地政学
    リスクが大事至らなかったことで、相場の雰囲気は悪くない。
    逆に連休間に地政学リスクが増す心配も薄まったとも考えられ
    る。
    もともと企業業績の改善や割安感はあり、それらがより意識さ
    れれば、一段と戻りを試す展開の見込み。
    3連休前とはいえ、下値はいっていの底堅さは示しそうだ。
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-15【東京市場見通し】

    売り先行 北朝鮮のミサイル発射を嫌気 一巡後はいっていの底堅
    さありか
    
    前日の米株市場は高安まちまち。為替ドル/円に関しても方向に欠
    ける展開となっていた。
    しかし、朝方に北朝鮮がミサイルを発射。為替ドル/円は一時、109
    円台半ばまで円高方向に振れた。
    日本株は地政学リスクを意識し売りが先行する見通し。ただ、為
    替ドル/円がその後に110台近辺まで戻していることなどから、下値
    はいっていの底堅さはを示しそうだ。
    3連休を控えているとはいえ、日銀のETF(上場投資信託)買い期
    待、押し目買いなどが下支えとなる見込み。
    
    日経平均予想レンジは19600-19900円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り650万株、買い950万株、
    差し引き300万株の買い越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が110円どころでの推移。
    (14日終値110.40-42円)
    
    現在、ユーロ/円が131円台前半での推移。
    (14日終値131.43-47円)
    
    
    14日米株市場概況
    
    高安まちまち。NYダウは5日続伸して3日連続で史上最高値更新。い
    っぽうでS&P500とNASDAQは4日ぶりに反落。S&P500は取引時間中の
    最高値を更新もプラス圏を維持とはならなかった。
    NY原油先物WTI価格が4日続伸。石油関連株が堅調で相場の支えて
    となった。
    ただ、北朝鮮を巡る地政学リスクを意識し上値は重かった。
    NYダウは+45.30の22203.48、
    S&P500は-2.75の2495.62、
    NASDAQはの-31.10の6429.08。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-14【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ブラス<2424> 決算発表。
    終値1142円(前日比+14円+1.24%)
    17年7月期の経常利益(非連結)は7億9200万円(前期比38.0%増)。
    18年7月期も8億8700万円(前期比12.0%増)。
    
    オハラ<5218> 決算発表。
    終値1656円(前日比-45円-2.64%)
    17年10月期第3四半期累計(16年11月-17年7月)の連結経常損益は
    15.4億円の黒字浮上。
    通期の同損益を従来予想11.7億円の黒字から19億円に上方修正。
    
    HysAS&CO.<6192> 決算発表。
    終値837円(前日比+19円+2.32%)
    18年4月期第1四半期(5-7月)の連結経常損益は1億0200万円の黒
    字に浮上((前年同期は400万円の赤字)。
    
    昭和真空<6384> 業績修正発表。
    終値1250円(前日比±0円±0.00%)
    18年3月期の連結経常利益を従来予想9.3億円から14.7億円に上
    方修正。4-9月期(上期)の連結経常利益も従来予想6.2億円から
    8.8億円に上方修正。
    
    明豊エンター<8927> 決算発表。
    終値257円(前日比-56円-17.89%)
    17年7月期の連結経常利益は5.3億円と従来予想4.4億円を上回
    って着地。18年7月期も20億
    
    
    その他、注目の材料株
    
    千代田インテグレ<6915>
    終値2393円(前日比+22円+0.93%)
    自社株買い発表。発行済み株式数(自社株を除く)の1.54%にあた
    る20万株(金額で5億円)を上限。買い付け期間は9/19~12/26。
    
    ピックアップ
    ファンタジー<4343>
    終値3545円(前日比-60円-1.66%)
    8月度の営業概況を発表。既存店売上高は前年同月比12.0%増と
    なり9ヶ月連続で前年実績を上回りとなった。
    発表を好感して堅調な展開が期待される。株価は直近、やや上
    値の重さが意識されているが上向きにある25日移動平均線(348
    8円)をサポートに下値はしっかり、上昇トレンドを維持してい
    た。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40 
    
    
    
  • 2017-09-14【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S ETFSパラ<1675>、
    一時S 鳥貴族<3193>、
    S ダイニック<3551>、
    一時S 阿波製紙<3896>、
    S メディアS<4824>、
    一時S 石井表記<6336>、
    S ヤーマン<6630>、
    一時S 大興電子<8023>、
    一時S 技研興<9764>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S エニグモ<3665>、
    S 五洋インテ<7519>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    マクロミル<3978> 続伸。
    終値2618円(前日比+64円+2.50%)
    日足一目均衡表の雲(上限2592円)突破。
    
    メディシノバ<4875> 大幅反発。
    終値630円(前日比+36円+6.06%)
    日足一目均衡表の雲(上限602円)突破。
    
    ハマキョウ<9037> 大幅反発。
    終値2980円(前日比+140円+4.92%)
    25移動平均線(2856円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限2899円)突破。
    
    ピックアップ
    エイチーム<3662> 大幅続伸。
    終値3030円(前日比+118円+4.05%)
    先週末(8日)の決算発表を受けて急騰した後は75日移動平均
    線(2870円)近辺でもみあいとなっていた当銘柄。
    本日、そのもみあいから上放れ。日足一目均衡表の雲(上限
    2975円)を突破となるなど一段高が期待されるところにある。
    (17年7月期の連結経常利益は41.1億円(前期比96.7%増)、18
    年7月期も47億円(前期比14.1%増))。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-14【東京市場概況】

    日経平均は4日ぶり反落(58円安) 急ピッチ上昇の反動 地政学リ
    スク再び意識
    
    前場こそ前日の米株高や為替ドル/円が円安方向にあったことなど
    を追い風に日経平均はプラス圏で引けていた(19873.62円(+7.80円
    高))。
    しかし、前場の取引時間中に発表された中国経済指標が市場予想
    を下回る結果となっていたことなどから上値の重さが意識されて
    いる面があったことに加えて北朝鮮リスクを意識させる報道など
    もあり、後場は売り圧力が強まった。また、直近の3日間で600円
    近く日経平均は上昇していたこともあり、その反動もあったよう
    だ。
    
    日経平均終値は-58.38円の19807.44円。
    
    東証1部の出来高は16億6250万株、
    売買代金は2兆2501億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり683銘柄、値下がり1231銘柄、
    変わらず114銘柄。
    
    業種別では値上がりが7業種、値下がりが26業種。
    値上がりは石油・石炭、繊維製品、その他金融など。
    値下がりトップは空運、非鉄金属、精密機器。
    
    日経平均は反落となったが下げ幅は限定されており、直近の上昇
    幅を考えるとしっかりとした展開だったといえる。引き続き、北
    朝鮮を巡る地政学リスクなどを意識しつつも、これまでから一つ
    水準を上げて19500-20000円での値固めと意識しておきたいとこ
    ろ。
    新興市場はジャスダック、マザーズともに4日ぶりに反落。ジャス
    ダックの下落率が0.23%と小幅ないっぽうでマザーズの下落率は
    1.51%と弱さが目立った。マザーズは戻しを試す展開のなかで25日
    移動平均線が上値抵抗と意識されたかっこう。ただ、5日移動平均
    線の水準で本日の取引を終えており、ここで反発となれば戻しを
    試す展開継続、割れれば調整色が強まりやすく正念場のところに
    はある。明日は3連休明け前の週末、積極的な買いが入りづらいな
    か、マザーズが底堅さは示せれるか、特に動向を注視したいとこ
    ろ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-14【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅に4日続伸(7円高) しっかりも上値重い展開
    
    前日の米株高や円安を好感して買いが先行すると思われていた
    が、売り優勢でスタートした日本株。
    ただ、一巡後は買い優勢に傾き日経平均は50円超えの上昇、19
    900円台を回復する場面が見られた。
    しかし、売り圧力の強い水準で上値は限られた。米情報機関が、
    北朝鮮でICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射に向けた準備が行わ
    れていることを確認したと報じられたことなども上値の重さに
    つながったもよう。
    
    日経平均前場終値は+7.80円の19873.62円。
    
    東証1部の出来高は8億3866万株、
    売買代金は1兆947億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり918銘柄、値下がり984銘柄、
    変わらず126銘柄。
    
    業種別では値上がりが23業種、値下がりが10業種。
    値上がりトップは繊維製品、その他金融、鉱業。
    値下がりは非鉄金属、精密機器、海運など。
    
    
    後場の見通し
    
    前場、日経平均が前日終値近辺でこう着感が強まっていたな
    か、中小型株への資金シフトとなるかと見られたがマザーズ、
    ジャスダック、東証2部指数とマイナス圏で前場の取引を終
    えており、やや手掛けにくい状況にある。
    北朝鮮情勢について「日本を核爆弾で海の中にぶち込むべき」
    といった威嚇する発言やICBM(大陸間弾道ミサイル)の発射準
    備との一部報道などもあり、後場は売り優勢に傾く可能性が
    高いかといったところ。
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
     
  • 2017-09-14【東京市場見通し】

    買い先行 日経平均は節目2万円試す展開 一巡後は伸び悩みか
    
    前日の米株市場は小幅ながらも上昇。連日で主要3指数そろっ
    て史上最高値を更新している。為替ドル/円も円安方向に振れ
    ており、現在は110円台半ばでの推移。
    本日、日本株はしっかりの米株、ドル/円の円安を追い風に買
    いが先行する見通し。
    日経平均は節目20000円を試す展開。取引時間中には回復す
    る可能性もあるだろう。
    ただ、その水準、買い一巡後は戻り売りや利益確定売りで伸
    び悩む可能性が高い。
    日経平均は伸び悩みとなるなか、物色対象は次第に中小型株
    へ。足元で大幅な調整をみせており、仕切り直しの買いが向
    かいやすいと思われる。
    
    日経平均予想レンジは19750-20000円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り580万株、買い650万株、
    差し引き70万株の買い越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が110円台半ばでの推移。
    (13日終値109.94-95円)
    
    現在、ユーロ/円が131円台前半での推移。
    (13日終値131.76-80円)
    
    
    13日米株市場概況
    
    主要3指数そろって続伸。連日で主要3指数そろっての最高値更
    新となった。
    原油高を好感したエネルギー株やメーシーズ、アマゾン・ドッ
    ト・コムなどの一般消費財株が堅調。NYダルは小幅に4日続伸、
    S&P500とNASDAQは前日終値を挟んでもみあいとなるなか、わず
    かながらもプラス圏で終了した。
    NYダウは+39.32の22158.18、
    S&P500は1.89の2498.37、
    NASDAQはの+5.91の6460.19。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-13【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    鳥貴族<3193> 決算発表。
    終値2677円(前日比-5円-0.18%)
    17年7月期の経常利益(非連結)は14.2億円(前期比7.8%減)も18
    年7月期は22.8億円(前期比60.0%増)の拡大見込み、2期ぶりに
    過去最高益更新見通しに。
    
