• 2018-01-31【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    クオール<3034> 決算発表。
    終値2165円(前日比-30円-1.36%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は71.9億
    円(前年同期比51.5%増)。
    通期の同利益を従来予想85億円から92億円に上方修正(前
    期は70.6億円)。
    今期の年間配当を従来計画26円から28円に増額修正(前期
    は24円)。
    
    HANATOUR<6561> 業績修正発表。
    終値2862円(前日比+161円+5.96%)
    業績修正を発表。17年12月期の連結経常利益を従来予想
    16.6億円から18.8億円に上方修正(前の期は14億円)。
    
    日本ライフL<7575> 決算発表。
    終値2796円(前日比-13円-0.46%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は78.7
    億円(前年同期比37.2%増)。
    通期の同利益を従来予想96億円から109億円に上方修正
    (前期は80.1億円)。
    期末一括配当を従来計画18.75円から28.75円に増額修正。
    
    任天堂<7974> 決算発表。
    終値47970円(前日比+960円+2.04%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は1945
    億円(前年同期比4.0倍)。
    通期の同利益を従来予想1250億円から1750億円に上方修
    正(前期は503億円)。
    今期の年間配当を従来計画360円から500円に増額修正。
    
    新光商<8141> 決算発表。
    終値2121円(前日比+14円+0.66%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は29.
    8億円(前年同期比2.2倍)。
    通期の同利益を従来予想30億円から35億円に上方修正
    (前期は21.3億円)。
    今期の年間配当を従来計画40円から50円に増額修正。
    
    スパークスG<8739> 決算発表。
    終値352円(前日比-3円-0.84%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は50.6億
    円(前年同期比2.2倍)。
    従来未定としていた期末一括配当は7円実施する方針(前期
    は4円)。
    
    ピックアップ
    スタンレン電<6923> 決算発表。
    終値4425円(前日比-55円-1.22%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は411億
    円(前年同期比33.2%増)。
    通期の同利益を従来予想530億円から570億円に上方修正
    (前期は457億円)。
    主に日本や中国において、自動車用LEDヘッドランプが
    想定以上の推移に。(米国集団訴訟等の和解に関する訴訟
    損失引当金繰入額を特別損失として計上しているとのこと)。
    株価は直近、25日移動平均線(4606円)近辺でのもみあいか
    ら下振れ、本日に75日移動平均線(4428円)近辺まで値を落
    としているが、好決算を受けてこの水準から反発、切り返
    して、再び上昇トレンドへと期待。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    AOKI<8214>
    終値1652円(前日比-10円-0.60%)
    自社株買い発表(上限を100万株(発行済み株数の1.15%)、
    または20億円。取得期間は2/13~12/28)。
    
    ピックアップ
    ピクセル<2743>
    終値401円(前日比+21円+5.52%)
    子会社LT Game Japanがカジノゲーミング
    マシン「RGX-1000シリーズ」を、済州新羅ホテ
    ル「マジェスター・カジノ」(韓国済州島)に設置・納入
    したと発表。
    株価は本日、大幅続伸で引けており、日足一目均衡表の
    雲(上限395円)を突破。
    発表を好感、一段高が期待されるところ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-01-31【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め13銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S ホーブ<1382>、
    S Vコマース<2491>、
    S オイシックス<3182>、
    S 大村紙業<3953>、
    一時S 国際チャート<3956>、
    S ジャストプラ<4287>、
    S RSC<4664>、
    S MARUWA<5344>、
    一時S 東自機<6360>、
    S ニチダイ<6467>、
    S フォスター<6794>、
    S フルヤ金属<7826>、
    S 平和紙業<9929>。
    
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S U&C<3557>、
    一時S タツタ<5809>。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ヴィンクス<3784> 大幅反発。
    終値1547円(前日比+259円+20.10%)
    前日(30日)に株式分割発表(2/28日現在の株主を対象に1→2
    の株式分割)。
    日足一目均衡表の雲(上限1400円)突破。
    
    酒井重<6358> 大幅4日続伸。
    終値4695円(前日比+445円+10.47%)
    前日(30日)に今期経常の上方修正発表。
    25日移動平均線(2318円)回復。
    
    アンリツ<6754> 大幅反発。
    終値1402円(前日比+95円+7.26%)
    前日(30日)発表の決算を好感。
    25日移動平均線(1331円)近辺から上振れ。
    
    ピックアップ
    日金属<5491> 大幅反発。
    終値2975円(前日比+136円+4.79%)
    前場引け後に発表された決算を好感して後場に急騰。
    (18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は25.3
    億円(前年同期比2.3倍)。
    通期の同利益を従来予想26億円から31億円に上方修正(前
    期は16.7億円))
    テクニカル面で、日足一目均衡表の雲(上限2964円)突破。
    
    アルパイン<6816> 大幅反発。
    終値2465円(前日比+159円+6.89%)
    前日(30日)に発表された決算を好感。
    (18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は90.2
    億円(前年同期比28.1%増)。
    通期の同利益を従来予想83億円から102億円に上方修正(
    前期は74.3億円))
    テクニカル面で、日足一目均衡表の雲(上限2438円)突破。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-01-31【東京市場概況】

    日経平均は6日続落(193円安) 売り先行後持ち直しも後場に再度
    軟化
    
    前日の米株市場の下落を受けて日本株は売りが先行。ただ、前日
    に先んじて下げていたことや、好決算銘柄が買われたことなどを
    下支えに持ち直し。
    日経平均は3桁の下落となった後、一時はプラス圏に浮上するな
    ど底堅く推移、前場を小幅安で引けていた(前場終値23267.22円
    (24.75円安)。
    後場はプラス圏からのスタートとなったが、戻り売りに押されて
    失速。
    再びマイナス圏に沈んだ後は、為替ドル/円が円高に振れたことな
    どがあり、先物主導で下げ幅を広げる展開に。
    大引け間際には23092.85円(199.12円安)まで、値を落とす場面も
    見られた。
    
    日経平均終値は-193.68円の23098.29円。
    
    東証1部の出来高は18億円2073万株、
    売買代金は3兆6324億円(今年最大)。
    
    騰落銘柄数は値上がり388銘柄、値下がり1619銘柄、
    変わらず56銘柄。
    
    業種別では値上がりが2業種、値下がりが31業種。
    値上がりはその他製品、ガラス・土石のみ。
    値下がりトップはその他金融、鉱業、鉄鋼。
    
    ここまで発表された企業決算は好内容なものが目立つ。しかし、
    来期業績も良好だという期待で買われてきたなか、足元の業績
    が良好でも売られてしますケースも見受けられる。
    とはいえ、日経平均が今日まで6日続落。週足一目均衡表の転換
    線(23124円)、週足ベースの移動平均線チャートの13週線(23042
    円)近辺まで値を落としてきており、調整一巡感が出てきてよい
    ところだろう。
    決算を受けて下落した銘柄に関しても、見直し買いなどが入っ
    てきてもよさそうだ。
    また、明日は19ヶ月連続で上昇している月初の取引。日経平均
    の明日の反発期待は高く、調整一巡のきっかけになるか注目さ
    れる。
    ただ、今晩の米株市場のところもあり。トランプ大統領の一般
    教書演説が通過して反発が意識されるも、FOMC(連邦公開市場
    委員会)を見極めたいとのムードもあり、上下どちらに振れる
    か注目される。
    世界的に利益確定の流れが強まってきていることも気がかり、
    一段の調整を警戒したいところでもある。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-01-31【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は6日続落(24円安) 米株安受けて売り先行 一巡語
    はもみあい
    
    前日の米株市場が大幅続落。それを受けて日本株も売りが先行し
    た。
    日経平均は一時、3桁の下落となり23184.00円(107.97円)まで値を
    落とした。
    しかし、前日に先んじて下げていたことや、好決算銘柄が買われ
    たことなどが下支え要因となり、売り一巡後下げ渋る展開、プラ
    ス圏に浮上する場面も見られた。
    その後は、前日終値近辺でもみあいとなっている。
    なお、注目されたトランプ米大統領の議会証言が始まったが、反
    応は限定的となり、前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-24.75円の23267.22円。
    
    東証1部の出来高は7億5690万株、
    売買代金は1兆4946億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1053銘柄、値下がり921銘柄、
    変わらず89銘柄。
    
    業種別では値上がりが12業種、値下がりが21業種。
    値上がりはその他製品、水産・農林、食料品など。
    値下がりトップはその他金融、鉄鋼、不動産。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は週足ベースの移動平均線チャートの13週線(23042円)に
    接近していふほか、週足一目均衡表の転換線(23124円)に接近して
    おり、下値サポートと意識されている。
    後場もこれらを下値サポートに下値は底堅いだろう。
    また、トランプ大統領の一般教書演説が行われているが、イベン
    ト通過による今晩の米株市場の反発も意識されやすい。
    日経平均は再度プラス圏に浮上する動きが期待されるところ。
    とはいえ、本日は370社近くの決算発表が予定されおり、
    決算内容を見極めたいと様子見姿勢、上値は限定されそうだ。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-31【東京市場見通し】

    米株が大幅続落 日本株も売り優勢 11時トランプ米大統領の演説
    を注視
    
    前日の米株市場が主要3指数そろって大幅続落。NYダウは一時400
    ドル超えの下落、終値でも362ドル安と今年最大の下落幅を記録
    した。
    米株安を受けて日本株も売り先行のスタートが予想される。
    しかし、日本株は前日の取引で、先んじて大幅下落(日経平均は
    337円安)となっており、米株の下落と比較すると軽いものになる
    だろう。
    為替ドル/円が、比較的落ち着いた動きとなっていることも下支え
    要因。
    本日、注目されるのは、11時から予定されているトランプ米大統
    領の一般教書演説。
    この時間帯は荒い動きが出てくる可能性がある。為替にポジティ
    ブな動きが見られるようなら、買い優勢に傾く可能性もある。
    日本株は値幅の調整が進んでいることから、売り一辺倒にもなり
    づらいと見ておきたいところ。
    好決算銘柄などの押し目は徐々に買いを入れてよい水準にあるだ
    ろう。
    
    日経平均予想レンジは23100円-23500円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が108円台後半での推移。
    (30日終値108.75-76円)
    
    現在、ユーロ/円が134円後半での推移。
    (30日終値136.36-40円)
    
    
    30日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって大幅続落。
    長期金利の上昇が引き続き嫌気されるなど利益確定売りに押され
    たほか、ヘルスケア株の下落などが重しとなった。
    NYダウは一時400ドルを超える下落幅となる場面もあった。
    NYダウ終値は-362.59の26076.89。
    S&P500は-31.10の2822.43。
    NASDAQは-64.02の7402.48。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-01-30【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    アサヒ<2502> 業績修正発表。
    終値5556円(前日比-74円-1.31%)
    17年12月期の連結税引き前利益を従来予想1635億円から1969億
    円に上方修正。
    
    ファンケル<4921> 決算発表。
    終値3455円(前日比+15円+0.43%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常損益は71.9億円
    の黒字に浮上((前年同期は3.3億円の赤字)。
    通期の同利益を従来予想61億円から78.5億円に上方修正。
    
    MARUWA<5344> 決算発表。
    終値8250円(前日比-30円-0.36%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は65.9億
    円(前年同期比82.7%増)。
    通期の同利益を従来予想54.5億円から89億円に上方修正。
    
    JUKI<6440> 業績修正発表。
    終値1972円(前日比-41円-2.03%)
    17年12月期の連結経常利益を従来予想55億円から77億円に
    上方修正。
    
    NEC<6701> 決算発表。
    終値3170円(前日比-20円-0.62%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結最
    終損益は175億円の黒字に浮上(前年同期は28.4億円の赤字)。
    通期の同利益を従来予想350億円から400億円に上方修正。
    
    フォスタ電<6794> 決算発表。
    終値2718円(前日比-19円-0.69%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は86.9億円
    (前年同期比9.3倍)。
    通期の同利益を従来予想60億円から95億円に上方修正。
    
    双信電<6938> 決算発表。
    終値848円(前日比-3円-0.35%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常損益は4.1億円の黒
    字に浮上(前年同期は2億円の赤字)。
    通期の同損益を従来予想4.7億円黒字から5億円黒字に上方修正。
    
    ピックアップ
    Vコマース<2491> 決算発表。
    終値822円(前日比-12円-1.43%)
    17年12月期の連結経常利益は25.5億円(前期比2.3倍)と従来予
    想19.2億円を上回って着地。
    18年12月期も24.5億円と前期比8.6%増。
    前期の年間配当を9円から10円に増額。今期も前期比6円増の
    16円に増配する方針。
    株価は直近、日足一目均衡表において、雲上限(823円)近辺で
    の推移、雲を上回る場面なども見られている。
    好決算を受けて、この水準から上振れ、上昇トレンド転換と
    なりそうだ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-01-30【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め15銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ホーブ<1382>、
    S YSフード<3358>、
    S オリジナル設<4642>、
    S RSC<4664>、
    一時S 寺岡製<4987>、
    S 洋機械<6210>、
    S カワタ<6292>、
    S ニチダイ<6467>、
    一時S 小野測器<6858>、
    S KIMOTO<7908>、
    一時S 山陽百<8257>、
    一時S 大東港運<9367>、
    一時S 愛光電気<9909>、
    S 平和紙業<9929>、
    一時S アシードHD<9959>。
    
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め3銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S 大村<3953>。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    JIG-SAW<3914> 上昇。
    終値5610円(前日比+160円+2.93%)
    モバイル決済関連。
    日足一目均衡表の雲(上限5555円)突破。
    
    ピックアップ
    アスクル<2678> 5日続伸。
    終値3595円(前日比+95円+2.71%)
    前日(29日)引け後に発表された1月度(17年12/21から18年1/20)月
    次単体売上高を好感。(前年同月比1.4%増と5ヶ月連続で前年実績
    上回り)
    本日まで5日続伸と堅調に推移。週足一目均衡表の雲上限(3716円)
    が射程圏内。雲突破となれば、もう一段高が期待されるところ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-01-30【東京市場概況】

    日経平均は大幅5日続落(337円安) 後場下げ加速 大発会安値下回
    り
    
    朝方から前日の米株市場が軟調だったことを受けて売りが先行。
    日経平均は心理的な節目23500円割り込み、23477.26円(152.08安)
    で前場の取引を終えていた。
    後場に入ると下げが加速。昼休みの時間帯に中国・上海総合指数
    が売られていたことに加えて、時間外取引で米先物が大幅に下落
    したことなどが嫌気された。
    一時下げ幅は400円近くまで広がり、23233.37円(395.97円安)まで
    値を落とした。
    その後、日銀のETF(上場投資信託)買い期待などから、持ち直す動
    きも見られたが戻りは限定的、安値圏で本日の取引を終えて、今
    年初めて大発会(1/4)の終値(23506円)を下回った。
    
    日経平均終値は-337.37円の23291.97円。
    
    東証1部の出来高は17億272万株、
    売買代金は3兆3216億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり255銘柄、値下がり1760銘柄、
    変わらず48銘柄。
    
    業種別では全33業種が下落。
    値下がりトップは石油・石炭、鉱業、その他金融。
    
    日経平均は下値サポートの節目23500円や25日移動平均線(23449
    円)を割り込んだ。
    一端、13週移動平均線(23044円)を試す可能性も出てきたといっ
    たところ。
    中長期的なトレンドは同線がサポート、この水準まで下げれば、
    積極的に押し目を拾いにいきやすい。
    また、日経平均は本日まで5日大幅続落。自律反発が意識され、
    13週線まで押す前に早期に25日線を回復、それにともなって、
    トレンドも回復する可能性もあるだろう。
    もっとも、決算発表が第一弾のピークを迎えているなか、模様
    眺めムードは強い。
    そのため、物色は決算を手掛かりとした日替わり物色。
    また、本日は日経平均の下落につられ軟調にあったものの、新
    興市場を中心に中小型の材料株、テーマ性の強い銘柄へ資金は
    向かいやすいだろう。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-30【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は5日続落(152円安) 23500円割れ 米株安など重し
    に
    
    前日の米株市場が軟調だったことを受けて日本株も売りが先行し
    た。
    安く寄った後にいったん戻しを試す場面も見られたが、失速して
    下げ幅を拡大。
    心理的な節目23500円割り込み、23427.29円(202.05円安)まで値を
    落とす場面が見られた。
    その後、下げ渋ったのの戻りは鈍く、前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-152.08円の23477.26円。
    
    東証1部の出来高は7億119万株、
    売買代金は1兆3118億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり474銘柄、値下がり1499銘柄、
    変わらず88銘柄。
    
    業種別では値上がりが3業種、値下がりが30業種。
    値上がりはバルブ・紙、機械、転送用機器のみ。
    値下がりトップは鉱業、石油・石炭、その他金融。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は節目23500円ともに25日移動平均線(23507円)を割り込
    んできており、後場もこのまま同線を割れての推移が続くようだ
    と、売り圧力が強まる可能性がある。
    っとなると、決算を手掛かりとした日替わり物色を行いつつ、目
    先は底を探る展開が意識されるところ。
    後場、25日移動平均線近辺での攻防を注視。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-01-30【東京市場見通し】

    米株が軟調 日本株も売り優勢の展開 下値は押し目買いから底堅
    いか
    
    前日の米株市場が軟調。NYダウは177ドル安と大きめの下落。その
    他主要指数も下落となった。
    為替ドル/円は109円台後半での推移。一段と円高進行とはなってい
    ないものの、円高一服したと言い切れない水準での推移。
    そうした外部環境から本日の日本株は売り優勢の展開が予想され
    る。
    ただ、日経平均は節目23500円、また、その下に控える25日移動平
    均線(23483円)などが下値ポートと意識される見込み。
    売り一巡後、その水準では押し目買いなどが入り、いっていの底
    型さを示しそうだ。
    とはいえ、トランプ大統領の一般教書演説や米FOMCなど重要イベ
    ントを控えるなか、戻りも鈍い見込み。
    売り先行後、下値は底堅いも上値も重い展開が予想される。
    そうしたなか、物色は決算を手掛かりとした個別物色。
    また、新興市場を中心とした中小型株へ資金は向かいやすいと見
    られる。
    
    日経平均予想レンジは23400円-23600円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が108円台後半での推移。
    (29日終値109.93-94円)
    
    現在、ユーロ/円が134円後半での推移。
    (29日終値135.11-15円)
    
    
    29日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって反落。
    NYダウが直近の3日間で400ドル超えの上昇となっていたなど、
    この日は利益確定売りに押されやすい日だった。
    売り先行後、米10年債利回りが2014年4月以来となる2.73%台
    まで上昇したことを受けて下落幅を広げた。
    NYダウ終値は-177.23の26439.48。
    S&P500は-19.34の2853.53 。
    NASDAQは-39.27の7466.51。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-29引け後発表の好材料銘柄を紹介

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    横河ブHD<5911> 決算発表。
    終値2654円(前日比+23円+0.87%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は81.8億円
    (前年同期比21.8%増)。
    通期の同利益を従来予想116億円から131億円に上方修正。
    
    本多通信<6826> 決算発表。
    終値1440円(前日比+12円+0.84%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は16.6億円
    (前年同期比64.5%増)。
    通期の同利益を従来予想の18億円から20億円に上方修正。
    期末一括配当を従来計画15円から18円に増額修正
    
    キャノンMJ<8060> 決算発表。
    終値2978円(前日比+7円+0.23%)
    17年12月期の連結経常利益は314億円(前期比9.7%増)。
    18年12月期は330億円(前期比4.8%増)。
    前期の年間配当を55円から60円に増額、
    今期も60円を継続する方針。
    
