• 2018-07-23【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ジェーソン<3080>、
    S ジェネパ<3195>、
    一時S IGポート<3791>、
    S パス<3840>、
    S オンコリス<4588>、
    S 寺岡製<4987>、
    S 豊商事<8747>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S ジャストプラ<4287>、
    一時S あかつき本社<8737>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    Vコマース<2491> 6日ぶり大幅反発。
    終値2108円(前日比+370円+21.28%)
    20日発表の業績・配当予想の大幅上方修正を好感。
    年初高値更新。25日移動平均線(1764円)回復、上放れ。
    
    関西ぺ<4613> 大幅続伸。
    終値2509円(前日比+140円+5.90%)
    日足一目均衡表の雲(上限2384円)突破。
    
    エスケイ<7608> 大幅続伸。
    終値664円(前日比+31円+4.89%)
    日足一目均衡表の雲(上限655円)突破。
    
    ピックアップ
    クロスキャット<2307> 大幅続伸。
    終値1428円(前日比101円+7.61%)
    株価は週足ベースの移動平均線チャートの26週線(1152円)近辺
    まで調整したあと戻し基調、13週線(1315円)を回復するなどト
    レンドは上方向に振れてきている。
    続き、日足一目均衡表の雲(上限1448円)突破などが確認されれ
    ば、もう一段高へと期待が高まるところ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-07-23【東京市場概況】

    日経平均は3日続落(300円安) 円高や日銀政策調整の思惑が重し
    に
    
    朝方から売り優勢の展開、為替ドル/円が110台まで押すなど円高方
    向にあることなどが嫌気された。
    その他、日銀が長期金利目標やETF(上場投信)などの資産買い
    入れなどについて柔軟化する検討に入ったと報じられたことも重
    しとなったようだ。
    日経平均は寄り付きから200円超えの下落、その後に一時は300円
    超えの下落となり、22403.45円(294.43円安)で前場の取引を終え
    ていた。
    後場に入っても売り優勢の展開は続き、再び300円超えの下落、一
    時は22341.87円(356.01円安)と下押し、この日の安値を付けた。
    その後下げ渋ったものの戻りは鈍く、ほぼ安値圏で本日の取引を
    終えた。
    
    日経平均終値は-300.89円の22396.99円。
    
    東証1部の出来高は13億9961万株、
    売買代金は2兆1640億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり884銘柄、値下がり1112銘柄、
    変わらず106銘柄。
    
    業種別では値上がりが9業種、値下がりは24業種。
    値下がりは銀行、保険、その他金融など。
    値下がりトップはその他製品、転送用機器、情報・通信。
    
    本日の日経平均は円高が響き売り優勢の展開になった、日銀の長
    期金利の修正はないと見られるが、来週の日銀金融政策決定会合
    (7/30-7/31開催)まで不透明感から動きにくく、積極的な売買は手
    控えられそう。
    ただ、ややドル/円が111台で落ち着いた動きが見られるなどして、
    日経平均は下げ渋った面もある。
    日足一目均衡表の雲内(上限22615円-下限22053円)で推移、転換線
    (22346円)が下値サポートとなったかっこう、雲下限近辺まで押す
    可能性もあるが、下値はある程度しっかりしてそうだ。
    物色に関しては決算をにらんだ個別物色の展開となりやすい。ま
    た出遅れ感の強い新興市場に注目、本日はマザーズが小幅反落と
    なったものの、ジャスダックは小反発、比較的落ち着いた動きと
    なっており、日経平均の下値が比較的しっかりとしていれば、買
    いが入りやすい見通し。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-07-23【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅3日続落(294円安) 円高嫌気に売られる展開
    に
    
    朝方から売り優勢の展開、為替ドル/円が110台まで押すなど円高方
    向にあることなどが嫌気された。
    日経平均は寄り付きから200円超えの下落、その後に一時は300円
    超えの下落となる場面も見られた(22383.16円(314.72円安))。
    
    日経平均前場終値は-294.43円の22403.45円。
    
    東証1部の出来高は7億7586万株、
    売買代金は1兆556億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1049銘柄、値下がり941銘柄、
    変わらず110銘柄。
    
    業種別では値上がりが13業種、値下がりが20業種。
    値上がりは銀行、保険、その他金融など。
    値下がりトップは石油・石炭、建設、繊維製品。
    
    
    後場の見通し
    
    日銀が長期金利目標やETF(上場投信)などの資産買い入れなど
    について柔軟化する検討に入った、と報じられたことも投資家心
    理を慎重にさせている。
    後場も続き積極的な買いは入りにくい、決算などを手掛かりとし
    た材料株に物色はより限られやすい見通し。
    テクニカル面での日経平均は、日足一目均衡表の雲内(上限22615
    円-下限22053円)に位置する転換線(22346円)近辺まで押したかっ
    こう、この転換線を維持して前場を終えており、後場も同線が下
    値サポートに意識されそうだ。
    
    
    
    こちらの記事は、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-07-23【東京市場見通し】

    売り先行 円高が重し 場中も為替動向、米先物、中国株にらみの
    展開
    
    前日の米株市場はほぼ横ばい(NYダウは小幅に続落)となったもの
    の、為替が円高方向に振れている、ブラード米セントルイス連銀
    総裁から利上げ加速をけん制する発言が出てきたことや、トラン
    プ大統領が他国の通貨安政策を批判したことなど要因。
    本日の日本株は円高を嫌気して売りが先行する見通し。
    ただ、日経平均は心理的な節目22500円を割れる場面では、押し目
    買いなどからの下げ渋りを期待したいところ。
    しかし、本格化する企業決算シーズンを前に様子見姿勢も強く、
    積極的な買いは入りづらい、下げ渋っても22500円近辺で攻防とな
    りそうだ。
    また、為替や中国市場、米先物の動向次第では短期筋の先物売買
    から値が振れる可能性もあり。
    日経平均の下値予想はやや広め22400円どころと見ておきたいとこ
    ろ。
    
    日経平均予想レンジは22400円-22600円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が111円台前半での推移。
    (先週末(20日)112.44-45円)
    
    現在、ユーロ/円が130円半ばでの推移。
    (先週末(20日)130.89-93円)
    
    
    先週末(20日)の米株市場の概況
    
    ほぼ横ばい(小幅に下落)、NYダウとS&P500わずかながら続落、
    NASDAQも小幅に3日続落となった。
    トランプ米大統領が20日早朝に放送された米CNBCのイン
    タビー番組で、中国から輸入する年5000億ドル(約56兆円)相
    当の製品に対し、制裁関税を課す用意があると発言。米中の
    貿易摩擦への警戒感が上値を抑えた。
    NYダウ終値は-6.38の25058.12。
    S&P500は-2.66の2801.83。
    NASDAQは-5.10の7820.20。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-07-20【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    Vコマース<2491> 業績・配当修正発表。
    終値1738円(前日比-10円-0.57)
    18年12月期の連結経常利益を従来予想24.5億円から32.5億円に上
    方修正。
    1-6月期(上期)の連結経常利益も従来予想10.5億円から16.8億円に
    上方修正。
    今期の年間配当を従来計画16円から21円に増額修正。
    
    アルインコ<5933> 決算発表。
    終値1095円(前日比+3円+0.27%)
    19年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は8億円(前年同期比
    8.0%増)。
    
    ピックアップ
    日本鋳造<5609> 決算発表。
    終値1125円(前日比-6円-0.53%)
    19年3月期第1四半期(4-6月)の連結経常利益は1億7400万円(前年同
    期比2.9倍)。
    4-9月期(上期)の同利益を従来予想5000万円から2億5000万円に上
    方修正。
    上期業績の好調に伴って通期の同利益を従来予想の5億円から7億
    円に上方修正。
    好決算を受けて株価は、日足一目均衡表において雲突破(1285円)
    突破、移動平均線チャートにおい200日線(1418円)回復を試す展開
    へ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    DWTI<4576>
    終値593円(前日比-9円-1.50%)
    緑内障・高眼圧症治療剤「WP-1303(H-1129)」の国
    内後期第2相臨床試験を終了、結果は良好。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-07-20【東京市場概況と来週の見通し】

    20日概況 日経平均は続落(66円安) 後場、下試した後に急浮上 
    下げ幅縮小
    
    朝方は売りが先行した、前日の米株市場が主要3指数そろって下落
    となるなど軟調だったことや、為替ドル/円が円高方向にあったこ
    となどが重しとなった。
    ただ、日経平均の寄り付きの下落幅は30円程度と小幅、一時はプ
    ラス圏に浮上して100円を超えの上げ幅となる場面が見られた。
    その後、再びマイナス圏に沈み、下げ幅は200円を超えたが、いっ
    ていの底型さを示して前場の取引を終えていた(前場終値22652.42
    円(112.26円安)。
    上下荒い展開となった前場の流れを受けて後場も不安定、日経平
    均は再び200円超えの下落幅、この日の安値を付けた(22541.35円
    (223.33円安)。
    しかし、中国上海株が急浮上したことなどがあり、大引けにかけ
    て下げ渋る流れとなった。
    
    日経平均終値は-66.80円の22697.88円。
    
    東証1部の出来高は12億6202万株、
    売買代金は2兆3975億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり672銘柄、値下がり1342銘柄、
    変わらず89銘柄。
    
    業種別では値上がりが11業種、値下がりが22業種。
    値上がりが食料品、石油・石炭、空運など。
    値下がりトップは非鉄金属、海運、ゴム製品。
    
    
    来週の見通し。
    
    底堅い値動きが見込まれる。米通商政策に対する懸念は残るも
    のの、過度な懸念は和らいできている。
    中国人民元安などで日経平均が下振れても影響は限定的、堅調
    な米実体経済や米株などが支えとなる見通し。
    注目は25日から本格化する国内企業の4-6月期決算、市場イン
    パクトの大きい注目企業の発表が目白押しだ。
    25日に日立建機<6305>、日本電産<6594>)、ファナック<6954>、
    26日にキヤノン<7751>、東京エレクトロン<8035>、27日にコマ
    ツ<6301>などが予定されている。
    貿易摩擦の影響を確認する決算になり、これらが決算を受けた
    後、堅調な動きとなれば、日経平均は節目23000円超えとなる
    可能性もあるだろう。
    その他、新興市場を中心とした中小型株にも注目。本日はジャ
    スダックは小幅に続落となったがマザーズが小幅ながら反発、
    出遅れ感が意識されるなか、資金が向かってきている。
    
    来週の日経平均の予想レンジは22350円-23100円。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-07-20【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S ITメディア<2148>、
    S イナリサーチ<2176>、
    S ナノキャリア<4571>、
    S オンコリス<4588>、
    一時S 市進HD<4645>、
    S リビング保証 <7320>、
    一時S レノバ<9519>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ロコンド<3558> 3日続伸。
    終値1237円(前日比+44円+3.68%)
    日足一目均衡表の雲(上限1213円)突破。
    
    田辺三菱<4508> 大幅反発。
    終値2117円(前日比+148円+7.51%)
    日足一目均衡表の雲(上限2024円)突破。
    
    サニックス<4651>
    終値311円(前日比+25円+8.74%)
    再生エネ関連株として物色対象に。
    25日移動平均線(297円)回復。
    
    ピックアップ
    エヌピーシー<6255> 3日大幅続伸。
    終値347円(前日比+23円+7.09%)
    再生エネルギー関連株に買いが流入、20日付の日本経済新聞は、
    「日本企業の間で、事業に使う電力を全て再生可能エネルギー
    で賄おうとする動きが広がってきた」と報道。(当銘柄の他に
    レノバ<9519>、サニックス<4651>、イーレックス<9517>などが
    大幅高)
    テクニカル面では、移動平均線チャートにおいて25日線(328円)
    を回復して上放れ。
    また、週足ベースにおいても、割れていた13週線(323円)や26週
    線(297円)を回復と良好なチャート形状。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-07-20【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は続落(円安) 一時プラス圏浮上も再びマイナス圏
    へ
    
    前日の米株市場が主要3指数そろって下落となるなど軟調、為替ド
    ル/円も円高方向にあったこともあり、朝方から売りが先行した。
    ただ、日経平均の寄り付きの下落幅は30円程度と小幅、一時はプ
    ラス圏に浮上して100円を超えの上げ幅となる場面が見られた。
    しかし、中国上海株が売り優勢でスタート、人民元の対ドル基準
    値が2017/7/14以来の元安水準となったことなどから、警戒感が強
    まり、再び売り優勢に転じると、下げ幅は200円を超えた。
    (安値22560.17円(204.51円安)
    その後はやや下げ渋り、前場の取引を終えている。
    
    日経平均前場終値は-112.26円の22652.42円。
    
    東証1部の出来高は6億5208万株、
    売買代金は1兆1821億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり746銘柄、値下がり1248銘柄、
    変わらず107銘柄。
    
    業種別では値上がりが11業種、値下がりが22業種。
    値上がりは石油・石炭、空運、食料品など。
    値下がりはトップは非鉄金属、鉄鋼、保険。
    
    
    後場の見通し
    
    米中貿易摩擦懸念が再び強まっていることなどが重しとなり、前
    場の日経平均は一時プラス圏に浮上も、再度売りに押される展開
    となった。
    週末要因なども重なり、買いを入れにくいなか、日経平均の下落
    幅は200円を超える場面も見られた。
    ただ、その後は下げ渋り、前場の取引を終えている。日足一目均
    衡表の雲(上限22587円)近辺で下げ渋ったかっこう。
    米中貿易摩擦懸念が再燃するなかで底型さを示してきたことは好
    感される。
    後場も引き続き、積極的な買いは入りにくいが、前場同様に雲上
    限近辺ではいっていの底型さを示す見通し。
    
    
    
    こちらの記事は、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-07-20【東京市場見通し】

    売り先行 米株安が円高が重し 中国株安などとなれば下げ強
    まる可能性も
    
    前日の米株市場は主要3指数そろって下落(NYダウは134ドル安)。
    為替ドル/円も円高方向に振れており、現在は112円台半ばでの
    推移。
    米株安や円高を受けて、本日の日本株は売りが先行する見通
    し。
    週末要因も重なり売りが強まりやすくある。中国上海株が大
    きく下げたり、ドル/円が一段と円高方向に振れるなどすれば、
    売りが強まると警戒したいところ。
    日経平均はとりあえず5日移動平均線(22608円)が下値サポー
    トに意識されるだろうが、中国株や為替、米株先物次第では、
    日足一目均衡表の雲上限(22522円)の水準でもある節目22500
    円近辺まで値を落とす可能性もありといったところ。
    
    日経平均予想レンジは22500円-22750円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が112円台半ばでの推移。
    (19日終値112.96-98円)
    
    現在、ユーロ/円が131円どころでの推移。
    (19日終値131.12-16円)
    
