• 2018-05-25【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    エムアップ <3661>
    終値1628円(前日比+48円+3.03%)
    子会社がコムシード<3739>、東京ニュース通信社、walkと業務
    資本提携。
    
    OATアグリオ<4979>
    終値3780円(前日比+145円+3.98%)
    スペイン農業資材開発会社の株式取得契約締結。
    
    ソラスト<6197>
    終値3210円(前日比+10円+0.31%)
    6/30を基準日として1対3株の株式分割を実施すると発表。
    (あわせて、3月期の年間配当予想を48円から16円へと修正も、
    株式分割に伴うもので実質配当は変わらない)
    
    山一電機<6941>
    終値1843円(前日比1843円-41円-2.17%)
    自社株買い実施を発表。300,000株(発行済み株式数の1.32%)、
    500,000,000円を、それぞれの上限としており、取得期間は
    5/29~8/31まで。
    
    ピックアップ
    マイクロニクス<2871>
    終値1197円(前日比-5円-0.41%)
    国内自動車メーカーにパワー半導体のウエハー評価向けウエ
    ハープローバ「PW-8000」 を納入したことを明らか
    にした。
    今回の納入は、主に半導体メーカー向けテストソリューショ
    ンを提供してきた同社にとって、新たな業界での顧客開拓の
    第一歩になると期待される。
    株価は5/10に年初来高値1367円を付けて以降は調整の流れに
    あり、直近の2日間は25日移動平均線(1227円)を割れての推
    移となっている。
    発表を好感して、早期に25日線回復となれば、中期的なトレ
    ンドは維持されたかっこうとなり、株価上昇期待が高まると
    ころ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-05-25【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め4銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S やまねメディ<2144>、
    一時S チエル<3933>、
    S ニッパンR<4669>、
    一時S ビート<9399>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S ソルガムHD<6636>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    キリンHD<2503> 大幅反発。
    終値3110円(前日比+129.5円+4.34%)
    25日移動平均線(3039円)回復。
    
    インタトレード<3747> 大幅続伸。
    終値408円(前日比+36円+9.67%)
    日足一目均衡表の雲(上限377円)突破。
    
    エンJPN<4849> 大幅続伸。
    終値5850円(前日比+220円+3.90%)
    日足一目均衡表の雲(上限5827円)突破。
    
    トレイダーズ<8704> 大幅上昇。
    終値128円(前日比+5円+4.06%)
    日足一目均衡表の雲(上限123円)突破。
    
    ピックアップ
    アドウェイズ<2489> 5日大幅続伸。
    終値566円(前日比+47円+9.05%)
    前日(24日)に定款一部変更を発表。ブロックチェーン技術等利
    用業務や仮想通貨の関連業務・交換業を追加。
    発表を好感して5日大幅続伸となった。
    テクニカル面では、移動平均線チャートにおいて、200日線(54
    1円)を回復して引けるなど良好な形状。
    また、取引時間中には、日足一目均衡表の雲(上限579円)を上
    抜ける場面も見られた(本日高値583円)。
    この雲を明確に上抜けてくれば、一段と上方向へのトレンドが
    強まるところ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-25【東京市場概況と来週の見通し】

    25日概況 日経平均は4日ぶり小反発(13円高) プラス転換も上値
    は限定的
    
    前日の米株市場が軟調、為替ドル/円が円高方向にあったなど、外
    部環境の悪化を受けて、朝方は売りが先行した。
    日経平均は一時、22318.15円(118.86円安)まで値を下げる場面が
    見られた。
    売り一巡後は、急速に切り返してプラス圏に浮上、前場の取引を
    小幅高で引けていた(前場終値22457.20円(20.19円高)。
    後場もプラス圏で推移する時間が長く、下値はしっかりとしてい
    たものの、積極的に買い上がる動きは無し、こう着感の強い展開
    で、節目22500円を上値抵抗に意識したようだ。
    終値は小幅に4日ぶり反発となった。
    
    日経平均終値は+13.78円の22450.79円。
    
    東証1部の出来高は13億3317万株、
    売買代金は2兆2982億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり600銘柄、値下がり1390銘柄、
    変わらず93銘柄。
    
    業種別では値上がりが11業種、値下がりが22業種。
    値上がりは空運、陸運、食料品など。
    値下がりトップは鉱業、海運、鉄鋼。
    
    
    来週の見通し。
    
    来週も外部環境について、引き続き、不透明感が漂う。米中首脳
    会談が中止に関しては、ある程度織り込みが進んだ見かただが、
    トランプ政権が自動車・自動車部品に最大25%の関税導入を検討し
    ているなど、貿易戦争への懸念は残る。
    また、来週は、週末に米雇用統計など重要指標の発表が控えてい
    ることなどもあり、方向感の出にくい展開となりそうだ。
    その為、外部環境の影響を受けにくい内需ディフェンシブ、中小
    型株へ、物色の矛先が向かいやすい展開が続く見通し。
    日経平均は、移動平均線チャートにおいて25日線(22528円)、日足
    一目均衡表において基準線(22411円)近辺での推移。
    週明けもこの水準での攻防でスタートすると見られる。切り返し
    きれば、調整一巡感が意識されるが、下振れとなれば、心理的な
    節目22000円を意識した調整となる可能性がある。
    
    来週の日経平均の予想レレンジは22000円-23000円。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-25【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は4日ぶり小反発(20円高) 売り一巡後にプラス圏浮
    上
    
    前日の米株市場が軟調、為替ドル/円が円高方向にあったことなど
    が嫌気されて朝方は売りが先行、日経平均は一時、下げ幅を3桁
    に広げる場面が見られていた(22318.15円(118.86円安)。
    ただ、売り一巡後は、急速に切り返してプラス圏に浮上、一端は
    戻り売りになどに押され、小幅安で推移していたが、再度プラス
    圏に浮上して前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+20.19円の22457.20円。
    
    東証1部の出来高は6億9041万株、
    売買代金は1兆1507億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり664銘柄、値下がり1303銘柄、
    変わらず113銘柄。
    
    業種別では値上がりが11業種、値下がりが22業種。
    値上がりは空運、陸運、食料品など。
    値下がりトップは鉱業、海運、石油・石炭。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は一時、3桁の下落となったが、その後に切り返して、プ
    ラス圏に浮上。
    米朝会談の中止などを受けて売られる展開にあったが、大きく悪
    材料視されず、織り込んだかっこうとなった。
    後場も下値はしっかりとした展開が予想される。
    ただ、米市場の3連休を控えていることや、来週末には米雇用統計
    など注目イベント控えており、様子見姿勢となりやすい。
    そうしたことから後場は、上値を追う動きは限られそうだ。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-25【東京市場見通し】

    米株安、円高と外部環境さえず売り優勢の見通し
    
    前日の米株市場は下落、トランプ大統領が予定されていた米朝首
    脳会談の中止を発表したことなどから、朝鮮半島での地政学リス
    クが意識された。
    為替ドル/円も円高方向にあり、109円台前半での推移と、現在は
    なっている。
    外部環境の悪化を受けて、日本株は売り優勢の展開が予想され
    る。
    ここまで、良好な外部環境を好感して上昇していた面が強いだ
    けに、売りが出やすい。
    とはいえ、前日の米株市場でNYダウは一時280ドル近く下落した
    後、75ドル安で引けており、下げ渋る展開となった。
    その点はいってい程度、好感されるだろう。
    日経平均は22200円どころで下げ渋る見かた。(前日日経平均終
    値22437.01円)
    
    日経平均予想レンジは22200円-22400円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が109円台前半での推移。
    (24日109.61-63円)
    
    現在、ユーロ/円が128円台前半での推移。
    (24日終値128.49-53円)
    
    
    24日の米株市場の概況
    
    主要3指数そろって反落。
    トランプ大統領が6月12日に予定されていた米朝首脳会談の中止を
    発表。
    朝鮮半島での地政学リスクの高まりが意識されて、売り優勢の展
    開となった。
    NYダウは一時280ドル近く下げる場面が見られた。
    ただ、売り一巡後は値を戻して、終値では75ドル安となった。
    NYダウ終値は-75.05の24811.76。
    S&P500は-5.53の2727.76。
    NASDAQは-1.53の7424.43。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-24【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ヘリオス<4593>
    終値1633円(前日比-17円-1.03%)
    米国国立眼科研究所(NEI)と、他家iPS細胞由来網膜色素上
    皮(RPE)細胞による加齢黄斑変性の治療法開発に向けて、共同
    研究開発契約を締結したと発表。
    
    メタップス<6172>
    終値3510円(前日比+280円+8.66%)
    発行トークンのプラスコインについて新規取引所での取引開始
    を決定。
    
    フラベッドH<7840>
    終値957円(前日比+8円+0.84%)
    3ヵ年の中期経営計画を発表。最終年度連結業績の売上高は560
    億円(18年3月期実績524億1000万円)、営業利益40億円(同26億6
    00万円)、経常利益39億5000万円(同26億600万円)、純利益25億
    円(同18億600万円)、ROE6.0%(同4.5%)としている。
    
    エイベックス<7860>
    終値1533円(前日比-11円-0.71%)
    定款を一部変更、仮想通貨交換業、有料職業紹介業など新設。
    
    アルファポリス<9467>
    終値4590円(前日比+240円+5.51%)
    6/30を基準日として1対2株の株式分割を実施すると発表。
    
    ピックアップ
    アドウェイズ<2489> 
    終値519円(前日比+19円+3.80%)
    定款を一部変更、ブロックチェーン技術等利用業務や仮想通貨
    の関連業務・交換業を追加。株価は本日(24日)の取引を大幅に
    4日続伸で引けており、堅調に推移。
    テクニカル面では一時、200日移動平均線(541円)を回復する場
    面も見られた。
    発表を好感、再度、200日線回復を試す展開が期待される。
    また、日足一目均衡表においても雲突破が射程圏内(雲上限579
    円)。目先、上昇トレンド転換は近いか。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-05-24【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め3銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ランドコンピ<3924>、
    S アークン<3927>、
    一時S ジャストプラ<4287>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    アドウェイズ<2489> 4日大幅続伸。
    終値519円(前日比+19円+3.80%)
    一時、200日移動平均線(541円)回復。
    
    ブロメディア<4347> 大幅続伸。
    終値77円(前日比+12円+18.46%)
    前日(23日)に、第三者委員会の調査報告書を公表するとともに、
    18.3期決算発表については、5月30日に行う予定であると発表。
    日足一目均衡表の雲上限(78円)近辺まで上昇。
    
    大塚HD<4578> 3日ぶり大幅反発。
    終値5465円(前日比+174円+3.28%)
    子会社の大塚製薬はきょうの朝方、抗精神病薬「ブレクスピ
    プラゾール」のアルツハイマー型認知症に伴う行動障害を対
    象とした追加フェーズ3試験を6月から開始すると発表。
    25日移動平均線(5399円)回復。
    
    ピックアップ
    メンバーズ<2130> 大幅4日続伸。
    終値1291円(前日比+68円+556%)
    直近に上値抵抗と意識されていた日足一目均衡表の雲上限
    (1258円)を上抜けきており、上方向へのトレンド強めた見
    かた。
    今月10日に発表され決算でも好業績が確認されており、株
    価上昇期待は高い。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-24【東京市場概況】

    日経平均は大幅3日続落(252円安) 後場も値を戻せず軟調な展開
    
    前日の米株市場は上昇も、為替ドル/円が円安方向への動きが一
    服、円高方向に振れていることなどが嫌気され、日本株は売り
    が先行した。
    米国が自動車関税の引き上げを検討しているとの報道がされた
    ことで、自動車株が軟調に推移したことも、全体のを押し下げ
    る要因となった。
    日経平均は前場を22439.54円(250.20円安)で引けていた。
    後場も軟調な展開が続き、ドル/円が一段と円高方向に振れたな
    か、22366.60円(323.14円安)まで値を下げる場面が見らえた。
    その後も、値を戻す動きは限定的のまま、本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は-252.73円の22437.01円。
    
    東証1部の出来高は15億3924万株、
    売買代金は2兆6059億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり445銘柄、値下がり1568銘柄、
    変わらず70銘柄。
    
    業種別では値上がりが2業種、値下がりが31業種。
    値上がりは医薬品、陸運のみ。
    値下がりトップは輸送用機器、非鉄金属、海運。
    
    日経平均は下値サポートになると見られた25日移動平均線(225
    04円)や日足一目均衡表の基準線(22411円)も割れる場面が見ら
    れるなど、調整色を強めたかっこうとなった。
    3/26安値20347.49円から5/21た高値23050.39円の3分の1の水準
    22150円程度まで、調整を挟む可能性がある。
    その水準を維持すれば、調整は短期的に止まり、トレンドは上
    方向にあると判断されるところ。
    また、外部環境に左右されにくい中小型株へは買いが入りやす
    い見かた。
    直近の決算で、好業績が確認され銘柄、テーマ性の強い銘柄の
    押し目は狙いたいところだろう。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-24【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅3日続落(250円安) 下げ幅は一時300円近くと
    なる場面も
    
    前日の米株市場は上昇となったものの、為替ドル/円が円安方向へ
    の動きが一服、円高方向に振れていることなどから、売りが先行
    した。
    その他、米国が自動車関税の引き上げを検討しているとの報道な
    ども嫌気され、自動車株が軟調に推移したことも、全体のを押し
    下げる要因となったようだ。
    日経平均は一時、下げ幅を300円近くまで広げる場面が見られた。
    (安値22389.94円(299.80円安))
    300円近く下げたところでは、押し目買いが入り、戻しているもの
    の、戻り鈍く前場の取引を終えている。
    
    日経平均前場終値は-250.20円の22439.54円。
    
    東証1部の出来高は7億5982万株、
    売買代金は1兆2485億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり446銘柄、値下がり1536銘柄、
    変わらず96銘柄。
    
    業種別では値上がりが2業種、値下がりが31業種。
    値上がりは医薬品、陸運のみ。
    値下がりトップは輸送用機器、海運、非鉄金属。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は下値サポートになると見られていた25日移動平均線
    (22504円)を割れ、日足一目均衡表の基準線(22411円)も割れる
    場面が見られた。売り一巡後、いっていの戻しは見せているも
    のの、戻りの鈍い展開、3/26安値20347.49円から5/21た高値
    23050.39円の3分の1の水準22150円程度まで、調整を挟む可能
    性が出てきたところ。後場も引き続き、軟調な展開となりそう
    だ。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-24【東京市場見通し】

    売り先行 米株市場は反発も為替ドル/円が円高方向にあり重し
    
    前日の米株市場は主要3指数そろって反発(NYダウは52ドル高)、
    FOMC(連邦公開市場委員会)議事要旨で利上げペース加速が示
    唆されなかったことが支援材料となった。
    米株高は好感されるが、為替ドル円が円高方向に振れており、
    現在は110円どころでの推移。
    本日の日本株は円高を意識して、売りが先行する見通し。
    また、国内でも、森友・加計問題に新たな材料が出てくるな
    ど、政治不安も意識されそうだ。
    とはいえ、米株市場が落ち着いていることから、下げたとこ
    ろでは押し目買いが入ると想定される。
    日経平均は、25日移動平均線(22480円)などを下値サポート
    に売り一巡後は底堅さを示すと見られる。
    
    日経平均予想レンジは22450円-22700円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が110円どころでの推移。
    (23日109.99-110.01円)
    
    現在、ユーロ/円が128円台後半での推移。
    (23日終値128.81-85円)
    
    
    23日の米株市場の概況
    
    主要3指数そろって反発。
    朝方は売り優勢の展開。引き続き、米中の貿易協議を巡る
    不透明感を嫌気されていた。
    NYダウは一時、160ドル超えの下落となる場面が見られた。
    しかし、午後に公表されたFOMC議事要旨を受けて買い優勢
    に転じた。大半のメンバーが近いうちに次の利上げが適切
    になる公算が大きいと指摘し6月会合での利上げが示唆さ
    れた。ただ、多くのメンバーが賃金上昇の圧力は引き続き
    緩やかとしたことなどで利上げペースの加速懸念がやや後
    退した。
    NYダウ終値は+52.40の24886.81。
    S&P500は+8.85の2733.29。
    NASDAQは+47.50の7425.96。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-23【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    マネフォワード<3994>
    終値4855円(前日比+190円+4.07%)
    子会社マネーフォワードフィナンシャルを設立。ブロックチ
    ェーン・仮想通貨に関するメディア事業と仮想通貨交換所の
    運営を手掛ける。
    
    ソルクシーズ<4284>
    終値1380円(前日比-57円-3.96%)
    資本業務提携先であるエーアイが東証マザーズ上場を承認
    されたと発表(上場日は6月27日)。
    
    オンコリス<4588>
    終値816円(前日比-5円-0.60%)
    英スタビリテック社とテロメライシン製剤改良に関するラ
    イセンス契約締結。(スタビリテック社のウイルス保存安
    定化技術を用いることで、これまで実現できなかったテロ
    メライシンの取り扱いの簡易性や簡便性の向上を図るのが
    目的)(オンコリスバイオはスタビリテック社が保有するウ
    イルス保存安定製剤特許の全世界における実施権の許諾を
    受けことになり、その開発段階および販売実績などに応じ
    た一時金およびロイヤルティーを支払うことになる)
    (同件による18年12月期業績への影響はなしとのこと)
    