    ピックアップ
    寺岡製<4987> 決算発表。
    終値860円(前日比-60円-6.52%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は13.6億円
    (前年同期比78.9%増)。
    通期の同利益を従来予想11.3億円から14億円に上方修正。
    今期の年間配当を従来計画11円から12円)に増額修正。
    株価は本日まで大幅に5日続落。
    昨年来高値1006円(1/19)を付けて以降、調整の流れにあった。
    移動平均線チャートにおいて、75日線(835円)近辺まで値を下
    げたかっこう。
    同線を下値サポートに調整一巡。決算をきっかけに上昇トレ
    ンド転換へと期待。
    
    日立建<6305> 決算発表。
    終値4485円(前日比+100円+2.28%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結税引き前利益は691億
    円(前年同期比7.4倍)。
    通期の同利益を従来予想510億円から770億円に上方修正。
    株価は本日の取引を2%超えの上昇、続伸で引けており堅調に
    推移。
    移動平均線チャートにおいて、25日線(4269円)や5日線(4415円)
    を上回る水準で推移。
    これらとの乖離率も25日線と5%程度、5日線と1.5%程度と差ほど
    過熱感も無し。
    好決算を受けて、上方向へのトレンドが強まりそうだ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    クスリのアオキ<3549>
    終値5810円(前日比+40円+0.69%)
    1月既存店売上高は前年同月比1.5%増。
    今期に入り8ヶ月連続で前年実績上回り。
    
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-29【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め14銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ホーブ<1382>、
    S アルテHD<2406>、
    S セキュアヴェ<3042>、
    一時S ホットマン<3190>、
    S フィルC<3267>、
    一時S メディ一光<3353>、
    一時S テリロジー<3356>、
    一時S DWセラピ研<4576>、
    S オリジナル設<4642>、
    S 高田機<5923>、
    一時S ジオマテック<6907>、
    S 山陽百<8257>、
    S 大和自<9082>、
    S アシードHD<9959>。
    
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め3銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S 大村紙業<3953>、
    S エムケー精工<5906>、
    S SMK<6798>。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    エムスリー<2413> 3日ぶり大幅反発。
    終値4125円(前日比+305円+7.98%)
    26日(先週末)発表の決算を好感。
    割れていた25日移動平均線(3972円)回復。
    
    宮地エンジ<3431> 7日大幅続伸。
    終値2902円(前日比+151円+5.48%)
    日足一目均衡表の雲(上限2845円)突破。
    
    洋鋼鈑<5453> 大幅続伸。
    終値517円(前日比+27円+5.51%)
    日足一目均衡表の雲(上限493円)突破。
    
    ピックアップ
    フリービット<3843> 大幅3日続伸。
    終値1177円(前日比+115円+10.82%)
    昨年来高値1222円(12/28)を付けて以降は調整。移動平均線
    チャートにおいて、75日線(981円)近辺まで値を落としてい
    た。その水準では底堅く推移して、調整一巡。
    本日までの3日大幅続伸で、25日線(1088円)を回復と、再び
    上昇トレンドに乗ってきており、高値を試す展開、高値更
    新へと期待がかかる。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-01-29【東京市場概況】

    日経平均は4日続落(2円安) 米株高など好感買い先行も後場に軟
    化
    
    先週末の米株高、その他、先週末に決算発表した信越化学<4163>
    やファナック<6954>が強い動きとなっていたを好材料視、前場の
    日経平均は23749.33円(117.45円高)と、買い優勢で終えていた。
    しかし、後場は水準を切り下げて始まると、先物主導で売りが強
    まり、下げに転じた。
    その後、押し目では買いなどからいっていの底型さを示していた
    が、上値は重く、小幅安で本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は-2.54円の23629.34円。
    
    東証1部の出来高は13億2628万株、
    売買代金は2兆5939億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1129銘柄、値下がり828銘柄、
    変わらず102銘柄。
    
    業種別では値上がりが17業種、値下がりが16業種。
    値上がりは石油・石炭、化学、卸売業など。
    値下がりは建設、バルブ・紙、陸運など。
    
    今週は米国で雇用統計など重要指標の発表が相次ぐ。結果を見極
    めたいとの思惑などから、上値の重い展開となった。
    また、世界的に年初から株価上昇スピードが速く、目先に一端は
    調整との警戒感も漂っているようだ。
    発表される決算についても、期待は高いが、材料出尽くしを警戒
    する面も出てきているもよう。
    テクニカル面での日経平均は、25日移動平均線(23483円)が下値サ
    ポートと意識されている。
    この水準から反発が期待されるも、同線を割れるようなら、調整
    色が強まる可能性あり。
    新興市場も本日は上昇一服。ジャスダックは取引時間中の新高値
    を付ける場面もあったが、大引けでは7日ぶりに反落。マザーズも
    反落となった。
    ここまで、期待先行で買われてきたが、決算期を迎えて、新興株
    も、いったん材料出尽くしと警戒されている面が多少なりともあ
    るようだ。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-29【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は4日ぶり反発(117円高) 米株高、好決算銘柄上昇
    も後押しに
    
    先週末の米株市場が主要3指数そろって史上最高値を更新する
    など堅調な展開となったことなどが好感されて、日本株も買
    いが先行。
    その他、先週末に決算発表した信越化学<4163>やファナック
    <6954>が強い動きとなったことも刺激材料となった。
    日経平均は23787.23円(155.35円高)まで上昇、23800円が上値
    抵抗に意識されたが、その後も高値圏での推移が続き、前場
    の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+117.45円の23749.33円。
    
    東証1部の出来高は6億5675万株、
    売買代金は1兆2317億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1527銘柄、値下がり462銘柄、
    変わらず68銘柄。
    
    業種別では値上がりは30業種、値下がりが3業種。
    値上がりトップは石油・石炭、金属製品、保険。
    値下がりは陸運、医薬品、水産・農林のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    テクニカル面での日経平均は5日移動平均線(23823円)が上値抵抗
    として意識されている。
    後場も同線を回復しないかぎり、積極的に上値を追いづらいとい
    ったところか。
    決算発表の第一弾ピークを今週迎えることから、結果を見極めた
    と様子姿勢の面もありそうだ。
    後場も高値圏でのもみあいが続きそう。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-29【東京市場見通し】

    米株市場は史上最高値を更新するなど堅調も円高重しに上値重い
    
    先週末の米株市場は、良好な企業業績などを好感して上昇、主要3
    指数そろって史上最高値を更新した。NYダウは200ドルを超えの大
    幅高となった。
    いっぽうで、為替ドル/円は円高基調が続いており、現在は108円台
    後半での推移。
    本日の日本株は米株高を好感も円高を嫌気と強弱材料が混在。上
    昇する場面あっても上値は重そうだ。
    その他、先週末に発表された企業決算で、信越化学<4163>やファ
    ナック<6954>の内容が良好、ADRでも両社の株価は大幅高となって
    おり、指数の上昇を後押しする見通し。
    今後発表される企業決算に対する警戒感が和らぐ見込み。
    下げたところでは押し目買いが入りやすくなっただろう。
    こうしたことから、日経平均は上値では戻り売りに押されるも、
    下げたところでは底堅く推移。上下、大きく方向感は出にくく、
    こう着感の強い展開となりそうだ。
    
    日経平均予想レンジは23650円-23800円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が108円台後半での推移。
    (先週末26日終値109.03-04円)
    
    現在、ユーロ/円が135円近辺での推移。
    (先週末26日終値136.01-05円)
    
    
    先週末26日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって上昇。そろって史上最高値を更新。
    NYダウは3日続伸。S&P500は2日続伸。NASDAQは反発。
    総じて良好な決算発表を受けて堅調が続いた。
    決算が好感されたアッヴィやインテルが2桁高となり、
    ヘルスケア、ITを筆頭にS&P500の全11セクターが上昇。
    発表された経済指標は、米10-12月期GDP・速報値が前
    期比年率で+2.6%と前回の3.2%や市場予想の+3.0&を下
    回った。
    いっぽうで、米12月耐久財受注は前月比+2.9%となり、
    市場予想の+0.8%を大幅に上回った。
    NYダウ終値は+223.92の26616.71。
    S&P500は+33.62の2872.87。
    NASDAQは+94.61の7505.77 。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-26【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    プラマテルズ<2714> 決算発表。
    終値1196円(前日比+73円+6.50%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は8.7億円(前年
    同期比63.2%増)。
    通期の同利益を従来予想9.4億円から10.3億円に上方修正。
    
    セレス<3696> 業績修正発表。
    終値2005円(前日比-24円-1.18%)
    17年12月期の経常利益(非連結)を従来予想8.9億円から9.5億円に
    上方修正。
    
    信越化<4063> 決算発表。
    終値12510円(前日比±0円±0.00%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は2502億円(前年
    同期比35.2%増)。
    通期の同利益を従来予想2800億円kら3350億円に上方修正。
    今期の年間配当を従来計画130円から140円に増額修正。
    
    ピックアップ
    ファナック<6954> 決算発表。
    終値30560円(前日比+90円+0.29%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は1856億円(前年
    同期比48.4%増)。
    通期の同利益を従来予想2254億円から2434億円に上方修正。
    株価は1/16の昨年来高値33450円からは調整の流れにあり、直近に
    25日移動平均線(29745円)近辺まで値を下げたところで、調整一巡
    感が漂っていた。好決算を受けて、再び上昇トレンドへ。
    
    イントラスト<7191> 決算・株式分割発表。
    終値1746円(前日比+90円+0.29%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の経常利益(非連結)は5.4億円
    (前年同期比39.9%増)。
    10-12月期(3Q)の経常利益は1.4億円(前年同期比21.4%増)。
    また、2/28を基準日に1対2の株式分割発表。(株式分割に伴って年
    間配当を従来計画10円から7円に修正)
    株価は本日まえ小幅に3日続伸。移動平均線チャートにおいて、25
    日線(1686円)近辺で、しっかりとした展開となっていた。
    発表を受けて、同線から上振れて上昇トレンド転換へ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ビーロット<3452>
    終値2849円(前日比-89円-3.02%)
    2/2付けで東証マザーズから東証1部へ市場変更することになった
    と発表
    
    DWTI<4576>
    終値545円(前日比+2円+0.36%)
    同社が創製した緑内障治療剤「H-1337」について、緑内
    障・高眼圧症を適応症とした米国第1/2a相臨床試験を開始す
    るため、米国食品医薬品局(FDA)に対して、IND申請(治験許
    可申請)を25日付で提出したと発表。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-26【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め11銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S アルテHD<2406>、
    S メディ一光<3353>、
    S YSフード<3358>、
    一時S デュアルT<3469>、
    一時S 大村紙業<3953>、
    S KIHD<6747>、
    S ジオマテック<6907>、
    S 山陽百<8257>、
    S 大和自<9082>、
    一時S 太洋物産<9941>、
    S アシードHD<9959>。
    
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S エンプラス<6961>。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    オンワードHD<8016> 大幅反発。
    終値952円(前日比+26円+2.80%)
    昨年来高値を更新。
    日足一目均衡表の雲(上限937円)突破。
    
    ピックアップ
    洋エンジ<6330> 大幅反発。
    終値1370円(前日比+55円+4.18%)
    株価はテクニカル面で日足一目均衡表の雲(上限1354円)
    突破。
    移動平均線チャートにおいて200日線(1348円)を回復と
    なるなど良好なチャートと形状。
    もう一段高が期待されるところにある。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-26【東京市場概況と来週の見通し】

    26日概況 日経平均は3日続落(37円安) 買い続かず後場に下げに
    転換
    
    前場はプラス圏で終えていた日経平均(前場終値23703.83円
    (34.34円高))。
    円高方向にあったドル/円が一服したことなどが好感されて、
    一時は23797.96円(128.47円高)まで上昇する場面もあった。
    ただ、買い一巡後は戻り売りに押されて上値の重さが意識
    される展開にあった。
    上値の重さが意識され前場を終えていたことから、後場は
    売り圧力が強まりマイナス圏に沈み、2592.328円(77.21円
    安)まで軟化する場面があった。
    その後も戻りは限定されて、そのままマイナス圏で本日の
    取引を終えた。
    いっぽうで、新興市場はマザーズ、ジャスダックともにプ
    ラスで終えており、外部環境の影響を受けにくい、中小型
    株への物色が続いた。
    
    日経平均終値は-37.61円の23631.88円。
    
    東証1部の出来高は15億3427万株、
    売買代金は2兆9075億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1079銘柄、値下がり876銘柄、
    変わらず109銘柄。
    
    業種別では値上がりが11業種、値下がりが22業種。
    値上がりは繊維製品、精密機器、その他製品など。
    値下がりトップは石油・石炭、鉱業、保険。
    
    
    来週の見通し
    
    日経平均が週後半に3日続落となるなど売り優勢の展開にあっ
    た。
    移動平均線チャートの25日線(23453円)などを目先の下値メド
    に見ておきたいところ。
    米株市場は発表される企業決算などを好感する流れが続いて
    おり、堅調な展開が期待される。
    そんななか、日経平均も大きく調整しにいくとは考えにくく、
    現水準から下押しても25日線がサポートとなる見通し。
    来週、米国では、2/1アップル、アマゾン、アルファベット
    が決算発表。
    注目はアップル。直近は慎重な見通し等からアップル関連の
    調整が目立っている。
    アク抜けとならず、売り材料となれば、下値メドと見ている
    25日線を割り込む可能性もあるだろう。
    その他、警戒されるのは、為替の動向。米国の通商政策を巡
    る要人発言と、それに伴う為替変動には引き続き神経質にな
    らざるを得ない状況ある。
    30日に行われるトランプ米大統領の一般教書演説などが注目
    イベント。
    国内では1/30に東京エレク<8035>、村田製作所<6981>、1/31
    にコマツ<6301>、任天堂<7974>、2/1に武田<4502>、新日鉄
    住金<5401>などが予定されている。
    
    来週の日経平均予想レンジは23300円-24100円。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-26【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は3日ぶり反発(34円高) 円高一服好感も方向感欠け
    る
    
    円高方向にあったドル/円が一服。朝方は買いが先行して、日経平
    均は一時、23797.96円(128.47円高)まで上昇する場面があった。
    しかし、買い一巡後は戻り売りに押されて失速、下げに転じる場
    面も見られた。
    そこではすぐさま買いが入り、プラス圏に戻したものの、戻りは
    限定的、小高い水準で推移して、前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+34.34円の23703.83円。
    
    東証1部の出来高は7億5398万株、
    売買代金は1兆3962億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1435銘柄、値下がり547銘柄、
    変わらず82銘柄。
    
    業種別では値上がりが19業種、値下がりが14業種。
    値上がりは精密機器、繊維製品、サービス業など。
    値下がりは石油・石炭、鉱業、保険など。
    
    
    後場の見通し
    
    テクニカル面での日経平均は、反発も5日移動平均線(23850円)が
    上値を抑えたかっこう。後場も5日線を上値抵抗に上値は限られそ
    うだ。引け後にファナック<6954>の決算を控えていることなども
    手控え要因となりそうだ。
    引き続き、物色に関しては、決算など個別の材料のほか、テーマ
    性のある中小型株へ向かいそうである。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-26【東京市場見通し】

    米株市場はまちまち 円高一服も日経平均の戻りは鈍いか
    
    前日の米株市場は高安まちまち。NYダウとS&P500が高値を更新した
    いっぽうで、NASDAQが下落。
    為替ドル/円は円高一服となり、現在は109円台半ばでの推移。
    ECB理事会後のドラギ総裁会見は欧州の成長加速を強調、会見を受
    けてドルは売られる展開にあった。
    しかし、トランプ米大統領が強いドルを望むと発言したことで、
    一転、ドル買いの動きが強まった。
    為替ドル/円の円高方向への動きが一服したことはポジティブだ
    が、その直前に108円台半ばまで円高が進む場面があり、依然とし
    て警戒される。
    為替の動向を警戒して、本日の日本株は引き続き上値の重い展
    開。
    今晩、米国で10-12月期GDPや12月耐久財受注など重要指標、ダボ
    ス会議でトランプ大統領の演説も予定されている週末とあり、為
    替のボラティリティが高い状況が続く見通し。
    取引時間中もドル円の動向をにらみながら、方向感に乏しい展開
    となりそうだ。
    物色は引き続き、外部環境の影響を受けにくい新興市場を中心と
    した中小型株へ向かいやすい。
    
    日経平均予想レンジは23550円-23750円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が109円台半ばでの推移。
    (25日終値109.02-03円)
    
    現在、ユーロ/円が135円台後半での推移。
    (25日終値135.38-42円)
    
    
    25日の米株市場概況
    
    高安まちまち。NYダウは2日連続で史上最高値を更新した。S&P500
    も前日終値を挟んでもみあいとなっていたなか、終盤にプラス圏
    へ、終値での史上最高値を更新した。いっぽうで、NASDAQは小幅
    に続落した。
    これまで発表された10-12月期決算発表が総じて好内容であること
    などが、引き続き相場の支援に。
    ただ、トランプ大統領が最終的に強いドルを望むと発言したこと
    でドルが上昇し相場の重しとなる場面もあった。
    NASDAQはアップルなどのIT株の下落が重しとなった。
    NYダウ終値は+140.67の26392.79。
    S&P500は+1.71の2839.25。
    NASDAQは-3.90の7411.16。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-25【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    オービック<4684> 決算発表。
    終値8680円(前日比-130円-1.47%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は268億円(前年
    同期比15.2%増)。
    今期の年間配当を従来計画95円から115円に増額修正(前期は90
    円)。
    
    KOA<6999> 決算発表。
    終値2461円(前日比-21円-0.84%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は45.9億円(前年
    同期比100.0%増)。
    非開示だった通期の業績予想は連結経常利益が61.6億円(前期比
    85.4%)。
    未定としていた今期の年間配当は33円実施する方針に(前期は29
    円)。
    
    ピックアップ
    JCRファーマ<4552> 決算発表。
    終値5530円(前日比-410円-6.90%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は33.4億円(前年
    同期比72.5%増)。
    通期の同利益を従来予想35.3億円から41.5億円に上方修正(前期は
    25.3億円)。
    株価は1/18に昨年来高値6090円を付けた後は上値重いも25日移動
    平均線(5495円)が下値をサポート。
    本日も7%近くの下落と強めに売られているものの、25日線は維持
    して取引を終えている。
    本日、強く売られた反動もあり、明日の反発力に期待がかかる。
    高値更新、目先は上値追いの展開か。
    
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-25【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め11銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S スリープロ<2375>、
    S YSフード<3358>、
    S サイステップ<3810>、
    一時S ショーケース<3909>、
    S 大村紙業<3953>、
    一時S カイノス<4556>、
    一時S 星和電<6748>、
    S NF回路<6864>、
    S ジオマテック<6907>、
    一時S SKジャパン<7608>、
    S 大和自<9082>。
    
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    JHD<2721> 3日大幅続伸。
    終値937円(前日比+37円+4.11%)
    日足一目均衡表の雲(上限927円)突破。
    
