• 2018-02-28【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    本日、該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    アスクル<2678>
    終値3885円(前日比+20円+0.51%)
    2月単体売上高は前年同月比2.3%増。
    6ヵ月連続で前年実績を上回り。
    
    セレス<3696>
    終値1872円(前日比+76円+4.23%)
    仮想通貨取引所向けウォレット管理システムを始めとするソフト
    ウェア開発事業を行う「フレセッツ」と資本提携すると発表。
    
    ULS-G<3798>
    終値2307円(前日比+20円+0.87%)
    仮想通貨ウォレット管理システムの開発を手掛けるフレセッツと
    資本業務提携。
    
    セガサミーHD<6460>
    終値1559円(前日比+4円+0.26%)
    18年3月末時点の株主から株主優待制度を導入。(毎年3/31および
    9/30時点で1単元(100株)以上保有の株主に対して、保有株数1単元
    以上で日本国内のセガゲームセンターで利用できるUFOキャッ
    チャー利用券1000円分を贈呈。また、10単元以上保有の株主には
    これに加えて、フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎県)で
    利用できる施設利用券1万円分も贈呈))
    
    東芝<6502>
    終値317円(前日比±0円±0.00%)
    東芝プラットフォームソリューションの全株式をアスパラントグ
    ループが運営するファンドに売却。売却益約13億円が発生する見
    込み。
    
    Eギャランティ<8771>
    終値4215円(前日比+105円+2.55%)
    3/15割当の1対2の株式分割を発表。
    
    JAL<9201>
    終値4089円(前日比-2円-0.04%)
    自社株買い発表。(上限を700万株(発行済み株数の2.0%)、
    または200億円。取得期間は3/1~4/27)
    
    ピックアップ
    スターティア<3393>
    終値1030円(前日比+9円+0.88%)
    従来6円を予定していた18年3月期の期末一括配当について、記念
    配当3円を実施し、9円にすると発表。
    直近の株価は、日足一目均衡表の雲下限(1034円)近辺で底堅く推
    移、値固めの展開にあった。
    発表を好感して、雲突破(上限1208円)を試す展開へ期待。
    雲突破となれば、上昇トレンド転換と判断されるところ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-28【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S KDXサムス<1584>、
    S シーズメン<3083>、
    一時S サイボー<3123>、
    S イグニス<3689>、
    S ディディエス<3782>、
    S サイバーコム<3852>、
    S ヴィスコ<6698>、
    S 平山<7781>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    PKSHA<3993> 大幅反発。
    終値15170円(前日比+670円+4.62%)
    25日移動平均線(14958円)回復。
    
    TDCソフト<4687> 大幅反発。
    終値1287円(前日比+118円+10.09%)
    前日(27日)に18年3月期の連結業績予想の上方修正、
    未定としていた期末一括配当予想を増額を発表。
    25日移動平均線(1206円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限1218円)突破。
    
    マルマエ<6264> 3日大幅続伸。
    終値1774円(前日比+119円+7.19%)
    25日移動平均線(1734円)回復。
    
    ピックアップ
    アトラエ<6194> 3日ぶり大幅反発。
    終値11610円(前日比+500円+4.50%)
    20年9月期の単独営業利益を今期予想比で約5割増の
    10億円程度に引き上げる計画だと一部メディアが報
    じた。これを好材料視した買いが入ったようだ。
    株価は2/19の年初来高値13790円から調整の流れに
    あったが、25日移動平均線(11288円)をサポートに
    反発したかっこう、良好なチャート形状にある。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-02-28【東京市場概況】

    日経平均は4日ぶり大幅反落(321円安) 後場に下げ幅拡大で安値
    引け
    
    前日の米株市場が大幅下落とあって、日本株も朝方から売り優勢
    の展開となった。
    前場、日経平均はにいっていの底堅さを示す場面も、見られたが
    売り優勢のばま前場の取引を終えていた。
    後場に入ると一段と売り優勢に傾き、300円超えの下落幅で安値
    引け。
    日銀の国債買い入れオペで「残存25年超」を100億円減額したこ
    とで、ドル/円が円高に振れたことなどが重しとなった。
    いっぽうで、前場をプラスで終えていた新興市場は、マザーズ、
    ジャスダックともに、後場もしっかり、プラスのまま本日の取引
    を終えた。
    
    日経平均終値は-321.62円の22068.24円。
    
    東証11部の出来高は15億4229万株、
    売買代金は2兆9369億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり679銘柄、値下がり1326銘柄、
    変わらず62銘柄。
    
    業種別では値上がりが2業種、値下がりが31業種。
    値上がりは精密機器、空運のみ。
    値下がりトップは鉱業、鉄鋼、石油・石炭。
    
    日経平均は25日移動平均線(22364円)を上値抵抗に5日移動平均線
    (22048円)近辺まで押し戻されたかっこう。
    戻り一服感が漂うなか、5日線、節目22000円どころでの底堅さを
    示してもらいたいところ。
    これらを割れる時は、75日移動平均線(22754円)などが下値メド、
    25日線-75日線間でいっとき日柄調整となりそうだ。
    いっぽうで、ジャスダックが10日続伸、マザーズは反発と、新興
    市場は堅調な展開。
    材料株、テーマ株を中心に中小型へは買いが入っており、いっと
    きその展開が続きそうだ。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-28【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は4日ぶり反落(80円安) 米株安受けて売り優勢
    
    パウエルFRB議長の議会証言後の金利上昇が重しに、前日の米株市
    場が大幅下落。
    それを受けて、日本株も売りが先行した。日経平均は安く寄った
    後は下げ渋る動きも見られたがが、場中にドル/円が円高方向に傾
    いたことなどが重しにとなり再び軟化、一時は22244.16円(145.70
    円安)まで値を落とす場面が見られた。
    いっぽうで、マザーズやジャスダックは上昇しており、新興市場
    はしっかりの展開となった。
    
    日経平均前場終値は-80.81円の22309.05円。
    
    東証1部の出来高は6億3899万株、
    売買代金は1兆1658億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1186銘柄、値下がり
    780銘柄、変わらず100銘柄。
    
    業種別では値上がりが10業種、値下がりが
    23業種。
    値上がりは精密機器、空運、サービスなど。
    値下がりトップは鉱業、鉄鋼、石油・石炭。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は25日移動平均線(22373円)を上値抵抗に意識しつつも、
    下を売り込む動きも見られていない、それなり底堅さを示してい
    る印象。
    後場も日経平均は日銀のETF(上場投資信託)買い期待などを支
    えに下値はしっかりの展開が続きそう。
    また、新興市場を中心とした中小型へは買いが向かっており、好
    業績やテーマ性のある銘柄は堅調に推移、後場もその展開が続く
    見通しにある。
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-28【東京市場見通し】

    米株安で売り先行もその後は底堅い展開 日経平均は22000円値固
    めへ
    
    前日の米株市場は軟調。パウエルFRB議長の議会証言をタカ派的と
    受け止め、市場では年4回の利上げが意識された。NYダウは299ドル
    安と大幅下落で引けた。
    いっぽうで、為替市場ではドルが買われる展開に。現在はドル/円
    は107円台前半での推移となっている。
    米株安を受けて、日本株も売りが先行する見通し。日経平均は前
    日(27日)の取引で、25日移動平均線(22446円)上値を抑えられたか
    っこうで、本日に売り先行。序盤はやや強めの売りにおされそう
    だ。
    ただ、ドル/円が円高方向への動きが一服、これは日本株にとって
    プラス材料。売り一巡後はいっていの底堅さを示しそう、節目
    22000円などが下値サポートと意識されそうだ。
    日経平均が22000円近辺で値固めとなれば、新興市場を中心とした
    中小型株へも買いが入りやすい。
    
    日経平均予想レンジは22050円-22400円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が107円台前半での推移。
    (27日終値107.01-02円)
    
    現在、ユーロ/円が131円台前半での推移。
    (27日終値132.05-09円)
    
    
    27日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって下落。NYダウとS&P500は4日ぶり大幅反落、
    NASDAQは3日ぶりに反落となった。
    パウエルFRB議長の議会証言で、米国経済に対する楽観的な
    見通しやインフレ目標達成への自信が示され、さらなる漸進
    的利上げが示唆された。それにより、年4回の利上げが意識
    され、幅広い銘柄が売りに押された。
    NYダウは朝方に91ドル高まで上昇したものの、終盤に301ドル
    安まで下落、安値圏でこの日の取引を終えた。
    NYダウ終値は-299.24の25410.03。
    S&P500は-35.32の2744.28。
    NASDAQは-91.11の7330.35。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-02-27【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    DDS<3782> 非開示業績見通し発表。
    終値574円(前日比-4円-0.69%)
    18年12月期の業績予想は連結経常損益が4.4億円の黒字を見
    込み、13期ぶりに過去最高益を更新する見通し(前期は2億
    円の赤字)。
    
    日電子<6951> 業績修正発表。
    終値860円(前日比+7円+0.82%)
    18年3月期の連結経常利益を従来予想27億円から43億円に上
    方修正(前期は17.2億円)。
    
    エスケイ<7608> 業績修正発表。
    終値665円(前日比-6円-0.89%)
    18年2月期の連結経常利益を従来予想2億4000万円から3億04
    00万円に上方修正(前期は1億1800万円)。
    
    ピックアップ
    ViSCOTEC<6698> 業績修正・株式分割発表。
    終値27580円(前日比-2390円-7.97%)
    18年3月期の連結経常利益を従来予想3億0800万円から4億2000
    万円に上方修正(前期は2億7000万円)。
    また、株式分割も発表しており3/31を基準日に1対8の株式分
    割を実施。
    株価は25日移動平均線(30160円)を上値抵抗に大幅続落。本日
    は8%近くの下落と、強く売られる展開となった。
    発表を好感、本日に売られた反動もあり、明日は反発が期待
    される。
    その時、25日線を捉える動きが見られれば、上方向へ振れる
    可能性はある。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    カーリットHD<4275>
    終値1175円(前日比-10円-0.84%)
    18年3月期の期末一括配当を従来計画10円から12円に増額修正
    (前期は10円)。
    
    トレックスS<6616>
    終値1679円(前日比+7円+0.42%)
    18/3/22付けで東証2部から東証1部に指定替えされると発表。
    
    NECキャピ<8793>
    終値2130円(前日比-13円-0.60%)
    18年3月期の年間配当を従来計画44円から50円に増額修正(前期
    は44円)。
    
    京坂HD<9045>
    終値3410円(前日比-10円-0.29%)
    18年3月期の年間配当を従来計画の18円から23円に増額修正(前
    期は5→1の株式併合前で6円)。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-27【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め10銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S アクシーズ<1381>、
    S シーズメン<3083>、
    S ビリングシス<3623>、
    S フライト<3753>、
    一時S ネクスジェン<3842>、
    S サイバーコム<3852>、
    S メディアS<4824>、
    一時S オプトエレ<6664>、
    S アイレックス<6944>、
    S 平和紙業<9929>。
    
    ピックアップ
    サイバーコム<3852> ストップ高
    終値1602円(前日比+288円+21.91%)
    3日大幅続伸、ストップ高で大引け。
    27日付の日本経済新聞で、5Gの商用化に向けて世界の通信事
    業者や機器メーカーが一斉に動き出したことを報じられた。
    これを受けて5G関連の代表格の当銘柄への買いが向かったよ
    うだ。
    テクニカル面では、25日移動平均線(1410円)を回復するなど、
    トレンドは上振れ傾向。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    日電産<6594> 大幅反発。
    終値17550円(前日比+795円+4.74%)
    25日移動平均線(17009円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限16970円)突破。
    
    フェローテック<6890> 3日大幅続伸。
    終値2687円(前日比+124円+4.83%)
    25日移動平均線(2599円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限2587円)突破。
    
    ピックアップ
    アルチザ<6778> 3日大幅続伸。
    終値1085円(前日比+101円+10.26%)
    27日付の日本経済新聞で、5Gの商用化に向けて世界の通信事
    業者や機器メーカーが一斉に動き出したことを報じられた。
    5G関連銘柄として当銘柄は買われる展開に。
    テクニカル面では、これまで上値抵抗となっていた25日移動
    平均線(1004円)を回復。
    日足一目均衡表においても雲(上限1050円)突破となるなど、
    上昇トレンド転換と期待される形状にある。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-27【東京市場概況】

    日経平均は3日続伸(236円高) 米株高受けて買い優勢 後場は伸び
    悩み
    
    米株市場が連日で大幅高となったことを受けて、日本株も朝方か
    ら買いが先行した。
    日経平均は一時、22502.05円(348.42円高)と22500円に乗せる場
    面も見られた。
    前場はそのまま、高値圏を維持して引けていたが、後場は上値
    重く伸び悩みの展開。
    パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長の議会証言を受け
    た米市場の動向を見極めたいとして、様子見姿勢が強まったよ
    うだ。
    
    日経平均終値は+236.23円の22389.86円。
    
    東証1部の出来高は13億2910万株、
    売買代金は2兆6299億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1201銘柄、値下がり751銘柄、
    変わらず115銘柄。
    
    業種別では値上がりが28業種、値下がりが5業種。
    値上がりトップは鉱業、電気機器、非鉄金属。
    値下がりはサービス、陸運のみ。
    
    日経平均は取引時間中、25日移動平均線(22446円)を上回る場面
    があったものの、終値では回復とならず。
    また、下げの半値戻し22539円(取引時間中ベース)に接近するも
    これも超えることは出来なかった。
    目先、戻り一巡と、やや意識される可能性が出てきている。
    そうしたなか、今晩のパウエルFRB(米連邦準備制度理事会)
    議長の議会証言を受けての米国市場の動向が非常に注目される。
    無風、無難に通過。米株が堅調な展開となれば、日本株にも追
    い風。
    日経平均は2/5(22277.45円)-2/6(22659.43円)のマド埋めを意識
    した展開へ。
    下振れとなった場合は節目22000円を維持できるかが、目先の焦
    点となる。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-02-27【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅3日続伸(348円高) 一時22500円超えの場面も
    
    米株市場が連日で大幅高となったことを受けて、日本株も買い優
    勢の展開となった。
    日経平均は高く寄った後、やや上値の重い展開となっていたが、
    じわじわと上げ幅を広げて22500円台に乗せる場面があった。
    (高値22502.05円(348.42円高))。
    高値を付けて後も堅調な展開は続き、高値圏で前場の取引を終え
    た。
    
    日経平均前場終値は+307.22円の22460.85円。
    
    東証1部の出来高は6億3527万株、
    売買代金は1兆2220億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1279銘柄、値下がり708銘柄、
    変わらず77銘柄。
    
    業種別では値上がりが31業種、値下がりが2業種。
    値上がりトップは鉱業、電気機器、非鉄金属。
    値下がりはサービス、海運のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    後場はパウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長の議会証言
    を受けての米市場の動向を見極めたいとして、日経平均は上値
    の重い展開、やや上げ幅を縮小するとも予想される。
    そんななか、前場は主力処の上昇が目立っていたが、中小型株
    への関心が後場は高まりそうだ。
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-02-27【東京市場見通し】

    米株が連日で大幅上昇 日本株も買い優勢 日経平均マド埋め意識
    (2/5-2/6)
    
    前日の米株市場が大幅上昇。NYダウはは399ドル高と、連日で300
    ドルを超える大幅上昇となった。
    米10年債利回りが低下傾向にあることや、世界株の戻りを受け
    て、パウエルFRB議長の議会証言を前にリスク選好ムードが強ま
    ったもよう。
    為替ドル/円はやや円安に振れて現在は107円どころでの推移。
    こうした米市場の流れを受けて、日本株は買い優勢の見通し。
    パウエルFRB議長の議会証言を控えるなど、イベント前で買い先
    行後は様子見姿勢となりやすいが、下値不安は確実に和らいで
    きており、買い一巡語も良好な地合いは続きそうだ。
    日経平均は、前日に回復した節目22000円から上振れのかっこう。
    25日移動平均線(22503円)回復を試す展開、その水準で推移しつ
    つ、2/5(22277.45円)-2/6(22659.43円)のマド埋めを意識した展
    開が予想される。
    
    日経平均予想レンジは2250円-22550円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が107円どころでの推移。
    (26日終値106.54-55円)
    
    現在、ユーロ/円が131円台後半での推移。
    (26日終値131.26-30円)
    
    
    26日の米株市場概況
    
    大幅続伸。NYダウとS&P500は3日続伸。NASDAQは2日続伸。
    パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長の議会証言を控え
    て、債券市場でポジション調整の動きが出たもよう。米10年債利
    回りが2/14以来の水準まで低下した。
    そのことが好感され、株式市場は大幅上昇。NYダウは一時、422ド
    ル高まで上昇する場面も見られた。
    NYダウ終値は+399.28の25709.27。
    S&P500は+32.30の2779.60。
    NASDAQは+84.07の7421.46。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-02-26【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    本日、該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    JCRファーマ<4552>
    終値5410円(前日比+70円+1.31%)
    大日本住薬<4506>と同社の中枢神経系疾患治療薬創製に関する血
    液脳関門通過技術のライセンス契約を結んだ(通期業績への影響は
    織り込み済み)。
    
    KeyH<4712>
    終値136円(前日比+2円+1.49%)
    株主優待制度を拡充。
    現行は業務提携先のオリーブスパが運営するリラクゼーションサ
    ロンで利用可能なサロンチケット(2万2000円相当)を、3500株以上
    保有株主に一律で2枚贈呈している。
    新制度では2000株以上保有に対象範囲を広げ、保有株数に応じて
    同サロンチケットを1枚~10枚贈呈する。
    
    バイテックH<9957>
    終値1776円(前日比+108円+6.47%)
    配当修正を発表。18年3月期の年間配当を従来計画55円から60円に
    増額修正(前期は55円)。
    
    ピックアップ
    スタンレ電<6923>
    終値4205円(前日比-5円-0.11%)
    自社株買い発表。(上限を90万株(発行済み株数の0.55%)、
    または30億円。取得期間は3/8~3/28)
    株価は、1/9に昨年来高値4775円を付けて以降は調整。
    週足ベースの移動平均チャートの26週線(4270円)を割れ
    たところで下げ止まり、調整一巡感はあるものの、同線
    を上値抵抗に戻りの鈍さが意識されている状況。
    発表好感して、26週線を回復から、続き13週線(4442円)
    超えを試す展開が期待されるところ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-02-26【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S アクシーズ<1381>、
    一時S アスラポート<3069>、
    S シーズメン<3083>、
    S YSフード<3358>、
    S マネフォ<3994>、
    S すららネット<3998>、
    S アトミクス<4625>、
    一時S 阪神燃<6018>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    YKT<2693> 大幅反発。
    終値761円(前日比+61円+8.71%)
    25日移動平均線(714円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限741円)突破。
    
    久光薬<4530> 3日ぶり大幅反発。
    終値7710円(前日比+480円+6.63%)
    25日移動平均線(7461円)回復。
    
    サンバイオ<4592> 大幅続伸。
    終値3900円(前日比+170円+4.55%)
    25日移動平均線(3842円)回復。
    
    ピックアップ
    ヤマトHD<9064> 大幅反発。
    終値2796.5円(前日比+104.5円+3.88%)
    外資系大手証券会社の目標株価引き上げなどもあり、買い優勢
    の展開となった。
    テクニカル面では、25日移動平均線(2719円)近辺から上振れ傾
    向、日柄調整から上方向に振れる動きにある。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-02-26【東京市場概況】

    日経平均は大幅続伸(260円高) 節目22000円を終値でも回復 
    
    先週末(23日)の米株高を好感して買いが優勢の展開となった。
    日経平均は寄り付きから節目22000円超え、一時は22226.53円
    (333.75円高)まで上昇する場面があった。
    買い一巡後は上値重く、22072.07円(179.29円高)で前場の取
    引を終えていた。
    後場は持ち直しの展開。前場の取引で上げ幅を縮めながらも
    22000円を保ったことなどが好感された。
    取引終盤には前場高値に接近する場面もあった。
    