    ピックアップ
    SMS<2175>
    終値4065円(前日比+95円+2.39%)
    6/30を基準日として1対2株の株式分割を実施すると発表。
    株価は本日(23日)まで3日続伸中。
    テクニカル面では、4/10に年初来高値4920円(4/10)を付
    けて以降は調整の流れにあったが、週足ベースの移動平
    均線チャートの52週線(3719円)をサポートに調整一巡、
    直近は戻し基調にあり、今週は26週線(4010円)を捉えて
    きている。
    このまま26週線、加えて13週線(4254円)回復となれば、
    上昇トレンド転換と判断されるところ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-05-23【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ベクター<2656>、
    S シーズメン<3083>、
    一時S ALBERT<3906>、
    S 大村紙業<3953>、
    一時S さくらKCS<4761>、
    S アップバンク<6177>、
    S 平和紙業<9929>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    物語コーポ<3097> 大幅3日続伸。
    終値12270円(前日比+420円+3.54%)
    25日移動平均線(12165円)回復。
    
    モバファク<3912> 3日大幅続伸。
    終値1627円(前日比+112円+7.39%)
    日足一目均衡表の雲(上限1542円)突破。
    
    ピックアップ
    重松製<7980> 6日大幅続伸。
    終値930円(前日比+39円+4.37%)
    防衛関連銘柄として本日は値を上げた。23日早朝、トランプ
    米大統領が6月に予定される米朝首脳会談が見送られる可能
    性に言及と報じられ、朝鮮半島情勢悪化の懸念が再燃。
    当銘柄は日足一目均衡表の雲突破(上限905円)、移動平均線
    チャートにおいて、200日(913円)を回復するなど、テクニカ
    ル面でも良好なチャート形状。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-23【東京市場概況】

    日経平均は大幅続落(270円安) 売り一巡後も戻りは鈍く安値圏で
    大引け
    
    前日の米株安などを受けて朝方から売り優勢の展開にあったも
    の、序盤は売り圧力が限定的で、日経平均の下落幅は、小幅な
    ものに止まっていた。
    しかし、為替ドル/円が円高方向に傾いたことや先物主導の売り
    に押されて、下落幅を一時300円超えまで広げ、売り優勢で前
    場の取引を終えていた。
    後場はやや下げ渋りの展開、前場の安値(22649.85円(310.49円
    安)を下回ることはなかったが、安値圏での小動きが続き、本
    日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は-270.60円の22689.74円。
    
    東証1部の出来高は14億8761万株、
    売買代金は2兆6421億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり800銘柄、値下がり1182銘柄、
    変わらず101銘柄。
    
    業種別では値上がりが2業種、値下がりが31業種。
    値上がりは空運、サービスのみ。
    値下がりトップは鉱業、石油・石炭、海運。
    
    米中通商問題や北朝鮮情勢を巡る不透明感など、外部環境への警
    戒感から売られる展開となった。
    もっとも、日経平均は直近に節目23000円に到達、目標達成感な
    どがあり、一端は調整と警戒されていたところでもあった。
    本日、移動平均線チャートにおいて5日線割れ(22884円)割れ、
    日足一目均衡表において転換線(22797円)割れとなっており、
    25日移動平均線(22480円)、基準線(22398円)近辺までの押し目が
    目先予想される。
    本日は新興市場もマザース、ジャスダックともに、5日ぶりに反
    落、日経平均の下落に連れ安したかっこうとなった。
    前日まで4日続伸していた反動もあり、一端は売りに押された程
    度の見込み、外部環境の影響を受けにくい中小型株に関しては、
    買いが入りやすい見通し。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-23【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅続落(247円安) 一時は300円超えの下落幅
    
    前日の米株安などを受けて朝方から売り優勢の展開にあったが、
    序盤は売り圧力は限定的で、日経平均の下落幅を小幅なものに
    止まっていた。
    しかし、10時過ぎあたりから、売りが強まる展開に。日経平均
    は下落幅を300円超えまで広げる場面もあった。
    (安値22649.85円(310.49円安)
    その後、下げ渋る動きも見られているものの、戻りは鈍く前場
    の取引を終えた。
    為替ドル/円が円高方向に傾いたことなどが要因と見らえる。
    
    日経平均前場終値は-247.96円の22712.38円。
    
    東証1部の出来高は7億6596万株、
    売買代金は1兆2286億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり643銘柄、値下がり1330銘柄、
    変わらず108銘柄。
    
    業種別では値上がりが2業種、値下がりが31業種。
    値上がりは空運、サービスのみ。
    値下がりトップは工業、石油・石炭、海運。
    
    
    後場の見通し
    
    トランプ米大統領の米朝首脳会談延期発言、為替ドル/円が円高
    方向に振れたことが、売られるきっかけとなった。
    目先、一端は調整入りとの見かたから、後場も引き続き、軟調
    な展開が想定される。
    日経平均が直近に節目23000円に到達するなど、短期的な目標
    達成感が意識されていただけに、一端は調整との見かたが強ま
    ったといったところ。
    現状、対して悲観するところでもなく、先で、調整一巡となれ
    ば、再び上昇してくるだろう。
    調整メドとされるのは、25日移動平均線(22481円)など。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-23【東京市場市場見通し】

    売り優勢か 買い材料乏しく前日の米株安や円安基調一服などが
    重し
    
    前日の米株市場が下落となったことや為替ドル/円が円安方向へ
    の動きが一服(現在は110円台後半での推移)。
    外部環境がさえず、本日の日本株は売り優勢の展開が予想され
    る。
    ただ、日経平均は前日(22日)の取引で米株先物が上昇するなか、
    下落となっており、米株安については一定程度を織り込み済み、
    下値は限定されそうだ。
    とはいえ、買い材料に乏しいなか、上値も重い見通し。
    22900円-23000円近辺で方向感に欠ける展開となりそうだ。
    
    日経平均予想レンジは22850円-23000円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が110円台後半での推移。
    (22日111.07-09円)
    
    現在、ユーロ/円が130円台後半での推移。
    (22日終値131.25-29円)
    
    
    22日の米株市場の概況
    
    主要3指数そろって反落。
    トランプ大統領が米朝首脳会談を開催しない可能性に言及したこ
    とに加え、中国との交渉にも満足していないと述べており、楽観
    ムードが修正された。
    前日に大幅高となっていたこともあり、利益確定売りなどに押さ
    れる格好となった。
    NYダウ終値は-178.88の24834.41。
    S&P500は-8.57の2724.44。
    NASDAQは-15.58の7378.46。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-22【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    荏原工業<7856>
    終値1897円(前日比-22円-1.14%)
    合成樹脂製包装資材を手掛ける東洋平成ポリマーを子会社化。
    
    ニトリHD<9843>
    終値18585円(前日比+15円+0.08%)
    5月既存店売上高は5.9%増と2ヵ月連続で前年上回り。
    
    ピックアップ
    ヨネックス <7906>
    終値798円(前日比+31円+4.04%)
    3ヵ年の中期経営計画を発表。21年3月期の営業利益60億円が
    目標(18年3月期は29億2500万円)が目標。
    株価は本日まで4日続伸中。テクニカル面では、直近に200日
    移動平均線(752円)を回復して、同線から上振れ傾向。
    発表を好感して一段と上方向へのトレンドを強めそうだ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-05-22【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時Sプラマテルズ<2714>、
    S GW<3936>、
    S サムライJP<4764>、
    S チヨダウーテ<5387>、
    一時S 東邦金<5781>、
    S 幸和製<7807>、
    S 岡藤HD<8705>。
    
    ピックアップ
    プラマテルズ<2714> 一時S高。
    終値970円(前日比+65円+7.18%)
    3日ぶり大幅反発。
    資産運用世界大手である米フィデリティ傘下のFMRが前日(21
    日)の取引終了後、財務省に大量保有報告書を提出。これにより、
    FMRのプラマテルズ株式保有割合が5.14%と、新たに5%を超え
    たことが判明。
    これに反応し、一時はストップ高(1055円)まで上昇。
    テクニカル面でも、日足一目均衡表の雲(上限965円)突破となる
    など、上昇トレンド転換と期待される形状に。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S ALBERT<3906>、
    S ブライトパス<4594>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    シンワワイズ<2437> 5日大幅続伸。
    終値475円(前日比+54円+12.82%)
    200日移動平均線(427円)回復。
    
    日東電<6988> 3日続伸。
    終値8833円(前日比+174円+2.00%)
    プラスチック製光ファイバー19年春から量産と報じられたこと
    に反応。
    日足一目均衡表の雲(上限8814円)突破。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-22【東京市場概況】

    日経平均は4日ぶり反落(42円安) 後場にやや売り強まり節目
    23000円割れ
    
    前日の米株市場は、米中貿易戦争の懸念が後退していたことなど
    から上昇となった。
    しかし、日本株は前日に織り込み済みで上昇、米株高への反応は
    限定され、為替ドル/円が円安一服となっていたことから、上値の
    重いスタートとなった。
    日経平均は短期的な過熱感が意識されていることもあり、買い先
    行後はマイナス圏に。
    ただ、売り込む動きも限定的で、節目23000円近辺でのもみあい、
    前場の取引を終えていた。(前場終値23000.72円(1.65円安)
    後場は、やや売り優勢に傾き、じり安基調、安値圏で本日の取引
    を終えた。
    
    日経平均終値は-42.03円の22960.34円。
    
    東証1部の出来高は12億7964万株、
    売買代金は2兆1437億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり732銘柄、値下がり1261銘柄、
    変わらず90銘柄。
    
    業種別では値上がりが5業種、値下がりが28業種。
    値上がりはバルブ・紙、陸運、卸売など。
    値下がりトップは保険、金属製品、鉱業。
    
    日経平均は前日(21日)の取引で節目23000円を回復、本日は上値を
    伸ばす展開が期待されたものの、手掛かり材料に欠けて、上値重
    く、小幅ながら値を落とし、節目23000円を割れて引けた。
    下値サポートに控える5日移動平均線(22889円)を維持出来るかが
    目先の焦点、割れるようなら一端は調整入りと判断されるとこ
    ろ。
    節目23000円どころからの上放れは、一段の円安進行など、新たな
    材料待ち。
    日経平均の上昇一服感が意識されてきたなか、新興市場を中心と
    した中小型株へ物色は向かいやすい。
    本日もマザース、ジャスダックと堅調に推移、ともに4日続伸とな
    った。
    中小型株は相対的に出遅れている銘柄が多く、明日以降もそれら
    の動向を注視したいところ。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-22【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均はほぼ横ばい(1円安) 節目23000円近辺でもみあい
    
    米中貿易戦争の懸念後退で前日の米株市場が上昇。ただ、日本株
    は、前日の取引ですでに織り込み、為替ドル/円が円安一服となっ
    ていたことなどがあり、上値は限定された。
    日経平均は小高くスタートしたが、その後は短期的な過熱感が意
    識されていることもあり、マイナス圏に転じた。
    しかし、売り込む動きも限定的で、節目23000円近辺でのもみあい
    が続いた。
    
    日経平均前場終値は-1.65円の23000.72円。
    
    東証1部の出来高は6億6858万株、
    売買代金は1兆653億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり758銘柄、値下がり1213銘柄、
    変わらず111銘柄。
    
    業種別では値上がりが7業種、値下がりが26業種。
    値上がりは不動産、卸売業、陸運など。
    値下がりトップは鉱業、保険、金属製品。
    
    
    後場の見通し
    
    好悪材料に欠ける展開となってり、方向感に乏しい展開となって
    いる。
    企業の決算発表が一巡、米中通商問題も目先は懸念が後退し、次
    の材料待ちといったところ。
    後場も日経平均は節目23000円どころでのもみあいが続く見通し。
    新興市場ではマザーズ、ジャスダックともに4日続伸で、前場の取
    引を終えている。日経平均がこう着感を強めているだけに、これ
    らを中心とした中小型へ物色が向かっている。後場もその展開が
    続きそうだ。
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-05-22【東京市場見通し】

    買い先行 米株高を好感 一巡後は過熱感を意識 売りに転じる可
    能性も
    
    前日の米株市場は主要3指数そろって上昇、NYダウは300ドル近い上
    昇でこの日の取引を終えた。
    米中貿易戦争の警戒後退を受けての上昇だが、日本株はすでに織
    り込み済みとの見かたがあるなか、上値は限定的か。
    為替ドル/円も円安一服、現在は110円台後半での推移となってお
    り、ドル/円の動向をより意識することになりそうだ。
    日経平均の上値メドは、2月初めに開けたマド(2/2安値23122
    円-5/5高値22967円)を埋める展開で23122円近辺。
    このマド埋め後は一端、短期的な目標達成感が意識される可能性
    がある。
    直近、東証1部の売買代金が減少傾向、盛り上がりに欠けるなか、
    上値を追う展開とはなりにくい見通し。
    とはいえ、先高期待が高まってきているなか、節目23000円、この
    水準を割れるところでは買いが入ると見られる。上昇トレンドに
    あるなか、23000円台で値固めと予想する。
    日経平均が上昇一服となる時は、新興市場(マザース、ジャスダッ
    ク)を中心とした中小型株物色が活発になる見通し。
    
    日経平均予想レンジは22950円-23150円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が110円台後半での推移。
    (21日111.35-37円)
    
    現在、ユーロ/円が130円台後半での推移。
    (21日終値130.56-60円)
    
    
    21日の米株市場の概況
    
    主要3指数そろって上昇。NYダウは300ドル近い大幅高で終値で
    25000ドル台を回復。S&P500とNASDAQも上昇で取引を終えた。
    米中の貿易協議が先週末に行われ、中国が対米との貿易黒字
    の削減に向け、米製品の輸入拡大の方針を示した。
    それにより対立姿勢が後退、協議が無事に通過したことを受
    け、当面は米中対立による世界経済への悪影響を回避したと
    の見かたから、週明けのこの日は買いが優勢の展開となった。
    NYダウ終値は+298.20の25013.29。
    S&P500は+20.04の2733.01。
    NASDAQは+39.70の7394.04。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-05-21【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    AMBITION<3300>
    終値1592円(前日比+123円+8.37%)
    子会社のヴェリタス・インベストメントが手掛ける投資用新築
    デザイナーズマンション「PREMIUM CUBE G東新宿」(竣工予定
    日:2018年8月中旬、入居予定日:2018年8月下旬)について、
    当初の予定時期を前倒しして販売を開始することを発表。
    
    アズジェント<4288>
    終値1950円(前日比+109円+5.92%)
    中期経営計画を策定。21年3月期に営業損益20億円の黒字を目
    指す(18年3月期は7200万円の赤字)を目指す。
    
    ネットマーケ<6175>
    終値733円(前日比+28円+3.97%)
    5/28付でジャスダックから東証2部へ市場変更することになっ
    たと発表。
    
    ソラスト<6197>
    終値3215円(前日比+95円+3.04%)
    4月デイサービス利用者数は前年同月比76.5%増の7833人、訪問
    介護は同16.0%増の6982人。
    
    ピックアップ
    IGポート<3791>
    終値2812円(前日比+213円+8.19%)
    当銘柄は、アニメ企画・制作と版権収入が主体。
    本日(21日)引け後に、グループ会社シグナル・エムディが、オ
    リジナルアニメーション「地球外少年少女」の制作を決定した
    と発表。
    株価は大幅続伸で本日の取引を終えており堅調。
    テクニカル面では、週足ベースの移動平均線チャートにおいて、
    割れていた26週線(2648円)を先週に回復し、調整一巡感が増し
    てきていた。
    本日も8%超えの上昇で引けており、上方向に控える13週線(286
    8円)に迫る動きに。
    13週線回復となれば、上昇トレンド転換と判断されるところ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-05-21【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S 極楽湯HD<2340>、
    一時S 東葛HD<2754>、
    一時S グリムス<3150>、
    一時S ALBERT<3906>、
    S GW<3936>、
    S ビープラッツ<4381>、
    S チヨダウーテ<5387>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S ブライトパス<4594>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    マツオカ<3611> 大幅続伸。
    終値4375円(前日比+340円+8.42%)
    日足一目均衡表の雲(上限4087円)突破。
    
    SOU<9270> 大幅反発。
    終値5870円(前日比+470円+8.70%)
    25日移動平均線(5759円)回復。
    
    ミスミG<9962> 4日続伸。
    終値3195円(前日比+55円+1.75%)
    日足一目均衡表の雲(上限3170円)突破。
    
    ピックアップ
    技研HD<1443> 大幅反発。
    終値306円(前日比+56円+22.40%)
    先週末(18日取引終了後)に発表した決算を好感した動き。
    (18年3月期の連結経常利益は4.2億円(前の期比28.4%減)も、
    19年3月期は前期比77.7%増の7.5億円に拡大する見通し)
    (18日の株価は、この日の取引時間中に発表した18年3月期の
    連結経常利益を従来予想の5.7億円から4.2億円に下方修正(
    前の期は5.8億円)を発表したことを受けて、売られる展開と
    なっていた)
    先週末(18日)の取引から一転、大幅反発となり、テクニカル
    面でも、日足一目均衡表の雲(上限276円)突破となるなど、
    良好なチャート形状。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-21【東京市場概況】

    日経平均は3日続伸(72円高) 後場上値限定も節目23000円回復で
    大引け
    
    為替ドル/円が111円に乗せるなど円安基調が一段と強まっていたこ
    とや、米中貿易問題への警戒後退から米株先物が上昇していたこ
    となどが好感されて買い優勢の展開。
    日経平均は一時、23050.39円(120.03円高)値を伸ばし、そのまま
    高値圏を維持して前場の取引を終えていた(前場終値は23042.54円
    (112.18円高)。
    後場は、一段と上値を追う展開ととはならなかったが、しっかり
    とした展開、節目23000円台を維持したまま大引けとなった。
    