    大泉製<6618> 大幅続伸。
    終値1305円(前日比+102円+8.47%)
    EV関連。
    日足一目均衡表の雲(上限1267円)突破。
    
    ピックアップ
    東京個別<4745> 大幅続伸。
    終値1160円(前日比+104円+9.84%)
    首都圏を中心に個別指導塾を展開する当銘柄。24日取引終了後に
    株主優待制度について、優待品を「授業料・受講料の割引券/年2
    回贈呈」→「カタログから商品を選択/年1回贈呈」に変更する
    (100株以上の毎年2月末時点の株主対象)と発表。発表を手掛かり
    材料に買いが入った。
    テクニカル面では、移動平均線チャートにおいて、200日線(1202
    円)が射程圏内。
    200日線回復となれば、もう一段高が期待されるところ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-25【東京市場概況】

    日経平均は円高重しに大幅続落(271円安) 今年最大の下げ幅に
    
    米財務長官のドル安容認発言受けてドル/円が円高方向に振れてい
    たことなどから、日本株は朝方から売りが先行した。
    日経平均は終始売り優勢の展開。前場を23723.60円(217.18円安)
    で終えていた。
    後場は一段と円高への警戒感が強まり一段安の展開、日経平均は
    23649.03円(291.75円安)まで下落。
    その後も安値圏の推移が続き、そのまま本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は-271.29円の23669.49円。
    
    東証1部の出来高は15億6333万株、
    売買代金は2兆9626億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり462銘柄、値下がり1519銘柄、
    変わらず82銘柄。
    
    業種別では値上がりが3業種、値下がりが30業種。
    値上がりは石油・石炭、鉱業、陸運のみ。
    値下がりトップは空運、電気機器、銀行など。
    
    米株市場でハイテク株の下げが目立つなか、日本株もその流れを
    受けている。
    これまで、相場のリード役となっていた半導体関連等が利益確定
    売りに押されており、結果的に日経平均の下落につながってい
    る。
    その流れが続くようなら、日経平均の目先は、調整を強める展開
    となりやすい。
    とはいえ、短期的な調整といったイメージで、警戒は必要だが、
    極端悲観する必要は無いだろう。
    為替ドル/円にしても、仮に円高基調が続き105円までいったとして
    も来期増益見通しは崩れない見方。
    発表される企業決算を見極めながらではあるが、好業績銘柄につ
    いては、押し目拾いのスタンスで良いだろう。
    新興市場は、マザーズは反落となったが、ジャスダックは5日続伸
    で新高値更新。
    為替の影響を受けにくい銘柄が多く、主力処より買いが入りやす
    い。
    目先は変わらず、新興市場を中心に中小型株物色が続く見通し。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-25【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続落(217円安) 円高重しに売り優勢の展開
    
    前日、ダボス会議でムニューシン米財務長官が「弱いドルは貿易
    などの面で米国に有利になる」と発言。発言を受けてドル/円が円
    高方向に振れた。
    円高重しに日本株は朝方から売りが先行。日経平均は寄り付き直
    後に23688.94円(251.84円安)まで値を下げた。
    その後、円高一服を受けて値を戻す動きも見られたものの、ドル/
    円が再び円高基調を強めたことがあり、前場引けにかけて売りが
    強まった。
    
    日経平均前場終値は-217.18円の23723.60円。
    
    東証1部の出来高は8億582万株、
    売買代金は1兆5314億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり550銘柄、値下がり1423銘柄、
    変わらず89銘柄。
    
    業種別では値上がりが2業種、値下がりが31業種。
    値上がりは石油・石炭、鉱業のみ。
    値下がりトップは空運、銀行、証券・商品。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は売りに押されるなか、新興市場はジャスダックがプラ
    スで前場を引けているものの、マザーズが買い先行後に失速して
    下げに転じるなど、やや方向感に欠けるものの、引き続き、中小
    型株への物色は活発。
    後場も新興市場を中心とした中小型株へ物色は向かいやすいだろ
    う。
    日経平均は後場は日銀のETF買い入れへの思惑が需給面での下支え
    として意識されるが、戻りの鈍さが意識されてくるようだと、短
    期筋の売り仕掛けに押される可能性がありそう。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2018-01-25【東京市場見通し】

    米株市場が高安まちまちのなか為替ドルが円高方向 日本株は売り
    優勢か
    
    為替ドル/円が円高方向、現在は109円台前半での推移、一時は109
    円を割れる場面も見られた。ムニューシン米財務長官のドル安容
    認発言が円高のきっかけとなったようだ。
    為替の荒い動きを受けて米株市場も不安定な動きとなり、高安ま
    ちまち。NYダウも一時は181.99ドル高まで上昇も上げ幅縮小して
    41.31ドル高で終了、NASDAQは4日ぶりに反落となっている。
    こうした外部環境のなか、日本株は売り優勢の展開が予想され
    る。日経平均は昨日(24日)の取引で後場の動きが弱かった流れの
    なか、為替ドル/円が円高方向、朝方は強く売られると予想され
    る。
    その後も、ドル/円の動向を睨みながらの展開。円高一服となれば
    売り一巡、今晩のECB理事会およびドラギ総裁会見で為替の基調が
    変わる期待などもあり、いっていの戻しは期待されるだろう。
    物色に関しては、決算等を手掛かりとした個別物色。引き続き、
    新興市場を中心とした中小型株、テーマ性のある銘柄などへ向か
    いやすい。
    
    日経平均予想レンジは23600円-23900円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が109円台前半での推移。
    (24日終値109.95-96円)
    
    現在、ユーロ/円が135円台前半での推移。
    (24日終値135.36-40円)
    
    
    24日の米株市場概況
    
    高安まちまち。NYダウは反発して史上最高値を更新もNASDAQは4日
    ぶりに反落、S&P500もわずかながら下落した。
    減税による企業業績向上期待や10-12月期決算発表への期待が続く
    なか、主要3指数は上昇してスタート、そろって取引時間中の史上
    最高値を更新した。
    しかし、アップルや半導体株の下落が重しとなり、NASDAQはマイ
    ナス圏で引けており、NYダウも一時は181.99ドル高まで上昇も上げ
    幅縮小した。
    NYダウ終値は+41.31の26252.12。
    S&P500は-1.59の2,837.54。
    NASDAQは-45.23の7415.06。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-24【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ピックアップ
    カブドットコム<8703> 決算発表。
    終値379円(前日比+4円+1.06%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の経常利益(非連結)は56億円(前
    年同期比5.0%増)。
    10-12月期(3Q)の経常利益は26.9億円(前年同期比38.2%増)。
    決算を受けて上昇トレンド継続か。株価は移動平均線チャートに
    おいて5日線(374円)、日足一目均衡表において転換線(374円)など
    を上回る水準での推移、これをサポートに上値を伸ばす展開が期
    待される。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    JVCKW<6632>
    終値417円(前日比+8円+1.95%)
    国内で確定拠出年金に移行したことや、米国で税制改革法が成立
    したことによる繰延税金資産・負債の取り崩しなどで、純利益で
    合計11億2700万円の益を計上。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-24【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 神田通機<1992>、
    S YSフード<3358>、
    S ブレインP<3655>、
    S ショーケース<3909>、
    S 大村紙業<3953>、
    一時S 新川<6274>、
    一時S ABホテル<6565>、
    一時S インプレス<9479>、
    S 両毛システム<9691>。
    
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ニチバン<4218> 大幅続伸。
    終値3380円(前日比+380円+12.66%)
    昨年来高値更新。
    25日移動平均線(3085円)回復。
    
    ケネディクス<4321> 大幅続伸。
    終値742円(前日比+27円+3.77%)
    日足一目均衡表の雲(上限723円)突破。
    
    サカイ引越<9039> 大幅反発。
    終値6120円(前日比+310円+5.33%)
    日足一目均衡表の雲(上限6105円)突破。
    
    ピックアップ
    ミルボン<4919> 大幅上昇。
    終値3900円(前日比+195円+5.26%)
    国内大手証券が新規カバレッジを開始したことなどから株価は大
    幅上昇。
    移動平均チャートにおいて、上値抵抗と意識されていた25日線
    (3805円)を回復して上振れ。
    また、日足一目均衡表においても雲上限(3921円)を一時は上回る
    場面があり、その水準で本日の取引を終えた。
    目先、明確にこの雲を上抜けて、一段高へと期待がかるところ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-24【東京市場概況】

    日経平均は4日ぶり反落(183円安) 円高に加えて決算期待薄れ売
    り優勢
    
    為替ドル/円が円高方向にあったことなどが重しとなり、朝方から
    売り優勢の展開となった。
    また、決算を発表した安川電<6506>などが弱い反応となっていた
    ことも、ここまでの楽観ムードを冷やす材料となった。
    日経平均は節目24000円を上回る水準で下げ渋る動きにあったもの
    の維持出来ず、前場終値時点で24000円を割れていた。
    (前場終値は23989.08円(135.07円安))
    後場、今後発表される企業決算への期待が薄れて、主力株の多く
    が一段安、日経平均はの下げ幅は一時、200円を超える場面も見ら
    れた。
    終盤にかけてはやや下げ渋ったものの、戻りは限定された。
    
    日経平均終値は-183.37円の23940.78円。
    
    東証1部の出来高は15億2356万株、
    売買代金は2兆9404億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり961銘柄、値下がり989銘柄、
    変わらず113銘柄。
    
    業種別では値上がりが13業種、値下がりが20業種。
    値上がりは不動産、電気・ガス、海運など。
    値下がりトップは電気機器、銀行、機械。
    
    前日(23日)に発表された安川電<6506>の決算内容は悪くなかっ
    た。
    ただ、株価が高い水準にあったなか、サプライズ感に欠けて、
    決算を受けての初期反応は売り優勢となった。
    その流れから、週末に決算が予定されているファナック<6954>
    も売られる展開に。
    また、米系証券による格下げが伝えられたソニー<6758>も弱い
    値動きとなった。
    これらのことなどがあり、日経平均は軟調な展開、節目24000
    円を維持出来なかった。
    とはいえ、チャート面では、5日移動平均線(23890円)や日足一
    目均衡表の転換線(23858円)な下値サポートに控えている。
    初期反応こそさえなかったが安川電<6506>、決算内容自体は悪
    くなく、明日以降は底堅く推移、切り返してくるとも考えられ
    るだろう。
    新興市場は堅調な展開。ジャスダックは4日続伸で新高値更新、
    マザーズも3日続伸して11年5ヶ月ぶり高値を付けた。
    後場に売りに押される場面もあったが底堅く、物色意欲の強さ
    が目立った。
    いっとき、新興市場を中心とした中小型株物色の展開が続きそ
    う。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-24【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は4日ぶり反落(135円安) 節目24000円維持出来ず
    
    前日の米株市場が高安まちまちとなっていたなか、為替ドル/円が
    円高方向にあったことなどが重しとなり売りが先行した。
    日経平均は節目24000円を割らず下げ渋っていたものの、維持出来
    ず割り込み、前場の取引を終えた。
    決算を発表した安川電<6506>などがが弱い反応となっており、押
    し目買い意欲が限定的、じり安基調にある。
    
    日経平均前場終値は-135.07円の23989.08円。
    
    東証1部の出来高は7億2908万株、
    売買代金は1兆4160億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり932銘柄、値下がり1003銘柄、
    変わらず127銘柄。
    
    業種別では値上がりが17業種、値下がりが16業種。
    値上がりは不動産、海運、バルブ・紙など。
    値下がりは電気機器、銀行、ガラス・土石など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均はが軟調な展開にあるなか、資金は新興市場に向かって
    いる。
    マザーズ、ジャスダックともに前場の取引をプラス圏で終えてお
    り堅調だ。
    後場のその流れを引き継ぎ、新興市場を中心とした中小型株へ、
    買いは向かう見通し。
    日経平均も節目24000円を割れており、為替ドル/円が円高基調にあ
    ることなどが重しだが、下値に5日移動平均線(23900円)をサポー
    トに控えて、いっていの底型さを示す見通し。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-24【東京市場見通し】

    米株まちまち ドル/円が円高方向 日経平均は上値重い展開 物色
    は新興株へ 
    
    前日の米株市場がまちまち。NYダウは小幅安もS&P500とNASDAQは史
    上最高値更新が続いた。
    為替ドル/円は前日より円高方向にあり、110円台前半での推移。
    円安の流れが続かなかったことは、日本株にとってネガティブ材
    料。
    また、前日(23日)引け後に発表された安川電の決算は、好内容で
    はあるが、サプライズ無しと見られて、ADRでは3%超の下落してい
    る。
    これらのことから、日経平均は上値の重い展開、節目24000円突破
    でいったんは達成感も意識され、上昇一服となりそうだ。
    日経平均は本日上昇一服、目先は24000円近辺で値固めの見通し。
    そんななか、物色は新興市場を中心とした中小型株へ向かいやす
    いだろう。
    
    日経平均予想レンジは23950円-24150円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が110円台前半での推移。
    (23日終値110.97-99円)
    
    現在、ユーロ/円が135円台後半での推移。
    (23日終値135.96-136.00円)
    
    
    23日の米株市場概況
    
    高安まちまち。NYダウは取引時間中の最高値を更新も終値ではマイ
    ナス圏に沈み小幅安。いっぽうで、NASDAQは3日連続で史上最高値
    を更新。S&P500も小幅に3日続伸し最高値を更新した。
    NASDAQの上昇のけん引き役となったのは、決算が好感されたネッ
    トフリックス。
    NYダウは決算を受けて下落したジョンソン・エンド・ジョンソンや
    P&Gが重しとなった。
    NYダウ終値は-3.79の26210.81。
    S&P500は+6.16の2839.13 。
    NASDAQは+52.26の7460.29。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-23【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ブレインP<3655> 業績修正発表。
    終値1435円(前日比+5円+0.34%)
    18年6月期第2四半期累計(7-12月)の連結
    経常利益を従来予想6000万円から2億1500万円に上方修正(前年同
    期は3500万円)。(通期の経常利益は従来予想3億円を据置き)
    
    安川電<6506> 決算発表。
    終値6060円(前日比+80円+1.33%)
    18年2月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は416億円(前年
    同期比85.0%増)。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ニトリHD<9843>
    終値16825円(前日比-85円-0.50%)
    1月既存店売上高は6.7%増。2ヵ月連続前年上回り。
    
    ピックアップ
    ジンズメイト<7448>
    終値1063円(前日比+3円+0.28%)
    12月度既存店売上高は前年同月比12.3%増と5ヶ月連続で前年上回
    り。
    また、全店売上高も前年同月比0.8%と2ヵ月で前年実績を上回り。
    クリスマスから年末年始商戦にかけて、都心部の店舗を中心とし
    たインバウンド需要に加えて、気温の低下によるアウター・カッ
    トソーを中心に売れ行きが好調だったとのこと。
    株価は、移動平均線チャートにおいて、25日線(1054円)近辺で日
    柄調整中。
    発表をきっかけに、日柄調整から上振れへと期待がかかる。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-23【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め16銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 神田通機<1992>、
    一時S エスプール<2471>、
    一時S ハイパー<3054>、
    一時S 白鳩<3192>、
    S YSフード<3358>、
    S グロバルLM<3486>、
    S Ciメディカ<3540>、
    S 串カツ田中<3547>、
    S エーバランス<3856>、
    S コラボス<3908>、
    S テラスカイ<3915>、
    S カナミックN<3939>、
    S 大村紙業<3953>、
    一時S リンクバル<6046>、
    一時S 森尾電<6647>、
    S 光製作<8191>。
    
    ピックアップ
    Abalance<3856> ストップ高
    終値1042円(前日比+150円+16.81%)
    3日大幅続伸。
    本日ストップ高の上昇となり、日足一目均衡表の雲(上限913円)を
    突破。
    移動平均線チャートにおいても、200日線(1090円)が射程圏内。
    200日線回復となれば、中長期で上昇トレンド転換と期待されると
    ころ。
    
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S ルーデン<1400>、
    S 杉村倉<9307>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ヤクルト<2267> 大幅続伸。
    終値9280円(前日比+520円+5.93%)
    日足一目均衡表の雲(上限8820円)突破。
    
    UFHD<4235> 大幅3日続伸。
    終値3250円(前日比+275円+9.24%)
    日足一目均衡表の雲(上限3147円)突破。
    
    松尾電<6969> 大幅3日続伸。
    終値907円(前日比+42円+4.85%)
    日足一目均衡表の雲(上限888円)突破。
    
    ピックアップ
    サンデンHD<6444> 大幅反発。
    終値2434円(前日比+152円+6.66%)
    チャート形状良好。
    直近に株価は移動平均線チャートにおいて25日線(2292円)近辺で
    もみあい日柄調整中にあった。
    本日に同線から上振れて、上昇トレンド転換の形状に。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-23【東京市場概況】

    日経平均は大幅3日続伸(307円高) 24000円台回復 後場に一段高
    
    前日の米株市場が主要3指数そろって史上最高値を更新するなど堅
    調だったこを受けて日本株は朝方から買いが先行した。
    日経平均はあっさりと節目24000円台を回復。その後、1/18高値
    (24084円)近辺で上値を抑えらるも24000台を維持して前場の取引
    を終えていた(前場終値24037.86円(221.53円高)。
    後場は、しばらくは小動きな展開にあったが、為替ドル/円が円安
    に振れたことなどをきっかけに一段高。
    上げ幅300円を超えて、終値も本日高値圏を維持、24100円台に乗
    せて、昨年来の高値を更新した。
    
    日経平均終値は+307.82円の24124.15円。
    
    東証1部の出来高は14億1512万株、
    売買代金は2兆7548億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1649銘柄、値下がり346銘柄、
    変わらず68銘柄。
    
    業種別では値上がりが32業種、値下がりが1業種。
    値上がりトップは不動産、その他金融、精密機器。
    値下がりは石油・石炭のみ。
    
    日経平均は早々に24000円に乗せると、後場に昨年来高値更新と
    2つの節目を突破して24100円台に乗せて本日の取引を終えた。
    また、新興株式市場でも、ジャスダックが3日続伸し新高値を付
    けて、マザーズも続伸して昨年来高値を更新。両指数ともに1%
    を超える上昇率となった。
    今晩の米株株市場が堅調なれあば、それに追随するかっこうで、
    日本株は明日も強い動きが続きそうだ。
    その他、明日に注目されるのは安川電<6506>、本日引け後に決
    算を発表。
    決算を受けての株価動向が注目される。仮に利食いが優勢とな
    ったとしても、押し目買い意欲の強さが見られれば、本格化し
    てく企業決算に向けて弾みとなる。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-23【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は米株高を好感して大幅3日続伸(221円高) 24000円
    台回復
    
    前日の米株市場が主要3指数そろって史上最高値を更新するなど堅
    調。
    その流れを受けて日本株も買いが先行した。日経平均はあっさり
    と節目24000円台を回復。
    1/18高値(24084円)に迫ると上値を抑えられた面があるが、200円
    超えの上げ幅で24000円を維持して前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+221.53円の24037.86円。
    
    東証1部の出来高は億939万株、
    売買代金は1兆3487億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1611銘柄、値下がり363銘柄、
    変わらず89銘柄。
    
    業種別では値上がりが30業種、値下がりが3業種。
    値上がりトップは不動産、その他金融、精密機器。
    値下がりは石油・石炭、空運、繊維製品のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は後場も24000円を維持できるかが焦点。バリュエーショ
    ン(企業価値評価)面で、それほど割高感が無いなか、テク二カル
    的にもオシレーター系指標(ストキャスティクスなど)が高水準に
    ある程度で、過熱感は差ほどない状態。24000円台定着に向けて、
    後場も24000円を維持したいところ。
    日経平均の上昇はもちろん、新興市場の堅調な展開も目立つ。相
    場環境は非常に良い状態にあり、日銀会合の結果次第では後場に
    一段高の可能性もあるだろう。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-23【東京市場見通し】

