• 2018-04-25【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落(143円安) 米株安受けて売られる展開
    
    前日の米株市場が大幅安(NYダウは424ドル安)を受けて、日本株も
    売られる展開となった。
    朝方の売り先行後、為替ドル/円が落ち着いた動きとなっていたこ
    とを支えに下げ渋り、日経平均は下げ幅を縮小する場面も見られ
    たが、米株先物の弱含みなどが嫌気され、再び下げ幅を拡げた。
    (ここまで安値は22080.76円(197.36円安))
    
    日経平均前場終値は-143.95円の22134.17円。
    
    東証1部の出来高は7億473万株、
    売買代金は1兆2301億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり861銘柄、値下がり1096銘柄、
    変わらず120銘柄。
    
    業種別では値上がりが9業種、値下がりが24業種。
    値上がりは電気・ガス、食料品、ゴム製品など。
    値下がりトップは機械、電気機器、石油・石炭。
    
    
    後場の見通し
    
    前場、米株安などを受けて売り優勢の展開となった。後場は日
    銀のETF(上場投資信託)買い期待などがから、下値は限定さ
    れる見通し。
    足元でドル/円が円安方向での推移となっていることも下支え要
    因、決算に対するこれまでの慎重姿勢も和らぐ可能性あるだろ
    う。
    日経平均は目先、節目22000円近辺で値固めに入る見通し。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-25【東京市場見通し】

    売り優勢の展開 米株安を嫌気 売り一巡後は円安支えに下げ渋り
    か
    
    前日の米株市場は大幅安、キャタピラーが決算内容は良好であっ
    たものの、CEOの発言で業績ピーク感が意識されて急落、この動
    きを嫌気して全体も値を崩して、NYダウは一時、600ドル超える
    下落幅となる場面があった(終りは424ドル安)。
    米株安を嫌気して本日の日本株は売り優勢でのスタートとなり
    そうだ。
    米株市場は足ものと地合いの悪さがうかがえるが、日本株はそ
    うではない。
    為替ドル/円が米株の急落に対して落ち着いていることも下支え
    要因となるだろう(現在は108円台後半での推移)。
    日経平均は節目22000円近辺が下値メド、売り一巡後は下げ渋
    る展開を予想する。
    
    日経平均予想レンジは22000円-22300円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が108円台後半での推移。
    (24日終値108.88-90円)
    
    現在、ユーロ/円が133円台前半での推移。
    (24日終値132.78-82円)
    
    
    24日の米株市場の概況
    
    大幅下落。NYダウは5日続落、S&P500は反落、NASDAQは4日続落とな
    った。
    キャタピラーが決算内容は良好であったものの、CEOの発言で業績
    ピーク感が意識されて急落、この動きを嫌気して全体も値を崩し
    た。
    また、米10年債利回りが2014年1月以来の3%台に乗せるなど金利上
    昇も相場の重しとなった。
    NYダウはは131ドル高と高く寄り付いたが、午後に619ドル安まで下
    落する場面が見られた。
    NYダウ終値は-424.56の24024.13。
    S&P500は-35.73の2634.56。
    NASDAQは-121.25の7007.35。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-24【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    鉄建建設<1815> 業績・配当修正発表。
    終値3130円(前日比+45円+1.45%)
    18年3月期の連結経常利益を従来予想57億円から68.8億円に
    上方修正(前の期は61.4億円)。
    
    日電産<6594> 決算発表。
    終値16770円(前日比+110円+0.66%)
    18年3月期の連結税引き前利益は1644億円(前の期比16.4%増)。
    19年3月期は1850億円(前期比12.5%増)。
    今期の年間配当は100円(前期比5円増)の方針。
    
    日立ハイテク<8036> 決算発表。
    終値4730円(前日比+30円+0.63%)
    18年3月期の連結税引き前利益は555億円(前の期比3.1%増)と
    従来予想520億円を上回り。19年3月期も630億円(前期比13.
    3%増)。
    前期の年間配当を80円から85円に増額(前の期は80円)、今期
    も前期比10円増の95円に増配する方針。
    
    ピックアップ
    ミライトHD<1417> 業績・配当修正発表。
    終値1712円(前日比+19円+1.12%)
    18年3月期の連結経常利益を従来予想130億円から178億円に
    上方修正(前の期は105億円)。
    前期の年間配当を従来計画30円から35円に増額修正(前の期
    は30円)。
    株価は年初来高値1760円(2/5)手前で上値の重い展開が続い
    ているが、発表を好感して高値更新、上値追いの展開が期
    待されるところ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    FRONTEO<2158>
    終値876円(前日比+5円+0.57%)
    人工知能エンジン「KIBIT」が明治安田生命保険の社内業務
    効率改善を試行する取り組みに導入される。
    
    TOTO<5332>
    終値6090円(前日比+60円+0.99%)
    タイで新たに取得した敷地にウォシュレット生産工場(TO
    TOタイランド第3工場(仮称))を建設すると発表。
    
    テクノHR<6629>
    終値863円(前日比+9円+1.05%)
    モバイルペイメント対応マルチ決済端末「FP-1」が中国の
    電子決済サービス「アリペイ」に対応。
    
    ニトリHD<9843>
    終値17995円(前日比-365円-1.98%)
    4月既存店売上高は前年同月比5.6%増。
    3ヶ月ぶりに前年実績を上回り。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-24【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 麻生フオーム<1730>、
    S セブンシーズ<3750>、
    S Jストリーム<4308>、
    一時S CEHD<4320>、
    S 宮越HD<6620>、
    S Nuts<7612>、
    S 大和自<9082>、
    一時S 小僧寿し<9973>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S HEROZ<4382>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    電子材料<6855> 5日大幅続伸。
    終値857円(前日比+33円+4.00%)
    日足一目均衡表の雲(上限825円)突破。
    
    エフ・シー・シー<7296> 大幅反発。
    終値3200円(前日比+115円+3.72%)
    日足一目均衡表の雲(上限3105円)突破。
    
    ソニーFH<8729> 3日大幅続伸。
    終値2068円(前日比+61円+3.03%)
    日足一目均衡表の雲(上限2023円)突破。
    
    ピックアップ
    Vテクノロジー<7717> 4日大幅続伸。
    終値30300円(前日比+1450円+5.02%)
    有機EL製造装置や関連部材を手掛ける銘柄へ買いが向かっ
    ており、当銘柄も大幅に4日続伸、今月4日以来となる3万円
    大台を回復した。
    テクニカル面では、移動平均線チャートにおいて、割れて
    いた25日線(29437円)超えとなるなど、トレンドは回復傾向。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-24【東京市場概況】

    日経平均は3日ぶり反発(216円高) 円安進行で買い優勢の展開
    
    前日の米株市場は高安まちまちも、為替ドル/円が急速に円安方向
    に振れたことが好感されて、日本株は買いが先行した。
    日経平均は買い一巡後、やや伸び悩む展開があったものの、堅調
    なまま前場の取引を終えていた。
    (日経平均前場終値は22236.53円(148.49円高))
    後場も値幅はそれほど大きくないものの、上値を伸ばす展開が続
    き、一時は22300円台に乗せる場面も見られた。
    (本日高値22304.69円(216.65円高)
    
    日経平均終値は+190.08円の22278.12円。
    
    東証1部の出来高は14億6994万株、
    売買代金は2兆4349億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1603銘柄、値下がり415銘柄、
    変わらず64銘柄。
    
    業種別では値上がりが31業種、値下がりが2業種。
    値上がりトップは石油・石炭、海運、銀行。
    値下がりは非鉄金属、水産・農林のみ。
    
    日経平均は上値抵抗と意識されていた75日移動平均線(22193円)を
    終値で回復してきた。ここから22500円近辺は商いが積み上がって
    おり、戻り売り圧力が強い見られるが、先高期待は高まってきて
    いる。
    目先は、日米企業の決算シーズンを迎えて、好調な業績への期待
    感がある一方、慎重な見通しが示されるリスクへの警戒感も根強
    い。いっぽん調子で上値を伸ばしていくとは考えにくく、発表さ
    れる決算次第のところではあるが、相場全体の雰囲気としては悪
    くない。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-24【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は3日ぶり反発(148円高) 円安好感で買い優勢の展
    開
    
    前日の米株市場は高安まちまちだったが、ドル/円が急速に円安方
    向に振れたことが好感されて買い優勢の展開となった。
    買い一巡後は利益確定売りで伸び悩む場面があったが、終盤に日
    経平均が22253.00円(164.96円高)まで上昇するなど堅調な展開の
    まま、前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+148.49円の22236.53円。
    
    東証1部の出来高は7億3749万株、
    売買代金は1兆1287億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1476銘柄、値下がり498銘柄、
    変わらず108銘柄。
    
    業種別では値上がりが31業種、値下がりが2業種。
    値上がりトップは銀行、不動産、機械。
    値下がりは非鉄金属、水産・農林のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    ドル/円が円安方向にあることが好感されており、相場全体の雰囲
    気としては、じりじりと良くなってきている。
    ただ、いっぽうで、米半導体株安などの懸念から、今ひとつ強き
    な姿勢になりにくい、本格化していく企業決算を控えていること
    も要因に考えられる。
    本格的に上値はを試すのはまだ先となりそう、後場もここからの
    上値は限定されそうだ。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-24【東京市場見通し】

    買い優勢の展開 円安進行を好感 日経平均は直近の上値抵抗75日
    線超えへ 
    
    前日の米株市場は高安まちまち。NYダウが4日、NASDAQが3日続落と
    なり、S&P500は3日ぶりに小反発となった。
    為替ドル/円は、急速に円安方向に振れており、現在は108円台後半
    での推移となっている。
    円安により、日本株を取り巻く環境が一段と良くなった印象、特
    に外需に対する業績への警戒が和らぐ可能性が高い。
    本日の日本株は買い優勢の展開となりそうだ。
    取引時間中、米株先物に強い動きが見られれば、一段高へとの期
    待も膨らむ。
    日経平均は上値抵抗と意識されている75日移動平均線(22210円)超
    えへ、終値で同線を回復となれば、上方向へのトレンドが一段と
    強まってきそうなところ。
    日経平均の堅調な動きに追随、新興株にも期待。出遅れ感のある
    マザーズ銘柄への見直しが意識される見通し。
    
    日経平均予想レンジは22150円-22350円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が108円台後半での推移。
    (23日終値107.90-92円)
    
    現在、ユーロ/円が132円台後半での推移。
    (23日終値132.33-37円)
    
    
    23日の米株市場の概況
    
    高安まちまち。NYダウが4日、NASDAQが3日続落。S&P500は3日ぶ
    りに小反発。
    決算発表への期待が強いが、長期金利の上昇や半導体株の下落
    などが重しとなった。
    NYダウは小幅に上昇してスタートも、一時は134ドル安まで下落、
    その後は下げ幅を縮小して引けた。
    NYダウ終値は-14.25の24448.69。
    S&P500は+0.15の2670.29。
    NASDAQは-17.52の7128.60。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-23【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    JBR<2453> 業績修正発表。
    終値859円(前日比-26円-2.93%)
    18年9月期第2四半期累計(17年10月-18年3月)の連結経常利益
    を従来予想5億円から7億円に上方修正(前年同期は3.9億円)。
    通期の連結経常利益も従来予想12.2億円から13.2億円に上方
    修正(前期は9.5億円)。
    
    セック<3741> 業績・配当修正発表。
    終値2604円(前日比-63円-2.36%)
    18年3月期の経常利益(非連結)を従来予想6億円から6.8億円
    に上方修正(前の期は4.5億円)。
    期末一括配当を従来計画42円から46円に増額修正(前の期は
    36円)。
    
    タカラレーベン<8897> 業績・配当修正発表。
    終値438円(前日比+4円+0.92%)
    18年3月期の連結経常利益を従来予想95億円から117億円に
    上方修正(前の期は94.9億円)。
    前期の年間配当を従来計画15円から16円に増額修正(前の
    期は15円)。
    
    NSW<9739> 業績修正発表。
    終値2850円(前日比+45円+1.60%)
    18年3月期の連結経常利益を従来予想24.3億円から29.5億
    円に上方修正(前の期は24.5億円)。
    
    ピックアップ
    JVCKW<6632> 業績修正発表。
    終値386円(前日比+3円+0.78%)
    18年3月期の連結経常利益を従来予想50億円から58億円に
    上方修正(前の期は36.1億円)。
    株価は小幅ながら、今日まで4日続伸、日足一目均衡表の
    雲(上限384円)を突破となるなど、テクニカル面でも良好。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ミナトHD<6862>
    終値498円(前日比+1円+0.20%)
    日本サインホールディングスとタッチパネル・デジタル
    サイネージ事業などで業務提携。
    
    ライトオン<7445>
    終値1014円(前日比+5円+0.49%)
    4月度既存店売上高は前年同月比5.4%増。
    4ヶ月ぶりに前年を上回り。
    
    西松屋チェ<7545>
    終値1307円(前日比+20円+1.55%)
    4月度既存店売上高は前年同月比2.3%増。
    2ヵ月連続で前年実績を上回り。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-23【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め6銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ルーデン<1400>、
    S クロスキャット<2307>、
    S パルマ<3461>、
    S Jストリーム<4308>、
    S 宮越HD<6620>、
    S 小僧寿し<9973>。
    
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    カワタ<6292> 大幅続伸。
    終値2005円(前日比+120円+6.36%)
    25日移動平均線(1899円)回復。
    
    ユニバーサル<6425> 大幅続伸。
    終値5540円(前日比+420円+8.20%)
    日足一目均衡表の雲(上限5347円)突破。
    
    ジェイリース<7187> 大幅続伸。
    終値909円(前日比+39円+4.48%)
    日足一目均衡表の雲(上限895円)突破。
    
    岩井コスモ<8707> 大幅続伸。
    終値1484円(前日比+46円+3.19%)
    日足一目均衡表の雲(上限1450円)突破。
    
    ピックアップ
    ホトニクス<6965> 大幅続伸。
    終値4260円(前日比+215円+5.31%)
    先週末(20日)発表の業績修正を好感。18年9月期第2四半期累計
    (17年10月-18年3月)の連結経常利益を従来予想117億円から151
    億円に上方修正(前年同期は119億円)、3期ぶりに上期の過去最
    高益を更新する見通しに。(通期の経常利益は従来予想239億円
    を据え置き(前期は240億円))
    株価は大幅続伸となり、テクニカル面では、日足一目均衡表の
    雲(上限4216円)突破。
    また、週足ベースの移動平均線チャートにおいても、13週線(
    4108円)を捉えてきている。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-23【東京市場概況】

    日経平均は続落(74円安) 方向感に欠ける展開 やや売り優勢も限
    定的
    
    先週末の米株市場が下落していたことなどから、本日の日本株は
    売り優勢でのスタートとなった。
    一時は、為替ドル/円が円安方向にあったことなどを支えに、買い
    優勢に転じる場面も見られたが、続かなかった。
    日経平均は前場を、22085.90円(76.34円安)で引けていた。
    後場も新たな手がかりに乏しいなか、じり安の展開。
    終盤には、22065.52円(96.72円安)まで、値を下げる場面があっ
    た。
    ただ、大きくは下げることなく、マイナス圏で静かな動き、その
    まま本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は-74.20円の22088.04円。
    
    東証1部の出来高は13億4383万株、
    売買代金は2兆1614億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり955銘柄、値下がり1035銘柄、
    変わらず91銘柄。
    
    業種別では値上がりが16業種、値下がりが17業種。
    値上がりは保険、銀行、鉄鋼など。
    値下がりは精密機器、水産・農林、食料品など。
    
    本格化していく企業決算控えていること、週明けの米市場の動
    向を見極めたいとの思惑などから、様子見姿勢の強い展開とな
    った。
    また、大型連休を控えていることもあり、積極的に上値は追い
    にくいといったところか。
    日経平均は、75日移動平均線(22210円)に上値を押さえられ、
    5日移動平均線(22089円)を割れて、本日の取引を終えており、
    やや下方向への警戒感が出てきたといったところ。
    ただ、心理的節目22000円や日足一目均衡表の転換線(21976円)
    などが下値を支える見通し。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-23【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続落(76円安) 売り先行後に一時プラス圏浮上も
    続かず
    
    先週末の米株市場が下落していたことなどから、本日の日本株は
    売り優勢でのスタートとなった。
    しかし、為替ドル/円が円安が進んだことがあり、早々に買い優勢
    に転じる場面も見られた。
    ただ、買い優勢の展開は続かず、再び売り優勢に転じ、前場の取
    引を終えている。
    日経平均は、売り先行後に早々にプラス圏浮上も失速、一時は
    22076.15円(86.09円安)まで、値を落とす場面が見られた。
    
    日経平均前場終値は-76.34円の22085.90円。
    
    東証1部の出来高は7億1541万株、
    売買代金は1兆838億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり955銘柄、値下がり1008銘柄、
    変わらず118銘柄。
    
    業種別では値上がりが16業種、値下がりが7業種。
    値上がりトップは保険、海運、銀行。
    値下がりは精密機器、水産・農林、食料品など。
    
    
    後場の見通し
    
    先週末(20日)に下落した米株市場の週明けの動向を見極めたいと
    様子見姿勢の強い展開。
    日経平均は、75日移動平均線(22210円)が上値抵抗となるいっぽ
    うで、下値は5日移動平均線(22089円)がサポート。
    後場もこの近辺、狭いレンジでの推移が続きそうだ。
    
