• 2018-03-30【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    日本一S<3851> 業績修正。
    終値1799円(前日比+49円+2.80%)
    18年3月期の連結経常利益を従来予想4億4400万円から5億4200万
    円に上方修正(前期は3億5400万円)。
    
    生化学<4548> 業績修正。
    終値1940円(前日比+5円+0.25%)
    18年3月期の連結経常利益を従来予想37.5億円から52.5億円に上
    方修正(前期は24.7億円)。
    
    伯東<7433> 業績修正。
    終値1562円(前日比+9円+0.57%)
    18年3月期の連結経常利益を従来予想33億円から35億円に上方修
    正(前期は19.8億円)。
    
    ピックアップ
    パレモ・HD<2778> 決算発表。
    終値576円(前日比+8円+1.40%)
    18年2月期の連結経常利益は7.6億円(前の期非連結比19.1%増)。
    19年2月期も7.8億円(前期比2.2%増)と伸びる見通し。
    今期の年間配当は6円(前期比3円増)に増配方針。
    株価は今日まで5日続伸。週足ベースの移動平均線チャートにお
    いて、26週線(535円)を下値サポートに調整が一巡した見かた。
    また、13週線(891円)を捉える動きも見られており、上昇トレン
    ド転換が期待されるところにある。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-03-30【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S セーラー広告<2156>、
    S ベクター<2656>、
    一時S アズ企画設計<3490>、
    S ぱど<4833>、
    S タカトリ<6338>、
    S 神戸天然物化<6568>、
    一時S サンオータス<7623>、
    S 三光産業<7922>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S 五洋インテ<7519>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ライク<2462> 大幅5日続伸。
    終値2280円(前日比+108円+4.97%)
    日足一目均衡表の雲(上限2263円)突破。
    
    KHネオケム<4189> 大幅4日続伸。
    終値3195円(前日比+135円+4.41%)
    25日移動平均線(3172円)回復。
    
    ピックアップ
    熊谷組<1861> 大幅反発。
    終値3420円(前日比+105円+3.16%)
    前日(29日)に発表した中期経営計画を好感。(23年3月期に営
    業利益500億円(18年3月期計画は210億円)を目指すとした)
    テクニカル面でも、移動平均線チャートにおいて、200日線
    (3358円)を回復するなど、一段高が期待される形状にある。
    
    スター・マイカ<3230> 大幅反発。
    終値2453円(前日比+291円+13.45%)
    前日(29日)に発表した決算を好感。(18年11月期第1四半期
    (17年12月-18年2月)の連結経常利益は15.8億円(前年同期
    比42.1%増)。
    株価は大幅反発となり、昨年来高値を更新。
    テクニカル面では、移動平均線チャートにおいて、25日線
    (2194円)近辺での日柄調整から上放れとなり、上昇トレン
    ド転換の形状。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-30【東京市場概況と来週の見通し】

    日経平均は大幅続伸(295円高) 後場には一時21500円台を回復
    
    前日の米株市場が主要3指数そろって大幅反発。それを受けて日本
    株も買い優勢の展開となった。
    日経平均は買い先行後、狭いレンジでのもみあいも高値圏を維持
    して、前場の取引を終えた(前場終値21372.35円(213.27円高))。
    後場に入ると買いの勢いが強まる場面があり、心理的節目の21500
    円を上回る場面が見られた(本日高値21512.80円(353.72円高))。
    その後は到達感からいったん伸び悩んだものの、引けにかけては
    盛り返して、本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+295.22円の21454.30円。
    
    東証1部の出来高は11億4075株、
    売買代金は2兆1486億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1492銘柄、値下がり536銘柄、
    変わらず51銘柄。
    
    業種別では値上がりが31業種、値下がりが2業種。
    値上がりトップは海運、非鉄金属、ガラス・土石。
    値下がりは電気・ガス、銀行のみ。
    
    
    来週の見通し
    
    来週の日本株は堅調な展開。また、底堅い展開が予想される。
    米中貿易戦争の懸念が後退したほか、北朝鮮情勢をめぐる緊
    張も和らいでおり、売り込まれた米ハイテク株に底打ちの兆
    しが見える。
    もっとも、投資部門別で海外投資家は1月第2週以降、11週連
    続で日本株を売り越してきたが、4月は過去17年連続で買い
    越し、加えて過去10年は年間で最も買い越し規模が大きい月
    になる。
    そうした面からも、日本株は強い動きが期待される。
    日経平均は本日、200日移動平均線(21329円)を回復、25日移
    動平均線(21509円)を捉える場面も見られた。
    週明けは日経平均は25日線を回復、リバウンドを強める展開
    となりそうだ。
    スケジュール面で注目されるのは、国内で2日発表の3月日銀
    短観。直近の円高、株安が企業のセンチメントにどの程度影
    響を与えているかの確認材料となる。
    米国では2日にISM製造業景気指数、4日にISM非製造業
    景気指数。そして6日に3月雇用統計と重要指標の発表が続く。
    インフレ指標の落ち着きにより米10年債利回りは低下してい
    るが、来週の米経済指標の内容次第では米金利や為替、米株
    が変動する可能性があり、警戒される。
    米経済指標などが上値を抑える要因となる可能性はあるだろ
    う。
    
    来週の日経平均予想レンジは21000円-21900円。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-30【東京市場前場概況と後場の見通し】

    日経平均は続伸(213円高) 買い一巡後は上値重いも高値圏を維持
    
    前日の米株市場が主要3指数そろって大幅反発。それを受けて日本
    株も買い優勢の展開となった。
    日経平均は一時、21403.42円(244.34円高)まで上昇する場面が見
    られた。
    ただ、寄り付いた後は小動き。今晩の米市場が休場、市場参加者
    の減少も想定されるなか、狭いレンジでのもみあいとなったもの
    の、高値圏は維持してて前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+213.27円の21372.35円。
    
    東証1部の出来高は4億8733万株、
    売買代金は9018億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1389銘柄、値下がり604銘柄6、
    変わらず86銘柄。
    
    業種別では値上がりが26業種、値下がりが7業種。
    値上がりトップは海運、非鉄金属、不動産。
    値下がりは電気・ガス、銀行、その他金融など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は買い先行後、こう着感が強まっており、日中値幅は90
    円程度。
    テクニカル面では、200日移動平均線(21329円)を回復、25日移動
    平均線(21509円)が上値抵抗と意識されて、その間でもみあいとい
    ったところ。
    後場もこう着した展開が予想されやすいが、 新年度による資金
    流入のほか、売り越し基調が続いている海外勢においても、例年4
    月は買い越す傾向にあり、買いに向かわる可能性あり。
    また、直近に見られる終盤の強含みが、本日も見られる可能性も
    あるだろう。
    25日移動平均線回復となれば、チャート形状の好転から、先行観
    は高まりやすい。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-30【東京市場見通し】

    買い先行 米株高を好感 その後も堅調な展開続く見通し
    
    前日の米株が主要3指数そろって大幅反発。直近に売られていた
    ハイテク株を中心に買い戻される展開となった(NYダウは254ドル
    高)。
    日本株は米株高を素直に好感して買い先行。買い先行後も終日
    堅調な展開が予想される。
    今晩の米市場が休場。週明けの波乱要素が少ないことから、買
    い戻しの動きが強まりやすい。
    日経平均は上値抵抗となっていた200日移動平均線(21322円)回
    復へ、チャート形状の好転が後押しとなる。
    次に上値抵抗に控えるのが節目21500円どころの25日移動平均
    線(21523円)。この水準では一端、上値を抑えられそうだ。
    ただ、直近の傾向として、後場に強い動きが見られる。買い先
    行後も値を保っていれば、終盤にかけて上げ幅を拡大、21500円
    どころを上抜ける可能性もあるだろう。
    
    日経平均予想レンジは21200円-21600円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が106円台半ばでの推移。
    (29日終値106.57-58円)
    
    現在、ユーロ/円が131円どころでの推移。
    (29日終値131.18-22円)
    
    
    29日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって3日ぶり反発。
    直近に相場下落の主因となっていたハイテク株が、いっせい買い
    戻されて、指数を押し上げた。
    また、30日が聖金曜日の祝日。3連休となることがあり、売りに
    傾いたポジションを修正する動きも出たようだ。
    NYダウ終値は+254.69の24103.11。
    S&P500は+35.87の2640.87。
    NASDAQは+114.22の7063.45。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-03-29【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    GameWith<6552> 決算発表。
    終値1747円(前日比+18円+1.04%)
    18年5月期第3四半期累計(17年6月-18年2月)の経常利益(非連結)は
    9.1億円。
    通期の同利益は従来予想7.8億円から10.5億円に上方修正(前期は
    6.5億円)。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    住石HD<1514>
    終値156円(前日比±0円±0.00%)
    豪州の出資先炭鉱から配当金820万豪ドル(6億7400万円)を受領。
    
    熊谷組<1861>
    終値3315円(前日比-5円-0.15%)
    中期経営計画を策定。23年3月期に営業利益500億円(18年3月期
    計画は210億円)を目指す。
    
    ハウスドゥ<3457>
    終値3425円(前日比+120円+3.63%)
    3/14に発表したハウス・リースバックにて取得した個人住宅など
    収益不動産物件を対象とした不動産ファンド「HLBファンド1号」
    への融資が実行され、組成が完了したと発表。
    
    AMBITION<3300>
    終値2481円(前日比+82円+3.41%)
    昨年7月に事業協力の合意をしたand factoryがプロデュースする
    スマートホステルブランド「&AND HOSTEL KANDA」のサブリース
    契約の締結を発表。
    
    ブライドパス<4594>
    終値787円(前日比+46円+6.20%)
    理化学研究所と共同研究契約を締結。理研統合生命医科学研究セ
    ンターが進めるiPS細胞由来NKT細胞療法の技術開発と臨床応用に
    向けたプロジェクトに参画する。同プロジェクトでは19年度中を
    めどに頭頚部がんを対象とする医師主導治験を開始する計画。
    
    ピックアップ
    ゼリア新薬<4559>
    終値2130円(前日比+10円+0.47%)
    鉄欠乏性貧血」を適応症とする鉄注射剤(一般名:カルボキシマル
    トース第二鉄、開発コード「Z―213」)について、29日に厚生
    労働省に製造販売承認申請を行ったと発表。
    (この医薬品は、スイスのビフォーファーマ社が開発した、カルボ
    キシマルトース第二鉄を有効成分とするデキストラン非含有静注
    鉄補充療法剤で、経口鉄剤が無効または使用できない鉄欠乏症の
    治療剤として、現在までに世界75ヶ国で承認を取得している)
    株価は、小幅ながら4日続伸としっかりの展開。テクニカル面で
    は、日足一目均衡表の雲(上限2165円)突破が射程圏内。
    雲突破から一段高が期待されるところにある。
    
    スズケン<9987>
    終値4430円(前日比+35円+0.79%)
    子会社である三和化学研究所が創製した夜間多尿に伴う夜間頻尿
    治療薬「SK-1404」について、キョーリンHD<4569>子会社
    の杏林製薬とライセンス契約を締結したと発表。
    今回の契約により、杏林製薬は「SK-1404」の日本、アジ
    ア(香港、台湾、ASEAN10ヶ国)における開発・販売に関する
    独占的権利を取得する一方、三和化学は杏林製薬より契約一時金
    および開発・販売におけるマイルストーンの支払いを受けること
    になるという。
    (18年3月期業績予想については、適時開示の必要性が生じた場
    合、速やかに開示するとのこと)
    テクニカル面での当銘柄は、日足一目均衡表において、雲(上限
    4490円)突破間近。
    また、週足ベースの移動平均線チャートにおいて、割れていた26
    週線(4392円)や13週線(4476円)を回復しつつあるところ。
    チャート形状の好転もあり、株価上昇が期待されるところ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-03-29【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め6銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 野村外国株式<2513>、
    一時S 仙波糖化<2916>、
    一時S アズ企画設計<3490>、
    S ODK<3839>、
    S SOU<9270>、
    S クレオ<9698>、
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S 五洋インテ<7519>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ディップ<2379> 4日大幅続伸。
    終値3320円(前日比+135円+4.23%)
    25日移動平均線(3235円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限3300円)突破。
    
    メドピア<6095> 大幅3日続伸。
    終値1557円(前日比+95円+6.49%)
    25日移動平均線(1520円)回復。
    
    アサヒインテック<7747> 大幅4日続伸。
    終値4245円(前日比+175円+4.29%)
    日足一目均衡表の雲(上限4060円)突破。
    
    ピックアップ
    ソレイジア<4597> 大幅続伸。
    終値391円(前日比+22円+5.96%)
    直近、日足一目均衡表の雲内(上限381円-下限332円)で、日柄
    調整中にあった当銘柄。
    本日にこの雲と突破となり、上昇トレンドに転換した見かた。
    週足ベースでは、52週線(399円)が節目400円どころに控える。
    400円超えから、一段と上方向へのトレンドが強まりそうだ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-03-29【東京市場概況】

    日経平均は反発(127円高) 後場に一時マイナスも3桁上昇で大引
    け
    
    前日の米株は下落となっていたものの、為替ドル/円が急速に円
    安に振れていたことなどが好感されて、日本株は買いが先行し
    た。
    日経平均は200円を超えの上昇でスタート、一時は21298.57円
    (267.26円高)まで値を伸ばす場面が見られた。
    一巡後は、戻り売り圧力などに押されて、上げ幅を縮めたもの
    の、3桁の上昇で前場の取引を終えていた(前場終値21153.97円
    (122.66円高))。
    後場は、マイナス圏に沈む場面が一時あったが、大きく崩れる
    ことはなく、再びプラス圏に浮上。
    連日(3日連続)で続いていた高値引けとはならなかったものの、
    本日も残り30分を切ったあたりからの強い動きが確認され、取
    引を終えた。
    
    日経平均終値は+127.77円の21159.08円。
    
    東証1部の出来高は13億2442万株、
    売買代金は2兆5507億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1328銘柄、値下がり669銘柄、
    変わらず82銘柄。
    
    業種別では値上がりが20業種、値下がりが13業種。
    値上がりトップはサービス、食料品、水産・農林。
    値下がりは鉱業、医薬品、鉄鋼など。
    
    日経平均が本日、下げに転じた後にすかさず切り返すなど底堅
    く、下値不安は後退してきているようだ。
    来週から名実ともに新年度相場入りなり、需給改善が期待され
    ることもあり、押し目買い意欲は強いだろう。
    また、韓国と北朝鮮の両国は、南北首脳会談を4月27日に開催
    することで合意。朝鮮半島の非核化などについて協議するとみ
    られ、地政学リスクの後退が後押しにもある。
    明日の週末に関しては、海外市場が休場になるため、明確なト
    レンドは出難い。
    5日移動平均線(20978円)をサポートに節目21000円どころでは
    底堅いも、上値は材料難から200日移動平均線(21322円)が抵
    抗線として意識されそうだ。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-29【東京市場前場概況と後場の見通し】

    日経平均は反発(122円高) 円安好感で買い先行 一巡後は伸び
    悩み
    
    前日の米株は下落となっていたものの、為替ドル/円が急速に円
    安に振れており、日本株は買い優勢の展開となった。
    日経平均は200円を超えの上昇でスタート、一時は21298.57円
    (267.26円高)まで値を伸ばす場面が見られた。
    しかし、買い一巡後は、戻り売り圧力などに押されて、上げ幅
    を縮める展開に。
    3桁の上昇で前場の取引を終えているものの、前場後半からは
    上値の重い時間帯となっていた。
    一方でマザーズ指数は高寄り後も上げ幅を広げるなど、新興市
    場を中心とした中小型株は強い動きとなった。
    
    日経平均前場終値は+122.66円の21153.97円。
    
    東証1部の出来高は5億8728万株、
    売買代金は1兆1252億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1175銘柄、値下がり810銘柄、
    変わらず93銘柄。
    
    業種別では値上がりが17業種、値下がりは16業種。
    値上がりはサービス、石油・石炭、食料品など。
    値下がりは鉄鋼、保険、陸運など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は200日移動平均線(21322円)が上値抵抗と意識された
    かっこう。同線を回復するには、材料に欠けるといったところ
    だろう。
    また、米株市場で半導体関連が軟調、ウーバーの自動運転車を
    巡る死亡事故による影響が引き続き意識されており、東京市場
    でも、米ハイテク株の先行きが懸念され、上値を抑えている。
    ただ、前場の新興市場がマザーズが高寄り後も上値を伸ばすな
    ど強い動き、中小型株へのシフトチェンジが意識されるところ。
    後場も引き続き、日経平均はこう着も、新興市場を中心とした
    中小型は堅調な展開が期待される。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-29【東京市場見通し】

    買い優勢の展開 米株は軟調も為替ドル/円が円安方向にあり追い
    風 
    
    前日の米株市場は引き続きハイテク株が軟調に推移して続落と
    なった。
    しかし、為替ドル/円が円安方向、一時は107円台に乗せて、現
    在も106円台後半での推移となっている。米10-12月期GDP確報
    値の上方修正や、朝鮮半島の地政学リスク後退期待などがドル
    買い要因となったもよう。
    本日の日本株は、円安を追い風に、買い優勢の展開が予想され
    る。
    短期的には米国株離れの動きも期待でき、直近に調整がきつか
    った銘柄、特に中小型株への押し目買いが期待される。
    日経平均は前日(28日)は反落となったが、3日連続で高値引け
    となるなど、地合いは改善基調、割れている200日移動平均線
    (21316円)回復を試す展開となりそうだ。
    
    日経平均予想レンジは21100円-21350円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が106円台後半での推移。
    (28日終値105.46-48円)
    
    現在、ユーロ/円が131円台半ばでの推移。
    (28日終値130.75-79円)
    
    
    28日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって続落。
    NYダウは押し目買いなどから一時は、234ドル高まで上昇する場面
    もあった。
    しかし、引き続きハイテク株が軟調に推移となったことが重しと
    なった。
    トランプ米大統領が、課税の強化を検討していると報じられたア
    マゾン・ドット・コムなどの下落が目立った。
    NYダウ終値は-9.29の23848.42。
    S&P500は-7.62の2605.00。
    NASDAQは-59.58の6949.23。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-03-28【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    クリーク&リバ<4763> 業績・配当修正発表。
    終値965円(前日比-3円-0.30%)
    18年2月期の連結経常利益を従来予想17.5億円から18.2億円に
    上方修正(前期は14.7億円)。
    期末一括配当を従来計画10円から11円に増額修正(前の期は9円)。
    
    JXTG<5020>業績・配当修正発表。
    終値633.2円(前日比-17.5円-2.68%)
    18年3月期の連結最終利益を従来予想3000億円から3350億円に
    上方修正(前期1500億円)。
    今期の年間配当を従来計画18円から19円に増額修正(前期は16
    円)。
    また、上限300億円、6000万株(自己株式を除く発行済株式数の
    1.75%)の自社株買いを実施するとも発表している。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    アスクル<2678>
    終値3505円(前日比+15円+0.42%)
    18年5月期3月度(2/31~3/20)の単体売上高は前年同月比20.1%増。
    
    マネックスG<8698>
    終値339円(前日比±0円±0.00%)
    18年3月期に有価証券売却益約18億円を特別利益に計上する。
    
    ピックアップ
    KLab<3656>
    終値1673円(前日比+35円+2.13%)
    自社株買いを発表。35万株(発行済み株式数の0.94%)、5億円
    をそれぞれの上限としており、取得期間は4/23~6/30まで。
    株価は本日の取引を続伸で引けており、テクニカル面では、
    日足一目均衡表の雲(上限1721)突破が射程圏内。
    発表を好感してこの雲突破、上昇トレンド転換へと期待がか
    かる。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-28【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め6銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ASJ<2351>、
    一時S オートW<2666>、
    一時S 神島化<4026>、
    一時S ジャストプラ<4287>、
    S カルナバイオ<4572>、
    S セルシード<7776>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S ニチダイ<6467>、
    S 五洋インテ<7519>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    バーチャレクス<6193> 大幅反発。
    終値1218円(前日比+187円+18.13%)
    日足一目均衡表の雲(上限1187円)突破。
    
    エスケイ<7608> 3日大幅続伸。
    終値751円(前日比+20円+2.73%)
    25日移動平均線(736円)回復。
    
    ピックアップ
    JCRファーマ<4552> 大幅続伸。
    終値5570円(前日比+220円+4.11%)
    前日(27日)に、現在開発を進めている血液脳関門通過技術「
    J-Brain Cargo」を適用した血液脳関門通過型
    ハンター症候群治療酵素製剤(開発番号「JR-141」)が、
    厚生労働省から「先駆け審査指定制度」の対象品目に指定さ
    れたと発表。(18年中に第2/3相臨床試験を開始し、19年には
    世界に先駆けて日本で製造販売承認申請をする予定)
    発表を好感した買いが入り、大幅続伸となった。
    テクニカル面でも、週足ベースの移動平均チャートにおいて、
    13週線(5429円)回復、上方向へのトレンドが強めてきており、
    昨年来高値6090円(18/1/18)を試す展開、更新へと期待がかか
    る。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-03-28【東京市場概況】

    日経平均は3日ぶり反落(286円安) 売り一巡後は下げ渋り3日連続
    高値引け
    
    前日の米株市場が大幅に下落。それを受けて日本株も朝方から
    軟調な展開となった。
    日経平均は3月期末の配当権利落ち(約160円)の影響あり、下落
    幅は大きく、一時は500円超えの下落となる場面もあった(安値
    20776.82円(540.50円安))。
    ただ、売り一巡後は下げ渋って、前場の取引を終えていた。
    後場に入っても下げ渋り、値を戻す展開にあったが、節目の21
    000円近辺で上値重く、失速する気味に推移していた。
    しかし、引け間際に再21000円台に乗せて、本日の取引を終えた。
    反落とはなったが、3日連続で高値引けとなっている。
    
    日経平均終値は-286.01円の21031.31円。
    
    東証1部の出来高は14億1231万株、
    売買代金は2兆7387億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり571銘柄、値下がり1436銘柄、
    変わらず46銘柄。
    
    業種別では値上がりが3業種、値下がりが30業種。
    値上がりは電気・ガス、ゴム製品、空運のみ。
    値下がりトップは石油・石炭、非鉄金属、鉱業。
    
    日経平均は節目21000円に乗せて高値引け、反落とはなったが、
    いっていの底堅さを示したと見れる。
    新年度入りに伴う資金流入が意識され、目先の下値は底堅い
    と予想される。
    上値に関しては、海外勢の買いが入ってくるかにかかってく
    る。
    海外勢は政治リスクを嫌がる傾向が強い、国内政治リスクに
    対す
    る警戒感は一端和らいだ格好となったなか、海外勢の動向が
    注目されるところ。
    テクニカル面では、本日に再び割り込んだ200日移動平均線(
    21316円)を早期に回復できるかに注目。
    回復出来なければ、調整局面が長期化すると懸念される。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-28【東京市場前場概況と後場の見通し】