    買い優勢 米株高を好感 日経平均は24000円に迫る展開
    
    前日の米株市場が堅調、主要3指数そろって史上最高値を更新とな
    った。
    また、懸念されていた米つなぎ予算案を巡る与野党協議が決着
    し、政府機関の一部閉鎖が解除される見通しにある。
    この流れから日本株も買いが先行。日経平均は節目24000円に迫る
    展開が期待される。
    24000円近辺では上値の重い見込み。企業決算発表(本日は安川電
    <6506>)が本格化していくなか、様子見姿勢となりそう。
    ただ、日銀金融政策決定会合の結果次第では後場に一段高の可能
    性もあり。
    何らかの政策変更があれば相場のかく乱要因、現状維持であれ
    ば、好感材料になると予想される。
    
    日経平均予想レンジは23850円-24200円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が110円台後半での推移。
    (22日終値110.78-79円)
    
    現在、ユーロ/円が136円どころでの推移。
    (22日終値135.58-62円)
    
    
    22日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって続伸、そろって史上最高値を更新。
    政府機関の一部閉鎖が嫌気され軟調にスタート。
    NYダウは一時、97ドル安の下落幅、26000ドルを割れる場面が見ら
    れた。
    しかし、その後に上院が2/8までのつなぎ予算で合意したと伝わっ
    たことでプラス圏を回復、終盤に上げ幅を拡大した。
    NYダウ終値は+142.88の26214.60。
    S&P500は+22.67の2832.97。
    NASDAQは+71.65の7408.03。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-01-22【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ピックアップ
    セック<3741> 業績修正発表。
    終値2610円(前日比-1円-0.03%)
    18年3月期の経常利益(非連結)を従来予想5.2億円から6億円に上方
    修正。
    期末一括配当を従来計画28円から42円に増額修正した(前期は36
    円)。
    株価は直近、移動平均線チャートにおいて、25日線(2587円)近辺
    でもみあい、日柄調整中。
    発表を受けて、25日線から上振れ、上昇トレンド転換へ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    レントラックス<6045>
    終値1013円(前日比+28円+2.84%)
    12月売上高は前年同月比6.4%増。
    
    エボラブルアジア<6191>
    終値2480円(前日比+151円+6.48%)
    従業員のチームワークを向上させるアプリ「RECOG」などを運営す
    るシンクスマイルへ資本参加。
    
    日本ライフL<7575>
    終値2600円(前日比+23円+0.89%)
    薬剤溶出型冠動脈ステント「Orsiro(オシロ)」の薬事承認を取
    得。3/1から販売開始。
    
    JIA<7172>
    終値3865円(前日比+150円+4.03%)
    17年12月期の年間配当を従来計画11円から12円に増額修正。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-22【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め25銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 新都HD<2776>、
    S ヨシムラHD<2884>、
    S 北の達人<2930>、
    S ハイパー<3054>、
    S レカム<3323>、
    S デュアルT<3469>、
    一時S グロバルLM<3486>、
    S サツドラHD<3544>、
    S コラボス<3908>、
    S 大村紙業<3953>、
    S トリケミカル<4369>、
    S アンジェス<4563>、
    S ナノキャリア<4571>、
    S メディアS<4824>、
    S リンクバル<6046>、
    一時S リブセンス<6054>、
    S HyAS&C<6192>、
    一時S ハナツアーJ<6561>、
    S Tホライゾン<6629>、
    S 森尾電<6647>、
    S 星和電<6748>、
    一時S ヤマノHD<7571>、
    S くろ工<7997>、
    S 一家DP<9266>、
    S 植松商会<9914>。
    
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S 杉村倉<9307>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    モブキャスト<3664> 3日大幅続伸。
    終値834円(前日比+62円+8.03%)
    日足一目均衡表の雲(上限777円)突破。
    
    クロスマーケG<3675> 3日大幅続伸。
    終値620円(前日比+48円+8.39%)
    日足一目均衡表の雲(上限582円)突破。
    
    中村超硬<6166> 大幅続伸。
    終値7420円(前日比+620円+9.11%)
    25日移動平均線(6860円)回復して上振れ。
    
    ピックアップ
    明豊エンター<8927> 大幅反発。
    終値450円(前日比+38円+9.22%)
    先週末(19日)、子会社ハウスセゾンエンタープライズが京都市に
    保有する土地と宿泊施設をタカラレーベン<8897>に売却すると発
    表。
    発表を好感する買いが向かった。
    テクニカル面では、直近に割れていた25日移動平均線(430円)を回
    復して上振れ傾向、再び上昇トレンドへ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-01-22【東京市場概況】

    日経平均は小幅続伸(8円高) 大引けかけてプラス圏に浮上 
    
    先週末(19日)の米株市場はプラスすで引けていたものの、為替ド
    ル/円が円高基調にあったことなどが重しとなり、日本株は売りが
    先行した。
    日経平均は小安く前場の取引を終えていた(前場終値23772.02円
    (36.04円安))。
    後場に入っても、マイナス圏での推移が長く続いていたが、引け
    間際に買いが入りプラスを確保して本日の取引を終えた。
    いっぽうで、新興市場は前場から買い優勢の展開にあり、後場に
    入ると一段と強い動きとなった。とくにマザーズは2.7%高と大幅
    上昇となった。
    
    日経平均終値は+8.27円の23816.33円。
    
    東証1部の出来高は13億4298万株、
    売買代金は2兆3823億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1128銘柄、値下がり842銘柄、
    変わらず94銘柄。
    
    業種別では値上がりが20業種、値下がりが13業種。
    値上がりトップはゴム製品、その他金融、証券・商品。
    値下がりは海運、非鉄金属、鉄鋼など。
    
    日経平均は様子見姿勢の強い展開。米つなぎ予算の採決延期によ
    る影響はないとの見方が多勢だが、米上院での採決待ちというタ
    イミングで無理に買いを入れるところではないといったところだ
    ろう。
    また、国内では23日まで日銀の金融政策決定会合が開かれる。そ
    の後の黒田総裁の会見などが注目材料となっているようだ。
    その他、主力処の決算発表が(23日の安川電<6506>、26日のフ
    ァナック<6954>、信越化<4063>など。これらの決算内容を確認し
    てたいといった面が見られている。
    そんななか、外部環境の影響を受けにくい新興市場を中心とした
    中小型株は買われる展開。
    日経平均が上値の重さ、不透明感がやや漂うなか、その流れは明
    日以降も続きそうだ。
    本日、ジャスダックは続伸、取引時間中の新高値を更新。マザー
    ズは2.7%高の大幅反発で、昨年来高値を更新した。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-22【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落(36円安) プラス圏浮上する場面あるも続か
    ず小安く推移
    
    先週末(19日)の米株市場はプラスすで引けていたものの、為替ド
    ル/円が円高基調にあったことなどが重しとなり、日本株は売りが
    先行した。
    日経平均は一時、プラス圏に浮上する場面も見られたが続かず、
    小安い水準で推移、前場の取引を終えている。
    いっぽうで、新興市場はジャスダック、マザーズともに堅調な展
    開となっている。
    
    日経平均前場終値は-36.04円の23772.02円。
    
    東証1部の出来高は7億1259万株、
    売買代金は1兆2027億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり958銘柄、値下がり998銘柄、
    変わらず107銘柄。
    
    業種別では値上がりが16業種、値下がりが17業種。
    値上がりはその他製品、ゴム製品、証券・商品など。
    値下がりは海運、石油・石炭、鉄鋼など。
    
    
    後場の見通し
    
    物色とは短期的な値幅取り狙いからの中小型株に向かいやすい。
    後場も新興市場を中心とした中小型株は堅調な展開が予想され
    る。
    日経平均にしても下値の底堅い展開が続く見通し。日経平均とも
    にTOPIXも前場をマイナス圏で引けており、銀のETF買い入れが需
    給面での下支えとなりそうだ。
    ただ、日銀の金融会合後の明日の黒田総裁の会見、今週から決算
    シーズンに突入、結果を見極めたいと上値を追う動きは限定され
    そうだ。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-01-22【東京市場見通し】

    良好な地合い継続も様子見姿勢の強い展開 上値は限定的
    
    先週末(19日)の海外株が堅調。米株も主要3指数そろって反発して
    S&P500とNASDAQは史上最高値を更新している。
    これを受けて、日本株も買い優勢の展開が期待されるところでは
    あるが、週末に米政府機関は一部閉鎖となっており、影響が警戒
    される。
    また、国内ではきょうから日銀金融政策決定会合が開催されるこ
    とから、様子見姿勢は強まりそうだ。
    その他、今週から国内企業の決算シーズン。このことを様子見姿
    勢の要因となりそうだ。
    
    日経平均予想レンジは23700円-23900円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が110円台後半での推移。
    (先週末19日終値110.69-70円)
    
    現在、ユーロ/円が135円台後半での推移。
    (先週末19日終値135.83-87円)
    
    
    先週末19日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって反落。S&P500とNASDAQが史上最高値を更新。
    NYダウは一時、70ドル以上の下落となる場面があった。前日に暫定
    予算案が下院で成立したが、上院通過が不透明で引き続き政府閉
    鎖の可能性が意識された。
    しかし、その後は、減税による企業収益向上期待や10-12月期決算
    への期待を背景に買い優勢に傾いた。
    NYダウ終値は+53.91の26071.72。
    S&P500は+12.27の2810.30。
    NASDAQは+40.33の7336.38。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-01-19【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    RSTECH<3445> 業績修正発表。
    終値6650円(前日比+10円+0.15%)
    17年12月期の連結経常利益を従来予想26.5億円から31億円に上方
    修正。
    
    ミライアル<4238> 業績修正発表。
    終値2132円(前日比-59円-2.69%)
    18年1月期の連結経常利益を従来予想11.3億円から15億円に上方修
    正。
    今期の年間配当を従来計画20円から30円に増額修正。
    
    日本鋳造<5609> 決算発表。
    終値1866円(前日比+91円+5.12%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常損益は6億8200万円の
    黒字に浮上して着地(前年同期は1億7200万円の赤字)。
    通期の同損益を従来予想5億円の黒字から8億円の黒字に上方修正
    (前期は3億0600万円の赤字)。
    
    NISSHA<7915> 業績修正発表。
    終値3235円(前日比+40円+1.25%)
    17年12月期(9ヵ月の変則決算)の連結経常利益を従来予想51億円か
    ら77億円に上方修正。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    北の達人<2930>
    終値2410円(前日比+184円+8.26%)
    株式分割発表。2/14割当の1対3の株式分割。
    
    ピックアップ
    トリケミカル<4369>
    終値4390円(前日比+85円+1.97%)
    1/26付けで東証ジャスダックから東証1部へ市場変更することにな
    ったと発表。
    株価は今週に、日足一目均衡表の雲(上限4025円)から上放れ、転
    換線(4310円)に沿って、上昇トレンドに乗っている。
    発表を好感して、週明けも堅調な展開が続く見通し。
    昨年来高値4595円(11/27)を射程圏内にあり、高値更新から一段高
    への期待も高まってきている。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-01-19【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ハイパー<3054>、
    S フィルC<3267>、
    一時S カナミックN<3939>、
    S 大村紙業<3953>、
    S すららネット<3998>、
    一時S アサカ理研<5724>、
    S レアジョブ<6096>、
    S 森尾電<6647>、
    S 杉村倉<9307>。
    
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S DMP<3652>、
    一時S インタートレ<3747>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    アルバック<6728> 4日大幅続伸。
    終値8030円(前日比+300円+3.38%)
    日足一目均衡表の雲(上限7752円)突破。
    
    ショーワ<7274> 3日ぶり大幅反発。
    終値1401円(前日比+96円+7.35%)
    日足一目均衡表の雲(上限1396円)突破。
    
    日本ライフL<7575> 4日ぶり大幅反発。
    終値2577円(前日比+128円+5.22%)
    日足一目均衡表の雲(上限2508円)突破。
    
    ピックアップ
    アウトソシング<2427> 3日ぶり大幅反発。
    終値:2067円(前日比+127円+6.54%)
    株価は12/19の昨年来高値(2118円)から調整、週足ベースの移動平
    均線チャートの13週線(1899円)近辺まで値を落としていた。
    その水準では、底堅く推移、直近は日柄調整中にあった。
    そして、本日に、日足ベースの移動平均線チャートにおいて、割
    れていた25日移動平均線(2019円)回復。
    25日線回復キッカケに再び上昇トレンド転換と期待される。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-19【東京市場概況と来週の見通し】

    19日概況 日経平均は3日ぶり小反発(44円高) 一時下げ転じるも
    底堅く推移
    
    前日の米株市場は下落も比較的落ち着いた動きにあったことなど
    が好感されて、前日に売られていた日本株は買い先行した。
    日経平均は一時、23872.69円(109.32円高)まで上昇、前場を
    23836.84円(73.47円高)で引けていた。
    後場に入るとドル/円がやや円高に振れたことなどをキッカケにマ
    イナス圏に沈む場面も見られたが底堅く推移、押し目買いなどか
    ら、再度プラス圏へ浮上した。
    しかし、来週から本格化する決算発表を前に様子見姿勢、週末要
    因や19日に期限切れを迎える米暫定予算の行方を見極めたいとの
    見方もあり、戻りは限定された。
    
    日経平均終値は+44.69円の23808.06円。
    
    東証1部の出来高は13億9234万株、
    売買代金は2兆6798億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1392銘柄、値下がり574銘柄、
    変わらず98銘柄。
    
    業種別では値上がりが30業種、値下がりが3業種。
    値上がりトップはその他製品、石油・石炭、建設。
    値下がりはゴム製品、精密機器、電気・ガスのみ。
    
    
    来週の見通し
    
    国内主力処の決算発表がスタート(23日の安川電<6506>、26日のフ
    ァナック<6954>、信越化<4063>)。
    足元の日本株はバリュエーション的にはは割高ではないとの見
    方も多い。
    しかし、年初からの急ピッチな株高を受け、テクニカル的な調整
    リスクが意識されるところでもある。
    発表される決算が、市場コンセンサスを下回るような内容が出て
    くるようだと、材料出尽くし、調整色を強める展開となりかねな
    い。
    ポジティブ視される内容となれば、日経平均は節目24000円超えと
    期待されるところ。
    その他、来週は日銀の金融政策決定会合(22日から23日)、欧州中
    央銀行(ECB)理事会(25日)といった中銀イベントも控えており、上
    下波乱があってよい週になる。
    
    来週の日経平均予想レンジは23500円-24200円。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-19【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反発(73円高) 押し目買いから買い先行後 その後
    は伸び悩み
    
    前日の米株市場は下落も比較的落ち着いた動きだった。前日に売
    られていた日本株は買い先行でのスタートに。
    日経平均は一時、23872.69円(109.32円高)まで上昇。買い一巡後
    は、来週から本格化する決算発表を前に売り買いが交錯、23800円
    台でもみあい、前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+73.47円の23836.84円。
    
    東証1部の出来高は6億9444万株、
    売買代金は1兆2943億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1470銘柄、値下がり507銘柄、
    変わらず86銘柄。
    
    業種別では値上がりが30業種、値下がりが3業種。
    値上がりトップはその他製品、空運、建設。
    値下がりはゴム製品、電気・ガス、精密機器のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    後場も引き続き、来週から本格化する決算発表を前に様子見姿勢
    の強い展開。
    終盤に欠けては週末要因などから、ポジション調整の売りにやや
    押される可能性もある。
    23日の安川電<6506>、26日のファナック<6954>、信越化<4063>な
    ど決算を目先に控える銘柄の動向を注視、これらの動向次第では
    日経平均も上下する可能性もありといったところか。
    その他、新興市場を中心とした中小型株、テーマ性のある銘柄へ
    短期筋の買いが向かいやすい状況にもあるだろう。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-19【東京市場見通し】

    米株下落も比較的落ち着いた動き 日経平均は前日下落の反動高
    
    前日の米株市場は下落。NYダウは取引時間中の史上最高値を更新す
    るもその後は利益確定売りが優勢の展開となった。ただ、終値で
    下落幅は97ドル程度。また、NASDAQも小幅安、ほぼ横ばいで、比
    較的落ち着いた動きだったと見れる。
    そのことから、前日に下落していた日本株は、その反動から買い
    優勢のスタートが予想されるところ。
    また、週末要因や高値警戒感などから売りに傾く場面があって
    も、先行期待が強いなか押し目買いが見込まれ、日銀のETF(上場
    投信)買いなども下支え要因となるだろう。
    
    日経平均予想レンジは23650円-23900円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が110円台後半での推移。
    (18日終値111.23-25円)
    
    現在、ユーロ/円が135円台後半での推移。
    (18日終値135.77-81円)
    
    
    18日の米株市場は祝日概況
    
    主要3指数そろって反落。連日で史上最高値を更新していたことが
    あり、この日は高値警戒感から売り優勢に傾いた。
    NYダウは上昇してスタート、取引時間中の史上最高値を更新する
    も、その後にマイナス圏に沈んで、一時は168ドル安まで下落幅を
    広げる場面があった。
    NYダウ終値は-97.84の26017.81。
    S&P500は-4.53の2798.03。
    NASDAQは-2.23の7296.05。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-01-18【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    JIA<7172> 業績修正発表。
    終値3400円(前日比+20円+0.59%)
    17年12月期の連結経常利益を従来予想34億円からに上方修正。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    タケエイ<2151>
    終値1317円(前日比-35円-2.59%)
    上限50万株・6億円の自社株買いを決定。
    
    トランス<2342>
    終値594円(前日比+5円+0.84%)
    食品農医薬品安全性評価センターと資本・業務提携に向けた協議
    開始。
    
    AMBITION<3300>
    終値1787円(前日比-67円-3.61%)
    同社が管理する一部の物件に対して、IoTサービス「homepia」の
    提供を開始すると発表。
    
    ラクス<3923>
    終値3195円(前日比+85円+2.73%)
    ブレインメールの子会社化を発表。(ブレインメールはクラウド型
    メール配信サービスの提供者として現在8,100社を超える契約数)
    
    ピックアップ
    幸和製作<7807>
    終値12850円(前日比-530円-3.96%)
    2/28を基準日として1対3の株式分割を実施すると発表。
    株価は、昨年12/27の高値18610円から調整。
    直近は、25日移動平均線(12650円)近辺で底堅く推移、
    調整一巡感が出てきていたところにあった。
    発表を好感して、25日線からの上振れが期待される。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-18【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め14銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ルーデン<1400>、
    一時S JESCO<1434>、
    一時S 特殊電極<3437>、
    S インタートレ<3747>、
    S アクロディア<3823>、
    一時S リミックス<3825>、
    一時S 岡山製紙<3892>、
    S 大村紙業<3953>、
    S ナノキャリア<4571>、
    S 和井田<6158>、
    一時S ハナツアーJ<6561>、
    S ヨコオ<6800>、
    一時S ダイヤ電機<6895>、
    一時S アストマクス<7162>。
    
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    東京個別<4745> 大幅続伸。
    終値1051円(前日比+59円+5.94%)
    日足一目均衡表の雲(上限1023円)突破。
    