    
    19日の米株市場の概況
    
    主要3指数そろって下落。NYダウは6日ぶり反落、S&P500は3日ぶ
    り反落、NASDAQは続落。
    18日の通常取引終了後にアメリカン・エキスプレスが、19日の
    早朝にトラベラーズがそれぞれ決算を発表、両社ともに市場予
    想の平均を下回る内容となり軟調、金融株への売りを誘った。
    その他にもEUが対米報復関税を準備していると伝わったことに
    加え、トランプ大統領からFRBの利上げを歓迎しない旨の発言
    が出てきたことで、通商摩擦問題に関しての警戒ムードも広
    がったようだ。
    NYダウ終値は-134.79の25064.50。
    S&P500は-11.13の2804.49。
    NASDAQは-29.15の7825.30。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-07-19【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ピックアップ
    ISID<4812> 業績修正発表。
    終値3295円(前日比-55円-1.64%)
    18年12月期第2四半期累計(1-6月)の連結経常利益を従来予想32.4
    億円から38.6億円に上方修正(前年同期は32.1億円)。
    (通期の経常利益は従来予想70.3億円を据え置き(前期は56.4億
    円))
    発表を受けて、移動平均線チャートの25日線(3327円)近辺での推
    移からの上放れ。また、日足一目均衡表の雲(上限3440円)突破な
    どから、上昇トレンド転換へと期待。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    オープンドア<3926>
    終値2326円(前日比-37円-1.56%)
    トラベルコホテル比較サービスでメタサーチサイト「スカイスキ
    ャナー」との連携を開始。
    
    ベクトル<6058>
    終値2241円(前日比-50円-2.18%)
    人事関連クラウドサービスを展開する、あしたのチームの株式を
    取得し子会社化する。
    また、19年2月期の連結売上高を従来予想240億円から264億円に上
    方修正(前期は200億円)。(3-8月期(上期)の売上高は従来予想110
    億円を据え置き(前期は88.4億円)。
    
    ソラスト<6197>
    終値1141円(前日比-44円-3.71%)
    6月の訪問介護利用者は前年同月比12.7%増、デイサービスは同
    75.1%増。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-07-19【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め6銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S nms<2162>、
    S イナリサーチ<2176>、
    S DNAチップ<2397>、
    S 市進HD<4645>、
    ケ 日本PC<6025>
    S インスペック<6656>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    DS<3925> 続伸。
    終値3555円(前日比+80円+2.30%)
    日足一目均衡表の雲上限(3565円)近辺まで上昇。
    
    航空電<6807> 大幅反発。
    終値1862円(前日比+58円+3.21%)
    日足一目均衡表の雲(上限1836円)突破。
    
    GMOFHD<7177> 大幅続伸。
    終値906円(前日比+29円+3.30%)
    日足一目均衡表の雲(上限905円突破)。
    
    ピックアップ
    カヤック<3904> 大幅続伸。
    終値1143円(前日比+126円+12.38%)
    連日で10%前後の上昇と大幅続伸。本日は前日(18日)引け後
    に発表したコマツ<6301>とスマートコンストラクション事
    業で協業を好感した買いが向かったようだ。
    テクニカル面では移動平均線チャートにおいて、200日線(
    1177円)に迫る場面などが見られており、同線回復となれば、
    もう一段高へと期待が高まるところ(本日高値1173円)。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-07-19【東京市場概況】

    日経平均は5日ぶり小反落(29円安) 22900円台で上値重く 後場に
    下げに転換
    
    米株市場おおむね堅調だったことなどが好感されて、朝方は買い
    が先行、日経平均は前日(18日)に続き22900台まで上昇する場面が
    見られた(本日高値22926.47円(132.28円高)。
    ただ、前日同様にその水準では上値の重い展開、伸び悩むかっこ
    うで前場の取引を終えていた(前場終値22863.30円(69.11円高)。
    後場は先物にややまとまった売りが出たことなどから下げに転
    換、その後は前日終値を挟んだもみあいとなるなか小幅安、5日ぶ
    りに反落となった。
    
    日経平均終値は-29.51円の22764.68円。
    
    東証1部の出来高は12億660万株、
    売買代金は2兆1958億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり942銘柄、値下がり1086銘柄、
    変わらず74銘柄。
    
    業種別では値上がりが15業種、値下がりが18業種。
    値上がりは石油・石炭、鉱業、海運など。
    値下がりはバルブ・紙、電気・ガス、食料品など。
    
    日経平均は連日で22900円台に乗せる場面もあるも、心理的な節目
    23000円が上値抵抗に意識され伸び悩んだ。上昇一服感から目先は
    一端調整へと向かいやすい。
    決算発表(18年4-6月期)の本格化を前に手控えムード、内容を確認
    してからでも遅くはないとの見かたも強いだろう。
    ただ、あくまでも一端の調整、米株高などを背景に海外投資家の
    リスク許容度は上がってきており、反騰相場が終了したわけでは
    ないだろう。
    5日移動平均線(22608円)、日足一目均衡表の雲上限(22522円)の水
    準でもある節目22500円が目先の下値メドに意識される見込み。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-07-19【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は5日続伸(69円高) 買い一巡後は伸び悩み
    
    朝方から買いが先行、米株市場おおむね堅調だったことなどが好
    感された。
    いっぽうで為替ドル/円が円安方向への動きがやや一腹していたこ
    となどがあり、上値は限定されていた。
    日経平均は前日に続き22900円台まで上昇する場面が見られたもの
    の、前日同様にその水準では上値の重い展開、伸び悩むかっこう
    で前場の取引を終えている(本日高値22926.47円(132.28円高)。
    
    日経平均前場終値は+69.11円の22863.30円。
    
    東証1部の出来高は5億9702万株、
    売買代金は1兆224億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1107銘柄、値下がり859銘柄、
    変わらず130銘柄。
    
    業種別では値上がりが24業種、値下がりが9業種。
    値上がりトップは鉱業、石油・石炭、機械。
    値下がりはバルブ・紙、電気・ガス、水産・農林など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は節目23000円が目先の上値メドと意識されている面があ
    り、22900円台に乗せたところから上値が重い。
    本日も商いは差ほど盛り上がっておらず、後場も引き続き22900円
    台に乗せる場面では上値の重い展開となりそうだ。
    ただ、米株が堅調に推移していることや、ドル/円が直近、円安基
    調にあることなどがから先高感あり、企業業績への期待感もある
    なか、下値はしっかりとなるだろう。
    
    
    
    こちらの記事は、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-07-19【東京市場見通し】

    小じっかりの展開 上値追う動き限定的も売り材料も無し
    
    前日の米株市場はNASDAQは小反落となったがNYダウが5日続伸と
    なるなど、おおむね堅調だったと見れる。
    為替ドル/円はやや円高方向に振れているものの、112台後半で
    の推移と円安基調には変わりない見かた。
    落ち着いた外部環境から日本株も小じっかりの展開が予想され
    る。
    前日(18日)の取引で日経平均は節目23000円手前で伸び悩み、
    上値の重さが意識されており、本日も同様にその水準での上
    値は重い見通し。
    ただ、売り材料は乏しく、下げたところでは買いも入りやす
    いといったところ。
    取引時間中、ドル/円が円安方向に振れるなど、好材料があれ
    ば、節目23000円超えを試す可能性もあるだろう。
    
    日経平均予想レンジは22800円-23050円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が112円台後半での推移。
    (18日終値113.05-07円)
    
    現在、ユーロ/円が131円台前半での推移。
    (18日終値131.39-43円)
    
    
    18日の米株市場の概況
    
    しっかりとした展開。NYダウが5日続伸、S&P500は続伸、NASDAQは
    ほぼ横ばい(小反落)となった。
    4-6月期決算発表が続くなか、金融大手モルガン・スタンレーが好
    決算を受けて堅調、同銘柄を中心に金融株に物色の矛先が向かっ
    た。
    ハイテク株比率の高いNASDAQについては、前日(17日)に史上最高
    値を更新するなど高く、この日は利益確定売りに押されて上値の
    重い展開だった。
    NYダウ終値は+79.40の25199.29。
    S&P500は+6.07の2815.62。
    NASDAQは-0.67の7854.44。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-07-18【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    小松ウオル<7949> 決算発表
    終値2255円(前日比+108円+5.03%)
    19年3月期第1四半期(4-6月)の経常利益(非連結)は1.3億円(前年同
    期比2.7倍)。
    
    ピックアップ
    GMOFHD<7177> 業績見通し発表。
    終値877円(前日比+32円+3.78%)
    非開示だった18年12月期第2四半期累計(1-6月)の業績予想は連結
    経常利益が58.6億円(前年同期比24.2%増)。
    株価は本日(18日)の取引で3日ぶり大幅反発、移動平均線チャート
    の25日線(869円)を回復して引けており、上昇トレンド転換が期待
    される形状、発表を好感してその見かたが強まりそうだ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ブイキューブ<3681>
    終値625円(前日比+36円+6.11%)
    「ビジネスパーソンが安心して働けるセキュアなワークスペー
    ス」をコンセプトにしたテレコミュニケーションブース「テレキ
    ューブ」の2人用を販売すると発表。
    
    メドレックス<4586>
    終値762円(前日比+40円+5.54%)
    独自の経皮吸収技術を用いて経皮製剤化したアルツハイマー治療
    薬MRX-7MLL(メマンチン含有貼付剤)について、米国での
    臨床試験を実施するための非臨床試験を開始したと発表。
    
    アドベンチャー<6030>
    終値9140円(前日比+330円+3.74%)
    6月の連結月次取扱高は前年同月比2.1倍の101億円と初めて100億
    円を突破。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-07-18【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ファステプ<2338>、
    一時S カヤック<3904>、
    S ALBERT<3906>、
    一時S チェンジ<3962>、
    一時S 安永<7271>、
    S SKジャパン<7608>、
    S FVC<8462>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    富士ゼネ<6755> 3日続伸。
    終値1830円(前日比+49円+2.75%)
    日足一目均衡表の雲(上限1807円)突破。
    
    デサント<8114> 4日続伸。
    終値2148円(前日比+58円+2.77%)
    日足一目均衡表の雲(上限2113円)突破。
    
    空港ビル<9706> 4日続伸。
    終値5300円(前日比+180円+3.51%)
    25日移動平均線(5265円)回復。
    
    ピックアップ
    REMIX<3825> 大幅反発。
    終値1236円(前日比+210円+20.46%)
    仮想通貨ビットコインの上昇などから仮想通貨関連が強い
    動きとなった。
    仮想通貨関連のなかから、REMIX<3825>をピックアップ。
    当銘柄は移動平均線チャートにおいてここまで、200日線
    (962円)近辺で底型さを示していたなか本日に急騰、25日
    線(1157円)を回復するなどチャート形状も良好、上昇ト
    レンド転換と期待される。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-07-18【東京市場概況】

    日経平均は4日続伸(96円高) 米株高や円安好感 後場は上げ幅縮
    小
    
    朝方から買い優勢の展開、米株高や為替ドル/円が円安方向にある
    ことなどが好感された。
    日経平均は200円超えの上昇でスタートすると一時は22949.32円
    (251.96円高)まで上昇する場面が見られた。
    前場はそのまま高値圏を維持して引けていたが、後場は上げ幅を
    縮小する展開に。
    節目23000円手前で伸び悩んでいたことから、短期的な過熱感が
    意識された。
    
    日経平均終値は+96.83円の22794.19円。
    
    東証1部の出来高は11億4604万株、
    売買代金は2兆1670億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1444銘柄、値下がり579銘柄、
    変わらず79銘柄。
    
    業種別では値上がりが25業種、値下がりが8業種。
    値上がりトップは石油・石炭、ゴム製品、精密機器。
    値下がりは鉱業、食料品、その他製品など。
    
    日経平均は心理的な節目23000円手まで伸び悩み、やや上昇一服感
    を意識させ大引けとなった。
    米中貿易摩擦絡みの悪材料がいったん出尽くしたとの受け止めか
    ら上昇しているものの、買戻しが中心で新規の買いは限定的、商
    いは盛り上がりに欠けており、節目23000円を上抜けるにはエネル
    ギー不足、買い戻しはまだ続くとみられるが、新規の買いが入ら
    ないと節目23000円超え、またその水準からの一段高は厳しいとい
    ったところ。
    新規買いに関しては発表される企業決算を見極めたいと向きがあ
    る見かた、発表される企業決算に対して好反応が続くかどうかが
    今後の焦点。
    
    
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-07-18【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は4日続伸(223円高) 22900円台前半で前場引け
    
    前日の米株市場が主要3指数そろって上昇となり堅調、為替ドル/円
    も113円近辺での推移と円安方向に振れるなど良好な外部環境を受
    けて、日本株は朝方から買いが先行した。
    日経平均は200円超えの上昇幅でスタート、その後も高値圏での推
    移が続き、前場の取引を終えている。
    (日経平均高値22949.32円(251.96円高)
    
    日経平均前場終値は+223.84円の22921.20円。
    
    東証1部の出来高は5億9593万株、
    売買代金は1兆1077億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1627銘柄、値下がり417銘柄、
    変わらず57銘柄。
    
    業種別では値上がりが29業種、値下がりが4業種。
    値上がりトップは石油・石炭、ゴム製品、水産・農林。
    値下がりは鉱業、その他製品、食料品など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は前場の取引を22900円台前半で終えた。買い先行後も高
    値圏を維持しているものの、節目23000円手前で伸び悩みといった
    ところ。
    また、上昇のわりに商いは差ほど盛り上がっておらず、23000円超
    えは厳しい見られ、いったんは調整を挟むとの見かたから、利益
    確定売り、戻り売りが出てくる可能性がある。
    後場の日経平均は上げ幅を縮小する展開か。とはいえ、ここのと
    ころは海外投資家の買い戻しの動きなどが強く、節目23000円超え
    の可能性も残る。
    また、日経平均が上昇一服感が出てくれば、出遅れ感の強い新興
    市場、中小型株には買いが向かいやすくなるか。
    
    
    こちらの記事は、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-07-18【東京市場見通し】

    買いの展開 米株高、円安追い風に日経平均は節目23000円試すか
    
    前日の米株市場が主要3指数そろって上昇となるなど堅調な展開、
    パウエルFRB議長が議会証言で米経済に強気の見方を示したこと
    などが買い材料となったようだ。
    為替ドル/円も円安方向に振れており、現在は113円どころでの推
    移。
    米株高、円安を受けて本日の日本株は買いが先行する見通し。
    日経平均は日足一目均衡表で雲(上限22522円)を上回る水準で推
    移しているほか、移動平均線チャートにおいて5日線が主要の平
    均線(25日、75日、200日)とゴールデンクロスとなるなどチャー
    ト形状は良好、心理的な節目23000円を試す場面があってもよい
    ところだろう。
    
    日経平均予想レンジは22800円-23050円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が113円どころでの推移。
    (17日終値112.34-35円)
    
    現在、ユーロ/円が131円台後半での推移。
    (17日終値131.76-80円)
    
    
    17日の米株市場の概況
    
    主要3指数そろって上昇。NYダウは4日続伸、S&P500とNASDAQは反発
    となった。
    ネットフリックスの決算が前日引け後に発表されていたが、予想
    を下回る内容だったため同銘柄が急落、その結果全般的に軟調に
    スタートとなっていた。
    しかし、ネットフリックスが下落幅を縮小した流れを受けて、主
    力IT株が買い戻された。
    その他、パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長が上院の議
    会証言で、堅調な米経済情勢を背景に「緩やかに利上げを行うこ
    とが適切」と述べ、過度な利上げ対する警戒感が後退したこと
    も、後押しとなった。
    NYダウ終値は+55.53の25119.89。
    S&P500は+11.12の2809.55。
    NASDAQは+49.40の7855.12。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-07-17【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ファーマフーズ<2929> 業績修正発表。
    終値502円(前日比±0円±0.00%)
    18年7月期の連結経常利益を従来予想1.9億円から3.2億円に上方修
    正(前期は1.4億円)。
    