    日経平均終値は+72.01円の23002.37円。
    
    東証1部の出来高は12億9359万株、
    売買代金は2兆1284億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1068銘柄、値下がり933銘柄、
    変わらず82銘柄。
    
    業種別では値上がりが15業種、値下がりが18業種。
    値上がりはガラス・土石、機械、空運など。
    値下がりは保険、その他製品、海運など。
    
    日経平均は節目23000円を回復。次に2月初めに開けたマドを埋め
    る展開が意識されそうだ。(2/2安値23122円-5/5高値22967円)。
    いっぽうで本日は、買い一巡後に伸び悩む展開となっており、戻
    り売り圧力の強さをうかがえた。
    テクニカル的にはオシレーター系指標(ストキャスティクス、RSI
    など)が高水準にあり、短期的な過熱感が意識されるとこでもあ
    る。
    一端はこれらを冷ます調整、日柄調整などを挟む可能性はあるだ
    ろう。
    その間、新興市場を中心とした中小型へ注目したい。本日もジャ
    スダック、マザーズともに上昇、ともに3日続伸。引き続き、堅調
    な展開が期待される。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-21【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は3日続伸(112円高) 節目23000円乗せて堅調
    
    朝方は日経平均が節目23000円手前で伸び悩むなど上値の重さが意
    識されていた。
    しかし、ドル/円が111円に乗せるなど円安基調が一段と強まったこ
    とや、米中貿易問題への警戒後退から米株先物が上昇しているこ
    となどを好感して、じわじわと上げ幅を拡大、節目23000円を突破
    して、一時は23050.39円(120.03円高)まで上昇、そのまま高値圏
    で前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+112.18円の23042.54円。
    
    東証1部の出来高は6億7117万株、
    売買代金は1兆183億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1112銘柄、値下がり862銘柄、
    変わらず105銘柄。
    
    業種別では値上がりが20業種、値下がりが13業種。
    値上がりトップはガラス・土石、機械、バルブ・紙。
    値下がりは保険、海運、その他製品など。
    
    
    後場の見通し
    
    後場も戻り売りをこなす展開に期待、しっかりとした値動きを予
    想する。
    日経平均が節目23000円乗せ。いっていの戻り売りが警戒されると
    ころではあるが、為替ドル/円が円安基調にあるなか、業績見通し
    の上方修正期待などもあり、上方向へのスタンスを取る投資家が
    外国人含め増えてくるだろう。
    新興市場が堅調に推移していることも、安心感を強めている(マザ
    ース、ジャスダックともに前場上昇で引けている)。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-05-21【東京市場見通し】

    上値重い展開も外部環境が比較的落ち着いた動きを好感で下値し
    っかり
    
    先週末(18日)の米株市場は高安まちまち、NYダウは小反発もS&P500
    とNASDAQは続落となった。
    為替ドル/円は、円安基調が続いており、110円台前半での推移とな
    っている。
    米株は通商問題への不透明感から主要3指数の上値は重かったが、
    下値も限られており、ドル/円は円安基調継続、外部環境が比較的
    落ち着いた動きであることから、日本株は下値しっかりの展開が
    予想される。
    下げるところでは、押し目買いなどが入りやすいだろう。
    日経平均は節目23000円が上値抵抗と意識されるいっぽうで、5日
    移動平均線(22833円)などをサポート線と意識、22800-22900円近
    辺での推移が予想される。
    
    日経平均予想レンジは22800円-22950円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が110円台後半での推移。
    (先週末(18日)110.89-90円)
    
    現在、ユーロ/円が130円台前半での推移。
    (先週末(18日)終値130.99-131.03円)
    
    
    先週末(18日)の米株市場の概況
    
    高安まちまち。NYダウは小反発もS&P500とNASDAQは続落。
    米朝首脳会談や第2回米中通商協議の行方への不透明感が重しとな
    り、主要3指数は上値の重い展開となった。
    NYダウ終値は+1.11の24715.09。
    S&P500は-7.16の2712.97。
    NASDAQは-28.13の7354.34。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-18【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    JCRファーマ<4552>
    終値5950円(前日比-40円-0.66%)
    主力製品である遺伝子組換えヒト成長ホルモン製剤「グロウジェ
    クト」への「SHOX異常症」の効能追加で、医薬品医療機器総
    合機構(PMDA)に治験計画届を提出し、所定の調査が終了した
    と発表。これにより7月にも第3相臨床試験を開始する予定。
    
    APAMAN<8889>
    終値1281円(前日比+11円+0.86%)
    子会社、サブリース・賃貸管理事業のプレストサービスを買収。
    
    ピックアップ
    住友化学<4005>
    終値670円(前日比+11円+1.66%)
    偏光板製造の中国合弁会社を子会社化を発表。
    住友化学は、偏光板事業を情報電子化学分野の基幹事業と位置
    付けており、旭友電材を新たな中国拠点としてグローバル一体
    運営体制に組み入れることで、さらなる競争力強化に努めると
    のこと。
    株価は、日足一目均衡表の雲内での推移。(雲下限607円-上限
    708円)雲下限で底をついたかっこうとなっており、雲突破を試
    す展開にある。
    雲突破となれば、上昇トレンド転換と判断されるところ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-18【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め5銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S サンユ<1841>、
    S ALBERT<3906>、
    S みらいWKS<6563>、
    一時S ソフィア<6942>、
    一時S セイノーHD<9076>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S ブライトパス<4594>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    アゼアス<3161> 大幅続伸。
    終値650円(前日比+45円+7.43%)
    コンゴのエボラ出血熱流行で関連銘柄として買いが入った。
    200日移動平均線(620円)回復。
    
    メタップス<6172> 大幅反発。
    終値3265円(前日比+335円+11.43%)
    200日移動平均線2987円)回復。
    
    レノバ<9519> 大幅3日続伸。
    終値1323円(前日比+60円+4.75%)
    再生可能エネルギー関連としてテーマ物色の流れが強まっ
    ている。
    25日移動平均線(1301円)を回復。
    
    ピックアップ
    NTN<6472> 6日続伸。
    終値533円(前日比+9円+1.73%)
    前日(17日)に中期経営計画を発表(21年3月期に営業利益
    570億円(18年3月期は396億円)を目指す)。
    発表を好感した買いが入り、6日続伸となった。
    テクニカル面では、今週16日の取引で200日移動平均線(
    499円)を回復しており、
    その水準から上放れの展開、チャート形状良好だ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-18【東京市場概況と来週の見通し】

    18日概況 日経平均は続伸(91円高) 節目23000円で上値重いもし
    っかり
    
    前日の米株市場は下落も、為替ドル/円が110円台後半と円安方向に
    振れていたことから、日本株は買いが先行した。
    日経平均は一時、22954.19円(115.82円高)まで上昇する場面が見
    られた。
    しかし、節目23000円が上値抵抗と意識され伸び悩み、22896.11円
    (57.74円高)で前場の取引を終えていた。
    後場は、ドル/円が111円台に乗せる場面があったことなどから、や
    や強含みのスタート。
    しかし、その後はドル/円の上値が重くなるにつれて、こう着感が
    強まり、前場同様に節目23000円が上値抵抗となった。
    
    日経平均終値は+91.99円の22930.36円。
    
    東証1部の出来高は13億310万株、
    売買代金は2兆2800億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1161銘柄、値下がり824銘柄、
    変わらず98銘柄。
    
    業種別では値上がりが26業種、値下がりが7業種。
    値上がりトップは石油・石炭、鉱業、保険。
    値下がりはその他製品、金属製品、食料品など。
    
    
    来週の見通し。
    
    日経平均は23000円手前で伸び悩む展開も、緩やかながら右肩上が
    りのトレンド、来週も好地合いが続く見通し。
    決算発表シーズンが終了し手掛かり材料は欠けるものの、需給環
    境は改善している。日本株は相対的に割安感があり、買われやす
    くあるだろう。
    波乱要因は米長期金利の上昇。23日(水)発表の米FOMC(連邦公
    開市場委員会議事要旨(5/1-5/2日開催分))があり、インフレ目標
    のレンジに関する議論の内容次第では、米長期金利が上昇、米株
    安が重しとなる可能性がある。
    
    来週の日経平均の予想レレンジは22500円-23500円。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-18【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続伸(57円高) 円安を好感して買い優勢も上値限
    定的
    
    前日の米株市場が下落も、為替ドル/円が110円台後半と円安方向に
    振れていたことから、日本株は買いが先行した。
    日経平均は一時、22954.19円(115.82円高)まで上昇する場面が見
    られた。
    しかし、節目23000円が上値抵抗と意識され、その後は伸び悩む展
    開となった。
    
    日経平均前場終値は+57.74円の22896.11円。
    
    東証1部の出来高は6億5695万株、
    売買代金は1兆627億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1061銘柄、値下がり910銘柄、
    変わらず112銘柄。
    
    業種別では値上がりが25業種、値下がりが8業種。
    値上がりトップは石油・石炭、鉱業、海運。
    値下がりはその他製品、金属製品、不動産など。
    
    
    後場の見通し
    
    前場、日経平均は23000円手前で伸び悩む展開も、緩やかながら右
    肩上がりのトレンドとなっており、強い基調は維持している。
    後場も週末要因などから上値は限定されそうだが、為替ドル/円が
    111円乗せも見えてきており、下値はもしっかりした展開、プラス
    圏は維持する見通し。
    
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2018-05-18【東京市場見通し】

    ドル/円が円安基調続 米株は下落も小幅 日本株は堅調な展開か
    
    前日の米株市場は主要3指数そろって反落となったが小幅。為
    替ドル/円は円安基調が続いており、現在は110円台後半での推
    移となっている。
    円安基調が続いていることは、日本株にとってはポジティブ。
    また、米株の下落も小幅なものであり、本日は円安をより意識、
    円安による企業収益の改善期待などから、堅調な展開を予想す
    る。
    日経平均は節目23000円回復を試す場面もありそうだ。
    ただ、決算発表が一巡しており、国内の新たな材料は乏しい、
    週末要因もあり、節目23000円より上を積極的に追う展開とは
    なりづらいか。
    
    日経平均予想レンジは22800円-23050円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が110円台後半での推移。
    (17日終値110.54-56円)
    
    現在、ユーロ/円が130円台後半での推移。
    (17日終値131.67-71円)
    
    
    17日の米株市場の概況
    
    主要3指数そろって小幅に反落。
    米中通商摩擦への懸念の高まりが嫌気され主要3指数がそろって、
    小幅に下落して終了。
    その他、米長期金利が上昇を続けたことも重しとなったようだ。
    NYダウは一時、70ドル高まで上昇、一時130ドル近い下落となる場
    面があった。
    NYダウ終値は-54.95の24713.98。
    S&P500は-2.33の2720.13。
    NASDAQは-15.82の7382.47。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-17【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ペプチドリム<4587>
    終値4390円(前日比-130円-2.87%)
    創薬開発プラットフォームシステムPDPSの非独占的ライ
    センス許諾契約を締結した塩野義薬 <4507>への技術移転に
    伴いライセンス料受領(今期業績予想には織り込み済み)。
    
    NTN<6472>
    終値519円(前日比+2円+0.38%)
    中期経営計画を策定。21年3月期に営業利益570億円(18年3月
    期は396億円)を目指す。
    
    ピックアップ
    グロバルリン<3486>
    終値9370円(前日比+280円+3.08%)
    6/8を基準日として1対2株の株式分割を実施すると発表。
    株価は直近に、日足一目均衡表の雲(上限8905円)突破するな
    ど良好なチャート形状。
    本日も3%超えの上昇と堅調な展開。発表を好感して引き続き、
    上値を伸ばす展開となりそうだ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-17【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め6銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 麻生フオーム<1730>、
    一時S シンワワイズ<2437>、
    一時S 日本和装<2499>、
    S ALBERT<3906>、
    S JMACS<5817>、
    一時S SOU<9270>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    オウチーノ<6084> 大幅3日続伸。
    終値4225円(前日比+525円+14.18%)
    日足一目均衡表の雲(上限3881円)突破。
    
    レノバ<9519> 大幅続伸。
    終値1263円(前日比+141円+12.56%)
    再生可能エネルギー関連としてテーマ物色
    の流れが強まっている。
    一時、25日移動平均線(1307円)を回復。
    
    ピックアップ
    カーリットHD<4275> 5日大幅続伸。
    終値1208円(前日比+43円+3.69%)
    15日発表の決算を好感した買いなどが続き、堅調な展開と
    なった。
    (18年3月期の連結経常利益は21.7億円(前の期比51.2%増)。
    19年3月期も前期比14.9%増の25億円に伸びる見込み)
    テクニカル面では、日足一目均衡表の雲(上限1172円)突破。
    また、週足ベースの移動平均線チャートにおいて、26週線
    (1154円)を捉えてきており、このまま上昇トレンド転換と
    期待される。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-17【東京市場概況】

    日経平均は3日ぶり反発(121円高) 買い優勢もやや上値の重さを
    意識
    
    前日の米株市場が堅調だったことを受けて、日本株も朝方から買
    い優勢の展開、日経平均は寄り付きで、22800円をあっさり回復し
    た。
    しかし、その後は、上にも下にも動きに乏しく22800円近辺でのも
    み合いが続き、前場の取引を終えていた。
    後場も小動きではあったが、前場の取引を高値圏で終えていたこ
    となどが好感され強含み、日経平均は一時、22887.03円(169.80円
    高)まで値を上げる場面が見られた。
    大引けにかけて上値を抑えられるも高値圏を維持、終日小動きな
    がら、堅調な展開だった。
    
    日経平均終値は+121.14円の22838.37円。
    
    東証1部の出来高は14億7347万株、
    売買代金は2兆3870億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1146銘柄、値下がり840銘柄、
    変わらず97銘柄。
    
    業種別では値上がりが26業種、値下がりが7業種。
    値上がりはトップは水産・農林、石油・石炭、ガラス・土石。
    値下がりは鉱業、倉庫・運輪、小売りなど。
    
    米金利上昇や地政学リスクへの警戒感がくすぶっているほか、国
    内の企業決算発表も一巡、新規の手掛かり材料に乏しく、積極的
    な売買は手控えられているようだ。
    日経平均は目先、上値は節目23000円が上値抵抗となりそう。
    ただ、下値は底堅く、日足一目均衡表の転換線(22631円)、
    また、上向きある25日移動平均線(22293円)などがサポート。
    新規の材料が出てくるまで、23000円-22500円間で値固めといった
    ところか。
    その間、本日に反発した新興市場に注目(ジャスダック、マザーズ
    ともに反発)。前日までの調整で値ごろ感あり、引き続き、買いが
    入りやすい見通し。
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-05-17【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は3日ぶり反発(100円高) 買い先行後は動きに乏し
    い展開
    
    前日の米株市場が堅調だったことを受けて、日本株も朝方から買
    いが先行した。
    日経平均は寄り付き時点で、あっさり22800円台を回復、2842.66
    円(125.43円高)まで上昇する場面が見られた。
    その後は、上にも下にも動きに乏しく値幅は50円弱、22800円近辺
    でのもみ合いが続いた。
    
    日経平均前場終値は+100.65円の22817.88円。
    
    東証1部の出来高は7億5260万株、
    売買代金は1兆1199億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1049銘柄、値下がり932銘柄、
    変わらず97銘柄。
    
    業種別では値上がりが23業種、値下がりが10業種。
    値上がりはトップはガラス・土石、繊維製品、非鉄金属。
    値下がりは倉庫・運輪、空運、小売りなど。
    
    
    後場の見通し
    
    後場も上下動きに乏しい展開が続きそうだ。国内企業の決算発表
    が一巡して、一端は材料出尽くし感が広がっているよう、前場の
    日経平均は買い一巡後、上値を追う動きとはならなかった。
    とはいえ、下値もしっかり、目先は海外市場の動向を注視しなが
    ら、値固めといったところか。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-17【東京市場見通し】

    米株市場がしっかり ドル/円も円安基調続き 日本株は堅調か
    
    前日の米株市場は小売り株がけん引き役となり、しっかりとした
    展開、主要3指数そろって反発となった(NYダウは62ドル高)。
    また、為替ドル円も円安基調が続いており、現在は110円台前半で
    の推移。
    外部環境がしっかりとしていることから、本日の日本株は堅調な
    展開が予想される。
    日経平均は前日(16日)、米株安を嫌気して軟調にあっただけに、
    米株市場が金利上昇への警戒がくすぶるなか、上昇してきたこと
    はポジティブ、反動高が期待され、前日の下落分(100.79円安)を
    埋める展開となりそうだ。
    テクニカル面では、日足一目均衡表の転換線(22631円)が、下値サ
    ポートとして機能したかっこう。また、前日に割れた5日移動平均
    線(22731円)を回復する見込み、5日線も再びサポート線として意
    識される見通し。
    懸念は、北朝鮮や中東の地政学リスク、米中通商協議への警戒感
    があり、高寄り後は高値圏でもみあいか。
    
    日経平均予想レンジは22700円-22900円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が110円台前半での推移。
    (16日終値110.16-18円)
    
    現在、ユーロ/円が130円台前半での推移。
    (16日終値131.51-55円)
    