    日経平均終値は+260.85円の22153.63円。
    
    東証1部の売買代金は2兆2469億円。
    出来高は12億4254万株。
    
    騰落銘柄数は値上がり1352銘柄、値下がり621銘柄、
    変わらず86銘柄。
    
    業種別では値上がりが31業種、値下がりが2業種。
    値上がりトップは精密機器、医薬品、情報・通信。
    値下がりは非鉄金属、保険のみ。
    
    日経平均は本日に寄りつきから節目22000円を回復、その後も
    22000円を上回る水準での推移が続き、そのまま大引け。
    目先、この水準での値固めが意識され、上値は2/5(22277.45
    円)-2/6(22659.43円)に開けたマド埋めが意識されるところ。
    ただ、明日に関しては、様子見姿勢の強い展開。27日にパウ
    エルFRB議長が下院金融委員会で半期に一度の証言を行うこ
    とから、これを見極めたいとする模様眺めムードが強まりや
    すい見かた。
    新興市場は日経平均、主力処の堅調な展開を受けて、強い展
    開が続いている。
    本日もジャスダックが8日続伸、マザーズも続伸で引けた。
    続き、堅調な展開、好業績銘柄などへ資金が向かいやすく、
    3月に入るとIPOラッシュとなることもあり、物色意欲は強ま
    りそうだ。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-26【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続伸(179円高) 米株高好感し買い優勢も一巡後は
    上げ幅縮小
    
    先週末(23日)の米株高を好感して買いが優勢の展開、日経平均は
    節目22000円は寄り付きから上回り、一時は22226.53円(333.75円
    高)まで上昇する場面があった。
    ただ、買い一巡後は積極的に上値を追う動きは見られず、戻り売
    りに押される展開。3桁上昇は維持しながらも、じわじわと上げ幅
    を縮めた。
    
    日経平均前場終値は+179.29円の22072.07円。
    
    東証1部の出来高は6億2947万株、
    売買代金は1兆1410億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1266銘柄、値下がり697銘柄、
    変わらず96銘柄。
    
    業種別では値上がりが30業種、値下がりが3業種。
    値上がりトップは医薬品、陸運、電気・ガス。
    値下がりは非鉄金属、ガラス・土石、石油・石炭のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は節目22000円を回復。目先、この水準で値固めに期待、
    値固め出来るか見極めたいところ。
    前場終わり時点では、上げ幅を縮小も22000円は維持、相場の雰
    囲気としては悪くない。
    後場の注目ポイントは寄与度の高いソフバンク<9984>やファスト
    リ<9983>の動向。
    ソフバンク<9984>は25日移動平均線(8965円)での攻防、同線から
    上振れとなるか。
    ファストリ<9983>は割れていた5日移動平均線(42728円)を回復、
    同線を下値サポートに上値を伸ばせるか注目されるところ。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
     
  • 2018-02-26【東京市場見通し】

    買い優勢 先週末の米株の大幅高を好感 日経平均は節目22000円
    を意識
    
    先週末(23日)の米株市場が大幅上昇。金利低下など好感されて、
    幅広い銘柄に買いが入った(NYダウは347ドル高)。
    米株高を好感して、日本株も買い優勢の展開が予想される。
    為替ドル/円も現在、107円どころでの推移、落ち着いた動きと
    なっており安心感あり。
    日経平均は節目22000円を意識した展開。この近辺では戻り売り
    が出てくると想定されるところ。高寄り後の上値は限定されそ
    うだ。
    とはいえ、米株高、円高一服とリスク・オンムードが強まりや
    すい相場環境。
    下げれば買いが入りやすく、終日しっかりの展開が続く見通し。
    日経平均はが堅調な展開となるなか、新興市場の上昇も期待さ
    れる。
    とくに売り込まれていた好業績の中小型株などの見直し。3月に
    入るとIPOラッシュとなることもあり、中小型株への物色が強ま
    るとも予想されるところ。
    
    日経平均予想レンジは21900円-22100円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が107円どころでの推移。
    (先週末23日終値107.02-03円)
    
    現在、ユーロ/円が131円台半ばでの推移。
    (先週末23日終値131.57-61円)
    
    
    先週末23日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって上昇。
    4年ぶりの水準まで上昇した米10年債利回りが前日に続いて低下し
    たことで安心感が広がった。
    主要3指数は上昇してスタートすると終日プラス圏で推移、終盤に
    上昇幅を広げた。
    投資家の不安心理を示すVIX指数は前日から2.23ポイント低下し
    16.49ポイントとなっている。
    NYダウ終値は+347.51の25309.99。
    S&P500は+43.34の2747.30。
    NASDAQは+127.31の7337.39。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-02-23【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    グリムス<3150> 業績・配当修正発表。
    終値2099円(前日比+67円+3.29%)
    18年3月期の連結経常利益を従来予想9.2億円から10.9億円に上方
    修正(前期は8億円)。
    今期の年間配当を従来計画25円から30円に増額修正。
    
    東邦船<5707>業績・配当修正発表。
    終値5950円(前日比+200円+3.47%)
    18年3月期の連結経常利益を従来予想105億円から140億円に上方修
    正(前期は125億円)。
    期末一括配当を従来計画100円から125円に増額修正。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    エムスリー<2413>
    終値4220円(前日比-145円-3.32%)
    配当修正発表。従来未定としていた18年3月期の期末一括配当は11
    円実施する方針に(前期は10円)。
    
    ディアライフ<3245>
    終値560円(前日比+17円+3.13%)
    台東区浅草六丁目にマンション開発用地取得。
    
    VTHD<7593>
    終値571円(前日比+14円+2.51%)
    自社株買い発表。(上限を30万株(発行済み株数の0.25%)、
    または2億円円。取得期間は2/26~3/23)
    
    ピックアップ
    三社電機<6882>
    終値1725円(前日比-27円-1.54%)
    配当修正を発表。従来未定としていた18年3月期の年間配当は20円
    実施する方針に(前期は10円)。
    株価は先週半ばから今週の週初にかけて、パワー半導体関連とし
    て注目を浴び、大幅に値を上げていた。
    直近の3日間は25日移動平均線(1634円)を回復したところで、上値
    一服の流れにあった。
    週明けは発表された配当修正を材料に、再び上振れへと期待。
    目先は昨年来高値1949円(2/2)を試す展開、上値追いも可能性も。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-23【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S 総医研HD<2385>、
    一時S シダー<2435>、
    一時S Gオイスター<3224>、
    S ソケッツ<3634>、
    一時S Tワークス<3997>、
    一時S すららネット<3998>、
    一時S ウチダエスコ<4699>、
    一時S Mスター<4765>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    チエル<3933> 大幅反発。
    終値1540円(前日比+211円+15.87%)
    小中高校でタブレット端末などを使った「デジタル教科書」の
    使用を認める学校教育法など関連法の改正案を閣議決定され材
    料視。
    日足一目均衡表の雲(上限1452円)突破。
    
    豊和工<6203> 大幅反発。
    終値1689円(前日比+108円+6.83%)
    日足一目均衡表の雲(上限1658円)突破。
    
    ヤマシタフィルタ<6240> 大幅反発。
    終値1366円(前日比+55円+4.19%)
    日本経済新聞で「2018年3月期の連結営業利益が前期の2.3倍の
    2億円程度になりそうだ」と報じられて材料視(会社予想17億50
    00万円)。
    25日移動平均線(1351円)回復。
    
    ピックアップ
    アサカ理研<5724> 大幅続伸。
    終値2780円(前日比+203円+7.87%)
    コバルト関連として注目度の高い銘柄(電子部品などから金や
    白金といった希少金属を回収し精製するビジネスを手掛ける)。
    世界的にコバルト不足が問題視されるなか、リチウムイオン
    電池から低コストでコバルトを回収する技術で強みを持って
    いる当銘柄への注目度が上がった。
    テクニカル面では、直近の25日移動平均線(2502円)近辺での
    もみあい、日柄調整から上振れており、上昇トレンド転換と
    判断されるところ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-02-23【東京市場概況と来週の見通し】

    23日概況 日経平均は反発(156円高) 後場、円安などを好感して
    上げ幅拡大
    
    前日の米株市場でNYダウは3桁の上昇(164ドル高)となっていたこ
    となどが好感されて朝方から買い優勢の展開となった。
    買い優勢のまま、プラス圏での推移が続き、日経平均は前場を
    21814.31円(77.87円高)で引けていた。
    後場は、NYダウ先物が上昇していたことやドル/円が円安方向に
    傾いたことなどから、じわじわと上げ幅を広げる展開に。
    一時は21900円台に乗せる場面もあり、ほぼ高値圏で本日の取
    引を終えた(本日高値21903.39円(166.95円高)。
    
    日経平均終値は+156.34円の21892.78円。
    
    東証1部の出来高は11億9800万株。
    売買代金は2兆2514億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1562銘柄、値下がり455銘柄、
    変わらず50銘柄。
    
    業種別では値上がりが31業種、値下がりが2業種。
    値上がりトップは石油・石炭、鉱業、建設。
    値下がりは小売り、精密機器のみ。
    
    
    来週の見通し
    
    米長期金利の動向、これを受けた米株市場に左右される展開が日
    本株は続いている。来週もその流れが続く見通しにある。
    ただ、その長期金利の上昇に対してVIX指数は足元で落ち着きが
    見られている。株式市場も波乱含みの展開からは落ち着き、正常
    化に向かうことが期待される。
    しかし、来週はイベントが豊富。米国では経済指標発表に加え
    て、イエレン前FRB議長とバーナンキ元FRB議長の会談、パウエ
    ルFRB議長が下院金融委員会で半期に一度の証言を行う。
    これらを受けての、長期金利、VIX指数、米株市場の動向が注目
    される。
    動向次第では再び波乱含みの展開へ戻る可能性もあり。
    
    来週の日経平均予想レンジは21500円-22100円。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-02-23【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反発(77円高) NYダウ上昇を受けて買い優勢の展開
    
    前日の米株市場でNYダウは3桁の上昇(164ドル高)となっていたこ
    となどが好感されて買い優勢の展開となった。
    ただ、為替ドル/円の円安方向への動きが一服していたことがあ
    り、上値は限定された。
    日経平均は一時、21843.12円(106.68円高)まで上昇。その後、
    プラス圏で小動きな展開が続き、前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+77.87円の21814.31円。
    
    東証1部の出来高は5億7293万株、
    売買代金は1兆816億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1389銘柄、値下がり597銘柄、
    変わらず80銘柄。
    
    業種別では値上がりが29業種、値下がりが4業種、
    値上がりトップは石油・石炭、鉱業、建設。
    値下がりは小売り、精密機器、保険など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は買い先行後にこう着感の強い展開。商いも低調で積
    極的な参加者は不在といったところ。
    後場も続きこう着感の強い展開が続きそうだ。
    為替ドル/円の動向が気掛かりではあるが、直近の連動性は低く、
    NYダウ先物が上昇していることをポジティブ視、どちらかとい
    うと上振れ期待の方がやや高いか。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-23【東京市場見通し】

    様子姿勢強いか 米株高も円安一服 週末要因もあり上値追いにく
    い
    
    前日の米株市場でNYダウは3桁の上昇(164ドル高)。いっぽうで
    NASDAQは4日続落と高安まちまち。
    為替ドル/円は円安方向への動きが一服、現在は106円台後半で
    の推移となっている。
    NYダウが3桁の上昇となったことは好感されるが、円安一服が
    重し。
    また、週末要因もあるなか、上値は追いにくいと考えられる。
    今日の日本株は様子見姿勢の強い展開となりそうだ。
    取引時間中、為替ドル/円が円高に振れるようなら荒い展開、
    一時的に下値を試す動きが出てくる可能性もあるだろう。
    日経平均は、前日(22日)に5日移動平均線(21900円)は割れた
    が、日足一目均衡表の転換線(21551円)が下値を支えた。
    本日も転換線がサポートして意識されやすいところにある。
    物色に関しては、引き続き、外部環境の影響を受けにくい新
    興市場を中心とした中小型。とくにテーマ性のある銘柄、材
    料株などへは買いが向かいそうだ。
    
    日経平均予想レンジは21550円-21900円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が106円台後半での推移。
    (22日終値107.46-48円)
    
    現在、ユーロ/円が131円台半ばでの推移。
    (22日終値131.88-92円)
    
    
    22日の米株市場概況
    
    高安まちまち。NYダウとS&P500は3日ぶり反発もNASDAQは小幅に4日
    続落。
    米利上げペースの加速懸念がやや後退、株式市場は買い優勢の展
    開となった。
    NYダウの上げ幅は一時、358ドル高まで拡げる場面があった。
    いっぽうで、ハイテク比率の高いNASDAQは、主力のアルファベッ
    トやインテル、シスコ・システムズなどが軟調だったことが重し
    となり、小幅ながら下落となった。
    NYダウ終値は+164.70の24962.48。
    S&P500は+2.63の2703.96。
    NASDAQは-8.14の7210.09。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-22【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    本日、該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    PCIHD<3918>
    終値3160円(前日比-30円-0.94%)
    自社株買い発表。(上限を5万株(発行済み株数の1.18%)、
    または1億5000万円。取得期間は2/23~3/30)
    
    ピックアップ
    カワタ<6292>
    終値1855円(前日比-16円-0.85%)
    3/1付で東証2部から東証1部へ指定されることになったと発表。
    株価は25日移動平均線(1795円)に沿う形で底堅く推移。
    発表を好感して25日線からの上振れへと期待。
    目先、昨年来高値2190円(18/2/1)を試す展開へ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-22【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S ファステプ<2338>、
    S 共同PR<2436>、
    一時S 仙波糖化<2916>、
    一時S メディアス<3154>、
    S ワンダコーポ<3344>、
    一時S Ciメディカ<3540>、
    S ミズホメディ<4595>、
    S 土木管理<6171>、
    S 富士通コン<6719>。
    
    ピックアップ
    ミズホメディ<4595> ストップ高
    終値5130円(前日比+705円+15.93%)
    大幅6日続伸。
    朝方に遺伝子POCT検査として用いることができるマイコプラ
    ズマ核酸キット「スマートジーン Myco」の国内製造販売承
    認を19日に取得したと発表。
    発表が好感した買いが入り、ストップ高で本日の取引を終えた。
    テクニカル面では、25日移動平均線(4773円)を回復するなど良好
    なチャート形状、一段高が期待されるところにある。
    
    富通コンポ<6719>ストップ高
    終値1085円(前日比+150円+16.04%)
    大幅続伸。
    電気自動車(EV)として注目度高く、直近の株価調整により、値
    ごろ感が意識され、買いが向かった。
    テクニカル面では、25日移動平均線(1036円)を回復となるなど良
    好なチャート形状。目先、上方向へのトレンドを強めそうだ。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    アダストリア<2685> 大幅続伸。
    終値2410円(前日比+169円+7.54%)
    日足一目均衡表の雲(上限2373円)突破。
    
    東洋炭素<5310> 大幅5日続伸。
    終値3985円(前日比+380円+10.54%)
    昨年来高値更新。
    パワー半導体関連として注目度増し急騰。
    25日移動平均線(3613円)回復して上振れ。
    日足一目均衡表の雲(上限3625円)突破。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-22【東京市場概況】

    日経平均は大幅反落(258円安) 米金利上昇、米株安で売り優勢
    
    朝方から売り優勢の展開。前日の米株市場が米長期金利の上昇を
    背景に軟調となったことが重しとなった。
    日経平均は前場に21626.85円(343.96円安)まで値を下げる場面が
    見られた。
    売り一巡後は下げ渋ったものの、戻りは限定され前場の取引を終
    えていた(前場終値は21712.20円(258.61円安))。
    後場、前場の安値は下回ることは無かったが、切り返す動きも見
    られず、安値圏でもみあう展開となった。
    
    日経平均終値は-234.37円の21736.44円。
    
    東証1部の出来高は13億4948万株、
    売買代金は2兆5902億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり542銘柄、値下がり1455銘柄、
    変わらず69銘柄。
    
    業種別では全33業種が下落。
    値下がりトップは鉄鋼、水産・農林、電気・ガス。
    
    日本株は基本的に米国株次第の展開となっている。為替ドル/円と
    の連動性は比較的薄い状況。
    NYダウ先物は100ドル安程度での推移していたことがあり、本日
    はこれを織り込んでの相場状況だったとも見れる。
    明日は、今晩の米株市場が売り優勢にあってもある程度は織り
    込み済みとなるだろう。
    テクニカル面での日経平均は、5日移動平均線(21900円)は割れ
    ているものの、日足一目均衡表の転換線(21551円)などが下値
    サポート。
    日経平均が大幅反落となったなか、新興市場はマザーズが反落
    となったもののジャスダックは6日続伸。中小型株への買いは見
    られている。続き、外部環境の影響を受けにくい新興市場を中
    心にテーマ性のある銘柄、材料株などへは買いが向かいそうだ。
    
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-22【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅反落(258円安) 一時300円超え下落 米株安受
    けて売り優勢
    
    前日の米株市場が米長期金利の上昇を背景に軟調な展開。それ
    を受けて日本株も売りが先行した。
    日経平均の下げ幅は一時300円超えまで拡げる場面が見られた
    (21626.85円(343.96円安))。
    売り一巡後は下げ渋ったものの、為替ドル/円が東京時間に入っ
    て円高方向に振れたことなどから、押し目が買いが入りずらく、
    戻りは限定的となった。
    
    日経平均前場終値は-258.61円の21712.20円。
    
    東証1部の出来高は6億8240万株、
    売買代金は1兆2975億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり435銘柄、値下がり1564銘柄、
    変わらず66銘柄。
    
    業種別では全33業種が下落。
    値下がりトップは鉱業、鉄鋼、水産・農林。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は前場終わり時点で5日移動平均線(21895円)割れ。
    5日線を割れたことで一段安を警戒、押し目買い意欲が低下
    しているもよう。
    ただ、日足一目均衡表の転換線(21551円)は維持しており、
    上値は限定されそうだが、後場も同線をサポートに下値は
    ここからの下値は限定されそうだ。
    日経平均の下落につられて新興市場のジャスダック、マザ
    ーズも前場は下落で引けている。
    後場、日経平均がいっていの底堅さを示していれば、外部
    環境の影響を受けにくい、これら新興市場を中心とした中
    小型へは資金が向かいそう。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-22【東京市場見通し】

    米株市場が乱交下して下落 警戒感から売り先行見通し
    
    前日の米株市場がFOMC議事録公表を受けていったん急伸も、その
    後に失速、主要3指数そろって下落で引けた(NYダウは166.97ドル
    安)。失速要因は米長期金利が上昇したこと。
    米株市場の動向を受けて警戒感から日本株は売りが先行する見通
    し。
    いっぽうで、為替ドル/円は、金利上昇がドル高を促し円安方向。
    今現在は107円台半ばでの推移。
    為替が円安方向に傾いていることは日本株には下支え材料となり
    そうだ。
    日経平均は節目22000円どころでは上値の重い展開。戻り基調には
    あるなか、下値では買いが入ると見られるが、米株市場の落ち着
    き待ちで方向感に乏しい展開が予想される。
    物色はや金融株。続き新興市場を中心に中小型株、テーマ性のあ
    る銘柄などへ向かいやすい。
    
    日経平均予想レンジは21700円-22050円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が107円台半ばでの推移。
    (21日終値107.77-79円)
    
    現在、ユーロ/円が132円台前半での推移。
    (21日終値132.71-75円)
    
    
    21日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって下落。
    注目されたFOMC(米連邦公開市場委員会)議事要旨では、多く
    の参加者が「ゆるやかな利上げが適切」との見通しを示した。
    それを受けて、利上げペースは従来通りとの見方が台頭、主要3指
    数は1%以上値上がりする場面が見られた(NYダウは30ドル超えの上
    昇)。
    しかし、その後に長期金利上昇を受けて反落した。
    NYダウ終値は-166.97の24797.78。
    S&P500は-14.93の2701.33。
    NASDAQは-16.08の7218.23。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-02-21【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    本日、該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ミツバ<7280>
    終値1368円(前日比+19円+1.40%)
    18年3月期第4四半期業績に、投資有価証券売却益22億4300万円を
    特別利益として計上すると発表(業績への影響については現在精査
    中とのこと)。
    