    ALBERT<3906> 業績修正発表。
    終値5530円(前日比-570円-9.34%)
    18年12月期第2四半期累計(1-6月)の経常損益(非連結)を従来予想
    5100万円赤字から2600万円の黒字に上方修正(前年同期は3700万円
    の赤字)。
    上期業績の好調に伴って通期の経常損益も従来予想1800万円黒字
    から7800万円の黒字に上方修正(前期は1億5800万円の赤字)。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    プロパティA<3464>
    終値1620円(前日比-34円-2.05%)
    東証が24日付で市場1部に指定。また、海外不動産投資情報プラッ
    トフォームの構築を手掛けるProperty Accessへ投資を実行。
    
    塩野義薬<4507>
    終値5688円(前日比+136円+2.44%)
    抗インフルエンザウイルス薬が第3相臨床試験(CAPSTONE
    -2)で良好な結果を得たと発表。
    
    パーク24<4666>
    終値3090円(前日比+55円+1.81%)
    6月売上高は前年同月比5.2%増。
    
    弁護士コム<6027>
    終値3185円(前日比+5円+0.15%)
    Web完結型クラウド契約サービス「クラウドサイン」の累計契約締
    結件数が30万件を突破。
    
    日立<6501>
    終値792.6円(前日比+4.9円+0.62%)
    イタリア・ミラノ地下鉄向車両を追加受注。受注額は約115億円、
    来秋に納入を開始する予定
    
    ピックアップ
    ブイキューブ<3681>
    終値589円(前日比+23円+4.06%)
    ケアネット<2150>及びT-ICUと、遠隔集中治療ソリューションの強
    化と全国へのサービス提供に関する業務提携契約を締結したと発
    表。
    株価は今日まで大幅に3日続伸と堅調に推移、テクニカル面では、
    日足一目均衡表の雲突破(上限585円)となっており、上昇トレンド
    に転換した形状にある。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-07-17【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ネオス<3627>、
    S オルトP<3672>、
    一時S 岡山製紙<3892>、
    S リボミック<4591>、
    S JMACS<5817>、
    S ロゼッタ<6182>、
    S 古野電<6814>、
    S SKジャパン<7608>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め4銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S IGポート<3791>、
    S ハーモニック<6324>、
    S ベイカレント<6532>、
    S ネクスG<6634>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ウエストHD<1407> 3日ぶり大幅反発。
    終値797円(前日比+68円+9.32%)
    先週末(13日)発表の決算を好感。
    日足一目均衡表の雲(上限790円)突破。
    
    セガサミーHD<6460> 4日大幅続伸。
    終値1918円(前日比+56円+3.00%)
    25日移動平均線(1893円)回復。
    
    ヤマトHD<9064> 4日大幅続伸。
    終値3284円(前日比+113円+3.56%)
    25日移動平均線(3238円)回復。
    
    ピックアップ
    パソナ<2168> 大幅続伸。
    終値1924円(前日比+281円+17.10%)
    先週末(13日)発表の決算を好感して大幅続伸となった(18年5月
    期の連結経常利益は66.3億円(前の期比53.5%増)と従来予想の
    56億円を上回って着地。19年5月期も前期比26.7%増の84億円に
    伸びる見通しとなった。前期の年間配当を12円から13円に増額
    (前の期は12円)、今期も前期比1円増の14円に増配する方針と
    した)。
    テクニカル面では、移動平均線チャートにおいて200日線(1900
    円)を回復するなど、良好なチャート形状。
    続き、日足一目均衡表の雲突破(上限2007円)などとなれば、上
    方向へのトレンドが一段と強まりそうだ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-07-17【東京市場概況】

    日経平均は3日大幅続伸(100円高) 一時は200円超えも終盤に失速
    
    朝方、連休明けの日本株は方向感に欠けるスタートとなっていた。
    しかし、ドル/円が112円台半ばまで円安が進むなどし、買い優
    勢の展開に。
    日経平均は前場の取引を100円超えの上げ幅で引けていた(前
    場終値は22724.46円(127.11円高)。
    後場に入ると一段と上値を伸ばし一時は200円超え、22800円
    台に乗せる場面もあった(本日高値22832.22円(234.87円高)。
    ただ、終盤は、ここまで急ピッチで上昇してきた反動などか
    ら失速、上げ幅を縮小した。
    
    日経平均終値は+100.01円の22697.36円。
    
    東証1部の出来高は14億373万株、
    売買代金は2兆5651億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1566銘柄、値下がり464銘柄、
    変わらず70銘柄。
    
    業種別では値上がりが28業種、値下がりが5業種。
    値上がりトップは陸運、食料品、海運。
    値下がりは石油・石炭、鉱業、非鉄金属など。
    
    
    日経平均は先週末(13日)に日足一目均衡表の雲を突破(上限22448
    円)。
    終盤こそ上げ幅を縮小する展開となったが、連休明けの本日も勢
    いそのままに買い優勢の展開だったと見れる。
    直近の戻り高値水準である23000円回復が期待されるところにある
    だろう。
    また、本日は引き続き軟調な展開となっていた新興市場の中小型
    株に関しても、日経平均がやや短期的な過熱感が意識されるな
    か、決算発表シーズンを前に出遅れ感を手掛かりとした物色が向
    かう可能性も感じられる。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-07-17【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は3日続伸(127円高) 一時上げ幅は150円超えに
    
    連休中、為替ドル/円は円安方向への動きが一服となっていたが、
    米株市場は底堅く推移、手掛かり材料には欠けるが、外部環境
    は比較的落ち着いた動きとなっていた。
    日経平均は前週の上昇ピッチが速かったことがあり、外部環境
    は落ち着いていたものの方向感に欠け、朝方は様子見姿勢とな
    っていた。
    しかし、ドル/円が112円台半ばまで円安が進むなどし、買い優
    勢の展開へ、一時は22752.03円(154.68円高)まで値を上げる場
    面が見られた。
    その後、中国市場が売り優勢でスタートしたことなどから、伸
    び悩むも堅調さは維持、100円超えの上げ幅で前場の取引を終
    えている。
    
    日経平均前場終値は+127.11円の22724.46円。
    
    東証1部の出来高は7億1855万株、
    売買代金は1兆2559億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1630銘柄、値下がり396銘柄、
    変わらず71銘柄。
    
    業種別では値上がりが28業種、値下がりが5業種。
    値上がりトップはゴム製品、バルブ・紙、食料品。
    値下がりは鉱業、石油・石炭、電気機器など。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は直近の3日間で800円を超す上昇となる場面が見られ
    るなど、短期的にはやや過熱感が意識される可能性あり、後場
    は上昇一服、上げ幅を縮小する可能性はある。
    ただ、海外投資家の買い戻しの動きなどが強く、基調は変わっ
    たとの見かたも広がってきており、下げれば押し目買いが入り
    やすい。
    上値は限定されるだろうが、後場も堅調さは維持される見通し。
    
    
    
    こちらの記事は、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-07-17【東京市場見通し】

    下値しっかりの展開 急騰の反動から上値重いも底堅い見通し
    
    連休の間の米株市場は落ち着いた動きとなっていた(13日は主
    要3指数が上昇、週明けの16日は高安まちまち(NYダウは小幅3日
    続伸))。
    為替市場は円安一服、現在は112円台前半での推移、やや方向
    感に欠ける展開となっている。
    日経平均は前週の上昇ピッチが速かったこともあり、本日は
    利益確定売りが出やすい。
    ただ、米株市場が落ち着いた動きとなっていることから、下
    値も底堅いと見られ、下げれば押し目買いが入る見込み。
    心理的節目の22500円や日足一目均衡表の雲上限(22448円)な
    どが下値サポートに意識、この水準で値固めといったところ
    だろう。(先週末13日日経平均終値22597.35円)
    ただ、引き続き、為替や中国市場の動向次第では荒れる可能
    性もあり、警戒はしたいところ。
    
    日経平均予想レンジは22400円-22600円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が112円台前半での推移。
    (先週末(13日)終値112.78-79円)
    
    現在、ユーロ/円が131円台半ばでの推移。
    (先週末(13日)終値131.17-21円)
    
    
    16日の米株市場の概況
    
    高安まちまち。NYダウは3日続伸もS&P500とNASDAQは3日ぶり反落
    となった。
    バンク・オブ・アメリカが4-6月期決算を発表、市場予想を上回
    る決算となったことを好感され上昇した。その他金融株(JPモ
    ルガンやゴールドマン・サックス)にも物色され、NYダウの押し
    上げ要因となった。
    ハイテク株比率の高いNASDAQは、アップルやアルファベット、
    マイクロソフトなどが軟調だったことから売り優勢の展開とな
    った。
    トランプ米大統領とプーチン露大統領の首脳会談については、
    とく材料視される動きは見られなかった。
    NYダウ終値は+44.95の25064.36。
    S&P500は-2.88の2798.43。
    NASDAQは-20.26の7805.72。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-07-13【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    パソナ<2168> 決算発表。
    終値1643円(前日比+24円+1.48%)
    18年5月期の連結経常利益は66.3億円(前の期比53.5%増)と従
    来予想の56億円を上回って着地。
    19年5月期も前期比26.7%増の84億円に伸びる見通しとなった。
    前期の年間配当を12円から13円に増額(前の期は12円)、今期
    も前期比1円増の14円に増配する方針とした。
    
    PCNET<3021> 決算発表。
    終値968円(前日比+108円+12.55%)
    18年5月期の連結経常利益は2.3億円(前の期比8.2倍)。
    19年5月期も前期比26.1%増の3億円に伸びる見通し。
    今期の年間配当は前期比1円増の21円に増配する方針とした。
    
    ピックアップ 
    アクロディア<3823> 決算発表。
    終値338円(前日比+1円+0.30%)
    18年8月期第3四半期累計(17年9月-18年5月)の連結経常損益は
    4800万円の黒字に浮上(前年同期は3億4000万円の赤字)。
    通期の同損益を従来予想2800万円の黒字から5400万円の黒字
    に上方修正(前期は4億0100万円の赤字)。
    株価は今日まで6日続伸と堅調に推移、日足一目均衡表の雲(
    上限337円)を僅かながら突破してきていた、好決算を受けて、
    この水準から明確に上放れ、上昇トレンド転換と期待される
    ところ。
    
    インタアクション<7725> 決算・自社株買い発表。
    終値1494円(前日比+136円+10.01%)
    18年5月期の連結経常利益は9.8億円(前の期比2.4倍)。19年5月
    期も前期比2.2%増の10.1億円。
    また、自社株買いお発表している(上限50,000,000 円、42,700
    株(自己株式を除く発行済株式数の0.45%)。
    株価は本日の取引を大幅続伸で引けており、移動平均線チャー
    トにおいて、25日線(1414円)を回復と良好なチャート形状、上
    方向へのトレンドを強めてきている。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ブイキューブ<3681>
    終値566円(前日比+3円+0.53%)
    コニカミノルタ<4902>が開発したメガネ型ウェアラブル端末
    「WCc(Wearable Communicator)」に、同社がコニカミノルタ
    向けに開発した遠隔作業支援ソリューション「Smart Eye Sy
    nc」を搭載し、7月17日より協働で先行販売開始することを
    発表。
    
    ソルクシーズ<4284>
    終値1207円(前日比+7円+0.58%)
    ジーフィットとの資本業務提携(ジーフィットは、金融シス
    テムツールを開発運用、システムトレード用アプリケーショ
    ン運用サービスを行っている)。
    
    ファイバーG<9450>
    終値3345円(前日比±0円±0.00%)
    8/31基準日として1対2株の株式分割を発表。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-07-13【東京市場概況と来週の見通し】

    13日概況 日経平均は大幅続伸(409円高) 一時上げ幅は500円超え
    に
    
    朝方から買いが先行、前日の米株市場の上昇や円安基調にあるド
    ル/円の動向などが好感された。
    日経平均は200円超えの上昇スタートすると、前場を22483.13円
    (295.17円高)で終えいていた。
    前場、22500円近辺で上昇一服感があったものの、後場に入ると一
    段高、一時は500円超えの上げ幅となる場面が見られた(本日高値
    22692.86円(504.90円高)。
    その後はやや上昇一服となったものの、400円超えの上げ幅で本日
    の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+409.39円の22597.35円。
    
    東証1部の出来高は12億7836万株、
    売買代金は2兆5472億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1547銘柄、値下がり473銘柄、
    変わらず80銘柄。
    
    業種別では値上がりが31業種、値下がりが2業種。
    値上がりトップはサービス、繊維製品、精密機器。
    値下がりは石油・石炭、電気・ガスのみ。
    
    
    来週の見通し。
    
    日経平均は3連休控えていただけに後場は一服となってよかったも
    のの一段高の展開となった。
    米中貿易摩擦を材料に売っていた海外短期筋が、買い戻しを入れ
    たのだろう。
    連休明けは、米中貿易戦争への警戒が和らいだまま、海外市場が
    堅調な展開となっていれば、引き続き、買いが入りやすい。
    日経平均の上昇のわりに売買は盛り上がっていないが、様子姿勢
    の投資家達も買いを入れやすくなるだろう。
    22500円水準からは戻り売り圧力の強い水準、売買エネルギーの増
    加は不可欠となる。
    節目23000円を試しにいくには、現状の売買エネルギーでは不足し
    ている、週明けは出来高、売買代金の動向も注視したいところ。
    また、外部環境の離れの展開となる可能性もある、来週以降は
    徐々に企業業績への関心が高まっていくと見られる。
    為替ドル/円が112円台半ば、半年ぶりの円安水準にあることは後押
    し、引き続き、為替市場の動向も注目される。
    来週の日経平均は22500円-23000円で基本的には値固め動き、米中
    貿易戦争への警戒が再熱となれば22000円近辺まで再度押す可能性
    ありといったところ。
    
    来週の日経平均の予想レンジは22000円-23000円。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-07-13【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め7銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S SFOODS<2292>、
    一時S ファステプ<2338>、
    一時S テリロジー<3356>、
    一時S ビーマップ<4316>、
    S Gunosy<6047>、
    S 古野電<6814>、
    S CSP<9740>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S T-BASE<3415>、
    S IDOM<7599>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    コスモス<3349> 3日大幅続伸。
    終値25620円(前日比+3860円+17.73%)
    前日(12日)発表の決算を好感(18年5月期の連結経常利益は
    252億円(前の期比2.7%増)と従来予想の225億円を上回り。
    19年5月期は前期比1.0%増の255億円の見込み。
    日足一目均衡表の雲上限(23565円)突破。
    
