• 2017-10-20【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    岩井コスモ<8707> 業績見通し発表。
    終値1413円(前日比-20円-1.39%)
    18年3月期第2四半期累計(4-9月)の業績予想は連結経常利益が
    23.3億円(前年同期比5.2倍)。
    
    SE H&I<9478> 業績見通し発表。
    終値255円(前日比-2円-0.77%)
    18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結最終利益を従来予想1
    億2000万円から3億1500万円に上方修正(通期の最終利益は従
    来予想の2億5000万円を据え置き)。
    
    エンプラス<6961> 決算発表。
    終値4795円(前日比-45円-0.92%)
    18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は25.4億円。
    併せて通期の同利益を従来予想40億円から50億円に上方修正。
    
    ピックアップ
    日鋳造<5609> 決算発表。
    終値1611円(前日比+53円+3.40%)
    18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常損益は3億3400万
    円と黒字に浮上(前年同期は7500万円の赤字)。
    株価は今日ま3日続伸と堅調。テクニカル面では週足ベースの
    移動平均チャートにおいて13週線(1487円)を下値サポートに
    反発したかっこうとなっており良好な形状。週明けも好決算
    を好感した買いから堅調な展開が続くと期待される。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    キッコーマン<2801>
    終値3710円(前日比+5円+0.13%)
    自社株買い発表。上限を180万株(発行済み株数の0.93%)、金額
    で50億円。取得期間11/6から1/31まで。
    また、10/19創立100周年を迎えた記念に、9月末を基準日とす
    る中間配当で記念配5円を実施、中間配当を22円(従来予想17円)
    に引き上げると発表(年間配当39円、前期実績の34円からは5円
    の増配予定)。
    
    北の達人<2930>
    終値1182円(前日比-21円-1.74%)
    11/5割当の1対2の株式分割発表。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40 
    
    
    
  • 2017-10-20【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め6銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ウォンテッド<3991>、
    一時S メドレックス<4586>、
    S Sシャワー<4838>、
    S サンユウ<5697>、
    S カーメイト<7297>、
    S カワセコンピ<7851>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ジェイテック<2479> 3日大幅続伸。
    終値232円(前日比+12円+5.45%)
    日足一目均衡表の雲(上限227円)突破。
    
    ホットリンク<3680> 大幅続伸。
    終値620円(前日比+33円+5.62%)
    日足一目均衡表の雲(上限601円)突破。
    
    キャノンMJ<8060> 大幅反発。
    終値2748円(前日比+137円+5.24%)
    年初来高値更新。
    25日移動平均線(2618円)上放れ。
    
    ニトリHD<9843> 続伸。
    終値16860円(前日比+250円+1.50%)
    25日移動平均線(16698円)回復。
    
    ピックアップ
    金銭機<6418> 続伸。
    終値1183円(前日比+29円+2.51%)
    日足ベースの移動平均線チャートにおいて、ここまで上値
    抵抗と意識されていた75日線(1158円)を回復。週足ベース
    の移動平均チャートにおいて26週線(1178円)を回復。
    その他、日足一目均衡表で雲(上限1163円)突破となるなど
    チャート形状が良好。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-20【東京市場概況と来週の見通し】

    20日概況 日経平均は小幅も14連騰(56年10か月ぶり) しっかりの
    展開
    
    朝方は売り優勢。日経平均の連騰の過熱感や為替ドル/円が円安一
    服の流れにあったことなどが重しとなった。
    しかし、米上院が2018年度の予算決議案を可決したと報じられる
    とドル/円が113円台前半まで円安方向。すると日経平均は先物主
    導でプラスに転じて前場の取引を終えた。
    後場に入ってからは前日終値を挟んでの攻防が続く中、プラス圏
    で取引を終えて14連騰、56年10か月ぶりの最長記録に並んだ。
    
    日経平均終値は+9.12円の21457.64円。
    
    東証1部の出来高は15億2222万株、
    売買代金は2兆4705億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり890銘柄、値下がり1048銘柄、
    変わらず93銘柄。
    
    業種別では値上がりが17業種、値下がりが16業種。
    値上がりは水産・農林、ゴム製品、保険など。
    値下がりは海運、銀行、バルブ・紙など。
    
    
    来週の見通し 
    
    週明けは衆院選結果を受けての相場となる。予想通りに与党勝利
    となれば、アベノミクス加速へのご祝儀相場からの上昇、日経平
    均は15連騰という新記録が意識され。
    ただ、その後は過熱感が意識される可能性が高い。一端は短期的
    な調整と向かう見込み。
    しかし、米税制改革への期待感や、日本企業の中間決算本格化に
    伴う業績拡大への思惑などから、いってい底型さは示すだろう。
    日経平均はは日足一目均衡表の転換線(21083円)や節目21000円、
    25日移動平均線(20652円)などが目先の調整メド、中期的に上昇
    トレンドは維持されそうだ。
    日経平均が短期的な調整に向かえば、主力大型株から中小型株へ
    物色対象はシフトする可能性が高い。引き続き、本格化する決算
    の中では主力大型株へ目が向きやすくはあるが、新興市場を中心
    とした中小型株の動向も注視しておきたいところだ。
    
    来週の日経平均予想レンジは21000円-21700円。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-20【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅も14連騰 売り先行後に底堅くプラスに転換
    
    朝方は売り優勢となっていた。前日まで13連騰とに過熱感が意識
    されるなか、為替ドル/円の円安方向への動きが一服していたこと
    などが要因。
    日経平均は一時、21363.10円(85.42円安)まで値を下げた。しか
    し、米上院が2018年度の予算決議案を可決したと報じられるたこ
    とをキッカケにドル/円が113円台前半まで円安に振れると、日経
    平均も先物主導でプラスに転じ、そのままプラス圏を維持して前
    場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+3.26円の21451.78円。
    
    東証1部の出来高は7億8005万株、
    売買代金は1兆1984億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり981銘柄、値下がり915銘柄、
    変わらず134銘柄。
    
    業種別では値上がりが16業種、値下がりが17業種。
    値上がりは水産・農林、保険、化学など。
    値下がりは海運、空運、不動産など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は売り一後にプラス圏を回復。連騰最長記録の14連騰を
    期待させる形で前場の取引を終えた。後場もプラス圏を維持する
    時間が続けば、終盤にかけて週明けの15連騰という最長記録更新
    を期待する買いが入る可能性があるだろう。
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2017-10-20【東京市場見通し】

    売り先行 日経平均は14連騰に黄信号 連騰期待からて持ち直せる
    か?!
    
    前日、欧州株がカタルーニャ情勢への警戒から軟調な展開に。
    米株もその流れから売りが先行したが、その後に持ち直しで
    NYダウはわずかながら上昇、史上最高値更新が続いた。いっぽ
    うでNASDAQが反落で引けて、米株市場は高安まちまち。
    為替ドル/円は円安一服。現在は112円台半ばでの推移。
    本日は日本株は円高などを重しに売り先行。日経平均はCME先
    物が約150円の下落となっていることなどから、軟調なスター
    トが予想されるところ。しばらくは軟調な展開が続きそうだ
    が、米株市場でNYダウが非常に底堅い動きを見せていたことな
    どから、日経平均も下値では底型さを示す見通し。また、日銀
    のETF期待や連騰記録期待から売り一巡後は持ち直す可能性は
    あるだろう。
    その他、注目されるのが中小型株の動向。日経平均が軟調とな
    り、主力大型株から出遅れ感のある中小型株へ物色対象が移る
    可能性あり、特にマザーズ銘柄などは相対的に出遅れ感が目立
    ち、動向が注目されるところだ。
    
    日経平均予想レンジは21200-21500円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り460万株、買い540万株、
    差し引き80万株買い越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が112円台半ばでの推移。
    (19日終値112.67-68円)
    
    現在、ユーロ/円が133円前半での推移。
    (19日終値133.10-14円)
    
    
    19日米株市場概況
    
    高安まちまち。NYダウはわずかながら5日続伸して史上最高値更
    新が続いた。S&P500も僅かに最高値更新となった。いっぽうで
    ハイテク株主体のNASDAQは反落となった。
    NYダウが23000ドルに乗せるなど連騰による高値警戒感が強いな
    か、欧州株がカタルーニャ州独立問題を嫌気した軟調だったこ
    となどを嫌気して売り優勢となる場面がり、NYダウは一時100ド
    ル超えの下落に。しかし、ハト派として知られるパウエルFRB
    理事がトランプ大統領によるFRB議長指名の有力候補と報じた
    ことなどをきっかけに上昇、NYダウとS&P500はプラス圏で引け
    た。
    NYダウは+5.44の23,163.04、
    S&P500は+0.84の2562.10、
    NASDAQはの-19.15の6605.07。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-19【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ハウス食G<2810> 業績修正発表。
    終値3460円(前日比-20円-0.57%)
    18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を従来予想60
    億円から80億円に上方修正(通期の経常利益は従来予想145億
    円を据え置き)。
    
    テルモ<4543> 業績修正発表。
    終値3460円(前日比-10円-0.21%)
    18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を従来予想37
    5億円から460億円に上方修正(通期の経常利益は従来予想795
    億円を据え置き)。
    
    ジェイリース<7187> 業績・配当修正発表。
    終値1602円(前日比-53円-3.20%)
    18年3月期の連結経常利益を従来予想3億6000万円から4億300
    0万円に上方修正。4-9月期(上期)の連結経常利益も従来予想
    9400万円から1億6000万円に上方修正。業績好調に伴って今
    期の年間配当を従来計画の10円から12円に増額修正。
    
    ネットワン<7518> 業績修正発表。
    終値1209円(前日比+29円+2.45%)
    18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を従来予想9
    億円から23億円に上方修正(通期の経常利益は従来予想72億
    円を据え置き)。
    
    ピックアップ
    インフォコム<4348> 業績修正発表。
    終値2630円(前日比-40円-1.49%)
    18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を従来予想19
    億円から26.3億円に上方修正(通期の経常利益は従来予想53億
    円を据え置き)。通期の連結業績予想については現在精査中と
    のこと。
    株価は本日、続落で引けており、日足一目均衡表の雲(上限26
    33円)近辺まで値を落としたかっこう、オシレーター系指標の
    ストキャスティクスが低水準(%kが21.59)にあり、ここで反発
    してよいところにある。発表を好感して切り返す展開か。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    タカラバイオ<4974>
    終値1462円(前日比-3円-0.20%)
    九州大学と新規遺伝子導入用ベクターである麻疹ウイルスベ
    クターを用いたiPS細胞作製技術のライセンス契約を締結し、
    全世界での独占的実施権を取得したと発表。
    
    ソラスト<6197>
    終値2202円(前日比±0円±0.00%)
    9月訪問介護サービス利用者数は前年同月比25.9%増、デイサ
    ービスは27.4%増。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40 
    
    
    
  • 2017-10-19【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め13銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S ブレクスルー<2464>、
    一時S Vゴルフ<3931>、
    S ウォンテッド<3991>、
    S サンユウ<5697>、
    S HMT<6090>、
    S 和井田<6158>、
    S ロゼッタ<6182>、
    一時S 前田製作<6281>、
    一時S 桂川電機<6416>、
    S カーメイト<7297>、
    S 旭化学<7928>、
    S 明治海<9115>、
    S セゾン情報<9640>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S ETFS商品。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    一工薬<4461> 大幅続伸。
    終値722円(前日比+35円+5.09%)
    25日移動平均線(679円)から上放れ。
    
    CAP<3965> 大幅続伸。
    終値2822円(前日比336円+13.51%)
    日足一目均衡表の雲(上限2733円)突破。
    
    ピックアップ
    日電計<9908> 大幅反発。
    終値1830円(前日比+114円+6.64%)
    13:00に業績修正発表。18年3月期の連結経常利益を従来
    予想23億円から27億円に上方修正。また、4-9月期(上期)
    の連結経常利益も従来予想9億円から13.3億円に上方修正。
    発表を受けて急伸。25日移動平均線(1697円)から上放れる
    かっこうとなり、年初来高値1750円(9/20)を更新、上方向
    へのトレンドを強めている。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
  • 2017-10-19【東京市場概況】

    日経平均は約29年8ヶ月ぶり13連騰(85円高) 一時は節目21500円
    回復
    
    前日の米株高や為替ドル/円の円安を好感して日経平均は13連騰に
    向けて幸先いいスタートとなった。
    また、11時に発表された中国の経済指標がおおむね良好な内容で
    あったことも後押しに日経平均は21500円台に乗せて前場は高値引
    けに。
    高値警戒感の強いなか後場には利益確定売り出て、上げ幅を縮小
    したものの、下げ渋る動きも見られてプラス圏を難なく維持。日
    経平均は約29年8ヶ月ぶり13連騰となった。
    
    日経平均終値は+85.47円の21448.52円。
    
    東証1部の出来高は15億2038万株、
    売買代金は2兆4106億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり813銘柄、値下がり1096銘柄、
    変わらず122銘柄。
    
    業種別では値上がりが22業種、値下がりが11業種。
    値上がりトップは鉄鋼、保険、金属製品。
    値下がりは石油・石炭、電気・ガス、水産・農林など。
    
    明日の日経平均は連騰最長記録となる14連騰に挑む。今週は衆院
    選を控えており、予想通りに与党勝利となれば、アベノミクス加
    速へのご祝儀相場からの上昇も見込まれるところ。っとなれば新
    記録の15連騰が意識されるところで明日の14連騰は通過点と意識
    される可能性がある。今晩の米株市場が大きく崩れるようなこと
    がなければ、明日も日経平均はしっかりとした展開となりそう
    だ。
    また、新興市場にも注目。本日はジャスダック平均、マザーズ指
    数ともに反発となった。商いは盛り上がりに欠けており、物色は
    限らているものの徐々に広がりをみせてくる見通し。
    明日も堅調な展開が続けば、週明けに向けてその期待は高まると
    ころ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-19【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は13日続伸(140円高) 米株高、円安を好感
    
    朝方か買い優勢の展開となった。前日の米株市場が主要3指数そろ
    って上昇してそろって史上最高値を更新。為替ドル/円も113円台に
    乗せるなど円安方向にあったことなどが好感された。
    また、11時に発表された中国の経済指標がおおむね良好な内容で
    あったことも後押しとなったようだ。
    日経平均は21500円台に乗せて前場は高値引けとなった。
    
    日経平均前場終値は+140.80円の21503.85円。
    
    東証1部の出来高は6億9455万株、
    売買代金は1兆948億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1051銘柄、値下がり839銘柄、
    変わらず141銘柄。
    
    業種別では値上がりが31業種、値下がりが2業種。
    値上がりトップは保険、不動産、金属製品。
    値下がりは電気・ガス、石油・石炭のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    テクニカル的な過熱感は日々増しており警戒感はあるものの、そ
    れ以外に懸念する材料が特に無いといったところ。好材料により
    反応して上昇基調が続いている。
    昼休憩中も取引されている日経平均先物も依然として高値圏での
    推移。
    後場寄りも買い優勢の展開は続きそうだ。前場に乗せた21500円
    台、達成感が出てきてよいところだが、この水準を上回る時間が
    長く続けば、もう一段高の可能性もあり。
    物色に関しては引き続き主力大型株へ向かいやすい展開。
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-19【東京市場見通し】