    
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-23【東京市場見通し】

    しっかりとした展開 米株安で上値重いも円安が下支え
    
    先週末(20日)の米株市場は下落(NYダウは201ドル安)、アップルの
    大幅続落などが重しとなった。
    米ハイテク株安に伴う米株市場の不安定な動きに警戒感が残って
    おり、東京市場でも重しとなりそうだ。
    いっぽうで、為替ドル/円は現在107円台後半での推移と、円安方
    向、北朝鮮の非核化報道が流れ、地政学リスクの後退などが意識
    された。
    本日の東京市場は米株市場への警戒感はあるものの、円安が下値
    を支え、上値重いも下値しっかりの展開となりそうだ。
    日経平均は5日移動平均線(22038円)や日足一目均衡表の転換線
    (21951円)などを下値サポートに節目22000円どころでは底堅さが
    示されそうだ。
    
    日経平均予想レンジは22000円-22250円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が107円台後半での推移。
    (先週末(20日)終値107.55-56円)
    
    現在、ユーロ/円が132円台前半での推移。
    (先週末(20日)終値132.56-60円)
    
    
    先週末(20日)の米株市場の概況
    
    主要3指数そろって下落。NYダウは3日続落、S&P500とNASDAQは続
    落。
    手掛かり材料難のなか、引き続き、19日に台湾半導体大手の台湾
    積体電路製造(TSMC)が、スマートフォン向け半導体の需要減
    などを想定していることが警戒された。
    アップルが4.10%安と大幅続落、1銘柄でNYダウを48ドル押し下げ
    た。
    NYダウ終値は-201.95の24462.94。
    S&P500は-22.99の2670.14。
    NASDAQは-91.93の7146.13 。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-20【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    福井コンピ<9790> 業績・配当修正発表。
    終値2266円(前日比-15円-0.65%)
    18年3月期の連結経常利益を従来予想31.8億円から37.3億
    円に上方修正(前の期は31.5億円)。
    期末一括配当を従来計画28円から32円に増額修正(前の期
    は27円)。
    
    ピックアップ
    ホトニクス<6965> 業績修正発表。
    終値4045円(前日比+20円+0.49%)
    18年9月期第2四半期累計(17年10月-18年3月)の連結経常利
    益を従来予想117億円から151億円に上方修正(前年同期は1
    19億円)、3期ぶりに上期の過去最高益を更新する見通しに。
    (通期の経常利益は従来予想239億円を据え置き(前期は240
    億円))
    テクニカル面では、週足ベースの移動平均線チャートにお
    いて、13週線(4093円)が上値抵抗と意識されているものの、
    下値は26週線(3982円)に沿う形で、しっかりとした展開。
    発表を好感して13週線超えへ、上方向へのトレンドを強め
    る展開が期待される。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ハウスドゥ<3457>
    終値4005円(前日比+75円+1.90%)
    子会社フィナンシャルドゥが、大阪商工信用金庫と提携、
    今年7月(予定)より同信用金庫が提供するリバースモーゲ
    ージの不動産担保評価および債務保証を行うことを発表。
    
    アコム<8572>
    終値509円(前日比+12円+2.41%)
    従来未定としていた18年3月期の期末一括配当を1円実施、
    8期ぶりに復配する方針とした。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-20【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め5銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S パルマ<3461>、
    S エムアップ<3661>、
    S GW<3936>、
    S バーチェレク<6193>、
    一時S ソフィア<6941>。
    
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    豆蔵<3756> 3日大幅続伸。
    終値1294円(前日比+64円+5.20%)
    日足一目均衡表の雲(1274円)突破。
    
    イマジカロボ<6879> 3日大幅続伸。
    終値1274円(前日比+68円+5.63%)
    日足一目均衡表の雲(1274円)突破。
    
    ゲンキードラ<9267> 3日ぶり大幅反発。
    終値3950円(前日比+320円+8.62%)
    朝方発表の決算を好感。
    (1-3月期(3Q)経常29%増益、今期配当を2.5円増額修正)
    日足一目均衡表の雲(3750円)突破。
    
    ピックアップ
    ウエストHD<1407> 4日大幅続伸。
    終値763円(前日比+36円+4.95%)
    国内証券のレーティング引き上げなどがなどがあり、
    大幅に4日続伸。
    テクニカル面では、移動平均線チャートにおいて、
    200日線(743円)回復。
    また、日足一目均衡表において雲(上限727円)突破。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-20【東京市場概況と来週の見通し】

    20日概況 日経平均は6日ぶり小反落(28円安) 後場に再びマイナ
    ス圏へ
    
    朝方は米株安などを受けて売りが先行、米株市場同様に半導体関
    連などを中心に売り優勢となった。
    しかし、為替ドル/円が円安方向に振れたことなどを追い風に下げ
    止まり、日経平均は売り一巡後、プラス圏に浮上して前場の取引
    を終えていた。(前場終値22222.13円(30.95円高))
    ただ、後場に入ると週末要因などから上値重く、再びマイナス圏
    に沈んだ。
    とはいえ、それ以上に売り込まることなく、下落幅は小幅にとど
    まった。
    
    日経平均終値は-28.94円の22162.24円。
    
    東証1部の出来高は14億2499万株、
    売買代金は2兆4976億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり989銘柄、値下がり978銘柄、
    変わらず115銘柄。
    
    業種別では値上がりが22業種、値下がりが11業種。
    値上がりトップは海運、その他製品、保険。
    値下がりは金属製品、医薬品、機械など。
    
    
    来週の見通し。
    
    日米首脳会談などの重要イベントを通過、来週は本格化する3月
    期の企業決算へと関心が移る。
    序盤の米企業決算は総じて良好であり、日本企業へも期待した
    いところ。
    ただ、半導体受託製造最大手の台湾積体電路製造(TSMC)が、
    19日に今年のスマートフォン需要が軟化するとの見通しを示し
    たことで、日米のハイテク株は軟調な推移となったことは、や
    や懸念されるところ。
    相場全体としては戻し基調を強めてきており、発表される決算
    が好内容となる銘柄へは素直に買いが向かいやすいだろう。
    その他、政治リスクが重荷、政局リスクが高まれば、一時的に
    調整が入ることが予想される。
    ただ、自民党政権下で政策運営の枠組みが変わるわけではなく、
    一時下振れても冷静に対応される見込み。
    また、海外投資家は4月第1週と第2週で日本株を1兆円強(現物・
    先物合算)買い越しており、続き日本株の支援材料なりそうだ。
    テクニカル面での日経平均は、日足一目均衡表の雲(上限22533
    円)突破を試す展開、突破から一段高の可能性あり。
    突破ならずとも、節目22000円近辺での値固めと予想する。
    
    来週の日経平均の予想レレンジは21900円-22700円。
    
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-20【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅6日続伸(30円高) 売り一巡後 円安支えにプ
    ラス圏浮上
    
    朝方は米株安などを受けて売りが先行した。米株市場同様に半導
    体関連などの下げがきつかったものの、早い時間で下げ止まり、
    じわじわと値を戻ししっかりとした展開となった。
    また、為替ドル/円が円安方向に振れたことも追い風となり、日経
    平均は売り一巡後、プラス圏に浮上して前場の取引を終えてい
    る。
    
    日経平均前場終値は+30.95円の22222.13円。
    
    東証1部の出来高は7億4927万株、
    売買代金は1兆2556億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1201銘柄、値下がり782銘柄、
    変わらず94銘柄。
    
    業種別では値上がりが24業種、値下がりが9業種。
    値上がりトップは海運、保険、その他製品。
    値下がりは金属製品、電気機器、機械など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は前場、為替ドル/円が円安方向に振れたことを受けて、
    安心感から買い優勢に転換した。
    日米首脳会談も無難に終えて、相場の雰囲気は変わりつつあり、
    来週からの決算シーズン突入で好業績期待、上値を追う展開が
    先で期待されるところ。
    そうしたことから、後場も下げれば買いが入りやすい、上値は
    週末要因などから本日は限定されそうだ。
    
    
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-20【東京市場見通し】

    米株安を受けて軟調も為替ドル/円が落ち着きが下値をサポート
    
    前日の米株市場は主要3指数そろって下落(NYダウは83ドル安)とな
    った。
    いっぽうで、為替ドル/円が107円台前半で落ち付いた動き。
    本日の日本株は米株安、日経平均が前日まで5日続伸している反
    動や週末要因などから、売り優勢の展開となりやすい。
    ただ、為替ドル/円が落ち着いた動きとなっていることが下値を支
    えそうだ。
    また、相場全体の雰囲気は良好、戻し基調にあり、押し目があれ
    ば買いが入ると見られる、売り一巡後は下げ渋る展開が期待され
    る。
    日経平均の下値メドは節目22000円や上向きにある5日移動平均線
    (21962円)、日足一目均衡表の転換線(21939円)など。
    
    日経平均予想レンジは21950円-22250円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が107円台前半での推移。
    (19日終値107.28-30円)
    
    現在、ユーロ/円が132円台半ばでの推移。
    (19日終値132.90-94円)
    
    
    19日の米株市場の概況
    
    主要3指数そろって下落。NYダウは続落、S&P500とNASDAQは4日ぶり
    反落となった。
    iPhoneの部品を製造する台湾TSMCスマートフォン向けの需要減な
    どを想定していることが判明。関連部品への悪影響が警戒されて
    アップルが下落したほか、半導体株が軒並み安となったことなど
    が重しとなった。
    NTダウは一時、191ドル安の下落幅となる場面があった。
    NYダウ終値は-83.18の24664.89。
    S&P500は-15.51の2693.13。
    NASDAQは-57.18の7238.06。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-19【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    インソース<6200> 業績修正発表。
    終値4855円(前日比-140円-2.80%)
    18年9月期第2四半期累計(17年10月-18年3月)の連結経常利益を
    従来予想3億円から4.1億円に上方修正(前年同期は2.5億円)。
    (通期の経常利益は従来予想の8億円(前期は6億円)を据え置き)
    
    ソラスト<6197>
    終値2848円(前日比-2円-0.07%)
    3月の訪問介護利用者は前年同月比18.0%増、デイサービスは
    同82.9%増。
    
    大京<8840> 業績修正発表。
    終値2295円(前日比+31円+1.36%)
    1 8年3月期の連結経常利益を従来予想の180億円から197億円
    に上方修正(前の期は199億円)。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ハウスドゥ<3457>
    終値3930円(前日比-180円-4.37%)
    子会社フィナンシャルドゥが、Global Mobili
    ty Serviceと業務提携をすると発表。
    
    ピックアップ
    ロコンド<3558>
    終値1250円(前日比+97円+8.41%)
    NTTドコモ<9437>子会社で婦人・紳士服のEC販売を行う
    マガシークと相互出店に関する契約を締結したと発表。
    今回の相互出店により、両社が互いに保有する在庫情報の共
    有が可能となり、大幅な品揃えの拡大が実現することで、E
    Cサービスにおける取扱高が増加することが見込まれるとの
    こと。
    直近の株価は13日発表の決算後、大幅に値を落としていたが、
    ここ2日間は大幅に値を戻してきていた。
    発表を好感して、日足一目均衡表の雲(上限1339円)突破とな
    れば、上昇トレンド転換と期待されるところ。
    
    インスペック<6656>
    終値1001円(前日比+62円+6.60%)
    フレキシブル基板用のロールtoロール型検査装置の大型受
    注を獲得したと発表。
    今回の受注は複数台で受注金額は合計6億円強に上り、単月
    における受注獲得額として過去最高額。
    株価は本日、大幅続伸で引けており、日足一目均衡表の雲(
    上限1083円)突破を試す展開にある。
    発表を好感して、雲突破となれば、一段高が期待されるとこ
    ろ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-19【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S ベクター<2656>、
    S パルマ<3461>、
    S 農業総研<3541>、
    S エムアップ<3661>、
    S GW<3936>、
    S 小田原機器<7314>、
    S 栄電子<7567>。
    
    ピックアップ
    エムアップ<3661> ストップ高。
    終値1340円(前日比+300円+28.84%)
    大幅続伸、ストップ高で本日の取引を終えた。VR(仮想現実)事
    業を手掛ける新会社VR MODEを設立したと発表されたことが好
    感された。
    テクニカル面では、日足一目均衡表の雲(上限1183円)を突破。
    移動平均線チャートにおいても200日線(1360円)回復が射程圏内。
    
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S SOU<9270>、
    S レノバ<9519>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    神戸鋼<5406> 続伸。
    終値1148円(前日比+32円+2.86%)
    日足一目均衡表の雲(上限1134円)突破。
    
    荏原<6361> 続伸。
    終値4235円(前日比+90円+2.17%)
    日足一目均衡表の雲(上限4210円)突破。
    
    ピックアップ
    ソースネクスト<4344> 大幅続伸。
    終値790円(前日比+35円+4.63%)
    後場に一段高、同社のIoT通訳機「POCKETALK(ポ
    ケトーク)」が、4/19から京王百貨店の外国人利用客向け接客
    ツールとして採用されたと発表、好材料視した買いが入った。
    テクニカル面では、移動平均線チャートにおいて、割れていた
    25日線(791円)を回復するなど、トレンドは上向き傾向にある。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-19【東京市場概況】

    日経平均は小幅に5日続伸(32円高) 買い一巡後上げ幅縮小もプラ
    ス圏は維持
    
    日米首脳会談が友好ムードで終えたことを好感して、買い優勢の
    展開とった。
    日経平均は一時、22360.65円(202.45円高)まで上昇する場面が見
    られた。
    しかし、その後は戻り売りなどに押されて伸び悩み、上げ幅を縮
    小して前場の取引を終えていた。(前場終値22296.14円(137.94円
    高))
    後場も上値の重い展開は続き、終盤にかけては前日終値近辺まで
    値を落とす場面もあったが、そこでは持ち直してプラス圏を維
    持、小幅ながら5日続伸で本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+32.98円の22191.18円。
    
    東証1部の出来高は15億7719万株。
    売買代金は2兆5927億円。
    
    騰落銘柄数は、値上がり1177銘柄、値下がり822銘柄、
    変わらず83銘柄。
    
    業種別では値上がりが20業種、値下がりが13業種。
    値上がりトップは非鉄金属、鉄鋼、石油・石炭。
    値下がりはゴム製品、サービス、空運など。
    
    日経平均は、直近に500円近い上昇となっており、やや短期的な過
    熱感が意識されてもよいところにある。
    ただ、PERが12倍台後半と割高感は無く、回復した節目22000円な
    どが下値サポートに意識されそうだ。
    上値は日足一目均衡表の雲(上限22533円)突破などとなれば、一段
    と戻しを強める展開が期待されるところ。
    それには商いの増加が欲しいところ。来週から3月決算企業の業績
    発表が本格化することから、その可能性も十分にある見かた。
    明日に関しては週末要因などから上値の重い展開が予想される。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-19【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は5日続伸(137円高) 買い一巡後は伸び悩み
    
    日米首脳会談で特段の悪材料が出てこなかったことから、買い優
    勢の展開となった。
    日経平均は一時、22360.65円(202.45円高)まで上昇する場面が見
    られた。
    ただ、その後は戻り売りなどに押されて伸び悩み、上げ幅を縮小
    して前場の取引を終えている。
    
    日経平均前場終値は+137.94円の22296.14円。
    
    東証1部の出来高は8億381万株、
    売買代金は1兆2755億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1210銘柄、値下がり769銘柄、
    変わらず96銘柄。
    
    業種別では値上がりが26業種、値下がりが7業種。
    値上がりトップは非鉄金属、鉄鋼、電気・ガス。
    値下がりはゴム製品、サービス、小売りなど。
    
    
    後場の見通し
    
    前場の日経平均は買い一巡後に伸び悩み、累積売買代金の多い価
    格帯であり、戻り売り圧力が強いと見られる。
    戻り基調にはあるが、目新しい材料に欠けて、本日まで5日続伸、
    やや短期的な過熱感が意識されてもおかしくないところ。
    後場も上値は限定されそうだ。
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-19【東京市場見通し】

    しっかりの展開 買い安心感から上振れの可能性もあり
    
    前日の米株市場はまちまち、NYダウは3日ぶり反落もS&P500NASDAQ
    は3日続伸となった。
    朝方、日米首脳が会談後の会見を行ったが、特段のサプライズは
    なく、為替は落ち着いた動き、現在は107円台前半での推移となっ
    ている。
    場中、首脳会談に関する追加報道などで荒い展開となる可能性は
    あるが、会見内容を見る限り、無難に消化した印象、日本株の足
    元の戻り基調が継続される見通し。
    日経平均は、日足一目均衡表の雲に突入しており、目先に雲突破
    を試す展開が期待されるところ(雲下限21703円-上限22533円)。
    
    日経平均予想レンジは22050円-22300円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が107円台前半での推移。
    (18日終値107.30-31円)
    
    現在、ユーロ/円が132円台後半での推移。
    (18日終値132.67-71円)
    
    
    18日の米株市場の概況
    
    高安まちまち。NYダウは3日ぶり反落もS&P500とNASDAQは3日続伸。
    複数の主要企業決算や原油相場の上昇が好感されたものの、IBM
    の通期見通しが予想を下振れたことが相場の重しとなった。
    主要3指数が上昇してスタートしたが、その後は狭いレンジでも
    みあう展開だった。
    NYダウ終値は-38.56の24748.07。
    S&P500は+2.25の2708.64。
    NASDAQは+14.14の7295.24。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-04-18【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    安永<7271> 業績・配当修正発表。
    終値2205円(前日比+18円+0.82%)
    18年3月期の連結経常利益を従来予想12.5億円から16.5億円
    に上方修正(前の期は11.2億円)。
    前期の年間配当を従来計画12円から16円に増額修正(前の期
    は11円)。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ピクセル<2743>
    終値379円(前日比-2円-0.52%)
    ブロックチェーン技術を用いたスマートコントラクトシステ
    ムの開発受託事業を開始。トークン・ウォレットや仮想通貨
    交換所システムなどを受託開発する。
    
    GMOPG<3769>
    終値10590円(前日比+300円+2.91%)
    東京大学と連携し、データサイエンティストの養成・育成支
    援を開始。
    