    じげん<3679> 大幅続伸。
    終値982円(前日比+98円+11.08%)
    200日移動平均線(920円)回復。
    
    東海カ<5301> 大幅続伸。
    終値2144円(前日比+146円+7.30%)
    日足一目均衡表の雲上限(2043円)突破。
    
    ピックアップ
    夢真HD<2362> 続伸。
    終値1159円(前日比+35円+3.11%)
    前日(12日)に建設技術者派遣事業の6月の売上高と営業利益
    を発表、売上高は前年同月比34%増の25.79億円、営業利益
    は98%増の4.35億円だった。
    発表を好感した買いが向かい続伸。
    テクニカル面では日足一目均衡表の雲(上限1151円)突破と
    なるなど良好なチャート形状、上昇トレンド転換と意識さ
    れるところ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-07-13【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅続伸(295円高) 一時は心理的な節目22500円
    回復も
    
    朝方から買いが先行、前日の米株市場の上昇や円安基調にあるド
    ル/円の動向などが好感された。
    日経平均は200円超えの上げ幅でスタートすると300円超えまで上
    昇(高値22530.19円(342.23円高))、その後も高値圏での推移が続
    き、前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+295.17円の22483.13円。
    
    東証1部の出来高は5億8511万株、
    売買代金は1兆1666億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1383銘柄、値下がり599銘柄、
    変わらず108銘柄。
    
    業種別では値上がりが30業種、値下がりが3業種。
    値上がりトップはサービス、繊維製品、精密機器。
    値下がりは石油・石炭、電気・ガス、水産・農林のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    日経平均は前場終値時点で本日の上値メドと見られた日足一目均
    衡表の雲上限(22448円)を超えてきており、一段の上昇が期待され
    るところにはある。
    ただ、3連休を前であり、本日に関してはここから上値を追う動き
    は限定的か。
    とはいえ、地合いの一段の改善を受けて売りも手控えられやす
    い、後場もこのまま高値圏での推移で値を保つと見られ、日足一
    目均衡表の雲上限の水準でしっかりとした展開が予想される。
    
    
    
    こちらの記事は、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-07-13【東京市場見通し】

    買い先行 米株高、円安を好感 3連休前も終日堅調な展開か
    
    前日の米株市場は米中貿易戦争への警戒が和らぎ買いが優勢だ
    った(NYダウは200ドル超え上昇、NASDAQは史上最高値を更新)。
    為替ドル/円も円安基調を継続、現在は112円台後半での推移と
    なっている。
    米株高、円安を受けて本日の日本株は買いが先行、全般的に
    買い戻しが加速する見通し。
    前日(12日)引け後に決算を発表した指数寄与度の高いファス
    トリ<9983>が、ADRで大幅高となっていることも日経平均の
    押し上げ要因となりそうだ。
    日足一目均衡表の雲上限(22448円)に迫る展開、雲突破とな
    れば、一段と上振れが期待されるところだが、累計出来高
    が厚いことに加えて、3連休を前に積極的に上値は追う動き
    は限られる見通し。本日の日経平均の上値メドは雲上限が
    目安となりそうだ。
    ただ、地合いの改善を受けて売り方も手控え、終日強い基
    調にはあるだろう。
    
    日経平均予想レンジは22250円-22450円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が112円台後半での推移。
    (12日終値112.33-34円)
    
    現在、ユーロ/円が131円台前半での推移。
    (12日終値131.25-29円)
    
    
    12日の米株市場の概況
    
    主要3指数そろって反発。
    米中報復関税合戦の影響が懸念されていたが、上海総合指数が
    2%超の大幅反発となったことなどがあり、過度な警戒感が後退、
    買い優勢の展開となった。
    また、4-6月期決算発表への期待などもあり、上昇を後押した。
    NYダウは200ドル超えの上昇で、NASDAQは史上最高値を更新して
    いる。
    NYダウ終値は+224.44の24924.89。
    S&P500は+24.27の2798.29。
    NASDAQは+107.31の7823.92。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-07-12【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ディップ<2379> 決算発表。
    終値2681円(前日比+19円+0.71%)
    19年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は31.4億円(前年
    同期非連結比21.6%増)。
    
    コスモス<3349> 決算発表。
    終値21760円(前日比+140円+0.64%)
    18年5月期の連結経常利益は252億円(前の期比2.7%増)と従来
    予想の225億円を上回り。
    19年5月期は前期比1.0%増の255億円の見込み。
    
    三機S<6044> 決算発表。
    終値2112円(前日比+36円+1.73%)
    18年5月期の連結経常利益は7.7億円(前の期比45.6%増)。
    19年5月期も前期比12.0%増の8.6億円に伸びを見込む。
    今期の年間配当は前期比2円増の30円に増配する方針。
    
    ピックアップ
    古野電<6814> 決算発表。
    終値814円(前日比+30円+3.82%)
    19年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は22億円(前年同
    期比8.8倍)。
    通期の同利益を従来予想20億円から40億円に上方修正(前期
    は18.5億円)。
    3-8月期(上期)の同利益を従来予想17億円から31億円に上方
    修正(前年同期は14.9億円)。
    株価は年初高値999円(5/7)からは調整、週足ベースの52週
    線(785円)、日足ベースの200日線(811円)近辺まで値を下げ
    ていた。
    しかし、これら水準では底堅く推移、調整一巡が意識され
    ていた。
    好決算を受けて、調整一巡感は増す見かた、切り返しへ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ACCESS<4813>
    終値1006円(前日比-3円-0.29%)
    ソフトウェア開発ベンダーのNorthforge社(カナダ・ケベッ
    ク州)の株式100%取得を決定。
    
    エボラブルA<6191>
    終値:2607円(前日比-16円-0.60%)
    6月取扱高は前年同月比2.7倍の113億円。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-07-12【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め9銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S ジェーソン<3080>、
    一時S シーズメン<3083>、
    S ATAO<3550>、
    S ブランジスタ<6176>、
    S ダイヤ通商<7462>、
    一時S ティムコ<7501>、
    一時S サマンサJP<7829>、
    一時S オリンピック<8289>、
    一時S ウッドF<8886>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S ホギメデ<3593>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    マネーフォワード<3994> 大幅反発。
    終値5580円(前日比+290円+5.48%)
    前日(11日)に「法人向け融資事業に参入」と発表され好感。
    25日移動平均線(5465円)回復。
    
    ベル24HD<6183> 大幅続伸。
    終値1962円(前日比+176円+9.85%)
    前日(11日)発表の決算を好感(19年2月期第1四半期(3-5月)
    の連結税引き前利益は26.2億円(前年同期比37.2%増)。
    年初来高値更新。
    25日移動平均線(1875円)回復。
    
    スター精<7718> 5日大幅続伸。
    終値1992円(前日比+239円+13.63%)
    前日(11日)に決算・自社株買い発表(18年12月期第1四半期
    (3-5月)の連結経常利益は40.6億円(前年同期比3.5倍)。通
    期の同利益を従来予想70億円から81億円に上方修正。3-8
    月期(上期)の同利益を従来予想の46億円から58億円に上方
    修正(前年同期は26億円)。
    自社株買いも発表、上限10億円、60万株(自己株式を除く
    発行済株式数の1.63%)。
    200日移動平均線(1977円)回復。
    
    ピックアップ
    ポールHD<3657> 大幅続伸。
    終値2612円(前日比+243円+10.25%)
    7/12付でアセットマネジメントOneとみずほ証券との合
    計で同社株を14.16%保有していることが判明したことなど
    から人気化、大幅続伸となった。
    6/14に付けた上場来高値2551円を約1ヵ月ぶりに更新。
    25日移動平均線(2372円)近辺でのもみあい、日柄調整から
    上放れたかっこう。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-07-12【東京市場概況】

    日経平均は大幅反発(255円高) 米株安は織り込み済み 円安を
    好感
    
    前日の米株は軟調だったが、日本株は前日の下落で織り込み済
    み、為替ドル/円が112円手前と円安方向にあったことなどが好
    感され、朝方から買いが先行した。
    日経平均は買い一巡後に伸び悩み、一端は上げ幅を縮小する場
    面も見られたが、高値圏を維持して前場の取引を終えていた。
    後場も買いの勢いは緩まず、一時は22233.52円(301.31円高)ま
    で上昇、その後はやや上げ幅を縮小したものの、堅調さを維持
    して本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+255.75円の22187.96円。
    
    東証1部の出来高は11億9258万株、
    売買代金は2兆3081億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1181銘柄、値下がり820銘柄、
    変わらず98銘柄。
    
    業種別では値上がりが20業種、値下がりが13業種。
    値上がりトップは水産・農林、情報・通信、医薬品。
    値下がりは鉱業、石油・石炭、非鉄金属など。
    
    為替ドル/円が112円台と円安に振れたことに加えて中国株など
    他のアジア株が堅調に推移となったことも押し上げ要因とな
    った。
    また、指数寄与度の高いソフトバンク<9984>、ファストリ<9
    983>などが大幅に値を上げていたことも大きかった。
    米中貿易摩擦への警戒は残るものの、米国の追加関税措置に
    中国が即反応せず、米中の全面衝突回避という楽観的な見方
    も出てきている。
    引き続き、外部環境に左右される場面はあろうが、徐々に下
    値は固めていきそうだ。
    日経平均は日足一目均衡表の雲下限(21698円)近辺で直近に
    底を付いたかっこうで戻してきており、このまま雲突破とな
    れば、一段と相場の雰囲気は良くなっていくだろう(雲上限2
    2442円)。
    外部環境に影響を受ける展開から次第に決算相場へ。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-07-12【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅反発(242円高) 円安などを支えに堅調な展開
    
    朝方から買いが先行した。前日の米株は軟調だったが、日本株は
    前日の下落で織り込み済み、為替ドル/円が112円手前と円安方向に
    あったことなどが好感された。
    日経平均は買い一巡後に伸び悩み、一端は上げ幅を縮小する場面
    も見られたが、その後に持ち直し、22205.26円(273.05円高)まで
    上昇、高値圏を維持して前場の取引を終えている。
    ドル/円が112円台に乗せてきたことなどが上昇の後押しとなった。
    
    日経平均前場終値は+242.71円の22174.92円。
    
    東証1部の出来高は5億7542万株、
    売買代金は1兆589億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1367銘柄、値下がり642銘柄、
    変わらず89銘柄。
    
    業種別では値上がりが25業種、値下がりが8業種。
    値上がりトップは水産・農林、情報・通信、医薬品。
    値下がりは鉱業、石油・石炭、非鉄金属など。
    
    
    後場の見通し
    
    為替ドル/円が112円台に乗せるなど円安方向への動きを強めたこと
    などが好感され、買い優勢の展開となっている。
    また、時間外取引で米株価指数先物が堅調に推移、中国株もしっ
    かりとした展開となっているこtも後押しに。
    その他、日経平均への寄与度の高いソフトバンクG<9984>が米著名
    ファンドによる株式取得を材料視され大幅上昇となっていること
    も大きいだろう。
    米中貿易摩擦への警戒は残るものの、本日は株価を押し上げる要
    因の方が目立ち、後場も堅調な展開が続く見通し。
    
    
    
    こちらの記事は、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-07-12【東京市場見通し】

    買い先行 米株下落は織り込み済み 円安好感で押し目買い優勢か
    
    前日の米株市場は米中の貿易戦争激化に対する警戒感から下落と
    なった(NYダウは219ドル安)。
    ただ、これに関しては前日の下落で日本株は織り込み済み(日経平
    均前日終値は21932.21円(264.68円安))。
    為替ドル/円が円安方向に振れており、現在は111円台後半での推
    移、本日の日本株は円安を好感して買いが先行、押し目買い優勢
    の展開が予想される。
    日経平均は節目22000円を意識、小じっかりとなりそうだ。
    ただ、貿易戦争を警戒は残り、積極的に上値を追うとは想定され
    にくい、場中の外部環境(ドル/円、米先物、中国株など)の変化に
    よっていは売りに傾く可能性もあるだろう。
    
    日経平均予想レンジは21900円-22100円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が111円台後半での推移。
    (11日終値111.00-02円)
    
    現在、ユーロ/円が130円台後半での推移。
    (11日終値130.24-28円)
    
    
    11日の米株市場の概況
    
    主要3指数そろって5日ぶり反落。
    トランプ政権が2000億ドル相当の中国製品に対して10%の追加関税
    を賦課する方針を明らかにし対象品目リストを公表。中国商務省
    も「反撃を取らざるを得ない」としたことで、報復関税合戦への
    懸念が高まった。
    NYダウは一時、250ドルを超えの下落、やや下げ幅を縮小している
    ものの、安値圏でこの日の取引を終えた。
    NYダウ終値は-219.21の24700.45。
    S&P500は-19.82の2774.02。
    NASDAQは-42.59の7716.61。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-07-11【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ベル24HD<6183> 決算発表。
    終値1786円(前日比+3円+0.16%)
    19年2月期第1四半期(3-5月)の連結税引き前利益は26.2億円
    (前年同期比37.2%増)。
    
    スター精<7718> 決算・自社株買い発表。
    終値1753円(前日比+3円+0.17%)
    18年12月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は40.6億円(前
    年同期比3.5倍)。通期の同利益を従来予想70億円から81億
    円に上方修正。3-8月期(上期)の同利益を従来予想の46億円
    から58億円に上方修正(前年同期は26億円)。
    自社株買いも発表、上限10億円、60万株(自己株式を除く発
    行済株式数の1.63%)。
    
    インタアクション<7725> 業績・配当修正発表。
    終値1304円(前日比-19円-1.43%)
    18年5月期の連結経常利益を従来予想6.9億円から9.8億円に
    上方修正(前の期は4.1億円)。
    期末一括配当を従来計画10円から13円に増額修正(前の期は
    12円)。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    SHIFT<3697>
    終値4915円(前日比-35円-0.70%)
    RPAの普及をリードする米Automation Anywhere社とパート
    ナーシップ契約を締結。
    
    カナミックN<3939>
    日終値:1822円(前日比+72円+4.11%)
    7/18付で東証マザーズから東証1部へ市場変更されること
    になったと発表。
    
    マネーフォワード<3994>
    終値5290円(前日比-60円-1.12%)
    法人向け融資事業に参入する。AI融資審査システムを開発
    し、来春からオンライン融資サービスを試験的に提供する。
    
    ピックアップ
    ツナグS<6551>
    終値1798円(前日比+64円+3.69%)
    7/18付で東証マザーズから東証1部へ市場変更することにな
    ったと発表した。
    株価は今日まで大幅に4日続伸。テクニカル面では移動平均
    線チャートにおいて、直近に25日線(1644円)を回復して上
    放れ傾向、発表を好感して一段と上方向へのトレンドを強
    めそうだ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-07-11【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め5銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S キリン堂<3194>、
    一時S テクポイント<6697>、
    S オービス<7827>、
    S サマンサJP<7829>、
    一時S ビート<9399>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S デザインワン<6048>、
    一時S アクトコール<6064>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    アイケイ<2722> 大幅反発。
    終値2543円(前日比+392円+18.22%)
    前日(10日)発表の決算を好感(18年5月期の連結経常利益は
    8.9億円(前の期比62.3%増)。19年5月期も前期比18.7%増の
    10.6億円に伸びを見込む。今期の年間配当は前期比2円増
    の12円に増配する方針)。
    25日移動平均線(2416円)回復。
    
    ビックカメラ<3048> 3日大幅続伸。
    終値1790円(前日比+110円+6.54%)
    前日(10日)発表の決算を好感(18年8月期第3四半期累計(1
    7年9月-18年5月)の連結経常利益は231億円(前年同期比31
    .9%増)。
    日足一目均衡表の雲(上限1757円)突破。
    