    日経平均は3日ぶり大幅反落(377円安) 売り一巡後はいっていの
    底堅さあり
    
    前日の米株市場の大幅安などを嫌気して、朝方から軟調な展開
    となった。
    日経平均は3月期末の配当権利落ち(約160円)の影響あり、下落
    幅は大きく、一時は500円超えの下落となる場面もあった(安値
    20776.82円(540.50円安))。
    ただ、売り一巡後は、円高が一服したことなどもあり、下げ渋
    る展開、徐々に下値を切り上げ、前場引け間際には21000円に
    迫る場面が見られた。
    
    日経平均前場終値は-377.7円の20939.59円。
    
    東証1部の出来高は6億3417万株、
    売買代金は1兆1738億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり420銘柄、値下がり1586銘柄、
    変わらず46銘柄。
    
    業種別では値上がりが1業種、値下がりが32業種。
    値上がりは電気・ガスのみ。
    値下がりトップは非鉄金属、石油・石炭、その他製品。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は予想PERが12倍台に入り割安感は強い。直近の高い
    ボラティリティーを警戒して、積極的には買われていないが、
    いっていの底堅さを示していると見れる。
    後場は日銀のETF買い入れへの思惑や配当再投資の買い、実
    質新年度相場入りに伴う機関投資家による資金流入が下支え
    となりそうだ。
    下げ渋る展開となるなかで、節目21000円を上回る動きなどが
    見られれば、押し目買いが次第に強まる可能性があるだろう。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-03-28【東京市場見通し】

    米株が大幅反落を受けて売り先行 売り一巡後は下げ渋りの見通
    し
    
    前日の米株市場が主要3指数そろって大幅に反落、NYダウは200ド
    ル超えの上昇から失速、344ドル安となった。
    一端上昇した後に売りに傾いており、印象としては良くない。
    本日の日本株は米株安を受けて売り先行となるだろう。
    日経平均は、配当落ちの影響も160円程度あり、初動の下げは大
    きくなる可能性が高い、一端は、下を試しにいく場面があるだ
    ろう。
    しかし、米株の乱高下が続いていることは、売り方にとっても
    不安定要素、売り一辺倒にもなりづらい。
    機関投資家の配当再投資なども下支え要因となりそうだ。
    前場で落ち着きどころを探った後は底堅く推移、終盤にかけて
    は持ち直す展開が予想される。
    
    日経平均予想レンジは20700円-21150円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が105円台前半での推移。
    (27日終値105..49-50円)
    
    現在、ユーロ/円が130円台後半での推移。
    (27日終値131.50-54円)
    
    
    27日の米株市場概況
    
    主要3指数がそろって反落。
    NYダウは米中の貿易戦争激化懸念が和らいだことで、一時は243ド
    ル高まで上昇した。
    しかし、個人情報が不正に使用されたフェイスブックが4.90%安、
    自動運転の実験を一時中止するとしたエヌビディアが7.76%安と
    なるなど、IT関連を中心に主力株が軒並み安となって売り優勢に
    転じた。
    NYダウ終値は-344.89の23857.71。
    S&P500は-45.93の2612.62。
    NASDAQは-211.74の7008.81。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-03-27【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ヒマラヤ<7514> 決算発表。
    終値1244円(前日比+45円+3.75%)
    18年8月期第2四半期累計(17年9月-18年2月)の連結経常損益
    は3億円の黒字に浮上(前年同期は2.8億円の赤字)、従来3.6
    億円の赤字予想から一転して黒字着地。
    通期の同利益も従来予想15.3億円から18.9億円に上方修正(
    前期12.9億円)。
    
    トランザクショ<7818> 業績修正発表。
    終値1173円(前日比+61円+5.48%)
    18年8月期第2四半期累計(17年9月-18年2月)の連結経常利益を
    従来予想7.5億円から8.4億円に上方修正(前年同期6.7億円)。
    (通期の経常利益は従来予想16.1億円を据え置き(前期14億円))
    
    ピックアップ
    サンケン電<6707> 業績修正発表。
    終値789円(前日比+23円+3.00%)
    18年3月期の連結経常利益を従来予想90億円から112億円に上
    方修正(前期50.2億円)。
    (中国のエアコンメーカー向けや韓国の洗濯機、冷蔵庫メー
    カー向けの白物家電用IC並びに自動車のトランスミッショ
    ンやパワー・ステアリング用のセンサーあるいはICといっ
    た、半導体デバイス製品の販売が好調に推移した結果、売上
    高が従来予想を上回る見通しに)
    株価は3%超えの上昇で本日の取引を引け、続伸となっている。
    テクニカル面では、週足ベースの移動平均チャートにおいて、
    26週線(749円)が下値サポートとなり切り返し傾向。
    発表を好感して、13週線(810円)回復へ、上方向へのトレン
    ドを強めそうだ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    アクロディア<3823>
    終値358円(前日比+24円+7.18%)
    ラ・アトレ<8885>およびファイバーゲート<9450>との間で、
    IoTを活用した不動産開発についての業務協力に関する
    覚書を締結したと発表。
    
    MDV<3902>
    終値3960円(前日比+15円+0.38%)
    4/30を基準日として1対2株の株式分割を実施すると発表。
    
    EPS<4282>
    終値2131円(前日比+61円+2.94%)
    自社株取得枠の設定を発表し。上限を136万株(発行済み株数
    の2.95%)、または30億円としており、取得期間は4/2~12/20。
    
    セルシード<7776>
    終値1401円(前日比+30円+2.18%)
    細胞シート再生医療医薬品パイプラインの一つである移植用
    「軟骨再生シート」に関する基本特許が、欧州で成立する見
    通しとなったと発表。
    
    ピックアップ
    JCRファーマ
    終値4552円(前日比+310円+6.15%)
    現在開発を進めている血液脳関門通過技術「J-Brain
     Cargo」を適用した血液脳関門通過型ハンター症候群
    治療酵素製剤(開発番号「JR-141」)が、厚生労働省か
    ら「先駆け審査指定制度」の対象品目に指定されたと発表。
    (18年中に第2/3相臨床試験を開始し、19年には世界に先駆け
    て日本で製造販売承認申請をする予定)
    株価は本日、3日ぶり大幅反発。
    テクニカル面では、週足ベースの移動平均チャートにおいて、
    26週線(4951円)を下値サポートに反発したかっこう。
    発表を好感して、13週線(5412円)回復、上方向へのトレンド
    が強まると期待されれるところ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-27【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め10銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S YSフード<3358>、
    S ロコンド<3558>、
    S イーブック<3658>、
    S サイオス<3744>、
    S イメージ情報<3803>、
    一時S アルゴグラフ<7595>、
    S サンオータス<7623>、
    S カーディナル<7855>、
    一時S シルバライフ<9262>、
    S ファイバーG<9450>。
    
    ピックアップ
    サイオス<3744> ストップ高
    終値711円(前日比+100円+16.36%)
    昨日(26日)に、エピゲノムの情報解析およびソフトウェア・
    装置開発を手掛けるRhelixaと資本・業務提携したと
    発表。
    発表が好感され買われる展開、ストップ高で引けて、7日ぶ
    り大幅反発となった。
    テクニカル面では、移動平均線チャートにおいて、200日線
    (727円)が射程圏内、回復となれば、中長期で上昇トレンド
    転換へ。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S ニチダイ<6467>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    アイロムG<2372> 大幅続伸。
    終値3175円(前日比+140円+4.61%)
    14時頃、オウケイウェイヴ<3808>とアイロムG<2372>による
    シンガポールの医療ベンチャーLIFEX RESEARCHとの戦略的
    提携合意を発表。
    25日移動平均線(3071円)回復。
    
    産車体<7222> 大幅続伸。
    終値1127円(前日比+58円+5.42%)
    日足一目均衡表の雲(上限1088円)突破。
    
    カチタス<8919> 大幅続伸。
    終値3160円(前日比+140円+4.63%)
    25日移動平均線(3111円)回復。
    
    ピックアップ
    栗田工<6370> 大幅続伸。
    終値3430円(前日比+120円+3.62%)
    前日の米株市場で半導体関連が堅調に推移、東京市場でも半導
    体関連が買われる展開となり、当銘柄にも買いが入った。
    目先、日足一目均衡表の雲上限(3455円)突破、75日移動平均線
    (3488円)回復などで、上昇トレンド転換の見かた。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-03-27【東京市場概況】

    日経平均は大幅続伸(551円高) 連日で高値引け 国内外と懸念材
    料和らぎ
    
    朝方から米株の急反発を受けて全面高スタート。その後も、継
    続的に買いが入り、日経平均は前場のうちに21000円台を回復し
    て引けていた(前場終値21110.68円(344.58円高))。
    後場に入っても強い基調は続き、上げ幅は500円を超えて、昨日
    (26日)に続き、高値引けで本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+551.22円の21317.32円。
    
    東証1部の出来高は16億4385万株、
    売買代金は3兆2137億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1966銘柄、値下がり105銘柄、
    変わらず13銘柄。
    
    業種別では全33業種が上昇。
    値上がりトップは石油・石炭、ガラス・土石、卸売業。
    
    日経平均は先週末の大陰線を完全に吸収、僅かながらも200日移
    動平均線(21312円)も上回って引けた。
    明日は3月期企業の配当落ち分が、170円程度が見込まれており、
    横ばい推移としても配当落ち分の影響により、200日線を再び下
    回るだろう。
    ただ、配当落ち分の再投資による需給要因のほか、実質新年度
    相場入り、即日で配当落ち分を吸収し、200日線を明確に上回る
    動きがなどが見られる可能性もある。
    国内外と不透明感は完全に払拭された訳ではないが、過度な懸
    念は後退の流れ、戻し相場への期待は高まる見通しにある。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-27【東京市場前場概況と後場の見通し】

    日経平均は大幅続伸(344円高) 節目21000円回復して一段高
    
    前日の米株市場が大幅反発となったことなどを好感、日本株も朝
    方から買いが先行した。
    本日、最も注目された森友問題をめぐる佐川宣寿前国税庁長官の
    証人喚問においても、同氏は文書改ざんは理財局で対応し、首相
    や首相官邸の関与を否定、波乱が要因が無かったことも安心感に
    つながった。
    日経平均は、寄り付き直後を安値に、上げ幅を広げる展開、節目
    の21000円を上回ると一段高となり、21180.39円(414.29円高)ま
    で、値を上げる場面も見られた。
    
    日経平均前場終値は+344.58円の21110.68円。
    
    東証1部の出来高は6億8979万株、
    売買代金は1兆3306億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1843銘柄、値下がり194銘柄、
    変わらず44銘柄。
    
    業種別では全33業種が上昇。
    値上がりトップは不動産、ガラス・土石、非鉄金属。
    
    
    後場の見通し
    
    前場に日経平均は節目の21000円を突破、5日移動平均線(21093円)
    も回復している。
    ただ、ここからは、200日移動平均線(21311円)などを上値抵抗に
    控えており、強弱感が対立しやすく、戻り売りなどが強まってき
    やすい。
    明日は配当落ち分が170円程度と観測されている。結果的に200日
    線などが上値抵抗として意識されてしまうことになりそう。
    ただ、明日は配当落ち分の再投資のほか、実質新年度入りによる
    需給面での下支えが意識されやすい。
    足元の調整で値ごろ感もあるなかでは、このまま抵抗線を突破す
    る可能性もあり。
    後場は、そうした思惑から、もう一段高となるかが焦点。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-03-27【東京市場見通し】

    貿易戦争への懸念が後退して米株が大幅反発 日本株も買い先行
    
    前日の米株市場が米中の貿易戦争への懸念が後退して大幅反発。
    NYダウは669ドル高の上昇となった。
    米株が強い反発となったことで、日本株も買いが優勢の展開が
    期待される。
    前日の日経平均は、しっかり下を試してから反転。そして米株
    の大幅高を受けたということで、雰囲気としては良好だ。
    ただ、本日は佐川宣寿前国税庁長官の証人喚問。買い一巡後は、
    この行方を見極めたいとして、様子姿勢となりやすい。
    しかし、新たな問題が生じなければ、政治的なリスクが一端は
    和らぐかっこうとなり、再び買いが強まる展開となるだろう。
    日経平均は、節目21000円をうかがう展開が期待される。
    
    日経平均予想レンジは20700円-21050円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が105円台半ばでの推移。
    (26日終値105.06-07円)
    
    現在、ユーロ/円が131円台前半での推移。
    (26日終値130.09-13円)
    
    
    26日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって4日ぶり大幅反発。米中の貿易戦争激化懸念が
    やや後退、幅広い銘柄が買い戻された。
    フィナンシャル・タイムズが、中国が対米貿易黒字削減のため米
    国製半導体の輸入を増やすと提案したと報じた。
    また、ウォールストリート・ジャーナルが、米国の中国市場への
    アクセス向上のために協議を始めたと報じた。
    前週に大幅な下げていたこともあり、主要3指数ともに大幅な反
    発につながった。
    NYダウ終値は669.40の24202.60。
    S&P500は+70.29の2658.55。
    NASDAQは+227.88の7220.54。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-26【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    芝浦メカ<6590> 業績・配当修正発表。
    終値448円(前日比-5円-1.10%)
    18年3月期の連結経常利益を従来予想20億円から22.8億円に上
    方修正(前期は11.3億円)。
    期末一括配当を従来計画7円から8円に増額修正(前期は4円)。
    
    アルゴグラフ<7595> 業績・配当修正発表。
    終値3180円(前日比+105円+3.41%)
    18年3月期の連結経常利益を従来予想34.5億円から39.8億円に
    上方修正(前期は33.8億円)。
    今期の年間配当を従来計画66円から73円に増額修正(前期は66
    円)。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    チエル<3933>
    終値1584円(前日比+86円+5.74%)
    韓国Opticis社と戦略提携。Opticisが生産する光ファイバー
    技術を活用した映像・音声製品を日本国内で独占販売。
    
    ソルクシーズ<4284>
    終値978円(前日比+12円+1.24%)
    コメリグループにAI(人工知能)ビジネス活用ワークショップ
    を開始。
    
    ラオクリア<4579>
    終値1789円(前日比+43円+2.46%)
    旭化成ファーマと、新規P2X7受容体拮抗薬に関するライ
    センス契約を締結すると発表。
    
    HMT<6090>
    終値2312円(前日比+29円+1.27%)
    うつ病関連バイオマーカー測定試薬キットの有償提供を開始。
    
    名鉄<9048>
    終値2650円(前日比-6円-0.22%)
    中期経営計画を策定。21年3月期に営業利益500億円を目指す
    (18年3月期計画は455億円)。
    
    ピックアップ
    オンコリス<4588>
    終値819円(前日比+8円+0.98%)
    食道がんを対象として開発を進めている「テロメライシン」
    (OBP-301)の第1相臨床試験に関して、効果安全性
    評価委員会(DSMB)から、低用量群での安全性が確認さ
    れたとの報告を受け取ったと発表した。
    株価は先週末(23日)まで、7日続落と調整の流れにあったが、
    本日に反発。
    テクニカル面では、200日移動平均線(782円)近辺で調整が一
    巡した見かた。
    発表を好感した買いも入りやすく、このまま上昇トレンド転
    換へと期待。
    13週移動平均線(928円)回復などが、トレンド転換のメド。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-26【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め6銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S イーブック<3658>、
    一時S ジャストプラ<4287>、
    S バーチャレク<6193>、
    一時S サンオータス<7623>、
    S 山陽百<8257>、
    S SOU<9270>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S 鎌倉新書<6184>、
    S ニチダイ<6467>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    パピレス<3641> 大幅反発。
    終値1850円(前日比+112円+6.44%)
    日足一目均衡表の雲(上限1836円)突破。
    
    光通信<9435> 大幅反発。
    終値16310円(前日比+980円+6.39%)
    国内大手証券の目標株価大幅引き上げ。
    日足一目均衡表の雲(上限15730円)突破。
    
    ピックアップ
    ジェクシード<3719> 6日ぶり大幅反発。
    終値222円(前日比+35円+18.71%)
    明日3/27にRPAHD<6572>の上場が控えていることを背景
    に、RPA(ロボットによる業務自動化)関連銘柄への注目度が
    増してきているようだ。
    当銘柄は6日ぶりに大幅反発。テクニカル面では、25日移動
    平均線(176円)を下値サポートに反発したかっこうで、5日移
    動平均線(200円)も回復している。
    上昇トレンド転換との見かたから、続き堅調な展開が期待さ
    れる。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-03-26【東京市場概況】

    日経平均は反発(148円高) 後場、プラス転換から上げ幅拡げて高
    値引け
    
    先週末(23日)の米株市場が、米中貿易摩擦が懸念から大幅安とな
    ったことや、為替ドル/円が円高基調だったこともあり、日本株は
    売り優勢でのスタートなった。
    日経平均は一時、20347.49円(270.37円安)まで値を落とす場面が
    見られた。
    しかし、売り一巡後は、下げ幅を縮小、20500円を回復して、前
    場の取引を終えていた。
    後場に入ると、じわじわと下値を切り上げ、14時過ぎあたりに
    プラス圏に浮上すると上げ幅を拡大、3桁の上昇となり、本日の
    取引を終えた。
    日銀のETF(上場投資信託)買い観測、期末要因の売買などか
    ら、持ち直しの流れになった見かた。
    
    日経平均終値は+148.24円の20766.10円。
    
    東証1部の出来高は15億7728万株、
    売買代金は2兆8309億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1175銘柄、値下がり835銘柄、
    変わらず73銘柄。
    
    業種別では値上がりが23業種、値下がりが10業種。
    値上がりトップは鉱業、バルブ・紙、ゴム製品。
    値下がりは電気・ガス、海運、保険など。
    
    日経平均は自律反発の域ではあるが、本日に反発で終えたこと
    は、大きいと見られる。
    米中関係は落としどころがまだ見えないことへの不透明感など
    は残るが、明日は配当取りの最終日、その翌日には配当分の再
    投資による需給が下支えとなり、下値の堅さは意識されやすい
    だろう。
    国内では、森友問題をめぐって明日27日に佐川前国税庁長官の
    証人喚問を控えている。これも懸念材料の一つであったが、新
    たな問題が生じなければ、政局リスクが一時的には後退すると
    考えられる。
    アク抜け感から、今週は意外高となる可能性もありそうだ。
    日経平均は、上値抵抗に変わった21000円処を早期に回復でき
    るかが焦点となりそう。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-26【東京市場前場概況と後場の見通し】

    日経平均は続落(81円安) 米株安に円高で売り先行 一巡後は
    下げ渋り
    
    先週末(23日)の米株市場が、米中貿易摩擦が懸念から大幅安。
    また、為替ドル/円も円高基調にあっったことなどが嫌気され、
    週明けの日本株は売り優勢の展開となった。
    しかし、売り一巡後は下げ渋る展開、円高一服や時間外取引
    での米株価指数先物が上昇していることなどがを支えとなっ
    ているようだ。
    日経平均は一時、20347.49円(270.37円安)まで下落後、下げ
    幅を縮小、前場引けでは20500円を回復している。
    
    日経平均前場終値は-81.98円の20535.88円。
    
    東証1部の出来高は7億6182万株、
    売買代金は1兆3230億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり397銘柄、値下がり1630銘柄、
    変わらず55銘柄。
    
    業種別では値上がりが6業種、値下がりが27業種。
    値上がりはバルブ・紙、鉱業、ゴム製品など。
    値下がりトップは海運、電気・ガス、その他製品。
    
    
    後場の見通し
    
    米中関係は落としどころがまだ見えないことへの不透明感や、
    国内ででも森友問題をめぐって明日27日に佐川前国税庁長官
    の証人喚問を控えており、これも不透明感があり、積極的な
    買いが入りづらい。
    後場は、日銀のETF買い入れ等を下支えに、下げ渋る展開が
    続く見通しだが、戻りは限定されると見られる。
    ただ、後場に予想以上に戻す可能性もあるだろう。
    米先物がしっかりとした展開となるなか、明日27日の佐川
    前国税庁長官の証人喚問を通過することで、一端はアク抜
    けと意識した買いなどが入る可能性もある。
    
    
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-03-26【東京市場見通し】

    米株が大幅続落 日本株売り優勢の展開 日経平均は節目20000円
    意識か
    
    先週末(23日)の米株市場は下げ止まりとはならず、NYダウが424ド
    ル安となるなど大幅続落。
    為替ドル/円も円高基調が続いており、現在は104円台後半での推
    移となっている。
    週明けの日本株は、米株安や円高を嫌気した売りが続きそうだ。
    また、国内でも本日付けの日経新聞1面で内閣支持率が急落した
    との世論調査結果が報じられていることも悪材料。
    明日(27日)に佐川前国税庁長官の証人喚問が予定されており、
    押し目買いも入りづらいだろう。
    日経平均は下値を探る展開。ただ、節目20000円に接近するよう
    な場面では、さすがに下げ渋ると考える。
    売り一巡後、買い戻しや3月期末の配当権利取りなどで下落幅が
    縮小する可能性あるだろう。
    週ベースで考えると、前半は買いが入りづらいが、明日の佐川
    宣寿前国税庁長官の証人喚問で、新たな問題が生じなければ、
    政局リスクが一時的に後退、週半ばから後半は、アク抜け感が
    台頭する可能性はあると予想される。
    
    日経平均予想レンジは20000円-20600円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が104円台後半での推移。
    (先週末23日終値105.01-03円)
    
    現在、ユーロ/円が129円台後半での推移。
    (先週末23日終値129.39-43円)
    
    
    先週末23日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって大幅続落。
    朝方にそ、押し目買いや自立反発狙いの買いなどで、上昇する場
    面もあった。
    ただ、米国の中国に対する知的財産権問題を巡る課税に対し、中
    国が報復措置をとることを表明、貿易戦争への警戒感が高まって
    いることがあり、売り優勢の展開にあった。
    NYダウ終値は-424.69の23533.20。
    S&P500は-55.43の2588.26。
    NASDAQは-174.01の6992.67。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-23【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ピックアップ
    ヤマトインタ<8127> 業績・配当修正発表。
    終値611円(前日比-27円-4.23%)
    18年8月期の連結経常利益を従来予想6.4億円から9億円上
    方修正(前期は8.1億円)。
    9-2月期(上期)の連結経常利益従来予想3.6億円から6.2億
    円に上方修正(前年同期は5.3億円)。
    今期の年間配当を従来計画12円から19円に大幅増額修正
    (前期は12円)。
    株価は5日ぶりに反落となり、5日移動平均線(624円)を割
    れたが、発表を好感して、早期に同線を回復する見通し。
    調整を間逃れるかっこうとなり、上値を伸ばしそうだ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    アステラス薬<4503>
    終値1567.5円(前日比-54.5円-3.36%)
    2型糖尿病治療薬配合剤「スージャヌ配合錠」の国内製造
    販売承認取得。
    