    カナミック<3939>
    終値2000円(前日比+153円+8.28%)
    在宅医療サービスの笑顔会、ブイキューブ<3681>らと組み、
    クラウド電子カルテとテレビ会議システムを連携させた多
    職種連携を開始。
    
    ピックアップ
    平田機工<6258>
    終値9400円(前日比+20円+0.21%)
    自動車関連生産設備事業で欧州の完成車メーカーからEV
    (電気自動車)関連の生産設備を受注したと発表。(受注額
    は20億円を超える規模、19年3月期の業績に寄与する予定)
    株価は直近、移動平均線チャートにおいて、25日線(9576
    円)近辺でいっていの底堅さを示しており、底入れ感あり。
    発表を好感して、この水準からの切り返しへと期待。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-18【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S 名糖産<2207>、
    S フュトレック<2468>、
    一時S マーチャント<3121>、
    一時S グラン<3261>、
    S パルマ<3461>、
    S GW<3936>、
    一時S IPS<4335>、
    S ネクスG<6634>、
    S 小田原機器<7314>。
    
    ピックアップ
    S フュートレック<2468> ストップ高。
    終値768円(前日比+100円+14.97%)
    前日(16日)に韓国SKグループで人工知能(AI)サービス「
    AIBRIL」を展開するSKホールディングスC&Cと、
    音声認識技術と音響処理技術に関するパートナー契約を締結
    したと発表。
    発表を好感した買いが向かい、ストップ高、3日ぶり大幅反発
    となった。
    テクニカル面では、移動平均線チャートにおいて、上方向に
    控える200日線(815円)回復となれば、中長期で上昇トレンド
    転換と期待されるところ。
    
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    イビデン<4062> 4日大幅続伸。
    終値1740円(前日比+50円+2.95%)
    日足一目均衡表の雲(上限1690円)突破。
    
    セラク<6199> 大幅続伸。
    終値846円(前日比+39円+4.83%)
    CAD技術者の育成、技術提供を行っているピーズスタッフ
    の全株式を24日付けで取得し、子会社化すると発表。
    200日移動平均線(837円)回復。
    
    ピックアップ
    戸田建<1860> 4日大幅続伸。
    終値871円(前日比+70円+8.73%)
    前日(17日)発表の決算を好感、4日大幅続伸となった。
    (18年3月期の連結経常利益を従来予想272億円から330億円に
    上方修正(前の期は271億円)。
    テクニカル面では、日足一目均衡表の雲(上限848円)を回復、
    上昇トレンドに転換した見かた。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-18【東京市場概況】

    日経平均は大幅続伸(310円高) 節目22000円超えて一段高 後場も
    堅調
    
    日米首脳会談開催中、東京市場は様子見姿勢の強い展開が予想さ
    れていたが、前日の米株高を好感して、朝方から買いが先行。
    日経平均は節目22000円を早い段階で回復、その後も堅調な展開
    は続き、前場を22130.25円(282.66円高)で終えていた。
    後場も先物主導で堅調な展開が続き、上げ幅は300円を超えて、
    22200円近くまで上昇する場面が見られた(本日高値22194.11円
    (346.52円高))。
    また、直近は軟調な動きにあった新興市場も本日は大幅高、相
    場全体で良好な雰囲気だった。
    
    日経平均終値は+310.61円の22158.20円。
    
    東証1部の出来高は14億5861万株、
    売買代金は2兆5467億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1733銘柄、値下がり286銘柄、
    変わらず63銘柄。
    
    業種別では値上がりが32業種、値下がりが1業種。
    値上がりトップは石油・石炭、海運、建設。
    値下がりは鉱業のみ。
    
    日米首脳会談で通商問題などに関して、日本に相当不利になる
    ような要求はないとみられ、イベント通過を織り込み動きとな
    った。
    その他、地政学リスクが後退していることも支援材料となった
    ようだ。
    テクニカル面での日経平均は、日足一目均衡表の雲に突入、雲
    突破を試す展開となりそうだ(雲下限21703円-上限22533円)。
    雲上限は、2/27高値22502円近く、上抜けとなれば1/23年初来
    高値24129円が視野に入ってくるところ。
    本日は直近2日間に大きく売られる展開にあった新興市場も堅
    調な展開。
    ジャスダック、マザーズともに3日ぶりに反発、落ち着きを取
    り戻してきており、底入れ感からの切り返しが期待されると
    ころ。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-18【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅4日続伸(282円高) 節目22000円回復して一段
    高
    
    日米首脳会談開催中のなか東京市場は様子見姿勢の強い展開にな
    ると予想された。
    しかし、前日の米株市場が大幅に上昇していたことなどが好感さ
    れ買い優勢の展開。
    日経平均は寄り付き直後を安値に上げ幅を広げて、節目22000円を
    早い段階で回復した。
    22000円台に乗せた後も強い動きは続き、前場はほぼ高値圏で引け
    ている。
    また、直近は軟調な動きにあった新興市場も堅調で大幅上昇とな
    っている。
    
    日経平均前場終値は+282.66円の22130.25円。
    
    東証1部の出来高は7億7718万株、
    売買代金は1兆3220億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1660銘柄、値下がり335銘柄、
    変わらず85銘柄。
    
    業種別では値上がりが30業種、値下がりが3業種。
    値上がりトップは海運、建設、ガラス・土石。
    値下がりは銀行、鉱業、空運のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    前場の日経平均は大幅上昇。本日は新興市場を堅調に推移してお
    り、相場全体の雰囲気は良好。
    日米首脳会談が行われているなか、出てくるニュースは北朝鮮に
    関することがメーン。
    通商問題や為替に厳しいことは言わないのではないかとの期待が
    あり、直近に様子姿勢だった国内勢が買いに向かったのだろう。
    後場は、海外投資家の買い戻しが入るかどうかがポイント。
    続き、日米首脳会談の結果を見極める必要とはなりそうだが、
    海外投資家の動向次第では、もう一段高となる可能性がある。
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-18【東京市場見通し】

    日米首脳会談開催中で様子姿勢も米株高好感でしっかりの展開
    
    前日の米株市場が大幅続伸。企業決算や経済指標の内容が良く買
    い手掛かりとなった(NYダウは200ドル超えの上昇)。
    米株高を好感して日本株も買い優勢の展開が期待されるが、日米
    首脳会談開催中で、何らかのニュースが出てくれば大きく反応す
    る展開が想定されるところ、様子姿勢の面も強いだろう。
    その為、日経平均は節目22000円が一端上値抵抗に意識される見
    込み、22000円超えは、首脳会談の結果を見極めるまではハード
    ルが高いと見られる。
    物色は米ハイテク関連の上昇を追い風に、東京市場でもハイテ
    ク関連を見直す動きに期待がかかる。
    
    日経平均予想レンジは21800円-22000円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が107円どころでの推移。
    (17日終値106.99-107.00円)
    
    現在、ユーロ/円が132円台前半での推移。
    (17日終値132.69-73円)
    
    
    17日の米株市場の概況
    
    主要3指数そろって続伸。
    シリアへの空爆を通過し同地域の地政学リスクが後退するなか、
    発表された経済指標や企業決算が好調で買われる展開となった。
    (3月住宅着工件数が季節調整済みの年率換算で131万9000件とな
    り、市場予想平均の126万7000件を上回った)。
    NYダウ終値は+213.590の24786.63。
    S&P500は+28.55の2706.39。
    NASDAQは+124.81の7281.10。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-04-17【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ピックアップ
    戸田建<1860> 業績修正発表。
    終値801円(前日比+1円+0.12%)
    18年3月期の連結経常利益を従来予想272億円から330億円に上
    方修正(前の期は271億円)。
    株価は今日まで小幅ながら3日続伸としっかりとした展開、下
    値を固さが意識されてきている。
    発表を好感して買いが強まる展開。上方向に控える日足一目
    均衡表の雲を突破する動きが見られれば、上昇トレンド転換
    の見かた(雲上限848円-下限811円)。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    クレハ<4023>
    終値6630円(前日比-130円-1.92%)
    18年3月期の年間配当を従来計画110円から125円に増額修正。
    
    セラク<6199>
    終値807円(前日比+3円+0.37%)
    機械電機分野におけるCAD技術に強みを持つピーズスタッフ
    の全株式を取得し子会社化する。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-04-17【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め4銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S エディア<3935>、
    S GW<3936>、
    S フロイント<6312>、
    S ネクスG<6634>。
    
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め3銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S TKP<3479>、
    一時S サイステップ<3810>、
    一時S ハナツアー<6561>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ルーデン<1400> 大幅上昇。
    終値572円(前日比+23円+4.18%)
    前日(16日)に、ブロックチェーン技術を利用した不動産物件
    認証、不動産売買契約・決済の電子化に向けた共同開発と共
    同実証実験で、Blockchain Global Li
    mited(BGL社)と業務提携、資本業務提携に向け協議
    開始したと発表。
    日足一目均衡表の雲(上限564円)突破。
    
    カルビー<2229> 4日続伸。
    終値3685円(前日比+35円+0.95%)
    日足一目均衡表の雲(上限3662円)突破。
    
    東宝<9602> 大幅続伸。
    終値3750円(前日比+115円+3.16%)
    200日移動平均線(3737円)回復。
    
    ピックアップ
    ストライク<6196> 3日ぶり大幅反発。
    終値6740円(前日比+510円+8.18%)
    前日(16日)に、5/31を基準日として1対2株の株式分割を実施
    すると発表。
    発表を好感して3日ぶり大幅反発。
    テクニカル面では、直近に割れていた25日移動平均線(6529円
    )を僅かながら回復するなど、上昇トレンドに戻りつつある。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-17【東京市場概況】

    日経平均は小幅に続伸(12円高) 前日終値近辺を挟んで一進一退
    
    前日の米株市場は上昇。ただ、これに関しては織り込み済み、
    日本株は日米首脳会談を前に様子見姿勢の強い展開となった。
    日経平均は一時、21889.89円(54.36円高)まで上昇する場面も
    あったが、その後に21772.42円(63.11円安)まで下落。
    しかし、前場引けにかけては持ち直し、ほぼ横ばい(小幅高)
    で、前場の取引を終えていた(前場終値21837.39円(1.86円高
    ))。
    後場は一段と動意薄、前場の高安の範囲内での動きにとどま
    り、総じて方向感の定まらない展開だった。
    
    日経平均終値は+12.06円の21847.59円。
    
    東証1部の出来高は13億5346万株、
    売買代金は2兆1246億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり517銘柄、値下がり1497銘柄、
    変わらず68銘柄。
    
    業種別では値上がりが6業種、値下がりが27業種。
    値上がりは石油・石炭、鉱業、食料品など。
    値下がりトップは繊維製品、証券・商品、銀行。
    
    本日は、日米首脳会談を前に様子見姿勢の強い展開だった。
    そして、明日は日米首脳会談が注目される。具体的に株式市
    場や為替市場に影響を与える材料が出てくるか不透明。
    貿易摩擦に関して圧力がかかるかもしれないという点は、株
    式市場でもある程度織り込んでいる見かた。
    日本に相当不利になるような話が出てくれば別だが、それ以
    外なら、大きく売られる展開とはならなだろう。
    注意したいのは為替の動向。直近は円高一服の流れ。これを
    維持出来るかが焦点。
    トランプ大統領が貿易赤字の解消を望んでいる以上、会談終
    了までは円安進行は期待しづらい。
    円高に振れることがなければ、日本株は戻し基調を継続、上
    振れ期待は高まっていくと予想される。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-04-17【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均はほぼ横ばい(1円高) 日米首脳会談を前に様子見
    
    前日の米株高は織り込み済み。日本株は日米首脳会談を前に様子
    見姿勢の強い展開となった。
    日経平均は一時、21889.89円(54.36円高)まで上昇も、21772.42
    円(63.11円安)まで下落する場面があった。
    その後、11時に発表された中国の経済指標がおおむね安心感のあ
    る内容となったことから持ち直すも方向感は定まらず、ほぼ横ば
    い、小幅な続伸で前場の取引を終えている。
    
    日経平均前場終値は+1.86円の21837.39円。
    
    東証1部の出来高は6億9995万株、
    売買代金は1兆572億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり583銘柄、値下がり1387銘柄、
    変わらず109銘柄。
    
    業種別では値上がりが7業種、値下がりが28業種。
    値上がりは石油・石炭、食料品、陸運など。
    値下がりトップは証券・商品、鉄鋼、非鉄金属。
    
    
    後場の見通し
    
    日米の企業決算への期待感などが下値を支えているものの、日米
    首脳会談を控えるなか、積極的に上値を追う動きは見られていな
    い。
    結局は首脳会談待ち。後場も方向感に欠ける展開が続きそうだ。
    テクニカル面での日経平均は、下値を5日移動平均線(21759円)な
    どがサポート、いっぽうで上値を日足一目均衡表の雲下限(21905
    円)などが抵抗となっている。後場もこの間での推移となりそう。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-17【東京市場見通し】

    日米首脳会談を目前に控えて様子見姿勢の強い展開 
    
    前日の米株市場は上昇。シリアへの軍事攻撃を悪材料視されず、
    発表された経済指標などが好感されて買い優勢の展開、NYダウは
    200ドル超えの上昇となった。
    この米株市場の上昇は、前日の米株先物の上昇で、日本株は織り
    込み済み。
    日米首脳会談を目前に控えて動きづらい展開、通商問題に対する
    警戒などから、本日の日本株の上値は重いと予想される。
    とはいえ、下値も売り込みづらい。地政学リスクが後退しつつあ
    るなか、首脳会談も円満ムードで終われば、買い優勢の展開が強
    まると予想されやすい。
    イベント前で上下動きづらく、様子見姿勢の強い展開となりそう
    だ。
    
    日経平均予想レンジは21700円-21900円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が107円台前半での推移。
    (16日終値107.20-22円)
    
    現在、ユーロ/円が132円台後半での推移。
    (16日終値132.46-50円)
    
    
    16日の米株市場の概況
    
    主要3指数そろって反発。
    先週末に米英仏がシリアに軍事攻撃を行ったことで米欧とロシア
    の関係緊迫化が懸念されたが、紛争が拡大しないとの見方が強ま
    った。
    また、発表された米3月小売売上高が、前月比0.6%と市場予想平均
    0.4%増を上回ったことも押し上げ要因となった。
    NYダウは一時、300ドルを超える上昇をみせる場面もあった。
    NYダウ終値は+212.90の24573.04。
    S&P500は+21.54の2677.84。
    NASDAQは+49.64の7156.29。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-16【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    住石<1514> 業績修正発表。
    終値156円(前日比-5円-3.10%)
    18年3月期の連結経常利益を従来予想19.7億円から26.4億円
    に上方修正(前の期は5億円)。
    
    新日建物<8893> 業績修正発表。
    終値383円(前日比-12円-3.03%)
    18年3月期の経常利益(非連結)を従来予想8.1億円から10.4
    億円に上方修正(前の期は7.3億円)。
    
    ピックアップ
    アクロディア<3823> 決算発表。
    終値368円(前日比+14円+3.95%)
    18年8月期第2四半期累計(17年9月-18年2月)の連結経常損益
    は2500万円の黒字に浮上(前年同期は3億0400万円の赤字)、
    従来予想1300万円の黒字を上回って着地。
    株価は本日まで3日続伸。日足一目均衡表の雲(上限381円)突
    破が射程圏内。雲突破となれば、上昇トレンド転換の見かた。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ルーデン<1400>
    終値549円(前日比±0円±0.00%)
    ブロックチェーン技術を利用した不動産物件認証、不動産売
    買契約・決済の電子化に向けた共同開発と共同実証実験で、
    Blockchain Global Limited(BG
    L社)と業務提携、資本業務提携に向け協議開始へ。
    
    AMBITION<3300>
    終値2777円(前日比+40円+1.46%)
    サイシードとコムデザインとの三者間の事業協力の合意により、
    不動産業界におけるデジタルトランスフォーメーションを推進
    していくと発表。
    
    ファンタジー<4343>
    終値5890円(前日比+60円+1.02%)
    3月既存店売上高は前年同月比9.1%増。
    
    パーク24<4666>
    終値2938円(前日比+11円+0.37%)
    3月タイムズ駐車場売上高は前年同月比6.5%増。
    
    ストライク<6196>
    終値6230円(前日比-100円-1.57%)
    5/31を基準日として1対2株の株式分割を実施すると発表。
    
    スギHD<7649>
    終値6140円(前日比+120円+1.99%)
    自社株取得枠の設定を発表。上限を150万株(発行済み株数の
    2.37%)、または100億円としており、取得期間は4/23-10/31。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-04-16【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S ファマライズ<2796>、
    S ブロンコB<3091>、
    S U&C<3557>、
    S GW<3936>、
    一時S 日本色材<4920>、
    S ネクスG<6634>、
    一時S SOU<9270>。
    
    ピックアップ
    S SOU<9270> 一時ストップ高。
    終値6650円(前日比+790円+13.48%)
    13日に決算発表(18年8月期第2四半期累計(17年9月-18年2月)の
    連結経常利益は11.7億円(前年同期は非開示))。
    発表を好感して大幅続伸、一時はストップ高(6860円)まで上昇
    する場面が見られた。
    テクニカル面では、移動平均線チャートにおいて、割れていた
    5日線(6022円)を回復となるなど、引き続き、目先の上昇期待
    は高い。
    
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め11銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S ヨシムラHD<2884>、
    一時S 黒谷<3168>、
    S フィルC<3267>、
    S T-BASE<3415>、
    S アズ企画設計<3490>、
    S ロコンド<3558>、
    S SHIFT<3697>、
    S サインポスト<3996>、
    S Gunosy<6047>、
    S ベクトル<6058>、
    一時S SKジャパン<7608>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    良品計画<7453> 大幅反発。
    終値37550円(前日比+1450円+4.01%)
    日足一目均衡表の雲(上限36912円)突破。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-16【東京市場概況】