    SYSHD<3988> 決算・株式分割発表。
    終値3350円(前日比+80円+2.44%)
    17年7月期の連結経常利益は2.1億円(前期比24.3%増)。18年7月
    期も2.2億円(前期比2.3%増)。
    また、11/31日を基準日に1対2株の株式分割を実施すると発表
    (効力発生日は2/1)。
    今期の年間配当は11円。株式分割を考慮した実質配当は10.0%
    増配方針。
    
    石井表記<6336> 決算発表。
    終値1047円(前日比+22円+2.14%)
    18年1月期第2四半期累計(2-7月)の連結経常利益は6.1億円(前年
    同期比5.6倍)と従来予想4.1億円を上回って着地。
    併せて通期の同利益を従来予想7.6億円から10.6億円に上方修正。
    
    ピックアップ
    クミアイ化<4996> 決算発表。
    終値671円(前日比+8円+1.20%)
    17年10月期第3四半期累計(16年11月-17年7月)の連結経常利益
    は64億円(前年同期比66.1%増)。非開示だった通期の業績予想
    は連結経常利益が58億円(前期比29.5%増)。
    業績好調に伴って従来未定としていた期末一括配当を8円実施
    する方針とした。
    株価は本日(13日)まで3日続伸。テクニカル面では、移動平均
    線チャートにおいて直近に200日線(661円)を回復するなど良
    好な形状。
    好決算を受けて一段と上方向へのトレンドを強めるか。週足
    一目均衡表の雲上限(778円)を試す展開へ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    物語コーポ<3097>
    終値6790円(前日比+110円+1.64%)
    8月既存店売上高は前年同月比5.3%増
    (6ヵ月連続で前年実績を上回リ)。
    
    Gunosy<6047>
    終値3140円(前日比+30円+0.96%)
    東京証券取引所に対して本則市場への市場変更について申請を
    行ったと発表。東証1部への市場変更(現在は東証マザーズ)。
    市場変更についての承認の可否や時期は不確定。
    
    スクウェアHD<9684>
    終値3880円(前日比+5円+0.12%)
    スマートフォン向け新作アクションRPG「キングスナイト-Wrat
    h of the Dark Dragon-」を世界120カ国以上で同時に配信開始。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40 
    
    
    
    
  • 2017-09-13【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め14銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ソフトフロン<2321>、
    S 日清紡HD<3105>、
    S ハピネス&D<3174>、
    一時S ユニネク<3566>、
    一時S Sワイヤー<3929>、
    S カーリットH<4275>、
    S モリテック<5986>、
    S 大泉製<6618>、
    S 日無線<6751>、
    S トミタ電機<6898>、
    一時S 菊水電子<6912>、
    一時S MICS化学<7899>、
    S 大興電子<8023>、
    一時S 杉村倉<9307>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ディップ<2379> 大幅続伸。
    終値2488円(前日比+121円+5.11%)
    200日移動平均線(2372円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限2426円)突破。
    
    スタートトゥ<3092> 6日大幅続伸。
    終値3650円(前日比+125円+3.54%)
    年初来高値(3560円(8/9))更新。ゴールデンクロス(5日
    移動平均線(3481円)が25日移動平均線(3429円)超え)。
    
    化工機<6331> 3日大幅続伸。
    終値268円(前日比+34円+14.52%)
    燃料電池関連。
    日足一目均衡表の雲(上限250円)を突破。
    
    フジミインコ<5384> 5日大幅続伸。
    終値2672円(前日比+218円+8.88%)
    日足一目均衡表の雲(上限2565円)を突破。
    
    シンフォニア<6507> 6日大幅続伸。
    終値464円(前日比+32円+7.40%)
    日足一目均衡表の雲(上限450円)を突破。
    
    ピックアップ
    東光高岳<6617> 5日大幅続伸。
    終値1981円(前日比+129円+6.96%)
    13日付の株式新聞で注目株として取り上げられたことな
    どが好材料となった。
    テクニカル面では移動平均線チャートにおいて、5日線(
    1841円)が25日線(1838円)超えとなりゴールデンクロス。
    また、株価は200日線(1920円)を回復するなど良好な形状、
    一段の上振れが期待されるところにある。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-13【東京市場概況】

    日経平均は3日続伸(89円高) 米株高、円安を好感 買い一巡後は
    こう着
    
    前日の米株市場が主要3指数そろって史上最高値を更新、為替ドル/
    円も円安方向に振れていたことなどが好感されて、朝方から買い
    が先行した。日経平均は19888円(112.22円高)まで上昇する場面が
    見られた。買い優勢の展開にあったものの、こう着感は強く、日
    中値幅は40円程度だった。
    
    日経平均終値は+89.20円の19865.82円。
    
    東証1部の出来高は16億511万株、
    売買代金は2兆498億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1314銘柄、値下がり594銘柄、
    変わらず118銘柄。
    
    業種別では値上がりが26業種、値下がりが7業種。
    値上がりトップは証券・商品、不動産、銀行。
    値下がりは空運、バルブ・紙、その他製品など。
    
    日経平均は買い優勢の展開とはなったもののやや上昇一服感も漂
    ってきている。買い先行後はこう着感が強く、東証1部の売買代金
    も活況目安2兆円を上回っているものの物足りなさを感じる。価格
    帯別出来高で商いが積み上がっている水準であり、戻り売りを警
    戒したいところだ。
    ただ、直近の円安で輸出企業の業績改善期待や9月中間配当取りの
    動きなどが下支えとなり底堅い展開が期待される。19500円-20000
    円間で目先は値固めといったところか。
    そうしたなか、新興市場を中心とした中小型株へ物色は向かうと
    見られる。
    本日新興市場はやや利益確定売りにも動きも見られたが、ジャス
    ダック、マザーズともに3日続伸。ジャスダックは連日の年初来高
    値更新している。足元で大幅な調整をみせていた銘柄へ仕切り直
    しの買いが向かう見込み。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-13【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は3日続伸(93円高) 米株高、円安を好感 一巡後も
    高値圏維持
    
    前日の米株市場が主要3指数そろって史上最高値を更新するなど堅
    調、為替ドル/円も110円台に乗せて円安方向にあったことなどが好
    感されて、日本株は朝方から買いが先行した。
    日経平均は一時、100円超えの上昇となる場面も見られた。その後
    は上げ一服となりながらも高値圏を維持したまま前場の取引を終
    えた。
    
    日経平均前場終値は+93.20円の19869.82円。
    
    東証1部の出来高は7億8881万株、
    売買代金は9968億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1349銘柄、値下がり556銘柄、
    変わらず117銘柄。
    
    業種別では値上がりが25業種、値下がりが8業種。
    値上がりトップは証券・商品、保険、銀行。
    値下がりはバルブ・紙、水産・農林、空運など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は前場高値圏を維持したま引けており、しっかりとした
    展開。ただ、急ピッチの上昇に対する過熱感も意識されやすくあ
    り、節目20000円に接近するにつれて戻り売り圧力が強まっていく
    と予想される。ここからの上値は慎重姿勢が強まりそうだ。
    そんななか、物色は中小型株へ向かいやすくなる見込み。特に直
    近に売り込まれていた銘柄の切り返しが意識されやすいだろう。
    その他、テーマとしては次世代電池やアップル関連、依然として
    地政学リスクは意識されやすいなか防衛関連の押し目なども意識
    されやすいか。
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-13【東京市場見通し】

    買い優勢 強い米株市場、円安を好感 戻り売り吸収できるか
    
    前日の米株市場は主要3指数そろって史上最高値を更新するなど堅
    調な展開が続いた。為替ドル/円も円安方向、現在は110円台に乗せ
    ている。
    米株高、円安を好感して主力株を中心に買いが先行する見通し。
    日経平均は出来高が積み上がっている水準に差し掛かる。戻り待
    ちの売り圧力が意識されやすくあるが、売り材料が特に無いな
    か、売り方の買い戻しなどから一段と上方向へ振れる可能性もあ
    るだろう。
    また、中小型株に関しても直近に急ピッチの調整からの見直しが
    意識されてくる見込み。特に下げのきつかった銘柄へリバウンド
    狙いの売買が活発化しそうだ。
    
    日経平均予想レンジは19650-19900円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り850万株、買い840万株、
    差し引き10万株の売り越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が110円台前半での推移。
    (12日終値109.54-56円)
    
    現在、ユーロ/円が131円台後半での推移。
    (12日終値131.16-20円)
    
    
    12日米株市場概況
    
    続伸。主要3指数がそろって史上最高値を更新した。北朝鮮情勢や
    ハリケーン被害懸念への警戒感が後退、好地合が続いた。
    ニューシン財務長官が年内の税制改革に言及したことを受けて金
    融株が上昇。また、足もとで下落が続いた通信株も反発。いっぽ
    うで、債券利回りの上昇が嫌気されて公益や不動産が売りに押さ
    れた。
    NYダウは+61.49の22118.86、
    S&P500は+8.37の2496.48、
    NASDAQはの+22.02の6454.28。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-12【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    神戸物産<3038> 決算発表。
    終値5810円(前日比+60円+1.04%)
    17年10月期第3四半期累計(16年11月-17年7月)の連結経常
    利益は119億円(前年同期比2.1倍)。
    
    ピックアップ
    メガネスーパー<3318> 決算発表。
    終値71円(前日比+2円+2.89%)
    18年4月期第1四半期(5-7月)の連結経常利益は2.1億円(前
    年同期非連結比73.0%増)。
    株価は前日(11日)に4%超えの上昇、本日も3%近くの上昇と
    なり続伸。
    テクニカル面では移動平均線チャートで200日線(71円)近
    辺での推移。
    日足一目均衡表において雲上限(73円)に迫る動きとなっ
    ている。
    決算をきっかけにこれらを超える動きが見られれば、上
    昇トレンド転換。
    
    アセンテック<3565> 決算発表。
    終値4160円(前日比-50円-1.18%)
    18年1月期第2四半期累計(2-7月)の経常利益(非連結)は2
    億円(前年同期比85.5%増)。
    株価は8/30高値4925円からは調整、日足一目均衡表の基
    準線(3872円)で調整一巡、直近は戻り基調にある。
    ただ、前日(11日)、本日(12日)と日足一目均衡表の転換
    線(4190円)が上値抵抗と意識されて、
    やや伸び悩む展開。決算を受けて同線を回復、戻しを強
    める展開となるかといったところ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    シリコンスタジオ<3907>
    終値4485円(前日比-90円-1.96%)
    米ミストウォーカー社と共同開発中の新作ゲーム「テラ
    バトル2」を9/21からサービス開始。
    
    ラクス<3923>
    終値1927円(前日比+91円+4.95%)
    8月売上高は前年同月比26.6%増。
    
    ガーラ<4777>
    終値415円(前日比+8円1.96%)
    スマートフォンゲーム「Flyff Legacy(フリフレガシー)」
    の国内ダウンロード配信を開始。
    
    東洋電<6505>
    終値2186円(前日比+35円+1.62%)
    中国・成都に都市交通向け鉄道車両用電機品を製造する
    合弁会社を設立。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40 
    