    生化学<4548>
    終値1898円(前日比-91円-4.57%)
    腰椎椎間板ヘルニア治療剤「ヘルニコア椎間板注用1.25単
    位」(一般名:コンドリアーゼ、開発コード:SI-6603)の国
    内での製造販売承認を厚生労働省から取得したと発表。
    
    ピックアップ
    インタアクション<7725>
    終値963円(前日比-78円-7.49%)
    国内外の取引先から大口の受注を獲得したと発表。受注金
    額は2億1200万円で、19年5月期第1四半期に売り上げ計上
    を予定しているとのこと。
    株価は本日に大幅反落となり、週足ベースの移動平均チャ
    ートにおいて、13週線(998円)を割れた。
    ただ、この13週線は上向き、発表を好感して、早期に回復、
    上昇トレンドは維持される見通し。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-23【東京市場概況と来週の見通し】

    日経平均は大幅反落(974円安) 後場に一時は1000円超えの下落
    
    米株市場が、米中貿易摩擦への警戒から大幅続落となったことや
    為替ドル円も急速に円高方向振れたことが嫌気され、朝方から日
    本株は売られる展開となった。
    日経平均は、早々に3/5の安値(20937.26円)下回り、20827.92円
    (764.07円安)で前場の取引を終えていた。
    前場にはやや下げ渋る動きが見られていたが、後場は、週末要
    因や先行き不安から、買いも手控えられて、売りが売りを呼ぶ
    展開、警戒ムードが一段と強まり、日経平均の下落幅は一時、
    1000円を超えて、20500円台まで値を下げた(本日安値20559.61
    円(1032.38円安))。
    その後、やや持ち直したものの、ほぼ安値圏で本日の取引を終
    えた。
    
    日経平均終値は-974.13円の20617.86円。
    
    東証1部の出来高は19億1438万株、
    売買代金は3兆6039億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり29銘柄、値下がり2042銘柄、
    変わらず9銘柄。
    
    業種別では全33業種が下落。
    値下がりトップは機械、精密機器、非鉄金属。
    
    
    来週の見通し
    
    本日、日経平均は年初来安値を更新、また、終値で200日移動
    平均線(21301.86円)を割れた(3/5以来)。
    ただ、200日線は上向きにあり、早期に回復することが出れば、
    中長期的なトレンドは崩れていない見かたにある。
    米中貿易摩擦への警戒から大幅続落となった米株市場が今晩の
    取引で、下げ止まり、または下落幅が限定される動きなどが見
    られれば、本日の日本株の急落はイレギュラー、突発的なもの
    だったと判断され、週明けは買い戻される展開、日経平均は早
    期200日線回復となる可能はあるだろう。
    ただ、貿易戦争による世界景気へ懸念が後退しても、国内では
    27日に「森友学園」を巡る決裁文書の改ざん問題で、佐川宣寿
    ・前国税庁長官の証人喚問が予定されており、国内政治不安が
    手控え要因となる可能性がある。
    戻しを試す展開となっても、上値は重いと想定される。
    
    
    来週の日経平均予想レンジは20100円-21500円。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-23【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ITM<2148>。
    
    ピックアップ
    ITM<2148> ストップ高。
    終値757円(前日比+100円+15.22%)
    前日(22日)引け後に、ソフトバンク コマース&サービス(
    ソフトバンクC&S)との間で、クラウド製品をはじめとする
    IT製品の選択・導入に役立つ製品レビューメディア事業を
    目的とする合弁会社「アイティクラウド」を設立すると発
    表。(設立日は4/2の予定。ユーザーによる製品評価情報を
    集約し、適切な分析を加えることで、法人向けIT製品の選
    択・導入のための有用な情報源となることを目指すとのこ
    と)
    株価は4日ぶり大幅反発となり、ストップ高で大引け。
    テクニカル面でも、日足一目均衡表の雲(上限755円)突破
    となるなど、一段高が期待される。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S 石井表記<6336>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    デリカフーズ<3392> 大幅続伸。
    終値1527円(前日比+82円+5.67%)
    前日(22日)に、日全国農業協同組合連合会(JA全農)と業務
    提携したと発表。
    22日の取引では、一時ストップ高となった。
    本日も続き、好感した買いが入り、200日移動平均線(1541円
    )回復する場面が見られた。
    
    ホープ<6195> 大幅反発。
    終値1300円(前日比+41円+3.25%)
    前日(22日)に経済産業省資源エネルギー庁による小売電気事
    業者への登録が完了したことを受け、電力小売事業に本格参
    入すると発表。
    発表を好感して、200日移動平均線(1325円)を回復する場面
    が見られた。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-23【東京市場前場概況と後場の見通し】

    貿易戦争懸念から売られる展開 日経平均は大幅反落(764円安) 
    
    前日の米株市場が、米中貿易摩擦への警戒から大幅続落。また、
    為替ドル円も急速に円高方向振れたこともあり、日本株は、幅広
    い銘柄が売られる展開となった。
    日経平均は寄り付きを高値に下げ幅を拡大、早々に3/5の安値を
    20937.26円を下回ると20700円台まで下げる場面もあった(2745.
    51円(846.48円安))。
    その後は、やや持ち直して、前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-764.07円の20827.92円。
    
    東証1部の出来高は8億4174万株、
    売買代金は1兆5110億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり37銘柄、値下がり2030銘柄、
    変わらず13銘柄。
    
    業種別では全33業種が下落。
    値下がりトップは機械、精密機器、非鉄金属。
    
    
    後場の見通し
    
    米中貿易摩擦が懸念されて売られる展開となっているが、貿易
    戦争がエスカレートするような最悪の事態にはならないと思わ
    れる。
    ただ、来週には佐川前国税庁長官の証人喚問が予定されており、
    国内政治リスクに対する警戒感から押し目買いも入れづらい。
    後場も戻しは限定されそうだ。
    とはいえ、過剰反応と見れるなか、長期スタンスでの押し目買
    い、配当志向の物色などは入れやすいタイミングとも意識され
    そう。
    また、ETF買い入れが需給面での下支えとなる展開が期待され
    る。
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-23【東京市場見通し】

    大幅安スタート 日経平均は直近安値21000円近辺での攻防へ
    
    前日の米株市場が主要3指数そろって大幅続落(NYダウの下落幅は
    724ドル)。トランプ政権が知的財産権侵害で中国に報復関税を
    課す大統領令に署名したことで、貿易摩擦への警戒が強まった。
    また、為替ドル/円も現在、104円台後半での推移。朝方にマクマ
    スター大統領補佐官の更迭も伝わっており、円高を加速させて
    いる。
    本日の日本株は、米株安、円高を受けて、全面安スタートとな
    る見通し。
    日経平均は直近の安値水準節目21000円どころでの攻防が予想さ
    れる(前日終値21591.99円)。
    今年に入り、ここまで、21000円を割り込む場面では反転してい
    る。
    今回も期末要因からの買い戻し等が意識されるため、下値の堅
    さが意識される可能性はあるだろう。
    初動で大きく水準を切り下げたとしても、20900円近辺で下げ渋
    ると見られる。
    ただ、来週には佐川前国税庁長官の証人喚問が予定されており、
    国内政治リスクに対する警戒感からも売買は手控えらやすい。
    取引時間中にも一段と円高に振れる動きなどが見られれば、一
    段と下を試す展開も想定される。
    また、米国の通商問題が下げの要因のため、場中に大きく戻す
    展開は期待しづらくもある。
    まずは売り先行後の直近安値水準で底堅さを見極めが必要。
    
    日経平均予想レンジは20800円-21200円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が104円台後半での推移。
    (22日終値105.68-70円)
    
    現在、ユーロ/円が129円台前半での推移。
    (22日終値130.76-80円)
    
    
    22日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって大幅続落。
    トランプ米大統領が、中国の知的財産権侵害に対し、中国からの
    輸入品に年500億ドル(約5兆3000億円)の関税を科すと表明。
    中国が対抗措置を打ち出し、両国間で貿易摩擦が激化することが
    警戒されて、幅広い銘柄が売られる展開となった。
    NYダウ終値は-724.42の23957.89。
    S&P500は-68.24の2643.69。
    NASDAQは-178.61の7166.68。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-22【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ピックアップ
    キーウェア<3799> 業績・配当修正発表。
    終値1007円(前日比+67円+7.12%)
    18年3月期の連結経常利益を従来予想2億円から4億円に上方
    修正(前期は1.4億円)。
    期末一括配当を従来計画7円から8円に増額修正(前期は5円)。
    受注が好調に推移したことが売上高、利益を押し上げたとの
    こと。
    直近、5日移動平均線(990円)を割れるなど、短期的な調整が
    警戒されていたものの、本日(22日)の取引で早期に5日線を
    回復、昨年来高値1046円(3/15)更新、上値追いの展開が期待
    される。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    MDNT<2370>
    終値131円(前日比+3円+2.34%)
    独立行政法人国立病院機構との間で「成人T細胞白血病を対象
    とした樹状細胞ワクチン」の再生医療等製品としての製造販売
    承認取得を目的とした共同開発契約を締結。
    
    Oak<3113>
    終値296円(前日比±0円±0.00%)
    従来未定としていた18年3月期の期末一括配当を10円実施する
    方針に(前期5円)。
    
    テレ東HD<9413>
    終値2810円(前日比+22円+0.78%)
    2月単体売上高は前年同月比11.6%増。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-22【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S シンワワイズ<2437>、
    一時S デリカフHD<3392>、
    一時S プロシップ<3763>、
    一時S 免疫生物研<4570>、
    一時S フイルコン<5942>、
    S シンシア<7782>、
    一時S カーディナル<7855>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    インベスターC<1435> 大幅反発。
    終値2195円(前日比+145円+7.07%)
    前日(20日)に割れた25日移動平均線(2102円)を早期回復。
    
    ファンドグリ<3266> 大幅続伸。
    終値152円(前日比+14円+10.14%)
    一時、日足一目均衡表の雲(上限152円)突破。
    
    ピックアップ
    フライトHD<3753> 4日ぶり大幅反発。
    終値812円(前日比+83円+11.38%)
    映像や音楽コンテンツの管理・配信やモバイル型電子決済ソリュ
    ーションなどを手掛けており、アップルペイ関連として注目度の
    高い銘柄。
    また、ここのところは、人工知能(AI)分野へも積極的に展開して
    いる点などが注目されている。
    (子会社のフライトシステムコンサルティングはソフトバンクグ
    ループ<9984>の人型ロボット「ペッパー」のアプリ開発などを手
    掛けたジェナと業務提携)
    そんな当銘柄は本日に急騰。移動平均線チャートにおいて、200
    日線(853円)が射程圏内。
    200日線回復となれば、中朝長期で上昇トレンド転換と期待され
    るところ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-22【東京市場概況】

    日経平均は4日ぶり反発(211円高) 地合い改善で後場一段高に
    
    前日の米株市場が下落となっていたことなどから、朝方は売り優
    勢でスタートとなったものの、日経平均が早々にプラス圏に転換
    するなど、しっかりとした展開に。
    その後も、株価指数先物に買い戻しとみられる買いが入ったこと
    をキッカケに、日経平均は上げ幅を200円近くまで拡大した。
    しかし、戻り売りなどに押されて、伸び悩んで、前場の取引を終
    えていた(前場終値21461.49円(80.52円高))。
    後場に入ると、地合いの改善を好感した買いが続きじり高、日経
    平均の上げ幅を200円を超えて、引け間際に高値(21592.00円
    (211.03円高))をつけると、そのまま高値圏で、本日の取引を終え
    た。
    
    日経平均終値は+211.02円の21591.99円。
    
    東証1部の出来高は13億8548万株、
    売買代金は2兆6698億円。
    
    騰落銘柄数は、値上がり1304銘柄、値下がり689銘柄、
    変わらず84銘柄。
    
    業種別では値上がりが24業種、値下がりが9業種。
    値上がりトップは鉱業、石油・石炭、サービス。
    値下がりは空運、食料品、電気・ガスなど。
    
    日経平均は5日移動平均線(21586円)を僅かながらも回復して引け
    た。
    続き、25日移動平均線(21697円)を回復へと期待されるところ。
    期末要因に絡んだ商いが中心であり、方向感は掴みづらいところ
    であるが、期末接近による買い戻し、配当志向の物色を下支えと
    なる。
    懸念は、引き続き、国内政治リスクなど。来週には佐川前国税庁
    長官の証人喚問が予定されており、る警戒感から積極的な売買は
    手控えられるやすい。
    新興市場も本日はしっかりの展開。ジャスダックは5日ぶりに反
    発、マザーズは4日ぶりに反発となった。
    個別の物色意欲が見られるなか、商いが膨れてくれば、本格反騰
    へと期待が高まる。
    
    
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-03-22【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は4日ぶり反発(80円高) 買い一巡後は伸び悩み
    
    前日、FOMCを受けての米株市場が下落となっていたことなどが嫌
    気されて、日本株は売り優勢のスタートとなった。
    しかし、日経平均が早々にプラス圏に転換するなど、買い優勢に
    傾いた。
    株価指数先物に買い戻しとみられる買いが入ったことをキッカケ
    に、日経平均は上げ幅を拡大、節目21500円を上回る場面見られ
    た。(高値21577.57円(196.60円高))
    しかし、その水準では戻り売りなどに押されて、前場引けにかけ
    ては伸び悩んだ。
    
    日経平均前場終値は+80.52円の21461.49円。
    
    東証1部の出来高は6億9883万株、
    売買代金は1兆3066億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり864銘柄、値下がり1102銘柄、
    変わらず110銘柄。
    
    業種別では値上がりが13業種、値下がりが20業種。
    値上がりは鉱業、石油・石炭、サービスなど。
    値下がりトップは空運、証券・商品、保険。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均が反発と前場の取引を終えたのの、TOPIXが小幅ながら
    マイナスで引けており、日銀のETF買いなどが下支え要因となる。
    いっぽうで上値も戻りなどから重い展開が続く見通し。
    ただ、祝日前の日経平均は、午後に下げ幅を縮める展開にあっ
    た。
    本日の後場も、意外に強含みの展開となる可能性はありそうだ。
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-22【東京市場見通し】

    上値の重い展開 3月権利取りなど下支えも政治的なリスクが重し
    
    前日の米株市場は下落。注目されたFOMCは政策金利が0.25%引き上
    げられ、年内3回の利上げ見通しを維持、結果を受けて、NYダウは
    一時、250ドル上昇する場面があったが、その後に失速、マイナス
    圏で取引を終えた。
    FOMCを受けて、米株高、円安などの動きとならず、日本株にはネ
    ガティブな印象、休日明けの本日は売りが先行しそうだ。
    また、国内では佐川前国税庁長官の証人喚問が27日に行われる見
    通しにあり、引き続き政治リスクが意識されるところ。
    ただ、米株市場が急落、極端な円高といった動きにならなかった
    ことは、一定の安心材料となりそう。
    3月権利取りの駆け込み買いが相場を下支えとなりそうだ。
    その為、配当志向の物色が中心。
    その他、祝日前には見直し買いが見られていた中小型株の動向が
    注目される。
    
    日経平均予想レンジは21250円-21500円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が106円近辺での推移。
    (21日終値106.44-45円)
    
    現在、ユーロ/円が130円台後半での推移。
    (21日終値131.42-46円)
    
    
    21日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって下落。NYダウ、S&P500とNASDAQともに反落。
    注目されたFOMCでは市場予想通りに政策金利が0.25%引き上
    げられ、年内3回の利上げ見通しが維持された。
    2019年はこれまでの年2回利上げ見通しから年3回に引き上げ
    られたほか、経済見通しも引き上げられた。
    一部、今年4回の利上げ見通しも予想されていたため、年3回
    の利上げ見通しが維持されたことは安心感につながった。
    一方で、2019年の見通しが引き上げられたことで株式市場は
    上下に振れる展開となった。
    NYダウはFOMC結果公表後に250ドル高まで上昇する場面も見ら
    れたが、その後に売りに傾き、マイナス圏でこの日の取引を
    終えた。
    NYダウ終値は-44.96の24682.31。
    S&P500は-5.01の2711.93。
    NASDAQは-19.02の7345.29。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-20【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ピックアップ
    インプレス<9479> 業績・配当修正発表。
    終値232円(前日比-4円-1.69%)
    18年3月期の連結経常利益を従来予想1億円から1億5000万円
    に上方修正(前期700万円)。
    期末一括配当を従来計画0.5-1.5円から2.5円に増額修正(前
    期は0.6円)。
    株価は3/13に昨年来高値279円を付けてからは調整の流れ、
    今日まで5日続落となっている。
    テクニカル面では、移動平均線チャートにおいて、前日(19
    日)の取引で、25日線(241円)割れ、本日はその25日線が上
    値抵抗として意識されていた。
    発表を好感して、早期に25日線回復となれば、再びトレン
    ドは上方向へ。
    高値更新に向けた動きと期待されるところ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ケアネット<2150>
    終値987円(前日比+32円+3.35%)
    自社株買いを発表。(上限を19万1600株(発行済み株数の1.77%)、
    または2億円。取得期間は30年3/20~31年3/19)
    
    クロスマーケG<3675>
    終値545円(前日比-14円-2.50%)
    3/27付で東証マザーズから東証1部へ市場変更されることになっ
    た発表。
    
    シンシア<7782>
    自社株買いを発表。(上限を70万株(発行済み株数の10.20%)、
    または4億5000万円。取得期間は3/22~12/20)
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-20【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め3銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S ジェイテック<2479>、
    一時S Eストアー<4304>、
    一時S ヤマウ<5284>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ブイキューブ<3681> 反発。
    終値543円(前日比+18円+3.42%)
    日足一目均衡表の雲(上限532円)突破。
    
    日本郵政<6178> 大幅反発。
    終値1317円(前日比+44円+3.45%)
    前日(19日)に今期経常の上方修正発表。
    日足一目均衡表の雲(上限1296円)突破。
    
    センコーGHD<9069> 続伸。
    終値814円(前日比+24円+3.03%)
    日足一目均衡表の雲(上限772円)突破。
    
    ピックアップ
    MS-Japan<6539> 4日大幅続伸。
    終値6750円(前日比+210円+3.21%)
    前日(19日)に、運営する企業の管理部門と士業をつなぐポー
    タルサイト「Manegy(マネジー)」にて、新たなコンテンツと
    して、ニュースサービス「Manegy News(マネジーニュース)」
    の配信を開始を発表。
    (「Manegy(マネジー)」は、企業の管理部門と弁護士や公認
    会計士、税理士などの士業資格者を対象に、経理・財務・人
    事・総務・法務・経営企画などの管理領域に関する業務上有
    用な専門情報を横断的に掲載した総合的なコミュニケーショ
    ンプラットフォーム)
    発表を好感した買いが向かい、株価は大幅に4日続伸。
    テクニカル面では日足一目均衡表の雲(上限6740円)突破とな
    り、一段高が期待される。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-20【東京市場概況】

    日経平均は3日続落(99円安) 売り一巡後は下げ渋り 後場に下げ
    幅縮小
    
    前日の米株市場が大幅に下落。それを受けて日本株も朝方から
    売りが先行した。
    日経平均は一時、21223.97円(256.93円安)まで下落する場面が
    あったものの、売り一巡後は、3月期末の配当権利取りなどの
    買いが入り下げ渋る動き、後場に入ると、じりじりと下げ幅を
    縮めた。
    ただ、明日が祝日、20-21日開催の米FOMC(米連邦公開市場委員
    会)を見極めたいとの様子見姿勢は強く、戻りの勢いは限定され
    た。
    
    日経平均終値は-99.93円の21380.97円。
    
    東証1部の出来高は11億8168万株、
    売買代金は2兆2559億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり947銘柄、値下がり1025銘柄、
    変わらず101銘柄。
    
    業種別では値上がりが17業種、値下がりが16業種。
    値上がりは電気・ガス、証券・商品、保険など。
    値下がりは医薬品、電気機器、小売りなど。
    
    日経平均は取引時間中には一時割れたものの、200日移動平均線
    (21287円)を終値では維持、いっていの底堅さを示したかっこう
    となった。
    ただ、上値は、25日移動平均線(21678円)、5日移動平均線(2161
    8円)が抵抗線して意識される。
    この25日線と5日線はデットクロスとなり、チャート形状は悪化
    している。
    チャート形状の悪化が気になるところでもあり、目先は、米FOM
    Cや国内政治の先行き次第。
    下値サポートの200日線を割れるようなら、年初来安値20937.26
    円(3/5)が意識されてくるところ。
    ただ、中小型株に関しては、前日(19日)の取引で、下げが目立
    ったが、本日の取引では、見直される動きが見られた。
    配当や優待を意識した物色、材料株などへは買いが向かい、個
    別では底堅さが意識される見通し。
    
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-03-20【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は米株安など受けて大幅3日続落(211円安) 下値で
    はやや下げ渋り
    
    前日の米株市場が大幅に下落。それを受けて日本株も売り優勢
    の展開となった。
    日経平均は一時、21223.97円(256.93円安)まで押す場面があっ
    た。
    ただ、売り一巡後は、3月期末の配当権利取りなどの買いが入
    り下げ渋る動き。
    しかし、明日が祝日、20-21日開催の米FOMC(米連邦公開市場委
    員会)を見極めたいとの様子見姿勢も強く、戻りは限定され、
    前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-211.97円の21268.93円。
    
    東証1部の出来高は5億9337万株、
    売買代金は1兆1185億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり552銘柄、値下がり1434銘柄、
    変わらず87銘柄。
    
    業種別では値上がりが9業種、値下がりが24業種。
    値上がりは電気・ガス、保険、証券・商品など。
    値下がりトップは電気機器、化学、精密機器。
    
    
    後場の見通し
    
    後場は日銀のETF買い入れへの思惑などから、底堅い展開が期待
    される。
    昨日下げのきつかった中小型株は、前場も売り優勢にあったが、
    下げ渋る動きをみせている。
    日経平均がいっていの底堅さを示していれば、中小型株への買
    いは入りやすいだろう。
    また、保険や証券、銀行といった金融セクターといったディフ
    ェンシブ寄りの一角が小じっかり、米利上げ加速への思惑等か
    ら、買い戻す流れが意識されそう。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-20【東京市場見通し】