    竹内製作<6432> 4日大幅続伸。
    終値2572円(前日比+173円+7.21%)
    前日(10日)発表の決算を好感(19年2月期第1四半期(3-5月
    )の連結経常利益は47億円(前年同期比11.8%増)。
    200日移動平均線(2459円)回復。
    
    ピックアップ
    MonotaRO<3064> 大幅反発。
    終値5110円(前日比+330円+6.90%)
    前日(10日)に発表された6月売上高は前年同月比22.8%増と
    2ケタ増収。
    発表を好感した買いなどが向かい大幅反発、年初来高値を
    更新した。
    テクニカル面では、移動平均線チャートにおいて25日線(
    4813円)から上放れ、上方向へのトレンドを強めている。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-07-11【東京市場概況】

    日経平均は大幅反落(264円安) 米中貿易摩擦再燃 後場は値を戻
    すも限定的
    
    前日の米株市場は上昇して引けていたものの、引け後にトランプ
    政権が中国に対して追加関税を課すと公表したことから、日本株
    は朝方から売りが先行、日経平均は一時、400円超える下落となる
    場面も見られた。(安値21744.25円(452.64円安))
    売り一巡後は下げ渋る動きで前場の取引を終えると、後場も下げ
    幅を縮小する展開に、心理的な節目22000円を超える水準まで戻す
    場面が見られた。ドル/円が落ち着いた動きとなったことや日銀の
    ETF(上場投資信託)買い観測などが下支えとなったもよう。
    ただ、次第に戻りも一服、終値では22000円に乗せることはできな
    かった。
    
    日経平均終値は-264.68円の21932.21円。
    
    東証1部の出来高は13億6664万株、
    売買代金は2兆3208億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり485銘柄、値下がり1563銘柄、
    変わらず51銘柄。
    
    業種別では値上がりが2業種、値下がりが31業種。
    値上がりは石油・石炭、鉱業のみ。
    値下がりトップはゴム製品、海運、繊維製品。
    
    しばらく落ち着くだろうと見られていた米中問題だが唐突に材料
    が出て、売り優勢の展開となった。
    また荒れるとされるSQ(特別清算指数)算出週の水曜日だったこと
    もあり、値動きは大きいものとなったのだろう。
    海外発の材料で日本株が大きく下落する時、海外市場はそれほど
    悪材料視されないケースは多々ある、今晩の米株市場が比較的落
    ち着いた動きとなれば、日本株は再び戻す展開となるだろう。
    また、週末のSQ(特別清算指数)算出を終えれば、需給も軽くなっ
    てくる見通し。
    テクニカル面では、騰落レシオ(東証1部、25日平均)は78%台と80%
    を下回り売られすぎを示している。
    また、日経平均は日足一目均衡表の雲下限(21698円)が下値そサポ
    ート、終値では転換線(21897円)を維持しており、この水準が目先
    の底と意識されるところ。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-07-11【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は4日ぶり大幅反落(305円安) 一時下落幅は400円超
    え
    
    前日の米株市場は上昇して引けていたものの、引け後に米当局が
    2000億ドル相当の対中関税リストを公表する可能性があると報じ
    らたことから、時間外取引の米株価指数先物が売られる展開に。
    また、為替ドル/円も円高に振れていたこともあり、日本株は朝方
    から売りが先行した。
    日経平均は一時、400円超える下落となる場面も見られた。
    (安値21744.25円(452.64円安))
    その後、やや下げ渋る動きが見られているが戻りは限られ、前場
    の取引を終えている。
    
    日経平均前場終値は-305.69円の21891.20円。
    
    東証1部の出来高は6億9634万株、
    売買代金は1兆1322億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり417銘柄、値下がり1628銘柄、
    変わらず53銘柄。
    
    業種別では値上がりが1業種、値下がりが32業種。
    値上がりは石油・石炭のみ。
    値下がりトップは海運、ゴム製品、繊維製品。
    
    
    後場の見通し
    
    前場は売りが一巡後、下げ渋ってはいるものの、今晩の米株安が
    懸念、中国株ふくめ他のアジア市場が軟調にあることなどから、
    戻りも限定されていう印象。
    ただ、先物主導の面が強く、当局が2000億ドル相当の対中関税に
    ついては想定の範囲内、後場はある程度落ち着きを取り戻すと見
    られる。
    日経平均は5日移動平均線(21895円)近辺での攻防で前場の取引を
    終えており、後場は同線を上回っての推移が長く続けば、下げ幅
    を縮小する流れと向かいそうだ。
    
    
    
    こちらの記事は、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-07-11【東京市場見通し】

    売り先行 米中貿易摩擦への警戒感が再燃 売り一巡後は底堅いか
    
    前日の米株市場は上昇も、取引終了後に米当局が2000億ドル相当
    の対中関税リストを公表する可能性があると報じらたことから、
    時間外取引で米株価指数先物は売り優勢の展開となっている。
    為替ドル/円も円高方向に傾いており、現在は110円台後半での推
    移。
    これらのとことから、本日の日本株は売りが先行する見通し。
    直近では同問題をいったん消化して世界的に株価が上昇していた
    ことから、初動は強めに反応することになりそうだ。
    ただ、追加のリストについても、想定されていなかった内容では
    ない。
    売り一巡後はいってい程度の押し目買いが入り、下げ渋るだろ
    う。
    その後は、今晩の米株市場の反応を見極めたいとの動きから様子
    姿勢の展開へ。
    
    日経平均予想レンジは21950円-22250円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が110円台後半での推移。
    (10日終値111.07-09円)
    
    現在、ユーロ/円が130円台どころでの推移。
    (10日終値130.45-49円)
    
    
    10日の米株市場の概況
    
    主要3指数そろって4日続伸。
    貿易戦争への警戒感が和らいできたなか、4-6月期決算発表への
    期待が高まり、堅調な展開となった。
    ただ、取引終了後にトランプ米大統領が追加関税の対象となる中
    国製品2000億ドル(約22兆2000億円)のリストを公表す可能性があ
    ると報道。
    貿易摩擦の拡大懸念から、時間外取引で米株価指数先物は売られ
    る展開となっている。
    NYダウ終値は+143.07の24919.66。
    S&P500は+9.67の2793.84。
    NASDAQは+3.00の7759.20。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-07-10【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    アイケイ<2722> 決算発表。
    終値2151円(前日比-94円-4.18%)
    18年5月期の連結経常利益は8.9億円(前の期比62.3%増)。
    19年5月期も前期比18.7%増の10.6億円に伸びを見込む。
    今期の年間配当は前期比2円増の12円に増配する方針。
    
    ピックアップ
    ERI HD<6083> 決算発表。
    終値1094円(前日比+49円+4.68%)
    18年5月期の連結経常利益は7億円(91.3%)と従来予想6億円を上
    回って着地。
    19年5月期も前期比9.0%増の7.6億円に伸びる見通しとなった。
    株価は今日まで大幅3日続伸、発表を好感して明日以降も堅調
    な展開が期待される。
    週足ベースの移動平均線チャートの13週線(1092円)回復へ、
    上昇トレンド転換となりそうだ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    MonotaRo<3064>
    終値4780円(前日比-140円-2.84%)
    6月売上高は前年同月比22.8%増と2ケタ増収。
    
    メディアドゥ<3678>
    終値2298円(前日比-15円-0.64%)
    電子コミック閲覧サービス「マンガ図書館Z」を運営するJコミ
    ックテラスの発行済株式の70.5%をGYAOから取得し子会社化。
    講談社もJコミックテラスに出資し株主となった。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-07-10【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S フルッタ<2586>、
    一時S ディディエス<3782>、
    S システムディ<3804>、
    S データセク<3905>、
    S メディシノバ<4875>、
    S 栄電子<7567>、
    S 大興電子<8023>、
    一時S 愛光電気<9909>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め2銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S シルバライフ<9262>、
    S 和心<9271>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    コスモエネHD<5021> 大幅上昇。
    終値4135円(前日比+310円+8.10%)
    日足一目均衡表の雲(上限3961円)突破。
    
    ホトニクス<6965> 大幅反発。
    終値4890円(前日比+255円+5.50%)
    25日移動平均線(4670円)から上放れ。
    
    ピックアップ
    コジマ<7513> 大幅3日続伸。
    終値574円(前日比+51円+9.75%)
    前日(9日)発表の決算を好感(18年8月期第3四半期累計(17年9月
    -18年5月)の経常利益(非連結)は26.7億円(前年同期比77.5%増)。
    3-5月期(3Q)の経常利益は11.5億円(前年同一期間比16.1%増))。
    年初来高値更新。テクニカル面では移動平均線チャートにおい
    て、25日線(539円)を回復、上放れとなるなど、上方向へのト
    レンドを強めてきている。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-07-10【東京市場概況】

    日経平均は3日続伸(144円高) 高値圏で推移する時間長いも終盤
    に弱含み
    
    朝方から前日の米株高や円安を好感して買いが先行した。日経
    平均は一時、22300円台まで上昇、その後はやや伸び悩むも高
    値圏を維持、22200円台後半で前場の取引を終えていた。
    後場も高値圏を維持、22321.60円(269.42円高)とこの日の高値
    を付ける場面も見られた。
    しかし、取引終盤にまとまった売りに押されて上げ幅を縮小、
    安値引けとなった。
    
    日経平均終値は+144.71円の22196.89円。
    
    東証1部の出来高は15億2212万株、
    売買代金は2兆6087億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり932銘柄、値下がり1094銘柄、
    変わらず73銘柄。
    
    業種別では値上がりが21業種、値下がりが12業種。
    値下がりトップは石油・石炭、非鉄金属、電気機器。
    値下がりは電気・ガス、陸運、水産・農林など。
    
    米中貿易摩擦に新たな悪材料が出ていないことなどから、警戒
    感は後退してきている。
    ただ、日経平均は先週末終値から短期間で700円以上の上昇と
    なっており、やや戻しも一服と意識されてきているところ。
    本日、終盤にかけて上げ幅を縮め、安値引けとなった。
    移動平均線チャートの25日線(22387円)などが目先の上値抵抗
    と意識されそうだ。
    戻り売りを吸収、25日線超えとなれば、トレンド転換と判断さ
    れるが、それには買い上がる材料に欠けるといったところか。
    また、積極的な買いが入ってくるのは、4-6月期決算や今後の
    業績見通しを見極めてからとの見かたも多そうだ。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-07-10【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅3日続伸(226円高) 米株高、円安を好感して
    買い優勢
    
    前日の米株市場が堅調、為替ドル円も円安方向にあったことなど
    が好感され、朝方から日本株は買いが先行した。
    日経平均は一時、22300円台まで上昇した(22316.27円(264.09円
    高))。
    その後は伸び悩み、やや上げ幅を縮小しているものの、200円超
    えの上げ幅、22200円台後半で前場の取引を終えた。
    
    日経平均前場終値は+226.33円の22278.51円。
    
    東証1部の出来高は7億4654万株、売買代金は1兆1648億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1544銘柄、値下がり471銘柄、
    変わらず84銘柄。
    
    業種別では値上がりが30業種、値下がりが3業種。
    値上がりトップは石油・石炭、非鉄金属、銀行。
    値下がりは食料品、水産・農林、電気・ガスのみ。
    
    
    後場の見通し
    
    米中貿易摩擦に新たな悪材料が出ていないことなどから、警戒
    感は後退してきている。
    ただ、引き続き関心度は高く、中国株がスタートする場面では
    動向が意識されていた。
    貿易摩擦の警戒感が後退、米経済への楽観的な見方が広がって
    きているなか、後場も堅調さは維持される見通しだが、中国株
    の動向に神経質にならざるを得ない展開は続く。
    
    
    こちらの記事は、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-07-10【東京市場見通し】

    買い先行 米株高や円安を好感 買い一巡後は人民元や中国株の
    動向注視
    
    前日の米株市場が大幅上昇、NYダウは320ドル高と大きく上昇し
    するなど、市場心理の一段の改善が見込まれる。
    為替ドル/円も円安方向にあり、現在は110円台後半での推移。
    米株高に円安と本日の日本株は買いが先行する見通し。
    日経平均は6日、9日と3桁上昇が続き、先週2日-5日の4日合計の
    下げ幅757.52円のほぼ3分の2戻している。
    全値戻しに相当する6月末終値の22304.52円が本日の上値メド。
    米国同様に、直近で貿易戦争への警戒から売り込まれていた銘
    柄が切り返す流れが予想され、終日強い動きが期待される。
    ただ、引き続き人民元や中国株の動向には注視、これらをにら
    みながら戻り余地を探る展開となるだろう。
    
    日経平均予想レンジは22100円-22350円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が110円台後半での推移。
    (9日終値110.40-41円)
    
    現在、ユーロ/円が130円台前半での推移。
    (9日終値129.93-97円)
    
    
    9日の米株市場の概況
    
    主要3指数そろって3日続伸。
    週後半からスタートする決算発表を控え金融株が上昇したほか、
    貿易戦争の悪影響が警戒されていたキャタピラーやボーイング
    などが大きく買い戻された。
    NYダウは一時320ドル高まで上昇、そのまま高値圏を維持して、
    この日の取引を終えた。
    NYダウ終値は+320.11の24776.59。
    S&P500は+24.35の2784.17。
    NASDAQは+67.81の7756.20。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-07-09【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    コジマ<7513> 決算発表。
    終値523円(前日比+16円+3.15%)
    18年8月期第3四半期累計(17年9月-18年5月)の経常利益(
    非連結)は26.7億円(前年同期比77.5%増)。3-5月期(3Q)の
    経常利益は11.5億円(前年同一期間比16.1%増)。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ピックアップ
    ソフトバンクG<9984>
    終値8578円(前日比+285円+3.44%)
    子会社ソフトバンクが新規上場予備申請を行ったと発表。
    株価は今日まで7日続伸と堅調な展開、発表を好感して引
    き続き堅調な展開が期待される。
    移動平均線チャートの200日線(8829円)回復を試す展開へ、
    回復となれば一段と上方向へのトレンドを強まるところ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-07-09【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め16銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ベステラ<1433>、
    S 麻生フオーム<1730>、
    S ケアサービス<2425>、
    S YKT<2693>、
    S アスコット<3264>、
    S データセク<3905>、
    一時S サインポスト<3996>、
    S エーザイ<4523>、
    一時S ラクオリア<4579>、
    一時S ニッパンR<4669>、
    S 前田製作<6281>、
    一時S ヒーハイスト<6433>、
    S 栄電子<7567>、
    S オービス<7827>、
    S ビート<9399>、
    一時S 愛光電気<9909>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    シュッピン<3179> 大幅続伸。
    終値1765円(前日比+131円+8.01%)
    年初来高値更新。
    25日移動平均線(1595円)から上放れ。
    
    セ硝子<4044> 5日大幅続伸。
    終値2811円(前日比+363円+14.82%)
    年初来高値更新。
    日足一目均衡表の雲(上限2471円)突破。
    