    
    16日の米株市場の概況
    
    主要3指数そろって反発。
    米国では長期金利の上昇が続き、上値は限定されたものの、ネガ
    ティブ視する動きは限定的、決算を好感して上昇したメーシーズ
    など小売株が相場のけん引き役となった。
    NYダウ終値は+62.52の24768.93。
    S&P500は+11.01の2722.46。
    NASDAQは+46.67の7398.30。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-16【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    該当銘柄無し。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    FRONTEO<2158>
    終値962円(前日比+57円+6.29%)
    ヘルスケア産業向けの新しい人工知能「Concept Encoder(コンセ
    プトエンコーダー)」の本格提供を開始。テキストデータに加え、
    数値データを解析対象とする新しいAIでヘルスケア関連のビッグ
    データ利活用促進を目指す。
    
    トランス<2342>
    終値478円(前日比-3円-0.62%)
    「生体ストレス可視化マウス」および「アトピー性皮膚炎モデル
    マウス」の販売を開始したと発表。
    
    プロルート<8256>
    終値270円(前日比+9円+3.44%)
    越境EC事業を展開する上海社、コンサルティング会社の道紀忠華
    と業務提携。
    
    ピックアップ
    ラクス<3923>
    終値1695円(前日比-27円-1.56%)
    発表された4月度の月次売上高は、全社(連結)が6億4900万円(前年
    同月比41.8%増)と好調。
    株価は本日こそ反落となったが、前日(15日)の取引では、14日発
    表の決算を好感して、大幅上昇(前日比7.8%高)、日足一目均衡表
    の雲(上限1696円)を突破する動きなどが、見られていた。
    本日の発表の4月度の月次売上高を好感して、再度この雲を突破、
    上方向へのトレンドを強める展開が期待される。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-16【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S エムアップ<3661>、
    S リミックス<3825>、
    S ALBERT<3906>、
    一時S メタップス<6172>、
    S アップバンク<6177>、
    一時S 栄電子<7567>、
    S セルシード<7776>、
    一時S クワザワ<8104>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S イオレ<2334>、
    S ニッキ<6042>、
    S IIF<6545>、
    一時S 要興業<6566>、
    S ASTI<6899>、
    一時S ノーリツ鋼機<7744>、
    S 平山<7781>、
    S LCHD<8938>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    沢井製薬<4555> 大幅続伸。
    終値4910円(前日比+275円+5.93%)
    前日(15日)発表の決算を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限4855円)突破。
    
    NTN<6472> 4日大幅続伸。
    終値517円(前日比+26円+5.29%)
    前日(15日)発表の決算を好感。
    200日移動平均線(499円)回復。
    
    ジャックス<8584> 大幅続伸。
    終値2590円(前日比+85円+3.39%)
    前日(15日)に自社株買いが発表され好感。
    日足一目均衡表の雲(上限2579円)突破。
    
    ピックアップ
    メック<4971> 大幅続伸。
    終値2222円(前日比+308円+16.09%)
    前日(15日)に発表された決算を好感して、大幅続伸となった。
    (18年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益は5.1億円)
    テクニカル面では、日足一目均衡表において、雲突破(上限20
    44円)。
    また、週足ベースの移動平均線チャートにおいて、26週線(20
    76円)と捉えてきており、上昇トレンド転換の見かた。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-16【東京市場概況】

    日経平均は続落(100円安) 米株安、GDPが予想下回り終日軟調な
    展開に
    
    前日の米株市市場が下落、米10年債利回りが約7年ぶりの水準まで
    上昇したことなどを要因に。
    為替ドル/円は110円台に乗せるなど円安方向に振れていたが、米株
    安を強く意識、日本株は朝方から売りが先行した。
    寄り付き前に発表された1─3月実質国内総生産(GDP)が市場予
    想を下回ったことなども重しとなったようだ。
    日経平均は前場を22731.09円(86.93円安)で終えていた。
    後場もマイナス圏での推移。海外投資家の買いが観測され、下げ
    渋る場面もあったが、売り優勢は変わらず、一時は22695.84円
    (122.18円安)まで値を落とす場面もあった。
    
    日経平均終値は-100.79円の22717.23円。
    
    東証1部の出来高は16億2672万株、
    売買代金は2兆6028億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり890銘柄、値下がり1120銘柄、
    変わらず73銘柄。
    
    業種別では値上がりが12業種、値下がりが21業種。
    値上がりは医薬品、保険、証券・商品など。
    値下がりトップは鉱業、倉庫・運輪、情報・通信。
    
    日経平均は続落、5日移動平均線(22731円)を割れて大引け、やや
    目先の調整が警戒されるが、日足一目均衡表の転換線(22631円)を
    維持しており、同線が下値サポートとして意識されそうだ。
    また、一端調整となっても、上向きある25日移動平均線(22247円)
    などが調整メド、中期的な上昇トレンドは維持されるだろう。
    節目23000円どころでは戻り売り圧力が強い。明確にこの水準を突
    破するには、現状はエネルギー不足といったところ、東証1部の出
    来高、売買代金を注視。
    決算発表が一巡、業績を手掛かりとした見直し買いなどに期待。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-16【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続落(86円安) 米株安受けて売り優勢の展開
    
    前日の米株市市場が、米10年債利回りが約7年ぶりの水準まで上昇
    したことなどを受けて下落。
    為替ドル/円は110円台に乗せるなど円安方向に振れたが、本日は米
    株安の方に反応、日本株は売り優勢の展開となった。
    寄り付き前に発表された1─3月実質国内総生産(GDP)が市場予
    想に比べ弱い数字となったことも上値を抑える要因となったよう
    だ。
    日経平均は終盤に、22708.43円(109.59円安)まで値を落とす場面
    が見られた。
    
    日経平均前場終値は-86.93円の22731.09円。
    
    東証1部の出来高は8億3720万株、
    売買代金は1兆2237億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり919銘柄、値下がり1071銘柄、
    変わらず91銘柄。
    
    業種別では値上がりが14業種、値下がりが19業種。
    値上がりは証券・商品、ゴム製品、医薬品など。
    値下がりは倉庫・運輪、銀行、鉱業など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は節目23000円を抵抗線に足踏みとなっているが、5日移
    動平均線(22734円)、日足一目均衡表の転換線(22631円)などをサ
    ポート線に意識して、いっていの底型さを示している。
    後場も上値重いも下値はしっかりとした展開が続きそうだ。
    日経平均の下値がしっかりしていれば、軟調な展開にある新興市
    場についても、決算通過による見直し買いなどが入ってきてもよ
    いところ。
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-16【東京市場見通し】

    米株安受けて売り優勢の展開も下値は円安を支えに下げ渋りか
    
    前日の米株市場が主要3指数そろって下落、NYダウは193ドル安とな
    った。発表された経済指標が良好で、金利上昇加速への警戒され
    たことが要因。
    いっぽうで、為替ドル/円は現在、110円台前半での推移と、円安方
    向に振れている。
    本日の日本株は米株安を受けて売り優勢の展開となりそうだが、
    円安を支えに下値はしっかりと予想される。
    朝方、日経平均のスタートが比較的落ち着いたものとなれば、じ
    りじりとプラス圏に浮上する展開も期待されるところ。
    寄り前に発表の1─3月実質国内総生産(GDP)に注目。
    その他、北朝鮮が米韓軍事訓練を「挑発行為」とした上で、予定
    していた韓国との閣僚級会談を中止せざるを得ないと発表したこ
    とが伝わっており、地政学リスクがあらためて意識される可能性
    もあり、警戒される。
    
    日経平均予想レンジは22700円-22900円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が110円台前半での推移。
    (15日終値109.88-89円)
    
    現在、ユーロ/円が130円台前半での推移。
    (15日終値131.00-04円)
    
    
    15日の米株市場の概況
    
    主要3指数そろって下落。NYダウは9日ぶり反落、S&P500は5日ぶり
    反落、NASDAQは反落となった。
    良好な経済指標が相次いだことから、米10年債利回りが上昇。金
    利上昇加速への警戒から売りが優勢の展開、NYダウは一時、270ド
    ル安となる場面もあった。
    (5月NY連銀製造業業況指数が前月や市場予想を上回る強い結果と
    なったほか、4月小売売上高は前月分が上方修正)
    NYダウ終値は-193.00の24706.41。
    S&P500は-18.68の2711.45。
    NASDAQは-59.69の7351.63。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-15【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    オープンハウス<3288> 決算発表。
    終値6510円(前日比+30円+0.46%)
    18年9月期第2四半期累計(17年10月-18年3月)の連結経常利益は2
    01億円(前年同期比3.1%増)。通期の同利益を従来予想435億円か
    ら460億円に上方修正(前期は361億円)。今期の年間配当を従来
    計画92円から98円に増額修正(前期は65円)。
    
    REMIX<3825> 決算発表。
    終値1107円(前日比+65円+6.23%)
    18年3月期の連結経常利益は33.5億円(前の期比560倍)。19年3月
    期も前期比3.0倍の102億円。従来未定としていた前期の期末一
    括配当を1円実施、今期の年間配当は未定とした。
    
    イード<6038> 決算発表。
    終値1133円(前日比+9円+0.80%)
    18年6月期第3四半期累計(17年7月-18年3月)の連結経常利益は3
    億3500万円(前年同期比94.8%増)。通期の同利益を従来予想の1
    億1000万円から2億円に上方修正(前期は9000万円)。
    
    キョウデン<6881> 決算発表。
    終値475円(前日比-8円-1.65%)
    18年3月期の連結経常利益は31.7億円(前の期比67.7%増)。19年
    3月期も前期比22.7%増の39億円に伸びる見通し。今期の年間配
    当は5から7円にする方針とした(前期は7円)。
    
    ピックアップ
    ファイバーGT<9450> 決算発表。
    終値2448円(前日比+78円+3.29%)
    18年6月期第3四半期累計(17年7月-18年3月)の連結経常利益は4
    .6億円。通期の同利益を従来予想3.7億円から4.7億円に上方修
    正(前期は3.3億円)。
    株価は直近、25日移動平均線(2406円)近辺でもみあい、日柄調
    整中にあるが、好決算をきっかけに、25日線から上放れ、上昇
    トレンド転換へ。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-15【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め13銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S サムシング<1408>、
    一時S やまねメディ<2144>、
    S セキュアヴェ<3042>、
    一時S キャピタルA<3965>、
    S ビープラッツ<4381>、
    S SECカーボ<5304>、
    S JMC<5704>、
    一時S アピクヤマダ<6300>、
    S 明治機<6334>、
    一時S 加藤製<6390>、
    一時S 日東工<6651>、
    S 一家DP<9266>、
    S アルファP<9467>。
    
    ピックアップ
    加藤製<6390> 一時ストップ高。
    終値3105円(前日比+498円+19.10%)
    前日(14日)発表の決算を好感。(18年3月期の連結経常利益は
    24.3億円(前の期比1.9%減)も、従来予想の12億円を上回って
    着地。19年3月期は前期比85.0%増の45億円に拡大する見通し。
    前期の年間配当を65円から80円に増額(前の期は57円)、今期
    も前期比15円増の95円に増配する方針とした)
    株価は本日、一時ストップ高(3110円)まで上昇。
    テクニカル面では、日足一目均衡表の雲(上限2891円)を突破。
    また、移動平均線チャートにおいて、200日線(3075円)を回復
    するなど、中長期で上昇トレンド転換の見かた。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め5銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S 森組<1853>、
    S フィスコ<3807>、
    S 中村超硬<6166>、
    一時S 和心<9271>、
    S ビート<9399>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    三住建設<1821> 3日ぶり大幅反発。
    終値670円(前日比+29円+4.52%)
    年初来高値更新。
    25日移動平均線(647円)から上放れ。
    
    ピックアップ
    チェンジ<3962> 大幅3日続伸。
    終値7480円(前日比+630円+9.19%)
    本日(15日)の10時に決算、株式分割を発表。発表が好感され、
    大幅3日続伸となった。(18年9月期第2四半期累計(17年10月-
    18年3月)の経常利益(非連結)は2億円(前年同期比33.8%増)、
    6/30を基準日として1対2株の株式分割を実施すると発表)
    テクニカル面では、日足一目均衡表において雲(上限7240円)
    突破と、一段高が期待されるところ。
    その時、移動平均線チャートの200日線(7801円)回復となれ
    ば、中長期で上昇トレンド転換の見かた。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-15【東京市場概況】

    日経平均は4日ぶり反落(47円安) 買い先行も節目23000円手前で
    伸び悩み
    
    前日の米株高など良好な外部環境を好感して、朝方は買いが先行
    した。
    日経平均は一時、22912.06円(46.20円高)まで上昇、22900円台を
    回復する場面が見られた。
    しかし、節目23000円手前で伸び悩みとなり、その後は上値重く、
    前場を小幅安で引けていた(22862.79円(3.07円安)。
    後場に入るとやや売りが強まる展開に。後場寄りを高値にじり安
    の展開、終盤に22805.72円(60.14円安)まで値を下げる場面があっ
    た。
    明日、1-3月期GDP(国内総生産)速報値の発表を控えていることな
    どが、買い手控えの要因となったようだ。
    
    日経平均終値は-47.84円の22818.02円。
    
    東証1部の出来高は17億3046万株、
    売買代金は2兆7419億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり994銘柄、値下がり1007銘柄、
    変わらず82銘柄。
    
    業種別では値上がりが17業種、値下がりが16業種。
    値上がりは繊維製品、銀行、精密機器など。
    値下がりは不動産、サービス、証券・商品など。
    
    日経平均は前日まで3連騰、節目23000円に接近したところで、短
    期的な過熱感が一端は意識された。節目超えには、ドル/円が110円
    台を上抜けなど、新たな好材料が必要といったところか。
    テクニカル面では、日足・一目均衡表に注目。雲を抜けてた状態
    で、転換線(22631円)、基準線(22187円)のいずれも上向きにある
    など、チャート形状は良好。
    一端短期的な調整を挟んでも、これらが下値サポートとして意識
    される見込み。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-15【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小反落(3円安) 前日終値近辺でもみあい 買い先
    行後伸び悩み
    
    前日の米株市場が主要3指数そろって上昇、為替ドル/円が109円台
    後半での推移と落ち着いた動きとなるなど、良好な外部環境を好
    感して、朝方は買いが先行した。
    日経平均は小高く始まり22900円台を回復する場面も見られた。
    (ここまでの高値22912.06円(46.20円高)
    しかし、その後は上値重く、前日終値近辺で一進一退。
    取引時間中に発表された中国経済指標はまちまちの内容で好材料
    とならず、前場は小幅安で引けた。
    
    日経平均前場終値は-3.07円の22862.79円。
    
    東証1部の出来高は8億7685万株、
    売買代金は1兆3222億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1085銘柄、値下がり889銘柄、
    変わらず108銘柄。
    
    業種別では値上がりが24業種、値下がりが9業種。
    値上がりトップは銀行、繊維製品、金属製品。
    値下がりは不動産、バルブ・紙、転送用機器など。
    
    
    後場の見通し
    
    後場も一進一退となりそう。特段、悪材料があるわけではない
    が、日経平均が節目23000円に迫る場面では、ポジション調整
    売りが出やすい。直近3営業日で450円超上昇していることもあ
    り、一端、短期的な調整を挟むと警戒されている面がうかがえ
    る。
    節目23000円超えには、為替ドル/円が110円台に乗せるなど、好
    材料が必要なところか。
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-15【東京市場見通し】

    米株高を好感して買い優勢の展開が続く見通し 日経平均23000円
    視野に
    
    前日の米株市場は主要3指数そろって上昇となり堅調、NYダウは8日
    続伸と強い動き。
    為替ドル/円も現在、109円台後半での推移と落ち着いた動き。
    良好外部環境を好感して日本株も買い優勢の展開となりそうだ。
    取引時間中には、中国の指標が多く発表予定(中国の4月鉱工業生
    産など)、良好な内容となれば、一段高の可能性もあり。
    為替ドル/円が110円台乗せなどの動きとなれば、日経平均は節目
    23000円が視野に入ってくるところ。
    
    日経平均予想レンジは22750円-23100円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が109円台後半での推移。
    (14日終値109.50-52円)
    
    現在、ユーロ/円が130円台後半での推移。
    (14日終値131.16-20円)
    
    
    14日の米株市場の概況
    
    主要3指数そろって上昇。NYダウは8日、S&P500は4日続伸となり、
    NASDAQは反発となった。
    トランプ大統領が中国ZTEに対する制裁緩和を示唆したこと
    が好感され、NYダウは小幅高でスタート後、一時163ドル高まで
    上昇し、終日プラス圏で堅調な推移となった。
    NYダウ終値は+68.24の24899.41。
    S&P500は+2.41の2730.13。
    NASDAQは+8.43の7411.32。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-14【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    エンビプロH<5698> 決算発表。
    終値940円(前日比+27円+2.95%)
    18年6月期第3四半期累計(17年7月-18年3月)の連結経常利益は11.1
    億円(前年同期比41.7%増)。通期の同利益を従来予想10.7億円から
    12.5億円に上方修正(前期は10億円)。
    期末一括配当を従来計画15円から17円に増額修正(前期は1→2の株
    式分割前で30円)。
    
    加藤製<6390> 決算発表。
    終値2607円(前日比+41円+1.59%)
    18年3月期の連結経常利益は24.3億円(前の期比1.9%減)も従来予想
    12億円を上回って着地。
    19年3月期は前期比85.0%増の45億円に拡大する見通しとなった。
    前期の年間配当を65円から80円に増額(前の期は57円)、今期も前
    期比15円増の95円に増配する方針とした。
    