    NTT<9432>
    終値4754円(前日比-41円-0.85%)
    自社株買い発表。(上限を3100万株(発行済み株数の1.57%)、
    または1500億円。取得期間は2/22~6/30。
    
    ピックアップ
    AMBITION<3300>
    終値2014円(前日比+187円+10.23%)
    子会社のヴェリタス・インベストメントが手掛ける投資用新築デ
    ザイナーズマンション「PREMIUM CUBE G北新宿」(竣工予定日:
    2018年4月中旬、入居予定日:2018年4月下旬)の販売を開始すると
    発表。
    1月に同じくヴェリタス・インベストメントで販売を開始した
    「PREMIUM CUBE 品川戸越 DEUX」の販売も順調に進捗しており、
    今回の物件についても売れ行きが期待される。
    株価は今日まで大幅に4日続伸中。前日(20日)に25日移動平均線
    (1824円)を回復して本日も上振れ、上方向へのトレンドを強めて
    きている。
    発表を好感して一段高、昨年来高値2307円(18/1/26)を捉えに行く
    展開、上値追いへと期待が膨らむ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-02-21【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め11銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 共同PR<2436>、
    S ファーマF<2929>、
    S セキュアヴェ<3042>、
    一時S アスラポート<3069>、
    S メディアス<3154>、
    一時S 白鳩<3192>、
    S ワンダコーポ<3344>、
    一時S サイオス<3744>、
    S 免疫生物研<4570>、
    S ジェイリース<7187>、
    S 平山<7781>。
    
    ピックアップ
    サイオス<3744> 一時S高
    終値695円(前日比+76円+12.27%)
    5日大幅続伸。一時S高(719円)まで上昇。
    テクニカル面で日足一目均衡表の雲(上限661円)を突破となり、
    一段高が期待される。次の上値メドは、移動平均線チャート2
    00日線(743円)。目先は同線をを試す展開へ。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    じげん<3679> 大幅反発。
    終値1176円(前日比+123円+11.68%)
    25日移動平均線(1098円)を回復して上振れ。
    
    Jマテリアル<6055> 大幅反発。
    終値4255円(前日比+225円+5.58%)
    25日移動平均線(4214円)回復。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-21【東京市場概況】

    日経平均は反発(45円高) 買い一巡後 後場に失速もプラス圏は確
    保
    
    為替ドル/円が円安方向にあり、朝方から買い優勢の展開、日経平
    均は22000円台を回復して前場の取引を終えていた。
    (日経平均前場終値は22064.55円(139.45円高))
    後場もしばらくは前場の勢いそのままに堅調な展開が続いていた
    が、米株先物の弱含みや円安一服を受けて失速。
    一時は21836.73円(88.37円安)まで値を下げる場面があった。
    その後は持ち直し、大引けにかけて小高い水準で推移、プラス圏
    は確保して本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+45.71円の21970.81円。
    
    東証1部の出来高は13億8202万株、
    売買代金は2兆6862億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1087銘柄、値下がり897銘柄、
    変わらず82銘柄。
    
    業種別では値上がりが14業種、値下がりが19業種。
    値上がりはガラス・土石、電気機器、その他製品など。
    値下がりは保険、銀行、証券・商品など。
    
    
    2月上旬の急落の動揺が完全には静まっていないなか、相場が大き
    めに振れる場面では警戒感が強まる。本日もそういった面からや
    や荒い動きとなったのだろう。
    日経平均は節目22000円こそ維持できなかったが、5日移動平均線
    (21846円)などは上回って引けており、下値は底堅い印象、基本的
    には戻し基調にあると見られる。
    ただ、22000円から上は好材料待ち。戻り売りをこなすにはエネル
    ギー不足な面もあり、商いの膨らみも必要なところ。
    新興市場は堅調な展開。本日もジャスダック、マザーズともに上
    昇しており5日続伸。
    主力処が伸び悩む局面では中小型へ資金が流れやすい。
    引き続き目先は、新興市場を中心とした中小型物色が優勢か。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-21【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反発(139円高) 円安支えに節目22000円回復
    
    前日の米株市場は軟調な展開だったものの、為替ドル/円が円
    安方向にあり、買い優勢の展開となった。
    日経平均は一時、マイナス圏に沈む場面があったが、下値の
    固さを確認され、円弱含みの推移とともに再びプラス圏入り、
    上げ幅を広げて22000円台を回復して前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+139.45円の22064.55円。
    
    東証1部の出来高は5億9710万株、
    売買代金は1兆1146億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1361銘柄、値下がり612銘柄、
    変わらず92銘柄。
    
    業種別では値上がりが23業種、値下がりが10業種。
    値上がりトップはガラス・土石、電気機器、機械。
    値下がりは証券・商品、保険、銀行など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は5日移動平均線(21864円)などが下値サポートとなり、
    節目22000円を回復して前場の取引を終えた。
    目先は22000円を維持、値固めとなるか注目。
    反発となったが薄商いのなか先物主導で振られやすい展開。
    そんななか後場は節目22000円を維持出来るかが焦点となりそう。
    維持する時間帯が長く続けば、もう一段高の可能性もあり。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-02-21【東京市場見通し】

    米株安が重しに売り先行 売り一巡後は底堅い展開か
    
    休場明けの米株市場が軟調な展開だった(NYダウは254ドル安)。
    これを日本株も嫌気して売りが先行する見通し。
    ただ、為替ドル/円は円高一服、円安基調を強めている(現在
    は107円台前半での推移)。
    ここのところ、ドル/円との連動性は薄いものの、下値を支え
    る要因にはなるだろう。
    日経平均は売り優勢も、5日移動平均線(21682円)、日足一目
    均衡表の転換線(21652円)などが下値サポートと意識されそう
    だ。
    物色に関しては相場の不透明感が残るなか、引き続き大型株
    は手掛けにくい。前日同様に、新興市場を中心に中小型へ向
    かいやすいだろう。
    
    日経平均予想レンジは21700円-22050円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が107円台前半での推移。
    (20日終値106.97-98円)
    
    現在、ユーロ/円が132円台前半での推移。
    (20日終値132.21-25円)
    
    
    20日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって下落。
    手掛かり材料に乏しいなか、前週の大幅上昇していたことがあ
    り、利益確定売りが優勢の展開となった。
    また、ウォルマートが決算がさえず2ケタ安となったことなど
    も重しとなった。
    NYダウは一時335ドル安まで下げ幅を広げる場面も見られた。
    NYダウ終値は-254.63の24964.75 。
    S&P500は-15.96の2716.26。
    NASDAQは-5.16の7234.31。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-20【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    本日、該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    エディア<3935>
    終値1403円(前日比-12円-0.84%)
    アイディアファクトリーと業務提携を発表。アイディアファクト
    リーは、女性向けコンテンツブランド「オトメイト」を展開。
    女性向け企画事業および女性向けコンテンツブランドを発展させ
    ることが目的とのこと。
    
    ジェイリース<7187>
    終値822円(前日比-6円-0.72%)
    3/13付けでマザーズから東証1部へ市場変更。
    
    ピックアップ
    石井表記<6336>
    終値1171円(前日比-26円-2.17%)
    中国の液晶パネルメーカーからインクジェット装置の大口受注
    を獲得したと発表。
    受注したのは配向膜塗布インクジェット装置、受注金額は12億
    6000万円(売り上げ計上は19年1月期を予定、18年1月期業績へ
    の影響は無し)。
    株価は昨年来高値1648円(18/1/10)からは調整の流れ。
    しかし、直近は週足ベースの移動平均線チャートの52週線(111
    7円)近辺で底堅く推移、調整一巡感が強まってきている。
    発表を好感して、戻しを試す展開が期待されるところ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-20【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め11銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ルーデン<1400>、
    S アミタHD<2195>、
    S アップル<2788>、
    S アスラポート<3069>、
    S ワンダコーポ<3344>、
    S ヴィンクス<3784>、
    S 免疫生物研<4570>、
    S イード<6038>、
    S グレイス<6541>、
    一時S エスユーエス<6554>、
    S SKジャパン<7608>。
    
    ピックアップ
    イード<6038> ストップ高
    終値1057円(前日比+150円+16.53%)
    前日(19日)の引け後、グループ会社エンファクトリーと、仮想通
    貨に関するメディアとサービスの提供を開始したと発表。発表を
    好感した買いが向かった。
    株価はストップ高で引けて、3日大幅続伸。
    テクニカル面では、移動平均線チャートにおいて、200日線(1009
    円)を回復するなど良好な形状にある。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    AMBITION<3300> 3日大幅続伸。
    終値1827円(前日比+167円+10.06%)
    25日移動平均線(1817円回復)。
    
    サンケン電<6707> 4日大幅続伸。
    終値843円(前日比+46円+5.77%)
    半導体・パワー半導体関連。
    25日移動平均線(803円)回復。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-02-20【東京市場概況】

    日経平均は4日ぶり反落(224円安) 材料難で売り先行 その後も様
    子見姿勢
    
    前日の米株市場が休場。手掛かり材料に欠けたなか、日本株は
    直近の上昇の反動もあり、朝方から売りが先行した。
    日経平均は早い段階で、節目の22000円割れ。その後もじり安
    の展開で前場の取引を21884.21円(265.00安)で引けていた。
    後場は日銀のETF(上場投資信託)買い期待を支えに下げ渋る
    動きも見れたが、大きな動きは無く、前場の高安の範囲内で動
    きに止まった。
    日経平均は上昇一服となった一方で、マザーズ、ジャスダック
    の新興市場は後場に転じて堅調な展開となった。
    
    日経平均終値は-224.11円の21925.10円。
    
    東証1部の出来高は12億3682万株、
    売買代金は2兆2390億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1027銘柄、値下がり949銘柄、
    変わらず90銘柄。
    
    業種別では値上がりが5業種、値下がりが28業種。
    値上がりはバルブ・紙、電気・ガス、陸運など。
    値下がりトップは石油・石炭、機械、食料品。
    
    日経平均は売り先行後も休場明けの米株市場の動向を見極めた
    たいと下値を拾う動きは限られた。
    いっぽうで、外部環境に左右されにく中小型へは買いが向かい、
    ジャスダック、マザーズは4日続伸と堅調な展開となった。
    日経平均が戻し一服となっても、下値がある程度限られていれ
    ば、新興市場を中心とした中小型への買いは続く見通し。
    その日経平均は、今晩の米株市場の動向次第のところもあるが、
    5日移動平均線(21682円)や日足一目均衡表の転換線(21652円)な
    どを下値サポートに下げ渋れるかが焦点。
    これらを割れるようなら、再び200日移動平均線(21097円)近辺
    までの調整が警戒されるところ。
    為替ドル/円の円高が一服しており、米株市場がしっかりとした
    展開となれば、2/5(22277.45円)-2/6(22659.43円)に空けたマ
    ドを埋める展開へ、その水準が目先の上値メド。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-20【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は4日ぶり反落(265円安) 材料難で売り優勢の展開
    
    前日の米市場が休場で材料難となったなか、朝方から売りが先行
    した。
    日経平均は早い段階で、節目の22000円を早い時間に割り込むと、
    その後もじり安基調、21831.45円(317.76円安)まで値を下げる場
    面が見られ、そのまま安値圏で前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-265.00円の21884.21円。
    
    東証1部の出来高は6億2530万株、
    売買代金は1兆958億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり647銘柄、値下がり1335銘柄、
    変わらず82銘柄。
    
    業種別では値上がりが1業種、値下がりが32業種。
    値上がりはバルブ・紙のみ。
    値下がりトップは銀行、機械、保険。
    
    
    
    後場の見通し
    
    前場、売り優勢の展開となったものの、日経平均は5日移動平均
    線(21674円)、日足一目均衡表の転換線(21652円)を上回った水
    準での推移であり、直近の上昇に対する利益確定が出た程度の
    見かた。
    ただ、休場明けの米株市場の動向を見極めたいとの思惑も強く、
    後場も軟調な展開が続きそう。
    新興市場も前場はマイナス圏で引けているものの、こららを中
    心とした中小型へ物色が向かいやす見かたに変わり無し。
    テーマ性のある材料株。また、これまで売られ過ぎにあった銘
    柄などへは、買いが向かうだろう。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-20【東京市場見通し】

    手掛かり材料難から売り先行も下値は限定的か 中小型株に注目
    
    前日の米市場は休場とあり、本日は手掛かり材料に欠ける。
    欧州株は上昇して始まったものの利益確定売りなどから反落。
    日本株も日経平均が直近の3日間で1000円近く上昇とあるだけに、
    いったん戻り一服、利益確定売り優勢の展開か。
    ただ、為替ドル/円の円高方向への動きが一服していることから、
    下値も限定的となる見通し。
    日経平均は前日(19日)に節目22000円を回復。上値抵抗から支持線
    へと変えれるか注目されるところ。
    その他、テクニカル面では、5日移動平均線(21546円)、日足一目
    均衡表の転換線(21652円)などが下値サポート。
    上値は2/5(22277.45円)-2/6(22659.43円)に空けたマド埋めへ。
    日経平均の下値の固さなどが確認されれば、中小型株への資金流
    入も強まる見込み。
    テーマ性のある銘柄、ここまで売られ過ぎにある好業績銘柄など
    への動向に注目。
    
    日経平均予想レンジは21800円-22000円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が106円台後半での推移。
    (19日終値106.56-57円)
    
    現在、ユーロ/円が132円台前半での推移。
    (19日終値132.27-31円)
    
    
    19日の米株市場は休場(プレジデンツデー)
    
    
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-19【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    本日、該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    PI<4290>
    終値1381円(前日比+79円+6.06%)
    配当修正を発表(東証1部変更の記念配当)。18年3月期の年間配当
    を従来計画10円から12円に増額。
    
    ショーエイコーポ<9385>
    終値853円(前日比+42円+5.17%)
    26日付け東証2部へ市場変更を発表。配当修正発表。(東証1部変更
    の記念配当)。18年3月期の期末一括配当を従来計画10円から13円
    に増額修正。
    
    ピックアップ
    テラ<2191>
    終値555円(前日比-14円-2.46%)
    特定細胞加工物製造許可を取得して細胞加工の製造開発受託事業
    に参入するため、新たな細胞培養加工施設の整備を開始したと発
    表した。
    (今回整備する施設は、「再生医療等の安全性の確保等に関する法
    律」(再生医療等安全性確保法)に基づき、主にがんに対する免疫
    細胞治療にかかる特定細胞加工物の製造開発を受託することを予
    定し整備する。
    また、再生・細胞医療に取り組む医療機関や研究機関から、臨床
    使用を用途とする細胞だけではなく、臨床研究に用いる細胞の製
    造も受託する予定とのこと)
    株価は先週末の大幅上昇の反動もあり本日は反落。反落となった
    が、日足一目均衡表の雲(上限539円-下限523円)などをサポートに
    下値しっかりの展開。発表を好感して、目先はこの水準からの上
    振れに期待。
    
    ネットマーケ<6175>
    終値1837円(前日比+132円+7.74%)
    株式分割(配当修正)を発表。3/13割当の1対2の株式分割。
    (18年6月期の期末一括配当を従来計画10円から5円(前期は無配)に
    修正(実質配当は変わらない))
    株価は今日まで3大幅続伸。テクニカル面では移動平均線チャート
    において、25日線(1892円)、日足一目均衡表において雲上限(1880
    円)に迫る動きとなっている。
    発表を好感して、これらを超える動きから、一段高へと期待。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-19【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め12銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S アミタHD<2195>、
    S ヴィンクス<3784>、
    一時S 大和コン<3816>、
    S リミックス<3825>、
    S 日本一ソフト<3851>、
    一時S 大村紙業<3953>、
    S ラクオリア<4579>、
    一時S ニッパンR<4669>、
    一時S ニッキ<6042>、
    S みらいWKS<6563>、
    S ヴィスコ<6698>、
    S セルシード<7776>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    コシダカ<2157> 2日大幅続伸。
    終値6570円(前日比+760円+13.08%)
    昨年来高値更新。
    先週末(17日)にフィットネス事業を展開する子会社のカーブスホ
    ールディングスが、米カーブスインターナショナルホールディン
    グス(CVIH)と米カーブスフォーウーマン(CFW)の発行済み
    全株式を取得し、連結孫会社化すると発表。
    25日移動平均線(5955円)回復。
    
    三社電機<6882> 3日大幅続伸。
    終値1708円(前日比+215円+14.40%)
    25日移動平均線(1618円)回復。
    
    ユニチャーム<8113> 大幅続伸。
    終値3090円(前日比+140.5円+4.76%)
    25日移動平均線(2962円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限2998円)突破。
    
    ピックアップ
    IBJ<6071> 3日大幅続伸。
    終値1092円(前日比+70円+6.84%)
    14日発表の好決算を好感する流れが続いている。
    テクニカル面では、本日に日足一目均衡表の雲(上限1057円)を突
    破となるなど良好な形状、一段高が期待されるところ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-19【東京市場概況】

    日経平均は大幅3日続伸(428円高) 節目22000円回復 後場上げ幅
    拡大 
    
    朝方から円高一服を好感して買いが先行。日経平均は21900円台
    でスタートして、その後も堅調な展開、22000台に乗せて、前場
    の取引を終えていた。
    後場も堅調な展開は続き一段高。節目22000円に乗せて、達成感
    より、下値不安が和らいだかっこうとなった。
    上げ幅は400円を超えて、そのまま高値圏で本日の取引を終えた。
    また、新興市場も堅調で、マザーズは3%超の上昇を記録。特に
    中小型株の物色が活況だった。
    
    日経平均終値は+428.96円の22149.21円。
    
    東証1部の出来高は12億9080万株。
    売買代金は2兆3256億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり2002銘柄、値下がり56銘柄、
    変わらず7銘柄。
    
    業種別では値上がりが32業種、値下がりが1業種。
    値上がりトップは卸売り、その他金融、不動産。
    値下がりはゴム製品のみ。
    
    日経平均が大幅上昇となるなか、今晩の米市場が休場となるほ
    か、アジアも春節で主要市場は休場、海外投資家の参加が限ら
    れ、東証1部の売買代金は今年最低だった。
    薄商いのなかでの先物主導の上昇とあって、このまま一本調子
    で戻すかは判断しずらいところではある。
    目先、1/23高値24129.34円から2/14安値20950.15円の半値戻し
    22540円を高値メドに意識。
    その他、2/5(22277.45円)-2/6(22659.43円)に空けたマド埋め
    となるかなどが注目される。
    短期的な過熱感が意識された時は、本日に回復した節目22000
    円、5日移動平均線(21546円)などが下値サポートとなるかが、
    焦点となる。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-02-19【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は3日続伸(288円高) 22000円回復で前場引け
    
    先週末(16日)の米株市場は高安まちまちとなっていたものの、
    日本株は円高一服を好感して買い優勢の展開となった。
    日経平均は21900円台でスタート、その後に節目22000円回復、
    22000円水準では戻り売りなどに押されて、上げ幅を縮小する
    場面も見られたが、前場引けにかけて、再び22000台に乗せ、
    高値圏で前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+288.76円の22009.01円。
    
    東証1部の出来高は6億2559万株、
    売買代金は1兆1064億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1966銘柄、値下がり79銘柄、
    変わらず19銘柄。
    
    業種別では値上がりが32業種、値下がりが1業種。
    値上がりトップは卸売り、その他金融、倉庫・運輪。
    値下がりはゴム製品のみ。
    
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は前場、ドル/円が円高に振れる場面でも買い優勢。
    薄商いの中を先物主導で上昇しており、円高を警戒する動
    きはみられていない。
    後場も買い優勢の展開が続きそうだが、節目22000円回復で
    いったんは達成感が意識されやすく、ここから一段の上昇は
    材料が欲しいところ。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-02-19【東京市場見通し】