    米株高、円安を好感して買い優勢 日経平均は29年ぶり13連騰へ
    
    前日の米株市場は主要3指数そろって上昇、そろって史上最高値
    を更新した。とくにNYダウは160ドル高と大幅上昇、終値で史上
    初の23000ドルを上回った。
    為替ドル/円も円安方向。現在は113円台に乗せた水準での推移。
    これら良好な外部環境を追い風に日本株は買い優勢の展開が予
    想される。
    日経平均は29年ぶりの13連騰へ。上値は心理的な節目21500円を
    試す展開へ。
    取引時間中の材料としては、11時台の中国の経済指標。好内容
    となれば一段と株価上昇の材料となりそうだ。
    物色対象は引き続き本日も主力大型株となる見込み。ただ、過
    熱感などから、これらが上昇一服となるようなら、新興市場を
    中心とした中小型株へシフトする展開が予想されるところ。
    
    日経平均予想レンジは21350-21550円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1310万株、買い1430万株、
    差し引き120万株買い越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が113円台どころでの推移。
    (18日終値112.50-52円)
    
    現在、ユーロ/円が133円前半での推移。
    (18日終値132.31-35円)
    
    
    18日米株市場概況
    
    主要3指数そろって上昇。NYダウは4日続伸して史上初となる23000
    ドルを上回って終了。S&P500も4日続伸して3日連続での史上最高
    値更新。NASDAQは小幅に反発して史上最高値更新。
    好決算を発表したIBMが大幅上昇、NYダウの上昇に大きく寄与し
    た。また、米長期金利の上昇を受けて利ザヤの拡大期待から金融
    株が上昇した。
    NYダウは+160.16の23,157.60、
    S&P500は+1.90の2561.26、
    NASDAQはの+0.56の6624.22。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-18【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    戸田建<1860> 業績修正発表。
    終値888円(前日比-3円-0.33%)
    18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を従来予想
    100億円から137億円に上方修正(通期の経常利益は従来予想
    210億円を据え置き)。
    
    ピックアップ
    日本新薬<4516> 業績修正発表。
    終値7740円(前日比+10円+0.12%)
    18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を従来予想
    70億円から96億円に上方修正(通期の経常利益は従来予想17
    0億円を据え置き)。
    株価は長らく25日移動平均線(7780円)近辺で日柄調整中。
    発表を好感して同線から上振れ、年初来高値8020円(10/12)
    を試す展開、勢いづけば高値更新からもう一段高へ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    くらコーポ<2695>
    終値5230円(前日比+10円+0.19%)
    配当修正を発表。
    17年10月期の期末一括配当を従来計画20円から30円に増額。
    
    栄研化学<4549>
    終値4370円(前日比-40円-0.90%)
    オーストラリア大腸がん国家スクリーニングの「免疫化学
    便潜血検査」について、同社試薬と測定装置を採用する予
    定のソニック社が豪州政府の指定を受けた。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40 
    
    
    
  • 2017-10-18【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め10銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S エムビーエス<1401>、
    S ブレクスルー<2464>、
    S 買取王国<3181>、
    S エディア<3935>、
    S メドレックス<4586>、
    S サンユウ<5697>、
    S 不二精機<6400>、
    S 双信電機<6938>、
    一時S グラファイト<7847>、
    一時S 重松製<7980>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    コムチュア<3844> 3日ぶり大幅反発。
    終値2130円(前日比+154円+7.79%)
    上場来高値更新。
    25日移動平均線(1963円)上放れ。
    前日(17日)発表の上期業績予想増額を好感。
    
    田中化研<4080>
    終値2775円(前日比+381円+15.91%)
    25日移動平均線(2331円)近辺のもみあいから上放れて
    年初来高値更新。
    
    ピックアップ
    科研薬<4521> 3日大幅続伸。
    終値5920円(前日比+180円+3.13%)
    前日(17日)に差し掛かった日足一目均衡表の雲(5710円-
    5865円)。本日に、いっきに雲(上限5865円)を突破。
    次に200移動平均線(6064円)を試す展開へ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-18【東京市場概況】

    日経平均は12連騰(2年5ヶ月ぶり) マイナス圏に沈む場面あるも
    しっかり
    
    米株市場の上昇基調が続いていることなどが好感されて日本
    株も買いが先行した。
    ただ、連日の上昇で高値警戒感や短期的な過熱感は強いなか、
    日経平均は前場、後場ともにマイナス圏に沈む場面が見られ
    た。
    しかし、下値は底堅く、後場終盤にはこの日の高値21402.76
    円(66.64円高)まで上昇。そのままプラス圏を維持して12連
    騰(2年5ヶ月ぶり)、年初来高値を連日で更新した。
    
    日経平均終値は+26.93円の21363.05円。
    
    東証1部の出来高は13億5776万株、
    売買代金は2兆2840億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり717銘柄、値下がり1226銘柄、
    変わらず88銘柄。
    
    業種別では値上がりが20業種、値下がりが13業種。
    値上がりトップは医薬品、陸運、石油・石炭。
    値下がりは海運、鉄鋼、その他製品など。
    
    日経平均はオシレーター系指標(ストキャスティクス、RSIなど)
    が買われ過ぎの水準となるなど過熱感を示す指標は多い。いつ
    調整を入れてもおかしくないといったところではある。
    ただ、来週から本格化する9月中間決算への期待は強く、テクニ
    カル面での過熱感を無視するかっこうで上昇が続いている。
    それも米株市場の動向次第で一端は崩れるか。前日の米株市場
    はNYダウは初の23000ドルに乗せる場面があるなど上昇基調が続
    いたが、ハイテク株主体のNASDAQが反落となるなどやや勢いが
    衰えてきている。
    米株下落で明日の取引を向かえるようだと日経平均は調整とな
    るだろう。その時の調整メドは日足一目均衡表の転換線(21002
    円)など。
    日経平均が調整の流れとなれば、物色対象は新興株へ。直近は
    主力、東証1部の大型株への物色が目立っおり、新興株は軟調
    だったが、変わって中小型の動向に目が向きやすくなりそうだ。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-18☆目先に急騰?!今注目の仕手性の強い銘柄とは☆

    
    ☆目先に短期資金集中、急騰が期待される注目の仕手株を紹介
    致します☆
    
    
    さて、本日は週1度の更新をメドに配信しております、目先に短
    期資金が集中しそうな仕手性の強い銘柄をご紹介致します。
    是非、ご参考にして頂ければと思います。
    
    
    メタップス<6172>
    
    現株価:3950円近辺。
    
    狙い目:3900円-3850円。
    目標株価:4500-4700円。もしくは5000円。
    損切り(ロスカット):200日移動平均線割れ。
    
    ビットコイン関連銘柄・仮想通貨関連銘柄として注目度の高い
    当銘柄。
    先月(9月)には、韓国子会社、メタップス・プラスが仮想通貨
    取引所「CoinRoom」を18年3月に開設すると報道されたことな
    どで注目を浴びる場面があった。
    
    ビットコインは今夏に分裂騒動などがあり調整の流れにあった
    もののその後は切り返して、15日に65万2300円台(円建て)で最
    高値をつけた(大手取引所ビットフライヤーによる価格)。
    ビットコインに対して懸念材料が無いわけではない、「ICO(
    イニシャル・コイン・オファリング)」と呼ばれる仮想通貨を
    活用した新たな資金調達手法に対して、中国当局が取り引きを
    禁止するなど世界的にも規制強化の動きが出ている。
    いっぽうで、ゴールドマン・サックスの仮想通貨取引の検討も
    報道されるなか、ビットコイン関連市場の成長期待は引き続き
    強いだろう。
    
    直近の株価は、従来予定していた10/16発表の決算を10/20に変
    更、発表延期を受けて警戒ムードから売られる展開となってい
    た。
    しかし、日足ベースの移動平均線チャートの25日移動平均線(3
    668円)近辺で底堅く推移。
    本日今現在は約5%の上昇。5日移動平均線(4030円)回復を試す
    展開となっている。同線回復で10/3の年初来高値4740円を試す
    可能性あり。
    決算を無難に通過して高値更新となれば、勢いづき節目5000円
    を試す可能性もある見込み。
    
    (17年8月期業績予想は、売上高が前期比2.0倍の180.00億円、営
    業損益が7.00億円の黒字(前期は3.10億円の赤字)転換の見込み)。
    
    
    決算後、急落となっても成長期待の高いビットコイン関連。
    中長期トレードとして、200日移動平均線(3231円)を下値メドに
    その間、底型さを示すようなら押し目買いチャンス。買い増し(
    ナンピン)ありと見ております。
    
    200日移動平均線割れとなれば、9月安値2844円まで下押し、そ
    の水準からもう一段安も警戒したいところ。
    200日移動平均線から下振れるようなら一端は損切り(ロスカッ
    ト)しておきたいところでしょう。
    
    
    会員様には当銘柄の情報ほか推奨銘柄を続々と配信中!!
    
    GloveBambooが自信を持って推奨する情報を是非お試しを!!
    
    会員登録(有料)を宜しくお願い致します。GloveBambooの基本サービスは下記の通りとなります☆
    
    1.配信する銘柄の形態は大きく分けて3パターン。
    
    短期トレード
    最短で配信当日に決済。 
    おおよそ2~10営業日を軸とした銘柄。
    
    中期トレード
    おおおよそ2~4週間(1ヶ月)を軸とした銘柄。
    
    長期トレード:1ヶ月以上。
    例えば先で大化け期待のある銘柄などを段階
    を分けて買い入れていくパターン。
    
    推奨した銘柄については動向を毎日配信し、
    フォロー致します。
    
    その他、仕手株情報などもいち早く配信致します。
    
    
    2.相場展望や概況を毎日配信。
    
    
    3.銘柄診断もお受けいたします。
    保有株の今後の見通しなどをご相談ください。
    
    
    これらを軸に株式トレードを充実させて参ります!!
    
    
    
    ☆コースは全部で3種類☆
    
    提供するサービス内容に違いはなく長期契約による割引。
    1ヶ月コース15000円。
    3ヶ月コース40000円(5000円お得)、
    6ヶ月コース70000円(20000円お得)となります。
    
    
    会費のお支払いはクレジット決済(PayPal)、
    銀行振り込みとご利用頂けます。
    
    
    その他、ご不明な点などがございましたら、
    お気軽にお問い合わせください。
    
    
    
    GloveBambooでは無料メルマガの配信も行っております。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    当ホームページにて更新しております株式ニュースを
    無料メルマガでも、ご確認頂けます。
    
    ☆[無料メルマガ]限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40 
    
    
  • 2017-10-18【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅も12日続伸 上値は限定的もしたねしっかり
    の展開
    
    前日の米株市場でNYダウが連日で高値更新となるなど上昇基調が続
    いたことなどが好感されて日本株も買いが先行した。日経平均は
    一時、21400.60円(64.48円高)まで上昇。ただ、連日の上昇で高値
    警戒感や短期的な過熱感は強く、21317.67円(18.45円安)とマイナ
    ス圏に沈む場面もあった。しかし、下値は限定的、引けにかけて
    小高い水準で推移した。
    
    日経平均前場終値は+18.44円の21354.56円。
    
    東証1部の出来高は6億7109万株、
    売買代金は1兆711億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり660銘柄、値下がり1277銘柄、
    変わらず94銘柄。
    
    業種別では値上がりが17業種、値下がりが16業種。
    値上がりはゴム製品、医薬品、陸運など。
    値下がりは海運、鉄鋼、その他製品など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は来週から本格化する9月中間決算への期待や北朝鮮情勢
    の落ち着きなどを背景に米株が上昇している間は下げにくい展開
    となりそうだ。とはいえ、過熱感は高く短期的な調整がいつ入っ
    てもおかしくないところにある。
    そんななか中小型の動向を注視したいところ。特に前場をプラス
    圏で引けたマザーズ指数。相対的に出遅れ感が強く、後場も物色
    対象となりやすい見込み。
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-18【東京市場見通し】

    過熱感警戒も外部環境落ち着きからしっかりとした展開
    
    前日の米株はNASDAQはわずかながら反落となったもののNYダウは
    初の23000ドルをつける場面があるなど引き続き強い動きが見ら
    れる。
    また、為替ドル/円も現在は112円台前半での推移と前日の水準と
    ほぼ変わらずと落ち着いた動き。
    こうした外部環境が日本株の支援材料となり、過熱感が警戒さ
    れながらもしっかりとした展開となりそうだ。
    ただ、米株も上昇一服感がやや出てきており、日経平均も前日
    同様にマイナス圏に沈む場面がありそうだ。しかし、これまた
    同様に下値では押し目買いが入る可能性が高く、底堅い展開が
    予想される。
    
    日経平均予想レンジは21150-21450円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り810万株、買い480万株、
    差し引き330万株売り越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が112円台前半での推移。
    (17日終値112.12-13円)
    
    現在、ユーロ/円が132円どころでの推移。
    (17日終値131.99-132.03円)
    
    
    17日米株市場概況
    
    高安まちまち。NYダウは3日続伸して2日連続で史上最高値を更
    新、取引時間中には初の23000ドルに乗せる場面もあった。
    S&P500も3日続伸して2日連続で終値での史上最高値更新。いっ
    ぽうでハイテク株主体のNASDAQはわずかながら3日ぶりの反落
    となった。
    米主要企業の7-9月期決算が本格化するなか、ユナイテッドヘ
    ルスやジョンソン・エンド・ジョンソンが好決算を発表して
    上昇、NYダウの採用銘柄であり指数の上昇に寄与した。
    米株は連騰による高値警戒感から利益確定売りの圧力が強く
    なってはきている面も見られた。
    NYダウは+40.48の22997.44 、
    S&P500は+1.72の2559.36、
    NASDAQはの-0.35の6623.66。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-17【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    コムチュア<3844> 業績修正発表。
    終値1976円(前日比-7円-0.35%)
    18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を従来予想7.1億
    円から7.9億円に上方修正。(通期の経常利益は従来予想17億円を
    据え置き)
    
    いちよし<8624> 業績修正発表。
    終値1143円(前日比-28円-2.39%)
    18年3月期第2四半期累計(4-9月)の業績予想は連結経常利益が30.3
    億円(前年同期比2.3倍)に拡大見通し。
    
    アイザワ証<8708> 業績見通し発表。
    終値823円(前日比-11円-1.31%)
    非開示だった18年3月期第2四半期累計(4-9月)の業績予想は連結経
    常利益が11億円(前年同期比2.4倍)に拡大見通し。
    
    ピックアップ
    野村マイクロ<6254> 業績修正発表。
    終値1034円(前日比+55円+5.61%)
    18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常損益を従来予想5700万
    円黒字から1億2400万円の黒字に上方修正。(通期の経常利益は従
    来予想の6億8900万円を据え置き)株価は本日に日足一目均衡表の
    雲(上限985円)を突破となるなど良好な形状。発表を好感して一段
    高へと期待がかかる。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ガンホー<3765>
    終値304円(前日比-2円-0.65%)
    スマートフォン向けアクションパズルゲーム「ケリ姫スイーツ」
    が国内累計1200万ダウンロードを突破。
    