    神戸天然<6568> 決算発表。
    終値3635円(前日比+180円+5.20%)
    18年3月期の経常利益(非連結)は12億円(前の期比63.2%増)と、従
    来予想10.1億円を上回って着地。19年3月期も前期比7.6%増の13億
    円に伸びる見込みとなった。
    前期の年間配当を19.3円から25円に増額(前の期は90000円)、今期
    も25円を継続する方針とした。
    
    ピックアップ
    nms HD<2162> 決算発表。
    終値851円(前日比-17円-1.95%)
    18年3月期の連結経常利益は15億円(前の期比2.7倍)。19年3月期も
    前期比2.9%増の15.5億円に伸びる見込み(2期連続で過去最高益を
    更新見通し)。
    今期の年間配当は5円(前期比0.5円増)とする方針とした。
    株価は直近、日足一目均衡表の雲(上限903円)などを上値抵抗に足
    踏み、上値の重い展開にあるが、好決算を受けて雲突破へ。
    また、週足ベースの移動平均線チャートの26週線(919円)回復など
    から、上昇トレンド転換へ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ハウスドゥ<3457>
    終値5560円(前日比-460円-7.64%)
    6/30を基準日として1対2株の株式分割を実施すると発表。
    
    グロバルリン<3486>
    終値9140円(前日比+1120円+13.96%)
    弁護士ドットコム<6027>と業務提携。弁護士ドットコムが運営す
    る税務相談ポータルサイト「税理士ドットコム」のユーザーに対
    し、GLMの不動産ソリューションサービスを紹介する。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-14【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め20銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S やまねメディ<2144>、
    S共同PR<2436>、
    一時S ホリイフード<3077>、
    S ビリングシス<3623>、
    一時S クラウドW<3900>、
    S ビープラッツ<4381>、
    一時S サムライJP<4764>、
    S 板硝子<5202>、
    S SECカーボ<5304>、
    一時S 協立エアテク<5997>、
    一時S ヤマザキ<6147>、
    S グローバルG<6189>、
    S ニューフレア<6256>、
    S A&D<7745>、
    S ホロン<7748>、
    S 豊商事<8747>、
    一時S アサックス<8772>、
    S 乾汽船<9308>、
    S アルファP<9467>、
    Sベリテ<9904>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め10銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S 森組<1853>、
    一時S 戸田工<4100>、
    一時S マイスター<4695>、
    S IBJ<6071>、
    S 中村超硬<6166>、
    S アップバンク <6177>、
    一時S Career<6198>、
    一時S サンコー<6964>、
    S 三光産業<7922>、
    一時S ムトー精工<7927>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    アルフレッサHD<2784> 3日大幅続伸。
    終値2706円(前日比+221円+8.89%)
    日足一目均衡表の雲(上限2487円)突破。
    
    ブレインP<3655> 大幅続伸。
    終値3155円(前日比+349円+12.43%)
    先週末(11日)発表の決算を好感。
    年初来高値更新。
    25日移動平均線(2835円)から上振れ。
    
    フルキャストHD<4848> 大幅続伸。
    終値2745円(前日比+349円+12.43%)
    先週末(11日)発表の決算を好感。
    年初来高値更新。
    日足一目均衡表の雲(上限2514円)突破。
    
    コーセー<4922> 大幅続伸。
    終値21650円(前日比+950円+4.58%)
    25日移動平均線(21029円)回復。
    
    ピックアップ
    ヒラノテク<6245> 大幅続伸。
    終値3085円(前日比+348円+12.71%)
    先週末(11日)の取引で、発表された決算を好感してストップ
    高で大引けとなっていた当銘柄。
    本日も決算を好感した買いが続き、大幅続伸となった。
    続き、テクニカル面で、日足一目均衡表の雲(上限2895円)突
    破となるなど、もう一段高が期待されるところ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-05-14【東京市場概況】

    日経平均は3日続伸(107円高) 上げ転換後堅調に推移 後場上げ幅
    拡大
    
    先週末(11日)の取引で日経平均が大幅続伸なった反動などが警戒
    されていたなか、先週末の米株市場がまちまちとなり、朝方は売
    りが先行した。
    日経平均は寄り付き直後、22683.64円(74.84円安)まで、値を落と
    す場面があった。
    しかし、好業績株物色や時間外取引での米先物高などを支えにじ
    り高、前場を高値引けで終えていた。
    (前場日経平均終値は22813.37円(54.89円高)
    後場も堅調な展開は続き、引け間際には、22894.76円(136.28円
    高)と、22900円に迫る場面もあった。
    
    日経平均終値は+107.38円の22865.86円。
    
    東証1部の出来高は15億1988万株、
    売買代金は2兆5931億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1197銘柄、値下がり813銘柄、
    変わらず73銘柄。
    
    業種別では値上がりが27業種、値下がりが6業種。
    値上がりトップは不動産、倉庫・運輪、電気・ガス。
    値下がりはバルブ・紙、鉱業、金属製品など。
    
    買い戻し主体ながら、好業績銘柄への実弾買いも入っていると見
    られ、相場全体の雰囲気は良好。
    19年3月期の業績見通しは保守的であり、現状の為替水準なら上方
    修正が期待される。
    また、4月以降の海外投資家の先物の買い戻し額は、年初からの売
    り越し額を考慮すればまだ一部にとどまっており、需給的な要因
    でも日本株は上昇が続いてもおかしくない。
    新興市場についても、日経平均に比べ出遅れ感が強く、今週前半
    までの決算発表を通過した後、水準訂正が意識されるだろう。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-14【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅3日続伸(54円高) 朝安後に上げ転換して高値
    引け
    
    先週末の米株市場がまちまちとなったなか、日本株は、日経平均
    の大幅続伸の反動などが意識されて、利益確定売りが出やすいと
    見られていた。
    朝方は売り先行。日経平均は寄り付き直後に、22683.64円(74.84
    円安)まで、値を落とす場面があった。
    しかし、ほどなくプラス圏に浮上。好業績株物色や時間外取引で
    の米先物高などを支えにじり高、22800円台を回復して、前場は高
    値引けとなった。
    
    日経平均前場終値は+54.89円の22813.37円。
    
    東証1部の出来高は7億4000万株、
    売買代金は1兆2226億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1042銘柄、値下がり967銘柄、
    変わらず71銘柄。
    
    業種別では値上がりが21業種、値下がりが13業種。
    値上がりトップは不動産、倉庫・運輪、化学。
    値下がりはバルブ・紙、鉱業、金属製品など。
    
    
    後場の見通し
    
    企業業績は堅調で、予想PER(株価収益率)が高いわけでもな
    く、上値への期待は強い。
    日経平均は下値しっかりで、好材料に反応しやすい展開となっ
    ており、前場は、時間外取引での米先物高を好感した流れ。
    後場も引き続き、下値しっかり、好材料が出てくれば、一段と
    上値を伸ばす展開が期待される。
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-14【東京市場見通し】

    上値の重い展開か 取引時間中、円安進行など好材料あれば上振
    れ
    
    先週末(11日)の米株市場は高安まちまち。NYダウやS&P500は上昇
    も、NASDAQが小幅に下落。
    為替ドル/円は伸び悩む展開が続いており、109円台前半での推移。
    米株はNASDAQは下落も小幅、NYダウが上昇となるなど、しっかり
    とした展開が続いていることは好感される。
    ただ、日経平均が先週末に大幅高(261.30円高)となった反動、ド
    ル/円が伸び悩みなどが上値を抑えると予想される。
    11日の引け後にも決算が多く発表されており、引き続き個別の材
    料は豊富、企業決算をこなしながら日経平均は上昇基調、
    下値では押し目では買いが入る見られ、下値はしっかりとなるだ
    ろう。
    取引時間中、円安進行など好材料が出てくれば、先週末の流れを
    継続する形で積極的に買い上がっていく展開もありうる。
    
    日経平均予想レンジは22600円-22800円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が109円台前半での推移。
    (先週末(11)日終値109.33-35円)
    
    現在、ユーロ/円が130円台後半での推移。
    (先週末(11)日終値130.18-22円)
    
    
    先週末(11日)の米株市場の概況
    
    高安まちまち。NYダウとS&P500は上昇も、NASDAQは下落。
    引き続き、この日の前日に発表された米4月消費者物価指数が市場
    予想を下回ったことで利上げ加速懸念が後退、緩やかな利上げ見
    通しを背景に買い優勢の展開が続いた。
    いっぽうで、好決算を発表したエヌビディアが利益確定売りに押
    され、アップルが10日ぶりに反落するなど、主力IT株の下落を重
    しに、NASDAQはわずかながら6日ぶりに反落となった。
    NYダウ終値は+91.64の24831.17。
    S&P500は+4.65の2727.72。
    NASDAQは-2.09の7402.88。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-11【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ケアネット<2150> 決算発表。
    終値1003円(前日比+15円+1.51%)
    18年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益は1.6億円(前年
    同期比30.2%増)。
    
    宝HD<2531> 決算発表。
    終値1295円(前日比-16円-1.22%)
    18年3月期の連結経常利益は160億円(前の期比12.1%増)。
    19年3月期も前期比11.3%増の179億円に伸びを見込む。
    前期の年間配当を15円から16円に増額(前の期は13円)、
    今期も前期比2円増の18円に増配する方針。
    
    ブレインP<3655> 決算発表。
    終値2806円(前日比+112円+4.15%)
    18年6月期第3四半期累計(17年7月-18年3月)の連結経常利益
    は4億2400万円(前年同期比3.7倍)。通期の同利益を従来予想
    3億円から5億6000万円に上方修正(前期は1億4300万円)。
    
    ナガオカ<6239> 決算発表。
    終値1566円(前日比+45円+2.96%)
    18年6月期第3四半期累計(17年7月-18年3月)の連結経常損益
    は4.6億円の黒字に浮上(前年同期は4億円の赤字)。通期の
    同損益を従来予想の2億円の黒字から4.2億円の黒字に2.1倍
    上方修正(前期は4.9億円の赤字)。
    
    ピックアップ
    JESHD<6544> 決算発表。
    終値2159円(前日比-28円-1.28%)
    18年3月期の連結経常利益は13.3億円(前の期比2.5倍)。19年
    3月期も前期比19.5%増の16億円に伸びる見込み。前期の年間
    配当を11円から14円に増額(前の期は1→2の株式分割前で8円)。
    (今期の年間配当は未定)。
    株価は1/29に年初来高値2799円を付けて以降は調整の流れに
    あった。
    しかし、本日こそ下落となったが、前日まで5日続伸となるな
    ど、直近は戻し基調、週足ベースの移動平均線チャートにおい
    て、26週線(2192円)、13週線(2225円)回復が射程圏内。
    週明けは好決算を好感、これを回復して上昇トレンド転換へと
    期待。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-11【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め18銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S やまねメディ<2144>、
    一時S フォーサイド<2330>、
    一時S 川本産業<3604>、
    一時S TIS<3626>、
    一時S セブンシーズ<3750>、
    一時S アカツキ<3932>、
    一時S オロ<3983>、
    S 応用技術<4356>、
    一時S エクストリム<6033>、
    一時S アクアライン<6173>、
    S ヒラノテク<6245>、
    一時S キクカワ<6346>、
    S オリジン<6513>、
    S 日ケミコン<6997>、
    S 河合楽<7952>、
    一時S ビジョン<9416>、
    一時S USENHD<9418>、
    Sイーレックス<9517>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め3銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S シンデンハイ<3131>、
    一時S みらかHD<4544>、
    一時S 前田製作<6281>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    日本触媒<4114> 5日ぶり大幅反発。
    終値7660円(前日比+500円+6.98%)
    一時、200日移動平均線(7701円)回復。
    
    東洋炭素<5310> 3日大幅続伸。
    終値3860円(前日比+235円+6.48%)
    10日発表の決算を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限3620円)突破。
    
    島津製<7701> 大幅続伸。
    終値3150円(前日比+193円+6.52%)
    10日発表の決算を好感。
    年初来高値更新。
    25日移動平均線(3015円)から上放れ。
    
    丸井G<8252> 大幅続伸。
    終値2369円(前日比+127円+5.66%)
    10日発表の決算を好感。
    年初来高値更新。
    25日移動平均線(2251円)から上放れ。
    
    ピックアップ
    DACHD<6534> 3日ぶり大幅反発。
    終値2635円(前日比+442円+20.15%)
    前日(10日)発表を好感して急騰。(18年3月期の連結経常利益は
    87.9億円(前の期比2.4倍)と従来予想72億円を上回って着地。
    19年3月期も前期比13.6%増の100億円に伸びる見込み。従来未
    定としていた前期の期末一括配当を23円実施す(今期の年間配
    当は未定))
    テクニカル面では、日足一目均衡表において、雲(上限2498円
    )突破。
    また、週足ベースの移動平均線チャートにおいて、13週線(24
    58円)を回復となるなどトレンドは上向き。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-05-11【東京市場概況と来週の見通し】

    11日概況 日経平均は大幅続伸(261円高) 終日堅調 22700円台大
    引け
    
    前日の米株市場が堅調だったことを好感、日本株も朝方から買い
    優勢の展開となった。
    日経平均は早々に22700円台に乗せて、その後に一端失速するも、
    再び22700円に迫り、前場の取引を終えていた。
    (前場終値22699.76円(202.58円高)
    後場に入ると一段と強含む展開、22700円近辺での高値もみ合いが
    しばらく続いた後、終盤にかけてはじわじわと買いが入り、引け
    間際に高値22769.16円(271.98円高)を付ける場面が見られ、22700
    円に乗せたまま、本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+261.30円の22758.48円。
    
    東証1部の出来高は16億6275万株、
    売買代金は2兆9302億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1325銘柄、値下がり696銘柄、
    変わらず62銘柄。
    
    業種別では値上がりが29業種、値下がりが4業種。
    値上がりトップは精密機器、バルブ・紙、機械。
    値下がりは鉱業、石油・石炭、ゴム製品など。
    
    
    来週の見通し。
    
    日経平均直近、節目22500円を上値抵抗にもみあいとなっていたが
    上振れ、明確にこの水準を上抜けた。
    次に、2月初めのマドを埋めが期待される(2日安値23122円-5日高
    値22967円)。
    来週も堅調な展開が続きそうだ。企業決算も山場、ここまで発表
    された内容を見ると、業績内容は懸念されていたほど悪くはない
    印象。
    決算シーズン通過で材料不足というより、割安感のある銘柄が多
    く、出遅れ修正の動きが期待されるところだ。
    また、地政学リスクが意識されるが、中東情勢の緊迫化に対して
    の金融市場は今のところ冷静さを保っている。
    また米朝首脳会談が6月に開催されることが明らかになり、北朝鮮
    を巡る目先の地政学リスクも緩和に向かいつつあり、株式市場に
    とって好材料と見れる。
    日経平均は来週、早い段階で2月初めのマド埋めとなれば、一段の
    上振れがあってもよさそうだ。
    
    来週の日経平均の予想レレンジは22500円-23300円。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-05-11【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅続伸(202円高) 米株高を好感 高値圏で前場
    引け
    
    前日の米株市場が堅調だったことを好感、日本株も朝方から買い
    優勢の展開となった。
    日経平均は高寄りから上げ幅を広げて、22700円台に乗せる場面も
    見られた。(高値22714.29円(217.11円高)
    その後はいったん失速したが、心理的な節目22500円を明確に上に
    抜けたことにより、下値は限定的、前場引けにかけて、再び22700
    円に迫り、高値圏で前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+202.58円の22699.76円。
    
    東証1部の出来高は8億4143万株、
    売買代金は1兆4722億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1150銘柄、値下がり834銘柄、
    変わらず97銘柄。
    
    業種別では値上がりが26業種、値下がりが7業種。
    値上がりトップは精密機器、電気機器、機械。
    値下がりは鉱業、ゴム製品、繊維製品など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均がこれまで上値を抑えられていた節目22500円を上抜け
    たことにより、先高期待が高まってきている。
    年初から売り越していた海外投資家の買い戻しへの期待もあり、
    いっとき堅調な展開が続きそうだ。
    ピークを迎えている企業決算についても総じて悪くなく、企業
    の想定レートも現状の為替水準とに開きがあり、先行きの業績
    に対しても増額修正期待も出てきそうだ。
    その他、5月限オプションSQ(特別清算指数)算出を無難に通過
    したことも、リスクを取りやすくしたのだろう。
    後場も引き続き、堅調な展開が予想されるところ。
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-11【東京市場見通し】

    買い先行 米株高を好感 個別の材料も豊富で終日堅調か
    
    前日の米株市場は終日堅調に推移、弱めの米4月消費者物価指数を
    受けて、利上げ加速懸念が後退したことが買い材料となった。
    日本株も米株高を好感して買いが先行する見通し。
    為替ドル/円は直近、110円を前に足踏み、円安一服の流れにある
    が、欧州株式市場も堅調で、円高警戒よりも世界的株高を好感す
    る動きの方が強いと予想する。
    その他、決算銘柄の数は非常に多く、個別の材料も豊富。週末要
    因などはあるものの、オプションSQも絡み、商いの盛り上がりが
    期待でき、終日堅調な地合いとなりそうだ。
    
    日経平均予想レンジは22480円-22650円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が109円台前半での推移。
    (10日終値109.93-95円)
    
    現在、ユーロ/円が130円台前半での推移。
    (10日終値130.37-41円)
    