    
  • 2017-09-12【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め13銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S アスカネット<2438>、
    S シルバエッグ<3961>、
    S 田中化研<4080>、
    S チタン<4098>、
    S JMACS<5817>、
    S ライクKN<6065>、
    一時S メタップス<6172>、
    一時S カワタ<6292>、
    S 大泉製<6618>、
    S 菊水電子<6912>、
    一時S 松尾電<6969>、
    S IMV<7760>、
    一時S 技研興<9764>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ライク<2462> 大幅続伸。
    終値1936円(前日比+136円+7.55%)
    25日移動平均線(1874円)回復。
    
    放電精密<6469> 大幅続伸。
    終値1119円(前日比+113円+11.23%)
    日足一目均衡表の雲(上限1045円)突破。
    200日移動平均線(1064円)回復。
    
    ピックアップ
    洋ゴム<5105> 大幅続伸。
    終値2344円(前日比+105円+4.68%)
    前日(11日)に、直近に上値抵抗と意識されていた75日移動
    平均線(2222円)を回復。
    本日も堅調な展開は続き、日足一目均衡表において雲(上
    限2323円)を突破。もう一段高が期待される形状にある。
    
    スミダコーポ<6817> 3日大幅続伸。
    終値2083円(前日比+115円+5.84%)
    先週の半ばまで売り優勢の展開。移動平均線チャートにお
    いて75日線(1954円)、日足一目均衡表において雲(下限198
    5円)を割れる水準まで値を落としていた当銘柄。
    しかし、その水準から切り返し、本日に再びこれらを回復
    してきており、トレンドは上方向へ振れつつある。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-12【東京市場概況】

    日経平均は大幅続伸(230円高) 米株高や円安、北朝鮮懸念後退が
    支援材料に
    
    前日の米株の大幅高。為替ドル/円が円安方向に振れたことなどが
    好感されて買い優勢の展開に。また、北朝鮮リスクが後退してき
    ていることも後押しとなった。
    日経平均は190円高でスタートして、後場には19792.06円(246.29
    円高)まで上昇する場面があった。その後は上昇一服となったもの
    の高値圏を維持したまま本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+230.85円の19776.62円。
    
    東証1部の出来高は16億5476万株、
    売買代金は2兆2254億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1503銘柄、値下がり447銘柄、
    変わらず76銘柄。
    
    業種別では値上がりが32業種、値下がりが1業種。
    値上がりトップは保険、証券・商品、その他製品。
    値下がりは建設のみ。
    
    日経平均は約1ヶ月ぶり(8/7以来)ぶりに25日移動平均線(19543円)
    を回復して本日の取引を終えた。これまで上値抵抗と意識されて
    いたが今後は下値サポートして意識される見込み。
    いっぽうで上値は75日移動平均線(19861円)が上値抵抗として意識
    される。また、19800円近辺からは戻り売り圧力が強まってくる水
    準。75日線を回復すれば節目20000円も見えてくるところだが、新
    たな材料、商いの増加が必要不可欠。本日の東証1部の売買代金は
    活況目安2兆円を超えてはいるもののやや物足りないといったとこ
    ろ。
    新興市場はジャスダックが新高値を付けて、マザーズも2%超えの
    上昇と大幅続伸。日経平均の目先の上値の重さが意識されるな
    か、新興市場の上昇に期待したい。日経平均が回復した25日移動
    平均線をサポートに下値しっかりの展開となっていれば、新興市
    場への物色は継続される見込み。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-12【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅続伸(195円高) 米株高、円安を好感 幅広い
    銘柄へ買い戻し継続
    
    前日の米株市場が大幅に上昇。為替ドル/円も円安方向にあったこ
    となどが好感されて日本株は買い優勢の展開となった。注目され
    た国連安全保障理事会で北朝鮮に対する追加制裁決議案を全会一
    致、内容は米国が主張する石油の全面禁輸を取り下げて原油・石
    油精製品の輸出制限などにとどまった。北朝鮮情勢の緊迫化懸念
    が後退したことも後押しとなったようだ。
    日経平均は一時220円超えの上昇で19700円台後半まで値を上げる
    場面があった。その後、上げ一服となったものの高値圏を維持し
    前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+195.65円の19741.42円。
    
    東証1部の出来高は7億7091万株、
    売買代金は1兆312億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1407銘柄、値下がり472銘柄、
    変わらず147銘柄。
    
    業種別では値上がりが32業種、値下がりが1業種。
    値上がりトップは保険、証券・商品、、バルブ・紙。
    値下がりは水産・農林のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は25日移動平均線(19541円)を回復、日足一目均衡表の基
    準線(19662円)も上回った。次に上値抵抗と意識されるのは75日移
    動平均線(19860円)。同線を回復する動きなどが見られれば、節目
    20000円も見えてくるところ。ただ、19800円は売り圧力の強い水
    準であり、戻り売りや利益確定売りが出やすい。前場の東証1部の
    売買代金は1兆円を超えており、本日は活況目安2兆円を上回るペ
    ースではあるが、一段と商いが盛り上がってこないとこの水準を
    突破するのは難しそうだ。
    後場はしっかりもやや上値の重さが強くなりそう。そうしたなか
    新興市場を中心とした中小型株へ物色がより向かうと予想する。
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-12【東京市場見通し】

    買い優勢 米株の大幅上昇、円安進行を好感
    
    前日の米株市場が大幅上昇。NYダウは22000ドル台を回復、S&P500
    は終値での史上最高値を更新した。為替ドル/円も円安方向に振れ
    ており、現在は109円台前半での推移となっている。
    注目された国連安全保障理事会は北朝鮮への制裁決議案を全会一
    致で可決。米国が提示した内容からは中国やロシアに配慮するか
    たちの妥協案となった。北朝鮮からの対抗措置への懸念が薄れた
    わけではないが、いったん地政学リスクを後退となりそうだ。
    本日の日本株は米株高や円安を好感して買いが先行する見通し。
    日経平均は前日に上値抵抗と意識された25日移動平均線(19554円)
    を超えてのスタート。上値抵抗となりそうなのは日足一目均衡表
    の基準線(19662円)。戻り売り圧力が強まってくる水準であり、前
    日(11日)の東証1部の売買代金は活況目安の2兆円割れとエネルギ
    ー不足、商いが盛り上がってくるかも注目点、商い伴っていれ
    ば、この基準線を超えて、75日移動平均線(19860円)を試す可能性
    もあるか。
    
    日経平均予想レンジは19550-19800円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1110万株、買い1150万株、
    差し引き40万株の買い越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が109円台前半での推移。
    (11日終値108.42-43円)
    
    現在、ユーロ/円が130円台後半での推移。
    (11日終値130.25-29円)
    
    
    11日米株市場概況
    
    大幅上昇。NYダウは続伸して8/16以来となる22000ドル台を回復、
    S&P500は終値での史上最高値更新、NASDAQも急反発となった。
    大型ハリケーン「イルマ」による大規模な被害が警戒されたが、
    熱帯低気圧に勢力を落したことで、被害の影響が予想ほどでは
    ないとの見通しに。また、警戒されていた北朝鮮による挑発行
    為も行われず、リスク回避姿勢が後退。買い戻しの動きが優勢
    となった。
    NYダウは+259.58の22057.37、
    S&P500は+26.68の2488.11、
    NASDAQはの72.07の6432.26。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
  • 2017-09-11【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    萩原工業<7856> 決算・株式分割発表。
    終値3430円(前日比+130円+3.93%)
    17年10月期第3四半期累計(16年11月-17年7月)の連結経常利
    益は22.1億円(前年同期比15.7%)。
    株式分割発表(10/31基準日に1対2の株式分割を実施)。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    博報堂DY<2433>
    終値1494円(前日比+21円+1.42%)
    8月単体売上高は前年同月比6.7%増。
    
    DDHD<3073>
    終値3289円(前日比+55円+2.35%)
    8月既存店売上高は前年同月比4.9%増
    (6ヵ月連続で前年実績上回り)。
    
    SRAHD<3817>
    終値2830円(前日比+22円+0.78%)
    8月のSRA単体売上高は前年同月比11.1%増、AITは20.1%増。
    
    アクロディア<3823>
    終値320円(前日比+18円+5.96%)
    「インターホン向けIoTシステム」が、新日建<1879>の
    新築マンション「エクセレントシティ幕張本郷2丁目」に
    採用されることになったと発表。
    
    オカモト<5122>
    終値1126円(前日比+6円+0.53%)
    自社株買い実施を発表。(自己株式を除く発行済み株式総数
    の1.01%にあたる100万株、1300百万円を上限、期間は29年9
    /19~30年3/30)。
    
    日本ライフL<7575>
    終値5850円(前日比+190円+3.35%)
    米エンドロジックス社と胸部大動脈疾患治療用ステントグラ
    フトに関する共同研究開発契約および日本国内における独占
    販売契約を締結。
    
    ピックアップ
    はてな<3930>
    終値2633円(前日比+120円+4.77%)
    日本政策投資銀行とWeb上のスタートアップコミュニティ
    ーを運営するCrewwが9/19に開始する産官連携の新規事
    業創出プロジェクト「KYOTO OPEN ACCELE
    RATOR」に参加すると発表。
    株価は直近、25日移動平均線(2522円)近辺でいっていの底堅
    さは示していたなか、本日に大幅上昇。
    25日線から上放れる動きとなり、チャート形状は良好。
    本日の発表、また明日(12日)に控える決算発表を好材料に、
    一段と上方向へのトレンドを強めれれるか注目したいところ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40 
    
    
    
  • 2017-09-11【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S ANAP<3189>、
    S チタン<4098>、
    S トランザス<6696>、
    一時S 菊水電子<6912>、
    S 安永<7271>、
    S 杉村倉<9307>、
    S トーシン<9444>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S 阿波製紙<3896>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    プリマハム<2281> 大幅続伸。
    終値718円(前日比+58円+8.78%)
    国内証券の新規買い推奨などを好感。
    日足一目均衡表の雲(上限681円)突破。
    
    ディア・ライフ<3245> 3日ぶり大幅反発。
    終値505円(前日比+47円+10.26%)
    年初来高値更新。先週末(9日)発表の業績・配当修正を好感。
    25日移動平均線(463円)回復。
    
    日電産<6594> 3日大幅続伸。
    終値12835円(前日比+520円+4.22%)
    25日移動平均線(12471円)回復。
    
    ソニー<6758> 大幅続伸。
    終値4470円(前日比+172円+4.00%)
    日足一目均衡表の雲(上限4440円)突破。
    
    ピックアップ
    ケミプロ<4960> 3日ぶり大幅反発。
    終値414円(前日比+48円+13.11%)
    有機EL関連。米アップルが9/12に新製品発表会を開催予定。
    新型iPhoneへの関心が集まりやすく、導入が見込まれてい
    る有機EL関連へ関心が集まった。
    テクニカル面では、先週に割れた25日移動平均線(378円)を
    早期に回復、上振れ期待が高まる形状となっている。
    
    川重<7012> 大幅反発。
    終値346円(前日比+8円+2.36%)
    テクニカル面で注目。日足一目均衡表において雲(上限343円)
    を突破。また、移動平均線チャートにおいても200日移動平均
    線(346円)を回復するなど一段高が期待される形状にある。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-11【東京市場概況】