    売り優勢の展開 米株が大幅安 また、休日前で手控え 下値模索
    か
    
    前日の米株市場が大幅下落。個人データの不正使用が報じられ
    たフェイスブックがなどを中心に大幅安、NYダウは300ドルを超
    える下げとなった。
    米株安を受けて、日本株も売り優勢の展開が予想される。
    もともと、米FOMCなど注目イベント、祝日前で、買いが手控え
    られやすいところにあり、先物主導で強く売りに押される可能
    性がある。
    日経平均は200日移動平均線(21278円)が下値サポートと考える
    が、押し目買いなどが入りにくタイミングのなか、割れれば、
    年初来安値(20937.26円(3/5))水準、21000円近辺まで押す可能
    性もあるだろう。
    
    日経平均予想レンジは21000円-21400円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が106円近辺での推移。
    (19日終値105.90-91円)
    
    現在、ユーロ/円が130円台後半での推移。
    (19日終値129.90-94円)
    
    
    19日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって大幅に下落。
    大量の個人データが不正に使用されたと報道されたフェイスブッ
    クが急落。(英調査会社ケンブリッジ・アナリティカがフェイス
    ブックから約5000万人分の個人データを不正に入手、2016年の
    米大統領選でトランプ氏が有利になるよう使用されたとの報道)
    その他、21日のFOMC結果公表を控えて、手控えムードも加わり、
    ほぼ全面安となった。
    NYダウ終値は-335.60の24610.91。
    S&P500は-39.09の2712.92。
    NASDAQは-137.74の7344.24。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-19【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    大紀<アルミ> 業績・配当修正発表。
    終値739円(前日比-31円-4.02%)
    18年3月期の連結経常利益を従来予想60億円から65.5億円に上方
    修正(前期46.8億円)。
    今期の年間配当を従来計画16円から18円に増額修正(前期14円)。
    
    日本郵政<6178> 業績・配当修正発表。
    終値1273円(前日比-6円-0.46%)
    18年3月期の連結経常利益を従来予想7800億円から8900億円に上
    方修正(前期7952億円)。
    従来50円を計画していた今期の年間配当を未定に変更。
    
    全国保証<7164> 業績・配当修正発表。
    終値4530円(前日比-95円-2.05%)
    18年3月期の経常利益(非連結)を従来予想295億円から315億円に
    上方修正(前期290億円)。
    期末一括配当を従来計画74円から79円に増額修正(前期は62円)。
    
    ピックアップ
    サイバーS<3810> 業績修正発表。
    終値3905円(前日比-85円-2.13%)
    18年5月期の連結経常利益を従来予想4.5億円から6.5億円に上方
    修正(前期3.6億円)。
    (現在サービス中のタイトルである「オンラインクレーンゲーム
    ・トレバ」において平成30年1月に当社コーポレートサイトにて
    ニュースリリースいたしました大規模な増床、筐体の増台の効果
    により好調に推移し、その結果、各段階利益において前期比・計
    画比で増加の見込みとなったとのこと)
    テクニカル面での目先の焦点は、週足の一目均衡表において、
    雲(上限4142円)突破となるかどうか。
    発表を好感して、雲突破を試す展開へ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ルーデン<1400>
    終値633円(前日比+20円+3.26%)
    上海長喜グループと、訪日中国人向け研修・不動産見学ツアー
    や総合オフィス装飾事業で業務提携。
    
    アスカネット<2438>
    終値1431円(前日比-35円-2.39%)
    Dスキャナーの開発・販売を行うベンチャー企業VRCと資本
    ・業務提携すると発表。
    
    岡三<8609>
    終値664円(前日比-7円-1.04%)
    従来未定としていた18年3月期の期末一括配当は25円実施する方
    針に(前期は25円)。
    
    東海東京<8616>
    終値768円(前日比-4円-0.51%)
    従来未定としていた18年3月期の年間配当は38円実施する方針に
    (前期は26円)。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-19【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め6銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ドーン<2303>、
    一時S 新都HD<2776>、
    S 仙波糖化<2916>、
    S DDS<3782>、
    S FCM<5758>、
    一時S カーディナル<7855>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め3銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S マネフォ<3994>、
    一時S ニチダイ<6467>、
    一時S MSアジア<8682>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    PATH<3840> 大幅反発。
    終値159円(前日比+5円+3.24%)
    先週末(16日)に旅行業を手掛ける子会社パス・トラベルを、
    3/29付で市進HD<4645>に譲渡すると発表、発表を好材料視。
    一時、日足一目均衡表の雲(上限163円)を突破する場面など
    が見られた。
    
    ピックアップ
    アルテック<9972> 大幅反発。
    終値406円(前日比+50円+5.26%)
    直近、無人レジ関連銘柄として注目度が増し、堅調な展開
    にある当銘柄。
    本日、日足一目均衡表の雲(上限385円)突破、直近高値406
    円(15日)を超えて上振れる場面などがあり、終値も直近の
    高値水準で引けている。目先、一段の上振れに期待。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-19【東京市場概況】

    日経平均は大幅続落(195円安) 国内政治リスク警戒で売られる展
    開に
    
    先週末(16日)の米株市場は上昇となっていたなど、外部環境は悪
    くなかった。
    しかし、国内報道各社の世論調査で内閣支持率が急落するなど、
    国内政治へのリスクが警戒されて、売り優勢の展開となった。
    日経平均は寄り付きから3桁の下落、一時は300円超えの下落幅と
    なる場面があった(安値21366.88円(309.63円安))。
    その後はやや持ち直して、前場の取引を21438.22円(193.29円安)
    で引けていた。
    後場も続き、軟調ではあったものの、前場の高安の範囲内での推
    移。
    日銀のETF(上場投資信託)買い期待などで下げ渋ったいっぽう
    で、戻りも限定的された。
    
    日経平均終値は-195.61円の21480.90円。
    
    東証1部の売買代金は2兆1678億円。
    出来高は12億663万株。
    
    騰落銘柄数は値上がり311銘柄、値下がり1710銘柄、
    変わらず50銘柄。
    
    業種別では値上がりが1業種、値下がりが32業種。
    値上がりは鉱業のみ。
    値下がりトップはバルブ・紙、精密機器、証券・商品。
    
    東証1部の売買代金は今年最低を記録。国内政治情勢への不安が広
    がるなか、今週は米FOMC(米連邦公開市場委員会)などイベントも
    多く、東京市場は21日が祝日、動きづらい週明けの取引だった。
    日経平均は、25日移動平均線(21674円)を割れているが、200日移
    動平均線(21278円)を維持。200日線を下値サポートに踏ん張りを
    見せれるかといったところ。200日線を割れた場合、年初来安値
    20937.26円(3/5)が視野に入ってくる。
    本日は新興市場も軟調な展開、JASDAQは3日続落となり、マザーズ
    は続落。
    新興市場も国内政治リスクが重しとなったかっこうだが、主力処
    よりは外部環境の影響を受けにくく、下げたところでは買いが入
    りやすいだろう。
    
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-03-19【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続落(193円安) 国内政治リスク警戒で売り優勢
    
    先週末(16日)、米株市場が上昇するなど外部環境は悪くなかたも
    のの、国内政治リスク警戒で売り優勢の展開に。
    日経平均は寄り付きから3桁の下落となり、一時は下げ幅を縮め
    る動きが見れたものの、森友問題に関する参院予算委員会の集
    中審議が並行して行われる中、売りが売りを呼ぶ展開となり、
    300円超下げる場面もあった。(安値21366.88円(309.63円安))
    その後はやや持ち直したものの、節目の21500円は下回って前
    場を終えた。
    
    日経平均前場終値は-193.29円の21438.22円。
    
    東証1部の出来高は6億574万株、
    売買代金は1兆846億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり313銘柄、値下がり1704銘柄、
    変わらず54銘柄。
    
    業種別では値上がりが3業種、値下がりが30業種。
    値上がりは鉱業、電気・ガス、石油・石炭のみ。
    値下がりトップはバルブ・紙、精密機器、電気機器。
    
    
    後場の見通し
    
    国内政治リスクへの警戒から、日経平均は下値サポートと意識さ
    れていた25日移動平均線(21674円)を割り込んだ。
    後場は日銀のETF買い入れへの思惑がやや下支えとして意識され
    る面はあるが、テクニカル面での悪化もひびき、積極的な買いは
    入りづらい、後場も上値の重い展開が続きそうだ。
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-19【東京市場見通し】

    方向感欠ける展開か 米株高好感も政治リスクがくすぶり上値重
    い
    
    先週末(16日)の米株市場は主要3指数そろって上昇した。米株高を
    好感して、日本株も買い優勢の展開と期待したいとところだが、
    様子見姿勢強く、方向好感に欠ける展開が予想される。
    国内で森友問題が長期化しており、本日から参院予算委員会で同
    件に関する集中審議が開催される。
    伝わってくる報道によって、日経平均など指数は薄商いのなか、
    先物主導で、敏感に反応することが予想され、荒い値動きに注意
    したいところ。
    
    日経平均予想レンジは21400円-21700円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が106円近辺での推移。
    (先週末16日終値105.65-66円)
    
    現在、ユーロ/円が130円台前半での推移。
    (先週末16日終値130.13-17円)
    
    
    先週末16日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって上昇。NYダウは続伸、S&P500は、5日ぶりに反
    発、NASDAQは4日ぶりに反発。
    発表された経済指標が好感された。(2月米鉱工業生産指数が前月
    比1.1%増(市場予想平均は0.4%)、3月ミシガン大学消費者信頼感指
    数が102.0(市場予想平均の99.3))。
    ただ、トランプ米大統領が、マクマスター大統領補佐官を解任す
    る意向にあると報じられたことや、中国との貿易摩擦への警戒感
    から、上値は限定された。
    NYダウ終値は+72.85の24946.51。
    S&P500は+4.68の2752.01。
    NASDAQは+0.25の7481.99。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料
    メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-16【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    オハラ<5218> 決算発表。
    終値2744円(前日比-10円-0.36%)
    18年10月期第1四半期(17年11月-18年1月)の連結経常利益は
    5.4億円(前年同期比2.2倍)。
    
    ビジョナリー<9263> 決算発表。
    終値70円(前日比±0円±0.00%)
    18年4月期第3四半期累計(17年5月-18年1月)の連結経常利益
    は3.8億円(前年同期比4.0倍)。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    大豊健<1822>
    終値614円(前日比-1円-0.16%)
    18年3月期の期末一括配当を従来計画12円から15円に増額修
    正(前期は9円)。
    
    仙波糖化<2916>
    終値820円(前日比+60円+7.89%)
    18年3月期の期末一括配当を従来計画10円から12円に増額修
    正(前期は10円)。
    
    水戸証<8622>
    終値408円(前日比-1円-0.24%)
    従来未定としていた18年3月期の年間配当は20円実施する方
    針に(前期は7円)。
    
    ピックアップ
    桧家HD<1413>
    終値3015円(前日比+17円+0.56%)
    3/23付で東証2部から東証1部へ指定されることになったと
    発表。
    桧家HD<1413>は注文住宅主体の住宅メーカー。18年12月期
    連結業績予想は、売上高1180億円(前期比12.4%)、経常利
    益98億円(同8.3%増)を見込んでいる。
    株価は小幅なら4日続伸。25日移動平均線(2846円)や5日移
    動平均線(2945円)に沿う形で上昇中。
    発表を好感して、目先は昨年来高値3080円(18/2/26)更新
    から上値追いの展開に期待。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-16【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め3銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ドーン<2303>、
    S 富士山MS<3138>、
    S バロック<3548>。
    
    ピックアップ
    ドーン<2303> S高。
    終値1433円(前日比+254円+21.54%)
    16日の日本経済新聞が「ドローンの商用化へ政府が動き出す。
    今夏に離島や山間部で荷物を運べるようにするほか、国土交
    通省は2020年以降の都市部での本格解禁をめざし検討に入る」
    と報じた。
    これにより、ドーン<2303>などドローン関連銘柄へ買いが向
    かった。
    株価は大幅反発。ストップ高(1479円)で大引け。
    移動平均線チャートにおいて、200日線(1372円)回復した。
    
    バロック<3548> S高。
    終値1051円(前日比+150円+16.64%)
    前日(15日)発表の決算を好感。(18年1月期の連結経常利益は
    25.5億円(前期比52.5%減)だったものの、19年1月期は47.8億
    円(前期比87.0%増)とV字回復見通し)
    株価は大幅反発。ストップ高で大引け。移動平均線チャート
    において、200日線(1039円)回復。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S フェイスNW<3489>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    バンナムHD<7832> 大幅続伸。
    終値3620円(前日比+140円+4.02%)
    日足一目均衡表の雲(上限3562円)突破。
    
    ピックアップ
    ネクトウェア<4814> 大幅続伸。
    終値422円(前日比+39円+10.18%)
    株価は変わらずを挟んで4日大幅続伸。
    テクニカル面では、週足ベースの移動平均チャートに注目。
    ここまで調整の流れにあったが、26週線(364円)近辺で底堅く
    推移、調整が一巡感が漂っていたなか、今週に13週線(395円)
    を回復となり、上昇トレンド転換の見かた。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-16【東京市場概況と来週の見通し】

    16日概況 日経平均は反落(127円安) 朝高後い売りに転換も下値
    底堅さあり 
    
    朝方の日本株は買い優勢、前日の米株市場でNYダウが上昇となっ
    たことなどが好感された。
    しかし、その後は、為替ドル/円が円高方向に振れたことを要因
    に、売り優勢に転換。
    日経平均は後場に、21632.85円(171.10円安)まで下押す場面が
    見られた。
    ただ、その後は、大引けまでいっていの底堅さを示して下げ渋
    る展開となった。
    
    日経平均終値は-127.44円の21676.51円。
    
    東証1部の出来高は13億8806万株、
    売買代金は2兆7098億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり705銘柄、値下がり1277銘柄、
    変わらず88銘柄。
    
    業種別では値上がりが11業種、値下がりが22業種。
    値上がりは陸運、バルブ・紙、水産・農林など。
    値下がりトップは電気・ガス、電気機器、繊維製品。
    
    
    来週の見通し
    
    相場の雰囲気としては日経平均が25日移動平均線(21670円)を下
    値サポートに底堅く推移するなど悪くない。
    来週も下値は底堅いと期待される。
    ただ、日本や米国の政治情勢を巡る先行き不透明感が懸念材料。
    また、米FOMC((連邦公開市場委員会)(3/20、3/21(結果発表)))
    を控えていることや、祝日を挟むこともあり、薄商いが見込ま
    る。
    そんななか、日米の政治情勢に関する報道により、振幅が大き
    くなる場面が想定され、不安定な地合いとなりそうだ。
    基本的には引き続き、中小型株を中心とした個別物色の展開が
    予想されるところ。
    
    来週の日経平均予想レンジは21000円-22500円。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-16【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落(53円安) 買い先行後に下げに転換 円高が重
    しに
    
    前日の米株市場でNYダウが上昇となったことなどから、日本株は
    買い優勢でスタート。
    しかし、その後は、為替ドル/円が円高方向に振れたことを要因
    に、売り優勢の展開となった。
    日経平均は一時、21700.74円(103.21円安)まで下押す場面が見
    られた。
    売り一巡後は、下げ渋る動きが見られたものの、戻りは限定さ
    れ、前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-53.36円の21750.59円。
    
    東証1部の出来高は4億8875株、
    売買代金は9907億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり863銘柄、値下がり1090銘柄、
    変わらず112銘柄。
    業種別では値上がりが16業種、値下がりあが17業種。
    値上がりは非鉄金属、その他金融、倉庫・運輪など。
    値下がりは電気・ガス、精密機器、鉱業など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は買い先行後に売りに傾いたものの、テクニカル的には
    25日移動平均線(21673円)を上回る水準で底堅いと見れる。
    後場も、日銀のETF買い入れ期待などから、下値の底堅い展開が続
    く見通し。
    ただ、米中貿易摩擦への警戒や森友スキャンダルによる国内の政
    治リスクへの警戒感から、上値の重さも変わらないだろう。
    そういったなか、中小型株へ物色は向かいやすいが、週末要因な
    どから、売り優勢にある。後場も基本的にはその流れが続く見通
    し。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-16【東京市場見通し】

    好悪ともに材料に乏しく方向感欠ける展開か 物色は中小型株へ
    
    前日の米株市場はまちまち。NYダウの下げは一服、NASDAQは下落も
    ほぼ横ばいだった。
    為替ドル/円は現在、106円台前半での推移と前日(15日)の水準とほ
    ぼ変わらず。
    本日の日本株は好悪ともに材料に欠けるなか、為替や米株の動向
    を意識した展開が予想される。
    NYダウが下げ一服となったのは好感材料。また、ドル/円も106円前
    半、この水準での推移が続けば、売り材料とはならないだろう。
    日経平均は前日(15日)の取引で一時は下値サポートと意識される
    25日移動平均線(21678円)を割れたが終値では維持、同線が続きサ
    ポート線として意識される見通しであり、維持する時間が続け
    ば、上振れが期待されるところ。
    また、売り方の買い戻しが指数をじわじわ押し上げる展開が想定
    される。
    物色に関しては、中小型株優勢の展開が続く見通し。業績や個別
    材料、値ごろ感からの水準訂正の動きに期待。
    
    日経平均予想レンジは21700円-21900円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が106円台前半での推移。
    (15日終値106.08-09円)
    
    現在、ユーロ/円が130円台後半での推移。
    (15日終値132.21-25円)
    
    
    15日の米株市場概況
    
    主要3指数は高安まちまち。NYダウは4日ぶり反発、S&P500は小幅に
    4日続落、NASDAQは3日続落もほぼ横ばいとなった。
    取引時間前に発表された米3月NY連銀製造業景況指数や米2月輸入
    物価指数が強い結果となり、買い優勢の展開となった。
    しかし、午後に入ると上値の重い展開。NYダウは一時、295ドル高
    まで上昇も115ドル高と上昇幅を縮小して取引を終えた。
    NYダウ終値は+115.54の24873.66。
    S&P500は-2.15の2747.33。
    NASDAQは-15.07の7481.74。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-15【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    プロパティ<3464> 業績・配当修正発表。
    終値1412円(前日比-37円-2.55%)
    18年3月期の経常利益(非連結)を従来予想10.5億円から11億
    円に上方修正(前期9.3億円)。
    期末一括配当を従来計画10円から13円に増額修正(前期は1対
    2の株式分割前で27円)。
    
    トリケミカル<4369> 決算発表。
    終値5320円(前日比+110円+2.11%)
    18年1月期の経常利益(非連結)は16.2億円(前期比66.4%増)。
    19年1月期は19.4億円(前期比19.6%増)、4期連続で過去最高
    益を更見通し。
    今期の年間配当は26円(前期比5円増)の方針。
    
    Mマート<4380> 決算発表。
    終値4515円(前日比+40円+0.89%)
    18年1月期の経常利益(非連結)は1.1億円(前期比2.3倍)。 
    19年1月期は1.7億円(前期比49.6%増)を見込み、3期連続で
    過去最高益更新通し。
    
    明豊エンター<8927> 決算発表。
    終値1001円(前日比-5円-0.49%)
    18年7月期第2四半期累計(17年8月-18年1月)の連結経常利
    益は12.5億円(前年同期比5.7倍)と従来予想9億円を上回っ
    て着地。
    通期の同利益を従来予想20億円から23億円に上方修正(前
    期は5.3億円)。
    
    ピックアップ
    長谷工<1808> 業績・配当修正発表。
    終値1540円(前日比-20円-1.28%)
    18年3月期の連結経常利益を従来予想950億円から1000億円に
    上方修正(前期は888億円)。
    今期の年間配当を従来計画40円から50円に増額修正(前期は
    30円)。
    株価は1/25に昨年来高値1853円を付けてから、調整の流れ。
    週足ベースの移動平均チャート52週線(1499円)まで値を下
    げたところで底堅い展開となっており、調整一巡感が漂っ
    ていた。
    発表を好感して、目先は26週線(1654円)、13週線(1673円)
    回復を試す展開、回復となれば、上昇トレンド転換。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ヤマト<1967>
    終値797円(前日比+14円+1.78%)
    18年3月期の期末一括配当を従来計画10円から12円に増額
    修正(前期は10円)。
    
    フルテック<6546>
    終値1607円(前日比+42円+2.68%)
    3/22付で東証2部から東証1部市場へ指定されることになっ
    たと発表。
    
    ピックアップ
    力の源HD<3561>
    終値2024円(前日比-4円-0.19%)
    3/22付で東証マザーズから東証1部へ市場変更することにな
    ったと発表。
    (博多ラーメン専門店「一風堂」を中核に国内外で飲食店を
    多数展開。18年3月期連結業績予想は、売上高245億800万円
    (前期比9.3%増)、経常利益9億3000万円(同72.5%)を見込ん
    でいる)
    株価は本日こそ小幅に下落となっているものの、前日(14日)
    まで、5日続伸としっかりの展開。
    週足ベースの移動平均チャートの13週線(2029円)回復を試す
    展開にある。
    発表を好感して13週線回復へ、上昇トレンド転換と期待。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-15【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 富士山MS<3138>、
    S アクセルM<3624>、
    S enish<3667>、
    S アルファクス<3814>、
    S エムケー精工<5906>、
    一時S カーディナル<7855>、
    一時S AGP<9377>、
    一時S PCA<9629>、
    一時S リリカラ<9827>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S 日本フォーム<7869>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    神戸物産<3038> 大幅反発。
    終値4645円(前日比+315円+7.27%)
    前日(14日)発表の決算を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限4520円)突破。
    
    黒崎播磨<5352> 大幅反発。
    終値5290円(前日比+445円+9.18%)
    前日(14日)引け後に中期計画発表。
    経常利益目標120億円とする中期計画策定。
    25日移動平均線(5004円)回復。
    
    メタップス<6172> 大幅反発。
    終値2827円(前日比+287円+11.39%)
    グループ子会社のpringが提供するお金コミュニケーショ
    ンアプリ「pring(プリン)」が、みずほ<8411>、東邦銀行
    <8346>が共同で取り組むキャッシュレス決済促進に関す
    る構想の実現性を検証する実証実験において採用される
    ことが決定したと前日(14日)に発表。
    日足一目均衡表の雲(上限2788円)突破。
    