    イーレックス<9517> 大幅続伸。
    終値1166円(前日比+58円+5.23%)
    25日移動平均線(1134円)回復。
    
    ピックアップ
    ショーポンド<1414> 大幅続伸。
    終値8020円(前日比+460円+6.08%)
    日足一目均衡表の雲(上限7820円)を突破となるなど上昇トレン
    ド転換が期待される銘柄。
    その他週足ベースの移動平均線チャートにおいても、ここまで
    上値抵抗と意識されていた26週線(7846円)を捉えてきている。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-07-09【東京市場概況】

    日経平均は大幅続伸(264円高) 心理的な節目22000円回復で大引
    け
    
    先週末の米株高などを好感して、朝方から日本株は買い優勢の展
    開となった。
    その後も、上海総合指数など中国株が上昇してスタートとなった
    ことが後押しとなり堅調さを維持。
    日経平均は一時、300円超えの上昇、そのまま高値圏を維持して、
    前場の取引を終えていた(前場終値22063.74円(275.60円高)。
    後場も買い優勢の展開が継続、再び300円超えとなり、この日の
    高値22105.95円(317.81円高)を付けた。
    その後、やや上げ幅を縮小したものの、260円超えの上げ幅、節
    目22000円を回復して本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+264.04円の22052.18円。
    
    東証1部の出来高は12億2088万株、売買代金は2兆415億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1649銘柄、値下がり390銘柄、
    変わらず60銘柄。
    
    業種別では値上がりが30業種、値下がりが3業種。
    値上がりトップはその他金融、金属製品、医薬品。
    値下がりは繊維製品、水産・農林、陸運のみ。
    
    日経平均は5日ぶりに22000円を回復、明確な底入れからの反転と
    みるのは時期尚早々の面はあるものの、下値不安は後退してきて
    いる。
    変わらず米中貿易摩擦を警戒は残るものの、制裁合戦の第1弾は
    とりあえず織り込んだと受け止められる。
    続き、外部環境の動向を注視しながらも、リスクオフからリス
    クオンへと相場の雰囲気が変わっていきそうだ。
    決算発表を迎える銘柄も出てくるなか、内容が良ければ、急騰
    する銘柄も増えるだろう。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-07-09【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は大幅続伸(275円高) 米株高など好感 22000円台
    回復
    
    先週末の米株市場が発表された雇用統計の結果を好感するなど
    し上昇、その流れを日本株も引き継いで、朝方から買いが先行
    した。
    また、上海総合指数など中国株が上昇してスタートとなったこ
    とにも好反応を見せており、買いが強まった。
    日経平均は一時、22089.47円(301.33円高)まで上昇。そのまま
    高値圏を維持して、前場の取引を終えている。
    
    日経平均前場終値は+275.60円の22063.74円。
    
    東証1部の出来高は6億461万株、売買代金は9974億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1464銘柄、値下がり549銘柄、
    変わらず86銘柄。
    
    業種別では値上がりが32業種、値下がりが1業種。
    値上がりトップは医薬品、鉱業、電気・ガス。
    値下がりは海運のみ。
    
    
    後場の見通し
    
    堅調な6月米雇用統計や米中の追加関税発動後のいったんアク抜
    けとの見かたから買い優勢の展開に。日本株は先週に大幅に調
    整していた分、強い反応となった。
    後場もこのまま堅調な展開が続く見通しだが、引き続き米先物
    や中国株の動向を注視しながらの相場展開が続きそう。
    
    
    
    こちらの記事は、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-07-09【東京市場見通し】

    買い先行 その後は米先物、中国株にらみの展開 しっかりならジ
    リ高
    
    先週末(6日)の米株市場は上昇。米中双方の制裁関税発動に対する
    ネガティブ影響は限定的、6月雇用統計の内容を好感する買いが入
    ったようだ。
    為替ドル/円も比較的落ち着いた動きとなっており、現在は110円台
    前半での推移となっている。
    米株高などを好感する動きから、本日の日本株は買いが先行する
    見通し。
    買い先行後は、引き続き米中貿易戦争への警戒がくすぶるなか、
    米先物や中国株をにらみながらの展開。
    これらが弱い反応を見せることなく、しっかりとしていれば、
    先週に大幅に調整している日本株は、じりじりと戻しを試す展開
    へ。
    
    日経平均予想レンジは21700円-21950円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が110円台前半での推移。
    (先週末(6日)終値110.57-58円)
    
    現在、ユーロ/円が129円台後半での推移。
    (先週末(6日)終値129.39-43円)
    
    
    先週末(6日)の米株市場の概況
    
    主要3指数そろって続伸。
    NYダウは一時、163ドル高まで上昇する場面が見られた。
    米中双方の制裁関税発動に対するネガティブ影響は限定的、
    発表された6月雇用統計の内容を好感した買いが入った。
    米政府による340億ドルの中国製品に対する追加関税が発
    効し報復関税合戦の懸念が高まったたことでキャタピラー
    などが下落したが影響は限定的。
    雇用統計は非農業部門雇用者数が市場予想の19.5万人を
    上回る21.3万人と強い結果。いっぽうで失業率は前回の
    3.8%から4.0%に悪化。平均時給も前月比+0.2%と前回の
    +0.3%から伸びが低下した。
    NYダウ終値は+99.74の24456.48。
    S&P500は+23.21の2759.82。
    NASDAQは+101.96の7688.39。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-07-06【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    エムビーエス<1401> 業績修正発表。
    終値1805円(前日比-25円-1.36%)
    18年5月期の経常利益(非連結)を従来予想3.1億円から3.8億円
    に上方修正(前の期は2.9億円)。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    すかいHD<3197>
    終値1644円(前日比+10円+0.61%)
    6月既存店売上高は前年同月比2.9%増と3ヶ月ぶりに前年上回り。
    
    ピックアップ
    グレイス<6541>
    終値2398円(前日比+80円+3.45%)
    東京証券取引所本則市場への申請変更を行ったと発表(現在は
    東証マザーズ市場、さらに社会的な認知度や信用力を高め、
    企業価値向上を図るためには、東証1部への市場変更を行うこ
    とが重要であるとして、6/18に市場変更予備申請を行ってい
    たとのこと)。
    テクニカル面では、移動平均線チャートにおいて、200日線(
    2256円)近辺でもみあい、日柄調整中にある。
    発表を好感して、200日線から上振れ、上方向へのトレンドを
    強めそうだ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-07-06【東京市場概況と来週の見通し】

    6日概況 日経平均は5日ぶり大幅反発(241円高) 目先の悪材料で
    出尽くし
    
    朝方から買いが先行、前日の米株市場が主要3指数そろって上昇と
    なったことなどが好感された。
    前場は、買い一巡後に上げ幅を縮小する場面も見られたが、堅調
    さは維持して引けていた。
    後場は買いが強まる展開に。米国が日本時間午後1時過ぎに対中制
    裁関税発動したが、改めてネガティブ視する動きが見られなかっ
    たことが押し上げ要因となった。
    日経平均は一時、21866.16円(319.17円高)まで上昇、良好な地合
    いのまま本日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は+241.15円の21788.14円。
    
    東証1部の出来高は13億9356万株、
    売買代金は2兆4273億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1684銘柄、値下がり362銘柄、
    変わらず52銘柄。
    
    業種別では値上がりが26業種、値下がりが7業種。
    値上がりトップは医薬品、電気機器、卸売業。
    値下がりは石油・石炭、保険、空運など。
    
    
    来週の見通し。
    
    米国は予定通り、340億ドル(約3.76兆円)相当の中国製品を対象
    とする関税を現地の6日午前0時1分に発動した。
    とりあえず材料出尽くしとはなったが、米中貿易摩擦をめぐる状
    況は何ら変わっておらず、引き続き、上値を抑える要因とはなり
    そうだ。
    ただ、来週は3-5月が決算対象となる企業の業績発表が本格化して
    くる。
    外部環境に振り回される地合いから、個別重視の地合いになると
    予想される。
    今週、全体市場が調整したことで割安感もあり、決算が良ければ
    急騰する銘柄が多くあるだろう。
    貿易摩擦を警戒しつつも、リスクオフからリスクオンへ相場の雰
    囲気が切り返しでいきそうだ。
    
    来週の日経平均の予想レンジは21500円-22500円。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-07-06【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め11銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S ケアサービス<2425>、
    S クスリアオキ<3549>、
    S クラスター<4240>、
    一時S ビープラッツ<4381>、
    S ロジザード<4391>、
    S エーザイ<4523>、
    S ラクオリア<4579>、
    S トーセ<4728>、
    S メディシノバ<4875>、
    S ビート<9399>、
    S 愛光電気<9909>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    フィールズ<2767> 大幅反発。
    終値1091円(前日比+38円+3.60%)
    日足一目均衡表の雲(上限1072円)突破。
    
    キューピー<2809> 大幅3日続伸。
    終値2915円(前日比+130円+4.66%)
    前日(5日)発表の決算を好感。
    200日移動平均線(2813円)回復。
    
    メック<4971> 大幅反発。
    終値2159円(前日比+169円+8.49%)
    日足一目均衡表の雲(上限2143円)突破。
    
    ピックアップ
    JINS<3046> 4日大幅続伸。
    終値6840円(前日比+430円+6.70%)
    前日(5日)に発表された6月度既存店売上高は前年同月比7.2%増
    と6ヵ月連続で前年実績を上回り。
    発表を好感した買いが入り、大幅に4日続伸となった。
    テクニカル面では、移動平均線チャートにおいて25日線(6434
    円)から上放れ、上方向へのトレンドを強めている。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-07-06【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は5日ぶり反発(144円高) 米株高を好感 一巡後はや
    や伸び悩み
    
    前日の米株市場は主要3指数そろって上昇、その流れを引き継ぎ、
    日本株も朝方から買いが先行した。
    日経平均は一時、21796.07円(前日比249.08円高まで上昇する場
    面が見られた。
    高値圏からは上げ幅を縮小しているものの、その後も堅調さは
    維持して前場の取引を終えている。
    
    日経平均前場終値は+144.90円の21691.89円。
    
    東証1部の出来高は6億5144万株、
    売買代金は1兆614億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり1494銘柄、値下がり520銘柄、
    変わらず81銘柄。
    
    業種別では値上がりが26業種、値下がりが7業種。
    値上がりトップは医薬品、鉄鋼、卸売業。
    値下がりは石油・石炭、その他製品、サービス業など。
    
    
    後場の見通し
    
    米中の制裁関税発動を見極めたいとして、買い一巡後の上値は限
    られている。
    米国が対中関税を発動し、中国も同額相当の米国製品に報復関税
    を発動した場合、その後にツイッターを利用した新たなトランプ
    発言も予想されるため、完全にアク抜けとはなりにくい。
    また、最近は後場の動きが荒くなる傾向もあり、警戒感もある。
    とはいえ、この件に関しての織り込みは進んでおり、イベント通
    過によるアク抜けから、後場も基本的には堅調な展開が続く見通
    し。
    中国株が悪材料視、売り優勢に転じれば、日本株へも仕掛け的な
    売りが出る可能性はある。
    
    
    こちらの記事は、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-07-06【東京市場見通し】

    買い先行 欧米株高を好感 買い一巡後はこう着 後場に波乱の可
    能性も
    
    欧米間の自動車・自動車部品への関税を巡る貿易摩擦への懸念が
    やや後退、休場明けの米国株は主要3指数がそろって上昇、3指数
    とも終盤にかけて上げ幅を広げる展開、NYダウは181ドル高で引け
    ている。
    その他、欧州株も上昇するなど、本日の日本株はこの流れを引き
    継いで買いが先行する見通し。
    日経平均は今週ここまで、下げ続きであったこともあり、いった
    んは反発となりそうだ。
    ただ、買い一巡後はこう着感が強まりやすく、米中の制裁関税発
    動を見極めることになりそうだ。
    中国は米国の追加関税の効力が発生した後に実施すると報じられ
    ており、米国が課税する現地の6日午前0時1分(日本時間同午後1時
    1分)以降に始まるとみられており、後場は波乱含みの展開を警戒
    する必要があるだろう。 
    
    日経平均予想レンジは21500円-21800円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が110円台後半での推移。
    (3日終値110.65-66円)
    
    現在、ユーロ/円が129円台前半での推移。
    (3日終値129.30-34円)
    
    
    5日の米株市場の概況
    
    休場明けの米株市場はは主要3指数がそろって反発。
    米中の追加関税措置の実施が見込まれる6日を前に、米欧間の通商
    摩擦懸念がやや後退した。米ドイツ大使が、ドイツ自動車各社の
    首脳に対し、米国とEU(欧州連合)間の自動車関税をそれぞれゼ
    ロにする提案を行ったと報じられた。関税を巡る双方の対立が後
    退するとの期待感が台頭した。
    その他、午後に結果が公表されたFOMC議事要旨で、「声明の“引
    き続き緩和的”との文言について協議した」とされたものの、
    「大半のメンバーは貿易政策をめぐるリスクが強まったと指摘」
    「多くのメンバーは新興国と欧州市場の下振れリスクを指摘」な
    ど利上げに慎重な意見も示され、利上げペースの加速懸念が強ま
    らなかったことも株価の支援となった。
    NYダウ終値は+181.92の24356.74。
    S&P500は+23.39の2736.61。
    NASDAQは+83.75の7586.43。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-07-05【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    クスリのアオキ<3549> 決算発表。
    終値6740円(前日比-190円-2.74%)
    18年5月期の連結経常利益は126億円(前の期比13.5%増)。
    19年5月期も135億円(前期比7.0%増)。
    今期の年間配当は前期比2円増の18円に増配する方針とした。
    
    マニー<7730> 決算発表。
    終値4910円(前日比-85円-1.70%)
    18年8月期第3四半期累計(17年9月-18年5月)の連結経常利益は
    38.7億円(前年同期比12.8%増)。
    通期の同利益を従来予想48.6億円から50.6億円に上方修正(前
    期は46.2億円)。
    
    ピックアップ
    キューピー<2809> 決算発表。
    終値2785円(前日比+52円+1.90%)
    18年11月期第2四半期累計(17年12月-18年5月)の連結経常利益
    は165億円(前年同期比8.5%増)。
    通期の同利益を従来予想341億円から346億円に上方修正(前期
    は325億円)。
    株価は移動平均線チャートにおいて、200日線(2811円)手前で
    の推移、発表を好感して200日線超え、上昇トレンド転換へ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ツクイ<2398>
    終値922円(前日比-13円-1.39%)
    6月サービス利用者は前年同月比6.3%増(6万1463人)。
    
    マクドナルド<2702>
    終値5370円(前日比-110円-2.00%)
    6月既存店売上高は前年同月比9.8%増と31ヶ月連続で前年実績
    を上回り。
    