    ピックアップ
    スクリン<7735> 大幅4日続伸。
    終値10130円(前日比+470円+4.86%)
    半導体関連が軒並み上昇。世界的な半導体市場拡大が意識される
    なか、東京市場もその流れに乗った。
    当銘柄は半導体・液晶製造装置が主力で、ウエハ洗浄装置は世界
    首位。
    相対的に出遅れ感があり、チャート形状も、日足一目均衡表にお
    いて、雲上限(10337円)近辺まで本日に上昇、このまま雲突破とな
    れば、一段と上方向へのトレンドが強まりそうところ。目先の株
    価動向が注目される。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-18【東京市場概況】

    日経平均は続落(104円) 節目24000円到達後に売り優勢 後場に下
    げに転換
    
    朝方は買いが先行。前日の米株市場でNYダウが終値26000ドル台乗
    せるなど堅調だったことなどが好感された。
    日経平均は寄り付きから200円超の上昇となり、節目24000円台に
    乗せた。
    しかし、達成感などからその後は伸び悩み、利益確定売りに押さ
    れて、24000円を割り込み、前場の取引を終えていた(23978.61円
    (110.27円高))。
    後場、再び強含む場面もあったが、前場同様に節目24000円を超え
    る場面では上値重く、売りに押されてマイナス圏へ。
    その後、先物主導で売り圧力が強まり、3桁の下落で本日の取引を
    終えた。
    
    日経平均終値は-104.97円の23763.37円。
    
    東証1部の出来高は18億2075万株、
    売買代金は3兆5901億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり371銘柄、値下がり1625銘柄、
    変わらず68銘柄。
    
    業種別では値上がりが5業種、値下がりが28業種。
    値上がりはゴム製品、その他製品、精密機器など。
    値下がりトップは保険、水産・農林、非鉄金属。
    
    日経平均は24000円超えて上値を追う展開とはならず、短期的な目
    標達成感の方が意識された。
    企業決算前で様子見姿勢の面もあり、24000円を強く上抜けるのは
    決算を見極めてからとなりそうだ。
    米株は強い動きが続いているものの、その他の手掛かり材料が乏
    しく、当面は上値が重い展開が予想される。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-18【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反発(110円高い) 24000円超えた後は上値重い展
    開
    
    前日の米株市場が堅調だったことなどから、朝方から買いが先
    行した。
    日経平均は寄り付きから200円超の上昇となり24000円台に乗せ
    た。
    しかし、達成感などからその後は伸び悩み、利益確定売りに押
    されて、24000円を割り込んだ。
    ただ、上値の重いなか、引けにかけては盛り返す動きも見られ
    た。
    
    日経平均前場終値は+110.27円の23978.61円。
    
    東証1部の出来高は8億2110万株、
    売買代金は1兆5895億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり786銘柄、値下がり1177銘柄、
    変わらず101銘柄。
    
    業種別では値上がりが12業種、値下がりが21業種。
    値上がりはゴム製品、その他製品、金属製品など。
    値下がりは水産・農林、保険、非鉄金属など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は節目24000円を回復してスタートも上値追いの展開とは
    ならず、24000円を下回って前場を引けた。後場もこの24000円近
    辺でもみあいの展開が予想される。
    そんななか、次第に新興市場を中心とした中小型株へ短期筋の資
    金が向かう見込み、後場は中小型株の動向を注視したいところ。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-18【東京市場見通し】

    買い優勢 米株高を好感 日経平均は節目24000円超えへ 
    
    前日の米株市場が主要3指数そろって史上最高値を更新して堅調。
    NYダウは300ドル超の上昇となり26000ドル台に乗せている。
    為替ドル/円も円高一服、円安に振れており、現在は111円台前半で
    の推移。
    良好な外部環境を受けて、本日の日本株は買い優勢の見通し。
    日経平均は節目24000円を超える動きが期待される。
    買い一巡後、新規の買いが入るなどして、一段高となるか注目
    点。
    基本的には、決算シーズンを控えるなか、買い一巡後は様子姿勢
    となりやすいが、買いが買いを呼び、意外高となる可能性もある
    だろう。
    
    日経平均予想レンジは23900円-24300円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が111円台前半での推移。
    (17日終値110.76-77円)
    
    現在、ユーロ/円が135円台後半での推移。
    (17日終値135.33-37円)
    
    
    17日の米株市場は祝日概況
    
    大幅反発。主要3指数そろって史上最高値を更新。
    良好な経済指標や、発表が本格化した10-12月期決算が総じて好調
    な結果となったことが好感された。
    発表された経済指標は、米12月鉱工業生産が前月比+0.9%と市場予
    想の+0.4%や修正された前回値-0.1%を上回り。
    同設備稼働率も77.9%と市場予想の77.3%を上回って2015年2月以
    来の高水準を記録。
    午後に公表された米地区連銀経済報告(ベージュブック)では成長
    継続や緩やかな物価上昇が示された。
    NYダウ終値は+322.79の26115.65。
    S&P500は+26.14の2802.56。
    NASDAQは+74.59の7298.28。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-01-17【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    本日、該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    JACR<2124>
    終値2271円(前日比+10円+0.44%)
    12月売上高は前年同月比15.6%増。
    5ヵ月連続で2ケタ増益を達成。
    
    AMBITION<3300>
    終値1854円(前日比+29円+1.58%)
    連結子会社であるAMBITION VIETNAMがベトナム国内において、
    自社で開発する不動産のマッチングサービス「Offidon」、
    「Residon」を提供すると発表。
    
    ラクス<3923>
    終値3110円(前日比-35円-1.11%)
    12月度単体売上高は33%増。主力サービスの「楽楽精算」、「メー
    ルディーラー」が高い成長を継続。
    
    JCRファーマ<4552>
    終値5830円(前日比-10円-0.17%)
    キッセイ薬品工業<4547>と共同開発中の腎性貧血の治療に用いら
    れる持続型赤血球造血刺激因子製剤ダルベポエチンアルファのバ
    イオ後続品(開発番号「JR-131」)について、第3相臨床試
    験でダルベポエチンアルファとの同等性が検証されたと発表。
    
    ファストリ<9983>
    終値50380円(前日比-560円-1.09%)
    スウェーデン初となるユニクロ店舗をストックホルムに今秋オー
    プン。
    
    ピックアップ
    カイオム<4583>
    終値392円(前日比-6円-1.50%)
    自社で開発を進めているDLK-1抗体に関して、日本における
    特許付与の決定通知を受領したと発表。
    同特許はヒトDLK-1を標的としたヒト化モノクローナル抗体
    LIV-1205に関連する特許。
    既に米国、中国、欧州で特許が成立。今回の日本での特許付与決
    定により、スイスのADCセラピューティクス社におけるLIV
    -1205のADC(抗体薬物複合体)用途での開発や、自社で
    の開発および導出活動を支える知財基盤を強化するとのこと。
    直近の株価は、移動平均線チャートにおいて、200日線(393円)近
    辺まで上昇したところで足踏み、続落で本日の取引を終えてい
    る。発表を好感して200日線どころから上振れへと期待。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-17【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め10銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S ETFSガソ<1691>、
    一時S ITメディア<2148>、
    一時S YKT<2693>、
    一時S ヨシムラHD<2884>、
    一時S フィルC<3267>、
    S インタートレ<3747>、
    S 大村紙業<3953>、
    S メディアS<4824>、
    S ダイヤ電機<6895>、
    S SKジャパン<7608>。
    
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    ケ 富士テクノ<2336>、
    S レカム<3323>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ブロンコB<3091> 3日大幅続伸。
    終値3490円(前日比+105円+3.10%)
    前日(16日)発表の決算を好感。
    25日移動平均線(3436円)回復。
    
    ファイズ<9325> 大幅続伸。
    終値2700円(前日比+115円+4.44%)
    日足一目均衡表の雲(上限2620円)突破。
    
    鈴木<6785> 3日続伸。
    終値1221円(前日比+21円+1.75%)
    日足一目均衡表の雲(上限1206円)突破。
    
    ピックアップ
    力の源HD<3561> 大幅上昇。
    終値2180円(前日比+163円+8.08%)
    直近の株価は、日足一目均衡表の雲内(上限2078円-下限1877円)
    で、日柄調整中にあった。
    本日の大幅上昇で雲突破。一段の上振れが期待され、昨年来高
    値2700円(11/27)を試す展開か。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-17【東京市場概況】

    日経平均は3日ぶり反落(83円安) 一時200円超え下落 円高一服で
    下げ渋り
    
    前日の米株市場が下落。為替ドル/円も円高基調にあったことか
    ら、朝方から売り優勢のスタートなった。
    日経平均は一時、200円超えの下落となる場面もあった(23739.
    17円(212.64円安))。
    しかし、売り一巡後は下げ渋り。円高方向にあったドル/円の動
    きが一服したこと、日銀のETF買い期待などが支えとなり、前
    場終わりには、下落を100円近くまで縮小した(前場終値23848.
    71円(103.10円安)。
    後場、再度軟化する場面も見られたが、ドル/円の円安方向の振
    れたことや時間外取引でNYダウ先物が上昇したことなどが、
    下支え要因となり、下げ渋った。
    
    日経平均終値は-83.47円の23868.34円。
    
    東証1部の出来高は15億4140万株、
    売買代金は2兆9364億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり620銘柄、値下がり1381銘柄、
    変わらず62銘柄。
    
    業種別では値上がりが10業種、値下がりが23業種。
    値上がりは機械、食料品、陸運など。
    値下がりトップは石油・石炭、鉱業、鉄鋼。
    
    日経平均は一時、200円超えの下落と、やや波乱含みの展開となっ
    たが、終わって見れば83円安。
    終値は23868.34円と5日移動平均線(23779円)を上回って引けるな
    ど底堅い展開となった。
    また、その他主要の平均線(25日線(23164円)など)も上向きにあ
    り、中期的な上昇トレンドは維持されている。
    今現在は、年始の急騰を受けた日柄調整と考える。
    東証一部の売買代金も本日、3兆円に接近。この高水準にある市場
    エネルギーを維持出来れば、いずれ節目24000円超えも見えてくる
    だろう。
    今晩の米市場では、バンク・オブ・アメリカ、ゴールドマン、ア
    ルコアの決算が予定されており、決算評価の流れが期待されると
    こで、米株市場が堅調な展開となれば、日経平均も日柄調整から
    上振れの動きが期待される。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-17【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は3日ぶり反落(103円安) 米株安、円高が重しに
    
    前日の米株市場が下落、為替ドル/円も円高基調にあったことか
    ら、本日の日本株は朝方から売りが先行した。
    日経平均は一時、23739.17円(212.64円安)まで値を落とす場面
    が見られた。
    しかし、売り一巡後はさげしぶり。円高が一服したことや日銀
    のETF買い期待などが支えとなったようだ。
    
    日経平均前場終値は-103.10円の23848.71円。
    
    東証1部の出来高は7億5074万株、
    売買代金は1兆4120億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり615銘柄、値下がり1348銘柄、
    変わらず100銘柄。
    
    業種別では値上がりが11業種、値下がりが22業種。
    値上がりは金属製品、バルブ・紙、食料品など。
    値下がりトップは鉱業、石油・石炭、海運。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は一時、200円超えの下落なり、前日の上昇分を帳消しに
    する展開となったが、売り一巡後は下げ渋り、円高が一服したほ
    か、日銀のETF買い期待などを支えに、5日移動平均線(23775円)近
    辺で底堅さを示したかっこう。後場も5日線をサポートに底堅い展
    開が期待される。
    また、新興市場もジャスダック、マザーズと下落となっている
    が、個別に決算や証券会社による格上げ等を材料に動意をみせて
    いる銘柄も多く、地合いは悪くない。
    主力処に手掛けにくさが感じられるなか、後場は新興市場を中心
    とした中小型株の動向に期待したい。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-01-17【東京市場見通し】

    売り優勢の展開か 米株安などが重し 売り一巡後は底堅さに期待
    
    連休明けとなった前日の米株市場は主要3指数そろって反落。
    買い先行もNYダウが26000ドルに到達した達成感などから利益確定
    売りに傾いた。
    為替ドル/円も現在、110円台前半と円高基調のまま。
    米株安、円高を多しに本日の日本株は売り優勢の展開が予想され
    る。
    ただ、米株市場の下落は、特別悪材料があったわけで無く、急ピ
    ッチでの上昇への警戒、達成感からの利益確定売りとあり、特段
    悪い印象ではない。
    売り一巡後の日本株は、いっていの底堅さを示すだろう。
    日経平均は5日移動平均線(23763円)などが下値サポートと意識さ
    れそうだ。
    
    日経平均予想レンジは23700円-23900円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が110円台前半での推移。
    (16日終値110.71-72円)
    
    現在、ユーロ/円が135円台前半での推移。
    (16日終値135.58-62円)
    
    
    16日の米株市場は祝日概況
    
    主要3指数そろって反落。
    始まりは、10-12月期決算への期待などを背景に主要3指数がそろ
    って大幅に上昇していた。
    NYダウは一時282ドル高となり史上初の26000ドルを上回る場面見ら
    れていた。
    しかし、26000ドルを上回ったことで、目先の達成感が強まり、利
    益確定売りが優勢となった。
    NYダウ終値は-10.33の25792.86。
    S&P500は-9.82の2776.42。
    NASDAQは-37.38の7223.69。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-16【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    本日、該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    物語コーポ<3097>
    終値9990円(前日比+100円+1.01%)
    12月の既存店売上高は4.4%増と好調続く。
    
    ピックアップ
    シェアリングT<3989>
    終値3815円(前日比±0円±0.00%)
    12月月次流通総額が6.9億円(前年同月比168%)と好調。
    テクニカル面では、前日(15日)の取引で、5日移動平均線(3748円)
    を回復。
    本日は上値は限られたものの、前日に回復した5日線をサポートに
    しっかりとした展開となった。
    発表を受けて戻しを強める展開。昨年来高値4435円(12/28)を試す
    展開へ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-16【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め17銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S 南海辰村<1850>、
    S ヨシムラHD<2884>、
    S 北の達人<2930>、
    S 黒谷<3168>、
    一時S 買取王国<3181>、
    S ファンクリG<3266>、
    S フィルC<3267>、
    S レカム<3323>、
    S TKP<3479>、
    S エルテス<3967>、
    S レイ<4317>、
    一時S 免疫生物研<4570>、
    S メディアS<4824>、
    一時S 星光PMC<4963>、
    S モリテック<5986>、
    一時S CSランバー<7808>、
    一時S ジシステム<9758>。
    
    ピックアップ
    エルテス<3967> ストップ高。
    終値2815円(前日比+500円+21.59%)
    大幅続伸。
    先週末12日にエストニアのCYBERNETICA社の本人認証システム
    技術「SplitKey」を活用したアプリケーションの開発を開始
    する発表。
    業績への貢献を期待した買いが前日から入っており、本日は
    ストップ高で引けており、大幅続伸。
    テクニカル面でも、日足一目均衡表の雲(上限2405円)突破と
    なり、もう一段高が期待される。
    移動平均線チャートの200日線(2989円)超えへ。
    
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S レカム<3323>、
    一時S フジタコーポ<3370>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    サカタのタネ<1377> 大幅反発。
    終値4050円(前日比+285円+7.56%)
    前日(15日)割れた25日移動平均線(3930円)を早期に回復。
    
    大同メタ<7245> 大幅続伸。
    終値1118円(前日比+81円+7.81%)
    国内証券の投資判断格上げなどを好材料視。
    直近に割れていた25日移動平均線(1073円)を回復。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-16【東京市場概況】

    日経平均は大幅続伸(236円高) 後場に一段高となり昨年来高値更
    新
    
    前日の米株市場が祝日で休場と手掛かり材料に欠けたなか、為替
    ドル/円が円高方向にあった。このことから、日本株は売りが先行
    すると見られていた。
    しかし、時間外のNYダウ先物が上昇、日本時間で為替ドル/円が
    円安方向に傾いたことが好材料視された。
    日経平均は小幅高でスタート。その後はプラス圏とマイナス圏を
    行きしていたが、次第に買いが強まると3桁の上昇で、前場の取
    引を終えていた(前場終値は23845.50円(130.62円高))。
    後場に入りると一段と上振れ。値がさ大型株などの上昇が日経平
    均を押し上げた。
    節目24000円には届かなかったが、1/9の昨年来高値239520.61円
    を超えて、23962.07円(247.19円高)まで上昇。
    その後も強い動きが続き、終値でも昨年来の高値を更新した。
    
    日経平均終値は+236.93円の23951.81円。
    
    東証1部の出来高は13億1817万株、
    売買代金は2兆4307億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり972銘柄、値下がり980銘柄、
    変わらず111銘柄。
    
    業種別では値上がりが22業種、値下がりが11業種。
    値上がりトップは水産・農林、電気機器、情報・通信。
    値下がりは鉄鋼、海運、空運など。
    
    本日、意外高となった日経平均。節目24000円超えとはならなかっ
    たが、取引時間中、終値でも昨年来高値更新するの強い動きとな
    った。
    ただ、年始の急ピッチでの上昇後の調整が完了したと判断するに
    は、次期早々か。
    買い優勢のキッカケとなったドル/円の動向。日本時間で円安方向
    に振れただが、今晩の海外時間での動きを見守りたいところ。
    その他、今晩は米株市場が連休明けとなる。注目されるのシティ
    グループの決算。先週末はJPモルガンの決算が材料視されて主要
    指数を押し上げる格好となった。今晩も同様に強含みの展開とな
    るか動向を見守りたいところ。
    米株市場が堅調な展開となれば、日経平均は明日にも節目24000円
    超え、直近のもちあいレンジからの上振れが意識される。
    いっぽうで、節目24000円が上値抵抗となれば、引き続き、新興市
    場を中心とした中小型株物色優勢の展開が続く見通し。本日こそ
    新興市場は、ジャスダックが9日続伸して高値を更新も上昇は小幅
    にとどまり、マザーズは3日反落したが、下げは小幅とまちまち、
    方向感に欠けたが、物色対象となりやすいだろう。
    
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-16【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続伸(130円高) ドル/円が円安方向に傾き買い優勢
    に
    
    前日の米株市場が祝日で休場と手掛かり材料に欠けたなか、為替
    ドル/円が円高方向にあったことこから日本株は売りが先行すると
    見られていた。
    しかし、時間外のNYダウ先物が上昇、日本時間で為替ドル/円が
    円安方向に傾いたことが好材料視されて買い優勢の展開となっ
    た。
    日経平均は、小幅高でスタートした後、プラス圏とマイナス圏を
    行きき、次第に買いが強まり、終盤には23867.75円(152.87円高)
    まで上昇した。
    
    日経平均前場終値は+130.62円の23845.50円。
    
    東証1部の出来高は6億5095万株、
    売買代金は1兆1276億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり889銘柄、値下がり1057銘柄、
    変わらず116銘柄。
    
    業種別では値上がりが20業種、値下がりが13業種。
    値上がりトップは水産・農林、食料品、金属製品。
    値下がりは鉄鋼、海運、空運など。
    
    
    後場の見通し
    
    本日は日経平均が為替ドル/円が円安に振れたことをキッカケに買
    い優勢の展開。
    逆に新興市場は利益確定売りにおされて小幅安で前場の取引を終
    えた。
    後場も日経平均は為替ドル/円の動向次第だが、前場終わり時点で
    回復している5日移動平均線(23742円)などをサポート線にしっか
    りとした展開となりそうだ。
    新興市場を中心とした中小型に関しては、一端は上昇一服の流れ
    か。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-16【東京市場見通し】