    ピックアップ
    アニコムHD<8715>
    終値2921円(前日比+49円+1.70%)
    9月度の月次経営パラメーターを発表。新規契約件数は1万2336件
    (前年同月比25.1%増)と6ヵ月連続で2ケタ増。正味収入保険料も25
    億5700万円(12.5%増)と2ケタ増。また、保有契約件数は66万6917
    件(9.3%増)と順調。
    株価は週足ベースの移動平均チャートにおいて割れていた13週線
    (2913円)を上回る水準で推移するなど良好な形状。
    目先、日足ベースの移動平均チャートにおいても25日線(2984円)
    回復が期待され、回復から上方向へのトレンドを強める展開へ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40 
    
    
    
  • 2017-10-17【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め16銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ベクター<2656>、
    一時S アゼアス<3161>、
    S 倉庫精<3578>、
    一時S DMP<3652>、
    一時S 岡山製紙<3892>、
    S ショーケース<3909>、
    S エディア<3935>、
    S メドレックス<4586>、
    一時S 昭和システム<4752>、
    S サムライJP<4764>、
    S サンユウ<5697>、
    一時S ダイハツデ<6023>、
    一時S 北川精機<6327>、
    S Tホライゾン<6629>、
    S 旭化学<7928>、
    S 重松製<7980>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S ウェッジHD<2388>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    LINK&M<2170> 大幅反発。
    終値771円(前日比+42円+5.76%)
    国内有力証券が目標株価を引き上げ。
    日足一目均衡表の雲(上限764円)突破。
    
    浜井産<6131> 大幅3日続伸。
    終値111円(前日比+13円+13.26%)
    日足一目均衡表の雲(上限99円)突破。
    
    ピックアップ
    長谷川香<4958> 6日続伸。
    終値2263円(前日比+37円+1.66%)
    日足一目均衡表の雲(上限2247円)を突破。週足ベースの移動平均
    線においても先週に回復した26週線(2210円)から上放れ傾向いあ
    るなどチャート形状が良好。目先、6/30に付けた年初来高値2464
    円を試す展開か。
    
    東邦HD<8129> 大幅4日続伸。
    終値2198円(前日比+57円+2.66%)
    ここまで上値抵抗と意識されていた日足一目均衡表の雲上限(2162
    円)を超えた。次に200日移動平均線(2273円)をうかがう展開へ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-17【東京市場概況】

    日経平均は11日続伸(80円高) 一時マイナス圏沈むも持ち直し
    
    前日の米株高、為替ドル/円が円安方向にあったことなど良好な
    外部環境が後押しとなって日本株は朝方から買いが先行した。
    日経平均は一時、21393.96円(138.40円高)まで上昇。その後は
    高値警戒感や短期的な過熱感が重しとなり、マイナス決済沈む
    場面があった。
    しかし、いっていの底型さを示して前場の取引を終えると後場
    には戻りを強めた。
    その結果、11日続伸を達成。上げ幅も80円高とそれなりの強さ
    となった。
    
    日経平均終値は+80.56円の21336.12円。
    
    東証1部の出来高は15億9364万株、
    売買代金は2兆5532億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり971銘柄、値下がり931銘柄、
    変わらず129銘柄。
    
    業種別では値上がりが21業種、値下がりが12業種。
    値上がりトップは鉄鋼、非鉄金属、機械。
    値下がりはその他製品、サービス、水産・農林など。
    
    
    日経平均は調整を拒否する強い動き。一時マイナス圏に沈む場
    面も見られたが終わって見れば80円高、11日続伸を達成。
    明日以降も強い動きは続き、好材料に素直に反応する展開だろ
    う。
    今晩の米国では、金融株の決算が発表される(モルガン・スタ
    ンレーやゴールドマン・サックスなど)。
    その他経済指標の発表も(鉱工業生産やNAHB住宅市場指数など)。
    米市場がこれらを無難に消化すれば、日本株も堅調な展開継続
    か。
    ただ、短期的な過熱感は強く、米株安に円高で明日をむかえる
    ことになれば一端は調整となる可能性は高いだろう。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-17【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅に11日続伸(5円高) 買い一巡後は上値重い展
    開
    
    前日の米株高、為替ドル/円が円安方向にあったことなど良好な外
    部環境が後押しとなって日本株は朝方から買いが先行した。
    日経平均は一時、21393.96円(138.40円高)まで上昇する場面があ
    った。
    しかし、高値警戒感や短期的な過熱感が高いなか、利益確定売り
    に押されてマイナス決済沈む場面もあった。その後、いっていの
    底型さを示しているものの、戻りは鈍く前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+5.33円の21260.89円。
    
    東証1部の出来高は8億6481万株、
    売買代金は1兆2977億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり799銘柄、値下がり1113銘柄、
    変わらず119銘柄。
    
    業種別では値上がりが12業種、値下がりが21業種。
    値上がりは鉄鋼、非鉄金属、機械など。
    値下がりは鉱業、サービス、証券・商品など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均はさすがに上値の重い展開。高値警戒感や過熱感が上値
    を抑える展開となり前場の取引を終えた。
    ただ、下げるところでは押し目買いが待ち構える。世界的な景気
    拡大を背景に企業業績への期待は強い。また、22日に衆院選の投
    開票を控えて政策期待も株価の支えとなるだろう。後場も下値は
    底堅い展開意が続く見通し。
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2017-10-17【東京市場見通し】

    買い優勢 良好な外部環境が後押し 上げやすい地合い継続
    
    前日の米株市場は主要3指数そろって続伸して史上最高値を更新す
    るなど堅調な展開だった。為替ドル/円も円安方向に振れており現
    在は112円台前半での推移。米長期金利が上昇したことでドル買い
    が優勢となった。
    本日も日本株は米株高や円安を好感して堅調な展開が続く見通
    し。日経平均が前日まで10日続伸と高値警戒感、過熱感は強いも
    のの、良好な外部要因を受けては売り材料に乏しいという状況。
    買い先行後、上値は重くなりそうだが、しっかりとした展開とな
    りそうだ。
    
    日経平均予想レンジは21150-21400円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1120万株、買い780万株、
    差し引き340万株売り越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が112円台前半での推移。
    (16日終値111.72-73円)
    
    現在、ユーロ/円が132円台前半での推移。
    (16日終値131.75-79円)
    
    
    16日米株市場概況
    
    主要3指数そろって続伸して史上最高値も更新。
    本格化する企業決算に向けての期待が続いている。アップルやエ
    ヌビディアなどのテクノロジー株が堅調に推移。その他にも通信
    や金融が反発。原油高を受けてエネルギー株も上昇。
    また、発表された経済指標10月のNY連銀製造業景況指数が30.2と
    市場予想平均(20.4)を上回ったことも好感されたようだ。
    NYダウは+85.24の22956.96、
    S&P500は+4.47の2557.64、
    NASDAQはの+18.20の6624.01。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-16【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    M&A<2127> 業績修正発表。
    終値5630円(前日比-60円-1.05%)
    18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を従来予想57億
    円から71.2億円に上方修正(通期の経常利益は従来予想100億円
    を据え置き。
    
    エイジア<2352> 業績修正発表。
    終値1128円(前日比-14円-1.22%)
    18年3月期の連結経常利益を従来予想3.2億円から3.4億円に上方
    修正。また、同時に4-9月期(上期)の連結経常利益も従来予想1.
    3億円から1.5億円に上方修正。
    
    丸三証<8613> 業績見通し発表。
    終値994円(前日比+14円+1.42%)
    非開示だった18年3月期第2四半期累計(4-9月)の業績予想は連結
    経常利益が11.4億円(前年同期比4.7倍)。
    
    ピックアップ
    リョーサン<8140> 業績修正発表。
    終値4480円(前日比+15円+0.33%)
    18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を従来予想25億
    円から31億円に上方修正(通期の経常利益は従来予想56億円を据
    え置き)。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ファンコミ<2461> 
    終値1213円(前日比-20円-1.62%)
    9月売上高は前年同月比5.9%増、13ヵ月連続で前年実績を上回り。
    
    ラクオリア<4579>
    終値1098円(前日比+43円+4.07%)
    米アラタナ社へ導出したグレリン受容体作動薬「Entyce」が犬
    の食欲促進薬として米国で販売開始。これによりマイルストー
    ン達成に伴う一時金の受領が確定。
    
    パーク24<4666>
    終値2694円(前日比+28円+1.05%)
    9月タイムズ駐車場売上高は前年同月比4.7%増、前年比プラスを
    維持。
    
    ベルーナ<9997>
    終値1242円(前日比+22円+1.80%)
    9月売上高は前年同月比22.9%増、14ヵ月連続で前年実績上回り。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40 
    
    
    
  • 2017-10-16【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め20銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S クロスキャト<2307>、
    一時S セントケア<2374>、
    S アイケイ<2722>、
    S 串カツ田中<3547>、
    S 倉庫精<3578>、
    S ショーケース<3909>、
    S ウォンテッド<3991>、
    S 大阪油化<4124>、
    一時S サムライJP<4764>、
    S サンユウ<5697>、
    S 日伸銅<5753>、
    S 豊和工<6203>、
    S 双信電機<6938>、
    一時S 清和中央HD<7531>、
    S SKジャパン<7608>、
    一時S 広済堂<7868>、
    一時S サンメッセ<7883>、
    S 旭化学<7928>、
    S 重松製<7980>、
    S 杉村倉<9307>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S ウェッジHD<2388>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    インフォート<2492> 反発。
    終値832円(前日比+19円+2.33%)
    日足一目均衡表の雲(上限823円)突破。
    
    東京海上<8766> 大幅続伸。
    終値4632円(前日比+145円+3.23%)
    日足一目均衡表の雲(上限4540円)突破。
    
    ピックアップ
    JT<2914> 4日続伸。
    終値3782円(前日比+68円+1.83%)
    今日まで4日続伸。テクニカル面では日足一目均衡表の雲
    (下限3749円)に差し掛かった。
    目先、雲上限(3895円)をうかかがう展開。その時、雲突破
    となればもう一段高へ。
    
    JXTG<5020> 続伸。
    終値569.1円(前日比+10.3円+1.84%)
    本日、上昇目立った石油株からJXTG<5020>に注目。
    テクニカル面でも移動平均線チャートにおいて、直近に割
    れていた25日線(564円)を回復。9/26の年初来高値592.3円
    をうかかがう展開から高値更新へ期待がかかる。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-16【東京市場概況】

    日経平均は10日続伸(100円高) 連日で年初来高値更新 連日で3桁
    の上昇
    
    先週末の米株高を好感して買いが先行。前場に日経平均は一時
    20347.07円(191.89円高)まで上昇して、この日の高値を付けた。
    決算期待や衆院選の中盤情勢で引き続き与党優勢と伝わったこ
    とも好材料視されたもよう。
    買い一巡後、後場は、短期的な過熱感が高いなか上げ幅を縮小
    もしっかりとした展開は続き、連日で3桁の上昇、連日で年初
    来高値を更新して本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+100.38円の21255.56円。
    
    東証1部の出来高は18億125万株、
    売買代金は2兆6482億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1204銘柄、値下がり741銘柄、
    変わらず85銘柄。
    
    業種別では値上がりが29業種、値下がりが4業種。
    値上がりトップは鉄鋼、保険、証券・商品。
    値下がりは非鉄金属、空運、繊維製品、転送用機器のみ。
    
    日経平均は2015/5/15~6/1の12連騰に次ぐ10連騰。過熱感が警
    戒されてはいるが、良好な需給状況のなかでそれだけでは売り
    込みづらいといったところだろう。引き続き、堅調な相場環境
    は続きそう。
    過熱警戒感からの利食いの入る銘柄も出てくるだろうが、出遅
    れ感の強い銘柄などへは積極的な買いが向かう可能性が高い。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-16【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は10日続伸(132円高) 連日年初来高値更新 米株高
    好感
    
    先週末の米株高を好感して買いが先行。買い先行後も株価指数
    先物買いを交えて上げ幅を拡大した日経平均は一時、20347.07
    円(191.89円高)まで上昇する場面があった。その後は短期的な
    過熱感もあって利益確定売りにおわれてやや上げ幅を縮小した。
    決算期待に加えて衆院選の中盤情勢で引き続き与党優勢と伝わ
    ったことも投資家心理の改善につながっているようだ。
    
    日経平均前場終値は+132.94円の21288.12円。
    
    東証1部の出来高は9億3112万株、
    売買代金は1兆2905億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1444銘柄、値下がり503銘柄、
    変わらず83銘柄。
    
    業種別では値上がりが32業種、値下がりが1業種。
    値上がりトップは保険、証券・商品、石油・石炭。
    値上がりは非鉄金属のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は連日で年初来高値を更新。買い一巡後はやや上げ幅
    を縮小も短期的な過熱感が高いわりにしっかりとした展開。後
    場も引き続き買い優勢の展開、長期安定政権への期待する海外
    勢の資金流入も一段と強まる可能性などが意識される。
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-16【東京市場見通し】

    買い優勢 日経平均は上値追いか 米株高が後押しとなりそうだ
    
    先週末の米株市場は主要3指数そろって上昇。ハイテク株主体の
    NASDAQは史上最高値を更新。NYダウとS&P500は取引時間中の史上
    最高値を更新した。為替ドル/円は112円割れの水準で推移、やや
    円高方向の動きにある。
    本日の日本株は円高が重しとなりそうだが、直近は為替離れの
    動きが見られる(先週、日経平均は円安一服のなかで連日の年
    初来高値更新)。
    為替動向よりも米株高を好感。しっかりとした展開となりそう
    だ。
    また、国内でも22日の衆院選の投開票を控えて、アベノミクス
    加速への期待感が高まっていることも後押しに。
    日経平均は直近の上昇の過熱感や節目21000円を突破した達成感
    などが意識されるところではあるが、押し目待ちに押し目なし
    の展開、本日も上値追いの地合いが継続しそうだ。
    
    日経平均予想レンジは21150-21350円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り710万株、買い520万株、
    差し引き190万株売り超し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が111円台後半での推移。
    (先週末13日終値112.00-01円)
    
    現在、ユーロ/円が132円台前半での推移。
    (先週末13日終値132.48-52円)
    
    
    先週末13日米株市場概況
    
    主要3指数そろって反発。上昇してスタートした主要3指数は終日
    プラス圏で推移となり、ハイテク株主体のNASDAQは史上最高値を
    更新した。NYダウとS&P500は取引時間中の最高値は更新した。
    経済指標や金融機関の決算はまちまちとなったが、企業業績への
    期待感が優勢だったようだ。
    発表された経済指標は米月小売売上高が前月比1.6%増(市場予想
    平均1.7%)、10月ミシガン大学消費者信頼感指数は101.1(市場予
    想平均95.0)。
    NYダウは+30.71の22871.72、
    S&P500は+2.24の2553.17、
    NASDAQはの+14.29の6605.80。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-13【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    住石HD<1514> 業績修正発表。
    終値163円(前日比+1円+0.61%)
    18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を従来予想
    7億円から19億円に上方修正。
    上期業績の好調に伴って通期の連結経常利益も従来予想10
    億円から19億円に上方修正。
    
    ヨシムラフード<2884> 決算発表。
    終値5290円(前日比+250円+4.96%)
    18年2月期第2四半期累計(3-8月)の連結経常利益は3.8億円
    (前年同期比56.9%増)と従来予想2.9億円を上回って着地。
    併せて通期の同利益を従来予想6億円から7億円に上方修正。
    