    日経平均は円高一服、北朝鮮リスク後退で大幅反発(270円高) 
    19500円台回復 
    
    為替ドル/円の円高が一服。また、北朝鮮が9日の建国記念日に挑発
    行動に出なかったことから地政学リスク後退して朝方から買いが
    先行した。
    日経平均は5日移動平均線(19392円)や200日移動平均線(19411円を
    回復して始まると心理的な節目19500円も超えた。その後は25日移
    動平均線(19554円)近辺で伸び悩む展開となったが、高値圏を維持
    したまま、本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+270.95円の19545.77円。
    
    東証1部の出来高は14億9864万株、
    売買代金は1兆9899億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1617銘柄、値下がり331銘柄、
    変わらず78銘柄。
    
    業種別では値上がりが31業種、値下がりが2業種。
    値上がりトップはゴム製品、電気機器、医薬品。
    値下がりは鉱業、倉庫・運輪のみ。
    
    日経平均は大幅反発となったが東証1部の売買代金は活況目安の2
    兆円割れ。市場エネルギーは乏しい一日となった。
    本日に上値抵抗と意識された25日移動平均線(19554円)を超えて
    上値を伸ばすには商いの盛り上がりが必要不可欠だろう。
    明日は安保理決議の内容を受けてのた北朝鮮の動向と依然として
    北朝鮮リスクがくすぶるなか、外国人投資家の買戻しなどがカギ
    となってきそうだ。買い戻しの動きが強まれば、商いも盛り上が
    り、戻り期待は強まってくる。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2017-09-11【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅反発(266円高) 円高一服を好感、北朝鮮リス
    クへの警戒感も後退
    
    朝方から買い先行。為替ドル/円が円高一服となっていたことや北
    朝鮮が9日の建国記念日に挑発行動に出なかったことから、ひと
    まず地政学リスクへの警戒感が後退した。日経平均は一時、上げ
    幅を300円近くまで拡げる場面が見られた。その後は上げ一服感
    はあるものの、高値圏を維持したまま前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+266.54円の19541.36円。
    
    東証1部の出来高は7億5957万株、
    売買代金は9811億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1756銘柄、値下がり215銘柄、
    変わらず55銘柄。
    
    業種別では値上がりが32業種、値下がりが1業種。
    値上がりトップはゴム製品、電気機器、保険。
    値下がりは倉庫・運輪のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は5日移動平均線(19391円)や200日移動平均線(19411円)
    を回復して始まると心理的な節目19500円も超える上昇に。25日
    移動平均線(19554円)を回復する場面も一時見られた。ここから
    は強弱感が対立しやすいところであり、今後の北朝鮮情勢をふく
    めて外部環境次第。米国は北朝鮮への新たな制裁のため11日に国
    連安全保障理事会で決議案の採決を求めている。新たな制裁内容
    次第では北朝鮮によるミサイル発射の可能性もあり警戒感は残
    る。また、来週の米FOMC(米連邦公開市場委員会)に向けて様
    子姿勢となりやすいだろう。日経平均は19500円前後での推移が
    続くと予想されやすく、後場は一段高は望みにくい。そうしたな
    か、新興市場を中心とした外部環境の影響を受けにくい中小型株
    の動向を注視したい。
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-11【東京市場見通し】

    円高一服で買い先行 買い一巡後は様子見姿勢か
    
    警戒された北朝鮮の建国記念日はひとまず波乱無く通過した。安
    心から本日の日本株は買戻し優勢の展開が予想される。
    ただ、米国は北朝鮮への新たな制裁のため11日に国連安全保障理
    事会で決議案の採決を求めるとしており、新たな制裁内容次第で
    はミサイル発射の可能性もあるとみられ不安は残り、上値の重さ
    が意識されるだろう。
    また、米国の大型ハリケーン「ハービー」に続いて、観測史上最
    強レベルまで発達したハリケーン「イルマ」がフロリダ州を直撃
    するとみられており、被害拡大が警戒されており、ドルが売られや
    すい状況にあることも日本株にとって重しになりそうだ。
    その為、買戻しなどから買い優勢の展開が予想されるが、積極的
    な売買は引き続き手控えられる可能性が高く、買い一巡後は上値
    重く、様子見姿勢となりそうだ。
    日経平均は反発スタート、9月限のSQ(19278.13円)を上回り、この
    SQ値などを下値サポートとしつつ、5日移動平均線(19384円)や200
    日移動平均線(19403円)近辺でのもみあいと予想する。
    
    日経平均予想レンジは19250-19400円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1030万株、買い1450万株、
    差し引き420万株の売り越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が108円台前半での推移。
    (先週末8日終値107.74-75円)
    
    現在、ユーロ/円が130円台前半での推移。
    (先週末8日終値129.81-85円)
    
    
    先週末8日米株市場概況
    
    高安まちまち。NYダウは小幅に反発となったが、S&P500が小幅に続
    落、NASDAQも反落となった。
    大型ハリケーン「イルマ」の経済への影響を見極めたいとの見方
    や北朝鮮の建国記念日にあたる9日前で、新たな挑発行為に対する
    警戒感などがあったもよう。
    今週大きく下落していた金融株に買戻しが入ったが、原油の大幅
    安を受けてエネルギー株が下落、アップルを筆頭にテクノロジー
    株も軟調だった。
    NYダウは+13.01の21797.79、
    S&P500は-3.67の2461.43、
    NASDAQはの-37.68の6360.19。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-08【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    カナモト<9678> 決算発表。
    終値3290円(前日比+100円+2.61%)
    17年10月期第3四半期累計(16年11月-17年7月)の連結経常利
    益は124億円(前年同期比23.9%増)。
    
    ディア・ライフ<3245> 業績修正発表。
    終値458円(前日比-1円-0.21%)
    17年9月期の連結経常利益を従来予想18億円から19.2億円に
    上方修正。
    
    ピックアップ
    エイチーム<3662> 決算発表。
    終値2488円(前日比-53円-2.08%)
    17年7月期の連結経常利益は41.1億円(前期比96.7%増)。18年
    7月期も47億円(前期比14.1%増)の見込みで、2期連続で過去
    最高益更新見通し。
    また、今期の年間配当は32.5円(前期比5.5円増)に。
    株価は今週、売り優勢の展開となり、週足ベースの移動平均
    線チャートにおいて、26週線(2824円)や52週線(2545円)を割
    れた。また、13週線(2815円)が26週線を下回り、デットクロ
    スとなるなど、形状は悪化しており、早期でこれらを回復す
    ることが望まれる。本日の好決算を受けて、これらを超えて、
    トレンド回復と期待したいところ。
    
    イトクロ<6049> 決算発表。
    終値4880円(前日比-170円-3.36%)
    17年10月期第3四半期累計(16年11月-17年7月)の経常利益(非
    連結)は16.6億円(前年同期比24.9%増)。
    併せて通期の同利益を従来予想15.1億円から17.4億円に上方
    修正。
    株価は直近、調整の流れにあり、75日移動平均線(4781円)近
    辺まで値を落としていた。
    しかし、その水準ではいっていの底堅さは示し、反発期待を
    残していた。
    好決算を受けて、調整完了、切り返しと期待される。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40 
    
    
    
  • 2017-09-08【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め4銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 阿波製紙<3896>、
    一時S エンビプロ<5698>、
    S Nフィールド<6077>、
    S 技研興<9764>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S 郷鉄工<6397>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    タツタ線<5809> 5日ぶり大幅反発。
    終値753円(前日比+49円+6.96%)
    年初来高値更新。25日移動平均線(719円)回復。
    
    ピックアップ
    夢テクノロジ<2458> 3日大幅続伸。
    終値750円(前日比+27円+3.73%)
    前日(7日)に日足一目均衡表の雲(上限717円)を突破、200日移
    動平均線(714円)を回復した勢いそのままに本日も上昇。
    週足ベースの移動平均線チャートにおいても、26週線(728円)
    を回復している。このまま本格上昇となるか。
    
    竹内製作<6432> 大幅3日続伸
    終値2144円(前日比+96円+4.68%)
    日足一目均衡表の雲(上限2088円)を突破。移動平均線チャー
    トにおいても200日線(2168円)を回復する場面が見られた。
    終値で同線を回復などとなれば、続き堅調な展開が期待され
    るところ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-08【東京市場概況と来週の見通し】

    8日概況 日経平均は反落(121円安) 円高進行で売り優勢の展開
    
    朝方、欧州中央銀行(ECB)理事会後のドラギ総裁会見を受け
    て、対ドルでユーロ高が進行、ドル/円も円高となっていたことなど
    が重しとなり、主力輸出株を中心に売りが先行した。
    ただ、売り一巡後は下げ渋り、いっていの底堅さは示して前場
    の取引を終えていた。
    しかし、後場にドル/円が108円台を割れて107円台での推移とな
    ると、株式市場の売りは強まった。9日に北朝鮮が建国記念日
    を控えていることで地政学リスクの高まりを警戒する動きが強
    まったと見られる。
    日経平均は、4/8以来の約4ヶ月ぶりの安値水準で本日の取引を
    終えた。
    
    日経平均終値は-121.70円の19274.82円。
    
    東証1部の出来高は18億6042万株、
    売買代金は2兆7145億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり678銘柄、値下がり1247銘柄、
    変わらず101銘柄。
    
    業種別では値上がりが5業種、値下がりが28業種。
    値上がりはその他製品、サービス、空運など。
    値下がりトップは保険、鉄鋼、食料品。
    
    
    来週の見通し 
    
    北朝鮮に関しては、週末に具体的な軍事行動がなければ、いっ
    たんはリスクが和らぐと期待できる。仮に何らかの行動を起こ
    しても、諸外国が圧力を強めれば、株式市場への影響は限定的
    となり、安心感につながりそうだ。
    そうなれば、下値不安は和らぎしっかりとした展開が期待され
    るところだ。
    ただ、来週はこれといったイベントが無いが、翌週(19日~20
    日)に米FOMCを控えており、上値を追いづらい展開が続く可能
    性がある。
    また、円高基調が強まっている点もネガティブ。FOMCでは利
    上げはないとの見方が大勢であるため、円安が期待しづらい。
    一段と円高が進むようだと売りが強まる展開が警戒されると
    ころ。
    テクニカル面での日経平均は、200日移動平均線(19403円)を
    割れており、5日移動平均線(19384円)も200日移動平均線を
    下回りデットクロス、形状は悪化している。株価上昇、早期
    でこれらの回復が望まれるところ。オシレーター系指標(スト
    キャスティクス、RSI)が売られ過ぎを示しており、きっか
    け次第では自律反発機運が高まりやすいところではある。
    
    
    来週の日経平均予想レンジは19000-19600円。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-08【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落(73円安) 円高と北朝鮮リスクが重し
    
    売り優勢の展開となった。為替ドル/円が円高方向にあったこと
    などが重しに。また、引き続き、9日の北朝鮮の建国記念日を
    前に地政学リスクへの警戒感も根強いようだ。
    日経平均一時、100円超えの下落となった後は、円高一服もあ
    って下げ渋る動きとなったものの、戻りも限定され前場の取
    引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-73.78円の19322.74円。
    