    売り優勢の展開か 米株休場のなか為替ドル/円が円高基調で重し
    に
    
    前日の米株市場は祝日で休場。欧州株は利益確定売りで小幅なが
    ら売り優勢の展開となった。
    手掛かり材料に欠けるなか、為替ドル円の円高基調の動きが続いて
    おり、現在は110円台半ばでの推移。
    本日の日本株は円高を重しに売り先行となりそうだ。
    ただ、引き続き、相場全体のムードは悪くなく、前日同様に好決
    算を発表した銘柄や新興市場を中心とした中小型株を中心に堅調
    な展開が期待される。
    また、それらに支えられるかっこうで、日経平均も下値ではいっ
    ていの底堅さを示す見通し。
    節目23500円が目先の下値メドと意識され、本日は23600円近辺で
    の推移となりそうだ。
    
    日経平均予想レンジは23600円-23750円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が110円台半ばでの推移。
    (15日終値110.81-82円)
    
    現在、ユーロ/円が135円台半ばでの推移。
    (15日終値135.31-35円)
    
    
    15日の米株市場は祝日のため休場
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-15【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    アクロディア<3823> 決算発表。
    終値352円(前日比+3円+0.85%)
    18年8月期第1四半期(9-11月)の連結最終損益は900万円の黒字に浮
    上(前年同期は3億1300万円の赤字)。
    通期の同損益を従来予想200万円赤字から4000万円の黒字に上方修
    正(前期は8億9100万円赤字)。
    9-2月期(上期)の同損益を従来予想の6000万円の赤字から1900万円
    の黒字に上方修正(前年同期は5億3800万円の赤字)。
    未定だった配当は無配継続。
    
    マルカキカイ<7594> 決算発表。
    終値2261円(前日比+94円+4.33%)
    17年11月期の連結経常利益は20.9億円(前期比22.6%増)。
    18年11月期は24億円(前期比14.6%増)。
    前期の年間配当を39円から40円に増額、今期も前期比2円増の42円
    に増配する方針。
    
    ピックアップ
    黒谷<3168> 決算・株式分割発表。
    終値1368円(前日比+43円+3.24%)
    18年8月期第1四半期(9-11月)の連結経常利益は6.7億円(前年同期
    比28倍)。
    9-2月期(上期)の同利益を従来予想6.1億円から9.6億円に上方修正
    (前年同期は9.5億円)。
    通期の同利益を従来予想11.6億円から15.1億円に上方修正(前期は
    16.7億円)。
    また、2/28割当の1対2の株式分割を発表。
    株価は直近に、日足一目均衡表の雲(上限1270円)を突破したとこ
    ろ。
    発表を受けて、上方向へのトレンドが一段と強まりそうだ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    夢真HD<2362>
    終値1157円(前日比-1円-0.09%)
    12月売上高は前年同月比32%増の23.3億円、営業利益は同94%増の
    3.8億円。
    
    神戸物産<3038>
    終値4360円(前日比-25円-0.57%)
    2020年10月期を目標とした中期経営計画を上方修正。
    18年10月期の期末一括配当を従来計画の50円から60円に増額修
    正。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-15【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め22銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S ルーデン<1400>、
    S JESCO<1434>、
    S エスプール<2471>、
    S 北の達人<2930>、
    S フィルC<3267>、
    S レカム<3323>、
    一時S フジタコーポ<3370>、
    S Fブラザーズ<3454>、
    S IGポート<3791>、
    S サイステップ<3810>、
    S カナミックN<3939>、
    一時S ウォンテッド<3991>、
    S レイ<4317>、
    S オンコリス<4588>、
    S 北興化<4992>、
    S アサカ理研<5724>、
    一時S NFKHD<6494>、
    S アライドHD<6835>、
    S SKジャパン<7608>、
    S 岡藤HD<8705>、
    S 杉村倉<9307>、
    S IXナレッジ<9753>。
    
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め6銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S UNITED<2497>、
    S DDHD<3073>、
    S U&C<3557>、
    一時S No.1<3562>、
    S ヒトコム<3654>、
    S クックビズ<6558>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    サンキャピタル<2134> 大幅続伸。
    終値105円(前日比+23円+28.04%)
    日足一目均衡表の雲(上限83円)突破。
    
    ユビキタス<3858> 3日大幅続伸。
    終値1271円(前日比+91円+7.71%)
    日足一目均衡表の雲(上限1249円)突破。
    
    エヌピーシー<6255> 8日大幅続伸。
    終値282円(前日比+15円+5.61%)
    日足一目均衡表の雲(上限272円)突破。
    
    IDOM<7599> 4日ぶり大幅反発。
    終値839円(前日比+71円+9.24%)
    12日発表の決算を好材料視。
    昨年来高値更新。
    25日移動平均線(808円)回復。
    
    ピックアップ
    コーナン商事<7516> 大幅反発。
    終値2596円(前日比+167円+6.87%)
    先週末12日の引け後に発表された決算を好材料視。
    (18年2月期第3四半期累計(3-11月)の連結経常利益は132億円(前年
    同期非連結比9.4%増)、直近3ヵ月の実績9-11月期(3Q)の連結経常
    利益は34.9億円(前年同期非連結比23.1%増))。
    先週末12日の取引では25日移動平均線(2442円)を割れて引けてい
    たが、引け後発表の決算が好材料視されて、週明けの本日に大幅
    反発、早期に同線を回復したかっこうとなり、上昇トレンド維
    持、昨年来高値2526円(1/11)を更新した。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-15【東京市場概況】

    日経平均は4日ぶり反発(61円高) 米株高を好感も円高重しに伸び
    悩み
    
    先週末(12日)の米株市場が主要3指数そろって史上最高値を更新す
    るなど堅調だったことから、日本株も買いが先行、日経平均は一
    時、23833.27円(179.45円高)まで上昇する場面があった。
    ただ、為替ドル/円が110円台後半と円高方向に振れたことなどが上
    げ幅を縮小して前場の取引を23708.63円(54.81円高)で引けてい
    た。
    後場はこう着感を強める展開に。5日移動平均線(23743円)近辺で
    小動き、終値では同線を下回って引けた。
    
    日経平均終値は+61.06円の23714.88円。
    
    東証1部の出来高は14億2170万株、
    売買代金は2兆4901億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1162銘柄、値下がり812銘柄、
    変わらず89銘柄。
    
    業種別では値上がりが23業種、値下がりは10業種。
    値上がりトップは証券・商品、銀行、不動産。
    値下がりは石油・石炭、鉄鋼、空運など。
    
    日経平均は円高を重しに伸び悩む展開、5日移動平均線(23743円)
    を下回って引けた。
    ただ、相場全体のムードは悪くない。好決算を発表した銘柄は買
    われており、新興市場のジャスダック、マザーズともに上昇、ジ
    ャスダックは新高値を連日で更新している。
    日経平均も為替がまた円安方向に振れる動きが見らられば、再び
    節目24000円が視野に入ってくるだろう。
    その間のいっときは、好決算銘柄のほか、新興市場を中心とした
    中小型株物色の展開となりそうだ。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-15【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は4日ぶり反発(54円高) 米株高好感も円高重しに上
    値重い
    
    先週末(12)の米株市場が主要3指数そろって史上最高値を更新する
    など堅調だったことから、日本株も買いが先行、日経平均は一
    時、23833.27円(179.45円高)まで上昇。
    ただ、買い一巡後は、為替ドル/円が110円台後半と円高方向に振れ
    たことなどが重しとなり、上げ幅を縮小した。
    
    日経平均前場終値は+54.81円の23708.63円。
    
    東証1部の出来高は7億5561万株、
    売買代金は1兆2652億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1223銘柄、値下がり754銘柄、
    変わらず84銘柄。
    
    業種別では値上がりが24業種、値下がりが9業種。
    値上がりトップは鉱業、証券・商品、不動産。
    値下がりは鉄鋼、空運、石油・石炭など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は買い一巡後に、5日移動平均線(23742円)近辺での攻
    防、後場もこの水準での推移が続きそうだ。
    日経平均がこう着となるなど、物色は新興市場を中心とした中
    小型株へ向かいやすい。引き続き、テーマ性のある銘柄、決算
    を手掛かりとした物色も目立ち、後場もそれらを中心に買いが
    向かいそうだ。
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-15【東京市場見通し】

    続く米株高を好感して買い先行 日経平均は節目24000円試す展開
    へ
    
    先週末12日の米株市場は大幅上昇、主要3指数そろって史上最高値
    を更新が続いた。
    米金融決算や経済指標の結果がおおむね良好だったことが好感さ
    れた。
    米株高を受けて、日本株は買いが先行する見通し。先週の日経平
    均は週後半に軟調な展開となっていたが、世界的株高の流れは続
    いていることなどから、戻しを試す展開、節目24000円を試す可能
    性もあるだろう。
    ただ、株高のいっぽうで、米長期金利の上昇で為替ドル/円は円高
    基調が続いており、現在は111円台前半での推移。円高が上値を抑
    える要因となりそうだ。
    ドル/円が落ち着いた動きとなれば、日経平均は節目24000円試す展
    開か。
    日経平均が買い先行後に様子姿勢となるようなら、新興市場を中
    心とした中小型株に目が向きやすい。
    次世代電池や働き方改革、省力化投資、仮想通貨といったテーマ
    性のある銘柄への注目度は高く、引き続き物色対象として意識さ
    れる見込み。
    
    日経平均予想レンジは23600円-24000円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が111円台前半での推移。
    (12日終値111.36-38円)
    
    現在、ユーロ/円が135円台半ばでの推移。
    (12日終値134.33-37円)
    
    
    12日米株市場概況
    
    大幅上昇。NYダウはこの日の高値圏で終了。S&P500とNASDAQも堅調
    で、主要3指数がそろって2日連続で史上最高値を更新した。
    米12月コアCPIなどの強い経済指標の結果を受けて米長期債利回り
    が上昇したことなどが、株式市場の後押しとなった。
    取引時間前に決算を発表した大手金融は、利益が市場予想を下回
    ったウェルズ・ファーゴが下落したが、ブラックロックが買われ
    た。
    NYダウ終値は+228.46の25803.19、
    S&P500は+18.46の2786.24、
    NASDAQは+49.29の7261.06 。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-12【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    北の達人<2930> 決算発表。
    終値1374円(前日比-27円-1.92%)
    18年2月期第3四半期累計(3-11月)の経常利益(非連結)は8.7億円
    (前年同期比2.6倍)。
    通期の同利益を従来予想7.7億円から14.1億円に上方修正。
    今期の年間配当を従来計画5.5円から8円に増額修正。
    
    フィルカンパニー<3267> 決算発表。
    終値3890円(前日比+175円+4.71%)
    17年11月期の連結経常利益は3億円(前期比33.3%増)。
    18年11月期は5億円(前期比64.5%増)。
    
    SHIFT<3697> 決算発表。
    終値3290円(前日比+20円+0.61%)
    18年8月期第1四半期(9-11月)の連結経常利益は2億円6400万円(前
    年同期比7.1倍)。
    9-2月期(上期)の同利益を従来予想2億9000万円から4億円に上方修
    正。
    通期の同利益を従来予想8億円から9億円に上方修正。
    
    プラズマ<6668> 決算発表。
    終値2005円(前日比+21円+1.05%)
    18年8月期第1四半期(9-11月)の連結経常利益は4.6億円(前年同期比36.6%増)。
    通期の同利益を従来予想の13億円から15.6億円に上方修正。
    9-2月期(上期)の同利益を従来予想6.4億円からに上方修正。
    
    エスケイ<7608> 決算発表。
    終値482円(前日比±0円±0.00%)
    18年2月期第3四半期累計(3-11月)の連結経常利益は2億3400万円
    (前年同期比60.3%増)。
    通期の同利益を従来予想8000万円から2億4000に上方修正。
    
    ピックアップ
    サイバーS<3810> 業績修正発表。
    終値2755円(前日比+22円+0.80%)
    18年5月期の連結経常利益を従来予想8600万円から4億5000万円に
    上方修正。(6-11月期(上期)の業績見通しは引き続き非開示)
    「オンラインクレーンゲーム・トレバ」、新作スマートフォンタ
    イトルである「Q&Qアンサーズ」が好調に推移したことが上方
    修正につながったとのこと。
    テクニカル面では、日足一目均衡表の雲上限(2840円)の手前で株
    価は推移。
    発表を受けて雲突破、上方向へのトレンドを強める展開が期待さ
    れる。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-12【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め15銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ルーデン<1400>、
    一時S アミタHD<2195>、
    S エスプール<2471>、
    S 白鳩<3192>、
    S フジタコーポ<3370>、
    S Ciメディカ<3540>、
    一時S マツオカ<3611>、
    S ネオジャパン<3921>、
    一時S アークン<3927>、
    S ユーザーロカ<3984>、
    S 大有機<4187>、
    S ナノキャリア<4571>、
    一時S ラクオリア<4579>、
    一時S 窪田製薬HD<4596>、
    S アライドHD<6835>。
    
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    免疫生物<4570> 3日ぶり大幅反発。
    終値830円(前日比+30円+3.75%)
    200日移動平均線(808円)回復。
    
    トランザクショ<7818> 大幅続伸。
    終値1202円(前日比+141円+13.28%)
    前日(11日)発表の決算を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限1112円)突破。
    
    青山財産<8929> 大幅反発。
    終値1792円(前日比+111円+6.60%)
    25日移動平均線(1704円)回復。
    
    ピックアップ
    ワールドHD<2429> 7日ぶり大幅反発。
    終値3400円(前日比+110円+3.34%)
    昨年来高値3750円(12/28)付けて以降は調整、前日(11日)まで、6
    日続落となっていたが、本日に大幅反発。
    75日移動平均線(3255円)を下値サポートに調整一巡、割れていた
    25日移動平均線(3356円)回復。
    高値を試す展開、更新へと期待がかかる。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-12【東京市場概況と来週の見通し】

    12日概況 日経平均は3日続落(56円安) 円高、週末要因で売り優
    勢
    
    前日の米株市場は主要3指数そろって史上最高値を更新するなど堅
    調な展開だったが、為替ドル円が円高基調にあることなどが重しと
    なり、日本株は朝方からさえない展開となっていた。
    午後に2時には17年12月の景気ウオッチャー調査が発表され、街角
    の景気実感を示す現状判断DIが53.9と5ヶ月ぶりに悪化(前月比
    0.2ポイント低下)したことや週末要因もあり、後場も売り優勢の
    展開が続いた、引けにかけては下げ渋る動きも見られたが、戻り
    も限定的、日経平均は3日続落で、本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は-56.61円の23653.82円。
    
    東証1部の出来高は16億9619万株、
    売買代金は3兆2196億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり596銘柄、値下がり1385銘柄、
    変わらず82銘柄。
    
    業種別では値上がりが6業種、値下がりが27業種。
    値上がりが鉄鋼、機械、その他製品など。
    値下がりトップは電機・ガス、倉庫・運輪、情報・通信・
    
    
    来週の見通し
    
    来週の日経平均は調整含みの展開が予想される。
    米金融機関の決算本格化するなか好業績期待から、米株市場は堅
    調な展開が続く可能性はある。
    ただ、直近の為替ドル/円が円高基調にあり、日本株の重しとなっ
    ている。
    来週も引き続き、米株高が下値を支える要因とはなりそうだが、
    円高が上値の抑えることになりそうだ。
    テクニカル面での日経平均は、前日(11日)に5日移動平均線(23743
    円)割れ、本日も同線を下回って引けており、週明けは上値抵抗と
    意識されそうだ。
    年初の急ピッチ上昇の余韻が残るなか、調整色が強まる可能性が
    あるだろう。
    とりあえずの調整メドは、節目23500円。または、日足一目均衡表
    の転換線(23334円)と見ておきたいところ。
    ただ、週明けに5日移動平均線を回復するようなら、節目24000円
    を試す可能性もある。
    日経平均の調整が警戒されるなか、物色対象はやはり新興市場を
    中心とした中小型株となりそう。
    本日、ジャスダックが7日続伸。マザーズも反発した。ジャスダッ
    クは年明けから1日も下落することなく、新高値を連日で更新し
    ている。
    
    来週の日経平均予想レンジは23300円-24000円。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-12【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅3日続落(12円安) 買い先行も円高重しに売り
    に転換
    
    前日の米株市場が上昇、主要3指数そろって史上最高値を更新して
    いたことなどから、日本株も朝方は買い優勢でスタートした。
    しかし、為替ドル/円が円高基調にあることが重しとなり、売り優
    勢の展開に。
    日経平均は小幅に3日続落で前場の取引を終えた。
    いっぽうで、新興市場はしっかり。マザーズ、ジャスダックとも
    にプラス圏で前場を終えている。
    
    日経平均前場終値は-12.97円の23697.46円。
    
    東証1部の出来高は8億9961万株、
    売買代金は1兆6630億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり714銘柄、値下がり1253銘柄、
    変わらず96銘柄。
    
    業種別では値上がりが7業種、値下がりが26業種。
    値上がりはその他製品、ゴム製品、機械など。
    値下がりトップは電機・ガス、食料品、情報・通信。
    
    
    後場の見通し
    
    前場の日経平均は寄与度の高いファストリ<9983>の上昇があり、
    いっていの底堅さを示して、前日同様に5日移動平均線(23752円)
    近辺での攻防が続いている。
    後場も、引き続き、ファストリ<9983>の動向がカギを握りそう
    だ。
    また、日銀のETF買いも期待され、5日線を上回って引けれるかが
    焦点となりそう。
    前場、しっかりとした展開にあった新興市場は後場も引き続き、
    しっかりの展開が期待されるが、週末要因があり、引けにかけて
    は、やや弱含みの展開が警戒されるところ。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2018-01-12【東京市場見通し】

    米株高好感し買い先行も上値は限定的 ドル/円が円高基調にあり
    重し
    
    前日の米株市場が大幅反発、主要3指数そろって史上最高値を更
    新、NYダウは200ドル超えの上昇となった。
    米株高を好感して、日本株も買いが先行する見通し。
    また、前日(11日)引け後に決算を発表したファストリがADRで大
    幅高となっており、指数への寄与度の高い当銘柄の上昇が、指
    数上昇に大きく貢献しそうだ。
    ただ、為替ドル/円が111円台前半での推移と円高基調に変わりな
    し、上げたところでは売りが出やすい。
    週末要因も重なり、買い一巡後は、上値の重い展開が予想され
    る。
    
    日経平均予想レンジは23600円-23900円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が111円台前半での推移。
    (11日終値111.78-79円)
    
    現在、ユーロ/円が133円台後半での推移。
    (11日終値133.45-49円)
    
    
    11日米株市場概況
    
    大幅反発。主要3指数そろって史上最高値を更新。
    中国政府が米国債の購入停止を検討との噂を否定したことで安心
    感が広がった。
    また、12日から本格化する米主要企業の17年10-12月決算発表を前
    に、好業績期待や今後の減税による業績への寄与などが期待され
    た面もあるようだ。
    NYダウ終値は+205.60の25574.73、
    S&P500は+19.33の2767.56、
    NASDAQは+58.21の7211.78。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-11【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    アルテック<9972> 業績修正発表。
    終値391円(前日比-1円-0.25%)
    17年11月期の連結経常利益を従来予想4億円から6.5億円に上方修
    正。
    