    三栄建築<3228> 決算発表。
    終値2157円(前日比-39円-1.77%)
    17年8月期の連結経常利益は91.2億円(前期比29.1%増)。18
    年8月期も100億円(前期比9.8%増) 4期連続で過去最高益更
    新見通し。
    
    ピックアップ
    高砂熱<1969> 業績修正発表。
    終値1894円(前日比+11円+0.58%)
    18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を従来予想43
    億円から72億円に上方修正(通期の経常利益は従来予想120億
    円据え置き)。
    株価は日足一目均衡表の雲上限(1913円)を上値抵抗に足踏み。
    発表を好感して雲突破、上昇トレンド転換へと期待。
    
    ドドル日レス<3087> 決算発表。
    終値2453円(前日比+4円+0.16%)
    18年2月期第2四半期累計(3-8月)の連結経常利益は63.4億円(
    前年同期比7.9%増)。
    また、今期の年間配当を従来計画30円から32円に増額修正。
    株価はおおよそ26週移動平均線(2399円)に沿う形でしっかり
    とした展開、今週には13週移動平均線(2418円)を回復した。
    週明けは好決算を好感して、一段と上方向へのトレンドが強
    まりそうだ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40 
    
    
    
  • 2017-10-13【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め14銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S エムビーエス<1401>、
    S クロスキャト<2307>、
    S DDHD<3073>、
    一時S ジューテック<3157>、
    一時S ANAP<3189>、
    一時S オンリー<3376>、
    S 昭和システム<4752>、
    S サムライJP<4764>、
    S モリテック<5986>、
    一時S IDOM<7599>、
    S サンメッセ<7883>、
    S 旭化学<7928>、
    S ラピーヌ<8143>、
    S 杉村倉<9307>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S シンワアート<2437>。
    
    ピックアップ
    IDOM<7599> 一時ストップ高
    終値765円(前日比+83円+12.17%)
    前日(12日)の決算発表。18年2月期上期(3-8月)の連結経
    常利益は20.3億円(前年同期比0.6%増)、従来13.4%減益
    予想から一転して増益で着地した。
    発表を好感して一時ストップ高の上昇。テクニカル面で
    は日足一目均衡表の雲(上限722円)を突破と上昇トレン
    ド転換の形状。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    コメダ<3543> 反発。
    終値1880円(前日比+41円+2.22%)
    200日移動平均線(1868円)回復。
    
    アドソル<3837> 大幅反発。
    終値1190円(前日比+49円+4.29%)
    日足一目均衡表の雲(上限1140円)突破。
    
    アイフル<8515> 続伸。
    終値405円(前日比+9円+2.27%)
    日足一目均衡表の雲(上限393円)突破。
    
    ピックアップ
    兼松エレク<8096> 大幅続伸。
    終値3390円(前日比+145円+4.46%)
    テクニカル面で注目。日足一目均衡表において雲(上限32
    77円)を突破。週ベースの移動平均線チャートにおいても
    割れていた13週線(3228円)、26週線(3279円)を回復。
    また、先月半ば辺りから続いていたもち合いから上放れ。
    年初来高値3650円(7/6)をうかかがう展開へ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-13【東京市場概況と来週の見通し】

    13日概況 日経平均は9日続伸 節目21000円回復 後場上げ幅拡大
    して200円高に
    
    前場、前日の米株安や為替ドル/円が円高方向にあったことなどか
    ら売り優勢に傾く場面も見られたが、決算期待などを支えに買い
    気は根強く、しっかりとした展開。日経平均は節目21000円を回
    復して前場の取引を終えていた。
    後場に入ると先物主導で上げ幅を拡大して一段高。21211.29円
    (256.57円高)まで上昇した。その後は週末要因などからやや上
    げ幅を縮小したものの約200円の上昇で本日の取引を終えた。
    (日経平均の21000円台回復は1996/11/29以来、約21年ぶり)
    
    日経平均終値は+200.46円の21155.18円。
    
    東証1部の出来高は18億4795万株、
    売買代金は3兆2810億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1206銘柄、値下がり723銘柄、
    変わらず101銘柄。
    
    業種別では値上がりが27業種、値下がりが6業種。
    値上がりトップは空運、小売り、その他金融。
    値下がりは繊維製品、サービス、保険など。
    
    
    来週の見通し 
    
    来週の日経平均は上昇一服か。ここまで9連騰で21000円を回復
    となり、短期的な過熱感は日々強まっている。世界的な景気拡
    大を背景に日本株は相対的に出遅感は強いが、さすがに一端は
    調整を挟んでもよいだろう。
    日経平均の上昇に反して為替ドル/円はやや円高方向に振れる動
    きが本日見られた。本日はドル/円の動向を意識せず上昇となっ
    たが、史上最高値圏にある米株も過熱感は高く、米株の調整入
    り、円高が意識されれば、日本株も一端は調整へ向かうだろう。
    ただ、その調整に関しても短期的なもの。中期上昇トレンドを
    崩すような大幅調整は見込みにくい。
    衆院選に関する世論調査で与党優勢との見通しが広がった12日
    以降、安定政権を重視する海外投資家の日本株買いは勢いを増
    した。投票日以降は材料出尽くしとなりそうだが、投票日まで
    は買いが継続する可能性がある。
    週初は上昇一服、過熱感が冷めれば、週後半にかけて再び上値
    を試す可能性があるだろう。
    
    来週の日経平均予想レンジは20700円-21300円。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-13【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は9日続伸(48円高) 節目21000円回復 
    
    前日の米株安や為替ドル/円が円高方向にあったことなどから売
    り優勢に傾く場面もあったものの、決算期待などを支えに買い
    気は根強くしっかりとした展開。前日に決算発表したファスト
    リ<9983>が堅調だったことなども後押しとなった。
    日経平均は一時77円高まで上昇(21032.04円)、節目21000円を
    回復、そのまま21000円維持して前場の取引を終えた(取引時
    間中で21000円回復は1996/12/6以来20年10ヶ月ぶり)。
    
    日経平均前場終値は+48.78円の21003.50円。
    
    東証1部の出来高は9億2239万株、
    売買代金は1兆6145億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり841銘柄、値下がり1094銘柄、
    変わらず95銘柄。
    
    業種別では値上がりが16業種、値下がりが17業種。
    値上がりは空運、その他金融、小売りなど。
    値下がりは鉱業、銀行、サービスなど。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は21000円を回復。相対的に出遅れている日本株を見直
    す流れが続いている。また、アベノミクス加速への思惑から先
    高期待も高い。
    後場、節目到達の達成感や週末要因などが意識されやすくはあ
    るが、押し目買い意欲も強い見込みであり、しっかりとした展
    開が続きそうだ。
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-13【東京市場見通し】

    日経平均は節目21000円で上昇一服も底堅い展開 物色は中小型へ
    
    前日の米株市場は短期的な過熱感などが意識され主要3指数は取引
    時間中の史上最高値は更新したが失速して下落で終えた。
    為替ドル/円もやや円高方向に振れており、112円台前半での推移。
    米株下落、ドル/円も円高と外部環境はさえないが、どちらも小幅
    なもの、特に売り込まれる材料でも無いだろう。
    また、昨日の引け後に決算を発表したファーストリ<9983>がADRで
    上昇。日経平均の寄与度の高い同銘柄が上昇してスタートとなれ
    ば下支え要因となる。
    週末要因などで積極的に上値は追いづらく、節目21000円が上値抵
    抗と意識されそうだが、足元の地合いの強さもあり、底堅い展開
    が予想される。
    そんななか、物色は相対的に出遅れている銘柄、特に中小型株を
    中心に向かいそうだ。
    
    日経平均予想レンジは20850-21050円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り450万株、買い1050万株、
    差し引き600万株買い超し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が112円台前半での推移。
    (12日終値112.22-24円)
    
    現在、ユーロ/円が132円台後半での推移。
    (12日終値133.17-21円)
    
    
    12日米株市場概況
    
    主要3指数そろって小幅に反落。短期的な過熱感が重しとなり売り
    優勢に転じた。ここまでNYダウが連日で史上最高値を更新していた
    ことなどから利益確定売りが出たようだ。
    主要3指数は取引時間中の史上最高値はそろって更新したが、その
    後にマイナス圏に沈んだ。
    その他、決算を発表した金融株が売りに押されたことも重しとな
    った。
    NYダウは-31.88の22841.01、
    S&P500は-4.31の2550.93、
    NASDAQはの-12.04の6591.51。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-12【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    DDHD<3073> 業績修正発表。
    終値2826円(前日比+122円+4.51%)
    18年2月期第2四半期累計(3-8月)の連結経常利益を従来予
    想9.5億円から16.1億円に上方修正。(通期の経常利益は
    従来予想17億円を据え置き)。
    
    ダスキン<4665> 業績修正発表。
    終値3085円(前日比+15円+0.48%)
    18年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を従来予
    想26億円から51億円に上方修正。
    上期業績の好調に伴って通期の連結経常利益も従来予想
    80億円から84億円に上方修正。
    
    旭化学<7928> 決算発表。
    終値496円(前日比+26円+5.53%)
    17年8月期の連結経常損益は1億2200万円の黒字に浮上(前
    の期は6700万円の赤字)。
    18年8月期も1億7000万円に拡大見通し。
    また、前期年間配当を3円から4円に増額、今期も前期比3
    円増の7円に増配する方針。
    
    松屋<8237> 決算発表。
    終値1027円(前日比+14円+1.38%)
    18年2月期第2四半期累計(3-8月)の連結経常利益は5.6億円
    (前年同期比77.6%増)。
    併せて通期も従来予想16億円から18億円に上方修正。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    小野薬<4528>
    終値2608.5円(前日比+23.0円+0.88%)
    米カリオファーム社が開発中の核外輸送タンパク質阻害剤
    「Selinexor」「KPT-8602」に関するライセンス契約を結
    んだ。すべてのがん腫を対象に日本、韓国、台湾、香港お
    よびアセアン諸国で独占的に開発・商業化する権利を取得。
    
    ピックアップ
    ラクス<3923>
    終値2156円(前日比-1円-0.04%)
    9月度の月次売上高(単体)発表。前年同月比24.2%増の5.08
    億円となった。5億円突破は月次売上高として初。
    株価は75日移動平均線(2174円)、日足一目均衡表の雲上限
    (2231円)を上値抵抗に足踏み。発表を好感してこれらを超
    える動き、一段高へと期待がかかる。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40 
    
    
    
  • 2017-10-12【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め16銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S クロスキャト<2307>、
    S アイケイ<2722>、
    S DMP<3652>、
    S SHIFT<3697>、
    一時S システムリサ<3771>、
    S サイステップ<3810>、
    S 昭和システム<4752>、
    S ミクロン<6159>、
    一時S HyAS&C<6192>、
    S 豊和工<6203>、
    S 北川精機<6327>、
    一時S アクモス<6888>、
    S 栄電子<7567>、
    一時S 三光合成<7888>、
    一時S KYCOM<9685>、
    S IXナレッジ<9753>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    SMS<2175> 3日大幅続伸。
    終値3630円(前日比+110円+3.12%)
    25日移動平均線(3562円)回復。
    
    シチズン<7762> 3日続伸。
    終値797円(前日比+21円+2.70%)
    日足一目均衡表の雲(上限795円)突破。
    
    ピックアップ
    エコス<7520> 大幅続伸。
    終値1240円(前日比+72円+6.16%)
    前日に発表された決算では18年2月期上期(3-8月)の連結
    経常利益が16.5億円(前年同期比7.0%減)とさえなかった
    が、同時に自社株買い(発行済み株式数(自社株を除く)
    の2.86%にあたる30万株(金額で4億円)を上限))を発表。
    自社株買いが好材料視されて大幅続伸となった。テクニ
    カル面では日足一目均衡表の雲(上限1171円)突破。また、
    200日移動平均線(1185円)を回復となるなど良好な形状。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-12【東京市場概況】

    日経平均は8日続伸(73円高) 節目21000円超えとはならずも堅調
    な展開
    
    本日の日本株は買い優勢の展開となった。前日の米株市場で主要
    指数が最高値を更新。為替ドル/円も円安基調にあるなど良好な外
    部環境を好感。また、衆院選を巡る世論調査で与党優勢と報じら
    れていることも支援材料となった。
    日経平均はアベノミクス相場のザラ場高値(20952.71円)を超えて
    後場寄りには20994.40円(113.13円高)まで上昇、節目21000円に
    迫った。
    その水準では上値を抑えられたものの高値圏での推移は続き、8
    日続伸、堅調な展開は続いた。
    
    日経平均終値は+73.45円の20954.72円。
    
    東証1部の出来高は15億3627万株、
    売買代金は2兆5847億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1130銘柄、値下がり804銘柄、
    変わらず96銘柄。
    
    業種別では値上がりが19業種、値下がりが14業種。
    値上がりはその他金融、サービス、情報・通信など。
    値下がりは石油・石炭、鉱業、保険など。
    
    日経平均は短期的な過熱感が意識されながらも8日続伸。アベノ
    ミクス相場のザラ場高値(20952.71円)を超えて節目21000円も射
    程圏内にある。
    衆院選は世論調査で与党優勢と報じられており、アベノミクス
    加速へ、先行期待は強い。
    また、18年3月期第2四半期(17年4-9月)の決算発表への期待感も
    相場を支えている。
    為替ドル/円が一段と円安方向に振れるなどの動きが出てくれば、
    さらに後押しとなる。
    その他、日経平均への寄与度の高いソフトバンクG<9984>の動
    向にも注目。本日は3%超えの上昇(終値9840円)、節目10000万
    円が意識されるなか、日経平均の押し上げ要因として期待がか
    かる。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-12【 東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は8日続伸(87円高) アベノミクス相場のザラ場高値
    超え
    
    前日の米株市場で主要指数が最高値を更新。為替ドル/円も円
    安基調にあったなど良好な外部環境を好感。また、衆院選を
    巡る世論調査で与党優勢と報じられていることも支援材料と
    なり、日本株は買い優勢の展開となった。
    日経平均は8日続伸となり、アベノミクス相場のザラ場高値
    (20952.71円)を超えて21000円に迫る展開。その水準ではや
    や上値の重さが意識されたが高値圏を維持して前場の取引
    を終えた。
    
    日経平均前場終値は+97.29円の20978.56円。
    
    東証1部の出来高は7億9782万株、
    売買代金は1兆3125億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1255銘柄、値下がり666銘柄、
    変わらず109銘柄。
    
    業種別では値上がりが22業種、値下がりが11業種。
    値上がりトップは精密機器、情報・通信、陸運。
    値下がりは鉱業、石油・石炭、保険など。
    
    
    後場の見通し
    
    衆院選を巡る世論調査で与党優勢と報じられており、アベノミク
    ス加速への期待が高まっている。本日は日経平均がアベノミクス
    相場のザラ場高値(20952.71円)を超えたことで期待はさらに高ま
    っていくのではないか。
    そんななか明日にSQを控える。SQで21000円到達が意識されてき
    そうなところ、後場も堅調な展開が続きそうだ。
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-12【東京市場見通し】