    
    10日の米株市場の概況
    
    大幅上昇。NYダウは6日続伸、S&P500とNASDAQは5日続伸。
    寄り前に発表された米4月消費者物価指数(CPI)が市場予想を下
    回る結果となり、利上げ加速懸念が後退、主要3指数は終日堅
    調に推移した。
    (米4月CPIは前月比+0.2%(市場予想+0.3%)、同コアCPIは前月比
    +0.1%(予想+0.2%)
    (10年債利回りは2.964%と前日から0.04%低下)
    NYダウ終値は+196.977の24739.53。
    S&P500は+25.28の2723.07。
    NASDAQは+65.07の7404.98。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-10【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    UT GROUP<3105> 決算発表。
    終値3105円(前日比+45円+1.47%)
    18年3月期の連結経常利益は197億円(前の期比86.6%増)。
    決算期変更する18年12月期(9ヵ月の変則決算)は75億円
    の見通しとなった。今期配当は30円にする方針に。
    
    キリンHD<2503> 決算発表。
    終値2988.0円(前日比+22.5円+0.75%)
    18年12月期第1四半期(1-3月)の連結税引き前利益は744
    億円(前年同期比68.1%増)。
    
    TIS<3626> 決算発表。
    終値4400円(前日比±0円±0.00%)
    18年3月期の連結経常利益は327億円(前の期比21.1%増)。
    19年3月期も前期比8.2%増の355億円に伸びる見込み。
    
    平和<6412> 決算発表。
    終値2186円(前日比-50円-2.33%)
    18年3月期の連結経常利益は131億円(前の期比63.2%減)
    となるも、19年3月期は前期比2.0倍の263億円に回復す
    る見通し。
    
    ピックアップ
    東洋炭素<5310> 決算発表。
    終値3625円(前日比+215円+6.30%)
    18年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益は23.3億円
    (前年同期比5.3倍)。通期の同利益を従来予想45億円か
    ら64億円に上方修正(前期は37.1億円)。1-6月期(上期)の
    同利益を従来予想23億円から35億円に上方修正(前年同期
    は11.3億円)。
    株価は直近、昨日(9日)、本日(10日)の取引で大幅に値を
    上げており、週足ベースの移動平均線チャートにおいて、
    26週線(3484円)を捉えてきており、上昇トレンド転換が
    期待される形状。
    好内容の決算を受けて、一段と上方向へのトレンドを強
    めそうだ。
    
    その他、注目の材料株
    
    ピックアップ
    オールアバウト<2454>
    終値:1335円(前日比-12円-0.89%)
    NTTドコモ<9437>資本業務提携発表。
    (発表された決算は、18年3月期の連結経常利益は6.5億円
    (前の期比22.5%増)。19年3月期も前期比1.7%増の6.7億円
    に伸びる見込みとなった)
    株価は直近、日足一目均衡表の雲内での推移、雲突破が
    射程圏内 (上限1394円)。発表を好感して雲突破から、上
    昇トレンド転換となる見通し。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-10【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め13銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 日本電通<1931>、
    S NDS<1956>、
    S 北陸電話<1989>、
    S システナ<2317>、
    S あらた<2733>、
    一時S GW<3936>、
    一時S 有沢製<5208>、
    一時S 高松機械<6155>、
    S MSジャパン<6539>、
    S ニューテック<6734>、
    S セフック<7464>、
    一時S 栄電子<7567>、
    S 福山運<9075>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め5銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S ヒノキヤG<1413>、
    一時S LIFULL<2120>、
    S ぐるなび<2440>、
    一時S 富士ソSB<6188>、
    S シーシーエス<6669>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    JCU<4975> 3日大幅続伸。
    終値2663円(前日比+284円+11.93%)
    前日(9日)発表の決算を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限2561円)突破。
    
    三菱自<7211> 5日ぶり大幅反発。
    終値858円(前日比+74円+9.43%)
    前日(9日)発表の決算を好感。
    200日移動平均線(821円)回復。
    
    コスモイニシア<8844> 大幅反発。
    終値928円(前日比+103円+12.48%)
    前日(9日)発表の決算を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限857円)突破。
    
    ピックアップ
    テクマトリックス<3762> 大幅4日続伸。
    終値2039円(前日比+314円+18.20%)
    前日(9日)発表の決算を好感、大幅に4日続伸となった。
    (18年3月期の連結経常利益は20.5億円(前の期比26.3%増)。
    19年3月期も前期比5.6%増の21.7億円に伸びる見込みとなった。
    今期の年間配当は前期比3円増の23円に増配する方針)
    テクニカル面では、日足一目均衡表の雲(上限1931円)を突破す
    るなど、良好なチャート形状に。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-05-10【東京市場概況】

    日経平均は反発(88円高) 買い先行後、上値重いも後場に持ち直
    し
    
    前日の米株高や為替ドル/円の円安など、良好な外部環境をを好感
    して、朝方から買いが先行した。
    日経平均は早々に節目22500円台を回復、22530.64円(121.76円高)
    まで値を上げる場面が見られた。
    しかし、買い一巡後は、戻り待ちの売りなどから、上げ幅を縮小
    して、前場の取引を終えていた(22446.5円(37.57円高))。
    後場は、持ち直す展開。取引時間中に決算を発表する銘柄が多く
    あり、個別物色が活況となるなか、日経平均はじり高基調、引け
    間際には再び22500円を上回る場面もあった。
    
    日経平均終値は+88.30円の22497.18円。
    
    東証1部の出来高は15億4244万株、
    売買代金は2兆6308億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり991銘柄、値下がり989銘柄、
    変わらず103銘柄。
    
    業種別では値上がりが24業種、値下がりが9業種。
    値上がりトップは鉱業、石油・石炭、転送用機器。
    値下がりはバルブ・紙、繊維製品、空運など。
    
    米株高やドル/円が円安基調にあるなど、日本株にとっては追い風
    だが、中東情勢の不透明感やそれに伴う原油高などが警戒されて
    いる面があり、上値を追いづらいといった心理があるようだ。
    日経平均は節目22500円で戻り売り圧力も強く、上値を抑えられて
    いる。
    とはいえ、5日移動平均線(22470円)を上回って、取引を終えるな
    ど、下値も底堅い展開。
    ここまで発表された決算においても、企業業績は総じて悪くな
    く、外部環境を注視しながらにはなるが、上値を伸ばしていく展
    開が期待される。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-10【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反発(37円高) 外部環境好感して買い先行も上値
    重い展開
    
    前日の米株高や為替ドル/円が円安方向にあったなど、良好な外部
    環境をを好感して、朝方から買い優勢の展開となった。
    日経平均は早々に節目22500円台を回復、22530.64円(121.76円高)
    まで値を上げる場面が見られた。
    しかし、買い一巡後は上値の重く、戻り待ちの売りなどから、上
    げ幅を縮小する展開となった。
    ただ、22400円近辺では底堅く、前引けにかけては盛り返す動きも
    見せた。
    
    日経平均前場終値は+37.57円の22446.5円。
    
    東証1部の出来高は7億6765万株、
    売買代金は1兆2971億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり860銘柄、値下がり1120銘柄、
    変わらず96銘柄。
    
    業種別では値上がりが17業種、値下がりが16業種。
    値上がりは鉱業、石油・石炭、転送用機器など。
    値下がりは空運、バルブ・紙、その他金融など。
    
    
    後場の見通し
    
    指数寄与度の高いソフトバンクG<9984>が、昨日(9日)に発表され
    た決算がさえない内容となり軟調、上値を抑える要因となった。
    また、オプションSQ(特別清算指数)算出を翌日に控えており、先
    物売買に伴う警戒感もあるのだろう。
    個別では、決算発表がピークを迎えているなか、明暗が割れてお
    り、好内容な銘柄は素直に買われている、後場もそれら決算中心
    の物色展開が続きそうだ。
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-10【東京市場見通し】

    買い優勢の展開 米株高に円安と良好な外部環境を好感
    
    前日の米株市場が大幅上昇、原油価格の上昇を受けたエネルギー
    株、米10年債利回りの3%台乗せを受けた金融株などが買われて、
    堅調な展開となった(NYダウは182.33ドル高)。
    為替ドル/円も円安方向にあり、現在は109円台後半での推移となっ
    ている。
    本日の日本株は良好な外部環境を好感して買い優勢の展開となり
    そうだ。
    日経平均は直近、心理的な節目22500円どころで上値の重い展開、
    買い先行後は伸び悩む展開が予想されるが、売り材料は乏しい、
    ドル/円が110円台乗せるなど、一段と円安に振れれば、上を試す展
    開が期待される。
    その他、オプションSQ(特別清算指数)算出を翌日に控えており、
    先物売買に伴う上下荒い動きには警戒しておきたいところだ。
    
    日経平均予想レンジは22400円-22650円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が109円台後半での推移。
    (9日終値109.71-72円)
    
    現在、ユーロ/円が130円どころでの推移。
    (9日終値129.88-92円)
    
    
    9日の米株市場の概況
    
    大幅上昇。NYダウは5日続伸、S&P500とNASDAQは4日続伸。
    トランプ米大統領のイラン核合意からの離脱を受けて、
    原油相場が上昇、エネルギー株が買われたほか、米10年
    債利回りが再び3%台に乗せたことで金融株も上昇した。
    NYダウは一時、226ドル高まで上昇する場面も見られた。
    NYダウ終値は+182.33の24542.54。
    S&P500は+25.87の2697.79。
    NASDAQは+73.00の7339.91。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-09【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    昭電工<4004> 決算発表。
    終値4045円(前日比+275円+7.29%)
    18年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益は327億円(前
    年同期比85.1%増)。1-6月期(上期)の同利益を従来予想390
    億円から645億円に上方修正(前年同期は222億円)。通期の
    同利益を従来予想1060億円から1315億円に上方修正(前期
    は639億円)。
    
    堀場製<6856> 決算発表。
    終値8180円(前日比+180円+2.25%)
    18年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益は89.6億円(
    前年同期比48.5%増)。通期の同利益を従来予想284億円か
    ら334億円に上方修正(前期は266億円)。1-6月期(上期)の
    同利益を従来予想115億円から145億円に上方修正(前年同
    期は95.6億円)。
    
    マイクロニクス<6871> 決算発表。
    終値1260円(前日比+32円+2.60%)
    18年9月期第2四半期累計(17年10月-18年3月)の連結経常
    利益は19.2億円(前年同期比4.8倍)。非開示だった通期の
    業績予想は連結経常利益は35億円(前期比2.2倍)の見通し。
    従来未定としていた期末一括配当は15円実施する方針に(
    前期は10円)。
    
    イオンFS<8570> 決算発表。
    終値2585円(前日比-42円-1.59%)
    18年3月期の連結経常利益は657億円(前の期比6.7%増)。
    19年3月期も前期比10.3%増の725億円に伸びる見込み。
    
    ピックアップ
    コスモスイニシア<8844> 決算発表。
    終値825円(前日比-25円-2.94%)
    18年3月期の連結経常利益は43.6億円(前の期比25.4%増)。
    19年3月期も前期比9.9%増の48億円に伸びる見通し。
    今期の年間配当は前期比2円増の11円に増配する方針に。
    直近の株価は、上値は日足一目均衡表の雲上限(857円)
    近辺で伸び悩む展開にあるものの、下値は週足ベースの
    移動平均線チャートの13週線(804円)をサポートに底堅く
    ある。
    好決算を受けて、日足一目均衡表の雲突破、上方向への
    トレンドを強める展開が期待される。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-09【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め11銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S SYSKEN<1933>、
    S NDS<1956>、
    S 北陸電話<1989>、
    S デジアーツ<2326>、
    一時S ホットマン<3190>、
    S テリロジー<3356>、
    一時S ハウスドゥ<3457>、
    S ソネットMN<6185>、
    S キッツ<6498>、
    S スクロール<8005>、
    S 丸和運機関<9090>。
    
    ピックアップ
    スクロール<8005> ストップ高
    終値522円(前日比+80円+18.09%)
    前日(8日)の引け後に発表された決算を好感、大幅3日続伸、
    ストップ高で本日の取引を終えた。
    (18年3月期の連結経常利益は14.5億円(前の期比8.0%増)。
    19年3月期も前期比71.5%増の25億円に伸びる見込み)
    テクニカル面では、日足一目均衡表の雲(上限477円)を突破。
    また、週足ベースの移動平均線チャートにおいても、26週線
    (470円)を捉えてきている。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S EMシステム<4820>、
    S 日エスコン<8892>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ラウンドワン<4680> 6日大幅続伸。
    終値1937円(前日比+186円+10.62%)
    前日(8日)発表の決算を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限1882円)突破。
    
    全国保証<7164> 5日大幅続伸。
    終値5030円(前日比+235円+4.90%)
    日足一目均衡表の雲(上限4990円)突破。
    
    日信工業<7230> 大幅反発。
    終値2101円(前日比+172円+8.91%)
    前日(8日)発表の決算を好感。
    200日移動平均線(1994円)回復。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-09【東京市場概況】

    日経平均は反落(99円安) 地政学リスク意識して売り優勢
    
    トランプ米大統領が現地8日午後(日本時間9日未明)にイラン核合
    意からの離脱を表明、中東リスクへの警戒して、朝方から売り優
    勢の展開、そのまま前場の取引を終えていた。
    後場も売り優勢の展開、日経平均は一時、22364.75円(143.94円
    安)まで下押す場面があった。
    注目されたトヨタ<7203>は、決算を受けて、プラス転換、上げ幅
    を拡大したが、日経平均含めた指数は、追随とはならなかった。
    
    日経平均終値は-99.81円の22408.88円。
    
    東証1部の出来高は17億2743万株、
    売買代金は2兆9264億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり754銘柄、値下がり1237銘柄、
    変わらず92銘柄。
    
    業種別では値上がりが9業種、値下がりが24業種。
    値上がりはガラス・土石、水産・農林、バルブ・紙など。
    値下がりトップは医薬品、電気・ガス、精密機器。
    
    日経平均は22500円水準で上値を抑えられている、2/27の戻り高値
    22502.05円で伸び悩む展開。
    ここ1ヶ月の、日経平均の上昇は、先物主導の面が強い、ここから
    一段と上へ行くには、先物だけでは力不足といったところ。
    企業決算発表を受けての現物株の盛り上がり、海外勢の資金が入
    ってくればといったところ。
    新興市場は上昇一服、ジャスダック、マザーズともに、プラス圏
    で推移する場面があったが、マイナス圏で引けている。
    ただ、直近に強い動きが続いていただけに小休止、続き新興市場
    を中心とした中小型株は物色対象となりやすいだろう。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-09【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は反落(95円安) 下げ渋る場面あるも安値圏で前場
    引け
    
    トランプ米大統領が現地8日午後(日本時間9日未明)にイラン核合
    意からの離脱を表明、中東リスクへの警戒感から、本日の日本株
    は朝方から売りが先行した。
    日経平均は下げ渋る場面もあったが、戻り売りに押されて再び失
    速、前場終盤には22393.04円(115.65円安)まで下押す場面が見ら
    れた。
    
    日経平均前場終値は-95.73円の22412.96円。
    
    東証1部の出来高は8億9710万株、
    売買代金は1兆4185億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり904銘柄、値下がり1088銘柄、
    変わらず90銘柄。
    
    業種別では値上がりが8業種、値下がりが25業種。
    値上がりはガラス・土石、鉱業、バルブ・紙など。
    値下がりトップは医薬品、海運、精密機器。
    
    
    後場の見通し
    
    後場はトヨタ自動車<7203>の決算発表が控える。注目度が高く、
    後場寄り付きから決算発表予定の13時25分までは、輸出関連株
    を中心に主力処は手掛けにくいといったところか。
    いっぽうで、新興市場は前場の取引をプラス圏で終えるなど、
    押し目買いの動きもみられる。後場も中小型株へ資金が向かい
    やすいだろう。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-09【東京市場見通し】

    様子見姿勢の強い展開 日経平均は節目22500円で値固めか
    
    前日の米株市場はほぼ横ばいとなり手掛かり材料に欠ける。
    これまでの日米企業決算は総じて堅調で売りにくさがあるが、
    上値を追う材料に乏しい。
    また、イランを巡る地政学リスクへの警戒感が上値を抑える
    とみられる。
    ただ、日経平均は5日移動平均線(22484円)や節目22500円を
    上回っており、下値の堅さを示してきている。
    買い手掛かりには欠けるが、引き続き、下値の底堅い展開、
    節目22500円どころで値固めといったところだろう。
    
    日経平均予想レンジは22400円-22600円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が109円どころでの推移。
    (8日終値108.92-94円)
    
    現在、ユーロ/円が129円台前半での推移。
    (8日終値129.79-83円)
    
    
    8日の米株市場の概況
    
    ほぼ横ばい。NYダウは僅かながら3日続伸。NASDAQも僅かながら続
    伸し、S&P500は僅かながら3日ぶりの反落となった。
    トランプ大統領が米国のイラン核合意からの離脱を表明したが、
    主要3指数はほぼ変わらずで終了。
    NYダウは一時、158ドル安まで下落したが、値を戻しこの日の取引
    を終えた。
    NYダウ終値は+2.89の24360.21。
    S&P500は-0.71の2671.92。
    NASDAQは+1.69の7266.90。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2018-05-08【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    東海カ<5301> 決算発表。
    終値1512円(前日比-6円-0.39%)
    18年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益は127億円(前年
    同期比6.3倍)。通期の同利益を従来予想440億円から648億円
    に上方修正(前期は132億円)。1-6月期(上期)の同利益を従来
    予想170億円から280億円に上方修正(前年同期は49.2億円。
    