    買い優勢の展開 米株市場まちまちも円高一服を好感
    
    先週末(16日)の海外株は欧州が上昇。米株は高安まちまち、
    荒い動きは見られるものの、NYダウはしっかりプラスで終
    えた(NASDAQは反落)。
    米株はまちまちなものも、本日の日本株は買い優勢の展開
    が予想される。
    日経平均は先週末(16日)、為替ドル/円が105円台に突入する
    中で強い動きとなっていた(終値21720.25円(255.27円高))。
    そのドル/円が、106円台まで戻していることから、安心感
    が高まりやすく、先週後半からの戻し基調が継続される見
    通し。
    今晩の米株市場が休場でもあり、波乱材料も少ない。
    節目22000円を意識。ただ、その水準では材料不足のなか、
    上値を抑えれる展開となりそう。
    また、場中のドル/円の動向を注視といったところ。
    
    日経平均予想レンジは21650円-21950円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が106円台前半での推移。
    (先週末(16日)終値106.01-02円)
    
    現在、ユーロ/円が131円台後半での推移。
    (先週末(16日)終値132.81-85円)
    
    
    先週末(16日)日の米株市場概況
    
    高安まちまち。NYダウとS&P500はわずかながら6日続伸。
    いっぽうでNASDAQは6日ぶりの反落。
    強い経済指標などを背景に主要3指数は続伸スタート、
    NYダウは一時232ドル高まで上昇する場面があった。
    しかし、2016年の米大統領選にからみ、モラー米特別検
    察官がロシアの個人や企業を訴追したことで上昇幅を縮
    小した。
    NYダウ終値は+19.01の25219.38。
    S&P500は+1.02の2732.22。
    NASDAQは-16.97の7239.47。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-16【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    エイチーム<3662> 業績修正発表。
    終値2412円(前日比+33円+1.38%)
    18年7月期第2四半期累計(17年8月-18年1月)の連結経常利益を従来
    予想13.5億円から20億円に上方修正(前年同期は10.7億円)。
    (通期の経常利益は従来予想47億円を据え置き(前期は41.1億
    円))。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    オンコリスB<4588>
    終値806円(前日比+21円+2.67%)
    新規腫瘍溶解アデノウイルス開発に特化した米バイオベンチャー
    に出資。
    
    八十二<8359>
    終値626円(前日比+4円+0.64%)
    自社株買い発表(上限を500万株(発行済み株数の0.98%)、または
    3000百万円。取得期間は平成30年2/19~4/27)。
    
    ピックアップ
    レノバ<9519>
    終値1659円(前日比+42円+2.59%)
    2/23付けで東証マザーズから東証1部へ市場変更されることになっ
    たと発表。
    株価は直近高値1780円(2/13)からは上昇方一服の流れにあった。
    しかし、本日に4日ぶり反発。日足一目均衡表の転換線(1625円)が
    下値サポートと意識されたかっこう。
    発表を受けて、この転換線から上振れ。高値更新、上値追いの展
    開が期待される。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-02-16【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 森組<1853>、
    S 共同PR<2436>、
    S 北の達人<2930>、
    S 大村紙業<3953>、
    S ソースネクス<4344>、
    一時S タカトリ<6338>、
    一時S セルシード<7776>、
    S 明豊エンタ<8927>、
    S 理研グリン<9992>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S UFHD<4235>、
    S日精蝋<5010>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ワールドHD<2429> 大幅反発。
    終値3760円(前日比+260円+7.42%)
    25日移動平均線(3592円)回復。
    
    SHIFT<3697> 大幅続伸。
    終値4255円(前日比+440円+11.53%)
    14日発表のビットフォレストとの業務提携を引き続き材料視。
    25日移動平均線(3955円)回復。
    
    科研薬<4521> 大幅反発。
    終値6120円(前日比+570円+10.27%)
    200日移動平均線(5923円)回復。
    
    ピックアップ
    夢真HD<2362> 大幅続伸。
    終値1271円(前日比+91円+7.71%)
    前日(15日)引け後に1月度の月次速報を発表。(建築技術者派事
    業の売上高が前年同月比33%増の23億3100万円となったほか、
    営業利益も前年同月比同2.0倍の4億1100万円と大幅増益)
    発表を好感した買いが向かい大幅続伸。
    テクニカル面では、直近に割れていた25日移動平均線(1226)を
    回復しており、再び上昇トレンドに乗ったかっこう。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-16【東京市場概況と来週の見通し】

    16日概況 日経平均は大幅続伸(255円高) 円高影響は限定的で堅
    調な展開
    
    朝方、為替ドル/円の円高基調にあることがやや意識されたもの
    の、世界的に株価は戻し基調にあることを強く意識、買い優勢
    に傾き、日経平均は、234高で前場の取引を終えていた(21699.
    71円(234.73円高))。
    後場に入ると株価指数先物買いを交えて一段高、一時は400円
    高まで上げ幅を拡げた(21866.37円(401.39円高))。
    その後、円高が進行してドル/円が105円台に突入。上げ幅を縮
    小する展開とはなったものの、大きくは崩れず、引けまで堅調
    な地合いが続いた。
    
    日経平均終値は+255.27円の21720.25円。
    
    東証1部の出来高は14億2888万株、
    売買代金は2兆7149億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1708銘柄、値下がり298銘柄、
    変わらず59銘柄。
    
    業種別では全33業種が上昇。
    値上がりトップは電気・ガス、水産・農林、バルブ・紙。
    
    
    来週の見通し
    
    日経平均は、2/14安値(20950.15円)を底値としたリバウンド
    相場。
    騰落レシオも続き78%台と、売られ過ぎの目安80%を下回って
    いる。
    移動平均線チャートにおいても、5日線から上振れ傾向、目
    先は節目22000円を意識した展開となるだろう。
    ただ、直近の取引では警戒感が薄れているが、続きドル/円の
    動向は注視。
    一段と円高に進むようなら、企業業績の上振れ期待が後退、
    本格反転に向かう相場展開は考えづらい面がある。
    来週は経済指標の発表なども無くイベントも少ない。比較
    的、為替ドル/円も落ち着いた動きになるのではないか。
    物色対象は主力処より外部環境の影響を受けにくい、中小
    型株に向かいやすい。
    本日もジャスダック、マザーズともい続伸しており、堅調
    な流れが来週も続く見込み。
    なかでも、好業績、トレンドが転換してきた銘柄の動向が
    注目される。
    
    来週の日経平均予想レンジは21100円-22000円。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-02-16【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続伸(234円高) 一時は300円超えの上昇も
    
    前日の米株高を好感して買い優勢の展開となった。為替ドル/円
    が円高基調にあり、寄り付き直後はもみあう展開にあったもの
    の、下値不安が和らいだことで、買われる展開となり、日経平
    均は一時、300円超えの上昇となる場面が見られた(高値21788.
    14円(323.16円高))。
    その後はやや伸び悩んで上げ幅を縮小しているものの、堅調な
    地合いは続き、前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+234.73円の21699.71円。
    
    東証1部の出来高は6億8141万株、
    売買代金は1兆2752億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1847銘柄、値下がり188銘柄、
    変わらず30銘柄。
    
    業種別では値上がりが32業種、値下がりは1業種。
    値下がりトップは電気・ガス、水産・農林、ガラス・土石。
    値下がりは海運のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は上値抵抗と意識されていた5日移動平均線(21389円)
    を明確に上抜けてきており、テクニカル面では一段と戻しを強
    める展開が期待されるところ。ドル/円が円高基調にあるなか、
    強い動きといえる。
    ただ、ドル/円105台となるようだと、週末要因もあり、後場は
    上げ幅を縮小する可能性があるだろう。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-16【東京市場見通し】

    やや買い優勢の展開か 円高重しも米株、世界的的に株価は戻し
    基調 
    
    前日の海外株は欧州株上昇、米株も主要3指数そろって5日続伸、
    NYダウは306ドル高と連日で大幅高、25000ドルを回復するなど、
    世界的に株価は戻し基調にある。
    日本株もこの流れに乗りやすいだろう。とはいえ、為替ドル/円
    が続き円高基調にあることが重し(現在は106円台前半で推移)。
    強弱材料が入り混じる展開が続いているが、前日の日経平均は、
    円高基調のなか米株高に強い反応を見せて買い優勢だった。
    本日も同様に米株高を好感する動きが期待され、上値は重いだ
    ろうが、売りも手控えられやすい見かた。
    場中はプラス圏とマイナス圏を行き来する場面もありそうだが、
    下値では押し目買いが入り底型さを示すだろう。
    その他、日銀の正副総裁人事案が国会に提示されるとみられる
    なか、金融政策への思惑から上下に振れる場面も想定しておき
    たいところ。
    
    日経平均予想レンジは21200円-21650円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が106円台前半での推移。
    (15日終値106.36-37円)
    
    現在、ユーロ/円が132円台後半での推移。
    (15日終値132.94-98円)
    
    
    15日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって5日続伸。
    日本や欧州株高の流れを受けて買い先行。その後に一端は利益
    確定売りに押される場面もあった。
    しかし、米10年債利回りの低下に連れて再び買いが優勢となっ
    た。
    NYダウは一時84ドル安まで下落後、300超えの上昇で引けており、
    2/2以来、9営業日ぶりに25000ドルを回復している。
    発表された経済指標はまちまち。米1月生産者物価指数、米2月
    フィラデルフィア連銀指数が市場予想を上回った。
    いっぽうで、米2月ニューヨーク連銀製造業景気指数が前月や
    市場予想を下回ったほか、米1月鉱工業生産が予想に反してマ
    イナスとなった。
    NYダウ終値は+306.88の25200.37。
    S&P500は+32.57の2731.20。
    NASDAQは+112.82の7256.43。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-02-15【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    本日、該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    エディア <3935>
    終値1321円(前日比+48円+3.77%)
    AKIBA<6840>の完全子会社であるティームエンタテインメン
    トの全株式取得で子会社化へ。
    
    オンコリスB<4588>
    終値785円(前日比+27円+3.56%)
    がんの体外検査薬として開発を進めている「OBP-1101」
    について欧州特許出願の特許査定を受ける。
    
    東プレ<5975>
    終値3005円(前日比+61円+2.07%)
    米国およびメキシコの子会社が追加設備投資を決定。
    
    ソニー<6758>
    終値5173円(前日比+95円+1.87%)
    完全子会社ソニー・ミュージックエンタテインメントが保有する
    不動産を譲渡、約100億円の譲渡益を営業利益に計上見込み。
    
    ピックアップ
    栄研化<4549>
    終値4640円(前日比+75円+1.64%)
    3/31時点の株主に対して1対2株の株式分割を実施すると発表。
    株価は本日、4日ぶりに反発。
    テクニカル面では、週足ベースの移動平均線チャートにおいて、
    26週線(4675円)をやや割れた水準での推移となっているが、発
    表が好感され、本日に続き、明日も買い優勢の展開。26週線を
    維持して今週の取引を終えるようなら、中長期的な上昇トレン
    ドは維持と判断されるところ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-02-15【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S アプリックス<3727>、
    S UFHD<4235>、
    一時S ソースネクス<4344>、
    一時S サカタINX<4633>、
    一時S シライ電子<6658>、
    S ダイヤ電機<6895>、
    S シンシア<7782>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め7銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S アプリックス<3727>、
    S UFHD<4235>、
    一時S ソースネクス<4344>、
    一時S サカタINX<4633>、
    一時S シライ電子<6658>、
    S ダイヤ電機<6895>、
    S シンシア<7782>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    日清紡HD<3105> 大幅反発。
    終値1574円(前日比+51円+3.34%)
    25日移動平均線(1552円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限1573円)突破。
    
    ブロドリーフ<3673> 3日ぶり大幅反発。
    終値1222円(前日比+217円+21.59%)
    昨年来高値更新。
    前日に決算・株式分割・自社株買い発表。
    
    テルモ<4543> 反発。
    終値5520円(前日比+150円+2.79%)
    25日移動平均線(5400円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限5425円)突破。
    
    ピックアップ
    シノケンG<8909> 大幅続伸。
    終値2860円(前日比+371円+14.90%)
    前日(14日)発表の決算を好感。(17年12月期の連結経常利益は122
    億円(前の期比23.3%増)。
    18年12月期も132億円(前期比8.2%増)を見込み、7期連続で過去最
    高益更新見通し。今期の年間配当は60円(前期比5円増)とする方針
    に)
    株価は大幅続伸。移動平均線チャートにおいて、25日線(2652円)
    回復して上振れ、上昇トレンド転換の形状に。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-15【東京市場概況】

    日経平均は4日ぶり反発(310円高) 米株高を好感 終日堅調な展開
    
    朝方から買いが先行、前日の米株市場でNYダウとS&P500が年初来で
    プラス圏を回復するなど堅調だったことが好感された。
    為替ドル/円は、続き円高基調にあったが、影響は限定的で、終日
    堅調な展開となった。
    日経平均の本日の高値は後場に付けた21578.99円(424.82円高)。
    その水準からは上げ幅を縮小して取引を終えている。
    
    日経平均終値は+310.81円の21464.98円。
    
    東証1部の出来高は15億7111万株、
    売買代金は2兆9682億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1393銘柄、値下がり606銘柄、
    変わらず66銘柄。
    
    業種別では値上がりが28業種、値下がりが5業種。
    値上がりトップは保険、精密機器、サービス業。
    値下がりは電気・ガス、繊維製品、陸運など。
    
    日経平均は終値で5日移動平均線(21427円)を回復。騰落レシオも
    74%台と売られ過ぎの目安80%を下回っている状態にあり、目先は
    一段の戻しが期待されるところにある。とりあえず、節目22000
    円がメドといったところ。
    懸念されるのは続き為替ドル/円の動向。106円台で推移となって
    いるなか、一段と円高に振れて、105円台で明日の取引を迎える
    ような展開となれば、リバウンド機運を冷ます可能性はある。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-15【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は4日ぶり反発(280円高) 米株高を好感 一時21500
    円回復
    
    前日の米株市場でNYダウとS&P500が年初来でプラス圏を回復する
    など堅調な展開となった。
    日本株は米株高を好感して買いが先行、日経平均は21520.83円
    (366.66円高)まで上昇する場面があった。
    その後、やや上げ幅を縮小したものの、崩れることなとなく、
    前場の取引を終えている。
    
    日経平均前場終値は+280.46円の21434.63円。
    
    東証1部の出来高は7億5348万株、
    売買代金は1兆3844億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1645銘柄、値下がり370銘柄、
    変わらず49銘柄。
    
    業種別では値上がりが31業種、値下がりが2業種。
    値上がりトップはサービス、保険、銀行。
    値下がりは電気・ガス、陸運、石油・石炭など。
    
    
    後場の見通し
    
    米株市場が持ち直しの動きにあり、日本株も買い優勢の展開。
    続き、為替ドル/円の動向が気掛かりではあるが、買い優勢の
    まま前場の取引を終えている。
    日経平均は前日に200日移動平均線(21044円)で底を付いた感
    があるなか、前場終値時点で、5日移動平均線(21421円)を上
    回っている。後場も5日線を維持出来るかが焦点となるなか、
    上回る時間が長く続けば、次第に買いが強まる可能性がある
    だろう。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-02-15【東京市場見通し】

    買い先行 米株高を好感 その後はドル/円の動向次第の展開へ
    
    前日の米株市場は主要3指数そろって4日続伸と堅調、NYダウと
    S&P500は年初来でプラス圏を回復した。
    強い米株市場を好感して日本株も買いが先行する見通し。
    ただ、買い先行後に買戻しが加速するかどうかはドル/円の動
    向次第か。現在も円高基調にあり、ドル/円は106円台後半での
    推移。
    前日もドル/円の動向を睨んでの展開となり、日経平均は買い
    先行も、その後はじりじりと下げに転じると、一時21000円
    を下回る場面もあった。
    この時、上値抵抗と意識されたのが5日移動平均線(21463円)。
    同線を回復出来るかが焦点となりそう。回復するようなら戻
    りが加速する可能性あり。
    
    日経平均予想レンジは21100円-21550円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が106円台後半での推移。
    (14日終値107.40-41円)
    
    現在、ユーロ/円が133円どころでの推移。
    (14日終値132.88-92円)
    
    
    14日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって4日続伸。
    始まりは売り優勢の展開、強い米1月消費者物価指数(CPI)の結果
    を受けて米10年債利回りが上昇したことが重しとなった。
    しかし、その後は金融やIT、一般消費財、エネルギー株などが買
    われ、相場を押し上げた。
    NYダウは朝方に150ドル安まで下落したものの、250ドルを超える上
    昇で引けている。
    NYダウとS&P500は年初来でプラス圏を回復した。
    NYダウ終値は+253.04の24893.49。
    S&P500は+35.69の2698.63。
    NASDAQは+130.11の7143.62。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-02-14【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    出光興産<5019> 決算発表。
    終値3810円(前日比+30円+0.79%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は1698億円(前年
    同期比2.0倍)。
    通期の同利益を従来予想1760億円から2300億円に上方修正(前期は
    1399億円)。
    
    東洋炭素<5310> 決算発表。
    終値3320円(前日比+115円+3.58%)
    17年12月期の連結経常利益は37.1億円(前の期比4.9倍)。18年12月
    期は45億円(前期比21.0%増)。
    今期の年間配当は40円(前期比10円増)とする方針。
    
    リクルートHD<6098> 決算発表。
    終値2388.0円(前日比-34.5円-1.42%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結最終利益は1286億円(前年
    同期比8.1%増)。
    通期の同利益を従来予想1220億円から1490億円に上方修正。
    
    ピックアップ
    昭電工<4004> 決算発表。
    終値4710円(前日比+245円+5.48%)
    17年12月期の連結経常利益は639億円(前の期比65.3%増)と従来予
    想550億円を上回り。
    18年12月期も1060億円前期比65.7%増)を見込み、2期連続で過去最
    高益更新見通し。
    前期の年間配当を30円から50円に増額(前の期は無配)。
    今期も前期比20円増の70円に増配する方針に。
    株価は本日、3日ぶりに大幅反発。75日移動平均線(4510円)で底を
    付いたかっこう。
    好決算を受けて、目先は25日移動平均線(5042円)回復から再び上
    昇トレンドへ。
    
    シノケンG<8909> 決算発表。
    終値2489円(前日比+58円+2.38%)
    17年12月期の連結経常利益は122億円(前の期比23.3%増)。18年12
    月期も132億円(前期比8.2%増)を見込み、7期連続で過去最高益更
    新見通し。今期の年間配当は60円(前期比5円増)とする方針に。
    株価は本日に3日ぶり反発。移動平均線チャートにおいて、75日線
    (2500円)、200日線(2428円)近辺で底堅く推移。好決算を受けて、
    目先は25日線(2637円)回復から上昇トレンドへ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-14【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め6銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S 阿波製紙<3896>、
    一時S CEHD<4320>、
    S ハーバー研<4925>、
    一時S 日製鋼<5631>、
    S 鈴木<6785>、
    S 日本モゲジS<7192>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め12銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S インタスペス<2122>、
    一時S ケアネット<2150>、
    S 日本和装<2499>、
    S YSフード<3358>、
    S G-FAC<3474>、
    S マツオカ<3611>、
    S ビリングシス<3623>、
    S ホットリンク<3680>、
    S ラクオリア<4579>、
    S ぱど<4833>、
    一時S 岡本工<6125>、
    S クラッチ<6408>、
    一時S ニチダイ<6467>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    Vテクノロジー 3日ぶり大幅反発。
    終値21350円(前日比+1840円+9.43%)
    前日(13日)発表の決算を好感。
    25日移動平均線(21005円)回復。
    
    三陽商 大幅続伸。
    終値2255円(前日比+158円+7.53%)
    本日11時発表の決算を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限2242円)突破。
    