    日経平均は続伸(56円高) シリア攻撃の影響限定的も上値は慎重
    姿勢
    
    日本時間14日午前に米英仏の3カ国がシリアへの攻撃を実施。株
    式市場への影響が懸念されたが、影響は限定的で、日本株は買
    いが先行した。
    日経平均は一時、21879.69円(100.95円)まで上昇する場面が見
    られた。
    ただ、買い一巡後は伸び悩みの展開、前場の取引を21834.42円
    (55.68円高)で終えていた。
    後場は、早々にマイナス圏に沈む場面があったが、そこではす
    かさず買いが入り、底堅さを示したが、その後は極めて小動き、
    上値追う動きは限られた。
    
    日経平均終値は+56.79円の21835.53円。
    
    東証1部の出来高は13億1043万株、
    売買代金は2兆388億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1192銘柄、値下がり805銘柄、
    変わらず85銘柄。
    
    業種別では値上がりが23業種、値下がりが10業種。
    値上がりトップは医薬品、水産・農林、電気・ガス。
    値下がりは石油・石炭、証券・商品、その他製品など。
    
    シリア攻撃に関しては想定内と受け止められ、市場は冷静だっ
    た。
    とはいえ、上値に関しては、日米首脳会談を控えるなか、動き
    づらく、限られたといったところ。
    テクニカル面の日経平均は、一目均衡表の雲(下限21697円-上
    限22533円)の下限に迫ったところで上値を抑えられている。
    目先、雲内に突入する可能性が高く、雲突破となれば、一段
    と株価上昇期待は高まっていく見込み。
    下値は、転換線(21586円)などが現時点でのメドとなる。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-04-16【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅に続伸(55円高) シリア攻撃の影響限定的も
    買い一巡後は上値重い
    
    日本時間14日午前に米英仏の3カ国がシリアへの攻撃を実施。株
    式市場への影響が懸念されたが、影響は限定的でひとまずアク
    抜けの格好となった。
    日経平均は堅調に始まった後いったん伸び悩むも、上げ幅を広
    げて、一維持は21879.69円(100.95円)まで上昇する場面が見ら
    れた。
    しかし、買い一巡後は伸び悩みの展開。21800円台前半で前場の
    取引を終えている。
    
    日経平均前場終値は+55.68円の21834.42円。
    
    東証1部の出来高は7億363万株、
    売買代金は1兆211億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり939銘柄、値下がり1042銘柄、
    変わらず100銘柄。
    
    業種別では値上がりが17業種、値下がりが16業種。
    値上がりは医薬品、水産・農林、サービスなど。
    値下がりは石油・石炭、非鉄金属、石油・石炭など。
    
    
    後場の見通し
    
    シリア空爆はとりあえずのアク抜け、攻撃が1回限りなら相場へ
    の影響は限定的と受けてめられた。
    とはいえ、日経平均は、買い一巡後に上値の重い展開。日米首
    脳会談(米東部時間17-18日)に控えており、日本とってメリット
    のある話が出てくるとは想定しにくい、内容を見極めたいとし
    て、上値追いには慎重姿勢といったところ。
    後場もその姿勢から、狭いレンジでの取引が続きそうだ。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-16【東京市場見通し】

    基本的には底堅い見通し 週末に米英仏がシリアを攻撃 波乱含み
    の可能性も
    
    14日の未明に米英仏の3カ国がシリアへの攻撃を実施しており、地
    政学リスクを改めて意識される。
    東京市場が最初にこの件を消化するかっこうとなり、先行き不透
    明感が強い、波乱含みの展開となる可能性はあるだろう。
    ただ、為替ドル/円がが弱含みで落ち着いた動きとなっており、株
    式市場も落ち付いた展開が予想されるところ。
    むしろ不透明感の払しょくで買われる流れになる可能性もある。
    しかし、日米の決算発表本格化や日米首脳会談を控え、上値も買
    い進みにくいと見られる。
    基本的には下値底堅いも上値も限定的。為替や米国先物の動向を
    注視しながらの展開となりそうだ。
    
    日経平均予想レンジは21500円-22000円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が107円台半ばでの推移。
    (先週末13日終値107.64-65円)
    
    現在、ユーロ/円が132円台後半での推移。
    (先週末13日終値132.73-87円)
    
    
    先週末13日の米株市場の概況
    
    主要3指数そろって反落。
    発表された好金融機関の決算が好調。朝方はこそれらが好感され
    て上昇してスタートとなった。
    しかし、その後金融株が反落したほか、シリア情勢への警戒感や
    週末の持ち高調整から売り優勢に傾いた。
    NYダウ終値は-122.91の24360.14。
    S&P500は-7.69の2656.30。
    NASDAQは-33.60の7106.65 。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-13【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ブロンコB<3091> 決算発表。
    終値3575円(前日比-120円-3.24%)
    18年12月期第1四半期(1-3月)の経常利益(非連結)は8億円(
    前年同期比41.1%増)。
    
    SHIFT<3697> 決算発表。
    終値5620円(前日比+90円+1.62%)
    18年8月期第2四半期累計(17年9月-18年2月)の連結経常利
    益は5.6億円(前年同期比5.7倍)と従来予想4億円を上回っ
    て着地。通期の同利益を従来予想9億円から11億円(前期
    は4.4億円)に上方修正。
    
    プラズマ<6668> 決算発表。
    終値1969円(前日比+90円+4.78%)
    18年8月期第2四半期累計(17年9月-18年2月)の連結経常
    利益は9.3億円(前年同期比48.9%増)。
    通期の同利益を従来予想15.6億円から17.1億円(前期は
    15.1億円)に上方修正。
    
    ピックアップ
    キリン堂HD<3194> 決算発表。
    終値2000円(前日比+176円+9.64%)
    18年2月期の連結経常利益は26億円(前の期比41.9%増)。
    19年2月期も32.4億円(前期比24.4%増)。
    前期の年間配当を25円から30円に増額(前の期は25円)、
    今期も35円(前期比5円増)とする方針に。
    株価は本日、大幅続伸で引けており、テクニカル面で
    は、日足一目均衡表の雲(上限1983円)を突破するなど
    良好な形状にある。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-04-13【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め3銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S グラン<3261>、
    一時S CSP<9740>、
    S リーバイス<9836>。
    
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S エディア<3935>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    Fastep<2338> 大幅続伸。
    終値1667円(前日比+151円+9.96%)
    引き続き、10日発表の決算を好感。
    25日移動平均線(1646円)回復。
    
    大陽日酸<4091> 3日ぶり反発。
    終値1654円(前日比+60円+3.76%)
    日足一目均衡表の雲(上限1069円)突破。
    
    コーナン商事<7516> 大幅続伸。
    終値2694円(前日比+156円+6.14%)
    前日(12日)発表の決算を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限2601円)突破。
    
    ピックアップ
    ラクトJPN<3139> 大幅反発。
    終値4470円(前日比+535円+13.59%)
    前日(12日)発表の決算が好感されたようだ。18年11月期第1
    四半期(17年12月~18年2月)の連結売上高が294億6100万円
    (前年同期比35.3%)となり、第1四半期の過去最高になった。
    (ただ、連結経常利益は7億4500万円(同41.4%減)にとどまっ
    た)
    株価は本日、大幅反発。
    テクニカル面では、日足一目均衡表の雲(上限4260円)突破
    となるなど、一段高が期待される形状にある。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-13【東京市場概況と来週の見通し】

    13日概況 日経平均は3日ぶり反発(118円高) 買い先行後は上げ幅
    縮小もしっかり
    
    前日の米株高や為替ドル/円が円安方向にあったことなどを好感さ
    れて、朝方から買い優勢の展開となった。
    日経平均は、一時は21917.35円(257.07円高)まで上昇。その後は
    上値重さが意識され上げ幅縮小となったが、3桁上昇は維持して、
    前場の取引を終えていた。
    (日経平均前場終値は+111.41円の21771.69円)
    後場は様子見姿勢が強まり小動き。上値が限られたいっぽうで、
    下値を崩すこともなく、しっかりとした展開で引けた。
    
    日経平均終値は+118.46円の21778.74円。
    
    東証1部の出来高は15億2766万株、
    売買代金は2兆4390億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1368銘柄、値下がり638銘柄、
    変わらず76銘柄。
    
    業種別では値上がりが26業種、値下がりが7業種。
    値上がりトップは海運、鉄鋼、銀行。
    値下がりはサービス、医薬品、小売りなど。
    
    
    来週の見通し。
    
    値幅、需給面と調整は一巡したと見かた。
    海外投資家は4月第1週に日本株を4431億円(現物・先物合計)買い
    越し、買い越しは13週ぶり。
    また、日経平均も25日移動平均線(21485円)を回復後、5日移動平
    均線(21719円)を下値サポートに戻し基調にある。
    今晩の米国で発表される、JPモルガン、シティグループ、ウェル
    ズ・ファーゴ等の金融機関の決算が好感されれば、日本株へも支
    援材料となるだろう。
    新興株市場を中心に中小型株についても、大型株の上昇、また底
    堅い動きを好感するかっこうで、物色が向かいそうだ。
    懸念材料は、貿易・外交政策を巡るトランプ米大統領の発言や、
    日米首脳会談への警戒感が上値を抑える要因となる可能性があ
    る。
    来週は、基本的に戻しを試す展開が期待されつつも、上値をを積
    極的に追う展開とはなりづらいか。
    
    来週の日経平均の予想レレンジは21400円-22100円。
    
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-04-13【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は3日ぶり反発(111円高) 買い一巡後は失速 上げ
    幅縮小
    
    朝方から、前日の米株高や為替ドル/円が円安方向にあったこと
    などを好感、買いが先行した。
    日経平均は、ドル/円が円安方向に振れたことに連動して上げ幅
    を拡大、一時は21917.35円(257.07円高)まで上昇する場面があ
    った。
    ただ、21900円台に乗せた後は失速。前場終わり時点で、3桁上
    昇は維持したものの、前場引け間際にこの日の安値を付ける場
    面が見られた。
    
    日経平均前場終値は+111.41円の21771.69円。
    
    東証1部の出来高は8億2840万株、
    売買代金は1兆2939億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1150銘柄、値下がり848銘柄、
    変わらず84銘柄。
    
    業種別では値上がりが23業種、値下がりが10業種。
    値上がりトップは海運、銀行、証券・商品。
    値下がりはサービス、小売り、医薬品など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は買い一巡後は上値重く、5日移動平均線(21718円)近
    辺での攻防となった。
    寄与度の高いファストリ<9983>も次第に利食い優勢の展開。ま
    た、本日に算出されたSQ値(21853.92円)を下回っていることな
    どからも、後場は週末モードへとなりそうだ。とはいえ、日経
    平均は戻り基調にあり下値は底堅い見込み、上げ幅を縮小もプ
    ラス圏は維持すると見られる。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-13【東京市場見通し】

    買い優勢 シリア情勢への懸念が後退 買い一巡後は週末要因か
    ら伸び悩みか
    
    前日の米株市場は主要3指数そろって上昇。シリア情勢への警戒
    が和らいで買い戻される展開なった(NYダウは293ドル高)。
    為替ドル/円も円安方向に振れており、現在は107円台前半での推
    移。
    米株高、円安を好感して日本株も買い優勢の展開が予想される。
    前日(12日)に決算発表をしたファストリ<9983>の動向にも注目。
    上方修正を発表ており、ADRで大幅高、指数へ寄与度が高く、好
    影響が見込まれる。
    一日を通しておおむね良好な地合いが続く見通しだが、週末要
    因などもあり、買い一巡後の上値は限定されそう。
    日経平均は節目22000円手前で伸び悩み、21900円辺りが本日の
    上値メド。
    
    日経平均予想レンジは21700円-21900円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が107円台前半での推移。
    (12日終値106.90-91円)
    
    現在、ユーロ/円が132円台前半での推移。
    (12日終値132.22-26円)
    
    
    12日の米株市場の概況
    
    主要3指数そろって反発。シリア情勢への警戒感が和らいだとや
    好業績期待が株価を押し上げた。
    トランプ大統領がシリア攻撃の時期について明言を避け、当初
    の48時間も経過したため、シリア空爆への警戒感が後退した。
    その他、米中の貿易摩擦問題が、中国の対応で落ち着きをみせ
    ていることも意識されたようだ。
    NYダウ終値は+293.60の24483.05。
    S&P500は+21.80の2663.99。
    NASDAQは+71.22の7,140.25。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-12【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    フィルカンパニー<3267> 決算発表。
    終値6860円(前日比-40円-0.57%)
    18年11月期第1四半期(17年12月-18年2月)の連結経常利益は
    1億0300万円(前年同期比13倍)。12-5月期(上期)の同利益を
    従来予想3500万円から9500万円に上方修正(前年同期は2700
    万円)。(通期の経常利益は従来予想5億円を据え置き(前期
    は3億0400万円))。
    
    安川電<6506> 決算発表。
    終値4740円(前日比-10円-0.21%)
    18年2月期(11ヵ月の変則決算)の連結経常利益は553億円。
    19年2月期は670億円の見通しとなった。
    今期の年間配当は52円にする方針とした。
    また、上限200万株(金額120億円)の自社株買い実施を発表。
    取得期間は4/13-5/28。
    
    インタアクション<7725> 決算発表。
    終値1054円(前日比-35円-3.21%)
    18年5月期第3四半期累計(17年6月-18年2月)の連結経常利
    益は6億8900万円(前年同期比2.5倍)。12-2月期(3Q)の連結
    経常利益は3億7000万円(前年同期比8.6倍)。
    
    IDOM<7599> 決算発表。
    終値793円(前日比+7円+0.89%)
    18年2月期の連結経常利益は57.9億円(前の期比39.4%増)と
    従来予想49億円を上回って着地。19年2月期も68億円(前期
    比17.3%増)。
    今期の年間配当は11円(前期比4円増)に増配する方針とした。
    
    松竹<9601> 業績修正発表。
    終値15440円(前日比+150円+0.98%)
    18年2月期の連結経常利益を従来予想45.4億円から57.7億円
    に上方修正(前の期は66.2億円)。
    
    ピックアップ
    ファストリ<9983> 決算発表。
    終値46900円(前日比+950円+2.07%) 
    18年8月期第2四半期累計(17年9月-18年2月)の連結税引き前
    利益は1651億円(前年同期比11.9%増)。通期の同利益を従来
    予想2000億円から2170億円に上方修正(前期は1933億円)。
    今期の年間配当を従来計画350円から400円に増額修正(前期
    は350円)。
    株価は日足一目均衡表の雲を突破(上限46000円)したところ
    で直近は足踏み。
    好決算を受けて、この水準からの上振れへと期待。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    アンジェス<4563>
    終値523円(前日比+1円+0.19%)
    オーストラリアにおける高血圧DNAワクチンの第1/2相臨
    床試験について、4/12(現地時間)に第1例目の投与を開始。
    
    出光興産<5019>
    終値3805円(前日比-75円-1.93%)
    中国に有機EL材料の新会社を第1四半期に設立すると発表。
    
    アサヒインテック<7747>
    終値4080円(前日比-100円-2.39%)
    主力製品であるPTCAガイドワイヤーの米国への販売に
    ついて、7/1から直接販売を開始すると発表。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-04-12【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め3銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S マーケットE<3135>、
    S 太洋工業<6663>、
    一時S 山陽百<8257>。
    
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S ヒューマンA<6575>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    コメダ<3543> 大幅反発。
    終値2095円(前日比+108円+5.43%)
    前日(11日)発表の決算を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限2074円)突破。
    
    三機S<6044> 大幅反発。
    終値1945円(前日比+39円+2.04%)
    前日(11日)発表の決算を好感。
    25日移動平均線(1943円)回復。
    
    良品計画<7453> 3日ぶり大幅反発。
    終値36300円(前日比+1800円+5.21%)
    前日(11日)発表の決算を好感。
    一時25日移動平均線(36444円)回復。
    続き、同線回復が射程圏内。
    
    ピックアップ
    ヨシックス<3221> 大幅上昇。
    終値3785円(前日比+170円+4.70%)
    前日(11日)に発表された3月既存店売上高が前年同月比1.8%
    増と2ヵ月に前年実績上回り。それを好感した買いが入った
    ようだ。
    テクニカル面でも、日足一目均衡表の雲(上限3687円)を突
    破するなど良好な形状に。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-12【東京市場概況】

    日経平均は小幅に続落(26円安) 地政学リスクを警戒も下値は限
    定的
    
    本日はシリア情勢を巡る地政学リスクが意識、上値の重い展開と
    なった。
    日経平均は一時、21591.39円(95.71円安)まで値を落とす場面が
    前場に見られた。
    ただ、下値では押し目買いなどから入り下げ渋り、ほぼ横ばい
    で前場の取引を終えていた。
    後場、再び下げ幅を広げる場面も見られたが、前場同様に売り
    一巡後は下げ渋り、小幅な下落で本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は-26.82円の21660.28円。
    
    東証1部の出来高は13億1062万株。
    売買代金は2兆1030億円。
    
    騰落銘柄数は、値上がり796銘柄、値下がり1181銘柄、
    変わらず105銘柄。
    
    業種別では値上がりが8業種、値下がりが25業種。
    値上がりは精密機器、小売り、食料品など。
    値下がりトップはガラス・土石、ゴム製品、海運。
    
    日経平均は続落となったが下値は限定的、下げたところでは買い
    意欲が見られている。
    上値は米ロの不協和音による円高懸念がくすぶるほか、決算発表
    の本格化前で動きにくいといったところか。
    本格的に方向感が出てくるのは、米国、日本と企業決算が明らか
    になってきてからとなりそうだ。
    そんななか、目先は外部環境の影響を受けにくい、中小型株に注
    目したい。
    新興株市場は本日、ジャスダックが5日続落。マザーズが3日続落
    と軟調にあったが、直近売られた銘柄などを中心に自律反発狙い
    の買いの動きも見られてきている。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-04-12【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均はほぼ横ばい(7円安) 地政学リスク警戒で上値
    重いも下値もしっかり
    