    フマキラー<4998> 業績・配当修正発表。
    終値2104円(前日比-32円-1.49%)
    18年3月期の連結経常利益を従来予想26億円から26.8億円に
    上方修正(前の期は24億円)。期末一括配当を従来計画24円
    から26円に増額修正(前の期は2→1の株式併合前で11円)。
    
    SMN<6185> 決算発表。
    終値3150円(前日比+171円+5.74%)
    18年3月期の連結経常利益は5.3億円(前の期比65.7%増)。
    19年3月期も7.5億円(前期比39.7%増)。
    
    市光<7244> 決算発表。
    終値1168円(前日比-7円-0.59%)
    18年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益は42.6億円。1-6
    月期(上期)の同利益を従来予想41億円から56億円に36.6上方
    修正。通期の同利益を従来予想81億円から96億円に上方修正。
    
    PALTAC<8283> 決算発表。
    終値5460円(前日比-110円-1.97%)
    18年3月期の経常利益(非連結)は254億円(前の期比18.2%増)。
    19年3月期も前期比7.9%増の275億円に伸びる見込み。前期の
    年間配当を62円から64円に増額(前の期は56円)、今期も前期
    比2円増の66円に増配する方針とした。
    
    ピックアップ
    森組<1853> 業績修正発表。
    終値666円(前日比+19円+2.93%)
    18年3月期の経常利益(非連結)を従来予想26.2億円から28.2
    億円に上方修正(前の期は15.9億円)。
    株価は今日まで3日続伸と堅調に推移。
    テクニカル面では、週足ベースの移動平均線チャートにおい
    て、13週線(623円)を捉えてきている。
    発表を好感して、一段と上方向へのトレンドを強めそうなと
    ころ。
    年初来高値853円(2/13)を試す展開が期待される。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    エムアップ<3661>
    終値1471円(前日比+31円+2.15%)
    コンサートやイベントの企画・制作を手掛けるディスクガレ
    ージと資本業務提携。
    
    カルナバイオ<4572>
    終値1352円(前日比-19円-1.38%)
    血液がんの新規治療薬として開発中の「CB-1763」について、
    独エボテック社のINDiGOプラットフォームを活用することで
    エボテックと提携。米国治験申請の早期達成を目指す。
    また、同社が創出したBTK阻害薬について、シンガポール知
    的財産庁から特許査定を受けた。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-08【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 麻生フオーム<1730>、
    一時S 日東富士<2003>、
    S フライト<3753>、
    S 太陽工機<6164>、
    S ぷらっと<6836>、
    S ロジスネクス<7105>、
    一時S 椿本興 <8052>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S MKシステム<3910>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    三洋化<4471> 大幅反発。
    終値5450円(前日比+350円+6.86%)
    本日(8日)11時発表の決算を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限5342円)突破。
    
    ユニオンツール<6278> 大幅3日続伸。
    終値4280円(前日比+410円+10.59%)
    前日(7日)発表の決算を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限4075円)突破。
    
    アイフル<8515> 大幅反発。
    終値388円(前日比+24円+6.59%)
    日足一目均衡表の雲(上限378円)突破。
    
    ピックアップ
    長瀬産<8012> 大幅続伸。
    終値1947円(前日比+73円+3.89%)
    前日(7日)発表の決算を好感して大幅続伸となった。
    (18年3月期の連結経常利益は259億円(前の期比58.8%増)。
    19年3月期も前期比5.8%増の275億円に伸びる見込み)
    テクニカル面では、移動平均線チャートにおいて、200
    日線(1903円)を回復、日足一目均衡表において、雲(上
    限1929円)を突破となるなど、良好なチャート形状。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-08【東京市場概況】

    日経平均は3日ぶり反発(41円高) 売り先行もプラスに転換してし
    っかりの展開
    
    朝方は売り優勢でスタート。為替ドル/円が109円台を割れるなど円
    高方向にあり、重しにとなった。
    しかし、前日の米株高などが支えとなり、買い優勢に転じると、
    日経平均は前場終盤に、22566.68円(99.52円高)まで上昇する場面
    があった。
    後場は、前場の高安の範囲内の動きにとどまり小動き、上値の重
    い時間帯が続いたが、引けにかけては買いが入り、節目22500円を
    上回って、本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+41.53円の22508.69円。
    
    東証1部の出来高は16億5580万株、
    売買代金は2兆6427億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1373銘柄、値下がり632銘柄、
    変わらず78銘柄。
    
    業種別では値上がりが25業種、値下がりが8業種。
    値上がりトップは水産・農林、電気・ガス、医薬品。
    値下がりは鉱業、石油・石炭、バルブ・紙など。
    
    値上がり銘柄数が多く、日経平均も節目22500円を3日ぶりに上回
    るなど、相場全体の雰囲気は悪くない。
    明日は、トヨタ<7203>、ソフトバンクG<9984>と指数インパクト
    の大きい銘柄の決算が予定されている。
    日経平均が明確に22500円を上放るきっかけとなるか、注目され
    る。
    新興株市場はしっかりの展開。ジャスダック、マザーズともに3日
    続伸。大型株に比べて新興株の出遅れ感は強く、これらを中心と
    した中小型株の巻き返しに期待したところ。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-08【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は3日ぶり反発(69円高) 売り先行もプラスに転換 
    米株高などが支えに
    
    朝方は売り優勢でスタート。しかし、前日の米株高などが支えと
    なり、買い優勢に転じた。
    日経平均はマイナス圏で始まり、しばらくは前日終値近辺でもみ
    あったが、上げ幅を拡げて一時は、22566.68円(99.52円高)まで上
    昇する場面があった。
    
    日経平均前場終値は+69.26円の22536.42円。
    
    東証1部の出来高は8億6511万株、
    売買代金は1兆2580億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1503銘柄、値下がり512銘柄、
    変わらず68銘柄。
    
    業種別では値上がりが29業種、値下がりが4業種。
    値上がりトップは水産・農林、その他金融、電気・ガス。
    値下がりは鉱業、バルブ・紙、石油・石炭、小売りのみ。
    
    
    後場の見通し
    
    明日(9日)にトヨタ自<7203>など主力企業の決算発表が控えている
    とあって、積極的に上値を追う動きは取りにくい。
    後場も日経平均は、下値しっかりも上値は追いにくい展開となり
    そうだ。
    注目は新興市場。マザーズの堅調ぶりが目立っており、上値抵抗
    と意識されていた25日移動平均線を上抜けており、決算発表一巡
    後の本格的な出直りへの期待が高まりやすい。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-08【東京市場見通し】

    全体としては方向感に欠ける展開 決算発表の本格化で個別物色
    中心
    
    米株市場は上昇も終盤に上げ幅を縮小する展開、トランプ大統領
    がイラン核合意についての米国の判断を8日(日本時間では9日)に
    発表するとツイートしたことが重しとなった。
    為替ドル/円は現在、109円台前半での推移となっている。
    米株市場は上げ幅を縮小ながらも主要3指数そろって上昇となっ
    ていることは好感される。
    また、前日の日経平均は下値を試しながらも小幅安にとどまり、
    底堅さが確認された、本日も下げたところでは買いが入りやすい
    だろう。
    上値は重いも小じっかりした展開となりそうだ。
    そんななか、決算発表の本格化で、業績動向に関心が向かいやす
    い、個別株物色が中心の展開が予想される。
    
    日経平均予想レンジは22400円-22600円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が109円台前半での推移。
    (7日終値109.19-20円)
    
    現在、ユーロ/円が130円台前半での推移。
    (7日終値130.26-30円)
    
    
    7日の米株市場の概況
    
    続伸。NYダウは3日、S&P500とNASDAQは2日続伸となった。
    アップルが連日で上場来高値を更新するなど相場をけん引。
    また、原油高を好感したエネルギー株の上昇も指数を押し
    上げた。NYダウは一時、216ドル高まで上昇する場面が見ら
    れた。
    しかし、トランプ大統領がイラン核合意からの米国の離脱
    について火曜日の午後2時に結論を出すとツイートしたこ
    とで終盤は上昇幅を縮小した。
    NYダウ終値は+94.81の24357.32。
    S&P500は+9.21の2672.63。
    NASDAQは+55.60の7265.21。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-07【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    マークラインズ<3901> 決算発表。
    終値1657円(前日比+69円+4.34%)
    18年12月期第1四半期(1-3月)の連結経常利益は1.9億円(前
    年同期比40.7%増)。
    
    三信電<8150> 業績修正発表。
    終値2263円(前日比+57円+2.58%)
    18年3月期の連結経常損益を従来予想15億円の黒字から17.
    8億円の黒字に上方修正(前の期は9.5億円の赤字)。
    前期の年間配当を従来計画25円から33円に大幅増額修正(
    前の期は25円)。
    
    ピックアップ
    ベネ・ワン<2412> 決算発表。
    終値2753円(前日比+76円+2.83%)
    18年3月期の連結経常利益は62.6億円(前の期比9.4%増。19年
    3月期は75.2億円(前期比20.1%増)。
    今期の年間配当は38円(前期比9.5円増)とする方針とした。
    また、東証へ1部指定の申請を行う旨を決議したことを公表。
    株価は3日続伸中。
    テクニカル面では、週足ベースの移動平均線チャートにおい
    て、26週線(2604円)を下値サポートに切り返し傾向。
    発表を好感して、続き13週線(2791円)回復、上方向へのトレ
    ンドを強めそうだ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    FRONTEO<2158>
    終値908円(前日比+13円+1.45%)
    人工知能「KIBIT」を用いたチェック業務が金融庁の「FinTec
    h 実証実験ハブ」支援案件に決定。
    
    インフォマート<2492>
    終値1049円(前日比+12円+1.15%)
    創業20周年で「BtoB プラットフォーム」の利用企業数が20万
    社を突破。
    
    ブイキューブ<3681>
    終値605円(前日比+8円+1.34%)
    RPAテクノロジーズなどと共同で「RPA女子プロジェクト」を
    開始を発表。
    
    フライトHD<3753>
    終値860円(前日比-4円-0.46%)
    三井住友カードと包括加盟店契約。三井住友カードの代行と
    して加盟店契約を結び加盟店の管理を行うとともに、決済金
    額に応じた手数料を得る。
    
    カナミックN<3939>
    終値:1705円(前日比-15円-0.87%)
    「カナミッククラウドサービス」が経済産業省のIT導入補助
    金の対象に認定。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2018-05-07【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ETFS金属<1676>、
    S ハウスドゥ<3457>、
    S Tワークス<3997>、
    S ITFOR<4743>、
    S アップバンク<6177>、
    S 東北化学<7446>、
    S 中央経済HD<9476>、
    S 愛眼<9854>。
    
    ピックアップ
    愛眼<9854> ストップ高。
    終値538円(前日比+80円+17.46%)
    連休前の2日に業績・配当修正発表。(18年3月期の連結経常
    利益を従来予想1億7700万円から3億1700万円に上方修正(前
    の期は1100万円)。従来未定としていた期末一括配当を3円
    実施、2期ぶりに復配する方針とした)
    発表を好感して大幅に4日続伸、ストップ高で本日の取引を
    終えた。
    テクニカル面では、日足一目均衡表の雲(上限529円)を突破、
    一段高が期待されるところ。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S省電舎HD<1711>、
    S プラッツ<7813>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    シーズHD<4924> 5日大幅続伸。
    終値5660円(前日比+230円+4.23%)
    日足一目均衡表の雲(上限5567円)を突破。
    
    ヨネックス<7906> 5日大幅続伸。
    終値710円(前日比+45円+6.76%)
    日足一目均衡表の雲(上限679円)を突破。
    
    オートバックス<9832> 5日大幅続伸。
    終値2183円(前日比+100円+4.80%)
    2日発表の決算を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限2083円)を突破。
    
    ピックアップ
    さくら<3778> 大幅続伸。
    終値839円(前日比+25円+3.07%)
    本日7日に、IoTプラットフォーム「sakura.io」の通信モジ
    ュール「sakura.ioモジュール」の待機中の消費電力を最大
    80%削減するファームウエアの提供を開始すると発表。
    発表が好感された面もあり、大幅に続伸。
    テクニカル面では、日足日足一目均衡表の雲(上限823円)を
    突破、移動平均線チャートにおいて、200日線(824円)を回
    復するなど、良好なチャート形状。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2018-05-07【東京市場概況】

    日経平均は小幅続落(5円安) 買い先行後に下げ転換も後場下げ渋り
    
    連休中の海外市場が落ち着いていたことから、朝方は買い優勢の
    展開にあった。
    日経平均は、22500円台に乗せて始まったが、買い一巡後に失速、
    ドル/円が109円を割り込むなど、円安一服感が強まったことがあ
    り、前場は100円の下落幅で引けていた(22372.14円(100.64円
    安))。
    後場は、ドル/円が円安方向に傾いたことから、じわじわと値を戻
    す展開に。
    終値ではプラス圏を維持することは出来なかったが、終盤にかけ
    て買いが入り、引け間際にプラス圏に浮上する場面が見られた。
    
    日経平均終値は-5.62円の22467.16円。
    
    東証1部の出来高は7億2711万株、
    売買代金は1兆1254億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり884銘柄、値下がり1114銘柄、
    変わらず85銘柄。
    
    業種別では値上がりが17業種、値下がりが16業種。
    値上がりは電気・ガス、石油・石炭、鉄鋼など。
    値下がりは証券・商品、保険、海運など。
    
    日経平均は節目22500円どころで足踏み。一端この水準を上値抵抗
    に調整を挟む可能性ありといったところ。
    今週は決算発表が1600社超予定されており、結果を見極めたいと
    のムードあり。
    決算を受けた個別対応の中、こう着感の強い相場展開が続く見通
    し。
    日経平均が節目22500円水準を上放れるの決算一巡後となりそう
    だ。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-07【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続落(100円安) 朝高後下げ転換 円安一服が重し
    に
    
    先週末(4日)の米株市場が大幅上昇となっていたことなどが好感さ
    れて、買い優勢で始まった。
    しかし、為替ドル/円が円安一服となっていることが重し、売り優
    勢に転換して、日経平均は100円超えの下落で前場の取引を終えて
    いる。
    下値では、押し目買いが入り下げ渋ってはいるものの、戻りの鈍
    い展開にある。
    
    日経平均前場終値は-100.64円の22372.14円。
    
    東証1部の出来高は7億2711万株、
    売買代金は1兆1254億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり884銘柄、値下がり1114銘柄、
    変わらず85銘柄。
    
    業種別では値上がりが10業種、値下がりが23業種。
    値上がりは石油・石炭、電気・ガス、鉱業など。
    値下がりトップは証券・商品、保険、精密機器。
    
    
    後場の見通し
    
    5月に入ってドル/円が一時、110円を付けるなど、目先的には一
    端、達成感が出たようだ。
    ドル/円の円安一服が重しとなり、本日の日本株は上値の重い展
    開、売り優勢に傾いたかっこう。
    その他、本格化する決算発表を見極めたいとの思惑などもあり、
    買いが手控えられているよう。
    後場も上値の重く、戻りの鈍い展開が予想される。ただ、需給
    は改善しており、外国人投資家の買い戻しはまだ続くと見込み、
    下値も限定されそうだ。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-07【東京市場見通し】

    しっかりと展開  先週末(4日)の米株市場が大幅上昇となり好感
    
    東京市場が休みだった間の米株市場はおおむね堅調に推移。先週
    末(4日)はNYダウが300ドルを超える大幅上昇となった。
    いっぽうで、為替ドル/円は円安方向への動きが一服、現在は109円
    台前半での推移となっている。
    注目された米雇用統計後、米株高だが円安一服。日本株にとって
    は好悪材料を相殺し合う結果に。
    とはいえ、休場中に米国株が大きく崩れなかったことや、米長期
    金利の急上昇などの動きが出てこなかったことは安心材料。
    上値の重さは意識されつつも下値しっかりの展開が期待される。
    国内は決算集中期、個別物色の活況が期待され、じわじわとリス
    ク選好ムードが強まる可能性があるだろう。
    日経平均は5日移動平均線(22396円)をサポートに、節目22500円近
    辺で値固めと予想する。
    
    日経平均予想レンジは22450円-22600円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が109円台前半での推移。
    (先週2日終値109.78-79円)
    
    現在、ユーロ/円が130円台半ばでの推移。
    (先週2日終値131.93-97円)
    
    
    先週末4日の米株市場の概況
    
    大幅上昇。NYダウは続伸、S&P500とNASDAQは3日ぶりに反発となっ
    た。
    注目された米4月雇用統計は、非農業分野の雇用者数が季節調整済
    みで前月比16万4000人増となって、市場予想平均(19万2000人増)
    には届かなかった。
    これにより、金利引き上げへの警戒感が後退したことで、株価は
    買い優勢の展開となった。
    その他、米中の経済交渉が進展するとの期待感、投資家のウォー
    レン・バフェット氏が率いるバークシャ・ハサウェイが1-3月期に
    アップル株を数百万株買い増ししたことが明らかになり、アップ
    ル株が4%近く上昇、相場をけん引した。
    NYダウ終値は+332.46の24262.51。
    S&P500は+33.69の2663.42。
    NASDAQは+121.47の7209.62 。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-02【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ヤマシナ<5955> 業績修正発表。
    終値116円(前日比+4円+3.57%)
    18年3月期の連結最終利益を従来予想3.2億円から5.8億円
    に上方修正(前の期は4.4億円)。
    