    ピックアップ
    東海カ 大幅続伸。
    終値1752円(前日比+250円+16.64%)
    前日(13日)発表の決算を好感。
    (17年12月期の連結経常利益は132億円(前の期比7.8倍)。18年12月
    期も440億円(前期比3.3倍)、11期ぶりに過去最高益更新見通し。
    今期の年間配当は24円(前期比12円増)とする方針に)
    テクニカル面は、移動平均線チャートにおいて、ここまで75日線
    (1350円)近辺で底堅く推移した後、本日に25日線(1603円)を回
    復。また、昨年来高値1749円(1/12)を更新しており、上方向への
    トレンドを強めた。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-14【東京市場概況】

    日経平均は3日続落(90円安) 後場に一時は21000円割れ
    
    米株高を好感して朝方は買いが先行。日経平均は21371.01円
    (126.33円高)まで上昇する場面が見られた。
    しかし、為替ドル/円の円高方向に振れたことが嫌気されて失
    速、前場を21109.29円(135.39円安)で引けていた。
    後場は、為替ドル/円が106円台と一段と円高に振れたことな
    どから、日経平均は一段安、21000円を割り込む場面あった。
    ただ、その後はその後は、日銀のETF(上場投資信託)買い期
    待もあって買い戻しや押し目買いに切り返し、一時はプラス
    圏まで浮上する場面もあったが、引けにかけては再び上値重
    く、本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は-90.51円の21154.17円。
    
    東証1部の出来高は18億4229万株、
    売買代金は3兆4450億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり432銘柄、値下がり1581銘柄、
    変わらず52銘柄。
    
    業種別では値上がりが7業種、値下がりが26業種。
    値上がりは空運、石油・石炭、医薬品など。
    値下がりトップは転送用機器、海運、非鉄金属。
    
    テクニカル面で日経平均は本日、200日移動平均線(21030円)
    を割れる場面があったものの終値では維持。200日線が上向
    きトレンドを維持している間は下値のサポートとして意識さ
    れやすくある。
    また、騰落レシオも71%台と売られ過ぎを示す80%を下回るな
    ど、短期的にはリバウンドしておかしくない状況にある。
    値動きの荒い展開のなか、底入れ感はまだ確認されないもの
    の、それを意識してもよい水準にはあるだろう。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-02-14【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は3日続落(135円安)買い一巡後に下げに転換して下
    げ幅拡大
    
    米株高を好感して朝方は買いが先行。日経平均は21371.01円
    (126.33円高)まで上昇する場面が見られた。
    しかし、為替ドル/円の円高方向に振れたことが嫌気されて失
    速、マイナス圏に沈むと下げ幅拡大、前場終盤に21061.85円
    (182.83円安)まで値を落とす場面もあった。
    
    日経平均前場終値は-135.39円の21109.29円。
    
    東証1部の出来高は8億3138万株、
    売買代金は1兆5162億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり468銘柄、値下がり1537銘柄、
    変わらず60銘柄。
    
    業種別では値上がりが3業種、値下がりが30業種。
    値上がりは石油・石炭、空運、鉱業のみ。
    値下がりトップは海運、その他金融、精密機器。
    
    
    後場の見通し
    
    今晩発表される米1月消費者物価など米経済指標への警戒感が
    強いなか、為替ドル/円も107円台前半と円高基調にあり、売り
    優勢で前場の取引を終えた。
    後場もドル/円の動向を睨んでの展開、売り優勢になると見ら
    れる。
    日銀のETF買い入れなどが下支えとして意識されるものの、
    このところ大引けにかけて一段と弱含む展開が目立っており、
    積極的な買いは入りづらいと見られる。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-02-14【東京市場見通し】

    売り買い交錯 もみあいの展開 米株高好感も円高基調にあり警戒
    
    前日の米株市場は上値は限られたものの、主要3指数そろって上昇
    で引けている。
    いっぽうで、為替ドル/円は続き円高基調にあり、現在は107円後半
    での推移。
    米株市場が上昇して落ち着いた動きとなっていることは好感され
    るものの、円高が日本株には警戒材料となる。
    前日も日経平均は前場で大幅高となった後に後場急失速。日本株
    の弱さが目立っており、円高一服感が出てくるまでは、積極的な
    買いは入りづらい。
    本日もドル/円の動向をにらみながら神経質な展開が予想される。
    
    日経平均予想レンジは21100円-21400円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が107円台後半での推移。
    (13日終値107.75-76円)
    
    現在、ユーロ/円が133円台前半での推移。
    (13日終値132.71-75円)
    
    
    13日の米株市場概況
    
    3日続伸。
    主要3指数は戻り待ちの売りなどに押されて軟調にスタートしたも
    のの、売り一巡後は下値を拾い動きが見られプラス圏に浮上。
    ただ、翌日に米1月消費者物価指数などの注目の経済指標の発表を
    控えるなか、上値は限られた。
    NYダウ終値は+39.18の24640.45。
    S&P500は+6.94の2662.94。
    NASDAQは+31.55の7013.51。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-02-13【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    日製鋼<5631> 決算発表。
    終値2977円(前日比-103円-3.34%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は176億円(前年
    同期比62.2%増)。
    通期の同利益を従来予想180億円から200億円に上方修正(前期は
    121億円)。
    今期の年間配当を従来計画35円から37.5円に増額修正。
    
    堀場製<6856> 決算発表。
    終値6680円(前日比+20円+0.30%)
    17年12月期の連結経常利益は266億円(前の期比45.6%増)。
    18年12月期は284億円(前期比6.7%増)。
    
    Vテクノロジー<7717> 決算発表。
    終値19510円(前日比-190円-0.96%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は69.9億円(前年
    同期比2.1倍)。
    通期の同利益を従来予想98億円から119億円に上方修正(前期は54
    億円)。
    今期の年間配当を従来計画200円から270円に増額修正(前期は115
    円)。
    
    インタアクション<7725> 業績修正発表。
    終値873円(前日比-22円-2.45%)
    18年5月期の連結経常利益を従来予想5億円から6.9億円に上方修正
    (前期は4.1億円)。
    
    ピックアップ
    nms HD<2162> 決算・株式分割発表。
    終値1561円(前日比-88円-5.33%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結最終利益は9.2億円(前年
    同期比5.6倍)。
    通期の同利益を従来予想10億円から11億円に上方修正(前期は4.9
    億円)。
    また、2/28割当の1対2の株式分割を発表。期末一括配当を従来計
    画7円から4.5円に修正(前期は7円)。年間配当は実質28.6%増額。
    株価は大幅続落。週足ベースの移動平均線チャートの26週線(1566
    円)近辺まで値を落としているが、発表を受けて、この26週線から
    反発、中期上昇トレンドを維持する見通し。
    
    REMIX<3825> 決算発表。
    終値791円(前日比+100円+14.47%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は9.3億円(前年
    同期非連結比11倍)。
    通期の同利益を従来予想7.5億円から31.3億円に上方修正(前期は
    600万円)。
    株価は今日まで大幅に4日続伸(今日はS高)。テクニカル面では、
    日足一目均衡表の雲(上限771円)を突破となり、上昇トレンド転換
    の形状。
    好決算を受けて、一段と上方向へのトレンドを強めそうだ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ラクス<3923>
    終値3095円(前日比±円±0.00%)
    1月度売上高は31.1%増。
    クラウド事業、IT人材事業共に大幅な増収。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-13【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め14銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S コーアツ工業<1743>、
    S ファーマF<2929>、
    S デュアルT<3469>、
    S リミックス<3825>、
    一時S RSC<4664>、
    一時S ISID<4812>、
    S カーボン<5302>、
    一時S ヨータイ<5357>、
    一時S 富士ソSB<6188>、
    S ヒラノテク<6245>、
    一時S 原田工業<6904>、
    一時S 日電子<6951>、
    S プラッツ<7813>、
    一時S イー・ギャラ<8771>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め12銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S 東亜建<1885>、
    S フュトレック<2468>、
    S アートSHD<3663>、
    S ラクオリア<4579>、
    S オンコリス<4588>、
    S レントラクス<6045>、
    S 新川<6274>、
    S みらいWKS<6563>、
    S SEMTEC<6626>、
    一時S ソルガムHD<6636>、
    S シード<7743>、
    S ムトー精工<7927>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    レオン自機<6272> 大幅反発。
    終値2290円(前日比+244円+11.92%)
    先週末(9日)発表の決算を好感。
    25日移動平均線(2258円)を回復。
    
    ピックアップ
    帝国電機<6333> 大幅反発。
    終値1577円(前日比+206円+15.02%)
    前週末(9日)に発表された決算を好感。(18年3月期第3四半期累計
    (4-12月)の連結経常利益は19.4億円(前年同期比56.9%増)、10-12
    月期(3Q)の連結経常利益は9.4億円(前年同期比25.5%増)。
    テクニカル面でも、移動平均線チャートにおいて、割れていた75
    日線(1456円)、25日線(1525円)を回復。また、日足一目均衡表に
    おいても、雲(上限1556円)突破となるなどチャート形状が良好。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-13【東京市場概況】

    日経平均は続落(137円安) 後場に下げに転換から下げ幅拡大  
    
    前場は国内連休中の米株市場が堅調だったことなどが好感され
    て、買い優勢の展開にあった。
    日経平均は前場引け間際には300円近くまで上昇、そのまま高
    値圏で前場の取引を終えていた。(前場終値21668.05円(285.43
    円高)
    しかし、後場は、円高・ドル安に連動する形で売り優勢の展開
    となった。
    日経平均はマイナス圏に沈むと下げ幅を拡大、21211.53円(171.
    09円安)まで値を下げる場面があった。
    その後も、戻りは鈍いまま、本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は-137.94円の21244.68円。
    
    東証1部の売買代金は3兆7126億円。
    出来高は19億6239万株。
    
    騰落銘柄数は値上がり629銘柄、値下がり1366銘柄、
    変わらず70銘柄。
    
    業種別では値上がりが5業種、値下がりが28業種。
    値上がりは繊維製品、その他製品、鉱業など。
    値下がりトップはゴム製品、空運、海運。
    
    今週も米経済指標発表(1月消費者物価など)が控えており、結
    果を受けての米金利の反応が警戒されているもよう。
    本日の日本株は買い先行も上値は重く、戻り売りなどに押さ
    れた。
    とはいえ、米金利の上昇に関しては先週にある程度織り込ん
    だ見かた。
    また、米経済指標発表を通過すれば、米金利の上昇もひとま
    ず一服するとも見れる。
    テクニカル面でも東証1部の騰落レシオが80%を下回るなど売
    られ過ぎを示す指標も出てきている。
    日経平均も続き200日移動平均線(21017円)などが下値サポー
    トとなりそうだ。
    反発時は、本日も結果的に上値抵抗となった5日移動平均線
    (21554円)を回復となるか、または上回る水準で定着できる
    かが焦点。
    しばらく、波乱含みの展開が続きそうではあるが、基本的
    には強気姿勢で見ておきたいところにある。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-02-13【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅反発(285円高) 米株高好感して買い優勢
    
    米株が連日で大幅高。それを受けて、日本株も買いが先行した。
    しかし、買い先行後は、先行き不透明感は強いなか、一端伸び悩
    む展開にあった。
    ただ、次第に米株、日本株ともに一端は底を打ったのではないか
    との見かたが強まり、改めて買いの勢いが強まった。
    日経平均は前引け間際には300円近くまで上昇、そのまま高値圏で
    前場の取引を終えた。(前場高値21679.0円(296.58円高))
    
    日経平均前場終値は+285.43円の21668.05円。
    
    東証1部の出来高は8億9129万株、
    売買代金は1兆6664億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1347銘柄、値下がり648銘柄、
    変わらず69銘柄。
    
    業種別では値上がりが25業種、値下がりが8業種。
    値上がりトップは繊維製品、その他製品、証券・商品。
    値下がりは空運、ゴム製品、石油・石炭など。
    
    
    後場の見通し
    
    前場、日経平均は5日移動平均線(21639円)近辺で取引を終えた。
    後場もこの近辺での攻防、同線を明確に上回ってくるようなら、
    目先の戻しが強まりやすいところであり、動向が注目される。
    NYダウ先物が小高く推移、後場はこれを睨みながらの展開が予
    想される。
    また、108円台にとどまっているドル/円の動向も注視。109円台
    に乗せてくるようなら動きが見られれば、買いが勢いづくとこ
    ろ。
    そうした外部環境を横目に好業績銘柄などへの買いは見られそ
    うだ。
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-13【東京市場見通し】

    買い優勢の展開 日本休場中の海外市場が堅調だったことを好感
    
    本日の日本株は買い優勢の展開が見込まれる。米株市場はNYダウが
    先週末(9日)に330ドル高、昨日(12日)は410ドル高と大幅続伸。
    連日で大幅に上昇となっており、これを好感して買いが先行する
    見通し。
    ただ、為替ドル/円は108円台後半での推移と先週末(9日)から、円
    安方向には触れていない。
    それがあってか、CME225先物は大幅高となるも、NYダウの上げ度合
    いからすると見劣りする。
    日経平均は買い先行後はドル/円の動向次第といったところ。5日移
    動平均線(21842円)などが上値抵抗、その水準では戻り売りなどが
    やや強いと予想される。
    とはいえ、さすがに下げを警戒する地合いでもない。場中の振れ
    幅は大きくなる可能性はあるが、基本的には買い優勢にあるだろ
    う。
    物色は引き続き決算銘柄。また、仮想通貨取引所大手コインチェ
    ックが通貨流出問題で金融庁に報告を提出する期限を迎える、仮
    想通貨関連への見直し買いなどに注目。
    その他、15日から中国は春節(旧正月)に入ることから、インバウ
    ンド関連。
    16日は北朝鮮の故金正日氏の誕生日となることから、防衛関連な
    ども注目されそうだ。
    
    日経平均予想レンジは21450円-21800円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が108円台後半での推移。
    (先週末9日終値109.15-16円)
    
    現在、ユーロ/円が133円台後半での推移。
    (先週末9日終値134.07-11円)
    
    
    12日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって大幅続伸。
    週明けのアジアや欧州株が堅調だったことなどを追い風に上昇し
    てスタート、先週末からの反発の流れが続いた。
    幅広い銘柄に買戻しが続き、S&P500の全11セクターが上昇。
    NYダウは一時574.26ドル高まで上昇する場面も見られた。
    NYダウ終値は+410.37の24601.27。
    S&P500は+36.45の2656.00。
    NASDAQは+107.47の6981.96。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-02-09【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    フルキャスト<4848> 決算・自社株買い発表。
    終値2288円(前日比-57円-2.43%)
    17年12月期の連結経常利益は44億円(前の期比46.8%増)。18年12
    月期も50.8億円(前期比15.3%増)と13期ぶりに過去最高益更新見
    通し。
    前期の年間配当を25円から26円に増額(前の期は21円)。今期も
    前期比2円増の28円に増配する方針。
    また、自社株買い発表(上限を34万株(発行済み株数の0.9%)、
    または682百万円。取得期間は平成30年2/13~3/23)。
    
    旭ダイヤ<6140> 決算発表。
    終値1148円(前日比-44円-3.69%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は37.4億円(前
    年同期比79.0%増)。通期の同利益を従来予想40.6億円から47.4
    億円に上方修正(前期は29.4億円)。
    
    ダイフク<6383> 決算発表。
    終値6590円(前日比-160円-2.37%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は290億円(前
    年同期比74.8%増)。
    通期の同利益を従来予想380億円から400億円に上方修正(前期
    は237億円)。
    今期の年間配当を従来計画62円から65円に増額修正(前期は42
    円)。
    
    ピックアップ
    レーサム<8890> 決算・自社株買い発表。
    終値1527円(前日比+4円+0.26%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は87.4億円(
    前年同期比48.9%増)。
    通期の同利益を従来予想79.5億円から104億円に上方修正(前期
    は67.1億円)。
    期末一括配当を従来計画31円から40円に増額修正(前期は29円)。
    また、自社株買い発表(上限を45万株(発行済み株数の0.977%)、
    または7億円。取得期間は平成30年2/13~5/10)。
    株価は本日、小幅に続伸で引けており、しっかりの展開。
    日足一目均衡表の雲(上限1436円)に沿う形で、底堅い展開。
    発表を受けて、この水準から上振れへ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    DDHD<3073>
    終値3535円(前日比-90円-2.48%)
    1月度の月次売上高等前年同月比及び出退店等の店舗状況を発表。
    客単価は前年に比べ着実に増加するなど好調。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-09【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S 日経VI<2035>、
    S シイエムシイ<2185>、
    一時S PCNET<3021>、
    S ヨータイ<5357>、
    一時S 日本CMK<6958>、
    S 日エスコン<8892>、
    S 理研グリン<9992>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め6銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S オプトHD<2389>、
    一時S フライト<3753>、
    一時S デジアド<4772>、
    一時S アイビー<4918>、
    S 新日本電工<5563>、
    一時S TOWA<6315>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ピックアップ
    ネクソン<3659> 大幅反発。
    終値3810円(前日比+440円+13.05%)
    前日(8日)に、決算・株式分割を発表。
    17年12月期の連結税引き前利益は699億円(前の期比48.5%)。
    3/31現在の株主を対象に1対2の株式分割を実施。
    発表を好感して本日に大幅反発となり昨年来高値更新。
    テクニカル面では直近、移動平均線チャートにおいて、
    75日線(3286円)をサポートに底堅く推移、
    割れていた25日線(3483円)を回復して上振れとなり、
    良好な形状にある。
    
    クラスターテクノ<4240> 3日ぶり大幅反発。
    終値794円(前日比+84円+11.83%)
    本日(9日)、前場引け後に決算発表。18年3月期第3四半期累計
    (4-12月)の経常損益(非連結)は2200万円の黒字に浮上(前年同
    期は4100万円の赤字)。
    決算を受けて後場から強い動きとなり、3日ぶり大幅反発で引
    けた。
    テクニカル面では、移動平均線チャートにおいて、75日線(
    718円)、200日線(689円)近辺で下げ止まり反発したかっこう。
    続き、25日線(794円)、5日線(799)を捉える動きを見せており、
    これらを明確に上抜けてくれば、上昇トレンド転換の見かた。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
    
  • 2018-02-09【東京市場概況と来週の見通し】

    9日概況 日経平均は3日ぶり大幅反落(508円安) 後場やや戻す動
    きに
    
    前日の米株市場でNYダウが、今週2度目の1000ドル超えの下落とな
    るなど暴落。
    日本株も朝方から大幅に売られる展開に、日経平均は前場を700
    円超えの下落で引けていた(前場終値は21185.76円(705.10安))。
    後場も軟調な地合いが続いたが、前場の高安の範囲内での推移、
    直近安値21078.71円(6日)も下回ることなく、やや値を戻し、本
    日の取引を終えた。
    新興市場は、前引けで4.4%安と大きく下げていたマザーズが、
    1.8%安で引けており、比較的強い戻りを見せた。
    
    日経平均終値は-508.24円の21382.62円。
    
    東証1部の出来高は21億3748万株、
    売買代金は4兆17億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり244銘柄、値下がり1796銘柄、
    変わらず24銘柄。
    
    業種別では全33業種が下落。
    値下がりトップは鉱業、石油・石炭、バルブ・紙。
    
    
    来週の見通し
    
    波乱含みの展開が見込まれる。波乱要因となっている米長期金
    利が落ち着きを取り戻せるかどうかが焦点となりそうだ。
    注目されるのは14日発表の1月米消費者物価指数(CPI)や1
    月米小売売上高。予想を上回る数値が出た場合に、米長期金利
    が上昇して金融市場の悪循環が加速となるか。逆に企業業績の
    拡大を織り込んで米株が上昇となるのか。為替動向も含めて日
    本株は引き続き外部環境に左右される週となりそう。
    ただ、日経平均は節目の21000円を下回りとなると、予想PER13
    倍割れが視野に入ってくる。
    その他、3月期末の配当権利取りも意識されやすい時期に入る
    こともあり、バリュエーション面での割安感が、日本株の支え
    になる可能性はあるだろう。
    チャート面での日経平均は、200日移動平均線(21003円)近辺で
    底堅さを示しいる。
    同線を割れた場合は、52週移動平均線(20693円)近辺までの押
    しが意識されるところ。
    