    前日の米株安や為替ドル/円が円高方向にあったことなどが重
    しとなり、売り優勢でのスタート、日経平均は一時、21591.
    39円(95.71円安)まで値を落とす場面が見られた。
    ただ、売り一巡後は下げ渋る展開、米株先物の上昇などが支
    えとなり、プラス圏に浮上する場面もあった。
    下値では押し目買いなどが入っているが、上値も地政学リス
    クへの警戒から重く様子見姿勢、前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-7.03円の21680.07円。
    
    東証1部の出来高は6億8481万株、
    売買代金は1兆299億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり967銘柄、値下がり996銘柄、
    変わらず117銘柄。
    
    業種別では値上がりが11業種、値下がりが22業種。
    値上がりは鉱業、精密機器、その他製品など。
    値下がりトップはガラス・土石、ゴム製品、石油・石炭。
    
    
    後場の見通し
    
    後場もシリア情勢の緊迫化でリスク回避姿勢のなか、基本的
    には様子見姿勢が続くと見られる。
    ただ、オプションSQ(特別清算指数)算出を明日に控えている
    ことから、思惑的な動きが出る可能性もある。動き出したら
    一方向になりやすいので注意は必要。
    前場、中小型株の一角が買い戻される動きが見られている。
    日経平均が下値しっかりの展開が続けば、後場も中小型株へ
    は短期的な値幅取り狙いなどの買いが向かいやすい。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-04-12【東京市場見通し】

    様子見姿勢 地政学リスク意識 中東情勢への警戒
    
    前日の米株市場は軟調、シリアの地政学リスクが意識された為替
    ドル/円も円高方向に振れて、現在は106円台後半での推移となっ
    ている。
    日本株も売り優勢の展開が予想されるが、すでに米株の下落は織
    り込み済み、直近は取引時間中に米株先物に強く反応する場面が
    目立ち、前日に連動して下落していた。
    日経平均は、前日終値近辺からのスタートとなりそうだ。
    (前日終値21687.10円)
    ただ、シリアを巡る緊張が高まるなか、積極的に上値は追いづら
    い。
    関連報道などが出てくれば、神経質な反応が出やすいとも考えら
    れる。
    新たな弱材料が出てこなければ小動きで、様子見姿勢の強い地合
    いとなりそうだ。
    その他、今週はSQ(特別清算指数)算出週。先物への仕掛け的な売
    買により値幅を伴って上下する可能性があるだろう。
    
    日経平均予想レンジは21450円-21750円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が106円台後半での推移。
    (11日終値107.00-01円)
    
    現在、ユーロ/円が132円台前半での推移。
    (11日終値132.42-46円)
    
    
    11日の米株市場の概況
    
    主要3指数そろって反落。
    トランプ米大統領がツイッターでシリア攻撃の可能性を示唆した
    ことでリスクオフの流れが強まった。
    また、FOMC議事要旨がややタカ派的だったことも重しとなった。
    NYダウは一時、250ドルを超える下げ幅となる場面もあった。
    NYダウ終値は-218.55の24189.45。
    S&P500は-14.68の2642.19。
    NASDAQは+-25.27の7069.03。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-11【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ウエルシアHD<3141> 決算発表。
    終値5100円(前日比-50円-0.97%)
    18年2月期の連結経常利益は309億円(前の期比20.2%増)。19年2
    月期も341億円(前期比10.3%増)。
    前期の年間配当を32円から37円に増額(前の期は1対2の株式分
    割前で57円)、今期も前期比5円増の42円に増配する方針とした。
    
    良品計画<7453> 決算発表。
    終値345000円(前日比-850円-2.40%)
    18年2月期の連結経常利益は459億円(前の期比19.2%増)。19年2
    月期も503億円(前期比9.4%増)。
    前期の年間配当を324円から345円に増額(前の期は293円)、今
    期も前期比37円増の382円に増配する方針とした。
    
    イオン<8267> 決算発表。
    終値1933.5円(前日比-66.0円-3.30%)
    18年2月期の連結経常利益は2137億円(前の期比14.1%増)。19年
    2月期も2400億円(前期比12.3%増)。
    今期の年間配当は34円(前期比4円増)とする方針とした。
    
    ピックアップ
    スター精<7718> 決算発表。
    終値2051円(前日比+66円+3.32%)
    18年2月期の連結経常利益は70.1億円(前の期比95.8%増)。決算
    期変更する18年12月期(10ヵ月の変則決算)は70億円の見通し。
    直近3ヵ月の実績である12-2月期(4Q)の連結経常利益は23.2億
    円(前年同期比2.1倍)。
    株価は本日まで大幅続伸。
    テクニカル面では、週足ベースの移動平均線チャートにおいて、
    26週線(2048円)を捉えてきており、続き13週線(2132円)超えと
    なれば、上昇トレンド転換と期待されるところ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    コメダ<3543>
    終値1987円(前日比-22円-1.09%)
    自社株買いを発表。60万株(発行済み株式数の1.33%)、10億円を
    それぞれの上限としており、取得期間は4/12~6/12まで。
    発表された決算は、18年2月期の連結税引き前利益は70.8億円(
    前の期比6.2%増)。19年2月期も74.3億円(前期比5.0%増)。
    
    ホギメディ<3593>
    終値4215円(前日比-95円-2.20%)
    自社株買いを発表。140万株(発行済み株式数の4.47%)、50億円
    をそれぞれの上限としており、取得期間は4/12~10/31まで。
    発表された決算は、18年3月期の連結経常利益は53.8億円(前の
    期比27.3%減)。19年3月期は60.5億円(前期比12.5%増)。
    前期の期末配当を31円実施(年間配当は124円)。今期は64円と
    し、3/31割当の株式分割を考慮した実質配当は3.2%増配。
    
    ラクス<3923>
    終値1802円(前日比-42円-2.27%)
    3月単体売上高は前年同月比33.1%増。
    12ヵ月連続で前年実績上回り。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-04-11【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S サムシング<1408>、
    一時S デザインワン<6048>、
    一時S 鉱研工業<6297>、
    S ヒューマンA<6575>、
    S 太洋工業<6663>、
    S ニューテック<6734>、
    一時S マネックスG<8698>。
    
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S メドレックス<4586>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    トクヤマ<4043> 3日大幅続伸。
    終値3430円(前日比+95円+2.84%)
    日足一目均衡表の雲(上限3395円)突破。
    
    新明和<7224> 大幅続伸。
    終値1023円(前日比+46円+4.70%)
    200日移動平均線(990円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限992円)突破。
    
    ピックアップ
    三井海洋<6269> 大幅続伸。
    終値2785円(前日比+200円+7.73%)
    早稲田大学が、同大学の高谷雄太郎講師および東京大学の加藤泰
    浩教授らの研究チームが、南鳥島レアアース泥の資源分布の可視
    化とそれに基づく資源量の把握を行い、世界需要の数百年分に相
    当する莫大な資源量が存在することを確認したと発表。
    三井海洋<6269>は東大の加藤教授らとコンソーシアムを設立して
    おり、活躍余地は高まるとの期待感から買いが向かったようだ。
    テクニカル面では日足一目均衡表の雲上限(2793円)近辺まで上昇
    (一時は突破となる場面も見られた)。目先、この水準からの上振
    れに期待。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-11【東京市場概況】

    日経平均は3日ぶり反落(107円安) 後場下げ幅拡大で安値引け
    
    前日の米株市場は大幅上昇も、日本株は前日(10日)の取引で織り
    込み済み、米株高を好感する動きは限られて、早々に売り優勢に
    傾いた。
    シリア情勢緊迫化への警戒感などが買い手控えの要因となったよ
    うだ。
    日経平均は前場、為替ドル/円が107台でしっかりと推移しているこ
    となどが支えに、下値は限られて小幅安で引けていた。
    (前場終値は21750.43円(43.89円安))
    後場は21700円近辺で小動きが続いていたが、引けにかけてはリス
    ク回避の売りが強まり、下げ幅を3桁に広げて安値引けとなった。
    
    日経平均終値は-107.22円の21687.10円。
    
    東証1部の出来高は15億3320万株、
    売買代金は2兆5586億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり728銘柄、値下がり1278銘柄、
    変わらず76銘柄。
    
    業種別では値上がりが13業種、値下がりが20業種。
    値上がりは石油・石炭、鉱業、海運など。
    値下がりトップは精密機器、小売り、食料品。
    
    米中貿易摩擦の警戒感が和らぐなか、内需から外需セクターへの
    シフトがみられている。
    米ハイテク株が、本格化する決算を前に、出直りとなっているこ
    となどが要因。
    見直す動きがみられてきたハイテク株の戻りが強まれば、日経平
    均も上値を伸ばす展開が期待され、相場全体の雰囲気としても良
    くなっていくだろう。
    シリア情勢については、仮に米国がシリア空爆に動けば、一時的
    には下げる要因となりそうだ。
    ただ、一時的なものになる見込みで、逆にその時は、絶好の買い
    場となる可能性あり。
    基本的には、5日移動平均線(21764円)や25日移動平均線(21452円)
    などを下値サポートに日経平均の下値は底堅いと予想する。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-04-11【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は3日ぶり反落(43円安) シリア情勢の緊迫化を意識
    
    前日の米株市場は大幅上昇となっていたものの、日本株は前日(10
    日)の取引で織り込み済み、米株高を好感する動きは限られた。
    日経平均は買い先行で寄り付いた後はしばらく前日終値近辺でも
    みあいとなってたが、シリア情勢緊迫化への警戒感などが売り優
    勢に傾くと、一時は21719.60円(74.72円安)まで下押す場面が見ら
    れた。
    ただ、為替ドル/円が107台でしっかりと推移していることなどが支
    えとなり、下値も限定的となっている。
    
    日経平均前場終値は-43.89円の21750.43円。
    
    東証1部の出来高は8億1115万株、
    売買代金は1兆3045億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり746銘柄、値下がり1239銘柄、
    変わらず97銘柄。
    
    業種別では値上がりが16業種、値下がりが16業種。
    値上がりは石油・石炭、鉱業、海運など。
    値下がりはサービス、小売り、精密機器など。
    
    
    後場の見通し
    
    米国によるシリアへの軍事行動が警戒され上値が重い。また、今
    週はSQ(特別清算指数)算出週であり、積極的な売買もしずらいと
    いったところだろう。
    ただ、下げたところではいっていの底堅さを示しており、上下と
    もに様子姿勢の強い展開、後場もその流れが続きそうだ。
    日経平均は節目22000円が目先の上値メドと意識されるいっぽう、
    下値は5日移動平均線(21687円)や25日移動平均線(21455円)など
    がサポートと意識されている。
    
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-04-11【東京市場見通し】

    米株大幅高は織り込み済み 上値限定も下値もしっかりの展開 
    
    前日の米株市場は中国の習近平国家主席の発言を受けて貿易戦争
    への懸念が後退して大幅上昇、NYダウの上げ幅は400ドルを超え
    た。
    また、為替ドル/円も円安方向。現在は107円台前半での推移となっ
    ている。
    ただ、日本株は前日(10日)の取引で、米株高を先取り、すでに織
    り込み済みの面があり、上値は限られそうだ。
    とはいえ、米株が失速することなく大幅高で終えていることや、
    フェイスブックがCEOの議会証言を受けて大幅高となっていること
    も好材料。
    世界的に楽観ムードが優勢になる見られ、ここまで売り込まれて
    いた銘柄の買い戻しなどを中心に、総じてしっかりの展開が予想
    される。
    日経平均は、下値しっかりのなか、節目22000円を試す場面も見ら
    れそうだ。
    
    日経平均予想レンジは21700円-22050円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が107円台前半での推移。
    (10日終値106.90-91円)
    
    現在、ユーロ/円が132円台半ばでの推移。
    (10日終値131.80-84円)
    
    
    10日の米株市場の概況
    
    主要3指数そろって大幅続伸。
    中国の習近平国家主席が自動車の輸入関税引き下げを含む市場開
    放策を発表したことで米中貿易戦争の懸念が後退した。
    NYダウは一時、532ドル高まで上昇する場面も見られた。
    その他、フェイスブックもCEOの議会証言を受けて大幅高となって
    いる。
    NYダウ終値は+428.90の24408.00。
    S&P500は+43.71の2656.87。
    NASDAQは+143.96の7094.30 。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-10【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ANAP<3189> 決算発表。
    終値1323円(前日比-67円-4.82%)
    18年8月期第2四半期累計(17年9月-18年2月)の経常損益(非連結)は
    9300万円と黒字に浮上して着地(前年同期は3500万円の赤字)。
    通期の同利益も従来予想2億4700万円から3億3600万円に上方修正
    (前期は2億0100万円)。
    
    ビックカメラ<3048> 決算発表。
    終値1732円(前日比-21円-1.19%)
    18年8月期第2四半期累計(17年9月-18年2月)の連結経常利益は144
    億円(前年同期比34.3%増)と従来予想の120億円を上回って着地。
    通期の同利益も従来予想260億円から284億円に上方修正(前期は
    243億円)。
    
    SMN<6185> 業績修正発表。
    終値3660円(前日比+330円+9.90%)
    18年3月期の連結最終利益を従来予想3億円から6.4億円に上方修
    正。(前の期は2.5億円)。
    
    スギHD<7649> 決算発表。
    終値5880円(前日比-60円-1.01%)
    18年2月期の連結経常利益は259億円(前の期比8.5%増)。19年2月期
    も265億円(前期比2.3%増)の伸びを見込む。
    今期の年間配当は70円(前期比10円増)とする方針に。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    コシダカHD<2157>
    終値7090円(前日比-10円-0.14%)
    5/31を基準日に1対4株の株式分割実施発表。
    また、発表された決算は、18年8月期第2四半期累計(17年9月-18年
    2月)の連結経常利益は38.6億円(前年同期比18.0%増)と、従来予想
    33.3億円を上回って着地。
    
    MnonotaRo<3064>
    終値3765円(前日比-30円-0.79%)
    3月売上高は前年同月比22.3%増。
    
    ピックアップ
    AMBITION<3300>
    終値2206円(前日比-65円-2.86%)
    4/25を基準日に1対2株の株式分割実施を発表。
    株価は3/30に年初来高値2590円を付けて以降は調整の流れにあっ
    たが、週足ベースの移動平均線チャートの13週線(2119円)近辺で
    下げ止まり、いっていの底堅さを示している。
    発表を好感して上振れ、高値更新を試す展開へと期待。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-04-10【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S サムシング<1408>、
    一時S ソーバル<2186>、
    S ワンダコーポ<3344>、
    一時S ジャパンエン<6016>、
    一時S ソウルド<6553>、
    一時S オンキヨー<6628>、
    一時S メディアL<6659>、
    S ブティックス<9272>。
    
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    チャームケア<6062> 大幅反発。
    終値1199円(前日比+58円+5.08%)
    日足一目均衡表の雲(上限1199円)突破。
    
    トーセイ<8923> 大幅続伸。
    終値1478円(前日比+202円+15.83%)
    年初来高値更新。
    国内証券の目標株価引き上げなどを好感。
    日足一目均衡表の雲(上限1348円)突破。
    
    SGHD<9143> 4日続伸。
    終値2373円(前日比+35円+1.49%)
    日足一目均衡表の雲(上限2347円)突破。
    
    ピックアップ
    リソー教育<4714> 大幅続伸。
    終値868円(前日比+65円+8.09%)
    前日(9日)発表の決算を好感(18年2月期の連結経常利益は21.3億
    円(前期比5.3%増)、19年2月期は25億円(前期比16.9%増)に伸びる
    見込み。前期の期末配当を7円実施(年間配当は28円)、今期は前
    期比2円増の30円に増配する方針とした)。
    テクニカル面では、移動平均線チャートにおいて、200日線(848
    円)を回復。
    また、日足一目均衡表の雲(上限861円)突破となるなど良好な形
    状にある。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-04-10【東京市場概況】

    日経平均は続伸(116円高) 朝安後切り返し上げ幅拡大も後場
    伸び悩み
    
    朝方は売り優勢でスタート。日経平均も一時は、21542.37円
    (135.89円安)まで下落する場面が見られた。
    しかし、早々に下げ渋って切り返すと、前場引けにかけては、
    上げ幅をして200円超えまで広げて、21900円台に乗せで前場
    の取引を終えていた。(前場終値21913.06円(234.80円高))
    中国の習近平国家主席の講演を受けて米中貿易戦争への警戒
    が和らいだことが投資家心理の改善につながった。
    後場も一段高が期待されたが伸び悩む展開。失速する場面で
    は買いも入ったが、前場の高値(21933.99円(255.73円高)を
    上抜くまでは至らなかった。
    
    日経平均終値は+116.06円の21794.32円。
    
    東証1部の出来高は14億6866万株、
    売買代金は2兆7.34億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1129銘柄、値下がり873銘柄、
    変わらず80銘柄。
    
    業種別では値上がりが21業種、値下がりが12業種。
    値上がりトップは鉄鋼、機械、石油・石炭。
    値下がりは医薬品、サービス、食料品など。
    
    日経平均はNYダウ先物が一時300ドルを超える上昇をみせた
    ことなどあり、今晩の米株高を先取りするかっこうで堅調
    な展開となった。
    米株は、本格化する決算を前にハイテク株への見直す動き
    がみられている。
    本日はフェイスブックのザッカーバーグCEOの議会証言が
    行われるため、あく抜けの流れともなれば、日本株にも
    プラスにはたらくだろう。
    ただ、シリア情勢のほか、国内の政治リスクに対する警
    戒感もあり。
    とはいえ、相場の雰囲気としては、悪い材料への感応度
    が鈍り、良い材料には反応しやすくなってきている、ど
    ちらかといえば、買いスタンスで見ておきたいところだ
    ろう。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-04-10【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅続伸(234円高) 売り一巡後に買いに転換して
    上げ幅拡大
    