    丸井G<8252> 大幅反発。
    終値2095円(前日比+144円+7.38%)
    日足一目均衡表の雲(上限1972円)突破。
    
    ピックアップ
    IGポート<3791> 3日大幅続伸。
    終値3390円(前日比+45円+1.34%)
    3/5の昨年来高値(4435円)から調整の流れにあり、直近は
    25日移動平均線(3460円)を割れた水準での推移。
    本日も終値では25日線回復とはならなかったものの、取
    引時間中には、25日線を回復するなど、徐々に調整が一
    巡感は高まってきている。
    目先、25日線を明確に上抜け、再び上昇トレンド入り、
    上値追いの展開に期待。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-15【東京市場概況】

    日経平均は小反発(26円高) 後場にプラスに転換 上値は限定的
    
    前場は米株安や円高を重しに売り優勢の展開。日経平均一時、
    21555.49円(221.80円安)まで値を下げる場面も見られていた。
    しかし、売り一巡後は下げ渋る動き、下げ幅を縮小して、前
    場終り時点での日経平均の下落幅は102円まで縮めていた。
    後場に入ると、日銀のETF買い入れへの思惑などから、プラス
    圏に転じた。
    ただ、一段と上値を追うには、手掛かり材料に欠けて、伸び
    悩む展開となった。
    
    日経平均終値は+26.66円の21803.95円。
    
    東証1部の出来高は11億7463万株、
    売買代金は2兆2350億円。
    
    騰落銘柄数は、値上がり759銘柄、値下がり1214銘柄、
    変わらず98銘柄。
    
    業種別では値上がりが13業種、値下がりが20業種。
    値上がりはその他製品、電気・ガス、小売りなど。
    値下がりトップは海運、石油・石炭、繊維製品。
    
    日経平均の下値は25日移動平均線(21678円)がサポート。明日
    以降も同線が下値メドとして意識されそうだ。
    上値は手掛かり材料に欠けるなか、海外市場の動向次第、節
    目22000円が抵抗線と意識される。
    米株市場でNYダウは前日まで大幅に3日続落、今晩は自律反発
    が意識されてよいところ。
    米株が堅調な展開となれば、本日の底堅さを見るかぎり、日
    経平均も素直に上昇、節目22000円回復を試す展開へ。
    引き続き、米株が不安定な動が続けば、外部環境の影響を受
    けにくい新興市場、中小型株への物色が続く見通し。
    本日も、ジャスダックこそ反落もマザーズは3日続伸だった。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-03-15【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続落(102円安) 一時220円超えの下落もその後は
    下げ渋り
    
    前日の米株市場が下落。また、為替ドル/円も円高方向にあったこ
    となどから、本日の日本株は売りが先行した。
    日経平均一時、21555.49円(221.80円安)まで値を下げる場面があ
    った。
    材料難からの買い手控えやドル/円が105円台まで円高方向に振れた
    ことが要因と見られるが、売り一巡後は下げ渋る動きとなってお
    り、前場の取引は102円安で終えている。
    
    日経平均前場終値は-102.81円の21674.48円。
    
    東証1部の出来高は5億8301万株、
    売買代金は1兆679億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり506銘柄、値下がり1489銘柄、
    変わらず75銘柄。
    
    業種別では値上がりが7業種、値下がりが26業種。
    値上がりはその他製品、サービス、電気・ガスなど。
    値下がりトップは海運、石油・石炭、水産・農林。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は下値サポートと意識される25日移動平均線(21673円)を
    割れる場面も見られたが、売り一巡後は、同線近辺での推移、い
    っていの底堅さを示していると見れる。
    後場は、日銀のETF買い入れへの思惑などもあり、引き続き、下げ
    渋る展開が期待される。
    新興市場は、ジャスダックがマイナス圏で前場の取引を終えてい
    るものの、マザーズがプラス圏、中小型株への物色は続いている
    ようだ。
    中小型へ資金が向かいやすい展開に変わり無く、物色意欲の強さ
    がうかがえる。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-15【東京市場見通し】

    米株安などを受けて売り先行も一巡後は底堅さが意識される見通
    し
    
    前日の米株市場は中国との貿易戦争への懸念が重しとなり下落。
    米株安を受けて、日本株も売りが先行する見通しだ。
    ただ、ハイテク中心のNASDAQの下落が小幅だったことや、半導体
    関連株が底堅さを示していたことがあり、東京市場でも関連株が
    下値を支える展開、日経平均ふくめた指数は売り一巡後は下げ渋
    る動きとなるだろう。
    下値が底堅いいっぽうで上値も重い展開。外部要因に加えて、国
    内では財務省による決裁文書書き換え問題に端を発した政治動向
    への懸念が重し。
    
    日経平均予想レンジは21650円-21900円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が106円台前半での推移。
    (14日終値106.60-61円)
    
    現在、ユーロ/円が131円台半ばでの推移。
    (14日終値132.06-10円)
    
    
    14日の米株市場概況
    
    下落。NYダウとS&P500は3日続落。NASDAQは小幅ながら続落となっ
    た。
    米政府が中国製品に高い関税をかけることを検討していると報じ
    られ、貿易戦争への懸念が台頭。
    買い優勢でのスタートとなっていたものの、売り優勢に転換され
    た。
    NYダウは一時、330ドルを超えの下げに。終値でも250ドル近くの下
    落幅となり、節目25000ドルを4日ぶりに割り込んだ。
    ハイテク中心のNASDAQは下落ながらも小幅で、半導体関連株など
    はいっていの底堅さを示していた。
    NYダウ終値は-248.91の24758.12。
    S&P500は-15.83の2749.48。
    NASDAQは-14.20の7496.81。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-14【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    本日、該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    SMS<2175>
    終値4440円(前日比-95円-2.09%)
    従来未定としていた18年3月期の期末一括配当は13円実施する
    方針(前期は11円)。
    
    シュッピン<3179>
    終値1327円(前日比+6円+0.45%)
    18年3月期の期末一括配当を従来計画9円から10円に増額修正。
    
    AMBITION<3300>
    終値2533円(前日比+94円+3.85%)
    無線LANのセキュリティサービスを提供しているナビックと資
    本業務提携を発表。
    ナビックは、無線ブロードバンド環境のアウトソースサービス
    を提供、高度なセキュリティ技術を持っている。
    
    アクセルマーク<3624>
    終値1301円(前日比+16円+1.24%)
    仮想通貨およびブロックチェーン技術を活用したオンラインエ
    ンターテインメント事業に参入すると発表。
    
    リスクモンスター<3768>
    終値1485円(前日比+17円+1.15%)
    自社株買いを発表。。(上限を7万1500株(発行済み株数の1.82%)、
    または1億円。取得期間は3/15~4/30)
    
    アンジェス <4563>
    終値536円(前日比+5円+0.94%)
    動脈硬化症を対象としたDNAワクチンに関し、米国内で特許
    を取得。
    
    ピックアップ
    物語コーポ<3097>
    終値10900円(前日比+150円+1.39%)
    2月度の月次売上高(速報値)を発表。既存店売上高は前年同月比
    4.3増と12ヶ月連続で前年実績を上回り。
    株価は本日まで5日続伸。テクニカル面では、12日(月)に、日足
    一目均衡表の雲(上限10295円)を突破して、上方向へのトレンド
    を強めている。
    発表を好感して一段の上振れ、目先、昨年来高値11790円(12/14
    )を試す展開へ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-14【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め10銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 協和日成<1981>、
    S G-FAC<3474>、
    S ヴィンクス<3784>、
    S アルファクス<3814>、
    S RSC<4664>、
    S MRT<6034>、
    S EIZO<6737>、
    S 日本フォーム<7869>、
    一時S 日本テレホン<9425>、
    S リリカラ<9827>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S クロスフォー<7810>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    夢真HD<2362> 大幅反発。
    終値1283円(前日比+58円+4.73%)
    前日(14日)発表されあ2月度の月次速報が良好な結果だっ
    たことが好感された(建築技術者派事業の売上高が前年同
    月比30%増、営業利益が前年同月比70%増)。
    25日移動平均線(1238円)回復。
    
    ITFOR<4743> 3日大幅続伸。
    終値908円(前日比+65円+7.71%)
    日足一目均衡表の雲(上限854円)突破。
    
    三浦工<6005> 4日大幅続伸。
    終値3215円(前日比+165円+5.40%)
    日足一目均衡表の雲(上限3085円)突破。
    
    ピックアップ
    凡青社<9743> 4日大幅続伸。
    終値1280円(前日比+82円+6.84%)
    前日(13日)発表の決算を好感(18年1月期の連結経常利益は
    47.4億円(前期比15.2%増)。19年1月期は48億円(前期比1.2
    %増)を見込み、3期連続で過去最高益を更新する見通し)。
    テクニカル面では、日足一目均衡表の雲(上限1270円)突破。
    また、週足一目均衡表においても、雲上限(1230円)を上回
    る水準での推移となっている。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-03-14【東京市場概況】

    日経平均は5日ぶり反落(190円安) 日米政治リスクを警戒して手
    控えムード
    
    前日(13日)の米株市場が下落、米国務長官の更迭や関税を巡る懸
    念が重しとなった。
    米株安、加えて森友問題に絡む国内政治の停滞懸念も、手控えム
    ードを強めるかっこうとなり、終日売り優勢の展開となった。
    日経平均は後場に、この日の安値21684.02円(284.08円安)を付け
    た。
    その後、持ち直す動きは見られたが戻りは限定的、上値は重かっ
    た。
    
    日経平均終値は-190.81円の21777.29円。
    
    東証1部の出来高は11億5609万株、
    売買代金は2兆2537億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり708銘柄、値下がり1262銘柄、
    変わらず100銘柄。
    
    業種別では値上がりが5業種、値下がりが28業種。
    値上がりは水産・農林、倉庫・運輪、電気・ガスなど。
    値下がりトップは鉱業、その他製品、小売り。
    
    日米政治リスクで何かと騒がくなってはいるが、株価への影響は
    限定的のようだ。
    上値を抑える要因とはなっているものの、過度に下げている印象
    もない。
    状況としては、昨年の都議選までの、安倍政権の支持率が低下し
    た局面と似ており、この時の株価は上値重くもみあい、今回もそ
    れと似た動きを予想しておきたいところ。
    テクニカル面での日経平均は、移動平均線チャートにおいて、5日
    線(21681円)が25日線(21672円)を上抜けて、ゴールデンクロスと
    なるなど、良好な形状にある。
    売買代金の増加などが条件とはなるが、目先に、節目22000円を突
    破する可能性も残している。
    また、新興市場がしっかりの展開。ジャスダックが5日続伸で高値
    引け、マザーズも続伸で本日の取引を終えている。
    物色意欲は根強く、新興市場を中心とした中小型株へは、引き続
    き、資金が向かいそうだ。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-14【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は5日ぶり反落(227円安) 日米の政治的な不安定化
    を懸念
    
    前日(13日)の米株市場が、米国務長官の更迭や関税を巡る懸念で
    下落。
    また、国内でも財務 省の決裁文書書き換え問題など重しとなる
    材料があり、日本株は売り優勢の展開となった。
    日経平均は、ドル/円が円安方向に振れると、連動して下げ幅を
    縮める場面があったが、NYダウ先物などが軟調に推移していた
    ことなどがあり軟化、21727.52円(240.58円安)まで下押すと、
    そのまま安値圏で前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-227.30円の21740.80円。
    
    東証1部の出来高は5億1695万株、
    売買代金は1兆53億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり562銘柄、値下がり1396銘柄、
    変わらず109銘柄。
    
    業種別では値上がりが4業種、値下がりが29業種、
    値上がりは鉄鋼、倉庫・運輪、水産・農林、電気・ガスのみ。
    値下がりトップはその他製品、小売り、バルブ・紙。
    
    
    後場の見通し
    
    日米の政治的な不安定要因が懸念されて、日経平均は売り優勢の
    展開、節目22000円が上値抵抗として強く意識されている。
    ただ、25日移動平均線(21671円)などが下値サポートと意識され
    ており、同線を上回る水準で、下値もいっていの底堅さを示して
    いる。
    日経平均はこの間でしばらくはもみあい、方向感に欠けそうだ。
    ただ、直近売り込まれた銘柄や好業績の内需系銘柄などには資
    金が向かっており、物色意欲は消えていない。
    後場も日経平均はさえない展開となろうが、業績や配当等を手
    掛かりに個別物色は続きそう。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-03-14【東京市場見通し】

    前日の米株市場が下落 日本株は売り先行の見通し その後は底堅
    い展開か
    
    前日の米株市場が主要3指数そろって下落。米国務長官更迭や関税
    を巡る懸念が重しとなっった。
    為替ドル/円は円高方向にあるものの小幅で、現在は106円台半ばで
    の推移。
    こうした外部環境のなか、本日の日本株は売りが先行しそうだ。
    ただ、ドル/円がいっていの底堅さを示しており、極端に円高に進
    む展開になく、米株も前日こそ反落で終わったものの、NASDAQは
    取引時間中の高値は更新となるなど、先高期待は根強い見かた、
    日本株も売り先行後は押し目買いなどが入りやすく、底堅さを示
    す見通し。
    日経平均は、25日移動平均線(21665円)近辺で下げ止まりとなりそ
    うだ。
    物色は、引き続き、中小型株へ向かいやすい。短期筋の値幅取り
    狙い。また、期末接近による配当志向の物色も増えてきそうだ。
    
    日経平均予想レンジは21600円-21950円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が106円台半ばでの推移。
    (13日終値106.97-98円)
    
    現在、ユーロ/円が132円手前での推移。
    (13日終値131.71-81円)
    
    
    13日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって下落。NYダウとS&P500は2日続落。NASDAQは朝
    方に取引時間中の史上最高値を更新するも、8日ぶりに反落とな
    った。
    寄り前に発表された米2月消費者物価指数(CPI)が市場予想通り
    の伸びにとどまったことで、インフレ懸念が高まらず、安心感
    から買いが先行した。NYダウは一時、197ドル高まで上昇した。
    しかし、トランプ米大統領が、ティラーソン国務長官を解任し、
    ポンペオCIA(中央情報局)長官を後任に充てる人事を発表。
    相次ぐ重要閣僚の交代で、政権の方向性に対する不透明感が高
    まり、売りが優勢に傾いた。
    するとNYダウは終盤に231ドル安まで売られる場面があった。
    NYダウ終値は-171.58の25007.03。
    S&P500は-17.71の2765.31。
    NASDAQは-77.31の7511.01。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-03-13【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    アルトナー<2163> 決算発表。
    終値2285円(前日比+94円+4.29%)
    18年1月期の経常利益(非連結)は6.9億円(前期比22.3%増)。
    19年1月期は7.7億円(前期比11.9%増)を見込み、
    4期連続で過去最高益更新見通し。
    
    シーイーシー<9692> 決算発表。
    終値3220円(前日比+35円+1.09%)
    18年1月期の連結経常利益は38.1億円(前期比11.7%増)。
    19年1月期は42億円(前期比10.0%増)を見込み、
    16期ぶりに過去最高益更新見通し。
    今期の年間配当は50円(前期比10円増)とする方針。
    
    ピックアップ
    EIZO<6737> 業績修正発表。
    終値4955円(前日比+90円+1.84%)
    18年3月期の連結経常利益を従来予想75億円から96億円に上
    方修正(前期71億円)。 
    株価は今日まで小幅ながら3日続伸としっかりの展開。
    週足ベースの移動平均チャートにおいて、26週線(4981円)
    をやや割れた水準で底堅く推移。
    発表を好感して26週線回復。また、13週線(5195円)を回復
    する動きが見られれば、一段の上振れが期待されるところ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ナガオカ<6239>
    終値1472円(前日比+52円+3.66%)
    スクリーン・インターナル2件を大口受注したと発表。受注
    金額は計782万5000ドル(約8億2100万円)。
    
    GMOFHD<7177>
    終値742円(前日比+22円+3.05%)
    2月営業収益は前月比39.1%増(29.5億円)。
    
    KABU.COM<8703>
    終値378円(前日比+4円+1.06%)
    配当修正を発表。従来未定としていた18年3月期の年間配当
    は19円実施する方針(前期は12円)。
    
    ピックアップ
    ビーグリー<3981>
    終値1730円(前日比+33円+1.94%)
    3/20付で東証マザーズから東証1部へ市場変更されることにな
    ったと発表。
    発表が好感され買いが向かう見通し。
    目先、上方向に控える日足一目均衡表の雲(上限1853円-下限
    1832円)突破。
    また、200日移動平均線(1872円)回復となれば、上昇トレンド
    転換と判断されるところ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-03-13【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め5銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 協和日成<1981>、
    S イナリサーチ<2176>、
    S ライクキッズN<6065>、
    一時S 伊豆シャボ<6819>、
    S 日本フォーム<7869>。
    
    ピックアップ
    ライクキッズN<6065> ストップ高。
    終値2363円(前日比+400円+20.37%)
    前日(12日)に決算発表。18年4月期第3四半期累計(17年5月-18年1
    月)の連結経常利益は11.7億円(前年同期比3.1倍)。
    また、3/31を基準日として1対2株の株式分割を実施するとも発表
    している。
    決算内容、株式分割を好感する買いが入り、株価はストップ高で
    大引け、大幅に4日続伸となった。
    テクニカル面では、週足ベースの移動平均線チャートで、52週線
    (1936円)近辺で調整一巡したかっこうとなり、本日に13週線(2155
    円)、26週線(2272円)回復と、上昇トレンド転換と期待される形状
    にある。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    SUMCO<3436> 4日大幅続伸。
    終値3175円(前日比+125円+4.09%)
    日足一目均衡表の雲(上限3036円)突破。
    
    テックポイント<6697> 大幅続伸。
    終値2233円(前日比+134円+6.38%)
    日足一目均衡表の雲(上限2171円)突破。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-13【東京市場概況】

    日経平均は4日続伸(144円高) 後場にプラス圏に浮上して高値引
    け 商いは低調
    
    前日の米株市場でNYダウが下落となったことや、為替ドル/円がや
    や円高方向にあったことなどがあり、日本株は売りが先行。
    日経平均は一時、21700.78円(123.25円安)まで値を下げる場面
    があった。
    ただ、米株市場同様に半導体関連株が堅調に推移、日経平均の
    下値を支えると、一時はプラス圏に浮上するなど、底堅い展開
    で前場の取引を終えていた。
    後場は為替ドル/円が円高方向への動きが一服したことなどから、
    再びプラス圏に浮上すると上げ幅を拡げる展開となり、高値引
    けとなった。
    
    日経平均終値は+144.07円の21968.10円。
    
    東証1部の出来高は12億2152万株、
    売買代金は2兆3364億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1579銘柄、値下がり419銘柄、
    変わらず71銘柄。
    
    業種別では値上がりが27業種、値下がりが6業種。
    値上がりトップは電気・ガス、精密機器、サービス。
    値下がりは石油・石炭、鉱業、鉄鋼など。
    
    日経平均は4日続伸(144円高)で高値引けと良好な形で本日の取引
    を終えた。
    国内政治の先行きについて、政権交代や大臣の辞任などといった
    過度なリスクシナリオへの警戒感は和らいだとの見かた。
    ここまで悪材料と意識されてきた、米国の保護貿易も北朝鮮の地
    政学リスクも、森友文書の問題に関しても、とりあえず落ち着い
    たと見ていいだろう。
    そうしたなか、上値を伸ばす展開を期待したいところだが、それ
    には材料不足感が否めない。
    また、節目22000円以上からは過去の累性売買代金が多く戻り売り
    圧力が強い。本日も東証一部の売買代金は低調で、22000円を上抜
    けるにはエネルギー不足か。
    明日、寄り付き前に1月機械受注が発表されるほか、11時ごろには
    中国2月の小売売上高、鉱工業生産、都市部固定資産投資が発表さ
    れるが、これらの経済指標に対して、極端な反応を見せる場面は
    少ない。
    引き続き、海外市場の動向次第のところが大きいだろう。
    米株市場は、NASDAQが連日で史上最高値を更新、それに追随する
    かっこうで、今晩のNYダウが強い動きとなれば、日経平均も上値を
    伸ばしやすく、強い買いも入りやすい。
    とりあえず、今晩の米市場の動向を見極めたいところ。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-03-13【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は4日ぶり小反落(34円安) 半導体関連株高を支えに
    下げ幅限定的
    
    前日の米株市場でNYダウが下落となったこと為替ドル/円がやや円高
    方向にあったことなどから、日本株は売りが先行した。
    日経平均は一時、21700.78円(123.25円安)まで値を下げる場面が
    見られた。
    しかし、その後は底堅い展開。米株市場同様に半導体関連株が堅
    調で、日経平均の下値を支えると、一時はプラス圏に浮上する場
    面もあった。
    日経平均前場終値は-34.58円の21789.45円。
    
    東証1部の出来高は5億3950万株、
    売買代金は1兆73億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1071銘柄、値下がり894銘柄、
    変わらず104銘柄。
    
    業種別では値上がりが17業種、値下がりが16業種。
    値上がりは電気・ガス、空運、その他金融など。
    値下がりは石油・石炭、鉱業、鉄鋼など。
    
    
    後場の見通し
    
    半導体関連の強い動きが下値を支えた面もあり、日経平均は底
    堅い展開、25日移動平均線(21658円)を上回る水準での推移と
    なっている。
    引き続き、25日線が下値サポートと意識される展開が期待され
    る。
    ただ、上値に関しては、国内政治リスクへの警戒から追いにく
    くい。
    「森友学園」問題の行方を見守る格好となっており、目先は
    トレンドが出にくい。
    本日の後場に関しても下値固いも上値も限定的の展開が予想
    される。
    いっぽうで、新興市場は、ジャスダック、マザーズともにプ
    ラス圏で引けおり堅調な展開。変わらず中小型物色の動きは
    続く見通し
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-03-13【東京市場見通し】

    米株市場はまちまち 日経平均は売り優勢も中小型株、半導体関
    連は堅調か
    
    前日の米株市場は高安まちまち。NYダウは3日ぶり反落(157ドル安)
    もハイテク中心のNASDAQが7日続伸(27pt高)で先週末に続き史上最
    高値を更新。
    為替ドル/円は、円高を警戒が根強く、現在は106円台半ばで推移。
    本日の日本株は、NYダウは反落となったなか、日経平均は売り優勢
    の展開。円高警戒が根強いなか、主力処は手掛けづらいところに
    ある。
    ただ、米半導体株が総じて堅調に推移しており、半導体関連や機
    械株に関しては堅調な展開が期待される。
    また、外部環境の影響を受けにくい中小型、新興株への物色の動
    きは続きそうだ。
    日経平均は直近、高値と安値を切り上げており、上方向へのトレ
    ンドを築いているものの、戻り売り圧力の強さが意識される。本
    日も売り優勢と予想されるなか、25日移動平均線線(21694円)どこ
    ろで踏ん張りをみせれるか注目したいところ。
    