    来週の日経平均予想レンジは20700円-22500円。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-09【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は3日ぶり大幅反落(705円安) 米株急落が悪材料
    
    前日の米株市場でNYダウが今週2度目の1000ドル超えの下落とな
    るなど急落。
    それを受けて、日本株も強い売りに押された。日経平均は開始
    早々に700円超えの下落に。
    売り一巡後はやや値を戻し、しばらくもみ合いが続いたが、
    前引け間際には改めて売り圧力が強まった。
    (日経平均安値は21119.01円(771.85円安))
    米株安に加えて強含む円相場、アジア株安などが重し。
    また、3連休を控えていることもあり、下値でも買いが入りづ
    らくなっていると見られる。
    
    日経平均前場終値は-705.10円の21185.76円。
    
    東証1部の出来高は10億8362万株、
    売買代金は1兆9864億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり109銘柄、値下がり1934銘柄、
    変わらず19銘柄。
    
    業種別では全33業種が下落。
    値下がりトップは鉱業、石油・石炭、機械。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は直近安値水準での推移。この水準、または200日移動平
    均線(21002円)が目先の下値メドと意識されてよいところだが、米
    株市場など外部環境の不透明感、3連休を控える週末ということも
    あり、積極的な買いは入りづらい。
    後場も続き、軟調な展開が続きそうだ。
    とはいえ、米景気も良く、日本も景気・業績とも良好。米株の急
    落は機械的な売りによるものとの見かたもされている。
    そんななか、日経平均が現水準でいっていの底堅さを示すような
    ら、外部環境の影響を受けにくい新興市場を中心とした中小型株
    へは買いが入ってきそうだ。
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-09【東京市場見通し】

    大幅安の展開 NYダウ1000円超えの下落 連休前で手仕舞いムード
    も
    
    前日の米株市場は改めて金利上昇が意識される地合いとなり、大
    幅続落。NYダウは今週2度目の1000ドル超えの下落となった。
    為替ドル/円もリスク・オフの円高が進み、現在は108円台後半での
    推移。
    米株安に円高と日本株にとって厳しい流れ。東京市場は3連休前と
    いうことも手じまいムードを強めやすい。
    また、信用の投げ売りなども出るだろう。本日は終日軟調な展開
    が予想される。
    ただ、米株市場の値動きの荒い展開がある程度想定されていた。
    そのため、6日の安値21078.71円どころが、下値のめどとして意識
    される見込み。
    全体の地合いに押されている好業績銘柄などの押し目は拾ってお
    きたいところだろう。
    
    日経平均予想レンジは21000円-21500円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が108円台後半での推移。
    (8日終値109.53-54円)
    
    現在、ユーロ/円が133円台前半での推移。
    (8日終値134.36-40円)
    
    
    8日の米株市場概況
    
    大幅続落。NYダウは今週2度目の1000ドル超の下げ幅を記録。
    S&P500は3.75%安、NASDAQは3.90%安と急落。
    主要3指数はそろってわずかに上昇して始まったが、
    直後に下落に転じると時間とともに下げ幅を拡大した。
    10年物国債の金利が上昇したことでリスク回避姿勢が強まっ
    たほか、VIX指数の上昇に連れ、株安が進む展開となった。
    NYダウ終値は-1032.89の23860.46。
    S&P500は-100.66の2581.00。
    NASDAQは-274.82の6777.16。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-02-08【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    UT GROUP<2146> 決算発表。
    終値3180円(前日比+55円+1.76%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は35.2億円(前年
    同期比43.8%増)。
    通期の同利益を従来予想41億円から49億円に上方修正(前期は33.4
    億円)。
    
    ヨータイ<5357> 決算発表。
    終値606円(前日比+30円+5.20%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は25.5億円(前年
    同期比89.0%増)。
    通期の同利益を従来予想14億円から33億円に上方修正(前期は20.1
    億円)。
    
    ピックアップ
    コスモエネHD<5021> 決算発表。
    終値4310円(前日比+220円+5.37%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は869億円(前年
    同期比73.5%増)。
    通期の同利益を従来予想800億円から1200億円に上方修正(前期は
    814億円)。
    株価は本日、大幅続伸で引けており堅調。週足ベースの移動平均
    線チャートにおいても、13週線(4030円)を下値サポートに上昇ト
    レンドを維持している形状。好決算を受けて、上方向へのトレン
    ドを強める展開が期待される。
    
    日本エスコン<8892> 決算発表。
    終値680円(前日比+19円+2.87%)
    17年12月期の連結経常利益は59.8億円(前の期比67.5%増)。18年12
    月期も87億円(前期比45.3%増)。
    今期の年間配当は20円(前期比2円増)の方針に。
    株価は本日、続伸で引けており堅調な展開。直近の相場全体の下
    落時においても、75日移動平均線(638円)を下値サポートに底堅く
    推移、25日移動平均線(698円)近辺まで戻してきている。
    好決算を受けて、25日線回復などから、再び上昇トレンドへ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-02-08【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め20銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S セーラー広告<2156>、
    S 手間いらず<2477>、
    S PCNET<3021>、
    S カワサキ<3045>、
    一時S フィルC<3267>、
    S 倉庫精<3578>、
    S ホットリンク<3680>、
    S シンクロ<3963>、
    S テモナ<3985>、
    S すららネット<3998>、
    S 川崎化<4117>、
    S カイノス<4556>、
    S ラクオリア<4579>、
    一時S マルゼン<5982>、
    S ASB機械<6284>、
    S 電子材料<6855>、
    S 明豊エンタ<8927>、
    S 東栄リーファ<9133>、
    一時S オオバ<9765>、
    S イノテック<9880>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S アピクヤマダ<6300>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    JIA<7172> 大幅続伸。
    終値3965円(前日比+480円+13.77%)
    前日発表の決算を好感。
    昨年来高値更新。
    25日移動平均線(3549円)回復して上振れ。
    
    ゼンショー<7550> 大幅続伸。
    終値2097円(前日比+152円+7.81%)
    200日移動平均線(2008円)回復。
    
    コロワイド<7616> 大幅続伸。
    終値2315円(前日比+193円+9.09%)
    前日発表の決算を好感。
    昨年来高値更新。
    25日移動平均線(2248円)回復して上振れ。
    
    ピックアップ
    N・フィールド<6077> 大幅続伸。
    終値1806円(前日比+275円+17.96%)
    前日(7日)引け後発表の決算を好感(17年12月期の経常利益(非連
    結)は5.6億円(前の期比15.0%増)。
    18年12月期も6.8億円(前期比22.3%増)と、6期連続で過去最高益
    更新見通し))。
    テクニカル面でも、日足一目均衡表の雲(上限1787円)突破とな
    るなど良好な形状。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-08【東京市場概況】

    日経平均は大幅続伸(245円高) 後場に上げ幅拡大 円安などがき
    っかけに
    
    朝方から買いが先行した日本株。日経平均先物が夜間取引で底堅
    い動きとなったことなどが好感された。
    ただ、買い一巡後は戻り売りなどに押されて、前場終り時点での
    日経平均は55円高と上げ幅は限られていた(前場終値21700.94円(
    55.57円高)。
    しかし、後場に入ると再度買い優勢の展開に。14時に発表された
    内閣府の1月景気ウォッチャー調査などを受けて、株価指数先物が
    再び上昇幅を拡大。また、為替ドル/円が円安方向に振れたことな
    どもあり、上げ幅を拡げた(この日の高値は21977.03円(331.66円
    高)。
    
    日経平均終値は+245.49円の21890.86円。
    
    東証1部の出来高は18億2042万株、
    売買代金は3兆5495億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1485銘柄、値下がり509銘柄、
    変わらず71銘柄。
    
    業種別では値上がりが28業種、値下がりが5業種。
    値上がりトップはゴム製品、ガラス・土石、転送用機器。
    値下がりはその他製品、海運、食料品など。
    
    日経平均は週足ベースで26週線(21886円)を上回っての推移となっ
    ており、明日同線を維持して引けるようなら、目先の底として意
    識されやい。
    荒い値動きにある米株市場、また為替市場の今晩の動向が落ち着
    いたものになれば、その期待は膨らむ。
    ただ、週末要因のほか、3連休前で積極的なポジションは取りづら
    いなか、米市場が落ち着いていても、上値を追う動きは限られる
    見通し。
    物色に関しては、本日にマザーズは3.6%の大幅高となるなど強い
    動きを見せており、新興市場に向かいやすい。
    外部環境の影響を受けにくく、日経平均が一定程度の底堅さを示
    していれば、それら新興市場を中心とした中小型株は買いを入れ
    やすい。好決算銘柄や売られ過ぎにある銘柄などの上昇が期待さ
    れる。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-08【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅続伸(55円高) 買い一巡後は失速も下値は底
    堅い
    
    日経平均先物が夜間取引で底堅い動きとなったことなどが好感さ
    れて、日本株は朝方から買いが先行した。
    日経平均は一時、21904.90円(259.53円高)まで上昇する場面が見
    られた。
    しかし、外部環境への警戒感は残っており、次第に売りに押され
    ると前日終値近辺まで下押す場面があった。
    ただ、そこでは盛り返してプ小幅高で前場の取引を終えている。
    
    日経平均前場終値は+55.57円の21700.94円。
    
    東証1部の出来高は8億2075万株、
    売買代金は1兆5739億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1376銘柄、値下がり592銘柄、
    変わらず96銘柄。
    
    業種別では値上がりが19業種、値下がりが14業種。
    値上がりはゴム製品、転送用機器、ガラス・土石など。
    値下がりはその他製品、非鉄金属、海運など。
    
    
    後場の見通し
    
    米国株式の変動率の高い状態が続いているなか、最も影響を受け
    やすい日本株は模様眺めのところがある。
    日経平均は値を上げても戻り売りに押されるいっぽうで、下げた
    ところでは追随して売られる展開にもない。
    後場も大きなトレンドは出らず、方向感に欠ける展開となりそう
    だ。
    いっぽうで、新興市場はマザーズが2%近い上昇となるなど強い動
    き。
    外部環境の影響を受けにくい新興市場を中心とした中小型株へ物
    色は向かいそうだ。
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-08【東京市場見通し】

    買い先行 米株は下落も小幅 落ち着き取り戻しつつあり好感
    
    前日の欧州株が上昇、米株市場は下落となったが、下げ幅は小幅
    で、世界的に株式市場は落ち着きを取り戻しつつある。
    そのことから、本日の日本株は買いが先行する見通し。
    ただ、日経平均は昨日、一時700円超えの上昇から失速、
    また、明日にオプションSQ(特別清算指数)算出を控えているこ
    とや3連休を前に、上げたところでは戻り売りに押されやすいと予
    想される。
    5日移動平均線(22539円)やマド下限(22277.45円)、一目均衡表の
    雲下限(22306円)などが上値抵抗となりそうだ。
    為替や米国の先物動向をにらみながらの展開が続く。
    物色に関しては、米株に下げ止まりの動きが見られることが好材
    料。短期的な過熱感が払しょくされているぶん、好決算銘柄には
    素直に買いが入りやすいだろう。
    
    日経平均予想レンジは21500円-22200円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が109円台前半での推移。
    (6日終値109.03-05円)
    
    現在、ユーロ/円が134円どころでの推移。
    (7日終値135.02-06円)
    
    
    7日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって反落。
    小幅安でスタート後、前日に続き買い戻しが優勢となる場面があ
    り、NYダウは一時、381.19ドル高まで上昇した。
    しかし、戻り待ちの売りに押され上げ幅を縮小。米10年物国債の
    金利が上昇したことなどから、取引終了近くに下げ転換した。
    NYダウ終値は-19.42の24893.35。
    S&P500は-13.48の2681.66。
    NASDAQは-63.90の7051.98。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-07【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    プレサンス<3254> 決算発表。
    終値1504円(前日比+41円+2.80%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は165億円(前年
    同期比34.7%増)。
    通期の同利益を従来予想178億円から195億円に上方修正(前期は
    154億円)。
    今期の年間配当を従来計画25円から29.4円に増額修正。
    
    ミネベアミツミ<6479> 決算発表。
    終値2290円(前日比+29円+1.28%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は645億円(前年
    同期比85.5%増)。
    通期の同利益を従来予想720億円から795億円に上方修正(前期は
    483億円)。
    
    岩谷産<8088> 決算発表。
    終値3695円(前日比+5円+0.13%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は178億円(前年
    同期比37.1%増)。
    通期の同利益を従来予想261億円から285億円に上方修正(前期は
    268億円)。
    期末一括配当を従来計画40円から55円に増額修正(前期は5→1の株
    式併合前で8円)。 
    
    イノテック<9880> 決算・自社株買い発表。
    終値970円(前日比-4円-0.41%)
    18年3月期3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は8.1億円(前年同
    期比31.4%減)。
    通期の同利益は従来予想10億円から11億円に上方修正(前期は12.5
    億円)。
    また、自社株買い発表(上限を250万株(発行済み株数の14.2%)、ま
    たは20億円。取得期間は2/8~11/30)。
    
    ピックアップ
    資生堂<4911> 業績修正発表。
    終値5488円(前日比+128円+2.38%)
    17年12月期の連結経常利益を従来予想640億円から805億円に上方
    修正(前の期は371億円)。
    10期ぶりに過去最高益を更新する見通し。
    株価は本日に3日ぶり反発。直近に下振れた25日移動平均線(5664
    円)に迫る動きとなっていた。
    明日は、発表を受けて25日線超えへ。再び上昇トレンドに乗る展
    開が期待される。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-07【本日動いた注目株を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め22銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 麻生フオーム<1730>、
    一時S 富士PS<1848>、
    S 森組<1853>、
    S PCNET<3021>、
    S クリエイト<3024>、
    一時S フィルC<3267>、
    一時S メディ一光<3353>、
    一時S プロパティA<3464>、
    一時S 倉庫精<3578>、
    一時S ALBERT<3906>、
    S 大村紙業<3953>、
    一時S ラクオリア<4579>、
    一時S メディアS<4824>、
    一時S JMC<5704>、
    一時S Tホライゾン<6629>、
    一時S サンケン<6707>、
    S テクニカル電<6716>、
    S リーダー電子<6867>、
    一時S PALTEK<7587>、
    S アドバンRM<8769>、
    S UCS<8787>、
    S 大和自<9082>。
    
    ピックアップ
    サンケン電<6707> 一時S高。
    終値848円(前日比+99円+13.21%)
    3日ぶり急反発。一時はストップ高(889円まで上昇)。
    昨年来高値を更新。
    前日(6日)に発表した決算を好材料視(18年3月期第
    3四半期累計(4-12月)の連結計上利益は88.9億円(
    前年同期比3.8倍))。
    直近に割れていた25日移動平均線(825円)を回復し
    て高値更新。
    上昇トレンド転換の形状。引き続き、上値を伸ばす
    展開が期待される。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S IGポート<3791>。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-07【東京市場概況】

    日経平均は4日ぶり反発(35円高) 一時700円超え上昇も後場に失
    速
    
    前日の米株の大幅反発を受けて、日本株も買い先行でスタート。
    日経平均は一時、22353.87円(743.63円高)まで急上昇。
    その後も高値圏での推移が続き、前場の取引を22270.50円(660.
    32円高)で引けていた。
    しかし、後場は急速に上げ幅を縮める展開に。指数寄与度の高
    いファストリ<9983>やファナック<6954>などがマイナス圏に沈
    み、日経平均はじりじりと値を消した。
    この動きから押し目買い意欲が後退、下げに転じる銘柄も増加、
    日経平均の上げ幅は小幅なものとなり取引を終えた。
    
    日経平均終値は+35.13円の21645.37円。
    
    東証1部の出来高は23億3629万株、
    売買代金は4兆5260億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1165銘柄、値下がり821銘柄、
    変わらず79銘柄。
    
    業種別では値上がりが21業種、値下がりが12業種。
    値上がりトップは石油・石炭、医薬品、バルブ・紙。
    値下がりは海運、食料品、その他金融など。
    
    後場、米株先物が軟調な動きとなったことから、今晩の米株市
    場への警戒感が再燃、日経平均は大幅に上げ幅を縮小すること
    になった。
    また、9日のオプションSQ(特別清算指数)算出に向けたポジ
    ション取りも重なり値動きは荒くなったと見られる。
    米市場の落ち着きが確認されるまでは、日本株も安心感は広が
    りにくい。
    米株、米金利、為替ドル/円の動向に振らされやすく、目先の1
    週間ぐらいは、ボラティリティーが高い展開となりそうだ。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-07【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は4日ぶり大幅反発(660円高) ほぼ全面高で22000円
    台回復
    
    前日の米株市場で主要3指数そろって大幅に反発。それを受けて
    日本株も買い優勢の展開となった。
    日経平均は直近3日では1800円超えの下落となっていた反動もあ
    り、大幅な反発で前場の取引を終えている。
    日経平均の高値は9時半過ぎに付けた22353.87円(743.63円高)。
    その後、上値は重いのの高値圏を維持している。
    
    日経平均前場終値は+660.32円の22270.56円。
    
    東証1部の出来高は10億4434万株、
    売買代金は1兆9902億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1992銘柄、値下がり67銘柄、
    変わらず6銘柄。
    
    業種別では全33業種が上昇。
    値上がりトップは石油・石炭、機械、医薬品。
    
    
    後場の見通し
    
    世界的な連鎖株安にいったん歯止めがかかったとの見方から幅広
    く買い戻しが入った。
    日経平均は22000円台を回復して前場の取引を終えている。
    前日に業績予想を上方修正したトヨタ<7203>が堅調な推移となっ
    ていることなども買い安心感を高めたようだ。
    もともと、経済危機が起きているわけではなく、下値リスクは少
    ない、前日安値水準が目先の下値メドと意識されてもおかしくは
    ない。
    ただ、本格的な上昇相場も期待しにくい。下落リスクに敏感にな
    っており、ちょっとした懸念で下方向に振れやすくなっている。
    米株の乱高下に日本株も同調しやすいなか、当面の間は、朝方、
    前場は米株の動向に影響を受けての相場。後場は米株の動向を見
    極めたいと様子姿勢となりそうだ。
    本日も後場は様子姿勢の強い展開を予想する。
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-07【東京市場見通し】

    米株の大幅反発や円安を好感 日本株も買い優勢 戻しを試す展開
    へ
    
    前日の米株市場が急反発。売りが先行したNYダウだったが一巡後に
    急上昇、560ドル高で引けた。
    米株の急反発を好感して、本日の日本株は前日と打って変わって
    全面高スタートが期待される。
    日経平均は前日の1日で1071円の下落、直近3日では1800円超えの
    下落となっており、それなりに強い戻しが期待される
    昨日に空けたマド(22277.45円-22659.43円)を埋めておきたいとこ
    ろ。
    埋めれないようだと戻り鈍さが意識される可能性がある。
    米株の上昇はもちろんのこと、為替ドル/円もしっかり円安に振れ
    ていることも日本株には好材料。
    また、前日引け後に、トヨタが上方修正を発表していることも押
    し目買い意欲を高めやすい。
    取引時間中にドル/円が一段と円安に振れる動きなどが見られれ
    ば、日経平均は開けたマドを埋める可能性はじゅうぶんにあるだ
    ろう
    
    日経平均予想レンジは21800円-22500円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が109円台後半での推移。
    (6日終値109.02-03円)
    
    現在、ユーロ/円が135円台後半での推移。
    (6日終値135.13-17円)
    