    東証1部の出来高は10億8969万株、
    売買代金は1兆6800億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり893銘柄、値下がり957銘柄、
    変わらず176銘柄。
    
    業種別では値上がりが15業種、値下がりが18業種。
    値上がりはその他製品、サービス、医薬品など。
    値下がりは食料品、鉄鋼、不動産など。
    
    
    後場の見通し
    
    本日に算出された日経平均先物・オプション9月限のSQ(特別清
    算指数)推計値は19278.13円。前場の日経平均はSQ値を上回っ
    て推移となった。地政学リスクが残る週末ではあるが、大崩れ
    することもなくいっていの底堅さは示している。後場も日経平
    均はSQ値が下値サポートとして意識されそうだ。また、日銀の
    ETF買い入れが意識されるだろう。
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-08【東京市場見通し】

    もみあい 買い入りづらい地合いもポジション調整に伴う買い戻
    しも意識
    
    前日の米株市場はまちまち。NYダウは小幅に反落もNASDAQは小幅
    に続伸となった。
    為替市場ではユーロが上昇してドルが売られ、ドル/円も円高方向に、
    現在は108円台前半での推移となっている。
    ドル/円が円高方向に振れていることは日本株にとって重し、北
    朝鮮の建国記念日を控えた週末で、リスク回避の動きも出やす
    く、積極的な買いは入りづらい地合い。
    ただ、米政権運営に対する不透明感は和らいできており、北朝
    鮮リスクもやや落ち着いてきている感はある、買い戻しの動き
    が次第に強まる可能性もあるだろう。
    
    日経平均予想レンジは19250-19500円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り600万株、買い325万株、
    差し引き275万株の売り越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が108円台前半での推移。
    (7日終値108.99-109.01円)
    
    現在、ユーロ/円が130円台前半での推移。
    (7日終値130.28-32円)
    
    
    7日米株市場概況
    
    高安まちまち。NYダウは小幅に反落、S&P500はほぼ横ばい(小幅
    安)、NASDAQは小幅に続伸となった。
    米10年物国債の利回りが低下し、利ザヤの縮小が懸念され金融
    株が軟調だった。
    また、米フロリダ州に大型ハリケーン「イルマ」が接近してい
    ることから、ハリケーン被害の発生を警戒し、手控えにつなが
    ったようだ。
    テクノロジー株やバイオ株の上昇を支えにNASDAQは小幅ながら
    上昇となった。
    NYダウは-22.86の21784.78、
    S&P500は-0.44の2465.10、
    NASDAQはの+4.56の6397.87。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-07【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    アルトナー<2163> 決算発表。
    終値1551円(前日比+51円+3.40%)
    18年1月期第2四半期累計(2-7月)の経常利益(非連結)は3.7億円
    (前年同期比21.6%増)。従来予想3.1億円を上回っての着地。
    
    ピックアップ
    積水ハウス<1928> 決算発表。
    終値1889.5円(前日比+12.5円+0.66%)
    18年1月期第2四半期累計(2-7月)の連結経常利益は956億円(前
    年同期比21.7%増)。併せて通期の同利益を従来予想1960億円
    から2000億円に上方修正。
    株価は現在、25日移動平均線(1893円)、200日移動平均線(1890
    円)近辺での推移。この水準を底に上昇と期待がかかるところ。
    目先の上値抵抗は75日移動平均線(1929円)など。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ベクター<2656>
    終値534円(前日比+14円+2.69%)
    パソコンブラウザ用のハイファンタジーRPG「アステリアの
    伝説」を17年中にサービスを開始すると発表。
    
    ゲオHD<2681>
    終値1528円(前日比±0円±0.00%)
    メディア系店舗の8月既存店売上高は前年同月比18.3%増。3ヵ
    月連続で前年実績上回り。
    
    ツルハHD<3391>
    終値13330円(前日比+330円+2.53%)
    杏林堂薬局および杏林堂グループ・ホールディングスと資本・
    業務提携契約を締結。
    
    シュッピン<3179>
    終値1980円(前日比+62円+3.23%)
    8月の売上高は前年同月比45.4%増。12ヵ月連続で前年実績上回り。
    
    アカツキ<3932>
    終値8500円(前日比-340円-3.84%)
    9/14で東証マザーズから東証1部へ市場変更と発表。
    
    ラウンドワン<4680>
    終値1267円(前日比+28円+2.25%)
    8月の売上状況(速報)発表。既存店売上高は前年同月比12.0%増
    と3ヶ月連続で前年実績上回り。
    
    IBJ<6071>
    終値755円(前日比-13円-1.69%)
    8月の月次概況を発表。好調にな結果。婚活会員数は前年同月
    比27.8%増の64.7万人。加盟相談所数は前年同月比24.8%増
    の1530社に。
    
    ネットマーケ<6175>
    終値1238円(前日比-36円-2.82%)
    8月のメディア事業における「Omiai」累計会員数は前年
    同月比50%増。
    
    アサツーDK<9747>
    終値2868円(前日比+2円+0.06%)
    8月単体売上高は前年同月比9.7%増。
    
    ピックアップ
    GMO<9449>
    終値1387円(前日比+7円+0.50%)
    新たな事業として次世代型7ナノメートル(1ナノメートルは10
    億分の1)の半導体チップを活用した、仮想通貨の採掘(ビット
    コインマイニング)事業を開始すると発表。
    (ビットコインマイニングとは、ネットワーク上に存在する取
    引データの固まり(ブロック)の整合性を確保するための承認
    作業。最も早く承認できたものに対して、ビットコインが報
    酬として支払われる仕組み)。
    直近の株価の動向は75日移動平均線(1418円)や200日移動平均
    線(1436円)が上値抵抗となるいっぽうで下値は25日移動平均線
    (1375円)がサポートなりしっかり。
    本日の発表を好材料視、75日線、200日線超えから上昇トレン
    ド転換と期待されるところ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40 
    
    
    
  • 2017-09-07【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S フライングG<3317>、
    S システムズD<3766>、
    一時S スパンクリト<5277>、
    S モリテック<5986>、
    S オリジン<6513>、
    一時S SEMTEC<6626>、
    S 三井ハイテク<6966>、
    S 安永<7271>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    Vコマース<2491> 大幅続伸。
    終値739円(前日比+33円+4.67%)
    直近に割れていた25日移動平均線(712円)回復。
    
    積水化<4204> 続伸。
    終値2100円(前日比+72円+3.55%)
    直近に割れていた25日移動平均線(2052円)、
    日足一目均衡表の雲(2063円-2023円)を回復。
    
    オハラ<5218> 大幅続伸。
    終値1555円(前日比+117円+8.13%)
    直近に割れていた25日移動平均線(1471円)回復。
    
    DACHD<6534> 大幅続伸。
    終値1737円(前日比+86円+5.20%)
    直近に割れていた25日移動平均線(1683円)回復。
    
    ピックアップ
    アニコムHD<8715> 3日続伸。
    終値2974円(前日比+77円+2.65%)
    8/28に年初来高値3000円を付けて以降は調整、直近に25日
    移動平均線(2851円)を割れとなっていたが、前日(6日)に
    同線を早期に回復、上昇トレンドを維持したかっこうなり、
    本日は年初来高値更新した(本日高値3035円)。
    高値からは上げ幅縮小となり取引を終えているが、明日以
    降も引き続き、堅調な展開が期待される。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-07【東京市場概況】

    日経平均は4日ぶり反発(38円高) 買い一巡後は北朝鮮リスク警戒
    し伸び悩み
    
    前日の米株高や為替ドル/円の円高が一服、円安方向にあったこと
    などが好感されて朝方から買いが先行した。日経平均の上げ幅は
    一時120円を超えて心理的節目19500円に迫る場面があった。しか
    し、北朝鮮が建国記念日の9日にミサイルを発射する可能性がある
    と一部で報じられると円相場が強含み、伸び悩む展開となった。
    また、今晩には欧州中央銀行(ECB)理事会が開催されるたこと
    もあり、様子見姿勢の面もあったようだ。
    
    日経平均終値は+38.55円の19396.52円。
    
    東証1部の出来高は15億2648万株、
    売買代金は2兆448億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1432銘柄、値下がり485銘柄、
    変わらず107銘柄。
    
    業種別では値上がりが28業種、値下がりが5業種。
    値上がりトップはバルブ・紙、機械、金属製品。
    値下がりは保険、海運、情報・通信など。
    
    足元の需給整理が一巡した感はあり、一段と下を売り込む流れに
    はならないと見ておきたいところ。
    ただ、北朝鮮の地政学リスクが残るなか、値ごろ感があっても押
    し目買いが入りづらい状況。
    日経平均は本日、5日移動平均線(19468円)が上値抵抗となり、200
    日移動平均線(19396円)近辺で取引を終えた。明日もこの水準での
    推移が続くと予想される。
    北朝鮮の地政学リスクが上値を抑えるいっぽうで、週明けは北朝
    鮮の建国記念日を通過、無難に通過出来れば、地政学リスクに対
    する警戒感も薄れて、9月末の配当取りに向けた動きなどが出ると
    予想されるところ、下値はそれらを先回りした買いなどが支えと
    なりそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2017-09-07【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反発(72円高) 米株高など好感も一巡後は伸び悩み
    
    前日の米株高や為替ドル/円の円高が一服して円安方向109円台を回
    復していたことなどが好感されて朝方から買いが先行した。
    日経平均は120円超えの上昇となる場面があり、節目19500円に迫
    った。
    しかし、買い一巡後は不透明な北朝鮮情勢を警戒。また、メジャ
    ーSQ前で積極的な売買は限られて上げ幅を縮小して前場の取引を
    終えた。
    
    日経平均前場終値は+72.22円の19430.19円。
    
    東証1部の出来高は7億6894万株、
    売買代金は1兆117億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1567銘柄、値下がり370銘柄、
    変わらず87銘柄。
    
    業種別では値上がりが31業種、値下がりが2業種。
    値上がりトップはバルブ・紙、機械、転送用機器。
    値上がりは海運、情報・通信のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    北朝鮮リスクは引き続き警戒されるが、その他の懸念材料である
    米国での連邦債務上限問題やハリケーン被害への対応などは良い
    方向に向かいつつある。
    上値は北朝鮮リスクに抑えられやすいが、下値は底堅さを示して
    いく見込み。
    日経平均は5日移動平均線(19474円)が上値抵抗と意識されるいっ
    ぽうで前場終わり時点で前日に割れた200日移動平均線(19397円)
    を回復している。
    後場、200日移動平均線を下値サポートに底堅さは示したいとこ
    ろ。
    日銀によるETF買い入れは期待しづらいなか、200日移動平均線を
    維持する動きとなれば、目先の底打ち感は強まっていくだろう。
    っとなれば、直近に売られ過ぎた銘柄などへの買いも入っていく
    見込み。
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-07【東京市場見通し】