    ピックアップ
    MrMAXHD<8203> 決算発表。
    終値876円(前日比+21円+2.45%)
    18年2月期第3四半期累計(3-11月)の連結経常利益は21.7億円。
    通期の同利益を従来予想24.7億円から28億円に上方修正。
    また、期末一括配当を従来計画16円から17円に増額修正(前期は14
    円)。
    株価は直近、25日移動平均線(872円)近辺で推移。
    同線からの上振れへ。昨年来高値935円(12/26)を試す展開へ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    アステラス薬<4503>
    終値1454.0円(前日比-6.0円-0.41%)
    寿製薬と共同開発を進める選択的SGLT2阻害剤イプラグリフ
    ロジン L-プロリンについて日本で1型糖尿病に関する効能・
    効果追加の承認申請。
    
    Vテクノロジー<7717>
    終値19670円(前日比+90円+0.45%)
    複数の海外大手ディスプレーメーカーから、光配向露光装置およ
    びカラーフィルター露光装置を約150億円で受注したと発表。
    (同受注による18年3月期業績への影響は軽微で、来期以降の業績
    に貢献するとしている)
    
    ネオジャパン<3921>
    終値1394円(前日比-12円-0.85%)
    1/18付で東証マザーズから東証1部へ市場変更されることになった
    と発表。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-11【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め12銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ベルグアース<1383>、
    S ルーデン<1400>、
    S 地域新聞社<2164>、
    S フジタコーポ<3370>、
    一時S エキサイト<3754>、
    S GW<3936>、
    一時S Eストアー<4304>、
    S モリテック<5986>、
    S 旅工房<6548>、
    S ゲームウィズ<6552>、
    一時S 原田工業<6904>、
    一時S 大運<9363 >。
    
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ソースネクスト<4344> 大幅続伸。
    終値1380円(前日比+167円+13.76%)
    25日移動平均線(1279円)回復して上振れ。
    
    OLC<4661> 4日ぶり大幅反発。
    終値10945円(前日比+685円+6.67%)
    昨年来高値更新。
    25日移動平均線(10455円)回復して上振れ。
    
    ベル24HD<6183> 大幅続伸。
    終値1594円(前日比+199円+14.26%)
    昨年来高値更新。
    25日移動平均線(1418円)回復して上振れ。
    
    ピックアップ
    日比谷<1982> 大幅反発。
    終値2629円(前日比+191円+7.83%)
    本日の大幅反発で、日足一目均衡表の雲(上限2526円)突破となる
    などチャート形状が良好。もう一段高が期待されるところにあ
    る。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-11【東京市場概況】

    日経平均は続落(77円安) 売り優勢も下値限定的、5日移動平均線
    近辺での攻防
    
    前日の米株市場が下落。為替ドル/円も円高方向にあったことなど
    を嫌気、本日の日本株は朝方から売りが先行した。
    日経平均は一時、23601.84円(186.36円安)まで下落。その後は下
    げ渋り、23700円台でもみあい、前場の取引を終えた。
    後場も日経平均の下値は限定され、前場の安値を割り込むことは
    なかった。
    ただ、前場をプラス圏で引けていた新興市場マザーズがマイナス
    に転換せするなど、相場全体としては、手仕舞いムードが強まっ
    た感がある。(ジャスダックはプラス圏で本日の取引を終えてい
    る)
    
    日経平均終値は-77.77円の23710.43円。
    
    東証1部の出来高は15億8283万株、
    売買代金は2兆8021億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり976銘柄、値下がり986銘柄、
    変わらず101銘柄。
    
    業種別では値上がりが16業種、値下がりが17業種。
    値上がりは鉱業、バルブ・紙、海運など。
    値下がりは食料品、医薬品、水産・農林など。
    
    日経平均は本日、5日移動平均線(23713円)近辺での攻防となった。
    終値では僅かながら、同線を下回っており、短期的には調整を
    警戒したいところだ。
    とはいえ、5日移動平均線を含め主要な平均線は上向き。早期
    に5日移動平均線を回復するようなら、再度節目24000円を試す
    展開期待されるところであり、押しても短期的な調整、押し目
    買いチャンスとなりそうだ。
    とりあえず、目先は、この5日線近辺での攻防から上下どちら
    に振れるか見守りたいところだろう。
    そんななか、本日の後場はまちまちとなった新興市場の方が、
    手掛けやすさがある。
    目先は中小型株物色が強まると見ておきたいところ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-11【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続落(80円安) 売り一巡後は下げ渋りもみあい
    
    朝方から売りが先行。前日の米株市場の下落、為替ドル/円が円高
    方向にあったことなどが売り材料となった。
    日経平均は一時、23601.84円(186.36円安)まで下落する場面が見
    られた。
    しかし、売り一巡後は下げ渋り。円高方向にあったドル/円が一服
    したことなどが要因となった。
    その後、日経平均は23700円台でもみあい、前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-80.89円の23707.31円。
    
    東証1部の出来高は8億281万株、
    売買代金は1兆3497億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり815銘柄、値下がり1132銘柄、
    変わらず116銘柄。
    
    業種別では値上がりが12業種、値下がりが21業種。
    値上がりは鉱業、海運、証券・商品など。
    値下がりトップは医薬品、金属製品、化学。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は売り優勢のなか5日移動平均線(23713円)近辺で底堅く
    推移。
    上値を追いにくい展開ではあるが、いっていの底堅さを示して、
    前場の取引を終えており、後場も為替ドル/円の動向次第のところ
    はあるが、底堅い展開が続きそう。
    新興市場はマザーズ、ジャスダックともにプラス圏で前場を引け
    た。
    マザーズ指数は6連騰で1300ptを回復、JASDAQも6連騰で高値更新
    と強い動き、これらを中心に中小型株は堅調と言える。
    後場も続き、新興市場を中心とした中小型株へ物色は向かいやす
    いだろう。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-01-11【東京市場見通し】

    売り優勢 世界的株高の流れが一服 ドル/円も円高方向にあり重し
    
    前日の米株市場は主要3指数そろって反落。為替ドル/円も円高方向
    に振れており、現在は111円台前半での推移となっている。
    本日の日本株は世界的株高の一服、加えてドル/円が円高方向にあ
    ることから、売り優勢の展開が予想される。
    週末にオプションSQ(特別清算指数)算出を控えるなか、年初の
    上昇の反動が大きく出る可能性もあり、日経平均は荒い値動きと
    なる可能性がある。
    取引時間中、ドル/円の動向をにらみながら神経質な展開となりそ
    うだ。
    ドル/円がある程度落ち着いた動きとなれば、押し目買いが入りや
    すい。
    結果的にここまでの過熱感を冷ますかっこうとなり、いっていの
    底堅さを示すことも考えられる。
    日経平均の目先の調整が意識されやすいなか、物色は中小型株へ
    向かいやすい。
    直近に強い動きが見られるバイオ株、その他の注目されるテーマ
    株は、全固体電池関連や仮想通貨関連、AI関連やIoT関連など。
    
    
    日経平均予想レンジは23500円-23800円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が111円台前半での推移。
    (10日終値111.93-95円)
    
    現在、ユーロ/円が133円台前半での推移。
    (10日終値133.59-63円)
    
    
    10日米株市場概況
    
    主要3指数そろって反落。
    利益確定売りに上値を抑えられたほか、中国が米国債の購入ペー
    スを落とすと伝わったことや、トランプ大統領がNAFTAからの脱退
    を検討していると報じられたことなどが、株価の重しとなった。
    NYダウは一時、100ドル超えの下落となった後、切り返してプラス
    圏に浮上する場面もあったが、終値ではマイナス圏で引けてい
    る。
    NYダウ終値は-16.67の25369.13、
    S&P500は-3.06の2748.23、
    NASDAQは-10.01の7153.57 。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-10【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    アイケイ<2722> 決算発表。
    終値4790円(前日比-120円-2.44%)
    18年5月期第2四半期累計(6-11月)の連結経常利益は5.2億円(前年
    同期比2.5倍)。
    
    ANAP<3189> 決算発表。
    終値1001円(前日比-32円-3.09%)
    18年8月期第1四半期(9-11月)の経常利益(非連結)は1億円(前年同
    期比3.1倍)。
    
    エヌピーシー<6255> 決算発表。
    終値238円(前日比+1円+0.42%)
    18年8月期第1四半期(9-11月)の連結経常損益は1億8600万円の黒字
    浮上((前年同期は5500万円の赤字)。
    
    ピックアップ
    スター精<7718> 決算・自社株買い発表。
    終値2029円(前日比-11円-0.53%)
    18年2月期第3四半期累計(3-11月)の連結経常利益は46.8億円(前年
    同期比90.2%増)。 
    通期の同利益を従来予想55億円から65億円ぶ上方修正。
    (工作機械事業において、欧州や中国で自動車関連を中心に設備投
    資需要が好調に推移しているほか、特機事業でも米国市場向けを
    中心に需要が堅調なことが要因)
    また、同時に自社株買い実施を発表。30万株(発行済み株数の
    0.81%、または6億円を上限。取得期間は1/11から2/21。
    株価は前日(9日)まで4日続伸、昨年来高値2059円を付けていた。
    本日(10日)こそ上昇一服となったが、5日移動平均線(2000円)など
    をサポートに下値は限定的、底堅い展開となっていた。
    好決算、自社株買い実施を好感して、上値追いの展開が期待され
    る。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    MonotaRO<3064>
    終値3760円(前日比-15円-0.39%)
    12月売上高は前年同月比26.9%増。
    
    TOKAIHD<3167>
    終値986円(前日比-2円-0.20%)
    Amazonクラウドサービスで昨年11月に新設された「AWS ネットワ
    ーキングコンピテンシー」認定を国内企業で初めて取得。
    また、IoTを活用したスマートホームサービスを提供開始。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-10【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め14銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S アミタHD<2195>、
    一時S ファステプ<2338>、
    S RSテクノ<3445>、
    S Ciメディカ<3540>、
    S データHR<3628>、
    S アイスタイル<3660>、
    S ソフトMAX<3671>、
    S Eストアー<4304>、
    S ヤマザキ<6147>、
    一時S バーチャレク<6193>、
    一時S 日本ユピカ<7891>、
    一時S シルバライフ<9262>、
    一時S ポエック<9264>、
    S IXナレッジ<9753>。
    
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    フィスコ<3807> 大幅反発。
    終値423円(前日比+41円+10.73%)
    仮想通貨関連。(10日付の日本経済新聞は「フィスコ<3807>は1月
    中にも仮想通貨などに投資する日本初のファンドの運用を始る」
    と報道)日足一目均衡表の雲(上限406円)突破。
    
    富通コンポ<6719> 大幅反発。
    終値1016円(前日比+72円+7.62%)
    電気自動車(EV)関連。
    日足一目均衡表の雲(上限986円)突破。
    
    エニグモ<3665> 大幅反発。
    終値1171円(前日比+33円+2.89%)
    日足一目均衡表の雲(上限1141円)突破。
    
    ピックアップ
    インフォテリア<3853> 7日大幅続伸。
    終値1340円(前日比+96円+7.71%)
    10日付の日本経済新聞で「フィスコ<3807>は1月中にも仮想通貨な
    どに投資する日本初のファンドの運用を始める」と報道)。
    フィスコ<3807>を筆頭に仮想通貨関連株が賑わっている。
    仮想通貨関連株のなかから、インフォテリア<3853>の動向に注
    目。
    チャート形状が良好。日足一目均衡表の雲(上限1249円)突破。週
    足ベースの移動平均線チャートにおいて、26週線(1254円)を回復
    してきている。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-01-10【東京市場概況】

    日経平均は4日ぶり反落(61円安) 過熱感を意識した利益確定売り
    が重し
    
    朝方から売り優勢の展開にあった。前日の米株は堅調だったもの
    の、為替ドル/円が円高方向にあったことから、打ち消すかっこう
    となった。
    また、日経平均は前日までの3連騰、急ピッチでの上昇から、過熱
    感が意識され、利益確定売りが上値を抑えた。
    日経平均は前場を23796.45円(53.54円安)で引けていた。
    後場は、早々に下値を試すかっこうとなり、23755.45円(94.54円
    安)まで値を落とした。
    その後、切り返して下げ幅縮小も、戻しきれず、4日ぶりの反落
    で、本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は-61.79円の23788.20円。
    
    東証1部の出来高は15億9260万株、
    売買代金は2兆7931億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり969銘柄、値下がり1007銘柄、
    変わらず87銘柄。
    
    業種別では値上がりが21業種、値下がりが12業種。
    値上がりトップは石油・石炭、鉱業、バルブ・紙。
    値下がりは食料品、精密機器、化学など。
    
    日経平均は4日ぶりに反落も直近の連騰を考えると下落幅は小さ
    い。下値では買いが入っていると見られ、底堅さがうかがえる。
    とはいえ、節目24000円が目先の上値抵抗となる可能性は高く、
    一端は、過熱感を冷ます調整が必要なところでもある。
    5日移動平均線(23524円)、日足一目均衡表の転換線(23344円)
    辺りまでの押しを意識しておいても良さそうだ。
    そうなると、資金は新興市場を中心とした中小型へ流れやすい。
    本日もマザーズやジャスダックはプラス圏で引けており、じり
    高基調が続いた。
    豪快に上げていく感じではなく、先行して上昇していた銘柄等
    には利食いが出やすいものの、相対的に出遅れている銘柄を中
    心に買われる展開となりそうだ。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-10【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は4日ぶり反落(53円安) 3連騰の反動で売り優勢の
    展開
    
    前日の米株市場は主要3指数そろって史上最高値を更新するなど堅
    調だったが、為替ドル/円が円高方向にあったことなどが重しとな
    り、売り優勢の展開に。
    また、日経平均が前日までの3連騰、過熱感が意識されたことも利
    益確定売りに向かわせた。
    ただ、良好な地合いであることには変わり無し、下値は限定的さ
    れ、底堅く前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-53.54円の23796.45円。
    
    東証1部の出来高は8億2401万株、
    売買代金は1兆3672億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり957銘柄、値下がり988銘柄、
    変わらず118銘柄。
    
    業種別では値上がりが20業種、値下がりが13業種。
    値上がりトップは石油・石炭、鉱業、海運。
    値下がりは化学、精密機器、食料品など。
    
    
    後場の見通し
    
    年初からの上昇が大きく、過熱感が意識されていたなか、為替ド
    ル/円が円高方向にあったことがあり、さすがに本日は上昇一服と
    なった。
    ただ、円高に関わらず、自動車株が堅調に推移、その他に銀行株
    も強い動きが見られており、相場全体の雰囲気としては悪くな
    い。日経平均も下値では底堅さを示している。
    後場も続き、下値の堅さが意識される展開となりそうだ。
    また、個人の物色意欲の強さが窺えており、新興市場を中心とし
    た中小型株の動向も引き続き注目される。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-10【東京市場見通し】

    米株高も為替がやや円高方向 日経平均は上昇一服か 物色は中小
    型株へ 
    
    前日の米株市場は主要3指数そろって上昇して史上最高値を更新と
    堅調な展開となった。
    いっぽうで、為替ドル/円は現在、112円台後半での推移と前日から
    やや円高方向に振れている。
    日経平均はドル/円が円高方向にあることから上昇一服の流れ、前
    日に節目24000円超えとならなかったこともあり、上値の重さが意
    識され、売り優勢の展開となりそうだ。
    ただ、良好な地合いであることには変わりなく、5日移動平均線
    (23323円)などを下値サポートに意識して、底堅い展開とはなりそ
    うだ。
    日経平均の上昇一服が意識されるなか、物色対象は新興市場を中
    心とした中小型株へ向かう見通し。
    
    日経平均予想レンジは23700円-23900円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が112円台後半での推移。
    (9日終値112.74-75円)
    
    現在、ユーロ/円が134円台半ばでの推移。
    (9日終値134.73-77円)
    
    
    9日米株市場概況
    
    堅調。主要3指数そろって史上最高値を更新。
    S&P500とNASDAQは年初から6日続伸。
    NYダウは反発となった。
    アジアや欧州株高の流れを引き継ぎ上昇してスタート。
    その後、週後半からスタートの金融の決算発表への期待感などか
    ら堅調な展開が続いた。
    NYダウ終値は+102.80の25385.80、
    S&P500は+3.58の2751.29、
    NASDAQは+6.19の7163.58。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-09【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    本日、該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    夢真HD<2362>
    終値1112円(前日比+27円+2.48%)
    12月に稼動技術者数が6000人突破。
    
    シュッピン<3179>
    終値1487円(前日比-24円+1.58%)
    12月度の月次情報を発表。売上高は前年同
    月比17.9%増の31.90億円、うちEC売上高
    は同17.9%増の19.44億円、Web会員数は前
    月比4,104名増の348,518名。
    
    LIXILビ<3564>
    終値1959円(前日比-3円-0.15%)
    12月既存店売上高は前年同月比0.9%増。
    5ヵ月ぶりに前年実績上回り。
    
    ピックアップ
    鳥貴族<3193>
    終値3895円(前日比+130円+3.45%)
    12月度の月次報告を発表。既存店売上高は前年同月比0.4%増と2ヵ
    月連続で前年実績上回り。
    昨年10月に値上げした効果で客単価が同2.6%増と3ヶ月連続でプラ
    スを維持。客数は同2.1%減(2ヵ月ぶりに前年下回り)も客単価の上
    昇でカバーした。
    株価は本日、5日ぶり大幅反発。割れていた日足一目均衡表の転換
    線(3845円)を早期に回復。この水準からのリバウンドが期待され
    るところ。
    発表を刺激材料に先月高値(昨年来高値)3965円を試す展開、高値
    更新となるか。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-09【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め17銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S KDXサムス<1584>、
    一時S メディ一光<3353>、
    一時S フジタコーポ<3370>、
    S Ciメディカ<3540>、
    一時S リアルワルド<3691>、
    一時S ソフトウェア<3733>、
    S カルナバイオ<4572>、
    S アンドール<4640>、
    S ブランジスタ<6176>、
    S バーチャレク<6193>、
    S SEMTEC<6626>、
    S C&GSYS<6633>、
    一時S 小田原機器<7314>、
    S 日本ユピカ<7891>、
    一時S ウッドワン<7898>、
    S 河合楽<7952>、
    S シルバライフ<9262>。
    
    ピックアップ
    カルナバイオ<4572> ストップ高。
    終値1419円(前日比+300円+26.80%)
    先週末5日の引け後に、同社がカナダのシエラ・オンコロジーに導
    出したCDC7キナーゼ阻害薬の特許出願(新規フラノン誘導体)に関
    し、日本における特許が成立したと発表。
    発表が好感されて大幅反発。ストップ高で本日の取引を終えた。
    テクニカル面でも、日足一目均衡表の雲(上限1285円)突破となる
    など、チャート形状が良好。
    
    C&GSYS<6633> ストップ高。
    終値632円(前日比+100円+18.79%)
    先週末5日に、金型向け2次元(2D)・3次元(3D)融合型のCAD/CAMシ
    ステム「EXCESS-HYBRID2(エクセスハイブリッドツー)」の新版
    「V3.1」を2月にリリースすると発表。
    発表が好感されて大幅続伸。ストップ高で本日の取引を終えた。
    テクニカル面でも日足一目均衡表の雲(上限567円)を突破となるな
    ど、チャート形状が良好。
    
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    そーせい<4565> 3日ぶり大幅反発。
    終値11550円(前日比+820円+7.64%)
    日足一目均衡表の雲(上限11400円)突破。
    
    ARM<8769> 3日大幅続伸。
    終値1089円(前日比+89円+8.90%)
    日足一目均衡表の雲(上限1022円)突破。
    
    JUKI<6440> 3日大幅続伸。
    終値2017円(前日比+105円+5.49%)
    日足一目均衡表の雲(上限1955円)突破。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-09【東京市場概況】