    
    6日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって急反発。NYダウは3日ぶりに反発、S&P500と
    NASDAQは4日ぶりに反発。
    前日までの売り優勢の展開から、NYダウは朝方に560ドル超えの下
    落となる場面があった。
    しかし、売り一巡後は、買い戻しや押し目を拾う動きが活発化、
    売り買いが交錯するなか、上昇に転じた。
    一日の振れ幅は1167.49ドルと過去最大級となった。
    NYダウ終値は+567.02の24912.77。
    S&P500は+46.20の2695.14。
    NASDAQは+148.36の7115.88。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-02-06【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ゼリア新薬<4559> 決算発表。
    終値2010円(前日比-96円-4.55%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は48.9億円(前年
    同期比39.6%増)。
    通期の同利益を従来予想50億円から52億円に上方修正(前期は44.3
    億円)。
    
    中山鋼<5408> 決算発表。
    終値676円(前日比-51円-7.01%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は50.2億円(前年
    同期比17.8%増)。
    通期の同利益を従来予想56億円から60億円に上方修正(前期は60.2
    億円)。
    今期の年間配当を従来計画5円から8円に増額守勢(前期は5円)。
    
    古河電<5801> 決算発表。
    終値5400円(前日比-380円-6.57%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は347億円(前年
    同期比67.2%増)。
    通期の同利益を従来予想435億円から450億円に上方修正(前期は
    360億円)。
    期末一括配当を従来計画60円から70円に増額守勢(前期は55円)。
    
    ヘリオステクノH<6927> 決算発表。
    終値1005円(前日比-91円-8.30%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は27.1億円(前年
    同期比2.0倍)。
    通期の同利益を従来予想26億円から28.8億円に上方修正(前期は
    13.7億円)。
    
    日邦産<9913> 決算発表。
    終値535円(前日比-60円-10.08%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常損益は4億8400万円の
    黒字に浮上(前年同期は8億5500万円の赤字)。
    通期の同損益を従来予想2億円黒字から3億5000万円の黒字に上方
    修正(前期は1億6700万円の赤字)。
    期末一括配当を従来計画3円から4円に増額修正(前期は無配)。
    
    ピックアップ
    Gウイン<8111> 決算・株式分割発表。
    終値10420円(前日比-620円-5.61%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は67.1億円(前年
    同期比74.6%増)。
    通期の同利益を従来予想56億円から69億円に上方修正(前期は45.7
    億円)。
    期末一括配当を従来計画75円から85円に増額修正(前期は65円)。
    また、1株につき2株の株式分割も発表。
    株価は本日、大幅続落で25日移動平均線(10852円)を割れたもの
    の、週足ベースでは13週移動平均線(9532円)などをサポート線に
    控えて底堅く推移、トレンドは崩れていない。
    発表を受けて、25日移動平均線回復へ、再び上方向へのトレンド
    を強めそうだ。
    
    青山財産<8929> 決算発表。
    終値1530円(前日比-150円-8.92%)
    17年12月期の連結経常利益は9.4億円(前の期比50.2%増)。
    18年12月期も11億円(前期比16.6%増)のに伸びる見通しに。
    今期の年間配当は35円(前期比5円増)の方針。
    株価は本日、大幅続落で引けているものの、26週移動平均線(1491
    円)を維持して引けており、週足ベースでのトレンドは崩れていな
    い。好決算を受けて、この水準からの反発に期待がかかる。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-06【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S 楽天Wベア<1459>、
    S VIX短先物<1552>、
    S 国際VX中先<1561>、
    S 日経VI<2035>、
    S クリエイト<3024>、
    一時S アトラ<6029>、
    S ニチダイ<6467>。
    
    ピックアップ
    アトラ<6029> 一時ストップ高。
    終値755円(前日比+71円+10.38%)
    前日(5日)に業績・配当修正を発表。
    (17年12月期の経常利益(非連結)を従来予想の3.5億円から4.5億円
    に上方修正(前の期は3億円))。期末一括配当を従来計画の3円から
    3.5円に増額修正(前の期は3円)。
    発表を好感した買いが向かい、一時ストップ高(784円)まで上昇し
    た。
    テクニカル的にも、移動平均線チャートにおいて、75日線(688円)
    や25日線(704円)近辺での日柄調整から上振れ、上昇トレンド転換
    と期待される形状にある。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め133銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S 森組<1853>、
    一時S ジーエヌアイ<2160>、
    一時S シンワワイズ<2437>、
    S アドウェイズ<2489>、
    一時S YKT<2693>、
    S J―HD<2721>、
    S あらた<2733>、
    一時S ペッパー<3053>、
    一時S シュッピン<3179>、
    一時S フィルC<3267>、
    一時S レカム<3323>、
    一時S T-BASE<3415>、
    一時S ロードスター<3482>、
    S グロバルLM<3486>、
    一時S 串カツ田中<3547>、
    一時S リネットJ<3556>、
    一時S アセンテック<3565>、
    一時S DMP<3652>、
    一時S モブキャス<3664>、
    一時S オルトP<3672>、
    一時S サイステップ<3810>、
    一時S リミックス<3825>、
    一時S アカツキ<3932>、
    一時S チェンジ<3962>、
    一時S Tワークス<3997>、
    一時S すららネット<3998>、
    S IPS<4335>、
    一時S DWセラピ研<4576>、
    一時S ラクオリア<4579>、
    一時S サンバイオ<4592>、
    一時S ブライトパス<4594>、
    一時S トーセ<4728>、
    S メディアS<4824>、
    S 日精蝋<5010>、
    一時S 日電硝<5214>、
    S CKサンエツ<5757>、
    S チャームケア<6062>、
    一時S エンバイオH<6092>、
    一時S エスクロAJ<6093>、
    一時S 中村超硬<6166>、
    一時S メタップス<6172>、
    一時S ネットマーケ<6175>、
    一時S オプトラン<6235>、
    一時S 不二精機<6400>、
    一時S ヒーハイスト<6433>、
    一時S Jエレベータ<6544>、
    一時S IIF 6545>、
    一時S みらいWKS<6563>、
    S santec<6777>、
    一時S NF回路<6864>、
    一時S 三社電機<6882>、
    一時S ジンズメイト<7448>、
    一時S 堀田丸正<8105>、
    一時S ポエック<9264>、
    一時S ファイズ<9325>、
    S ジュンテン<9835>、
    一時S マルコ<9980>など。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ジグマクシス<6088> 4日ぶり大幅反発。
    終値1541円(前日比+128円+9.05%)
    前日(5日)発表の決算を好感。
    昨年来高値更新。
    25日移動平均線(1396円)を下値サポートに上昇トレンド維持。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-06【東京市場概況】

    日経平均は大幅3日続落(1071円安) 大荒れの中で売買代金は5兆
    円超え
    
    朝方から全面安の展開。米株市場が下げ止まらず歴史的な下落と
    なったことで、日本株も売られた。
    日経平均はほぼ一本調子での下げ、前場終値時点で21500円を割
    れて引けていた(前場終値21487.87円(1194.21円安))。
    後場に入ると一段と下げが加速して一時は1600円を超下落幅に、
    21078.71円(1603.37円安)まで値を崩した。
    さすがにそこでは、押し目買いが入り、安値からは500円超戻し
    て、本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は-1071.84円の21610.24円。
    
    東証1部の出来高は31億5571万株、
    売買代金は5兆6483億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり35銘柄、値下がり2027銘柄、
    変わらず3銘柄。
    
    業種別では全33業種が下落。
    値下がりトップはガラス・土石、金属製品、非鉄金属。
    
    日経平均は節目21000円、または52週移動平均線(20695円)近辺ま
    で調整を挟む可能性がある。
    ただ、本日、21100円どころで下げ止まったかっこう。その水準
    から500円近く戻して引けており、地合いが改善するようなら、
    5日移動平均線(22830円)、75日移動平均線(22784円)近辺までの
    戻し、本日に開けたマド(22277.45円-22659.43円)を埋めるのは
    速そうだ。
    まずは米国市場に下げ止まり。明確な底入れを探りたいところ。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-06【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅3日続落(1194円安) 21500円割れ 米暴落を嫌
    気
    
    前日の米株市場が歴史的な下落幅となったことを嫌気、日本株も
    全面安でのスタートとなった。
    日経平均は下落幅が1000円となる手前でいったんは下げ渋る動き
    も見られたが、売り圧力は強く、下落幅が1000円を超えると見切
    り売りなどが出て、ほぼ一本調子での下げ、前場終値時点で21500
    円を割れている。
    
    日経平均前場終値は-1194.21円の21487.87円。
    
    東証1部の出来高は15億1365万株、
    売買代金は2兆5668億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり14銘柄、値下がり2048銘柄、
    変わらず3銘柄。
    
    業種別では全33業種が下落。
    値下がりトップはガラス・土石、非鉄金属、保険。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は26週移動平均線(21821円)割れ、21500円割れて前場の
    取引を終えており、節目2100円、または52週移動平均線(20695円)
    を意識した下げとなる可能性が出てきた。
    とはいえ、日経平均の予想株価収益率(PER)は14倍程度に低下して
    おり、これまで意識された割高感は消えており、買いを入れても
    よい水準にはきている。
    米株市場の動向次第ではあるが、徐々に落ち着きを取り戻してい
    くだろう。
    本日の後場に関しては安値圏。21500円前後でもみあいか。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-06【東京市場見通し】

    米株の急続落を受けて強く売り先行 その後も波乱含みの展開
    
    前日の米株市場は、真新しい材料は無いものの、続き米長期債
    利回りの急上昇が嫌気、主要3指数そろって大幅続落となり、
    NYダウは一時、1600ドル近い下落幅となる場面があった(終値で
    は1175.21ドル安)。
    これを受けて、日本株も総じて売られる展開。日経平均も1000
    円近くの下落幅でスタートすることが考えられる。
    売り一巡後は急ピッチの下落に対する反動で、買い戻しも入る
    とみられるが、米株市場の落ち着きが確認されるまで、積極的
    な買いも入りづらい、終日不安定な値動きが予想される。
    テクニカル面での日経平均は26週移動平均線(21867円)を割れて
    くる可能性がある。
    そうなると52週移動平均線(20718円)近辺を意識、21000円を割
    れてくる可能性もあるだろうが、21000円近辺では底堅さを示す
    見通し。
    新興市場も日経平均の大幅な下落につられるかっこうで、売ら
    れる展開が予想されるが、外部環境の受けにくい好業績銘柄な
    どに関しては、押し目を拾っておきたいところとなりそうだ。
    
    日経平均予想レンジは21000円-22200円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が109円台前半での推移。
    (5日終値109.90-91円)
    
    現在、ユーロ/円が135円台前半での推移。
    (5日終値136.71-75円)
    
    
    5日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって大幅続落。NYダウは-4.60%と続落、S&P500
    は-3.78%、NASDAQは4.10%の下落幅で3日続落となった。
    続き、米長期債利回りの急上昇が嫌気。NYダウは午後の取引
    で心理的節目の25000ドルを割り込むと売りが加速。
    一時は、1600ドル近い下げをみせる場面もあった。
    NYダウ終値は-1175.21の24345.75。
    S&P500は-113.19の2648.94。
    NASDAQは-273.42の6967.53。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-02-05【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    博報堂DY<2433> 決算発表。
    終値1629円(前日比-39円-2.33%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は383億円
    (前年同期比16.3%増)。
    通期の同利益を従来予想510億円から535億円に上方修正(前
    期は454億円)。
    
    ソリトン<3040> 業績修正発表。
    終値1656円(前日比-48円-2.81%)17年12月期の連結経常利益
    を従来予想12.6億円から16.2億円に上方修正(前の期は11.8
    億円)。
    
    サンセイランデ<3277> 業績・配当修正発表。
    終値1285円(前日比-43円-3.23%)
    17年12月期の連結経常利益を従来予想13.7億円から16.5億円
    に上方修正(前の期は13.2億円)。
    期末一括配当を従来計画15円から18円に増額修正(前の期は
    12円)。
    
    パナソニック<6752> 決算発表。
    終値1610.0円(前日比-31.0円-1.88%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結税引き前利益は3135
    億円(前年同期比12.6%増)。
    通期の同利益を従来予想3250億円から3450億円に上方修正(
    前期は2750億円)。
    従来未定としていた今期の年間配当は30円実施する方針(前
    期は25円)。
    
    三菱自<7211>決算発表。
    終値818円(前日比-6円-0.72%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常損益は810億円
    の黒字に浮上(前年同期は221億円の赤字)。
    通期の同利益を従来予想790億円から1100億円に上方修正(
    前期は89.4億円)。
    今期の年間配当を従来計画14円から17円に増額修正(前期
    は10円)。
    
    ピックアップ
    冶金工<5480> 決算発表。
    終値304円(前日比-11円-3.49%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結最終利益は21.1億
    円(前年同期比88.7%増)。
    通期の同利益を従来予想12億円から37億円に上方修正(前
    期は23.4億円)。
    従来未定としていた期末一括配当は4円実施する方針(前期
    は2.5円)。
    株価は本日、2日続落と軟調な展開にあったが、25日移動
    平均線(291円)などを下値サポートに下げ止まり。好決算
    を受けて、上昇トレンド維持、上値追いの展開に期待。
    (昨年来高値329円(18/1/23))
    
    東建物<8804> 決算発表。
    終値1702円(前日比-37円-2.12%)
    17年12月期の連結経常利益は394億円(前の期比28.7%増)。
    18年12月期は400億円(前期比1.5%増)。
    前期の年間配当を28円から30円に増額(前の期は26円)、
    今期も前期比2円増の32円に増配する方針に。
    株価は本日、2日続落と軟調な展開にあったが、日足一
    目均衡表の基準線(1684円)などを下値サポートに下げ
    止まり。
    好決算を受けて、上昇トレンド維持、上値追いの展開に
    期待。(昨年来高値1858円(18/1/26))
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ABCマート<2670>
    終値6970円(前日比-130円-1.83%)
    1月既存店売上高は前年同月比5.7%増。
    8ヶ月連続で前年実績上回り。
    
    ソルクシーズ<4284>
    終値1222円(前日比-38円-3.01%)
    FinTechに特化したプロジェクト型クラウドソーシングサイト
    「FinTed(フィンテッド)」を開設したと発表。
    
    ネットマーケ<6175>
    終値2185円(前日比-32円-1.44%)
    同社が提供する「Omiai」の2018年1月の累計会員数を発表。
    2018年1月末現在で前期比45.1%増の279万人。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-02-05【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め5銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 鉄人化計画<2404>、
    一時S カッシーナ<2777>、
    S IGポート<3791>、
    S プラッツ<7813>、
    一時S 日本テレホン<9425>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S インソース<6200>、
    一時S<899>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    高度紙<3891> 反発。
    終値615円(前日比+170円+4.93%)
    先週末(2日)決算発表を好感。
    朝安後に切り返し。
    25日移動平均線(3197円)が下値サポート。
    
    日光電<6849> 6日ぶり大幅反発。
    終値2890円(前日比+341円+13.37%)
    先週末(2日)決算発表を好感。
    昨年来高値更新。
    日足一目均衡表の雲(上限2634円)突破。
    
    ピックアップ
    GSI<8101> 大幅反発。
    終値1894円(前日比+275円+16.98%)
    先週末(2日)決算発表を好感。(18年3月期第3四半期累計(
    4-12月)の連結経常利益は14.9億円(前年同期比96.3%増)
    テクニカル面では、日足一目均衡表の雲(上限1714円)突破
    となるなど良好な形状。上昇トレンド転換と期待される。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-05【東京市場概況】

    日経平均は大幅続落(592円安) 後場下げ渋るも戻り限定的
    
    本日の日本株は朝方から売りが先行、先週末(2日)の米株市場が
    米長期金利の上昇などから、大幅安となっていたことなどが売
    り要因となった。
    日経平均は寄り付きから節目23000円割れて、前場の取引22709.
    2円(565.51円安)で引けていた。
    後場に入っても変わらず軟調な展開にあり、一時は22659.43円
    (615.10円安)まで下押す場面も見られた。
    その後、日銀のETF(上場投資信託)買い期待などを支えに下げ渋
    る動きとなったが戻りは限定的、安値圏での推移が続き、本日
    の取引を終えた。
    
    日経平均終値は-592.45円の22682.08円。
    
    東証1部の出来高は18億8189万株、
    売買代金は3兆5671億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり118銘柄、値下がり1930銘柄、
    変わらず17銘柄。
    
    業種別では全33業種が値下がり。
    値下がりトップは石油・石炭、非鉄金属、鉱業。
    
    日経平均は終値で75日移動平均線(22779円)を割れた。同線を割れ
    たのは、昨年9/14以来の4ヶ月半ぶりのことで、一段の下押しを警
    戒したいところではある。
    ただ、いっぽうで、日足一目均衡表の雲(上限22645円)が下値をサ
    ポートしたかっこう。
    この水準は昨年11-12月のレベルで出来高も結構こなした水準であ
    り、サポートとして意識されやすくもある。
    日経平均が下げた要因は、米株市場の下落。その米株市場に関し
    ては、このまま一段と調整色は強まるかはどうかは、判断しづら
    いところ。
    引き続き、米株市場の動向に一喜一憂、ボラティリティ―の高ま
    りに警戒が必要だろう。
    とりあえず、週明けの今晩の米株市場の動向を確認したい。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-05【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅続落(565円安) 節目23000円を大幅に割れ全
    面安
    
    先週末(2日)の米株市場が米長期金利の上昇があり大幅安。それを
    受けて日本株も朝方から売りが先行した。
    日経平均は寄り付きから節目23000円割れ。節目を割れたことで、
    売り圧力は強まり、一時は22671.32円(603.21円安)まで下押す場
    面があった。
    その後、やや持ち直し22700円台前半での推移、前場の取引を終え
    た。
    
    日経平均前場終値は-565.51円の22709.02円。
    
    東証1部の出来高は10億982万株、
    売買代金は1兆8463億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり73銘柄、値下がり1974銘柄、
    変わらず18銘柄。
    
    業種別では全33業種が値下がり。
    値下がりトップは鉱業、石油・石炭、非鉄金属。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は予想より深めの押しとなり、75日移動平均線(22780
    円)、日足一目均衡表の雲(上限22645円)近辺まで押したかっこ
    うとなっている。
    この水準で下げ止まりとなるか、目先は見極めといったところ
    だろう。
    新興市場を中心とした中小型株も日経平均がここまで大きな下
    げとなれば、買いは入りづらい。
    ただ、主力処よりは買いを入れやすく、日経平均の底値が確認
    されれば、次第に強い動きが戻ってくるだろう。
    本日の後場は、週明けとなる米株市場の動向を見極めたいと、
    積極的な買いは入りづらく戻りは限定的。
    いっぽうで、日銀によるETF(上場投資信託)買いが下値をある
    程度支えることになりそうだ。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-05【東京市場見通し】

    米株の大幅安を嫌気して売り先行 日経平均は一時23000円割れも
    想定
    
    米株市場が大幅安、NYダウは660ドル超えの下落幅となった。1月の
    米雇用統計が良好な内容となってことで長期金利が上昇、これが
    株安要因となった。
    いっぽうで、為替ドル/円は円安方向に振れており、現在は110円台
    前半での推移となっている。
    ドル/円が円安方向にあることは、日本株にとってはポジティブだ
    が、さすがに米株市場がここまで大幅に売られる展開となれば、
    日本株も売りが先行する。
    日経平均は寄り付きから節目23000円を割れる可能性もあるだろ
    う。
    ただ、先週末(2日)に決算発表をしたホンダ<7267>やソニ<6758>
    が、PTS(市場外取引)、ADR(米国預託証券)で堅調に推移している
    ことなどがポジティブ要因。
    23000円割れる場面では、押し目買いが入りやすいだろう。場中は
    節目23000円近辺で落ち着きどころを探る展開。
    13週移動平均線(23043円)などを維持するようなら、底堅いと判断
    されるところ。同線を割れるようなら、目先は75日移動平均線
    (22759円)近辺までの押しが想定されるところでもある。
    物色に関しては、消去法的に、外部環境を受けにくい中小型株へ
    向かいやすくはある。
    
    日経平均予想レンジは22900円-23150円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が110円どころでの推移。
    (先週末2日終値109.77-79円)
    