    買い優勢 米株高や円安好感 日経平均は21000円超えへ
    
    前日の米株市場は9月開催のFOMC議事録を受けて上昇、主要3指数
    そろって史上最高値を更新した。為替ドル/円も前日より円安方向
    にあり、現在は112円台半ばでの推移。
    良好な外部環境を好感して買い優勢の展開が予想される。また、
    衆議院選挙について与党優勢をと報じられている。政権の安定と
    いう点で安心材料、アベノミクス加速期待が相場を押し上げ要因
    となりそうだ。
    日経平均はアベノミクス相場のザラ場高値(20952.71円)を超えて
    21000円を試す展開へ。この水準での攻防となりそうだ。
    
    日経平均予想レンジは20850-21050円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り830万株、買い520万株、
    差し引き310万株の売り超し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が112円台半ばでの推移。
    (11日終値112.28-30円)
    
    現在、ユーロ/円が133円台半ばでの推移。
    (11日終値132.80-84円)
    
    
    11日米株市場概況
    
    続伸。主要3指数そろって史上最高値を更新。
    午後に公表された9/19-9/20日開催分のFOMC議事録で多くのメン
    バーが年内の追加利上げが正当化されると判断するも、何人かの
    メンバーが目標の2%を下回るインフレ基調を懸念、インフレ上昇
    が確信できるまで利上げの見送りを主張していることが明らかに
    なった。
    金融引き締めのペースが引き続き緩やかなものになるとの見通し
    が確認され好材料となったようだ。
    NYダウは+42.21の22872.89、
    S&P500は+4.60の2555.24、
    NASDAQはの+16.30の6603.55。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-11【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    コシダカHD<2157> 決算発表。
    終値3295円(前日比+85円+2.64%)
    17年8月期の連結経常利益は63.5億円(前期比35.2%増)。18
    年8月期は73億円(前期比15.0%増)の見込み。
    年間配当を40円(前期比4円増)とする方針に。
    
    アイケイ<2722> 決算発表。
    終値7840円(前日比±0円±0.00%)
    18年5月期第1四半期(6-8月)の連結経常利益は2.1億円(前年
    同期比4.8倍)。18年5月期第2四半期累計(6-11月)の連結経
    常利益を従来予想1.4億円から4.1億円に上方修正。
    上期業績の好調に伴って通期の連結経常利益も従来予想5.9
    億円から7.5億円に上方修正。
    
    日立国際<6756> 業績修正発表。
    終値3115円(前日比+15円+0.48%)
    18年3月期の連結税引き前利益を従来予想213億円から284億
    円に上方修正。4-9月期(上期)の連結税引き前利益も従来予
    想の94億円から148億円に上方修正。
    
    サイゼリヤ<7581> 決算発表。
    終値3180円(前日比+60円+1.92%)
    17年8月期の連結経常利益は118億円(前期比30.1%増)。18年
    8月期は128億円(前期比7.7%増)に伸びる見通し
    
    ピックアップ
    ディップ<2379> 決算発表。
    終値2542円(前日比+75円+3.04%)
    18年2月期第2四半期累計(3-8月)の経常利益(非連結)は50.7
    億円(前年同期比17.9%増)に伸びた。
    加えて今期の年間配当を従来計画39円から43円に増額修正。
    株価は本日(11日)は3%超えの反発。移動平均線チャートで
    25日線(2473円)を下値サポートに調整一巡、切り返したか
    っこうとなっていた。好決算を受けて同線から一段と上振
    れ、上方向へのトレンドを強めそうだ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    マネーフォワード<3994>
    終値3005円(前日比+214円+7.66%)
    クラウドファンディングプラットフォームを展開するCAMP
    FIRE、LIFULL<2120>子会社と資本業務提携。新サービスの
    共同開発などを通じ、国内クラウドファンディング市場の
    拡大を推進する。
    
    ワットマン<9927>
    終値170円(前日比+11円+6.91%)
    9月既存店売上高は前年同月比2.6%増、2ヵ月連続で前年実
    績上回り。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40 
    
    
    
  • 2017-10-11【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め6銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S プロパスト<3236>、
    S イーグランド<3294>、
    S ミクロン<6159>、
    一時S シライ電子<6658>、
    S テクポイント<6697>、
    S 栄電子<7567>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S 石川製<6208>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ラクトJPN<3139> 3日大幅続伸。
    終値4195円(前日比+185円+4.61%)
    日足一目均衡表の雲(上限4137円)突破。
    
    ツインバード<6897> 大幅上昇。
    終値830円(前日比+69円+9.06%)
    8月中間期業績は計画上振れ着地。
    日足一目均衡表の雲(上限787円)突破。
    
    信越ポリ<7970> 大幅続伸。
    終値1054円(前日比+44円+4.35%)
    日足一目均衡表の雲(上限1026円)突破。
    
    ピックアップ
    PCDEPOT<7618> 大幅続伸。
    終値900円(前日比+38円+4.40%)
    前日(10日)に9月度の月次売上高を発表。既存店売上高は
    前年同月比4.9%増、昨年7月以来のプラスとなり、好感し
    た買いが向かい年初来高値を更新した。
    テクニカル面では週足一目均衡表の雲上限(913円)近辺で
    の推移。雲突破とれば、もう一段高が期待されるところ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-11【東京市場概況】

    日経平均は7日続伸(57円高) 連日で年初来高値更新 終値ベース
    でアベノミクス相場高値超え
    
    朝方は為替ドル/円が前日より円高方向にあったことなどが重しと
    なり、売りが先行した。
    しかし、米株が堅調だったことなどが下支え要因となり、売り一
    巡後は買い優勢の展開に。
    日経平均は後場に、20900円に後2円のところまで迫る場面があっ
    た(20898.41(74.90円高))。
    ザラ場中のアベノミクス相場の高値(20952.71円)更新とはならな
    かったものの終値ベースでは2015/6/24に付けた20868.03円を超え
    た。
    
    日経平均終値は+57.76円の20881.27円。
    
    東証1部の出来高は15億3158万株、
    売買代金は2兆3703億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり879銘柄、値下がり1045銘柄、
    変わらず106銘柄。
    
    業種別では値上がりが19業種、値下がりが14業種。
    値上がりトップは保険、非鉄金属、その他製品。
    値下がりは鉄鋼、倉庫・運輪、転送用機器など。
    
    日経平均はテクニカル面で短期的な過熱感が意識される。そんな
    なか、選挙の結果次第では政策運営リスクが警戒されるほか、北
    朝鮮を巡る地政学リスクもくすぶる。
    ただ、今のところは北朝鮮の挑発行動は無い。また、衆院選につ
    いてもNHKの世論調査によると各党の支持率は自民党が31.2%、希
    望の党が4.8%、公明党が3.8%、立憲民主党が4.4%などと伝えられ
    ており、連立与党による議席過半数維持が期待され「アベノミク
    ス加速」が意識されている。
    週後半はアベノミクス相場のザラ場高値(20952.71円)を超え、節
    目21000円を試す展開となりそうだ。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-11【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は7日続伸(46円高) 連日で年初来高値更新 売り先
    行後にプラス転換
    
    為替ドル/円が前日より円高方向にあったことなどが重しとなり、
    売りが先行した日本株だったが、米株が堅調だったことなどが
    下支え要因となり、売り一巡後は買い優勢に転じた。
    日経平均は35円程下げた後に65円高(20889.05円)となり、その
    ままプラス圏で前場の取引を終えた。連日で年初来高値を更新。
    
    日経平均前場終値は+46.73円の20870.24円。
    
    東証1部の出来高は7億7841万株、
    売買代金は1兆1574億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり847銘柄、値下がり1056銘柄、
    変わらず127銘柄。
    
    業種別では値上がりが20業種、値下がりが13業種、
    値上がりトップは保険、非鉄金属、空運。
    値下がりは鉄鋼、海運、倉庫・運輪など。
    
    
    後場の見通し
    
    前日に続いて北朝鮮に挑発的な行動はない。そのことも安心感
    につながり、買い優勢に転じた面もあるだろう。
    後場はもう一段高、20900円に乗せてアベノミクス相場のザラ
    場高値(20952.71円)を試す可能性もあるだろう。
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-11【東京市場見通し】

    良好な地合い継続  ドル/円は円高方向に振れたものの米株高が支
    え
    
    前日の米株市場はNYダウは史上最高値を更新するなど堅調な展開と
    なった。いっぽうで為替ドル/円は円高方向に振れて現在は112円台
    前半での推移。一時は米長期金利の低下を受けて111円台をつける
    場面があったものの持ち直したかっこうにある。
    本日の日本株は前日よりドル/円が円高方向にあることが重しとな
    りそうだが、米株高を好感して良好な地合いは継続される見通
    し。北朝鮮に特段の動きが出ていないことも安心感につながりそ
    うだ。
    日経平均は売り先行が予想されるも5日移動平均線(20676円)など
    が下値サポート、ドル/円の円高方向への動きが一段と強まれば
    2015年の高値20952.71円を試す可能性もあるだろう。
    
    日経平均予想レンジは20700-20950円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1510万株、買い1580万株、
    差し引き70万株の売り超し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が112円台前半での推移。
    (10日終値112.55-56円)
    
    現在、ユーロ/円が132円台後半での推移。
    (10日終値132.42-46円)
    
    
    10日米株市場概況
    
    主要3指数そろって上昇。NYダウは3日ぶりに反発して史上最高値更
    新。S&P500は3日ぶりに反発、NASDAQも反発となり、ともに取引時
    間中の最高値更新した。
    IMFが世界経済成長見通しを引き上げたことが好感。その他、朝鮮
    労働党創建記念日を迎えた北朝鮮に特段の動きがなかったことも
    安心感につながったもよう。
    NYダウは+69.61の22830.68、
    S&P500は+5.91の2,550.64、
    NASDAQはの+7.52の6587.25。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-10【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    トーセ<4728> 決算発表。
    終値2572円(前日比-93円-3.48%)
    17年8月期の連結経常利益は4億円(前期比2.0倍)、
    従来予想3.3億円を上回り。
    
    マルマエ<6264> 決算発表。
    終値1213円(前日比+50円+4.29%)
    17年8月期の経常利益(非連結)は7.3億円(前期比60.9%増)。
    今期年間配当を20円へ(前期の株式分割を考慮した実質配
    当は100.0%増配)。
    
    竹内製作<6432> 決算発表。
    終値2245円(前日比-38円-1.66%)
    18年2月期第2四半期累計(3-8月)の連結経常利益は83.6億円。
    併せて通期の同利益を従来予想115億円から127億円に上方修正。
    業績好調に伴って期末一括配当を従来計画29円から32円に増額
    修正。
    
    サンヨーナゴヤ<8904> 決算発表。
    終値1103円(前日比+3円+0.27%)
    17年8月期の連結経常利益は19.1億円(前期比22.2%増)、
    従来予想16.4億円を上回り。
    
    高島屋<8233> 決算発表。
    終値1074円(前日比+3円+0.28%)
    18年2月期第2四半期累計(3-8月)の連結経常利益は156億円(前
    年同期比3.9%増)。 
    併せて通期の同利益を従来予想375億円から390億円に上方修正。
    
    ピックアップ
    コーナン商事<7516> 決算発表。
    終値2061円(前日比-15円-0.72%)
    18年2月期第2四半期累計(3-8月)の連結最終利益は60.2億円(前
    年同期非連結比78.6%増)。
    併せて通期の同利益を従来予想90億円から96億円に上方修正。
    また、業績好調に伴って今期の年間配当を従来計画44円から
    50円に増額修正。
    株価は本日まで小幅ながら4日続落。200日移動平均線(2122円)
    が上値抵抗なり、直近は調整の流れにあった。
    ただ、本日は日足一目均衡表の雲下限(2042円)で、いっていの
    底型さを示しており、調整一巡感が意識される形となっていた。
    明日以降は好決算を好感し買い優勢。再度200日移動平均線を
    試す展開から上抜けを期待したいところ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    テクマトリックス<3762> 
    終値1566円(前日比+60円+3.98%)
    子会社の沖縄クロス・ヘッドが日本ヒューレット・パッカード
    と共同で中小企業向けバックアップソリューションを提供開始。
    
    スギHD<7649> 
    終値5810円(前日比+50円+1.57%)
    9月既存店売上高は前年同月比4.9%増、
    6ヵ月連続で前年実績上回り。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40 
    
    
    
  • 2017-10-10【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め13銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S PCNET<3021>、
    S ロードスター<3482>、
    一時S ULSグルプ<3798>、
    S モリテック<5986>、
    S オーネックス<5987>、
    S 豊和工<6203>、
    S シライ電子<6658>、
    一時S 京写<6837>、
    S 双信電機<6938>、
    S 五洋インテ<7519>、
    S 栄電子<7567>、
    一時S IXナレッジ<9753>、
    一時S アルテック<9972>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S 神戸鋼<5406>、
    S 神鋼商<8075>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    フルキャストHD<4848> 大幅続伸。
    終値2082円(前日比+233円+12.60%)
    年初来高値更新。
    25日移動平均線(1897円)回復。
    
    船総研HD<9757> 大幅上昇。
    終値3835円(前日比+420円+12.29%)
    年初来高値更新。
    25日移動平均線(3506円)回復。
    
    ピックアップ
    あさひ<3333> 反発。
    終値1366円(前日比+36円+2.70%)
    本日13時頃に発表した9月度既存店売上高が前年同月比8.9%増
    (4ヶ月ぶりのプラス)。発表を好感した買いが向かった。
    テクニカル面でも直近にもみあっていた200日移動平均線(132
    7円)から上放れ。直近高値1360(9/26)を更新して上方向への
    トレンドを強めている。
    
    薬王堂<3385> 大幅3日続伸。
    終値3355円(前日比+175円+5.50%)
    引き続き、5日発表の決算を好感した買いが向かっている。テ
    クニカル面でも先週末(6日)に75日移動平均線(3071円)を回復。
    本日に日足一目均衡表の雲(上限3232円)突破。もう一段高が期
    待される形状にある。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-10【東京市場概況】

    日経平均は6日続伸(132円高) 年初来高値更新 じり高でほぼ高値
    引け
    
    朝方は売りが先行も下値は限定的。北朝鮮の朝鮮労働党創建記念
    日で軍事的な挑発行動が警戒されたが、ひとまず過度な警戒感が
    後退したかっこうとなった。
    また、日本の中間期業績発表が近づくなか業績上ぶれ期待が根強
    いことも下支えとなった。
    日経平均は前場を20769.77円(79.06円高)で終えると、後場も堅
    調な展開が続きじり高、上げ幅を3桁に広げて20800円台に乗せた
    (6日続伸かつ年初来高値更新)。
    
    日経平均終値は+132.80円の20823.51円。
    
    東証1部の出来高は14億8520万株、
    売買代金は2兆5442億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1421銘柄、値下がり523銘柄、
    変わらず86銘柄。
    