    愛眼<9854> 業績・配当修正発表。
    終値458円(前日比+8円+1.77%)
    18年3月期の連結経常利益を従来予想1億7700万円から3億
    1700万円に上方修正(前の期は1100万円)。
    従来未定としていた期末一括配当を3円実施、2期ぶりに
    復配する方針とした。
    
    ピックアップ
    ハウスドゥ<3457> 決算発表。
    終値4160円(前日比+170円+4.26%)
    18年6月期第3四半期累計(17年7月-18年3月)の連結経常利益
    は11.9億円(前年同期比47.2%増)。通期の同利益を従来予想
    14億円から19億円に上方修正(前期は11億円)。期末一括配
    当を従来計画27円から39円に増額修正(前期は20円)。
    株価は本日、4日ぶり大幅反発、4%超えの上昇。
    テクニカル面では、25日移動平均線(3981円)を下値サポー
    トに切り返し傾向にあった。
    発表を受けて、同線から上放れ、上方向へのトレンドを強
    めそうだ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ジョイ本田<3191>
    終値3755円(前日比-100円-2.59%)
    6/20を基準日として1対2株の株式分割を実施すると発表。
    (発表された決算は、18年6月期第3四半期累計(17年7月-
    18年3月)の連結経常利益は62.3億円(前年同期比5.1%増)。
    
    Uアローズ<7606>
    終値4135円(前日比+75円+1.84%)
    4月既存店売上高は前年同月比5.7%増、3ヶ月連続で前年上回り。
    
    ファストリ<9983>
    終値49220円(前日比+180円+0.36%)
    4月国内ユニクロ既存店売上高は10.0%増、3ヶ月連続前年上回り。
    
    ピックアップ
    ジンズメイト<7448>
    終値883円(前日比+5円+0.56%)
    2019年3月期4月度の前年比速報を発表。全店前年比は売上高11
    .7%増、客単価は12.1%増。既存店前年比は売上高26.0%増、客
    単価は15.5%増。
    全店売上高は5ヶ月連続、客単価は6ヵ月連続で前年実績を上回
    り。既存店でも売上高、客単価と直近の5ヶ月連続で前年実績
    を上回り。
    連休明けは、発表を受けて買われる展開が期待される。
    テクニカル面では、週足ベースの移動平均線チャートにおいて、
    26週線(907円)が上値抵抗に控える。同線回復で上昇トレンド転
    換の見かた。
    日足ベースでは、一目均衡表に注目。今現在は、雲内での推移、
    雲突破なれば、上昇トレンド転換と見られるところ。(下限846
    円-上限941円)
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-02【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め3銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S リアルワールド<3691>、
    一時S クリエート<5187>、
    S アップバンク<6177>。
    
    ピックアップ
    リアルワールド<3691> 一時S高。
    終値1397円(前日比+72円+5.43%)
    大幅続伸。
    本日の午前10時頃、セブン銀行<8410>グループと連携、銀行
    口座がなくても貯めたポイントを現金に交換して、セブン銀
    行のATMとセブン‐イレブンのレジで受け取ることができ
    るサービスを5/14に開始すると発表。
    発表を好感した買いが向かい、一時はS高(1625円)まで上昇
    する場面が見られた。
    テクニカル面では、本日に一時突破した日足一目均衡表の雲
    (上限1431円)、一時回復した移動平均線チャートの200日線
    (1479円)を再度回復する動きなどが見られれば、上昇トレン
    ド転換の見かた。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    アウトソシング<2427> 大幅3日続伸。
    終値2135円(前日比+251円+13.32%)
    前日(1日)発表の決算を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限1949円)突破。
    
    リケンテクノス<4220> 大幅続伸。
    終値579円(前日比+42円+7.82%)
    前日(1日)発表の決算を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限563円)突破。
    
    よみランド<9671> 大幅反発。
    終値4910円(前日比+150円+3.15%)
    前日(1日)発表の業績修正を好感。
    200日移動平均線(4858円)回復。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
  • 2018-05-02【東京市場概況】

    日経平均は4日ぶり反落(35円安) 連休を前に調整売りに押された
    
    朝方は買い優勢の展開、為替ドル/円が円安方向に振れていたこと
    などが好感された。日経平均も22568.19円(60.16円高)と高く寄り
    付いていた。
    しかし、寄り付きがこの日の高値、早々に下げに転じ、下げ幅を
    広げて前場の取引を終えた。(22436.46円(71.57円安)
    後場に入ると売り圧力が和らいで下げ渋る展開に。
    とはいえ、大型連休を前に手控えムードは強く、前場の高安の範
    囲内での小動き、大引けにかけてはやや値を戻した。
    
    日経平均終値は-35.25円の22472.78円。
    
    東証1部の出来高は14億4603万株、
    売買代金は2兆4046億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1218銘柄、値下がり782銘柄、
    変わらず83銘柄。
    
    業種別では値上がりが13業種、値下がりが20業種。
    値上がりはその他金融、ガラス・土石、サービスなど。
    値下がりは石油・石炭、鉱業、空運など。
    
    米FOMC(米連邦公開市場委員会)、米中通商協議、米4月雇用統
    計など、東京市場の休場中に注目イベントあり。
    連休明けはこれらを受けて海外市場の動向次第となるが、為替ド
    ル/円が、米経済指標の結果を受けた利上げ観測が高まるようだと
    円安基調、日本株にとって追い風となる可能性はありそうだ。
    また、連休明けの7日-11日の間に1600社を超える決算発表が控え
    る。
    好内容なものが目立てば、日経平均ふくめ、相場全体の雰囲気は
    良好なまま、上値を伸ばす展開が期待される。
    テクニカル面でも日経平均は、直近に日足一目均衡表の雲(上限
    22238円)を突破しており、チャート形状は良好。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-02【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は4日ぶり反落(71円安) 買い先行も続かずマイナス
    圏へ
    
    為替ドル/円が円安方向に振れていたことなどから、朝方は買い
    が先行、日経平均は、22568.19円(60.16円高)と高く寄り付い
    た。
    しかし、寄り付きが本日ここまでの高値、早々に下げに転じ
    た後は、しばらく前日終値近辺でのもみあっていたが、上値
    の重さが意識され、売り優勢に傾き下げ幅を広げる展開に、
    そのまま前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は-71.57円の22436.46円。
    
    東証1部の出来高は7億5555万株、
    売買代金は1兆1726億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり935銘柄、値下がり1010銘柄、
    変わらず136銘柄。
    
    業種別では値上がりが11業種、値下がりが22業種。
    値上がりはその他金融、ガラス・土石、金属製品など。
    値下がりは石油・石炭、鉱業、不動産など。
    
    
    後場の見通し
    
    連休前であり、その他にも米雇用統計など重要イベントを控
    える。
    その為、買い先行も上値を追う動きは見られなかった。
    後場も上値の重い展開が続く見通し。ただ、好地合いのなか、
    下値を売り込む動きも見られていない、押し目買い意欲は強
    い見られ、ここから下値も限定的だろう。
    また、新興市場はマザース、ジャスダックともにプラス圏で
    前場の取引を終えている、これら外部環境の影響を受けにく
    い、中小型株へは買いが向かいやすいだろう。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-02【東京市場見通し】

    買い優勢の展開 ドル/円が110円に迫る動き 円安を好感
    
    前日の米株市場は強弱まちまち。ITセクターが上昇をけん引、
    NASDAQはが反発もNYダウは下落となった。ただ、NYダウに関し
    ても一時300ドル超下げたところから、引けでは64ドル安と
    値を戻す展開へだった。
    為替ドル/円は今現在、109円台後半での推移と110円台に迫る
    動き。
    米株市場が悪くない動き、ドル/円が円安方向への動きを強め
    ていることを好感して、日本株は買い優勢の展開となりそう
    だ。
    いっぽうで、連休前で様子姿勢となりやすい面があり、大き
    な動きは出づらいと予想されるところでもある。
    とはいえ、足元で決算銘柄に大きな動きが出てきており、個
    別物色の活況が相場を下支え、日経平均は22500円台に乗せ
    ており、好地合いのなか、22500円を下回る場面では買いが入
    りやすだろう。
    ドル/円が110円台に到達するような場面があれば、買い安心感
    が一段と強まり、上げ幅を拡大させる可能性もあり。
    
    日経平均予想レンジは22450円-22650円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が109円台後半での推移。
    (1日終値109.47-48円)
    
    現在、ユーロ/円が131円台後半での推移。
    (1日終値131.00-.132.03円)
    
    
    1日の米株市場の概況
    
    高安まちまち。NYダウが3日続落も、ITセクターが上昇をけん引、
    NASDAQはが反発、S&P500も終盤にプラス圏に乗せて、小幅に反
    発となった。
    4月ISM製造業景況指数が57.3と市場予想平均(58.5)に届かなか
    ったことなどが嫌気されてNYダウは一時350ドルを超える下げと
    なる場面がみられた。
    ただ、決算発表を控えるアップルや、アマゾン・ドット・コム、
    マイクロソフトなどが買われ、指数を支えた。
    NYダウ終値は-64.10の24099.05。
    S&P500は+6.75の2,654.80。
    NASDAQは+64.44の7130.70。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-01【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    アウトソシング<2427> 決算発表。
    終値1884円(前日比+40円+2.16%)
    18年12月期第1四半期(1-3月)の連結税引き前利益は19.3億
    円(前年同期比56.2%増)。
    
    ノジマ<7419> 業績修正発表。
    終値2679円(前日比-28円-1.03%)
    18年3月期の連結経常利益を従来予想175億円から179億円
    に上方修正(前の期は154億円)。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    Jフロント<3086>
    終値1783円(前日比+8円+0.45%)
    4月百貨店事業売上高は前年同月比5.1%増、
    13ヶ月連続で前年上回り。
    
    ミツコシイセタン<3099>
    終値1221円(前日比+3円+0.24%)
    4月度既存店売上高は前年同月比1.8%増、
    11ヶ月連続で前年上回り。
    
    ツルハHD<3391>
    終値15800円(前日比+70円+0.44%)
    4月既存店売上高は前年同月比5.3%増、
    11ヵ月連続で前年実績上回り。
    
    インスペック<6656>
    終値1326円(前日比-20円-1.48%)
    4月単体受注額は10億円、前年同月比3.8倍。
    
    高島屋<8233>
    終値942円(前日比+2円+0.21%)
    4月度店頭売上高は前年同月比2.6%増、2ヵ月連続で前年上回り。
    
    松屋<8237>
    終値1381円(前日比-23円-1.63%)
    4月銀座本店売上高は前年同月比9.0%増、
    10ヶ月連続で前年上回り。
    
    ピックアップ
    H2Oリテイル<8242>
    終値2055円(前日比-11円-0.53%)
    4月度売上高は前年同月比6.0%増と17ヶ月連続で前年実績上回り。
    今現在の株価は、日足一目均衡表の雲内での推移で、雲突破が
    射程圏内。(下限1942円-上限2118円)。
    発表を好感して雲突破へ。上昇トレンド転換の見かた。
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-05-01【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め10銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S サンヨーH<1420>、
    一時S TTK<1935>、
    S 日本和装<2499>、
    S アートSHD<3663>、
    S ミルボン<4919>、
    一時S カーボン<5302>、
    S ヤマザキ<6147>、
    一時S アップバンク<6177>、
    S ビート<9399>、
    S IXナレッジ<9753>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S フォスター<6794>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ショーワ<7274> 大幅反発。
    終値2015円(前日比+377円+23.01%)
    先週末(27日)発表の決算を好感。
    年初来高値更新。
    25日移動平均線(1748円)回復。
    
    ゼンリン<9474> 3日大幅続伸。
    終値2534円(前日比+323円+14.60%)
    先週末(27日)発表の決算を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限2473円)突破。
    
    SCSK<9719> 大幅3日続伸。
    終値5170円(前日比+480円+10.23%)
    先週末(27日)発表の決算を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限4807円)突破。
    200日移動平均線(4809)回復。
    
    ピックアップ
    伯東<7433> 3日ぶり大幅反発。
    終値1893円(前日比+287円+17.87%)
    先週末(27日)発表の決算を好感。(18年3月期の連結経常利益
    は37.4億円(前の期比88.0%増)、19年3月期は47億円(前期比2
    5.7%増)、今期の年間配当は50円(前期比4円増)の方針)
    テクニカル面でも、日足一目均衡表の雲(上限1746円)を突破
    するなど、良好なチャート形状。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-01【東京市場概況】

    日経平均は小幅3日続伸(40円高) 後場、やや強含み節目22500円
    回復
    
    東京市場が休場の間、米株市場は軟調な展開だったことがあり、
    朝方は売り優勢、日経平均も小幅安でのスタートとなった。
    ただ、為替ドル/円が落ち着いていることなどから、下値も限定
    されて、決算銘柄を中心に個別物色が活況、底堅い展開となり、
    売り一巡後は小幅ながらプラス圏に浮上、前場の取引を終えて
    いた(22479.28円(11.41円高)。
    後場に入ると、早々に節目の22500円に回復、その水準から上
    値は重かったが、好地合いのなか小高く推移、22500円を維持
    したまま、本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+40.16円の22508.03円。
    
    東証1部の出来高は17億7167万株、
    売買代金は2兆8713億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり818銘柄、値下がり1198銘柄、
    変わらず67銘柄。
    
    業種別では値上がりが16業種、値下がりが17業種。
    値上がりは鉱業、海運、鉄鋼など。
    値下がりは銀行、ガラス・土石、空運など。
    
    大型連休の谷間で基本的には様子姿勢の強い展開だった。その
    他、5/1-5/2にかけて開催される米FOMC(米連邦公開市場委
    員会)、4日の米4月雇用統計など、海外イベントを控えているこ
    とも上値を限定させる要因に。
    明日に関しても引き続き、様子姿勢の強い展開となりそうだ。
    テクニカル面では、日経平均が心理的な節目22500円を捉え、
    日足一目均衡表において、雲を上放れてきており、リバウン
    ド基調が強まりやすいところにある。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-01【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅3日続伸(11円高) 米株安受け売り先行もプラ
    ス転換
    
    東京市場が休場の間、米株市場は軟調な展開だった。そのことか
    ら朝方は売り優勢の展開となり、日経平均も小幅安でのスタート
    となっていた。
    しかし、為替ドル/円が落ち着いていることなどから、下値も限定
    的、決算銘柄を中心に個別物色が活況で底堅い展開、売り一巡後
    はじわじわと買いが入り、プラス圏に浮上した。
    とはいえ、大型連休の谷間であることなどから、売買は盛り上が
    らず、そこから一段高となるほどの強い動きは見らず、前場の取
    引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+11.41円の22479.28円。
    
    東証1部の出来高は9億3316万株、
    売買代金は1兆4736億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり798銘柄、値下がり1190銘柄、
    変わらず92銘柄。
    
    業種別では値上がりが16業種、値下がりが17業種。
    値上がりは鉱業、電気・ガス、鉄鋼など。
    値下がりは銀行、ガラス・土石、空運など。
    
    
    後場の見通し
    
    後場も方向感に欠ける展開が予想される。大型連休の谷間である
    ことや、5/1-5/2にかけて開催される米連邦公開市場委員会(FO
    MC)、その他にも4日の米4月雇用統計の発表が控える。
    引き続き、為替ドル円が落ち着いた動きにあるため、下値は底堅い
    だろうが、上値追いには慎重姿勢となりやすいだろう。
    
    
    
    株式ニュースは、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-05-01【東京市場見通し】

    やや売り優勢か 米株安を重し いっぽうでドル/円落ち着いた動き
    
    東京市場が休場の間の米株市場は売り優勢、NYダウは連日で下落と
    なっている、企業決算についてはおおむね良好だが、それを素直
    に好感する動きとはなっていない。
    米株安を嫌気して、日本株も上値の重い展開が予想される。大型
    連休の谷間であることや、5/1-5/2にかけて開催される米連邦公開
    市場委員会(FOMC)を控えて様子姿勢、商いも盛り上がりにく
    いだろう。
    ただ、為替ドル/円が落ち着いた動き、現在は109円台前半での推移
    と円安基調が続いていることが下支え要因となりそうだ。
    その他、先週末(27日)に決算を発表した銘柄が多いため、個別の
    材料は豊富、それら銘柄に関しては大きな動きが出てくる見られ
    る。
    日経平均は心理的節目の22500円では戻り売りなどに押されやす
    く、やや弱めの動きが予想される。
    
    日経平均予想レンジは22300円-22500円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が109円台前半での推移。
    (先週末(27日)終値109.39-40円)
    
    現在、ユーロ/円が132円どころでの推移。
    (先週末(27日)終値132.09-03円)
    
    
    30日の米株市場の概況
    
    主要3指数そろって下落。上昇スタートも終盤は売りが強まる展開
    となった。
    マクドナルドなどの好決算を受けて買い優勢となっていたが、ア
    ルコニックやセルジーン、ベライゾンなどが売られ、主要指数も
    中盤以降売りが優勢となった。
    5/1-5/2にかけて開催されるFOMC(米連邦公開市場委員会)を控
    えて、利上げの行方を見極めたいと、様子姿勢が広がった面もあ
    ったようだ。
    NYダウ終値は-148.04の24163.15。
    S&P500は-21.86の2648.05。
    NASDAQは-53.53の7066.27。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
お気軽にお問い合わせください
  • お申込み
  • お問い合わせ
電話番号