    前日の米株市場は上昇となったが、上げ幅を大幅に縮小して引
    けており、好感しにくい展開だった。
    また、為替ドル/円も円高方向に振れていたことなども重しとな
    り、日本株の本日のスタートは売り優勢にあった。
    日経平均も一時は、21542.37円(135.89円安)まで下落する場面
    が見られた。
    しかし、早々に下げ渋り、切り返す展開。前場引けにかけては
    上げ幅を拡大して200円超えまで広げて、21900円台に乗せで、
    前場の取引を終えている。
    中国の習近平国家主席の講演を受けて米中貿易戦争への警戒が
    和らいだことが投資家心理の改善につながったようだ。
    
    日経平均前場終値は+234.80円の21913.06円。
    
    東証1部の出来高は7億879万株、
    売買代金は1兆2096億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1358銘柄、値下がり639銘柄、
    変わらず85銘柄。
    
    業種別では値上がりが30業種、値下がりが3業種。
    値上がりトップは機械、卸売業、転送用機器。
    値下がりは倉庫・運輪、繊維製品、医薬品のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    中国の習近平国家主席の講演を受けて米中貿易戦争への警戒が和
    らぎ、前場の日経平均は200円超えの上昇で引けた。
    為替ドル/円が107円台に戻してきたことも、日本株にとっては後押
    し。
    後場も引き続き、自動車など輸出セクターを中心に戻しを試す展
    開が期待され、日経平均は、節目22000円を試す展開が期待される
    ところ。
    
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-04-10【東京市場見通し】

    米株は上昇も小幅、ドル/円も円高方向 材料に欠けて上値の重い
    展開か
    
    前日の米株市場は主要3指数がそろって上昇となった。しかし、
    NYダウは大幅高(一時440ドル高)から上げ幅を縮小する展開、引
    けでは46ドル高と小幅なものだ。
    貿易戦争への過度な警戒は和らいだものの、引け味としては良
    くない。
    また、為替ドル/円も106円台後半での推移と前日の107円台の推
    移から、円高方向に振れている。
    本日の日本株は、売りが先行する可能性が高い。日経平均は、
    前日の取引で、後場から上昇が加速していたが、米株先物の大
    幅高がその要因の一つ、NYダウが失速したことは、ネガティブ
    要因となりそうだ。
    ただ、戻り基調が続いており、節目21500円や5日移動平均線
    (21500円)、25日移動平均線(21411円)などが下値サポートに
    意識、下値ではいっていの底堅さを示す見通し。
    
    日経平均予想レンジは21450円-21750円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が106円台後半での推移。
    (9日終値107.09-10円)
    
    現在、ユーロ/円が131円台半ばでの推移。
    (9日終値131.53-57円)
    
    
    9日の米株市場の概況
    
    米株市場は主要3指数そろって反発。米中の貿易戦争激化懸念が和
    らいだことが好感された。
    米中通商摩擦に関してムニューシン財務長官が貿易戦争に発展し
    ないだろうと述べた。
    また、クドロー国家経済会議(NEC)委員長も話し合いによる解決
    の可能性を示したほか、トランプ大統領が「習・中国国家主席は
    私の友人」とツイートしたことで、懸念が和らいだようだ。
    NYダウは、先週末6日に大幅に下落した反動などもあり、一時は440
    ドル超えの上昇となる場面も見られた。
    NYダウ終値は+46.34の23979.10。
    S&P500は+8.69の2613.16。
    NASDAQは+35.23の6950.34。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-09【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    4℃HD<8008> 決算発表。
    終値2840円(前日比-10円-0.35%)
    18年2月期の連結経常利益は75.6億円(前期比3.0%減)だったが、
    19年2月期は76.5億円(前期比1.2%増)と伸びる見通しに。
    また、今期の年間配当を75円(前期比10円増)に増配する方針
    とした。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ナノキャリア<4571>
    終値744円(前日比+3円+0.40%)
    ナノキャリア<4571>、ノーリツ鋼 <7744>、GTS<4584>、
    3社間で事業化ノウハウを組み合わせたバイオ事業の創出
    を目的とした業務提携契約締結を決議。
    
    タカラバイオ<4974>
    終値2200円(前日比+21円+0.96%)
    大塚HD<4578>傘下の大塚製薬とNY-ESO-1・siTC
    R遺伝子治療薬およびCD19・CAR遺伝子治療薬の、日本
    国内における共同開発・独占販売に関する契約を締結。
    
    アサンテ<6073>
    終値2102円(前日比+40円+1.93%)
    3月売上高は前年同月比16.5%増。4ヵ月連続で前年実績を上回り。
    
    日電産<6594>
    終値16160円(前日比+100円+0.62%)
    子会社日本電産ASIがイタリアで「ドック・船舶間電力供給シス
    テム」の大型案件受注を獲得。(受注額は800万ユーロ)
    
    ピックアップ
    TSI HD<3608>
    終値802円(前日比-9円-1.10%)
    3月既存店売上高は前年同月比6.4%増。
    株価は本日、5日ぶり反落。移動平均線チャートの200日線(821円)
    手前で伸び悩み。
    発表を好感して200日線回復へと期待。回復となれば、上昇トレン
    ド転換と判断されるところ。
    
    立花エレテ<8159>
    終値2048円(前日比-12円-0.58%)
    18年3月期の年間配当を従来計画の34円から40円に増額修正(前の
    期は28円。
    株価は本日まで3日続落と軟調な展開。また、3/15年初高値2300
    円を付けて以降は調整の流れにあり、週足ベースの移動平均線
    チャートにおいて、26週線(2048円)近辺まで値を落としている。
    発表が調整一巡のきっかけとなりそうだ。
    その他、PBRが1倍割れにあるなど割安感が強い。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-09【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め3銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S サムシング<1408>、
    S ヴィンクス<3784>、
    一時S 大和コン<3816>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S ナビタス<6276>、
    S 幸和製<7807>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    KLab<3656> 5日ぶり大幅反発。
    終値1809円(前日比+181円+11.11%)
    国内証券が目標株価引き上げ。
    日足一目均衡表の雲(上限1721円)突破。
    一時200日移動平均線(1834円)回復も。
    
    古野電<6814> 3日ぶり大幅反発。
    終値800円(前日比+55円+7.38%)
    先週末(6日)、前期経常を一転27%増益に上方修正、
    配当2円増額と発表。
    日足一目均衡表の雲(上限800円)突破。
    
    ダイセキ<9793> 大幅続伸。
    終値3380円(前日比+220円+6.96%)
    日足一目均衡表の雲(上限3251円)突破。
    
    ピックアップ
    夢真HD<2362> 大幅反発。
    終値1239円(前日比+58円+4.91%)
    7日付の日本経済新聞で「2019年9月期の年間配当は45円程度。
    今期予想に比べて10円程度積み増すようだ」と報じられた。
    この報道を好感した買いが向かったようだ。
    テクニカル面でも、日足一目均衡表の雲(上限1237円)を突破
    するなど、良好なチャート形状、一段高が期待されるところ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-09【東京市場概況】

    日経平均は反発(110円高) 後場に上げ幅拡大 米先物高など好感
    
    先週末(6日)の米株市場は大幅安となったが、日本株はすでに織り
    込み済み、朝方こそやや売り優勢に振れたものの、早々に買い優
    勢に転じた。
    ただ、上値も重く、日経平均は前日終値を挟んでのもみあいとな
    り、小反発で前場の取引を終えていた。
    (日経平均前場終値21580.42円(12.90円高))
    後場に入ると買いの勢いが強まる展開。日経平均は上げ幅を3桁に
    広げ、大引けにかけては、戻り売りなどに押されたものの、高値
    圏を維持した。(本日高値21737.09円(169.57円高))
    地合いの改善を受けて値上がり銘柄の数も増えた。
    NYダウ先物が100ドル超の上昇となったことなどが、押し目買いに
    向かわせたもよう。
    
    日経平均終値は+110.74円の21678.26円。
    
    東証1部の出来高は13億9023万株、
    売買代金は2兆2652億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1117銘柄、値下がり873銘柄、
    変わらず91銘柄。
    
    業種別では値上がりが24業種、値下がりが9業種。
    値上がりトップは水産・農林、バルブ・紙、保険。
    値下がりは石油・石炭、ゴム製品、鉱業など。
    
    依然として米中貿易摩擦への警戒感は残っている。また、地政学
    リスクも警戒されるところ。11日に北朝鮮最高人民会議、15日に
    北朝鮮金日成主席誕生日がある。
    そんななか、今週がSQ(特別清算指数)算出週であり、荒れるやす
    い面も強い。
    とはいえ、本日の日経平均は思いのほか強い動き、下値の堅さが
    意識されたことは好感される。
    このまま、下値を固めながら、ジリジリと戻しを強めていく展開
    が期待される。
    新興市場は本日、ジャスダックは小幅に続落となったが、マザー
    スが小反発。
    日経平均の底堅さを追い風に、買い戻しや下値を拾う動きが強ま
    っていきそうだ。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-04-09【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小反発(12円高) 前日終値挟んでのもみあい
    
    先週末(6日)の米株市場が大幅安となったことを受けて、売りが
    先行。
    ただ、米株安はすでに織り込み済みだった面が強く、売りは限
    定的。
    時間外取引での米株価指数先物が上昇していることなども好材
    料視された。
    日経平均は朝方、小幅な下落にとどまり、早々にプラスに転じ
    たが、不安定な相場環境が続く中では上値も重く、その後はプ
    ラス圏とマイナス圏を行き来する展開となった。
    上げ幅を広げれば戻り売りに押され、下げ幅を広げれば押し目
    買いが入るといった動きが続き、前場の取引は小反発で終えた。
    
    日経平均前場終値は+12.90円の21580.42円。
    
    東証1部の出来高は6億5696万株、
    売買代金は1兆37億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり833銘柄、値下がり1160銘柄、
    変わらず88銘柄。
    
    業種別では値上がりが16業種、値下がりが17業種。
    値上がりは水産・農林、食料品、電気・ガスなど。
    値下がりは石油・石炭、鉱業、海運など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均の下値が底堅さが増してきている。為替ドル/円の円高
    方向への動きが止まった感があることなどが、下支え要因と意
    識されているようだ。
    今週がSQ(特別清算指数)算出週であり、目先の荒れる展開を警
    戒、積極的に上値を追う動きは見られていないが、後場も下値
    は底堅く推移すると予想される。
    また、中小型株は値動きの荒さが意識されているなか、押し目
    を拾う動きもみられている。
    日経平均の底堅さをともに、中小型株への買いも強まっていく
    見通し。
    
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-09【東京市場見通し】

    米株安は一定程度織り込み済み 売り優勢も下値底堅い展開か
    
    先週末(6日)の米株市場が大幅安、NYダウは一時、700ドル超えの下
    落幅、終値では572ドル安となった。
    米中貿易戦争への警戒感が再燃、パウエルFRB議長が講演で利上げ
    に前向きな姿勢を改めて姿勢を示したことなども、悪材料となっ
    たようだ。
    日本株は米株の大幅安を嫌気して売りが先行すると予想される。
    ただ、日本株は先週末(6日)の取引で、米株先物の下げなどからこ
    の日の米株安を一定程度織り込み済み。
    また、為替ドル/円も円高方向に振れてはいるものの、米株と比べ
    ると落ちついが動きが見られることも好感されるだろう。
    そうしたことから、日本株は売り優勢も、米株と比較して、下げ
    幅は限定的と予想する。
    とはいえ、米株の落ち着きが見られるまでは、積極的な買いも入
    りづらい。
    安く寄った後は下げ渋るであろうが、戻りも鈍そうだ。
    日経平均は、5日移動平均線(21442円)、25日移動平均線(21391円)
    近辺で底堅さを維持しそうだ。
    
    日経平均予想レンジは21300円-21600円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が106円台後半での推移。
    (先週末6日終値107.40-41円)
    
    現在、ユーロ/円が131円台前半での推移。
    (先週末6日終値131.31-35円)
    
    
    先週末6日の米株市場の概況
    
    主要3指数そろって大幅反落。
    トランプ大統領が1000億ドルの対中追加関税を指示し、中国商務
    省も報復措置を示唆したことで、米中貿易戦争への警戒感が再燃
    した。
    NYダウは一時、760ドルを超える下げをみせる場面もあった。
    発表された米雇用統計は、非農業分野の雇用者数が季節調整済み
    で前月比10万3000人増で、市場予想平均の18万5000人増に届かな
    かった。
    パウエルFRB議長が講演で利上げに前向きな姿勢を改めて姿勢を示
    したことも失望材料となったようだ。
    NYダウ終値は-572.76の23932.76。
    S&P500は-58.37の2604.47。
    NASDAQは-161.44の6915.11。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-04-06【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    古野電<6814> 業績・配当修正発表。
    終値745円(前日比-5円-0.66%)
    18年2月期の連結経常利益を従来予想14億円から18.5億円に上
    方修正(前期は14.5億円)。
    前期の年間配当を従来計画8円から10円に増額修正(前の期は8
    円)。
    
    和田興産<8931> 決算発表。
    終値853円(前日比-19円-2.17%)
    18年2月期の経常利益(非連結)は24.2億円(前期比10.5%増)。
    19年2月期も25億円(前期比3.1%増)に伸びる見通し。
    前期の年間配当を28円から30円に増額(前期は27円)。
    今期も前期比2円増の32円に増配する方針に。
    
    ポエック<9264> 業績修正発表。
    終値6750円(前日比+90円+1.35%)
    18年8月期第2四半期累計(17年9月-18年2月)の連結経常利益を
    従来予想3300万円から5200万円に上方修正。
    (通期の経常利益は従来予想1億7200万円を据え置き(前期は1
    億8300万円))
    
    ピックアップ
    システムインテ<3826> 決算発表。
    終値1083円(前日比+53円+5.14%)
    18年2月期の経常利益(非連結)は4.9億円(前期比2.2倍)。19
    年2月期も5億円(前期比1.4%増)の伸びを見込む。
    前期の年間配当を16円から19円に増額(前期は8円)、今期も
    19円を継続する方針とした。
    株価は本日、大幅に反発して日足一目均衡表の雲(上限1072
    円)を突破。週明けも発表を好感して一段高へ。
    
    コジマ<7513> 業績修正発表。
    終値374円(前日比±0円±0.00%)
    18年8月期の経常利益(非連結)を従来予想26億円から40億円
    に上方修正(前期32.1億円)。
    同時に、9-2月期(上期)の経常利益も従来予想1.7億円から
    15億円に上方修正(前年同期5.1億円)。
    株価は今週、週足一目均衡表の雲(上限373円)を僅かながら
    も突破となるなど、トレンド転換が期待されるところ。
    週明けは発表を好感して上振れへ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-06【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め5銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S ぱど<4833>、
    S マネックスG<8698>、
    S APAMAN<8889>、
    S ブティックス<9272>、
    S レノバ<9519>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S トーセ<4728>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    雪印メグ<2270> 大幅続伸。
    終値3130円(前日比+149円+4.99%)
    5/1出荷分から家庭用チーズのほぼ全品を対象とした値上げ、
    並びに、ナチュラルチーズ3品の容量変更を発表、今後の収
    益増加期待へとつながった。
    200日移動平均線(3125円)回復。
    
    デサント<8114> 4日大幅続伸。
    終値1898円(前日比+75円+4.11%)
    日足一目均衡表の雲(上限1837円)突破。
    
    ピックアップ
    第一三共<4568> 3日大幅続伸。
    終値3732円(前日比+169円+4.74%)
    前日(5日)に、米ダーウィンヘルスが保有するバイオインフォ
    マティクス技術を用いて、新規がん治療薬の標的になる物質
    を探し出す共同研究を始めると発表。これが買い手掛かりと
    なったようだ。
    テクニカル面でも、25日移動平均線(3696円)を回復するなど
    トレンドは上振れ傾向。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-06【東京市場概況と来週の見通し】

    日経平均は3日ぶり反落(77円安) 後場、米雇用統計まえで手控
    えムード
    
    前日の米株市場は大幅高となっていたものの、朝方のトランプ
    大統領の発言から米中貿易戦争懸念が再燃、日本株は売りが先
    行した。
    しかし、下値では買いも入り、日経平均は売り先行後、早々に
    プラス圏に浮上して小幅高で前場の取引を終えていた。
    後場も戻りを試す場面があり、一時は21742.84円(97.42円高)
    まで上昇。
    しかし、円安方向にあっドル/円が失速したことなどがあり、
    再びマイナス圏に沈むと軟調な展開に。
    米株先物が弱く、今晩に米雇用統計を控えていることなども、
    手控え要因となった。
    ただ、前場の安値(21550.42円(95.00円安))は下回ることは無
    かった。
    
    日経平均終値は-77.90円の21567.52円。
    
    東証1部の出来高は14億6938万株、
    売買代金は2兆6577億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり661銘柄、値下がり1354銘柄、
    変わらず66銘柄。
    
    業種別では値上がりが9業種、値下がりが24業種。
    値上がりは石油・石炭、鉱業、小売り。
    値下がりトップは空運、バルブ・紙、海運。
    
    
    来週の見通し。
    
    買い優勢に傾く可能性あり。米中貿易摩擦への警戒感がくす
    ぶってはいるが、米企業の好決算やそれを踏まえた株高への
    思惑も根強い。
    その他注目したいのは、東京証券取引所がまとめた3月第4週
    (3/26-3/30)の2市場投資部門別売買状況によると、現物株は
    海外投資家が12週ぶり買い越し。
    これまで海外勢の売りが膨らんできただけに、きっかけさえ
    あれば、買い戻し圧力が強まると予想される。
    今晩の米雇用統計などを受けての、米株市場、米金利の動向
    が注目される。
    その他、来週のイベントは、国内では2月経常収支(9日)、2
    月機械受注(11日)などの経済指標の発表。13日にはオプショ
    ンSQ(特別清算指数)を控えている。
    国外では米3月生産者物価指数(10日)、米3月消費者物価指数
    (11日)。また、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨(3
    /20-3/21分)の発表が13日に控える。
    これらが市場にどう影響を与えるかといったところ。
    