    業種別では値上がりが24業種、値下がりが9業種、
    値上がりトップは建設、サービス、小売り。
    値下がりは保険、鉄鋼、鉱業など。
    
    週明けの日経平均は6日続伸かつ年初来高値を更新。先週まで
    上昇とは良い意味で異なる面もある。
    っというのも、先週までの上昇は米株市場が後押しとなってい
    た面が強かった。しかし、本日は前日(9日)の米株が下落とな
    ったなか、日経平均は3桁の上昇、日本株独自の強さが感じら
    れる。
    引き続き、北朝鮮に関しての警戒感はあるものの、好材料に
    より強く反応する展開、目先にアベノミクス相場の高値20952.
    71円を試すと予想される。
    明日の寄り前に8月の機械受注が発表される。好内容となれば、
    機械株の上昇が日経平均を後押しする可能性があるだろう。
    日経平均の下値サポートは5日移動平均線(20676円)。同線を割
    れても心理的な節目20500円が下値メド。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-10【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は6日続伸(79円高) ザラ場年初来高値を更新
    
    朝方は売りが先行した。北朝鮮の朝鮮労働党創建記念日で軍事的
    な挑発行動が警戒されていた。
    しかし、ひとまず過度な警戒感は後退。また、日本の中間期業績
    発表が近づくなか業績上ぶれ期待は根強く、買い優勢の展開とな
    った。
    日経平均は一時、20780.09円(83.38円高)まで上昇。6日の取引時
    間中の年初来高値20721.15円を更新。
    その後にいったんは上値が重くなったものの、前場引けかけて底
    堅く推移して前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+79.06円の20769.77円。
    
    東証1部の出来高は7億5396万株、
    売買代金は1兆2261億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1234銘柄、値下がり687銘柄、
    変わらず106銘柄。
    
    業種別では値上がりが22業種、値上がりが11業種。
    値上がりトップは建設、倉庫・運輪、サービス。
    値下がりは保険、鉄鋼、鉱業など。
    
    
    後場の見通し
    
    日本株は業績期待が高いなか、北朝鮮が挑発行動に出ておらず、
    地政学リスクが和らぎなども後押しに買い優勢の展開となって
    いいる。
    後場も引き続き、北朝鮮の動向を警戒しつつも上値を試す展開
    が期待されるところ。
    また、相対的に出遅れ感の強いマザーズ銘柄の見直し買いにも
    期待したいところだ。
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-10【東京市場見通し】

    様子姿勢の強い展開  日経平均は上値慎重も下値切り上げトレン
    ド継続
    
    3連休中の海外市場は比較的落ち着いた動き。先週末(6日)発表の9
    月米雇用統計は非農業部門雇用者数がマイナスとなったもののネ
    ガティブな影響は限定されていた。週明け前日(9日)の米株市場は
    小幅に下落。NYダウは続落も下落幅は小幅なものにとどまった。
    為替ドル/円は円安一服も現在は112円台後半での推移と比較的落ち
    着いた動きと言えるだろう。
    本日の日本株は好悪材料ともに乏しく、北朝鮮の朝鮮労働党創建
    記念日と地政学リスクがくすぶるなか上値は追いにくい。
    いっぽうで下げるところでは押し目買い意欲は強い見込み。日経
    平均が価格帯別出来高が積み上がっていた20000円-20200円を下回
    らずにもちあいを上放れ、需給状況は良好で下値を切り上げるト
    レンドにあり、継続しそうだ。
    また、先週の三連休前のリスク回避の買い戻しの動きなども下支
    えとなるだろう。
    
    日経平均予想レンジは20550-20800円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り660万株、買い550万株、
    差し引き110万株の売り超し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が112円台後半での推移。
    (先週末6日終値112.99-113.01円)
    
    現在、ユーロ/円が132円台前半での推移。
    (先週末6日終値132.07-11円)
    
    
    9日米株市場概況
    
    主要3指数そろって下落。NYダウとS%P500は続落。NASDAQは10日ぶ
    りに反落となった。
    コロンブス・デーの休日で取引参加者が少なく、週後半の金融機
    関の決算や米9月CPIなどの注目度の高い経済指標の発表を前に様
    子姿勢の面が強かった。
    NYダウは-12.60の22761.07、
    S&P500は-4.60の2544.73 、
    NASDAQはの-10.45の6579.73。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-06【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    パソナ<2168> 決算発表。
    終値1227円(前日比+37円+3.10%)
    18年5月期第1四半期(6-8月)の連結経常利益は10億円(前年
    同期比5.8倍)。
    
    オンワードHD<8016> 決算発表。
    終値847円(前日比-20円-2.30%)
    18年2月期第2四半期累計(3-8月)の連結経常利益は21.5億円
    (前年同期比87.0%増)。従来予想13億円を上回って着地。
    加えて自社株買い発表。発行済み株式数(自社株を除く)の2.
    06%にあたる300万株(金額で27億円)を上限。買い付け期間は
    10/12~2/28。
    
    アルテック<9972> 決算発表。
    終値245円(前日比-1円-0.40%)
    17年11月期第3四半期累計(16年12月-17年8月)の連結経常損
    益は2億9500万円黒字浮上(前年同期は4億0400万円の赤字)。
    併せて通期の同利益を従来予想2億円から4億円に上方修正。
    
    ピックアップ
    Jフロント<3086> 業績修正発表。
    終値1595円(前日比±0円±0.00%)
    18年2月期第2四半期累計(3-8月)の連結税引き前利益を従来
    予想213億円から259億円に上方修正。(2期ぶりに上期の過
    去最高益を更新する見通し)。
    上期業績の好調に伴って通期の連結税引き前利益も従来予
    想447億円から470億円に上方修正。
    株価は現在、日足一目均衡表の雲内(1551円-1650円)での
    推移。
    雲上限(1650円)をうかかがう展開にある。発表を好感して
    このまま雲突破となれば、一段と上方向へのトレンドが強
    まるところ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    カイオム<4583>
    終値385円(前日比+3円+0.78%)
    開発を進めているDLK-1抗体に関して欧州における特許付与
    の決定通知を受領。
    
    IBJ<6071>
    終値831円(前日比+3円+0.36%)
    9月の月次概況発表。婚活会員数は前年同月比25.4%増。加盟
    相談所数は24.1%増と引き続き好調。婚活イベント動員数も
    前年同月比33.7%増と引き続き高い伸び率に。
    
    丸井G<8252>
    終値1692円(前日比-4円-0.23%)
    日本最大のバッグシェアサービス運営のラクサス・テクノロ
    ジーズと事業提携強化。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40 
    
    
    
  • 2017-10-06【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S フライングG<3317>、
    一時S 大阪油化<4124>、
    一時S サムライJP<4764>、
    一時S チヨダウーテ<5387>、
    一時S メタルアート<5644>、
    S 豊和工<6203>、
    S シライ電子<6658>、
    S 栄電子<7567>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S シンワアート<2437>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    DIC<4631> 上昇。
    終値4175円(前日比+115円+2.83%)
    日足一目均衡表の雲(上限4090円)突破。
    
    ベルク<9974> 大幅反発。
    終値5910円(前日比+490円+9.04%)
    年初来高値を更新。
    25日移動平均線(5541円)回復。
    
    ピックアップ
    フージャース<3284> 大幅上昇。
    終値1116円(前日比+32円+2.95%)
    9/28に年初来高値1248円を付けて以降は調整。前日(10/5)
    には25日移動平均線(1098円)割れとなっていた。
    しかし、本日に同線を早期に回復、加えて5日移動平均線
    (1106円)を回復するなど切り返し傾向。
    25日移動平均線で調整一巡。高値を試す展開へ。高値更新
    から一段高も期待される。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-06【東京市場概況と来週の見通し】

    6日概況 日経平均は今年初の5日続伸(62円高) 米株高など外部環
    境を好感
    
    前日の米株市場で主要3指数が連日で史上最高値更新するなど外部
    環境が良好で本日の日本株も買いが先行した。
    日経平均は一時、20721.15円(92.59円高)まで上昇。その後は今晩
    の米雇用統計や3連休を控えていることなどから伸び悩み、狭いレ
    ンジでもみあい、様子姿勢の強い展開となった。
    とはいえ、日経平均の5日続伸は今年初。連日で年初来高値を更新
    しており、しっかりの相場展開が続いたといえる。
    
    日経平均終値は+62.15円の20690.71円。
    
    東証1部の出来高は14億5979万株、
    売買代金は2兆2743億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり954銘柄、値下がり959銘柄、
    変わらず117銘柄。
    
    業種別では値上がりが23業種、値下がりが10業種。
    値上がりトップは非鉄金属、保険、銀行。
    値下がりはバルブ・紙、電気・ガス、水産・農林など。
    
    
    来週の見通し 
    
    来週は米雇用統計を通過した米市場の動向を受けての取引とな
    る(9月雇用統計における非農業部門雇用者数は9万人増と予想
    されている)。
    結果を受けて、米株高、円安の流れが継続されるようだと日本
    株にとって追い風となる。
    その他、10日の朝鮮労働党の創立記念日を無事に通過となれば、
    一段と安心感が強まることになるだろう。
    その場合、日経平均は2015/6/24のアベノミクス相場高値20952
    .71円を試す展開が期待されるところ。
    懸念される不透明要因は国内の衆院選。衆院選に向けた世論調
    査で安倍政権が危ういなどの見方が出てくるようだと、政治リ
    スクが高まる可能性があり警戒したいところ。
    また、来週はオプションSQ(特別清算指数)算出週。これを絡
    んだ仕掛け的な売買にも注意したいところだろう。
    
    来週の日経平均予想レンジは20400円-20950円。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-06【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は5日続伸(50円高) 米株高好感 買い一巡後は伸び悩み
    
    前日の米株市場で主要3指数が連日で史上最高値更新。米株高を好
    感する形で日本株も買いが先行した。日経平均は一時、20721.15
    円(92.59円高)まで上昇する場面があった。買い一巡後は、今晩の
    米雇用統計や3連休を控えていることなどから伸び悩み。また、10
    日に北朝鮮・朝鮮労働党の創立記念日が控えていることがあり地
    政学リスクが意識された面もあったようだ。
    
    日経平均前場終値は+50.62円の20679.18円。
    
    東証1部の出来高は7億2472万株、
    売買代金は1兆561億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり946銘柄、値下がり945銘柄、
    変わらず133銘柄。
    
    業種別では値上がりが22業種、値下がりが10業種。
    値上がりトップは保険、その他製品、銀行。
    値下がりは水産・農林、電気・ガス、バルブ・紙など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は高値更新後はもち合い。イベント前で手掛けづらさい
    といったところか。新興市場もマザーズがマイナス圏での推移と
    なっており、物色対象を絞りづらいところにある。後場も上値は
    重く、大引けにかけては売り優勢に傾きそうな雰囲気ではある。
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-06【東京市場見通し】

    買い先行 引き続き堅調な米株を好感 一巡後もしっかりの展開か
    
    前日の米株市場は上昇。4日連続で主要3指数そろって史上最高値
    を更新。予算案が下院を通過して税制改革の実現期待が高まった
    ほか、良好な経済指標なども買い材料視された。
    為替ドル/円も現在、112円台後半での推移。今晩の米雇用統計な
    どを控えて様子姿勢の面はあるがしっかりとした展開といえる。
    米株高を好感して日本株も買い先行。一巡後は3連休を控える週
    末であり上値の重くなると予想される。
    ただ、ここまで発表された米国の経済指標は好内容なものが目立
    ち、今晩の米雇用統計に対しての期待も高く良好な地合いは続く
    見られる。日経平均は買い先行後に様子姿勢も高値圏でのもみあ
    いとなりそうだ。
    
    日経平均予想レンジは20650-20800円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り540万株、買い560万株、
    差し引き20万株の買い超し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が112円台後半での推移。
    (5日終値112.69-70円)
    
    現在、ユーロ/円が132円台前半での推移。
    (5日終値132.65-69円)
    
    
    5日米株市場概況
    
    上昇。。4日連続で主要3指数がそろって史上最高値を更新。NYダウ
    は7日続伸、S&P500とNASDAQは8日続伸。
    経済指標がおおむね良好だったほか、予算案の下院通過により税
    制改革の実現期待が高まったことが好材料視された。
    NYダウは+113.75の22775.39、
    S&P500は+14.33の2552.07、
    NASDAQはの+50.73の6585.36。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-05【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ピックアップ
    キリン堂HD<3194> 業績修正発表。
    終値1324円(前日比-3円-0.22%)
    18年2月期第2四半期累計(3-8月)の連結経常利益を従来予想
    9.2億円から11.4億円に上方修正。上期業績の好調に伴って
    通期の連結経常利益も従来予想20.5億円から21.1億円に上
    方修正。
    テクニカル面では調整一巡感が出てきてよいところ。年初
    来高値1396円(9/20)を付けた時には、25日移動平均線との
    乖離率は15%を超えるほど開いていた。
    本日終値時点ではこの乖離率が3.6%程度。調整一巡、発表
    を好感して切り返しの展開が期待される。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    マクドナルド<2702>
    終値4955円(前日比+30円+0.61%)
    9月度既存店売上高は前年同月比7.3%増。22ヶ月連続で前年
    実績を上回り。
    
    ジンズ<3046>
    終値6850円(前日比-40円-0.58%)
    9月度既存店売上高は前年同月比0.4%増。13ヶ月連続で前年
    実績を上回り。
    
    鳥貴族<3193>
    終値3145円(前日比+45円+1.45%)
    9月度既存店売上高は前年同月比1.9%増。4ヶ月ぶりに前年
    実績を上回り。
    
    ラウンドワン<4680>
    終値1459円(前日比-35円-2.34%)
    9月度既存店売上高は前年同月比6.8%増。4ヶ月連続で前年
    実績を上回り。
    
    Vテクノロジー<7717> 
    終値18670円(前日比-380円-1.99%)
    複数の海外大手ディスプレイメーカーから、ディスプレイ
    製造装置および検査装置を約 140 億円で受注したと発表
    (来期以降の業績に貢献する見通し)。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40 
    
    
    
  • 2017-10-05【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S 地域新聞社<2164>、
    S 日本サード<2488>、
    S 大木ヘルス<3417>、
    S 大阪油化<4124>、
    S オーネックス<5987>、
    S 双信電機<6938>、
    S 栄電子<7567>、
    S KYCOM<9685>、
    S IXナレッジ<9753>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    日水<1332> 大幅上昇。
    終値660円(前日比+37円+5.94%)
    日足一目均衡表の雲(上限651円)突破。
    5日付の日本経済新聞でクロマグロを人工的にふ化させて育て
    る完全養殖事業に関して、「乱獲に対する世界的な漁獲規制
    の強化で需要拡大が見込める」と取り上げた。関連銘柄とし
    て買われらたもよう。
    
    エステー<4951> 大幅続伸。
    終値2670円(前日比+142円+5.61%)
    日足一目均衡表の雲(上限2616円)突破。
    
    KOA<6999> 3日大幅続伸。
    終値2263円(前日比153円+7.25%)
    日足一目均衡表の雲(上限2131円)突破。
    
    ピックアップ
    ぐるなび<2440> 3日ぶり大幅反発。
    終値1745円(前日比+120円+7.38%)
    相場全体に上昇一服感が出てきてなか、相対的に出遅れ感
    の強い当銘柄の動向に目先注目。
    テクニカル面で本日、日足一目均衡表の雲(上限1730円)を
    突破。上昇トレンド転換と期待される形状にある。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-05【東京市場概況】