    買い先行 米株高、円安を好感 一巡後は北朝鮮リスクあるなか上
    値重いか
    
    前日の米株市場は主要3指数そろって反発。為替ドル/円も現在、
    109円台前半での推移と円安方向に振れている。債務上限問題
    などでトランプ大統領と議会トップが合意したことが好感され
    た。
    本日の日本株は米株高、円安を受けて、買いが先行する見通し。
    日経平均は前日終値(19357.97円)が200日移動平均線(19389円)
    を割り込んでいたが、早期に回復となれば、底打ちへの期待感
    が広がりやすいところ。
    引き続き北朝鮮リスクがくすぶるなか、週末には先物・オプシ
    ョンSQを控えていることもあり積極的に売買しづらい、買い先
    行後も200日移動平均線を維持出来るかなどに注目。
    
    日経平均予想レンジは19350-19550円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り570万株、買い1260万株、
    差し引き690万株の買い越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が109円台前半での推移。
    (6日終値108.78-80円)
    
    現在、ユーロ/円が130円台前半での推移。
    (6日終値129.81-85円)
    
    
    6日米株市場概況
    
    主要3指数そろって反発。
    北朝鮮をめぐる地政学リスクが意識され上値は限定的。ただ、ト
    ランプ米大統領と米議会が、連邦政府の債務上限を3ヶ月延長する
    ことや、大型ハリケーン「ハービー」による被害で緊急予算を成
    立させることで合意したと報じられたことを好材料視、買い優勢
    の展開となった。
    NYダウは+54.33の21807.64、
    S&P500は+7.69の2465.54、
    NASDAQはの+17.74の6393.31。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-06【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    本日、該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    すかい<3197>
    終値1612円(前日比+11円+0.69%)
    8月度のIRレポートを発表。既存店売上高は前年同月比
    0.6%増と3ヶ月連続前年実績上回り。
    
    ボルテージ<3639>
    終値1329円(前日比+37円+2.86%)
    アニマルアイドル育成ゲーム「アニドルカラーズ」を9月
    7日から配信開始。
    
    ウエスコHD<6091>
    終値406円(前日比+5円+1.24%)
    配当修正発表。17年7月期の期末一括配当を従来計画10円
    から12円増額修正。
    
    ピックアップ
    マクドナルド<2702>
    終値4880円(前日比+60円+1.24%)
    8月度の月次動向を発表。既存店売上高は前年同月比14.5
    %増と21ヶ月連続で前年実績を上回り。
    株価は直近、上値の重い展開が続いているものの下値は2
    5日移動平均線(4829円)などをサポートにしっかりとした
    展開が続いている。発表を好感して、25日線からの上放
    れが期待されるところ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40 
    
    
    
  • 2017-09-06【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S ITメディア<2148>、
    S リネットJ<3556>、
    S 阿波製紙<3896>、
    一時S 富士通コン<6719>、
    一時S 星和電<6748>、
    一時S 安永<7271>、
    一時S 清和中央HD<7531>、
    S 技研興<9764>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    キリンHD<2503> 4日ぶり反発。
    終値2504.0円(前日比+72.5円+2.98%)
    直近に割れていた25日移動平均線(2450円)回復。
    
    ALサービスH<3085> 大幅反発。
    終値2115円(前日比+162円+8.29%)
    直近に割れていた75日移動平均線(1960円)、
    25日移動平均線(2017円)回復。
    
    オプテックスG<6914> 大幅反発。
    終値4345円(前日比+375円+9.44%)
    前日に割れた25日移動平均線(4015円)を早期に回復。
    年初来高値更新。
    
    ヤオコー<8279> 5日ぶり反発。
    終値5300円(前日比+210円+4.12%)
    国内大手証券が投資判断を引き上げ。
    日足一目均衡表の基準線(5082円)をサポートに
    転換線(5205円)回復。
    
    ピックアップ
    日本化<4092> 大幅反発。
    終値243円(前日比+15円+6.57%)
    3日ぶりに大幅反発。
    移動平均線チャートにおいては、前日まで売り優勢に
    あったが75日線(228円)近辺で底堅さを示していた。
    本日は、75日線をサポートに買い優勢の展開となり、
    割れていた25日線(232円)を回復した。
    また、日足一目均衡表においても雲(上限237円)を超
    えるなど良好な形状にある。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
  • 2017-09-06【東京市場概況】

    日経平均は小幅に3日続落(27円安) 売り一巡後、押し目買いなど
    から下げ幅縮小
    
    前日の米株市場の大幅安や為替ドル/円が円高方向にあったことな
    どが重しとなり、朝方から売りが先行した。日経平均は130円安、
    19200円台半ばで下げる場面あった。
    しかし、売り一巡後は押し目買いなどから下げ渋る展開。為替ド
    ル/円の円高方向への動きが一服したことなどから、後場には前日
    比14円安まで下落幅を縮小する場面もあった。
    プラス圏に浮上とまではいかなかったが、そのまま本日の高値圏
    で取引を終えた。
    
    日経平均終値は-27.84円の19357.97円。
    
    東証1部の出来高は16億6553万株、
    売買代金は2兆2100億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1166銘柄、値下がり746銘柄、
    変わらず112銘柄。
    
    業種別では値上がりが17業種、値下がりが16業種。
    値上がりは倉庫・運輪、サービス、水産・農林など。
    値下がりは証券・商品、空運、銀行など。
    
    日経平均は200日移動平均線(19389円)を割れて本日の取引を終え
    た(昨年11/9以来の200日線割れ)。
    ただ、年初来安値18224円(4/17)、年初来高値20318円(6/20)の半
    値押しの19271円近辺で下げ渋る動きとなっている。
    目先、この水準での動向が注目されるところ。下振れるようなら
    心理的な節目19000円近辺までの調整が意識される可能性がある。
    引き続き、底堅さを維持、200日移動平均線を早期に回復するよう
    なら、底打ち感は強まってくるだろう。
    いっぽうで新興市場は本日、ジャスダック、マザーズともに3日ぶ
    りに反発。後場からの底堅い動きを見る限り、懸念されていた強
    制ロスカットによる需給悪化は一巡しただろう。北朝鮮情勢を警
    戒しつつも、外部環境に左右されにくい銘柄などへは買いが向か
    いそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2017-09-06【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続落(59円安) 米株安や円高が重し 売り一巡後
    は下げ渋り
    
    前日、休場明けの米株が大幅安、為替ドル/円も円高方向に振れ
    ていたことから、主力株を中心に売りが先行した。
    日経平均は一時、130円超えの下落幅となり19200円台半ばで値
    を下げる場面があった。
    しかし、売り一巡後は押し目買いなどから下げ渋る展開となっ
    た。
    ただ、引き続き北朝鮮情勢への警戒感も強く、積極的に上値を
    追う動きにはならなかった。
    
    日経平均前場終値は-59.94円の19325.87円。
    
    東証1部の出来高は8億5179万株、
    売買代金は1兆442億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり793銘柄、値下がり1097銘柄、
    変わらず131銘柄。
    
    業種別では値上がりが12業種、値下がりが21業種。
    値上がりは水産・農林、サービス、鉄鋼など。
    値下がりトップは証券・商品、銀行、バルブ・紙。
    
    
    後場の見通し
    
    引き続き北朝鮮情勢への警戒感など外部環境の影響に不安はある
    ものの日本株には業績の裏付けがある。日経平均はこの水準から
    極端に下値を売る理由は乏しいと見る。
    とはいえ、今週はメジャーSQを控えてており、これに絡んだ乱
    高下も警戒されるところ、積極的な売買は手控えられやすい。
    後場も日銀のETF買い入れへの思惑から下げ渋る動きは続きそうだ
    が、仕掛け的な売買に注意したいところ。
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2017-09-06【東京市場見通し】

    売り先行 米株安や円高嫌気 軟調な展開が続きそうだ 
    
    連休明けの前日の米株市場は北朝鮮リスクを警戒して大幅下落。
    NYダウは234ドル安となった。為替ドル/円も円高方向に振れてお
    り、現在は108円台後半での推移。
    本日の日本株は米株安や円高を嫌気して売りが先行しそうだ。た
    だ、CME225先物は下げてはいるものの米株市場と比べるとしっか
    り、前日までの下げで米株安をある程度織り込んでいた可能性は
    ある。とはいえ、このところ場中に売りが強まる展開が目立って
    おり、北朝鮮に対する警戒が拭えない中では積極的な買いも入り
    づらい、寄り付き後も軟調な展開が予想されるところ。そんなな
    か、日銀のETF(上場投資信託)買い期待などが下支えとなるか
    注目されるところ。日経平均の下値メドは8/29安値19280円。
    
    日経平均予想レンジは19250-19450円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1090万株、買い820万株、
    差し引き270万株の売り越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が108円台後半での推移。
    (5日終値109.45-46円)
    
    現在、ユーロ/円が129円台半ばでの推移。
    (5日終値130.01-05円)
    
    
    5日米株市場概況
    
    大幅下落。NYダウは5日ぶり反落、S&P500は7日ぶり反落、NASDAQは
    6日ぶり反落となった。
    連休明けとなった米国株は北朝鮮リスクを織り込む動き。9日の建
    国記念日を控え警戒感が強まるなか、北朝鮮は先週末に大規模の
    核実験を実施。5日にジュネーブで開かれた軍縮会議でも更なる挑
    発行為の可能性を示したことでリスク回避姿勢が強まった。
    NYダウは-234.25の21753.31、
    S&P500は-18.70の2457.85、
    NASDAQはの-59.76の6375.57。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-05【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    本日、該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ツクイ<2398>
    終値717円(前日比-13円-1.78%)
    8月介護サービス利用者は前年同月比6.1%増(5万8008人)。
    
    JINS<3046>
    終値6570円(前日比-70円-1.05%)
    8月既存店売上高は前年同月比2.5%増(12ヶ月連続で前年上回り)。
    
    薬王堂<3385>
    終値2901円(前日比-104円-3.46%)
    8月既存店売上高は前年同月比2.2%増(今期に入り6ヵ月連続で
    前年実績を上回り)。
    
    日本トリム<6788>
    終値4395円(前日比-75円-1.67%)
    グループ会社のヒューマンライフコードが東京大学医科学研究
    所と同種臍帯由来間葉系細胞を用いた共同研究に関する契約を
    締結。
    
    ハイデ日高<7611>
    終値3025円(前日比-85円-2.73%)
    8月度既存店売上高は前年同月比2.5%増(6ヵ月連続で前年上回り)。
    
    ピックアップ
    コスモ・バイオ<3386>
    終値1175円(前日比-69円-5.54%)
    「遺伝子強制発現細胞株」作製に関する受託サービス事業を開
    始すると発表。(遺伝子強制発現細胞株とは特定の遺伝子を外部
    から導入し、その遺伝子によってコードされるタンパク質を細
    胞内に生成する性質を獲得した細胞株)。
    株価は9/1まで5連騰となった後、昨日、今日と続落。今日は地
    合いの悪さもあり5%超えの下落となっていた。
    とはいえ、25日移動平均線(1174円)など水準でいってい底堅さ
    は示して引けており、この水準から反発が期待されるところ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40 
    