    来週の日経平均の予想レレンジは21200-22000円
    
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-04-06【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅に3日続伸(27円高) 売り一巡後持ち直し
    
    前日の米株市場は大幅高となっていたものの、日本株は売りが先
    行した。
    朝方のトランプ大統領の発言から米中貿易戦争懸念が再燃したこ
    とが重しとなった。
    日経平均は売り優勢でスタート後、早々にプラス圏に浮上する場
    面が見られたがものの、上では売りに押されて失速。
    ただ、一方で、マイナス圏では押し目買いなどから、いっていの
    底堅さを示され小幅な上昇で前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+27.52円の21672.92円。
    
    東証1部の出来高は7億913万株、
    売買代金は1兆1757億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり951銘柄、値下がり1025銘柄、
    変わらず104銘柄。
    
    業種別では値上がりが19業種、値下がりが14業種。
    値上がりは鉱業、石油・石炭、小売りなど。
    値下がりは海運、バルブ・紙、空運など。
    
    
    
    後場の見通し
    
    米中貿易戦争懸念が再燃となったが、為替ドル/円が107円台を維持
    しするなど、これに対しての耐性ができつつあるといった印象。
    ドル/円に連動するかっこうで、日経平均も底堅く、前日に回復し
    た5日移動平均(21463円)、25日移動平均円(21396円)を上回る水準
    での推移となっている。
    後場も引き続き下値は底堅い展開が続きそうだ。ただ、上値も米
    雇用統計を見極めたいと様子姿勢となりそうだ。
    
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-06【東京市場見通し】

    米株高好感も上値重い展開 トランプ米大統領が対中追加関税の
    検討を指示
    
    貿易戦争への過度な懸念が後退、世界的に株式市場が戻りを試す
    展開となっており、前日の米株市場でもNYダウが240ドル高と、連
    日で200ドルを超える上昇となった。
    米株高を好感して日本株も買い先行といきたいところだが、朝方
    にトランプ米大統領が対中追加関税の検討を指示したと伝わって
    おり、改めて貿易戦争への懸念が意識されそうだ。
    その為、日本株は上値の重い展開が予想されるところ。
    日経平均は前日の終値時点で25日移動平均線(21398円)を5日移動
    平均線(21420円)が上抜けてゴールデンクロスとチャート形状は良
    好。
    5日、25日線が支持線として機能してくるようであれば、レンジ突
    破から節目の22000円、さらに75日線レベルが意識されてくること
    が期待されるところにある。
    
    日経平均予想レンジは21450円-21750円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が107円台前半での推移。
    (5日終値107.05-07円)
    
    現在、ユーロ/円が131円台前半での推移。
    (5日終値131.22-26円)
    
    
    5日の米株市場の概況
    
    主要3指数そろって3日続伸。
    引き続き米中貿易戦争への警戒感が和らでいることが好感され、
    大きく下落した銘柄に買戻しの動きが続いた。
    NYダウは一時、357ドル高まで上昇する場面も見られた。
    NYダウ終値は+240.92の24505.22。
    S&P500は+18.15の2662.84。
    NASDAQは+34.45の7076.55。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-05【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    7&I-HD<3382> 決算発表。
    終値4624円(前日比+56円+1.22%)
    18年2月期の連結経常利益は3907億円(前期比7.2%増)。19年2月
    期も4085億円(前期比4.5%増)となる見込み。今期の年間配当は
    95円(前期比5円増)と増配する方針に。
    
    放電精密<6469> 決算発表。
    終値1540円(前日比-30円-1.91%)
    18年2月期の連結経常利益は4.6億円(前期比17.3%増)と従来予想
    4億円を上回って着地。19年2月期も10億円(前期比2.1倍)となる
    見込み。今期の年間配当は22円(前期比7円増)と増配する方針に。
    
    ピックアップ
    クリーク&リバ<4763> 決算発表。
    終値1095円(前日比-32円-2.83%)
    18年2月期の連結経常利益は18.2億円(前期比23.5%増)。19年2月
    期も19.5億円と伸びる見込み(前期比6.9%増)。同時に今期の年
    間配当は12円(前期比1円増)に増配する方針とした。
    株価はテクニカル面で、200日移動平均線(1146円)回復が射程圏
    内。回復となれば、上昇トレンド転換の見かた。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    レノバ<9519>
    終値2395円(前日比-16円-0.66%)
    4/30を基準日に1対2株の株式分割実施を発表。
    (18年5月期第3四半期累計(17年6月-18年2月)の連結経常利益は
    18.4億円(前年同期比0.5%減)。12-2月期(3Q)の連結経常損益は
    0.3億円の黒字に浮上(前年同期は1.3億円の赤字)。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-04-05【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め5銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ヴィンクス<3784>、
    S ジャストプラ<4287>、
    一時S シンニッタン<6319>、
    一時S 山陽百<8257>、
    S ブティックス<9272>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    4℃HD<8008> 大幅続伸。
    終値2865円(前日比+104円+3.76%)
    日足一目均衡表の雲(上限2828円)突破。
    
    ファストリ<9983> 6日大幅続伸。
    終値46500円(前日比+1300円+2.87%)
    日足一目均衡表の雲(上限46015円)突破。
    
    ピックアップ
    キッコーマン<2801> 3日大幅続伸。
    終値4435円(前日比+135円+3.13%)
    株価は、年初来安値である4000円近辺で底を付き、直近は戻し
    を強めてきている。
    テクニカル面では、週足ベースの移動平均線チャートにおいて、
    先週の26週線(4264円)回復に続いて、今週は13週線(4316円)を
    捉えてきており、上昇トレンド転換が期待されるところ。
    また、本日は、日足一目均衡表の雲突破ともなっている(上限
    4405円)。
    
    船総研HD<9757> 9日大幅続伸。
    終値2533円(前日比+161円+6.78%)
    本日まで9連騰。本日は6%超えの上昇と戻しを強めてきている。
    テクニカル面では、日足一目均衡表の雲突破(上限2385円)。
    また、週足ベースの移動平均線チャートにおいも、13週線(22
    90円)、26週線(2402円)を捉えてきており、上昇トレンド転換
    と判断されるところにある。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-05【東京市場概況】

    日経平均は大幅続伸(325円高) 後場に一時上げ幅は400円超え
    
    前日の米株市場が大幅に上昇。加えてドル/円も円安方向にあった
    ことなどが好感されて、日本株は朝方から買いが先行した。
    日経平均は寄り付きから21500円台に乗せると、21600円台を回復
    して前場の取引を終えていた(21667.83円(348.28円高))。
    後場に入っても強い基調が続き、ドル/円が一時107円台となる場
    面では、日経平均も上げ幅を400円超えに拡大、21700円台に乗せ
    る動き場面があった(高値21737.66円(418.11円高))。
    その後は、円安が一服したことがあり、やや伸び悩んだものの、
    高値圏を維持して本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+325.87円の21645.42円。
    
    東証1部の出来高は15億4778万株。
    売買代金は2兆6536億円。
    
    騰落銘柄数は、値上がり1327銘柄、値下がり677銘柄、
    変わらず77銘柄。
    
    業種別では値上がりが28業種、値下がりが5業種。
    値上がりトップは精密機器、不動産、銀行。
    値下がりは非鉄金属、鉄鋼、水産・農林、海運など。
    
    日経平均は先高期待から高値圏を維持して終えた。テクニカル面
    では、上値抵抗と意識された25日移動平均線(21398円)を回復。
    また、25日線を5日移動平均線(21420円)が上抜けて、ゴールデン
    クロス、良好なチャート形状となった。
    米中貿易摩擦の行方に振らされる状況が続きそうだが、3/12高値
    (21971.16円)、節目22000円や75日移動平均線(22363円)超えを試
    す展開が期待されるところにある。
    中高型は主力処に比べると勢いが感じられないが、主力処の上昇
    一服となる場面などに合わせて、次第に出遅れ感のある銘柄など
    へ資金が向かう見通し。
    
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-04-05【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅続伸(348円高) 米株高、円安追い風に21600
    円台回復
    
    前日の米株高や円安方向に振れたドル円を好感して、買い優勢の展
    開となった。
    日経平均は寄り付きから21500円台に乗せて、その後のしばらくは
    21500円近辺でのもみあっていた。
    しかし、ドル/円が朝方より円安に振れたことなどがあり、上げ幅
    を拡大、21600円台を回復して前場の取引を終えた。
    (高値21686円(367.25円高))
    
    日経平均前場終値は+348.28円の21667.83円。
    
    東証1部の出来高は7億2889万株、
    売買代金は1兆2486億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1408銘柄、値下がり590銘柄、
    変わらず83銘柄。
    
    業種別では値上がりが29業種、値下がりが4業種。
    値上がりトップは精密機器、医薬品、不動産。
    値下がりは鉄鋼、非鉄金属、海運、水産・農林のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    米中貿易戦争に対する過度な懸念が後退したとの見かたが広がっ
    ている。
    日経平均は前場終値時点て、25日移動平均線(21398円)を回復して
    上振れ傾向、節目21500円も超えて21600円台に乗せている。
    後場もこのまま堅調な展開を期待したいところだが、上げ幅を縮
    小する展開が予想されやすいところ。
    米中貿易戦争に対しての懸念は後退こそしているものの、今だく
    すぶる。
    また、今週末には米雇用統計なども控えており、結果を見極めた
    いとの思惑も出てきやすい。
    
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-05【東京市場見通し】

    買い先行 米株が続伸 為替も円安に振れており日本株に追い風
    
    前日の米株市場は主要3指数そろって続伸。中国の報復関税を嫌気
    して、NYダウは一時、500ドル超えの下落となる場面があったが、そ
    の後に切り返して230ドル高で引けている。
    為替ドル/円も円安方向に振れており、現在は106円台後半での推
    移。
    米株が下を一端試してからの切り返し、ドル/円も円安方向にある
    ことも日本株には追い風となる。
    週末に米雇用統計を控えて、様子見姿勢となりやすい面はある
    が、良好な外部環境を受けて買い戻しの動きが強まると予想され
    るところ。
    日経平均は25日移動平均線(21414円)、節目21500円を回復となり
    そうだ。
    回復後はこれらが、サポート線となるか見極めたいところ。
    
    日経平均予想レンジは21250円-21550円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が106円台後半での推移。
    (4日終値106.20-22円)
    
    現在、ユーロ/円が131円台前半での推移。
    (4日終値130.57-61円)
    
    
    4日の米株市場の概況
    
    主要3指数そろって続伸。急落してスタートも、その後に大きく反
    発してこの日の取引を終えた。
    中国が4日、米国の貿易制裁に対抗し、大豆や航空機などの輸入品
    106品目について25%の関税を課す方針を示したことを受けて、米
    中貿易摩擦の激化が警戒され売りが先行した。
    NYダウは一時、500ドルを超えの下落幅となる場面があった。
    しかし、その後は、、貿易摩擦解消に向けた交渉への期待感など
    が台頭し、リバウンド狙いの買いなどから、プラス圏に浮上、上
    げ幅を拡げた。
    NYダウ終値は+230.94の24264.30。
    S&P500は+30.24の2644.69。
    NASDAQは+100.83の7042.11。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-04-04【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    マルカキカイ<7594> 決算発表。
    終値2074円(前日比+80円+4.01%)
    18年11月期第1四半期(17年12月-18年2月)の連結経常利益は
    6.3億円(前年同期比37.3%増)。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ヒノキヤG<1413>
    終値3720円(前日比+150円+4.20%)
    中期経営計画を策定。
    22年12月期に経常利益150億円を目指す(17年12月期は62億円)。
    
    ハウスドゥ<3457>
    終値4050円(前日比+140円+3.58%)
    同社の保有または管理物件とタイムズ24社が提供する予約制
    駐車場マッチングサービス「B-Times」において、業
    務提携を行うことを決議。
    
    ハイデ日高<7611>
    終値2703円(前日比+36円+1.34%)
    3月既存店売上高が前年同月比2.1%増。
    
    シノケンG<8909>
    終値8909円(前日比-100円-2.92%)
    6/30を基準日に1対2株の株式分割実施を発表。
    
    ピックアップ
    マクドナルド<2702>
    終値5030円(前日比+30円+0.60%)
    3月既存店売上高は10.0%増と28ヵ月連続で前年実績を上回った。
    なお、客数は3.6%増、客単価は6.2%増だった。
    (20年以上にわたり楽しまれている「てりたま」に加えて、
    「チーズてりたま」と初登場の「はみだすハムてりたま」
    を販売したことが寄与。
    また、毎日夕方5時から定番バーガーのパティがプラス100円で
    倍になる倍バーガーを「夜マック」として開始したことも、デ
    ィナータイムの顧客に好評だったとのこと)
    株価は本日の取引を小幅ながら続伸で引けており、テクニカル
    面では、日足一目均衡表の雲(上限4987円)を上回る水準でしっ
    かりとした展開、やや上振れ傾向にある。
    発表を好感して一段と上方向へのトレンドが強めそうだ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-04-04【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S プリメックス<2795>、
    S 買取王国<3181>、
    一時S ザッパラス<3770>、
    S IPS<4335>、
    一時S 日東精<5957>、
    S 山陽百<8257>、
    一時S アジア航<9233>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S 昭電工<4004>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ペッパー<3053> 7日大幅続伸。
    終値5790円(前日比+590円+11.34%)
    日足一目均衡表の雲(上限5170円)突破。
    
    モバクリ<3669> 大幅反発。
    終値378円(前日比+23円+6.47%)
    一時200日移動平均線(375円)回復。
    日足一目均衡表の雲(上限359円)突破。
    
    クリーク&リバ<4763> 大幅反発。
    終値1127円(前日比+69円+6.52%)
    4日付けの日本経済新聞で「テレビ番組などの制作請負を手掛
    けるクリーク・アンド・リバー社(C&R)は2019年2月期の連
    結営業利益が20億円程度と、前期推定比1割程度増えそうだ」
    と報じられ刺激材料に。
    日足一目均衡表の雲(上限1087円)突破。
    
    都競馬<9672> 3日大幅続伸。
    終値4155円(前日比+150円+3.74%)
    日足一目均衡表の雲(上限4077円)突破。
    
    ピックアップ
    レンゴー<3941> 大幅続伸。
    終値938円(前日比+29円+3.19%)
    3/9に年初来高値968円を付けてから上昇一服、調整の流れにあっ
    たが、前日に75日移動平均線(880円)近くまで押したところで、
    調整が一巡した見かた。
    本日、割れていた5日移動平均線(917円)や25日移動平均線(934
    円)を回復して引けており、トレンドは再び上方向に。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-04-04【東京市場概況】

    日経平均は3日ぶり小反発(27円高) 買い先行後に下げ転換も持ち
    直し
    
    前日の米株高を好感して買い優勢のスタートとなった日本株。日
    経平均は21415.85円(123.56円高)で寄り付いたが、これが本日の
    高値となった。
    米中貿易摩擦の激化に対する懸念から売り優勢に傾き、日経平均
    は前場の取引を21272.86円(19.43円安)と下落引けていた。
    後場に入ってもしばらくは小幅安での推移が続いていたが、日銀
    のETF(上場投資信託)買い期待などを支えに持ち直し、プラス
    圏に浮上して、本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+27.26円の21319.55円。
    
    東証1部の出来高は15億1906万株、
    売買代金は2兆6471億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1517銘柄、値下がり505銘柄、
    変わらず59銘柄。
    
    業種別では値上がりが24業種、値下がりが9業種。
    値上がりトップはゴム製品、水産・農林、倉庫・運輪。
    値下がりはガラス・土石、電気機器、機械など。
    
    日経平均は上下ともにはっきりとしたトレンドは出ていない。流
    れとしては内需系への物色が続いているが、ハイテクセクターの
    戻りがみられてこないと、本格的なリバウンドは期待しづらいと
    ころだろう。
    また、新興株市場はさえず、ジャスダックが続落、東マザーズ指
    数が3日続落となった。
    しかし、直近IPO銘柄への物色は活発で、その他テーマ性のある銘
    柄、材料株への物色は見られ、中小型株への物色意欲は衰えてい
    ないよう、それが全体に拡がればといったところ。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-04-04【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅に3日続落(19円安) 買い先行も上値重くマイ
    ナス圏へ
    
    前日の米株市場が大幅に上昇。それを受けて日本株も買い優勢で
    スタートしていた。
    日経平均は21415.85円(123.56円)で寄り付き、これが本日ここま
    での高値。
    寄り付きを高値に伸び悩む展開となり、上値の重さを嫌気され下
    げに転じて前場の取引を終えた。
    日本時間の4日早朝に米通商代表部(USTR)が、中国からの輸
    入品に対する追加関税の品目リストを公表。米中貿易摩擦の激化
    に対する懸念が上値を抑えた。また、米株先物安なども重しとな
    った。
    
    日経平均前場終値は-19.43円の21272.86円。
    
    東証1部の出来高は7億2602万株、
    売買代金は1兆1888億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1370銘柄、値下がり645銘柄、
    変わらず66銘柄。
    