    現在、ユーロ/円が137円手前での推移。
    (先週末2終値137.30-34円)
    
    
    先週末2日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって急落。NYダウは660ドル超え。S&P500とNASDAQも
    大幅続落。
    取引時間前に発表された米1月雇用統計が良好。(非農業部門雇用
    者数が+20.0万人(市場予想+18.0万人)、平均賃金も前年比+2.9%
    (前月改定値+2.7%)(市場予想+2.6%)、米10年債利回りは2.8%台に
    乗せ(4年ぶりの水準に上昇))
    強い雇用統計を受けた金利上昇が嫌気された。2018年の利上げ回
    数がこれまでの3回から4回へと利上げペースの加速見通しが強ま
    った。
    NYダウ終値は-666.75の25,520.96。
    S&P500は-59.85の2762.13。
    NASDAQは-144.92の7240.95。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-02【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    テクノプロHD<6028>
    終値6150円(前日比+90円+1.48%)
    18年6月期第2四半期累計(7-12月)の連結税引き前利益は55億円
    (前年同期比13.3%増)。
    通期の同利益を従来予想105億円から110億円に上方修正(前期は
    95.5億円)。
    今期の年間配当を従来計画113円から118.3円に増額修正(前期は
    112.79円)。
    
    ソニー<6758> 決算発表。
    終値5485円(前日比+100円+1.85%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結税引き前利益は6905億
    円(前年同期比4.2倍)。
    通期の同利益を従来予想6000億円から6900億円に上方修正(前
    期は2516億円)。
    
    ホンダ<7267>
    終値3890円(前日比+31円+0.80%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結税引き前利益は9245億
    円(前年同期比12.7%増)。
    通期の同利益を従来予想9550億円kら1兆450億円に上方修正(
    前期は1兆69億円)。
    今期の年間配当を従来計画96円から98円に増額修正(前期は92
    円)。
    
    テレ東HD<9413> 決算発表。
    終値2641円(前日比+25円+0.95%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は66.1億円(
    前年同期比9.6%増)。
    通期の同利益を従来予想67.5億円から75億円に上方修正(前期
    は67.9億円)。
    
    ピックアップ
    昭電線HD<5805> 決算発表。
    終値960円(前日比+6円+0.62%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は40.4億円(前年
    同期比4.0倍)。
    通期の同利益を従来予想41億円から47億円に上方修正(前期は24.4
    億円)。
    無配としていた期末一括配当を5円実施(6期ぶりに復配)する方針
    に。
    株価は昨年来高値1171円(17/11/2)を付けて以降は値幅調整を挟
    み、直近は25日移動平均線(967円)近辺で日柄調整中。
    好決算を受けて、75日移動平均線(1006円)の水準でもある節目
    1000円超えへ。上昇トレンド転換と期待されるところ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    Vテクノロジー<7717>
    終値21250円(前日比-300円-1.39%)
    大手ディスプレイメーカーから約110億円の大口受注。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-02-02【東京市場概況と来週の見通し】

    2日概況 日経平均は大幅反落(211円安) 後場下げ幅縮小も戻り限
    定的
    
    朝方から売り優勢の展開となった日本株。前日の米株市場の乱高
    下していたことなどが嫌気された。
    前場の日経平均は、300円超えの下落幅で引けていた(前場終値は
    23181.34円(304.77円安)。
    後場はやや落ち着きを取り戻し、前場の安値(23122.45円(363.66
    円安))を下回ることなく、日銀のETF買い入れ観測などを支えに
    下げ幅を縮小。
    しかし、米雇用統計を控えた週末で見送りムードも強く、戻りは
    限定された。
    
    日経平均終値は-211.58円の23274.53円。
    
    東証1部の出来高は17億244万株、
    売買代金は3兆2149億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり808銘柄、値下がり1186銘柄、
    変わらず70銘柄。
    
    業種別では値上がりが7業種、値下がりが26業種。
    値上がりは卸売業、電気・ガス、海運など。
    値下がりトップは空運、証券・商品、その他製品。
    
    
    来週の見通し
    
    相場全体としては方向感に欠ける展開。企業決算発表がピーク
    を向かえて、指数離れの個別物色の展開が予想される。
    米国は金利上昇などが株価の重しとなっており、不安定な相場
    環境が続くと予想される。
    米株が上値の重い展開となれば、日本株も大幅上昇は期待しづ
    らいだろう。
    とりあえず、今晩の米雇用統計の受けての、米市場の動向を見
    極めたいたところ。
    そんななか、国内では決算発表ラッシュ。ここまで、内容の良
    いものは日経平均に含めた指数が軟調でも強い反応が見られて
    いる。来週は個別物色の傾向が一段と強まりそう。
    週後半は、3連休を控えており、利益確定やリスク回避の売り
    を警戒したいところ。
    日経平均のテクニカル面の下値サポートは、週足一目均衡表の
    転換線(23124円)、26週移動平均線(23043円)、節目23000円な
    ど。
    その他、注目のイベントは、米国で8日に2018年度暫定予算の
    期限が到来。経済指標は5日に米月ISM非製造業景況指数、6日
    に米月貿易収支など。
    日本では8日12月経常収支などの発表を控える。また、週末の
    9日はオプションSQ(特別清算指数)算出日となる。
    
    来週の日経平均予想レンジは22900円-23700円。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-02【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S システナ<2317>、
    S IGポート<3791>、
    S IPS<4335>、
    S メドレックス<4586>、
    S RSC<4664>、
    S 大和自<9082>、
    S ショーエイ<9385>、
    一時S 平和紙業<9929>。
    
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    プロトコーポ<4298> 大幅続伸。
    終値1819円(前日比+65円+3.70%)
    日足一目均衡表の雲(上限1773円)突破。
    
    フタバ<7241> 大幅続伸。
    終値1186円(前日比+108円+10.01%)
    前日(1日)発表の決算を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限1135円)突破。
    
    ネットワン<7518> 大幅続伸。
    終値1864円(前日比+206円+12.42%)
    前日(1日)発表の決算を好感。
    昨年来高値更新。
    25日移動平均線(1704円)回復して上振れ。
    
    ピックアップ
    MCJ<6670> 3日ぶり大幅反発。
    終値1324円(前日比+90円+7.29%)
    後場に急伸。昨年来高値を更新。
    本日12:00発表の決算を好感。(18年3月期第3四半期累計(4-12月)
    の連結経常利益は60.2億円(前年同期比4.1%増)、期末一括配当を
    従来計画28.13円から33.75円に増額修正(前期は26円))
    テクニカル面では、25日移動平均線(1236円)近辺での日柄調整か
    ら上振れ。
    
    アイシン精<7259> 大幅続伸。
    終値6680円(前日比+200円+3.08%)
    後場に急伸。昨年来高値を更新。
    本日13:00発表の決算を好感。(18年3月期第3四半期累計(4-12月)
    の連結税引き前利益は2009億円(前年同期比16.2%増)、通期の同利
    益を従来予想2560億円から2620億円に上方修正(前期は2373億円))
    テクニカル面では、直近に割れていた25日移動平均線(6516円)を
    回復して再び上昇トレンドへ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-02-02【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅は反落(304円安) 前日の上昇の反動 米金利
    上昇を警戒
    
    前日の米株市場の乱高下を嫌気、日本株は朝方から売り優勢の展
    開となった。
    日経平均は寄り付きから下げ幅を拡げる展開。一時は、日銀が固
    定利回りで無制限に国債を買い入れる「指値オペ」の実施を通
    知、円相場がやや弱含んだことで下げ渋る場面もあったが、上値
    は重く、米金利上昇への警戒が続き下げ幅を拡げた。
    前場の日経平均の安値は23122.45円(363.66円安)。
    前場終値も300円超えの下落で引けており、さえない展開となっ
    た。
    
    日経平均前場終値は-304.77円の23181.34円。
    
    東証1部の出来高は8億6809万株、
    売買代金は1兆5701億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり514銘柄、値下がり1479銘柄、
    変わらず71銘柄。
    
    業種別では値上がりが1業種、値下がりが32業種。
    値上がりは海運のみ。
    値下がりトップは空運、証券・商品、鉱業。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は再び5日線を下回り、前日の上昇部分をほぼ帳消しにし
    ている。
    後場は、日銀のETF買い入れ観測が需給面での下支えになる可能性
    はあるが、米雇用統計を控える週末、また本日に約180社の決算発
    表を控えていることもあり、積極的な買いは入りづらい。
    新興市場も前場前半はしっかりの展開となっていたが、日経平均
    の下落につられるかっこうで売り優勢に転じた。
    ただ、中小型株の好決算銘柄はストップ高をつけるなど、物色意
    欲は衰えていないと見れる。
    後場、それらを支えに中小型株へは買いが入るかといったとこ
    ろ。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-02【東京市場見通し】

    米株の不安定な動きを嫌気 日本株も売り先行見通し 一巡後は底
    堅いか
    
    前日の米株市場は高安まちまち。主要3指数ではNYダウのみが上
    昇。そのNYダウも一時は3桁の上昇となりながらも、その後に失
    速で小幅高。
    米株市場が不安定な動きにあることなどを警戒、日本株は売り
    優勢のスタートが予想される。
    また、本日は米雇用統計を控える週末、結果を見極めたいとの
    思惑から積極的な買いは入りづらい。
    日経平均は前日の大幅高の反動もあり、弱め寄り付きとなるだ
    ろう。
    とはいえ、日経平均は今週に、週足一目均衡表の転換線(23124
    円)や週足ベースの移動平均線チャートの13週線(23059円)を下
    値サポートに強く意識、中期的トレンドは変わらず上向きにあ
    るなか、売り一巡後はいっていの底型さを示しそうだ。
    
    日経平均予想レンジは23200円-23500円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が109円台前半での推移。
    (1日終値109.58-60円)
    
    現在、ユーロ/円が136円台後半での推移。
    (1日終値135.90-94円)
    
    
    1日の米株市場概況
    
    高安まちまち。NYダウは小幅に続伸もS&P500とNASDAQは反落。
    主要3指数は朝方、金利上昇懸念などから下落してスタート。
    米10年債利回りは2014年4月以来の2.79%台まで上昇し、30年
    債利回りは3%に乗せ5月以来の水準に上昇した。
    その後、NYダウは一時、157ドル高まで上昇する場面も見られ
    たが、伸び悩みとなった。
    その他、この日発表され経済指標で、米新規失業保険申請件
    数と米1月ISM製造業PMIは、ともに市場予想を上回る良好な
    結果だった。
    NYダウ終値は+37.32の26186.71。
    S&P500は-1.83の2821.98。
    NASDAQは-25.62の7385.86。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-02-01【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    総医研<2385> 業績修正発表。
    終値584円(前日比+20円+3.54%)
    18年6月期第2四半期累計(7-12月)の連結経常利益を従来予想
    7000万円から1億3700万円に上方修正(前年同期は2100万円)。
    
    花王<4452> 決算発表。
    終値7718円(前日比+155円+2.04%)
    17年12月期の連結税引き前利益は2042億円(前の期比11.4%増)。
    18年12月期は2150億円(前期比5.2%増)。
    前期の年間配当108円から110円に増額、今期も前期比10円増
    の120円に増配方針。
    
    大塚商<4768> 決算・株式分割発表。
    終値9260円(前日比+110円+1.20%)
    17年12月期の連結経常利益は454億円(前期比11.5%増)。
    18年12月期は480億円(前期比5.6%増)。
    前期の年間配当を120円から140円に増額、今期は72.5円とし、
    3/31割当の株式分割を考慮した実質配当は3.6%増配方針。
    
    キーエンス<6861> 決算発表。
    終値68670円(前日比+2240円+3.37%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益は2172億円。
    10-12月期(3Q)の連結経常利益は735億円(前年同一期間比33.3
    %増)。
    
    ピックアップ
    アサヒHD<5857> 決算発表。
    終値2209円(前日比+46円+2.12%)
    18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結税引き前利益は103億
    円(前年同期比31.3%増)。
    通期の同利益を従来予想123億円から134億円に上方修正(前期
    は17.5億円)。
    株価は直近、日足一目均衡表の雲上限(2261円)をやや下回る
    水準での推移。好決算を受けて雲突破。上昇トレンド転換へ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    Jフロント<3086>
    終値2053円(前日比+57円+2.85%)
    1月百貨店事業の合計売上高は前年同月比1.5%増。
    10ヶ月連続で前年実績を上回り。
    
    H2Oリテイル<8242>
    終値2220円(前日比+17円+0.77%)
    1月全社合計売上高は前年同月比2.2%増。
    14ヶ月連続で前年実績を上回り。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-02-01【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め20銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S NDS<1956>、
    S アイスタディ<2345>、
    S セキュアヴェ<3042>、
    S Gオイスター<3224>、
    一時S トーカロ<3433>、
    S オルトP<3672>、
    S IGポート<3791>、
    一時S キーウェア<3799>、
    S Sワイヤー<3929>、
    S 大村紙業<3953>、
    S カイノス<4556>、
    S RSC<4664>、
    一時S 日精蝋<5010>、
    S 黒崎播磨<5352>、
    一時S 東特線<5807>、
    一時S タカキタ<6325>、
    S ニチダイ<6467>、
    S Tホライゾン<6629>、
    一時S フルヤ金属<7826>、
    S 平和紙業<9929>。
    
    ピックアップ
    トーカロ<3433> 一時S高。
    終値6420円(前日比+940円+17.15%)
    大幅反発。
    前日に発表された2/28現在の株主を対象に1対4の株式分割を実
    施。今期の年間配当を従来計画90円から58.75円に修正(年間配当
    は実質11.1%の増額)したことなどが買い材料視された。
    また、18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益が前年同
    期比34.6%増の56.5億円に拡大して着地したことも後押しとなっ
    たもよう。
    株価は上場来高値を更新、一時S高(6480円)まで上昇する場面もあ
    った。
    テクニカル面では25日移動平均線(5560円)を下値サポートに上振
    れたかっこう。続き、堅調な展開が期待される形状にある。
    
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S オプトラン<6235>。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    スタートトゥ<3092> 3日ぶり大幅反発。
    終値3510円(前日比+305円+9.51%)
    前日(1/31)発表の決算を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限3473円)突破。
    
    AMI<3773> 大幅反発。
    終値2044円(前日比+224円+12.30%)
    25日移動平均線(1842円)近辺から上振れ。
    
    ピックアップ
    スパークスG<8739> 6日ぶり大幅反発。
    終値397円(前日比+45円+12.78%)
    前日(1/31)発表の決算を好感。
    (18年3月期第3四半期累計(4-12月)の連結経常利益が50.6億円(前
    年同期比2.2倍)、従来未定としていた期末一括配当は7円実施する
    方針(前期は4円))
    株価は6日ぶり大幅反発となり、昨年来高値更新。
    テクニカル面では、移動平均線チャートにおいて25日線(356円)を
    サポートに反発したかっこう、上昇トレンド継続。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-01【東京市場概況】

    日経平均は7日ぶり大幅反発(387円高) 後場上げ幅拡大で 23500
    円に迫る動きに
    
    朝方から買い優勢の展開。前日の米株高や為替ドル/円が109円台
    を回復するなど円安方向にあったことが好感された。
    日経平均は、前日まで6日続落、約1025円と大幅に値を落として
    いた反動もあり大幅上昇、前場を23393.57円(295.28円高)で引
    けていた。
    後場に入っても強い基調は続きじり高。直近に見られた後場に
    崩す動きも無く、終盤にかけては一段と強い動きに、23500円に
    迫り、高値圏で本日の取引を終えた。
    これで、毎月第1営業日の株高は20ヶ月連続となった。
    
    日経平均終値は+387.82円の23486.11円。
    
    東証1部の出来高は18億1656万株、
    売買代金は3兆5134億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1789銘柄、値下がり238銘柄、
    変わらず35銘柄。
    
    業種別では値上がりが32業種、値下がりが1業種。
    値上がりトップは銀行、石油・石炭、医薬品。
    値下がりは海運のみ。
    
    日経平均は、週足一目均衡表の転換線(23124円)や週足ベース
    の移動平均線チャートの13週線(23059円)などを下値サポート
    に反発、
    中期的な上昇トレンドは維持されたかっこう。
    また、5日移動平均線(23427円)を回復して引けており、続き
    25日移動平均線(23532円)を回復してくれば、調整一巡感は
    強まってくるところ。
    25日移動平均線が上値抵抗にもたつくようなら、続き23100
    円-23000円近辺では底堅いも調整に日柄がかかると意識され
    そう
    だ。
    明日に関しては、米雇用統計を控える週末であることや、決
    算発表が多く予定されていることがあり、基本的には様子見
    姿勢、方向に欠ける展開となりそうだ。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-02-01【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は7日ぶり大幅反発(295円高) 米株高、円安を好感
    
    前日の米株市場が主要3指数そろって反発となるなど堅調。
    また、為替ドル/円も円安方向振れて109円台に戻していた。
    これらを好感して、本日の日本株は買いが先行。
    日経平均は前日まで6日続落、約1025円と大幅に値を落と
    していた反動もあり大幅反発、23431.08円(332.79円高)
    まで上昇する場面も見られた。
    
    日経平均前場終値は+295.28円の23393.57円。
    
    東証1部の出来高は9億3578万株、
    売買代金は1兆7645億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1732銘柄、値下がり285銘柄、
    変わらず45銘柄。
    
    業種別では値上がりが32業種、値下がりが1業種。
    値上がりトップは銀行、石油・石炭、非鉄金属。
    値下がりは海運のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は前場、調整一巡感が漂ってきていたなか、じり
    高となった。
    後場もこの基調が続くと期待したいところだが、直近は後
    場にかけて売り圧力が強まる展開が目立つ。
    テクニカル面でも5日移動平均線(23409円)を捉えつつある
    ものの、前場終わり時点で下回っている。
    後場、早い段階で同線を捉えきれば、一段高が期待される
    ところだが、抵抗線となるようだと、戻り売りなどに押さ
    れる可能性があるだろう。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-02-01【東京市場見通し】

    買い先行 米株高、為替が円安にあり日本株に追い風の流れ
    
    前日の米株市場は主要3指数そろって3日ぶりに反発。NYダウは一
    時、FOMCを受けマイナス圏に沈む場面があったが、切り返してこ
    の日の取引を終えた。
    為替ドル/円も円安方向に振れて、現在は109円台前半での推移。
    米株高に円安と日本株にとって追い風の流れ。
    日経平均は前日まで6日続落と大幅に値を落としており、自律反発
    が期待されるところでもある。
    また、テクニカル面でも、週足一目均衡表の転換線(23124円)、
    週足ベースの移動平均線チャートの13週線(23042円)近辺まで、
    調整したかっこうとなっており、調整一巡感が意識される水準
    でもある。
    前日に発表されたの企業決算ついても、好内容なものが目立つ、
    それらへ素直に買いが入りやすく、総じて良好な地合いが続く可
    能性が高く、終日堅調な展開となりそうだ。
    ただ、直近は後場にかけては伸び悩み展開、または売られる展開
    が目立つ。後場の動向はやや警戒しておきたい。
    
    日経平均予想レンジは23100円-23400円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が109円台前半での推移。
    (31日終値108.69-70円)
    
    現在、ユーロ/円が135円台半ばでの推移。
    (31日終値135.26-30円)
    
    
    31日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって3日ぶり反発。
    株式の下落要因となった米長期債利回りの上昇が一服したほか、
    朝方発表された米12月ADP全国雇用者数が市場予想を上回る強い結
    果となったことなどがも株価上昇要因となった。
    NYダウは朝方に260ドル高まで上昇した後、FOMC結果公表を受けて
    一時はマイナス圏に沈む場面もあったが、終盤は再び買い戻され
    た。
    NYダウ終値は+72.50の26149.39。
    S&P500は+1.38の2823.81。
    NASDAQは+9.00の7411.48。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
お気軽にお問い合わせください
  • お申込み
  • お問い合わせ
電話番号