    日経平均予想レンジは21600円-21800円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が106円台前半での推移。
    (12日終値106.57-58円)
    
    現在、ユーロ/円が131円台前半での推移。
    (12日終値131.48-52円)
    
    
    12日の米株市場概況
    
    高安まちまち。NYダウとS&P500は3日ぶり反落もハイテク中心の
    NASDAQは7日続伸で先週末に続き史上最高値を更新した。
    米政府の鉄鋼とアルミの輸入制限措置により、それらを調達す
    る企業のコストアップが懸念されたほか、貿易摩擦の激化が警
    戒された。
    NYダウは、朝方は買い先行、一時は113ドル高まで上昇もその後
    に売りに押された。
    NYダウ終値は-157.13の25178.61。
    S&P500は-3.55の2783.02。
    NASDAQは+27.51の7588.33。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
    
  • 2018-03-12【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    学情<2301> 決算・自社株買い発表。
    終値1672円(前日比+26円+1.57%)
    18年10月期第1四半期(17年11月-18年1月)の経常損益(非連結)は
    1.2億円の赤字(前年同期は1.8億円の赤字)と赤字幅縮小。
    自社株買い発表。(上限を20万株(発行済み株数の1.3%)、または
    400百万円。取得期間は3/13~9/30)
    
    グットコムA<3475> 決算発表。
    終値1646円(前日比+80円+5.10%)
    18年10月期第1四半期(17年11月-18年1月)の連結経常利益は3.9億
    円(前年同期比3.1倍)。
    
    ID<4709> 業績修正発表。
    終値1391円(前日比+10円+0.72%)
    18年3月期の連結経常利益を従来予想10.3億円から12.5億円に上方
    修正(前期11.3億円)。
    
    ライクキッズN<6065> 決算・株式分割発表。
    終値1963円(前日比+52円+2.72%)
    18年4月期第3四半期累計(17年5月-18年1月)の連結経常利益は11.7
    億円(前年同期比3.1倍)。
    3/31を基準日として1対2株の株式分割を実施すると発表。
    
    ピックアップ
    シルバーライフ<9262> 決算発表・株式分割発表。
    18年7月期第2四半期累計(17年8月-18年1月)の経常利益(非連結)は
    2.9億円(前年同期は非開示)。
    また、4/30を基準日として1対2株の株式分割を実施すると発表。
    株価は本日の取引を大幅続伸で引けており、テクニカル面では25
    日移動平均線(5343円)を回復。
    発表を好感して、一段と上方向へのトレンドを強めそうだ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    寿スピッツ<2222>
    終値5680円(前日比-10円-0.17%)
    18年3月期の期末一括配当を従来計画30円から35円に増額修正(前
    期は25円)。
    
    ヨシックス<3221>
    終値3800円(前日比15円+0.39%)
    18年3月期の年間配当を従来計画12円から16円に大幅増額修正(前
    期は12円)。
    ただ、2月既存店売上高は前年同月比1.7%減と4ヵ月ぶりに前年割
    れ。
    
    ラクス<3923>
    終値3315円(前日比-10円-0.30%)
    2月度の月次売上高(単体)を発表。売上高は前年同月比26.8%増の
    5.74億円と。月次売上高の5億円突破は、昨年9月から6ヶ月連続。
    
    ラオクリア<4579>
    終値1989円(前日比-18円-0.89%)
    旭化成ファーマとの新規疼痛治療薬の創出を目指した共同研究
    に関して、マイルストン達成に伴う一時金の受領が確定したと
    発表。
    
    メドレックス<4586>
    終値1838円(前日比-81円-4.22%)
    出願中の「酸補足剤を含有する貼付製剤」に関して、米国特許商
    標庁(USPTO)から特許査定を受けたと発表。
    
    弁護コム<6027>
    終値2011円(前日比-4円-0.19%)
    法律相談ポータルサイト「弁護士ドットコム」の有料会員数が13
    万人突破。
    
    ネットマーケ<6175>
    終値995円(前日比+24円+2.47%)
    デーティングアプリ「QooN(クーン)」を6/28にリリースすると
    発表。
    
    Vテクノロジー<7717>
    終値30700円(前日比+450円+1.48%)
    中国の半導体製造装置メーカーと合弁会社設立を発表。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-03-12【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め11銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S 地域新聞社<2164>、
    S エスプール<2471>、
    一時S アマガサ<3070>、
    S アールエイジ<3248>、
    S 東日システム<3316>、
    S ヴィンクス<3784>、
    一時S ナノキャリア<4571>、
    S ソフトブレン<4779>、
    S 中央インター<7170>、
    ケ SFH<7176>、
    S 日本フォーム<7869>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S ナビタス<6276>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    エーザイ<4523> 3日大幅続伸。
    終値6786円(前日比+478円+7.57%)
    先週8日発表の米メルクとの戦略提携を続き好感。
    日足一目均衡表の雲(上限6559円)突破。
    
    新川<6274> 5日大幅続伸。
    終値1464円(前日比+53円+3.75%)
    日足一目均衡表の雲(上限1455円)突破。
    
    カナモト<9678> 3日ぶり大幅反発。
    終値3705円(前日比+365円+10.92%)
    先週末(9日)発表の決算を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限3650円)突破。
    
    ピックアップ
    ジェクシード<3719> 大幅続伸。
    終値201円(前日比+44円+28.02%)
    3/27にRPAホールディングス<6572>が東証マザーズ市場に新規
    上場する予定。
    それに伴って、RPA(―間接業務自動化)関連の注目度が高まってき
    ている。
    ジェクシード<3719>は、RPAの商談機会を獲得していけるよう販売
    準備を進めている。
    株価は本日に25%超えの大幅上昇。
    週足ベースの移動平均線チャートにおいて、直近に割れていた26
    週線(165円)を回復して、13週線(187円)も超えた。
    上昇トレンド転換から一段高、昨年来高値244円(17/12/22)超えを
    試す展開へと期待。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-03-12【東京市場概況】

    日経平均は大幅3日続伸(354円高) 米株高好感も森友文書問題で
    やや伸び悩みも
    
    先週末(9日)の米株市場が大幅高。米株高を好感して、朝方から日
    本株は買いが先行した。
    日経平均は一時、21971.16円(501.96円高)まで上昇、先週末(9日)
    高値(21884円)を上回り、節目22000円に迫る場面があった。
    しかし、その後は、学校法人「森友学園」への国有地売却に関す
    る財務省決裁文書をめぐり、森山裕自民国対委員長が政府から書
    き換えがあったとの報告を受けたことを明らかに、為替ドル/円が
    円高方向に振れるとともに、日経平均は上げ幅を縮小して、前場
    の取引を終えると、後場には、21689.97円(220.77円高)まで、値
    を落とす場面があった。
    ただ、麻生太郎財務相の辞任否定を受けて、為替ドル/円が円安方
    向に振れると、日経平均も切り返して、354円高で本日の取引を終
    えた。
    
    日経平均終値は+354.83円の21824.03円。
    
    東証1部の出来高は12億5360万株、
    売買代金は2兆3973億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1712銘柄、値下がり309銘柄、
    変わらず48銘柄。
    
    業種別では全33業種が上昇。
    値下がりトップは機械、ゴム製品、鉱業。
    
    森友問題については、今後の展開は見通しにくい。ただ、日本経
    済への影響は大きく無く限定的、過度な懸念は不要の見かた、中
    長期的に引っ張ることはないだろう。
    しかし、外国人投資家が嫌がる政治問題だけに、目先は、これら
    の買いが入りづらい、目先の日経平均の上値は重そうだ。
    いっぽうで、下値も、外部環境の改善が見えてきており、底堅い
    と見ておきたいところ。
    そうしたなか、中小型物色の動きは続く見通し。本日の関しても
    新興市場は、マザーズが寄与度高いそ-せい<4565>の下落を重し
    にわずかながれあ反落となったものの、ジャスダックは3日続伸、
    中小型株を物色する動きは続いている。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-03-12【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅3日続伸(386円高) 一時500円高もその後伸び
    悩み
    
    先週末(9日)の米株市場が発表された雇用統計を好感して大幅高。
    米株高を好感して日本株も買い優勢の展開となった。日経平均は
    一時、21971.16円(501.96円高)まで上昇、先週末(9日)高値(21884
    円)を上回る場面があった。
    しかし、買い一巡後は伸び悩み。学校法人「森友学園」への国有
    地売却に関する決裁文書について、森山裕自民国対委員長が政府
    から書き換えがあったとの報告を受けたことを明らかに。
    それを受けてか、為替ドル/円が円高に傾き、上げ幅を縮小した。
    ただ、下げも限定的で、386円高で前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+386.26円の21837.46円。
    
    東証1部の出来高は6億3185万株、
    売買代金は1兆1856億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1681銘柄、値下がり321銘柄、
    変わらず67銘柄。
    
    業種別では全33業種が上昇。
    値下がりトップはゴム製品、機械、ガラス・土石。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は先週末(9日)の高値を超え、節目22000円に迫る場面も
    みられた。
    ただ、その水準では上値を抑えられたかっこう。上抜けるには、
    新規の好材料待ちとなりそうだ。
    いっぽうで、下値に関しては、25日移動平均線(21694円)を回復し
    ており、下値サポートとなる見込み。
    「森友問題」に関しては、いずれ沈静化するだろうが、目先の上
    値を抑える要因となる可能性はある。
    後場に関しては、続き節目22000円を上値抵抗に、その手前での推
    移となりそうだ。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-03-12【東京市場見通し】

    米株高など良好な外部環境受けて買い先行 その後は商い次第
    
    先週末(9日)の米株市場が上昇、NASDAQが史上最高値を更新、NYダ
    ウも440ドル高となり、25000ドル台を回復するなど、終日堅調な
    展開だった。
    警戒された米2月雇用統計が、賃金の伸びが鈍化した上、非農業部
    門の雇用者数が予想を上回る+31.3万人と16年7月以来の高水準と
    なる最良のパターンで着地したことが好材料とあった。
    為替ドル/円は現在、107円手前での推移、107円台へと円安方向へ
    の動きが期待されるところ。
    日本株は良好な外部環境から買い優勢の展開が予想される。
    日経平均は先週末(9日)に上値抵抗となった25日移動平均線(21752
    円)を意識したスタート、先週末(9日)高値(21884円)超えとなるか
    といったところ。
    ただ、それには、商いの盛り上がりが必要。森友問題に絡んだ海
    外投資家の見方が焦点。
    盛り上がりに欠ける商いとなれば、上値の重い展開。様子見姿勢
    となりそうだ。
    そうなれば、物色対象は中小型株へ。米株市場も小型株やハイテ
    ク株主体のNASDAQの上昇が目立っている。
    日本株も同様に新興市場を中心とした中小型などへ買いが向かい
    やすくなりそうだ。
    
    日経平均予想レンジは21650円-22000円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が107円手前での推移。
    (先週末(8日)終値106.69-70円)
    
    現在、ユーロ/円が131円台半ばでの推移。
    (先週末(8日)終値131.442-46円)
    
    
    先週末(9日)の米株市場概況
    
    大幅上昇。主要3指数そろってそろってほぼ高値引け。
    NASDAQは6日続伸となり1/26以来の史上最高値を更新した。
    強い雇用統計を受けて買い優勢の展開。投資家の不安心理を示す
    VIX指数は14.64と株価急落前の2/12以来の水準にまで低下。
    NYダウは100ドル超の上昇でスタートすると上昇幅を拡大、440ドル
    高でこの日の取引を終えた(2/28以来、7日ぶりに25000ドル台を回
    復。
    NYダウ終値は+440.53の25335.74。
    S&P500は+47.60の2786.57。
    NASDAQは+132.87の7560.81。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
    
  • 2018-03-09【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    サムコ<6387> 決算発表。
    終値1246円(前日比+49円+4.09%)
    18年7月期第2四半期累計(17年8月-18年1月)の経常損益(非連
    結)は7200万円の黒字に浮上(前年同期は1500万円の赤字)。
    通期の同損益を従来予想3億6500万円の黒字から6億円の黒字
    に上方修正(前期は2億1400万円の赤字)。
    
    ピックアップ
    鳥貴族<3193> 決算発表。
    終値2868円(前日比+44円+1.55%)
    18年7月期第2四半期累計(17年8月-18年1月)の経常利益(非連
    結)は8.5億円(前年同期比47.9%増)。
    直近3ヵ月の実績である11-1月期(2Q)の経常利益は4.8億円(
    前年同期比2.5倍)。
    株価は昨年12/25高値3965円から調整、週足ベースの移動平
    均線チャートの52週線(2890円)近辺まで値を落としたとこ
    ろで、いっていの底堅さを示している。
    決算をきっかけに、この水準からの切り返しへを期待した
    いところ。
    ただ、戻り売り圧力も強いと予想される当銘柄。
    26週移動平均線(3222円)や13週移動平均線(3359円)回復を
    見ない限り、上昇トレンド転換とは判断しずらい見かた。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    DDHD<3073>
    終値3850円(前日比-65円-1.66%)
    2月度の月次売上高等前年同月比及び出退店等の店舗状況を発表。
    全店前年同月比が売上高は3.3%増となるなど好内容。
    
    アステラス薬<4503>
    終値1540.5円(前日比-7.5円-0.48%)
    欧州で小児の神経因性排尿筋過活動治療薬の承認取得。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-03-09【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 地域新聞社<2164>、
    一時S テラ<2191>、
    S ヴィンクス<3784>、
    一時S シンクロ<3963>、
    一時S 鎌倉新書<6184>、
    ケ SFH<7176>、
    一時S プラザクリエ<7502>、
    S 日本フォーム<7869>。
    
    ピックアップ
    ヴィンクス<3784> ストップ高
    終値878円(前日比+150円+20.60%)
    3日ぶり大幅反発。
    無人レジ関連として注目され急騰。
    当銘柄は、パナソニック<6752>と小売業向けの先進的なソ
    リューション開発を行う業務提携契約を締結しており、無
    人レジ導入拡大に伴うビジネスチャンスが期待されている。
    9日付の日本経済新聞が「国内大手ドラッグストアが2025年
    までにすべての店舗で無人レジを導入する」と報じた。
    これが、刺激材料となっったようだ。
    テクニカル面での株価は直近、25日移動平均線(743円)近辺
    で底堅く推移、日柄調整中にあった。
    本日、25日線から上振れ、上昇トレンド転換と判断される
    ところ。
    昨年来高値999円(18/2/23)を試す展開、上値追いへと期待。
    
    鎌倉新書<6184> 一時ストップ高
    終値2688円(前日比+390円+16.97%)
    4日大幅続伸。
    前日(8日)発表の決算を好感。(18年1月期の経常利益(非連
    結)は3.6億円(前期比11.1%増)。19年1月期は5.1億円(前期
    比41.7%増)を見込み、4期連続で過去最高益を更新見通し。
    従来、無配としていた前期の期末一括配当は6円実施と5期
    ぶりに復配(今期の年間配当は未定)。
    株価は25日移動平均線(2282円)近辺で日柄調整中にあった
    が本日に上振れ、昨年来高値更新となり、上昇トレンド転
    換と判断されるところ。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S ナノキャリア<4571>、
    ユニバーサル<6425>。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-03-09【東京市場概況と来週の見通し】

    9日概況 日経平均は続伸(101円) 一時500円高からマイナス圏に
    沈むなど荒い展開となった
    
    朝方は、前日の欧米株高に円高方向一服と良好な外部環境を受
    けて、買い優勢の展開。
    その後も、米朝の首脳会談が実現すると伝わったことが好材料
    視、日経平均の上げ幅一時、500円超えまで拡がった(21884.45
    円(516.38円高))。
    ただ、買い一巡後は、先物にまとまった売り物が出たことなど
    があり失速、前場の21554.67円(186.60円高)で終えていた。
    後場に入っても、上げ幅縮小の流れが続き、瞬間的ではあるが
    マイナス圏に沈む場面も見られた。
    しかし、下値では押し目買いが入り、その後はプラス圏で小動
    きな展開となった。
    
    日経平均終値は+101.13円の21469.20円。
    
    東証1部の出来高は17億5048万株、
    売買代金は3兆5584億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1097銘柄、値下がり886銘柄、
    変わらず86銘柄。
    
    業種別では値上がりが20業種、値下がりが13業種。
    値上がりトップは建設、機械、金属製品。
    値下がりは鉄鋼、電気・ガス、証券・商品など。
    
    
    来週の見通し
    
    今晩の米雇用統計を残しているものの、ここまで注目イベント
    を無難に通過して、日経平均はやや上振れ期待が出てきてはい
    る。
    2/14で一番底、3/5で2番底をつけたとの見方から、来週は戻し
    を試すと期待したい。
    ただ、米関税政策を巡る最悪の事態は回避したものの、円高
    懸念が残り、上値の重さが意識される可能性は高い。
    本日も結果的に日経平均は、25日移動平均線(21752円)近辺で
    上値を抑えられたかっこうとなった。
    この25日線、節目22000円を超えるには、材料不足といったと
    ころか。
    本格的に上値を追うのは、20-21日の米FOMC(米連邦公開市場
    委員会)を通過した後となりそう。
    来週は基本的には方向感に欠ける展開が予想される。
    
    来週の日経平均予想レンジは21000円-22000円。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-03-09【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は買い優勢も荒い展開 一時500円高も186円高で前
    場引け
    
    前日の欧米株高に円高方向一服と良好な外部環境を受けて、日本
    株は買い優勢の展開となった。
    米株はトランプ米大統領の輸入制限に関する署名に関して、当面
    メキシコとカナダを対象除外とするなど、柔軟な姿勢が見られた
    ことが安心感ににつながった。
    日経平均は買い先行後も上値を伸ばす展開。米朝の首脳会談が実
    現すると伝わったことが好材料視されて、一時は上げ幅は500円を
    超えた。(高値21884.45円(516.38円高))
    ただ、その後は、先物にまとまった売り物が出たことなどから急
    失速。前場引けは186円高となり、安値圏で終えた。
    
    日経平均前場終値は+186.60円の21554.67円。
    
    東証1部の出来高は10億2438万株、
    売買代金は2兆1508億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1240銘柄、値下がり728銘柄、
    変わらず101銘柄。
    
    業種別では値上がりが29業種、値下がりが4業種。
    値上がりトップは建設、石油・石炭、機械。
    値下がりは鉄鋼、バルブ・紙、電気・ガス、証券・商品のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    米朝首脳会談のニュースで地政学リスクが和らぎ、日経平均はい
    ったん大きく上振れた。
    しかし、米2月雇用統計を控える週末であり、結果を見極めたいと
    の思惑などが、戻り売りにつながった。
    後場もその流れから、上値は重い展開、終盤に上げ幅を縮小する
    可能性もありそうだ。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
    
  • 2018-03-09【東京市場見通し】

    欧米株高、円高一服を受けて買い優勢 一巡後は週末要因などか
    ら様子見
    
    前日の欧米株市場が上昇。欧州株はECB理事会を受けてのドラギ
    総裁会見が買い安心感を高めた。米株もトランプ大統領が追加
    関税の大統領布告に署名したが、メキシコとカナダを当面追加
    関税の対象から除外、日本など同盟国に対しても柔軟に対応す
    ると示したことが安心感につながった。
    為替ドル/円も円高一服傾向、現在は106円台前半での推移とな
    っている。
    こうした外部環境を受けて、日本株は買い優勢の展開が予想さ
    れる。
    日経平均は、前日(8日)の取引を5日移動平均線(21252円)を上
    回り引けており、本日も買い先行の見込み。戻しを強める展開
    が期待されるところ。2/14で一番底、3/5で2番底をつけたとの
    見方が強まるだろう。
    ただ、本日は今晩に米雇用統計を控える週末。買い一巡後は上
    値が重くなる見かた。
    その他、日銀金融政策決定会合は金融政策は変更なしが濃厚。
    地合いがやや好転しそうななか、低金利環境の継続確認が買い
    材料となる可能性はある。
    
    日経平均予想レンジは21350円-21600円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が106円台前半での推移。
    (8日終値105.94-95円)
    
    現在、ユーロ/円が131円手前での推移。
    (8日終値131.49-53円)
    
    
    8日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって上昇。
    NYはマイナス圏に沈む場面があるも93ドル高の反発、S&P500も反
    発、NASDAQは5日続伸となった。
    トランプ米大統領が、鉄鋼とアルミニウムの輸入制限を命じる文
    書に署名。メキシコとカナダが対象から除外され、その他の軍事
    上重要な国についても柔軟な対応の用意があるとしたことで米国
    の保護主義政策に対する過度な懸念が後退した。
    NYダウ終値は+98.35の24895.21。
    S&P500は+12.17の2738.97。
    NASDAQは+31.30の7427.95。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
    
    
  • 2018-03-08【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    積水ハウス<1928> 決算発表。
    終値1928円(前日比-1.5円-0.08%)
    18年1月期の連結経常利益は2036億円(前期比6.6%増)。
    19年1月期は2060億円(前期比1.1%増)を見込み、
    6期連続で過去最高益を更新見通し。
    前期の年間配当を75円から77円に増額(前期は64円)。
    今期は79円(前期比2円増)の方針に。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    テラ<2191>
    終値612円(前日比+9円+1.49%)
    細胞加工の製造受託施設における新規がん抗原ペプチドの
    提供を決定。
    
    ピックアップ
    ネットマーケ<6175>
    終値1909円(前日比+62円+3.35%)
    同社提供の恋愛マッチングサービス「Omiai」を2018年4月
    末までに、全ネットユーザーを対象にサービスの利用を開
    放と決定した。
    これまで「Omiai」は、Facebookのアカウントを利用した
    恋愛マッチングサービスとして展開してきた。
    今後はFacebookアカウントを所有しない非Facebookユーザ
    ーにおいても、「Omiai」への登録を可能とする。
    これにより、Facebookアカウントを持たない約7200万人の
    日本のインターネットユーザー層が新たに潜在ユーザーに。
    計約1億人が「Omiai」ユーザーの対象になるとしている。
    株価は本日まで大幅に3日続伸となり、割れていた25日移
    動平均線(1885円)を回復している。発表を好感して25日
    線から上振れへと期待。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-08【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め10銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S Jテック・C<3446>、
    一時S 昭和化<4990>、
    S スパンクリト<5277>、
    S 高見サイ<6424>、
    S Fringe<6550>、
    ケ SFH<7176>、
    S ムラキ<7477>、
    S プラザクリエ<7502>、
    S 日本フォーム<7869>、
    S AGP<9377>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株を紹介。
    