    ピックアップ
    JINS<3046>
    終値6410円(前日比+100円+1.58%)
    6月度既存店売上高は前年同月比7.2%増と6ヵ月連続で前年実
    績を上回り。5/31に発売した「コンビネーションエアフレー
    ム&メタル」など、トレンドを取り入れながらも手軽な価格
    の商品が好調。また、6/14に発売した、世界的プロダクトデ
    ザイナーであるコンスタンティン・グルチッチ氏と協業した
    ラウンド型のメガネ「JINS×Konstantin G
    rcic」が好評だったことなどが寄与した。
    株価は本日まで3日続伸。
    移動平均線チャートにおいて75日線(6058円)近辺で底を付き、
    25日線(6402円)を回復してきたところ、発表を好感して上方
    向へのトレンドと強めそうだ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-07-05【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め3銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 大村紙業<3953>、
    一時S ダイヤ通商<7462>、
    S 平和紙業<9929>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め3銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    一時S 丸順<3422>、
    S アイピーエス<4390>、
    一時S サムライJP<4764>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    三機S<6044> 大幅続伸。
    終値1995円(前日比+183円+10.09%)
    前日発表の業績修正を好感(18年5月期の連結経常利益を従来予想
    6.2億円から7.7億円に上方修正(前の期は5.3億円)。
    業績好調に伴って期末一括配当を従来計画23円から28円増額修正
    (前の期は20円))。
    日足一目均衡表の雲(上限1979円)を突破。
    
    イオンディライ<9787> 大幅続伸。
    終値4130円(前日比+370円+9.84%)
    前日発表の決算を好感(19年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利
    益は46.6億円(前年同期比13.4%増))。
    200日移動平均線(4000円)回復。
    
    ピックアップ
    キユソー流通<9369> 4日ぶり大幅反発。
    終値2883円(前日比+251円+9.53%)
    前日発表の決算を好感(直近3ヵ月の実績にあたる3-5月期(2Q)の
    連結経常利益が16.7億円(前年同期比19.6%増)となった)。
    テクニカル面では日足一目均衡表の雲(上限2773円)突破。
    移動平均線チャートにおいては、200日線(2899円)近辺まで上昇。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-07-05【東京市場概況】

    日経平均は4日続落(170円安) 節目21500円割れでは下げ渋り
    
    前場は、手掛かり材料難に欠けるなかやや売り優勢であったもの
    の、日経平均の下落幅は小幅にとどまり、取引を終えていた(前場
    終値21684.27円(32.77円安))。
    しかし、後場に入ると売りが強まる展開に、日経平均は水準を切
    り下げて始まると21462.95円(254.9円安)まで値を下げた。
    ただ、心理的節目の21500円を割り込んだところでは押し目買いが
    入り、戻りは限定されたものの、下げ渋る展開となった。
    
    日経平均終値は-170.05円の21546.99円。
    
    東証1部の出来高は13億9609万株、
    売買代金は2兆2564億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり185銘柄、値下がり1883銘柄、
    変わらず28銘柄
    
    業種別では全33業種が下落。
    値下がりトップは石油・石炭、非鉄金属、小売り。
    
    ここ最近の傾向として、前場と後場で景色ががらりと変わる。本
    日も後場から崩れて一時は心理的な節目21500円を割れる場面が見
    られた。
    米中の貿易戦争激化が警戒される中で、中国株の下げにも神経質
    な反応を見せている。
    押し目でも買いを入れづらい相場環境となっており、明確なポジ
    ティブ材料がほしいところだが、米中が制裁関税を発動するとし
    ている6日、米雇用統計などのイベントを通過すれば、相場の雰囲
    気は徐々に変わってくるのではないか。
    日経平均は21500円を割れたところでいっていの底型さを示してい
    る。
    明日もこの水準、日足一目均衡表の雲(下限21698円)近辺での攻防
    が予想されるが、今晩米株市場の動向次第では節目21000円を試す
    可能性もある。
    ただ、さすがにその水準まで下げれば、売られすぎだろう、積極
    的に買いを入れていってよいと見かた。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-07-05【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は4日続落(32円安) やや売り優勢も売り圧力は限定
    的
    
    前日の米市場が独立記念日のため休場であったなど、手掛かり
    材料難に欠けるなか、日本株はやや売り優勢でスタートした。
    日経平均は小安く寄った後、プラスに転じる場面が見られたが
    上値は重く、前日終値近辺でもみあい、その後に一時は21625
    .01円(92.03円安)まで値を落とす場面が見られた。
    しかし、持ち直して小幅な下落幅で前場の取引を終えている。
    
    日経平均前場終値は-32.77円の21684.27円。
    
    東証1部の出来高は5億9729万株、
    売買代金は8793億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり452銘柄、値下がり1552銘柄、
    変わらず89銘柄。
    
    業種別では値上がりが6業種、値下がりが26業種。
    値上がりはその他製品、保険、医薬品など。
    値下がりトップは石油・石炭、非鉄金属、小売り。
    
    
    後場の見通し
    
    米中貿易戦争への懸念から積極的な買いが入りづらいなか、日
    経平均はプラス圏に浮上しても勢い続かず、マイナス圏に押し
    戻されている。
    ただ、米中が制裁関税を発動するとしている6日、米雇用統計
    などのイベントを通過すれば、売り方が買戻しに動くとの見か
    たが出てくるなど、売り圧力は徐々に弱まってきていると見れ
    る。
    後場も引き続き仕掛け的な売買に注意は必要だが一時的なもの、
    基本的には様子見姿勢、上下ともに動きにくい展開となりそう
    だ。
    
    
    
    こちらの記事は、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-07-05【東京市場見通し】

    方向感欠ける展開か 前日の米株市場が休場などで材料難
    
    前日の米株市場は独立記念日で休場。為替ドル/円は現在、110円
    台半ばでの推移と前日から大きな動きは出ていない。
    その他、欧州株も小動きだった。
    手掛かり材料に乏しく、本日の日本株は方向感に欠ける展開と
    なりそうだ。
    米中の貿易問題が警戒材料となり、直近の日本株は売り優勢の
    展開、引き続きこれが警戒材料となるいっぽうで、前日は下げ
    渋る動きが見られた。
    上値を追う材料はないが、改めて売り込む材料も無いといった
    ところ。
    日経平均は日足一目均衡表の雲下限(21698円)で引き続き底堅
    い展開が予想される。
    ただ、人民元や中国株の動向次第では、先物への仕掛け的な
    売買が入り、上下に振らされる可能性はあるだろう。
    
    日経平均予想レンジは21600円-21800円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が110円台半ばでの推移。
    (3日終値110.47-48円)
    
    現在、ユーロ/円が128円台後半での推移。
    (3日終値128.71-75円)
    
    
    米株市場は独立記念日のため休場
    
    
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-07-04【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    イオンディライ<9787> 決算発表。
    終値3760円(前日比+90円+2.45%)
    19年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常利益は46.6億円(前
    年同期比13.4%増)。
    
    ピックアップ
    三機S<6044>業績・配当修正発表。
    終値1812円(前日比+29円+1.62%)
    18年5月期の連結経常利益を従来予想6.2億円から7.7億円に
    上方修正(前の期は5.3億円)。
    業績好調に伴って期末一括配当を従来計画23円から28円増
    額修正(前の期は20円)。
    株価は日足一目均衡表の雲下限(1861円)をやや割れた水準
    での推移、ここまで雲が上値抵抗に意識されている。
    発表を好感、雲(上限1979円)突破となれば、上昇トレンド
    転換の見かた。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    コシダカHD<2157>
    終値1543円(前日比-23円-1.46%)
    海外事業者からマレーシアのカラオケ店1店舗を譲り受け。
    
    DLE<3686>
    終値473円(前日比-9円-1.86%)
    オンラインゲームの開発を手掛けるアソビモと業務提携。
    ブロックチェーンを活用したプラットフォーム「ASOBI 
    MARKET」での協業などを検討する。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-07-04【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め4銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    一時S ニッパンR<4669>、
    S ダイヤ通商<7462>、
    一時S ヤマシタHD<9265>、
    一時S 愛光電気<9909>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め0銘柄。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ユーザーベース<3966> 大幅続伸。
    終値3950円(前日比+480円+13.83%)
    年初来高値更新。
    2日発表の米クオーツ買収を引き続き好感。
    
    HEROZ<4382> 4日大幅続伸。
    終値21250円(前日比+1200円+5.98%)
    25日移動平均線(19768円)から上放れ。
    
    ピックアップ
    スシローGHD<3563> 大幅続伸。
    終値6990円(前日比+500円+7.70%)
    前日(3日)に6月度の月次売上高を公表。既存店売上高が前年同
    月比13.1%増と8ヶ月連続で前年実績を上回ったことなどが好感
    され、買いが向かった。
    テクニカル面では、移動平均線チャートにおいて25日線(6739
    円)回復となるなど、一段の上振れが期待されるところ。
    
    Uアローズ<7606>
    終値4100円(前日比+190円+4.86%)
    前日(3日)に6月度の売上概況(速報)を発表。既存店売上高が前
    年同月比11.9%増と5ヶ月連続で前年実績を上回ったことが好感
    され、買いが向かった。
    テクニカル面では日足一目均衡表の雲(上限4162円)突破を試す
    場面などが見られた(本日高値4150円)。
    雲突破となれば、上昇トレンド転換と判断されるところにある。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
    
  • 2018-07-04【東京市場概況】

    日経平均は3日続落(68円安) 後場に下げ幅縮小 一時はプラス圏
    に迫る場面も
    
    前日(3日)の米株市場が下落となった流れを引き継ぎ日本株も朝方
    から売りが先行した。
    日経平均は100円超えの下落でスタート後、下げ渋る場面も見られ
    が戻り鈍く、安値圏で前場の取引を終えていた(前場終値21623.94
    円(161.60円安)。
    後場は前場終わりからやや水準を上げて始まり、しばらくもみ合
    った後、一時はプラス圏に迫る場面が見られた。
    日銀のETF(上場投資信託)買い観測などを支えとなったようだ。
    しかし、プラス圏浮上とならなかったことで、戻り売りに押され
    れる展開に、終盤にかけてはやや弱含みとなった。
    
    日経平均終値は-68.50円の21717.04円。
    
    東証1部の出来高は13億1123万株、
    売買代金は2兆1275億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり956銘柄、値下がり1066銘柄、
    変わらず74銘柄。
    
    業種別では値上がりが17業種、値下がりが16業種。
    値上がりは石油・石炭、鉱業、倉庫・運輪など。
    値下がりは電気機器、その他製品、機械など。
    
    本日の日経平均は売り一巡後、戻りは限定されたが、後場に下げ
    幅を縮小するなどいっていの底型さを示した。
    6日の米中双方による追加関税発動や米雇用統計など目先のイベン
    ト通過するまで、上値の重い展開は続きそうだ。
    テクニカル面での日経平均は、日足一目均衡表の雲下限(21698円)
    を取引時間中には前日に続き割れるも、終値では維持した。
    連日でこの水準で底型さを示したことや4日ぶりに陽線(始値に比
    べて終値が高い)を立てるなど、下値は不安は徐々に和らいできて
    いる見かた。
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-07-04【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は3日続落(161円安)  一時は下げ渋りもその後
    に失速
    
    朝方から売りが先行、前日(3日)の米株市場が下落となるなど
    外部環境がさえず重しとなった。
    日経平均は100円超えの下落でスタート後、21604.18円(181.3
    6円安)まで値を落とした。
    その後、下げ渋る場面が見られ21743.28円(42.26円安)まで戻
    す場面が見られたが再び弱含み、安値圏で前場の取引を終え
    ている。
    
    日経平均前場終値は-161.60円の21623.94円。
    
    東証1部の出来高は6億5870万株、
    売買代金は1兆23億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり755銘柄、値下がり1261銘柄、
    変わらず79銘柄。
    
    業種別では値上がりが14業種、値下がりが19業種。
    値上がりは鉱業、石油・石炭、電気・ガスなど。
    値下がりは電気機器、機械、その他製品など。
    
    
    後場の見通し
    
    米中貿易摩擦問題に対する警戒感は根強いなか、中国・上海株
    などアジア市場の軟調な推移していることもあり、前場は売り
    優勢の展開にあった。
    6日の米中制裁関税が発動されるか見極めるまでは動きにくく、
    後場も引き続き、買いが入りにくい状況は続くと見られる。
    前日(2日)、前々日(3日)と後場に先物主導で売られる場面があ
    り、本日も同様に動きが警戒されるところでもある。
    
    
    
    こちらの記事は、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-07-04【東京市場見通し】

    売り先行 前日の米株市場が4日ぶり反落となったことなど重し 
    
    前日の米株市場は独立記念日の前日で短縮取引となったなか、
    主要3指数がそろって上昇してスタートも休場前の警戒売り
    などから4日ぶり反落で引けている。
    為替ドル/円は現在、110円台半ばでの推移とやや前日より円
    高に振れている。
    外部環境がさえないなか、本日の日本株は売りが先行する
    見通し。
    日経平均は前日、一時は割れる場面があったものの、日足一
    目均衡表の雲(下限21698円)を維持、これが下値サポートに
    意識される見込み(日経平均前日終値21785.54円)。
    今晩の米市場が休場であるなど海外勢のフローは限られ、引
    き続き、薄商いが予想される。
    薄商いのなか、先物主導の仕掛け的な動きには注視したいと
    ころ。
    2日、3日と日経平均は後場に崩れる場面が見られており、
    本日も後場の動向が特に注目される。
    
    日経平均予想レンジは21650円-21800円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が110円台半ばでの推移。
    (3日終値110.98-99円)
    
    現在、ユーロ/円が128円台後半での推移。
    (3日終値129.51-55円)
    
    
    3日の米株市場の概況
    
    主要3指数そろって4日ぶり反落。この日の米株市場は独立記念日
    前日で短縮取り引きだった。
    原油高を受けてエネルギー株が上昇したいっぽうで、ITや金融株
    などが下落した。
    NYダウは一時、140ドル近い上昇となるも休場前の警戒売りなどに
    押されて132ドル安と3桁の下落となった。
    NYダウ終値は-132.36の24174.82。
    S&P500は-13.49の2713.22。
    NASDAQは-65.01の7502.67 。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-07-03【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ピックアップ
    放電精密<6469> 決算発表。
    終値1750円(前日比+119円+7.29%)
    19年2月期第1四半期(3-5月)の連結経常損益は2.6億円の黒字に
    浮上して着地(前年同期は0.5億円の赤字)。
    3-8月期(上期)の同利益を従来予想3.2億円から4.5億円に上方
    修正(前年同期は0.6億円)。
    (通期の経常利益は従来予想10億円を据え置き(前期は4.6億円)。
    株価は年初来高値1984円(5/24)を付けて以降は調整の流れにあ
    ったが、先週から戻し基調。
    週足ベースの移動平均線チャートの26週線(1616円)割れたとこ
    ろで下げ止まり、早期に同線を回復し、今週のここまでは13週
    線(1750円)近辺まで戻している。
    発表を好感して13週線回復から上昇トレンド転換へ。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    良品計画<7453>
    終値37600円(前日比-150円-0.39%)
    6月直営既存店売上高が前年同月比5.9%増と16ヶ月連続で前年
    上回り。
    
    ニプロ<8086>
    終値1299円(前日比+2円+0.15%)
    発行済み株式数の2.40%にあたる400万株(金額で50億円)を上限
    とする自社株買いの実施を発表
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-07-03【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め8銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 海洋掘削<1606>、
    一時S 地域新聞社<2164>、
    一時S ミサワ<3169>、
    一時S シェアテク<3989>、
    S 免疫生物研<4570>、
    一時S アーキテクツ<6085>、
    S ダイヤ通商<7462>、
    一時S 愛光電気<9909>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S 五洋インテ<7519>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    TIS<3626> 大幅反発。
    終値5230円(前日比+150円+2.95%)
    25日移動平均線(5151円)回復。
    