    業種別では値上がりが17業種、値下がりが16業種。
    値上がりはゴム製品、水産・農林、倉庫・運輪など。
    値下がりは銀行、ガラス・土石、化学など。
    
    
    後場の見通し
    
    米中貿易摩擦の激化に対する懸念が強まり、積極的な買いが入り
    にくい前場となった。
    後場も米株先物をにらんでの展開、下げ幅を拡げる可能性もある
    だろう。
    また、日経平均はテクニカル面でも25日移動平均線(21413円)や
    5日移動平均線(21313円)を前場終値時点で下回っており、売りに
    傾きやすくある。
    
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-04-04【東京市場見通し】

    買い先行 米株の大幅反発、円安を好感 一巡後は様子見姿勢か
    
    前日の米株市場が大幅反発、NYダウは389ドル高と前日の下落分
    (458ドル安)の大半を戻したかっこうとなった。
    為替ドル/円も円安方向に振れており、現在は106円台半ばでの
    推移。
    米株高、円安を受けて、本日の日本株は買い優勢の展開とな
    りそうだ。
    日経平均は前日、下を試してからの切り返し、そして本日に
    反発となれば、底打ち感は強まりやすい。
    上値は心理的節目21500円を試す展開、この水準には25日移
    動平均線(21457円)も控えており、上値抵抗と意識される。
    上抜けば、一段と戻しを試す展開が期待されるが、それには
    材料不足感が否めないところではある。
    また、週後半は米の経済指標の発表などが控えていることが
    あり、結果を見極めたいと様子見姿勢も強まりそうだ。
    
    日経平均予想レンジは21250円-21550円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が106円台半ばでの推移。
    (3日終値106.04-05円)
    
    現在、ユーロ/円が130円台後半での推移。
    (3日終値130.68-72円)
    
    
    3日の米株市場は休場
    
    主要3指数そろって大幅反発。
    前日(2日)が、米中貿易摩擦の激化を警戒して大幅に下落、
    その反動などから、この日は、下げを主導したハイテク株
    を中心に、買い戻しや短期的な戻りを狙った買い入った。
    NYダウは一時400ドル超えの上げ幅となる場面もあった。
    NYダウ終値は+389.17の24033.36。
    S&P500は+32.57の2614.45。
    NASDAQは+71.16の6941.28。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-04-03【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    GFA<8783> 業績修正発表。
    終値672円(前日比-21円-3.03%)
    18年3月期の連結経常損益を従来予想6400万円の黒字から87
    00万円の黒字に上方修正(前の期非連結は2700万円の赤字)。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ABCマート<2670>
    終値6970円(前日比±0円±0.00%)
    3月度既存店売上高は前年同月比6.9%増。
    10ヵ月連続で前年上回り。
    
    ALサービスH<3085>
    終値2421円(前日比+25円+1.04%)
    3月度のかつや直営店売上は、既存店が前年同月比2.1%増。
    
    良品計画<7453>
    終値35600円(前日比+200円+0.56%)
    3月直営既存店売上高は前年同月比6.3%増。
    13ヵ月連続で前年上回り。
    
    Uアローズ<7606>
    終値4140円(前日比+105円+2.60%)
    3月既存店売上高は前年同月比11.5%増。
    2ヵ月連続で前年上回り。
    
    ピックアップ
    ウェーブロック<7940>
    終値1655円(前日比-3円-0.18%)
    4/10付けで、東証2部から東証1部に指定変更されると発表。
    株価は直近、移動平均線チャートにおいて、25日線(1606円)
    近辺で日柄調整中にあった。
    発表を好感して、同線から上振れへと期待。
    
    ファストリ<9983>
    終値43890円(前日比+460円+1.05%)
    3月の国内ユニクロ売上高速報を発表、既存店売上高は前年
    同月比13.0増と2ヵ月連続で前年実績上回り。
    株価は本日まで4日続伸。日足一目均衡表の雲(上限46015円)
    突破が射程圏内。
    発表を好感して雲突破、上昇トレンド転換へと期待。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-04-03【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S すららネット<3998>、
    一時S JMC<5704>、
    一時S 三光産業<7922>、
    S マネックスG<8698>、
    一時S シルバライフ<9262>、
    一時S SOU<9270>、
    一時S サカイHD<9446>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    フュートレック<2468> 7日大幅続伸。
    終値749円(前日比+71円+10.47%)
    日足一目均衡表の雲(上限729円)突破。
    
    日ペイントH<4612> 3日大幅続伸。
    終値4045円(前日比+130円+3.32%)
    25日移動平均線(3984円)回復。
    
    オプトラン<6235> 3日大幅続伸。
    終値3665円(前日比+195円+5.61%)
    2日、4月に大阪大学大学院工学研究科にオプトラン共同研究講
    座を開設するほか、同大学のフォトニクスセンター内に研究ラ
    ボを設置し、バイオセンサーなどの共同開発を行うと発表。
    25日移動平均線(3541円)回復。
    
    UMC<6615> 変わらず挟んで5日続伸。
    終値2917円(前日比+138円+4.96%)
    後場より急騰。日立<6501>とサーバ・ストレージ・ネットワー
    ク機器などITプロダクツ分野のモノづくり強化で協業するこ
    とで基本合意したと発表。
    日足一目均衡表の雲(上限2889円)突破。
    
    ピックアップ
    パーク24<4666> 4日ぶり反発。
    終値2919円(前日比+78円+2.74%)
    後場より急動意。13時30分頃、トヨタ<7203>と東京都内におけ
    るカーシェアリングサービスで業務提携を開始すると発表。
    発表が好材料視されて買いが入ったようだ。テクニカル面では、
    25日移動平均線(2793円)をサポートにリバウンドしたかっこう。
    直近に割れた5日移動平均線(2876円)も回復しており、明日以
    降も堅調な展開が期待される。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-04-03【東京市場概況】

    日経平均は続落(96円安) 売り一巡後下げ渋り いっていの底堅さ
    を示した
    
    前日の米株市場が大幅安となり、日本株は売り優勢でスタート。
    日経平均は一時、21056.02円(332.56円安)まで値を下げる場面
    が見られた。
    しかし、売り一巡後は下げ渋る展開、円高一服や、時間外取引
    での米株価指数先物高を支えとなり、21200.77円(187.81円安)
    で前場の取引を終えていた。
    後場に入っても、戻り基調が継続。14時を過ぎに一時は失速す
    る場面もあったが、急速に値を戻し、下げ幅を2桁に縮めて、
    本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は-96.29円の21292.29円。
    
    東証1部の出来高は13億1181万株、
    売買代金は2兆2470億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり787銘柄、値下がり1220銘柄、
    変わらず74銘柄。
    
    業種別では値上がりが11業種、値下がりが22業種。
    値上がりは水産・農林、陸運、小売りなど。
    値下がりトップは石油・石炭、その他製品、海運。
    
    日経平均は取引時間中には割れたが5日移動平均線(21265円)を
    終値では維持、いっていの底堅さを示したかっこう。
    引き続き外部環境の不透明要因から積極的な上値追いは限られ
    そうだが、騰落レシオ(東証1部、25日平均)が87%台と低下して
    いることなどから値ごろ感が意識され、下げたところでは、押
    し目買いが入れやすくなっている。
    日経平均がいっていの底堅さを示していれば、中小型株物色に
    ついても安心感につながるだろう。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-04-03【東京市場前場概況と後場の見通し】

    日経平均は続落(187円安) 米株安受けて売り先行もその後は下げ
    渋り
    
    前日の米株市場が大幅安となったことを受けて、日本株は売りが
    先行した。
    日経平均は大きく水準を切り下げてスタート、一時は21056.02円
    (332.56円安)まで値を下げる場面が見られた。
    ただ、売り一巡後は戻りは限定されているものの下げ渋る展開。
    円高一服や、時間外取引での米株価指数先物高を支えとなってい
    るようだ。
    
    日経平均前場終値は-187.81円の21200.77円。
    
    東証1部の出来高は5億4325万株、
    売買代金は9433億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり756銘柄、値下がり1243銘柄、
    変わらず82銘柄。
    
    業種別では値上がりが7業種、値下がりが26業種。
    値上がりは電気・ガス、水産・農林、陸運など。
    値下がりトップは石油・石炭、その他製品、海運。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は売り一巡後に下げ渋る展開。新年度入りに伴う需給改
    善への期待、日銀のETF買い入れ期待などから、下げたとこでは
    押し目買いが入っているようだ。
    後場も引き続き、底堅い展開が期待されるところ。
    ただ、5日移動平均線が21246円(前場終値時点)、上値を抑える要
    員となるようなら、短期筋の売り仕掛けに注意したいところ。
    物色は、中小型株や内需・ディフェンシブ銘柄が優勢。外部環境
    が不安定にあり、リスク回避の面からもそれらに向かいやすい。
    その他、IPO銘柄が好調。注目はRPA<6572>、最高値を更新してお
    り、関連のテーマ株などへの広がりが期待される。
    
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-03【東京市場見通し】

    売り先行 米株が大幅反落が重し 内需や中小型株へは物色向かう
    か
    
    前日の米株市場が大幅安。中国が米国に対して報復関税措置を打
    ち出したことや、アマゾンなどの大幅安がリスクオフムードを高
    めた。NYダウ一時、700ドル超えの下落、終値では458ドルの下落
    となっている。
    為替ドル/円も円高に振れており、現在は105円台後半での推移。
    こうした外部環境を受けて、日本株は売り先行となりそうだ。
    日経平均は昨日の後場に失速、米株安をの一定程度は織り込みに
    いった展開となっていたが、それでも本日は売りに押される展開
    となりそう、節目21000円どころまでの下げが予想されるところ。
    21000円どころでは、先週の動きを見る限り、底堅いと考える。
    戻りは鈍いだろうが、押し目買いなどから、いっていの底堅さを
    示す見通し。
    日経平均が売り一巡後、いっていの底堅さを示していれば、中小
    型株、内需株へは、外部環境のリスクを避ける狙いからも資金が
    向かいやすい。
    
    日経平均予想レンジは20950円-21300円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が105円台後半での推移。
    (2日終値106.28-29円)
    
    現在、ユーロ/円が130円台前半での推移。
    (2日終値131.05-09円)
    
    
    2日の米株市場は休場
    
    主要3指数そろって大幅反落。
    中国が2日に、米国から輸入する豚肉など128品目に関税の上乗せ
    を行うと発表。
    米中の貿易摩擦が激化することを警戒する動きが強まり、軟調な
    展開となった。
    また、3月のISM製造業景況指数が59.3と市場予想平均の59.7を下
    回ったことも重しとなった。
    その他、トランプ大統領がツイッターで再びアマゾン・ドット・
    コムを批判したことでアマゾン株が一時6%超えの下落となる場面
    などが見られた。
    NYダウは一時、750ドルを超える下げをみせる場面もあった。
    NYダウ終値は-458.92の23644.19。
    S&P500は-58.99の2581.88。
    NASDAQは-193.33の6870.12。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-04-02【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    本日、該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    博展<2173>
    終値1182円(前日比-40円-3.27%)
    エッジ・オブ(本社:東京都渋谷区)が手掛ける、イノベーション
    ・プラットフォーム「EDGEof」のパートナーシッププログラムへ
    参加したと発表(EDGEofは、2017年4月に誕生した新しい形のスタ
    ートアップ支援コミュニティ)。
    
    Jフロント<3086>
    終値1804円(前日比-5円-0.27%)
    3月百貨店事業売上高は前年同月比4.2%増。
    12ヵ月連続で前年上回り。
    
    エムアップ<3661>
    終値1105円(前日比-3円-0.27%)
    18年3月期に投資有価証券売却益1.1億円を特別利益に計上する。
    
    SHIT<3697>
    終値5540円(前日比+50円+0.91%)
    システムコンサルティングを手掛けるAiritechを子会
    社化。
    
    松屋<8237>
    終値1503円(前日比-7円-0.46%)
    3月銀座本店売上高は前年同月比5.3%増。
    
    ピックアップ
    インソース<6200>
    終値4670円(前日比-105円-2.19%)
    4/30を基準日として1対2株の株式分割を実施すると発表。
    株価は、3/30に年初来高値4995円を付け、上値の重さが意識され
    るところにあったが、発表を刺激材料に上値追いの展開が期待さ
    れる。
    テクニカル面では、本日に5日移動平均線(4772円)を割れたもの
    の早期回復へ、上昇トレンドを維持する展開か。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-04-02【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S メディア工房<3815>、
    S 大村紙業<3953>、
    S カイノス<4556>、
    S 日本ラッド<4736>、
    一時S JMC<5704>、
    一時S タカトリ<6338>、
    S 三光産業<7922>、
    S 誠建設<8995>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    トクヤマ<4043> 3日続伸。
    終値3475円(前日比+90円+2.65%)
    日足一目均衡表の雲(上限3395円)突破。
    
    三精テクノ<6357> 大幅上昇。
    終値1406円(前日比+201円+16.68%)
    オランダのVekoma社を完全子会社化。
    年初来高値更新。
    日足一目均衡表の雲(上限1292円)突破。
    
    エヌピーシー<6255> 5日大幅続伸。
    終値285円(前日比+15円+5.55%)
    日足一目均衡表の雲(上限279円)突破。
    
    ピックアップ
    北の達人<2930> 6日大幅続伸。
    終値839円(前日比+54円+6.87%)
    出来高も伴って上値を伸ばす展開、3/19の戻り高値818円
    を上抜いた。
    その他、日足一目均衡表の雲(上限794円)を突破するなど、
    上昇トレンド転換の形状。明日以降も上値の伸ばす展開か。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-04-02【東京市場概況】

    日経平均は3日ぶり反落(65円安) 後場に失速して安値引け
    
    先週末の海外市場が休場、手掛かり材料に欠けるなかでのスタ
    ートとなった。
    日経平均は寄り付きこそマイナスでスタートしたが、早々にプ
    ラスに転換、3桁の上昇で前場の取引を終えていた。
    (前場終値21562.01円(107.71円高))
    後場は、寄り付き直後には21597.47円(143.17円高)まで上昇。
    その後は、21500円処での底堅い展開となっていたが、先物主
    導で急速に値を下げてマイナス圏へ沈むと安値引けで、本日の
    取引を終えた。
    
    日経平均終値は-65.72円の21388.58円。
    
    東証1部の出来高は9億5673万株、
    売買代金は1兆6740億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり653銘柄、値下がり1346銘柄、
    変わらず80銘柄。
    
    業種別では値上がりが5業種、値下がりが28業種、
    値上がりはその他製品、空運、電気・ガスなど。
    値下がりトップはバルブ・紙、不動産、精密機器。
    
    日経平均は取引時間中には回復したものの終値では、25日移動
    平均線(21492円)を下回った。
    ただ、5日移動平均線(21270円)は維持、5日線は上向きにあり、
    25日線とのゴールデンクロスが意識されるところ、ここで踏ん
    張りを見せていれば、チャート形状は良くなる。
    まずは先週末に休場となっていた米市場の動向を見極めたいと
    ころ。
    新興株市場は高安まちまち。ジャスダックは3日続伸もマザー
    ズは5日ぶりの小反落で安値引け。
    マザーズは反落となったものの、引き続き、これらを中心とし
    た中小型株物色は続く見通し。
    外部環境が不安定な動きが続いた場合、中小型株、内需株へ一
    段とシフトしやすい展開。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-04-02【東京市場前場概況と後場の見通し】

    日経平均は3日続伸(107円高) 朝安後、プラスに転換してじり高
    
    先週末(30日)、米市場含め、主要の海外市場が休場。手掛かり材
    料に欠けるなか、日経平均は小幅安でのスタートとなった。
    しかし、新興市場を中心とした中小型株が賑わう展開が続き、良
    好な地合いが確認されると、次第に主力処にも買いが入り、日経
    平均は3桁の上げ幅で、前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+107.71円の21562.01円。
    
    東証1部の出来高は4億6089万株、
    売買代金は7662億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1015銘柄、値下がり954銘柄、
    変わらず105銘柄。
    
    業種別では値上がりが23業種、値下がりが10業種、
    値上がりトップは電気・ガス、その他製品、空運。
    値下がりはバルブ・紙、精密機器、不動産など。
    
    
    後場の見通し
    
    寄り前に発表された3月調査日銀短観では、大企業・製造業の業況
    判断指数(DI)は市場予想を下回っったものの、18年度の設備投資
    計画が前年度比2.3%増と市場予想の0.6%増を上回り、景況感は好
    調と見られた。
    おおよそ市場予想通りの内容となり、相場への影響は限られた。
    後場も堅調、しっかりとした展開が続く見通し。日経平均は25日
    移動平均線(21499円)を回復して前場の取引を終えるなど一段の戻
    しが期待される形状にはある。上振れ期待はあるが、休場明けの
    米市場を見極めたいとの思惑などもあり、徐々に上値の重さが意
    識されそうだ。
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-04-02【東京市場見通し】

    しっかりの展開  手がか材料乏しいも戻り基調は継続の見通し
    
    先週末の海外株は米国含め主要市場が休場。為替ドル/円は今現
    在、106円台前半での推移と、比較的落ち着いた動きとなって
    いる。
    外部環境からの手掛かり材料に乏しいなか、寄り前には3月調
    査の日銀短観が発表される。
    寄り前には3月調査の日銀短観が発表。初動はこれに反応する
    展開か。
    良ければ素直に強い反応になる見通し。
    ただ、厳しい内容であたても、地合いの改善を好感した買い
    が続く可能性が高く、押したところでは、押し目買いから、
    下げ渋る見通しにある。
    後場、引けにかけては、休場明けの米株の動向を見極めたい
    との思惑などから、様子見姿勢が予想される。
    
    日経平均予想レンジは21400円-21600円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が106円台前半での推移。
    (先週末30日終値106.18-19円)
    
    現在、ユーロ/円が131円どころでの推移。
    (先週末30日終値130.84-88円)
    
    
    先週末30日の米株市場は休場
    
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
お気軽にお問い合わせください
  • お申込み
  • お問い合わせ
電話番号