    日経平均は3日続伸(135円高) 24000円に迫るも届かず 後場は中
    小型株物色へ
    
    東京市場が連休の間、米株市場は前日はまちまちも、先週末(5日)
    に大幅上昇となっていた。
    先週末の米株高を好感する形となり、日本株は朝方がから買いが
    先行した。
    日経平均は寄り付き直後に23952.61円(238.08円高)まで上昇、節
    目24000円に迫る場面が見られた。
    買い一巡後は、利益確定売りに押されて上げ幅縮小も、下げたと
    ころでは買いが入り、23800円台を維持、前場の取引を3桁の上昇
    で終え、後場も同水準での推移が続いた。
    日経平均が24000円手前で足踏みとなるなか、物色は中小型株へ向
    かい、ジャスダックとマザーズはともに4日続伸。
    マザーズは2006年9月以来の高値を付けたほか、売買代金は17年
    7/6以来、半年ぶりの高水準。ジャスダックも連日の新高値を付け
    た。
    
    日経平均終値は+135.46円の23849.99円。
    
    東証1部の出来高は16億6341万株、
    売買代金は3兆1112億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1185銘柄、値下がり795銘柄、
    変わらず83銘柄。
    
    業種別では値上がりが24業種、値下がりが9業種。
    値上がりトップは不動産、電気機器、証券・商品。
    値下がりは鉱業、石油・石炭、バルブ・紙など。
    
    日経平均は24000円に迫ったものの届かず。ただ、大きくは崩れる
    こともなく、しっかりとした展開となった。
    目先、日経平均は24000円手前で足踏みの見通し。週末にオプショ
    ンSQを控えていることを考えるとやや乱交下する可能性もある。
    物色意欲が依然として強いなか、出遅れセクターや新興市場を中
    心とした中小型へより物色は向かいやすい見込み。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-09【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は3日続伸(129円高) 買い一巡後は上げ幅縮小も強
    い動き
    
    東京市場が3連休の間、米株市場は前日こそまちまちだったが、先
    週末(5日)に大幅上昇となっていたなど強い動きにあり、日本株は
    買いが先行した。
    日経平均は一時、節目24000円に迫り、23952.61円(238.08円高)ま
    で上昇。
    買い一巡後は、利益確定売りに押されて上げ幅縮小も、23800円を
    割れるところでは、買いが入っており、前場の取引を3桁の上昇で
    終えている。
    
    日経平均前場終値は+129.17円の23843.70円。
    
    東証1部の出来高は8億9067万株、
    売買代金は1兆6039億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1075銘柄、値下がり881銘柄、
    変わらず107銘柄。
    
    業種別では値上がりが23業種、値下がりが10業種。
    値上がりトップは不動産、繊維製品、電気機器。
    値下がりはバルブ・紙、ゴム製品、転送用機器など。
    
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は節目24000円に迫る水準では利益確定売りに押されてお
    り様子見、過熱感が意識されているようだ。
    とはいえ、3桁の上昇で前場の取引を終えており、相場の雰囲気は
    良好。
    後場は、先行して上昇していた銘柄は一服感が出てくる可能性は
    あるが、調整一巡感のある銘柄や出遅れ感のある銘柄へ買いが向
    かいそうだ。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-01-09【東京市場見通し】

    外部環境を好感して買い先行 日経平均は節目24000円を試す展開
    へ
    
    連休中の海外市場は比較的良好な展開だった。先週末(5日)、米雇
    用統計を受けて米株市場は大幅上昇、週明けの昨日はNYダウは利益
    確定売りに押されたものの、S&P500とNASDAQは5日続伸して史上
    最高値を更新している。
    為替ドル/円も、113円台前半での推移と円安基調を維持している。
    そうした外部環境を受けて、日本株は買いが先行する見通し。
    日経平均は節目24000円を試す展開が期待されるところ。
    その水準では、利益確定売りに上値を抑えられやすい。
    ただ、世界的に株高基調が強まっており、高寄り後も値を保った
    動きが続き、円安やアジア株高などの後押しがあれば、24000円超
    えへ。24000円が通過点との見方が強まり、上げ幅を拡げる展開も
    予想される。
    
    日経平均予想レンジは23800円-24200円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が113円台前半での推移。
    (先週末5日終値113.14-15円)
    
    現在、ユーロ/円が135円台前半での推移。
    (先週末5日終値136.42-46円)
    
    
    8日米株市場概況
    
    高安まちまち。NYダウは一時、取引時間中の史上最高値を更新も終
    値では反落。いっぽうで、S&P500とNASDAQは5日続伸して、先週に
    続き史上最高値を更新している。
    主要な経済指標の発表など無く、先週の大幅高を受けて高値警戒
    感が強まるなか、方向感に欠けて上値の重い展開だった。
    NYダウ終値は-12.87の25283.00、
    S&P500は+4.56の2747.71、
    NASDAQは+20.83の7157.39。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-05【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ラクトJPN<3139> 業績修正発表。
    終値4860円(前日比+40円+0.82%)
    17年11月期の連結経常利益を従来予想20.2億円から25億円に上方
    修正。
    
    マルマエ<6264> 決算発表。
    終値1728円(前日比-37円-2.09%)
    18年8月期第1四半期(9-11月)の経常利益(非連結)は3.1億円(前年
    同期比2.8倍)。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    Uアローズ<7606>
    終値4690円(前日比+40円+0.86%)
    12月既存店売上高は前年同月比4.8%増。5ヶ月連続前年上回り。
    
    ファストリ<9983>
    終値46840円(前日比+400円+0.86%)
    12月国内ユニクロ既存店売上高は18%増。4ヶ月連続前年上回り。
    
    ピックアップ
    マクドナルド<2702>
    終値4970円(前日比-30円-0.60%)
    12月既存店売上高は前年同月比8.0%増と25ヶ月連続で前年実績を
    上回った。
    冬の風物詩と提供している「グラコロ」。前年にリニューアルし
    た「超グラコロ」と新商品の「熟グラコロビーフシチュー」の2種
    類を販売したことなどが寄与したもよう。
    株価は、昨年来高値5320円(12/12)から、週足ベースの移動平均線
    において、13週線(4931円)や26週線(4873円)近辺まで調整したと
    ころ。これらを下値サポートにリバウンドが期待される。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-05【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S ETFS大豆<1697>、
    一時S カルラ<2789>、
    一時S スターティア<3393>、
    S ブライトパス<4594>、
    S アンドール<4640>、
    S バーチャレク<6193>、
    一時S パスポート<7577>、
    一時S ポエック<9264>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    アサヒ<2502> 大幅続伸。
    終値5961円(前日比+274円+4.81%)
    昨年来高値更新。
    25日移動平均線(5705円)回復し上振れ。
    
    gumi<3903> 大幅反発。
    終値1106円(前日比+37円+3.46%)
    日足一目均衡表の雲(上限1083円)突破。
    
    広済堂<7868> 大幅反発。
    終値473円(前日比+27円+6.05%)
    日足一目均衡表の雲(上限460円)突破。
    
    ピックアップ
    fonfun<2323> 大幅続伸。
    終値550円(前日比+43円+8.48%)
    前日4日にボードウォークが運営するケータイ電子チケットサービ
    ス「ticket board」に子会社であるFunFusionの「らくらくナンバ
    ー」が採用されたと発表。発表が株価刺激材料となり大幅上昇。
    テクニカル面では、直近に割れていた25日移動平均線(524円)を回
    復して上振れ、この水準からのリバウンドが期待される、昨年来
    高値730円(12/19)を試す展開へ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-01-05【東京市場概況と来週の見通し】

    5日概況 日経平均は大幅続伸(208円高) 前日に続き後場上げ幅拡
    大
    
    前日の米株市場が連日で主要3指数そろって史上最高値を更新する
    など堅調な展開だったことを受けて、日本株も朝方から買われる
    展開となった。
    日経平均は前場に一時、158.95円高まで上昇。しかし、その後は
    利益確定売りなどから上げ幅を縮小して、前場の取引を終えてい
    た(前場終値は23547.78円(41.45円))。
    後場は前日同様に上げ幅を拡大する展開に。一時は23730.47円
    (224.14円高)まで値を上げた。
    その後も、高値圏を維持して本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+208.20円の23714.53円。
    
    東証1部の出来高は16億8144万株、
    売買代金は3兆140億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1302銘柄、値下がり655銘柄、
    変わらず106銘柄。
    
    業種別では値上がりが27業種、値下がりが6業種。
    値上がりトップは鉄鋼、非鉄金属、証券・商品。
    値下がりは石油・石炭、鉱業、小売りなど。
    
    
    来週の見通し
    
    基本的には上値余地を探る展開を予想する。年初の大幅高など高
    値警戒は意識しておきたいところだが、直近に発表された経済指
    標は良好、世界景気の拡大を示している。
    今晩の米雇用統計を無難に通過すれば、次の注目のイベントは12
    日(金)の12月米小売売上高や12月米消費者物価指数など、これら
    の結果の影響を受けるとしても日本株は翌週となる。
    その為、来週は波乱要素は少ない。日経平均は次の節目24000円を
    試す場面があってもよいところだろう。
    ただ、米株が調整となれば、その影響を受けやすい。押し目買い
    意欲は強いと見られるが、短期的な上昇の反動もあり、23000円近
    辺まで調整する可能性があるといったところ。
    
    来週の日経平均予想レンジは23000円-24000円。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-01-05【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続伸(41円高) 買い先行後に伸び悩んで上げ幅縮
    小
    
    前日の米株市場が連日で主要3指数そろって史上最高値を更新する
    など堅調な展開。その流れを引き継いで日本株も買いが先行し
    た。
    日経平均は一時、23665.28円(158.95円高)まで上昇。しかし、買
    い一巡後は、前日の大幅高の反動、今晩の米雇用統計や3連休をを
    控えていることなどがあり、利益確定売りに押された。
    
    日経平均前場終値は+41.45円の23547.78円。
    
    東証1部の出来高は8億7356万株、
    売買代金は1兆4770億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1121銘柄、値下がり819銘柄、
    変わらず123銘柄。
    
    業種別では値上がりが25業種、値下がりが8業種。
    値上がりトップは鉄鋼、非鉄金属、海運。
    値下がりはゴム製品、小売り、サービスなど。
    
    
    
    後場の見通し
    
    前場、日経平均が上昇一服となるとともに中小型株への物色が広
    がりを見せてきている。
    直近、調整が続いていた銘柄などに見直し買いの動きが見られ、
    主力処の過熱感が意識されてきたなか、後場は一段とそれら中小
    型株へ物色が強まりそうだ。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-01-05【東京市場見通し】

    買い先行 日経平均は上値追いの展開 一巡後は様子見姿勢か?
    
    前日の米株市場は引き続き強く、主要3指数そろって史上最高値を
    更新。また、NYダウは25000ドルの大台に乗せている。
    為替ドル/円も現在、112円台後半での推移と落ち着いた動き。
    良好な外部環境から日本株も買いが先行する見通し。
    日経平均は前日に、強い上昇で昨年来高値を更新した。勢いその
    ままに本日もCME225先物にサヤ寄せするかっこうで、23600円台で
    のスタートが予想される。
    買い先行後もテクニカル的に上値抵抗が少ない水準、上値追いの
    流れとなりやすい。次の節目24000円に向けての動きが期待される
    ところ。
    とはいえ、今晩に米雇用統計の発表や3連休を控えていることがあ
    り、通常なら様子見姿勢となりやすい。
    ただ、勢いのあるなか、前日同様にじわじわと上げ幅を広げる可
    能性もあるだろう。
    
    日経平均予想レンジは22550円-23900円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が112円台後半での推移。
    (4日終値112.57-59円)
    
    現在、ユーロ/円が136円台前半での推移。
    (4日終値135.39-43円)
    
    
    4日米株市場概況
    
    続伸。前日に続き3指数そろっての史上最高値更新となった。
    NYダウは心理的な節目25000ドル超えともなっている。
    世界的な株高の流れが続くなか、発表された12月ADP民間部門雇用
    者数が9カ月ぶりの高い伸び、5日発表の12月雇用統計に向けて期
    待が高まった面もあるようだ。
    NYダウ終値は+152.45の25075.13、
    S&P500は+10.93の2723.99、
    NASDAQは+12.38の7077.92。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-04【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ミツコシイセタン<3099>
    終値1418円(前日比+21円+1.50%)
    12月度既存店売上高は前年同月比1.4%増。
    7ヶ月連続で前年上回り。
    
    京都友禅<7615>
    終値773円(前日比-4円-0.51%)
    12月受注高は前年同月比6.6%増。
    2ヵ月連続で前年上回り。
    
    高島屋<8233>
    終値1210円(前日比+24円+2.02%)
    12月度店頭売上高は前年同月比0.8%増。
    5ヶ月連続で前年上回り。
    
    松屋<8237>
    終値1600円(前日比+48円+3.09%)
    12月の銀座松屋の売上高は同2.9%増。
    
    H2Oリテイル<8242>
    終値2422円(前日比+63円+2.67%)
    12月度売上高(全社合計)は前年同月比2.9%増。
    13ヶ月連続で前年上回り。
    
    ピックアップ
    Jフロント<3086>
    終値2146円(前日比+23円+1.08%)
    12月百貨店事業売上高は前年同月比2.9%増と9ヶ月連続で前年上回
    り。
    株価は昨年来高値2190円(12/27)近辺でやや上値の重さが意識され
    る展開にあったが、発表を好感して高値更新、一段高が期待され
    るところ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-04【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め12銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S クロスキャト<2307>、
    S アイスタディ<2345>、
    S レカム<3323>、
    S スターティア<3393>、
    S グロバルLM<3486>、
    S ユーザーロカ<3984>、
    S ソルクシーズ<4284>、
    S ブランジスタ<6176>、
    S 不二精機<6400>、
    一時S SEMTEC<6626>、
    一時S 一家DP<9266>、
    S 杉村倉<9307>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    信越化<4063> 大幅反発。
    終値12105円(前日比+655円+5.72%)
    25日移動平均線(11731円)回復。
    
    フジキカイ<6134> 大幅反発。
    終値2277円(前日比+112円+5.17%)
    日足一目均衡表の雲(上限2245円)突破。
    
    ナブテスコ<6268> 大幅反発。
    終値4590円(前日比+270円+6.25)
    日足一目均衡表の雲(上限4442円)突破。
    
    マイクロニクス<6871> 大幅続伸。
    終値1237円(前日比+73円+6.27%)
    日足一目均衡表の雲(上限1178円)突破。
    
    ピックアップ
    ハーモニック<6324> 大幅反発。
    終値7220円(前日比+630円+9.55%)
    精密制御減速装置が主力。
    割れていた25日移動平均線(6860円)を回復して上振れ傾向。
    また、日足一目均衡表において雲(上限6942円)を突破。
    業績も良く、テクニカル面でも上昇トレンド転換の形状。
    目先、昨年来高値7940円(11/27)を試す展開か。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-04【東京市場概況】

    日経平均は3日ぶり大幅反発(740円高) 昨年来高値を更新して
    23500円台に
    
    年明けの強い米株市場の動向を好感して日本株も買いが先行。日
    経平均は節目23000円を回複、昨年高値23382.15円(11/9)に迫り、
    前場の取引を終えていた(前場終値は+561.12円の22326.06円)。
    後場は前場に迫った昨年来高値を超えて一段高、大引けにかけて
    も買い気は強まり、上げ幅は700円を超え、高値引けで23500円台
    に乗せて、本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+741.39円の23506.33円。
    
    東証1部の出来高は16億9065万株、
    売買代金は3兆2794億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1778銘柄、値下がり246銘柄、
    変わらず39銘柄。
    
    業種別では値上がりが全33業種が上昇。
    値上がりトップは証券・商品、石油・石炭、海運。
    
    日経平均は、これまでのもちあいレンジから上放れ。上値抵抗と
    意識されていた節目23000円を超えたことで、新たな上昇相場に入
    ったと期待されるところ。また、節目23000円が今後は下値サポー
    トとして意識されることになりそうだ。上値は当面、節目24000円
    がメドとして意識される見込み。
    新興株式市場も堅調で続伸。ジャスダック、マザーズともに昨年
    来高値を更新。ジャスダックは終値で大台4000円を回復した。テ
    ーマ性のある銘柄を中心に個人の売買は引き続き活発。目先も新
    興市場を中心とした中小型物色は続きそうだ。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-01-04【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は3日ぶり大幅反発(560円高) 米株高を好感
    
    年明けの強い米株市場の動向を好感して日本株も買いが先行。
    日経平均は節目23000円を回復して、一時は23335円(570.12円高)
    まで値を伸ばした。
    その後も高値圏での推移が続き、23300円台に乗せたまま前場の取
    引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+561.12円の22326.06円。
    
    東証1部の出来高は8億612万株、
    売買代金は1兆5303億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1667銘柄、値下がり335銘柄、
    変わらず60銘柄。
    
    業種別では値上がりが32業種、値下がりが1業種。
    値上がりトップは証券・商品、石油・石炭、鉱業。
    値下がりはゴム製品のみ。
    
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は昨年高値23382.15円(11/9)に50円弱のところまで迫っ
    ている。利益確定の売りも出やすいところではあるが、上抜けれ
    ば、さらに上方向へのトレンドが強まりやすいところ。
    また、上値抵抗と意識されても、先の押し目買い意欲は強く、し
    っかりとした展開が続きそうだ。
    後場は、高値圏で利益確定売りとの攻防が予想される。日経平均
    がこう着となれば、新興市場を中心とした中小型株物色が強まる
    見通し。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-01-04【東京市場見通し】

    買い先行 年明けの米株市場が堅調 日経平均は23000円超えへ
    
    先んじて2018年の取引がスタートしている米株市場は連日で強い
    動き、主要3指数そろって史上最高値を更新。2日にはNASDAQが終
    値で7000p台に乗せ、3日にはS&P500が2700p台に乗せた。
    為替ドル/円は小動き、現在は112円台半ばでの推移と落ち着いた動
    きとなっている。
    日本株は本日が2018年の初日の取引。米株高を好感して好スター
    トが予想される。
    日経平均は節目23000円超えへ。先高期待の高まりから、売りも手
    控えられる可能性が高く、ご祝儀的な買いも期待されるところ。
    寄り付きの大幅高スタート後も23000円を上回る水準で、良好な地
    合いが続く見通し。
    
    日経平均予想レンジは22950円-23200円。
    
    
    寄り付き前の外資系証券5社経由の注文状況
    
    売り320万株、買い240万株、
    差し引き80万株の売り越し。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が112円台半ばでの推移。
    (12/29終値112.64-66円)
    
    現在、ユーロ/円が135円台前半での推移。
    (12/29終値134.64-68円)
    
    
    3日米株市場概況
    
    主要3指数そろって続伸してそろって史上最高値を更新。
    S&P500は初のて2700ポイント台に乗せた。
    原油高を好感したエネルギー株や、半導体株にけん引されたIT株
    が上昇して相場の押し上げ要因となった。
    また、寄り後に発表された米12月ISM製造業景況指数や米11月建設
    支出が市場予想を上回ったことも好感された。
    NYダウ終値は+98.67の24922.68、
    S&P500は+17.25の2713.06、
    NASDAQは+58.63の7065.53。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
お気軽にお問い合わせください
  • お申込み
  • お問い合わせ
電話番号