    ファンケル<4921> 大幅反発。
    終値5450円(前日比+230円+4.40%)
    前日割れた25日移動平均線(5432円)早期回復。
    
    シークス<7613> 反発。
    終値2460円(前日比+96円+4.06%)
    日足一目均衡表の雲(上限2425円)突破。
    
    ピックアップ
    松屋<8237> 反発。
    終値1614円(前日比+17円+1.06%)
    前日(2日)発表された6月売上高は前年同月比17.7%増と12
    ヶ月連続で前年上回りと好調。
    発表を好感して買い優勢の展開となった。
    テクニカル面では移動平均線チャートにおいて、25日線(
    1614円)近辺で底堅い動きとなっており、本日に一時回復
    した5日線(1647円)を明確に超えてくれば、上昇トレンド
    転換と判断されるところ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-07-03【東京市場概況】

    日経平均は小幅に続落(26円安) 一時237円安から持ち直し底型
    さ示した
    
    朝方は米株高や為替ドル/円が円安基調にあったことなどが好感
    されたて買いが先行した。
    日経平均は買い先行後、マイナス圏に沈む場面もあったが持ち
    直して一時は21927.81円(115.88円高)まで上昇する場面が見ら
    れた。
    しかし、米通商政策への警戒感が根強いなか、再びマイナス圏
    に沈み小幅安で前場の取引を終えていた。
    後場は寄りから3桁の下落、一時21574.56円(前日比237.37円安)
    まで値を落とす場面が見られた。
    中国・上海総合指数の大幅下落などが警戒されての動きだった
    が、それらが持ち直したことなどから日経平均も下げ渋り、下
    げ幅を縮小してこの日の取引を終えた。
    
    日経平均終値は-26.39円の21785.54円。
    
    東証1部の出来高は14億8426万株、
    売買代金は2兆5298億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり486銘柄、値下がり1541銘柄、
    変わらず69銘柄。
    
    業種別では値上がりが12業種、値下がりが21業種。
    値上がりは石油・石炭、空運、保険など。
    値下がりトップは非鉄金属、海運、精密機器。
    
    日経平均は一時、日経平均は日足一目均衡表の雲下限(21698円)
    を割れる場面なども見られたが、終値ではこれを上回り、いっ
    ていの底型さを示したかっこうとなった。
    調整値幅としても十分なところまできており、この水準が目先
    の底となりそうなところ。
    プラス圏で引けることが出来ればベストだったが、後場から売
    りが加速した場面でも一本調子とならず、下値で押し目買いの
    動きが見られたことは心理的にも良い方向に向かいやすいだろ
    う。
    また、米中貿易問題を含めて中国株安・人民元安と不透明感が
    強いが、為替相場は落ち着いていることが、プラスに反応して
    よいと見られる。
    
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-07-03【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小幅続落(6円安) 買い先行後に売りに転換 その
    後方向感出ず
    
    朝方は買いが先行、米株高や為替ドル/円が円安基調にあったこと
    などが好感された。
    買い一巡後はマイナス圏に沈む場面もあったが持ち直し、日経平
    均21927.81円(115.88円高)まで上昇する場面が見られた。
    しかし、米通商政策への警戒感が根強いなか、再びマイナス圏に
    沈む場面などが見られ、いっていの底型さは見せながらも、前場
    は小幅安で引けている。
    
    日経平均前場終値は-6.20円の21805.73円。
    
    東証1部の出来高は6億5318万株、
    売買代金は1兆343億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり746銘柄、値下がり1242銘柄、
    変わらず107銘柄。
    
    業種別では値上がりが16業種、値下がりが17業種。
    値上がりは石油・石炭、鉱業、空運など。
    値下がりは非鉄金属、海運、精密機器など。
    
    
    後場の見通し
    
    米中通商問題をにらみで不安定な相場状況。商いが細っているな
    か、売り仕掛けの動きが見られており、やや売り優勢といったと
    ころか。
    ただ、日経平均は日足一目均衡表の雲下限(21698円)が目先の下値
    メドと意識されている面があり、雲下限は割れずの推移となって
    いる。
    後場も下値はこの水準を維持する見通しであり、前日終値近辺で
    の推移、底型さを示す時間が続けば、終盤にかけて強含む可能性
    もあるだろう。
    
    
    こちらの記事は、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-07-03【東京市場見通し】

    買い先行 米株高を好感 戻り売りをこなせれば買い強まる展開
    
    前日の米株市場は下を試し後に切り返し、主要3指数そろって3日
    続伸となった(NYダウは200ドル近く下げたところから35ドル高で
    引けた)。
    為替ドル/円は110円台後半での推移と前日からほぼ横ばいと安定
    しているとの見かた。
    本日の日本株は米株がプラスで終えていることを好感、買いが先
    行する見通しにある。
    前日の日経平均の大幅安(492円安)は、米株先物の影響を受けた
    面があったため、米株がプラスで戻ってきたことは大きい、一定
    の買い戻しが期待できるところだ。
    ただ、急落を見た後の為に戻り売り圧力は強いと思われる。
    この戻り売りをこなせるかどうかが焦点。前日の後場のような弱
    い動きが出てこなければ、買い先行もじわじわと値を戻すと期待
    される。
    
    日経平均予想レンジは21750円-22150円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が110円台後半での推移。
    (2日終値110.73-74円)
    
    現在、ユーロ/円が129円どころでの推移。
    (2日終値128.78-82円)
    
    
    2日の米株市場の概況
    
    主要3指数そろって3日続伸。
    序盤はアジアおよび欧州株の下落を受けて売り優勢にあった。
    NYダウは一時、200ドル近く下落する場面が見られていた。
    しかし、IT株や金融株に買戻しの動きが強まり、指数をけん引
    き、主要3指数ともに上昇してこの日の取引を終えた。
    NYダウ終値は+35.77の24307.18。
    S&P500は+8.34の2726.71。
    NASDAQは+57.38の7567.69。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-07-02【引け後発表の好材料銘柄を紹介】

    引け後に発表された好決算、材料株などを紹介。なかでも
    より注目される銘柄をピックアップ銘柄として見通しなど
    を紹介致します。
    
    
    発表された好決算、業績修正銘柄
    
    ピックアップ
    エスプール<2471> 業績修正発表。
    終値1368円(前日比-43円-3.04%)
    18年11月期第2四半期累計(17年12月-18年5月)の連結経常利
    益を従来予想3.5億円から4.6億円に上方修正(前年同期は2.
    6億円)。(通期の経常利益は従来予想8億円を据え置き(前期
    は6.8億円)。
    株価は年初来高値1960円(5/28)付けて以降は調整の流れに
    あったものの、直近は週足ベースの移動平均線チャートの
    26週線(1313円)近辺で底型さを示しており調整一巡感あり。
    発表を好感して切り返し、再び上昇トレンドへと期待。
    
    
    その他、注目の材料株
    
    ミツコシイセタン<3099>
    終値1344円(前日比-40円-2.89%)
    6月度既存店売上高は前年同月比12.1%増と13ヶ月連続で前年
    上回り。
    
    アステラス薬<4503>
    終値1689.0円(前日比±0.0円±0.00%)
    大環状抗菌剤「ダフクリア錠」について、感染性腸炎治療薬
    として国内製造販売承認を取得。
    
    高島屋<8233>
    終値917円(前日比-31円-3.27%)
    6月度店頭売上高は前年同月比4.7%増と2ヵ月ぶり前年上回り。
    
    松屋<8237>
    終値1597円(前日比-72円-4.31%)
    6月売上高は前年同月比17.7%増と12ヶ月連続で前年上回り。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細Glove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”) 
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。 
    
    登録は下記画像をクリック!! 
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-07-02【本日動いた注目銘柄を紹介】

    本日動いた注目銘柄を紹介。なかでもより注目される銘柄
    をピックアップ銘柄として見通しなどを紹介致します。
    
    
    ストップ高銘柄は気配、一時含め6銘柄。
    (S=ストップ高、ケ=気配、一時S=一時ストップ高)
    
    S 海洋堀削<1606>、
    一時S ヒップ<2136>、
    S MKシステム<3910>、
    S アイピーエス<4390>、
    一時S サムライJP<4764>、
    S 日エスコン<8892>。
    
    ストップ安銘柄は気配、一時含め1銘柄。
    (S=ストップ安、ケ=気配、一時S=一時ストップ安)
    
    S オンコリス<4588>。
    
    
    その他、本日動いた注目株
    
    ピックアップ
    黒谷<3168> 大幅続伸。
    終値736円(前日比+42円+6.05%)
    先週末(29日)に、7/6付で東証2部から東証1部銘柄に指定され
    ることになったと発表。
    発表を好感した買いが向かい大幅続伸となった。
    テクニカル面でも、日足一目均衡表の雲(上限733円)を突破す
    るなど良好なチャート形状、一段と上値を追う展開が期待さ
    れるところ。
    
    
    
    ピックアップ銘柄のさらに詳しい見通し、
    買い場など詳細をGlove Bamboo会員様には配信。
    その他にも株式情報が盛りだくさん。
    ご入会、心よりお待ちしております。
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-07-02【東京市場概況】

    日経平均は大幅反落(492円安) 節目22000円割れ 後場に地合いが
    悪化
    
    前場は下値がしっかりしており、日経平均は一時プラス圏に浮上
    する場面なども見られていた。
    しかし、後場に急速に地合いが悪化、下支え要因となっていたド
    ル/円の円安方向への動きも一服。
    前場で上昇していた銘柄の多くが下げに転じる中、日経平均は節
    目の22000円割れ、あっさり節目割り込んだことで、見切り売りが
    加速して、終盤には下げ幅を500円超に広げ、ほぼ安値圏で取り引
    きを終えた。(本日安値21784.48円(520.03円安)
    
    日経平均終値は-492.58円の21811.93円。
    
    東証1部の出来高は13億7285万株、
    売買代金は2兆2992億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり131銘柄、値下がり1935銘柄、
    変わらず28銘柄。
    
    業種別では全33業種が下落。
    値下がりトップはゴム製品、小売り、食料品。
    
    メキシコ大統領選で対米強硬派のオブラドール候補が勝利宣言
    したことことが米株先物の売りを誘った。
    米先物安やアジア株安などを受けて日本株は後場から急速売り
    が強まったかっこう。
    日経平均は日足一目均衡表の雲下限(21698円)近辺まで押して
    おり、テクニカル的には調整一巡と意識されていいとこまで
    は値を下げた。
    今晩の米株市場がある程度落ち着いた動きとなれば、日本株
    もあっさりと戻す見かた。
    とはいえ、売り優勢が続くようなら、3月につけた年初来安値
    20347.49円(3/26)まで値を下げる可能性が出てくるところでは
    ある。
    
    
    
    
    
    こちらの記事は無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
  • 2018-07-02【東京市場前場概況と後場の見通し】

    前場日経平均は小反落(33円安) 売り一巡後は底堅いも上値も限
    定的
    
    先週末(29日)の米株市場は上昇も上げ幅を縮小する形で引けてお
    り上値の重さが意識される展開だった(NYダウは一時、300ドル近
    く上げ幅を広げるっも終値では55ドル高)。
    そのことから、本日の日本株は朝方から売りが先行、日経平均は
    一時22227.97円(76.54円安)まで値を下げる場面が見られた。
    しかし、為替ドル/円が円安方向にあり111円台乗せ、このことが
    下支え要因となっており、一時はプラス圏に浮上する場面があっ
    た。
    ただ、米国を巡る貿易摩擦への警戒がくすぶるなか上値を追う
    動きは限られており、マイナス圏で前場の取引を終えている。
    
    日経平均前場終値は-33.75円の22270.76円。
    
    東証1部の出来高は5億5043万株、
    売買代金は8875億円。
    
    騰落銘柄数は値上がり701銘柄、値下がり1316銘柄、
    変わらず77銘柄。
    
    業種別では値上がりが14業種、値下がりが19業種。
    値上がりは精密機器、機械、電気機器など。
    値下がりは小売り、ゴム製品、食料品など。
    
    
    後場の見通し
    
    寄り付き前に発表された日銀短観は大企業製造業・業況判断DI
    が+21となり2四半期連続で悪化。ただ株価は、差ほどネガティブ
    視される動きは見られなかった。
    想定為替レートは1ドル107.26円と、3月公表(109.66円)に比べて
    円高となったが、現在ドル/円が111円どころでの推移、企業業績
    の上振れを期待、前場の動きを見る限り下支え要因とはなってい
    る。
    ただ、今週6日に米中で制裁関税が発動される可能性があり、引
    き続き貿易摩擦への懸念が重し、上値の重い展開が続いている。
    後場も下値はしっかりしているだろうが、上値も追いにくい、
    方向感に欠ける展開が続きそうだ。
    
    
    
    こちらの記事は、無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
    
  • 2018-07-02【東京市場見通し】

    円安が下支え要因も上値も限定的 方向感に欠ける展開
    
    先週末(29日)の米株市場は上昇、欧州株の上昇などが好感されNY
    ダウは一時、300ドル近く上げ幅を広げる場面があったが、終値で
    は55ドルにとどまった。
    為替ドル/円は円安方向にあり、現在は110円台好感での推移とな
    っている。
    本日の日本株はドル/円が円安方向にあることなどから、下値は
    引き続き底堅いと予想される。
    ただ、米株の上値が重いとの印象があり、上値は限定される見
    通し。
    日経平均は方向感に乏しい展開が予想される。
    (先週末(29日)日経平均終値は22304.51円)
    米国を巡る貿易摩擦への警戒がくすぶるなか、変わらず積極的
    な買いは期待しづらく、心理的な節目22500円付近は累計出来高
    も多い、戻り売りが厚みを増すことも予想される。
    
    日経平均予想レンジは22250円-22450円。
    
    
    為替市場
    
    現在、ドル/円が110円台後半での推移。
    (先週末(29日)終値110.63-64円)
    
    現在、ユーロ/円が129円台前半での推移。
    (先週末(29日)終値128.58-62円)
    
    
    先週末(29日)の米株市場の概況
    
    主要3指数そろって続伸。NYダウは一時、300ドル近く上昇する場面
    も見られた。
    通商摩擦の激化懸念を背景とした売りが一服、この日に中国や欧
    州株が上昇したことなどが後押しとなった。
    また、好決算を発表したナイキが大幅高となったほか、原油高を
    受けてエネルギー株が上昇、FRBの年次ストレステストをクリアー
    した金融株が自社株買いや増配などを発表し一時軒並み高となっ
    たことも相場全体を押し上げた。
    しかし、高いところでは利益確定売り、週末要因などがあり、上
    げ幅を縮小した。
    NYダウ終値は+55.36の24271.41。
    S&P500は+2.06の2718.37。
    NASDAQは+6.62の7510.30。
    
    
    こちらの記事無料メルマガでもご確認頂けます。
    
    (メルマガタイトルは”超越トレード富への道しるべ”)
    
    ☆無料メルマガ限定の特典もあり☆
    
    (GloveBamboo(有料サービス)配信の推奨銘柄を一部公開など)。
    
    登録は下記画像をクリック!!
    
    type4_400x40
    
    
    
    
お気軽にお問い合わせください
  • お申込み
  • お問い合わせ
電話番号