    GMOPG<3769> 3日大幅続伸。
    終値9990円(前日比+560円+5.93%)
    日足一目均衡表の雲(上限9705円)突破。
    
    MARUWA<5344> 大幅反発。
    終値9100円(前日比+870円+10.57%)
    25日移動平均線(8696円)回復。
    
    キッツ<6498> 大幅反発。
    終値954円(前日比+112円+13.30%)
    国内証券が目標株価引き上げ。
    200日移動平均線(914円)回復。
    
    スクリン<7735> 大幅3日続伸。
    終値10380円(前日比+480円+4.84%)
    日足一目均衡表の雲(上限10180円)突破。
    
    ピックアップ
    アシックス<7936> 大幅反発。
    終値1844円(前日比+80円+4.53%)
    中国での利益成長、業績悪化リスク後退などを理由に国内証券が
    投資判断格上げ、目標株価を引き上げた。
    このことなどが好材料視され、株価は大幅反発。
    テクニカル面でも、移動平均線チャートにおいて、200日線(1783
    円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限1822円)突破となるなど、チャート形状
    が良好。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-08【東京市場概況】

    日経平均は反発(115円高) 買い一巡後はイベント前で様子姿勢
    
    懸念さされていた前日の米株市場が比較的落ち着いた動きとなっ
    たことで、前日の大幅に値を下げていた日本株は、買い優勢の展
    開となった。
    日経平均は寄り付きで21488.16円(235.44円高)まで上昇。これが
    本日の高値となり、その後は上げ幅縮小する展開となり、前場を
    21411.38円(158.66円高)で終えていた。
    後場も新たな手がかり材料に乏しいなか、一段と上げ幅を縮小。
    明日がメジャーSQ算出日であることや、米雇用統計発表など注目
    イベントを控えて、手控えムードが広がった。
    ただ、一日を通してプラス圏は維持、大引けにかけては持ち直す
    動きも見られていた。
    
    日経平均終値は+115.35円の21368.07円。
    
    東証1部の出来高は12億2576万株、
    売買代金は2兆5017億円。
    
    騰落銘柄数は、値上がり938銘柄、値下がり1042銘柄、
    変わらず90銘柄。
    
    業種別では値上がりが19業種、値下がりが14業種。
    値上がりはバルブ・紙、その他製品、医薬品など。
    値下がりは海運、石油・石炭、その他金融など。
    
    明日はイベントが目白押し。国内ではメジャーSQ算出日であり、
    日銀金融政策決定会合の結果発表日、引け後には黒田総裁の会
    見も控える。
    国外では米雇用統計。また、輸入関税引き上げに関するトラン
    プ大統領の署名式が日本時間のあす朝方になるとの報道もある。
    そんななか、不安定な地合いとなる可能性がある。
    日経平均は本日、5日移動平均線(21252円)を上回り大引け。
    同線を下値サポートに踏みとどまれるかに注目したい。
    また、3/5につけた安値20937円を下回らずに推移できるかも注
    目される。
    2/14で一番底、3/5で2番底をつけたとの見方が強まれば、来週
    は戻しを試す展開が強まると期待されるところ。
    主力処に不安が残るなか、外部環境の影響を受けにくい新興市
    場を中心とした中小型は強い。
    本日、ジャスダック、マザーズ指数とともに反発。マザーズは
    節目1200ptを回復して引けている。
    続き、新興市場を中心とした中小型へ資金が向かいやすい展開
    にある。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-03-08【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反発(158円高) 買い一巡後は材料難からもみあい
    
    懸念さされていた前日の米株市場がコーン米国家経済会議委員長
    の辞任を受けても比較的落ち着いた動きとなった。
    その結果、前日の大幅に値を下げていた日本株は、買い優勢の展
    開となった。
    日経平均は大きく水準を切り上げてスタート。21488.16円(235.44
    円高)となった。
    しかし、その寄り付きが高値となり、その後は上げ幅縮小する展
    開。一段と上値を追うに手掛かり材料に欠けた。
    ただ、21400円を割り込んだところでは買いも入り、狭いレンジで
    のもみあい、そのまま前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+158.66円の21411.38円。
    
    東証1部の出来高は5億5546万株、
    売買代金は1兆1201億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1213銘柄、値下がり754銘柄、
    変わらず97銘柄。
    
    業種別では値上がりが29業種、値下がりが4業種。
    値上がりトップはその他製品、倉庫・運輪、バルブ・紙。
    値下がりは海運、化学、卸売、陸運のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は寄り付きを高値に上げ幅縮小、その後はこう着感の強
    い展開となり、前場の取引を終えた。
    節目21500円が上値抵抗と意識されるいっぽうで、下値は5日移動
    平均線(21261円)を回復しており、売り込みづらい。
    後場もメジャーSQや米雇用統計など、イベントを前にこう着感の
    強い展開が続きそうだ。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-03-08【東京市場見通し】

    米株の下落が限定的 日本株は前日に売られた反動で買戻しの展
    開
    
    前日の米株市場は下げ渋りの展開。コーン米国家経済会議委員
    長の辞任を受けて売り先行後、メキシコとカナダが追加関税か
    ら除外される可能性があると伝わったことなどから、下げ幅を
    縮小。NYダウは一時、300ドル超えの下げ幅から82ドル安まで下
    げ幅縮小、ハイテク中心のNASDAQはプラス圏に浮上して引けた。
    米株の下げ渋りを受けて、前日に強く売られていた日本株は買
    い戻される展開が予想される。
    日経平均は、前日の下げ分(165円安)を取り戻す上昇となりそ
    うだ。
    テクニカル面では、5日移動平均線(21323円)を回復から、戻し
    を強める展開を期待したいところ。
    ただ、そこから、節目21500円を超えるのはややハードルが高
    い。
    今晩はECB理事会、明日がメジャーSQ、日銀会合の結果発表、
    米雇用統計と重要イベントが控えており、買い先行後は様子
    見姿勢、小動きな展開が予想されるところ。
    
    日経平均予想レンジは21300円-21500円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が106円台前半での推移。
    (7日終値105.71-72円)
    
    現在、ユーロ/円が131円台後半での推移。
    (7日終値131.16-20円)
    
    
    7日の米株市場概況
    
    高安まちまち。NYダウとS&P500反落、NASDAQは続伸。
    前日引け後、輸入関税に反対の立場のコーン米国家経済会議(NE
    C)委員長が辞任を表明して貿易戦争への懸念が再び高まった。
    一部報道では、トランプ大統領が8日にも追加関税導入する予定
    と伝えられ、主要3指数は強く売られる展開となっていた。
    しかし、追加関税の対象が国別となる可能性が高まったことで、
    過度な懸念が後退、下げ幅を縮小する展開となった。
    NYダウは一時、349ドル安まで下げ幅を広げた後、82ドル安で終
    了。ハイテク中心のNASDAQはプラス圏に浮上して引けた。
    NYダウ終値は-82.76の24801.36。
    S&P500は-1.32の2726.80。
    NASDAQは+24.64の7396.65。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
    
  • 2018-03-07【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    本日、該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ユーシン精機<6482>
    終値3225円(前日比-35円-1.07%)
    3/31時点の株主に対して1対2株の株式分割を実施すると発表。
    
    
    ピックアップ
    シュッピン<3179>
    終値1359円(前日比+29円+2.18%)
    中古品のネット販売および店頭販売を手掛けるシュッピン
    <3179>。
    2度の月次情報を発表。売上高は24億9200万円となり、前
    年同月比16.0%増とと2ケタ伸長。このうち、EC売上高は
    同11.1%増とこれも2ケタの伸びを確保。また、Web会員数
    は前月と比較して3847人増加して35万6325人に。
    株価は直近、2日続伸と堅調な展開となっている。
    テクニカル面では週足ベースの移動平均チャートに注目。
    12月付けた昨年来高値1700円から、調整となり値を下げ
    ていたが、先月(2月)前半に、52週線(1172円)近辺で調整
    一巡。
    その後は戻し基調にあり、13週線(1417円)や26週線(1404
    円)回復が射程圏内。本日の発表を好感して、これら回復
    を試す展開へ。
    回復となれば、上昇トレンド転換と判断されるところ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-07【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ASJ<2351>、
    S 総医研HD<2385>、
    一時S 応用技術<4356>、
    S 免疫生物研<4570>、
    一時S 昭和化<4990>、
    S スパンクリト<5277>、
    S ナビタス<6276>、
    S 高見サイ<6424>、
    ケ SFH<7176>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S 石川製<6208>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ピックアップ
    シンバイオ<4582> 大幅続伸。
    終値232円(前日比+12円+5.45%)
    直近に国内証券が強気カバレッジ開始。これを好材料視する買い
    が続いた。
    テクニカル面では、移動平均線チャートにおいて、200日線(232
    円)水準まで上昇。
    日足一目均衡表においても雲上限(235円)近辺まで上昇しており、
    これらから上振れと期待。
    
    ピジョン<9416> 大幅続伸。
    終値3195円(前日比+202円+6.74%)
    テクニカル面で注目。
    直帰に上値抵抗と意識されていた日足一目均衡表の雲上限(3070
    円)を上振れ。一段高が期待されるところにある。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-03-07【東京市場概況】

    日経平均は反落(165円安) 前場下げ渋りも後場に再び軟化
    
    前日の米株市場は上昇となっていたものの、朝方にコーン米国家
    経済会議委員長の辞任が伝わると、為替ドル/円が急速に円高方向
    に振れた。
    円高を嫌気するかっこうとなり、日本株は売り優勢でのスタート
    となった。
    日経平均は一時、200円超えの下落から、プラス圏に浮上するな
    ど、いっていの底堅さを示して、前場を小幅安で引けていた。
    (日経平均前場終値は21377.07円(40.69円安)
    後場は、円高方向にへの動きが一服していたドル/円が、再び円高
    方向に振れて、株価は再び軟化。
    日経平均は前場の安値こそ下回らなかったが、今晩の米株市場の
    動向を警戒して安値圏での推移となった。
    
    日経平均終値は-165.04円の21252.72円。
    
    東証1部の出来高は14億6744万株、
    売買代金は2兆7361億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり617銘柄、値下がり1368銘柄、
    変わらず85銘柄。
    
    業種別では値上がりが8業種、値下がりが25業種。
    値上がりは証券・商品、精密機器、その他金融など。
    値下がりトップは鉄鋼、電気・ガス、その他製品。
    
    日経平均は5日移動平均線(21323円)を下回り大引け。上値抵抗と
    意識されるかっこうとなった。
    明日の日本株は、今晩の米株市場の動向を受けての展開となる。
    米株が軟調な展開となっても、日経平均は本日の下落である程度
    織り込み済み。
    下値は200日移動平均線(21199円)が続きサポートとなると見られ
    る。
    ただ、週末のSQ(特別清算指数)算出、米2月雇用統計などを控える
    なか、引き続き、手掛けにくさは残り、本日に下回り引けた5日移
    動平均線(21323円)が上値を抑えるか。
    日経平均の下落につられて、新興市場もジャスダック、マザーズ
    と、ともに反落となった。
    ただ、日経平均に比べれば、いずれも下落率は小さく、主力処が
    手掛けにくいなか、引き続き、新興市場を中心とした中小型株へ
    資金は向かいやすい。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-07【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小反落(40円安) 200円超えの下落から一時プラス
    圏回復も
    
    前日の米株市場は上昇となっていたものの、朝方に為替ドル/円
    が急速に円高方向に振れたことなどから、日本株は売りが先行
    した。
    日経平均は一時、200円超えの下落となる場面が見られた(安値
    21201.94円(215.82円安))。
    しかし、売り一巡後は、円伸び悩みもあって買い戻しや押し目
    買いから持ち直し、一時はプラスに転じた。
    その後、節目21500円に迫ったところで、戻り売りに押されて、
    小幅ながら再びマイナス圏で前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-40.69円の21377.07円。
    
    東証1部の出来高は6億7851万株、
    売買代金は1兆2454億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1118銘柄、値下がり859銘柄、
    変わらず93銘柄。
    
    業種別では値上がりが15業種、値下がりが18業種。
    値上がりは証券・商品、精密機器、その他金融など。
    値下がりは鉄鋼、石油・石炭、その他製品など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は5日移動平均線(21348円)近辺での攻防。売り先行後
    はプラス圏に浮上する場面があるなどいっていの底堅さを示し
    ている。
    後場もこの近辺での推移が続く見通し。ただ、週末にメジャー
    SQ(特別清算指数)算出を控えるなか、5日線から下振れる動き
    となれば、売り仕掛けに押される可能性はある。
    日経平均がいっていの底堅さを示していれば、外部環境の影響
    を受けにくい中小型へは買いが入りやすい。
    ジャスダック、マザーズ指数はプラス圏で前場の取引を終えて
    いる。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-03-07【東京市場見通し】

    朝方になって円高が進行 メジャーSQ前の水曜日 上下荒い展開か
    
    前日の米株が小幅高だったなか、CME先物は大幅上昇。北朝鮮が非
    核化について米国と協議する意向を表明したことなどが好感され
    た。
    日本株は買い先行の見通しだったが、朝方になって、為替ドル/円
    が円高方向に振れており、現在は105円台半ばでの推移。コーン米
    国家経済会議委員長が辞任したとの報道が流れたことが円高要因
    となったようだ。
    円高が重しとなり、やや弱含みの展開になる可能性がある。
    本日はメジャーSQ(特別清算指数)算出を控える週の水曜日。先物
    売買で現物指数は上下に振れやすく、為替にらみの荒い展開が警
    戒されるところ。
    
    日経平均予想レンジは21200円-21600円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が105円台半ばでの推移。
    (6日終値106.14-15円)
    
    現在、ユーロ/円が131円台前半での推移。
    (6日終値130.92-96円)
    
    
    6日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって上昇。NYダウは小幅に続伸、S&P500とNASDAQは
    は3日続伸。
    北朝鮮が非核化について米国と協議する意向を表明したことなど
    が好感されて買いが先行上昇してスタートした主要3指数。
    トランプ米大統領の鉄鋼とアルミへ関税を課す方針が引き続き警
    戒されて上値は重く、マイナス圏に沈む場面もあったが、終値で
    はそろってプラス圏で終了した。
    NYダウ終値は+9.36の24884.12。
    S&P500は+7.18の2728.12。
    NASDAQは+41.30の7372.01。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
    
  • 2018-03-06【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ピックアップ
    カナミックN<3939> 業績修正・株式分割発表。
    終値4320円(前日比+515円+13.53%)
    18年9月期第2四半期累計(17年10月-18年3月)の経常利益(非連結)
    を従来予想1.5億円から2億円に上方修正(前年同期は1.7億円)。
    (通期の経常利益は従来予想3.3億円据え置き)
    また、3/31現在の株主を対象に1対2の株式分割を実施を発表。
    株価は本日、4日ぶり大幅反発。
    テクニカル面では、移動平均線チャートに注目。発表を好感する
    動きから、ここまで上値抵抗と意識されている25線(4563円)を回
    復となるか。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    Vテクノロジー<7717>
    終値27950円(前日比+550円+2.00%)
    同社グループが複数の海外大手ディスプレーメーカーから、製造
    装置を約170億円で受注したと発表(円建て受注のため、為替レー
    ト変動の影響無し)。この受注による今期業績見通しへの影響は軽
    微で、来期以降の業績に貢献する見通し。
    
    インタアクション<7725>
    終値1008円(前日比+16円+1.61%)
    海外取引先から大口受注を獲得。受注金額は1.1億円、19年5月期
    第1四半期に売上計上予定。
    
    エヌジョイHD<9421>
    終値3455円(前日比+100円+2.98%)
    3/31現在の株主を対象に1対2の株式分割実施を発表。
    
    ピックアップ
    カプコン<9697>
    終値4400円(前日比+190円+4.51%)
    3/31現在の株主を対象に1対2の株式分割実施を発表。
    株価は本日、3日ぶり大幅反発。25日移動平均線(4195円)を下値サ
    ポートに下げ止まり、同線から上振れ。
    発表を好感して、一段と上方向へのトレンドを強めそうだ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-06【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S YSフード<3358>、
    一時S テモナ<3985>、
    S ステラケミ<4109>、
    一時S アイサンテク<4667>、
    S メドピア<6095>、
    S アライドHD<6835>、
    S ぷらっと<6836>、
    ケ SFH<7176>、
    S セルシード<7776>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S イグニス<3689>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    くらコーポ<2695> 大幅続伸。
    終値7150円(前日比+640円+9.83%)
    昨年来高値更新。前日(5日)発表の決算を好感。
    その他、国内証券の目標株価引き上げなどもあり。
    25日移動平均線(6458円)近辺から上振れ。
    
    ピジョン<7956> 大幅続伸。
    終値4500円(前日比+235円+5.50%)
    前日(5日)発表の決算を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限4453円)突破。
    
    ピックアップ
    アニコムHD<8715> 3日大幅続伸。
    終値3845円(前日比+325円+9.23%)
    テクニカル面で注目。
    株価は大幅に3日続伸、直近に上値抵抗と意識されていた日
    足一目均衡表の雲上限(3597円)を上抜けて一段高、昨年来
    高値更新を更新して、上方向へのトレンドを強めている。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-03-06【東京市場概況】

    日経平均は5日ぶり大幅反発() 米株高や円高一服を好感 後場は
    伸び悩み
    
    朝方から買い優勢の展開となった日本株。前日の米株市場が大幅
    に上昇していたことや、ドル/円の円高一服も好感された。
    日経平均は21300円台でスタートすると、一時は節目21500円台を
    回復する場面も見られ、前場はそのまま21500円を挟んでのもみあ
    い、高値圏で終えていた。
    後場に入っても堅調な展開が続いていたが、次第に上値の重さが
    意識され上げ幅を縮小、21400円どころで本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+375.67円の21417.76円。
    
    東証1部の出来高は12億881万株、
    売買代金は2兆5175億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1789銘柄、値下がり236銘柄、
    変わらず42銘柄。
    
    業種別では値上がりが31業種、値下がりが2業種。
    値上がりトップは石油・石炭、その他製品、精密機器。
    値下がりは空運、バルブ。紙のみ。
    
    日経平均は大幅反発となったものの、節目21500円近辺で上値を抑
    えられた。
    5日移動平均線(21486円)などが上値抵抗に控える水準であり、抵
    抗線となったかっこう。
    週末の米雇用統計など、週末に控える重要イベントを前に、自律
    反発の域を脱せずといったところ。
    とはいえ、外部環境が落ち着けば売り込む材料はなくなる。続き
    外部環境次第のところあるが、下値では押し目買い意欲も、それ
    なりに強い見方だ。
    前日に割れて即日回復した200日移動平均線(21192円)などが、目
    先の下値メドとして意識される見込み。
    その他、今週はメジャーSQ(特別清算指数)算出を控える。仕掛
    け的な動きには、引き続き警戒したいところ。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-06【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は5日ぶり大幅反発(445円高) 米株高などを好感
    
    前日の米株市場がNYダウが336ドル高となるなど大幅上昇。加え
    て、円高基調にあったドル/円の動きも一服。それを受けて日本
    株は買い優勢の展開となった。
    日経平均は21300円台でスタートすると、寄り付き直後を安値
    に上げ幅を拡大、一時は21500円台まで回復する場面が見られ
    た(高値21551.14円(509.05円))。
    その後は、節目21500円を挟んでのもみあい、高値圏で前場の
    取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+445.07円の21487.16円。
    
    東証1部の出来高は6億851万株、
    売買代金は1兆1846億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1918銘柄、値下がり120銘柄、
    変わらず31銘柄。
    
    業種別では値上がりが32業種、値下がりが1業種。
    値上がりトップは石油・石炭、その他製品、鉱業。
    値下がりはバルブ。紙のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は大幅反発、買い戻しが主体のなか、5日移動平均線
    (21500円)を捉えてきており、同線回復で引けれれば、一段と
    戻し基調が強まってきそうなところ。
    後場、同線での攻防が続く見通しのなか、回復となるか注目
    されるところ。
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-03-06【東京市場見通し】

    米株の大幅上昇を好感 円高一服も後押しとなり買い優勢の展開
    
    前日の海外市場は欧米株そろって上昇。米株市場ではNYダウが336
    ドル高となるなど大幅上昇。貿易摩擦への過度な懸念が後退、買
    い安心感が広がった。
    為替ドル/円も直近の円高傾向が一服、現在は106円台前半での推移
    となっている。
    米株高に円高一服と本日は押し目買いなどが入りやすく、買い優
    勢の展開が予想される。
    CME225先物が大幅高となっており、日経平均は昨日に2/14の安値
    を下回ったが、このタイミングで強い切り返しが見られれば、二
    番底形成の期待も高まるところ。
    買い先行後、節目21500円どころが上値抵抗となりそうだが、直近
    に強く売られていた反動もあり、幅広い銘柄に押し目買いが入る
    と見込まれ、終日しっかりとした展開が期待される。
    
    日経平均予想レンジは21200円-21500円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が106円台前半での推移。
    (5日終値105.39-40円)
    
    現在、ユーロ/円が131円台前半での推移。
    (5日終値129.45-49円)
    
    
    5日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって上昇。NYダウは5日ぶりの反発。S&P500とNASDAQ
    は続伸。3指数がそろって1%以上値上がりとなった。
    ライアン下院議長が追加関税について強い懸念を表明したことに
    対しトランプ大統領は引き続き追加関税導入の意向を示したが、
    その後カナダ、メキシコに対しては鉄鋼とアルミの追加輸入関税
    を除外する可能性を示したことで、貿易戦争への懸念がやや後退
    した。
    NYダウは、軟調にスタートして、一時は150ドル安まで下落した
    が、終盤に422ドル高まで上昇する場面が見られた。
    NYダウ終値は+336.70の24874.76。
    S&P500は+29.69の2720.94。
    NASDAQは+72.84の7330.71。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-03-05【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    AMBITION<3300> 業績修正発表。
    終値2068円(前日比-361円-14.86%)
    18年6月期の連結経常利益を従来予想4.1億円から5.3億円
    に上方修正(前期2.6億円)。
    
    ピジョン<7956> 決算発表。
    終値4265円(前日比+20円+0.47%)
    18年1月期の連結経常利益は201億円(前期比22.3%増)。
    19年1月期は204億円(前期比1.3%増)を見込み、8期連続で
    過去最高益を更新する見通し。
    前期の年間配当を62円から66円に増額(前の期は53円)、
    今期も前期比2円増の68円に増配する方針に。
    