    
    
    
  • 2017-09-05【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S アマガサ<3070>、
    S フライングG<3317>、
    S 阿波製紙<3896>、
    S 細火工<4274>、
    S 石川製<6208>、
    一時S 清和中央HD<7531>、
    S 技研興<9764>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め3銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S サイステップ<3810>、
    一時S デジアド<4772>、
    S メタップス<6172>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    北日紡<3409> 大幅続伸。
    終値135円(前日比+14円+11.57%)
    前日に株価が25日移動平均線(120円)回復、続き本日は5日移動
    平均線(122円)が25日移動平均線を上回りゴールデンクロス。
    
    ピックアップ
    日新電<6641> 大幅3日続伸。
    終値1322円(前日比+47円+3.68%)
    直近、国内中堅証券の目標株価を引き上げを好感する動きな
    どもあり堅調な展開。
    テクニカル面では、前日に200日移動平均線(1272円)を回復。
    本日は日足一目均衡表において雲(上限1289円)を突破となる
    など、もう一段高が期待されるところ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-05【東京市場概況】

    日経平均は続落(122円安) 引き続き北朝鮮リスク警戒 19500円割れ
    
    朝方こそ為替ドル/円が落ち着いた動きとなっていたがことが好感
    されたものの、買い一巡後は北朝鮮リスクが引き続き意識されて
    売り優勢の展開となった。
    日経平均は寄り付き直後にこの日高値(19542.78円)を付けて、そ
    れ以降は軟調、後場寄り直後にこの日の安値19354.59円(153.66円
    安)まで下落、その後も安値圏でもみあう展開となった。
    
    日経平均終値は-122.44円の19385.81円。
    
    東証1部の出来高は16億4026万株、
    売買代金は1兆9539億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり181銘柄、値下がり1786銘柄、
    変わらず58銘柄。
    
    業種別では値上がりが1業種、値下がりが32業種。
    値上がりは転送用機器のみ。
    値下がりトップは海運、その他製品、水産・農林。
    
    日経平均は2日連続で3桁の下落。北朝鮮リスクが引き続き意識さ
    れるかっこうとなった。
    ただ、トヨタ<7203>など主力大型株の一角がしっかりの展開、海
    外投資家は北朝鮮リスクを過度に意識はしていないと見ることが
    出来る。
    下落が目立ったのが新興市場を中心に中小型株。日経平均の下落
    率が0.63%、TOPIXが0.80%、それに対して東証2部が1.70%、JASDAQ
    は1.98%、マザーズが4.65%だった。急落によりセリングクライマ
    ックスが意識される可能性もあり、好業績銘柄などは市場が落ち
    着けば、短期間で値を戻す展開が十分に期待される。
    明日に関しては今晩の米株市場次第。軟調な展開となれば、リス
    ク回避ムードが一段と強まる可能性があり、9日に北朝鮮の建国記
    念日を控えて、今週は弱い動きが続くと予想されるところ。
    いっぽうで、堅調な展開、または下げてでも下落幅が限定的だっ
    た場合は、押し目買いが優勢となるだろう。
    とくに昨日、今日と大きく売られた中小型株のリバウンドが期待
    されるところ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
  • 2017-09-05【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続落(90円安) 北朝鮮リスク引き続き重しに
    
    前日の米株市場が休場だったなか、為替ドル/円が落ち着いた動き
    となっていたことから、朝方は買いが先行した日本株。
    しかし、一巡後は売り優勢の展開となった。日経平均は一時、11
    5円の下落となり、19400円台を割れる場面が見られた。
    また、中小型・新興株の下げがきつく、マザーズ指数の下落率は
    一時4%を超える場面があった。
    
    日経平均前場終値は-90.94円の19417.31円。
    
    東証1部の出来高は7億6710万株、
    売買代金は8327億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり270銘柄、値下がり1674銘柄、
    変わらず79銘柄。
    
    業種別では値上がりが1業種、値下がりが32業種。
    値上がりは転送用機器のみ。
    値下がりトップはその他製品、水産・農林、証券・商品。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は自律反発の動きをみせていたが、5移動平均線(19553
    円)に上値を抑えられたかっこうとなった。後場も同線が上値抵
    抗として意識されそうだ。
    前場、目立ったのが中小型・新興株の下落。連日で下落したこ
    とで、信用取引の追証(追加保証金)請求を警戒した売りなどが
    出たと思われる。後場も積極的な買いは入りづらいがいってい
    の底堅さを示しておきたいところ。
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
  • 2017-09-05【東京市場見通し】

    小動きな展開 休場明けの米株市場の反応待ち
    
    前日(4日)の米株市場は休場。欧州株は北朝鮮リスクを警戒し
    て軟調な展開だった。
    ただ、主要指数の独DAXや仏CAC40の下落率はともに0.3%程度。
    為替ドル/円も比較的落ち着いた動きとなっており、現在は10
    9円台後半での推移、円高一服の流れにある。
    これらのことから、前日の大きく下落した日本株は買い先行
    となりそうだ。
    ただ、休場明けの米株市場の動向を見極めたいとの動きなど
    から、上値も限定される見通し買い一巡後はこう着感の強い
    展開が予想される。
    日経平均は心理的な節目19500円近辺での推移となりそうだ。
    そんななか、物色に関しては値動きの軽い中小型株へ向かい
    やすいと見られる。前日(4日)は新興市場の下落も目立たち
    マザーズは2.9%超えの下落となっていた、強い押し目買いが
    入るか注目されるところ。
    
    日経平均予想レンジは19400-19600円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り672万株、買い515万株、
    差し引き157万株の売り越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が109円台後半での推移。
    (4日終値109.47-49円)
    
    現在、ユーロ/円が130円台半ばでの推移。
    (4日終値130.26-30円)
    
    
    4日の米株市場はレーバーデーの祝日で休場
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-04【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ネクシィーズG<4346> 業績修正発表。
    終値1841円(前日比-37円-1.97%)
    17年9月期の連結最終利益を従来予想14億円から16.5億円
    に上方修正。
    
    ピックアップ
    丹青社<9743> 業績修正発表。
    終値1161円(前日比-2円-0.17%)
    18年1月期第2四半期累計(2-7月)の連結経常利益を従来予想23.
    8億円から29.6億円に上方修正(通期の経常利益は従来予想43億
    円を据え置き)。
    株価は、25日移動平均線(1139円)などの水準で長らくもみあい、
    方向感に欠ける展開が続いている。上方修正をきっかけにに上
    振れが期待されるところ。目先は、年初来高値1224円(6/29)を
    試す展開か。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    博展<2173>
    終値681円(前日比+33円+5.09%)
    iPadアンケートサービス「Anky(アンキー)」のアプリ配信を
    開始。
    
    Uアローズ<7606>
    終値3660円(前日比+5円+0.13%)
    8月既存店売上高は前年同月比11.2%増(2ヵ月ぶりに前年実績
    を上回り)。
    
    マルコ<9980>
    終値396円(前日比-8円-1.98%)
    高級ブランドバッグのシェアリングサービスを10/1より開始
    すると発表。
    グループ会社であるRIZAPのCM制作スタッフによる新たなテレ
    ビCM放送開始を決定したと発表。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40 
    
    
  • 2017-09-04【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め6銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 総医研HD<2385>、
    一時S エコナック<3521>、
    S システムズD<3766>
    S スパンクリト<5277>
    一時S エイケン工業<7265>、
    S 技研興<9764>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    アスコット<3264> 5日大幅続伸。
    終値382円(前日比+50円+15.06%)
    先週末(1日)の25日移動平均線(311円)回復に続き、
    75日移動平均線(360円)回復。
    
    日新電<6641> 大幅続伸。
    終値1275円(前日比+38円+3.07%)
    200日移動平均線(1272円)回復。
    
    日野自<7205> 大幅4日続伸。
    終値1300円(前日比+30円+2.36%)
    日足一目均衡表の雲(上限1291円)突破。
    
    ピックアップ
    アバール<6918> 大幅3日続伸。
    終値1881円(前日比+80円+4.44%)
    大幅に3日続伸となるなか、本日に日足一目均衡表の雲(上限
    1736円)を突破となり、もう一段高へが期待されるところ。
    年初来高値(2294円)水準2300円を試す展開か。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-04【東京市場概況】

    日経平均は4日ぶり反落(183円安) 北朝鮮の核実験を背景に地政
    学リスク
    
    3日の北朝鮮による水爆実験を受けて東アジアの地政学リスクを意
    識、終日軟調な展開となった。
    日経平均は一時、200円超えの下落となり、19500円を割れる場面
    も見られた。
    売り一巡後はやや下げ渋る動きも見られたが、手掛かり材料難、4
    日は米株市場がレーバーデーの休場となるなど、見送り姿勢が強
    まった。
    また、9日に北朝鮮の建国記念日を控えて、警戒感も後退せず、積
    極的な売買は手控えられたようだ。
    
    日経平均終値は-183.22円の19508.25円。
    
    東証1部の出来高は15億9579万株、
    売買代金は1兆7369億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり153銘柄、値下がり1824銘柄、
    変わらず46銘柄。
    
    業種別では値上がりが3業種、値下がりが30業種。
    値上がりは空運、石油・石炭、保険のみ。
    値下がりトップはガラス・土石、繊維製品、海運。
    
    週明けの米市場はレーバーデーの祝日で休場。米市場の反応も見
    極めづらく、日本株は動きにくい展開が明日も続く見通し。
    北朝鮮リスクに関しては、米国防長官が北朝鮮が米国や同盟国へ
    の脅威となるなら「巨大な軍事行動」で反応すると警告。トラン
    プ大統領はツイッターで「北朝鮮とビジネスをする全ての国との
    貿易停止を検討している」と表明している。
    緊張が高まるなか、対話を重視する中国やロシアの動向が注目さ
    れそうだ。
    本日は新興市場も軟調な展開となった。ジャスダックは10日ぶり
    反落、マザーズも反落。マザーズは一時3%超えの急落となる場面
    が見られた。中小型株についても本日は地合い悪化によって利食
    いが優勢といったところ。
    ただ、日経平均は終値で一目均衡表の転換線(19507円)を維持、い
    っていの底堅さは示している。日経平均が大幅な調整を間逃れる
    ようなら、外部環境の影響を受けにくい新興市場を中心とした中
    小型株へは押し目買いが入りやすいと見る。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-04【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落(170円安) 地政学リスクを意識 一時下落幅
    は200円超え
    
    3日に北朝鮮が水爆実験に成功したと発表。これを受けて地政学リ
    スクが意識され、日本株は朝方から売りが先行した。
    日経平均は一時、200円超えの下落幅となり19500円を割れる場面
    も見られた。
    北朝鮮が同国の建国記念日にあたる9日前後に挑発的な行動を起こ
    すと予想されていたなかでの3日の水爆実験。不意を突かれた感が
    あり、本日は売りが強く出た見かた。とはいえ、売り一巡後はや
    や底型さを示して前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-170.03円の19521.44円。
    