    日経平均は小幅4日続伸(1円高) 売り買い交錯 方向感に欠ける展
    開
    
    外部環境の落ち着きなどが好感されて朝方は買い優勢の展開にあ
    った。
    ただ、日経平均のここまで急ピッチでの上昇、短期的な過熱感な
    どが意識されて上げ幅を消すと、その後は前日終値を挟んでのも
    みあい、方向感に欠ける展開となった。
    また、東京市場が3連休を控えていること、今週末には米雇用を
    控える、そして10日には北朝鮮の朝鮮労働党創建記念日も控え
    ており、イベントリスクなどが意識された面もあったようだ。
    
    日経平均終値は+1.90円の20628.56円。
    
    東証1部の出来高は13億7835万株、
    売買代金は1兆9940億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり597銘柄、値下がり1341銘柄、
    変わらず92銘柄。
    
    業種別では値上がりが11業種、値下がりが22業種。
    値上がりは水産・農林、食料品、石油・石炭など。
    値下がりは保険、陸運、卸売業など。
    
    海外勢の先物買い戻しに一巡感は出ているが、まだショートポジ
    ションが解消されたわけではないだろう。国内の投資家の出遅れ
    などを考えれば上昇相場に持続性はありそうだ。
    ただ、週末に米雇用統計。直近は薄れていた面があったが、10日
    の北朝鮮の朝鮮労働党創建記念が近づいてきたことから、地政学
    リスクもやや意識されてきている。その為、上値は追いにくく上
    昇一服といったところ。地政学リスクが意識されてくる局面では
    マザーズ銘柄などを中心に弱含みとなる傾向があり、新興株を中
    心とした中小型も手掛けづらさがあるよう。今晩の海外市場の動
    向次第ではあるが、明日も上値重く、どちらかいえば売り優勢の
    展開となりそうだ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
  • 2017-10-05【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅に4日続伸(6円高) 直近の急ピッチ上昇の反
    動で伸び悩み
    
    前日の米株市場が小幅ながら主要3指数そろって史上最高値を更新
    したこと、為替ドル/円が112円台後半での推移と円安基調にあった
    ことなどが好感されて買い優勢の展開となった。
    しかし、日経平均はここまで急ピッチな上昇で連日で年初来高値
    を更新していたことなどから、短期的な過熱感が意識され伸び悩
    み、マイナス圏に沈む場面も見られた。
    とはいえ、下値を売り込む動きともならず、前日終値を挟んでの
    もみあい、小幅続伸で前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+6.41円の20633.07円。
    
    東証1部の出来高は7億1433万株、
    売買代金は9754億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり674銘柄、値下がり1228銘柄、
    変わらず126銘柄。
    
    業種別では値上がりが14業種、値下がりが19業種。
    値上がりは水産・農林、食料品、電気・ガスなど。
    値下がりは保険、陸運、空運など。
    
    
    後場の見通し
    
    短期的な過熱感が意識されて上値を追う動きとはなっていな
    いが、下値では押し目を拾う動きが見られており売り買い交
    錯、方向感の出づらい動きとなっている。日経平均の日中値
    幅は60円程度、後場も方向感に欠けて売り買い交錯の流れが
    続く見通し。
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2017-10-05【東京市場見通し】

    上値限定もしっかりの展開 外部環境の落ち着きを好感
    
    前日の米株市場は上値限定も発表された経済指標を好感して買い
    優勢、小幅ながら上昇して連日で主要3指数そろって史上最高値を
    更新した。為替ドル/円もドルが買われる展開となり、現在は112円
    台後半での推移と前日より円安方向にある。
    本日の日本株はしっかりの展開。米株の上値がやや重くなってき
    たこともあり日本株も同様の流れ、3連休などを控えており上値は
    追いにくい。ただ、特に売り込む材料にも乏しく、米経済指標が
    好内容なものが続いており、週末の米雇用統計が良好であれば、
    円安・株高要因となる期待もある。そうした先行期待からも下値
    は底堅いだろう。
    
    日経平均予想レンジは20500-20700円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り430万株、買い490万株、
    差し引き60万株の買い超し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が112円台後半での推移。
    (4日終値112.51-53円)
    
    現在、ユーロ/円が132円台後半での推移。
    (4日終値132.27-31円)
    
    
    4日米株市場概況
    
    小幅に上昇。連日で主要3指数そろって史上最高値を更新。NYダウ
    は6日続伸、S&P500とNASDAQは7日続伸。
    発表された経済指標が好内容で買い優勢の展開だったが、連騰に
    よる高値警戒感から上値は重かった。
    (9月ADP全国雇用者は+13.5万人(前月+23.7万人から大幅減少もハ
    リケーンの影響を考慮した市場予想とほぼ一致)、9月ISM非製造業
    景況指数は59.8(前月55.3や市場予想55.5を上回り、2005年8月以
    来の高い数値)
    NYダウは+19.97の22661.64、
    S&P500は+3.16の2537.74、
    NASDAQはの+2.91の6534.63。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-04【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    良品計画<7453> 決算発表。
    終値32300円(前日比-1000円-3.00%)
    18年2月期第2四半期累計(3-8月)の連結経常利益は215億円(前年
    同期比24.0%増)。
    併せて通期の同利益を従来予想425億円から428億円に上方修正。
    
    ピックアップ
    イオン<8267> 決算発表。
    終値1679.5円(前日比+11.0円+0.65%)
    18年2月期第2四半期累計(3-8月)の連結経常利益は855億円(前年
    同期比17.0%増)。併せて通期の同利益を従来予想1900億円か200
    0億円に上方修正。
    株価は本日に上値抵抗と意識されていた75日移動平均線(1672円)
    超え。続き、日足一目均衡表の雲(上限1684円)突破となれば一段
    の上振れが期待されるところ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    いちご<2337>
    終値385円(前日比-1円-0.25%)
    9月メガソーラー発電量は前年同月比2.5倍。
    
    グリー <3632>
    終値788円(前日比-7円-0.88%)
    イオンファンタジー <4343> とアミューズメント施設専用の子
    ども向けVRゲーム3機種を開発。
    
    ラオクリア<4579> 
    終値1131円(前日比-55円-4.63%)
    これまで米国で審査中にあったグレリン受容体作動薬の特許査
    定の連絡を受けたと発表。
    今回の特許査定により、日本に続き、米国においても当社の知
    的財産権が強化される。
    
    ピックアップ
    ラクス<3923>
    終値2219円(前日比-27円-1.20%)
    経費精算システム「楽楽精算」の導入社数が2400社を超えたと
    発表。今期は前期に比べて導入社数の増加速度が上昇傾向。今
    後も積極的な成長投資を継続、早期に5000社導入の実現を目指
    しているとのこと。
    株価は前日まで5日続伸となっていたが、本日は上昇一服。日足
    一目均衡表の雲上限(2261円)が上値抵抗と意識された。発表を
    好感して、雲突破となるか注視。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40 
    
    
    
  • 2017-10-04【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め10銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S シンワアート<2437>、
    S Fブラザーズ<3454>、
    S セブンシーズ<3750>、
    S AMI<3773>、
    一時S ALPHA<4760>、
    S 石川製<6208>、
    一時S テクポイント<6697>、
    一時S 双信電機<6938>、
    S 大興電子<8023>、
    一時S プロルート<8256>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 富士テクノ<2336>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    アサヒ<2502> 続伸。
    終値2694円(前日比+124円+2.71%)
    ビール系飲料を10年ぶりに値上げ、収益改善を
    期待した買いが向かった。
    25日移動平均線(4626円)回復。
    
    新日電工<5563> 続伸。
    終値469円(前日比+14円+3.07%)
    本日、上昇が目立った鉄鋼株。
    25日移動平均線(457円)回復し上放れ傾向。
    
    ファンケル<4921> 大幅反発。
    終値2519円(前日比+105円+4.34%)
    25日移動平均線(2454円)回復し上放れ傾向。
    
    ピックアップ
    野村マイクロ<6254> 3日続伸。
    終値1006円(前日比+24円+2.44%)
    サムスンと取引が多いとされる同社。サムスンが
    iPhone Xに部品を供給することで数十億ドルの収
    益を上げる見込みだと報じらことで、当銘柄にも
    思惑買い向かったもよう。
    本日高値1065円からは上げ幅を縮小して引けてい
    るが、日足一目均衡表の雲(上限1000円)を突破と
    なるなど、引き続き上昇期待は残る。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-04【東京市場概況】

    日経平均は小幅に3日続伸(12円高) 連日年初来高値更新 
    
    前日の米株市場で主要3指数そろって史上最高値更新、日本株も
    その流れから買いが先行した。
    日経平均は一時、20689.05円(74.98円高)まで上昇。ただ、買い
    一巡後は為替ドル/円が円安一服となっていたこともあり伸び悩
    み、後場にはマイナス圏に沈む場面も見られた。その後は前日
    終値を挟んでのもみあい、終値ではプラス圏を維持した。
    
    日経平均終値は+12.59円の20626.66円。
    
    東証1部の出来高は16億6005万株、
    売買代金は2兆3941億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり820銘柄、値下がり1096銘柄、
    変わらず114銘柄。
    
    業種別では値上がりが19業種、値下がりが14業種。
    値上がりは水産・農林、その他金融、鉄鋼など。
    値下がりは石油・石炭、鉱業、転送用機器など。
    
    日経平均はマイナス圏に沈む場面が見られたが、下値では買いが
    入り、いっていの底型さを示したといえる。
    上値に関しては、週後半にかけても米経済指標は相次ぎ、週末に
    は雇用統計を控える。また、10日の北朝鮮の朝鮮労働党創建記念
    日近辺では北朝鮮の軍事行動への警戒があり、東京市場はその前
    に3連休、積極的には追いにくいだろう。
    ただ、今週に20500円を難なく上回り非常に強い動き。下げれば
    押し目を拾われる可能性は高く、心理的な節目20500円を上回る
    水準で目先は日柄調整といったところか。
    その間の物色は、相対的に出遅れている銘柄やセクター、防衛関
    連株などへ向かいそうだ。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-04【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は3日続伸(45円高) 米株高好感 連日で年初来高値更新
    
    前日の米株市場で主要3指数そろって史上最高値更新が続き、日本
    株もその流れから買い優勢の展開となった。日経平均は3日連続で
    年初来高値更新となり、一時は20689.05円(74.98円高)まで上昇す
    る場面があった。買い一巡後は為替ドル/円が円安一服となってい
    ることがあり上値は抑えらたが、下値も底堅く、プラス圏を維持
    して前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+45.05円の20659.12円。
    
    東証1部の出来高は8億7147万株、
    売買代金は1兆1987億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり993銘柄、値下がり899銘柄、
    変わらず138銘柄。
    
    業種別では値上がりが23業種、値下がりが10業種。
    値上がりトップはその他金融、鉄鋼、電機・ガス。
    値下がりは石油・石炭、鉱業、建設など。
    
    
    後場の見通し
    
    後場もしっかりとした展開が続きそう。上値は週後半にかけて発
    表が相次ぐ米経済指標を見極めたいと様子姿勢となりやすい。い
    っぽうで、今週に入って発表された米経済指標が好内容であるこ
    とから、今後の発表予定の指標に関しても好材料となりそうな期
    待は高い。そのため、下値もしっかりの動きとなるだろう。
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
  • 2017-10-04【東京市場見通し】

    発表された経済指標が好調で米株高続き 日本株も買い優勢展開
    
    前日も米株市場は堅調、連日で主要3指数そろって史上最高値を
    更新。発表される経済指標が良好でそれを好感する流れが続い
    ている。
    為替ドル/円は小動きで、現在は112円台後半での推移となってい
    るが、本日の日本株は米株高を好感して買い優勢の展開が続き
    そうだ。
    買い一巡後は、米経済指標の発表が週後半にかけても相次ぐた
    め、結果を見極めたいと様子姿勢になりやすい。とはいえ、売
    り込みづらい相場環境のなか下値はしっかり。日経平均は連日
    で年初来高値を更新して、前日に回復した心理的な節目20500円
    を上回る水準での値固めを進めると見られる。
    
    日経平均予想レンジは20600-20800円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り1110万株、買い1150万株、
    差し引き40万株の買い超し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が112円台後半での推移。
    (3日終値113.09-10円)
    
    現在、ユーロ/円が132円台半ばでの推移。
    (3日終値132.79-83円)
    
    
    3日米株市場概況
    
    続伸。主要3指数そろって連日で史上最高値を更新。NYダウは5日続
    伸、S&P500とNASDAQは6日続伸。
    発表された9月の新車販売が好内容だったことなどが後押しとなっ
    た。
    NYダウは+84.07の22641.67、
    S&P500は+5.46の2534.58、
    NASDAQはの+15.00の6531.71。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-03【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    トランザクション<7818> 業績・配当修正。
    終値1033円(前日比-45円-4.17%)
    17年8月期の連結経常利益を従来予想13.8億円から14億円に
    上方修正。期末一括配当を従来計画9円から10円に増額修正。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    アダストリア<2670>
    終値2384円(前日比+32円+1.36%)
    9月度既存店売上高は前年同月比2.9%増。
    4ヶ月連続で前年上回り。
    
    Uアローズ<7606>
    終値4080円(前日比+20円+0.49%)
    9月既存店売上高は前年同月比7.9%増。
    2ヵ月連続で前年実績上回り。
    
    ピジョン<9416>
    終値2474円(前日比-6円-0.24%)
    ecboと業務提携。訪日外国人客向けサービスを拡充。ecboは都
    心のカフェをはじめ各種店舗などのスペースなどを活用した荷
    物一時預かりシェアリングサービス「ecbo cloak」を運営。
    
    ピックアップ
    ABCマート<2670>
    終値6000円(前日比+50円+0.84%)
    9月度既存店売上高は前年同月比2.9%増。4ヶ月連続で前年実績を
    上回った。
    株価は日足一目均衡表の雲(5910円-6140円)に差し掛かっており、
    雲上限(6140円)をうかかがう展開へ。その時に雲突破なれば一段
    と上方向へのトレンドが強まるところ。
    
    ハイデ日高<7611>
    終値3055円(前日比-25円-0.81%)
    9月度既存店売上高は前年同月比3.9%増。7ヶ月連続で前年実績を
    上回った。7月に前年同月比でマイナスに転じた客数の回復基調
    が続いていることに加えて客単価も上昇を維持した。
    株価は75日移動平均線(2982円)近辺まで値を下げており、調整一
    巡感が出てきてよいところ。発表を好感して切り返しとなるか注
    目される。
    
    ファストリ<9983>
    終値34170円(前日比+720円+2.15%)
    9月国内ユニクロ既存店売上高は前年同月比6.3%増。2ヵ月ぶりに
    前年実績を上回った。9月は月を通して気温が低く推移したことに
    加えて、キャンペーンも好調だったことから秋冬商品が順調に。8
    月にマイナスに転じた客数が前年同月比3.9%増とプラスに転じた
    ほか、客単価も2.3%増と2ヵ月連続でプラス。
    株価は今日まで3日続伸、日足一目均衡表の雲(上限34435円)近辺
    まで上昇している、このまま雲突破なれば一段高が期待される。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40 
    
    
    