    ピックアップ
    フォーカスS<4662> 業績・配当修正発表。
    終値918円(前日比-24円-2.54%)
    18年3月期の経常利益(非連結)を従来予想8.2億円から
    10億円に上方修正(前期7.3億円)期末一括配当を従来
    計画12.5円から16円に増額修正(前期12.5円)。
    テクニカル面では、週足一目均衡表に注目。雲突破が
    射程圏内(雲上限967円)。
    発表を好感して雲突破となれば、上方向へのトレンド
    が強まりそうだ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ABCマート<2670>
    終値6790円(前日比+140円+2.10%)
    2月度既存店売上高は前年同月比7.2%増。
    9ヶ月連続で前年実績上回り。
    
    長瀬産<8012>
    終値1768円(前日比-27円-1.50%)
    18年3月期の年間配当を記念配当などで従来計画35円
    から40円に増額修正(前期は33円)。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-05【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め10銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S 翻訳センター<2483>、
    一時S プレミアムW<2588>、
    S シーズメン<3083>、
    一時S レッグス<4286>、
    一時S エルミック<4770>、
    S ナビタス<6276>、
    ケ SFH<7176>、
    S ジンズメイト<7448>、
    S セルシード<7776>、
    一時S セーラー<7992>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S マネフォ<3994>、
    S セリオ<6567>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    新都HD<2776> 4日大幅続伸。
    終値228円(前日比+27円+13.43%)
    日足一目均衡表の雲(上限217円)突破。
    
    APAMAN<8889> 4日大幅続伸。
    終値925円(前日比+48円+5.47%)
    日足一目均衡表の雲(上限891円)突破。
    
    アインHD<9627> 大幅続伸。
    終値7700円(前日比+530円+7.39%)
    先週末(2日)発表の決算を好感。
    200日移動平均線(7688円)回復。
    
    ピックアップ
    DyDo<2590> 3日ぶり大幅反発。
    終値6980円(前日比+640円+10.09%)
    先週末(2日)に発表された決算が好感され、3日ぶり大幅反発、昨
    年来高値更新となった。
    (18年1月期の連結経常利益は53.8億円(前期比43.9%増)と従来予想
    43億円を上回って着地。19年1月期は57.2億円(前期比6.4%増)に伸
    びる見通し)
    テクニカル面では、先週末(2日)に割れた25日移動平均線(6468円)
    を、早期に回復して上振れ、上昇トレンドを維持したっかこうに
    ある。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-03-05【東京市場概況】

    日経平均は4日続落(139円安) 後場に下げ渋りも戻りは限定的
    
    先週末の外部環境がさえず、日本株は売り優勢の展開となった。
    日経平均は売り先行後、一時は前日終値近辺まで戻す場面も見
    られたが、、戻り売りに押されて、下げ幅を拡げる展開、21000
    円近辺で前場の取引を終えていた。
    後場に入ると一段安、一時は20937.26円(244.38円安)まで値を
    下げる場面があった。
    その後は、安値からは100円程度持ち直して、節目21000円を終
    値では維持した。
    
    日経平均終値は-139.55円の21042.09円。
    
    東証1部の出来高は15億1045万株、
    売買代金は2兆7617億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり482銘柄、値下がり1532銘柄、
    変わらず55銘柄。
    
    業種別では値上がりが9業種、値下がりが24業種。
    値上がりはゴム製品、食料品、陸運など。
    値下がりトップはその他製品、非鉄金属、海運。
    
    日経平均は節目21000円は維持して引けたものの、半年ぶりに200
    日日移動平均線(21185円)割れとなった。
    半年前に200日線を割れた時は、その水準を底に、反転となってい
    た。
    今回もその他のテクニカル指標で、騰落レシオが78%台(売られ過
    ぎ目安は80%割れ)となるなど低下しており、自律反発が期待され
    るところではある。
    ただ、外部環境次第のところが強い。引き続き、トランプ米大統
    領の新関税措置が引き続き市場の混乱要因になることが警戒され
    るなか、米市場の落ち着きを見極めたいところ。
    また、週末にはメジャーSQを控えており、短期筋の売り仕掛けの
    動きにも注意しておきたいところだ。
    
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-03-05【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は4日続落(138円安) 欧米株安に円高で売り優勢
    
    先週末の欧州株が軟調、米株市場ではNYダウが4日続落。また、為
    替ドル/円も円高方向にあり、日本株は売り優勢の展開となった。
    日経平均は100円超えの下落でスタート、その後に前日終値近辺ま
    で下落幅を縮小する場面も見られたが、戻り売りに押されて、下
    げ幅を拡げる展開となった。ここまでの安値は21003.62円(前日比
    178.02円安)、節目21000円どころでは、いっていの底堅さを示し
    ている。
    
    日経平均前場終値は-138.03円の2104.61円。
    
    東証1部の出来高は6億5255万株、
    売買代金は1兆1359億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり511銘柄、値下がり1488銘柄、
    変わらず69銘柄。
    
    業種別では値上がりが8業種、値下がりが25業種。
    値上がりはゴム製品、食料品、水産・農林など。
    値下がりトップは海運、非鉄金属、鉄鋼。
    
    
    後場の見通し
    
    今週末にメジャーSQ、急落のキッカケとなった米雇用統計などを
    控えており、積極的な買いは見送られているようだ。また、開票
    が進むイタリア選挙の行方に対する警戒感も多少あるのだろう。
    後場も続き、売り優勢の展開の見通し。ただ、PERなどから割安感
    は強く、日経平均は21000円どころでは底堅く推移、週末のイベン
    トを通過すれば、次第に落ち着きを取り戻す見かた。悲観的にな
    りすぎないようにしておきたいところ。
    
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-03-05【東京市場見通し】

    米株は下げ止まりも円高を警戒 日本株はもみあい 方向感欠ける
    か
    
    先週末の海外市場は欧州株は軟調で米株はまちまち。NYダウは一時
    400ドル近く下げる場面から下げ幅を縮小、70ドル安で引けた。
    S&P500とNASDAQは上昇と、いったん米株は下げ止まりの動きにあ
    る。
    為替ドル/円はで円高基調。現在は105円台半ばでの推移。
    米株が下げ止まり傾向にあるのはポジティブだが、円高が強まっ
    てきていることはネガティブ。
    日経平均は先週後半の3日感で約1200円の下落。自律反発的な動き
    を期待したいところだが、円高傾向が続いていることや、イタリ
    ア総選挙のユーロの動向や今晩の欧米市場の反応も見極めたいと
    の思惑などもあり上値は重く、方向感に乏しい展開となりそう
    だ。
    
    日経平均予想レンジは20950円-21300円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が105円台半ばでの推移。
    (先週末2日終値105.73-75円)
    
    現在、ユーロ/円が130円どころでの推移。
    (先週末2日終値129.66-70円)
    
    
    先週末2日の米株市場概況
    
    高安まちまち。NYダウは4日続落もS&P500とNASDAQが4日ぶりに反
    発。
    トランプ米大統領の鉄鋼とアルミへの追加関税をかける方針に対
    し、引き続き中国などとの貿易摩擦の激化を警戒、売り優勢でス
    タートして、NYダウは一時、390ドルを超えの下落となる場面があ
    った。
    しかし、ヘルスケア、ITを中心に買い戻され下げ幅を縮小した。
    NYダウ終値は-70.92の24538.06。
    S&P500は+13.58の2691.25。
    NASDAQは+77.31の7257.87。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-02【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    テレ朝HD<9409> 
    終値2119円(前日比-34円-1.57%)
    18年3月期の連結経常利益を従来予想195億から210億円に
    上方修正(前期は219億円)。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    Uアローズ<7606>
    終値4330円(前日比-20円-0.45%)
    2月既存店売上高は前年同月比4.7%増。
    2ヵ月ぶりに前年実績上回り。
    
    ジンズメイト<7448>
    終値807円(前日比-22円-2.65%)
    2月度既存店売上高は前年同月比23.9%増。
    7ヶ月連続で前年実績上回り。
    
    良品計画<7453>
    終値37050円(前日比+750円+2.06%)
    2月直営既存店売上高は前年同月比6.5%増。
    12ヶ月連続で前年実績上回り。
    
    ニッコンHD<9072>
    終値2637円(前日比-55円-2.04%)
    自社株買い発表。(上限を70万株(発行済み株数の1.03%)、
    または20億円。取得期間は3/5~5/31)
    
    ファストリ<9983>
    終値40980円(前日比-1100円-2.61%)
    2月国内ユニクロ既存店売上高は前年同月比5.1%増。
    2ヵ月ぶりに前年実績上回り。
    
    ピックアップ
    ラクス<3923>
    終値3160円(前日比-95円-2.91%)
    3/31を基準日として1対2株の株式分割を実施すると発表。
    直近の株価は、25日移動平均線(3181円)近辺でもみあい、
    日柄調整中。
    発表を好感して、25日線から上振れへ。
    昨年来高値3500円(2/2)を試す展開、上値追いへと期待が
    かかる。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-03-02【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め6銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S シーズメン<3083>、
    S エルミック<4770>、
    一時S GMOテック<6026>、
    S ナビタス<6276>、
    S テクポイント<6697>、
    S セルシード<7776>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    アルプス技<4641> 大幅反発。
    終値2280円(前日比+90円+4.10%)
    前日割れた25日移動平均線(2197円)即日回復。
    
    新川<6274> 4日大幅続伸。
    終値1284円(前日比+69円+5.67%)
    25日移動平均線(1264円)回復。
    
    ピックアップ
    ソフトフロントH<2321> 大幅反発。
    終値170円(前日比+6円+3.65%)
    テクニカル面で注目。
    本日、日足一目均衡表の雲(上限167円)を突破。
    次に移動平均線チャートの200日線(184円)を試す展開へ。
    200日線回復となれば、もう一段高が期待されるところ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-03-02【東京市場概況と来週の見通し】

    2日概況 日経平均は大幅3日続落 後場やや下げ渋りも戻り限定的
    
    前日の米株市場が、トランプ大統領が鉄鋼とアルミに追加輸入関
    税を導入すると発表したことなどから大幅安。
    日本株も米株安を受けて朝方から全面安スタートとなった。
    日経平均は、ほぼ一本調子の下落、600円を超えの下落幅で前場の
    取引を終えていた。(前場終値21097.35円(627.12円))
    後場は、日銀のETF買い入れなど支えに、買い戻しや押し目買いが
    入ったものの戻りは限定的で、大幅に3日続落となり、本日の取引
    を終えた。
    
    日経平均終値は-542.83円の21181.64円。
    
    東証1部の出来高は16億100万株、
    売買代金は3兆235億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり237銘柄、値下がり1791銘柄、
    変わらず41銘柄。
    
    業種別では全33業種が下落。
    値下がりトップは精密機器、鉄鋼、ゴム製品。
    
    
    来週の見通し
    
    日経平均は本日、取引時間中に割り込んだものの、終値では
    200日移動平均線(21179円)を維持した。200日線を踏みとど
    まったことはいっていの安心感につながる。
    ただ、トランプ米大統領が鉄鋼輸入品やアルミ製品に対し関
    税を課す方針を発表すると明らかにしたことで、世界景気へ
    の悪影響が警戒されているほか、4日(日)にイタリア総選挙
    など欧州で政治イベントが控えており、一時的な波乱要因と
    なる可能性がある。
    日経平均が200日線を割り込むようなことになれば、直近安
    値20950.15円(2/14))を意識、安値更新となれば、売り圧力
    が強まると予想される。
    その時は、20500円-20000円近辺まで値を落とす可能性が出
    てくるところ。
    新興市場も日経平均の大幅下落のなか、直近の2日間は売り
    優勢の展開。
    ただ、好業績銘柄やテーマ性のある銘柄、材料株へは買いが
    向かっており、物色意欲は根強い。
    日経平均が一定程度の底堅さを示していれば、新興市場を中
    心に外部環境の影響を受けにくい中小型株へは資金が向かい
    そうだ。
    
    来週の日経平均予想レンジは20500円-21800円。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-02【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅3日続落(627円安) 米株安に加えて円高を嫌
    気
    
    前日の米株市場が大幅に3日続落。これを受けて日本株も売りが
    先行した。
    日経平均は寄り付き直後を高値にじり安。その他アジア株が軟
    調なスタートとなり、為替ドル/円も円高基調にあったことなど
    から、一段とリスク・オフムードが強まり、ほぼ一本調子の下
    落。下落幅は600円を超えて前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-627.12円の21097.35円。
    
    東証1部の出来高は7億7464万株、
    売買代金は1兆4153億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり178銘柄、値下がり1858銘柄、
    変わらず33銘柄。
    
    業種別では全33業種が下落。
    値下がりトップは鉄鋼、精密機器、ゴム製品。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均はマドを空けての下落で直近安値水準にある(直近安値
    20950.15円(2/14))。
    21000円は辛うじて維持しているものの、200日移動平均線(21178
    円)を割れており、チャート形状は悪化している。終値では200日
    線を維持しておきたいところ。
    後場、日銀のETF買い入れなどが下支え要因となりそうだが、週
    末要因、また来週にはメジャーSQを控えていることなどもあり、
    積極的な売買は手控えられやすい。
    物色は、続き外部環境の影響を受けにくい中小型株へ向かいやす
    いが、これも週末要因などから本日は限定的か。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-03-02【東京市場見通し】

    米株が大幅3日続落 日経平均は直近安値うかがう展開に
    
    前日の米株市場は主要3指数そろって大幅3日続落。NYダウは420ド
    ウ安となった。
    為替ドル/円も円高方向にあり、現在は106円台前半での推移。
    これを受けて、日本株も売りが先行する見通し。
    日経平均は、ギャップダウンでスタート。200日移動平均線(21173
    円)近辺まで押すと予想される。
    同線を割れれば、直近安値20950.15円(2/14)を試す可能性も出て
    くるところ。
    物色としては、外部環境の影響を受けにくい中小型、新興株に向
    かいやすいが、日経平均の大幅下落、週末要因などもあり、積極
    的な売買は限られそうだ。
    
    日経平均予想レンジは20950円-21400円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が106円台前半での推移。
    (1日終値106.80-81円)
    
    現在、ユーロ/円が130円台前半での推移。
    (1日終値130.30-34円)
    
    
    1日の米株市場概況
    
    主要3指数そろって大幅3日続落。
    前日までの大幅下落の反動から朝方は買い戻される場面もあっ
    た。
    中国などとの貿易摩擦の激化を警戒し、売りが優勢の展開に。
    また、投資家の不安心理を示すVIX指数が、20を超えたことも
    影響し、リスク回避姿勢が強まった。
    NYダウ終値は-420.22の24608.98。
    S&P500は-36.16の2677.67。
    NASDAQは-92.45の7180.56。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-01【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    本日、該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ミツコシイセタン<3099>
    終値1240円(前日比-22円-1.74%)
    2月度の国内百貨店事業売上速報を発表。三越伊勢丹合計の既存店
    売上高は前年同月比3.5%増と9ヶ月連続で前年実績上回り。
    
    IGポート<3791>
    終値4210円(前日比+75円+1.81%)
    アプリ不要のマンガ配信Webサービス「マンガドア」を開始。
    
    ユビキタス<3858>
    終値1058円(前日比-9円-0.84%)
    18年3月期第4四半期に投資有価証券売却益3400万円を特別利益に
    計上。
    
    アステラス薬<4503>
    終値1544.5円(前日比-36.0円-2.27%)
    前立腺がん治療剤「イクスタジン錠」の剤形追加、去勢抵抗性前
    立腺がんの効能・効果で国内製造販売承認を取得。
    
    松屋<8237>
    終値1491円(前日比-55円-3.55%)
    2月の銀座本店売上高は前年同月比12.3%増。
    
    H2O<8242>
    終値2052円(前日比-56円-2.65%)
    2月度の売上速報を発表。全社合計売上高は前年同月比3.3%増と
    15ヶ月連続で前年実績上回り。
    
    ピックアップ
    Jフロント<3086>
    終値1908円(前日比-43円-2.20%)
    2月度の売上速報を発表。百貨店事業の合計売上高は前年同月比
    3.2%増と11ヶ月連続で前年実績上回り。
    株価は本日の取引を続落で引けており、主要の移動平均線を下
    回る水準での推移(5、25、75日線など)と、日足のチャート形状
    では、売り優勢にある。
    しかし、週足ベースでは、13週線(2006円)を割れているものの、
    26週線(1833円)を上回っており、中期的なトレンドは崩れてい
    ない。
    発表を好感して、13週線回復を試す展開に期待。回復となれば、
    上振れが期待されるところ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-03-01【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S KDXサムス<1584>、
    S シーズメン<3083>、
    一時S Jテック・C<3446>、
    S イグニス<3689>、
    一時S マネフォ<3994>、
    一時S CANBAS<4575>、
    S メドレックス<4586>、
    S GMOテック<6026>、
    S ナビタス<6276>。
    
    ピックアップ
    GMO TECH<6026> ストップ高
    終値3750円(前日比+700円+22.95%)
    2/28に店舗や施設独自の(ハウス型)電子マネーを簡単につくれる
    「GMOアップカプセル電子マネー」を開発したと発表。
    発表を好感した買いが向かいストップ高で大引けとなった。
    テクニカル面では、25日移動平均線(3142円)を回復して上振れ。
    また、日足一目均衡表の雲(上限3345円)突破となるなど、引き続
    き堅調な展開が期待される。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    日東精<5957> 5日大幅続伸。
    終値701円(前日比+50円+7.68%)
    日足一目均衡表の雲(上限687円)突破。
    
    ピックアップ
    アルトナー<2163> 3日ぶり大幅反発。
    終値2220円(前日比+215円+10.72%)
    前日(28日)に株式分割を発表。(3/31現在の株主を対象に1対2の株
    式分割を実施)
    発表を好感した買いが入って大幅反発。
    テクニカル面では、直近に上値を抑えられていた日足一目均衡表
    の雲(上限2110円)を突破し、一段高が期待されるところ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-01【東京市場概況】

    日経平均は大幅続落(343円安) 終日売り優勢 一時下落幅400円超
    え
    
    前日の米株市場の大幅続落や為替ドル/円が円高方向に振れたこと
    が悪材料となり、日本株は朝方から売りが先行した。
    日経平均は節目22000円割れで始まり、前場を21714.97円(353.27
    円安)で引けていた。
    後場に入っても売り優勢の展開は変わらず、一時は400円超えの下
    落幅となり、21645.22円(423.02円)まで値を下げる場面があっ
    た。
    その後も戻りの鈍いまま、やや下げ幅を縮小した程度で、本日の
    取引を終えた。
    
    日経平均終値は-343.77円の21724.47円。
    
    東証1部の出来高は15億1848万株。
    売買代金は2兆7893億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり281銘柄、値下がり1746銘柄、
    変わらず42銘柄。
    
    業種別では値上がりが1業種、値下がりが32業種。
    値上がりは空運のみ。
    値下がりトップは鉱業、機械、倉庫・運輪。
    
    日経平均は新たなマド(21901.13円-22068.24円)を開けて下放れ。
    加えて、下値サポートと意識されていた5日移動平均線(22045円)
    を割れた。
    テクニカル的には、2/14安値20950.15円に対する2番底を探る可
    能性がある。
    その上に200日移動平均線(21173円)が控えており、下値サポー
    トとなるかが焦点。同線で踏みとどまるようなら、中期的なト
    レンドは崩れない見かた。
    
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-01【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅続落(353円安) 米株安受けて売られる展開
    
    前日の米株市場が大幅続落。また、為替ドル/円も円高方向にあ
    り、日本株は朝方から売りが先行した。
    日経平均は節目の22000円を割り込んで始まった後、売りが売
    りを呼ぶ展開に。
    前場終盤には、21684.11円(384.13円安)まで値を下げる場面が
    見られた。
    
    日経平均前場終値は-353.27円の21714.97円。
    
    東証1部の出来高は7億6466万株。
    売買代金は1兆3654億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり273銘柄、値下がり1742銘柄、
    変わらず53銘柄。
    
    業種別では値上がりが1業種、値下がりが32業種。
    値上がりは空運のみ。
    値下がりトップは鉱業、機械、化学。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均はマドを空けての下落、2/22安値水準まで下げてきてい
    る。
    後場は、日銀のETF買い入れが意識されるため下げ渋る展開が期
    待される。
    ただ、節目22000円、5日移動平均線(22043円)などを割れたこと
    により、戻り待ちの売りも強いと予想される。主力処は手掛け
    にくく、下値を警戒したいところだ。
    いっぽうで、新興市場を中心とした中小型株への期待は残る。
    マザーズ、ジャスダックともに本日はマイナスで前場の取引を
    終えているが、日経平均と比較すると下落幅は小さい。
    続き、好業績銘柄、テーマ性のある銘柄や材料株などの動向を
    注視したいところ。
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-03-01【東京市場見通し】

    米株の大幅続落受けて日経平均は売り優勢 物色は中小型株へ
    
    前日の米株は序盤は買いが優勢も、その後は売りに押されて、NY
    ダウは380ドル安と連日で3桁下落。
    また、為替ドル/円も107円を割り込み、現在は106円台後半での推
    移と円高方向に振れている。
    外部環境がさえず、日本株は売りが先行する見通し。日経平均は
    節目22000円割れ。また、5日移動平均線(22048円)割れが想定され
    るところで、チャート形状は悪化する。
    ただ、前日に日経平均は320円超えの大幅下落となっており、安く
    よったあとの下値はある程度限定される見通し。
    物色は中小型株へ。主力処のさえない展開が予想されるなか、中
    小型株の好業績銘柄、テーマ性のある銘柄や材料株へ、資金は向
    かいそうだ。
    
    日経平均予想レンジは21800円-22000円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が106円台後半での推移。
    (28日終値107.07-08円)
    
    現在、ユーロ/円が130円どころでの推移。
    (28日終値130.87-91円)
    
    
    28日の米株市場概況
    
    大幅続落。
    総じて弱めの経済指標を受けて米10年債利回りが低下したこと
    や、前日の下落の反動もあり、米株は朝方は反発してスタート
    した。
    しかし、上げたところでは戻り売りなどにおされて、終盤は下
    落幅を広げた。
    NYダウは朝方に166ドル高まで上昇、終りは380.83ドル安と、1
    日の振れ幅は553ドルに達した。
    NYダウ終値は-380.83の25029.20。
    S&P500は-30.45の2713.83。
    NASDAQは-57.35の7273.01。
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
お気軽にお問い合わせください
  • お申込み
  • お問い合わせ
電話番号