    東証1部の出来高は8億4451万株、
    売買代金は8723億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり166銘柄、値下がり1816銘柄、
    変わらず41銘柄。
    
    業種別では値上がりが2業種、値下がりが31業種。
    値上がりは空運、保険のみ。
    値下がりトップは倉庫・運輪、海運、繊維製品の。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は一時、心理的な節目19500円を割れる場面があった。
    しかし、その水準は日足一目均衡表の転換線(19507円)などが
    サポート線として控えていたことから、いっていの底型さを示
    して前場の取引を終えた。
    ただ、北朝鮮は9日の建国記念日までの間、次なるアクションに
    動く可能性もあり、積極的には押し目も拾いにくいとの見方が
    多い。後場も上値の重い展開が続きそうだ。
    ただ、外部環境の影響を受けにくい銘柄などに関しては、ちょ
    うど良い押し目買いチャンスとなる可能性がある。
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-04【東京市場見通し】

    北朝鮮リスクで売り先行もその後は値固めの展開
    
    注目された先週末(4日)の米雇用統計は予想に反して弱い結果だっ
    た。しかし、米株は利上げ後ずれ期待から主要3指数がそろって上
    昇した。
    米株高の流れから日本株も堅調な週明けが期待されていたが、3日
    に北朝鮮が核実験を実施しており、地政学リスクが再燃、売り先
    行のスタートとなりそうだ。
    ただ、日経平均は先週に25日移動平均線(19692円)を捉えてきてお
    り、日足一目均衡表で転換線(19507円)を下値サポートに変えてき
    ている。また、直近のもち合いレンジ(19300円-19500円)の上限
    (19500円)で下げ止まる見込みで、売り先行後の下値は底堅く、値
    固めの展開が予想される。
    その他、ジャスダックが27年ぶりの高値水準となるなど中小型株
    への物色は活発。引き続き、中小型株への関心は強いだろう。な
    かでも相対的に出遅れている銘柄の動向を注視したいところ。
    
    日経平均予想レンジは19450-19750円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り760万株、買い570万株、
    差し引き190万株の売り越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が109円台後半での推移。
    (先週末1日終値110.17-19円)
    
    現在、ユーロ/円が130円台前半での推移。
    (先週末1日終値130.94-98円)
    
    
    先週末1日の米株市場概況。
    
    主要3指数そろって上昇。NASDAQは5日続伸して連日で終値での史
    上最高値を更新。S&P500は6日続伸、NYダウは4日続伸。
    注目された米8月雇用統計はさえなかった。非農業部門雇用者数が
    +15.6万人(市場予想+18.0万人)、失業率は4.4%(市場予想4.3%)、
    平均時給(前月比)は+0.1%(市場予想+0.2%)。
    これを受けて、緩和的な金融政策が続くとの見方が台頭、堅調な
    展開となった。
    また、その他の経済指標、米8月ISM製造業景況指数が58.8と市場
    予想(56.5)を上回る結果となったことなどが好感された。
    NYダウは+39.46の21987.56、
    S&P500は+4.90の2476.55、
    NASDAQはの+6.67の6435.33。
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
  • 2017-09-01【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    スパンクリト<5277> 業績修正発表。
    終値485円(前日比+5円+1.04%)
    18年3月期第2四半期累計(4-9月)の経常利益(非連結)を
    従来予想7800万円から1億9400万円に上方修正。
    上期業績の好調に伴って通期の経常利益も従来予想1億
    8400万円から3億円に上方修正。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    カヤック<3904>
    終値1481円(前日比-32円-2.11%)
    SuMiKaが運営するサービス「SuMiKa」を構
    成するシステムを譲り受け、同サービスを運営する事業
    会社としてカヤックLIVINGを設立することを発表。
    
    ピックアップ
    ミツコシイセタン<3099>
    終値1123円(前日比-9円-0.79%)
    8月度の国内百貨店事業売上速報を発表。三越伊勢丹合
    計の既存店売上高は前年同月比6.5%増と3ヶ月連続で前
    年実績を上回り。
    株価は前日(31日)に上値抵抗線となっていた75日移動
    平均線(1121円)を回復。
    本日は上値の重い展開ではあったが、同線をサポート
    線に底堅く推移していた。
    週明け、発表を好感し上振れる動きが見られれば、次
    に200日移動平均線(1226円)を試す展開となりそうだ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40 
    
    
    
  • 2017-09-01【本日動いた注目銘柄を紹介】

    
    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め10銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S fonfun<2323>、
    S DNAチップ<2397>、
    一時S プレミアムW<2588>、
    S プロシップ<3763>、
    S システムズD<3766>、
    一時S エンバイオH<6092>、
    S メタップス<6172>、
    一時S リーダー電子<6867>、
    一時S アバンライフ<8851>、
    一時S ビケンテクノ<9791>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    ケ ETFSパラ<1675>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    フージャース<3284> 大幅反発。
    終値1055円(前日比+53円+5.28%)
    25日移動平均線(1026円)回復。
    
    シリコンスタジオ<3907> 続伸。
    終値4885円(前日比+135円+2.84%)
    25日移動平均線(4715円)回復。
    
    ベイカレント<6532> 5日続伸。
    終値2073円(前日比+63円+3.13%)
    日足一目均衡表の雲(2034円)突破。
    
    ピックアップ
    フリーアクト<6094> 3日大幅続伸。
    終値4200円(前日比+255円+6.46%)
    本日に直近に上値抵抗と意識されていた75日移動平均線
    (4013円)を回復。一段高が期待されるところ。
    ただ、日足一目均衡表においては、強弱感分かれる雲内
    (4337円-3940円)での推移。目先に雲突破となれば、上
    方向へのトレンドが強まるところ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-01【東京市場概況と来週の見通し】

    1日概況 日経平均は小幅に3日続伸(45円高) 週末要因で上値限定的
    
    前日の米株高を好感、為替ドル/円は円安一服感があったものの、
    朝方から日本株は買い優勢の展開となった。
    ただ、買い一巡後は今晩に米雇用統計などを控えていることや
    週末要因で日経平均は後場にマイナス圏に沈む場面が見られた。
    しかし、5日移動平均線(19531円)などを下値サポートに底堅く、
    再度プラス圏に浮上し、この日の取引を終えた。日経平均は月
    初に上昇するのが15ヶ月連続となった。
    その他、新興市場もしっかり。ジャスダックは9日続伸し新高
    値を更新。マザーズ指は3日続伸となった。
    
    日経平均終値は+45.23円の19691.47円。
    
    東証1部の出来高は16億3044万株、
    売買代金は1兆9028億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1222銘柄、値下がり663銘柄、
    変わらず138銘柄。
    
    業種別では値上がりが25業種、値下がりが8業種。
    値上がりトップは倉庫・運輪、ゴム製品、空運。
    値下がりは情報・通信、小売り、水産・農林など。
    
    
    来週の見通し 
    日経平均は値固め、外部要因次第では節目2万を試す場面も
    
    週明けは米雇用統計を受けてのスタートとなる。結果を受けて為
    替ドル/円が円安方向にふれれば日本株の後押しに。日経平均の予
    想PERは14倍割れと割高感はない。一端は節目20000円までの戻し
    を試す可能性もあるだろう。
    しかし、北朝鮮情勢や米国の債務上限問題などのリスク要因は残
    っている。
    北朝鮮が9日の建国記念日に何らかの動きに出る可能性は否めず、
    神経質な値動きにならざるを得ないだろう。
    とはいえ、何もなければ、特段売り込む要素もない見方、日経平
    均は25日移動平均(19692円)近辺で値固めとなりそうだ。
    
    来週の日経平均予想レンジは19300-20000円。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
  • 2017-09-01【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は3日続伸(38円高) 買い一巡後は米重要指標の発表
    控え伸び悩むみ
    
    日本株は買い優勢の展開。為替ドル/円は円安一服となっていたも
    のの、前日の米株高を受けて買いが先行。日経平均は一時89円高
    まで上昇する場面があった。ただ、買い一巡後は今晩の米経済指
    標の発表などを控えて伸び悩む展開となった。
    
    日経平均前場終値は+38.57円の19684.81円。
    
    東証1部の出来高は7億7363万株、
    売買代金は8980億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり991銘柄、値下がり859銘柄、
    変わらず171銘柄。
    
    業種別では値上がりが19業種、値下がりが14業種。
    値上がりは空運、ゴム製品、倉庫・運輪など。
    値下がりは電機・ガス、水産・農林、小売りなど。
    
    
    後場の見通し
    
    前場の日経平均をテクニカル面で見ると、一時は25日移動平均線
    (19692円)や日足一目均衡表の基準線(19728円)などを回復する場
    面も見られたが維持出来ずに前場の取引を終えた。米雇用統計を
    控える週末とあって、後場も積極的に上値を追う展開とはなりに
    くい。引き続き、上値抵抗線して意識されそうだ。いっぽうで、
    今回の米雇用統計は直近の米経済指標の結果は悪く無く、株高の
    後押しとなるとの見方が強い、後場も下値は底堅いだろう。5日
    移動平均線(19530円)などがサポート線となる見込み。
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-09-01【東京市場見通し】

    しっかりとした展開 米雇用統計を控える週末で上値は重いか
    
    前日の米株市場は発表された経済指標を好感する動きから堅調な
    展開、NASDAQは史上最高値を更新した。
    いっぽうで、為替ドル/円は円安方向への動きが一服、現在は110円
    どころでの推移となっている。
    日本株は円安一服分が上値を抑えると見られる。また、今晩に控
    える米雇用統計を見極めたいと様子見姿勢ともなりそうだ。
    とはいえ、世界的に強まる株高基調。また、直近に発表された米
    国の経済指標は悪くなく米株高につながっている。今回の雇用統
    計は株高の後押しとなるとの見方が優勢であり、下値は底堅いと
    見られる。
    日経平均は25日移動平均線(19708円)を上値抵抗と意識しつつも5
    日移動平均線(19483円)や心理的な節目19500円が下値サポートと
    なりそうだ。
    
    日経平均予想レンジは19450-19750円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1230万株、買い650万株、
    差し引き580万株の売り越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が110円どころでの推移。
    (31日終値110.48-50円)
    
    現在、ユーロ/円が131円台前半での推移。
    (31日終値131.37-41円)
    
    
    31日の米株市場概況。
    
    主要3指数そろって上昇。NASDAQは4日続伸して約1カ月ぶりに終値
    での史上最高値を更新。S&P500は5日続伸、NYダウは3日続伸。
    前日発表の米4-6月期GDP・改定値や8月の中国製造業購買担当者景
    気指数(PMI)の改善を好感する流れが続くなか、この日発表された
    経済指標も良好な結果となり好感された。新規失業保険申請件数
    は23.6万件と低水準で翌日に控える米8月雇用統計への期待を高め
    たほか、市場予想を上回った米7月個人所得の伸びなどが好感され
    た。
    NYダウは+55.67の21948.10、
    S&P500は+14.06の2471.65、
    NASDAQはの+60.35の6428.66。
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
お気軽にお問い合わせください
  • お申込み
  • お問い合わせ
電話番号