  • 2017-10-03【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め10銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S シンワアート<2437>、
    S KTK<3035>、
    一時S ダイトウボウ<3202>、
    S ミタチ産業<3321>、
    S フィスコ<3807>、
    S ALPHA<4760>、
    S サムライJP<4764>、
    S 和井田<6158>、
    一時S テクポイント<6697>、
    一時S アルファP<9467>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    バルニバーヒ<3418> 大幅続伸。
    終値2892円(前日比+115円+4.14%)
    日足一目均衡表の雲(上限2835円)突破。
    
    マクロミル<3978> 大幅上昇。
    終値2725円(前日比+173円+6.77%)
    証券会社の投資判断などが好材料視。
    
    ピックアップ
    日光電<6849> 大幅続伸。
    終値2610円(前日比+159円+6.48%)
    モルガン・スタンレーMUFG証券の投資判断引き上げなどが
    好材料視された。
    株価は移動平均線チャートにおいて割れていた25日線(2492円
    )や75日線(2577円)をいっきに回復。
    ただ、日足一目均衡表の雲上限(2641円)が上値抵抗として意
    識された。雲突破なれば、もう一段高が期待されるところ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2017-10-03【東京市場概況】

    日経平均は大幅続伸 節目20500円回復から後場に一段高20600円
    台に
    
    前日の米株市場が主要3指数そろって上昇してそろって史上最高
    値を更新するなど堅調だったことから日本株も朝方から買いが
    先行した。日経平均は心理的な節目20500円台手前で一時は伸び
    む場面があったが、節目20500円を回復して前場の取引を終える
    と後場には一段高、20600円台に乗せて本日の取引を終えた。
    連日で年初来高値を更新、20600円台は2015/8/17(20620.26円)
    以来となる。
    
    日経平均終値は+213.29円の20614.07円。
    
    東証1部の出来高は14億5094万株、
    売買代金は2兆2821億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1172銘柄、値下がり759銘柄、
    変わらず99銘柄。
    
    業種別では値上がりが32業種、値下がりが1業種。
    値上がりトップは不動産、電気・ガス、水産・農林。
    値下がりは鉱業のみ。
    
    東証一部の売買代金は活況目安の2兆円を超えてはいるが日経平均
    の大幅上昇の割には物足りない印象。エネルギー不足が懸念され
    るところではある。
    ただ、2015年高値20952円までテクニカル的には大きな抵抗が無
    く、この水準まで案外サクッと上昇してもおかしくはない。
    上昇を後押ししている米株や為替ドル/円にしても、昨日に発表さ
    れた米ISM製造業景況指数が好内容だったこともあり、今後に発表
    されるISM非製造業景況指数や製造業受注、雇用統計などの注目指
    標への期待は高く、米株高、円安基調が引き続き期待されるとこ
    ろ。
    明日に関しては本日の反動なから、日経平均は売り優勢となって
    も、本日に超えた心理的な節目20500円近辺で底堅さを示しそう
    だ。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-03【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続伸(157円高) 米株高など好感 心理的節目20500
    円超え
    
    前日の米株市場が主要3指数そろって史上最高値を更新するなど堅
    調だったことを受けて、日本株は買い優勢の展開となった。
    日経平均は心理的な節目20500円手前で一端は伸び悩む動きとなっ
    たが、この水準を超えると一段高、一時は20582.26円(181.48円
    高)まで上昇する場面が見られた。その後も高値圏での推移が続き
    前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+157.45円の20558.23円。
    
    東証1部の出来高は7億1407万株、
    売買代金は1兆665億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1099銘柄、値下がり818銘柄、
    変わらず113銘柄。
    
    業種別では値上がりが28業種、値下がりが5業種。
    値上がりトップは不動産、倉庫・運輪、水産・農林。
    値下がりは鉱業、石油・石炭、バルブ・紙など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は直近のもちあいレンジ20250円-20450円を突破となり、
    水準を上げてきている。ただ、商いはいまひとつ盛り上がりにけ
    ており、もう一段の上昇にはエネルギー不足といったところか。
    20500円どころでこう着した展開が続けば、次第に物色対象は主
    力、大型株から中小型へシフトしそうだ。
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-03【東京市場見通し】

    買い優勢 米株高などを好感 日経平均は節目20500円試す展開
    
    前日の米株市場が堅調。主要3指数そろって史上最高値を更新。
    NYダウは152ドル高の大幅上昇となった。発表された経済指標が
    好内容で好感された。為替ドル/円の動きは乏しかったものの11
    2円台後半での推移と円安方向にはある。本日の日本株は米株
    高を好感して買い優勢の展開が予想され、日経平均は心理的な
    節目20500円を試す展開へ。この水準を超えれるかが焦点とな
    りそうだ。超える動きとなれば一段高が期待されるところでは
    あるが、到達感から一端は売りに傾きやすくはある。ただ、そ
    の場合でもしっかりとしあ展開は続き20400円台でいっていの
    底型さを示す見通し。
    
    日経平均予想レンジは20400-20600円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り890万株、買い870万株、
    差し引き20万株の売り超し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が112円台後半での推移。
    (2日終値112.98-99円)
    
    現在、ユーロ/円が132円台前半の推移。
    (2日終値132.65-69円)
    
    
    2日米株市場概況
    
    主要3指数そろって上昇。NYダウは4日続伸となり8営業日ぶりに史
    上最高値を更新。S&P500とNASDAQは5日続伸で先週に続き最高値
    を更新した。
    発表された経済指標を好感。米9月ISM製造業景況指数が60.8と市
    場予想58.1を上回り。
    NYダウは+152.51の22557.60、
    S&P500は+9.76の2529.12、
    NASDAQはの+20.76の6516.72。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-02【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    KTK<3035> 業績・配当修正発表。
    終値395円(前日比-4円-1.00%)
    17年8月期の連結経常利益を従来予想1億8000万円から2億5200万
    円に上方修正。
    業績好調に伴って期末一括配当を従来計画5円から12円に増額修
    正。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    新日科学<2395>
    終値550円(前日比+10円+1.85%)
    重要投資先(リジェネシスサイエンス)が中国医療大手と再生医
    療に関してライセンス契約を締結。
    
    Jフロント<3086>
    終値1555円(前日比+0円±0.00%)
    9月度百貨店事業の合計売上高は前年同月比
    6.7%増。6ヵ月連続で前年実績上回り。
    
    ミツコシイセタン<3099>
    終値1176円(前日比+1円+0.08%)
    9月度既存店売上高は前年同月比7.3%増。
    4ヶ月連続で前年実績上回り。
    
    カイオム<4583>
    終値405円(前日比+24円+6.29%)
    横浜市立大学とで共同出願していた抗セマフォリン3A抗体に関
    する特許について、米国における特許付与の決定通知を受領し
    たと発表。
    
    OLC<4661>
    終値8580円(前日比+6円+0.06%)
    18年3月期上期(4~9月)の東京ディズニーランドおよび東京ディ
    ズニーシーの2パーク合計の入園者数が前年同期比3.1%増(1477
    万5000人)になったと発表(上期として過去3番目の入園者数)。
    
    グレイス<6541>
    三井住友ファイナンス&リースと「スマート・パートナー(制
    作費用立替えサービス)」の導入で戦略的な業務協定を締結。
    
    高島屋<8233>
    終値1044円(前日比-10円-0.94%)
    タイムズスクエアビル(東京都渋谷区)の信託受益権を210億円
    で取得したと発表。
    9月度高島屋単体と国内百貨店子会社を含む17店舗合計の売上
    高は前年同月比8.3%増。2ヵ月連続で前年実績上回り。
    
    H2Oリテイル<8242>
    終値2025円(前日比+19円+0.94%)
    9月度全社合計売上高が前年同月比7.4%増。
    10ヶ月連続で前年実績上回り。
    
    ピックアップ
    ソルクシーズ<4284>
    終値835円(前日比+13円+1.58%)
    SBI<8473>の子会社のSBIバーチャル・カレンシーズとの間で
    仮想通貨の交換および取引サービスにおけるシステム構築を
    支援することで合意したと発表。
    SBI<8423>は28日に決済用プラットフォーム「Sコインプラッ
    トフォーム」の構築プロジェクトの開始による「Sコイン」
    の導入を発表。本交換・取引サービスにおいても取り扱う可
    能性が高く、今後の利用拡大に伴ってソルクシーズ<4284>も
    関連事業の拡大が期待されるところ。
    株価は上下方向感に欠ける展開が続いているが週明けの本日
    は、13週移動平均線(830円)を回復するなどテクニカル面で
    も上昇期待が高まりやすいところにある。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40 
    
    
    
  • 2017-10-02【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め14銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S 住石HD<1514>、
    一時S ジーエヌアイ<2160>、
    S ミタチ産業<3321>、
    S ロードスター<3482>、
    一時S サイステップ<3810>、
    一時S トーセ<4728>、
    S トーヨアサノ<5271>、
    S 和井田<6158>、
    一時S 富士ソSB<6188>、
    S シライ電子<6658>、
    S テクポイント<6697>、
    S 小田原機器<7314>、
    S 大興電子<8023>、
    S 日本プロセス<9651>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    ピックアップ
    トーセ<4728> 一時ストップ高。
    終値2801円(前日比+470円+20.16%)。
    17年秋に配信開始予定の対戦デジタルカードゲーム「ドラ
    ゴンクエストライバルズ」への期待感から関心が高まった。
    (9/28に行われたイベントにて「ドラゴンクエストライバル
    ズ」の10/9午後8時からの公式生放送を告知)
    株価は一時ストップ高の上昇、急反発となった。
    テクニカル面では日足一目均衡表の雲(上限2435円)を突破
    となるなど、もう一段高が期待される形状にある。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ハウス食G<2810> 大幅続伸。
    終値3505円(前日比+160円+4.78%)
    年初来高値更新。
    25日移動平均線(3375円)回復。
    
    MrMAXHD<8203> 大幅続伸。
    終値565円(前日比+23円+4.24%)
    日足一目均衡表の雲(上限562円)突破。
    
    ピックアップ
    TOW<4767> 3日ぶり大幅反発。
    終値860円(前日比+31円+3.73%)
    テクニカル面で注目。75日移動平均線(840円)回復。日足
    一目均衡表の雲(上限840円)を突破となるなど上昇トレン
    ド転換の形状。
    目先、年初来高値918円(8/8)を試す展開へと期待がかかる。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
  • 2017-10-02【東京市場概況】

    日経平均は小反発(44円高) 米株高や日銀短観が支援材料に 上値
    は限定的
    
    先週末の米株市場が上昇となるなど、堅調な外部環境を好感し
    て、日本株は買い優勢の展開となった。取引時間前に発表され
    た日銀短観が好内容であったことも支援材料となった。
    ただ、日経平均の上値は限定的。騰落レシオなど一部テクニカ
    ル指標が過熱感を示していることなどが上値を抑える要因とな
    ったようだ。
    
    日経平均終値は+44.50円の20400.78円。
    
    東証1部の出来高は13億5584万株、
    売買代金は2兆6345億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1116銘柄、値下がり838銘柄、
    変わらず76銘柄。
    
    業種別では値上がりが15業種、値下がりが18業種。
    値上がりはゴム製品、鉄鋼、保険など。
    値下がりは石油・石炭、倉庫・運輪、空運など。
    
    日経平均は月初の上昇は16ヶ月連続。そうしたアノマリー(過去
    の経験則)的な上昇期待も強かったようだ。
    取引時間中の値幅は狭く、短期的な過熱感が意識されている面
    もあり上値が重い印象。しかし、一方で下値も価格帯別出来高
    が積み上がっている20200円-20000円をサポートとして意識され
    て底堅い。
    今後は事前の業績観測や決算・業績予想に上方修正の動きが広
    がってくれば、相場の後押しとなるだろう。
    こう着感の強い相場展開が続いても、テーマ性や政策期待の大
    きい銘柄への物色が続きそうだ。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-02【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小反発(20円高) 上値限定も米株高などが下支え
    
    先週末の米株市場が堅調だったことや為替ドル/円が落ち着いた動
    きとなっていたことが支援材料となり、日本株は買い優勢の展開
    となった。発表された日銀短観が好内容であったことも好感され
    たもよう。
    ただ、上値は限定的。短期的には過熱感を示すテクニカル指標な
    どがあり、積極的に上値追う展開とはならなかった。
    
    日経平均前場終値は+20.62円の20376.90円。
    
    東証1部の出来高は6億3652万株、
    売買代金は9839億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり957銘柄、値下がり973銘柄、
    変わらず99銘柄。
    
    業種別では値上がりが14業種、値下がりが19業種。
    値上がりは精密機器、保険、ゴム製品など。
    値下がりは海運、石油・石炭、空運など。
    
    
    後場の見通し
    
    衆院選を前にした国内政局の情勢が刻一刻と変化している。それ
    らも上値を抑える要因となっているもよう。また、騰落レシオな
    ど一部テクニカル指標が過熱感を示していることも要因、目先は
    節目20000円、価格帯別出来高が積み上がっている20200円をサポ
    ートに日柄調整の流れか。後場も下値はしっかりも上値は限定さ
    れる展開が続きそうだ。
    目先、こう着感のが強い展開が見込まるなか、物色は材料株うあ
    テーマ性のある銘柄などへ向かいやすい。注目されるのはノーベ
    ル賞に絡んだテーマ株への短期的な値幅取り。株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2017-10-02【東京市場見通し】

    外部環境が落ち着きを支えにしっかりの展開 
    
    先週末の米株市場が堅調に推移。為替ドル/円は米経済指標を受け
    て上下振れる場面はあったものの、現在は112円台後半での推移、
    先週末の取引時間の水準からの変化は差ほどない。
    外部環境が落ち着いていることから本日の日本株はしっかりの展
    開が予想される。
    ただ、変動要因もあり。外部環境しっかりも新たな手掛かり材料
    に欠けるなか、衆議院選挙への思惑等に振らされやすくはある。
    小池新党「希望の党」が台風の目となるなか、衆院選で与党が苦
    戦して国内政治が不安定化する懸念が浮上している。世論調査な
    どの報道を注視したいところ。
    また、朝鮮労働党の創立記念日を10/10に控えており、北朝鮮情勢
    の緊張等も引き続き上値の重しとなりそうだ。
    日経平均は変わらず上値は20400円-20500円で重いも下値も20200
    円-20300円近辺で底堅い展開が予想される。
    
    日経平均予想レンジは20250-20450円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り500万株、買い400万株、
    差し引き100万株の売り超し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が112円台後半での推移。
    (先週末29日終値112.45-46円)
    
    現在、ユーロ/円が133円台どころでの推移。
    (先週末29日終値132.62-66円)
    
    
    先週末29日米株市場概況
    
    主要3指数そろって上昇。NYダウは史上最高値に迫る動き。S&P500
    とNASDAQは史上最高値を更新した。
    NYダウは週末要因から軟調な展開にスタート。ただ、イエレンFRB
    議長の任期を18年2月に控えて再任を含めたさまざまな観測が流れ
    るなか、米10年物国債の金利が上昇。金融株が買われて引けにか
    けて上げに転じた。
    NYダウは+23.89の22405.09、
    S&P500は+9.30の2519.36、
    NASDAQはの+42.51の6495.96。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
お気軽にお問い合わせください
  • お申込み
  • お問い合わせ
電話番号